最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月22日 (火)

神道指令2019。

このたび、私は伊勢神宮の皇大神宮の担当を離れ、4月・5月に神祇カルト(日枝神社・日吉大社)の担当になることになりました。
本来、神社というものは神祇カルト(日枝神社)が、天皇陛下の長寿をお祈りする場所とされていましたが、中年以降の人間として、私は「健康とは何か?」をアメリカの医学書の裏付けのもとに発信していかなければならないし、それを背景に神祇カルト(日枝神社)を崇拝する方々を増やしていかなければなりません。
もっと若い世代の皇大神宮(アマテラス)は「女心」を探求する場所として、私の人生を正当化してくれる存在である息子に委ねなければなりません。
いずれにせよ、男にとってもっとも体調がいい状態というのは「女性たちに囲まれた時」なのです。
そのために宗教家としてはこのような発展段階を辿ります。
また、スポーツなどの「戦争」は、時には国際的に行われるものでありますが、それは八幡ネットワーク、つまり応神天皇をよく理解することと、「女性たちの夢」を理解する必要があります。
神祇カルト、八幡ネットワーク、総社、一の宮と22社が神社の世界にはありますが、私も一の宮出身でありまして、八幡ネットワークを時には使わせていただきましたし、22社としての伊勢神宮を見てきたわけです。
宇佐神宮とも親交があります。
このたび、神祇カルト(日枝神社)を任せられることとなり、「天皇陛下のご長寿をお祈りする」とは野口英世博士以来の「医学の普及」を目指したものとなるものと思われます。
女性たちに囲まれてこその健康ということを踏まえて、さらに医学を掘り下げていきたいと考えています。
総社というものも、そもそも神道が「天皇を敬え」「政府に従え」という宗教である以上、このような政治家・宗教家の発展段階に敬意を払う場所であります。
職業政治家でなくても、すべてのサラリーマンは政治家なのです。
また、「祈り」というものは「人脈と関わりたい」というより世俗的な目的もあります。
この世界を卒業した「上皇」はお寺の方に関心や支持基盤を移していくのです。
神社仏閣とはそのように成り立っています。
次世代執行部が「ストレスにさらされる」ということがどれほど重要なことかを知らなければなりません。
私も日吉大社・日枝神社という神祇カルトのセールスを引き受ける(コミットする)ことにしたのです。
4月1日新元号公表、5月1日新天皇即位という日程とは別に、宗教界では「憲法変遷」というものを進めていかなければなりません。
是非、今後とも本ブログをよろしくお願いいたします。

小野光太郎

2019年1月20日 (日)

労働。

神(男)が女を語る上でいちばん居心地のいい場所を作る、それが労働だ。
上流階級の娘はそもそも働かなかったし、下層階級や中産階級の娘が職場にいた。
神(男)と女では「知る方法」が異なったし、禿げたマルクス主義者と、フェミニストが職場で共存していた。
キリスト教徒はフェミニストだったし、しかし、下層階級の娘と、禿げたマルクス主義者はつるむようにして職場での出世を目指していた。
中産階級や上流階級の女たちが好むものを生み出すのを「仕事」と呼んだ。
下層階級の女は職場でオフィスラブを楽しむのは当然だと考えていたし、職場で女二人が大喧嘩したら、禿げたマルクス主義者がそのような問題を裁くのがうまかった。
しかし、フェミニストであるキリスト教徒もこのような問題と向き合わなければならなかった。
お茶を飲みながら女の子たちと話すキリスト教の教えは、5時間職場にいても飽きなかった。
男友達 安倍なつみ

下層階級の女の「顔採用」なんて当然だった。
覚悟するのは簡単だった。夢がそこにあったから。
貧しい「お父さん」、自分を認めない社会が悪いとクダをまく「お父さん」から自由になりたかった。
Do it now! モーニング娘。

海岸にビルを建てて何がしたいのか?仕事がしたいんだよ。
貧困層の娘に夢を与え、中産階級や上流階級の女が求めるものを生み出し、禿げたマルクス主義無神論者とキリスト教徒が出世を競い合う世界だ。
「家族の起源」は下層階級の女とキリスト教徒にあった。
資本主義テレビ社会は、このような「家族の起源」をもみ消し、下層階級などいかにも存在しなかったかのように描いた。
制服を着ていれば階級など問われなかったし、男が「セックスという名の私有財産」をコントロールした。
制服宣言 制服向上委員会

禿げたマルクス主義者とフェミニストであるキリスト教徒が、ともにテレビを見るのが資本主義社会だった。
キリスト教徒とは国家社会主義者のことであるが、芸能人であるユダヤ人とは距離をおいていた。
ユダヤ人は仕事をしようとは思っていなかったし、「禿げたら大変だ」と思っていただけだ。
フェミニズム第一の波は1890年ごろに起きたが「ブルジョアと結婚したい」というものだ。
この動きが、ビルを建てるエネルギーになったし、国家社会主義を推し進めた。
家事に縛られることから自由になりたいというフェミニズム第二の波(1960年代)は「家族サービス」「レジャー」を広めた。
中産階級や上流階級の女が欲しがるものを生み出せばいいという「仕事」が確立したのはこのためだ。
このムーブメントが終わったら、専門家は「個と公」を区別し始め、本来、貧困層の女が仕事をして、キリスト教徒と結婚するという中産階級の現実、仕事の現実を見えなくし始めた。
「ワークライフバランス」などと言われるように、貧困層の女にとっては自分が中産階級になりたいから働いているという現実を見えなくさせてくれる経営者が出てきたのだ。
ワークライフバランス

メディア家父長制はこの時に始まった。
テレビがまるで働いている貧困階級の女の主人であるかのように動き始めたのだ。
ドラマなど本来、上流階級の観るものではなかった。
しかし、貧困階級の女の影響力を高めるためにテレビが活用されたのだ。
テレビ局の女性社員は貧困層出身であったが、中産階級や上流階級の女が欲しがるものを作り始めた。
貧困層の女は、昼間は働き、夜も「テレビを観るという仕事」をやっていた。
夜はまるでイケメンとともに働いているようだった。
「女心って何?」「禿げた男ってどんな人?」「職場の男性ってどんな人?」
そのような問いかけの答えがテレビにはあった。
家出娘や貧困階級の女がいなくなるまでは「面白いことをやればいい」というポストモダニズムへの移行はまだ考えられない。
貧困階級の女の「夜の仕事」が満たされないものとなるからだ。
関東地方だけでも20万人以上の女の子が家出をしているのが現状だ。
家出の夜 AKB48

夜になっても、女子高生が街にいるのがモダンな社会である。
ポストモダニズムとはこのことが消滅するほど「テレビが面白い」時代のことを言う。
1993年にトカチェフが「貧困こそが高学歴につながるように」という政策を考えた。
この時に、「エリートほど金を払わなくても済む」ということが明確になった。
財務省の喫茶店はコーヒーが50円になったし、法律雑誌は1500円だった。スタンフォード哲学百科事典は無料だった。
しかし、本当のエリートが「金を払わなくて済む」という贅沢を知るまでにはまだ時間がかかるだろう。
貧困層の女は仕事をするが、S=klogWという式に表されるように、Wという言葉に反応して、エントロピーSを拡散させている。
噂を拡散させるのが「女の仕事」となる。
明るい放課後の過ごし方 おニャン子クラブ

オズワルドもマッハも、ミクロレベルで「噂の現場」を見ていくことは困難と考え、「男のエネルギー」に注目した。
つまりは、「もっとも快楽を感じた男」が噂になったのだ。
マクスウェルは「女の生理と噂の関係」を研究した。
ロシアではKGBが、日本ではジャニーズが「噂の発信源」として知られている。
KGBにせよジャニーズにせよ「女たちの速さ」が桁違いに速かったのだ。
マクスウェルは、「女が風呂に入れない日」を想定して、「熱いガス」の研究をしている。
シャワーの研究だろう。
また、ボルツマンは「H仮説」と呼ばれる「ベッドでの会話」も研究した。
愛してジャスティス ribbon

マクスウェルは、「熱いガス」の研究で、女の生理の時こそが「胸に残った男の言葉」を女がよく考えやすい、とした。
生理の時の電話がなければ、人々は「小説を読んでみよう」とは思わないものだ。
有名な小説家になりたければ「大意」を女性に語る必要があるし、胸を揉まないことが必要になる。
バスルームでキャッチホン 高橋由美子

女たちは、自分たちのセックスを気持ちよくするために小説を読んでいたのだ(H仮説)。
あとは彼氏に「ねえ、もっと勉強してよ」とあまえるだけだった。
「キンタマがぶつかるのを楽しめるようになると通だね。子供を産むと分からなくなるかな?」というだけで、女は「子供を産ませて?」と言ってビクンビクン震えた。
ルイ16世はそのようにして国王になっている。
女たちの「噂」はあくまでもセックスにもとづくものであったし、幼児教育の重要性に気がついたラファイエット将軍にルイ16世は敗北したが、「噂」というものをよく知り尽くしていたので恐れられていたのはルイ16世の方だったのだろう。
髭男爵

中産階級や上流階級に人気のある「商品」とは、若くてモテる男をクリエイトすることと、男女の関係を明らかにすることだった。
車にせよ通信にせよそれが仕事だったのだ。
ジョークにもならない恋

仕事は「若くてモテる男」「男女の関係」を明らかにすることであったが、どのように?と言われると「お金を持っている」ということになる。
「お金を持っている」ということは「証券取引所に口説き文句を売りつけている」という意味であり、それは哲学を研究しているということであった。
街で女の子に声をかけて「口説き文句」の腕を磨くという「内省」を繰り返さなければならなかった。
「内省」を繰り返さなければ女二人が「同じ人を好きになる」ことはなかっただろう。
リズム、メロディさえ覇権国家からもってくれば、フレーズも磨かれるし、フレーズに「悪意」を与えることも可能だった。
あとは「モテる男」が何を経験したかを深めていくだけだった。
もうすぐの予感 酒井法子

どの絵画や写真を見ても「若くてモテる男」と「男女の関係」に還元していかなければ「仕事」にならなかったのだ。

「伝説」
女心に詳しい男は、それだけで「噂」になり、人々に「伝説」扱いされる。
組織の統制にはちょうどいい側面もあり、指導者にはうってつけだ。
「物事を治めよう」とおもうのであれば、「伝説」になり、謙虚に電話で話さなければならない。
しかし、「女心を知らない」庶民は、別のリアクションを見せるだろう。
絶対的権力は絶対的に腐敗すると言われ、腐敗とは「伝説」と翻訳したほうがいい。
そのため「女心の定義」を「政治」と呼んだ。
女心の定義に詳しいほど伝説になりやすいし、政治的影響力を増すからである。
一方で、その影響力から個人資産を増やしたのであれば、検察官が彼と話をしたがるだろう。
「男らしく」「仲間を増やした」結果が政治的影響力になっている。
賄賂の対象になるため、口座は常に監視されているし、選挙も行われる。
1977年まで、アメリカでは贈収賄が犯罪ではなかった。
外国との契約で都合よく利用できたからである。
単位が欲しいために教授に体を売るアカデミズムの世界の伝説も存在した。
小室哲哉ピアノ

暴言を吐かせて敵を作らせるのが「伝説」を狙い撃ちする方法だ。
しかし、「女心」の膨大なサンプルをどうするつもりだ?
ザイールのモブツ、インドネシアのスハルト、フィリピンのマルコスから何を学んだだろうか?
彼らの「読解力」は傑出していたのだ。
「拷問を受けた、自由を失った、財産を失った」
ことの蓄積以外に、彼らの影響力を削ぐ理由がなかったのだ。
しかし、「財産」と言っても「娘」のことであることが明らかになったりしていて、「読解力」を持つ指導者の影響力を失わせるためには「拷問を受けた、自由を失った」以外に理由はない。
ただ単に、「笑いをとりたかった、人気が欲しかった」などの動機から彼らの影響力を奪うことはできない。
ジェノサイドの後にようやく彼らはすべてを失うことが分かった。
なにしろ「すべての交番にハンバーガーを」届ける力量があったので、何が腐敗かは明確ではないのだ。

現在の、化学の主流は量子論にある。
量子論とは「子供の行動分析はほぼ困難である」というところにその主眼があり、子供は勃起もするしキスもする。
それを、「お母さん」がコントロールできるわけでもない。
お母さんがコントロールしたら「子なし」の大人になるだけだろう。
キスした跡はのこさないで 国生さゆり

アリストテレスは「世代と腐敗」という著作において、「お母さんから自由な」子供が
「火」「空気」「水」「地」
の四つの宇宙の起源になることを語った。
火は熱くて乾燥している。
空気は熱くて湿っている。
水は冷たく湿っている。
地は冷たく乾燥している。
熱さと乾燥から「人間社会の起源というのはどれだろう?」と語り合ったのがギリシャだ。
この「熱さと乾燥」の世界には流動性と固さが関わる。
水は冷えれば氷となって地を形成するが、火によって流動性を高める。
しかし、地には朽ちやすい金属などが混ざっているだろう。
人間は「火」「空気」「水」「地」のどれをも必要としている。
なぜならば「ぬくもりとあたたかさ」がいちばん心地いいと感じるからだ。
凝り固まった集団は居心地が悪い。
お風呂だって「下が冷たく、上は暖かい」ように、「女性は冷たく、男性は熱く」なりやすい。
ラボアジエは「世界は女(金属)が朽ちていくだけなのではないか?」としている。
アルコールだって水で割るのが通だ。
つまり、酸素と水素で「朽ちた」ものを飲んでいる。
メンデレーエフは「族」と「周期」からなる「周期表」を作った。
「自分は火だ」と言い張る男に「人々が心地よいと思うぬくもりとあたたかさ」を示したのだ。
放っておいたら雑草が生い茂り、いろんなものが腐ってくる。
そのために、「手を入れる」必要がある。
「手を入れる」ためには「あまい飲み物」が必要だ。
そうでなければ人間は動かないからだ。
「あまい飲み物」のことを「お金」と表現するのが化学の立場であり、女を買える、値段が数えられる、すべての女に通用するという「貝殻」が「あまい飲み物」から生み出されるとしたのだ。
秋の貝殻 クレア

