最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 易経~変化の時代に向けて。 | トップページ | 目的的行為論。 »

2019年4月 6日 (土)

国家の富の最大化。

世界に100億人の人がいるとしよう。
まず、「男女が同じ数だけ」生まれなければ、みんなが幸せになることはない。
このあたりは、気温や文化などから「精子と卵子がぶつかり合う速度」を乱数化しなければならない。
精子と卵子がぶつかる「速度」が速ければ男の子が生まれ、遅ければ女の子が生まれる。
「文化」がコントロール可能なのであれば「気温」もコントロール可能だ。
「女の子が欲しいな」という文化が作られたのならば、お天道様は「だったら気温を高くして男の子を生まれさせてやる」と考えて暑くなる。
つまり「女の子が生まれることへの期待」を高めなければならないのは文化の側であり、気温はその分、「お天道様が見ている」ものである。
男が「暑苦しい」と言われる理由もここにある。
豊かさには「バランス」が必要であり、女ばかりで「パラダイスだ」と思ったら氷河期に突入しかねない。
ミュージックステーションが休みだった翌日の今日は少なくとも暑かった。
「文化」が女を歓迎するのであれば暑くなるだろう。
宗教(男らしさを語り合う論壇)には爽快感がともなうし、「健康な赤ちゃん」が生まれるのであれば、宗教と歩調を合わせるように「多数派工作」が可能になる子供になるだろう。
社会は常に「快適な気温」を求めているが、しかし、宗教(男らしさを語り合う論壇)というものは常に存在する。
どの女性も、病気の時に妊娠しようとは思わないものだ。
「男」「医者」がいなければ妊娠できない。
「垂加神道」「女心を定義する」作業をやってから夏は暑くなった。
「待望の女の子」という文化が、お天道様によって「男の子が生まれろ」と言って暑くなっている。
我々は、「待望の女の子」という文化から「暑い太陽」を経験しているのであり、決して、「中国の石炭」「一帯一路」からくるものではないことを知らなければならない。
夏の暑さは「鉄道網の充実」「テレビでのじゅん散歩の放送」「クーラー」などで調節が可能だ。
私は「垂加神道」「女心の定義」を煽ったが、夏の暑さとの付き合い方の研究は後から始めている。
しかも、「女心」を語ると「欝になる」という女性もいて、二年連続で紅白歌合戦で白組が勝っている。
政治(女心の定義)は夏を暑くさせ、宗教(男らしさを語り合う論壇)は夏を涼しくさせる。
「精子と卵子のぶつかり合う速度」が男の子か女の子かを決め、それは「文化」と「気温」に依存していることを見抜き、さらに「美女の上に雲ができる」「男が雲を雨に変える」ということまで考えて、言論活動を行わなければならない。
高橋由美子 レイニーデイ×3

あくまでも「人間中心主義」のもとで、気象をコントロールし、国家の「富の最大化」をすることは可能であろう。

ハードコアが露骨になると少子化になるということも理解しないといけない。
女の「プラスティック化」は確実に少子化を軽減するだろう。
プラスティックの唇

女性の「局部」を「まんまんちゃんあん」と言って拝むぐらいでなければ少子化は収まらない。
かなり「男にとってはサディスティックな」結論が、少子化問題であり、「歌謡曲」が流行し始めた頃にベビーブームは起きている。
膣をさらして39名の女が伝説になってしまった以上、「まんまんちゃんあん」の方法は別の形で考えなければならない。
「人口六千万人ぐらいがいちばん住みやすい国なのかな」(与謝野馨大臣答弁)というのは、高度な政治意思であるが、「少子化問題」というものを問題にするのならば「露骨なハードコア」「女性の局部が軽んぜられる」という問題であることは知らなければならない。
そこで、我々は「気象のコントロールによる国の富の最大化」と「出生率への介入の方法」を知ったのだ。
私が「垂加神道」「歌謡曲」を明らかにしてから、出生率低下は若干緩和されているが、「露骨なハードコアへの男の子の好奇心」だけは止められなかった。
「お天道様はお見通し」
これを基本に、「太陽」と向き合っていかなければならない。
台湾やアメリカのサーバーを日本人は自由に閲覧できるが、「少子化問題は男の子にとってサディスティックな問題である」ということも知っておかなければならない。
「人口六千万人ぐらいで天気のコントロールだけやろうかな?」というのもひとつの見識ではあるのだ。
男の子の「好奇心」に「課金」したところ、少子化は軽減されただろう。
少子化問題は「台湾とアメリカによるオペレーション」だったことを悟る必要がある。
昔は、大雑把に「尾崎豊が流行るのならば少子化に向かうかな」と考えていた。
「お天道様のコントロール」以外にも「人口減少社会という”変化”そのものが富になる」という二つ目のシナリオがある。
「日本国が100人の村だったら」
ふたたび「帝国」に膨張する可能性があるとして、一度はそのような発想に切り替えるのだ。
本当に「必要な人」がいなくなったら、その地はサマルカンドのような砂漠になるのだ。
しかし、今は「草木が生い茂り、病害虫の温床になっている」状況だろう。
「少子化問題はまだ危険水域にはない」という判断も可能である。
「女なんてどれも同じ」という発想が危険なのであり、しっかりと個性を見たりして「比べる」という発想は必要になってくるだろう。
若いうちだけではあるが。
瀬能あづさ I miss you.

