最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 組織論。 | トップページ | ユダヤ一神教。 »

2019年4月12日 (金)

ニーズ。

男が、お○んこ、とか言っていると女はどう思うだろうか。
「コントロール可能な簡単な男」と思われるだろう。
簡単さが男に生じていいのだろうか?それは宗教(男らしさを語り合う論壇)の問題ではあるが、基本的に、政治(女心の定義)や、道徳(多数派工作)の議論に属するものだ。
1970年代から1980年代にかけて、机に「太陽」を描く男の子の研究が進んだ。
女は男よりも単純であるというのが私の議論であり、公の場で「お○んこ」とか言っていていいのだろうか?
ステージの上にいる女が「四文字」を叫ばれるのは恐怖であり、ある意味、観客全員が「単純さ」を見せると、乱交パーティーに発展しかねず、叫んだ者は集団リンチに遭うことになる。
私は、Melodyの望月まゆがステージの上で「まゆちゃん、やらせて!」と叫んだ男に表情を変え、開脚部分の踊りを拒否した場面を日大砧キャンパスで見たことがある。
Melody 運命’95


お金のために女はセックスするものよ?
これが「ニーズ」の研究だ。
「処女である」「処女を演じなければならない」
最近24時間以内に女は眠っていたはずである。
女は男の「面倒を見て」いたのだ。
あるいは「幻の恋人」を想像して眠っていたかのどちらかだ。
男は「お○んこ」と言って「単純さ」を示していい時と、大観衆全体に「単純さ」を撒き散らしてはならない時がある。
あるいは、男らしさを語る上で「男はそう単純ではない」ことを示さなければならないとも言われる。
ネット上では「おっぱい」と言われた方が女はよっぽど吐き気がするものだ。
また、「お○んこ」という言葉は禁止はされていないが、男の単純さを示すため、女の「カモ」にされるだけだろう。
「その場を治める」ということは「共同作業」であり「満足の行くもの」でもあり、「それぞれのグループをカタチづくる」ものである。
しかも、「治める」ということは「男の複雑性」のなせる技である。
「お○んこ」とみんなの前で口にする男は、周囲の男にあまえることを意味する。
「治者」になりたいのか「被治者」になりたいのかの選択がなされることになる。
「父」「権威」の発言では少なくともないであろう。
とことん「父」「権威」にあまえようという発想がそこにはある。
テレビには放送コードと言うのがあり、観客や視聴者に「あまえる」ことは禁止されている。
男は「本当にあまえられる人は誰か?」を探して下ネタを発言している。
「信じていた人」「治める側」が「四文字」「下ネタ」を言ってはならないことがある。
あまえられるのが「重たい」からである。
松本人志 放送事故


テレビは「治者」によって運営されるものだ。
これが「放送コード」の起源である。


「単純な男」はいくら勃起しても「略奪愛」の対象にはならない。
正気を保った男がセンターにいないと泣き出す女もいる。
女にとっては、「その場にいる」ということが「きれいな空気と水のため」だからだ。
女は「男の周りを群がる」のも仕事だと考えている。
「その男はどんな女を愛すべきか?」
「適切な教育を与えなければならない男だ」
「対等な男にしか体を触らせない」
「どんな男に子供を産ませようかを考えたい」
などの思惑があって、男を取り巻いている。
そのような「高貴な生活」が男を取り巻くことであり、「追っかけ」をする女の心理なのだ。
視聴者にあまえるのがうまかった最後の人 レイザーラモンHG


レイザーラモンHGの前に、父は子供たちに主導権を奪われ箸の手が止まった。
彼の前には「家族は平等」だったのだ。
「どの人間も老若男女を問わずセックス崇拝者である」
このことを巧みに利用した。
不平等である「家庭」に「平等」がもたらされた瞬間みんなが笑った。
少なくとも、私は「弟や妹の前で」兄貴の権威を形無しにされたのが伊丹十三監督の「エッチなシーン」であった。
しかし、エッチなシーンだけではみんなが困惑するだけだ。
「ハードゲイとは貧しい生い立ち」ということがなければ笑えない。
貧しい生い立ちを「見世物」にしなければみんなが笑わないことが分かった。
放送コードとはそのようなものだった。
ヒロシです


その結果、「医療の必要性がある人を見てみんなが笑っている」ことが明らかになり、そのことがお金に変わるのであれば人間とはこのように平等なものなのかと思った。
「お○んこ」と言い続けた結果、発展途上国でこのようなことが明らかになったのだ。
ユニヴァーサルアクセスは日本国においては達成されている。
しかし、お笑い芸人は「ユニヴァーサルアクセス」の必要性を巧みに利用しなければならない。
長いので適当に見てください 私とピカソ・岡本太郎


