最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 今でも生きているイタイイタイ病。 | トップページ | 神道指令2019。 »

2019年1月20日 (日)

労働。

神(男)が女を語る上でいちばん居心地のいい場所を作る、それが労働だ。
上流階級の娘はそもそも働かなかったし、下層階級や中産階級の娘が職場にいた。
神(男)と女では「知る方法」が異なったし、禿げたマルクス主義者と、フェミニストが職場で共存していた。
キリスト教徒はフェミニストだったし、しかし、下層階級の娘と、禿げたマルクス主義者はつるむようにして職場での出世を目指していた。
中産階級や上流階級の女たちが好むものを生み出すのを「仕事」と呼んだ。
下層階級の女は職場でオフィスラブを楽しむのは当然だと考えていたし、職場で女二人が大喧嘩したら、禿げたマルクス主義者がそのような問題を裁くのがうまかった。
しかし、フェミニストであるキリスト教徒もこのような問題と向き合わなければならなかった。
お茶を飲みながら女の子たちと話すキリスト教の教えは、5時間職場にいても飽きなかった。
男友達 安倍なつみ

下層階級の女の「顔採用」なんて当然だった。
覚悟するのは簡単だった。夢がそこにあったから。
貧しい「お父さん」、自分を認めない社会が悪いとクダをまく「お父さん」から自由になりたかった。
Do it now! モーニング娘。

海岸にビルを建てて何がしたいのか?仕事がしたいんだよ。
貧困層の娘に夢を与え、中産階級や上流階級の女が求めるものを生み出し、禿げたマルクス主義無神論者とキリスト教徒が出世を競い合う世界だ。
「家族の起源」は下層階級の女とキリスト教徒にあった。
資本主義テレビ社会は、このような「家族の起源」をもみ消し、下層階級などいかにも存在しなかったかのように描いた。
制服を着ていれば階級など問われなかったし、男が「セックスという名の私有財産」をコントロールした。
制服宣言 制服向上委員会

禿げたマルクス主義者とフェミニストであるキリスト教徒が、ともにテレビを見るのが資本主義社会だった。
キリスト教徒とは国家社会主義者のことであるが、芸能人であるユダヤ人とは距離をおいていた。
ユダヤ人は仕事をしようとは思っていなかったし、「禿げたら大変だ」と思っていただけだ。
フェミニズム第一の波は1890年ごろに起きたが「ブルジョアと結婚したい」というものだ。
この動きが、ビルを建てるエネルギーになったし、国家社会主義を推し進めた。
家事に縛られることから自由になりたいというフェミニズム第二の波(1960年代)は「家族サービス」「レジャー」を広めた。
中産階級や上流階級の女が欲しがるものを生み出せばいいという「仕事」が確立したのはこのためだ。
このムーブメントが終わったら、専門家は「個と公」を区別し始め、本来、貧困層の女が仕事をして、キリスト教徒と結婚するという中産階級の現実、仕事の現実を見えなくし始めた。
「ワークライフバランス」などと言われるように、貧困層の女にとっては自分が中産階級になりたいから働いているという現実を見えなくさせてくれる経営者が出てきたのだ。
ワークライフバランス

メディア家父長制はこの時に始まった。
テレビがまるで働いている貧困階級の女の主人であるかのように動き始めたのだ。
ドラマなど本来、上流階級の観るものではなかった。
しかし、貧困階級の女の影響力を高めるためにテレビが活用されたのだ。
テレビ局の女性社員は貧困層出身であったが、中産階級や上流階級の女が欲しがるものを作り始めた。
貧困層の女は、昼間は働き、夜も「テレビを観るという仕事」をやっていた。
夜はまるでイケメンとともに働いているようだった。
「女心って何?」「禿げた男ってどんな人?」「職場の男性ってどんな人?」
そのような問いかけの答えがテレビにはあった。
家出娘や貧困階級の女がいなくなるまでは「面白いことをやればいい」というポストモダニズムへの移行はまだ考えられない。
貧困階級の女の「夜の仕事」が満たされないものとなるからだ。
関東地方だけでも20万人以上の女の子が家出をしているのが現状だ。
家出の夜 AKB48