「気象の問題」「少子化の問題」の論点を明確にした上で、国の富や「男が女を愛する気持ちを利用する」(経済学)というものと向き合っていくのが基本であろう。
単純に「美しさ」だけを追いかけていい世界と、「かかったお金が違う」世界が存在する。
藤本美貴 銀色の永遠

「かかったお金が違う」というのは若いうちは分からないだろう。
しかし、お金をかけた人間というのは必ず何かを「跳ね返して」くるものだ。
「自分の子供を産んでくれるだけでありがたい」という側面があり、他に「金をかけた女がいる」のならば「できちゃった」と言われて脂汗を流しかねない。
松田聖子 抱いて

「気象の問題」を明らかにしたのであれば「豊かな社会で愛し合おう」ということになるだろうが、「抱いて」の論点は理解しておかなければならない。
愛し合いたければ「男女は対等である」と憲法に書く必要があるだろうし、実際に書いてある。
「気象の問題」「少子化問題」とは異なる議論として「愛し合いたければ男女は対等」という議論は確実に存在する。
しかし、「気象の問題」をクリアーしてなお「お金目当てでない結婚」というものは存在できるのだろうか?
貧困女は「男の七割のお給料」をもらうという経験をしてからお嫁に行くことになる。
しかし、「できちゃった」という女特有の出来事は「貧困」を帳消しにするほどの意味を持つだろう。
アメリカ合衆国の哲学ブレーンは、「格差の解消」を着実に行ってきた。
すべて、「処女/非処女論争」を巧みに用いて、「できちゃった」を利用したのだ。
アボガトじゃねーし

1995年にパーフィットは、「気象の問題」「少子化問題」をクリアーする方法は分かったし、国を豊かにする方法も分かったけど、「男女は対等」という論点を考えるのであれば、「大富豪」など誰も望んでいないとした。
適当に「金に困っていなければ」何も学ばない連中を率いていたのがアメリカ合衆国だったのだ。

中華人民共和国が、2020年代にGDPで世界一位になるとされているが、「言葉の壁」をクリアーするのがうまかった。
なにしろ、中国語は国連公用語であったし、世界の「言語パレート」はあんがい不平等に動いていた。
女子高生に「勉強するか、恋をするか」の二択しか迫れなかったことも、日本国においては好ましいことではなかった。
君主が弱く、「先生が権力者」というアロー理論も、先生への不信感を募らせた。
およしになってねティーチャー

日本国においては、天皇の「御神影」を先生が隠してしまうことは、窃盗罪ではなく、「不法領得の意思」がないとされ、男性的な、より「先生としての権威を保持するための」ものとされ、無罪とされている。
アロー理論とは「御神影」を先生が隠すことを議論したものであり、「先生」なのか「君主」なのかはのちに議論したい。

ここで、「先生の方が大事」と答えるのであれば、「全人類の平等」を目指したことになる。
個性を知りぬいた「40名の村」の方が重要であるという判例が下ったのだ。
「御神影」など知ったことではないと考える「先生」の存在と、その権威を、私は、女子高生のスカートの短さ(トルソー)で眺めるほかはない。
スカートが短いということは「権力批判」を意味し、アロー理論によると、その「権力」とは先生のことを意味したのだ。

君主としては、「大人が介入する世界ではない」として教室の「先生」の狼藉を笑ってみているしかない。
なにしろ、教室の中の権威を守ろうとしているのだ。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ

私が、あくまでも「日経平均は女の値段」と考えて、供給を抑え込もうとし、女子高生に「真面目に小テストを受けてね。19歳になったらシルバーリング(ポルシェ)をあげるよ」というメッセージを出したのも、私にとっては強烈なエネルギーになった。
エジプトの言い伝えらしい。
シルバーリングに口づけを Melody

企画立案は、女子高生の「不平等への怒り」を基盤とし、ひたすら「ユニークに」を心がけた。
本当に、ポルシェやバイクがもらえるかはまだ明らかになっていない。
クリスマスシンデレラ 酒井法子