人間社会の最小単位は間違いなく「原子」(子供)である。
当然、子供には肉体も血液も骨もあるが、これを壊すことはできない。
「卵」を洗濯機で濃縮して氷にぶつければ子供たちが暴れる、これが原子爆弾の原理だ。
しかし、子供たちが暴れる原理はそれだけではない。
宇多田ヒカル ファーストラブ

水は水素と酸素という「貧しい男」と「金持ち男」からできている。
しかし、空気は炭素と窒素という「女」が「金持ち男」に混ざり合う。
いずれにせよ、アインシュタインは「男」「女」と「あまい飲み物」を想定しないと化学の世界は私には理解できなかっただろうと語っている。
また、「ホモの舎弟を連れた金持ち男」が女にモテることも明らかになっている。
ミッドナイトカウボーイ

ミクロで見るのであれば「女の裸に男が勃起する」という化学反応を見なければならない。
マドンナ フィジカルアトラクション

おカマと金持ち男が、群れに近づくと、立ち去る女が「臭素」(Br)であり、女にとって金持ち男は「本命」である。
「私の裸で勃起する男」
そこまで計算しているからだ。
男の愛の対象になって痩せる女は「物理反応」を起こしているとも言える。
しかし、子供を産んだり、男の化学反応の対象になったりを繰り返すと「太る」という数学反応を引き起こす。
男でも、本来ストイックだった男が急に女にモテるようになったら太る。

「聖母マリアに関する考察」
お父さん以外の男に体を見られるのはいや。このような女性が存在する。
お父さん以外の男に体を見られる「セカンドラブ」を経験しないと、女性は「他の女と同じである」という喜びを感じることはできない。
「他の女と同じ」であることがどれほど「パートナー選びの可能性」を広げるであろうか。
太陽を中心に世界を回すことが可能になるのだ。
人間の肉体の可能性を最大限にするというのはどの人も願うが、そうでなければいざという時に力を発揮できない。
「女は度胸」と言っても、心臓が大きいことから来るものと「他の女と同じ」であることからくるものがある。
女性は、動画で「他の女性とマスターベーションの方法が異なる」だけでも服が脱げなくなる。
聖母マリアの「セックスのない出産」もここから来るし、聖母マリアはアイドルの起源だ。
ケインズは「三万円払ってもセックスさせない女だよ」という噂をアイドルの起源に求めた。
男は「自分に貞淑な妻」がいたほうがより攻撃的な政治が可能になるため、アイドルは人気がある。
しかし、女の都合としては「セカンドラブ」を経験しないと「自分を中心に世界を回す」ことはできないのだ。
セカンドラブ 中森明菜

ハリエット・テイラー・ミルは、3人の子供をもうけたのちに、歳をとってからJ・S・ミルと結婚している。
ミルはなぜハリエットに惹かれたのであろうか?
普通の女性ならば到底耐えることの出来ない「勉強」「研究」に耐える才能があったからである。
イエスキリストは「モテる男」であり、女性に取り囲まれた男は、大した苦しみもなく「自分と似たような男」にあの世で会うことになる。
しかし、女性は「天国には39名しかいない」つまり「歴史に残った女性哲学者は39名」であるとされ、その全員が「男のような特徴」を医学的に持っていたのだ。
通常の「可愛らしい女性」ならば「天使にも悪魔にもなれない」ほど男を愛するものだ。
しかし、なかには「女性たちに取り囲まれた天使」がいたのだ。
天使か悪魔 高橋由美子

女は塵から生まれ塵に帰っていく。
つまり、土いじりをしていれば死の恐怖など感じない存在だ。
しかし、死の問題に深刻に悩み、天使になる女もいた。
ミルはハリエットに「論文がエロ本に見える」という「私の真意」を理解したのはあなただけだ、と賞賛のメッセージを送り続けていた。
そもそも、ハリエットは「有名希望」であったし、自分が「男としての性質を持っている」ことを理解していた。
つまりは、歳をとったミルにとっては「ノスタルジーの対象となるアイドル」だったのだ。
ハリエットが女子校出身だったことも「男の学問」に耐えうる力量を育んでいた。
上からマリコ AKB48

ミルは「私は研究のし過ぎで”女の感性”が失われている」とし、ハリエットにのちの執筆活動を委ねている。
痛み止めを飲んだり、メディアの寵児になって薬を飲むようになると研究者生命は終わるのだ。
「ティーチャー、ティーチャー」と言って足を上げる瞬間のパンチラインを見失うとクリエイター生命すら終わる。
teacher teacher AKB48

ミルとハリエットは「美しさと純潔」だけが自分たちの感性を磨くのにいちばんいいと考えていた。
ミルはハリエットを実際は「研究のパートナー」とみなしていたのだ。
女の「純潔」をしきりに気にしたり、「美しさ」を女に求める「男勝りの」ハリエットに研究のパートナーとしてのラブコールを送っていただけだった。
実際に「女の純潔」「女の美しさ」に鈍くなると、哲学者は多くの才能を失う。
ハロウィンナイト AKB48

ハリエット・テイラー・ミルが「理想の結婚相手のクリエイション」を行ったのであり、日本でも「婦道一途」などと表現された。
本来、「処女」というのは「男としての性質を持った女」に言えた話であったが、「健康な女は皆セックスをする」という医学を離れ、教育として「婦道一途」を考えたのだ。
このあたりは、もはや「女としてどう生きるか?」というクリエイションの領域だった。
そのニーズは男たちの側に強く、「そういう女は病んでないか?」という指摘が出たのは21世紀に入ってからだった。
今となっては「男としての性質を持った女」がアイドルをやっている、という現実を離れて、「健康でも処女の女はいるらしい」という中道という立場が仏教の世界を荒らしまわった。
誤解のないように指摘しておくが、天使というのは「女たちに囲まれた女」のことであり、「塵」というものは、この世にもあの世にも「常にある」ものである。
ジェレミー・ベンサムは、ウェストミンスターが「アイドル(偶像)の女は男としての特徴を有する」としたことに嫌気がさしていた。
婦道一途、中道の処女女の可能性を求め始めたのだ。
クイーンズカレッジの法学教育は楽しかった。
学生の時分から法廷で裁判官をやらせていたのだ。
「ようするに痴話喧嘩というのはお金がないからやるんだろう」
そのような境地に至った。
そのような経験を経たのちに「カントをどう思うか?」と問われたのだ。
法廷の「治者」として、治者と被治者は同じ利益を求めている(治者と被治者の自同性)と述べ、治者がお金さえもってくれば被治者は夫婦喧嘩すらしないと語った。
合弁会社も上海倶楽部や国家社会主義から生まれている。
サラリーマンとして社会の歯車になった方がいいというアダム・スミスの考えはここから生まれていたし、政府の財政出動は小さい方がいい(小さな政府)ということと、民間企業の「巨大ビル群造成」のエネルギーを信じた方がいいという発想も、上海倶楽部がなければありえない発想だった。
インペリアル・カレッジ・オブ・ロンドンもこの時に作られた。
音楽作品は政府には作れなかったし、それにともなう資金調達も民間の方が優れているという判断があったのだ。
シーサイドセッション おニャン子クラブ

ベンサムは、クイーンズスクエアプレイスに、事務所を設け、秘書を雇い、カントの計画を思う存分に謳歌した。
「勃起も略奪愛もカントの金の前には作り話に見える」とし、治者と被治者の自同性つまり、「みんながお金を持っている」社会の形成を行った。
略奪愛というのは、ヘンタイプレイが嫌いだからやるものであるが、お金との相談でもあったのだ。
愛が止まらない Wink

「こんなに家が広いと夫婦喧嘩もしないでしょうね」
このことを実験したのがベンサムだった。
「お金」と「旧約聖書の戒律」の関係を知りたかったのだ。
旧約聖書にしたがうかどうかも結局、富が関わっているのだろうか?
痛みと快楽は「二つの両極端な主権である」とし、この二つだけが世界を支配できると考えた。
痛みをなくすためには「体を鍛える」「女心に詳しくなる」「仲間を作る」「男らしくある」という四つの解決法を示した。
「痛みをなくすために」人間は行動しているとするのであれば、海沿いの住宅地は当然、「禁じ手」となるはずだ。
また、詩篇を法廷で本当に理解できるのはイエスキリストだけだとも考えた。
詩篇の解釈を語ったシュタイナーは、上海倶楽部の存在を知り、ペンネームを「ヒトラー」で統一することにした。
貧しきものに富を与えることができる、これは上海倶楽部には可能であったし、「男としての性質を持った女」「婦道一途女」以外にも「金持ちの娘」が処女である可能性が指摘されるようになった。
高橋由美子 だけどI love you

「最大多数の最大幸福」
この言葉の背景には「処女」「中道」があった。
ヒトラーは、国家社会主義・上海倶楽部を考えたのちにランツベルク刑務所に服役している。
わずかなお金しか与えられず、売店があり、「自分に本当に必要なものは何か?」を考えさせられた。
現在でも、80円のイチゴ牛乳が欲しいために賃金闘争する受刑者はいる。
この時に、「発達障害の子供はイチゴ牛乳を欲しがるものだ」ということに医者は気が付いたし、腰が痛くて立てなくなった男が「お菓子を好む」ことから、「お菓子が腰痛にいい」ことにも気が付いた。
このため、あまりにも大風呂敷を広げすぎたヒトラーは精神病院(パノプティコン刑務所)に入れられたのだ。
「自分の人生に必要でないものすら欲しがる」
これが「富」というものであり、治者と被治者の自同性とは、この「富」をみんなで共有しようと言うものであった。
人生の痛みをなくすためには「富」は必要である。
しかし、「ナンバーワン女」になることは、自分の「罪」を他の女たちが言いふらすことを言う。
本当にパノプティコン刑務所で「ナンバーワンになることは必要なことなのだろうか?」ということを問い直さなければならない。
人間を「泣かす」ことなど他の集団にとっては簡単なことなのだ。
松田聖子 No.1

「痛みと快楽は二つの両極端な主権である」としたが、パノプティコン刑務所ではストイシズムを受刑者に与え、自分が本当に欲しているものだけを受刑者に与えた。
カップラーメンを理由に大喧嘩をする連中もいた。
「食は争いのもとである」ということもパノプティコン刑務所がなければ、現代人は見失うところだったのだ。
ヒトラーは、国家社会主義・上海倶楽部を考え、国家の指導者として「当確」を出した後に、このような経験をしている。
おそらく、「イエスキリストの磔」も、国家の指導者としての「合格点」を意味するものと思われる。
「法律」とは「手のひらに釘を打った」というものを、「より柔らかい」方法に変えるものだ。
現代では、取調べの際の「カツ丼」も公費で負担していいという判例が出ている。
パノプティコン刑務所では「処女でない」ことを「罪」だなどとはどの女も考えていなかった。
むしろ、男を知らない女が、敵を作らないように自分のファンを「夫」に仕立て上げていた。
はたして、聖母マリアは「処女」つまり「罪がなかった」のかは明らかではない。
しかし、「純潔に敏感になる」「美しさを愛する」というのは「クリエイターの才能の基本」と呼ばれ、罪とは異なる意味を持ったものと思われる。

父と子、聖霊、これが三位一体である。
三人の男がいて、各人が勃起する。
しかし、「三人のなかに神は一人」であるとされ、イエスキリストを最終的に「いじめていた二人」が奪い合う。
この時に、いじめていた二人は「聖霊から父へ」と進化を遂げる。
あるいは「四つだ」として、三人で「イエスキリスト」を奪い合うこともある。
いずれにせよ、「知識」とは「良いものである」ということが明らかになった時に、聖霊は「父へ」と進化するのだ。
「知識とは良いものである」
このことを証明することは、東京大学にいても難しい。
そのため、ヤーヴェは「覇権国家」(エロヒム)の先生たち(エル)に頼った。
「知識とは良いものである」
これが証明された時に「女が近づく足音」の存在を周囲の男たちは感じたのだ。
聖なる海とサンシャイン

この、「三位一体」の世界で「知識とは良いものである」ということを証明したのならば、周囲は「何をしたらいいのか分かってんだろ?」と言うしかない。
何をしたらいいのかは分かっている。
しかし、時間がかかることも自分が誰よりもよく理解していた。
だが、神は確かにイエスに「お前は私の息子だ」と言ったし、「鳩たちが群がるだろう」と言って富を約束した(マタイ3:16-7)。
本来、友人二人が「三位一体」を演じていたが、神が「お前は私の息子だ」と言った時に「おじと弟」が三位一体の陣形を組み始めた。
しかし、「何をしたらいいのか分からない」連中は何度襲いかかってきても、本当に公園で鳩に餌をやる生活だけが待っていた。
イエスは「お金集めがうまい」ハト派に囲まれていた。
「知識とは良いものである」(ソフィア)ということを理解するかしないかの違いがあった。
タンポポ 恋をしちゃいました

いじめられたイエスキリストの周りには、常にいじめがまとわりついた。
しかし、まるでタイムマシーンに乗って過去に戻って「ステージの上でのダンス」を繰り返すように、何度も何度もいじめを撃退したのだ。
「知識とは良いものである」
これが「どのように」とつながったからこそ同じ場面をみんなが目撃した。
「父と息子の永劫回帰(永遠の繰り返し)」は、いじめの場面でもイエスキリストの周りで永遠に繰り返された。
周囲が分かるようになるまでやったのだ。
国家社会主義と共産主義はその戦いの最終形態として雌雄を決しようとしていた。
タンポポ 王子様と雪の夜

