最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

処分と弁護。

ガブリエル・マルセルは「東大文一に合格する物語」を「処分」の背景に求めた。
小学校四年生の頃から学習塾に通い、顔もよく、恋すらしなかった。
マルセルは「舞台の評論」をする東大生こそが「処分」を下せると考えていたのだ。
行政法・刑事法の学者というよりは「舞台評論家」であった。
「自分についてきた女の子たち」が大勢、ステージにいた。
私は個人的には、高橋由美子の「アニーよ銃をとれ」や、酒井法子の「BIG」などの舞台を見たが、彼女たちは私が東大文一に受かったことから芸能活動を活発化させていた。
「舞台を見て価値を高める」
これが「処分性の背景」にあり、私はもっぱら彼女たちの音楽作品を評論している。
東大生にとって、アイドルというのは「レベルの上げ下げ」を知らないと興味のもてないものであった。
難しい法律学に疲れたら、「レベルを下げて」舞台や音楽作品に興味を持つ、ここに官僚の起源がある。
とにかく「女たちとよく話をする」ことが大事だった。
みんなが憧れる「ステージの上の女」も東大生のことを逆に知っている、これが「処分」の根拠であり、捜索差押令状は巡査部長でも取れるが、逮捕令状は警部補でなければ請求できなかった。
酒井法子 100%の雨が降る

この「処分」は「抗告訴訟を起こさなければくつがえせない」(公定力)、一度下したら内容を変更しない(不可変更力)、さらに「くつがえせないどころか訴訟にしなければ争えない」(不可争力)などがあり、アイドルと相思相愛の関係にある東大生の権威を示すものである。
酒井法子 100%の恋人

世間知らずな東大生でも、いろんな意味で「バックが違う」とされ、アイドルとの関係も特別なものがあった。
「結婚後に女はエチュード(習作)に関して考え直す、結婚しなければ官僚も分かってくれないだろう」
高橋由美子 エチュード

一緒に仕事をした仲間同士で、東大生は「モテること」を背景に処分をくだす。
「紙に書いて通知すればいいだけなのだ」
また、東大生は、女子大のカトリック女を妻にする必要がある。
若い時期は「専門学校の連中は即戦力でいいな」とか思うだろう。
しかし、国はそうは思っていなかった。
アイドルの側は、東大生に「お前も心を病んでしまえ」と言って歌を歌った。
CoCo 夏空のドリーマー

弁護士にも東大生が多いが「父に愛されたのはお前だけではないぞ」と言って、抗告訴訟や、逮捕の場合の準抗告で「処分」「強制捜査」に介入してきた。
「どれだけ父に愛されたか」という処分と弁護の世界はもはやキリスト教信仰であり、「今のはボールだ!」と弁護する側が争っていても、結局、「女たちの支持を得る必要」があり、時には「有効な立論は困難」と断念することもあったが、処分を行った側がそのようなことになることもある。
行政不服審査法では判定が覆らなくても、訴訟になれば覆ることがある。
今の、プロ野球では「球審の判定」は覆らないが、リクエストという制度は行政不服審査法に近いものがあり、覆ることは難しいが、アメリカではすでにリクエストは訴訟レベルまで発展している。
東大生で「勉強が難しい」と思うのならば、「BOMB!」でも読んでおけ。
それだけで東大に入ることの意味をのちに思い知るだろう。

不登校44%と言われるが、学校に行く理由は「自分の手紙に処分性を持たせる」こと以外に理由がない。
そもそも、モテるのならば、東大に入らなくても「処分性のある手紙」が書ける。

東大生なんだから「ジャッジぐらいしっかりやろうな」という認識は共通しており、「どっちが神判定に近いか?」を争うことで法律の教科書は作られてきた。
喫茶店で「判決書」を書くことが東大生には許されているが、これは「おおむね国民の支持が得られている」あたりで妥協している。
それが裁判というものなのだ。
もちろん「判決」である以上、ストライクかボールか、アウトかセーフかの判定の歪曲までは想定されていないのが「処分」である。
そもそも、「都市計画」というものには「処分性」が認められていない。
国家レベルの問題であり、「国民的アイドル」とそれにともなう東大生がいないからであろう。
酒井法子 一億のスマイル

土地区画整理事業の「青写真」には処分性が認められた。
これは、安室奈美恵さんの影響であろうか?
抗告訴訟の負担が大きいとされ、形式的当事者訴訟に含め「職権証拠調べなどの活用」などが模索されたが、なにしろ、行政も弁護士も「神性」が増したのだ。
はたして裁判官の職権証拠調べが必要であるかは考えなければならない問題だ。
安室奈美恵 Hero

また、「国民の権利を制約し、義務を課する」ことに処分性の根拠が見出せるが、権利というものが「金と暴力」を意味することから「判定をめぐる争い」を制約し、奥さんや彼女への誠実さ(義務)を要求するものであると説明することが可能だ。
「金、暴力、女」を抑え込んでしまうのがアイドルの人気なのである。
また、医療保護入院に処分性が認められていないが、訴訟で争う手段がなく、退院請求もほとんど機能していない。
しかし、まわりを振り返ってもらいたい。
入院仲間の女たちが「アイドル」であり、彼女たちの支持を集めて回ればよく、私は、曼荼羅の存在が彼女たちの噂になった時に、医療保護入院が任意入院に切り替わっている。
このへんは、日本国の哲学ブレーンの存在は驚くべきものがある。
あるいは、「退院の請求を申し立てる仮処分」というものを、病棟のポストに入れて地方裁判所宛に送るなどしたが、「東大卒の裁判官」を仲間に引き込んだのが有効だったのか、それとも曼荼羅が本当に効いたのかは明らかではない。
退院請求においては、「医者」「両親」「患者」の三者に20分ほど割り当てて事情を聞くのが行政であるが、3000件の申し立てのうち許可されたのは3件だけである。
行政官も名刺や名前すら明らかにはしない。
実際は「政治犯収容所」として精神病院が機能する温床となっているのが医療保護入院であるが、それならばそれで「政治活動」すればいい。
男女の交流は自由であるし、外部への通信手段はポストや電話がある。
地域連携室の担当者に分からない電話番号をインターネットで調べてもらうことも可能である。
病室の友人と「お互いに勇気を与えながら」「共同訴訟」として仮処分をかけたが、共同訴訟とはどのようなものかを経験したのは非常に有意義だった。
一人ではできなかったかもしれない。
私は、Melodyの元メンバーに「夫が子供に興味を持ってくれるのかな、家庭に縛られるのかな、といって態度決定を迫られる」という曼荼羅の記述を指差しながら、BoAのIs This Love?を聞いてもらったが、その女性は結婚を前にしており、女性陣の間で曼荼羅が噂になるのは速かった。
その女性は「分かりました」と言ったあとに、結婚を前にした彼氏の前で泣いていた。
BoA Is This Love?

また、曼荼羅には「神・男の完全性を議論すると爽快感がある」とも書いており、病棟の「歩くスピーカー」の男にそれを言わせて回らせたところ、西野カナが「ダーリン」という曲をリリースしている。
閉鎖病棟がむしろ「日本の芸能界の中枢」という側面がある。
西野カナ ダーリン

私の、入院生活はこのようにして終わったが、大学時代の友人の弁護士(河井敏信)に電話しても「神性」をもはや私の方が持っており、弁護士は一切助けてはくれなかった。
「俺が神だ」とはどの男も言いたいはずである。
しかし、日本の弁護士の限界というものも感じた。

このような「処分」の沿革は8世紀のインドにまでさかのぼることが可能だ。
カーヴァーカ・ロカーヤタ学派の「ジャヤラーシ」が、政府に「女たちに人気があるのならば敵に回さないよ」と言わしめたのだ。
河井も「女たちの支持を集めろ」とひと言電話で言ってくれればよかったのだが、行政を相手に戦ったことがない弁護士なのだろう。
なかには、職員のおっぱいを触って閉鎖病棟から追放されたおじいさんもいたが、ようするに、そのような境地になることが必要なのだろう。
あるいは、「女性職員が恋をした」男は、女性が独身の場合は「患者からのプロポーズ禁止」とされ、医療保護入院から任意入院に切り替わる。

結局、東大法学部教務掛から電話がかかってきたり、司法とのつながりがあったり、曼荼羅があったりして「独身女性看護師がプロポーズを望んだ」あたりに、私が病院(バスティーユ刑務所)から自由になれた理由はありそうだ。

男性看護師が「500万円ならば病棟のマスターキーを売りたい」と言っていたが、「500万円相当の知識」を女性職員に与えれば、マスターキー並みのものが手に入ると考えたほうがいい。

さて、「処分」あるいは「医療保護入院」において「何が弁護士に足りなかった」のだろうか?
それは、独身女性職員二人が「奪い合い」をするほどの魅力なのだ。
女はなぜ「恋」をするのだろうか?
「仲間が多い、何かやってくれそう」
これが理由である。
瀬能あづさ 秋

「有名作家ではない弁護士はまったく機能しない」
これは、どんな名物看板講師だろうと大学教授だろうと同じだ。
難解な教科書を書いても、女性職員は見向きもしないだろう。
法廷弁護士と「法学部卒」は違うものだ。
法学部卒ならば、自分の肉声を公にさらして人気を博さなければならない。
モーニング娘。通学列車

一般というのは「婚姻関係にない男女」のことであり、特殊というのは「婚姻関係にある男女」という意味である。
一般を狙うのが弁護士の仕事であり、特殊と一般については改めて語りたい。
証拠には「書証」「人証」「物証」「鑑定」「検証」の五つがあり、お金があるのであれば、弁護士に「私の記憶も証拠ですから」と言わせる(人証)ことも場合によっては有効だ。

ソクラテスは「殺されそうになって女の話に詳しくなった」(パトス)人物であるが、プラトンが「女の話」で歌を大量に作り、アリストテレスは「オノマータ」と呼ばれる、「プロレスラーとしての名前」と、本名を巧みに用いてソクラテスの富を倍にした人物である。
ソクラテス・プラトン・アリストテレスというのはこれほどまでに個性が異なるのだ。
「処分」において「神判定」を行いたければ、プロ野球の審判のように教育が必要であるため東京大学が必要になる。
しかし、現在の各省庁の「処分」の「公定力」「不可争力」「不可変更力」の背景にはこの三名の哲学者の力が存在する。
プラトンの「国家」「ファエドロス」「パルメニデス」などはずいぶん懐古趣味に満ちているが、それでも、「芸能界」というのはこれらの本によってできているし、「処分」の背景にこれらの芸能界が存在するのは認めなければならない。
貴島サリオ 芸能界でよかった

アリストテレスの「オノマータ」つまり「アレキサンダー大王の先生」というリングネームは、19世紀のアブラハム・リンカーンが、本名でプロレスラーをやるまで、「あの人そういう人じゃないのに」という形で、メディアで知る人物像と実像がかけ離れていた。
リンカーンの何が偉大かというと、本名でプロレスをやり、本名で大統領になったことだろう。
Madonna superstar

ソクラテスは、本当に殺されそうになったため「弁明」として「女の話」を法廷で語りみんなの喝采を浴びた。
ソクラテスがいなければ、イエスキリストもブッダも孔子も「立場に迷い」が生じただろう。
しかし、本当に偉大だったのは「女の話」を歌にしたプラトンであり、プロレスに使ったアリストテレスだった。
しかし、「ソクラテスの弁明」を法廷で聞いて、大爆笑した政府のお偉方は「処分」という概念を知ったのだ。
「金と暴力は処分で抑え込めばいい」
Madonna Spanish Eyes

一方で、「弁護」というものは「自分よりも頭のいい奴がいたら喧嘩を売る」ということから始まっており、国の指導者がそんなのではたまらないわけである。
「武器使用基準」というものがあり、自衛隊や軍は「いかなる制約もない戦い」をやるであろうが、国の指導者(ジャストロー)や反戦運動は「現場でレッドカードが出た」となると大混乱に陥る。
コロンビア レッドカード

天皇が外国に「自分よりも頭のいい指導者を見つけた」ら戦争というのは起きるし(ジャストロー)、天皇は戦うために必死でお金をかき集めるだろう。
しかし、「天皇はバカだ」「戦争なんてやめちまえ」という立場は確実に存在する。
もし、日本代表に「レッドカード」が出たら、ジャストローの側も、反戦運動の側も大混乱なのだ。
そのために、国会で「武器使用基準」が議論されている。
チャゲ&飛鳥 Yah yah yah

「優勝しか頭にない」と言っても、世界のスポーツの花形であるワールドカップではどこかで負けなければならない。
そのたびに「暴力は悪だ」「戦争反対」「殺すの反対」「争うの反対」「争いのない世界へ」などが議論される。
天皇が「世界でいちばん頭がいい」はずがないのならば、必ず「反戦運動」は起きる。
各国の指導者が「ワールドカップ」「オリンピック」を戦争とみなしていた。
兵士や選手は「奴隷にならなければ」「戦争に勝てない」そのためにはお金が必要だ。
奴隷になることすら嫌いだと言う人もいるし、そうかと言って「勝ってもたらされる平和」を好む人もいる。
ゆず 栄光の架橋

土井たかこのように「ダメなものはダメ」という反戦運動もあるし、「俺の方が天皇に向いている」というキング牧師のような反戦運動もある。
キング牧師の動員力・資金力は傑出していたし、そのために「選挙」というものはある。
選挙に当選した人は役人にとっても「先生」だったし、いろんな意味で「お金」が違った。
日本の天皇が「いちばん頭がいい」というのならば、アメリカを戦争にけしかけるロビー活動は停止するだろう。
時に、ジャストローの側が平和を作り、時に反戦運動の側が争いを引き起こした。
「権力の側にいるかそうではないか」の違いと「各人の才能」の違いからこのようなことになった。
カルチャークラブ 戦争の歌

「処分」というのが「頭のいい指導者」によってなされるのならば、「弁護」というものは「頭のいい弁護士」によってなされる。
弁護士で反戦運動を唱えない人はいない。
そのために「憲法第9条」というものは常に問題になる。

政権をとるつもりのない政党は必要ない、とも言われ、それは「資金力で天皇をしのぐ」ことから由来する戦争の問題であった。
一方で、トライアスロンをやらなければ天皇にはなれないし、カントを知っているから天皇になったんだろうとし、「歳をとった」「健康を害した」以外に、国が「反戦運動」を議論する必要はないとも言われた。

「人を殺すのが嫌い」というが、天皇の側も、反戦運動の側も、必死で犠牲者をなくそうとしている。
キリスト教反戦運動はそのために「ワールドカップ」「オリンピック」を作ったのだ。
相対性理論 恋は百年戦争

反戦運動といっても、「若者に銃をとって欲しくない」という理由は説得力がない。
自国の「女性」「芸能界」を守るためならば銃を取らなければならないこともある。
「私の方がとことん国に尽くして上げられるのに」という高貴な理由が、反戦運動の背景にある。
選挙で、多数派を取る資金力がなければそれは実現はしないだろうが、戦場で「レッドカード」がでたら、多数派工作はどうなるか分からない。
米軍の後方支援での「武器弾薬の輸送」はレッドカードではないと国会答弁では語られたりもしている。
SPEED 熱帯夜

日本国は、弾道ミサイルがなくても、沖縄諸島を活用したフォワードディフェンスで、弾道ミサイルに変わる、有効な戦術が取れる。
もっとも、普天間基地の辺野古移設問題などは、珊瑚を守るという仕事は日本国のすべての女性の抑圧の解消をしなければ実現しない問題であり中国も注目している。
女性の抑圧の解消というのも弁護士の活動の一側面ではあろう。

一方、「神判定」「処分」を下せる男は、「私の知らない世界を見せてくれそう」という「いい男選び」と「恋」の問題と関わり、行政処分、強制捜査の支持は十分に得られている。
河合その子 パラディラタンの夜

付き合ったら「肩身の狭い思い」をさせられる男にどの女が恋をするだろうか?
まあ、遊び人風情でも、エリートでも、「女に少数派などないのよ?」という形で女は多数派工作をするだろうが、支持政党は変わってくるだろう。

自由民主党総裁選挙は、「女の失恋ソング」「10月革命」を避ける形で行われている。
男は人生が充実していると「10月にクリスマスが来る」とも言われる。
そのような男に「恋する女」は確実にいるのだ。
女には分からない「男の世界」をここに見る。
浅香唯 10月のクリスマス

女にとって「彼氏にフラれる」というのは「自分のからだ」「顔」に自信を失うことだ。
女のからだの「気持ちよさは皆同じ」というのが男であり、「彼がなぜ私とセックスしたがったのか?」という自分なりの説明をふたたび「信じ」直さなければならない。
浅香唯 believe again

人間は「6歳のときがいちばん可愛く、一年間で6千もの単語を覚える」とされる。
大人になると、「猫の方が可愛い」といわれて食生活が変わったり、毒物を混入されたりして「大人になるたび」本当に愛してくれるパートナーを必要とするようになる。
浅香唯 セシル

浅香唯は小野光太郎の姉、倉木麻衣は小野光太郎の妹、つまり、二人のアイドルが小野重五郎の娘であり、小野重五郎の発言に「処分性」が生まれた。

倉木麻衣は「巨乳レズビアン」といういちばん不幸なタイプの女である。
そのような「影」が倉木麻衣の作品のバックボーンとなっている。
常に「二人の女」の匂いがするため男性ファンの心をつかんだ。
ペニバンで女を犯す宇多田ヒカルとは少しスタイルが異なる「巨乳レズビアン」であった。
倉木麻衣 Stay by my side

リズム&ブルースとは「二人の女に一人の男」という「決して男が喧嘩しない関係」「癒し」「男が残業すらしない」関係を歌ったものだ。
宇多田ヒカルはペニバンで女を犯したために声が低いが、倉木麻衣は「巨乳同士で慰めあう」関係を歌った。
要するに、「男にとっての癒し」がリズム&ブルースであった。
倉木麻衣 Secret of my heart

尾崎豊の相対主義(スターリニズム・ゲイカルチャー)が流行った時期にも、日本国では「開かれた絶対主義」どころか、かなり「閉じられた絶対主義」も存在した。
成熟経済とはそのようなものだった。
浅香唯 True Love

女にとっての「神のイメージ」というものは「生きとし生けるものすべてが関連付けられ、すべてをつき抜け、燃える炎のように輝き、心を暖め、闇の案内となり、傷を癒し、すべてに泉が行き渡る」ものである。
神とは「男」であろう。
神を見た女の反応は「心が落ち着き、ふたたび緑を取り戻し、純化され、解決され、力づけられ、生かされ、集まり、失ったものを探す。」「心にメロディが流れ、命の生まれ変わりの風を吹かす」ものだ。
浅香唯 Melody

快楽主義に走っても、悪女になっても「失うものは半分」だとされ、ウブな側面はどの女も「半分」残されているとされる。
浅香唯 Bandit

「欲望が」「深刻で」「出口がない」ときに人間は「泣く」が、親が生きているうちは泣けない。
また、「男の知性の前で」女は泣くとされる。
浅香唯 Cry on

「女一人に男二人」ならば、男は「夢」を語る。
その時に必要なのが、哲学者・天皇・先生であり、いい指導者に出会う必要がある。
国家レベルでのトライアスロンはそのためだけにある。
男の「夢」、実質経済に奉仕する存在が天皇なのだ。
浅香唯 虹のドリーマー

目と脳は直結している。
そのため、脳の状態を知りたければ「目を覗き込む」のがいちばんいい。
浅香唯 瞳にストーム

ハロウィーンでカップルを作り、「1月の月」を見せる。
これが「アメリカ大統領選挙」の行方を左右する。
全米のどの教会も「凍った森」と「1月の月」を見せることを建築のコンセプトにしており、全米宗教界の王であるアメリカ大統領を選ぶことにしている。
しかし、その「祭り」が終わってしまえば、「春は別れの季節」となっていた。
浅香唯 Moon train

「女二人に男一人」という名目経済ならば、喧嘩は起きない。
しかし、「女の美しさ」という概念が生まれ、女たちの間に「スター」が生まれた。
名目経済という「ルールのない女同士の喧嘩」が始まったし、それに、「大人たち」が残業してまで(実質経済)美しい女に投資をした。
名目経済(女二人に男一人)と、実質経済(女一人に男二人)が合流して「スター」と呼ばれる女は時代を楽しんだ。
浅香唯 スター

妹を愛する(アガペー)というのは「個性に注目しない」「セックスしない」ということから、「長続き」するものだ。
しかし、恋人同士(エロス)は「個性に注目する」「セックスする」ということから「長続きしない」ものだ。
ステージの上にいる私で「マスターベーション」する男たち、そして、ファンで「マスターベーション」する私、それはもはや擬似セックスでしょう?
それも、エロスであり「長続きしない」ものよ?
浅香唯 All my love

木星が上らない夜はないけど、太陽が昇らない昼もない。
月と太陽がなければ、地球に「時間」という概念は生まれなかった。
46億年?それ以上前の宇宙はどのように数えたの?137億年?
時間が決まらなければ、人間は勉強も練習も試合やテストの日程も組めない。
つまり、人間が成長するのは「月と太陽」のおかげ。
人間の「成長」つまり「仲間が多い、何かやってくれそう」という「恋」が生まれたのも太陽のおかげ。
浅香唯 Sun rise to sun set

月曜火曜、男の子がいなければ女の子は数字が覚えられなかった。
しかし、大人になると「地球が一週間でできるほどの退屈」を経験することがある。
6日目に神さまが「光よあれ」と言ってくれたおかげで、昼間が生まれて、女は「セックスされるだけの存在」ではなく、「女性」になれたの。
日曜日に神さまは休んだわ。
浅香唯 7 days girl

時間が生まれ、数字が生まれ、女性が生まれたおかげで、女は「男選び」が可能になった。
週末の話題を独占するような男が生まれたし、週末はそんな男とドライブしたいわ。
浅香唯 Weekend girls

従兄弟同士でない「抽象」は女の「可能性」を広げた。具体という従兄弟同士とは異なる「お金」が動く世界だ。
また、結婚(特殊)していない独身男女(一般)にしか許されないこともできた。
あるいは、「女二人に男一人」(名目)から、「女の美しさ」という概念も生まれた。
「抽象」「一般」「名目」の三つの要素から、女は都会を目指すことができた。
うまく条件が整ったら、喜んで歌を歌った。
浅香唯 スターシップ。

「女二人に男一人」(名目)から「女の美しさ」という概念が生まれ、
「女一人に男二人」(実質)から「男の心の風景」というものが生まれた。
女にとって失恋とは「他の女とからだを比べられて負けた」ことを意味するが、それでも「男の心の風景」が忘れられないことがある。
「友達より遠い人」になるか「別れても好きな人」になるかは「男の心の風景」(実質)次第なのである。
「なぜ、彼は私とセックスしたがったのだろう?」という説明の見直しさえ終われば「別れても好きな人」であることは可能なのだ。
浅香唯 Remember.

女性にとって、「胸を見せた場所が私の居場所」という側面があり、男は面接で「女が同席して」「セックスサークルに」「市民として」受け入れられるかどうかを判断するが、女の場合は面接で「見せちゃうのは平気で」「あげちゃうのは恐い」という姿勢が秘密として知られている。 浅香唯 恋愛ヤンチャ娘。

2019年5月29日 (水)

名目・実質。

名目と実質というのは「賃金」「金利」「GDP」などで必ず、「二通り」の数字が出るが、どのように異なるだろうか?
名目というものは「女二人に男一人」を想定しており、実質というのは「俺のソーセージはそんなにタフじゃねえ」ということを意味すると考えると分かりやすい。
藤本美貴 銀色の永遠

また、実質というのは「合法的」なものであり、笑顔、言葉、生き方を「男が他の男と」比べられることを意味する。
名目というものが「女二人に男一人」だとするならば、実質というものは「女一人に男二人」というと分かりやすい。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

この違いを分かって欲しい。
おちんちんの勃起は、「男一人」「神」「実質」が行うものであり、「その時になったら他の男とは比べようのない」ものであり、「一度に複数の男を相手にする」女というのは芸術作品には存在しない(3Pの否定)。
「一度に複数の男を相手にする女」というものは人気がない。
我々は「普遍的な人気」の話をしているのであり、「可能性」の話などしていない。
どのように「一度に複数の男を相手にする女」を「たった一人の男」「一神教」に集約していくかが「実質」の議論であり、芸術作品で「3Pの否定」を行わなければ経済効果のまったく見られない音楽作品となる。
この作品は3Pではないが、経済効果はないだろう。
Cocco 強く儚いものたち

「男比べ」「男の品定め」ならば女の趣味であろうが、「勃起比べ」だけは聖域なのだ。
この「女一人に男二人」の実質を理解しなければならない。
強烈な一神教を推進したのが、名目経済(女二人に男一人)と実質経済(女一人に男二人)の世界なのだ。
アリストテレス以前は、女の数が男の数よりもはるかに少なかったため、実質というものを議論する余地がなかった。
実質経済という「女一人に男二人」をふまえた「一神教」そしてその裏づけとなるお金の存在を論ずる余地がなかったのだ。
酒井法子 涙が止まらない

一方、名目経済(女二人に男一人)は、ノンケの男(法律)を背景に強烈に推進する独身男女がいることも分かる。
モーニング娘。幸せですか
名目経済(女二人に男一人)と実質経済(女一人に男二人)ならば、「男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい」という形而上学を踏まえ、名目経済への投資と実質経済への投資のどちらを企業が行っているかは考えなければならない問題だ。
実質経済の方が「知識への投資」という側面があるため、重たく、鈍い。
名目経済の方は「ファッションや化粧品、美容整形」などわりと軽装備である。

そもそも「男が勃つ」ためにどれほどの投資が必要であろうか(実質経済)。
車が好き、建築が好き、アニメが好き、音楽が好き、ありとあらゆるものが実質経済には存在する。
「男は勃ってなんぼ」という割りきりが実質経済にはある。

名目経済も、男を勃たせるためにやってるんだけどね。
女はそう言った。
しかし、あくまでも「女二人に男一人」という名目経済と、「女一人に男二人」という実質経済という図式は明確に区別しなければならない。

アリストテレスは「男は脳を使わないと勃たないんだよ」と語った。
つまり、脳を狙う産業が実質経済であるとされる。
ファッションだって、化粧品だって、美容整形だって「脳は使ってますから」と男女ともに言った。
そこで、ようやく、名目経済と実質経済の類似性が見出せた。
しかし「女二人に男一人」という名目経済と、「女一人に男二人」という実質経済の本質は見失ってはならない。

いくら名目経済と実質経済に産業が投資しても、「子供が出来なければ有効性が疑わしい」とされる。
松田聖子 抱いて

トマス・アクィナスは「いじめに勝つための投資はすべて実質経済である」としている。
実質経済の伸びが鈍ったら「恋は一人じゃできない」と女の側は言うだろう。
AKB48 サンダルじゃできない恋

名目経済の側も、親父が「お前もそろそろ身を固めないと」と、実質経済への参加を促してきた。
名目経済の側にいたはずの男が、実は「女に侮辱されて勃たなくなっていた」などの理由があると、そもそも名目から実質への移行がおぼつかない。
そのへんは、男の側も「セックス」というものをよく理解しておかなければならない。
友達と恋人の境界線は「セックス」にあるし、セックスとは「私有財産である」とされる。
セックスを知らない音楽作品はないし、私有財産のない男として過ごすのはセックスを知らない男だった。
三浦理恵子 グッバイフレンズ

名目が誘い実質が伸びてくるという側面もあれば、恋は一人じゃできないという側面もある。
また、名目の世界で潰されて実質に移行できない男もいる。
まあ、だいたいこのような感じだろう。
女も、名目の世界で一生懸命男を誘ったけどね。
経済右肩上がりとはいかなかったのは、どこかで「名目と実質」への投資のバランスや政府の理解力が足りなかったんだろう。
国生さゆり キスした跡はのこさないで

「賃金」は異性を買うため、「GDP」は女を口説くため、「金利」は上司が嫌いなために上昇するものだ。
それぞれに、名目と実質が存在する。
名目とは「女二人に男一人」の世界であり、実質とは「女一人に男二人」の世界である。
また、名目とは「独身ライフ」のためのものであり、実質とは「身を固めたもの」のためのものである。
また、そもそも、若者が育つ過程にも「名目」と「実質」はついてまわる。
「いい結婚」を目指して名目の世界を作ったんだけどね。

日経平均株価が「女の値段」だとするならば、名目という「女ばかりの社会」だけなら、女が値崩れを起こす。
「実質」(勃起する男)を強くしないといけないのは事実なのだ。
日経平均株価リアルタイムチャート

女というのは「男に比べて弱い立場にいる」ものである。
男が「仕事ができる。女をブイブイ言わせている」だけの「不朽の仕事」だけでなく「あえて自分を低く見せる」強い立場の男もいる。
太宰治は「人間失格」において、「女を簡単に落とす足の不自由な障害者」を描いている。
「あえて自分を低く見せる」ことから女を落とすと、「女二人に男一人」の名目というのも出来やすいし、「女一人に男二人」という実質でも、案外、有効だ。
「男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい」という失恋の研究においても、「賢さ」が「自分を低く見せること」というきわめて難しい方法があるのだ。
実際は高額所得者であることなどから、株価に悪影響はないとされる。
うしろゆびさされ組