アロー理論は、「何のルールもなく、本気で選挙をやったら女子高生が当選する」という問題意識から始まっている。
しかし、政治の世界は「知らない者は歓迎していない」として、女子高生を排除し、「先生」の権威を守った。
大人たちも、女子高生を守るために「独裁者」への嫌悪感をあらわにしていた。
女子高生に「彼氏とどこまで行った?」という議論を用意し、男の数の「n」をクラスメートの数に抑え込んだのだ。
組織論における「独裁の嫌悪」とは、街を歩いてみれば分かるが、答えは「女子高生」の存在にあった。
独裁者の存在に「ママは熱くて、パパは冷たい」と言われる。
パパほど「独裁者」を憎んだ者はいなかったし、ママほど「フロイトファシズム」を支持した存在はいなかった。
キスした跡はのこさないで 国生さゆり

男子高校生は、独裁者への好き嫌いがはっきりしていたにとどまる。
なにしろ、肉声を参考にする者と、そうでない者がいたからだろう。

各人は、自分の「投票の以来の経験、フェティシズム、セックス、お金」を持っている。
しかし、テレビでは、「集団的な決断、集団的なフェティシズム、理想のセックス、国民全体の豊かさ」が放送されている。
「個人から集団へ」というのはどのようなプロセスを経るのであろうか?
この国の「定番」になるのは大変だ。
宇宙人ジョーンズ SMAP

なぜ、女子高生の話をしたかというと、「個人から集団へ」と「フェティシズム」が拡散していく上で、「女子高生の影響力」というのはきわめて大きいものがあるからである。
「名も知れぬアマチュアバンドのMDを誰かがみんなに聞かせたらすごく流行った」
松浦亜弥 笑顔に涙

そういう意味では「この国の定番」と言われる「毎日テレビで見る人」というのは「男が選んだ存在」ではない。
アロー理論は「女子高生が選挙に当選するのを防ぐ」ための理論であったが、選挙には当選しなくても「選挙区の候補者を二人か三人」に絞る力量が女子高生にはあったのだ。
「お母さん、お母さん」と言って、政治献金を政治資金管理団体に送らせる力量が女子高生にはあったし、お母さんは娘に嫌われたくなかった。
政治資金管理団体は、お金があればあり次第、候補者を絞らざるを得ない。
この「集団的フェティシズムは女子高生が作る」という理論は、労働組合からのチェックオフを受けている野党の資金力をはるかにしのぐものがある。
「女子高生にも分かる話をする」ということは政治家にとって致命的な重要性を持つ。

この国の「多数決」はお金によってなされている以上、「女子高生+お母さん」の存在はきわめて大きなものがある。
いずれにせよ、「しぶとく生き残る」「いつもテレビで見る人たち」はこのことを理解しているから存在できるのだ。
宇宙人ジョーンズ SMAP

弁護士や医者などの「免許を持った人」は、「政治家」「宗教家」という「女子高生の支持を受けた人」に、人気で圧倒されたし、契約書を結んで情報提供を求めた。
人気商売というのは「女子高生を相手にしている」というのがSMAPの秘密だったし、垂加神道の秘密でもあった。

「気象をコントロールする方法」は分かった。
「少子化問題をコントロールする方法」も分かった。
しかし、実際にコントロールしたければ「女子高生の支持を得ながら」やらなければならない。
夏は暑いほうが国が豊かになると言っても、「暑っ!カフェオレ飲みて」という女子高生の支持がなければ「暑い夏」を自在に操ることはできないだろう。
あるいは、台風撃退法も私は明らかにしているが、「世界に終わりが来てしまえばいいのに」と考える女子高生も存在することを知らなければならない。
「お母さん、お母さん」と言って、銀行のATMの前でお母さんに送金をねだっている女子高生の支持がなければ、「集合的フェティシズム」は実現困難なのだ。

失恋の研究をしていると、「男は賢い方がいい、女は美しい方がいい」とされている。
そうなると「父と娘」はその条件を満たしてしまう。
しかし、「お母さん」が「父親」にはいる。
そのため、クラスメートの男の子に目がいかざるを得ない。
女の子であること、おちんちんがないことへの欝もある。
そのような「女子高生」の気持ちを理解した「平成の名曲」がある。
SPEED STEADY

hiroの「高い声」は、性概念が定着する前に「ペニバン」を使用したことからくる「野太い声」が背景にある。
Erikoにはない「才能」であり、宇多田ヒカルにも研ナオコにも同じ「才能」があった。
頭の左側を強打したことがないことから「滑舌の良さ」も生まれているし、そのあたりの「才能の発掘」はヤクザみたいな連中がやっているとされている。
いずれにせよ、「女子高生の問題」をhiroの才能が歌ったら大ブレイクしたのだ。
SPEED Go Go Heaven

