最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ニーズ。 | トップページ | 共産主義について。 »

2019年4月14日 (日)

ユダヤ一神教。

「マーケットエコノミー」(高校生の色恋沙汰)とは無縁で、「マーケットソサエティ」(国から資金が来る世界)に入った「彼女がまだいない男」は、女の子たちからカルト的人気を誇った。
これが、ユダヤ教(男らしさを語り合う論壇の起源)である。
ゲルショム・ショーレム(1897年~1982年)は、この世界のリーダー的存在である。
印刷屋の息子として豊かな家庭に生まれ、クリスマスも祝う家庭であった。
ゲルショムの兄はドイツ愛国主義民族戦線に属し、弟は共産党に属した。
父は、ゲルショムに100マルクを送り、兄弟同士仲良くするように諭した。
第一次世界大戦では「サイコパスである」という理由で、兵役を免れ、ベルリン大学に入学している。
ヘブライ語を勉強し、エルサレムのヘブライ大学とも親交を温めた。
ベルリン大学に入学したら、どんな女の子が「私も夢が見たい」と言って芸能界デビューするのか(カバリズム)という研究の資料を集め、いわば、東京大学の歌謡曲研究会みたいなもののリーダーをベルリン大学で務めている。
ユダヤ人(東大生)にはいろんな有名な女の影がちらついた(神秘主義)。
有名な女が歌っている音楽作品を「カバラ」と呼んだ。
Mr,Children Tommorow never knows


有名な女の影がちらつく「彼女のいない男」(神秘主義)をめぐって、一気に女たちの言論は開花した(神秘主義思想)。
「エコノミーマーケットと関わらなかったこと」「顔がハンサムだったこと」から、「もっと余裕を持って生きた方がいい」として、安息日運動(サバタリアンムーブメント)を起こした。
ハスダイ・クレスカスは、12世紀に「神秘主義をまとった男が本当に童貞なのか?」を「心を読む」ことで行い、皇帝選びをした。
ユダヤ教は「皇帝の歴史」でもあったのだ。
1492年に、スペインが「新大陸発見」を行ったのが「ユダヤ金融」が有効に機能した最初の事例である。
彼女のいない男(神秘主義)にまとわりつく音楽作品(カバラ)が「女心」を知るのに非常に有意義だったのだ。
それは「皇帝の歴史」だったため「歴史哲学」と呼ばれた。
人間社会の「最初の法律」は、日曜日を休みにしようというものだった。
それが可能ならば、いかなる法律も作れる。
いわば、「東大閥の権威」を見せつけるものが「安息日」だったのだ。
三浦理恵子 日曜はダメよ


ユングのエラノス会議にも出席している。
有名芸能人女の影がちらつく男(神秘主義)こそが、法律家の力量であったため、東大生は司法試験に受かりやすくなっていた。
ヘブライ語聖書による「メシア信仰」も広まった。
権威がほころびを見せ始めるたびに、その影響力は強まった。
なんのために「内田貴や山口厚を読んでいるんだ?もっといい教科書はあるだろう」
このような、「女の子に通用しない話」が幅を利かせていた時代は確実に存在した。
少なくとも、有名芸能人女は、そのような「旧体制」を「大卒とは思えない」とバカにした。
なにしろ、週末の女たちの話題になることが年俸を決めたのだ。
1963年から1997年まで「ジュダイカ」と呼ばれる雑誌が出版されている。
有名芸能人女の影がちらつく男(神秘)と音楽作品(カバラ)はこのようにして結びついた。
若者の文学(タルムード)と文化(ミドラッシュ)を愛するかどうかが「ユダヤ人かそうでないか」の違いだった。
カバラにおいては率直に「原罪」について歌われていた。
ribbon 愛してジャスティス