国家一種試験の受験生が美術館めぐりをしたなどというエピソードも聞いたことがある。
「通常のセックスからこれほど遠い人がいたのか」
これが笑いの秘密であり、官僚はそのイメージを磨いて「面接」「省庁めぐり」をしたのだ。
先生に媚を売ったり、周囲を蹴落とす男は面白くもなんともなかった。
先生に媚を売ったり、周囲を蹴落としてきた男に最後に必要な素養が「美術」だったのだろう。
私の「音楽作品への異常な執着」もウケたかもしれない。
お笑い芸人は「この人に早く普通のセックスをさせて?」と言われて一発屋芸人になっている。
その目的がユニヴァーサルアクセスによって達成されたら「今年消えそうな芸人」に名を連ねることになる。
将棋の藤井聡太も、今のうちにお金を集めておく必要があるだろう。
可能性としては、そのような「資金」のポテンシャルは韓国の医療保険の規模と同じであるとされている。
これが「セックスユニヴァーサルアクセス」であり、かなりの人気を誇った。
「ヒッチハイク」もこのような心理から成り立っており、ヒッチハイクをしながら「人気の秘訣」を学ぶ者もいる。
そもそも「東京大学」というのが、そのようなユニヴァーサルアクセスを求めた存在なのだ。
東京大学ならば誰もが一度は志す存在だ。
「不健康な学習、不健康な才能」
そこに、税金も投入され、医療の必要性が指摘され、ユニヴァーサルアクセスが求められた。
プロ野球において、我々は「不健康な学習、不健康な才能」を毎日目の当たりにしている。
「死んじゃう前に何とかしてあげて!」
このことをお笑いの世界では「期待感」と呼ぶのだ。
「健康とは何だろうか?」
毎日、通勤しているサラリーマンではないだろうか。
さかなクン


女たちにとっての「機会の平等」と、男にとっての「機会の平等」は異なるものだ。
ここに、韓国の医療保険と同じ規模の「ユニヴァーサルアクセス」の資金が眠っている。


人間の「知識の起源」は、女たちの「ちょーウケるんだけど」と言うところにあることをコンディラックは明らかにした。
学ぶ側もなぜかモテたのでその道が好きになれた。
それは動物の学習過程にも言えることであった。
私は大学受験の頃は、「一番部厚い参考書」をテキストにすることにしていた。
女の子たちにとっては「ありえない」ことだったのだ。
勝負師は「棋盤」「紙」「モニター」など二次元の世界を見ている。
その世界で、「時間だけが過ぎていく」という三次元を経験するのだ。
三次元というのは「青い地球」のことだった。
「経験値」という四次元はあんがい拡散していくものだ。
女の子たちは「結果」「スポーツ紙面」のような二次元しか見ていなかった。
結果を追い求めるか(二次元)、勝負を同じ空間で見守るか(三次元)、人生経験まで考えるか(四次元)の違いがある。
「ちょーウケるんだけど」というのは二次元の問題だった。
女たちは、結果を残した男に「触られたい」と考えたし、それは「KGBの長い腕」とも呼ばれた。
抱きしめられて気が遠くなるのはそのような男だった。
天国のキッス 松田聖子


二次元でうまく結果を出しながら、四次元をいかに苦痛の少ないものにするかが問われた。
「実績のある男」はその人のイメージになった。
ユニヴァーサルアクセスを利用しながら、女たちの声援を浴びて才能を伸ばすのは十代にしかできないことだ。
「十代で人生が決まっていいのか?」
決まるんだよ。
六次元、第六感よりも大きな数字を我々は知らない。
「唯一の失投」と言っても6よりは大きな数字ではない。
6よりも大きな数字には三浦大輔コーチも介入できないのだ。
それは「動物的カン」とも呼ばれた。
カンを磨くために外国から美術品を購入するのは政府レベルの仕事となった。
今までの恋愛遍歴を思い出したり、お笑い番組を動画で見たり、美しい女の子と話しをするのも「カン」を磨くのに役に立った。
風のインビテーション


