最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 社会。 | トップページ | そもそも「統計」とは何か? »

2019年3月10日 (日)

ヨハネの黙示録。

モーゼは40日間水を断った。
つまり、大学で女を断ったという意味である。
背景には「父と息子の関係」(神は死んだ)があったし、両親の関係を安定させる行為だった。
また、「若さを無駄にする」(存在と時間)ことが背景にあった。
週末に(コンサートで)女の子に会えるというのはキルケゴールが考えたものであり、コンサートとは教会の礼拝のようなものだった。
大学に入ったら、もはや「メディア一年生」であり、そこにはもう高校時代のような「女子たちの声援」もなかった。
「人気とは何か?」を研究するために、「ヨハネの黙示録」(実存主義芸術)は存在した。
大学に入ったら彼女を作っていいんだよ?
それらの制止を振り切ってモーゼは40日間水を断ったのだ。
CoCo 夢だけ見てる

ヨハネの黙示録の秘密とは、大学生の男の「思考力を下げる」ことにあった。
実際に、CoCoの羽田と三浦は、現役時代は処女を守り通したとされる。
大人たちの、大それた計画に殉じていたのだろう。
20代後半以降にトップスピードに乗せるために行っていた作業だった。
思考力が下がる「ヨハネの黙示録」の効果は、一度開放されてしまえば「思考力が上がる」というところにあった。
CoCo 夏空のDreamer.

のちの大企業の社長や、閣僚級の男たちを「同じ会場に集める」ことがヨハネの黙示録の目的であった。
思考力の下がった東大生男は、中学時代の同窓会にまで「階級を」下げ、それでいて「認め合う」ことを知った。
これは、オックスフォードなどが「中学校の同窓会が作ったもの」とされる理由であり、ヨハネの黙示録にしたがったものだ。
思考力が下がっているうちにやるべきことをやっておき、復活を待った。
ヨハネの黙示録とは「超人」(ニーチェ)を生み出すための書物であり、
女の子目当てにふらふらと宗教や左翼に埋もれていくのとはわけが違った。
CoCo ちいさな一歩で

ヨハネの黙示録は、20世紀に入ってマルセルやメルロ・ポンティによって書かれたものだ。
「母親が美しいこと」「アイドルも母親に紹介できるほど美しいこと」などが条件となるが、思考力の下がった東大生に「発想が急進的過ぎる」として女が寄り付かなくなる効果も認められた。
期待可能性(セックスする可能性)があることは周囲の女たちの方が詳しかった。
しかし、ヨハネの黙示録の信者は周囲の女たちにも見向きもしなかった。
CoCo Live version.

アーティストの代表格はカミュであり、経典は「シシファスの神話」であった。
また、ドストエフスキーやカフカなどの作家もヨハネの黙示録の支持者だった。
しかし、サルトルもフロイトも「ニューメディア」と呼ばれた「映画」としてこの真実を伝えることは行っていない。
CoCoにせよ、今のmiwaにせよ、「教えたいこと」は、アルバムの他の曲で教えている。
それ以外は、大学の情報で勉強するしかない。
CoCo 冬の微粒子

ホッブスは「典型的な王子さま」と呼ばれたが、「人生は、孤独で貧しく、汚く、残虐で短い」と語り、他の女子たちは「王子さまになるってどんな気持ちなのかしら?」と考えた。
ホッブスは、ひどい咳に悩まされても、熱がなかったら「深刻なものではない」として、「自分は学んでいる」として親指を立てて見せた。
王子さまが急激に伸びる時になぜか咳が止まらなくなった。
咳のおかげで惨めな気持ちになったために上の格言を残しているが、実際は「何の問題もない」という治療法まで知っていたのだ。
急激に加速する時期があることそのものに女子たちは憧れた。
CoCo ささやかな誘惑

パスカルは「人間は考える葦である」として、「もはや学ぶことに痛みを感じない」としたが、ホッブスは、「下痢をしているうちはまだあまい、即位が近づくと咳が止まらないんだ」として、自分に「学んでいるうちは問題ない」というメッセージを送り続けた。
責任のある立場に身を置くという意味では、ホッブスは「そのとき歴史が動いた」というほどのストレスに晒されたため、「ポイントゼロ」が近づくにつれ、自分が「光の速さ」に限りなく近づくのを感じた。
これが「王子さま」の経験であり、誰も「心の風景」を推し量ることはできず、咳だけが止まらなかった。
恋する速度が違うという女子の経験談もある。
CoCo なぜ?

王子さまと教室をともにしたことのある女子はみんな「いい思い出」に変えていた。
なんだか遠くに行ってしまったようでもあり、とにかく「周囲のビリヤードボール」を跳ね飛ばして生きていた人だったとしか覚えていなかった。
CoCo 思い出がいっぱい

咳が止まらなくなったことは何度かあったが、即位の前ほどひどかったことはなかったよ。
ホッブスはその経験談を笑って語った。
「ポイントゼロ」を経験した者にしか分からないものだった。
権力闘争を経験し、責任のある立場に身を置いたものがどれほど女子たちの感情の的になったかは想像に難くない。
ギリシャ神話の女の子たちとも言われた。
CoCo 春・ミルキーウェイ