夜になっても、女子高生が街にいるのがモダンな社会である。
ポストモダニズムとはこのことが消滅するほど「テレビが面白い」時代のことを言う。
1993年にトカチェフが「貧困こそが高学歴につながるように」という政策を考えた。
この時に、「エリートほど金を払わなくても済む」ということが明確になった。
財務省の喫茶店はコーヒーが50円になったし、法律雑誌は1500円だった。スタンフォード哲学百科事典は無料だった。
しかし、本当のエリートが「金を払わなくて済む」という贅沢を知るまでにはまだ時間がかかるだろう。
貧困層の女は仕事をするが、S=klogWという式に表されるように、Wという言葉に反応して、エントロピーSを拡散させている。
噂を拡散させるのが「女の仕事」となる。
明るい放課後の過ごし方 おニャン子クラブ

オズワルドもマッハも、ミクロレベルで「噂の現場」を見ていくことは困難と考え、「男のエネルギー」に注目した。
つまりは、「もっとも快楽を感じた男」が噂になったのだ。
マクスウェルは「女の生理と噂の関係」を研究した。
ロシアではKGBが、日本ではジャニーズが「噂の発信源」として知られている。
KGBにせよジャニーズにせよ「女たちの速さ」が桁違いに速かったのだ。
マクスウェルは、「女が風呂に入れない日」を想定して、「熱いガス」の研究をしている。
シャワーの研究だろう。
また、ボルツマンは「H仮説」と呼ばれる「ベッドでの会話」も研究した。
愛してジャスティス ribbon

マクスウェルは、「熱いガス」の研究で、女の生理の時こそが「胸に残った男の言葉」を女がよく考えやすい、とした。
生理の時の電話がなければ、人々は「小説を読んでみよう」とは思わないものだ。
有名な小説家になりたければ「大意」を女性に語る必要があるし、胸を揉まないことが必要になる。
バスルームでキャッチホン 高橋由美子

女たちは、自分たちのセックスを気持ちよくするために小説を読んでいたのだ(H仮説)。
あとは彼氏に「ねえ、もっと勉強してよ」とあまえるだけだった。
「キンタマがぶつかるのを楽しめるようになると通だね。子供を産むと分からなくなるかな?」というだけで、女は「子供を産ませて?」と言ってビクンビクン震えた。
ルイ16世はそのようにして国王になっている。
女たちの「噂」はあくまでもセックスにもとづくものであったし、幼児教育の重要性に気がついたラファイエット将軍にルイ16世は敗北したが、「噂」というものをよく知り尽くしていたので恐れられていたのはルイ16世の方だったのだろう。
髭男爵

中産階級や上流階級に人気のある「商品」とは、若くてモテる男をクリエイトすることと、男女の関係を明らかにすることだった。
車にせよ通信にせよそれが仕事だったのだ。
ジョークにもならない恋

仕事は「若くてモテる男」「男女の関係」を明らかにすることであったが、どのように?と言われると「お金を持っている」ということになる。
「お金を持っている」ということは「証券取引所に口説き文句を売りつけている」という意味であり、それは哲学を研究しているということであった。
街で女の子に声をかけて「口説き文句」の腕を磨くという「内省」を繰り返さなければならなかった。
「内省」を繰り返さなければ女二人が「同じ人を好きになる」ことはなかっただろう。
リズム、メロディさえ覇権国家からもってくれば、フレーズも磨かれるし、フレーズに「悪意」を与えることも可能だった。
あとは「モテる男」が何を経験したかを深めていくだけだった。
もうすぐの予感 酒井法子