「いい行いには褒美を、悪い行いには罰を与える綿密な尺度を構築する」
これが王朝の力量であり、
褒美とは「モテること」であり、罰とは「モテないこと」であるとするのがいちばんいい。
神社仏閣ってどんな教え?
このことに興味を持つのならば、「ご利益」をしっかりと用意しておかなければ「王朝の力量」が問われることになる。
女子高生(処女)たちの支持があれば夢が見れる。
これは、安室奈美恵だろうがスマップだろうが同じだった。
高橋由美子 おみくじ

この「王朝の力量」が機能しなくなることを「砂漠化する」と言うのだ。
父をいたわらなかった息子の方がいたわった息子よりも多くの財産をもらったり、一生懸命スポーツに打ち込みながら、大会が行われなかったりすることから、「砂漠化」は始まる。
基本的に、「努力する基準がない」ことから砂漠化は始まっており、
「君主の肉声が聞けない」「時代のテキストがない」ことからサマルカンドも砂漠になっている。

基本的には、努力した結果、何かを成し遂げても、周囲に「女たちが群がらなく」なったら、それは「砂漠」であろう。
なにしろ「女の子が生まれないかな」という強烈なメッセージになるため飢饉や旱魃に襲われるためである。
東大に入っても「ろくな教科書がねえな」と思うのであれば、それは王朝の力量と関わる問題であり、砂漠化が進行する前兆であろうと思われる。
東京砂漠

神社仏閣の「教え」を身につければ、一生、女に困らないだろうが、「盗んだお金」で女遊びをするのであれば、「金の切れ目は縁の切れ目」「女の嘘」などと直面して、「盗み」をやる男の心は「砂漠化」するだろう。
これも「王朝の尺度」が構築されていればこそである。
特に「いじめっ子」「ただ生きているだけの人間」は晩年もさびしいものになり、おのずと「王朝の尺度」による裁きを受けていることになる。
才能のあるものが「いじめ」をやるのならば「ゼロ」をかけることになり、才能のないものが「いじめ」をやるのならば「ゼロ」をかけることになり、才能のないものによる「いじめ」はあんがい失うものが少ない。
才能のないものは、「いじめ」をやらなければ「女子高生にモテない」ことになり、いじめをやらなければ割に合わないことになる。
しかし、「才能がない」「いじめをやらなければ割に合わない」存在が、「センター」になるわけはないだろう。
王朝の中で生き、王朝の尺度にしたがって、「罰」を与えられる。
つまりは「悪夢」を見たり、アル中ならば「腎臓、肝臓、糖尿病」などになるなど、人生というものはあんがいフェアなものとなっている。

「弁護士」「医者」と「政治家」「宗教家」の関係はすでに述べたとおりだが、「勉強だけがすべてじゃないからな」と言い訳していた連中が、「王朝の尺度」が構築されたとたん「後悔」を口にし始めた。
宗教家としてストイックに生きるか、無知なものとしてストイックに生きるかが問われた。女子高生の支持がなければ夢が見れない現状があった。
女子高生は、「男は賢い方がいい、女は美しい方がいい」という失恋の研究から「父と娘はこの条件を満たしてしまう」ことと「お母さんがいる」ことから、クラスメートの男子に救いを求めていたが、おちんちんがないことに欝になったり、あるいは、「友達と恋人の境界線はセックスにある」ことや、セックスから愛に変わるのであれば看護師にでもなればいいのにと言われ、「王朝の尺度」を知っている「モテる男」への憧れを抱くようになった。
SPEED My graduation

最初はマメだったのに、手に入れたとたん冷たくなる男(目的手段論)を経験しようが、
とことんセックスしまくってすべてを失うこと(快楽手段論)を経験しようが、天然ガスの富が「女子高生」にもたらされるのならば、いい経験になっただろう。
資源を用いて男の子(男)は勉強し、「政治家」「宗教家」の言っていることを学んでいる。
東大生にかかった「ガス代、電気代」だけでもバカにはならない。
それらの「お金」が、目的手段論に立とうが、快楽手段論に立とうが「女のお金」となるのだ。
目的手段論 快楽手段論 「金のかかった男」かどうかは話せば分かった。
からだ目当てでなく「哲学の腕」を磨くために近づいてくる男がいたら、恐怖を感じ「あなたの言っていることぜんぜん分からないし」と答えた。
しかし、スマホゲームビジネスの世界には「言葉磨き」をしたいという男は確実にいたし、女子高生は「目的手段論」「快楽手段論」のどちらでもない「王朝の尺度」の話を男から電話で聞いてマスターベーションすることが、「ガス代、電気代の節約」となった。
なにしろ「男の話」を聞いただけで、そのデタラメぶりが正解だとわかり、自分の体調が良くなったのだ。
男はモテれば金には困らなかったし、女は「男と話せば」体調が良くなり、ガス代電気代の節約になった。
目的手段論を経験しようが、快楽手段論を経験しようが、スマホさえあれば、女には「お金」があることになったのだ。