さらには「強くて金持ちの」「いじめられっこ」の側に寄り添うと「女二人の奪い合い」(名目)になると言われる。
「高額な障害年金」をもらっている障害者も「名目」の議論になるが、「強くて金持ちの」「いじめられっこ」に寄り添うことも「名目」の議論になる。
「女二人に男一人」という名目経済とはこのように奥の深い議論であり、太宰治賞が取れるかどうかも「名目経済を理解したかどうか?」が問われている。
「脳を使ったら勃つようになる」
これは「男は賢いほうがいい」という議論であるのならば「女一人に男二人」(実質経済)の議論である。
「だいたい言っていることで勃つかどうか分かる」と女たちは考えたし、「女二人の奪い合い」よりも過酷な脳の使い方をしなければならなくなる。
「強くて金持ちの」「いじめられっこ」に寄り添ったり、「障害者を演じる」など、名目経済は案外女々しくて暗い。
太宰治を理解する上では名目経済を知る必要があるが、それは決して「宗教」(男らしさを語り合う論壇)ではありえなかった。
SPEED Deep blue & Truth 「押してだめなら引いてみな」
散々、お金を払ったり、企業に貢献したりしても、物事が動かないのであれば「実質経済」は限界を迎えることになる。
そんな時に、「太宰治的」「名目経済」に目を向けて「いじめられっこ」「障害者」を演じるのもひとつの考えだろう。
もちろん「実質経済の」強さの裏づけがないと、名目経済という「引き落とし」は有効ではない。

「走れメロス」は「強くて金持ちの」「いじめられっこ」のためにメロスが走る物語だ。
「財務省、安倍カラーに染まらず」
強くて金持ちの財務省に寄り添い、財務省は「安倍首相にいじめられている」とし、女二人の奪い合いになる名目経済も存在する。
ブルジョア男の「永遠の友達」。
女二人に取り囲まれてウハウハ。
瀬能あづさ 永遠に友達

実質経済が「押し相撲」であるのだとすると、名目経済は「引き技」であり、両者を使い分ける必要がある。
名目経済だけだと「横綱には想定されていない」力士となるであろう。
名目経済の「足の不自由な障害者」「強くて金持ちのいじめられっこに寄り添う男」だけを演じ続けるのならば、最後には玉川上水で入水自殺しなければならなくなる。
名目経済のように「アルマジロのように丸まって」しまう男もいるし、普段は実質経済を用いるという「使い分け」が一流の条件である。
名目経済は、少なくとも「男は家庭に持ち込みたくない」ものである。
このことから、実質賃金は家庭を豊かにするものとなる。
しかし、職場では、名目経済をフルに活用している。
「恋は一人じゃできない」という女の都合の名目経済とは異なる論理が男にはある。

宗教においては、男は教義において「実質経済」を教わり、礼拝においては「名目経済」を教わる。
名目経済だけでは誰もついてこないため、礼拝と教義は共存している。
「祈る人」には二人の異性が群がるが、教義においては「異性にモテる方法」を教えている。
女の「祈り」には神さまと彼氏がいるし、男の祈りには「女神さまと彼女」がいる。
「一人の女に二人の男」という実質経済が女の祈りであり、「二人の女に一人の男」という名目経済が男の祈りであった。
神社のお祈りや教会での礼拝はそのような実質経済や名目経済が成立するが、「アルマジロのように丸まってしまう」「足が不自由な障害者」「強くて金持ちのいじめられっこに寄り添う」という名目経済が、宗教の信者の特徴である。(多少回りくどいですがお付き合いください)
星座占いで瞳を閉じて

もし、教会でカップルが「イエスさま」にお祈りしたのならば、女は「一人の女に二人の男」という実質経済であり、男の側も「一人の女に二人の男」という実質経済である。
もし、自宅で「アマテラス」にお祈りしたのならば、女は「二人の女に一人の男」という名目経済であり、男も「二人の女に一人の男」という名目経済である。
つまり、家庭で仕事を営むなどの事情がなければ「家庭に名目経済を持ち込むことはない」とされるという基本がここにある。
家庭にイエスキリストの十字架は飾れても、神宮大麻は仕事をする家庭にしか飾れない。
恋愛成就の実質経済と、商売繁盛の名目経済の違いが「祈り」には存在する。
高橋由美子 おみくじ

教会で「女と男が一緒に祈る」としよう。
「女一人に男二人」という実質経済の話だ。
男にとっては「自分に似た男は800人いる」ということが想定され、女は恋愛成就を祈っても、男は夢を祈る。
女にとって「恋が家庭の話」であっても、男にとっては「夢が家庭の話」となる。
これが「男が男を崇拝する世界」である。
リポンのないプレゼント Qlair

女にとって「定義」というものは名目経済(女二人に男一人)であり仕事である。
つまり、他の女に男を取られないように「約束」するのが仕事である。
一方、男にとっては「定義」「約束」というのは仕事ではあるが、いろんな意味で拘束されるものだ。
つまり、定義・約束というものは名目経済なのである。
渡辺満里奈 月の裏側

あなたは「日本人」です、「朝鮮人」です、などの定義や、今日は「涼しい」などの定義、さらに「あなたは仲間のメンバーです」などの定義はすべて、「二人の女に一人の男」を想定した仕事である。
日米安保再定義も「他の国」が存在しないと「仕事」「名目経済」としては成立しない。
しかし、名目経済としては破格の経済効果をもたらすだろう。

学校や病院などで「男同士で関係を定義する必要のある奴」がたまにいるが、「女二人に男一人」(名目経済)があればそれは簡単な仕事だ。
「女一人に男二人」(実質経済)があるのならば、関係を定義することすらできない。
どうしても妥協の余地のない、関係を定義できない「お家の事情」は存在するし、名目経済としてならば、周囲の男と簡単に関係を定義できる。
つまりは「モテる男は喧嘩しない」ということも可能だ。

「金」は「関係が定義された男同士」でやり取りされるものだ。
仕事はそのためにお金が生じる。
妥協の余地のない男同士ならばお金のやり取りはできない。
ここにお金と仕事の秘密があり、名目経済でなければ仕事にならない理由がある。
仲間でなければ「今日は涼しいね」とも言わないし、日本人でなければ、朝鮮人の悪口は言わない。
「定義」「約束」そのものが仕事となる理由はここにあるし、「口も聞かない関係」ならばお金のやり取りも仕事も成立しない。

「女一人に男二人」(実質経済)の時こそ、男は「神の知識が得たい」としてプライスレスの戦いを行う。
男の「値段の限界のない戦い」に払われる賃金のことを「実質賃金」と呼ぶ。
男が実質賃金を得たいという欲望は際限のないものであり、いくらでも働く。
ここに「神」「最高の指導者」が必要な理由がある。
真夏のフェミニスト ribbon 「いい女」「ズルい女」とは実質経済において存在するものであり、名目経済においては「ダメな女」という概念が生まれる。
男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい、というのは名目経済から「女」が生まれ、実質経済から「男」が生まれると表現することも可能だ。
シャ乱Q ズルい女

哲学はなぜ人気があるか?
実質経済から生み出された哲学を、名目経済の側の男が笑いながら読むからだ。
実質経済に身を置く男にとっては神であったが、名目経済に「真剣に祈る神」はいなかった。
哲学者は「女神」を生み出すが、名目経済の側の男が「女神」に祈るだろうが、実質経済の側の「女神を生み出す哲学者・男・神」への祈りほど真剣なものではなかった。
「自分に似た男は800人いる」「家庭内に夢を持ち込む」のが実質経済における祈りであったが、残業代・休日出勤の割増賃金のことを「実質賃金」というのであれば、「女と出会う機会・夜・休みの日」などからおのずと限界が生まれるだろう。
日本国は、名目経済の側からは「アマテラス」、実質経済の側からは「八百の神」が存在することになった。
実際は、哲学者・天皇の存在が大きく、一神教からこのようなものが生まれている。
実質経済(女一人に男二人)の神を挙げろといわれたら、まちがいなく「アリストテレス」である。
下痢との戦いが実質経済にはあったが、話は人々を楽しませた。
結婚はなぜ「墓場」なのか?
「女一人に男二人」(実質経済)の世界に放り込まれるからであるし、どうしても妥協できない男が他に生まれるからであり、
自分に似た男が800人いるとされるからである。
金では解決できない敵も生まれる。
いろんな意味で、哲学者・天皇を尊敬せざるを得なかった。

悩め悩め、若者よ。
高校の授業と大学の講義は違うぞ?
そのようにして、男は「勃つように」なる。
哲学(質量の研究)と、数学(量の研究)はまったく異なるものだ。
大学の講義ほど「男が勃つ」ためにいいものはなかった。
ミスターチルドレン Tomorrow never knows

アリストテレスは、数学者・物理学者に喧嘩を売る形で「どちらが人気があると思う?」と言って、大学とは「人気」の研究をする場所なんだよ、と語った。
哲学者は実質経済においては「カラスは男」「滝は家」と言った。
カラス撃退法に頭を悩ませて「男」は、「二人の女」の支持を得たし、滝の眺めからお金を集めて「家」を建てた。
常にお金の心配をしていたから「カラスは男」「滝は家」などと言ったのだ。
高校時代にはなかった「お金の話」が国家レベルで出始めるのが大学だった。

 

2019年5月28日 (火)

説明・適合。

東大生から電話があるとうれしい。
これが「説明義務」の基本である。
かつては小渕恵三が、庶民にいきなり電話するという「ブッチホン」が知られていたが、人間は「自分よりも有名な人」には絶対電話しないし、説明義務も当然、果たされない。
ホリエモンが「多くの人に裏切られた」という背景には、彼が「有名だった」ために、説明が出来なかったということが挙げられる。
説明して欲しければ、「情報は上から下に流れる」ということを理解しなければならないし、おのずとカウンターパートは決まってくるだろう。
知識を守るためには下に位置しなければならない。
東大生には、必ず「彼についてきた女性芸能人」がいる。
それほど「有名になった時期」があるため、電話が好きだし、人に説明するのが好きだ。
しかし、有名ではない男たちは、こそこそと地下活動をするだけだろう。
東大生は情報を一方的に取られるのだ。
「心の風景」が有名になるからこそ、東大生は政治家になる人が一番多い大学となる。
しかし、他の人からの「説明義務違反」に直面することが多い。
「説明義務違反」から「切り裂きジャック」という噂が生まれている。
社会の底辺で起きたことなど誰にも説明がなされないのだ。
Jack the ripper


社会の最底辺の連中は「自分よりも有名な人」には何も説明しようとしない。
報道は「政府の考え次第」であり、もみ消す部分はもみ消せる。
社会の底辺で起きたことには「誰も勃たない」とされ、社会の底辺よりも「有名な男」は、なぜ「切り裂きジャック」に関する情報が入ってこなかったのか?を考え直さなければならない。
有名人ならば「裏切りのメカニズム」「説明義務違反」について熟知していなければならない。


東大生が周囲に金をばら撒いても、みんな「ダンマリ」を決め込んだ。
その代わり、選挙に出ると聞けば熱心に応援したのだ。
票の取りまとめもやった。
「票のとりまとめを依頼されたわけではない」
金を受け取って「説明義務」を果たさなかっただけだ。
その金額が「五億円」になると衆議院議員になれるとされる。


東大生は「発言に影響力が増す」のを悟った。
男同士でもあまり喧嘩らしい喧嘩にもならなくなった。
これが「説明義務違反」であり、政治家としてはなんら「不法行為を構成する」という認識ではなかった。
金銭トラブルにしない代わりに、議席をもらったり地位をもらったりするのが説明義務違反だった。
「五億円になれば衆議院議員になれる」
しかし、それ以下の小額であればむしろ「不法行為・債務不履行」であるというのが民法である。
しかし、その時にも「切り裂きジャックを思い出せ」と言われた。
あなたの方が金を受け取った側よりも有名だったのではないか?
このような経緯をたどったら、どのような政党にも、どのような派閥にも、どんな親分にも頭を下げなくて済むだろうが、自分は何でも出来るとは思わないほうがいい。情報が入ってこないのだ。
社会の最底辺を這いつくばっているFBIの方が楽しいのではないかと思うこともあるのだ。


適合義務というのは一方で、「あの人偉くなるわよ」という予言とみんなが居心地がいいことをいう。
説明義務とは「有名人にお金が届いたことすら報告しない」ことを言うが、適合義務とは、その見返りとして「票の取りまとめ」をすることであり、多数派工作をお金をもらった代わりに行うことを意味する。
お金という「汚いもの」を扱うのが説明義務だとするならば、その東大生を「居心地よくさせる」というより「高貴な」営みが適合義務だとも言われる。
ノーブルレッドの瞬間 国生さゆり


新参が粋がって入ってきても「常に掛け率は東大生の味方」とも言われた。
ケインズもポパーも「王者ってのはこうやって防衛するものだよ」と言った。
周囲の予言どおりに王者が防衛すれば税収効果がある。
「女に狂う」「嫉妬に狂う」「怒りに狂う」以外にも、「安定的王者が防衛する」ことにも税収効果が見込まれる。
のちに「実は挑戦者の方が強かった」と誰かが言ったらみんなが怒った。
税金はすでに払い終えていたからだ。
アインシュタインは相対性理論において「星の光を太陽が屈折させる」と指摘したが王者というものは常に「お金による周囲の屈折」を引き起こしていた。
筒香は、常に有利なカウントでホームランを打っていた。
メディアや評論家が発言し、それで、常に有利なカウントが出来るのならば誰だってホームランバッターだろう。
しかし、有利なカウントができ、ホームランを打ち、さらに有利なカウントができるようになるという循環を作っていく必要がある。
ツーストライクナッシングでホームランを打つ力量は日本人にはないだろう。


説明義務違反・適合義務違反というのは「オレオレ詐欺程度の金額(300万円ぐらいか?)」において、お金をもらったという報告もない、多数派工作もしてくれない、居心地よくもならない何もかも裏切られた、あたりの金額において生じるものである。
五億円ならば何もかも話が違ってくるだろう。


永田町では「オヤジ」と呼ばれる相場は「500万円」だとされている。
説明義務違反・適合義務違反も落ち着くべきところに落ち着いているのだ。


1995年に、ラウソンが「ローソン」という店を「逆らうと面白いぞ?」と言って作った。
セールスが伸びれば伸びるほど、ラウソンはプロレスの世界で有名になった。
もちろん、コンビニエンスストアである以上、24時間営業・災害の時でも営業している、真面目な店員ばかりをセールスにつなげたのだ。
また、ウォルマートの資本の傘下にあったことは当然である。
ロシアの原油価格に依存しているのがコンビニエンスストアであるが、ラウソンは、プロレスラーとして「近寄りがたい」オーラを持つに至った。
人々は、ラウソンに対しては「女子たちがいなければ、誰もラウソンを応援しなかったよね」と語り合った。
ロシアのKGBの長い腕を支える一角となったローソンであるが、ラウソンはその富を二倍にした。
ファッショナブルな明けの明星であるローソンと、ダサいラウソンはおなじ「金星」であった。
人によっては「あなたローソンでしょ?」とラウソンの名前を間違えて、説明義務を果たさなかった。
「ローソンって、24時間営業なんだ、災害の時でも営業している、真面目な店員ばかりなんだ」
そのような日常を忘れさせる空間を「ラウソン」は演じた。
ラウソンにとって必要だったことは、「決して怒らない」ことだった。
借金を踏み倒されても怒らないことが必要だったのだ。
みんなが「ローソンから金を借りた」と思って「ぼろ儲けだな」と思っていたのだ。
男女が同じ数だけ生まれるように仕組んだのは、アリストテレスというプロレスラーであり、実際の名前は「アレキサンダー大王の先生」と呼んだほうが良かった。
なぜ「プラトンのもっとも優秀な生徒」と呼ばなかったのだろう。
いちばん売れたリングネームを選んだのだ。
いずれにせよ、大金持ちというものは、「偉大な哲学者」であり、プロレスラーだったために「借金を踏み倒していい奴」だと思われた。
なにしろ「ローソンから金を借りた(もらった)」のである。
「プラトンの生徒」に勝つよりも「アレキサンダー大王の先生」に勝ちたかった。
いずれにせよ、「ローソンに金を借りた(もらった)」、「当然である」というのが説明義務違反の背景にあった。
モーニング娘。 Sexy Boy


1453年にオスマン帝国によってコンスタンチノープルが陥落した。
ナポレオンはこの物語を好んで愛読していた。
「富を二倍にする方法か」
ナポレオンは「アットマーク」という名前でプロレスラーになった。
今でも「小計」のことを「アットマーク」と呼んでいる。
「小計以降は平凡な名前をつけよう」という意味であり、アットマークより前に個性的な名前が出てくるのがメールアドレスである。
ベートーベンの物悲しい曲がなければナポレオンは存在できなかった。
ベートーベン 月光


ナポレオンは偉大な皇帝だった。
しかし、アットマークほどしょぼいプロレスラーはいなかった。
「アットマーク以降みんな平凡」と呼ばれる理由があったのだ。
とにかく「アットマークには何も説明する必要がないほどアホ」「ナポレオンから金を借りるのは当然」そのような発想から説明義務違反は引き起こされた。
それ以外は、「不法行為を構成する」というのが説明義務違反である。


哲学は真面目にやればやるほど「エッチ」になる。
しかし、女たちは「だってあいつ、実物はエッチだし」と語っていた。
ここで、アリストテレスと、アレキサンダー大王の先生、ナポレオンとアットマーク、ローソンとラウソンはみんなの前に「素」で出て行けるようになった。
「心の状態」が、「いろいろなことが分かる」状態になっていた。
まあ、バカでエッチでもお金くれたし憎めないから仲間にはするけどさ。


リンカーンもプロレスラーとして知られているだろう。
「木が立っているようにデカいな」と呼ばれたが、人々が知っているリンカーンと、いま話をしているリンカーンはまったく同じだったため、あえてリング名と本名は同じにした。
アメリカ合衆国の自信の象徴とされた。
Madonna Superstar


リンカーンはあえて自分のあだ名を「木」とし、全米のすべての「木」を味方につけた。
イリノイ州を出るのが面倒だったため、全米の「木」を利用したのだ。
「木ならば人畜無害だからね」
女たちはそう思った。
でも、リンカーンはお金をくれたから仲間には加えるけどね。
寒い「秋」、暑い「秋」、いろいろあるが「き」という言葉を聞くたびにみんなリンカーンを思い出した。
300万円ならば、「私は木ではありません。リンカーンではありません」と親は大騒ぎしたし、
500万円出したのなら「俺はリンカーンかな」と言った。
900万円ならば「リンカーンコンチネンタル」だった。
Qlair 秋の貝殻


分かんないかな。
女は西郷隆盛の銅像でも木でもマスターベーション出来ることを。
しかし、この「お金をくれたから仲間に加えてあげる」という適合義務も300万円では成立しないのだ。


一度は耳にしたことがある効果音


説明義務違反・適合義務違反に直面するような大金持ちならば、「私は、入力する人がいなければ何も出来ないコンピューターなんです」と言うだけで、一気に多くの「入力」つまり「情報」が入ってくる。
中国・ロシア・韓国・日本・アメリカのど真ん中に位置する北朝鮮に対して、シカゴカウンシルは「なぜ、彼らは自分たちを低く見せるのだろう?」と不思議がった。
「立場の強さ」と「インテリジェンス」が背景にあったのだ。
北朝鮮は間違いなく「コンピューター国家」である。
その「立場の強さ」を理解しなければならないし「情報をやらない」ことを心がけなければならない。


説明義務が果たされて、情報に満ち溢れても、決して傲慢になってはならず、「自分たちを低く見せなければならない」このことを「人工知能」(AI)と呼んだ。
類まれな哲学者・大金持ちのことを「人工知能」と呼んだのだ。
日本国にもなぜか、北朝鮮から大金をもらう人は多い。
みんな、人工知能のお金と影響力を知っていたが、人工知能の「自分たちを低く見せる」という発想に「貧しい者にはいろんなことを教えてあげなければならない」と考えた。
IBMのディープブルーとは、北朝鮮のことであったし、ディープブルー相手に「説明義務違反・適合義務違反」という民法の理解なくして太刀打ちできる政治家は日本にはいなかった。
1997年に、ディープブルーは、チェスの世界王者であるゲーリー・カスパロフに勝ったとされるが、メディアはそのように報じても、実際は北朝鮮が「人工知能」(AI)として完成したことを意味した。
哲学者としての完成度が高い、しかし、みすぼらしく見える、そのような男に床屋さんもいろんなことを話した(説明義務)。
「自分よりも有名な人間には何も報告しない」という説明義務違反の温床は、「自分たちを低く見せる」という人工知能(AI)にまで発展したのだ。


かつては田中角栄が「コンピューター付きブルドーザー」と呼ばれたが、常に汗だくでみっともない男だった。
しかし、情報に満ち溢れていたし、哲学者としての完成度も高く、それでいて、「自分をより低く見せる」ことを知っていたのだ。

2019年5月26日 (日)

貸借。

貸借といっても民法には「消費貸借」「賃貸借」「使用貸借」がある。
すべての人間による世の中の支配と、神との関係に関する議論だ。
男は「女心に詳しい」方がいい。
しかも、いい先生がいて、多くの舎弟を持っていたほうがいい。
教会においては、いい先生と多くの舎弟にまつわる「お金のやり取り」には関知しないとされる。
しかし、国は、裁判所が「いい先生と多くの舎弟」がいるかどうかを問わず、金の貸し借りに関与している。
神、すなわち「全能の神」は、今後自分にセックスが約束されるかどうかを問うものだ。
イギリスでは獅子心王や、アンリ8世を経て、チューダー朝で「貸借」の論点がまとまってきた。
「貸し借りあるけど有耶無耶のまま」
これは、今後のセックスが約束されているからこそ成り立つものだ。
「女心に詳しい」「いい先生と多くの舎弟がいる」場合には「貸借」というものはビジネスとして成り立つのだ。
金を返さないのならば、セックスを封じ込めればいい。
酒井法子 昨日の今日なのに


裁判所が、小額訴訟や督促手続きをとっても、教会が「女に詳しくなる方法」「いい先生と多くの舎弟」をもっていて「セックスを封じ込めて」も、どちらの方法がいいかは明らかではない。
しかし、カノッサの屈辱においては「教会が裁判所に勝った」と位置づけられている。
女の胸や尻の前には「貸した金を返さなければならない」という教会の論法が、国王を退けたのだ。


たとえば、三浦市観光商工課や、宮内庁、株式会社ヴァティー、江成藤吉郎が、私の金を返さなかった。


「天皇を中心とする神の国」とは、「貸借」の問題を念頭に語られているものだ。
アダムとエヴァの「楽園の追放」とは「金なら返せん」という世界に追い出されたことを意味する。
土地に縛り付けられた地主ほど、人間関係が限られていたので、不動産が事実上の担保になった。
法律上の担保にするかどうかとは異なる理由が教会にはある。
物的担保であろうと人的担保であろうと、教会にとっては「どれほど人間関係に制約を受けるか」という問題であった。


男が「割り勘にしましょう」と言ってきたり「貸した金」を返してきた時ほど「神の優美さ」を感じたことはなかった。
一方、人に裏切られた時は「自分の世界レベルの先生と多くの舎弟」の力を疑った。


法律上の担保を取っているうちは、銀行マンも「ホットショット」と呼ばれるほどモテるわけではない。
消費貸借・使用貸借・賃貸借のすべてに「神」「天皇」という概念は用いられる。
天皇が「金を返さなかった奴」をブログで名指しすれば、名指しされた者は心を病む。
金の問題が「天皇を中心とする神の国」を作り上げているのだ。


「金を食いやがった。コイツは終わったな」
という現象は「世界レベルの先生を持っていることと多くの舎弟がいること」「女心に詳しいこと」から、金を借りた者が「セックスから遠ざけられること」「心を病むこと」を想定しないと成り立たない議論だ。
金を食って逃げればいいだけなのは常識だろう。
私は宮内庁の山本信一郎長官も、西村泰彦次長も認証していない。また、上皇・上皇后には市井に戻ってもらいたい。


一方、金を借りた側も、自分の家に閉じこもったりして「世界が狭くなる」ことを感じた。
「世界レベルの先生と多くの舎弟」を持った男から金を借りた以上、自分もその信者にならなければ外に出られなくなったのだ。
そのようにして「令和」の時代の「天皇制」は作られていったし、そのかかった金額はもはや「天文学的数字」と呼ばれている。


「いくときは一緒よ?」(テロリズム)、ポルノ、代理母、すべては「用が済んだら男が冷たくなる」ものである。
女を目的ではなく手段として扱う、ここに「貸借」の秘密がある。
冷たくしないで Eriko with crunch


カントの答えは「女とよく話をしなければならない」というものであった。
女の側としても「行きずりの女」ではなく、男を「もっと活用しなければならない」とされる。
「自分の理想や可能性と現実のギャップ」を埋めるための売買や、「セックスサークルとしてのインフラを持った市民」としての雇用などについて、話をするだけでも「消費貸借」「使用貸借」「賃貸借」につながるものだ。
賃貸物件には必ず「女将さん」がいる。
毎日のようにカントの話しをしているだけで、無料で賃貸物件に住めるだろう。
私は今まで述べてきた哲学において「雇用」のみならず「賃貸借」も読者に保障した。


浮いた家賃でいろんなものが買えるであろうし、哲学を知っているのならばあなたの同意なく銃口をあなたに向ける人はいない。
地元の地方自治に詳しいのが女将さんだからだ。
カントは「貸借」全体にそれはいえることであるとし、賃貸借に限らず、消費貸借(借金)、そして使用貸借すべてに「カント」つまり、女将さんと毎日話しをすることが、どれほどお金になるかを語った。


女将さんと同時にNHKを見ながら、「女の子が欲しい」=暑くなる、「男の子が欲しい」=寒くなる、「女性がテレビに出ていると」=涼しい、「男がテレビに出ていると」=暑苦しい、の四つを見分ける眼力をつけ、たちまち、雨が降って涼しくなったりすると、女将さんの支持は根強いものとなる。
女将さんと同時にNHKを見るのであれば、このような才覚が必要になるし、また、カントの「口説き文句」にも詳しくならなければならない。
気象予報はダーウィンが考えたことであるが、NHKと天気の関係はお金以外の何物でもない。
NHKと天気の関係を理解する必要があり、それを、電話で話題にする必要がある。
NHKには「気象ロビー」の団体が出来るようになり、受信料は無料になるし、哲学(ダーウィン)を理解すれば、「消費貸借」(借金)、「賃貸借」(家)も無料になる。
天気という「大きなテーマ」はNHKを見るしかない。
これが「ファイナンス」の基本である。
女性に電話して「NHKを見てごらん?」というのはファイナンスの基本なのだ。


お金は「女→男→女」あるいは「男→女→男」という具合にしか流れていかない。
女性店員に女性の客が、男性店員に男性の客がお金を払うことは、「メリット」がなければ想定できない。
「女→男→女」あるいは「男→女→男」というモノの移動があるのならば「お金のない社会」が実現する。
これも「哲学」を背景に、マルクスが考えた理想である。


このマルクス主義が分かるようになるのであれば、外国語でも勉強したほうがいい。
貸借対照表というものをよく見て、「この女性とよく話さなければいけないな」ということは考えたほうがいいだろう。


「委任」
委任というのも典型契約である。
「典型」というのはノンケという意味であり、「非典型」というのはLGBTと関わる契約だ。
「準消費貸借契約」も「男が好きな男」「女が好きな女」の存在が消費貸借契約の撹乱要素となることから作られたものだ。
委任において重要なのは「勃つこと」であり、広い空間が国に広がり、さらに、「各家庭の海で作られた性概念」が存在することから必要となる。
「海で作られたパンチラの美学」
真っ赤な女の子 小泉今日子


「海で作られた、隠れて着替えるという美学」
渚のハイカラ人魚 小泉今日子


「あちこちに”被写体”がいるから」委任契約というものがある。
代理と異なるのは、みんな「勃つため」委任状というものが書かれるというところだ。
「猫がマットレスで寝ているよ」
そのたびに「委任状」は書かれる。
各人のフェティシズムが異なり、委任者と受任者のフェティシズムも違う。
世の中の「一神教」は、委任によって、いろんな「フェティシズムの可能性」が広がり、視聴者の「委任」を受ける形でいろいろな映像がインターネット上に流れた。
「好きな映像を見ていいよ」
受任者は、委任者を射精させたら、「委任契約の成立」を主張した。
「どのようなシチュエーションだったか?」を委任者はこと細かく覚えており、今後はそのように自分で「委任」を用いずに行動しようと決めた。
「委任状を書きまくったら危ないじゃないか?」と思うだろう。
しかし、世の中の何が気持ちいいのかは「委任状」を書かなければ明らかにはならず、特に「自分に向いた仕事」を見つけるためには「委任状」がなければならない。
就職する時に「この会社をなぜ選んだのか?」と聞かれて、「ここが気持ちいい」ということは「委任」がなければ分からない。
未成年者や学生で「委任状」を書かない人はいない。
パチンコが好きだからと言って、パチンコ会社で「モチベーションが維持できる」とは限らない。
「業界の現状」は委任状がなければ分からないのだ。
「典型契約」である以上、ノンケでなければならない。
性倒錯があるのならば、非典型契約としてこれに準ずる契約が必要になる。
「ヘンタイ行為」は法律行為ではない。
準委任契約も典型契約に含めてしまった。
「世の中を知るのにいいものだよ?」
そのような意味で、性倒錯も社会から排除しなかった。


