最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 目的的行為論。 | トップページ | ニーズ。 »

2019年4月11日 (木)

組織論。

政府や、家族、その国の言語、学閥、病院、企業、法曹界などが、「子宝」=世襲を必要としている。
官僚の息子、医者の息子、社長の息子、弁護士の息子などであろう。
そのため、「嫁とり」という問題も生じる。
大事な地位にいる人や、オフィスを持っている人は、息子の恋愛に介入せざるを得ない。
学校や店、警察署、郵便局などから「嫁」を調達したのだ。
「二代目のお坊ちゃんは男らしくないのではないか?」
宗教(男らしさを語り合う論壇)は常に問題にし続けてきた。
賃金や人気、重責などが他の男と異なるため、宗教の側は常に「誰々の息子」を聖書でも語り続けてきたのだ。
「親父が言ってた」という話しをどこまで聞いているのかなどが問題にされたのだ。
一流の父親が、素人の息子に「含蓄」を語るのは独特の「伝達メカニズム」である。
他の重役や役員とは異なる「父と子の関係」があったのだ。
英語を教えるかどうかも「父」が判断している。
英語をモノにするかどうかで「世襲」の意味がまったく変わってくるのだ。
「それは常識にはない」という英語力も父の影響である。
特定の「グループ」からは敵視されざるを得ない。
「組織に何が欠けているのか?」は父親がいちばん詳しかったのだ。
キモノビート 松田聖子

「父」の力を借りた以上、息子は「敵対的グループ」を持つことになり、そのため、自分の「グループ」を持たざるを得ない。
「キモノビート」が、敵対的グループを応援するかのように煽ったりもした。
「勃つこと」が勢力拡大のためには必要だった。
父は「息子に与えられた試練」を楽しんでいた。
「組織に何が欠けているのか?」を知り尽くした父が、私に高校時代にアメリカ留学をさせていた。
その代わり、「彼女を作ること」も禁止された。
スターバックスは「ドイツがポーランド侵攻をしたときの経験」を父が息子に伝えて成立した会社である。
酒井法子 平気平気

英語に精通しているということは、右ハンドルか左ハンドルかの違いぐらい女子たちに影響を与えた。
ヒトラーは英語に精通しており、ポーランドをドイツと同じ左ハンドルにした。
女子たちの「左ハンドルへの憧れ」を利用したのだ。
「左ハンドルの車」のセールスがスターバックスの経営の安定を保障した。
アメリカに行きたい、そういう女性が多かったからだろう。
松田聖子 時間旅行

「右ハンドルから左ハンドルへ」の憧れを利用したスターバックスはその分、他の喫茶店に比べてコストは安かった。
その資金源は、政府、他の企業、大学、軍などから調達できたのだ。
アメリカは戦争が必要な国といわれる背景には、スターバックスなどもあんがい関係があった。
「超大国アメリカ」というイメージが必要だった。
政府、他の大企業、大学、軍がスターバックスと契約を結び、それぞれのメンバーを「手形決済」で飲食させていたのだ。
経営基盤が安定した理由はここにある。
そのようなことを踏まえると、「左ハンドル派」「英語に堪能な医者の息子」がなぜ、スターバックスを利用して仲間作りをしないのかは考え直さなければならない問題だ。
そもそも「敵対的グループ」はアメリカが嫌いだったではないか。

そもそも「誰々の息子」という発想は「腐っている」という考えが現在は主流だ。
しかし、勉強やスポーツで強かったのならば認めざるを得ない。
「王子になる条件」とも言われた。
「お父さん、お父さん」と言っても、勉強やスポーツができなければ意味がない。
「敵対的グループ」が存在する以上、戦わなければならないのだ。
「王子」のシンパは少数派だった。
しかも、お金をくれないのならば、「軟弱者」についていこうとは誰も思わなかった。
「腐っている者は少数派だ」とも言われた。
仲間を買収したり、ジャッジを買収しなければ「割に合わない」のが少数派だったのだ。
その代わり、「口座を見ながら自分の勢力を考える」コツは早い時期に身に着けた。
モーニング娘。ミスタームーンライト