どの絵画や写真を見ても「若くてモテる男」と「男女の関係」に還元していかなければ「仕事」にならなかったのだ。

「伝説」
女心に詳しい男は、それだけで「噂」になり、人々に「伝説」扱いされる。
組織の統制にはちょうどいい側面もあり、指導者にはうってつけだ。
「物事を治めよう」とおもうのであれば、「伝説」になり、謙虚に電話で話さなければならない。
しかし、「女心を知らない」庶民は、別のリアクションを見せるだろう。
絶対的権力は絶対的に腐敗すると言われ、腐敗とは「伝説」と翻訳したほうがいい。
そのため「女心の定義」を「政治」と呼んだ。
女心の定義に詳しいほど伝説になりやすいし、政治的影響力を増すからである。
一方で、その影響力から個人資産を増やしたのであれば、検察官が彼と話をしたがるだろう。
「男らしく」「仲間を増やした」結果が政治的影響力になっている。
賄賂の対象になるため、口座は常に監視されているし、選挙も行われる。
1977年まで、アメリカでは贈収賄が犯罪ではなかった。
外国との契約で都合よく利用できたからである。
単位が欲しいために教授に体を売るアカデミズムの世界の伝説も存在した。
小室哲哉ピアノ

暴言を吐かせて敵を作らせるのが「伝説」を狙い撃ちする方法だ。
しかし、「女心」の膨大なサンプルをどうするつもりだ?
ザイールのモブツ、インドネシアのスハルト、フィリピンのマルコスから何を学んだだろうか?
彼らの「読解力」は傑出していたのだ。
「拷問を受けた、自由を失った、財産を失った」
ことの蓄積以外に、彼らの影響力を削ぐ理由がなかったのだ。
しかし、「財産」と言っても「娘」のことであることが明らかになったりしていて、「読解力」を持つ指導者の影響力を失わせるためには「拷問を受けた、自由を失った」以外に理由はない。
ただ単に、「笑いをとりたかった、人気が欲しかった」などの動機から彼らの影響力を奪うことはできない。
ジェノサイドの後にようやく彼らはすべてを失うことが分かった。
なにしろ「すべての交番にハンバーガーを」届ける力量があったので、何が腐敗かは明確ではないのだ。

現在の、化学の主流は量子論にある。
量子論とは「子供の行動分析はほぼ困難である」というところにその主眼があり、子供は勃起もするしキスもする。
それを、「お母さん」がコントロールできるわけでもない。
お母さんがコントロールしたら「子なし」の大人になるだけだろう。
キスした跡はのこさないで 国生さゆり

アリストテレスは「世代と腐敗」という著作において、「お母さんから自由な」子供が
「火」「空気」「水」「地」
の四つの宇宙の起源になることを語った。
火は熱くて乾燥している。
空気は熱くて湿っている。
水は冷たく湿っている。
地は冷たく乾燥している。
熱さと乾燥から「人間社会の起源というのはどれだろう?」と語り合ったのがギリシャだ。
この「熱さと乾燥」の世界には流動性と固さが関わる。
水は冷えれば氷となって地を形成するが、火によって流動性を高める。
しかし、地には朽ちやすい金属などが混ざっているだろう。
人間は「火」「空気」「水」「地」のどれをも必要としている。
なぜならば「ぬくもりとあたたかさ」がいちばん心地いいと感じるからだ。
凝り固まった集団は居心地が悪い。
お風呂だって「下が冷たく、上は暖かい」ように、「女性は冷たく、男性は熱く」なりやすい。
ラボアジエは「世界は女(金属)が朽ちていくだけなのではないか?」としている。
アルコールだって水で割るのが通だ。
つまり、酸素と水素で「朽ちた」ものを飲んでいる。
メンデレーエフは「族」と「周期」からなる「周期表」を作った。
「自分は火だ」と言い張る男に「人々が心地よいと思うぬくもりとあたたかさ」を示したのだ。
放っておいたら雑草が生い茂り、いろんなものが腐ってくる。
そのために、「手を入れる」必要がある。
「手を入れる」ためには「あまい飲み物」が必要だ。
そうでなければ人間は動かないからだ。
「あまい飲み物」のことを「お金」と表現するのが化学の立場であり、女を買える、値段が数えられる、すべての女に通用するという「貝殻」が「あまい飲み物」から生み出されるとしたのだ。
秋の貝殻 クレア