「殴れ」「盗め」「約束を破れ」と言っていた連中の周りから「女の子」たちがいつの間にか消えていた。
これが「天気をもコントロールできる」王朝の力量だった。
このことから、「王朝の力量」は、「いじめこそが宗教」と言っていた連中の排除に成功し、「ルール崇拝」を根付かせた。
「隠し通すのがルール?」
平成の時代はそうだったかもしれないが、新時代は「いじめこそが宗教」「オナニーするのに理由はない」という連中を「ガス代電気代」によって排除していくのが「ルール」となった。
安室奈美恵

「殴れ」「盗め」「約束を破れ」と言っていた連中が、「NHKと王朝が天気をコントロールしているらしい」という噂を聞いて「すみませんでした」と言ったのだ。
番組を見て、天気を予想するツワモノが出てくるかはまだ明らかではない。

「王朝の尺度」を知らない男でも、「飢えてはならない」「医療の恩恵にあずからなければならない」「パートナーがいなければならない」とされ、それを「NHKによる天気のコントロール」が握ろうとしている。
男は「自分の力を最小化すれば分かるものがある」とされた。
貴島サリオ 未来の思い出に

なにしろ「夢」がぶつかり合っているのが世の中である。
エル(覇権国家・アメリカ)・ヤーヴェ・エロヒム(覇権国家・アメリカの先生たち)の必要性に気が付くまで、ひたすら「東京大学の勉強」をさせた。
「英語できません」という男も当然いるだろう。
それでも、着実に国内の情報は充実していたし、ベンサムは「ノーメンクレイチャー」を生み出していた。
平等って何?
「腹が減らない」「医者に診てもらえる」「彼女がいる」ということだけだろう。
あとはスマホがあれば成り立つ社会だ。
すべては「NHKが天気のコントロールをすることができるようになった」からである。
「ガス代電気代」さえケチらなければ、どの男だって「勃てばいい」だけだろう。
所得と国の富は明らかに連動している。
NHKによる「所得激増計画」が始まろうとしているのだ。
もう一度、スマホを持っていればいい。男は勃てばいい。という原点に戻ってもらいたい。
下痢をしないこと、健康であること、落ち着いていること、幻の恋人がいること、笑えること、処女にモテること(犯罪を犯さないこと)、テキストがあること、テレビを見ること、女心を知ること。
今となっては、NHKのおかげで「腹が減らない」「医者に診てもらえる」「彼女がいる」という念願がみな叶おうとしているのだ。
ゆっくりと生きていけばいいのだ。

マーサ(アクィナスの留学時代の先生)は、「アメリカの農業の秘密がバレたわね」と30年以上後になって語った。
「変化」すらお金になる時代なのだ。
ましてや「天気のコントロール」がどれだけのビッグマネーになるかは分からない。
日本テレビすら「私たちができることではない」と言っていた。
「女の子が生まれればいいのに」=「暑くなる」
「男の子が生まれればいいのに」=「寒くなる」
「女がテレビに出ている」=「涼しくなる」
「男がテレビに出ている」=「暑苦しい」
「美女の上に雲ができる」「男が雲を通過すると雨が降る」
これだけ覚えておけばいいのだ。
アメリカ人は雲の上からスカイダイビングでもやったのだろうか?
ようやく「友達ができる」人もいるだろう。
なにしろ「腹が減らない」「医者に診てもらえる」「彼女がいる」のだ。
「台風は来ません!」
これが「繁栄の神学」の正体だったのだ。
NHKも、「天気のコントロールが可能」であることを理解したら、受信料無料どころか、受像機まで配り始めるんじゃないか?
こんなことを明らかにしたんだから、もっと、小野光太郎という人物を顧みようよ。
みんなが考え始めた。

「世の中に”貧しい人”っていないんだよ?」
しかも、人々の「幸せ」と「怒り」に税金を課しているのだ。
あとは「自分を持っている人」になるだけだよね。
シャカリキになることはない。
酒井法子 サンクチュアリ