ロバート・ボイルは、ホッブスに「お前に憧れてどれほどの女の子が芸能界デビューしたと思っているのか?」と語ったが、ホッブスは「彼女たちの方が大人になるのが早かったね。音楽作品は今でも仕事に使っている」と答えた。
女に対して野心があったら、そもそも「王子さま」ではなかっただろう。
ホッブスが光に近い速さで学んでいた時に、昔のクラスの女子たちは「昔の教室」を思い出していた。
ノスタルジーというものは「自分が止まった時」に引き起こされる感情であった。
CoCo さよならから始まる物語

とにかくあの時は無我夢中だったけど、咳が止まらなくても、熱がなければ問題ないと言うしかない。
眠れなくても、体調が悪くても、それは「自分の心の風景」が劇的に変わっていく瞬間だったのだろう、とホッブスは語った。
責任ある立場にいる男の肉声として知られた。
アリストテレスも「皇位継承は男を作るよ」と語っている。
まあ、東大入試でも、自民党総裁選でもそれは同じであろう。
「ビシッ」と着地を決めるのが重要であり、真似できない連中のおかげで咳が止まらなかった。
責任を負わない連中のおかげで咳が止まらなかったが、それがなければ着地は決まらなかっただろう。
似たようなおちんちんをしていても「男」になれるかなれないかは、「咳をしたかどうか」だった。
とにかく、教室の彼は遠くに行ってしまった。
CoCo さよなら

とにかく、女の子は「王子さま」との恋をあきらめて、凡庸な男のおちんちんで我慢しなければならなかった。
選ばれる男かそうでない男かの違いがあった。
王子さまのことは「キムジョンウン」(ハンプティダンプティ)と悪口は言ったけどね。
何の矛盾もなく「勝負を決める」「白黒つける」という男の営みは、女の子にとっては「八月の少年」のように思われた。
CoCo ひまわり

瀬能あづささん(CoCo)と、私は、道を一本隔てた通りに住んでいた(名もなき道)。
私が東大文Ⅰに合格するまでは本当に名もなき道だった。
あづささんのお母さんである信子さんに、私は高校時代に「あづさは女子校だから」という理由で家庭教師になることを依頼されている。
しかし、当時、東大生を輩出する資金力も人脈も実力もなかった横浜市立南高校から東大に受かった時に、信子さんに「あづさとお付き合いしてほしい」と依頼されたが断っている。
それ以来、信子さんは「CoCoの指導者」となっている。
レバレーションというのを「ヨハネの黙示録」と呼ぶ。
ただの「家庭教師の生徒」だったが、別れと呪いと殺しが付きまとうのが「東大」だった。
オックスフォードには「よくあった話」なのだろう。
U2 Bad

とにかく、私も48歳になろうとしており、横浜市教育委員会とつるんで、日銀から60億円6ヶ月ローンを引き出したり、資産管理会社を横浜市教育委員会の下に作るという仕事はしたが、春のセンバツでも横浜市立南高校は県大会ベスト8だったし、東大合格者も8名だった。
60億円使っても、野球では桐蔭学園や横浜高校には敵わないし、東大合格者数も聖光学院には遠く及ばない。
そんな中で、29年前に私は東大文一という利権に食い込んでいるのだ。


この「実存主義」は、サルトルとボーボワール、メルロ・ポンティ、カミュなどが作ったものであるが、19世紀のニーチェやキルケゴールに影響されている。
実存主義を支持する作家にドストエフスキー、イプセン、カフカ、ジーン・ジェネット、アンドレ・ジード、ゴルキーなどがいた。
1940年代から1950年代にかけて流行している。
「いじめをやる人間には心はない」とも言われ、人をいじめる側の人間がむしろ「私だって人間ですから」と言っていた。
ハイデッガーが「若さを無駄にする我々」と存在と時間において語り、世界は常に君に対してオープンだとした。
Mr.Children Tomorrow never knows.

ニーチェの「神は死んだ」は、祈りを知らぬ父に虐げられる息子を描いていたし、キルケゴールは人混みと「女の子に会える」週末の教会を用意していた。
アブラハムの筋肉質な文章を読んで、女子たちは「子供に優しそう」と考えていた。
カラマーゾフの兄弟のイワンは「神は死んだのでなんでも許されている」と語っている。
この「イワンの発言」はニヒリズムと呼ばれ、実存主義芸術はCoCoのみにとどまらずribbonにまで発展した。
松野有里巳は私の従姉妹である。
もはや大学に入ったら偏差値は出なかった。
いくら勉強しても自分の位置はわからない、このことからニヒリズムは生まれている。
図書館には無責任に膨大な法律書が置いてあった。
「神は死んだのでなんでも許される」
女から結婚を迫られて断ることすらできた。
まるで「CoCoの夢もの」への拒絶反応のようにも思われた。
ribbon サイレントサマー。

図書館の法律書に人生の答えなどないよ、とでも言いたかったのだろう。
司法試験に受かりたかったらこの作品の意味をよく考えてごらん?
CoCoに人生を煽られ、ribbonで遊佐道子からの問いかけに答える形となった。
写真集も飛ぶように売れた。
実存主義にかぶれた男が、「女を振り向く」のを待っていた女もいた。
ribbon virgin snow.