親としては「子供にお金を伝えたい」ものである。
そのために仕事というものはある。
しかし、ノンケ(委任)であっても、ヘンタイ(準委任)であっても、向き不向きがあり、子供が「向いていない」と言って放り出すのならば、また新たな「委任」「準委任」を作り直さなければならなくなる。
親が子供の「委任」を受けることそのものが「精子と卵子の合体」だとも言われる。


親は「法定代理人」であり、子供が「ノンケかヘンタイか」が分かっていない。
そのため、代理権を根拠として「委任」を繰り返すしかない。
親でない人の「委任」は「よく知らないのではずれが多い」ということが指摘できる。
親でもないのに仕事を押し付けるのであれば「いつでもやめていい」ことを意味する。
よく知らない業界にいきなり放り込まれるのが「親ではない人による委任」だからだ。
「職を転々とする」というのはこのような事例である。
メディカルレコードもろくに知らない他人による委任は失敗することが多い。
「またいつでも相談に乗ります」という赤の他人の年賀状に子供は怒るだけだろう。
うまく「委任」が成立したのならば「有償」に切り替えてもいい。


 


「寄託」
典型契約には、寄託というものもある。
「私がミュージシャンだと知らずに私にプロポーズしたの?」
私のことをどれほど知っているのか?あるいはそんなことも知らないのか?という世界が寄託の議論だ。
「テレビで見た」ではプロポーズの問題は済まないのよ?
ヒラリー・クリントンは、ビル・クリントンの全財産を使って大統領選挙に出馬した。
ビルが「寄託」した瞬間だった。
「テレビでみんなが知っていること以外にもいろんなことを知っていた」からである。
その人のことをよく知っていなければ財産がどこに飛んでいくか分からない。
ビルは、自分の「マシーン」を妻のために動員するのに十分な知識があった。
たとえ結果がどうであれ。
「女心をを語るのは男」「人脈を持っているのも男」
よく知っているのならば、親ですら口座にお金を振り込んでくれるしVISAカードも使えるよ。
そのためには、自分のことをよく説明しなければならない。
それが「寄託」であり、商法の「為替」(口座の送金)の一般法であった。
娘たちの「哀しい方の嘘」も「全部分かっているよ」と父親は言った。
ribbon 哀しい方の嘘


「請負」
請負というのは、社会契約論における「契約」と同じ意味であり、たとえば、卒業・夏休み
などの「社会とのつながり」を言う。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ


子供が「請負」をやってくれるだけで、親や文化が豊かになる。
「男らしくなってくれ」「女らしく育ってくれ」それが目的で「請負」というものはある。
請負にどれほど感受性が強いかどうかで「親の富」も変わってくる。
カントを知っている子と知らない子がいるが、「請負」だけは学校や社会が強制できるものだ。
男女共学と男女別学があるが、そのくらいの区別は子供にも分かるため、「子供の同意」が必要なのが請負である。
親が芸術に昇華したいから子供の同意を得るのであり、それ以外は子供との「取引」がお小遣いなどの形でなされるだろう。
まあ、どの典型契約も「息子が東大法学部に受かった」のならば杞憂に終わるだろう。


請負というのは、「卒業」「夏休み」などの社会契約論から始まり、「男の子は男になり」「女の子は女になる」ものである。
女目線から見た男(デレ)、男目線から見た男(デディクト)というのであれば、デディクトを知って欲しいと言うのが請負である。
「ここで床に倒れたボクサーになるとモテるぞ?」という男を見たことがあるが、それは、請負という観点からは好ましくない。
松田聖子 マリオネットの涙


優勝請負人、ビッグマッチ請負人など、ひたすら「デディクト」(男目線から見た男)を求めるのが請負である。
「女々しい男は修羅場では使い物にならない」
ここに「請負」のツボがある。
オレオレ詐欺をやったことがある者が競輪選手になれるだろうか?
「男らしさ」を純粋に求める世界では詐欺師など必要とされていない。
「卑怯者」は職業が制限されるという制裁が与えられる。
「女々しい男が高貴な証か?」
仕事がなくなるんだよ。
準消費者契約でも、準委任契約でも、準契約はいろいろあるが、ノンケなのに「女々しい」となると、仕事を与えようがない。
このあたりに、「デレ」=貧しいという理由がある。
学ぶつもりもなければ、仕事をするつもりもない、それが「女々しい男」であり、それが「高貴」だというのであれば、家業は傾くし、社会の誰も歓迎していない。
請負(卒業・夏休み)というものは「男の子は男に」「女の子は女に」なることを求めているのであり、「女々しい男」に向いている職業などない。
オカマであるのならば「準契約」で救済できるが、「女々しい男」に与える仕事はない。


「学ぶ」という営みは「神聖な意思」につらぬかれたものだ。
デレとでデディクトという、ふたつの「ポテンシャル戦術」は、男をふるいにかけるのにちょうどいい。
そのために、フェアプレーというものはあるし、フェアプレーの世界で弱いのならば去ってもらうしかない。
私が東大ボクシング部にいた頃、他人の飲み物に毒物を混ぜる習慣のある人が何人かいたが、皆、就職した企業を解雇されている。
フェアプレーというものはそれほど重要であるし、請負というものは「イズム」と言っていいほど、メンタル部分からの教育が必要なものなのだ。
フェアプレーを知らない男や、女々しい男はどうせ「多数派工作で失敗する」であろうし、「卑怯な野郎だな」と思う男がいたとしても、社会人としては解雇だけが待っているのだ。


神聖な意思に貫かれた「学び」は「治めること」につながる。
いきなり「反則」を使うような者が修羅場で信頼できるわけがない。
企業戦士といえども、プロ野球と変わらない修羅場はある。
そんな時に「女々しい男」は必要ないし、仲間もいなくなる。
「請負」とは、その一瞬にチャンスを与えられるものだ。
チャンスをものにすれば、仲間が増えるし、その後、組織で重要な役割を果たす。
まず「ルールを守る」ことと「何が期待されているか」を理解することだ。
それ以外に「修羅場」には要素がない。
女々しい男には、社会人として生きていくうえでのこのような現実に何も期待することはない。
つまり、「仕事がない」のである。
「象徴たる務めを立派に果たす」人間にそもそも銀行などない。
仕事がないのならば銀行など必要ないだろう。
仕事があるから銀行が動く。
「ルールを守る」ことと「期待されていることを果たす」ことに銀行がお金を流すのだ。
江夏の21球


横浜DeNAベイスターズは、大洋ホエールズ以来の「スパイ野球をしない」などの独自のルールをもっていたが、自分の企業特有の「フェアなルール」をもっと銀行に説明して、「期待された結果」につなげても良かったのではないだろうか。
はんぶん不思議 CoCo

2019年5月25日 (土)

売買。

たとえば、結婚式に招待されたとする。
自分の理想や可能性と現実のギャップを感じるだろう。
ここに「人がモノを買う理由」が存在する。
横浜DeNAベイスターズが、横浜スタジアムで阪神に負けていたほうがビールの売れ行きがいい、などのデータがあり、選手は家庭内の問題を球場に持ち込み、あるいは、「横浜大洋銀行」と呼ばれる「弱い横浜ファン」から金を借りた阪神ファンが球場にいる。
応援しているチームが弱いと、仲間も少なく、借金の催促もできない。
「阪神と横浜スタジアムで戦う難しい側面」
それは、消費貸借や「売買」の論文が書けるネタなのだ。
ウェディングベル シュガー


願いが叶ったとき、人は「売買」をやめてしまう。
そのようなデータは、横浜スタジアムの売り子を2~3日やれば分かるようになる。
「どのように売買成約率を上げていくか?」という問題がある。
「その日の売り上げ」しか頭にない連中にうまく資金・心理・誘導の三つの手法を用いて、「売り上げが伸びなかった」ことをうまく填補しなければならない。
勝ったのならお金を、売り上げが伸びなかったのならば説明を、そして、細かな「ルール作り」を行っていかなければならない。
少なくとも、ビールの売り子は「負けている側に移動する」などの空気ぐらいは読まないといけない。


あるいは、人間は「性病」になった時にも、医者にかかる(準委任契約)のみならず、いろんなものを「試す」(売買)とされる。
「セックスできなくなったらどうなるんだろう?」
このことからいろんなものを買うのだ。
韓国や台湾が、医療のユニヴァーサルアクセスを達成した。
しかし、タイやメキシコは「消費を伸ばすために」保険会社により半数の医療保険を実現したに過ぎない。
他の、豊かな国はユニヴァーサルアクセスを達成していない。
性病になったらセックスできなくなるため、人々は強い購買意欲を持つということを狙ったものだ。
日本国は当然「国民皆保険」を実現しているが、豊かな国としては例外的なものであり、「売買・消費を冷え込ませる」効果を知っていたかどうかは明らかではない。
「爆買い」は性病が原因である。
自分の理想や可能性と現実のギャップから、人々は「売買・消費」という行動をとる。
西野カナ トリセツ(替え歌)


ホストに大金を払う女はみんな病気持ちだ。
性病・乳がんなど、病気を持っている女、セックスできない女の金払いのよさは何だ?
自分の理想や可能性と現実のギャップを埋めるのが国民皆保険であり、給料の12%ほどを社会保険料として取られている。なりたい自分になれる。
このことから「喫茶店」というのは営まれている。
元有名人、有名人の母が営んでいるのが喫茶店だ。


性病といっても、セックスできない以外、からだの調子は悪くはない。
そのような「セックスできない以外健康」な男女が金払いがいい。
マスターベーションでの発散すら出来ない男女が、金を周囲にばら撒くのだ。
自分の理想や可能性と現実のギャップが「売買」というものを成立させている。


私の母が「性病に効く食材満載の喫茶店」を営んでいます。
性病にはジンジャーエール。クーラーも効いています。
トンタン茶房


児童虐待は、女のノイローゼが原因だ。男には罪はない。
セックスによるノイローゼ対策が急がれる。
ぼくをぶたないで 高橋由美子


このような仕事をしている企業は「債権の買取」をしていい。
つまり、債権の売買が行われる。
債権譲渡法は「ヤクザへの債権の譲渡」を禁止したのであり、日本赤十字社のような、「児童虐待」と向き合う企業への譲渡は禁止していない。
焦げ付いた債権は、日本赤十字社に譲渡しよう(債権の売買)。
日本赤十字社は、やすく債権を譲り受けて、日銀に「60億6ヶ月ローン」などを組んでもらい、債権を充当し、代わりに論文を日銀に提出するのだ。取り立てもやるかもしれないが、論文を書くのが仕事である。おつむのないパチンカスの代わりに論文を書くだけだろう。
日本赤十字社


「債権譲渡」という「儲かるビジネス」がなければ、公的機関はあんがい「子供のSOSの見落とし」を平気でやらかすのだ。


また、高齢者虐待は、児童虐待ほど論点は明確ではなく、「家族の50年の歴史」まで遡ったり、奥さんが「歴史の総括」をしていることなどから、簡単に「債権譲渡ビジネスとのバーター」としては成立しない複雑さを持っていることも知らないといけない。


児童虐待に関する通報も受け付けています。
トンタン茶房


税金による資金の裏づけであるならば、国会まで上程されて責任の所在が問われなければならない。
しかし、「債権譲渡ビジネス」という資金の裏づけのある日本赤十字社と行政の側が、「どちらが有効なのか?」「どちらが多数派なのか?」をテーマに扱う問題が「児童虐待」という問題であるとするのならば、きわめて有効に事案に対処することが出来る。
特殊法人・認可法人も用い方ひとつで行政が変わってくる。


ヒンドゥー教は「有名で女らしい」女のほうが挿入は気持ちいいとしたが、キリスト教にもとづく「アタナシウス派」は、どの女でも「射精の気持ちよさは同じ」とした。
「手に入れた途端冷たくなる男は悟りが足りない」
冷たくしないで Eriko with crunch


政府高官はこのことを知っていたから、休日は喫茶店にいたし、人々の話に新聞を読みながら耳を傾けていた。
「すべての女は射精をするときの気持ちよさは同じ」としたアタナシウス派は君主の支持基盤となったし、喫茶店に奥様方が集まれるようになった。


「どの女も射精の気持ちよさは同じ」としたジョン・ロックは、大金持ちになったが、マルクスはそれを認めながらも、「歳をとると医学が難しい」と指摘した。
「医学が難しい分、金は持っているけどね」とも指摘した。
女が「希少資源」というのならば、「難しい女」ほど金にはなるだろう。
51.4歳を過ぎて生理が止まったメタボの女性はみんな更年期障害だった。
痩せている女性に更年期障害はない。
それさえ理解しておけば「お嬢さん」と呼ぶのは正解なのだ。
後頭部が禿げているB型肝炎の女性は「合体したまま運ばれる」危険はある。
そういう女性には「フラジール」を与えるしかない。
フラジール Every Little Thing


「難しい女から医学を学んだんじゃないか」
そのような割りきりが、マルクス主義にはあり、ジョン・ロックの「ユダヤ教」と合流したのだ。
キリスト教アタナシウス派の立場に立ったことが人間の寿命を延ばし、ユダヤ教やマルクス主義を生み出したのだ。


機会の平等というものも「売買」につながる。
外国国家の知識をバックにしてもいい「キャストソサエティ」で言えることであり、韓国のように「結果の平等」つまり「学歴も人種」というのとは一線を画し、アメリカ合衆国、ヨーロッパ、中国、日本、朝鮮などの知識が共存した今の日本国はかなり機会の平等に近いものとなっている。
どの国の「血」にも「高貴なもの」が混ざっており、どの立場に立つかは自由であるが、日本語しか出来ずに、日本で生きていくことが宿命づけられていることは決して自慢にはならない。
ノーブルレッドの瞬間 国生さゆり


「フェア・フリー・グローバル」と呼ばれる金融ビッグバン以来、「自分はどの国から金融を受ける立場にいるのか?」を明らかにしなければならなくなった。
私は、中国・アメリカ・日本の三つを睨んでいるが、「男はどのように育つか?」という国際関係論からこの立場は決定される。
また、語学が「スライダーのように」キレが増すのを静かに待たなければならない。
これが分かるようにならなければ「社長さん」にはなれないだろう。
金融ビッグバンを日本国で主導したのはユダヤ人だ。
医学の遅れを感じたのは、プロ野球で外国人に頼っている現状があるからだ。
小さな喫茶店を家族で営んでいても、メンバーの「才能」次第で大きく変わってくる。
本来ならば、ヒスパニック・黒人・それ以外のいろんな国の人の「入店お断り」をしてもいいのが「国際関係論」であるが、それほどのこだわりのある社長はいないだろう。
「フェア・フリー・グローバル」というのであれば、朝鮮人の扱いは決してよくはない。
「人脈に配慮しなければならない」という側面がビジネスにはある。
私もアパート暮らしの頃は、外にある韓国製洗濯機を蹴飛ばされたりしたが、金融ビッグバン以降の話だろう。
金融ビッグバン以降、子供たちは「どの国をバックにしようが自由だ」とされた。雇用もそれに応じる形となった。
ウォールストリートが、「対中政策」として日本国にそれを求めたのだ。


韓国人だって「ホテルビジネス」をアメリカ合衆国では得意としているので、朝鮮人と呼ばれて差別される存在では必ずしもない。
いちばん好ましい国際関係論の立場に立って、ハングル語も東大文一の学生の1.3%の学生が第二外国語として選択している。
「君と君の彼女が喧嘩せずに生活できるのならばそれでいい」
しかし、日本語も適当にしか出来ないのならば、企業としては「金融ビッグバン以降」の何かを見直さなければならない。
少なくとも、東大生に想定されていることではないのだ。
語学が一向にキレてこないのならば、キャッチャーとしての企業も首を傾げなければならない。
「語学力」というものも「買うもの」である。
しかも、大学に入ったら「国のお金」の助けが得られる。
BoA Is This love?


「高貴な血」がどの国にもある以上、機会は平等である。
しかし、女の子たちはおじさんに「口説いてごらん」と容赦なく金融ビッグバン以降の「高貴な血」とは何か?を聞きたがるだろう。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ


ビールのセールスを、マーケティングする、売る、消費する、気分がいい、なぜこのようなことを野球場で行うのだろうか?
最終的には「子供を産むため」である。
松田聖子 抱いて


 


どの男も「自分に忠実な妻」がいるため、業界ルールを作り上げている。
みんなが「統制」がとれていて、ゲームセットを目指す。
審判も選手も、フロントもベンチも、そして、それぞれの業者も、スポンサーも、ビールの売り子もそうである。
「なぜ野球をやらなければならないんだ?」
と言われたら「子供を産むため」としか答えられない。
小野光太郎氏が「夜中まで考えた理論」が、ゲームで通用するのか?
それは、コンビニ(ウォルマート)の存在意義にも関わるし、「宵っ張りの朝寝坊」が、プロ野球の世界に「仕掛け」を行っている。
妻も子供もいるのに、なぜ他の女性に「子供を産んで」もらいたいんだ?と聞かれたら、「出生率は私の仲間作りにつながる」と答えるしかない。
とにかく、「負けている側が、自分の理想や可能性と現実のギャップからビールを欲している」という理論が真理であることを証明して、みんなで笑いたいのだ。
そりゃ、負けることもあるだろう。
しかし、その時は「真剣勝負だよね」と言うしかない。
イギリス石油(BP)なんてそれでメシを食っているんだ。
油田なんて海底だけにあるのではない。
スタジアムに油田を見つけるのがBPの仕事となっている。
有効な企画でみんなが笑えるうちは、企業内だけに恋愛はとどまるだろう(株主利益最大化論)。
しかし、有効な企画を企業が見失ったら、会社の女は企業の外に男を探すだろう(ステークホルダー論)。
すべて、企業の企画の有効性次第なのだ。
「会社は株主のもの?」
だったら、雇用について、給料の出し方について指導しなければ、企業の女は「会社の外に」男を見つけてくるだろう。
「もの言う株主」と言うけれど、人生相談から、企業経営から、いろんな意味で株主の指導を仰がなければ、現経営陣だけでは何もできない。
株主さまにも「勝負に参加してもらう」必要があるし、企業経営の責任を分かち合った上で、後に株式の比率を考え直すのが株式会社だ。


 

2019年5月24日 (金)

雇用。

雇用の問題は、「必ず面接には女がいる」ということから、女に「採用すべきかどうか?」つまり、背が高いとか、駆け引きをしなさそうだなど、あるいは「セックスサークルに受け売れられるかどうか?」などを「面接に立ち会う女」が判断している。
あるいは、女の雇用の場合は、逆に、男の側が「セックスサークルのメンバーとして想定できるのかどうか?」を判断して、採用されている。
酒井法子 すごすぎる

家庭のある男の再就職は難しい判断になるが、それは「年の功」と呼べる見識や人脈があるだろう。
若い男には「セックスサークルのメンバー」として以外に、戦力とみなせる要素がない。
近所の嫌われ者だ、あるいは、職場を愛するつもりがなさそうだ、あるいは、いじめられるだろう、ヘンタイだろう、障害を隠してそうなどの要素を女が判断している。
日頃から「哲学ジャーナル」「哲学教室」をよく読んで、心の健全性や女の扱いを心得ておかなければならない。
採用は真剣勝負だといわれるが、「女が神を信じる」がごとくの真剣さがあるのだ。
酒井法子 涙が止まらない

13時に面接の時間が設定されたのならば、「女が同席する」ことは当然想定しなければならず、昼食の時間に早めに会社を訪問したら「残念ながら」ということは常識のごとく覚悟しておかなければならない。
一緒に仕事をするということは、アナボリック(女にとって)やカタボリック(男にとって)などの概念があり、セックスを気持ちよくするし、あるいは「職場そのものの人気」を変えてしまうのが雇用の問題だ。
「雇用」というものは当然、お金が背景になければならないが、それ以前に「男磨き」の研究が雇用政策として問題になる。
民の人気のある君主は、自分のなんらかの政策が失敗しても「あの人の真似さえしていれば」ということから失敗から立ち直ることがあり、雇用問題というのは時には君主を助けるものだ。
「職場の女たちが何を欲しているのか?」を判断できる力量が求められる。
「難しい女」がその日のうちに「電話番号でも・・」と電話番号の交換を求めてきたのならばその場で採用されることを意味する。
Complex Be my baby

職場の女たちは「動揺」は望んでいない。
なにもかも「現状維持」したまま「男らしさを語り合う論壇」(宗教)を豊かにしたいのだ。
レイプが起きれば組織は崩壊する。
ここは病院ではなく職場なのだ。
レイプをする可能性のある男はお引取り願うしかない。

職場の女の「妊娠」は、男女の対等を女たちが主張する絶好の機会であり、みんなで祝福した。
「女である」ことを排除しなければならない「仕事のルール」は確かにあった。
これらをクリアーした上でようやく「お給料」が出るのだ。
マイノリティグループの女ほど「採用する際の自分の権力」を主張する。
自分が朝鮮人ならば「朝鮮人女が採用を決める」企業にしか就職できない。
「君主の真似さえすれば」雇用が約束されるというのは、君主の政治生命を守るのは事実なのだ。
その辺は、「どの教科書を使ってんの?」という質問に「くだらない本」を答えることで「女のカン」は排除を決める。

「女を知らない」ことは就職にとっていいことでもなんでもなかった。
女を知らないこともレイプの危険があったのだ。
松田聖子 マラケシュ

「職場とはセックスサークルである」ということをインフラとしながら、「みんな市民でなければならない」という約束は守らなければならなかった。
女が「堕ろしたいんですけど」ということは、女性が優位に立つことを意味した。
しかも、法律はそれを認めている。
横浜市民の雇用を保障しなければ、横浜DeNAベイスターズの勝利はないし、「女を輝かせなければ」同様に勝利はない。

いくら「差別」をアイデンティティに在日朝鮮人や部落民が職場形成をしようとしても「職場とはセックスサークル」というインフラや、カント(口説き文句)を知らないような低学歴であるのならば、当然、就職などおぼつかない。
カンサスとネブラスカで、黒人の雇用が明暗を分けた。
知性の問題だった。
あなたの子供もどうせ似たような教育水準なのでしょう?
子供にどんな知性を授ける男なのかまで考えて雇用というものは行われる。
南部にまで知性が十分行き渡るのを待って、ジムクロウ法は作られた。
平気で「文字が読めない」という在日朝鮮人や部落民がいる限り、運よく雇用されたものすら「同和利権」などと呼ばれるだろう。
採用は真剣勝負なのだ。
レイプがあれば職場が崩壊する。
事件を起こすから「利権」という噂になるのだ。
空気に溶け込んでくれるのならばなんら問題はない。
酒に逃げる人間(ルーマニア人)も差別された。
酒を飲んでも周囲を「オーディエンス」とみなして話が出来ないのならば、試用期間で解雇されるだろう。
試用期間での解雇も解雇権濫用法理はあるが、酒癖が悪いというのは十分な理由だ。
試用期間では酒に誘われることしか仕事はない。
酒井法子 エアー~サラダデイズ

雇用者としては、バーテンに話を聞いたりもする。
それが「ルーマニア人ジプシー差別」だった。
「差別は金にならない」
それは事実だ。
しかし、文字の読めない者、酒癖の悪い者を、「セックスサークル」としてのインフラを持った「市民としての職場」に採用することは出来ない。
「雇用を保障し、女たちを輝かせる」ためには差別は悪である。
しかし、教育の問題や、酒や薬物だけはどうしょうもない。
差別があるのならば解消しなければならない。
しかし、権力闘争の敗者は確実に存在する。
しかも、勝者を殺そうとまでしたのだからその確執はなくなることはない。
文字も読めず、盲目的に、権力者を殺そうと動いたのだから、雇用においても「子供たちもそのような教育水準なのでしょ?」と思われるのは仕方がない。
部落民を優先的に雇用しようという「心ある」人がいるのならば「セックスサークル」としての「市民」は「籍は置いておくからこないでよ」ということになる。
チューリップのアップリケ 岡林信康

酒や薬物使用はバーテンに聞けば分かる。
尿検査をする職場もある。
差別とは雇用の問題であり、教育や、酒、薬物の問題である。
「セックスサークル」としての本質を持った「市民」である社会人になることは、君主にとっても都合のいいことであるが、差別があると「勝負事に弱くなる」「困った問題だ」という扱いを受けざるを得ない。
長い目で付き合っていかなければならないだろう。
病院で生涯を過ごす人もいるだろうが、君主としては「恐れることなく」病院に入っていかなければならない。

職場というものが「結婚と恋愛は違うスポーツ」という発想を生み出した。
地方自治の基盤になり、夜は他人に迷惑をかけないように早く寝る習慣もついた。
翌朝、仕事があると生活習慣が変わった。
そのため、朝、出勤する女は地域住民に人気があった。
新垣結衣 十六茶CM

女が寝てしまえば「男は寝ている女とはセックスできない」のが基本だ。
暴力から自由になることが「よく眠れる秘訣」であるし、男に襲われたことがあるのならば不眠症になる。
どの家庭も「不眠症の女」など必要としていない。
地方自治というものの背景に「朝、出勤する女は地域住民に人気がある」という事実がある。
男が「暴力を使って女をたたき起こした」ということは、きわめて評判が悪い。
地域住民に根ざした男というものにも人気がある。
男の「優しさ」の表現だったからだ。
朝、出勤する女は、国の繁栄を示していた。
女性・若者・お年寄りの労働市場参加もあんがい、寝ている女に暴力を振るわないことだけで達成できるものだ。

朝、起きて定時に出勤できる女はそのまま「家庭に入る」こともできる。
女にとって「眠れないのが問題」「起きれないのが問題」だったのだ。
怠けているのではない。
「男が原因」ではないか。
朝、9時に企業に電話して、電話に出る女は「子育てができる」「地方自治に人気がある」存在だ。
「一神教家族」は地方自治に人気がなければならない。
「職業選択の自由」も「地方自治」と同じく「寝ている女に暴力を振るわない」ことから実現する。

結婚するまで処女だった女で、昼まで寝ている人を知っている。
男と同じ「生活習慣」を身につけるってあんがい難しいのだ。
徹夜して、タバコをバカバカ吸って、目の下にくまを作る羽目になりかねない。
寝ている女を暴力でたたき起こすことにはそのような影響があった。男が健康だから女も健康なのだ。
新垣結衣 十六茶CM

「採用の時には面接に必ず女がいる」
という基本に立ち返ろう。
寝ている女に暴力を振るう男がいない、からそのような生活習慣になるのだ。
あるいは、毎朝、出勤しなければならないから早く寝る、というのは地域住民の人気者なのだ。

東大だけがすべてではないからな、英語だけがすべてではないからな、という奴は、まあその通りかもしれないが、「お金がかかった子」にはなれない。
国家レベルでの投資を男の子が受けるとはどのようなことかを理解しなければならないのだ。
「オールナイトニッポン」はエリートのためにあったのではないか?
勉強する以外に、夜中まで起きている理由はない。
東大に受かったのを「まぐれ」と呼ぶ奥さんがいるとするのならば「認識があまい」としか言いようがない。
夜中まで勉強する文化(パワフルトランスミッション)や、国からの投資など何もかもが違うから東大に受かるのだ。

両親の「地方自治」と、子供の「政府首脳入り」の両立にはお金がかかる。
気が付いたら東大には金持ちの子供しかいない。
福利厚生、家族サービスなどが充実した職場には国のお金が入っている。
お金のかかった子は、おのずとそのような企業に勤め、国の恩恵をこうむる。
「教育の機会の平等」は、自然と、多数派と少数派を作り出し、金持ちと貧乏人などをふるいわけし、「オールナイトニッポン」などの金のかかったものと接する機会を持ちながら、大学受験を頂点とする学校知はその出口を作る。
グループで「オールナイトニッポン」の話題を共有する「ブルジョア子女」もいる。
障害物は何度か用意されているが、両親の「地方自治」と子供の「政府首脳入り」を両立できるだけのお金がなければ障害物はクリアーできず、言い訳だけの人生になるだろう。