カントが「口説き文句」を考えることこそが哲学であるとした時に、有名芸能人女と東大生は「信者と神の関係」(新カント派)となった。
中年以降になって直接交流することが可能になったからである。
ベルリン大学卒、ヘブライ大学卒ということそのものが「若者への理解力」をもち、「若者にとっての一神教の神」を意味したため、「歳をとってもユダヤ人」というのは存在したのだ。
「神の名は?」
1972年に「神・男の完全性」を議論することが広まった。
「25歳」という衆議院選挙の被選挙権は「カントを学ぶ時間」を考慮して設定されていたが、カントが日本国で本当に理解されていたかは明らかではない。
多くの音楽作品をちりばめた文学作品(カバリスト文学)も存在した。
「赤レンガ」というのもヘブライ語聖書で語られていることである。
ここで、ジェントリーから自由になりたいというシオニズムも生まれた。
資金が潤沢にあったからだろう。
有名芸能人女の影がちらつく男(神秘主義)と、音楽作品(カバラ)は当然、比叡山延暦寺が配布している「文字曼荼羅」や垂加神道のように「密教」と結びつく宿命にある。
周囲の男女は、東大生が書いた「密教」を聞いているだけで「霊的に感化」された。
「霊的に感化」とは「もう、いじめるのやめようよ」という意味である。
イスラエルとパレスティナの双方が密教を支持しており、1967年の停戦合意は「いちばんいいバランス」と呼ばれた。
しかし、イスラエルの女たちは「メシア」を待望しており、オバマ政権の「1967年の停戦合意と、イスラエルの実効支配地域および
パレスティナの嘆きの壁の適切な交換」を主張した時に、女たちの「宗教」(男らしさを語り合う論壇)は終わった感が漂った。
「このままじゃ年が明けちゃうよ?」と争いを望んでいたのは女たちだったのだ。
松田聖子 赤いスイートピー


パレスティナ紛争とは、「どちらかが絶滅するまでやらなければ解決できない」問題となった。


イスラムは、タイムマシーンが2024年に完成することを受けて、日本人が祖先となって作られた文化圏である。
本当の祖先は「令和天皇」であり、最初から「アブラハム宗教化」していたのだ。
アルキンディ(796年~866年)のように、遠い昔までさかのぼった日本人もいたが、詩をこよなく愛し、「眠れるための本」をたくさん書いた。
眠りこそが「受験」=ギャンブルをアイデンティティとしたシーア派に必要なものであり、「睡眠トレーナー」がいちばんアラーにふさわしかった。
アルラジ(850年~925年)は、勉強や研究さえ成功するのであれば、わざとらしい「いじめ」なんてくだらないということを証明した(ヘトロドクス)ためにアラーとなった。
スポーツビジネスをやっているのに、「腰におもりをつける」などということを「宗教」と呼んでいる出雲大社など低学歴の愚か者であった。
アルラジは、出雲大社の権威を骨抜きにしたために悪名高いが、國學院や皇學館などの「低学歴」に職を与え、それでいて、「自分の家柄などの探求」などをやっていた宗教家をあざ笑ったことから評判が悪い。
本当に、ヨーロッパの大学への「越境」を考えたのは、「純粋なブレスレン」ことイクーワン・アルサファであり、スペインのコルドバに居を構え、日本国の1949年と、スペインの1250年~1270年を行ったり来たりした。
日本IBMの存在がなければ「イスラム」というのは存在しないことになり、現在は、何をやっているか分からない会社となった日本IBMも、このような大それた計画を現在持っているのだ。
アルファラビ(870年~950年)も、1200年~1400年の間を行ったりきたりしている。
とにかく「時代が飛ぶ」ことから、イスラムって何?という認識が日本国にも広まっている。
「令和天皇の子孫で、タイムマシーンを自在に操った連中」であり、日本IBMとつるんで、「空白地帯」である地域をうろついた連中がイスラムなのだ。
2024年以降の日本の芸能界を予言するような営みが「イスラムを語ること」である。
なにしろ「心を病んだために田舎でゆっくり眠りたい」という連中が多かった。
また、「無人島に行きたい」という女たちのニーズにも答えた。
ヨーロッパの大学(ユダヤ人)に強烈な影響をイスラムは与えているが、「それは現在の日本と日本IBMのタイムマシーン」が原因である。
国際条約で、現在の日本と昔のイスラムの行き来を許可された地域は限られており、「乾いた地図」と呼ばれている。
乾いた地図 河合その子


