最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 農林水産。 | トップページ | 宮内。 »

2019年1月 6日 (日)

防衛。

国防とは「プライバシーとの戦い」である。
女による略奪愛の研究や、別れが近いカップルが思い出話ばかりしていること(憲法)を、アイルランドのサーバーでよくよく研究しなければ、とてもではないが外国国家を落とすことはできないし、日本国も落ちない。
女の名前がグーグルの検索キーで引っかかることもない。
すべて、国防の問題である。
メディアは、自国の防衛のために各家庭を「取材」するが、自分の国のマスコミよりも「外国国家の方が私のことに詳しい」となった時に、国家が「占領」されるのだ。
すべては「アイルランドのサーバー」によって、命運を握られているのがアジア地域の安全保障であり、そのため、「アジア地域は拳銃よりもお金がモノを言う」という安定感を見せている。
フェイスブックの「友達」から急に女が消えたことをどのように解釈すべきだろうか?
愛が止まらない Wink

さらには「性の経験の違いによって女が住み分けていること」「女を口説く言葉のネット上での蓄積」まで、外国国家は研究を進めるだろう。
すべてを、「秘密」にすることが必要である。
女同士のサークルや、日本国の哲学者のブログを外国国家に察知されないことを国防と呼ぶのだ。
北朝鮮は「韓国メディア」をうまく排除しながら、改革開放を進めていかなければならない。
「韓国の方が私たちに詳しい」と北朝鮮の庶民が考えたらもはや国の命運は尽きるのだ。
日本国は「言語の問題」があって、外国を落とすことも落とされることもないだろう。
アイルランドで朝鮮語や中国語を丹念に見る余裕など防衛省にはないし、「レーダー照射」などといった「戦争ごっこ」しかできない。
誰と誰が「ちょっとあやしい」
そんなことは日本人の方が外国国家よりも詳しい。
アイルランドで日本語を丹念に見ている外国国家も存在しない。
唇がふれあえば Melody

台湾をめぐって、米中が武力衝突しても、アメリカが目指すのは「中国の非核化」だけであり、中国を「領土」にしようなどとは誰も考えていない。
「誰と誰がちょっとあやしい」
そんなことまで研究しようとは思っていないのだ。
「有名人や金持ちが凡人として生きる」という農業と国防は密接に関わっているし、「有名な作家ならば近所の歯医者や床屋に行ける」という知的財産とは微妙なバランスを維持している。
ケネディが、マリリン・モンローを寝取ったおかげで、マリリンはリベンジポルノの嵐に見舞われ、マリリンはひどく落ち込んでいただろう。
それでも「ケネディを暗殺するなんてキチガイだ」という情報を外国に知らせなければならなかった。
中森明菜 デザイアー

「お金がモノを言う」
それは「2100年1月1日の海戦」でも同じだろう。
世界は「2100年1月1日」に世界地図を引きなおそうとしている。
どのみち戦争では世界地図は変わらない。
「2100年1月1日の海戦」で「世界全体を豊かにしよう」と考えて世界地図を書き換える予定なのだ。
女たちは団結している。
しかし、「どのように?」と言われると、それはSNSというかなり分かりにくい世界を用いている。
1900年に世界がやったことを2100年に世界はふたたび行うだろう。
日本国は、1900年に領土拡大を行う国であるとみなされている。
2100年にどう思われるかは明らかではない。
しかし、1900年の記憶は、いまだに21世紀は持ち続けている。
世界が想定している「国力・領土ポテンシャル」は、日本国は「日露戦争に勝った時のまま」なのである。
原子爆弾など計算に入っていない。
日本人として「私の顔」が何を考え、外国国家をどう思っているのかを理解する必要がある。
北朝鮮に怯えている「私の顔」があるのならば、2100年1月1日に何が起きるかは察するに余りある。
タンポポ 私の顔

北朝鮮は2100年1月1日まで見通しているかもしれないが、日本国の政治家はそうではない。
北朝鮮は現在、韓国と「非核化」について話し合おうとしている。
トランプが、日本国に存在する「北朝鮮脅威論」を封じ込めることに成功したかのようだ。
国民の団結を目的に「Jアラート」を使うのも政権の都合であるが、「私の顔」をもっと自信に満ちたものにしていかなければならない。
北朝鮮は、非核化に向かうだろう。
日本国の「信用できる友人」は「韓国とヨーロッパ」だけである。
韓国はいまだ自分たちを「日本の領土内にいる」と考えており、信用できるのだ。
アメリカも中国もロシアも何を考えているかは分からない。
従軍慰安婦が20万人存在したことを認め、慰安婦像にひざまずくだけで解決する問題だ。
簡単な「答え」だけが2100年1月1日までに残された。
日本人は「国連」とさえ言えばなにも言えなくなる国である。
ロシアは「国連を利用し」、中国は「国連を邪魔し」、アメリカは「国連から日本を外そうと」している。
この図式を睨みながら、2100年1月1日をみんな待っているのだ。

北朝鮮は、2100年1月1日の海戦で日本が膨張しないためだけの理由で、「世界最大の影響力」を楽しんでいる。
中国、ロシア、韓国、日本、アメリカという国のど真ん中に位置し、オバマ政権が「アメリカさえ怒れば周辺国が北朝鮮にお金を放り込む」という分析を行い、「忍耐強い無視」という政策を取った時に、北朝鮮の王朝マネーが縮むのが観測された。
しかし、「忍耐強い無視」が韓国をどれだけ傷つけていたかものちに悟った。
インターネットは「女をリクルートメントするために使われている」という側面がある。
女たちはプライバシーまでインターネットで晒そうとは考えていない。
写メを利用して「調達」されることが目的であり、自分の「人間関係」(誰と誰があやしい)までは明らかにはしていない。
北朝鮮はインターネットに頼りすぎている。
その限界も知らなければならない。
女たちのプライバシーも「男次第」という側面がある。
「自分の女を奪われたくない」
ここに、女のプライバシーが守られる秘密がある。
明るい放課後の過ごし方 おニャン子クラブ

アメリカ合衆国憲法修正第四条は、「医者がプライバシーを漏らしているんだ」として、夫婦同氏・母子同氏という原則を越えて、匿名を名乗ることを認めている。
これが、国防とも深く関わることになった。
自らの「病んだ側面」をよく知っている医者がプライバシーを公にすることさえ抑え込めば、案外、国防において「日本国は難攻不落の要塞」となるのだ。

« 農林水産。 | トップページ | 宮内。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防衛。:

« 農林水産。 | トップページ | 宮内。 »