いずれにせよ、在日朝鮮人は社会保障制度が「準用される」という形をとっているが、日本国内ではユニヴァーサルアクセスは達成された。
しかし、生活保護なども「困窮外国人は想定していない」とされ、あくまでも、日本人女性の「心理」を柱として構築された仕組みなのである。
同じ日本人であるのならば赤の他人ですら思いやることができるのが日本人女性の「セックス崇拝」であった。
ストイックな政治家であるのならば、それは投票行動に結びつきかねず、有権者と政治家は「親子の関係」とも言われた。
政治家が「どの女と寝ようが」という発言を報じられるのはかなりのダメージとなる。
投票行動が社会の団結を志向している、それを小沢一郎は熟知していた。
女たちは自分の「局部」をユニヴァーサルなものにする方向に行動していた。
横浜DeNAベイスターズは「球道」をひたすら追求しなければならなかった。
しかも、球団およびオーナー企業は「女心」に詳しくなければならなかった。
女性ファンは「セックス」を知っていたし、野球に人生の大半を費やした選手たちは「息子」だった。
女が群がれば男たちも寄ってくる。
そのため、横浜DeNAベイスターズの「女性ファン」を増やすのは私のライフワークとなった。
「女心」をどれだけ有名にするかによって、「野球一筋」の選手と、女性ファンのつながりの強度が決まったのだ。
子供たちはボールとバットがあれば野球で遊べたし、子供たちにも野球はいい影響を与える。
子供たちは「結果」(二次元)しか見えないため、チームを救ったヒーローは愛される資格があった。
子育てのため、そして「孤立」を避けるために女たちは球場に足を運んだ。
政府としては、さまざまな地域の主婦層のために、各チームに対して中立的であった。
しかし、政治家は「ファイナンスの腕磨き」のために自分のチームに肩入れせざるを得ない。
また、子供たちにとっては「野球やサッカーさえやっていれば大学を出れる」子供もおり、貧困の解消のためのひとつの試みでもあった。
松田聖子 ロックンルージュ


ラカンも第二次世界大戦の時にイギリスやフランスのために「女心」を探求し、両国の軍に貢献している。
しかし、1950年代から1960年代にかけては「構造主義」つまり「女たちの構造」を明らかにすることによって「私たちの息子」と呼ばれるプロスポーツに介入している。
女心を明らかにすることは「親しみの構造」と呼ばれ、女たちを団結させた。
人生の大半を野球に費やす男に対して、セックスを知っている女たちは「私たちにはそんな生き方は真似できない」とし、ユニヴァーサルアクセスの観点から、球場に足を運んだのだ。
ハートマン、クリス、ラカンという「トロイカ」によって1960年代の「アメリカ大リーグ」は運営されていた。
ラカンは「フロイトに帰れ」と言って、思春期の女の子の「ないない」(去勢)と、女らしくなること、そして素敵な彼氏ができることを問題にした。
さよなら失恋ピエロくん


実は、この「去勢」「ないない」がうまく男の子・女の子の間で成立しないことが「らい病」の原因だとされている。
「鏡のない家庭」に育つとらい病になっていたのだ。
「らい撲滅」こそが、宗教誕生の理由であり、「イエスさま」とさえ言っていれば女の子は女になれた。
「ブサイクな女」は程度の違いではあるが「らい病」の一種だと言っていい。
そこで、「ブサイクな女」と「処女であること」が結びついた。
イエスさま=美女、という図式に対抗してブサイクな女=処女という構図が生まれたのだ。
「鏡のない家庭」がなくなっていたため、美女とブサイクという違いに過ぎなくなっていた。
また、貧困層に美女が多いのも「シンデレラ」などの影響が強く、「女になりたい」=去勢を受け入れるというところから来ている。
ラカンが1980年代にヨーロッパに与えた影響は大きく、美男美女が「鏡」と「文化」=「宗教」によって量産されることになった。
横浜DeNAベイスターズなどの「真剣勝負」の場を見てみるといい。
美男美女しかいないことが分かる。
「鏡を見ないとブサイクになる」「性倒錯を引き起こすとブサイクになる」これらを正確に理解しなければならない。
もっとも、「女形」=オカマ・両刀遣いというニーズが社会には存在することも指摘しておきたい。
好きになったらキリンレモン


アリストテレスは本来、勉強とスポーツができる男の子が「ハンサムだ」としていた。
仲間が多い、何かやってくれそう、これが女の子が男の子に恋をする理由だったからである。
「顔と名前」が一致しなければ恋なんてできないではないか?
結局、顔というものは「生き方」が脳幹に反応して作られるのではないかとされた。
「いじめっこ」「いじめられっこ」は顔で判断がつくとも言われ、情熱を持っている奴をいじめるのは基本である。
「変わり続けている男」をキネシスと言い、顔で判断している。
ポテンシャルが顔に出るために、いじめが生じるが、目的が達成されることがあることからキリスト教が生まれた。
「変化」が顔に出るために、「男らしさを語り合う論壇」(宗教)が誕生したのだ。
瀬能あづさ ふたつにひとつ