腐敗とは「少数派の王子」が、周囲を買収していくことを指している。
「キモノビート」がこの論点を明らかにしたのだ。
「王子」に敵対的グループが存在する以上、買収しなければ割に合わない。
「官僚・政治腐敗」というよりも、「息子の問題」であり、二世議員が多いのであれば日本国もかなり腐敗が進んでいるだろう。
しかし、忘れてはならないのは「王子は強くなければならない」ということなのだ。
ジャッジを買収しないで相手を殴り倒すのが王子というものだ。
郵政民営化(公的資金の政策的縮小)は腐敗を一気になくした。
王子に「強さ」を求めたのだろう。
小泉家の「父と息子」という個人的な事情もあると思われる。
敵対的グループが存在する「王子」の資金力が一気に締め上げられたのだ。
郵政民営化のBGMが「キモノビート」だと言っても過言ではない。
「金をやったらきりがない連中だ」「王子に強くなってもらうしかない」
そのような「父」からのメッセージであり、その代わり「組織に何が足りないのか?」は伝えることにした。

官僚の息子、医者の息子、社長の息子、弁護士の息子も敵対的グループが存在するために、政府、企業、病院、法曹界において「腐敗」が進まざるを得ないのだ。
「御曹司も楽な家業ではない」のである。

二代目が「金を払って仕事をしている」のだ。
三代たてば家も潰れるだろう。
なかには、「賄賂」が足りなかったために「犯罪者一家」と罵られる家もある。
籠池氏家宅捜査

世襲や家族、企業、病院、法曹界がある以上、なかなか「腐敗のないクリーンな国」が好ましいとは言い切れないものがある。
「親が金持ち。いるもんね、ああいうスーパースター」という子供たちの文化も腐敗がなければ成立しない。
郵政民営化は明確な規制緩和である。
「王子」に勉強やスポーツで真剣勝負を求めたのだ。

つまりは、「血統を絶やしたくない」という高貴な理由から、賄賂・腐敗というものは生じるが、そもそも「万世一系」「日本一の旧家」というものは存続するのは不可能に近い。

外国国家に、官房機密費や外交機密費を打ち込む上で、「毛並みのいい男の子へのお小遣いに換えてしまう」という発想が必要になってくる。
国際レベルで、資金の「効果の最大化」をやる上では、「お金の使い道の実態」まで話し合わなければならないのだ。
「仲間が多いとはどのようなことか?」をこのことへの理解力から試される。
「ODAも7割が賄賂として消える」と言われるが、「なぜいけないの?」ということも理解しなければならない。
共産主義国家の方がこのことをよりよく理解していたとされる。
なぜなら、「より、子供の性に寛大」だったからだと思われる。

我々は、国際都市として、外国国家の「国際基盤」を高めることに貢献したいのであり、それは、子供たちへの「安定した世襲制」および「彼女の保障」からもたらされるものだ。
貧しい「いじめっこ」をなくすことが有効であり、しかも、コストはあんがい安い。
「外国国家への送金」を考える上では、そのことをしっかりと話し合わなければならない。
内向きな国家なのか、領土国家なのかを考えなければならず、日本国は常に「領土国家」であり続けたのだ。
ただし、「子供の間の賄賂」に用いた方がいいというメッセージが明確であったかは明らかではない。
「受け取る側の論理」として賄賂として用いられてきたのだ。
国際社会で、日本国は、韓国とヨーロッパを失えば「孤独」だけが待っていた。
しかし、ODAに「メッセージ性」を与えることがうまく機能していなかった側面がある。