イスラエルとパレスティナが妥協できない理由は「日本」にあったし、令和天皇は人生の最後に「メッカで死んでいる」ため、メッカに向かってみんなが祈ったし、死んだら「メッカに頭を向けて」埋葬した。


スンニ派は令和天皇がこよなく愛した「コンサート」でみんなが盛り上がる宗教だった。
ステージの上にいる人は「心を病む」ため、イスラム社会は「田舎の風景」しかなかった。
時代を越え、場所を越え、「令和天皇の帝国」はイスラムというものを生み出していた。
令和天皇にタイムマシーンを教わったアヴェロス(イブンルシュド)は現在の安倍晋三であり、ジャニーズ帝国をイスラムに構築した。
ヨーロッパに多く大学ができたが、現在の日本がイスラムとしてヨーロッパユダヤに影響を与えたのであり、イスラムは「時間を越え、場所を越え」独自の文化を楽しんでいた。
ユダヤ教の「モーゼ」というものも、令和天皇の生き方をイスラムがヨーロッパに強烈にアピールしたから作られた人物像である。
イスラムによる、バーミヤンの石窟の破壊は、町のカルトおばさん(仏)への復讐として行われたものである。
アブナー・ブルゴスは、「ユダヤ教からキリスト教への改宗」を探求した人物である。
有名女性芸能人の影がちらつく男(神秘主義)も、音楽作品(カバラ)も、男にとってどうでもよくなる時が来る。
そんな時に「ユダヤ教からキリスト教への改宗」を勧めたのだ。
修道僧アブナーにとって、間違ったメシアが大勢いたなという感想しか残っていなかった。
アブナー・ブルゴスは、間違ったメシアを次々と「磔」にするという夢物語をキリスト教の根拠としたのだ。
モーゼは偉大だった。
しかし、料理の感想すら「うんともすんとも」言わない亭主を次々と女たちは「磔」にしたのだ。
主人は最高のイエス、それがキリスト教だった。


ハスダイ・クレスカスは、ユダヤ教の立場から、「ヨーロッパにモーゼを」と言ってピコデラミランドラの「心」を読んだが、ピコはテトラグラマトンという言葉を、美しかったお姉さんが子供の頃叫びながら踊っていたのを見て「トラウマ」となっていた。
ピコは「ラテン語の達人」であったが、現在のアメリカ合衆国の医学の知識も、日本のような「靴下を履く」文化もなかったため31歳で糖尿病で死亡してしまった。
ハスダイはピコデラミランドラのためにエジプトにピラミッドを作っている。
ピラミッドは「乾いた地図」の汚点、黒歴史として残されたのだ。
ハスダイは「ユダヤ教からキリスト教への改宗?夫を磔にするなんて想定できない」とし、ピコの命への賛歌を送る形でキリスト教を批判した。
しかし、毎日の家事洗濯に奉仕する女たちの支持がキリスト教には根強く、また、孤立からも開放してくれるため、どうやら「キリスト教が真理」と確定したようだ。
「結婚するときはモーゼになるって誓ったよね?」女たちは夫を責めた。
どれほど多くの男がそれで禿げたであろうか。
酒井法子 幸福なんてほしくないわ