父は神である。
子は神である。
神は神である。
父が子を育てる。
神はより神になる。

あくまでも、父と息子の関係が永劫回帰(永遠の繰り返し)によって「神をより神らしく」していた。
父の方がより人生経験が豊富であるのに、なぜ、イエスキリストは神となったのだろうか?
それは、語学力としか言いようがない。
「どのように」を理解していたのであり、「知識とは良いものである」ということを証明したのだ。
この「どのように」を国家社会主義と共産主義は「どちらが優れているのか?」の雌雄を決しようとしていたが、アメリカとイギリスがメディア資本主義によって握りつぶした。
NEWSな未来 CoCo

エホバの証人は「我々はあくまでも神の目撃者である」とし、父と息子から距離を置いた「おじと弟」として「何も学ばない」ことを正当化した。
わざわざ「バカげた冊子」を配布して「神の目撃者」としての地位にとどまり、ハーバードやスタンフォードエリートとは距離を置いていたのだ。
しかし、「何も学ばなくていいよ」というエホバの証人の立場にも支持が根強かった。

神はひとつだ。
三人の神聖な人間がいる。
三人の神聖な人間の中に「神聖な若さ」がある。
神は父親のような人だ。
神は人間だ。
神は父と同じだ。
神は息子と同じだ。
息子は父親とは違う。
神とは父親のことなのだろう。

エホバの証人は、今をときめく哲学ロックスターであるイエスキリストを見て、「神とは父親のことなのだろう」と証言した。
イエスキリストの若さを包み込むような寛大さが父親にはあったのだ。
国家社会主義などという思想の持ち主であるイエスキリストにとって、父親とはそのようなものであった。
ロックミーアマデウス

凡人はハニトラにハマって出産を祝福し、反則を用いた者は噂を使って出産を祝福し、本命彼氏は「胸に響いた言葉」を使って出産を祝福する。
ハニトラの話は「なかったことにし」、噂に「一喜一憂」したのがおじと弟だった。
このようにして「イエス一神教」は生まれた。
「はじめに言葉ありき」
それはどの男の子にも言える話であった。
西方・ラテン・アウグスティヌス教会と、東方・ギリシャ・カッパドキア教会は「より処女にこだわった」西方教会と、東方教会に立場が分かれた。
「反則と噂」の方が「本命・胸に響いた言葉」よりも強いとしたのも東方教会であり、いわば、女は「幼い恋」しかできないという立場であった。
銀色の永遠 藤本美貴

この「三つ巴の戦い」をみて、それでもなお「神とは父親のことだろう」ということを認めないのであろうか?
イエスはとんでもない美男子として生を授かったのだ。
イエスが偉大であればあるほど「神は二人いた」と信じられるようになった。
キリスト教を深めていくにつれ「この子にしてこの親あり」という形で、キリスト教二神論が信じられていった。
日本国の長寿社会の実現と、機会の平等(アメリカへの寛大さ)がそのような信仰を作っていったのだ。
ふたつにひとつ 瀬能あづさ

しかし、「母の純潔を信じて強くなった」イエスキリストにとっては、このような「自身の出産の秘密」に三人の男が関わっていたことを認めることには「負の側面」が存在する。
神は一人という立場でも「二人」という立場でもどちらでもいいとされる。
息子の成長次第だろうと思われる。
rebecca when a woman loves a man

ヨブは人生のどん底の中にあって、人々の「病気」を見つめた。
「病気の治療」こそが富となることを知ったのだ。
セックスの専門家であるルイ16世は傲慢になっていたし、ラファイエット将軍は幼児教育を「主婦層の支持につながる」と考えていた。
しかし、ヨブは「病気を富に変える」ことを考えていたのだ。
鬼火 ルイマル監督

映画「鬼火」は、まるで、失業中の画家を描いているようだ。
パノプティコン刑務所(バスティーユ)襲撃が始まろうとしていた。
病んだアイドルたちがそこにはいたのだ。
マグナカルタやカノッサの屈辱などを経て、バスティーユは強度を増していた。
いつの時代も「新カント派」はアイドルたちの神となってバスティーユ襲撃を試みてきた。
昔は、東京から右翼が総動員されるなどの騒ぎもあった。
「どうなったって知らないからね」と言って、理事長の秘密をビラで暴露するものがいたのだ。
看護婦とベッドをともにして秘密を聞き出すものがいた。
私の心はどこに向かおうとしているの?
女たちは、まるで局部を失った生き物のように「愛される」ことを望んでいた。
上海倶楽部・国家社会主義が完成したのち、新カント派は「マグナカルタやカノッサの屈辱」を上回る理論を手にしたと言われた。
哲学と権力の競争にカントは一歩リードする形となった。
安倍なつみ 一人ぼっち

ウェストミンスターは常に「プレス」「レビュー」などで見解を出し、「バスティーユの王」とは何か?を語っていた。
アイドルの起源とは「男としての性質を持った女」にあることや、ひどいいじめに遭遇した男こそが「次世代の王」にふさわしいこと、そして「女たちにとって宗教とは何か?」を語っていたのだ。
幸いにして、私は「鬼火」の主人公のように「自殺」という末路をたどるつもりはないし、かつて「クーデター」を成功させた「元患者」である現在の理事長には敬意を払っている。
理事長を「神」と仰ぐ女たちは大勢いるし、かつてのきな臭い「精医連」などとは私は無関係である。
なにしろ「成功する公算の大きい」クーデターも、芸能の側がその存在を否定していたからである。
死刑台のエレベーター


【壮大なテーマ】

2019年1月18日 (金)

今でも生きているイタイイタイ病。

芸能人など「都会でトラブルを起こした人」が海に面したところに居を構えることが多く、都会人にとって「海風」というのは結構こたえる。
「全身がさすように痛い」
という症状を引き起こし、英語の医学書によると「局部麻酔」つまり「湿布を貼る」ことや、薄手のシャツを着ること、「強いアルコールに酢と砂糖とベーキングパウダー、レモンを混ぜる」という飲み物を飲むこと、これは日本では「梅酒」のことだろうと思われる。
いずれにせよ、海岸沿いの住宅地は夜中はみんな酔っ払っているために静まり返ってしまう。
あるいは、昼間から何度もお風呂に入る人もいる。
性欲を溜めることも必要だとされる。
海岸に遊びに来て酔いつぶれるものや、一晩で愛が尽き果てる者もこれを端的に示している。
セシルの海岸物語という小説もある。
日本で古くから知られているイタイイタイ病は、決して水銀やカドミウムが原因ではなく、今でも三浦海岸の住宅地でみんなが悩まされている。
三浦海岸だけでなく、多くの「海岸沿いの住宅地」で知られているものと思われる。
お台場のフジテレビが「梅酒を飲む」という対処法を取っているは明らかではないが、それほど「海風にずっと晒される」というのは「全身が痛くなる」ものなのだ。
このことは日本の医者は全く理解していないと思う。
私は英語の医学書で知った。
日本の「公害ポテンシャル」とも考えられるものであり、先進国では「海沿いには住宅地ではなくビルを建てる」という対処法を取っている。
ジコチューでいこう 3:39秒からみてください。

2019年1月16日 (水)

エンタの神様。

エンターテイメントの基本は「パートナーとの約束」「教義」を守ることにある。
これは、旧約聖書がエンターテイメントの起源であることを意味する。
真夏のフェミニスト ribbon

ツーショット写真を撮らなければ、二人の「エンターテイメント」は始まらない。
「彼はまだ犯罪を犯していない」
赤い、赤いんだよ男は。若すぎるのだ。
奇跡の肖像 工藤静香

禿げた男は「パートナーとの約束」「教義」を守らなかったため、恐怖心から禿げている。
「家庭を守らないからはげるんだよ。お前は!」というつっこみもエンターテイメントの基本となる。
しかし、このつっこみは「どれだけ二人が愛し合ったのか?」にあまりにも無頓着ではないだろうか?
禿げる男はとにかく「赤い、赤いんだよ。若すぎるのだ」と言っていい。
若すぎた男には「どんな悪意を与えてもいい」とされ、これが笑いの基本となる。
「まるで三歳児のように髪が薄いな」という表現も考えられた。
普段ならば「ちょっとドアを閉めてくれる?」と言われて「ハイ」と答える関係の人間が、エンターテイメントではこのような「禿げネタ」を使ってビッグマネーにつなげる、これを理解しなければならない。
愛を知らないとこの仕事は務まらないのだ。
どの男も「家庭」を大事にしている。
しかし、「芸人」という職業はそのようにして成り立っている。
子供たちは「彼女とどこまで行った?」と語り合っていたが、大人の世界ではそれをぶっ壊す男がいたのだ。
これほどの笑いはなかった。
「戒律を守らないものに悪意を与える」
これがみんなを笑わせた。
どの音楽作品も「二人」を祝福していた。
艶姿ナミダ娘 小泉今日子

カミさんがおるのに、エロビデオを両手に持って(松本人志)という発言は、相方を「大人扱い」しすぎている。
孤立がなければ禿げない。
面倒な計算をくぐりぬけなければならないのが「赤い、赤いんだよ。若すぎる」男であり、戒律の立場からも、音楽作品の蓄積の問題からも、禿げた男をエンターテイメントで笑いにしない国はキリスト教国家にはない。
お前はトマホークか?俺はクラリネットでよかったわ、などと発展させるのだ。
クラリネットを鳴らしてメシ食ってんのや。クラリネットに自信がつくわ。
放送が終わった後に、人々が「旧約聖書とは何か」を考えてくれれば、エンタの神様としての役割は十分に果たしたことになる。
番組を見ていた男は、彼女を振り返った。
渚のはいから人魚 小泉今日子

旧約聖書どおりにはいかないものだ。ここから「ヘンタイ」も笑いに変わった。
すべての人が旧約聖書を尊敬していたことを知った。
マルクスは「旧約聖書にしたがわない男」の革命家としての才能を見出している。
男女の共存はすでにインフラとして整備されているし、それをエンターテイメントに変えない人はいない。
あくまでもエンターテイメントであり、非日常の世界での話である。

あんた社長さんか?仲間もいれば学歴もあるだろう。しかし、女を寝取る才能があるのならば軍隊に行け。
SPEED Deep Blue & Truth

軍隊には金も仲間も必要なんだ。
ギリシャはそのようにしてシバリスを征服した。
もっとも、シバリスは「ローマ帝国」と名前を変えたがな。
だが、ローマ帝国が「旧約聖書」に逆らうか?
そうやって、世界の浮気者が国を作っていったんだよ。
SPEED Luv Blanket

40年ごとに旧約聖書は改定されている。
お前の息子も禿か?
旧約聖書を持って、近所に買い物に行き、ベルギー・オランダ・スイス・イタリアは貿易をしたわけだな。
著作権の起源は旧約聖書や。
「版権切れ」というのがなければお前みたいな禿げがまた生まれるだけやな。
産業革命を引き起こしたのも版権や。
TPPというのがあるやろ。金と仲間がおらんと成り立たん。何が起きるか分かるか?秘密しかない。
貿易なんてのはカミさんの一番の頭痛の種やねん。
秘密まで外国の女がベラベラ本に書くからまた版権が生まれるんやな。
そうしたら産業革命じゃ済まんで?テクノロジーや。
I Remember SPEED

ええ投資してくれや。金と学歴、仲間がおるんならな。
旧約聖書さえ持っていれば入店拒否もないからな。
禿げがおらんと経済発展もないわな。
汗水たらして働く労働者もお前の金目当てに働いていとる。
金と学歴、仲間いうのは怖いね、ホンマ。尊敬するわ。
あんたが食いたい言うメシはなんでも外国が作ったわ。
辛ラーメンなんてのは日本人が食うものや。
Wink 愛が止まらない

とにかく、ワシはフサフサやけ。とりあえず、版権ゆうものは否定させてもらうわ。
禿げたらかなわん。
芸能界が国を作ったのは認めるがな。

二人の愛を歌った音楽作品はワシが作ったもんではない。
しかし、リリースされてしまえばみんなのもんや。
みんな言うてもいろいろあるが、とにかく大勢や。
その中でも「旧約聖書を守らんかった奴」だけは分かるやろ。
世の中には「告白」ゆうのがあるんや。
音楽作品はみんなのもんやし、ワシも仲間に加えてもらうだけや。
旧約聖書いうのはそういうもんやな。
告白した結果をお前の頭が示しとるやないか。
それが集団主義教育いうもんや。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子

注】エンターテイメントというものは自給には換算できない富が生み出される。そのための研究であり、禿げを侮辱される側も「そろばんを弾ける」ものでなければならない。
日常ではないことを知らないといけない。

お前、革命家か?笑いをとったら、そろばん弾いて女を買いに行くんかいな。
「8時間働いて楽に暮らしていける社会」言うとる連中がおるが、エンターテイメントはほんの一時間やで?
告白されんかて、女を買えばいい話や。
キョンキョン、明菜、聖子の伝統は旧約聖書や。
革命家は楽でええな。
大勢の人間が集まって、テレビの向こうの茶の間に人がおるだけで革命家は仕事が勤まるんやな。
そしたら何や?禿げに告白する女も出てくるようになるわいな。
そしたらまたトマホークの出番か?
世の中、エンターテイメントのおかげで平等にできてるんや。
そしたら何や?ローマ帝国も貿易もやりたい放題やな。帝国ゆうのはそうやって膨張してきたんや。
エンターテイメントをバカにするなや。
革命家は怖いな。
わしは国の話をしとる。お前は自分の心配だけしとればええ。
国の心配をするのが王子様の仕事や。お前は自分のことだけ考えとれ。
その代わり、選挙の時はワシに投票せいや。
人が集まったら選挙の話をするのは当然やがな。投票の秘密いうのはあるがな。
女心を知らん政治家はおらんが、旧約聖書に書いてある。
人が笑うか笑わんかで結果が変わってくるんやで?
そのためにワシはこうして話しておるんやろ。
ましてや、選挙なんてのはカネ払って投票するわけでもないしな。
旧約聖書はローマ帝国も貿易も支配しとるんや。禿げの話とはそういうもんや。
rebecca Queen of venus