「国際人」ほど、このような「子供たちの現状」「毛並みのいい奴はいじめる」という文化を理解している。
外交官自身がそうだからだ。
外交官試験なんてものは昔は「憲法とディベート」だけで合格していた。
「毛並み」がモノを言う理由はここにあったからだ。
ベトナムで「郷に入れば郷にしたがえという論理はもはや通用しない」と日本国は言われたが、不正競争防止法は、「賄賂」という言葉の意味を誤解してはいないだろうか。

外交官の「団結」が最も重要であるし、日蓮がもし「神聖な風」をインド・中国の仏教徒の力によって引き起こしたのだとするのなら、「傑出した外交官」だったと考えざるを得ない。
外務省には「大鳳会」というものも伝統的に存在するではないか。

ただし、「彼女がいる男の子」にどこまで寛大になれるかが問われるだろう。
国家レベルでは上下関係があっても、子供たちにはそのような問題は関係ない。
サッカーの強いチームに頭が上がらないのが子供たちだ。
サッカーは子供たちのものだ。
必ずしも、国力と代表チームの強さは同じではない。
あんがい、「ODAの都合」を考えて、サッカーに投資しているのが国家というものであり、そのことの意味を「領土国家」である日本国はよく理解しなければならない。
勉強の歌 森高千里

一方で、「彼女がいる男の子」というものは必ずしも、王室や皇室となじむものではない。
「国家の指導者が身延山に来て欲しい」と考えるのであれば、この論点と向き合わなければならないだろう。
公明党から出た首相に行ってもらおうということで、創価学会も妥協している。

王子さまは「戦いに強くなければならない」という考えは当然、平成天皇のみならず私も持っている。
「彼女がいる男の子」に寛大になれないのであるのならば、そのような結論になる。
「彼女がいる男の子」の人気と、「勝負に強い男の子」の人気は、子供の世界を二分している。
子供たちにとってはお互いに妥協できないものなのだ。
子供たちのみならず、大人たちへと「多数派工作」が波及しかねないのが子育てというものであり、人気が二分しているのであれば、大人たちも妥協できないものだ。
政治家でも「過去の女」がゾロゾロ出てくる男は婿にふさわしくないと考える者もいる。
「自分を持っている男」ならば過去の女など関係ないじゃないかと考えるのもひとつの考えであるが、いろんな人が「身体検査」を受けるという世界もあるのだ。
男が有名になるためには「過去の女」は弱点だというのは明確だとも言われる。
酒井法子 サンクチュアリ

なかには、日本の天皇ではなく「池田大作さん」に会いにきたという外国首脳もいるが、その辺は「子供たちの人気」も含めて「相容れないものがある」と割り切るほかはない。
なにしろ、美男美女にこだわるのがリベラルというものだ。
「団十郎」のような美男子でなければ「身体検査」に引っかかって終わりなのだ。
世界経済全体を見渡すのであれば、それは皇室の仕事ではなく創価学会だろう。
「歌謡曲の人気」も「彼女がいる男の子」に味方している。
しかし、国をつかさどる上では「妥協できないこと」が君主にはあるのだ。
皇室は必ずしも、「世界人類の平等」は見通してはいない。
皇室は「世界の貧困」をなくすという方向性よりも、国を強くする、ということを考えている。
「条約を結ぶのならば大鳳会にやらせろよ」という想いも君主としてはにじませなければならないこともある。
世界の「女の子」の政治参加・歌謡曲への参加を推進したのは皇室ではなくSGIだろう。
それが「毛並みのいい男の子には敵対的グループがいる」「賄賂が必要になってくる」「彼女ができる」ということから生じた結論であった。
しかし、各国王室とは皇室は仲が良かった。
王室と仲がいいというのは単なる「国際親善」にとどまらず、「勝負師」同士の交友関係であった。
「勝負に強い」ということは、お金の面ではともかく、「恋愛論への理解力」は傑出していなければならない。
しかし、外国国家を民主化するためにはお金が必要なのだ。