「変わろう」としている男はまず眠れなくなる。
女の子は「排卵」するたびに、お父さんと「理想の男」を比べた。


「変わろうとしている男」「仲間が多い、何かやってくれそう」「眠れない男」などが聖書を作った。
退屈なバイブルを読んでいるとよく眠れるのだ。
聖書「だけ」を読んでいる男には何の魅力も感じなかった。
寝る前に読むとよく眠れるという以外に聖書の存在意義がなかったのだ。
いずれにせよ、「スポーツは顔を作るために考えられた」ものである。
フェリックス・トリニダードがカッコいいと言うようなものだ。
Melody 唇がふれあえば


勉強で作った「顔」、スポーツで作った「顔」以外の、「顔の美しさ」は病気の原因となる。
コンプレックスのない「顔」など存在しないからである。
しかも、病気は貧しさの原因となる。
女の子たちは、男があまりにも絶好調だと「目が変、鼻が変」などと電車で噂し、その男を潰そうとする。
周囲もあんがい視野が狭く、「目の前の男」を潰すのに必死になっている。
友人・恋人・親ですら絶好調な男を潰そうとするのだ。
親が男を「兄弟と比較する」のは致命的な病気の原因となる。
本来、「欠損した部分を修復する」ための美容整形がどれほど病気の原因となるであろうか?
「整形した?」と言われる芸能人は、テレビや写真のデジタルイメージの画像処理をやっているに過ぎず、ほとんどの美容整形が失敗しているのだ。
テレビや写真の画像処理技術は素晴しいものがある。
しかし、美容整形には「いいことがなかった」ということが多い。
男の子・女の子から「勉強やスポーツ」を奪ったら、はたして何が「顔の美しさ」を作るのだろうか?
そのあたりは、ブサイクな男や女で「勉強やスポーツができる」から「美男美女」とされている人がいるということ以外に、周囲の男女が病気から自由になる方法はない。
モニタリング吉田沙保里


仕事や家庭、愛すべき人を失ってはならない。
人間というものは男女ともに「女性的な」美しさを語り合う論壇が存在するのだ。
男は「勃てばいい」という割り切りも忘れて「美」というものと向き合ってはならない。
勉強やスポーツができる「男女」ならば「美しさ」にこだわらないでもらいたい。
しかし、今までも「美しさに関する悪口」を聞いて強くなったので、どこかで病気にならざるを得ない。
つんぼで生まれたわけではないからだ。
美容整形の痕跡は「元有名人の証」である。
13歳から18歳までは「美しさがすべて」である年頃なのだ。
有名私立中学が「顔採用」しないのはバカげている側面がある。
18歳以降に、なんらかの成果を出す前に16歳で「医療同意年齢」を迎え、親の同意なしに美容整形できるようになっている。
思考力が下がった、勃起しなくなった、これ以上本が読めない、そうなったら東大合格などありえないだろう。
ましてや、ドラフト指名すらあり得ない。
高校時代に「快楽とお金の取引」(マーケットエコノミー)に巻き込まれたり、そもそも「美しさ」の問題に根負けしたりして、東京大学というものは超難関となっている。
うまく「異性」をサードパーティとして味方にしておかないと何事も成し遂げられなくなるだろう。
松浦亜弥 絶対解ける問題


缶コーヒーや、アイスクリームなどは「賄賂」としてどうしても必要になることがあり、うまく「お小遣い」の金額を決めなければならなくなる。
第二次世界大戦前のライボウィッツは、「マーケットエコノミー」と「顔」の研究を明らかにして、ドイツの「ベルリン大学神話」イスラエルの「ヘブライ大学神話」を生み出した。
日本で言う「東京大学神話」であろう。
「ユダヤ人の誕生」だった。
しかし、社会経験のないこのような「ユダヤ人」「神話」は、ナチスにとって有害でしかなかった。
時代は戦争に向かっていたからだ。
東大生の間で「ユダヤ一神教」が生まれたのであり、日本国においてユダヤ教はまだ「生成過程」にあるといっていい。
アイドルたちが噂する「神」を新カント派は志向したが、一方、良心的カント派は「ユダヤ一神教」を志向した。
しかし、男女同数の新入生を受け入れるメソジストではない東京大学においては、女子大との交流が意味を持つようになった。
男は女の前でしか輝けないものだ。
酒井法子 涙が止まらない