ふんだんにお金を投資された男は、英語や中国語から、ほとんどコストがかからずに金儲けが出来る。
中国の「科挙第二問」はこの境地のことを言っていたのだ。
しかし、19世紀のマルクスは、このような「ブルジョア男」から、金をふんだくり、それでいて、その男の才能に依存してしまう「フェアではない」搾取というものを指摘している。
もらった金を、次世代の才能を育てるために用いるのならばいいが、競馬や競艇などで消費するのならば世界を敵に回す。
宮内庁の「身内だけの」「宗教なるもの」は間違いなくマルクス主義であり、もらったお金を、競馬、競艇、風俗に用いるのならば、もはやそのような者は「ブルジョアの奴隷」である。
「革命」とは、彼らの子供たちが「オールナイトニッポン」を聞きながら勉強するなどの問題であったが、最終消費することが彼らを奴隷としていたのだ。
ある意味、マルクス主義者は「未熟練工」であり、山本信一郎長官や西村泰彦次長ですら、未熟練工である。
官僚として実績があるからつれてきたのに、マルクス主義の世界ではまるで未熟練の側面を見せる。
そもそも、宮内庁長官というものは、未熟練工でありながら、背広組としての報酬を欲しがるから、「象徴としてのお務めにお仕えした」などという、一切の言論価値のない発言をしてしまうのだ。
ブルジョア男に金銭的に依存するのをやめて、「革命」つまり「次世代の育成のためにお金を使う」ということをやらない限り、ベーシックインカム、つまり、熟練工と同じ金額の給料をもらうということは成立しないし、講座派として「革命」つまり「令和天皇に金銭的に依存してしまうことをやめる」ことは宮内庁には難しいだろう。

「子供に投資する」それが「革命」そんな基本すら知らない連中は多い。
未熟練工(プロレタリアート)とはそのようなものだ。
The Beatles revolution

なんで「子供への投資」つまり「革命」ができないのだろうか?
それだけで、寿命は15.4歳延びるのだ。
目の前の金をつかむことで、寿命を縮めている。
医者に頼ってみても、医者の腕などたかが知れている。

子供が「政府首脳」になるだけでも、医者の扱いは違ってくる。
長生きとはそのようなものだ。
地方自治つまり、寝ている女に暴力を振るわないことから、夜中の静けさがもたらされ、それでいて、子供には夜更かしを認める(政府首脳入り)。
そこに職業選択の自由もあるし、「革命」を意味する。
そのためにはお金がかかる。
競馬、競艇、風俗などと言っていると、一生、未熟練工として、寿命が15.4歳短くなるのだ。

悪いことをすると「処女」がセックスさせてくれなくなる。
嫉妬に狂うと「税金」が高くなる。
子供に投資するという「革命」が出来ないと寿命が縮む。
ブルジョアへの「搾取」には結局「いいことはない」ということがが明らかになる。

女性にとって、「胸を見せた場所が私の居場所」という側面があり、男は面接で「女が同席して」「セックスサークルに」「市民として」受け入れられるかどうかを判断するが、女の場合は面接で「見せちゃうのは平気で」「あげちゃうのは恐い」という姿勢が秘密として知られている。 浅香唯 恋愛ヤンチャ娘。

インドについて。

「ニューデリー」 世界最大の民主主義国家であるインドは、アメリカ合衆国も「民主主義をアジア地域に定着させるカギ」と考えている。 しかし、インドは「放っておいても強くなる国」であり、アメリカもそれを歓迎している。 一方で、同盟国ではなくあくまでもパートナーとして、核から安全になる方法、ハイテク貿易、ミサイル防衛システムの提供などで、インドをコントロールしようとしている。 一方、アメリカにとっては「モスクワや北京の方が相手をしやすい」という側面があり、「ニューデリー」と言われても、なかなかピンと来ないことがある。 しかし、中国とはカシミール紛争を抱え、中国が「インドを水浸しにすることが可能なダム」を建造したことから、「このような暴挙を止められるのはアメリカしかいない」と考えている。 しかし、インドを「国際社会の重要なプレーヤー」にしたのはジョージ・W・ブッシュであり、トランプ大統領は時として「インドは関税大国」と呼んだりしている。 トランプは、日本や韓国とは何の相談もなしに北朝鮮の非核化を試みたりした。 インドにとっても「サプライズの大きい」相手がアメリカなのだ。 トランプは時として「モスクワしか見ていない」こともある。 また、日本は、中国の一帯一路の政策に、なんと「東南アジア、南アジア、アフリカの論理が分かった」としてなんと協力してしまうことを表明したのだ。 「ニューデリー」 それは、世界最大の民主主義国家であり、イデオロギーの柱でありながら、アメリカももちろん重視しているが、「北京の方が上だってね」という評価を免れない存在なのだ。 世界から民主主義が後退した、そんな時に振り返りたくなる「パートナー」ではあるが、インドも「アメリカとは別の生き方がある」と考えてしまいがちな国だ。 アメリカは常に「インドは我々の妹」を標榜してきたが、このような図式ができると日本としても「絡みづらい」国になってしまう。

「ヒンドゥー教」
気持ちいいセックス、それは誰しもが望むものであるが、ヒンドゥー教は「男の方が気持ちよくなければ女も気持ちよくない」とし、たとえば、女が大げさにヨガったとか言うのはいいセックスとはいえないことや、男にとって女への挿入が気持ちいいのは、女が「有名であること、女らしいこと」から生まれることから、ヨーガという「有名な女を作り出す世界、そして女らしさを生み出すもの」を作り上げた。
ヒンドゥー教とヨーガはこのように密接に結びついたのだ。
ヨーガ

いいセックスも悪いセックスも「ヨーガができる女次第」という側面があり、ニャーヤ経では、そのことが歌われた。
酒井法子 モンタージュ

有名で女らしい女性に「似ている」(バッタ)ということも巧みに用いられた。
もっとも、テレビのデジタルイメージが「本人ですら似ていない」ぐらい美しく、「有名で女らしい」というモデルが強烈にアピールされ、庶民の方がよっぽど、「有名で女らしい」とされる女よりも可愛らしかった。
バッタとセックスしたほうがよっぽど気持ちよかったのだ。
それはアレキサンダー大王のインド征服以来の、メディアの事情があり、また、美少女という「枠」を作り上げたら、それに似た子供が生まれるという仏教からの伝統もあった。
バッタというよりは本当の美女だったのだろう。
男の「感性」の公約数的な感じ方を、美女に与えたのが仏教であった。
「有名で女らしい」「ヨーガが出来る」「その有名な女に似ている」それに「息がきれい」が加わったら、アドヴァイタ・ヴェダンタの完成だった。
女の側よりも男の側の方がより気持ちいい、これがヒンドゥー教である。
男は「女の幻を愛する」とも表現される。
杏里 オリビアを聴きながら

ヴェーダはこれらの「気持ちのいい女の条件」は「顔に表現されている」とし、「有名で女らしい」「ヨーガが出来る」などの女と「顔」さえ似ていればいいと考えるに至った。
顔は声を作る(バリントシンドローム)と呼ばれ、女が歌を歌うと、より気持ちのいいセックスにつながった。
マハポーシャとは、そのような美女の集まりであり、店員や受付、電話係に用いることが出来た。
ブッダとマハーヴィーラは「全能」つまり「気持ちのいいセックスを知っている」と言われた。
「男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい」と言っても、「賢さ、美しさ」が信仰心から生まれているために、失恋というものは非常に大きく傷つくものとなっていた。
高井麻巳子 こわれかけたピアノ

インドの政府与党であるBJPは「ヒンドゥ教寄り」であるが、インドの人口の15%はイスラム教徒である。
気持ちいいセックスを知っているヒンドゥ教と、「人生に飽きるまで生きる」とするイスラム教の対立は根強い。
しかし、インドの港で船を修理してもらいたい、と考える日本国も「彼らの論理」ぐらい知っていても損はない。

ヒンドゥ教において、1966年に「ザイゴン」という雑誌が出版された。
「女を口説くのがうまい男」と宗教(男らしさを語り合う論壇)がなぜ結びつくのかが議論されたのだ。
女を口説くのがうまいだけでは「女ったらし」と言われるだけだろう。
しかし、その「口説き文句」をザイゴンに載せただけで「男らしさ」というものは生まれた。
1980年から2000年を過ぎるまで、「女を口説くのがうまい男」=「宗教?」という議論は続いた。
媒体がなければ宗教は成立しないことが明らかになったのだ。
酒井法子 今夜もニュースホリック

勉強と実験の両方が「口説き文句」の世界にはあったため、「女を口説くのがうまい」=「宗教」とは簡単には結びつかなかった。
哲学はひたすら「女を口説く方法」を探求し続けたし、それが「宗教」(男らしさを語り合う論壇)とどのように結びつくかは、本を書いて、読んでもらい、実践してもらうしかその関係は明らかにはならない。
「仲間が多い」(プット)ことと、「女に優しい」(コール)ことは、媒体がなければ成立せず、ブッダも100年間も「言い伝え」として知られるにとどまっている。
まず、文字が読めるという才能を持つことだった。
さらに、「先生に恵まれること」そして「実践すること」が必要だった。
ヒンドゥ教は「ザイゴン」という媒体を通じて成り立っているものであり、その起源は17世紀のイギリスにあった。
マルクスのように「思春期の女の子の欝と初体験という記憶」(夢)を語ったり、マックス・ウェーバーのように「戦う民主制」(婦人参政権運動)を求めたりする理由はここにあったし、インドは1966年のザイゴン創刊以来、世界最大の民主主義国家への道を歩み始めた。
「親父が女を口説いている姿など見たくはないよね」
カースト制はそこで克服されたのだ。

「王位継承」から生まれる宗教(アブラハム宗教)は世界最大規模を誇るものだ。
アブラハムには「勉強の書」と「肖像の書」があり、言葉を読むのも、肖像を飾るのも自由である。
中国の「豹(北方異民族)」や、若者のファッションは「肖像の書」から成り立っている。
イエスキリストの真似をすれば「勉強の書」も読めるようになるのだ。
アラブ首長国連邦(UAE)などは、媒体の影響力を十分に楽しんでいる。
キリスト教もイスラム教も「アブラハム宗教」である。
それでは、「世界で三番目に大きな宗教」であるヒンドゥ教はどうであろうか?
ヒンドゥ教、仏教、ジャイナ教、シク教は「ハンサムな男、美女こそが神に愛されている」としている。
しかし、ヒンドゥ教だけは「勉強の書」を重視し、勉強するためにハンサムに生まれたとしているのだ。
つまり、ヒンドゥ教も「アブラハム宗教」であるという選択がなされた。
王位継承にともなう「勉強の書」を読むのであれば、それはアブラハム宗教だ。
「アブラハム」とさえ言ってくれれば、アウグスティヌス以来の「国家財政」も保障されたし、それはジャイナ教やシク教のような「ハンサム、美女であればいい」という立場とは異なる。
つまり、ヒンドゥ教は「勉強の書を理解できるものがハンサム」であるとしたことを意味する。
このことは、インドがロックフェラーやロスチャイルドの軍門に下ったことを意味した。
ビジネスパートナーとしてキリスト教社会を認めたのだ。
「知っている者がえらい」のではない。
「女たちの心に響く者がえらい」のである。
キリスト教社会は、「面倒な契約書」など読むほど女々しい男はいない。
有利な契約書を送り返す(バトルオブノート)ことは「もっと話しを聞かせてくれ」という意味であった。
70万年前から5万年前の化石のDNAを調べても、人間は、ゾウリムシから進化したものではないということは分かっていた。
この「特別なクリエイション」が、アダムから始まっており、自分に人気があるというのならばすでに自分はアダムではないことにもなる。
他にもリンゴをかじったものがいなければアダムには人気はないはずだ。
浅香唯 コンプレックスBANZAI!!

いずれにせよ、インドは「アメリカ合衆国・ヨーロッパ」に対してオープンであることを志向したし、日本国には二万人しかいないインド人も、アメリカには二百万人いる。
インドの「平和的核分裂」と称する核実験も、ヒンドゥ教がなければ、「6番目の核クラブ」になることはなかった。
経済制裁のともなわない「核クラブ」はインドで「六カ国目」だった。
「経済制裁のともなわない核クラブ入り」というヒンドゥ教は「繁栄教」ではないだろうか。
インドにも「王位継承」は昔からあった。
しかし、ヨーロッパの王位継承を「自国のもの」として引き受ける必要があった。
仏教の世界にも「ハンサムな男、美女」が多くいたが、「勉強の書」つまり「純粋理性批判」を容認することが、繁栄教の正体である。
インドには六世紀のクマーリラぐらいしか「アブラハムに似た」王は存在しない。
しかし、「列王記」を作ることで繁栄教としてのアイデンティティを確立した。
インドのヒンドゥ教は「クマーリラだけが頼り」であり、クマーリラの人生を研究することを「経済制裁のない核クラブ入り」「繁栄教」の根拠としている。
インド国内でも1982年に「クマーリラの存在」が注目されたのだ。
それもすべて繁栄教のためである。
「クマーリラはとにかくハンサムだったからね」
という指摘もあり、仏教とジャイナ教は「経済制裁のない核クラブ入り」に背中を向けた。
「アメリカ高等教育に背中を向けることそのものが経済制裁」であるとも言われ、東京大学は、ハーバードやスタンフォードよりも格が落ちる。
核クラブでないのに経済制裁を受けている状態であったから、つまりは、繁栄教とは「アメリカ合衆国崇拝」を意味するように日本では解釈されている。
本来は「経済制裁をともなわない核クラブ入り」のことである。
日本国が核実験を行い、スタンフォード哲学百科事典が切断されたら、それは明らかに日本国が「失うものの方が大きい」だろう。
アメリカ合衆国に対してオープンである繁栄教の極意は「死の研究」にあった。
二億七千五百万人のアメリカ人のうち二百四十万人が一年間で死亡する。
純粋理性批判を読んで、女性にモテまくって、自分に良く似たイエスキリストに会うか(天国)あるいは父親に潰されてエサウに会うか(地獄)のどちらかしか男にはなかった。
女は「塵」だったため、この世にもあの世にも存在した。
この世でモテたおじいさんは「悪いこともあったが、いいこともあった。それでいい、それでいい」と言った。
モテなかった男は「老醜」を晒したのだ。
モテない人生だったため、人生に悔いを残し、モテたおじいさんから「富の移転」を受けることを「コンディティオ」と呼んだ。
モテる人は接待ゴルフなどを得意とし、モテない人をもてなした。
ビジネスにおいてもコンディティオは活用されている。
「だって、勝ちたいんや」(星野仙一)とは人生のストイシズムを意味している。
ヒンドゥ教は、ヴァスバンドゥという3世紀のグプタ朝の王も発見した。
列王記がかけなければ、インドは「経済制裁のない核クラブ入り」が許されないため、「チャンドラグプタ二世」と名づけた。
列王記を書いてみても、クマーリラにせよヴァスバンドゥにせよ「仏教徒の美男子」であったため、「経済制裁のない核クラブ入り」を目指したインドから「仏教が消えた」とされ、ヒンドゥ教と呼ばれたのだ。
ヒンドゥ教も、ロックフェラーやロスチャイルドの軍門に下ることを意味したため、経典は、純粋理性批判(黒革の手帖)と「きれいな息」あたりに落ち着いている。
カントの純粋理性批判を受け入れるのであれば、ロマンティシズムも成り立つ。
ムトゥ 踊るマハラジャ

インドにおいて、ザイゴンという雑誌が出つづけたが、「ご先祖さまってどんな人たち?」という概念が、1980年代以降の音楽作品の蓄積によって、「我々は人生を楽しんでいたし、気持ちいいこともたくさんあった」ということが2020年には確定するとされている。
このような「祖先」概念は、ナチスによるユダヤ虐殺が原動力となったとされている。
「火星を見るたびに思い出してもらいたいもの」とも言われ、アメリカでは「火星人襲来」などと誤解されたこともあった。
祖先崇拝とは2020年に確定する宗教であり「男がいない宗教」とも言われている。
1980年代からの音楽作品を発掘する力量は、一部の哲学者にしかないともされている。
我々の時代はこんなに豊かだったんだよ、という祖先崇拝が2020年に成立し、「火星人が襲来する」のである。
CoCo 何かが道をやってくる

心置きなく「死せる詩人の会」に属すことが人間はできるようになったし、「今を生きる」(カーペディエム)ことも可能になった。

2020年以降、「死ぬ時に見る光」が変わってくるとされ、日本人の子孫であるイスラムやユダヤは「そのことを知っている」という死生観の違いがある。
タイムマシーンの完成は2024年であるとされる。
この光は、2020年以前は「OBE」と呼ばれていたが、それ以降は「NDE」と呼ばれることになる。
ヒンドゥ教は、「列王記」の中に、小野光太郎という名前を書き加えたし、日本国の神道と区別がどのようにつくかは明確ではない。
仏教のカルマ(伝説からの教え)とヒンドゥ教が本当に和解するのが2020年なのだ。
インドには15%のイスラム教徒がいるとされているが、すべてが和解に向かっている。

アメリカ合衆国が核兵器を開発してから「インドは変わっちまった」と考えたのがチベットの仏教であったり、ジャイナ教、シク教である。
イスラム教シーア派の「イランの核開発」は、世界の宗教の王であるアメリカ大統領にとっては到底容認できないものだった。
核兵器は「アメリカやヨーロッパの傘下にない貧しきものが持つべきものではない」と考えられており、日本国は「核兵器保有は憲法の禁ずるものではない」(岸信介見解)とされている。

インドの、「美男美女を生む」という仏教は核兵器によってすべてが変わった。
いまだに、ニャーナ・ヴァイセシカという仏教の教えにしたがいながらも、「死生観」が変わろうとしており、「豊かさが違う」「女性たちの支持が違う」というヒンドゥ教が確立したのだ。
愛し合うこと、そして時には憎むことの意味をのちの世に伝えられるのならば、インド人は「ヒンドゥ教であっても美しく生まれる」と考えられ、その基盤となる「芸能界」も2020年には一定の水準を見るとされている。
「顔を美しくする」というのはインドの永遠の悲願であった。

 

2019年5月23日 (木)

北欧。

北欧は、女の子への歴史の教育や、フロイトの教育に熱心だった。
思春期に、女の子が「おちんちんがないない」ということの意味をしっかりと教え、「それは去勢(キャストレーション)という現象であり、メランコリーになったり、美の探究をしたり、母親としての家事を覚えたり、体調管理をやったりする」ことにつながるとしたのだ。
未成熟な膣に挿入を受けると、女の子はショートヘアになるが、「お金に酔っても」ショートヘアになる。
北欧は、去勢(キャストレーション)に関する音楽作品を作ることで、中学生の女の子がすでに「お金に酔っていた」ために、「北欧風ショートボブ」などと呼ばれる髪型が存在した。
ショートヘアに関しては「未成熟な膣への挿入」説と「お金に酔っていた」説の二つが存在する。
さよなら失恋ピエロくん


北欧はとにかく「歴史を歪曲してはならない」という政策を採り、日本国のような欧米では通用しない「歴史学」というものを排除し、とにかく「世界に通用する」「レキ女」(歴史に興味のある女性)を生み出すことにした。
歴史学の正確性こそが、女の子たちへの「教育への投資」につながり、「お金に酔う」女の子、北欧風ショートボブを生み出していた。
偏差値ゲームのための歴史学ではとてもではないが、女の子たちは「お金に酔う」ことはなかったし、歴史学のためだけに学校教育というものはあった。
「万世一系」と言っているうちは、なかなか困難なものが「女の子たちへの投資」であった。
歴史学を歪曲しない、しかも「人物の資金集めの方法」まで教えてしまうという発想が必要であり、政治は「資金力は挑戦者の資格」であることを踏まえて、「暴力」「戦国時代の否定」を行った。
松田聖子 白い夜


その「歴史学」とは、日本史・世界史というよりは「世界哲学史」であり、女の子たちは「お金を集めた人ほど歴史に名が残っている」という割り切りもあり、そこでは「家柄」というものは「パワフルトランスミッション」という説明で済まされた。
歴史学を歪曲する者は、暴力を肯定し、しかも貧しい。
そのことから、「世界哲学史」というものが構築されたのだ。
歴史学の正確性、そして「政治とは資金力の勝負」ということを理解しないと親は娘のための教育費を払おうとはしなかった。
学校で教わるのは歴史だけ、しかもお金の話だった。
本田翼 ショートボブ


日本とロシアの間の「北方領土問題」とは、「日本国の歴史学のあり方」の問題であり、女の子たちにどれだけ教育の投資が出来るのか?という問題であった。
普天間基地の辺野古沖移設が「日本中の女たちの抑圧の解消」がなされなければ解決しない問題であるとするのならば、北方領土問題は「歴史学に嘘や暴力がある限り」解決しない問題だった。


モンテスキューは「男らしさ」を定義するのが政府の仕事であるとし、「政府は金と暴力に敏感な存在」であることから、「暴力の否定」を行った。
暴力を用いるものが歴史に名を残すという考え方が「北方領土問題の解決は困難」とされる理由であり、「解決したら戦後最大の首相」と呼ばれる理由でもある。
政府で「男らしさ」をコントロールしなければならないのだ。
松田聖子 赤いスイートピー


モンテスキューは「ペルシャ人からの手紙」において、「ヨーロッパ人でない連中は勝手な歴史を書く」とし、その「勝手な歴史」から「お金」という側面がすっぽりと抜け落ちていることを知った。
ヨーロッパの歴史はお金の歴史だった。
いかなる政府も、共和制(民の支持のある君主制)として、民主主義と専制主義の両方を兼ね備えた体制をとるか、君主制を取るか、衆愚制をとるかのどれかだ。
君主制(お上による統治)にせよ、衆愚制(民による統治)にせよ、歴史はかなりデタラメに書かれた。
共和制(民の支持のある君主制)だけが、民主主義にもとづき、それでいて専制主義にもとづく「正確な歴史」を描けたのだ。
共和制(民の支持のある君主制)の状態が出来なければ、女の子は「歴史学を学びお金について知る」ことは出来ない。
髪の長い少女が「川中島の戦い」とか言うとかなり大人としては「子供の教育」というものを考え直さなければならなくなる。
椎名林檎 あおぞら


共和制においては、かなり専制主義的にことを進めて、民の喝采を浴びるという方向性を求めた(盲目的確信を持って進む)。
このことから、共和制は君主制にも衆愚制にも堕して行きやすいものとなった。
そもそも民の支持が想定されていない「君主制」においては、「何も仕事ができない」「象徴としての務めをまっとうする」ことしか想定されていない。
衆愚制においては、首相すら、民の支持のあった君主を「あの方」と呼んだりした。
しかし、衆愚制ほど「民に考える暇を与えない」体制はなかった。
衆愚制においては、犯罪の増加などがあり、人々は「恐怖による自由恋愛」へと走った。
CoCo NEWSな未来


ヨーロッパよりも暑い地域には、「からだを売る女」(奴隷制)が普通にいるので良くない。
歌舞伎町などの繁華街への支持は根強く、そこには「君主制」「象徴としての務め」のための銀行なんてものは存在しなかった。
そういう国にヨーロッパ人が「ビジネスマン」として訪問する分には楽しかった。
しかし、「たった一人の男」(神さま)を崇拝するのは難しかったんじゃないかな。
酒井法子 涙が止まらない


リチャード・ヘアは、その国を金によって支配しても、山を登り終えてみれば大きな墓や小さな墓がたくさんあって、自分もロックやカントやミルの「巨大な墓」の前に小さな墓が出来るだけだと悟った、とし、「なぜ、世界で戦争がなくならないのか?」という問いかけに答えを返した。
カルチャークラブ 戦争の歌


ベートーベンの「作曲の方法」の民間転用は大きな役割を果たした。
とにかく「男」「女」「女性の局部」をフルに活用して、巨大なマーケットを作ったのだ。
このこと自体、戦争の原因となっている。
日本国も、勝手な歴史を書いて、音楽を量産したが、哲学者が音楽作品を
整理して、いろんな野心を抱く前に、「勝手な歴史」を整理するだけの自信を持たなければならない。
化ケモノ青年 エレファントカシマシ


まず、愛する女の「初体験」や、父や母の不貞、それ以外にも、多くの「耐えられない」ことが歴史には多く、酒が飲めないのならば歴史家には向いていないとされる。
さらに、「何のために歴史を書くの?」と言われたら「勃つため、そして、体制の安定のため」と答えるしかない。
ナポレオンは、ベートーベンを用いて、戦争に勝ち続けた。
そのような「勝ち続ける男」以外に、歴史家は興味を持たない。
なぜなら「勃つため、そして、体制の安定のため」に歴史を書いているからである。
そして、「男同士で尊敬しあうため」にも歴史は必要だとされた。
私も「香淳皇后(遊佐)のお孫さん」と言われて、多くの仲間を作った。
家に伝わる古文書なども、そのようにして書かれているはずであり、「勃つため、そして、体制の安定のため」さらには「男同士で尊敬しあうため」という基本を忘れたのならば、歴史を語っても意味がない。
酒井法子 雨粒は優しくて


人はこれほどまでに他人を尊敬していないものなのかを歴史から悟らなければならない。
勝つからこそ「ストーリーが組める」のであり、負けたのならば何のストーリーも組めない。
負けが続くのならば、背景にある資金メカニズムを見直さなければならないし、資金メカニズムを組み替えてふたたび勝ち始めるのならば、またストーリーが見出せる。
強い男だからこそ、噂になり、メディアが取り上げる。
自分にしか「資金メカニズムを組み、勝負をし、勝ったらストーリーが組まれ、負けが続くのならば、資金メカニズムを組み替え、女たちの祝福を受け、よく読書をし、男たちまでもが、あいつはイエスキリストだったと噂する」という仕組みは理解できない。
ベートーベンやナポレオン以降、音楽作品を用いないで勝負をするものはいなくなった。
音楽作品と自分をぶつけて「爆発」を起こすこと以外に、勝負に使えなくなったのだ。
「別れた男に”忘れないで?”ということは女にはないんだよ?処女のお嬢さん」
酒井法子 サヨナラのかわりに


広告・引合・商談・契約・履行・決済・アフターサービス。
これがビジネスだと言う人は確かにいるだろう。
12球団のほとんどがそれで動いている。
企業としてはそう動いていても、組織の人間には人生があり、恋愛があり、家族があり、妻がおり、子育てがある。
ビジネスはビジネスであるが、それ以外の「人間の爆発」がどの組織・企業にも必要なのだ。


女の子と和気藹藹に話しをしたら気分がいい。
まるで「プラセボ」のように心にいい影響を与える。
しかし、女がセックスを求めてきたら、問題が難しくなる。
「オラ、ただ話しをしに来ただけだ」
女の子と話すのは気分がいい。
ましてや、「セックスの歴史」をキャバ嬢に質問されるだけで「勃たなくなったものが、勃つようになる」
しかし、セックスしたら家庭が破滅する男もいる。
二割七分か六割六分かの違いは、このような「シンプソンのパラドックス」が背景にある。
暑い季節には調子を取り戻すと言われる選手も、二割七分か六割六分の間を行ったり来たりしているだけだ。
三浦理恵子 友達より遠い人


音楽作品をこよなく愛し、ときに「地獄」の意味も知るだろうが、女との距離感を絶妙に計る。
それは、言論人としても「六割六分」打ち続ける秘訣である。
ナポレオンはそうでなければ、多くの歴史家が「勃つため、そして、体制の安定のため」さらには「男同士の仲間作りのため」に追いかける存在ではありえなかっただろう。


武田信玄が「側女を用意せい」と言っただろう。
27歳の私が、「処女だった自分が目指すべきところは、スターが営んでいる農業だった」ことを悟る。
武田信玄にせよ、上杉謙信にせよ、ベートーベンやナポレオン以前の「お百姓さん」のようではないか?
はたして「六割六分」打てた時代だったのだろうか?
案の定、勝ったり負けたりだっただろう。
ましてや、山を登ったらロックやカントやミルだけだった、という世界ではない。
お百姓さんが好きならばそれでいいが、「あの19世紀以来」に何かが変わったのだ。
おもひでぽろぽろ


 


本稿を読んでくださった方々へ。
宮内庁の山本信一郎長官と、西村泰彦次長が私にとってはきわめて有害な人物になっています。
是非、山本長官と西村次長の更迭に賛同していただきたいのです。

2019年5月21日 (火)