ユダヤイスラムが「タイムマシーン」を保有したため、「死の概念」が大きく混乱してきた。
死んだと思った人が別の時代に現れたというだけにとどまらず、そもそも、「死」というものの存在が混乱してきたのだ。
豊かさが保障されるかはともかく、イスラム社会は「巨大宗教」となったのだ。
「死なない」
このことが明らかになってから、みんなメッカに向かって祈った。
「死という概念の混乱」を引き起こしたユダヤイスラム教に対して、ヒトラーは「ピューリタン革命以来の」ユダヤ虐殺を行っている。
「死という名の宗教」がキリスト教であった。
イスラムには大学はない。
行く必要も勉強する必要もない。
ナーランダー大学も破壊した。
「死のない世界を信じますか?」
かつては鼻で笑ったのがモーゼだった。
アメリカユダヤ社会がエホバの証人に吹き込んでいたのだ。
「死への崇拝」は「知識への崇拝」であった。


ヨゼフ・アルボ(1380年~1444年)は、ユダヤ人が死ななくなった。それも令和天皇のおかげである、とし、カトリック教会に「死なないのならば民族浄化するしかない」といわれたのを目撃した。
このことから、「生きるうえでのなんらかのルールが必要」と考えた。
「死なないのならば民族浄化するしかない」と思われるのは当然であり、すべて「乾いた地図」が焦点になった。
人間が「死なない」のならば「性欲がなくなる、笑わなくなる」ことを意味したため、「果たして女の子って必要なのかな?」という議論に発展した。
女性差別と急進的思想はイスラムの特徴であったため、当然、議論しなければならなかった。
カトリックの三位一体、つまり、父と子と聖霊(おじ・弟)という「いじめの構造」があるといっても、邪魔ならば消してしまえばいいという発想そのものが「何も生み出さない」とされた。
実存主義(東大に入ったら自分についてきた女性芸能人がいる)という世界においては「一度きりの命」というものが重視された。
宗教が「男らしさを語り合う論壇」であり、政治が「女心を定義する世界」であり、宗教と政治が「産業」を構築している以上、邪魔ならば消してしまおうという発想はかなり国力を弱くするとされた。
あくまでも、国際社会の一員として国家というものは存在しているからだ。
「褒美と罰」という発想を失ってはならず、その「褒美」とは女の子にモテるという意味であり「罰」とは処女にモテなくなるという意味であるとされる。
恋するフォーチュンクッキー


モーゼへの尊敬の気持ちを常に表現しろ、というのが「永遠の命」の対価とみなされた。
また、音楽を愛さなければ簡単に勃たなくなるとも言われ、「死生観の違う国」に住んだのならば、その国の死生観にしたがって埋葬されろといわれた。


日本国では「土葬」が許可されているのは北海道の一部と、長野の寺と、神戸の一部だとされている。


ジュダー・アブラバネル(1465年~1521年)は、「死なない人間を笑わせるのは大変だ」と考えた。
笑いとは性欲からくるものであったからだ。
アブラバネルが「コンテク派」というものを考えたのだ。
「愛の言葉をささやくのが哲学」というのはアブラバネルが考えたものであり、のちにキリスト教社会のカントに影響を与えている。
笑顔がない、クリスマスのときめきもない、命が安っぽく見える、それがユダヤイスラムであり、普通の日本人ならば「かかわりたくないタイプ」だっただろう。
イエローモンキー JAM