急進的思想は女性を常に排除する。
そこで、わが国もODAの使い方を学習したわけである。
一度、お金をもらったら、「資金の引き上げ」も可能なわけだ。
ここに目をつけたのが、それぞれのNGOであるという秘密がある。
気象コントロールにせよ、感染症予防にせよ、金融にせよ、貧困や格差の解消など、多くの論点がODAによってなされてきたのだ。
「恋愛」が広まれば(民主化)、各国が独自でファイナンスが可能になってくる。
自分の足で立てるようになったら、ODAへの感謝の気持ちぐらいあらわしてくれてもいいのではないだろうか。
なにしろ「女の子の口説き方」すら取引されるようになるのだ。
各国政府に税収があれば、各国に存在する「怒り」にも対処できるようになる。
「世界の貧しい子供たちを救わなければならないと思うんですけど」というような左翼の夢は、実際は「それは可能である」と外務省の側が答えるだろう。
日本国の経済(男が女を愛する気持ちを利用する)力は世界のモデルになるに値する。
男社会だけでは「法の支配」は存在できない。
外国に「本」を売りつけるのも自由であるし、作家こそが「国際人」と呼ばれるし、クリスマスに平和を祈ったりすることも可能になる。
各国王室や君主は「本のセールスマン」として勝負事に強くなるし、サッカーだけでなく「戦争のやり方」も学習することが可能になる。
つまり、「民度」が向上するのだ。
日本国もそのリーダーとして、多くの「親日国」とつるむことが可能になる。
その力は現在は、皇室の方が創価学会よりも強いものと思われる。
CoCo 優しさに帰れない

昔から、PKOというものは世界が行ってきたが、日本国は「アジア開発銀行への拠出」などを行ってきたため、PKO不参加でも不満を言う国はなかった。
しかし、世界各国で「資金集めの方法」を指導する力量はなかったのだ。
宗教(男らしさを語り合う論壇)を充実させ、法律(男らしさ)を広めなければならない。
それも「女の子がいてこそ」成り立つものである。
松田聖子 赤いスイートピー

「学校を作ったからノーベル平和賞」というのであれば、これらのことを正確に理解していたことになる。

発展途上国においては、日本国の法律を参考にするよりも「君主が書いた小説」を読んで裁判官を務めるコモンローの方が馴染みやすい。
日本の「法律」よりも、君主が書いた「小説」の方が人気があるのは明らかだからである。
日本の法律は完成度は高いが、「学べば学ぶほど金持ちになれる」ものではない。
そのような意味においても発展途上国にはコモンローがふさわしいのだ。
法律というものは「勉強」するものだ。
プロ意識を持って、学べば学ぶほどお金になるという仕組みを構築しなければならない。

私は、中学の頃、「毛並みがいいだけの少数派」としていじめられたが、一度だけ、多数派の一人をぶん殴っている。
少数派の男に排除された多数派の男は、この瞬間「手がしびれる」とされており、私が「やるのかよ?」と言ったら「やらねえよ」と相手の男の子は答えている。
本来なら、暴力ではなく賄賂で解決すべき問題であったが、暴力で多数派を排除すると「手がしびれる」ということは指摘していい。

そもそも、クラスのマドンナ的存在の女の子も、孤立しやすい。
そこで、毛並みのいい男の子に「左目で三秒見る」という「色目」を用いてくるが、この時に冷たい態度をとったら、クラスのマドンナ的存在の女の子はクラスを総動員する力を持っており、もはや教室に居場所はない。
硬派を気取ればいいというわけではない。優しく接したほうがいい。
「目に何かついてる?」と女の子にいわれたら「ついてない」とそっけなく答えるのではなく、自分の目やにを確かめよう。
missラブ探偵