NHKが天気をコントロールすることができるようになると、家にせよその他のものにせよ、「国の財産か自分の財産か分からない」ものに囲まれるようになるけど、所得と国の富が少なくとも「同じ意味」ではないのだから仕方がない。
「恋の過激派」型の女はお金を持っているだろうが、「貧しいものがいない」社会というのはみんな「自分を持っている」ものだ。
日本の農家もいずれは「アメリカの農場のように」「妻と80分に一度顔を合わせる」カトリック化するんじゃないか?
「腹が減らない」「医者に診てもらえる」「彼女がいる」という社会においては「保険」というものも、かなり「高度な理論化」がなされるだろう。
この三つのうちどれかを失ったときのために保険というものはあったからだ。
あとは「女の子が生まれればいいのに」「男の子が生まれればいいのに」という問題は「女たちのフェティシズム」に強烈に依存しなければならないため、このあたりの研究は必要になってくるだろう。

女たちはすぐに「団結」するため、天気のコントロールをするためには「女のフェティシズム」を狙った方がいい。
しかし、女は「女よりも男にキスしたい」と考えているため、「男の子生まれないかな」=「気温が下がる」というコントロール以外に、いちばん都合のいい「コントロールの方法」はないのではないだろうか?
「男が女を愛する気持ちを利用する経済学」がインターネットで幅を利かせているため、「気温を下げる方法」だけ分かればいいという発想は当然成り立つ。
なぜ、「女の団結」がいちばん拡散力があって、「男の子生まれないかな」しか、有効なフェティシズムが見つからなかったかというと、「気持ちいい」という記憶が何よりも優先されるからである。
ribbon 愛してジャスティス

アーヴィン・フィッシャーと、ウィルフレド・パレートは「ストイックな男に寒気がするのが女だ」としており、かならずしも「暑苦しくはない」としている。
むしろ、テレビに出ている「男」ならばどんな男も「癒し系」なのではないだろうか。
そこで、「セックスを望む男」「そうでない男」の二つは区別しなければならない。
汗だくになった記憶は確かに「暑苦しい」だろう。

しかし、「セックスを望む男」が画面に登場したら、「女たちが嘘をつき始める」ことは予測しなければならず、依然として「気温を下げる方向でしかコントロールできない」ということと、インターネットが自然と「気温を跳ね上げる」という形で、テレビとインターネットは共存する宿命にあるということは指摘できる。
ribbon 哀しい方の嘘

そもそも、SNSというものが「女のリクルートメントのためにある」という側面があり、「女の子生まれないかな」=「気温を上げる」というシステムであるということは理解しておかなければならない。

また、私が「曼荼羅」を書いた時に、「女ってそんなに単純?」として「男の子生まれないかな」=「気温が下がる」という構図が成立し「50年ぶりの大雪」を閉鎖病棟の喫煙所で経験している。
垂加神道を書いているときも「やたらと風が吹いた」ため、「スサノオがお怒りだ」などと信心深いことも考えた。
「女の単純さ」を明らかにすることは確実に天気に影響を与える。

また、「女心の定義」(政治)と、「男らしさを語り合う論壇」(宗教)は、情報の「流れ」があるため、「同じ番組は二度と使えない」とも言われ、「鉄道網が整備されている」「じゅん散歩」以外に「気温を下げる明確なコミットメントは困難」とも言われている。

また、「まったく異なる文化を持った男」というものが「日本人平等主義」の観点から
「イエスキリスト」と呼ばれ、「暑苦しい」=「気温を上げる」キャラクターとして重宝される。
「女がテレビに出ても」=「涼しい」。
「女の子生まれないかな」=「気温を上げる」もフェティシズムに訴えかけるのは困難。
そうなると「イエスキリスト」=「まったく異なる文化を持った男」=「気温を上げる」という具合に、「まったく責任が取れないキャラ」「ブレが生じるキャラ」に「気温を上げる」方向のベクトルは依存しなければならない。

しかし、「一度日本国の気温を上げた男」は「イエスキリスト」として「フルボッコ」にされることも指摘できる。
そこで、「気象デリバティブ」をNHKにすべて委ねるのではなく、「富の最大化」に焦点を絞ったらどうかと言われた。
日本全土をひとつのライセンスで覆っている唯一のテレビ局で「日本国の気温を上げる」という仕事は、考えてみれば「人生で何度もやるものではない」と言われ、イエスキリストは「三日後に」復活している。

あるいは、「日本人の平等」を求める気持ちから「イエスキリスト」を「気温を上げるために」用いるのならば「外国人を利用することもためらってはならない」と言われた。
また、「女(女神)がテレビに出ると涼しくなる」という問題は「巨乳・貧乳」「髪が長い・短い」「子供を産んでいる・産んでいない」などから、「貧乳・髪が長い・子供を産んでいない」あたりが「涼しいのではないか?」と考えられ、「じゅん散歩」というテレビ朝日の番組以外に、手段として「気温を下げる」明確な方法として確立したらどうだろうか。
髪は短いですが。