人間社会の最小単位は間違いなく「原子」(子供)である。
当然、子供には肉体も血液も骨もあるが、これを壊すことはできない。
「卵」を洗濯機で濃縮して氷にぶつければ子供たちが暴れる、これが原子爆弾の原理だ。
しかし、子供たちが暴れる原理はそれだけではない。
宇多田ヒカル ファーストラブ

水は水素と酸素という「貧しい男」と「金持ち男」からできている。
しかし、空気は炭素と窒素という「女」が「金持ち男」に混ざり合う。
いずれにせよ、アインシュタインは「男」「女」と「あまい飲み物」を想定しないと化学の世界は私には理解できなかっただろうと語っている。
また、「ホモの舎弟を連れた金持ち男」が女にモテることも明らかになっている。
ミッドナイトカウボーイ

ミクロで見るのであれば「女の裸に男が勃起する」という化学反応を見なければならない。
マドンナ フィジカルアトラクション

おカマと金持ち男が、群れに近づくと、立ち去る女が「臭素」(Br)であり、女にとって金持ち男は「本命」である。
「私の裸で勃起する男」
そこまで計算しているからだ。
男の愛の対象になって痩せる女は「物理反応」を起こしているとも言える。
しかし、子供を産んだり、男の化学反応の対象になったりを繰り返すと「太る」という数学反応を引き起こす。
男でも、本来ストイックだった男が急に女にモテるようになったら太る。

「聖母マリアに関する考察」
お父さん以外の男に体を見られるのはいや。このような女性が存在する。
お父さん以外の男に体を見られる「セカンドラブ」を経験しないと、女性は「他の女と同じである」という喜びを感じることはできない。
「他の女と同じ」であることがどれほど「パートナー選びの可能性」を広げるであろうか。
太陽を中心に世界を回すことが可能になるのだ。
人間の肉体の可能性を最大限にするというのはどの人も願うが、そうでなければいざという時に力を発揮できない。
「女は度胸」と言っても、心臓が大きいことから来るものと「他の女と同じ」であることからくるものがある。
女性は、動画で「他の女性とマスターベーションの方法が異なる」だけでも服が脱げなくなる。
聖母マリアの「セックスのない出産」もここから来るし、聖母マリアはアイドルの起源だ。
ケインズは「三万円払ってもセックスさせない女だよ」という噂をアイドルの起源に求めた。
男は「自分に貞淑な妻」がいたほうがより攻撃的な政治が可能になるため、アイドルは人気がある。
しかし、女の都合としては「セカンドラブ」を経験しないと「自分を中心に世界を回す」ことはできないのだ。
セカンドラブ 中森明菜

ハリエット・テイラー・ミルは、3人の子供をもうけたのちに、歳をとってからJ・S・ミルと結婚している。
ミルはなぜハリエットに惹かれたのであろうか?
普通の女性ならば到底耐えることの出来ない「勉強」「研究」に耐える才能があったからである。
イエスキリストは「モテる男」であり、女性に取り囲まれた男は、大した苦しみもなく「自分と似たような男」にあの世で会うことになる。
しかし、女性は「天国には39名しかいない」つまり「歴史に残った女性哲学者は39名」であるとされ、その全員が「男のような特徴」を医学的に持っていたのだ。
通常の「可愛らしい女性」ならば「天使にも悪魔にもなれない」ほど男を愛するものだ。
しかし、なかには「女性たちに取り囲まれた天使」がいたのだ。
天使か悪魔 高橋由美子