女の子は、女子高生ともなると「マスターベーションですら頭の中がメチャクチャになっており」(コストベネフィット論以前の問題と呼ぶ)、また、すべての男の子の「所得」を同じにしようとするものだ(ベースライン)。
そのために、クラス全員を動員する力をもっていた。
「賄賂」と言っても「缶コーヒー」程度で気分が良くなるのが子供というものであり、「日常のように供するもの」ならば、そもそも「賄賂」とは刑法上は呼ばないが、「対価性がある」などからあえて「賄賂」と呼ばせてもらった。

ことの発端は「クラスのマドンナ的存在の女の子」を相手にしなかった、ことからいじめというのは生じている。
「あの子がダメならみんなダメじゃない」と周囲の女子たちが考えるため、一気にパレートは移動する。
パレートの移動ほど怖いものはない。
「セックスは最高だぜ」というぐらい柔らかくならないとパレートの移動は元には戻らないだろう。

女子高生でも、恋愛に関してはあまくない。
「ユニオンを組んで快楽とお金を交換しよう」という発想が芽生えるからだ。
高校時代は楽しかったと私は副校長に言われているが、そのような学習を高校レベルでも行うことが可能であることを意味している。
快楽と富の交換(商人の道)は高校時代から教えられている。
男子高校生にとっては「アイスクリームで買える」女子高生を周囲におくことになる。
敦賀気比から東大に行くことは禁止されているのだろうか?そもそも、「必要性を感じない」のだろう。
しかし、二万円ではなく「アイスクリームで」女を買うのであれば、高校時代は「ブラックマーケット」といっても過言ではなく、ブラックマーケットを尻目に塾や予備校に通う行為にはなんら問題はない。
酒井法子 恋と愛のニュアンス

女子高生を愛する男子高校生は「マーケットエコノミー」つまり、アイスクリーム程度で性欲を満たすという効率のいい方法は知っているだろうが、「マーケットソサエティ」つまり、女を買うのは二万円かかるという社会の学問が学習できない。
散々、教室で「織田信長」「豊臣秀吉」などと歴史上の人物を教えていたのに「マーケットソサエティ」つまり「大人の学問」を知る機会が与えられないのである。
そのため、「自由な校風」と呼ばれるマーケットエコノミー型の高校は「マルクスエンゲルス系」と呼ばれた。
マルクス主義は、資本主義に「資金力で」大敗北を喫している。
いいか悪いかはともかく「大学が大人の入り口」という考えに資金力でかなわなかったのだ。
マーケットソサエティにおいては「セックスは私有財産である」とされており、大学にはいると3年次から早速「就活」という「お金の話」が始まる。
この時に「ノンケ」だと略奪愛の対象にもなるとされる。
愛が止まらない Wink

実力主義だと組織の平均年齢は28歳だとされ、しかし、「お上の意思」「高度な政治意思」が存在する場合に平均年齢は38歳になる。
医者の能力も弁護士の能力も持ち合わせた「お上」がいる場合にのみ平均年齢は上がるのだ。
高校時代のマーケットエコノミーでは存在しなかった「税金」など多くの要素がマーケットソサエティには存在する。
産業革命、つまり政治(女心の定義)と宗教(男らしさを語り合う論壇)に革命が起き、女の子はどのように「女」になるか?男がどのような「問題」を解決しなければならないかがより複雑性を増した時に、マーケットソサエティはマルクス主義に勝つ宿命にあったのだ。
東大文三で、一年留年しても銀座のバーに出入りしていた男を知っているが、「就活」=お金の問題をよく理解していたのだろう。
マーケットソサエティには「国のお金」が流れ込んでくる。
高校生にはない発想が生まれるのだ。
WTOルールによって、自分が作ったものが外国にまで届くようにもなる。
「税金」「赤字国債」「国のお金」「WTOルール」「予算」「人事」などを学ぶ機会のないマーケットエコノミー(高校生の論理)ではなかなか出世は難しい現状がある。

 

« 目的的行為論。 | トップページ | ニーズ。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 目的的行為論。 | トップページ | ニーズ。 »