イギリスで「名誉革命」いうのがあってな。ロンドンに証券取引所ができたんや。
つまり、「男はモテてなんぼ」という世界やな。
勉強さえできればモテる世の中や。
社長も、綺麗な秘書がおるんか。
ホンマに好き勝手やリおって。天照大神にお賽銭投げてこいや。
民の支持のある君主制ったって、放送作家であるアブラハムがいなければイエスキリストは殺されてるで?
ワシが生きているのもアブラハムのおかげや。
旧約聖書にしたがわない禿げを、新約聖書でいじくっとるわけや。
お前、ワシにいじられて、お姉ちゃんにモテるんなら「いじめの永遠」を信じるか?
三位一体を信じるか?ゆうとるんや。
参議院は禿げばかりだから、逆にいじめられるで?フサフサならば衆議院に行け。
首相はフサフサが多いやろが。
女は「女心」を知りたいだろうが、「お腹がよじれるぐらい」笑いたいもんや。
参議院は人材豊富やが笑えんな。
参議院予算委員会では首相も言いたいことを我慢しとる。
カネとセックスを知らん王子などおらんわ。
男友達 安倍なつみ

王子には陸の人間と海の人間がおる。
海の王子はひたすら女を口説くのや。
海風が体にこたえて死に物狂いで女を口説く。
マンハッタンもソーカル(南カリフォルニア)もそのようにして作られた街やな。
海にはビルがいちばんええんや。
マンハッタンでブレックファスト 松田聖子

そうしたら、女どもが噂しはじめてな。
マンハッタンもソーカルも、やれ創価学会にいじめられただの宮内庁にいじめられただの言うモテる男がビルのオーナーになっとる。
ソーカル事件がなければ、ビルがマンハッタンだのドバイだのお台場だのにできることはなかったんや。
昔の男はワーグナーを探したがな、今の日本には松田聖子なりなんなりの音楽は知られとる。
ワーグナーがいなくてもビルぐらい建つわな。
水俣病だのイタイイタイ病だの、全部、海風が住宅地を直撃しとったんや。
それを、「ど庶民が」企業のせいにしとる。
マンハッタンやソーカルを作ったのがナチスや。海のことはカントがよう知っとった。
ハーバードも戦争をおっぱじめるまでナチスを批判できなかったんや。
ナチスのメンバーに禿げがおるか?みんな敬虔なキリスト教徒やがな。
ところが、禿げたマルクス主義者がビルを建てるのに反対しよった。
ウォール街を敵に回すことほど怖いことはない。
男なんて禿げとるか禿げとらんかしかない。
そこで、国家社会主義と共産主義は抜き差しならない関係になった。マンハッタンとソーカルが原因や。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

禿げとらんユダヤ人もおったがな、ニューディール政策の権力闘争を描いた新約聖書を信じるかっちゅう問題がキリスト教になっとる。
三浦海岸で小野光太郎が何をやろうとしているかという問題がキリスト教に全部書いてある。
ユダヤ人もマルクス主義者も差別されるわなそりゃ。
マンハッタンを信じることはキリスト教を信じると言うことや。
ユダヤ人は旧約聖書にこだわっとったし、マンハッタンの喫茶店の金を使って芸能界を作った。
芸能っちゅうたって、ワーグナーを探す旅やな。
今の日本には関係ない。
お前、サウンド・オブ・ミュージックは好きか?あれがユダヤ人や。恥ずかしいやろ。
サウンド・オブ・ミュージック

もっとも、今となってはな。ゴールドマンサックスになっとる。
多数派工作に成功したのならば認めるのをサルベーション言う。
とにかく、小野光太郎が三浦海岸にマンハッタンを作るのを昔、アメリカではニューディール政策ゆうとったの。
分かったかボケ。
国家社会主義と共産主義はバルバロッサ作戦で戦争になったがな。
アメリカとイギリスの資本主義がテレビで握りつぶしよった。
上海倶楽部ゆうのも国家社会主義(ナチズム)やな。
松田聖子 上海倶楽部。

1990年代から、デジタル化というものが研究されてな。
ワシもアイドルの追っかけをしとったが、当時、「アイドルがアイドルオタクになるのは必然」と呼ばれた遠野舞子ゆうのがおってな。
地味で眼鏡をかけた郵便局員の女がイベントの会場にいつもおったから文通するようになったんや。
川崎球場のイベントが終わった後、一緒に駅まで歩いた仲や。
その地味で眼鏡をかけた郵便局員の女が遠野舞子だったわけやな。
これに気がついたのは業界の現状が分かるようになったつい最近の話や。
なにしろAKB48の真実が分かるようになるまで時間がかかってもうた。
デジタルアートいうのはそういうもんや。
1963年に95種類考えられたアスキーアートというものがようやく人間に使えるようになった。
遠野舞子 Mr.サブマリン。

目的的行為論ゆうのは、何を愛しとるのか分からん偶像崇拝の世界やな。
虚像とのセックスをみんなが想像しとる。
目的的行為論を知らんかった東大の学生だったワシは遠野舞子にまでナメられる始末や。
もっとも、アイドルオタクをやりながら大塚仁の教科書を読むのは正解ではあった。
そうでもしなきゃ病気になるでホンマ。
ワシかて人間やさかい。
国家社会主義ゆうても、東大を知らなければ立ち行かん。
その東大ゆうのが難しいわけや。
音楽作品に詳しくなって、国の学問の限界を知る。
これが国家社会主義なんや。
ワシもユーチューバー言われとるがの、それがなければナチズムも上海倶楽部も成り立たんかったやろな。
アイドルの現場を知ることを「ダンチッヒ回廊を渡る」ゆうてな、渡ってもええ時期はいずれくる。
若い時分にできる東大生はおらんやろな。
MOMA美術館に出入りする東大生がおるか?ダンチッヒ回廊なんて普通の東大生には渡れんのや。
絵画館では芸能の真実を教わる。
あんたの彼女の方がよっぽどアイドルより可愛いゆうことを教わるんや。
しかし、「母ちゃんに紹介できる女を探す」男も面食いなうちはダンチッヒ回廊を渡りきれんな。
風のインビテーション。

ワシもな。高校時代にアユサインターナショナルで留学というのをしたがな、いるのは華族子弟かおニャン子クラブかのどちらかだったな。
当時は知らんかったが立見里歌だの富川春美などがおって、富川春美もまだ子供でな。
ワシに恋をしとったわ。
秋元康の詩の言いなりやな。
じいちゃんばあちゃんが、いつかワシにダンチッヒ回廊を渡って欲しかったんやろな。
当時はLCDスクリーンというものをテレビで使っててな、実物の方がよっぽど可愛かったのや。
華族子弟かおニャン子クラブを任天堂がシアトルに招いていたのがアユサインターナショナルの正体や。
まあ、ダンチッヒ回廊を渡れないうちは財務とは関わらん方がええな。
恋愛お見舞い申し上げます。


ハンナ・アーレントは、ナチスによる「マンハッタン造成」を間違いなくドイツ全体主義であるとし、「全体主義の起源」「人間の条件」という二つの著作において、「若者向けに」「うつ病の解消のために」第三帝国とは何かをイメージとして作り上げた。
スターリニズムもナチズムも「海岸沿いにビルを持ちたい」という人々の欲求のもとに成り立っていたが、アーレントは「権力とホロコースト」を直結させ、若者に「政治とは何か?」をかなり間違った形で伝えたのだ。
若者向けの「政治学入門」はハンナ・アーレントが作った。
「お金がモノを言う世界」「マンハッタン造成」「海岸にビルが持てる」
このナチスの政治手法をすべて隠してしまい、「権力者とは何か?」だけを示したのだ。
1933年から1939年まで、ヒトラーは権力の階段を上り続けていた。
「何をやっている人?」
「権力者よ」
そのようにして、若者に「政治学入門」を示し、うつの解消を与えたのだ。
新約聖書は「独裁者の書くもの」とも言われたが、アーレントのおかげで人々に認知された。
チャップリンの独裁者もアーレントが「ナチスの大衆化」を行ったことから作られた。
チャップリン 独裁者演説

アーレントは、若者に「東大法学部に入る理由」を強烈に与えたし、東大に入っただけで男はモテるようになった。
なぜなら、いずれ「ナチズムとは何か?」が分かる才能をもっているからだ。
「お金がモノを言う世界」「マンハッタン造成」「海岸にビルが持てる」「新約聖書」
人生を長い目で見るのならば、若者には「政治学入門」さえ示しておけば十分だった。
各自が一流企業や官庁に就職すれば、これらの仕事を成し遂げるのに十分な権力を持てたのだ。

フランクリン・ルーズベルトの「ニューディール政策」は、アメリカ市民が愛し合う(全能の神)あるいは、街であった女の子でマスターベーション(内省)をするという形で巨額の財政を確保し、テネシーバレー(渓谷)にものすごい葛藤をもたらした。
本来の形がゆがめられるさまは、新約聖書にあるとおりである。テネシーバレーこそがマンハッタンの土台となっており、
南カリフォルニア(ソーカル)では、これが「シリコンバレー」となっている。
起業したいソフィアやセントポールの学生に大ウケすることは間違いないし、東京大学は「権力の側」としてこのムーブメントを支えていかなければならない。
奇跡というものも、勉強という「いつものスイングの練習」からとんでもない利権が生じることをいう。
東大文Ⅰ合格というものもそもそもが「利権」なのだ。
ハンナ・アーレントは、国家社会主義・上海倶楽部の実像を「見えなく」させるカタチで「権力者とは何か?」を描いたが、ヒュームは「カントのいつもの研究の向こう側」に何が待っていたのかを「奇跡」として語った。
病んだドイツ語を「800人に」「分かりやすく」教えたという意味ではヒュームはカントに勝ったが、国家社会主義・上海倶楽部のような企画力はカントには敵わなかった。
「勉強の向こう側に利権が生じる」
これを奇跡と呼んだのだ。
ヒュームは女に「誰からお金をもらい、誰に長話を聞いてもらっているのか?」と聞いて回り、パートナーがいるかどうかを的中させていた。
そのようなパートナーがいない女がいるだけで、財源が不足してくるからである。
男たちには、できるだけ健康でいて欲しかったし、哲学を知って欲しかった。
常に、国家社会主義・上海倶楽部の輪の中心にはイエス(ヒトラー)がいた。
「仕事といっても、中・上流階級の女性が喜ぶ”言葉”を考えるだけなんだ」
この「口から出る言葉」を「アウトプット」と呼び、いかに磨き上げるかが問われた。
現在の日本国では「アウトプットが小野システム以前には想定されていなかった」として、厚生労働省もデータの存在を否定している。
松田聖子 上海倶楽部 カラオケ

海からの風は神風だったし、国中に富をもたらした。
しかし、「いつプレスリリースをするのか?」と言われると、「イエスが磔になった時にその言い訳として公表するしかない」とされている。
つまり、ヒトラーがランツベルク刑務所に服役した時に公表した。
ヒトラーは服役することそのものが権力基盤となったし、シュタイナーは逃げまどった。

ウェストミンスターというのはイギリス議会のことをいうが、常に「カント」「ヒトラー」に答える形でメッセージを出している。
女の子は「頭の悪さをバカにされる」「レイプされる」こと以外に神に失望する理由はなく、今の安倍政権のように「幼児教育」を前面に押し出し、幼児教育こそが主婦層の支持を固めるという確信をもっていたのがウェストミンスターだ。
シンデレラたちへの伝言 高井麻巳子

それは、女の子の「健康と富」を保障するものであったし、カントにせよヒトラーにせよ、英国紳士の娘の支持を取り付けることに「国家社会主義」「上海倶楽部」を用いることになった。
とにかく、女の子は「レイプと女嫌い」以外にサンタクロースを信じなくなる理由はなかった。
メリークリスマスフォーユー

ハートショーンは、「神さまってのは女の子の中にいるんだよね」として、「富と健康」を国家社会主義や上海倶楽部がもたらすことを正当化した。
娘の信仰心と「お父さんとしての仕事」は車の両輪であり、わけのわからない「大人の論理」を、娘たちが支持することになったのだ。
主婦層もそれを歓迎する仕組みとなっていた。
冬の微粒子 CoCo

カントにせよ、ヒトラーにせよ、トマス・アクィナスのように「勤勉で、自分の人生を大事にし、それでいて、舞台の上に上がる度胸がある」人物であったからこそ、ウェストミンスターは彼らの恩恵を語り合ったのであり、「発言と行動がともなわない」「口先だけ」のスコティストであるのであれば一笑に付したであろう。
いずれにせよ、国家社会主義や上海倶楽部に大人たちは酔いしれたし、女の子は「サンタクロースを信じた」という具合に、「大人の神」「子供の神」の二元論が存在したのだ。
女の子だけでなく、主婦層もサンタクロースを信じているというのは、間違いなく「政治コミュニティーの柱」であった。
「富と健康」だけにとどまらず、なんらかの「神」が信じられているのを感じたのだ。
「大人の神」「子供の神」の二元論がここで混ざり合ってひとつの信仰となった。
国家社会主義や上海倶楽部にもとづく「大人の神」と、「女嫌いやレイプに遭遇しない」子供の神の融合は「サンタクロース」という柱をもたらしたし、クリスマスソングをセールスにかけられるのであればそれはもはや「汎神論」と呼ぶべきものだった。
オッカムは、シュタイナーのような「女心の定義」を語ってくれるヒトラーを信じていたが、しかし、国家社会主義や上海倶楽部は「巨大ビル群の建設」という方向に向かい始めた。海岸沿いの住宅地の住民は「全身がイタイイタイ」と言っていたし、酒の有効性を知ったが、しかし、自分たちの小さな家がビルになるのであれば大歓迎であった。
研究の発展段階がシュタイナーよりもヒトラーの方が勝ったという指摘は可能だろう。
いずれにせよ、「大人の神」と「子供の神」が、大人たちが仕事をしているうちに結びついたという「プロセス有神論」は、サンタクロースを柱とし、クリスマスのセールスを伸ばし、かなり強烈な影響力を持っているのは事実である。