女は塵から生まれ塵に帰っていく。
つまり、土いじりをしていれば死の恐怖など感じない存在だ。
しかし、死の問題に深刻に悩み、天使になる女もいた。
ミルはハリエットに「論文がエロ本に見える」という「私の真意」を理解したのはあなただけだ、と賞賛のメッセージを送り続けていた。
そもそも、ハリエットは「有名希望」であったし、自分が「男としての性質を持っている」ことを理解していた。
つまりは、歳をとったミルにとっては「ノスタルジーの対象となるアイドル」だったのだ。
ハリエットが女子校出身だったことも「男の学問」に耐えうる力量を育んでいた。
上からマリコ AKB48

ミルは「私は研究のし過ぎで”女の感性”が失われている」とし、ハリエットにのちの執筆活動を委ねている。
痛み止めを飲んだり、メディアの寵児になって薬を飲むようになると研究者生命は終わるのだ。
「ティーチャー、ティーチャー」と言って足を上げる瞬間のパンチラインを見失うとクリエイター生命すら終わる。
teacher teacher AKB48

ミルとハリエットは「美しさと純潔」だけが自分たちの感性を磨くのにいちばんいいと考えていた。
ミルはハリエットを実際は「研究のパートナー」とみなしていたのだ。
女の「純潔」をしきりに気にしたり、「美しさ」を女に求める「男勝りの」ハリエットに研究のパートナーとしてのラブコールを送っていただけだった。
実際に「女の純潔」「女の美しさ」に鈍くなると、哲学者は多くの才能を失う。
ハロウィンナイト AKB48

ハリエット・テイラー・ミルが「理想の結婚相手のクリエイション」を行ったのであり、日本でも「婦道一途」などと表現された。
本来、「処女」というのは「男としての性質を持った女」に言えた話であったが、「健康な女は皆セックスをする」という医学を離れ、教育として「婦道一途」を考えたのだ。
このあたりは、もはや「女としてどう生きるか?」というクリエイションの領域だった。
そのニーズは男たちの側に強く、「そういう女は病んでないか?」という指摘が出たのは21世紀に入ってからだった。
今となっては「男としての性質を持った女」がアイドルをやっている、という現実を離れて、「健康でも処女の女はいるらしい」という中道という立場が仏教の世界を荒らしまわった。
誤解のないように指摘しておくが、天使というのは「女たちに囲まれた女」のことであり、「塵」というものは、この世にもあの世にも「常にある」ものである。
ジェレミー・ベンサムは、ウェストミンスターが「アイドル(偶像)の女は男としての特徴を有する」としたことに嫌気がさしていた。
婦道一途、中道の処女女の可能性を求め始めたのだ。
クイーンズカレッジの法学教育は楽しかった。
学生の時分から法廷で裁判官をやらせていたのだ。
「ようするに痴話喧嘩というのはお金がないからやるんだろう」
そのような境地に至った。
そのような経験を経たのちに「カントをどう思うか?」と問われたのだ。
法廷の「治者」として、治者と被治者は同じ利益を求めている(治者と被治者の自同性)と述べ、治者がお金さえもってくれば被治者は夫婦喧嘩すらしないと語った。
合弁会社も上海倶楽部や国家社会主義から生まれている。
サラリーマンとして社会の歯車になった方がいいというアダム・スミスの考えはここから生まれていたし、政府の財政出動は小さい方がいい(小さな政府)ということと、民間企業の「巨大ビル群造成」のエネルギーを信じた方がいいという発想も、上海倶楽部がなければありえない発想だった。
インペリアル・カレッジ・オブ・ロンドンもこの時に作られた。
音楽作品は政府には作れなかったし、それにともなう資金調達も民間の方が優れているという判断があったのだ。
シーサイドセッション おニャン子クラブ

ベンサムは、クイーンズスクエアプレイスに、事務所を設け、秘書を雇い、カントの計画を思う存分に謳歌した。
「勃起も略奪愛もカントの金の前には作り話に見える」とし、治者と被治者の自同性つまり、「みんながお金を持っている」社会の形成を行った。
略奪愛というのは、ヘンタイプレイが嫌いだからやるものであるが、お金との相談でもあったのだ。
愛が止まらない Wink