「退屈な時間だけが与えられたんだ。戦うしかないじゃないか」
キリスト教社会においては「死ぬこと」「喜怒哀楽」そのものが発明だった(アダムとエヴァ)。
イスラムにおいては「女の美しさ」がなければ、男は何も学ばなかった。
女たちは顔をヴェールで隠してしまった。
「乾いた地図」によってユダヤとイスラムは結びついたが、現代の日本ほど「豊かさ、人間らしさ」が爆発的に広まったことはなかったし、世界第三位の経済大国には到底かなわなかったのがイスラムの連中だった。
ユダヤはキリスト教からヒューマニズム(人間らしさ)を学ぶことで金融資本をため込んだ。
コンサート(スンニ派)かギャンブル(シーア派)しか楽しめなかった。
しかし、「令和天皇からいただいた命」があったためにメッカに向かって祈った。
外国語だけは真面目に勉強しようという発想は生まれた。
また、「生きるとは何か?」ということをギリシャ哲学から学んだ。
しかし、基本的には「よく眠ること」が重視されたのだ。
そのために、退屈な本をよく読んだ。
モーゼのようにコンサートを愛し、スポーツを愛さなければ「生きている意味」が見出せず、両者を利用した「予言」が王室のメンバーになる条件となった。
王室ができれば、当然、いじめも生じる。
「生きていることを感じたい」
そのようにユダヤイスラムは考えた。
サミュエル・イブン・ティボン(1120年~1190年)は、歳をとっても「男女の共存」をみんなが望んでいるとした。
そもそも、なぜティボンに生まれた年と死んだ年が論文に記載されているかは明らかではない。
「死なないのがユダヤ人・イズラム」だと考えていたが、モハメド・アリは亡くなられている。
このあたりは研究が必要だ。
「200歳の鳥」という言葉が論文に出てきたが、そもそも「200年生きれば人生に飽きる」ということは指摘していい。
また、キリスト教が「知識崇拝」「死への崇拝」であるということも指摘できる。
ユダヤ教・イスラム教に対して「メメントモリ」(死を忘れるな)と語られているが、年寄りに「タイムマシーンが2024年に作られるため、死という概念が不明確になった」というとお金を出し惜しむ人はいないだろう。
これが「ユダヤ金融資本」の先駆けだと思われる。
いずれにせよ、ヨーロッパ中世に「ティボン王朝」というのが作られており、「昇天に関する論文」を書いている。
人間は死なないといっても、タイムマシーンが存在するから「死」という概念が不明確になっただけであり、「死んだはずの人が明日現れる」という側面が指摘できる。
しかも、かなりの「若さ」を持って現れるのだ。
サミュエルは、ティボン王朝の中でも優秀な論客だった。
誰もが子供の頃「時間貯金箱が欲しい」と考えたことがあるだろうが、そのような「時期」を活用して「200歳の鳥」を実現させようとしているのだろう。
誰もが若い頃、プロスポーツ選手になれるわけではないが、どの男の子も「ジャニーズ」にはなれたであろう。
アヴェロスはそのことを最大限に活用した。
イブン・ティボンは「歳をとったら誰もが外国語が堪能になる」程度の影響にとどめようと考えた。
外国語が堪能なのであれば「200歳までは生きてみようかな?」と思えるのが人間というものだった。
それで、日本人がなぜか「イスラムでアラビア語を」話しているのだ。
創世記28:12-13「立ち止まれ。地に足をつけ、天を仰ぎ見よ。天国への階段が用意されている。イサクの父であるアブラハムが天に立っているだろう」
エレミヤ書9:22-23 「賢くて豊かな老人の亡骸を見よ。知恵も力も誇らなかった謙虚な男を」
ソロモンの歌5:2「眠っていた時間に外国語を勉強する夢を見た」
タイムマシーンをフル稼働させれば「人生の若さを無駄にした時期」だけでなく「眠っていた時間」まで使うという意思表示をユダヤ教は行った。
フランツ・ローゼンヴァイクは、第一次世界大戦の「西部戦線」の屍の山を作って、「死ぬのが怖いか?」「全員ユダヤ教徒なんだ」とし、世界を震え上がらせた。
「知性」に憧れるのならば「死への崇拝」を持ったほうがいいが、このような「屍の山」をまったく恐れないユダヤ人に世界が影響を受けたのだ。
日本でも、第一次世界大戦の時に「成金」になった連中はこのことをよく理解していた一部のインテリだった。
ユダヤ人は「45歳まで生きれば200年生きたのと同じ」経験をのちに人生を行ったりきたりしながら行うことができた。
しかし、「家庭」という制約は受けるだろう。
三島由紀夫は「生命の連続性」「英霊の声」などと表現している。
世界中を旅した若い時期を経験できるのだろう。
酒井法子 男のコになりたい