2019年1月15日 (火)

通常国会今月28日召集へ。

さて、国家統治の「全体像」を、今まで述べてきたが、私の発言の何を財務省は重視しているかが、通常国会の予算委員会で明らかにされる。
予算書というものはすでにできていると思うが、「款」と「項」で、数字が出され、その数字で財務省は「答え」を出してくるのだ。
税収は「全能の神」として、あるいは「内省」として金額を積み上げたが、あとは、「国の仕事の何を重視するか」が「款」と「項」で示される。
予算というものは、「政府と与党が相談して決めるのは当然のことである」(中曽根康弘見解)とされ、政調会や大臣の意向も反映され、作られる。
閣外協力や、野党がWeb2.0の攻撃の対象にされ、一方で野党は「詩の世界のヒーロー」を目指して「何でもあり」を演じる。
総括質疑は「何でも話していい」場所であり、一般質疑は個別の問題を話し合う場所だ。
質問趣意書というものも事前に提出され、この質問趣意書も委員の「贈収賄」の対象となる。
いずれにせよ、今月28日には通常国会が召集される。
政府与党が「どのような政策を重視しているのか?」を私のブログと照らし合わせて国会中継を見て欲しい。
なかには、垂加神道やゼブラのヒロインもいるし、貞淑な妻を持ち攻撃的なプラグマティストもいる。
奔放な左翼もいれば、官僚答弁棒読みの人もいる。
是非、楽しみにしていて欲しい。
Let's get ready to rumble

【本ブログの大意を述べよ・解答例】
髪の長い女性を育てるだけで、日銀は金塊をイングランド銀行に保有することができる。
髪の長い女性が街を歩いているというのが街づくりの出発点だからである。
出会いを求めて街に出ている女性に話しかけて「内省」をする男もいたし、鉄道網、デパート、コンサートホール、スタジアムができた。
どうしても、出会いの場を増やすためには「ステージの上」が必要になってくる。
ステージの上の人間は「真っ白な灰」になって障害者になっていた。
そのような「神」のために農業があった。
目的を持たない作物や家畜を育てることは、心の治療にうってつけだ。
小学生の処女だった「私」が向かうべきは実在するダッシュ村みたいな農業だったと映画「おもひでぽろぽろ」に描かれている。
あるいは、豊かなシルバーライフが年金制度によって保障され、働かない息子は父にパソコンでコントロールされ、「おお父よ!」と泣いた(神は死んだ)。
真っ白な灰になった男は「口説き文句」を学ぶ必要があった。
女たちに囲まれていればお金にも困らないし、健康にもいい。
そのようにして障害年金生活を脱することをカントは求めた。
労働とは「芋を洗うような生活」を余儀なくされた女の子がプルジョアになるために必要とされるものだ。
国土交通、農林水産、厚生労働はこのようにつながっている。
日本国は「鉄」のおかげで中学生や高校生までお金が行き渡るようになった。
お金があるということは「セックスができる」という意味であった。
しかし、自動車が「18歳から」としていたし、通信は出会いの機会を増やした。
「鉄・自動車・通信がどのように国民の恋愛につながるか」を語るのが経済産業だ。
また、日露戦争で確定した「領土ポテンシャル」に対して、「2100年1月1日の海戦」によって領土を引きなおすことが計画されており、我々は「北朝鮮」などという言葉すら聞きたくない。
領土ポテンシャルでは朝鮮半島も台湾も日本の領土だからである。
これが外務と防衛である。
財務は「全能の神」が国民に愛し合うことを求め小説を書き、「内省」によって街であった女の子でマスターベーションすることから税収が増える。
だいたいこのようなストーリーを追って国会中継を見ると面白い。

2019年1月11日 (金)

郵政。

フェイスブックやマイスペース、ツイッター、ユーチューブなどが社会をグローバル化したが、このような社会が、「友人とはなにか?」「親子とはなにか?」「同僚とはなにか?」「雇用とはなにか?」「先生と生徒とはなにか?」「隣人とはなにか?」「取引先とはなにか?」「医者と患者とはなにか?」などを明らかにした。
これらの人間関係すら「オンラインで」政府がコントロールすることができることがわかった。
「名宛人が不明確です」と記して送り返せばいいからである。
大規模に掲示板で活動していると、SNSによる、より親密な「プライバシー」「友人」「治めること」「自分というもの」の発見を見失うことがある。
少なくとも、宮内庁は、私個人に対してこの「サイバー犯罪」を実行している。
こわれかけたピアノ 高井麻巳子

1970年代のアーパネットや、BBS、MUDsの時代から研究は進められてきたが、現在は、Web2.0という技術を用いて、「政府を敵に回すとこうなる」というサイバー犯罪が行われているのだ。
美智子さまは「身ぐるみ剥いだら死ぬかと思った」という程度の認識で「行政計画」を練っても、下の行政機関にはとんでもない迷惑をかける行為であり、ずさんな行政計画そのものが国家賠償の対象になる。
OrKutや、マイスペース、リンクドイン、フレンドスター、微博、ハボーなどが、
「何のために存在するのだろうか?」
という問題が、私宛ての「年賀状すべて没収」「お歳暮の横領」などで行われたのだ。
Web2.0の時代に、はたして「宮内庁は必要か?」という観点から議論しなければならない。
「すべてコンピューターで行える」(CMC)ことから、政府が「政治家一人抹殺するのは簡単」とも言われる。
他の省庁に通報しても「見てみぬふり」をしているところを見ると、入閣したら各大臣は同じことをやっている、と考えた方がいい。
「入閣して安倍さんとともに汗を流す」ということがどれほど大きな意味を持つのか?あるいは、入閣せずに「安倍さんとは距離を置きたい」として「次」を目指すことがどれほど難しいことなのか?を理解しなければならない。
安倍さんとともに汗を流せば、「総決起集会」の案内も届くし、「歓迎しないもの」を排除することができる。
派閥から大臣を出せば仲間が喜ぶし、公明党も与党から離脱することは考えていない。
民主党政権を実現させた小沢一郎は、アメリカでは「ガッツ!」と言われて、日本のおじさんのモデルとして描かれている。
政権をとるというのはものすごいエネルギーが必要なのだ。
「圧力には逆らえない」
それは、麻生太郎対小沢一郎のほうが、美智子さま対小野光太郎よりも熾烈であっただろう。
美智子さまはただなすすべもなく、「権力を濫用し」「論文を書かれる」宿命にあった。
「小沢が何を知ったのか?」を私も痛感した。
サイバー犯罪とは「友人」「親子」「同僚」「雇用」「先生」「隣人」「取引先」「医者」を失わせることが可能なのだ。
政権の側も、野党の側も「生きていればいい」と割り切っている。
生きていればいい、そのような境地にならないと政治家は務まらないのだ。
しかし、「生きていればいい」と考えると、権力から遠い側が「左翼」になるのは目に見えている。
SNSという小さなサークルを掘り起こさない野党の政治家はいない。
巨大掲示板で「閣外で」国土交通や、農林水産、老人福祉元年、防衛、宮内などを論じた私が、内閣から「歓迎されないもの」と思われるのも当然だったであろうが、各省庁がどう考えているかは明らかではない。
総務省に電話しても「いずれは権力の中枢に身を置く人なんだろうな」と思われて、相手は無言になってしまった。
酒井法子 思い出に帰りたい

サイバー犯罪を行う側は、SNSで連携していたし、クッキーを消したり、匿名で名前を登録していたりした。
政治家の「位置情報」を頼りに攻撃していたので、「動いて欲しくない」と言って「精神的なものから来る」腰痛を引き起こしたりした。
これが「Web2.0」の時代の権力闘争だった。
どのみち「サイバー犯罪でいじめられた側」は「権力とは何か?」を誰よりも理解した「豊かな権力者」になることは目に見えている。
「プライベートが恐れられている」のだ。
表に出せない人間であるはずがないだろう。
そのような「プライベートパラドックス」というものが存在した。
小沢一郎は「酒を飲みながら全国をトラックで駆け回っていた」運ちゃんであり、ある意味「プライベートパラドックス」というものはあったのだろう。
SNSには常に「そんな彼がまぶしかった」といって側に寄り添うように「いる」女は確実に存在する。
私も、島崎遥香や、(人妻ではあるが)松たか子などがラインに残っているが深い仲にはなっていない。
Web2.0も、「側に寄り添うように」「いる」女まではブロックしようとは考えていない。
このへんは「善悪の彼岸」を踏まえて、「関係を持ってくれるとありがたい」と考えているようだ。
「政治家になりたい」と思うのであれば、当然、このようなことは想定しなければならない。
「心に響く事務所」「フィルターバブル」と呼ばれる政治家事務所は常にこのようなことに晒されていたのだ。
Web2.0も、ハーバーマスが考えた「フェアなゲーム」であり、警察に通報するような考えのあまい政治家であってはならない。
中国の「レンレン」や、ロシアの「Vコンタクテ」なども、「側に寄り添う女」は保障している。
身ぐるみ剥いだら死ぬかと思ったというような作り方はハーバーマスも想定していない。
島崎遥香も、松たか子も「公人としての」私を見ている。
政治家は「私人」ではない。
テレビのオンエアがなくなれば、自然に私の周辺の「サイバー犯罪」は消滅するだろうし、彼女たちも消えていくだろう。
「男が金儲けをするとはどういうことか?」を考えなければならない。
サラリーマンにはない「経験談」が政治家の書物にはあふれているのだ。
もしかしたら、彼女たちは、私が最後に泣きを入れて「ごめん、愛している」と電話をすることを待っているのかもしれないが、男は人を愛するほど弱くはない。
ごめん愛してる 最終回

コンドレセットは「数学者」として、しかし、「心に響く事務所」「フィルターバブル」としては、「社会算数」という方法をとって、郵政の問題と向き合っていた。
女の子は「男の子の数で数字を覚える」という幼児教育の拡散の研究から数学や「社会への情報の伝わり方」を見ていたのだ。
いじわるねダーリン おニャン子クラブ

「幼児たちはまるで主婦にとってのお金ではないか?」
1790年の論文でそのように記している。
Web2.0が広まるはるか昔の話だ。
フランス革命においては「女たちには投票させない方がいい」とされた。
幼児教育が政治フォーラムに入ってくるのが明らかであったからだ。
幼児、そして「男の子・女の子」を政治の世界に入れたくない連中が「郵政」を用いた。
マクリーンやヘウィットは1994年に「昔の人は大変だったな」と言って、通信規制の緩和というインターネット時代への突入を眺めていた。
おかあさんといっしょ、への支持を選挙に反映させてもいいのだろうか?
おかあさんといっしょ

子供にまで「世界の近さ」が教え込まれた。
あるいは「信頼できる大王」の存在まで教えられた。
人間の人生は「戦いではない」ということが幼児教育のコンセプトだった。
学生であることそのものが「偉い」とも教わった。
世の中のことがキャンパスに凝縮されているという意味でもあり、キャンパスで「仕事とは何か?」を学んでしまうのだ。
「必ずしも実力主義ではない」ということも学んだ。
18世紀の「数学」が向かったのは幼児教育であったし、フランス革命以降の「女性たちの支持」を求め始めたのだ。
いずれにせよ、郵政というものがなぜ生まれたのか?というものを考える上で、「幼児教育」というものは無視できないものであった。
「世界」「信頼できる大王」
それを体現する政治家がもっとも警戒されたのだ。
そもそも、18世紀には「運河が必要である」とされ、その資金源に「主婦層の支持」が求められた。
そのために、幼児教育に目をつけたのがコンドレセットだった。
1791年に「セックスの専門家」であったルイ16世がヴァレンヌに逃亡した。
ラファイエット将軍は、キャンプドマーズで指揮をとり、ルイ16世を攻撃した。
コンドレセットは、妻や娘とこの戦いを群衆の中から見物していたため罰金刑に処せられたが、フランス第一共和制の議員に選ばれている。
ルイ16世の「ギロチン」論争は、主婦を味方につけるのには「セックスの研究なのか?」あるいは「幼児教育の研究なのか?」が争点となったが、ルイ16世は敗北した。
みなみのしまのハメハメハ

マクリーンもヘウィットも「子供の教育無償化」はこの「幼児教育と婦人参政権」に資金源を見出した。
「代表なくして課税なし」ともいわれる問題となったのだ。
このことは、「女性は二等市民」という発想を切り替える必要性を生じさせるものだ。
「B層の心のつかみ方が分かった」
CDショップが「だんごあります」と書くほどの影響力をもったし、週末の出来事まで番狂わせが起きた。
だんご三兄弟

郵政民営化の奥義は「B層にある」といわれたことを誤解してはならない。
Web2.0の民間への開放のおかげで、私へのいじめは出雲大社やその他の民間人までが参加可能になったのだ。
小泉純一郎首相が「俺を殺したいやつは大勢いるんだろうな」ということの真の意図は「Web2.0の民間への開放」にあった。
ミニモニじゃんけんぴょん

「B層の支持さえ得ればいろんな物事が予言できる」
小泉純一郎はそう考えていた。
しかし、「B層の支持を得ることの難しさ」がだんだん明らかになってきたのだ。
「いつも、ファミリーのようにテレビに出ていなければならない」とも言われている。
しかも、ケインズは「テレビで貝殻をばら撒いて主婦層を買わなければならない」と考えていた。
劇場型政治が小泉によって繰り広げられた。
その忠実な弟子は安倍晋三ではなく、小野光太郎だったのかもしれない。
「言葉はお金だよ」
マルクスのように多くの女たちと話し、フロイトのように女心に詳しいものが「お金」とおなじ「言葉」をばら撒いたのだ。
「テレビから消えれば、Web2.0もやめるわ」
主婦層はそのように考えていた。
ファミリーのようにテレビに出ていて、お金をくれるから相手にしていたのだ。
DAPUMP USA