金瓶梅。

唐の時代から、王になるものの人生は、儒家、墨家、法家、道家などをマスターすることのために費やされた。
儒家は「心技体」「季節」などを政治に用い、墨家は「男が女を愛する気持ち」を利用し、法家は「処女」を巧みに用い、道家は歌を用いた。
学問の道に進むと、親にも愛想をつかされる。
それが長男である王の人生であり、
弟はと言えば、博打や酒、女に明け暮れ、それでいて「兄よりも幸せだ」と考えていた。
これが「西門慶家」と呼ばれる、「王を輩出する家」の有様であった。
博打、酒、女、それはそれで幸せだろうな。
しかし、長男は何のために「王」を目指したのだろうか?
「心技体」を鍛え「季節」を感じ、男が女を愛するという思想を学び、処女に愛されようとし、歌をよく聞いた。
そんな「学問」「中国古典」はもはや膨大な文献が積みあがっており、王を目指すと書籍代だけで一気に貧困層に落ちた。
「西門慶家」の長男と次男、それは宋の時代の語り草となっていた。
女が弟に「あなたのお兄さんの肉体は素晴らしいわ?仲良くしなさいよ」と言っても、弟は、中国古典をちょっとかじっては放り投げ、兄とは縁を切ろうと考えた。
甥が「西門慶家」に来た時も、博打や酒や女に興じる人の方が「普通」と呼んで自分も楽をしたがった。
学問を志した兄はおばあちゃん二人にとっては宝であり、親戚めぐりをさせられていた。
叔父たちも「弟の人生の方が楽だな」と考えていた。
これが「西門慶家」の家族のあり方であった。
父や母は亡くなってしまった。
父や母が生きてさえいれば、シルクロードから来るヨーロッパの学問が通用したであろうが、亡くなってしまえば、「中国古典」が読める男だけが王の資格がある。
「心技体」の肉体を持ち、「男が女を愛する」ことを知り、「処女」を活用する。
それを、兄は、親戚から出た銀貨で歌に変えた。
大和撫子スーパースター この歌を聞いた時に、弟が「俺の肉体は3割が人で出来ていて、7割が鬼で出来ている」と語った。
女が「お兄さんを尊敬し、世話にならなければならないことが分かったかしら?だったら安心してお嫁にいけるわ」と言って弟と結婚した。


芙蓉という美しい女がいた。
行李ひとつで、いろんな家に居候していた。
学問のある国の軍隊は「あの女の周りには金があるから気をつけろ」と言って避けて通っていた。
しかし、芙蓉が、トイレに行っただけで「失礼だ」と言って怒るのが庶民の家庭だった。
とにかくおしゃべりな女だったので、いろんな家に迷惑がられた。
そんな女が「西門慶家」にも居候した。
兄が、大金を持って帰ってきたので、家の者はみんな仰天してしまった。
「その金はどうやって手に入れたのか?」
「処女」ほど金になるものはないと韓非子に書いてあってね。
「男が女を愛する気持ち」を利用しろと墨子が言っているだろう。
そのようにして、芙蓉はいるだけで「金」になるという国家の学問をみんなに語った。
CoCo お願いHold me tight


西門慶家に「王婆さん」というのがいて、歌を作った。
その歌の印税で長男、次男に財産を与えたが、三男以降の妹たちにも財産は与えられなかった。
三男の家が西門慶家と呼ばれていた。
西門慶家の長男が「処女を愛する法家」「男が女を愛する気持ちを利用する墨家」を理解していたため、その歌の解釈を行った。
「人間の夢ってのはぶつかり合っていて、三人目以降にまで届くのは難しい」
そのような解釈を長男が与えたら、六人の兄弟に財産が行き渡った。
瀬能あづさ 永遠に友達 王婆さんは、西門慶家の長男を可愛がるのに理由があったし、次男は「楽をしたいものだけが可愛がればいい。ただし、野心を持つな」と言っていた。
二人に財産を与えるのが精一杯の婆さんが、六人に財産を与えられるのも西門慶家の長男のおかげなのだ。
夢がぶつかり合っている女の世界の歌を作ったら、夢がぶつかり合っている連中に財産が行き渡る。
そんな皮肉をこめて歌を作ったのだ。
王婆さんは「弟の方がまともだ」と言っていた息子や娘たち、つまり、西門慶家の叔父や叔母を「一匹二匹」と数えるようになっていた。


王婆さんはまた歌を作った。
周囲は「そんな子供じみた真似はやめたほうがいい」と言ったが、王婆さんは「私は光太郎のために歌を作っている。処女を愛すること、体を鍛えること、季節を感じるほど勉強すること、男が女を愛することを知っている人にしかお金はない」と言って聞かなかった。
CoCo 行かないで夏休み 王婆さんがいないところで、周囲は長男に「あなたの名前は?」と言うので「光太郎です」と答えた。
「この歌の意味は?」と聞くので、「社会契約論です。つまり、権力によって無理やり社会契約が切られたという意味の歌です」と答えた。
周囲の人間は、自分の息子にも同じ事を言わせて見た。
すると、あちこちから縁談が舞い込んできた。


王婆さんは決して美しくはなかったが、美少女の写真を集めては禅を組んでいた。
三男の重五郎はそのためにハンサムだったのだ。
「おい、お前!喧嘩売ってんのか?」と重五郎が他の少年と喧嘩しても、先生は「ハンサムな男」の味方をして喧嘩を売ったものを罰した。
タンポポ 私の顔 王婆さんの中子の杏子はよく婆さんに叩かれた。
なぜ私を叩いたの?私が可愛くないから?
杏子も禅を組んだ。
娘は酒井法子と呼ばれた。
重五郎の長男の光太郎の担当の一人が酒井法子となった。
美少女を思い浮かべながら禅を組むだけで「ルックスのコンプレックス」が解消されるのだ。
酒井法子 男のコになりたい


ある時、王婆さんが「死ぬ」と言い出して自分の棺おけを注文してしまった。
嵐の素顔 工藤静香 権力のあった王婆さんの言動に家中が静まり返ってしまった。
重五郎が王婆さん(香淳皇后)のために、中華街で大量の月餅を買って送った。
王婆さんは「鉄之助の霊」と銘打って昭和天皇の写真を掲げた。
王婆さんのもとに大量の洋服が届いた。
「詩心だけは俺にはない才能だ」
光太郎は後にそう思った。


おさらいしておこう。
儒学:心技体、季節を愛する学問。
墨家思想:男が女を愛する気持ちを利用する学問。
法家:処女を巧みに利用する学問。
道家:歌を歌う研究。


王婆さんは、私はこれほど美少女を愛したのに、詩の才能が評価されない、と言い出した。
河合その子 緑の少女 詩のおかげで一族に富は満ち溢れ、王婆さんの悲願は「誰かケンブリッジに行って私の詩の評価をして欲しい」ということになった。
京都学派第二世代にアメリカ留学組が多い理由は、王婆さんの「わがまま」が理由だ。
私もその中の一人となった。


王婆さんは、眠れない夜は新婚の時を思い出した。
床を急いで作り、三日の朝が九日で、一ヶ月は「足と乳がひとつ多かった」という。
客が来ても出ないため、みんなが手に何かを持ってきていた。
「羊のお面をかぶった山だったわ」
医者の夫に「子供が熱を出した」という人がいたときは「私の熱の方がひどい」と言った。
「警告よ。今すぐ帰りなさい」
高橋由美子 ETUDE とにかく一日が長かった。
無我夢中で生きているうちに第一子を授かった。
「禅を忘れたから耕之補よりも重五郎のほうがハンサムだったのかしら?」
前妻の子の佐紀子(皇后美智子)は「うちに母ははいません」と言ったし、王婆さんの第二子の重五郎は「西門慶家」を作ることが約束された。
お嬢さん、娘たち、一度は結婚というものを経験してみなさい。
そうでなければ、お坊さんにたちまち言いくるめられてお金をふんだくられるから。
新婚生活を知らない女ほど世間知らずなものはないの。


王婆さんは、重五郎が家に来て「光太郎が東大に入ったのに女を知らない」と王婆さんに言った。
「心配すな。わしも夫に先立たれて男を知らんけ」
西門慶家では、重五郎が光太郎に三万円渡した。
王婆さんが「お正月には三万円」という習慣を作ったのであり、光太郎が30歳近くなるまでその慣習は続いた。
貝和さんと、登始子と、貝和さんの娘の晴美が王婆さんの家を訪れた時に、光太郎の敵はコイツらか、と悟った。
認知症になりかかった王婆さんの前で、露骨に「聞いてないだろう」と思って王婆さんを侮辱したこの三名は、「一生呪われてしまえ」と日記に書かれていた。
貝和さんが、プロモーター気取りで王婆さんの家を訪れた時も、西門慶家で光太郎に「三万円」が渡された。
CoCo 夢だけ見てる 王婆さんは認知症だ、という話が通説であるが、その詩心はまったく色あせない。
便の不始末などが知られていたので本当かもしれないが、年寄りなのだから同じことだろう。
貝和さん、登始子(西門慶家の女将)と、貝和さんの娘の春美をぶちのめすための雄たけびを詩にした。


1999年8月に、光太郎は寄生虫疾患が本当の病名であり、統合失調症ではない、という噂が流れた。
ネットでは人気者だったし、東大からも「本当に彼は病気なのでしょうか。信じられない成績なのですが」という連絡が入ってきた。
西門慶家(重五郎)と、貝和さんは「賊にやられた!」と慌てふためいた。
王婆さんは「この季節に光太郎は”ひまわり”を聞いているかな?あなたは八月の少年よ?」と笑っていた。
CoCo ひまわり 王婆さんはこの時に「貝和さんに復讐をした」とされている。
「ワレ、カネ出さんかい」「ワシの孫をどうするつもりや」
貝和さんは、王婆さんに詫びを入れ、登始子とは二度と関わらないことを誓った。
光太郎のお気に入りだった、王婆さんの家の貴子が、これを目撃しており、王婆さんが倒れた時に「登始子おばちゃんと貝和さんにやられた」と思った。


西門慶家は、完全に凍り付いていた。
貝和さんは、韓国大使館に保護を求めていた。
韓国大使館の蓮連と、晴美はこのとき以来仲良くなった。
もっとも、蓮連も金目当てで、このとき以来、貝和家の全メンバーが「銀行も消費者金融もブラック」となっている。
ようするに「仕事をするな」という意味であった。
貝和さんはこの事件で全財産を失ったが、その復讐として王婆さんの殺害に思い至った。
酒井法子 微笑を見つけた ICU(集中治療室)に面会に来た光太郎に王婆さんは涙を流しながら笑った。
しかし、そのあとに訪れたのは貝和さんのグループであり、「分かったか」と貝和さんは言った。
全財産を失ったのは貝和さんだった。


それ以来、西門慶家は、平穏な日々が訪れた。
光太郎による安定した統治がなされたのだ。
姉のまり子は、「すべてのトラブルに中立だった」ことを存分に生かして、しかも、西門慶家の「重五郎の孫の可愛さ」を利用して、西門慶家の乗っ取りを図った。
光太郎を久里浜での独り暮らしに押し込めることに成功した。
それ以来、なんだ、このトラブル続きは。
CoCo 君の歌、僕の歌 王婆さんはもうすでに故人となっていた。
そのあとの主役は、まり子なのだろうか。


西門慶家で、光太郎は、「貝和さんは親父に土下座でもしたかな?」と笑っていたが、真相は、弟の出来の悪さを貝和さんが責め立て、弟の真二郎がみんなが見ている前で土下座をさせられたのである。
このあたりは、韓国大使館の都合があるのだろう。
重五郎の孫の身元を引き受けますと貝和さんは言った。
朝鮮人の論理など分かるはずがなかった。
貝和さんは、重五郎の孫の湧太を虐待した。
とにかく「全財産を王婆さんに奪われた」のである。
しかし、久里浜に追いやられた光太郎が「春をみるたびに」影響力をつけて行った。
とうとう「その時」が来た。
光太郎に北欧から賞が届いたのだ。
貝和さんは西門慶家の前で一晩中立っていた。
「姉さんいる?」
西門慶家の前で登始子のことをそう呼んだ。
貝和さんの娘の晴美は「私の娘だけが私たちの命を守るでしょう」と弱音を吐いた。


今度は、韓国大使館が歌を作った。
「勉強を休んでよ」
完全な弱音だった。
松浦亜弥 Love train 光太郎の妹のめぐみに、西門慶家は「賞金の半分だけだぞ」と言った。
なんと、全裸になって父に詫びを入れたのだ。
奥様方の噂はとどまることを知らず、倉木麻衣は東京から姿を消した。
光太郎は、自分の子供たちのスポンサーを見つけてくる力量を身につけるのに時間はかからなかった。
自分の子供たちのあとに、妹の面倒を見始めた。
しかし、父の前で全裸になった屈辱から電話に出ようともしなかった。
子供たちの「メド」が立ったら、東京大学から貝和さん宛てに「早春のご挨拶」があった。
日本国の全大学が貝和家を見放すだろう、という警告だった。


西門慶家は、光太郎の動向次第で、何人服を脱ぐつもりだ?と貝和さんに怒っていた。
松浦亜弥 ね~え 北欧からの知らせは容赦なく届いた。
王婆さん、安らかにお眠りください。


西門慶家が、今年の五月に引っ越すことになった。
「汝のあるべき姿にもどれ」
カードキャプターさくら そう誓った西門慶家の終焉であった。


西門慶家はいよいよ引っ越すことになった。
重五郎は、妻とお茶を飲んだあとに、自分の家を振り返った。
「まり子とめぐみに甘い家だったな」
光太郎がもたらした富があると聞いて、4~5人の客が挨拶に来た。
西門慶家は、快く、お金を渡し、別れの挨拶に応じた。
また、お金の裏づけがあったことから、「あの物語は本当ね」と近所のみならず町内で噂になった。
4~5人に金を渡しただけで、貝和さんは町内に居場所をなくした。
Qlair お引越し

金瓶梅は、現在、「第16話」で終わりです。
第100話まであるのですが、最後に令和天皇が死ぬと思います。


 


「紅楼夢」
平成天皇は、その凡庸さから「瓢箪」と呼ばれていた。
金瓶梅を読んだが、令和天皇の「石頭記」とでも呼ぼうか。
とにかく「石頭」だねあいつは。
英語と中国語を巧みに操る。
娘を嫁にして良かったと思う。
貝和さんが、朝鮮人であり、アメリカ合衆国と中華人民共和国に頭が上がらないのだ。
韓国大使館が、金瓶梅=石頭記を読んで、令和をいじめるのをやめてしまったのだ。
英語を巧みに操る奴だと言うことは分かっていたが、中国語もメドが立った。
もとはと言えば、瓢箪が、貝和さんに「現金書留で大金を送った」ことが事の発端だった。
貝和さんが、息子の薫のことを瓢箪が後継者にしてくれるのではないかと考えたのだ。
瓢箪が「韓国にゆかりを感じます」と発言していたことの意味は大きく、薫は、「私は朝鮮の林家のものです」といって「狡猾な」期待感を持ってしまったのだ。
現金書留の大金は「石頭」が稼いだものだった。
「韓国の経済発展の原動力にならない限り、お前にはチャンスはない」
瓢箪は薫にそのように伝えてあった。
なにしろ「石頭」(光太郎)は、日本国の経済発展を引き起こす力をもっていたからだ。
「韓国にゆかりを感じます」
この言葉の正当化のためだけに、瓢箪(平成天皇)は、貝和さんを「戦力」とみなしていた。
薫は「無理な宿題」を課されて通院する羽目になった。
石頭は「韓流ドラマってあるだろ。学歴は人種だ。出生の秘密とか、財閥とかもそのために出てくる」と母親に語っていた。
東海大学で土の研究をしていた薫に何が出来るだろうか?
石頭の周辺に「楽観論」が広まった。
父の西門慶家は「薫には無理なことは誰よりも理解している」と瓢箪をあざ笑った。
学歴も人種であるという韓国という国、そこに東海大学の人間が何をしようというのか?
BoA Is this love?


晴美、めぐみ、洋子の愛を失わないために、薫は「出来もしないことを、出来る」と瓢箪に伝えた。
買夫人(美智子皇后)は、「バカな男だね。まあ、せいぜい利用してやりますよ」と貝和一家を見ていた。


光太郎が「鉄・自動車・通信が国民の恋愛にどのように繋がるかの説明」さえできれば日本国は経済発展するだろう、と語っていたことと、その通りにいろんな指標がでてきたことから、買夫人(美智子皇后)は「経済発展」を演説して回った。
光太郎(石頭)と皇后美智子(買夫人)はもはや一蓮托生だった。
貝和家と小野家(西門慶家)の対立は、もはや韓国と日本国の経済発展にまでその争いの場が移され、貝和家は「口先だけ」になっていた。
東京大学・スタンフォード大学・北京大学をまたにかける石頭との権力闘争はこの時点で、買夫人が「石頭に味方する」という形で明暗を分けた。
石頭は、西門慶家(重五郎)の健康相談にも乗り、西門慶家は「神仙」と呼ばれるほど長生きした。
石頭は買夫人にも「野菜ジュースとラーメンをご馳走したかった」と語ったことから、買夫人の健康にも繋がった。
買夫人が石頭の「いじめ」を主導したのでは決してなかった。
日本と韓国の争いだったのだ。


貝和家と小野家(西門慶家)の争いが、韓国と日本の経済発展の争いへと発展したことから、薫は貝和さん(母)に、「出家」を申し出た。
貝和さんのもとにはもはや客人も訪れず、晩年はきわめて寂しかった。
王婆さんの悲願が、この時にかなったのだ。
王婆さんが作った歌だけは永遠に残った。
酒井法子 神のみぞ知るハートの行方


王夫人(光太郎の妻・清子)は、子供を虐げるような真似をしてしまったが、石頭(光太郎)が、「子供たちの心配は要らないよ。全部お金で買った」と報告をよこした。
そのことから、王夫人は石頭の庇護の下で療養生活を送ることが出来た。


あれほど、王婆さんと熾烈な権力闘争をした貝和さんも、東京大学・スタンフォード大学・北京大学には頭が上がらず、特に、朝鮮人は北京大学をとられることは致命傷だった。
人生の斜陽を迎え、西門慶家から犬を二匹譲り受けた。
意外と心ある側面を見せ、犬を可愛がったようだ。
韓国の経済発展なんてソウル大学にも分かる訳がないことだった。
そんな「宿題」を瓢箪(平成天皇)に与えられ、大金を受け取ってしまったことから、贖罪の日々のようなものを送っていた。


石頭(光太郎)は、周瑞家という閨閥を形成するに至った。
世界のファイナンスや国際政治を見渡す力量をもっていたのだ。
この「紅楼夢」は、周瑞家の物語であり、王婆さんの「夢」のことであるが、この物語も、令和天皇の後の人生で語られることもあるだろう。
120話まで続く「紅楼夢」であるが、第8話でいったん終わりにしたい。


 

2019年5月19日 (日)

ロシアについて。

ロシアの哲学は、広大な領土を利用した自己疎外(自分と世界がかけ離れること)にあった。
鉄道にでるまで100マイルも川を下る農民の間に「夜中でも歌を歌う若者」をアイデンティティとし、ダーティハンズとウォルマートは共鳴した。
日本国においても、コンビニが「24時間営業」し始めたのは「ロシア=ウォルマート」の影響が強い。
旧約聖書の女性ボーカルの歌を歌っていれば、勃ったし、男にはなれる。
夜中まで大声を出している若者を「近所の嫌われ者」とするのか、「メシア」とするのかの認識の違いが日本とロシアに存在する。
ルター派が「ヨハネのゴスペル」を旧約聖書において明らかにしていたのであり、中国の「相対主義」とは異なる、ロシアの「絶対主義」は生まれた。
ソビエト連邦は、レーニンによるマリア崇拝、スターリンによる相対主義、フルシチョフによるマリア崇拝への回帰をへて、現在の、学歴社会に落ち着いているものと思われる。
ロシアはとにかく「絶対主義」の立場なのだ。
中国とどれほど接近しても、「相対主義と絶対主義」の壁はあんがい高い。
東大法学部の学生に「司法試験」「コンビニ」などを提供したのもウォルマートだった。
当然、若者中心の文化を作ったのであれば、ロシアがユダヤ人と結びつくのは必然だった。
ミスターチルドレン Tommorow never knows

民族運動は常に「反ユダヤ」の色彩を帯び、ダーティハンズかクリーンハンズかの選択を迫るものだった。
奔放なジャコバン主義は、ウォルマートの「司法試験」「コンビニ」に圧倒されていった。
伊藤真の司法試験塾だのLECだのという連中はいたが、「英語を読めばいい」というのが司法試験の答えだった。
今では、「ロシア離れ」を引き起こして、よりアメリカ的な「ロースクール」というものが出来ている。
「司法試験とコンビニ」は、ビスマルクが本来想定していたものだ。
それが「ロシア帝国主義」であり、日本人の私も「ロシア帝国主義」に一時期浸っていた。
國府田マリ子 愛のクレイジーエプロン

2009年に、ウォルマートが会議を開き、共産主義者に我々は勝ったのだ、とし、「司法試験とコンビニ」の世界から撤退することとし、それでいながら、世界のコンビニビジネスの今後を話し合った。

スタニスラフ・レズニウスキーは、東大法学部→「司法試験とコンビニ」となった男のために教会というものを想定していた。
プーチンなどは「法律家」としてそのように育っても、日本の「教会」はそこまで腕を磨ききれなかった。
やれ「聖句」だのなんだのと、司法試験と同格であるという自信が牧師にはなかったのだ。

訴状の書き方は、

訴状 「請求」「確認」「形成」の訴えのどれかの事件名

原告 住所氏名
被告 住所氏名

請求の趣旨 条文
請求の原因 細かい事実関係

を裁判所に手紙で提出するだけでいいが、
学生は教会でせっせと訴状を作った。
「適合義務」というのは「あなただけが知っているのでしょう?」と専門家に問うものであり、「説明義務」というのはそのことへの説明を求めるものだ。
「適合義務違反・説明義務違反」という二つの不法行為(民法709条)から入っていき、写真撮影や録音などに敏感になる。
これが法律家への道だったし、教会で最初に教わることだった。

心証で判断する年金や裁判においては「裁判官の9割の確信」が証明であるとされたため、「陳述書」つまり「証人と前もって相談してもいい、このことからワープロ打ちしてしまってもいい」という証人の証言を書面にしてしまうものを、せっせと書くことも「司法試験組」が教会で行う仕事となった。
「司法試験とコンビニ」が教会と結びつくのは必然であったし、人生の悩みを教会で聞かなければ司法試験組は伸びしろがなかった。

やがて司法試験組は、女の子を口説くことを覚えたり、現金を受け取ったりするようになり、教会に居つくようになる。
司法試験組と教会の結びつきが不十分だったのが日本国であったが、ウォルマートは2009年に「勝利宣言」を出したのだ。

【余談】宮内庁というのはクズの集まりだな。

モデル理論というものは「発言の重み」を持たせる研究である。
ロシアで研究が進んだが「この人にこれを言われると異性との出会いの場がなくなる」というところを狙って「発言」するのだ。
その「発言」を重くみる連中は確実にいるし、メディアに影響力を持つのもこれが理由だといっていい。
夜中まで勉強してテストでいい成績をとったり、テレビに出て活躍したりすると、「モデル」になれるため、他の男女の「異性との出会いの場」をコントロールできるようになる。
とにかく狙わなければならないのは「異性との出会いの場を失わせる」ことであり、自分がどれほどひどい目にあったかなどの細かい記述には誰も興味を持たない。

宗教(男らしさを語り合う論壇)も、政治(女心の定義)も、それぞれ自由なフォーラムが開かれているが、議論するのは勝手であるが、
「宗教・政治に値しない人を異性から遠ざける」ことを目的としている。
ベッカリーアも、宗教(男らしさを語り合う論壇)と、政治(女心の定義)をマスターすれば、「特定の人間を異性から遠ざける」(収監)ことは可能であると考えていた。
特定の人間を収監させるために、東大法学部の学生に「司法試験とコンビニ」を与えたのがウォルマートであり、ロシアであった。
日本では、「司法試験に合格したら直ちに、排除すべき者の収監が可能」という発想には気が付かなかったのだろう。
人をいじめる「欲望や動機」というものはほとんどフィクションに近い。
そういうことを悟らない連中を排除する必要があるし、そのために、合格平均年齢29歳と言われた司法試験というものはあった。
18歳で東大法学部に入った時には、いろんな人が発言に一喜一憂するが、人生経験が浅く「排除すべき人を排除しきれない」部分がある。
選挙というものも「最悪のエリートを排除するためにある」とされるが、それは投票する側の論理ではあるが、当選する者の論理でもあるのだ。
どの人間を排除したいのかは、当選してから明らかにするしかない。
とにかく、お金をもらって投票したのならば、当選した側の人間が「最悪のエリートの排除」を行うことを知らないといけない。

【余談】宮内庁というのはクズの集まりだな。

ウォルマートやロシアの、東大法学部の学生による「司法試験とコンビニ」にともなう人生経験に「裁き」を求めるのもひとつの考えであろうし、選挙という学歴にさほど関係のないものに「裁き」を求めるのもひとつの考えである。
大事なのは「排除したい人間から異性を遠ざける」発言が期待されているということが「選ばれる」という意味であることを知ることだ。

「排除したい人間から異性を遠ざける」力を持った「選ばれし者」のもとに、恐れをなした男たちは容赦なく「自分の周辺にいる女」に金を払って、「選ばれし者」とコンタクトをとらせた。
それはもはや、SNSの「サクラ」とは異なり、「単刀直入に言いますがエッチしてください」というメッセージとなっていた。
「選ばれし者」の政局カンはきわめて鈍い。
自分の発言の重要性に気が付かないのだ。
中華人民共和国と関与するとこのようなメッセージが届くが、日本も「ディズニーランド」と呼ばれる女集団を外務省が持っている。
「俺の周りの女たちのセックスはすべて仕事」という境地に至ったため、妻と子供を大事にしたし、女たちは「パパッと済ませて、たくさんお話したい」などという具合に「カントの話の方が重要」であるという研究までやっていた。
ロイター通信は、オーストリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、ハンガリー、日本、イラン、イタリア、メキシコ、ニュージーランド、パラグアイ、ポーランド、ポルトガル、ロシア、セネガル、スペイン、スウェーデン、台湾、トルコにまで及んでいた。
日本の「ディズニーランド」もあくまでもロイター通信のもとに行われているものであり、キムジョンナムがロイター通信に日本でだまされた時も、田中真紀子外務大臣(当時)は「早く国に返しちゃいなさいよ」と発言している。
「選ばれし者」とは何か?を熟知していないとロイター通信にあっという間に政治生命を握られるだろう。
ロイター通信というのはカントが始めたビジネスだったのだ。
ロイター通信がなければ、「世界の指導者の口説き文句」(黒革の手帖)つまり、「純粋理性批判」は書けなかっただろう。
「20歳過ぎていてお酒が飲める人」などという英会話の教材の売りつけなどロイター通信に比べれば子供のようなビジネスだった。
カントの「純粋理性批判」は、できれば英語で読んでみると真実に近づけるものと思われる。 布袋 ロシアンルーレット

19世紀までは、幾何学というものは「男ー女ー男ー女」という連鎖のつながりを意味し、実際に、本気になったパートナーと、それを取り巻く男女たちという関係はお金の都合もあって、おのずと限界があるだろうとされていた。
学校や職場など、そのサークルとお金の限界が指摘されていたのだ。
しかし、ヒルベルト空間は、それとはまったく異なる考え方をしていた。
「一直線に生きていたら、会う人がみんな有名人になる」
ヒルベルト空間においては、カントの口説き文句を知らない男は嫌われたし、ロイター通信が集めた「口説き文句コレクション」(純粋理性批判)に詳しい者は、一気にその幾何学模様の規模を拡大させた。
それはカント以降の、「会う人みんなが有名人」という世界で起きた爆発であった。
誰もが子供の頃は「加速度だけで判断される」というニュートンの世界を生きている。
また、就職して、同僚との付き合いを考えることはユークリッドが想定していたものだ。
しかし、精神医学に詳しくなり、精神病患者への「可知論」の立場に立つことはヒルベルト空間というものを構築した。
プーチンは「ヒルベルト空間」を一気に爆発させて安定した権力基盤を作り上げた。
ヒルベルト空間にお金を流し込むことは非常に有効である。
しかも、パチンコ代で飛ばしてしまうような輩は、指導者をいじめた建前、すでにお金を借りる資格を失っていた。
ヒルベルト空間において、あんがい良質な交友関係を築けるようになっていたのだ。
ヒルベルト空間というものは、人間が努力すればするほど、有名になればなるほど貧しく、病気になるという側面があるため、
そこにお金を流し込むことは、「サンタクロースがやってきた」と女の子たちが噂をするものであった。
なにしろ、業界の「キーパーソン」の電話番号を知る機会があり、お金を分け与えることが出来たため、「努力すること」「有名になること」を悪である、悔いが残った、と言い切れないものとしていた。
アルフレド・アヤラはトロツキーに影響を与え、「ロシアにサンタクロースがやってきた」「世界にこれを広めてやろう」という発想に至った。
ウォルマートの司法試験とコンビニや、ロイター通信の「黒革の手帖」などを主にロシアは「ビジネス」としてきたが、24時間営業のコンビニを世界に広める、世界の指導者の口説き文句(純粋理性批判・黒革の手帖)を勉強するというモデルが作られた。
日本の司法試験受験生で「カント」に気が付いたものはおらず、団藤システムを一生懸命勉強するなどした。
しかし、「女の子達の間で有名」ならば、国家一種試験でも司法試験でも試験官が彼に会いたがるのは明らかだった。
CoCo 冬の微粒子

