最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 防衛。 | トップページ | 郵政。 »

2019年1月 9日 (水)

宮内。

日本国の神道や仏教にもその影響は及んだことになるが、キリスト教・ユダヤ教・イスラム教は「アブラハム」を神とするようになっている。
つまりは、王室の三男であるアブラハムが、「世論を背景にした次男」「権威を背景にした長男」に打ち勝つ物語だ。
次男グループは平気で「集団指導体制」などというものを素人集団で仕組もうとしたし、アブラハムの息子グループは「チーム」などというものを構想していた。
つまりは、アブラハムは「素人であってはならない」ことを意味し、類まれなる才能で国を豊かにしたのだ。
男が男を崇拝するというのが「神」であるが、崇拝といっても「いつもいられたのでは迷惑だ」という難しい側面もあった。
男であることから女たちは「吐き気」を感じなかったが、一定の若さを維持していたアブラハムとおなじ「恋愛マーケット」で女たちを奪い合わなければならなかったのだ。
小学生美少女もアブラハムに憧れていたため、「神であること」は非常に難しい問題を生じさせることになった。
素人男は平気で「俺は平時の指導者だ」と言っていたし、世界の「戦争ポテンシャル」
を無視したため、アブラハムはプロ野球やサッカーを常に必要としていた。
昨年のワールドカップでも「ファイナンス担当」を政府の中枢で務めたし、「勝負事」に勝ちたいという人々の願望がなければ、「素人でも君主が務まる」と思われるのがオチであった。
「お手ふりをしてテレビに出たい」
そんな奴もいた。
2017年に横浜DeNAベイスターズは日本シリーズに進出したし、2018年のワールドカップでは日本代表は決勝トーナメントに進出した。
そのたびに、アブラハムは存在感を高めてきた。
「チーム?」「集団指導体制?」そのような不信感を得るのに十分すぎたのだ。
ヒンドゥー、仏教、道教、儒教、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教など「神」というものが作られる過程は異なったが、「神」の前では女の子は無表情だったし、無関心(60%ポジティブな表情を浮かべる)であることはなかった。
なぜならば、マスターベーションを想像したからである。
女たちはセックスに対しては「いつも本気」だった。
愛してジャスティス ribbon

元アイドルたちは、自分が昔、歌っていた音楽作品が「いまだに発信力があるのならば」元所属事務所やレコード会社が社債を出せるために、「おこづかい」欲しさにケンブリッジ大学に出入りし、「あの音楽作品はどういう意味?」ということを知ろうとした。
哲学は、ケンブリッジのみならず、オックスフォード、スタンフォード、ハーバードなどで研究されたが、それに対する人々の尊敬の念は各教団で表現されたので、
ブリティッシュソサエティ、ノートルダム大学、グラスゴー大学、ジョンヒックセンター、バーミンガム大学、ローハンプトン大学などで「各セクト」の存在が分析された。
スタンフォードは大雑把に「真理はひとつ」であるとして強烈な「一神教」を推進したのだ。
しかし、読者の「男たち」は確実に「セクト化」を進めていた。
小野光太郎から学んだ「神」はもはや800人はいたし、各自が「イケメン」であった。
女を口説くのもうまかったし、金もあった。
各自が「王子さま」としての待遇を受けていたし、街をうろついていた。
いろんな女の「子供の気持ち」を味わったし、毒を盛られることもあった。
スタンフォードは一神教を推進しても、セクト化の分析だけは別の研究機関に委ねるしかなかった。
新訳聖書は「セクト化」について語ったものである。
各セクトは「もっといろんな音楽作品がある」ということも主張した。
しかし、アブラハム(小野光太郎)ほど「重たい命」をもった男はいなかったのだ。
セクトの神たちは「8月革命説」つまり「夏休みの終わりを資金力に変える」理論をめぐって乱闘騒ぎを起こしたりしていた。
夏休みに出会った「女の子」をめぐって喧嘩していたのだ。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ

俺の方が女の子を口説くのがうまい、お前はロンドンを知っているのか?
これが乱闘の原因だったようだ。
中には「とっととアブラハムには死んでもらいたい」と考える人もいたが、「アブラハムには今後とも発言し続けてもらいたいね」と考える「進歩主義」の立場の男もいた。
800人の「神」は「考え方」はアブラハムから学んでいたが、それでも、切り口が見えない問題は山ほどあったし、ワイドショー番組は毎日、神々に「課題」を示し続けていた。
C.D.ブロードやアヤラなどが「ワイドショー番組の可能性の無限性」を指摘し、「これではアブラハムに死んでもらうわけには行かないではないか?」と語っている。
昨年のワールドカップでは、紀州のドンファンの妻という「冤罪女」をメディアで大々的に躍らせ、ポルノまで売りさばいたアブラハムであったが、「ワイドショーの可能性は無限」ということが証明されたのだ。
アブラハムの「考え方」をマスターすると言うことは、いろんなことが分かるようになることを意味したが、しかし、それも「今後の熱心な読者」になることをも意味した。
「寺院を作りたい」と言ってアブラハムに死んでもらおうとした人たちはいたが、「進歩主義」の方が勢力が勝ったのだ。
国民全員が、紀州のドンファンの妻の「夫殺し」を疑ったのに「やっていなかった」という自己欺瞞は、妻を国民的ヒロインにしたが、しかし、「あの巨乳に吐き気がするのよね」、あるいは「すぐに忘れ去られる」という「死の衝動」をともなったため、ワイドショー番組は無限性を証明したのだ。
いずれにせよ、多くの週刊誌がアブラハムの発言に沈黙したし、ワールドカップの日本代表の善戦に文句をつけるものもなかった。
「担保とはなにか?」(ミスワールドという女がいる)
「保証とはなにか?」(保証人に女性関係のすべてがバレる)
などの、民法の知られざる側面が、「すべてが納得がいく」(エビデンス)形で国民に知られた。
このような「カルマ」(伝説からの教え)が、永続的に続くようであれば「進歩主義」という立場は生まれざるを得ない。
とにかく「すべての専門家が見抜けなかった」ということは衝撃であった。
あるいは「西郷どん」においては「宮様のお考えとはなにか?」を明らかにした。
「髪の長い女の資金力を利用しよう」というものを「御簾の奥」はほとんど大混乱の状態でありながら発言したことも、ワールドカップに活用された。
スタンフォード大学も「だんだん宿題が少なくなってきている」状態ではあるが、毎日、「新しい宿題」をアブラハムに提供し続けている。
「神ってものは必要だよ」
そのような進歩主義者が増えればいいだけの話なのである。
ひとつの大事件を解決しなければ、いかなる「イケメン」「神」も東京進出は決められない。
現在、それを虎視眈々と狙っている男はいるだろうが、まだ、アブラハムの弟子の域を出ない。
何のために「アブラハム」は存在するのだろうか?
進歩主義は存在するのだろうか?
「貧乳レズビアンが女になりきれない」
つまりは、AKBグループや坂道シリーズの女たちが、「勉強ができる」「スポーツができる」男に「女」「ご婦人」と呼ばれたいだけなのだ。
「真面目にやっている子はいる」
と言っても、「男を愛せない女」ではないのだろうか?
「男を愛して欲しい」
これが宗教というものの正体なのだ。
アブラハムとしては「若い女でもあてがっておくか」というような「知的弱者」には細心の注意を払わなければならない。
このようなことは「大きなお世話」という側面がある。
女にも困っていない、情報にも困っていないアブラハムに「知的弱者」は「悪」しか選択肢がないのである(善悪の彼岸)。
おニャン子クラブ LINDA

紅白歌合戦にせよ「男女の二元論から斬る」ということを覚えなければ「メジャー宗教」にはならないし、仏教やヒンドゥー教などもこれらはクリアーしている。
相撲界の不祥事も「男女の二元論」で斬れるメディアが現れれば面白いのだろうが。
女性の方は土俵から降りてください。

女性の局部は「やっている時」と「そうでない時」の二種類がある。
「やっている時」は、「男の実績」「自分勝手さ」「まあこんなもん」「私のお金」の四つを感じながらやっている。
しかし「そうでない時」のお金の方が金額がべらぼうなことを悟る。
愛の炎 田中れいな

女には、自分の局部が「やっている時」に感じる四つの感情以外に、仲間作りが必要であった。
そのために「やっている時」の記録は豊かな方がいいだろう。
女同士や男同士が大喧嘩することがある問題である。
プラトンは「男の実績」「自分勝手さ」「まあこんなもん」「私のお金」という「やっている時」の女性の局部から、多くの「詩」を作り出して富につなげた。
アウグスティヌスは「全能の神」として国民が愛し合うことを税収につなげたが、それも、「やっている時」の女性の局部に、「そうでない時」にどれほどの意味を持つのかという問題をプラトンが明らかにしていたからである。
「全能の神」としては、「文化の成熟」をプラトンに委ねなければ、国の税収につながることはそもそも想定できなかったのだ。
シルバーの腕時計 モーニング娘。

アリストテレスは、プラトンの意を継いで、「男にとって女が身近であるために」男女共学や、男女の共存を社会のシステムとして組み込んだ。
すべてを知ることは感じなくなることである、とも言われ、モテることは感じなくなる、あるいは「勃たなくなる」ことにもつながりかねない。
バカな女は「やらなければお金にならないでしょ?」と考えて商売女のように振舞った。
男も「そうだよね」といって簡単にセックスしようとするだけだった。
この男女の「バカさ」と「性欲の単純さ」にどの大人たちも介入しようとした。
「感じない」のでは介入しようとは思わないだろう。
しかし、「読まない」「興味がない」のでは介入もできないだろう。
「食べる」「飲む」とは素晴らしいことではないか?
それを理解しているものが文化を成熟させたのだ。
健康な男ならば「そうだよね」と言うはずだとバカな女は考えるし、「感度が鈍る」という哲学者やアーティストの都合は知っていたので「計算が面倒だわ」「吐き気がする」といって関わるのをやめてしまう女もいた。
秋の貝殻 クレア

ブレンターノ(1838~1917)、ブロード(1887~1971)、ロス(1877~1971)、エウィッグ(1899~1973)がいなければ、ストイックな「大人」は今の日本国には存在しないことになっただろう。
レコード会社が欲しいのは「お前じゃなくて金なのさ」というような異彩を放つものもいた。
ロールオーバーゆらの助

ブランシャード(1892~1987)は、このような「大人たち」の影響を受けて、「セックスしない方がいいな」とすら言い始めた。
法科・法科といって勉強もせず、といわれる学生はいたが、「オタク」を経験してのちにひと財産築いたのはブランシャードが初めてだっただろう。
ブランシャードの「詩の解釈」はとにかく傑出していたし、「法学部なんてくだらん」と言って「面白いこと」をやろうと考えていた。
ビクヴィストも、オタクカルチャーを歓迎していた。
なぜならば、「異性と語り合わなくても病気にならない」「勉強に専念できる」からであった。
しかし、「国家社会主義」の立場に立つのならばこれは危険な考えである。
「国の学問の限界」をしり、「覇権国家の学問」へと関心の対象を向けるのが国家社会主義であり、「国の学問の限界」を知るというのはかなり心に堪えるものだったからだ。
CoCo イコールロマンス

カントは「オタクカルチャー」とは距離を置いていた。
ニーチェが作った「アニメ」に対して、「父と息子が認め合えない」(神は死んだ)という問題が存在することから、カントは「女性たちともっと話しをした方がいい」と考えていたのだ。
カント自身が「ドイツという覇権国家」に身を置いていて、国家社会主義者ではなかった。
カントは「日経平均株価」のようなものに対しても「定価というものは出せないのかね」とシティに対して指摘していた。
カントは「哲学の発展次第では、女の値段は青天井になりかねない」と考えていたのだ。
現在の日本国では、海外の無修正サーバーが「女なんてこんなもの」ということを示している。
ITバブルにおいては「女の知られざる側面」は、株価を倍以上に引き上げたが、今は逆の方向を海外のサーバーは見ているのだ。
判例は「海外のサーバーであれば無修正容認」という「ITバブルを一時的に引き起こす判断」を下していた。
けっこう場当たり的なものであり、のちの哲学者の成熟を待つしかなかった。
CoCo 君の歌僕の歌

デューイのようなプラグマティストは「いまさら君からそのような話を聞いても驚かないよ」という立場に立ち、貞淑な妻を持ち、それ以外の女の「性遍歴」にまったく無頓着に話をした。
女たちは「いったい私は愛されているのかな?」と思うこともあった。
保守派という「モンスター」がカントを学んだら、それはプラグマティズムの完成だった。
女たちはプラグマティストに対して「セクハラだ!」と愛情を求めた。
ブラッズレーも「パワフルな政治家であるためには、貞淑な妻は必要なんだ」と考えていた。
シェリー・カガンが「リンカーンは気持ちよかったわ」と本に書いた時に、リンカーンはパニックになっている。
のちにリンカーンは暗殺されている。
そもそも、中世の「バラ戦争」は、よりパワフルな政治家を「貴族」としていた。
つまり、貴族が「保守」「純潔」を求めるのは当然でもあったのだ。
貧乳レズビアンから人生をはじめても、のちに「男に必要とされる」存在になる可能性は十分にある。
AKB48 ヘビーローテーション

ロスは、「カントの言うように、女の値段を青天井にすることはレコード会社には無理なんだ」とも語っている。
処女と言っても「貧乳レズビアン出身」であることが多く、各自が自分の好きなように生きていたからである。
「そうでない時」つまり、セックスしていない時の女の局部を見ていても、
「これが富につながるんだな」
「どうやってキスから出産までつながるのかな?」
「どんな男に金をもらうつもりなんだ?」
などと産婦人科医は考えるだけだった。
AKB48 ハロウィンナイト

私が、フィギュアスケートで学んだことは、画家のゴッホにも言えることであり、ゴッホは、「弟をスポンサーとし、郵便局員と医者を評論家としていた」という記述である。
どんなビジネスでも、必要なのは「スポンサーと評論家」であるが、そのサークルは「身近な人」でかまわない。
キムヨナはバンクーバーオリンピックで、これを見事に使いこなした。
彼女に関する本が英語で出版されており、「生後8ヶ月で立ち上がり、待っている余裕はなかった」という記述から始まる本だ。
バンクーバー キムヨナ SP

バンクーバーオリンピックが終わった後に、日本では「八百長だ」という声が多かったが、アメリカのメディアは「スピンやスパイラルなどのベーシックエレメントが完璧だった」と報じていた。
浅田真央はこの情報に接しておらず、佐藤コーチと「ジャンプの修正」を始めてしまった。
しかし、私は「ベーシックエレメントとは何か?」という研究を始めた。
エレメントとは「キス」のことであり、ベーシックとは「結婚」のことであった。
どの女性も、恋愛と結婚は違うスポーツと考えており、エレメントとベーシックは異なる。
キムヨナの描く曲線はエレメントであり、外国で活躍するスパイであるジェームズ・ボンドに近づく女のようであった。
聖なる海とサンシャイン

才能に近づく女はやがて、「もうひとりの女」と略奪愛を繰り広げる。
ジェームズ・ボンドをめぐって略奪愛を繰り広げた二人は、キムヨナの前では浅田真央は「評論家に恵まれなかった」という意味ではピエロのような扱いを受けた。
キムヨナは、唇と胸を最大限に活用し、その唇は、氷上で「曲線」として表現した。
一度キスを許した男には、二度許す。
彼女の描く曲線は常に左右対称であったし、そうでない曲線は周囲の男を挑発したのだ。
一方、ベーシックというのは「結婚」を意味するが、「完璧な男らしさ」を求めるものだ。
キムヨナが「ジェームズ・ボンド」にその対象を絞ったことは、完璧な選択であったし、「アメリカとカリフォルニア」にそのメッセージを送ったことも最高の選択だった。
略奪愛、そして、別れ際の思い出話、女を口説く力量、すべてを乗り越えての「結婚」であったため、ジェームズ・ボンドという最高の素材を選択したことは、のちの女子フィギュアも参考にしなければならない。
自分にもっとも「お金」をかけてくれた男と結婚する。
これがベーシックであり、キムヨナは「ジェームズ・ボンド」をそのための「イケメン」として選択したのだ。
自分が「ジェームズ・ボンド」をよく理解しなければならない。
周囲が「ジェームズ・ボンドとは何者か?」をよく知っていなければならない。
自分と周囲という「二つの目撃者」がいなければ「結婚」には至らないのだ。
愛が止まらない Wink

ベーシックとは結婚のことである。
売春を行い、行為が終わった後に、お金を踏み倒す事例があるが、大阪地裁と東京地裁で判断が分かれた。
「大阪では踏み倒しができない」
これは、「男が愛欲の限りを尽くした後にも紳士に戻る」つまり「結婚相手として選択できる可能性」を考慮したものと考えられる。
「マナーが悪いと損をする」
このことを、売春踏み倒し事件は表現しているのだ。
カントは「犯罪を犯すと処女がやらせてくれなくなる」としたが、
ケルゼンは「ガラの悪いやつは売春代を踏み倒せない」とした。
郷土料理は「ガラの悪い田舎」で「欝になる女たち」が生み出したし、田舎者は売春代を踏み倒せないと同時に、結婚相手にもならなかった。
愛のクレイジーエプロン

「男らしさとは何か?」を語り合うのが宗教であるならば、「女心とは何か?」を語るのが政治である。
1960年代の東京の「セックスと革命の嵐」は政治と宗教を成熟させており、「理想の結婚相手」の議論も出尽くしていた。
そのために、売春代踏み倒しも可能となっていたのだ。
判例上、可能であるのならば、ヤクザを使うしかなくなっていたのが女の事情だった。
女も「結婚するつもりがない」という意思表示だった。
大阪の判例によると「警察を呼んでもいい」ことになる。
権力の中枢である東京では何度も「クーデター騒動」が起きており、「買った女と結婚する」ことも想定され、「命令」というものが周知徹底されていた。
大阪の芸人は「東京はこんなに簡単だったのか」と思うほど、「権力に逆らって笑いを取る」ことは東京では難しくなっていた。
やすきよ漫才

この、売春代踏み倒しの事例が東京地裁と大阪地裁で出揃ったのは20世紀中頃であった。
それまでは、「サラリーマン主権」が確立しておらず、「イエスキリストの主権」が信じられていたため、痴話喧嘩を裁くのも、大学を卒業して十年ぐらいぶらぶらと司法試験の勉強をした男が「イエスキリスト」として痴話喧嘩を裁いていた。
しかし、今は、「職場で解決してしまう」という方向性に向かっている。
社内での「修羅場」をくぐりぬけたら、「気が付いたら出世していた」というような男も痴話喧嘩にめっぽう強く、人望があった。
司法試験組かサラリーマン組かの綱引きはつい最近まで続いていたが、サラリーマン組が勝ったと言われている。
司法試験組(イエスキリスト)の敗北は、教科書ばかり読んでいて、政治活動を行っていない彼らの実態を表現しており、「誰の指図も受けなくていい」というメリットを使いこなせなかったことに由来するものだ。
痴話喧嘩と距離を置きたいから資格を取りたいという連中には大きな罰が下った。
しかし、ハンス・ケルゼンは異なる考えをもっていた。
司法試験受験生でありながら、多くの女たちと話しをし、彼女たちの支持を集め、「女たちに有名だから」司法試験委員がその男と会いたがるということまで想定し、「イエスキリストの復権」を虎視眈々と狙っていたのだ。
「資格、資格といっても、結局、ヤクザの相手をするものなんだよ」
なんだか法律書だか政治学の本だか区別がつかないような教科書をみんなが待ち望んでいた。
そのような状況が生まれてようやく「ロースクール」「新しい国のカタチ」が見えてきたのだ。
弁護士のくず

「ゼロワン地域で仕事がしたい?」
メシはうまいがガラが悪いぞ?
しかし、そのような男が書く法律書は、もはや教科書の原形をとどめておらず、政治学となんら変わりのないものだった。
「社会のピラミッドなんて宗教と政治だろ」
そのようにして「イエスキリスト」は「ロースクール」「新しい国のカタチ」を現実のものとした。
「面白さ」と「紛争解決能力」で、今までの法律書を圧倒する必要があった。
世の中の紛争なんて「痴話喧嘩」か「金儲け」の問題だと割り切る必要があったし、イエスキリストはとにかく金儲けがうまかった。
ケルゼンにせよ、H.L.A.ハートにせよ、「誰の指図も受けないイエスキリスト」を信じていた。
それぞれの家庭は「女たち」に圧力を加えていた。
病院やドトールコーヒーに毎日通って有名人になることが司法試験組には求められた。
「法律事務所」なんてものはバカげていた。
病院やドトールコーヒーに出入りする司法試験組が「仕事」というものが分かるようになっていた。
地方裁判所までは「イエスキリスト」の独壇場だった。
便箋にサラサラと「訴状」「督促手続き」「仮処分の申し立て」を書けばいいだけだったからだ。
しかし、高等裁判所ともなると「イエスキリストなんて嫌いだ」と言って、「法律事務所」の存在を要求した。
それはその時になって事務所に戻ればいいだけの話だ。
上訴された時に始めて「事務所」は必要とされるのだ。
普段は、ドトールコーヒーでひたすら女性と話していればいいのが弁護士だ。
なにしろ「家庭内の圧力」は常に女性に加えられていたからだ。

« 防衛。 | トップページ | 郵政。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮内。:

« 防衛。 | トップページ | 郵政。 »