カール・ポパーは「なんで結婚したの?」と主婦層の研究をしたが、「彼氏と二人きりになって孤立したから」という答えが返ってきた。
そこで、B層にとって「お金」とは、「孤立から開放してくれるもの」であることが分かった。
幼児教育もその一環であったし、フロイトの「女心」も似たようなものだった。
しかし、「全米・世界標準」を示すことがなによりも日本の主婦層にウケた。
テレビで「ファミリーが」「アメリカに住ませてくれる」ことが大事だったのだ。
「娘の心が分かった」
それだけでも十分だった。
髪が長い・短い・巨乳・貧乳の見方すら分からなかったのだ。
しかし、B層は、けっこう気まぐれに「ファミリー」を選んでいたので、
Web2.0による「いじめ」が長期化することがむしろ異例なことであった。
影響力の証であったからだ。
政権としては、Web2.0の長期化は「なにも学ばない」「何をやってるんだ」という批判とともに、いつしか、「いじめの対象に命運を頼り切ってしまう」という現象が見られた。
つまり、ハーバーマスが考えたWeb2.0は「テレビ」「アメリカ」「女心」の発信とともに存在し、いじめられる側は「あんがい安全である」ということが指摘できる。
なによりも、アウグスティヌスのように「国民が愛し合う」ことに担税力を見出したり、デカルトのように「内省」に担税力を見出すことが、
Web2.0でいじめられている作家は「注目度が高いからコントロールが簡単」という側面があり、税収見通しは極めてよくなった。
B層に「ウケる」話は特に「アメリカ」「女心」を前面に押し出していたので、税収見通しとも相性が良かったのだ。
さらには「鉄・自動車・通信がどのように国民の恋愛につながるか」という経済発展の原理まで発信できたのならば、東大出身者としては「やるべきことは全部やった」ということも可能である。
議院内閣制のもとでは「政権の側がイエスキリストの死を望んでいない」とも言われ、王室の都合だけで磔にしても、イエスの死にはつながらない。
多くの、女性たちや王室の母が「イエスキリストの死」を待っていても、この国は、単なる君主制でも大統領制でもない。
政権という助け舟がイエスキリストにはあるのだ。
郵政民営化といっても「文化の全米並み」という結論を引き出すことにつながり、ブッシュと小泉の「日本国内需拡大」という政権公約とも関わるものであり、美智子さまにはもはや「何もできることはない」状態だったのだ。
たとえば、韓国の憲法は「結果の平等」と「均衡の取れた発展」の二つを標榜しているが、「機会の平等」というものそのものが「アメリカに詳しい男が序列が上である」ということを意味している。
いざ、機会の平等を実行してみると文鮮明は「もはや洗脳」という評価を受け、韓国憲法の「結果の平等」というものは、世界統一家庭連合とは整合性の取れないものとなった。
日本国の「機会の平等」は、必ずしも前面に押し出したものではないが、「アメリカへのアクセス」を求めたものだ。
憲法のいち側面に過ぎないために「洗脳」であるとも考えられていない。
イエスキリスト待望論が「機会の平等」であり、キリスト教的な考え方なのだ。
「王の息子でなくてもいい。才能に対してオープンである」
このことは、世襲制を否定するものであり、二世議員などが多くいる日本の永田町は「どれほどアメリカに疎いのか?」を示している。
勝たなければ自信はつかないとも言われ、「日蓮が不思議」のように勝ち続けることによって覇権国家とはどのようなものかが自ずから決まる。
親切にも「世界大学ランキング」というものも公表されているだろう。
東大コンプレックスを持っているうちは「国家社会主義」の立場には立てないし、覇権国家の水準を知ることもない。
前島密は郵政から「グローバル化」を始めただろう。郵政は常にグローバル化を見据えている。
一億のスマイル 酒井法子

私を攻撃した発信源は、美智子(浦賀の川口さん)と、明仁(津久井浜の大友由一)である(私への殺害命令も何度か出している)が、他にも、横須賀の小豆沢が常に背中に痛みを与え、横須賀の相澤祐一がお金を盗み、三浦市葉山の千田豪がそれらのいじめを煽るなど、個人を特定できることは一定程度可能である。
横浜市港南区日限山3丁目の貝和智というおばさんは、山谷えり子などとともに私の株式を横領売却していたようだ。
明確な犯罪も混在しながら成立しているのがWeb2.0なのだ。

2019年1月 9日 (水)

宮内。

日本国の神道や仏教にもその影響は及んだことになるが、キリスト教・ユダヤ教・イスラム教は「アブラハム」を神とするようになっている。
つまりは、王室の三男であるアブラハムが、「世論を背景にした次男」「権威を背景にした長男」に打ち勝つ物語だ。
次男グループは平気で「集団指導体制」などというものを素人集団で仕組もうとしたし、アブラハムの息子グループは「チーム」などというものを構想していた。
つまりは、アブラハムは「素人であってはならない」ことを意味し、類まれなる才能で国を豊かにしたのだ。
男が男を崇拝するというのが「神」であるが、崇拝といっても「いつもいられたのでは迷惑だ」という難しい側面もあった。
男であることから女たちは「吐き気」を感じなかったが、一定の若さを維持していたアブラハムとおなじ「恋愛マーケット」で女たちを奪い合わなければならなかったのだ。
小学生美少女もアブラハムに憧れていたため、「神であること」は非常に難しい問題を生じさせることになった。
素人男は平気で「俺は平時の指導者だ」と言っていたし、世界の「戦争ポテンシャル」
を無視したため、アブラハムはプロ野球やサッカーを常に必要としていた。
昨年のワールドカップでも「ファイナンス担当」を政府の中枢で務めたし、「勝負事」に勝ちたいという人々の願望がなければ、「素人でも君主が務まる」と思われるのがオチであった。
「お手ふりをしてテレビに出たい」
そんな奴もいた。
2017年に横浜DeNAベイスターズは日本シリーズに進出したし、2018年のワールドカップでは日本代表は決勝トーナメントに進出した。
そのたびに、アブラハムは存在感を高めてきた。
「チーム?」「集団指導体制?」そのような不信感を得るのに十分すぎたのだ。
ヒンドゥー、仏教、道教、儒教、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教など「神」というものが作られる過程は異なったが、「神」の前では女の子は無表情だったし、無関心(60%ポジティブな表情を浮かべる)であることはなかった。
なぜならば、マスターベーションを想像したからである。
女たちはセックスに対しては「いつも本気」だった。
愛してジャスティス ribbon

元アイドルたちは、自分が昔、歌っていた音楽作品が「いまだに発信力があるのならば」元所属事務所やレコード会社が社債を出せるために、「おこづかい」欲しさにケンブリッジ大学に出入りし、「あの音楽作品はどういう意味?」ということを知ろうとした。
哲学は、ケンブリッジのみならず、オックスフォード、スタンフォード、ハーバードなどで研究されたが、それに対する人々の尊敬の念は各教団で表現されたので、
ブリティッシュソサエティ、ノートルダム大学、グラスゴー大学、ジョンヒックセンター、バーミンガム大学、ローハンプトン大学などで「各セクト」の存在が分析された。
スタンフォードは大雑把に「真理はひとつ」であるとして強烈な「一神教」を推進したのだ。
しかし、読者の「男たち」は確実に「セクト化」を進めていた。
小野光太郎から学んだ「神」はもはや800人はいたし、各自が「イケメン」であった。
女を口説くのもうまかったし、金もあった。
各自が「王子さま」としての待遇を受けていたし、街をうろついていた。
いろんな女の「子供の気持ち」を味わったし、毒を盛られることもあった。
スタンフォードは一神教を推進しても、セクト化の分析だけは別の研究機関に委ねるしかなかった。
新訳聖書は「セクト化」について語ったものである。
各セクトは「もっといろんな音楽作品がある」ということも主張した。
しかし、アブラハム(小野光太郎)ほど「重たい命」をもった男はいなかったのだ。
セクトの神たちは「8月革命説」つまり「夏休みの終わりを資金力に変える」理論をめぐって乱闘騒ぎを起こしたりしていた。
夏休みに出会った「女の子」をめぐって喧嘩していたのだ。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ

俺の方が女の子を口説くのがうまい、お前はロンドンを知っているのか?
これが乱闘の原因だったようだ。
中には「とっととアブラハムには死んでもらいたい」と考える人もいたが、「アブラハムには今後とも発言し続けてもらいたいね」と考える「進歩主義」の立場の男もいた。
800人の「神」は「考え方」はアブラハムから学んでいたが、それでも、切り口が見えない問題は山ほどあったし、ワイドショー番組は毎日、神々に「課題」を示し続けていた。
C.D.ブロードやアヤラなどが「ワイドショー番組の可能性の無限性」を指摘し、「これではアブラハムに死んでもらうわけには行かないではないか?」と語っている。
昨年のワールドカップでは、紀州のドンファンの妻という「冤罪女」をメディアで大々的に躍らせ、ポルノまで売りさばいたアブラハムであったが、「ワイドショーの可能性は無限」ということが証明されたのだ。
アブラハムの「考え方」をマスターすると言うことは、いろんなことが分かるようになることを意味したが、しかし、それも「今後の熱心な読者」になることをも意味した。
「寺院を作りたい」と言ってアブラハムに死んでもらおうとした人たちはいたが、「進歩主義」の方が勢力が勝ったのだ。
国民全員が、紀州のドンファンの妻の「夫殺し」を疑ったのに「やっていなかった」という自己欺瞞は、妻を国民的ヒロインにしたが、しかし、「あの巨乳に吐き気がするのよね」、あるいは「すぐに忘れ去られる」という「死の衝動」をともなったため、ワイドショー番組は無限性を証明したのだ。
いずれにせよ、多くの週刊誌がアブラハムの発言に沈黙したし、ワールドカップの日本代表の善戦に文句をつけるものもなかった。
「担保とはなにか?」(ミスワールドという女がいる)
「保証とはなにか?」(保証人に女性関係のすべてがバレる)
などの、民法の知られざる側面が、「すべてが納得がいく」(エビデンス)形で国民に知られた。
このような「カルマ」(伝説からの教え)が、永続的に続くようであれば「進歩主義」という立場は生まれざるを得ない。
とにかく「すべての専門家が見抜けなかった」ということは衝撃であった。
あるいは「西郷どん」においては「宮様のお考えとはなにか?」を明らかにした。
「髪の長い女の資金力を利用しよう」というものを「御簾の奥」はほとんど大混乱の状態でありながら発言したことも、ワールドカップに活用された。
スタンフォード大学も「だんだん宿題が少なくなってきている」状態ではあるが、毎日、「新しい宿題」をアブラハムに提供し続けている。
「神ってものは必要だよ」
そのような進歩主義者が増えればいいだけの話なのである。
ひとつの大事件を解決しなければ、いかなる「イケメン」「神」も東京進出は決められない。
現在、それを虎視眈々と狙っている男はいるだろうが、まだ、アブラハムの弟子の域を出ない。
何のために「アブラハム」は存在するのだろうか?
進歩主義は存在するのだろうか?
「貧乳レズビアンが女になりきれない」
つまりは、AKBグループや坂道シリーズの女たちが、「勉強ができる」「スポーツができる」男に「女」「ご婦人」と呼ばれたいだけなのだ。
「真面目にやっている子はいる」
と言っても、「男を愛せない女」ではないのだろうか?
「男を愛して欲しい」
これが宗教というものの正体なのだ。
アブラハムとしては「若い女でもあてがっておくか」というような「知的弱者」には細心の注意を払わなければならない。
このようなことは「大きなお世話」という側面がある。
女にも困っていない、情報にも困っていないアブラハムに「知的弱者」は「悪」しか選択肢がないのである(善悪の彼岸)。
おニャン子クラブ LINDA

紅白歌合戦にせよ「男女の二元論から斬る」ということを覚えなければ「メジャー宗教」にはならないし、仏教やヒンドゥー教などもこれらはクリアーしている。
相撲界の不祥事も「男女の二元論」で斬れるメディアが現れれば面白いのだろうが。
女性の方は土俵から降りてください。

女性の局部は「やっている時」と「そうでない時」の二種類がある。
「やっている時」は、「男の実績」「自分勝手さ」「まあこんなもん」「私のお金」の四つを感じながらやっている。
しかし「そうでない時」のお金の方が金額がべらぼうなことを悟る。
愛の炎 田中れいな

女には、自分の局部が「やっている時」に感じる四つの感情以外に、仲間作りが必要であった。
そのために「やっている時」の記録は豊かな方がいいだろう。
女同士や男同士が大喧嘩することがある問題である。
プラトンは「男の実績」「自分勝手さ」「まあこんなもん」「私のお金」という「やっている時」の女性の局部から、多くの「詩」を作り出して富につなげた。
アウグスティヌスは「全能の神」として国民が愛し合うことを税収につなげたが、それも、「やっている時」の女性の局部に、「そうでない時」にどれほどの意味を持つのかという問題をプラトンが明らかにしていたからである。
「全能の神」としては、「文化の成熟」をプラトンに委ねなければ、国の税収につながることはそもそも想定できなかったのだ。
シルバーの腕時計 モーニング娘。

アリストテレスは、プラトンの意を継いで、「男にとって女が身近であるために」男女共学や、男女の共存を社会のシステムとして組み込んだ。
すべてを知ることは感じなくなることである、とも言われ、モテることは感じなくなる、あるいは「勃たなくなる」ことにもつながりかねない。
バカな女は「やらなければお金にならないでしょ?」と考えて商売女のように振舞った。
男も「そうだよね」といって簡単にセックスしようとするだけだった。
この男女の「バカさ」と「性欲の単純さ」にどの大人たちも介入しようとした。
「感じない」のでは介入しようとは思わないだろう。
しかし、「読まない」「興味がない」のでは介入もできないだろう。
「食べる」「飲む」とは素晴らしいことではないか?
それを理解しているものが文化を成熟させたのだ。
健康な男ならば「そうだよね」と言うはずだとバカな女は考えるし、「感度が鈍る」という哲学者やアーティストの都合は知っていたので「計算が面倒だわ」「吐き気がする」といって関わるのをやめてしまう女もいた。
秋の貝殻 クレア