イサイア・ベルリンは、第二次世界大戦の頃は、若かったが、国営デリヘル(特高警察赤狩り)というものを考え、東京帝国大学に合格したものに、「好きな女の子」を聞いて、その女の子を帝大の学生のもとに送り届けた。
これが特高警察赤狩りの仕事であり、帝国大学に入れないものは特高警察の存在に不満を持った、
エホバの証人が民間で行っていることを、国家が行っていた時代があったのだ。
レッドパージ

18歳では、誰を排除したらいいか分からないだろう。
かく乱要素となるだけだ。
帝国大学と特高警察は密接な結びつきがあり、それは国家への忠誠心へと変わり、高等文官試験と結びついた。
イサイア・ベルリンは、「司法試験とコンビニ」という、他人を排除するための10年後のチャンスを想定しておらず、それは国家一種試験につながった。
民間への就職組よりも優秀な人材を国家一種試験に流し込もうという政策が特高警察赤狩りであり、景気のいい時には見向きもされない国家公務員の権威を守った。
好きな女の子を手にいれた途端、急に冷たくなるという現象が見られたが、最終的には愛国心に変わることも分かった。
ソビエト連邦崩壊の原因ともなった。
冷たくしないで Eriko with Crunch

司法試験とコンビニ、それはソビエト連邦ではなく「ロシア」の専売特許である。
また、ロイター通信、エホバの証人、特高警察赤狩りは、まったく「同じ発想で」若者の支持を得ていた。
イムレ・ラカトスも、ロシアを支えた哲学者である。
MI5がカントのロイター通信を支持したことから、ラカトスは、ロシアの「チェカ(KGBの前身)」を作り、MI5とロイター通信とKGBはカントにより繋がった。
いろんな偉大な男の口説き文句はあったけど、すべて「純粋理性批判」(黒革の手帖)にまとめてある。
チェカはスターリン体制を支えるためにあったが、「官僚制にもとづく相対主義」は1956年のハンガリーで破綻した。
すべては、帝国大学に合格したら国が好きな女の子を連れてきてくれる(特高警察赤狩り・エホバの証人・ロイター通信)ことが原因でハンガリーに動乱が起きたのだ。
ラカトスは、ハンガリー動乱を見てから、スターリン主義とも決別し、相対主義(俺も含めて誰の言うことも聞くなよ)というゲイカルチャーは過去の産物となった。
18歳の時の大学合格、29歳の時の司法試験合格、そしてその後の人生の出世などが「政敵から異性を遠ざける」ために用いられたため、そのたびに「KGB、エホバの証人、ロイター通信」が動くことになった。
知的弱者こそが、KGB、エホバの証人、ロイター通信に助けられていたのであり、人生の成功をみるたびに目の前に女が現れるというのは、これらの組織があってこそである。
司法試験に合格したら電話が鳴る回数が増えたという証言はあるが、決して、女はお金目当てではない。
ライバルが「自分の周りから異性が遠ざかるのを恐れて」「KGB、エホバの証人、ロイター通信」を活用していたのだ。
「本当に排除しなければならない人間は誰か?」を理解しなければ、人生は成功しても意味がないし、周囲のオーディエンスも成功を望んでいない。
このような民主主義を「18歳の一度きり」にするのか、その後も何度もチャンスを与えるのかという体制選択からソビエト連邦は崩壊したのだ。
酒井法子 100%の雨が降る

プーチンも、原油価格が高ければ、このような「ロイター通信」「ウォルマート」という二つのマシーンが円滑にフル稼働するため、権力基盤は原油価格に依存しているのだ。

プーチンも私も、司法試験とコンビニにともなう「しくじり先生」であり、司法試験には受かっていない。
しかし、「どのような経験でしたか?」「何を学びましたか?」と言われたら、他に並ぶ者はいないほどユニークな話が聞けた。
「とにかく我々は厳しい。学んでくれ」としか東京大学も言っていない。
そもそも、「排除されるべき人」の攻撃は過酷を極めたため、「三時間半の短答式」は健康診断であり、風邪、不眠、薬、空腹、記憶障害などの条件がクリアーできなかった。
「カントさえ学んでくれたら」「女の子さえ口説いてくれたら」
そう思いながら、「簡単に」「健康診断を」クリアーしていくものが多かった。
「女の子と電話で長話をしたのか?」「ズバッと斬れたのか?」「こういうことをやったら女の子が回りに現れた」これを「パブロフの犬」と呼んだ。
司法試験ともなれば「グローバルな」エネルギーを費やしてもいい試験だ。
そのため、世界の感情を集めた「男」目当てに、女たちが集まってきた。
なぜなら「気持ちいいから」である。
あなたとのセックスにスパイスはあるのかしら?
河合その子 恋の秘伝

ロイター通信も、いろんなことを悟られたため、「あなたのやり方は正しいのよ?」という「パブロフの犬」作戦を仕掛けるにとどめた。
美女がきれいな格好をして挨拶をするという作戦である。
もっとも頭が聡明な6歳の時に、人間は6千の単語を覚えるとされる。
そのとき以来の「学習カーブ」のかけ方を覚えてもらえればいいとされ、ロイター通信は美女を撤収させた。
「裸にならなければセックスは出来ないのよ?」
そのように言いたかったのは美女の方だった。
世の中の女たちにとって「司法試験?なにそれ?」というのが率直な反応であった。
しかし、1960年代のフランスのボードリャールに影響された日本国やロシアには容赦なく「司法試験」が課された。
東京大学とかサンクトペテルブルク大学の学生しか知らないような仕組みだった。
しかし、「コンビニ」というものは確実に発展したし、1990年代には24時間営業が定着した。
「ナントの3月22日の勅令」と特別に表現されている。
司法試験を経験した者は、法律だけでなく、経済学や医学を語ってもいい。
もちろん文学もだ、とされた。
それほど「グローバルな」言葉が答案に入り乱れたのだ。
田舎には「ボス」「ゴッドファーザー」がいるだろ。
地方の人間に司法試験とコンビニは有意義だった。
ロシアでは、共産主義と司法試験が共存したため、エリートの敵は強大なものがあった。
日本でも、左翼系の連中が司法試験組を攻撃した。
右も左も分からない東大一年生に議論を吹っかけていた左翼も、法学教室を本棚に大量に見かけたら二度と近寄っては来なかった。
ブレが生じていた憲法第九条の解釈で「日本ほど、戦争を好んだ国はない。しかし、50年以上平和を維持してきたのは、憲法第九条が”どっこい生きている”からだ」と、穏健な「東大憲法学」を語った時に、左翼の連中は「関わるのやめよう」と判断している。
これは、「東大憲法学」による左翼への復讐であり、左翼もまた「パブロフの犬」であった。
「東大と一体化すればいいだけだからね」
これが、司法試験とコンビニの答えであった。
しかし、世界ランキングのさらに上を見たらどうなるだろうか?
東大は40位台であるが、スタンフォード大学は世界ランキング三位だ。
そこで「上」を目指すのであればもっと面白いことがおきる。
大学世界ランキングの公表は1990年代以降であった。
ボードリャールは、1990年以前の司法試験組と、それ以降を明確に区別した上で、ロシアという国は「コンビニと司法試験」そして「ロイター通信」によって回っていることを明らかにした。

ジョージ・ブールは、数学者であり、コンビニの設計をウォルマートに提供し、ロイター通信には、女たちの「男の数の数え方」を教えた。
コンビニの設計はあんがい単純な数式から成り立っていたし、ロイター通信から金をもらって男に抱かれる女たちも、男から「仕事の楽しさ」を聞いて、ただの淫売から「働く女」にならなければならないと考えたのだ。
デジタルというよりはアナログ、想定内というよりは楽しいもの、それが仕事だった。
「くだらない男を取り合いしないためのルール」
それをロイター通信から教わって、女たちは仕事を覚えた。
Anytime somokin' cigarett

文化というものは、ダーティーハンズとクリーンハンズ、つまり、夜中まで勉強や仕事をする者と、夜は早く寝て地域コミュニティに溶け込むもの、さらに、アカンとヨルバ、つまり、大企業や医者、弁護士の息子などの少数派か、庶民の多数派、また、男と女、感じる者と感じない者などが共存した「男が作り上げた環境」のことを意味する。
男と女ならば結婚できるだろうと考えたら大間違いであり、その生活習慣は男女で大きく異なる。
女たちはすでに「制服を脱いで」いたため、自分たちの多数派工作は男運に大きく依存していた。
男が、ダーティハンズやアカンだった場合に、女の多数派工作の腕試しは始まっていたし、子供のためにも多数派工作で負けるわけには行かなかった。
趣味やライフスタイルなどは「親とは違う道を進んだほうが気分がいい」とされるが、自分の血筋や、朝型・夜型などは親の影響を受けざるを得ない。
血筋や朝型・夜型の生活習慣だけは「パワフルトランスミッション」と呼ばれ、親から子に伝わるものであるとされた。
チンパンジーの世襲制などは「パワフルトランスミッション」だけが問われた。
もちろん、世襲にも敵がいて、三代続くことは珍しいが、「パワフルトランスミッション」のパワーをどれほど有効に用いるかが問われた。
それ以外に、親が子供のためにしてやれることはほとんどなかったのだ。
子供たちのためにスポンサーを探してくるなどという発想は当然、あるだろうが、「バックのある子供」もおのずとアカンというジャンルに吸収されていき、子供たちの間では少数派になってしまった。

エミール・ド・シャーレイは、資産家の男と結婚し、ダーティハンズ・アカンの妻としてピエール・ルイーズや、アレクシス・クラウド、サムエル・ケーニッヒなどの「奥様方」と交友関係を持ち、それは「ベルノウリファミリー」と呼ばれた。
ウォルマートの「司法試験とコンビニ」も、ロイター通信の純粋理性批判も、女にとってはゴールではなくスタートだった。
ベルノウリファミリーは「結婚にとって、恋とは疑わしいものよ」としていた。
「男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい」というのが失恋の研究だったが、それならば生活習慣が合わないではないか。
「俺より先に寝てはいけない」
それならば「恋した男と結婚する」だけでは結婚生活のあり方がなかなか予測できない。
生活習慣をあわせることや、ベッドの上でいつも新鮮であること、さらには、夫が子供に興味を持ってくれるのか?家庭に縛られるのではないか?という問題から、「恋する女」は追い詰められていった。
中森明菜 禁区

結婚式で、神に誓った。
今後は夫が神である。
生活習慣をともにし、多数派工作を行うことを。
ゼブラや創価学会とはあんがいこのような生い立ちから成り立っているのだ。

 

2019年5月12日 (日)

税制について。

詩篇139:7-8 どこに行けば/あなたの霊から離れることができよう。どこに逃れれば、御顔を避けることができよう。
天に登ろうとも、あなたはそこにいまし/陰府に身を横たえようとも/見よ、あなたはそこにいます。
松田聖子 蛍の草原

詩篇のこの箇所によって、神は存在する、神は男である、という二つが確定した。
みるみる勃っていくおちんちんに女は自分の美しさを感じた。
男は「全知」ではなかったが「全能」であるとされた。
そこには筋力(地)と水があった。
地と水によって女の美しさは快楽へと変わり、その瞬間、今がすべてであると考えた。
神には「場所も時間もない」ことを女は知った。
男は「こんな汚くて狭い部屋ならば女も連れ込めない」と考えるところであるが、女はそうは思っていなかったのだ。
すべての知性は白い液体となって出た。
女をこの場所に連れてきたものは「言葉」であろうか?「3つ」であろうか?
「言葉」であるのならば、税金など安いものだ。
そのために私は哲学を書いているのだ。
女は「直感」で男の「先生」を悟る。
アメリカ人?日本人?中国人?
小泉今日子 迷宮のアンドローラ

音符でできた彼の言葉も知性も、私の体ですべて搾り取ってやるわ。
射精した男は、果てたあとに、女とともに話しをした。
あなたの先生はアメリカ人?日本人?中国人?
その答えが聞ける時間だった。
松田聖子 四月は風の旅人

女の肉体が「神」によって汚され、そのことから、男は「仕事の楽しさ」を女に伝えた。
誰によって女が汚されたのかを男は説明しなければならなかった。
これをやらないと女は、翌朝、起きようともせずに、のちに「私にお似合いの病院があるの」などという手紙をよこしかねない。
中森明菜 リフレイン

さて、男が「税金を払っていい」と考える瞬間とは、女が「言葉だけで」家についてきてセックスさせてくれた時だけだ。
「3つ」払うのならば税金など払うわけがない。
しかも、女を欝にさせずに、満足させるためには、性的快楽だけではなく、そのあとに「自分の先生から教わったこと」を話して聞かせなければならない。

本来、口説き文句は「イエスキリストを処刑するとき」に、「エリエリレマサバタクニ」と口走ったこの「言葉の意味」の研究からなされたものである。
つまり、「エリエリレマサバタクニ」という言葉の「ファインエモーション」が研究されたのだ。
イエスキリストは、処刑される時に「女たち」にメッセージを発しているはずであるとし、「男らしさ」「いじめられた経験の重さ」そして「女たちの熱い眼差し」の三つに分けて研究した。
「国家が」「法にもとづいて」ひとりの男を処刑しようとしたのだ。
「エリエリレマサバタクニってどういう意味?」
女たちは語り合った。
マスコミは「このイエスキリストはいずれ皇帝になるんだろうな」と思いながら「受け入れるって大事っすよ」と軽口を叩いた。
モーニング娘。 ファインエモーション

快楽、欲望、そして諦めと恐怖を経験したイエスキリストのおかげで、「国に税収というものが生まれた」のだ。
イエスは女たちを「妹のように」愛するんだろうな。
そして、歌をたくさん作るんだろうな。
まるで、殺されそうになった時の恐怖を思い出すかのように「ユニークな」音楽作品が女の子たちによって歌われたし、女の子たちはそんなことは知る由もなく「ポップでキュート」などと言っていた。
満員電車を必死でこらえた「大人たち」の言うことは聞くものだ。
満員電車こそが大人にとって、そして学生にとっても「聖書」だったし、「世の中は人気商売だよな」ということを悟る場所であった。
アブー・アルアッバースを初代カリフとしたアッバース朝(750~1258)の誕生だった。
イエスキリストって誰?と思うだろうが、いつの時代にも「国家」と「法律」によって殺されそうになる男はいたのだ。
モーニング娘。 愛の炎

喜びと諦めは遅く、怒りと恐怖は速かった。
喜びだけをじわじわと肌で感じて曲を作った。
満員電車でスコアを自在に操ることも才能であっただろうが、家族のことや親戚のことを考える家庭環境に恵まれることも才能だった。

音楽作品こそが、「税収の根拠である」ということに気が付いたのだ。
キャップスモデル、ビッグファイブ、VIAの三つの流派に分かれた。
キャップスモデルは1973年に考えられたものであり、講義で聞いた「女心」を満員電車で瞑想して、音楽作品を完成させるものである。
ビッグファイブは、それを「五人組の女の子」に割り当てるものである。
1980年にビッグファイブは考えられている。
VIAは、それを「オリコンヒットチャート」というものでランキングをつけることを意味した。
CoCo ささやかな誘惑

税金なんてものは、音楽作品の印税からとるものではないんだ。
テレビのオンエアを見て「空気」を作ることができれば税収は跳ね上がる。
1990年の「異様な空気」はキャップスモデルとビッグファイブとVIAによって生み出された。

さらに、税収の根拠に「強すぎる皇帝」に対抗する「生物多様性」の存在が指摘できる。
いろいろと、「なぜ、横浜DeNAベイスターズは勝てないのか?」を分析したが、最終的には「生物多様性」に根拠を見出すしかない。

生物多様性も税収の根拠であるが、令和天皇が「王子」として生きた平成の時代にその分析はさかのぼらなければならない。
ひたすら「強さ」を探求した男と「税収」の関係が示されており、周囲の女たちの「潰してやろう」という気持ちが財源不足につながっていたのだ。
平成天皇は「国家」と「法律」にしたがって「王子」と向き合うしかなかったが、王子は「税収の全責任」を負う形で「強さ」を求めたし、第二次ベビーブーム世代は「生物多様性」という行動原理を見せていた。
瀬能あづさ ジェネレーションX

「生物多様性ターゲット」として、令和天皇は平成の時代に煽られたし、周囲も「潰してやろう」と動いた。
財源不足を引き起こしたこともある。
しかし、「もう止められない」という状況になり、天皇となっている。
今後も「生物多様性ターゲット」として生きる宿命にある。

「批評する精神」というのは教育の目的である。
しかし、「論評に値しない」王子が多かったのだ。
1987年に「令和プロジェクト」は動き出していた。
名称はのちにつけたものである。
アーパと呼ばれるプロジェクトだ。
アメリカ合衆国と自由民主党の内部で進められた。
平成は平成でいいだろう。
家族構成、そして、アメリカ合衆国との関係、さらには十代での実績を見た。
激流を遡る実力が王子にはあった。
あいつはダイヤモンドだ。
ribbon be my diamond

ダイヤモンドレーンというものは、なぜ、自動車で遠く離れていても見えるんだろう?
時代の起点をまるで示しているように丸見えなんだよ。
見えない運転手はいないし、見えなければみんなが困る。
事故を起こす奴はみんなであざ笑った。
「ハイウェイアクシデントだな」

論文を書いたら「17種類のレポート」がまとめ上げられ、どれかがウケる。
これが「批評する精神」である。
ウケるんだからやるんだよ。
「税金やって50年」(山中貞則)
とはよくも政治家としての力量を表現したものだ。

記憶という研究も、税収につながる。
「音楽を聴きながら勉強しろっていったよね」
しかし、アルバムの中にいい曲は2~3曲しかなかった。
女ー男ー女ー男という連鎖を巧みに表現するのが困難だったのだ。
デート注意報 後藤真希

男の記憶は「女の名前を聞く」というところにあるが、女の記憶は「男の笑顔、言葉、生き方」まで覚えているというところにある。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

女の「記憶」に残るために、男は「言葉」を学習するし、「3つ」で家まで来るのと「言葉」で家まで来るのとでは、税金のかかり方が異なる。
「生き方」まで分かってくると、イメージが固まり、何度もシミュレーションを行って、女は自分を慰めることが可能になる。
日常生活からどのように「音符でできた言葉」を作り上げて、快楽を最大化するかが女の力量だった。
恥ずかしい夢 中嶋美智代

女の子は男の子と同じ時期にマスターベーションを覚えている。
「私の初体験の相手はイエスさま」
これがカトリックの教えであり、「初めての男って忘れられないらしいね」ということから、「教会はイエスキリストの肉体」とされた。
「嫉妬」
それはカトリックの七つの罪の最も重大な罪とされた。
人間の弱さが「俺も、俺も」と言わせていた。
「俺も」といっているうちは、政治コミュニティーでなんら得るものはない。
より「制御された男性」でなければ手元には何も残らないのだ。
そのため、イエスキリストへの嫉妬が最も重大な罪であるとされた。
新垣結衣 赤い糸

令和天皇は、王子の時代に「新垣結衣と話しただけで立てなくさせた」ことから、イエスキリストとなり、嫉妬に狂った連中を無力化させた。
とにかく、いちばん可愛い女の子に「知恵」を語ることだよ。
そして、食事をすることかな?
嫉妬に狂った連中は勉強する気すら失った。
「狂った」連中に担税力を見出すことも重要なことだ。
人間の嫉妬だけはどうにも止まらないものであり、税金がいくらでも取れたのだ。
イエスキリスト、新垣結衣の「初めての男」。
それだけでも税金は十分に取れる。
新垣結衣 小さな恋のうた

「初夜権は村長に?」
そんな話ではないのだ。
税収効果を上げ、すべての男たちの嫉妬の対象になるために、「女のマスターベーション」を「初めての男」とみなしたのがイエスキリストの存在であり、カトリック教会である。
新垣結衣は、王子の言葉に、自分の指で激しくあえいだあとに「他の男に感じなくなった」のである。
嫉妬とイエスキリストの関係は、国に税収というものをもたらしたが、「政府首脳」にならなければイエスキリストは「命が危ない」とされる。
社会現象として放置しておくわけにはいかないという側面がイエスキリストにはあるのだ。
「理由のない議論はない」
女の側から男に議論を吹っかけておいて、水掛け論になり、女が泣き出すことがある。
この議論にも「神を感じるため」という理由がある。
「喧嘩をしたあとは燃えるよね」とも言われる。
デカルトはこれを「第五の内省」と呼び、カントのような「口説く文句の達人」とのちに対立することになった。
デカルト的な「喧嘩をしたあとは燃えるよね」という立場と、男に高度な学習を求めたカントは明確に立場が分かれた。
「たくさん女の子を泣かせてそう」というのはデカルト的な考え方にもとづくものである。
「女を泣かせない神がいる」とカントは指摘した。
女の子を口説いて、その日のうちにお持ち帰りできる力量を持っている「神」に、デカルトは激しく嫉妬した。
街や交通網は整備したが、「女の子を泣かす」のは学校や職場などの「いつものメンバー」でなければできないことだった。
女の子が泣いたら「お金を払わなければならない」とされ、その上でセックスに至る。
神様なんて信じない!
女の子が言うのでセックスしなければならなくなる。
CoCo ミスロンリー

デカルトの「第五の内省」は神を証明するひとつの手段ではあった。
しかし、21世紀に「女を泣かす」男がいるのだとするのならば、それは、時代の叡智というものを理解しないものであるといえる。
神様なんて信じない!
と女が言ったら、男はいくらでも税金を払うだろう。
「抱いてください」というメッセージだったからだ。
まあ、21世紀のカントを理解しない男が適当にいたほうが税収は上がる。

「約束」
これも税金の研究だ。
仲間の多い人との約束を破ったら、周囲が「あ~あ」といって約束を破った人を非難するだろう。
消費者金融と銀行は「異なるブラックリスト」を持っているが、「あ~あ」の仕組みが二種類存在することになる。
銀行でやられたら「仕事ができなくなる」のである。
個人レベルでも「スイス銀行並み」の仲間の多さを誇る人はいるだろう。
安心というよりは「あ~あ」という仕組みが異なるのだ。
銀行の側も一円たりとも約束を破ってはならない。
男の側の仲間と女の側の仲間の調和が取れてくると「約束は今夜はいらない」ということになる。
渡辺満里奈 月の裏側

仲間のいない男は「はい!はい!」といって振舞わなければならない。
しかし、その社会と「契約」を結ぶようになると三下のような振る舞いはしなくなる。
銀行といえば「外形標準課税」(仕事がしたくなること)だろう。
仲間を増やしていく作業にも税金はかかっていたのだ。
社長が社員にモノを贈るのではない。
社員が同僚にモノを贈ることを外形標準課税と呼ぶ。
仕事がしたいのだ。
いつまでも「はい!はい!」では困るだろう。

大物感を漂わせて入ってくる新入りにも税金がかかっている。
他の場所に仲間がいるのだ。
すべては、アブラハムの知恵から由来するものかもしれない。

「性の経験が異なる女たちの住み分け」を考えたグロティウスが銀行ネットワークを考え、「戦争の終わらせ方、思い出話をすること」を考えたプーフェンドルフが消費者金融ネットワークを考えた。

トマス・クーンは、イエスキリストの生涯を「勉強や研究をする時は下痢をする、周囲の女の子に優しくなれるときが来るのに時間がかかる」とし、これを「知恵の輪」と呼んだ。
私は知恵の輪 うしろゆびさされ組

イエスキリストも、成熟すると「誰も真似のできない境地」になるのである。
下痢の記憶、すさんだ経験などもいつしか「女の子への優しさ」に変わる。
こうなった時に、「生物多様性ターゲット」としてのイエスキリストは完成する。
トマス・クーンは「科学革命」において、「女の子を口説く研究を科学と呼ぼう」とし、イエスキリストの完成の方向性を示した。
年とってまで頑固で気難しい男であるよりは、中年世代で丸くなったほうがいい。
研究すればするほど丸くなるのがクーン以降の学問であり、気難しい年寄りなどどの女の子も期待していなかった。
クーンは「知恵の輪」を解いた男であると位置づけられた。
パラダイム(恋ばな)というものは「アカンとヨルバ」「ダーティハンズとクリーンハンズ」「男女」などのキーワードを頭に入れておけば自然と口に出るようになっている。
女の子たちも時代の学問のおかげで「変わり始めて」いた。
SPEED Steady

女の子たちは「彼(イエスキリスト)に関しては何も言うことはない」と言っていた。
本来、毀誉褒貶の激しかった育ちであったが、「知恵の輪」を解いた時に女の子たちはそのように語ったのだ。
「本物のインテリが私たちに優しい」
それだけで、「何も言うことは」なかったのだ。
医学相談にも法律相談にも乗ってくれる男だった。
河合その子 Please tell me Mr.朱

アメリカ合衆国で1980年に「宗教」(男らしさを語り合う論壇)が変わった(パラダイムシフト)と言われた。
日本国においては令和天皇の登場を待った。

イエスキリストは、下痢をするたびに、射精の感度が悪くなっていくのを感じた。
つまり、笑わなくなったのだ。
周囲の女の子たちには優しかったが、決して激しく燃え上がるようなことはなかった。
宗教(男らしさを語り合う論壇)も、恋ばな(パラダイム)も変わったが、女の子と喧嘩した後に激しく燃えるセックスをするというデカルト的考えにも一理あった。
天使たちでマスターベーションしている頃は、伸び盛りで、感度もいいだろうが、実際に天使たちに囲まれるようになると、優しくて、いい相談役ではあったが、激しく恋に落ちることもなくなっていた。
知性のバケツに水があったらあとは回転させるだけだった。
デカルト的な恋に落ちようが、カント的な愛の世界を生きようが各人の自由である。
勉強したあとの下痢というものも、射精の快感のようなものであり、感度を悪くする。
小保方晴子さんの感度の悪さは有名である。
いつも豹柄の服を着ているから分かる。
小保方さんは抑圧を受けていたため「胸」も感じない。
下痢をしながら研究生活を送った優秀な研究者であることを物語っている。
ガリレオは、小さなボール(デカルト的生き方)と大きなボール(カント的生き方)を同時にピサの斜塔から落としたが、「測定することができないほど速かった」として両者ともに同じことだろうと考えた。
頭の悪そうな男が女と喧嘩して気持ちのいい射精をしようが、頭のいい男が妻と平穏な生活を送ろうが、「同じこと」だとしたのだ。
しかし、宗教界はそうは思っていなかった。
女の子たちも「頭のいい男」の「言葉」を聞きたがった。
勉強しようがしまいが、人生は同じであろうが、宗教界だけが「勉強・研究」を待ち望んでいたのだ。
両陣営を敵に回したら「宗教・アカデミズムへの貢献」を考えるしかない現状がある。
SPEED Deep blue&Truth

ここで、「アカンとヨルバ」「ダーティハンズとクリーンハンズ」「男と女」「感じない側と感じる側」という「軸」が出来上がった。
「大きな政府か小さな政府か」という軸よりは切れ味がよさそうだ。

天使たちに囲まれた「感じないイエスキリスト」に、「感じる側」の男たちが激しく嫉妬する、ここにも税収を上げる秘訣がある。
「ソフィア」(知性への憧れ)にも税金が生じるのだ。

くびれというのが若い女の子の腰にはあるが、そもそも「愛されたい」からサラダしか食べないのか、それとも「食べても飲んでも太らない」(下痢をしている)のかという違いがある。
くびれがあるから感度がいいとは一概には言えないことが明らかになったのだ。
ribbon ゆるせない

今年は、AKB総選挙は取りやめになったが、そもそも「カルヴァン派」が、「女の感度」の論評を行っていた。
トイレが家にいくつもあり、みんなが知性に憧れ、感度の悪い者同士が平穏に暮らす建物のことを「ゴシック」と呼んだのであり、家の文化とトイレの数以外に建築様式のようなものはない。
ゲーテの家がそうだったから「ゴシック」と呼んだのだ。
家庭内がセックスに満ち溢れていないという意味でもあった。
リビングでマスターベーションしたことがバレたら「一緒に住めないことは分かってるな?」と親は容赦なく息子を家から追い出した。
親が「セックス」を口にしないほど仲が良かったのだ。
息子も影響を受けざるを得ない。
性衝動が知性を形作るが、マスターベーションは絶対の秘密という文化がここで出来上がる。

知性への憧れ(ソフィア)のある、ゴシックの家は高額納税者の証であったが、女の子の「くびれ」をどっちに区別するかは難しい問題だ。
木村拓哉 CM

中川翔子さんは「感じないタイプのくびれ」をもっていたが、「人間は考える葦である」という境地に到達し、激太りしている。
私もけっこう太ったが、女性にとって「勉強・学問」にともなう下痢というものはこれほど簡単に引き起こされるものかと思うし、また、「いい先生」にめぐり合ったら簡単に太るものなのだ。

家のソファーに寝そべって「幸せ!」という生活を送っているのならばなかなか税金というものはかけられないものだ。
また、生まれたときから財務省にいるような気分になっている財務官僚にも「税収効果の上げ方」はあんがい分からないのだ。
職場や学校で常に男女が共存し、音楽作品の意味を間近に感じることができる環境ではなかなか税収効果が上がらない。
ニーチェは「怒りの哲学」を書き記して、人間が怒った瞬間にも税金をかけることにした。
危険球による投手の退場も国のお金がなければ実現しなかっただろう。
危険球退場シーン