死んだら「悔い改めよ」「時間貯金箱を存分に使わせよう」
ローゼンヴァイクが博士号をとった2年後に第一次世界大戦が勃発したのだ。
ユダヤ人たちはまるで遊び気分で「カッコいい死に方」を演じていた。
ローゼンヴァイクの「スター」という新聞はそのことを書き立てていた。
ヨハネの黙示録は死んだら「お前はユダヤ人か?イエスかノーで答えよ」という問いかけがなされることを書いているのだ。
イエスキリストは「ユダヤ人」として死ぬことを選択した。
ローゼンヴァイクが、第一次世界大戦ののちALSに罹ったことも研究を深めるのに役に立った。
我々がすでに感じていることは「時代を彩る名曲」の詩の翻訳だけは天才的だということだけであるが。
しかし、ローゼンヴァイクが病院で会った人全員が「元芸能人」だったことは事実である。
アヴィセブロンは、荒廃した時代に「音楽という癒し」を与えるのがネオプラトニズムであったはずだとし、会う人全員に「癒される歌」を歌わせたほうがいい、と考えた。
これが「令和天皇」の青春だったのだろう。
それらの音楽作品はすでに垂加神道として伊勢神宮に祀った。
すべて、ユダヤ金融資本が背景にあった。
「自分以外わが師」とはよく言ったもので、お世話になった人全員を「音楽の先生」にしたのだ。
「治めることが好きな人」
それだけがこの若者が選ばれた理由だった。
現在の、「御皇室」が12世紀あたりにさかのぼって「バラ戦争」などを経て各国王室を作ったのだ。
ユダヤ・イスラム・ネオプラトニズムが「音楽シーン」を作ったのであり、背景には日本国の国民の「1500兆円の金融資産」があった。
死んだ後にも「夢の続きが見たい」「そもそも200歳まで死にたくない」という年寄りがこのような「夢」を見たのだ。
カバラ(音楽作品)だけは五分で終わるので「ギュッと」経験が凝縮されていた。
「愛して、生き抜いて」
これがユダヤ教となった。
キリスト教徒は「音楽を適当に聴きながら、知性を愛し、スポーツでも楽しみながら80歳か90歳で死ぬよ」と言った。
人生に「目的」があるキリスト教徒は、むしろ「潔い」とされ、お金が集まった。
「命の泉」って何だろう?
強い意志であった。
弱い意志をもち、目的もなければ「ユダヤ人」にならざるを得ない。
アブラハム・イブン・エズラ(令和天皇)は、「女神」を垂加神道として表現した。
1093年にテュデラという場所で生まれ、21世紀の現代まで生きているため「ヤーヴェ」と呼ばれた。
私は1971年生まれであるが、なぜ私がこの役割を担っているのかは明らかではない。
アブラハム・イブン・エズラは「死んだ年」が明らかではなく、しかし「47歳の時にひどい目に遭った」とされている。
つまり、アブラハムとして生きていると、どの時代の「スポークスマン」も同じことを言うと考えたのだろう。
創世記1:2「天と地だけがあった」
女のいない世界を生き、そこで「女神」を見つけたのだと思われる。
伝道の書7:9「多くの本があったが人の心だけが面白かった」
詩篇104:30「いじめられた時に心の中で何かが目覚めた」
ヨブ記26:3「いじめをやる人間が醜く見えた」
出エジプト記20:1「そこで神の言葉を何でも話そうと思った」
アブラハムにとっては「証拠をみせて」という音楽作品が若い頃に強い影響を与えられたとされる。
工藤静香 証拠をみせて