ブレンターノ(1838~1917)、ブロード(1887~1971)、ロス(1877~1971)、エウィッグ(1899~1973)がいなければ、ストイックな「大人」は今の日本国には存在しないことになっただろう。
レコード会社が欲しいのは「お前じゃなくて金なのさ」というような異彩を放つものもいた。
ロールオーバーゆらの助

ブランシャード(1892~1987)は、このような「大人たち」の影響を受けて、「セックスしない方がいいな」とすら言い始めた。
法科・法科といって勉強もせず、といわれる学生はいたが、「オタク」を経験してのちにひと財産築いたのはブランシャードが初めてだっただろう。
ブランシャードの「詩の解釈」はとにかく傑出していたし、「法学部なんてくだらん」と言って「面白いこと」をやろうと考えていた。
ビクヴィストも、オタクカルチャーを歓迎していた。
なぜならば、「異性と語り合わなくても病気にならない」「勉強に専念できる」からであった。
しかし、「国家社会主義」の立場に立つのならばこれは危険な考えである。
「国の学問の限界」をしり、「覇権国家の学問」へと関心の対象を向けるのが国家社会主義であり、「国の学問の限界」を知るというのはかなり心に堪えるものだったからだ。
CoCo イコールロマンス

カントは「オタクカルチャー」とは距離を置いていた。
ニーチェが作った「アニメ」に対して、「父と息子が認め合えない」(神は死んだ)という問題が存在することから、カントは「女性たちともっと話しをした方がいい」と考えていたのだ。
カント自身が「ドイツという覇権国家」に身を置いていて、国家社会主義者ではなかった。
カントは「日経平均株価」のようなものに対しても「定価というものは出せないのかね」とシティに対して指摘していた。
カントは「哲学の発展次第では、女の値段は青天井になりかねない」と考えていたのだ。
現在の日本国では、海外の無修正サーバーが「女なんてこんなもの」ということを示している。
ITバブルにおいては「女の知られざる側面」は、株価を倍以上に引き上げたが、今は逆の方向を海外のサーバーは見ているのだ。
判例は「海外のサーバーであれば無修正容認」という「ITバブルを一時的に引き起こす判断」を下していた。
けっこう場当たり的なものであり、のちの哲学者の成熟を待つしかなかった。
CoCo 君の歌僕の歌

デューイのようなプラグマティストは「いまさら君からそのような話を聞いても驚かないよ」という立場に立ち、貞淑な妻を持ち、それ以外の女の「性遍歴」にまったく無頓着に話をした。
女たちは「いったい私は愛されているのかな?」と思うこともあった。
保守派という「モンスター」がカントを学んだら、それはプラグマティズムの完成だった。
女たちはプラグマティストに対して「セクハラだ!」と愛情を求めた。
ブラッズレーも「パワフルな政治家であるためには、貞淑な妻は必要なんだ」と考えていた。
シェリー・カガンが「リンカーンは気持ちよかったわ」と本に書いた時に、リンカーンはパニックになっている。
のちにリンカーンは暗殺されている。
そもそも、中世の「バラ戦争」は、よりパワフルな政治家を「貴族」としていた。
つまり、貴族が「保守」「純潔」を求めるのは当然でもあったのだ。
貧乳レズビアンから人生をはじめても、のちに「男に必要とされる」存在になる可能性は十分にある。
AKB48 ヘビーローテーション

ロスは、「カントの言うように、女の値段を青天井にすることはレコード会社には無理なんだ」とも語っている。
処女と言っても「貧乳レズビアン出身」であることが多く、各自が自分の好きなように生きていたからである。
「そうでない時」つまり、セックスしていない時の女の局部を見ていても、
「これが富につながるんだな」
「どうやってキスから出産までつながるのかな?」
「どんな男に金をもらうつもりなんだ?」
などと産婦人科医は考えるだけだった。
AKB48 ハロウィンナイト

私が、フィギュアスケートで学んだことは、画家のゴッホにも言えることであり、ゴッホは、「弟をスポンサーとし、郵便局員と医者を評論家としていた」という記述である。
どんなビジネスでも、必要なのは「スポンサーと評論家」であるが、そのサークルは「身近な人」でかまわない。
キムヨナはバンクーバーオリンピックで、これを見事に使いこなした。
彼女に関する本が英語で出版されており、「生後8ヶ月で立ち上がり、待っている余裕はなかった」という記述から始まる本だ。
バンクーバー キムヨナ SP

バンクーバーオリンピックが終わった後に、日本では「八百長だ」という声が多かったが、アメリカのメディアは「スピンやスパイラルなどのベーシックエレメントが完璧だった」と報じていた。
浅田真央はこの情報に接しておらず、佐藤コーチと「ジャンプの修正」を始めてしまった。
しかし、私は「ベーシックエレメントとは何か?」という研究を始めた。
エレメントとは「キス」のことであり、ベーシックとは「結婚」のことであった。
どの女性も、恋愛と結婚は違うスポーツと考えており、エレメントとベーシックは異なる。
キムヨナの描く曲線はエレメントであり、外国で活躍するスパイであるジェームズ・ボンドに近づく女のようであった。
聖なる海とサンシャイン

才能に近づく女はやがて、「もうひとりの女」と略奪愛を繰り広げる。
ジェームズ・ボンドをめぐって略奪愛を繰り広げた二人は、キムヨナの前では浅田真央は「評論家に恵まれなかった」という意味ではピエロのような扱いを受けた。
キムヨナは、唇と胸を最大限に活用し、その唇は、氷上で「曲線」として表現した。
一度キスを許した男には、二度許す。
彼女の描く曲線は常に左右対称であったし、そうでない曲線は周囲の男を挑発したのだ。
一方、ベーシックというのは「結婚」を意味するが、「完璧な男らしさ」を求めるものだ。
キムヨナが「ジェームズ・ボンド」にその対象を絞ったことは、完璧な選択であったし、「アメリカとカリフォルニア」にそのメッセージを送ったことも最高の選択だった。
略奪愛、そして、別れ際の思い出話、女を口説く力量、すべてを乗り越えての「結婚」であったため、ジェームズ・ボンドという最高の素材を選択したことは、のちの女子フィギュアも参考にしなければならない。
自分にもっとも「お金」をかけてくれた男と結婚する。
これがベーシックであり、キムヨナは「ジェームズ・ボンド」をそのための「イケメン」として選択したのだ。
自分が「ジェームズ・ボンド」をよく理解しなければならない。
周囲が「ジェームズ・ボンドとは何者か?」をよく知っていなければならない。
自分と周囲という「二つの目撃者」がいなければ「結婚」には至らないのだ。
愛が止まらない Wink

ベーシックとは結婚のことである。
売春を行い、行為が終わった後に、お金を踏み倒す事例があるが、大阪地裁と東京地裁で判断が分かれた。
「大阪では踏み倒しができない」
これは、「男が愛欲の限りを尽くした後にも紳士に戻る」つまり「結婚相手として選択できる可能性」を考慮したものと考えられる。
「マナーが悪いと損をする」
このことを、売春踏み倒し事件は表現しているのだ。
カントは「犯罪を犯すと処女がやらせてくれなくなる」としたが、
ケルゼンは「ガラの悪いやつは売春代を踏み倒せない」とした。
郷土料理は「ガラの悪い田舎」で「欝になる女たち」が生み出したし、田舎者は売春代を踏み倒せないと同時に、結婚相手にもならなかった。
愛のクレイジーエプロン

「男らしさとは何か?」を語り合うのが宗教であるならば、「女心とは何か?」を語るのが政治である。
1960年代の東京の「セックスと革命の嵐」は政治と宗教を成熟させており、「理想の結婚相手」の議論も出尽くしていた。
そのために、売春代踏み倒しも可能となっていたのだ。
判例上、可能であるのならば、ヤクザを使うしかなくなっていたのが女の事情だった。
女も「結婚するつもりがない」という意思表示だった。
大阪の判例によると「警察を呼んでもいい」ことになる。
権力の中枢である東京では何度も「クーデター騒動」が起きており、「買った女と結婚する」ことも想定され、「命令」というものが周知徹底されていた。
大阪の芸人は「東京はこんなに簡単だったのか」と思うほど、「権力に逆らって笑いを取る」ことは東京では難しくなっていた。
やすきよ漫才

この、売春代踏み倒しの事例が東京地裁と大阪地裁で出揃ったのは20世紀中頃であった。
それまでは、「サラリーマン主権」が確立しておらず、「イエスキリストの主権」が信じられていたため、痴話喧嘩を裁くのも、大学を卒業して十年ぐらいぶらぶらと司法試験の勉強をした男が「イエスキリスト」として痴話喧嘩を裁いていた。
しかし、今は、「職場で解決してしまう」という方向性に向かっている。
社内での「修羅場」をくぐりぬけたら、「気が付いたら出世していた」というような男も痴話喧嘩にめっぽう強く、人望があった。
司法試験組かサラリーマン組かの綱引きはつい最近まで続いていたが、サラリーマン組が勝ったと言われている。
司法試験組(イエスキリスト)の敗北は、教科書ばかり読んでいて、政治活動を行っていない彼らの実態を表現しており、「誰の指図も受けなくていい」というメリットを使いこなせなかったことに由来するものだ。
痴話喧嘩と距離を置きたいから資格を取りたいという連中には大きな罰が下った。
しかし、ハンス・ケルゼンは異なる考えをもっていた。
司法試験受験生でありながら、多くの女たちと話しをし、彼女たちの支持を集め、「女たちに有名だから」司法試験委員がその男と会いたがるということまで想定し、「イエスキリストの復権」を虎視眈々と狙っていたのだ。
「資格、資格といっても、結局、ヤクザの相手をするものなんだよ」
なんだか法律書だか政治学の本だか区別がつかないような教科書をみんなが待ち望んでいた。
そのような状況が生まれてようやく「ロースクール」「新しい国のカタチ」が見えてきたのだ。
弁護士のくず

「ゼロワン地域で仕事がしたい?」
メシはうまいがガラが悪いぞ?
しかし、そのような男が書く法律書は、もはや教科書の原形をとどめておらず、政治学となんら変わりのないものだった。
「社会のピラミッドなんて宗教と政治だろ」
そのようにして「イエスキリスト」は「ロースクール」「新しい国のカタチ」を現実のものとした。
「面白さ」と「紛争解決能力」で、今までの法律書を圧倒する必要があった。
世の中の紛争なんて「痴話喧嘩」か「金儲け」の問題だと割り切る必要があったし、イエスキリストはとにかく金儲けがうまかった。
ケルゼンにせよ、H.L.A.ハートにせよ、「誰の指図も受けないイエスキリスト」を信じていた。
それぞれの家庭は「女たち」に圧力を加えていた。
病院やドトールコーヒーに毎日通って有名人になることが司法試験組には求められた。
「法律事務所」なんてものはバカげていた。
病院やドトールコーヒーに出入りする司法試験組が「仕事」というものが分かるようになっていた。
地方裁判所までは「イエスキリスト」の独壇場だった。
便箋にサラサラと「訴状」「督促手続き」「仮処分の申し立て」を書けばいいだけだったからだ。
しかし、高等裁判所ともなると「イエスキリストなんて嫌いだ」と言って、「法律事務所」の存在を要求した。
それはその時になって事務所に戻ればいいだけの話だ。
上訴された時に始めて「事務所」は必要とされるのだ。
普段は、ドトールコーヒーでひたすら女性と話していればいいのが弁護士だ。
なにしろ「家庭内の圧力」は常に女性に加えられていたからだ。

2019年1月 6日 (日)

防衛。

国防とは「プライバシーとの戦い」である。
女による略奪愛の研究や、別れが近いカップルが思い出話ばかりしていること(憲法)を、アイルランドのサーバーでよくよく研究しなければ、とてもではないが外国国家を落とすことはできないし、日本国も落ちない。
女の名前がグーグルの検索キーで引っかかることもない。
すべて、国防の問題である。
メディアは、自国の防衛のために各家庭を「取材」するが、自分の国のマスコミよりも「外国国家の方が私のことに詳しい」となった時に、国家が「占領」されるのだ。
すべては「アイルランドのサーバー」によって、命運を握られているのがアジア地域の安全保障であり、そのため、「アジア地域は拳銃よりもお金がモノを言う」という安定感を見せている。
フェイスブックの「友達」から急に女が消えたことをどのように解釈すべきだろうか?
愛が止まらない Wink

さらには「性の経験の違いによって女が住み分けていること」「女を口説く言葉のネット上での蓄積」まで、外国国家は研究を進めるだろう。
すべてを、「秘密」にすることが必要である。
女同士のサークルや、日本国の哲学者のブログを外国国家に察知されないことを国防と呼ぶのだ。
北朝鮮は「韓国メディア」をうまく排除しながら、改革開放を進めていかなければならない。
「韓国の方が私たちに詳しい」と北朝鮮の庶民が考えたらもはや国の命運は尽きるのだ。
日本国は「言語の問題」があって、外国を落とすことも落とされることもないだろう。
アイルランドで朝鮮語や中国語を丹念に見る余裕など防衛省にはないし、「レーダー照射」などといった「戦争ごっこ」しかできない。
誰と誰が「ちょっとあやしい」
そんなことは日本人の方が外国国家よりも詳しい。
アイルランドで日本語を丹念に見ている外国国家も存在しない。
唇がふれあえば Melody

台湾をめぐって、米中が武力衝突しても、アメリカが目指すのは「中国の非核化」だけであり、中国を「領土」にしようなどとは誰も考えていない。
「誰と誰がちょっとあやしい」
そんなことまで研究しようとは思っていないのだ。
「有名人や金持ちが凡人として生きる」という農業と国防は密接に関わっているし、「有名な作家ならば近所の歯医者や床屋に行ける」という知的財産とは微妙なバランスを維持している。
ケネディが、マリリン・モンローを寝取ったおかげで、マリリンはリベンジポルノの嵐に見舞われ、マリリンはひどく落ち込んでいただろう。
それでも「ケネディを暗殺するなんてキチガイだ」という情報を外国に知らせなければならなかった。
中森明菜 デザイアー