捕手による、走者のブロックも「怒り」「国のお金」がなければルール変更はなかった。
コリジョンルールも「怒りの哲学」を背景に人々から税金を取り、行政需要に応じた。
コリジョンルール

他にも、ランナーがいる場合は投手は「静止状態になるのは三秒」とされているのがメジャーであるが、ルール変更するための「怒り」「税金」「お金」が足りない。
今までその業界で食べてきた連中に政治生命を失う人が出るため、お金が必要になるのだ。
西 牽制

法改正には、一般補償、特別補償が必要になってくる。
人々の怒りに対処するためのものだ。
国会での法案成立にはこのような背景があるのだ。

オーストラリアのきれいな手という論文を書かせてもらったが、移民受け入れなどで割を食うのはFランなどの大学を出たひきこもりであり、「怒りは十分」にあると言っていい。

男の「考え方」や「知性」が、「女と似ている」というところ、つまり「女にも分かる」話でないとなかなか共感は得られない。
「知らないの?」と言って不安にさせてもならない。
国を治めるのに「専門用語」など必要ではなかった。
世間話みたいな「入り方」に政府首脳も怯えた。
その影響力を知っていたからである。
「知識って何だろう?」
能書きたれの能書きを知ることなのだ。
法人登記とかは確かに存在するが、「女の忠誠心」を試しただけのゲームではないか。
「そんなものにまで付き合ってられるか?」と思うのならばそのとおりはなした方がいい。
強く儚い者たち

妻の忠誠心を維持した上で、団藤重光は「刑法」「刑事訴訟法」を作り上げた。
そのとおりに警察組織も構築されていった。
ついていけない巡査部長などは、とにかく「事件」を欲しがった。
青島警部は「女の忠実さ」と「勉強不足の部下」の狭間で「事件は現場で起きているんだよ!」と言ったのだ。
青島警部

団藤重光にしたがっている警察組織は、貞淑な妻を持つ上層部と、勉強についていけない巡査部長の確執のもとに「事件」を解決していき、時には「一件照会」を願ったりしながら、団藤システムのもとに成立していた。
団藤システムが理解できること(ソフィア・知性への憧れ)にも税金が生まれた。
警察組織には団藤重光がいたが、官僚組織には、現在、小野光太郎がいる。
貞淑な妻を最大限に生かした体系だったため、奥さんを褒めるのは業界の常識となっていた。

クーンの「科学革命」は、人間というのは中年ぐらいになると丸くなって、若い女の子たちに「恋ばな」をするようになるというものであり、妻が貞淑であることをいいことに「業界ルール」を体系化するものがいたり、低学歴が意味不明な翻訳を持ち出す「プロレタリア革命」の二つを見抜いて、「英語から」私たちと向き合ってくれるのならば「彼には何も言うことはないわ」と女の子たちが言うことを意味した。
「妻が貞淑だから作ることができたに過ぎない業界ルール」
「プロレタリア革命」
の二つは、すでにアメリカ合衆国で克服されていた。
DAPUMP USA

「業界ルール」「プロレタリア革命」そのものが「租税法」とも呼ばれ、「仕事」を生み出した。
また、人々の「怒り」の理由ともなりえた。
「法律学の正体」とも「バカの壁」とも呼ばれたものだ。
クーンは、ウルフガング・コーラーにこのことを早い時期に教わった。
日米安全保障条約の「再定義」が何度も求められたが、その「メンタルモジュール」が日本国に広まるのに時間がかかった。
行政書士や司法書士が「貧乏人」となるまで待ったのだ。
政治家・宗教家・サラリーマンの動きを見ながら、日米安保の再定義はなされる。
日米同盟というものは「我々は決して友人ではなかったが、少なくとも率直だったよね」というあたりに再定義が見出せるのではないだろうか。
1950年代にボーアが「ルート2」つまり、「1.41421356」を発見し、私の父はそれを暗記することで日比谷高校に合格しているようだ。
アインシュタインも「空間を広く広く」と、キャッチャーでも知っていることを明らかにしたに過ぎない。
そのあたりの見極めも重要になってくるだろう。

アフリカ、アジア、ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカにおいて「ビスマルクから伝わる血」というのは人気がある。
ビスマルク(小野光右衛門=福沢諭吉=明治天皇)の血に興味がないのは、皮肉なことに「オーストラリアのきれいな手」だけだった。
夜中まで起きて勉強したり、仕事をしたりするのは「イギリス連邦」の人間だったからだろう。
本人は「人種なんてものはキスするためのアルバイトだよ」ということを理解しておかなければならず、勘違いをやらかしたら、大変なものを失うだろう。
国生さゆり キスした跡は残さないで

女の子の祝福がなければ、男は「自分のアイデンティティ」を見つけられないものだ。
ムーア人(日本人の末裔?)によるレコンキスタが、スペインのイベリア半島で13世紀に展開されたが、ユダヤキリストと争ったのは「女の子の祝福」を受けるためだった。
アンダルシアに憧れて 近藤真彦

アンダルシアやグラナダなんて、エジプト・ペルシャ・インドがなければ、第二の中東だな。
キリスト教とイスラム教がぶつかり合うところには必ず「死にたくないユダヤ人」がいた。
そもそも、医学というものがユダヤ人のためにあるような気すらする。
なにしろ、巨大宗教がぶつかり合うという「富」があるのだ。
しかし、サハラ砂漠は容赦なく「黒人」という人種を生み出していた。
ウズベキスタンを中央アジアとする、中国、シベリア、東ロシア、日本なども生み出した。
北ヨーロッパの「ノーブルブロンド」、アメリカや東アジアの「銅赤」、アフリカの「ブラック」、インドの「オリーブイエロー」を「サハラ砂漠」が生み出した。
サンドベージュ 中森明菜

カントは「暑さと湿気以外に人種を分けた理由なんてないよ」と語った。
グルジアのコーカサスがヨーロッパを席巻したあとに、モンゴル人の世界征服が行われている。
そのようなムーブメントも「暑さと湿気」にはかなわないのだ。
日本国のように「創世記と神話」が共存している国もあれば、単一起源論に立つ国もある。
ダーウィンは「暑さと湿気」をコントロールできる理論を持っていたため、カントの「暑さと湿気以外に人種を分けた理由はない」という理論には沈黙していた。
しかし、「国の生い立ち」をそれぞれの人種が持っていることに興味を示したようだ。
「暑さと湿気」をコントロールしたダーウィンが人種を作れることを悟った。
「ノーブルブロンドがいちばん優れた人種」としたヒトラーは、当然、ダーウィンの立場に立っており、「暑さと湿気」をもっとも好ましい方向にコントロールしようとした。
イギリスは「連邦制」をとっており、「ダーティハンズとクリーンハンズ」という人種概念を持っていたため、ヒトラーに強烈に反発した。
四当五落がある限り、夜更かしがある限り、イギリスは落ちないことをヒトラーは悟った。
「暑さと湿気」以外に人種を分けた理由はないと達観しても、少数派は間違いなく破廉恥な行動をとった。
世界の多数派形成をカトリックは常に行っていたし、ムーア人はそれを容赦なく攻撃した。
ユダヤ金融資本はそれで生まれたのだ。
ゴールドマンは、世界の多数派形成を常に行っているカトリックと、ムーア人(日本人の末裔)の妥協は困難であるとし、「それでも死にたくないのではないか?」として医学の知識から金融を行った。
Dr.コトー診療所

いずれにせよ、ローマカトリックが「女には分からない法律」というものを作り上げ、「業界ルール」を作り上げた。
プロレタリア革命の側も「意味の分からない外国の本」を量産した。
「世の中何もかもが難しくない?」
女の側の言い分はそのようなものだった。
人種というものがそれをさらに複雑化させ、「税金」というものは取られているのだ。
人間が「狂う瞬間」を狙って税金というものは取る。
嫉妬に狂う瞬間、女に狂う瞬間、人種という怒りに狂う瞬間などだろう。

ダーウィンは「男の子は勉強する存在、女の子はそうではない存在」としていた。
暑さ寒さに弱いのは「勉強する男の子」であり、女の子は季節を楽しんでいた。
自民党総裁選は「10月革命」を避ける形で行われている。
風立ちぬ 松田聖子

アリストテレス以降、男だけが戦争の役に立つわけではない、ということが明確にされ、女も戦争の役に立つ、つまり「政治」(女心の定義)がハト派によってなされるから戦争が可能になるということが分かったため、「男女がだいたい同じ人数」生まれるようになった。
女の子は「男の子の勉強」に対して終始受け身であったし、秋=10月革命の失恋への怒りは大きかった。
秋というのは男の季節であり、勉強をする男の子がもっとも歓迎するものだ。
松浦亜弥 絶対解ける問題

2月革命。
キャンディーズ 春一番 3月革命。
福山雅治 桜坂 8月革命。
おニャン子クラブ 夏休みは終わらない などが、考えられ、永田町にもそれに応じた「危機」が存在するが、いくら週刊誌が「危機」を煽っても、現在はそれに応じる力を持った政治家はいない。
10月革命ほど「女の怒り」を表現した「危機」は存在しない。
瀬能あづさ 秋

女は、男に「ガンガン」突かれていると相当認知がゆがむものだ。
そこに、「男の側からの考え」を指摘する必要がある。
「こいつが俺の子孫を残すのかと思うと緊張する」という意味でしょう?
B'z 恋じゃなくなる日 と言ったら、大粒の涙を流して「ああ、スッキリした」と言った女もいた。
あるいは、「あなたは女として最高の存在」という言葉を欲しがっているだけの女もいる。
「それでも聞きたい言葉はあるの」
CoCo なぜ?

女を水掛け論で泣かすのではなく、「知恵」によって泣かせたのなら、男同士の競争の始まりだ。
金融ビッグバン(フェア・フリー・グローバル)は、このことから始まった。
メガバンクの三万人のリストラも始まったのだ。
ここにも税金は生じる。
女の子がサンタクロースを信じるかどうか?に銀行はもっと敏感にならなければならなかった。
ヨーロッパやアメリカ合衆国から容赦なく「言葉」が持ち込まれたのだ。

今見ている風景がすべてではない。
そのためには、空を見上げる必要もあったし、レベルの上げ下げ(男の世界と女の世界)を行う必要があった。
男の世界だけを生きていると限界を感じることがあっても、「女たちの支持」があれば突破できることもあった。
「女の心は空でできている」
それが、男社会の「今見ている風景」の突破口を開いた。
河合その子 空を見上げて

「君主の真似をする」
これにも税金がかかる。
「イエス」と言ったら「たぶん」
「たぶん」と言ったら「ノー」
「ノー」というのは君主の意を汲んだ外交官ではない。
Melody I Say Yes!

「イエスかノーか答えよ」などという無礼な人間は君主とは通じていない。
どのみち、あとでお上に報告する、という意味を含んでいなければならないし、実際に、君主は外交官と同じラインで物事を見ている。
逆に、相手の外交官が「イエス」といったら「たぶん」、「たぶん」と言ったら「ノー」、「ノー」というのならトランプやキムジョンウン
とはつながっていないことを意味する。
外交官と話すことは「君主と話すことと同じ」であるが、しかし、それでいて、君主ではない。
外交官はそうでなければ「エッチな話」ができないのだ。
君主がエッチだと思われたのでは外交にはならない。
大島や白鳥はヒトラーやムッソリーニの前ではエッチな話すらできなかった。
外交の基本を知らなかったのだ。
君主の真似をするのであっても「I Say Yes!」の意味ぐらい知らないといけない。

私のお父さんは君主よ。答えは「ノー」
これが「たぶん」といったら「ノー」という外交官だ。
いわば、権力とは「ニアサイド」にいることを意味する。
AKB48 言い訳maybe

「イエス」と言ったら「たぶん」
「たぶん」と言ったら「ノー」
「ノー」と言ったら外交官ではない。
しかし、世の中の女が必ずしも「君主の娘」「外交官」だとは限らない。
こんな「ファーサイド」もある。
哀しい方の嘘 ribbon

ファーサイドの女は「今、お父さん(お上)が見ていないの」という意思表示をしている。
お父さんが見ていなければセックスもしていい。
「I Say Yes!」
「言い訳maybe」
はセックスは無理という意味だが、
「哀しい方の嘘」
はセックス可能という意味だ。

ファーサイドの人間はトイレの立ち話などでつかまえるしかない。
率直な話し合いができるチャンスはそこにしかないのだ。
会議場で下ネタでどっと沸いても「国家無答責」であるが、有意義な話し合いはできない。
君主の代理人同士の親睦会みたいなものだ。
トイレや時には「風呂」を狙う外交官は常にいる。
「これじゃ話が進まないよ」
ファーサイドを狙わないと、ニアサイドには常に君主がいるのだ。
お父さんに見張られている女の子の方が可愛いという人もいた。
そのため、親睦会は必要だった。

ニアサイドで君主の存在を見せ付けながら、ファーサイドに出るという秘伝が存在する。
恋の秘伝 河合その子

「ニアサイドとファーサイド」という面倒な仕事にも税金はかかる。
「ダーティハンズとクリーンハンズ」
「アカンとヨルバ」
「男と女」
「感じない側か感じる側か」
という軸は税法においても見つかった。

君主は君主でエッチな話をして政治力をつけ、外交官は君主の政治力を背景に活動するという「国家法人格」というものを概念することは可能だろう。
国家全体が進化をし続けている局面では国家法人格説は有効に機能する。
瀬戸際外交では「ニアサイドとファーサイド」を巧みに用いているようだ。

そもそも、「いじめ」というものの存在自体、「いじめられる側」にも怒りはある。
足がそわそわしたり、腕を上げてみたり、背中が痛かったり、のどが渇いたりする。
権力の側にある人間は「眠って分析する」という発想が肉体にもたらされた痛みなどから必要になってくる。
キーボードを叩く時に「コンテンツに興味がもてない」のならばそもそも権力者ではない。
コンテンツ力を磨き上げたから権力者なのであり、体に痛みが走る。
しかし、手足が二本以上あるという夢を見るのであれば「エイリアンと契約を結んだ」という意味であり、外国で孤立した時にそのような経験をする。
また、少女は「天井まで届く背丈」を夢に見たりする。
外国に行くことや少女であることも「いじめ」なのだろうが、普通の男はそこまでひどくはないはずだ。
手足が二本ずつ、普通の背丈で夢を見るのならば、「いじめを体で感じろ」というしかない。病的なものではないからだ。
アメリカ合衆国にはどの高校にもレスリング部がある。
外国人の「肋骨」を折るためにあるのだ。
この時に、男は「肋骨」「女」の探求のための人生を国で送ることになる。
フッサールが「レスリング部を作れ」と言ったのであり、ガーウィッチは1985年にこれを広めている。
私は、クラマスユニオンハイスクールの1987年のレスリング部創部一期生だった。
留学生の肋骨をへし折る、それはアメリカ合衆国の悲願であり、しかし、それに応じる根性のあるやつはいなかった。
東京に「垂加神道」ができる25年前の話である。
日本国内の「いじめ」など小さい小さい。
留学生の肋骨さえへし折れば、食べて寝て、英語の論文を読むだけで金持ちになれた。
心ない伯父が令和を迎える前日に亡くなった。
五体満足で夢に出てくるだけでいいから。
痛みで眠れなければ薬を飲むしかないだろう。
夢が「心地よく」なるのをひたすら待つしかない。
これも税法だろう。
時間の国のアリス 松田聖子

精神科医療にも税金が生じる。
目的を持った人間が統合失調症になっているため、その「目的」と「現実」の狭間で怒りを感じているからだ。
「目的と現実」
という切り口がはたしてどれほど切れ味のいいものかは明らかではないが、私の場合は、「あなたは男として最高の存在」という言葉を必要としており、若い時期は、怒りを抱えていたが、東京大学に復帰することが決まってから、メンタルクリニックの職員が私のことを「小野先生」と呼ぶようになったり、医者が、通常3時間待ちのところを、「来たら最優先で通す」という扱いに変えたりしたことから、思考力は上がり、病気は寛解した。
「あなたは男(女)として最高の存在」
このことは、男同士ではいえるわけがない言葉であり、「カネと女」を明け渡すような発言である。
それを踏まえて、「先生」と呼ぶことの重要性を知らなければならない。
また、本人も「目的と現実」が少しでも溝が埋まった時に「先生」と呼ばれることが必要である。
あるいは、周囲の見る目が変わり「小野さ~ん」と挨拶されることなどが、思考力をぐんぐん高めることも知らないといけない。
「10年かかって治るかどうか」
これが私の関与している病院の薬剤師の見解であるが、「目的と現実」のギャップを埋められるかどうかは本人次第であり、税制としても「目的と現実」にともなう怒りに税金を課す必要がある。
努力のともなわない「目的と現実」のギャップがあるのならば、あっという間に生活保護になることも覚悟しなければならない。
長年の努力が実って東大文一に合格しても、父親がつらくあたって辛酸を舐めたなどの経験から「目的と現実」のギャップを私は抱えることとなった。
いくら栄光を手にしても父親がつらくあたる、これが統合失調症の原因だ。
家庭内の殻に閉じこもらずに、社交性を持って「先生」「小野さ~ん」などと言われることが重要だった。
Complex Rambling man

結論を先延ばしにして、延々と通年国会を繰り広げることにも税金がかかる。
税金がかかるということは「貧しくなる」という意味である。
どこかで「会期の満了」「ゲームセット」を作らないと、意味のある議論ができずにみんなが貧しくなる。
大学受験生ならば3月10日がどれほど重要であろうか?
この「最後の審判」は、音楽作品があれば「恐くはなくなった」とされている。
しかし、音楽作品を聞かない者は、最後の審判など望んではいない。
つまり、「勝負事に弱い」人間になっていたのだ。
勝負事に弱いから延々と小田原評定を繰り返しているのだろう。
そんな者は貧しくなればいい。税金をとってやればいい。
クローザーがいるのならば、ゲームセットがあるという意味であり、みんなが豊かになると言うことである。
すがすがしいというのはこのようなことだ。
山崎康晃ジャンプ

スペインの王位継承において、人間は目的を持つから貧しくなる(税金を取られる)、さらに「ゲームセットがないから貧しくなる」(税金を取られる)という仕組みが構築された。
すべては国王が税制というものを作ったのだからそのようになる。

平成天皇が「御中座事件」などと、大して重要ではないことを「事件」としていた時は、「ダメだこりゃ」「生活保護だな」という判断が下されていた。
大して国にとって重要ではないことを「事件」とすることにも税金を課した(貧しくさせた)。
国にとって重要なことと君主にとって重要なことを合わせていかなければならない。
オウム真理教事件を、自分のものとして引き受けた者は豊かになった。
国にとって重要な事件を自分の事件としたからである。
「O157」「サッカーワールドカップ日韓共催」「中央省庁再編」などにも同様のことがいえる。
「御中座?」
隙間風が吹き抜けるのが分かった。
「外国人地方参政権問題」「対中政策」にかかわらなければ豊かさは約束されない。
君主でなくても、どのような人もそうであった。
Hotel テーマ

ホームズ判事は「夢を語る」「目的を持つ」ことと「現実のギャップ」を、おのずと、夜、起きていることへの周囲の反発や、異性にモテなくなることからの言論能力の限界などから、限界が生じる問題であるとしていた。
あるいは、努力もしないで「夢を語る」「目的を持つ」のならば「嫌われ者」として、貧しくなる(税金を取られる)だろうと考えていた。
つまり「現実の裏づけのある」「理想、夢、目的」ならば語ってもいいだろうと考えたのだ。
論文が「好きで好きでしょうがない」というのならば君主になってもらえばいい。
私のブログも「エロ本と区別がつかない」のであれば、あなたにとって非常にいい「夢へのポジション」となるだろう。
宮前真樹 夢へのポジション

なにしろ、「天気の話」すら「令和天皇は何を考えているのかね?」というような時代だ。
「論文がエロ本に見える?」「分からない、分からない」
この時に、君主制の支持を決断するか、怒り、嫉妬に狂うかは人それぞれだろうが、令和天皇は確実に毎日のようにブログで分かりやすく解説を加えている。

「予言」
これにも税金はかかる。
税金というよりも「お金」が予言を実現させてやろうという方向でお金がたくさん集まるのだ。
イベンダー・ホリフィールドが、メジャースポーツでこれを実践した。
レノックス・ルイスにはかなわない。
そのために、「お金を集める」ことで、3ラウンドですべてを出し切る覚悟でお金を集めた。
「3ラウンドノックアウト宣言」の真実がここにある。
予言が外れたあとに、容赦なく税金の請求は届く。
そのため、予言を外すと貧しくなる。
第5ラウンドにはホリフィールドは「45秒間打たれまくる」シーンもあった。
メジャースポーツにおける「予言」の効果はいまだ明確ではない。
予言が外れたあとに「王様は裸だ」と言われ、税金を取られながら戦える者はいない。
しかし、ルイス陣営は「3ラウンドで起きることが、なぜ1ラウンドや2ラウンドではないんだ?」とその資金集めの方法の真の意図はつかんでいなかった。
毎日「ご馳走」を食べることを「フィジカル面の強化」と呼ぶが、それを引き起こすことができるのが「予言」であった。
今のところ「予言」を禁止する法律はない。
しかも、富士山が噴火する、南海トラフ、などという「お金」とはまるで関係のない予言がなされているのが現状だ。
予言をしている間は「醤油とって」と言ったら取ってはくれるだろうが、「お金で結果を左右してやろう」というホリフィールドの真の意図までは知られていない。
「予言」を行ったのならば、「本人が何を意図していたのか?」まで知る必要がある。
3ラウンドノックアウト宣言にみんなが興奮するのは事実であるし、富士山噴火、南海トラフなどにも興奮するのも同様である。
しかし、「令和天皇の人心掌握術もここまでだろう」と考えた読者が、令和天皇の「やけくそ」を予言したという説明が後になされるのなら分かるし、令和天皇を潰してやろうという「お金」を集めるためにやったという説明も理解できる。
予言というものは「お金の勝負」を仕掛けることを意味する。
裸の王様として税金をふんだくられて生活保護になりたくなければ「予言」などしてはならない。
現在は、地震などの「警報」は気象庁の専権とされている。
予言をしたい人がいるのならば、別のことを予言しなければならない。
ホリフィールド対ルイス第一戦

さて、面倒な「税金の話」をしてきたが、世の中には「寝たきり、介護を受けている」人がいることを知らないといけない。
極端な話、「歩いてる」だけで税金というものはかかる。
モーニング娘。 歩いてる

1960年代に「歩いてる」ことの意味が再評価され、医学にも税金がかけられた。
歩いている人の医学

だいたい「税制について」明らかにすることができたので本稿はここで終わりにしたい。

2019年5月 9日 (木)

オーストラリアのきれいな手。

オーストラリアはとにかく「暑い」のだ。
そのため、夏の夜に徹夜したがる連中が多い。
夜中に勉強して成績が上がる、楽器の腕前が向上することを「ダーティハンズ」と呼んだ。
頭が良ければいいのか?楽器を華麗に演奏できればいいのか?
しかし、奥様方の「夜の楽しみ」は確実に妨害されていた。
近所の奥様が「食べ物」を持ってこなかったか?
成績がいい、楽器が弾けることへのご褒美だろうか?
そんなお人よしはいないのだ。
奥様たちの「セックス戦争」はまさに正義だったし、風邪を引いて静まり返った夜は「食べ物」を送った奥様はヒロインだった。
「食べ物を持ってくるのが当たり前」
そんな東大生やアーティストはいた。
自分の活躍はそんなに尊敬されているのか。
オーストラリアでこのようなダーティハンズの研究は進んだ。
木星は夜の支配者だったが、太陽の下で勉強し、楽器を弾くものが成功した。
しかし、昼の「暑さ」が堪えたため、世界レベルの人物は少ない。
これが「全豪オープン」を理解する上で必要になってくる。
AC/DC back in black

100人の罪のない者たちを救うために、一人を処罰しろ。
いくら勉強しても、周囲は「お前は政治家には向いていない」と言って処罰の対象とした。
理由が「夜の楽しみを邪魔した」という所にあることはいえなかった。
マックス・ウェーバーも「職業としての政治」において、「夜しっかり眠ること」「ダーティーハンズを持ってまで優秀になろうとは思わないこと」を指摘している。
それにしても、「夏の夜の木星」は、昼間の太陽のように「昇らない日はなかった」ため、木星のパワーを味方につけたがる男は多かった。
東大生にも「クリーンハンズ」と「ダーティハンズ」の二種類がいた。
木星は太陽よりも力が弱い。
愛し合う力が弱く、いじめられ、そして女ひとり口説くこともできなかった。
お天道様の下を歩けなくさせてやろう。
木星の力を借りた男は周囲の女たちにこのように思われたのだ。
高橋由美子 夏は暑い

第二次世界大戦でナチスは「必要に駆られて」ダーティハンズの原則を採用した。
人類史上最大規模の軍事行動「バルバロッサ作戦」もそのおかげで展開できたのだが、なにしろ、主婦層の支持を得るのが困難だった。
ありとあらゆる悪口を言われる幹部が多かった。
世論の支持とご近所さんの支持は異なるものだ。
近所で孤立無援の奴ならば、世論の支持があっても「いじめていい奴」だと思った。
オーストラリアではタブーとされていたことでも、ナチスは採用している。
世論の支持がある奴を優遇したのだ。
「お前はこんなに悪口を言われているぞ」と本人に告げて、虐めるのはナチズムではない。
日独伊三国同盟=天皇制にはダーティハンズがつきものなのだ。
「買った緑茶を飲めば風邪なんて治っちゃいますよ」
看護師は「これが天皇の器かと思って苦笑いするだけだった。
近所の悪口を集めて「いじめていい奴」と判断する、低学歴や部落民、在日朝鮮人はいたが、ダーティーハンズの原則まで理解するナチズムほど頭は良くなかったし、天皇制の中枢を理解する能力も無かっただろう。

ダーティハンズ=優秀=世論の支持がある。
クリーンハンズ=地域住民の支持がある。
という二つを明確に理解したうえで「連邦制」「地方自治」「二重行政」というものが理解できるようになる。
市民にはいずれにせよ「二つの権威」が存在した。
国の中枢に入った奴と、地元の大学に行った奴である。
カナダ・オーストラリア・ヨーロッパ・ロシア・イラク・ネパール・ナイジェリアなどは、このような「ダーティハンズ」と「クリーンハンズ」の二つの統治者を想定している。
連邦制というものはそういうものだ。
「夏になればどっちに行けばいいか分かるよ」
ダーティハンズは「拒否権」をもっていたし、クリーンハンズは「直接参政権」をもっていた。
どこかで調和を取るしかないのだ。
世界は夏でも涼しい北欧ではないのだ。
ダーティハンズの影響力は世界レベルにまで到達した。
しかし、世界の住民が「地元の役所」を好むのは明らかであった。
概念上、大日本帝国は存在しえても、世界の市民の現実はそうは考えてはいなかったのだ。

「中央集権」というのならば、当然、「夏」「ダーティハンズ」を理解しなければならない。
近所の嫌われ者、しかし優秀だった男だ。
そう簡単には中央集権にはならないことぐらい理解しなければならない。
カトリックもユグノーもカルヴァンも、みんな「中央集権は不可能」と悟っている。
神はダーティハンズだ。男はクリーンハンズだ。とも言われた。
ルドルフ・ユーゴー(1630~1704年)が初めて「連邦制」というものを明らかにした。
モンテスキューも「スモール政治」が「ラージ政治」かの区別を行った。
ヒュームは「どちらの男も同じように女に愛されている」として連邦制を否定した。
しかし、ルソーは教育学の立場から、カントは「永久平和」の立場から連邦制を支持している。

アメリカ合衆国は、南北戦争において、南部のアメリカ連合国を退け、連邦制が定着している。
プルードンは「人間というのは自由に行動してもいいのではないか?夜中に勉強しようがギターを弾こうが。もっと寛大になれないものか」と指摘している。
しかし、ハンナ・アーレントは「夜中に勉強する男の危険性」を指摘している。
オーストラリアのように広大な農場があって、夜中に勉強するのがバカげているような国は確実に存在したし、クリーンハンズ以外に認めない連中はいるのだ。
アメリカ南部もそうだったのだろう。

日本国においては「日の丸だぜ?ひとつの国だぜ?」といって、連邦制とは異なる論理が展開され、「地方自治」「二重行政」というかたちをとったが、本質は連邦制の議論となんら変わるところはない。
「日本の夏」が暑いのは事実だったからである。
NHKが気象コントロールが可能になったあたりに「日の丸」「君が代」の存在意義を見出す以外にないだろう。
とにかく、ダーティハンズ=近所の嫌われ者=世論の人気者の力はずば抜けていたし、これを利用しない国家というものはその国力の基本から見直さなければならない。
24時間営業のコンビニができたのは私が受験生だった頃だろうか。その歴史は定かではない。

オーストラリアに「宗教」をもたらしたのがサミュエル・アレキサンダー(1859~1938年)である。
オーストラリアにいたのでは勉強にならないので、マンチェスター大学に進み、その後、オックスフォード、最後に、オーストラリアのシドニー大学で教鞭をとっている。
「時間、空間、そして女神」という論文を明らかにし、「真実・気持ちよさ・美しさ」の三位一体を明らかにしている。
本来、宗教というものは「男らしさを語り合う論壇」のことを言い、女神を崇めるのは「政治」ではないかと考えられたが、「真実・気持ちよさ・美しさ」を男たちが語り合うのであれば、宗教であるといってもいいだろう。
「真実・気持ちよさ・美しさ」の三位一体は、オーストラリアの少年をイケメンにした。
また、「勝負事に用いるのならば女である」という金融やスポーツビジネスの都合も考えられた。
オーストラリアでも「英語」が公用語であるとしたのもアレキサンダーだった。
しかし、コンビニは必ずしも栄えてはいない。
旅行に行っただけでは「現地の主婦たちの事情」など分からないだろう。
また、暑い夏との向き合い方、さらには「女」を神としたことなどの背景も大自然(環境問題)は常に女の問題であることなどを踏まえないと理解できない。
Flume Never be like you.