また、テレビ局によって、あるいは、いろんなロビー団体の存在によって「天気を決めることすら一枚岩ではない」とされ始めた。
國府田マリ子 長雨

そのため、ジョン・ロールズにとっても「社会の最適化って何だろう?」「世の中って何だろう?」という問題にぶち当たり、「暑い夏はビールの消費が進み、しかし、秋からGDPマイナス成長神話」などという程度の「天気と景気の関係」の認識ではなく、「天気」=「景気」はコントロールできるものであるという観点から研究が必要だとされた。
また、天気によって「現金」に関する「インデックス」が動いてしまう、しかも「意図的に」という指摘は存在する。
そこで「GDPという概念を最大化するのがもっともいい統計の取り方」とされた。
あらゆる「ロビー団体」が動いた結果、最大化するのはGDPであると考えられたのだ。
GDPならば、「国の富」とは異なり、直接所得に跳ね返ってくる。

ロールズは「天気をコントロールするのならば、今までの技術革新などの企業努力はどうなるんだろう」と語っている。
しかし、それでも、アメリカ合衆国は「GDPを跳ね上げる」ことを選択している。
中国が北京オリンピックで「ブサイクな女たち」(晴天ミサイル)を利用したのは明らかではないか?
晴れた日のマリーン 後藤真希

負け犬がとんでもない「番狂わせ」をやった時にも雨が降るとされている。
男に「みんなが凍りつく」とされ、寒冷前線とも言われる。
しかし、真剣勝負など普通は「勝ったり負けたり」だろう。
例外的な事例だと考えた方がいい。
酒井法子 100%の雨が降る

そもそも「春から夏へ」という変化が起きるために「梅雨」があるとも言われ、番狂わせに雨が降るというのは、レナード対デュランの「雨のモントリオール」で広く知られることとなった。
雨のニューオリンズ 国生さゆり

「変化」には「踊り場が必要」とされ、その際に、ドゥオーキンはやはり「女子高生」にこだわっている。
「雨の日」にそれぞれの女子高生が「ライフプラン」を考え直しているとしたのだ。
真夏のsoundsgoods

リーダーが「いちばん自信を持っているとき」に晴れるとも言われ、官房長官が「大丈夫!」と親指を立てたり、あるいは、かつて「大甲子園」というマンガで雨の中、不知火がひたすら投球練習を続け、「晴れたぜ」と言ったシーンが印象的である。

「天気を自在にコントロールして気象デリバティブを用い、国民の生活を保障する」これが「福祉国家」であるのならば、
京都議定書もIPCCも「福祉国家ではない」世界三位の経済大国日本を標的にしていたことになる。
しかも「女心を富に変えるつもりがない」国だったのだ。
「高い技術力」「金融」「政治の安定性」だけが外交官のバックにあった。
NHKが「気象のコントロール」を行うようになれば、ようやく日本国も「福祉国家」となる。
「腹が減っていない」「医者に診てもらえる」「彼女がいる」
これらを「すべての国民に」保障できるのだ。
あとは「女心」を男が知ればいいだけだろう。
白い夜

「福祉国家ではない」日本の夏には、蚊がいるために蚊取り線香やスプレーが必要となっている。
夜中の蚊に耐えらえないというのは「マラリア」(腰痛)の温床であり、日本の夏は「エジプトや中国ほどマラリアの危険性はない」とされているが、蚊取り線香やスプレーのおかげだろう。
キンチョーの夏

背景には「三世帯同居だと孫が東大に入れない」など「核家族化」が進んだことが指摘できる。
主婦層の孤立は、創価学会やゼブラが解消の方向に向けて動き出したが、核家族化は、明確に「主婦層の団結」を否定した。
家族・先生・自治会などが「小学校運営主体」単位で構築され、そこにはいかなる「宗教団体」も立ち入れないかのようであった。
「奉賛会・崇敬会・町内会」という「神社の支持基盤」を構築し、「天皇の力量にすべてを委ねる」仕組みが作られていたのだ。
さらには「地方選挙区」が地域の人材発掘を行った。
自治会の会長は「地方自治とは異なる論理がある」とされ選挙で選ばれるわけではない。
自治会運営の「祭り」で汗を流し、地元の女の子たちにモテるようになってから選挙に出てくれという「天皇制」が作られたのだ。
その代わり、天皇は「モテるための教科書」を書かなければならなかった。
日本国は、家族・学校・自治会、あるいは、奉賛会・崇敬会・町内会というネットワークを作って、人材発掘の仕組みを明確にした。
引きこもって勉強ばかりしていても、何の道も開かれないこととなったのだ。
窓から見てるPTA