最初に「大学」「偏差値」を設定して、その後に経験から学生を選び、のちに「どうやったら東大生になれるの?」という理論を構築したのがユダヤ教であり、神話であった。
ユダヤ教の教えは「トラー」(モーゼ五書)であったが、「男が禿げない方法」つまり「豊かさを維持して女に裏切られない方法」を記しただけだった。
そこで、タナカー(神の肖像)は決して禿げてはいなかった。
さらに、「女はセックスの前に歌を歌って壊される前のイメージをするように」とか「タバコを吸わずに献金しろ」などの簡単な教えに過ぎない。
なにしろ、東京大学神話を強烈な背景にしていたからだ。
さらに、早い段階で彼女を作らないと「処女果実」から遠ざかるだろうなどと教えていた。
また、「駒場での語学だけは真面目に勉強しろ」(ハラキック)という教えもある。
語学力こそが「男がどこから情報を得るか」という国際関係論だったからだ。
私のような「英語と中国語」をやった道を「すでに誰かが通った道」として避けて通ることを「ノット・リシュマー」と言い、大事にされた。
中国語選択の「リシュマー」も神として尊敬はされた。
いずれにせよ、覇権国家ではない日本国においては「ハラカー」「ハラキック」と呼ばれる「語学の学習」が重視された。
「東京大学神話」が生まれ次第、学生はお金に困らなくなるだろう。
そこで、周囲に「おごってやる」という余裕も生まれた。
大事なのは親の理解力だった。
「シオニズム」というのは、ジェントリーから自由になりたかった、という学生のことを言う。
「語学力による世界ネットワーク構築」がシオニズムの背景にあるのは明らかである。
いまだに「ジャパンモサド」は実現していない。
ハイエクは、ウィーン大学、ロンドン大学、シカゴ大学、フライブルク大学を渡り歩いたが、各国の一流大学であったため、「ユダヤ教が確立したのならば社会に秩序がもたらされるのは明らかではないか」としている。
もちろん、私は東京大学を念頭においている。
しかし、「大衆の反逆」が起きることも指摘している。
東大生なんて「デザイナーベビーだよ」という指摘がなされたのだ。
イエスキリストは、まるでワイルドホースのようだっただろ。
ローリングストーンズ ワイルドホース


一方、「東大閥が確立すれば消費税を値上げしても物価は上がらない」としている。
東京大学神話(ユダヤ教)が存在するだけで、東大生は特権的地位を謳歌でき、それだけの理由で消費税値上げに十分耐えうる社会が実現するとしたのだ。
子供の頃からの努力はなんだったんだろうという気持ちが物価を上げていたからだ。
アメリカ、イギリス、オーストリア、ドイツでそのような現象をハイエクは目撃したのだろう。


さて、クラスの多数派による少数派へのいじめの存在や、高校に存在する「恋愛」あるいは「顔」の問題を明確にしたうえで、ようやく大人の側が「東大に行け」と命令を出すことができるようになる。
そうでなければ、子供たちの間に強烈な葛藤をもたらすことになるのだ。
ドラゴン桜第一話


子供たちだけでなく、大人たちも「いい暮らし」をしたがっている。
高校生のころは、缶コーヒーやアイスクリームで済んだものが、大学生になると「国のお金」が視野に入ってくる。
「愛には狂気がともなう」という問題を考えると(コストベネフィット論)、高校生でそれを「経験したい」というニーズは強く、しかし、東大に入ると「国のお金」と強く関わることになるのだ。
なぜ、命令してまで「女心の定義」(政治)を教えたいのか?
「すべての組織は政治的に動いている」からである。
男は勃たなければ戦力にならない。
上層部は「おちんちんのおもむくまま」に組織を統制したがっている。
人間は、寿命200歳の鳥ではない。若い頃にしかできないことがある。
男の子は「女の子をモノにした瞬間冷たくなる」(目的手段論)の存在など、東大に入ると「分からないことはない」というほど、ユダヤ一神教は強さを見せるのだ。
冷たくしないで


鏡を見る習慣があって、横浜DeNAベイスターズが勝てば、顔に自信が持てた。
顔に自身を持つためにお金も払った。
ファンの中には「この試合、もし勝ったらハロワに行きます」というコメントを書く人もいるが、顔に自信がつくため、彼女ができるチャンスも増える。
彼女さえいれば「いくらでも稼げる」というのが私の持論であり、人生のチャンスは大きく広がる。
そもそも、ハロワというもの自体、国のお金で成り立っており、もはや高校時代の「エコノミーマーケット」という缶コーヒーやアイスクリームで人を買収していた世界ではなく、現金が動く世界になっているのだ(ソーシャルマーケット)。
忘れてはならないのは、子供が東大に合格したら高いワインやキャビア、速い車などが「親のもの」となることである。
あとは「君主の肉声に詳しい者」もいれば、美しい男女もいる世界だ。

« 組織論。 | トップページ | ユダヤ一神教。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 組織論。 | トップページ | ユダヤ一神教。 »