「こんなに家が広いと夫婦喧嘩もしないでしょうね」
このことを実験したのがベンサムだった。
「お金」と「旧約聖書の戒律」の関係を知りたかったのだ。
旧約聖書にしたがうかどうかも結局、富が関わっているのだろうか?
痛みと快楽は「二つの両極端な主権である」とし、この二つだけが世界を支配できると考えた。
痛みをなくすためには「体を鍛える」「女心に詳しくなる」「仲間を作る」「男らしくある」という四つの解決法を示した。
「痛みをなくすために」人間は行動しているとするのであれば、海沿いの住宅地は当然、「禁じ手」となるはずだ。
また、詩篇を法廷で本当に理解できるのはイエスキリストだけだとも考えた。
詩篇の解釈を語ったシュタイナーは、上海倶楽部の存在を知り、ペンネームを「ヒトラー」で統一することにした。
貧しきものに富を与えることができる、これは上海倶楽部には可能であったし、「男としての性質を持った女」「婦道一途女」以外にも「金持ちの娘」が処女である可能性が指摘されるようになった。
高橋由美子 だけどI love you

「最大多数の最大幸福」
この言葉の背景には「処女」「中道」があった。
ヒトラーは、国家社会主義・上海倶楽部を考えたのちにランツベルク刑務所に服役している。
わずかなお金しか与えられず、売店があり、「自分に本当に必要なものは何か?」を考えさせられた。
現在でも、80円のイチゴ牛乳が欲しいために賃金闘争する受刑者はいる。
この時に、「発達障害の子供はイチゴ牛乳を欲しがるものだ」ということに医者は気が付いたし、腰が痛くて立てなくなった男が「お菓子を好む」ことから、「お菓子が腰痛にいい」ことにも気が付いた。
このため、あまりにも大風呂敷を広げすぎたヒトラーは精神病院(パノプティコン刑務所)に入れられたのだ。
「自分の人生に必要でないものすら欲しがる」
これが「富」というものであり、治者と被治者の自同性とは、この「富」をみんなで共有しようと言うものであった。
人生の痛みをなくすためには「富」は必要である。
しかし、「ナンバーワン女」になることは、自分の「罪」を他の女たちが言いふらすことを言う。
本当にパノプティコン刑務所で「ナンバーワンになることは必要なことなのだろうか?」ということを問い直さなければならない。
人間を「泣かす」ことなど他の集団にとっては簡単なことなのだ。
松田聖子 No.1

「痛みと快楽は二つの両極端な主権である」としたが、パノプティコン刑務所ではストイシズムを受刑者に与え、自分が本当に欲しているものだけを受刑者に与えた。
カップラーメンを理由に大喧嘩をする連中もいた。
「食は争いのもとである」ということもパノプティコン刑務所がなければ、現代人は見失うところだったのだ。
ヒトラーは、国家社会主義・上海倶楽部を考え、国家の指導者として「当確」を出した後に、このような経験をしている。
おそらく、「イエスキリストの磔」も、国家の指導者としての「合格点」を意味するものと思われる。
「法律」とは「手のひらに釘を打った」というものを、「より柔らかい」方法に変えるものだ。
現代では、取調べの際の「カツ丼」も公費で負担していいという判例が出ている。
パノプティコン刑務所では「処女でない」ことを「罪」だなどとはどの女も考えていなかった。
むしろ、男を知らない女が、敵を作らないように自分のファンを「夫」に仕立て上げていた。
はたして、聖母マリアは「処女」つまり「罪がなかった」のかは明らかではない。
しかし、「純潔に敏感になる」「美しさを愛する」というのは「クリエイターの才能の基本」と呼ばれ、罪とは異なる意味を持ったものと思われる。

父と子、聖霊、これが三位一体である。
三人の男がいて、各人が勃起する。
しかし、「三人のなかに神は一人」であるとされ、イエスキリストを最終的に「いじめていた二人」が奪い合う。
この時に、いじめていた二人は「聖霊から父へ」と進化を遂げる。
あるいは「四つだ」として、三人で「イエスキリスト」を奪い合うこともある。
いずれにせよ、「知識」とは「良いものである」ということが明らかになった時に、聖霊は「父へ」と進化するのだ。
「知識とは良いものである」
このことを証明することは、東京大学にいても難しい。
そのため、ヤーヴェは「覇権国家」(エロヒム)の先生たち(エル)に頼った。
「知識とは良いものである」
これが証明された時に「女が近づく足音」の存在を周囲の男たちは感じたのだ。
聖なる海とサンシャイン

この、「三位一体」の世界で「知識とは良いものである」ということを証明したのならば、周囲は「何をしたらいいのか分かってんだろ?」と言うしかない。
何をしたらいいのかは分かっている。
しかし、時間がかかることも自分が誰よりもよく理解していた。
だが、神は確かにイエスに「お前は私の息子だ」と言ったし、「鳩たちが群がるだろう」と言って富を約束した(マタイ3:16-7)。
本来、友人二人が「三位一体」を演じていたが、神が「お前は私の息子だ」と言った時に「おじと弟」が三位一体の陣形を組み始めた。
しかし、「何をしたらいいのか分からない」連中は何度襲いかかってきても、本当に公園で鳩に餌をやる生活だけが待っていた。
イエスは「お金集めがうまい」ハト派に囲まれていた。
「知識とは良いものである」(ソフィア)ということを理解するかしないかの違いがあった。
タンポポ 恋をしちゃいました

いじめられたイエスキリストの周りには、常にいじめがまとわりついた。
しかし、まるでタイムマシーンに乗って過去に戻って「ステージの上でのダンス」を繰り返すように、何度も何度もいじめを撃退したのだ。
「知識とは良いものである」
これが「どのように」とつながったからこそ同じ場面をみんなが目撃した。
「父と息子の永劫回帰(永遠の繰り返し)」は、いじめの場面でもイエスキリストの周りで永遠に繰り返された。
周囲が分かるようになるまでやったのだ。
国家社会主義と共産主義はその戦いの最終形態として雌雄を決しようとしていた。
タンポポ 王子様と雪の夜

父は神である。
子は神である。
神は神である。
父が子を育てる。
神はより神になる。

あくまでも、父と息子の関係が永劫回帰(永遠の繰り返し)によって「神をより神らしく」していた。
父の方がより人生経験が豊富であるのに、なぜ、イエスキリストは神となったのだろうか?
それは、語学力としか言いようがない。
「どのように」を理解していたのであり、「知識とは良いものである」ということを証明したのだ。
この「どのように」を国家社会主義と共産主義は「どちらが優れているのか?」の雌雄を決しようとしていたが、アメリカとイギリスがメディア資本主義によって握りつぶした。
NEWSな未来 CoCo

エホバの証人は「我々はあくまでも神の目撃者である」とし、父と息子から距離を置いた「おじと弟」として「何も学ばない」ことを正当化した。
わざわざ「バカげた冊子」を配布して「神の目撃者」としての地位にとどまり、ハーバードやスタンフォードエリートとは距離を置いていたのだ。
しかし、「何も学ばなくていいよ」というエホバの証人の立場にも支持が根強かった。

神はひとつだ。
三人の神聖な人間がいる。
三人の神聖な人間の中に「神聖な若さ」がある。
神は父親のような人だ。
神は人間だ。
神は父と同じだ。
神は息子と同じだ。
息子は父親とは違う。
神とは父親のことなのだろう。

エホバの証人は、今をときめく哲学ロックスターであるイエスキリストを見て、「神とは父親のことなのだろう」と証言した。
イエスキリストの若さを包み込むような寛大さが父親にはあったのだ。
国家社会主義などという思想の持ち主であるイエスキリストにとって、父親とはそのようなものであった。
ロックミーアマデウス

凡人はハニトラにハマって出産を祝福し、反則を用いた者は噂を使って出産を祝福し、本命彼氏は「胸に響いた言葉」を使って出産を祝福する。
ハニトラの話は「なかったことにし」、噂に「一喜一憂」したのがおじと弟だった。
このようにして「イエス一神教」は生まれた。
「はじめに言葉ありき」
それはどの男の子にも言える話であった。
西方・ラテン・アウグスティヌス教会と、東方・ギリシャ・カッパドキア教会は「より処女にこだわった」西方教会と、東方教会に立場が分かれた。
「反則と噂」の方が「本命・胸に響いた言葉」よりも強いとしたのも東方教会であり、いわば、女は「幼い恋」しかできないという立場であった。
銀色の永遠 藤本美貴

この「三つ巴の戦い」をみて、それでもなお「神とは父親のことだろう」ということを認めないのであろうか?
イエスはとんでもない美男子として生を授かったのだ。
イエスが偉大であればあるほど「神は二人いた」と信じられるようになった。
キリスト教を深めていくにつれ「この子にしてこの親あり」という形で、キリスト教二神論が信じられていった。
日本国の長寿社会の実現と、機会の平等(アメリカへの寛大さ)がそのような信仰を作っていったのだ。
ふたつにひとつ 瀬能あづさ

しかし、「母の純潔を信じて強くなった」イエスキリストにとっては、このような「自身の出産の秘密」に三人の男が関わっていたことを認めることには「負の側面」が存在する。
神は一人という立場でも「二人」という立場でもどちらでもいいとされる。
息子の成長次第だろうと思われる。
rebecca when a woman loves a man

ヨブは人生のどん底の中にあって、人々の「病気」を見つめた。
「病気の治療」こそが富となることを知ったのだ。
セックスの専門家であるルイ16世は傲慢になっていたし、ラファイエット将軍は幼児教育を「主婦層の支持につながる」と考えていた。
しかし、ヨブは「病気を富に変える」ことを考えていたのだ。
鬼火 ルイマル監督

映画「鬼火」は、まるで、失業中の画家を描いているようだ。
パノプティコン刑務所(バスティーユ)襲撃が始まろうとしていた。
病んだアイドルたちがそこにはいたのだ。
マグナカルタやカノッサの屈辱などを経て、バスティーユは強度を増していた。
いつの時代も「新カント派」はアイドルたちの神となってバスティーユ襲撃を試みてきた。
昔は、東京から右翼が総動員されるなどの騒ぎもあった。
「どうなったって知らないからね」と言って、理事長の秘密をビラで暴露するものがいたのだ。
看護婦とベッドをともにして秘密を聞き出すものがいた。
私の心はどこに向かおうとしているの?
女たちは、まるで局部を失った生き物のように「愛される」ことを望んでいた。
上海倶楽部・国家社会主義が完成したのち、新カント派は「マグナカルタやカノッサの屈辱」を上回る理論を手にしたと言われた。
哲学と権力の競争にカントは一歩リードする形となった。
安倍なつみ 一人ぼっち

ウェストミンスターは常に「プレス」「レビュー」などで見解を出し、「バスティーユの王」とは何か?を語っていた。
アイドルの起源とは「男としての性質を持った女」にあることや、ひどいいじめに遭遇した男こそが「次世代の王」にふさわしいこと、そして「女たちにとって宗教とは何か?」を語っていたのだ。
幸いにして、私は「鬼火」の主人公のように「自殺」という末路をたどるつもりはないし、かつて「クーデター」を成功させた「元患者」である現在の理事長には敬意を払っている。
理事長を「神」と仰ぐ女たちは大勢いるし、かつてのきな臭い「精医連」などとは私は無関係である。
なにしろ「成功する公算の大きい」クーデターも、芸能の側がその存在を否定していたからである。
死刑台のエレベーター


【壮大なテーマ】

« 今でも生きているイタイイタイ病。 | トップページ | 神道指令2019。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働。:

« 今でも生きているイタイイタイ病。 | トップページ | 神道指令2019。 »