キリスト教と根強いつながりを見せたユダヤ教は、「知性を愛する」「笑う」「死への崇拝」を持っているキリスト教と、「死なない」「目的を持たないで生きる」イスラム教の双方から批判された。
歴史に名が残った「ユダヤ教哲学者」に「死んだ年」の記録が残っていることも、「歴史に名を残すため」という側面があるものと思われる。
万物の創造主が人間を作ったとされるはずであったのに、女たちは「私たちが男をクリエイトした」などという不誠実さと盲目さがあったと指摘されている。
ジュダー・ハレビは、聖書や修道院文学、文法などは「そもそも死なない人間にしか生み出せない」とした。
「キリスト教の軍隊とイスラム教の軍隊の間で我々は、どちらかへの改宗を迫られて消え行くのみ」というユダヤ教の詩が知られている。
また、若い頃に「カライテ」(空手)をやっていなければ、左腕が上がらなくなれば認知症になるし、右腕を鍛えていなければパーキンソン病になるなどの指摘がなされている。
1130年に「第一次十字軍遠征」がキリスト教の側から行われ、「お前ら死なないんだってな」と言って、イスラエルの地にのみ「ユダヤキリストは住むべきだ」とされた。
第一次十字軍遠征の時に「イスラエル」という概念ができたのであり、「死への崇拝」を持ったヨーロッパはもはや繁栄が約束されていた。
「死なない」といっても指導者には「失脚」というものがあっただろう。
「神を喜ばす」というのは「貧しき者への施し」を意味しているが、「死への崇拝」から繁栄が約束されたキリスト教の側から、イスラム教の側への施しはほとんど想定できない。
ユダヤ教だけが「神を喜ばす」という発想をもっていた。
なにしろ「死なない」わりには「失脚」というものが王にはあったからである。
キリスト教とイスラム教を戦わせろ。ユダヤ人だけが増えていくだろう。
これが、ユダヤの王が常に「施し」として考えていたことである。
現在の、レバノンのようなキリスト教国家を理解する上では必要な発想である。
だいたい、勃たなくなってファイナンス力が落ち、「予言」する力が衰えたら「200歳の鳥」は人生に飽きて死ぬことになる。
ローゼンヴァイクの「スター」は、日本のカミカゼ、レバノンのヒズボラ、インドのタミルの虎などのような「死に方」を書きたてた。
「予言」というのは、資金集めがうまいことと勃起することを意味し、それができなくなるのならば「人生に意味が見出せなくなる」のがユダヤ教というものだった。
コンサートを楽しんだり(スンニ派)、ギャンブルをやったりする(シーア派)のとは異なる文化がユダヤ教にはあった。
令和天皇の「天気のコントロール」「プロ野球に関与する」「人間は死なない」などの研究は、ユダヤ人に強烈な影響を与え、「予言」が当たらなくなったら死のうかな、という具合に文化が形成されていった。
これは「だいたい200歳ぐらいだろう」とされており、アブラハム(イスラエルの祖先)が果たして「失脚」というものを経験するのかはいまだ明らかではない。
アブラハムはシナイ山に拠点を設け、研究に没頭したが、最終的には「メッカで死んだ」とされている。


時代は変わるが、1480年ごろにイタリアのヴェニスにエリヤ・デルメディゴという人物がいた。
「殺してはならない。ただし一ポンドの肉を除く」という判決ほど「ユダヤ人憎し」の感情を表現した判決は存在せず、ユダヤ人であることを恥じる女が大勢でた。
「人は死なない」という発想をイタリアに持ち込んだのがデルメディゴであり、しかし、この判決こそが「医療ビジネス」を認め、デルメディゴからカトリック教会がその正統性を守ったとされる。
あんがい、「治療の限界」「頭のおかしい医者が多い」日本国のような国が、食生活が豊かで、長寿社会であり、世界第三位の経済大国である現状もある。
「どうしても女を愛せなくなる」頃にポックリ行くが理想であるとも考えられる
なにしろ、経済というものが「男が女を愛する気持ちを利用する」ものであり、宗教というものが「男らしさを語り合う」ものであることから、キリスト教国や日本国の方が豊かであるという側面がある。
ユダヤ虐殺


 


 


 


 


 


 


 


 


ブログの情報精度向上のためにご協力ください。
NPOなので寄付は非課税です。
スルガ銀行三浦海岸支店 3550342
オノコウタロウ


 

« ニーズ。 | トップページ | 共産主義について。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ニーズ。 | トップページ | 共産主義について。 »