「将来へのぼんやりとした不安」がribbonファンに共通していた。
「人生たったこれだけ」
実存主義にかぶれた男が20代後半に思考力を高めたら、むしろ「好きな女を選べ」と言われるため、ここからはカントの口説き文句が必要となる世界だ。
女は男をコミュニティから離さないためにセックスをするのだ。
ribbon レディラブ。

自分と世界がとんでもなくかけ離れていた(自己疎外)という意味では実存主義者もマルクス主義も同じだった。
しかし「すべてはキャンパスにあった」ということができるのが実存主義者だった。
高校時代の「恋」の世界を乗り越えたらキャンパスにはこのような壮大な風景が用意されていた。
セックスとは「その女の子供の気持ちが味わいたいからするものだ」としたデリダや、映画を見ている観客はなぜ皆、同じリアクションを取るのだろうなどと考えたドゥルーズ、刑務所に入った時に経験した電気ショックから常に「見張られている」という感情を持ってほしい、再犯を犯さないで欲しいとしたフーコーなどの高度な学問はこのようなインテリのためにあり、中卒や高卒に分かるものではなかった。
そのような男とセックスするときの女はいつも本気だった。
ribbon 愛してジャステイス。

サルトルにとって、ヘーゲルやマルクスを読むようになったのは戦後になってからだった。
イケメンを論じたヘーゲルや、女の子たちと自由に話そうとしたマルクスに「存在と無」においてはまったく触れられていない。
時間を「無」にして努力した時期も「賢くなりたい」とは思った。
しかし、図書館には容赦なくべらぼうで難解な本があったのだ。
「今は俺は世界とは和解できない」
そんな時期を存在と無において示したのだ。
少しづつ実績(物自体)を作っていかなければならないメディア一年生から大学時代は始まっていた。
高校を卒業したのならばどの男の子も「男」になっていた。
大学を出て司法試験浪人をしていても「社会人」には劣等感しかなかった。
周りの女たちは「セックスする期待可能性」を知っていたが、もはやサルトルの「無」の世界には女たちなどいなかった。
「国の学問」をやらなければ国の限界はわからない。
ましてや「誰も知らないことを明らかにすることが儲かる秘訣」であるということの真の意図もわからない。
国家社会主義からいつしか女の子たちは遠ざかっていった。
サルトルは、神聖ローマ帝国の時代のドイツの音楽を好んで聴いていた。
「無」に過ぎなかった昔の俺、に恋をしていたアイドルたちが確実にいたことをのちに悟り、それはヘーゲルやマルクスを読んでからわかったことだった。
ribbon 太陽に火をつけて。

なにも禁止されていなかったことになぜ気がつかなかったのか?
CoCoが実存主義を煽り、ribbonが「何のために勉強するのか?」を示し続けていた。
法律書なんて要するに「ribbonの意味」を延々と解説していただけだった。
ミシェル・フーコーは「19世紀にあなたにふさわしい小説がなかったのだろう」とサルトルに詫びた。
世紀末にはいつも本屋から大事な本が消えていた。
サルトルも世紀末の産物だったのだろう。
ribbon 世紀末の天使。

ボーボワールも、国の学問とか国の限界とか難解な法律書とか言っているけど、「ribbon」がわからないのならば学問ではないだろうとしていた。
セカッドセックス(女性)を差別し、排除して高尚な学問らしきものを構築した連中が図書館に意味のない「本」を山積みにしていたのだ。
プラトン以来の音楽作品を「低俗なもの」とした学者たちがそもそも「人気がない」存在であり、「裁く」「裁かれる」とは要するに痴話喧嘩のことだということも見失わせていた。
最高裁まで争う事件は「株価算定基準」「タックスヘイブンの問題」「説明義務違反・適合義務違反」など一部の論点に過ぎなくなっていた。
なんのための「体系書」なのかが明らかではない法律書は今でも多い。
学者ならば「ribbon」の意味ぐらい明確に書き記すべきではないであろうか?
なぜ、彼は私とセックスしたがったのかしら?痩せたほほが目当てだったのかしら?まじまじと女は鏡を見た。
ribbon Be my diamond.
戦前は、高等文官試験ぐらいしかなかったものが、ボーボワールの「彼女はそこにいた」という小説以降、東京大学運動会や司法試験などが作られるようになった。
東京大学運動会は、ヨハネの黙示録にしたがった独特の集団であり「体育会」とは明確に区別されたのだ。
「彼女はそこにいた」という小説において、フランソワはザビエルを殺している。

高校時代の女の子を「振った」男が、夢を持つ場所が東京大学運動会や司法試験となった。

かつての司法試験の合格者の平均年齢は29歳であるとされ、まさに、20代前半は「思考力を下げていた」ことが明らかになっている。

現在の「ロースクール」は、実存主義の「思考力を下げる時期」を嫌ったものだった。

「減速」を嫌うということは「加速」の存在を否定するものだ。

「ビッグマネー」が法曹界から消えたのは明らかだった。

CoCo 君の歌、僕の歌

 

「神は死んだのだからすべてのことが許されている」

イワンはそう語ったが、はたして「若者に何が許されているのか?」が問われなければならない。

イワンは「大審問官」という小説を描いて見せたが、「キリストはまだ降臨していない」ということを書いている。

「女にとって彼氏は神さま」

そんなことすら知らないのが若者だった。

酒井法子 涙が止まらない

庭師のような階級が楽しむものがセックスだった。

上流階級に「美女」はいなかった。

射精する男がどれほど「女々しい」だろうか。

朝、起きたらさっさと性欲を処理する男の子が成績がよかったし、上流階級となって行った。

高橋由美子 だけどI Love You.

日本国は、東京大学運動会の「パワハラ撲滅」と、司法試験の「ロースクール時代」を選択することで、サルトルとは「お別れ会」をやることにした。

もっともワイルドだった男たちは今の時代には合わないと考えたのだろう。

「死~DEATH」

人生が終わった時に人は「死んだ」と言える。しかし、いつ「人生が終わった」かは明らかではない。

周囲の人々には自分なりの「利害関係」がある。

その「利害関係」のあり方次第では「世界を敵に回す」人もいるのだ。

死んだ後の「出来事の評論家」もいる。

誰に得になって誰に損になるのかを語る論客がいるのだ。

「人の死は一部の人にしか損にならない」

死が目前に迫った人は「一部の人にしか損にならない」ということはよく理解しておくべきだろう。

HAL1.01に、人間の記憶を保存することにしたが、多くの人がHAL1.01の消滅を願った。

「死とはお互い様の”発展的解消”なのだろうか?」

しかし、時には「すべての繁栄が止まる」ことがあるだろう。

「種の絶滅」と認定される「死」も存在するのだ。

人が死んだ瞬間「ストーリ」は動き出し、その人の命の意味を人々に問いかける。

「私の命の意味」を知っている人がいちばん可愛い。

沢田知可子 会いたい

「命」は常に再生産されている。

できれば「悪いところ」を修理したいとすら思われる。

「よくしばかれたな」というところからストーリは始まるとされる。

いじめられた人間にしか「心」は育たない。

「心」を失うことは他の人間に大きな損失をもたらすのは明らかだろう。

なにしろ「心」は大勢の人たちの「養分」だったからだ。

いじめが「真理」であるのであれば「養分」は肉体の破壊とは別の生き方をするだろう。

「みんながよく噂しているから生きているのか死んでいるのか分からない」

これが「いじめられた人の心」「養分」というものだ。

メチャクチャに手術した後に「人間ってのは死なないものだよ」と証言した東大の外科医もいる。

心配機能の停止、脳死とは異なる論理が「死」には存在するのだ。

「代わりになる人がいない」という女性の意見は確実に存在する。

それでも「部分的なもの」に過ぎないとされる。

償い さだまさし

 

人間は「死にたくないから歴史に名を残したがる」とされる。

また、死んで「人生を愛していなかったのか」と批判される人もいる。

多くの「いいこと」をキャンセルすることを意味するからである。

我々の時代に「いいこと」ってそんなに少ないのかねと言われるのだ。

また、死が身近に迫った人には「幸せ」を与えたいと周囲が考えるのも事実だ。

結婚した男女を「左右対称」のように周囲が見ているのも確かである。

「夫が英語ができるのに急にわからなくなった」ということもあるだろう。

喜びを思い切り口から吸い込んでから死ぬので苦しくはない人もいる。

キーパーソンが死んで「この暗号は壊滅的です」というのがいちばん困るのだ。

哲学が完成するということは「死がエンターテイメントになる」ということを意味する。

まあ、お洒落をしている人間が死のうとは考えていないことは分かる。

トイレの神様 植村花菜

私の、著作物(版権)第一号は東大合格体験記であった。

しかし、そこには家族のことも瀬能あづささんのことも記されてはいなかった。

「すべて自分がやったこと」と表現したのは「ブルジョアのもっとも率直な男」の書くものであった。

中堅校である横浜市立南高校出身であることから「いじめ」の存在に沈黙していることはみんな知っていた。

しかし、「信じていた人に裏切られる」(自己欺瞞)こともなかったし、自分と世界はかけ離れていた(自己疎外)。

自己欺瞞がなかったことと、うまく自己疎外を利用したこと、これが合格体験記に端的に表現されていたが、ようするに「すべて自分がやったこと」と書かれていたのだ。

いじめの存在に関しては「それは関係ない」と表現されていた。

「信じていた人に裏切られた」経験は受験に強烈な悪影響を与えるし、「自分と世界が共存していた」のでは上達するためのモチベーションもない。

自己欺瞞がなかったことと自己疎外があったこと、そもそも「いじめ」をやる奴らを信用していなかったこと、などから、暴力的な「力」が発揮されたものと思われる。

生徒の「勉強」とはこのようにして成り立っていた。

「男の序列」は天皇から首相、大臣、そして先生まで一貫して成立していた。

このような「東大生」の人気は群を抜いていた。

自己欺瞞がないことと自己疎外があることに「教科書」を与えればいいだけだったからだ。

受験が終わってから細川政権ができたことも幸運だった。

「そろそろ優しくなった方がいい」「もういいのにね」

周囲の女子たちの願いはこれだけだった。

CoCo やさしさの法則。

東大に入った後に「信じていた人に裏切られる」とはどういうことかを知ったし、「自分と世界の距離」は確実に縮んでいた。

父が息子を潰そうとしている(神は死んだ)ということに鈍かったし、そういう「原理」を学ぶのは遅ければ遅いほどいい。

25歳までは「知らない方がいい」のが「神は死んだ」ということだった。

父は「祖父と孫の板ばさみ」になることも嫌っていたし、25歳以降は「息子の父親越え」にももはや協力しない。

しかし、ニーチェの言っていることを「真理である」と悟るのは経験が必要であり、机上の理論だけであってはならない。

ヤスパースは、本人が実存主義(ヨハネの黙示録)にしたがって、医学エリートの道を歩んでいる。

「恐怖を感じた時に人間は沈黙を守れない」とし、「誰かを好きになると独り言が増える」などということを明らかにしている。

渡辺満里奈 八月最初の水曜日

マックス・ウェーバーの「戦う民主主義」も、人間の半数は女性であることを踏まえ、カントの「口説き文句の研究」を政治フォーラムに開放するものであった。

ハイデガーは「若さを無駄にする時期が男にはある」とし、ユダヤ人女性と結婚したが、ナチスに入党してしまった。

ハイデガーに裏切られたヤスパースは「デカルトの恋の研究でもしてみようかな」と考え始めていた。

「若さを無駄にする」と言っても、キルケゴールが選別した論客の本を読めばいいだけだったのだ。

1945年4月1日にはアメリカ軍が「ヤスパースを救うために」ドイツに入った。

アメリカ軍は「ヤスパースの医学」に興味があったためにドイツを攻略したのだ。

アデナウアー政権(1949年~1963年)の間、ヤスパースは精神医学の研究に没頭できた。

ヤスパースは、「男に抱かれる女」は、土方の兄ちゃんが道路に穴を掘っているようにしか見えないよね、とし、ゴッホの「穴を掘る人」や、スタインベックの研究を行った。

さらに、そもそも「恋」というのがサイコパスの原因なのだろうかと考え始めていた。

コンサートのチケットを買うような「何かに命令されたような使命感」は「恋」以外に理由が見つからなかった。

恋の研究をするのであれば「人間の感性」にまで遡らなければ分からない。

「カントやニーチェが言っていたことを誰にでも分かるように話せば」みんな俺に恋するのかな?

これがヤスパースがアメリカ合衆国に期待された理由でもあった。

いずれにせよ、ヤスパースは、イエスキリストや天草四郎時貞が「海の上を歩いた」という物語を、「セックスの途中で体位を変えた」ということだろうとし、ゴッホやスタインベックの小説から、「女たちにはこう見える」ということを明らかにしたのだ。

 

レオ・シュトラウスは、メルブルク大学に入学して、かつて自分が振った女の子とそのお母さんに「王子さまのように生きなさい」と命じられたがごとくホッブスの研究に没頭した。

アイドル(偶像)に詳しい法律家というのは、「密教世界」をいずれ構築する宿命にある。

ボクシング部の監督のマイモナイド(吉森氏)は、ナンバーワンが完全に屍になるまで前に出なかったため、アマチュアボクシング会の会長にまでなっているが、シュトラウスの出世だけは想定外だった。

ヨハネの黙示録は、キリスト教社会と哲学をつなぐ橋渡しの役割を果たした。

偶像崇拝に詳しい法律家というものがそもそもキリスト教社会では珍しかったのだ。

「イエス様は実在したと思いますか?」と聞かれて、

「それはヒトラーだ」と答えられるかどうかは自らの政治経験に頼っている。

瀬能あづささんにのちに再会した私は、「なにか元気になれる言葉を教えてください」と言われ「うぬぼれだって薬だよ」と言ったら「うわー」と言っていた。

彼女にとって昔の作品になど何の価値もなかった。

 

 

では、ヨハネの黙示録が、キリスト教社会と哲学の橋渡しをしたのならば、
現代の「哲学者」は、ソクラテスやイエスキリストとどのような関係なのだろうか?
ケインズが「お金とは値段が数えられて、女が買えて、どの女にも通用するものだ」
としたのは20世紀であろう。
ケインズ以降に、イエスキリストのような「モテる」男が登場したのならば
どれほどの金持ちになるのかは想像を絶するものだ。
ましてや、多くの美女を失恋させてきたのだ。
哲学は現代でも確実に「進化」を続けている。
昔の、ソクラテスやイエスキリストと比較されるレベルにまで水準は高い。
ましてや、インターネット時代になり、多くの女たちと「言論実験」をして耐久力を
高めた言葉が多く残されている。
サッディーヤ(佐田の山・平成天皇)が、娘の婿に「完璧」を要求したのならば、そこで当然、「お相手」とヨハネの黙示録は結びつかざるを得ない。
サッディーヤは、指導の誤りや疑いの目に常に晒されていたために、ヨハネの黙示録を用いて、娘の「お相手探し」をやったのだ。
女たちにとっての「男らしさ」と、ヨハネの黙示録の「男らしさ」はまったく異なるものだ。
サッディーヤは「女たちの根強い支持」だけに関心があったため、
アイドル(偶像)たちが熱烈に支持する「ヨハネの黙示録の男らしさ」にしたがわざるを得ず、当然、三男=養子のアブラハム宗教とヨハネの黙示録は結びつかざるを得ない。
聖書では「他の男とは異なる」「なにか光をまとった」イエスキリストだったが、アイドルたちの支持を得た男だったため、一般人女たちがそのように感じたのだろう。
若い時期の「ヨハネの黙示録に描かれた男」は、「今は恋愛などしている場合ではない」と公言していた。
ヨハネの黙示録が、キリスト教と哲学の橋渡しをすることを最後に志向したため、聖書をいちから読んでいる人たちには「まったくついていけない」「結末から読まされる」思いで哲学を読んでいた。
サッディーヤも「男の序列は女たちが決める」ということは理解していたため、権勢を誇る女たちが「自分たちも人気商売」ということの見極めが困難であったが、それでも、神道の「アブラハム宗教化」は着実に進行した。
フランツ・ローゼンヴァイクは、「実は哲学者というのはみんな三男なんだよね」として、ユダヤキリスト教社会に、「哲学者の強さ」を語った。
世界の哲学者の「持ちつ持たれつ」を明らかにしたのだ。
ローゼンヴァイクは「顔で選んだヘーゲルですらあのレベルに到達したんだぜ?」と語っている。
1796年のドイツにはヘーゲルしかいない、とも言われた。
2019年の日本国には誰がいるだろうか?
世界の哲学者の「持ちつ持たれつ」をより体現し、真摯に世界と共有しようとしている人物が必要とされた。
哲学の世界ではヘーゲルしかいなくても、音楽シーンにはシェリングなどがいた。
しかし、いかんせん、難しいのは哲学だった。
有名なサッディーヤの娘が真剣に恋をする男は哲学者だった。
なにしろ、哲学は外国語であり「難しかった」のである。
石をパンに変えよというしかなかった。
日ユ同祖論も、日本の神道が「三男の養子」を認めるのを待った。
東大法学部に入る力があるのであれば、あとは環境が整えばいいだけだ。
ノーベル賞委員会も動き出した。
かつては「長屋王」なんてのもいた。
人々の「フェティシズム」を確実にとらえる感性も求められたし、それは「USA」にしかなかったことも「三男」はよく理解していた。
そもそも、垂加神道のように「これが女よ!」というものが確立していれば、ヨハネの黙示録にしたがった「王子さま」は、マスターベーションができたし、それは垂加神道のクリエーションと、彼女を振った「贖い」を意味していた。
ヨハネの黙示録が「新しい感じ方」を提示したのであり、それは聖書の「オナン」も想定していないことであった。
ユダヤ人にとってキャンパスライフというものはそれほど意味のあるものであったし、イスラエルにも「ヘブライ大学」というものがある。
マックス・シェラーは、マルクス主義にかぶれなければこれほど多くの詩は残せなかっただろう。
私は1971年生まれであり、瀬能あづささんは1973年生まれであった。
1960年から1973年までの生まれの世代を「ジェネレーションX」と呼び、受験戦争が過熱し、東大合格者に「憧れて、芸能界デビューする」女の子が存在することをも意味した。
シェラーはいろんな「家庭教師」の教えを受けたが、フッサールは大物過ぎた。
シェラーが育てた男の中にはコンラート・アデナウアーなどがいた。
しかし、何しろタバコを一日に三箱から四箱吸ったために外国などへは行けなくなっていた。
東大法学部の堅物であった私がいつ「カント」を口にするようになるのかを信子さんは待っていたようだ。
カントは「女を口説く」言葉を研究したが、新カント派は「アイドル(偶像)たちが話題にする男」を作ろうとしたのだ。
アイドルたちは「一般人男性」と「同じ芸能界の男性」を明確に区別していたし、新カント派の方がカント派よりも「影響力があり難しい」道を選択していたことになる。
「病んでもなおパワフル」でなければ「同じ芸能界の男性」とは言えなかったのだ。
女として「美しさを評価され」「選ばれた」経験がアイドルにはあった。
しかも、「病んでしまう」経験も「同じ芸能界の男性」を志向する理由であった。
アイドル(偶像)にとって、自分の局部に集めた「愛の数」が違うという思いがある。
「天使の羽」とも呼ばれた。
瀬能あづさ作詞。
孤独だった自分が「全体」の中に溶けていくような感覚でもあった。
「全体」が常に考えることは「子供を愛そう」ということである。
「あなた」と「私」ではなく「我々」という発想を自分が作り上げたのだ。
客席で共同体を作り、「いつも聞いている音楽作品」を同じピッチで聞く。
それはまさに「集合人間」と表現することが可能だった。
共同体を愛することができるのがコンサートだった。
かつての家庭教師の教え子がステージの上で歌っているのを私は客席で聞いていたし、私をめぐって「あっちゃん」の家に探りの電話を入れてきた羽田恵理香さんは、握手会で思い切り手を握ってきた。
東大法学部は、建物も古いし、講義は退屈だ。
しかし、真面目に大学で勉強していれば「才能が向かうのは国しかない」ことを悟るし、多くの有名な女たちが自分を奪い合っていたことをのちに悟るのだ。
例年よりも暑い夏のあとは、85%の確立で雪の多い冬になる。
大事なのは「そのような人生経験をした」ということであり、気象予報士の言うことと同じ意味合いを持つ。
ムハンマドは少なくともそのように預言を行っているし、クリシュナはそれを人々に語った。
人生経験をパートナーと重ねるというのは「神を信じる」営みであった。
気象予報士の側が主導権を取り戻したこともあるが、暑くてのた打ち回った「人生経験」の側も反撃を試みた。
80%的中するのならば「自信を持った神」と言っていいし、68%以下ならば「無神論者」の妻を持つことになる。
48%以下ならば妻に愛想をつかされ、20%より「言っていることがデタラメな」男はいない。
20%ならば誰もが司法試験の短答式試験を受けられるだろう。
「なぜ、東大に入ったのにわざわざ司法試験を受けたの?」
背景には、ヨハネの黙示録があったし、司法試験だけでなく東京大学運動会もそのような趣旨から作られ、予算を調達している。
男社会の「いじめ」の背景には「処女/非処女論争」があるが、男はひたすらクーラーを使わない男の方が「神」に近い人生経験を持つことになる。
体で感じたこと、読んだことが「神」を作るのだ。
ハイスクールとキャンパスは「私と汝」というぐらい、キャンパスは「わけのわからない」研究を行っていた。
「汝」と呼ばれるキャンパスの男は「私とこれ」というぐらい周囲の女子たちを見下していた。
この構図を理解しなければ、第一次世界大戦の時の「学生運動」は理解できないだろう。
つまりは、すべての人間関係の呪縛から解き放たれるための「シオニズム」である。
「私と汝」「私とこれ」あるいは、父と息子の関係(神は死んだ)、あるいは「冬でも海に遊びに来る学生さんたち」などを理解しなければ、イスラエルは、世界をまたにかけて家庭内の「呪縛」を世界に解き放つことはできなかったのだ。
フロイトのファシズムと、マルクスの共産主義は、男女がもっと自由に語り合おうという空気を作ったが、だんだん「女が病んでいく」のが分かった。
病んだ「女」は、ヨハネの黙示録にしたがって生きている男の家の前をうろついたりしたのだ。
CoCoはポニーキャニオンに在籍していたが、その後を受けてMelodyがスターランドからポニーキャニオンに移籍している。
なぜ、信子さんにそれほどの力があったかというと、夫が小林亜星だったからである。
ヨハネの黙示録は、「経験すること」「勝負に勝つこと」「生きていること」「人々に語ること」を最終的な目的にしている。
聖書と哲学の橋渡しをする男として、そのようなことが期待されたのだ。
エルサレムの「ヘブライ大学」はそのような役割が期待された。
しかし、今となっては東京大学の合格者の氏名が公表されることはないし、ジェネレーションXというものは過去のものとなっている。
ヨハネの黙示録は、「お金のかかった子供」=アッラーを作るにはこれしかないのかな?ということをガザーリも考えていた。
ガザーリの時代であるのならば、バグダッドにとって「イスファハンの大学」が念頭に置かれていた。
実際に、私がMelodyの望月まゆとバスティーユ刑務所で会ったときにも、彼女は「マリナ・イスマイール」と名乗っている。
小林亜星の導きのもとに、「小野君」にいかにお金をかけるか?が問われ、破天荒の街から出た英雄に「お金をかける」ことが「アッラー」を生み出す秘訣だと考えていたのだ。
1180年から1190年まではトレドの大学がこの役割を果たしたし、13世紀にはマラガの大学がこの役割を果たした。
「ラテン語に詳しくなるため」
このようなことが行われたのだ。

 

ムハンマドの「預言」とは、ヨハネの黙示録に示してあるとおりであるが、「病気をよく理解している大人」がいなければ成り立たない。
ジェネレーションXが、野心むき出しで向かってきた「戦い」に勝つとはこのようなものであり、スンニ派が「ギャンブルを好む」伝統もここからきている。
男女が共存している街で「この人だけ輝いている」というイエスキリストは間違いなくヨハネの黙示録にしたがっていたし、外国語が堪能だった。
「あなたはいずれ歴史の法廷に立たなければならないのよ?」
死後裁かれるのは有名人だけだった。
宗教を確立し、人生を送り、知性を愛し、子孫を残し、子孫に恋愛を保証する、これができないのならば有名にはならないほうがいいし、そもそも、宗教界には過去も現在も未来もなかった。
「今、生きている人間を使う」
このような発想がなければ宗教は書けない。
「明日から本気出す」という発想は宗教界では通用しなかったし、今日、文章を書いている人を使わなければ宗教にはならないのだ。

 

そもそも、知識というものの蓄積には「時間」という概念がなかった。
今日、分かっていないのならば明日も分からないだろう。
「どういうやり方をしているんだ?」
「法学教室です」「ジュリストです」「スタンフォード哲学百科事典です」
このように答えるたびに、その媒体は「いちばん熱心な読者のために」記事を書いた。
いちばん熱心な読者として「書き手」にも知られることが必要だった。
サッディーヤは世論に弱いらしいという分析のもとに、いろんな人脈が動き始めた。
遊佐道子・小野元・小林亜星などの思惑のもとにこの曲は作られている。
「神はいつも同じことをしているな」
このような感想しか周囲は言えなかった。
要するに周囲は「凡人」だったのだ。
大学ってそんなに大事な場所なのだろうか?
挿入に対して「天真爛漫」な女性が一部に存在する。
まず、「お母さんが大好き」なことと「太っていること」の二つの要因が挙げられる。
思春期に「お母さんが嫌いになる」ことを「約束」と呼び、自然に痩せてしまい、性感帯が膣に移る。
母子家庭で、現在絶好調、そんな女が「約束」を守れないのだろう。
あるいは、ナルシシズムも「感じなくなる」理由である。
派手な結婚式程度のナルシシズムでも「感じなくなる危険」は存在するのだ。
パルメニデスは「プラトンの詩」の蓄積を紀元前5世紀に行い、「大学とはこのようなことを教える場所である」ということを明らかにしている。

 

 

パルメニデスは、この「動画」で論文が書けないのであれば、大学の存在理由はないとしている。
ローマ帝国はこの問題を、キャッスルメア・デラ・ブルカによって「すべての女に言えること」として紀元前1世紀に国を作った。
カリオストロの城として知られている。

 

1960年代に、パルメニデスは「アポロオイリオ」(癒しのアポロ)としてカルト的人気を誇った。
6世紀には「アカデメイアって面白いことを教えてもらえるらしいね」と噂になっていたが、「大学」としてヨーロッパ各地に成立したのは「イスラム圏の若者が越境を望んだ」からであり、12世紀ごろだ。

 

「研究」が「金とセックスにつながる」とされたのはヨーロッパにおいてであり、現代では、ハーバードやスタンフォードなどのアメリカの大学でも共有されている。
「つまらない講義には金は払わない」というあたりはさすがアメリカという側面がある。
「感じない女」をどうするか?から研究を始めてみよう。
パルメニデスはそのように語った。
子供を産んだ女、太った独身女などである。
あるいは、貧乳の女、髪の短い女、中国では「陰陽五行説」と語られてきた問題である。
太陽から月、星、地球をつなぐのが「万物の創造主」の仕事であると割り切っていたのだ。
天文学を語るのであれば「天文学的数字のお金」が必要になってくる。
「数学でいろんなことが予測できる」ということが明らかになったのが1960年代であったため、「感じない女をなくす」学問が、天文学・万物の創造主と結びついた。
エンペドクレスにせよアナクサゴラス、デモクリトス、ルイシップスにせよ、よく女たちと話をしていた。
しかし、女たちとよく話をした哲学者たちの書物を、「読むことができる宗教家」として、ヨハネの黙示録は「聖書と哲学の橋渡し」を行ったし、強烈な一神教は
のちにイエスキリストが体現している。
プラトンは「国家」において、男女の共存こそが国のあるべき姿であるとしていたし、アリストテレスは、教室や職場に至るまで、男女が共存する仕組みを作った。
女たちは「神・男の完全性」を語り合った。

 

 

東大閥とヨハネの黙示録は密接に結びついていて、たんなる「日本でいちばん優秀な大学」と表現されるにとどまらず、芸能界との結びつきを指摘しなければならない。
この「学閥」に忠実であることは、信頼をも生み出していた。
この「東大閥の真実」を明らかにしたのはアブラハム宗教の側であり、昔の「小説東大法学部」などといったものでは一切触れられていない。
「男は女を愛するものだ」
しかし、この「東大閥」はこの心理を巧みに利用して「男が男を愛する」世界を構築した。
この、神道の「アブラハム宗教化」がなされてから、「銀行マンが肩で風を切って歩けるようになった」とも言われている。
日本でも、お年寄りなどは「女性芸能人の顔」を思い浮かべながら、東大生と接していた。
「処女だったあの娘」
それを考えると、東大生は明らかに「裁く側」の人間だった。
東大生は、東京大学運動会やサークルで、その過酷な日々のストレスを癒すこともできた。
合格してもらう「紙袋」の中にはサークルのチラシがすべて入っているのだ。
カルヴァン派(AKBグループ)は、ヨハネの黙示録と「固い契約」を結んでいる。
「東大なんてこの程度か?」と思うような言動もあるかもしれないが、少なくとも「女にも分かるように話をさせる」(ワラント)ことだけは教えなければならない。
カルヴァン派(AKBグループ)は「神と恋人」を演じることにして、東大生が卑屈に自分と握手しに来ることを楽しんだ。
私は、学生時代に羽田恵理香さんと握手をしている。
「アイドルなんて興味ねえよ」という男たちとはうまく共存していた。
しかし、東大生がこのように考えると、成績が「オール優」にはならないだろう。
どのような成績だろうが、自分のキャリアを総括できるのならば「オール優」なのだ。
就職にせよ、政治活動にせよ、それで成り立っているのだ。
デジタル化時代を迎え、実物とはまるで別の顔でテレビに出れる時代になった。
どの女の子にも親切にするものだよ。
東大生はこのような境遇に恵まれ「余裕が違う」のである。
とにかく、よく勉強して「他人にいいアドバイスをする」ことを心がけなければならない。
自身の経歴を口にはしなかった「エリートの象徴」であるトマス・アクィナスも、叔父や弟からのいじめ経験だけでなく、このような「自分の人生の意味」をも神学大全でまとめ切っている。
主観=女、客観=男、ということの意味すら閣僚も知らない時代なのだ。
「行為」=セックスだとすると、大塚仁は、「行為とは主観と客観の統合体である」などと難しく書いているだろう。
時代そのものが発展途上にあることも忘れてはならない。
アイドルに憧れを抱く周囲の男(オーソドックス)もいれば、興味がないというアンオーソドックスもいる。
また、男の中には自分自身が有名になり、失意の中にいる無神論者もいる。
アンオーソドックスや無神論者に「学閥」と言っても意味がないだろう。
アンオーソドックスは趣味の問題であろうし、無神論者はとにかく「勃たない」という特徴がある。
無神論者は目がうつろであることから判断できる。
アンオーソドックスは「メガネをしていない」などの一定の特徴は指摘できる。
いずれにせよ、私は24歳の時に、田舎の教習所に合宿に行ったが、持田真樹までついてきたため、周囲から一目置かれたのだ。
リチャード・フィッツラルフは、今でいう小林亜星であろうが、セックスに税金を課すとしたアウグスティヌスの恩恵を受け、しかも、セックスが「神聖なもの」とされたことから、「友達と恋人の境界線」をセックスであるとし、この作品を作っている。
グッバイフレンズという言葉の「女にとっての意味」をよく理解していたのだ。

« 社会。 | トップページ | そもそも「統計」とは何か? »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨハネの黙示録。:

« 社会。 | トップページ | そもそも「統計」とは何か? »