女を「神」としたオーストラリアにおいては「安楽死」が容認された。
人間(男)の命も「女次第」という側面があったのだ。
女の「神への失望」というものをどれほど重視するかが安楽死の議論である。
みずらかは手を下さなくても、邪魔者がいればすぐに「自然死」を望むのが女だ。
つまりは「権力の座からは程遠い」存在になるのが安楽死を認めることであり、アメリカ合衆国でもオレゴン州が1997年にこれを認めている。
ワシントン州で2009年に、バーモント州で2013年にこれが認められ、「女神」という存在の資金力と、「命」を軽んじることが権力から遠ざかるということを天秤にかけた。
日本国でも、安楽死を認める「要件」が刑法判例に存在するが、そんなものは「女の都合」である。
死にたがったのが女なのか男なのかの区別をしないのならば、判例としては存続できない。
男は「塵」ではないからだ。
男の命を「塵」のように扱うのであれば、女神によって集めた資金力で命を救った方がいい。
女にとっては、自分よりも「デカい」人間の命が重荷になることがある。
女を「神」としたのは、アマテラスも同じであるが、必ずしも世界の主流ではない。
女の都合で男の命を扱うことは危険なのだ。
しかし、「女神」とは何か?を明らかにすることの資金力は見落とすわけには行かない。
女の単純さ、肋骨の分かりやすさ、塵のような命は探求するに値するし、世界の「学問」が「女」を見ている。
ワールドワイドな宗教になるためには「女神」と言ったほうが分かりやすい。
しかし、男の「命」の問題にすることには世界は同意していない。
夏のクリスマス おニャン子クラブ

ハーバート・フェイグルは、オーストラリア生まれであり、しかし、暑さに耐えかねてアメリカに移住している。
モーリス・シュリックに師事し、オーストラリアの「女神」を磨く作業を行った。
男に「ダーティハンズ」「クリーンハンズ」があるのならば、男には「デディクト」と「デレ」がいるのではないかと考えたのだ。
クリーンハンズの男は「女目線で」宗教を作り、ダーティハンズの男は「男目線で」法律を作るとした。
法律家だった私は、「女のご機嫌をとる連中」とはそりが合わなかったが、ダーティハンズとクリーンハンズという違いに由来するものだ。
クリーンハンズ=デレは「マリオネットの涙」という名曲を作っている。
一概に、宗教を否定することはできない。
マリオネットの涙 松田聖子

フェイグルは、父がファッションデザイナーであり、母はアントン・ブルックナーやグスタフ・マーラーに傾倒していた。
アメリカに移住し、オーストリアハンガリー帝国の女子グループと接触できた。
ロックフェラー研究所に属したからだろう。
フェイグルは、「人生の6割は数学に費やしたかな」と語っており、女の子の「男の数」を数える計算に没頭した。
そもそも、女の子は「月曜火曜」という曜日を男の子の数で数えており(ホワイトヘッド)、男の子がいなければ幼児教育が成り立たないことから、おのずと、女の子は「経験した男の数」を数えているだろうと考えたのだ。
いじわるねダーリン おニャン子クラブ

フェイグルはヴィトゲンシュタインに「女の子たちの写真」を見せられて、「彼女たちがどの数字を考えているか分かるか?」と聞かれている
この時に、フェイグルは、オーストラリアの「女神」と「数学」の関係に気がついた。
「男を多く知っている女ほど働きたがった」
このことに気が付いたのだ。
なにしろ、ベッドで聞かされる話は「仕事の楽しさ」ばかりだったからだ。
いつまでも、インターネットで「サクラ」をやっている女は仕事の楽しみを知らなかった。
つまり、「男を知らない」ということを明らかにしたのだ。
結婚して「家庭に入り」「女が働く能力を失っている」ということが離婚の時に問題になり、財産分与で出口を作る慣行があるが、男が「仕事の楽しみ」をベッドで伝えきれなかったことにも原因がある。
男が勃って、ベッドで行為のあとに「仕事の楽しみ」を語る、それがないから離婚ということにもなるのだろう。
「神様」が仕事の楽しみをベッドで「女にも分かるように」伝える。
フェイグルはヴィトゲンシュタインに「写真を見ただけでは男の数は分からない。職業意識を見なければ男の数は分からないだろう」と答えたのだ。
酒井法子 こんな事でも言ってみようかな

また、オーストラリアの研究は「多文化共生」にまで発展した。
外国人がゲットーを作ったとしても、あくまでも「自分の民族の富の最大化」を目指しているとし、男の側が「仕事の楽しさ」を女に伝えなければ富の最大化はなされないと考えたのだ。
男がその国で社会進出しないと「朝鮮パブ」「フィリピンパブ」などができることになる。
多文化共生は「男作りが先、女作りはあと」という形で「世界史とは逆の」政府の介入がなされなければ実現しない。
多文化共生は政府の仕事であるとする理由は「女作りが先、男作りはあと」としてきた世界史とは別の「発想」が必要となるからである。
外国人は「連邦政府入りは禁止」。
これはどの国も常識としているのではないであろうか。
日本政府は「外国人は国家公務員になることはできない。地方公務員でも課長級までの出世は事実上の禁止」がなされている。
つまり、外国人に「ダーティハンズ」を禁止しているのだ。
夜中までラジオを聞きながら勉強したり、地域の奥様方にハブられるよりは、より「地域に根付いた」存在であって欲しいから、競争を制限している。
国と地方において参政権を与えないことも「クリーンハンズの原則」つまり、昼間活動して夜眠るということを立法趣旨として、指摘することが可能だ。
東大駒場キャンパスに出入りする「学生ではない」部落民や在日朝鮮人は多い。
ダーティハンズが禁止され、クリーンハンズのもとで、「男の子の活動の場」を広げているのだろう。

一方で、連邦政府や国家の中枢に入るダーティハンズの男に対して、クリーンハンズの側が「あなたマンション中で嫌われているのよ」などというメッセージを送って、地域コミュニティーに溶け込んだ人間として「連邦政府や国家の中枢」を攻撃することがある。
このあたりは、ダーティハンズ・クリーンハンズという軸で考えていくか、アカンとヨルバという「アパルトヘイトレジーム」で考えていくかのアプローチの違いがある。
ダーティハンズというものは、その男の子の個性という側面が強く、アカンのように「親の勤めている大企業や病院、法律事務所」という要素はない。
ダーティハンズであるのならば、「世論の支持で押し切る」しかないし、アカンであるのならば、「贈り物をする」以外にそのような多数派からの悪意に対抗する方法はない。
「ごみの分別」など口実に過ぎない。
もっと、「お金」「権力」に根ざした根の深い問題があるのだ。
roke in the kingdom

「お金」「権力」に根ざした対立が、ダーティハンズ・クリーンハンズ、あるいは、アカンとヨルバの間には存在するが、「ごみの分別の問題ではない」「たんなる騒音の問題に過ぎないわけではない」ことを知る必要がある。
日本国では、ダーティハンズ・アカンの側が、固く、在日朝鮮人に心を閉ざしてしまった。
地方参政権が欲しければ、「あなたマンション中で嫌われているのよ」などというような「多数派」「コミュニティー派」の立場を利用することをやめなければならない。
それほど、外国人地方参政権の問題は困難なものとなっている。
「男作りが先、女作りがあと」という多文化共生の問題であるが、「女に少数派などいない」と女たちが考えて先走ってしまうために、「男作り」ができないのだ。
部落民、在日朝鮮人の問題の難しさはここにある。
「女は女として愛されなければならない」
このことから、「男作りが先、女作りはあと」という多文化共生、移民の問題はトランプ大統領ですら「理解していない」「理解できない」問題となっており、権力が理解しないのならば、問題は根本から解決しないものとなるだろう。
「オーストラリアを理解しないのならば、在日朝鮮人、部落民の問題は解決しない」このように端的に表現することが可能だ。

ダーティハンズは、夜中まで勉強していて優秀であり、政府首脳となる資格がある。
一方、クリーンハンズは、夜は静かに眠っており、近隣住民の支持が根強い。
問題は、「隣人の妻を犯すことはできない」というところにあり、
また、クリーンハンズがダーティハンズを憎んでいることから、「世論の支持を得る前に叩いておこう」と考えたり、あるいは、ダーティハンズは、「我々は社会人であり、日常を、世論を背景に、女性たちと楽しく過ごしている」というところに、クリーンハンズが「全人類は平等であるべきではないのか?」といって憎しみを募らせることにある。
ロールズ的社会とは、このような「女の行動」を念頭においたものであり、ひきこもりがアパルトヘイトレジームのもとに、身動きが取れないのであれば金利は低いままであろうとした。
もっと大学でいい授業を、そして、政府首脳になって自分の見識をブログなどで公表できるような、質の高い行政を、これしか金利を上げる方法はないのだ。
クリーンハンズやヨルバの勝利こそが「全人類の平等」の勝利であり低金利時代の到来である。
東大の授業は特別である、政府首脳は特殊な情報を持っている、これらはすべて「心理学に過ぎない」のであろうか。
低金利時代はそれを認める形となっている。
「男作りが先、女作りはあと」という私の、在日朝鮮人や部落民、移民政策は、GDPやHDI、IHDIなどの経済指標にいい影響を与えるものである。
この経済指標が、細かな指標にどのような影響を与えるかは明らかではないが、「東大の授業は特別である、政府首脳は特殊な情報を持っている」ということを、公に発信していくことは、経済指標に必ずいい効果をもたらすのだ。
「先生が違う」
だったら、どのように違うのかをもっと明確に発信してもらいたい。
白川日銀総裁の本を読んで「何が特別なのか?」が明らかでないのならば、低金利時代は続くであろうし、情報の「流れ」を、ダーティハンズがクリーンハンズの側に引き起こすことができるのであれば、必ず経済指標はいい方向に向かうだろう。
松田聖子 ハートをロック

「嘘をつく」「他人を蹴落とす」ことで出世した小男の話など聞いても意味がない。
「先生の違い」という貫禄を見せ付けられなければ、ダーティハンズとクリーンハンズの間の和解などない。
ブログで「上流階級の暮らしぶり」を見せ付けられてもなんら経済指標にいい影響はない。
すべてがフェアなゲームでなければ砂漠だけが広がるだろう。
誰もが「東大生、政府首脳」の考えていることを知ることができる社会(ロールズ的社会)でなければ金利は上がらないし、経済指標はいい方向には決して向かわない。

アメリカ合衆国は、アフリカのリベリアを自国のものとした。
ダーティハンズとクリーンハンズがいるとするのならば、リベリアの黒人は間違いなくダーティハンズであった。
ソニー・リストン、マイク・タイソンなど、みんな刑務所で夜中にトレーニングしていた。
オーストラリアのアボリジニのライオネル・ローズはタバコをふかしながらファイティング原田に勝っている。
ニュージーランドのマオリも同じだ。
トマス・ジェファーソンはアメリカ合衆国独立の時には想定していなかったが、南北戦争で、南部の黒人が「ムチャクチャ強ええ」ことに気が付いた。
そのため、南北戦争でアメリカ北部は、南部に4千万ドル支払った。
リンカーンは勝利を収めたが、南部のリー将軍はいまだに尊敬を集めている。
黒人にクリーンハンズを教えるのにさらに5千万ドルかかり、「黒人一人当たり15ドル」とも言われ、ユダヤキリスト教の世界はそのようなファンドを仕組んだ。
菊池桃子 Ivory coast

どの黒人も女にモテたかったために「夜型」の生活になっていた。
しかし、「犯罪の温床になっている」とダーティハンズはクリーンハンズから批判された。
ダーティハンズは「感謝」(弁明・学問に励むこと)しろと言われ、教会もそのように導いたが、2005年のハリケーンカトリーナにも全米市民は何の同情もしていない。
国生さゆり 雨のニューオリンズ

ダーティハンズの側は、クリーンハンズの側に、生活習慣を合わせるのであればお金が必要である、としている。
定時に働き、オンとオフを明確にしろというのならばそれなりの対価をもらわないと自由競争の世界で生き残ることはできないとしたのだ。
黒人のこのような主張が、アメリカの民間企業の給料を跳ね上げた。
夜中に黒人を殴る白人警察官の警棒には怒りが込められていた。
マイケル・ジャクソン ビートイット

奴隷はお金がないから夜中まで働き、夜中まで起きているのだ。
教会がなんらかの「富の移転」をやらない限り、ダーティハンズとクリーンハンズの対立は治まらないだろう。
連邦政府にはダーティハンズが入り、州政府にはクリーンハンズが入る。
このようなことから、賃金の是正は行われる。
しかし、統治機構に「人種」というものをそのまま持ち込むことはできないだろう。
教会が連邦政府に何千万ドルものお金を要求していたのだ。
在日朝鮮人にクリーンハンズを求めたのが日本政府であるが、そのために果たして「西早稲田」にお金を払ったかは疑わしい。
そもそも「競争の機会」を奪ってしまったのだ。
在日朝鮮人(オールドカマー)にも世襲というものはある。
それを円滑に進めることは、明らかに失敗していないだろうか?
創価学会・在日朝鮮人の暗躍が行われ、あるいは、創価学会が「教会」としての役割を期待されたのであろうか?
「男作りが先、女作りがあと」という多文化共生の基本は、西早稲田や創価学会に「教会」としての役割が期待される。
しかも、「夜中まで勉強したり外をうろついたりして治安を害しない」ために、「お金」が必要だったのだ。
「人種」と「奴隷」が戦うためにはダーティハンズにならざるを得ない。
クリーンハンズこそがお金を手にする、この基本を踏まえなければならない。
昼間働いて、土曜祝日は家族サービスをする、それでいて豊かさを持っている。
これがクリーンハンズの原則であり、しかし、「女たちの暴走」は明らかに政府首脳が、在日朝鮮人の幹部登用に心を閉ざす理由となった。
ロドニー・キング事件

「言論」というものは、話す、書く、歌う、演ずる、旗を燃やすというものとは異なるものだ。
「夜はパートナーを相手にしなければならない」
このことから、クリーンハンズの側は、ダーティハンズの側に「なんらかの制約」を求めてきた。
パートナーがいなければ心を病んでしまうだろう。
あるいは、貧しくなるだろう。
これらからおのずと「言論の自由」に制約がかからざるを得ない。
言論というものも、クリーンハンズとダーティハンズの軸で斬っていくことが可能なものだ。
「言論の自由にはいかなる制約もない」とすると、ピカソみたいな「奇妙な文章」を読まされる羽目になる。
クリーンハンズはとにかく健康だったし、ダーティハンズは求道心に満ちていた。
健康と求道心は両立させなければならなかったし、「読者がついてこれない」言論は自ずから、世論から見放されるため、言論の自由にも制約がかかる。
文章を書いていて「女性たちの支持」を失ったと悟ったら、一度は、クリーンハンズという世界を再評価しなければならない。
冬の微粒子 CoCo

私は、法学教室やジュリストを読んで、日本国の権威の文章を簡単にレポートにまとめるという修行をやったが、元ネタが権威だったため、最初から敵がいなかった。
文章力を磨くこともできたし、法律というものが理解できた。
しかし、公の場で「コテ」を名乗って発言すると「女」の問題と向き合わなければならない。
女の局部が見たくて発言しているのと同じ意味であるという側面が「コテ」にはある。
そのために、ポルノグラフィーの禁止はなされる。
「言論」の質の向上のためにポルノも制約を受けるのだ。
CoCo メロディ

女をレイプし、縛り上げ、ぶっ飛ばす映像があると、子供は学習をやめてしまう。
あるいは、ダーティハンズとクリーンハンズの対立の存在に、潰されてしまうことからヘイトスピーチにのめりこんでいったりもする。
ダーティハンズとして「世論の支持」を十分に得たり、政府の高官になるとヘイトスピーチとはおのずと距離を置くようになる。

ダーティハンズとクリーンハンズという軸が明確になったため、「ヘイトスピーチをやっているうちはダーティハンズとしてはまだまだだね」という見方ができるようになった。
そのため、「ヘイトスピーチにはいかなる制約もない」とされ、己の恥をさらすことにもなった。

政府首脳だけではなく、「言論弱者」までもが、在日朝鮮人への地方参政権の問題あるいは、地方公務員管理職への登用を敵視するようになった。
ダーティハンズの世界にも「未熟者」はいるのだ。
政府首脳はみなダーティハンズである。
夜中まで仕事をしなければ出世できない。
しかし、夜中まで「言論」をやっても、喧嘩ばかりしていて伸びない連中もいる。
そのような「言論弱者」が、部落民や在日朝鮮人の問題の解決を困難にする基盤となっている。

人気のある人は、淡々と自分の発言を繰り返すが、「言論」というものは「攻撃の原則」というものがあり、他者を攻撃しなければ伸びないとされる。
私が「権威の書いた文章のレポートをまとめる」という発想を採用したのも、権威がすでに「攻撃防御」を終えていたからである。
「言論の自由」も行き着く先は「抱かれたい男ナンバーワン」であるに過ぎない。
しかも、その対象は女子高生になってしまう。
そうなったら、クリーンハンズの側も、ダーティハンズを攻撃するだろう。
だが、そのような境地になるのであれば、クリーンハンズの側の「ヘイトスピーチ」の真の意図はお見通しということになる。
これが「言論の自由」というものなのである。
松浦亜弥 ね~え

 

2019年5月 5日 (日)

明光義塾の件。

マンツーマンで理解しておくべきこと。
ユングは「家族構成を知らないと何もできない」としています。
男らしい父・女らしい母の存在をまず理解すること、そして「お父さんに認めてもらい、お母さんに褒めてもらう」ことが勉強の目的だと知る必要があります。
母子家庭ならば、就職してしまったほうがいいという現実も知る必要があります。
大学の中には「メソジスト」と言って「男女同数」入学させ、キャンパスライフを楽しくさせようというところがあるため、女子にはきわめてあまいという側面が大学受験にはあります。
長男であれば「嘘をつかない」「他人を蹴落とさない」ということを知るだけでも背が高くなります。
高学歴、高身長、高収入(三高)とは、案外、男の器と関わってきます。
女の子の中には「背の小さい方が可愛らしい」と言われる子もいますが、「嘘をつく」「他人を蹴落とす」つまり「人間というものをよく知っている」女の子が「可愛らしい」とされ芸能界に向いています。
次男であれば「世の中はいつも次男の味方」であるということから、何も学ばない男の子がいます。
いじめとは「ただ生きているだけ」の人間がやることです。
家族構成を知るだけでもさまざまな子供たちの「個性」が分かるのです。
さらに、大企業や官僚、医者の息子などの「クラスの少数派」なのか、それともそれ以外の「クラスの多数派」なのかも理解しておく必要があります。
クラスの少数派であるのならば、クラスの女子の名簿を覚えることから始め、時には缶コーヒーなどをクラスの多数派の男子におごったりする必要があり、お小遣いが必要になってきます。
また、高校で恋がしたいのか、それとも東大に行きたいのかという姿勢は明確にしなければなりません。
高校での恋というのも「お金と快楽のやりとり」でして一定程度の学習は可能ですが、国の「予算」「赤字国債」「人事」などは学べません。
高校で恋がしたいのならば、勉強は壊滅的にならざるを得ず、「塾にきても意味がない」という側面があります。
私も、明光義塾の講師に応募したら「英語と数学の試験をします」と言われましたが、それよりも大事な「見識」「子どたちへの愛情」が必要となってくるのではないでしょうか。
我々は教育のプロとして、当然お金目当てに「先生」をやるわけですが、子供たちに「裏切られた感」をもたれないようにすることが明光義塾が企業としての利益の最大化をすることにつながるのではないでしょうか。
今回はこのようなことを指摘させていただき、私に「英語と数学の試験を受けてもらう」とした方々へのお説教に変えさせていただきます。
5月4日、本部の野呂さん宛てメール。

 

 

英語に関して。
五文型の第三文型にS+V+Oというのがあります。
たとえば、I have a pen.でしょう。
しかし、Subject(主語)というのは「女」という意味であり、主観と言われます。
一方、Object(目的語)というのは「男」という意味であり、客観と呼ばれます。
つまり、S+V+Oとは、女の子が男の子に恋をしたという「I」という意味であり、「我思う故に我あり」という研究が「I」の研究になります。
女の子は男の子に「仲間が多い、何かやってくれそう」という理由から恋をしますが、この「I」の研究だけで駒場の一年間は終わってしまいます。
Melody 運命95.

 

また、「I」(愛)には狂気がともなうということからも、高校時代の恋愛は勉強を壊滅的なものにします。
高校時代に恋をしたいという人は東大には入れませんが、他の大学には行けるでしょう。
そのような男の子を救済するためにもI have a pen.というものはよく教えなければなりません。
また、男は賢い方がいい、女は美しい方がいいというのが失恋をしない基本ですが、父と娘というのはこの条件を満たしてしまいます。そのために女の子には「お母さん」がいるし、クラスの男子がいます。
女の子に高校で恋をするなというのは不可能に近いのです。
そのようなことからもI have a pen.をよく教えなければなりません。
そのようなことを塾で教わりさえすれば、どの子も「自分の家で勉強する」習慣がつくのです。
檸檬の年頃。 5月5日本部の野呂さん宛てメール。

 

 

クラスの多数派と少数派について。
だいたい、父親というものは「息子が25歳になるまで」は息子が父親を越えていくことに協力できるとされています。
このことから、塾で勉強していい成績を取ってもお父さんは「息子を潰してやろう」とは考えないものです。
しかし、文部科学省は「国家教育権説」の立場を取っておりまして、「教育とは国民ではなく国が行うものである」という見解なのです。
この国家教育権説の背景には「国のお金に頼らないでほしい」という思いがあり、つまりは「中等教育重視」の姿勢が表れています。
さて、クラスの多数派と少数派についてですが、体を鍛えようとしない男の子はいないと言っても過言ではありません。
つまり、運動部系の男子が多数派で、文化系の男子が少数派となります。
女の子は「男の子の逆三角形の体」に恋をするとされていまして、それが女の子たちの多数派ともなってしまうのです。
ラグビー>サッカー>野球>バスケの順にモテるでしょうか。
文化系の男子に恋をする女の子は、「女子に少数派などない」と言って、多数派工作を始めます。
文化系の男子が東大に入ることが多いからです。
このような「女の子の対立」は、大人になると「お金、お給料」の問題ともなり、与党と野党の対立の背景にあります。
社会勉強だけなら高校までで十分と考えてもいいのですが、私は高等教育でこのような勉強をさせてもらいました。
全国2000以上の教室を持つ明光義塾においては、是非、「学校でいかに快適に勉強するか」を教え導く存在になって欲しいし、学校からこぼれた子供を学校に帰してやる指南役になって欲しいのです。
是非、私の意を汲んでいただき、ブログを参考にしてください。
5月5日本部の野呂さん宛てメール。

 

明光義塾

2019年5月 3日 (金)

化学大全。

化学の周期表を見て欲しい。
H(水素)とO(酸素)が男で、あとは女である。
男と女の結びつきや個性を以下に示したい。

 

1、H(水素):貧乏肉体派男。
2、He(ヘリウム):二次元女
3、Li(リチウム):壊れたくない女
4、Be(ベリリウム):スター気取りの女
5、B(ホウ素):ちんちん女
6、C(炭素):特別女
7、N(窒素):計算女
8、O(酸素):金持ちインテリ男。
9、F(フッ素):売春女
10、Ne(ネオン):束縛女
11、Na(ナトリウム):工場女
12、Mg(マグネシウム):アマテラス女
13、Al(アルミニウム):古風な女
14、Si(ケイ素):壁ドン女
15、P(リン):お父さん女
16、S(硫黄):ぐるぐる女
17、Cl(塩素):被写体女
18、Ar(アルゴン):ロマンティック女
19、K(カリウム):ヤリマン女
20、Ca(カルシウム):モデル女
21、Sc(スカンジウム):約束女
22、Ti(チタン):略奪女
23、V(バナジウム):聖子女
24、Cr(クロム):美人女
25、Mn(マンガン):百恵女
26、Fe(鉄):共謀罪女
27、Co(コバルト):環境女
28、Ni(ニッケル):レイプ女
29、Cu(銅):愛犬家女
30、Zn(亜鉛):デタラメ女
31、Ga(ガリウム):AKB48女
32、Ge(ゲルマニウム):宮廷女
33、As(ヒ素):死にたい女
34、Se(セレン):セックスレス女
35、Br(臭素):気まぐれ女
36、Kr(クリプトン):核廃絶女
37、Rb(ルビジウム):スマホ依存女
38、Sr(ストロンチウム):お先に失礼女
39、Y(イットリウム):愛の倫理社会女
40、Zr(ジルコニウム):漁り漁られ女
41、Nb(ニオブ):怒っている女
42、Mo(モリブデン):ただ生きている女
43、Tc(テクネチウム):悟った女
44、Ru(ルテニウム):お高い女
45、Rh(ロジウム):できない女
46、Pd(パラジウム):くよくよする女
47、Ag(銀):アジアの女
48、Cd(カドミウム):少女マンガ女
49、In(インジウム):SMAP女
50、Sn(スズ):おしん女
51、Sb(アンチモン):わがまま女
52、Te(テルル):クローン女
53、I(ヨウ素):頑張れ私女
54、Xe(キセノン):行きずりの女 55、Cs(セシウム):市民女
56、Ba(バリウム):頭おかしい女
57.La(ランタン):穢れなき女
58、Ce(セリウム):恋する女
59、Pr(プラセオジム):死にたい女2
60、Nd(ネオジム):医学の女
61、Pm(プロメチウム):日本の女
62、Sm(サマリウム):散歩女
63、Eu(ユウロビウム):幾何学女
64、Gd(ガドリニウム):モスクワ女
65、Tb(テルビウム):ポエムの女
66、Dy(ジスプロシウム):無神論女
67、Ho(ホルミウム):眠り姫女
68、Er(エルビウム):宗教女
69、Tm(ツリウム):GDP女
70、Yb(イッテルビウム):宣伝女
71、Lu(ルテナチウム):友情女
72、Hf(ハフニウム):男に不自由しない女
73、Ta(タンタル):年頃の女
74、W(タングステン):セックス女
75、Re(レニウム):革命女
76、Os(オスミウム):Perfume女
77、Ir(イリジウム):時をかける女
78、Pt(白金):好調女
79、Au(金):群れる女
80、Hg(水銀):進化女
81、Tl(タリウム):省みる女
82、Pb(鉛):青春アミーゴ女
83、Bi(ビスマス):読書女
84、Po(ポロニウム):ヒューマニズム女
85、At(アスタチン):考える女
86、Rn(ラドン):カープ女
87、Fr(フランシウム):保守女
88、Ra(ラジウム):政治女
89、Ac(アクチニウム):プロテスタント女 90、Th(トリウム):運命女
91、Pa(プロトアクチニウム):アメリカ女
92、U(ウラン):ノーカン女
93、Np(ネプツニウム):スコットランド女
94、Pu(プルトニウム):ダークマター女
95、Am(アメリシウム):日経平均女 96:Cm(キュリウム):幸せ女
97、Bk(バークリウム):希望の党女 98、Cf(カリホルニウム):若い女
99、Es(アインスタイニウム):無政府女
100、Fm(フェルミウム):公共事業女
101、Md(メンデレビウム):ウィーンの女
102、No(ノーベリウム):学校女
103、Lr(ローレンシウム):一夏の経験女
104、Rf(ラザホージウム):いもうと女
105、Db(ドブニウム):金融女
106、Sg(シーボーギウム):物理女
107、Bh(ボーリウム):財政投融資女
108、Hs(ハッシウム):健康女
109、Mt(マイトネリウム):利上げ女
110、Ds(ダームスタチウム):経済成長女
111、Rg(レントゲニウム):染まる女

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »