最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 通常国会今月28日召集へ。 | トップページ | 今でも生きているイタイイタイ病。 »

2019年1月16日 (水)

エンタの神様。

エンターテイメントの基本は「パートナーとの約束」「教義」を守ることにある。
これは、旧約聖書がエンターテイメントの起源であることを意味する。
真夏のフェミニスト ribbon

ツーショット写真を撮らなければ、二人の「エンターテイメント」は始まらない。
「彼はまだ犯罪を犯していない」
赤い、赤いんだよ男は。若すぎるのだ。
奇跡の肖像 工藤静香

禿げた男は「パートナーとの約束」「教義」を守らなかったため、恐怖心から禿げている。
「家庭を守らないからはげるんだよ。お前は!」というつっこみもエンターテイメントの基本となる。
しかし、このつっこみは「どれだけ二人が愛し合ったのか?」にあまりにも無頓着ではないだろうか?
禿げる男はとにかく「赤い、赤いんだよ。若すぎるのだ」と言っていい。
若すぎた男には「どんな悪意を与えてもいい」とされ、これが笑いの基本となる。
「まるで三歳児のように髪が薄いな」という表現も考えられた。
普段ならば「ちょっとドアを閉めてくれる?」と言われて「ハイ」と答える関係の人間が、エンターテイメントではこのような「禿げネタ」を使ってビッグマネーにつなげる、これを理解しなければならない。
愛を知らないとこの仕事は務まらないのだ。
どの男も「家庭」を大事にしている。
しかし、「芸人」という職業はそのようにして成り立っている。
子供たちは「彼女とどこまで行った?」と語り合っていたが、大人の世界ではそれをぶっ壊す男がいたのだ。
これほどの笑いはなかった。
「戒律を守らないものに悪意を与える」
これがみんなを笑わせた。
どの音楽作品も「二人」を祝福していた。
艶姿ナミダ娘 小泉今日子

カミさんがおるのに、エロビデオを両手に持って(松本人志)という発言は、相方を「大人扱い」しすぎている。
孤立がなければ禿げない。
面倒な計算をくぐりぬけなければならないのが「赤い、赤いんだよ。若すぎる」男であり、戒律の立場からも、音楽作品の蓄積の問題からも、禿げた男をエンターテイメントで笑いにしない国はキリスト教国家にはない。
お前はトマホークか?俺はクラリネットでよかったわ、などと発展させるのだ。
クラリネットを鳴らしてメシ食ってんのや。クラリネットに自信がつくわ。
放送が終わった後に、人々が「旧約聖書とは何か」を考えてくれれば、エンタの神様としての役割は十分に果たしたことになる。
番組を見ていた男は、彼女を振り返った。
渚のはいから人魚 小泉今日子

旧約聖書どおりにはいかないものだ。ここから「ヘンタイ」も笑いに変わった。
すべての人が旧約聖書を尊敬していたことを知った。
マルクスは「旧約聖書にしたがわない男」の革命家としての才能を見出している。
男女の共存はすでにインフラとして整備されているし、それをエンターテイメントに変えない人はいない。
あくまでもエンターテイメントであり、非日常の世界での話である。

あんた社長さんか?仲間もいれば学歴もあるだろう。しかし、女を寝取る才能があるのならば軍隊に行け。
SPEED Deep Blue & Truth

軍隊には金も仲間も必要なんだ。
ギリシャはそのようにしてシバリスを征服した。
もっとも、シバリスは「ローマ帝国」と名前を変えたがな。
だが、ローマ帝国が「旧約聖書」に逆らうか?
そうやって、世界の浮気者が国を作っていったんだよ。
SPEED Luv Blanket

40年ごとに旧約聖書は改定されている。
お前の息子も禿か?
旧約聖書を持って、近所に買い物に行き、ベルギー・オランダ・スイス・イタリアは貿易をしたわけだな。
著作権の起源は旧約聖書や。
「版権切れ」というのがなければお前みたいな禿げがまた生まれるだけやな。
産業革命を引き起こしたのも版権や。
TPPというのがあるやろ。金と仲間がおらんと成り立たん。何が起きるか分かるか?秘密しかない。
貿易なんてのはカミさんの一番の頭痛の種やねん。
秘密まで外国の女がベラベラ本に書くからまた版権が生まれるんやな。
そうしたら産業革命じゃ済まんで?テクノロジーや。
I Remember SPEED

ええ投資してくれや。金と学歴、仲間がおるんならな。
旧約聖書さえ持っていれば入店拒否もないからな。
禿げがおらんと経済発展もないわな。
汗水たらして働く労働者もお前の金目当てに働いていとる。
金と学歴、仲間いうのは怖いね、ホンマ。尊敬するわ。
あんたが食いたい言うメシはなんでも外国が作ったわ。
辛ラーメンなんてのは日本人が食うものや。
Wink 愛が止まらない

とにかく、ワシはフサフサやけ。とりあえず、版権ゆうものは否定させてもらうわ。
禿げたらかなわん。
芸能界が国を作ったのは認めるがな。

二人の愛を歌った音楽作品はワシが作ったもんではない。
しかし、リリースされてしまえばみんなのもんや。
みんな言うてもいろいろあるが、とにかく大勢や。
その中でも「旧約聖書を守らんかった奴」だけは分かるやろ。
世の中には「告白」ゆうのがあるんや。
音楽作品はみんなのもんやし、ワシも仲間に加えてもらうだけや。
旧約聖書いうのはそういうもんやな。
告白した結果をお前の頭が示しとるやないか。
それが集団主義教育いうもんや。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子

注】エンターテイメントというものは自給には換算できない富が生み出される。そのための研究であり、禿げを侮辱される側も「そろばんを弾ける」ものでなければならない。
日常ではないことを知らないといけない。

お前、革命家か?笑いをとったら、そろばん弾いて女を買いに行くんかいな。
「8時間働いて楽に暮らしていける社会」言うとる連中がおるが、エンターテイメントはほんの一時間やで?
告白されんかて、女を買えばいい話や。
キョンキョン、明菜、聖子の伝統は旧約聖書や。
革命家は楽でええな。
大勢の人間が集まって、テレビの向こうの茶の間に人がおるだけで革命家は仕事が勤まるんやな。
そしたら何や?禿げに告白する女も出てくるようになるわいな。
そしたらまたトマホークの出番か?
世の中、エンターテイメントのおかげで平等にできてるんや。
そしたら何や?ローマ帝国も貿易もやりたい放題やな。帝国ゆうのはそうやって膨張してきたんや。
エンターテイメントをバカにするなや。
革命家は怖いな。
わしは国の話をしとる。お前は自分の心配だけしとればええ。
国の心配をするのが王子様の仕事や。お前は自分のことだけ考えとれ。
その代わり、選挙の時はワシに投票せいや。
人が集まったら選挙の話をするのは当然やがな。投票の秘密いうのはあるがな。
女心を知らん政治家はおらんが、旧約聖書に書いてある。
人が笑うか笑わんかで結果が変わってくるんやで?
そのためにワシはこうして話しておるんやろ。
ましてや、選挙なんてのはカネ払って投票するわけでもないしな。
旧約聖書はローマ帝国も貿易も支配しとるんや。禿げの話とはそういうもんや。
rebecca Queen of venus

イギリスで「名誉革命」いうのがあってな。ロンドンに証券取引所ができたんや。
つまり、「男はモテてなんぼ」という世界やな。
勉強さえできればモテる世の中や。
社長も、綺麗な秘書がおるんか。
ホンマに好き勝手やリおって。天照大神にお賽銭投げてこいや。
民の支持のある君主制ったって、放送作家であるアブラハムがいなければイエスキリストは殺されてるで?
ワシが生きているのもアブラハムのおかげや。
旧約聖書にしたがわない禿げを、新約聖書でいじくっとるわけや。
お前、ワシにいじられて、お姉ちゃんにモテるんなら「いじめの永遠」を信じるか?
三位一体を信じるか?ゆうとるんや。
参議院は禿げばかりだから、逆にいじめられるで?フサフサならば衆議院に行け。
首相はフサフサが多いやろが。
女は「女心」を知りたいだろうが、「お腹がよじれるぐらい」笑いたいもんや。
参議院は人材豊富やが笑えんな。
参議院予算委員会では首相も言いたいことを我慢しとる。
カネとセックスを知らん王子などおらんわ。
男友達 安倍なつみ

王子には陸の人間と海の人間がおる。
海の王子はひたすら女を口説くのや。
海風が体にこたえて死に物狂いで女を口説く。
マンハッタンもソーカル(南カリフォルニア)もそのようにして作られた街やな。
海にはビルがいちばんええんや。
マンハッタンでブレックファスト 松田聖子

そうしたら、女どもが噂しはじめてな。
マンハッタンもソーカルも、やれ創価学会にいじめられただの宮内庁にいじめられただの言うモテる男がビルのオーナーになっとる。
ソーカル事件がなければ、ビルがマンハッタンだのドバイだのお台場だのにできることはなかったんや。
昔の男はワーグナーを探したがな、今の日本には松田聖子なりなんなりの音楽は知られとる。
ワーグナーがいなくてもビルぐらい建つわな。
水俣病だのイタイイタイ病だの、全部、海風が住宅地を直撃しとったんや。
それを、「ど庶民が」企業のせいにしとる。
マンハッタンやソーカルを作ったのがナチスや。海のことはカントがよう知っとった。
ハーバードも戦争をおっぱじめるまでナチスを批判できなかったんや。
ナチスのメンバーに禿げがおるか?みんな敬虔なキリスト教徒やがな。
ところが、禿げたマルクス主義者がビルを建てるのに反対しよった。
ウォール街を敵に回すことほど怖いことはない。
男なんて禿げとるか禿げとらんかしかない。
そこで、国家社会主義と共産主義は抜き差しならない関係になった。マンハッタンとソーカルが原因や。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

禿げとらんユダヤ人もおったがな、ニューディール政策の権力闘争を描いた新約聖書を信じるかっちゅう問題がキリスト教になっとる。
三浦海岸で小野光太郎が何をやろうとしているかという問題がキリスト教に全部書いてある。
ユダヤ人もマルクス主義者も差別されるわなそりゃ。
マンハッタンを信じることはキリスト教を信じると言うことや。
ユダヤ人は旧約聖書にこだわっとったし、マンハッタンの喫茶店の金を使って芸能界を作った。
芸能っちゅうたって、ワーグナーを探す旅やな。
今の日本には関係ない。
お前、サウンド・オブ・ミュージックは好きか?あれがユダヤ人や。恥ずかしいやろ。
サウンド・オブ・ミュージック

もっとも、今となってはな。ゴールドマンサックスになっとる。
多数派工作に成功したのならば認めるのをサルベーション言う。
とにかく、小野光太郎が三浦海岸にマンハッタンを作るのを昔、アメリカではニューディール政策ゆうとったの。
分かったかボケ。
国家社会主義と共産主義はバルバロッサ作戦で戦争になったがな。
アメリカとイギリスの資本主義がテレビで握りつぶしよった。
上海倶楽部ゆうのも国家社会主義(ナチズム)やな。
松田聖子 上海倶楽部。

1990年代から、デジタル化というものが研究されてな。
ワシもアイドルの追っかけをしとったが、当時、「アイドルがアイドルオタクになるのは必然」と呼ばれた遠野舞子ゆうのがおってな。
地味で眼鏡をかけた郵便局員の女がイベントの会場にいつもおったから文通するようになったんや。
川崎球場のイベントが終わった後、一緒に駅まで歩いた仲や。
その地味で眼鏡をかけた郵便局員の女が遠野舞子だったわけやな。
これに気がついたのは業界の現状が分かるようになったつい最近の話や。
なにしろAKB48の真実が分かるようになるまで時間がかかってもうた。
デジタルアートいうのはそういうもんや。
1963年に95種類考えられたアスキーアートというものがようやく人間に使えるようになった。
遠野舞子 Mr.サブマリン。

目的的行為論ゆうのは、何を愛しとるのか分からん偶像崇拝の世界やな。
虚像とのセックスをみんなが想像しとる。
目的的行為論を知らんかった東大の学生だったワシは遠野舞子にまでナメられる始末や。
もっとも、アイドルオタクをやりながら大塚仁の教科書を読むのは正解ではあった。
そうでもしなきゃ病気になるでホンマ。
ワシかて人間やさかい。
国家社会主義ゆうても、東大を知らなければ立ち行かん。
その東大ゆうのが難しいわけや。
音楽作品に詳しくなって、国の学問の限界を知る。
これが国家社会主義なんや。
ワシもユーチューバー言われとるがの、それがなければナチズムも上海倶楽部も成り立たんかったやろな。
アイドルの現場を知ることを「ダンチッヒ回廊を渡る」ゆうてな、渡ってもええ時期はいずれくる。
若い時分にできる東大生はおらんやろな。
MOMA美術館に出入りする東大生がおるか?ダンチッヒ回廊なんて普通の東大生には渡れんのや。
絵画館では芸能の真実を教わる。
あんたの彼女の方がよっぽどアイドルより可愛いゆうことを教わるんや。
しかし、「母ちゃんに紹介できる女を探す」男も面食いなうちはダンチッヒ回廊を渡りきれんな。
風のインビテーション。

ワシもな。高校時代にアユサインターナショナルで留学というのをしたがな、いるのは華族子弟かおニャン子クラブかのどちらかだったな。
当時は知らんかったが立見里歌だの富川春美などがおって、富川春美もまだ子供でな。
ワシに恋をしとったわ。
秋元康の詩の言いなりやな。
じいちゃんばあちゃんが、いつかワシにダンチッヒ回廊を渡って欲しかったんやろな。
当時はLCDスクリーンというものをテレビで使っててな、実物の方がよっぽど可愛かったのや。
華族子弟かおニャン子クラブを任天堂がシアトルに招いていたのがアユサインターナショナルの正体や。
まあ、ダンチッヒ回廊を渡れないうちは財務とは関わらん方がええな。
恋愛お見舞い申し上げます。


ハンナ・アーレントは、ナチスによる「マンハッタン造成」を間違いなくドイツ全体主義であるとし、「全体主義の起源」「人間の条件」という二つの著作において、「若者向けに」「うつ病の解消のために」第三帝国とは何かをイメージとして作り上げた。
スターリニズムもナチズムも「海岸沿いにビルを持ちたい」という人々の欲求のもとに成り立っていたが、アーレントは「権力とホロコースト」を直結させ、若者に「政治とは何か?」をかなり間違った形で伝えたのだ。
若者向けの「政治学入門」はハンナ・アーレントが作った。
「お金がモノを言う世界」「マンハッタン造成」「海岸にビルが持てる」
このナチスの政治手法をすべて隠してしまい、「権力者とは何か?」だけを示したのだ。
1933年から1939年まで、ヒトラーは権力の階段を上り続けていた。
「何をやっている人?」
「権力者よ」
そのようにして、若者に「政治学入門」を示し、うつの解消を与えたのだ。
新約聖書は「独裁者の書くもの」とも言われたが、アーレントのおかげで人々に認知された。
チャップリンの独裁者もアーレントが「ナチスの大衆化」を行ったことから作られた。
チャップリン 独裁者演説

アーレントは、若者に「東大法学部に入る理由」を強烈に与えたし、東大に入っただけで男はモテるようになった。
なぜなら、いずれ「ナチズムとは何か?」が分かる才能をもっているからだ。
「お金がモノを言う世界」「マンハッタン造成」「海岸にビルが持てる」「新約聖書」
人生を長い目で見るのならば、若者には「政治学入門」さえ示しておけば十分だった。
各自が一流企業や官庁に就職すれば、これらの仕事を成し遂げるのに十分な権力を持てたのだ。

フランクリン・ルーズベルトの「ニューディール政策」は、アメリカ市民が愛し合う(全能の神)あるいは、街であった女の子でマスターベーション(内省)をするという形で巨額の財政を確保し、テネシーバレー(渓谷)にものすごい葛藤をもたらした。
本来の形がゆがめられるさまは、新約聖書にあるとおりである。テネシーバレーこそがマンハッタンの土台となっており、
南カリフォルニア(ソーカル)では、これが「シリコンバレー」となっている。
起業したいソフィアやセントポールの学生に大ウケすることは間違いないし、東京大学は「権力の側」としてこのムーブメントを支えていかなければならない。
奇跡というものも、勉強という「いつものスイングの練習」からとんでもない利権が生じることをいう。
東大文Ⅰ合格というものもそもそもが「利権」なのだ。
ハンナ・アーレントは、国家社会主義・上海倶楽部の実像を「見えなく」させるカタチで「権力者とは何か?」を描いたが、ヒュームは「カントのいつもの研究の向こう側」に何が待っていたのかを「奇跡」として語った。
病んだドイツ語を「800人に」「分かりやすく」教えたという意味ではヒュームはカントに勝ったが、国家社会主義・上海倶楽部のような企画力はカントには敵わなかった。
「勉強の向こう側に利権が生じる」
これを奇跡と呼んだのだ。
ヒュームは女に「誰からお金をもらい、誰に長話を聞いてもらっているのか?」と聞いて回り、パートナーがいるかどうかを的中させていた。
そのようなパートナーがいない女がいるだけで、財源が不足してくるからである。
男たちには、できるだけ健康でいて欲しかったし、哲学を知って欲しかった。
常に、国家社会主義・上海倶楽部の輪の中心にはイエス(ヒトラー)がいた。
「仕事といっても、中・上流階級の女性が喜ぶ”言葉”を考えるだけなんだ」
この「口から出る言葉」を「アウトプット」と呼び、いかに磨き上げるかが問われた。
現在の日本国では「アウトプットが小野システム以前には想定されていなかった」として、厚生労働省もデータの存在を否定している。
松田聖子 上海倶楽部 カラオケ

海からの風は神風だったし、国中に富をもたらした。
しかし、「いつプレスリリースをするのか?」と言われると、「イエスが磔になった時にその言い訳として公表するしかない」とされている。
つまり、ヒトラーがランツベルク刑務所に服役した時に公表した。
ヒトラーは服役することそのものが権力基盤となったし、シュタイナーは逃げまどった。

ウェストミンスターというのはイギリス議会のことをいうが、常に「カント」「ヒトラー」に答える形でメッセージを出している。
女の子は「頭の悪さをバカにされる」「レイプされる」こと以外に神に失望する理由はなく、今の安倍政権のように「幼児教育」を前面に押し出し、幼児教育こそが主婦層の支持を固めるという確信をもっていたのがウェストミンスターだ。
シンデレラたちへの伝言 高井麻巳子

それは、女の子の「健康と富」を保障するものであったし、カントにせよヒトラーにせよ、英国紳士の娘の支持を取り付けることに「国家社会主義」「上海倶楽部」を用いることになった。
とにかく、女の子は「レイプと女嫌い」以外にサンタクロースを信じなくなる理由はなかった。
メリークリスマスフォーユー

ハートショーンは、「神さまってのは女の子の中にいるんだよね」として、「富と健康」を国家社会主義や上海倶楽部がもたらすことを正当化した。
娘の信仰心と「お父さんとしての仕事」は車の両輪であり、わけのわからない「大人の論理」を、娘たちが支持することになったのだ。
主婦層もそれを歓迎する仕組みとなっていた。
冬の微粒子 CoCo

カントにせよ、ヒトラーにせよ、トマス・アクィナスのように「勤勉で、自分の人生を大事にし、それでいて、舞台の上に上がる度胸がある」人物であったからこそ、ウェストミンスターは彼らの恩恵を語り合ったのであり、「発言と行動がともなわない」「口先だけ」のスコティストであるのであれば一笑に付したであろう。
いずれにせよ、国家社会主義や上海倶楽部に大人たちは酔いしれたし、女の子は「サンタクロースを信じた」という具合に、「大人の神」「子供の神」の二元論が存在したのだ。
女の子だけでなく、主婦層もサンタクロースを信じているというのは、間違いなく「政治コミュニティーの柱」であった。
「富と健康」だけにとどまらず、なんらかの「神」が信じられているのを感じたのだ。
「大人の神」「子供の神」の二元論がここで混ざり合ってひとつの信仰となった。
国家社会主義や上海倶楽部にもとづく「大人の神」と、「女嫌いやレイプに遭遇しない」子供の神の融合は「サンタクロース」という柱をもたらしたし、クリスマスソングをセールスにかけられるのであればそれはもはや「汎神論」と呼ぶべきものだった。
オッカムは、シュタイナーのような「女心の定義」を語ってくれるヒトラーを信じていたが、しかし、国家社会主義や上海倶楽部は「巨大ビル群の建設」という方向に向かい始めた。海岸沿いの住宅地の住民は「全身がイタイイタイ」と言っていたし、酒の有効性を知ったが、しかし、自分たちの小さな家がビルになるのであれば大歓迎であった。
研究の発展段階がシュタイナーよりもヒトラーの方が勝ったという指摘は可能だろう。
いずれにせよ、「大人の神」と「子供の神」が、大人たちが仕事をしているうちに結びついたという「プロセス有神論」は、サンタクロースを柱とし、クリスマスのセールスを伸ばし、かなり強烈な影響力を持っているのは事実である。

« 通常国会今月28日召集へ。 | トップページ | 今でも生きているイタイイタイ病。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンタの神様。:

« 通常国会今月28日召集へ。 | トップページ | 今でも生きているイタイイタイ病。 »