身近な友人に「面白い話満載の」メールを送れるようになることが、コミュニティーに溶け込む基本なのだろう。
「女の話」と動画を送れればいいのではないだろうか。

ここで、スタンフォード大学から情報が入ったが、ダーウィンの「種の起源」を読んで、「文化と気温を連動させよう」という発想は、日本の哲学者(小野光太郎)のイノベーションであるとし、「そういう国なんだな」という形で世界に配信された。
さらに、日本国というのは「セックスしたかしていないか」をきわめて重視する国であるとも紹介されている。
また、「宗教」というものがこれほどエキサイティングなものになったのは、「小野光太郎以降」であるという現実も指摘され、19世紀中頃まで「西洋哲学を知らなかった」「ブッダへの忠誠心から拝んだり祈ったりしていただけ」であるのが歴史だとされた。
「気象をコントロールする」「人心をコントロールする=地震をなくす」ということは、「平成の時代は困難だった」ことを率直に認め、日本国の「哲学者」のイノベーション力に敬意を払っているのがスタンフォード大学の現状だ。
つまり、「髪が長い・短い」「巨乳・貧乳」「子供を産んでいる・産んでいない」という女の特徴を知り、「髪の短い女は16歳で生理が止まっている」「貧乳の女はレズビアン」「子供を産んだ女は感じない」などということを、本当に明確にしたのは日本の「哲学者」であるとしたのだ。
朝廷派=髪が長い、幕府側=髪が短いということも、私は「国学だろう」としたが、幕末の志士にそのような「深い考え」はなく、「適当に」口論していただけという大河ドラマ=東京裁判史観があんがい実像に近いとされたのだ。
そもそも「神道」というものが「大自然の猛威に怯える」ものであったし、「気象をコントロールする」「太陽を拝みたい」と言った私に対して、スタンフォード大学は、「それはまったく我々が想定していた日本国の国体ではない」とし、「新たな国体概念」であるとしている。

また、儒学は「日本国に文字をもたらした」にとどまり、本当に「科挙」に合格した日本人はいなかっただろうと指摘された。
さらに、仏教も、インド・中国の「真の意図」を図りかね、「骨質」でお茶を濁しただろうとし、武士道のような「サムライ」が人殺しをしていたのが日本国の歴史だったではないかとし、正確な「歴史の理解」が必要だろうとされ、「令和」という新時代に賛美を贈った。

いろいろ「歴史上の人物」はいたけど、外国の本を持ち込んで、それを「隠してしまう」という現代の学者となんら変わるところはなく、「そういう説がある」というだけで、信者を集めていたとされる。
本当に日本国が「世界標準」を目指し始めたのは19世紀中頃からであり、熾烈な受験戦争を仕組み、ジェネレーションXを生み出し、本当にそれが花開いたのは21世紀になってからであろうとスタンフォードは考えており、「むしろ教わりたい」としたのは、本当に昨日のような話だとされている。
ジェネレーションX 瀬能あづさ

世の中の男女は「Food or Love」つまり、「愛されて太るか、愛情に飢えて痩せるか」という法則のもとに生きている。
基本的に「親やパートナーからの愛」が想定されているが、中には「天気に見放されたから痩せる」という愛の失い方があるのだ。
夏は暑い 高橋由美子

本来、「勉強とはストレスがたまるものだ」とされ、勉強する男子や女子ほど「天気」「気温」に敏感で、痩せやすいとされていた。
暑さも寒さも平気という人間は「そもそも勉強しない」とされていたのだ。
「勉強は楽しいものではない」
このことから、天気や気温に敏感になり痩せている。
勉強から開放されたら、どれほど「暑さ寒さ」に強くなるだろう。
これが、18世紀に考えられた「勉強エステ」であり、どんな「おバカ」な女子高でも小テストをやらせたりしている。
勉強の歌 森高千里

勉強も「内容が分かるようになると」痩せるとされ、私も中学高校の健康診断で「太れないなあ」と首をかしげていた。
勉強ができる男の子というのは「美しく・高尚で・ワル」だった。
つまり、いちばんモテるタイプだったのだ。
真面目な優等生を気取っているうちは本当に勉強ができるようにはならない。
「ワル」というのは「写真に撮りたい」という意味であり、痩せていても顔がむくんだりしているため、周囲が「カッコいい」と考えるものだ。

 

« 易経~変化の時代に向けて。 | トップページ | 目的的行為論。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 易経~変化の時代に向けて。 | トップページ | 目的的行為論。 »