「お金がモノを言う」
それは「2100年1月1日の海戦」でも同じだろう。
世界は「2100年1月1日」に世界地図を引きなおそうとしている。
どのみち戦争では世界地図は変わらない。
「2100年1月1日の海戦」で「世界全体を豊かにしよう」と考えて世界地図を書き換える予定なのだ。
女たちは団結している。
しかし、「どのように?」と言われると、それはSNSというかなり分かりにくい世界を用いている。
1900年に世界がやったことを2100年に世界はふたたび行うだろう。
日本国は、1900年に領土拡大を行う国であるとみなされている。
2100年にどう思われるかは明らかではない。
しかし、1900年の記憶は、いまだに21世紀は持ち続けている。
世界が想定している「国力・領土ポテンシャル」は、日本国は「日露戦争に勝った時のまま」なのである。
原子爆弾など計算に入っていない。
日本人として「私の顔」が何を考え、外国国家をどう思っているのかを理解する必要がある。
北朝鮮に怯えている「私の顔」があるのならば、2100年1月1日に何が起きるかは察するに余りある。
タンポポ 私の顔

北朝鮮は2100年1月1日まで見通しているかもしれないが、日本国の政治家はそうではない。
北朝鮮は現在、韓国と「非核化」について話し合おうとしている。
トランプが、日本国に存在する「北朝鮮脅威論」を封じ込めることに成功したかのようだ。
国民の団結を目的に「Jアラート」を使うのも政権の都合であるが、「私の顔」をもっと自信に満ちたものにしていかなければならない。
北朝鮮は、非核化に向かうだろう。
日本国の「信用できる友人」は「韓国とヨーロッパ」だけである。
韓国はいまだ自分たちを「日本の領土内にいる」と考えており、信用できるのだ。
アメリカも中国もロシアも何を考えているかは分からない。
従軍慰安婦が20万人存在したことを認め、慰安婦像にひざまずくだけで解決する問題だ。
簡単な「答え」だけが2100年1月1日までに残された。
日本人は「国連」とさえ言えばなにも言えなくなる国である。
ロシアは「国連を利用し」、中国は「国連を邪魔し」、アメリカは「国連から日本を外そうと」している。
この図式を睨みながら、2100年1月1日をみんな待っているのだ。

北朝鮮は、2100年1月1日の海戦で日本が膨張しないためだけの理由で、「世界最大の影響力」を楽しんでいる。
中国、ロシア、韓国、日本、アメリカという国のど真ん中に位置し、オバマ政権が「アメリカさえ怒れば周辺国が北朝鮮にお金を放り込む」という分析を行い、「忍耐強い無視」という政策を取った時に、北朝鮮の王朝マネーが縮むのが観測された。
しかし、「忍耐強い無視」が韓国をどれだけ傷つけていたかものちに悟った。
インターネットは「女をリクルートメントするために使われている」という側面がある。
女たちはプライバシーまでインターネットで晒そうとは考えていない。
写メを利用して「調達」されることが目的であり、自分の「人間関係」(誰と誰があやしい)までは明らかにはしていない。
北朝鮮はインターネットに頼りすぎている。
その限界も知らなければならない。
女たちのプライバシーも「男次第」という側面がある。
「自分の女を奪われたくない」
ここに、女のプライバシーが守られる秘密がある。
明るい放課後の過ごし方 おニャン子クラブ

アメリカ合衆国憲法修正第四条は、「医者がプライバシーを漏らしているんだ」として、夫婦同氏・母子同氏という原則を越えて、匿名を名乗ることを認めている。
これが、国防とも深く関わることになった。
自らの「病んだ側面」をよく知っている医者がプライバシーを公にすることさえ抑え込めば、案外、国防において「日本国は難攻不落の要塞」となるのだ。

2019年1月 4日 (金)

農林水産。

【有名人や金持ちが凡人として振舞う。これがすなわち農業である】(韓非子)
髙樹沙耶 大麻女優の農業

現在、耕作放棄地が「農地の三分の一」存在する。
有名人や金持ちが凡人として振舞う、という原点が忘れ去られたのだ。
処女たちは「初体験は有名人がいい」と考えていたが、その「有名人・金持ち」はみんな農業をやっていた。
おもひでぽろぽろ

それはもはや「司馬遷と司馬談以来の伝統」となっていた。
スターに憧れた昔の私が向かうべき場所は農業だと悟ったのは27歳になってからだった。

農業を強化するのは、中国戦国時代に各国が争ったものであり、その中でも「漢」がこれを巧みに成立させたため、中国は統一された。
処女がヤマギシズムに通ったりするのは日本でも同じであるが、司馬談は「有名人はあまりには秘密主義で、処女を独占しようとしている」と批判した。
これが「農業とはなにか?」という議論である。
わざと「田舎者」という概念を作り、処女と関係を持つものが多かったのだ。
漢の時代に精通していなければ、このことはいまだに「農業の秘密」とされたであろう。
そもそも「秦の始皇帝」が「韓非子しか読んでいないのか?」という人物だったため、農業政策の成功は「漢」が国家統治として引き受けることにした。
「申子」という人物が紀元前4世紀に「韓」という国を作って以来、その「農業」の研究は深まった。
慎子、管仲などの論客はいたが、いずれにせよ「農業」が分かったために呂氏春秋は終わったのだ。
おもひでぽろぽろ The rose

そもそも、春秋という時代そのものが「春は出会いの季節」「秋は別れの季節」としているため、当然、「農業の探求を行った時代」であった。
「有名人や金持ちと処女のマッチング」は農家が行っていたのだ。
サマーラバー大作戦

「百姓は生かさず殺さず」などというのは現代の精神医学の現場のことであり、倒幕運動にもつながりかねないものである。
「お父さんが羊を盗んだ」という議論から息子の「舜」は中国の神となったが、孔子も墨子も老子も「農業こそが中国を統一するだろう」と見ていた大人であった。
舜をスターダムに押し上げて、女たちが歌で歌い、舜を農業に従事させる、そのような大規模な計画が練られていたのだ。
王子様と雪の夜 タンポポ

芸能界や財界と強い結びつきをもつ「農業」と「処女」の関係を深く理解することを「農業政策」と呼ぶ。
そもそも「季節」を全面的に押し出すのは農業しかないのだ。
季節だけ変わる Melody

日本の文学者(三島由紀夫)も「生命の連続性」という言葉は知っていたが、それが、中国の農業政策からくるものだということまでは理解していなかっただろう。
「変化に強い支持基盤」が農家にはあったのだ。
季節ごとに出会いと別れがあるなどというのは誰が決めたのだろうか?
それは農業の論理ではないか。
サラリーマン世帯では「ハロウィンで出会って、一月の大統領選の空の月を二人で見る」ことを目指していたではないか?
農業の論理が芸能界を席巻したのだ。
風立ちぬ 松田聖子

しかし、横浜では「鶴見川の氾濫」にそなえて、水をすべて農地に誘導することにしている。
サラリーマン世帯の「わがまま」をここに感じるし、元芸能人として、あるいは障害者としての農業従事者は、農林水産省や農地委員会とは「家族のような関係でなければならない」ことを学習した。
「士農工商」というものがもし現代にも生きているとするのであれば、
政治家(士)には、「農」の論理を「工商」よりも理解してもらいたかったし、そうでなければ「富国強兵」とは言えなかったのだ。
軍務につくのは「士」であるからだ。
農業の論理には芸能界は常に敏感である。
「士」も、農作物の実り以上にそれを資金源にしてきたはずだ。
サヨナラのかわりに 酒井法子

統治者は「農業の論理」を最大限に富につなげたし、「工商」のようなサラリーマン世帯も「愛民」「利民」と呼ばれるように芸能界の作品を愛した。
中国の歴史で毛沢東ほど「法家」「韓非子」を嫌った男はいなかった。
しかし、「士農工商」は、日本国においても1980年代1990年代に存続を決めている。
季節を感じさせるニュースは毎日報じられているし、歌謡曲も多く作られている。
すべて「農」の論理を受け入れたものだ。
大都会である東京が芸能界に都市の存続を委ねているのは明らかであるし、卒業、夏休みの終わりという「社会契約論」のみならず、春の出会い、秋の別れを歌謡曲にしている以上、農作物の実り以上のデリバティブを「農業」は国にもたらしていることになる。
「百姓は生かさず殺さず」
それは、江戸幕府が「芸能界のスター」を差別するために行った政策である。
しかし、芸能界のスターは「星が太陽の30倍輝いた」=「神」であり、農家では「神」=「祖先崇拝」の対象となった。
都会の失業者を吸収する力がもはや今の日本国の農業にはない。
耕作放棄地は日本国の農地の三分の一である。
「神」の力が弱まったからであるとしか言いようのない現象が見られる。
酒井法子 涙が止まらない

季節を歌った詩を愛する、芸能界に日本国の存続を委ねる、髪の長い女を愛する、そのような基本的な国策が「倒幕運動」において練られてきた。
なにしろ、農業従事者が国において9割もいた時代の話だ。
女の子たちと自由に話そうよと言うのがマルクス主義だとするのならば、それは「ライン工」を論じた講座派ではなく、農業を論じた労農派であろう。
ribbon サイレントサマー

万葉集で「季節」を詠い、源氏物語で「源氏の君」が女たちにモテる、そのような倒幕運動、革命の嵐が吹き荒れたのだ。
それが「国学」であった。
「鉄」により中学生・高校生にまで金を行き渡らせて、恋愛世代を下げようとした講座派と、季節を詠い、源氏の君をそのような空気に泳がせた労農派は、必ずしもその対立は抜き差しならぬものではなく、「産業」=「男らしさを語り合う論壇」(宗教)、「女心を定義する論題」(政治)が政教分離が一体となって、「鉄」をコントロールするのか、民心をつかむ活動をするのかの違いに過ぎないものと思われる。
本居宣長も会沢正志斎も、このような「倒幕のプログラム」は練ったが、福沢諭吉(明治天皇)が、自分の祖先を「神武天皇」「アマテラス」にまでつなげてしまうことは想定していなかった。
「神」というのは、江戸時代の芸能人のことではなかったのか?
つまり、平田篤胤のことではなかったのか?
しかし、ここで、福沢諭吉は「万世一系の確立」を行ったのだ。
江戸時代の百姓(芸能人)が農家の祖先であり神である、それも、万葉集や源氏物語に基づくものでなければならない、そう考えた論客が多かったが、明治天皇はそれを「平安時代から続いている」とし、江戸時代に京都で人気を誇った源氏の君である平田篤胤の存在をもみ消した。
ナビが壊れた王子様 松浦亜弥

それでも「有名人や金持ちが凡人として生きる」ことが農業であるという基本は天皇家は言い伝えとして記憶に残していたのだ。
第二次世界大戦で終戦を迎え、日本国の「神道」は存続の危機に立たされた。
しかし、柳田國男が積極的に「農家に入っていく」というフィールドワークを行い、折口信夫が文献学でこれを支えた。
百姓には源氏の君が多い、あるいは、金持ちが多いということを膨大な書物に残し、神道は存続を決めた。
あくまでも、万葉集と源氏物語に基づくものである。
松浦亜弥 From that sky

武田信玄などが「側女を用意せい」といって処女を用意させる場面などが知られているが、これも、戦国大名が「芸能人」「神」としての百姓であり、処女が「有名人・金持ち」目当てで、農家を訪れたとしか考えられないことである。

農業の「宗教的側面」を指摘したい。
人間は、出世して贅沢すると「糖尿病」「痛風」になる。
糖尿病は「靴下をはかない」ことからなるし、通風は「白い女とセックスした」からなる。
しかし、異性と関わる以上、「食べ物」が必ず関係している。
これらの「成人病」に罹ると、みんな「肉を禁止される」のである。
糖尿病に罹ると「体重の5%」落とさなければならない。
ブッダは「肉を食べると、糖尿病や痛風患者から恨まれる」ことを指摘している。
かなり全体主義を志向したものが「菜食主義」なのである。
聖徳太子がなぜ「仏教の父」と呼ばれるようになったかというと「カルマの法則」と「本正話(ほんじょうわ)」について語ったからだ。本正話とは
「ブッダが生まれ変わる前の話」という意味だ。この話を聖徳太子は行っている。
本正話について書いておきたい。
ヒマラヤボーイが悪魔の掌の上に落ちて、マハーサットバ王子が飢えた虎の上に落ちて、両者が似たような姿勢をしていて仏陀として生まれたという話なのだ。
手塚治虫 ブッダ

人間は「目的」を持つと病気になる。
目的を持たなければ一番健康であるが、目的を持つなというのも酷な話だ。
「外で異性を語り合う」
これが精神医学の到達点である。
それならば、犬やイルカやクジラは「人間の友達」であろうが、それ以外の動物は「目的を持っていない」「食べていい」ということになるのであろうか。
動物は「外で異性と語り合う」ための言葉を持たない。
そのため「目的を持っていない」動物こそが健康であるといえる。
人間にも健康をもたらすであろう。
目的を持っていない家畜を、側で寄り添うように育てる人間は同じく「健康」である。
家畜に名前をつけない、愛情を持たない、という二つを条件に、農場の男は健康になる。
それならば、「野菜などの作物を育てる」のはもっと健康的ではないだろうか?
ここに、精神医学が関心を寄せた。
「目的を持たずに生きても富を生み出せる生活」が見出せたのだ。
漁業にも同様のことが指摘できるが、糖尿病患者や痛風患者は「殺した」ということに恨みを持ち続けるだろう。
とにかく「タンパク質」とは「ゆずりたくない人間」が必要としているものであることは肋間神経痛からも明らかであるが、
菜食主義になると「譲る」ということを覚える。
「国民全員が菜食主義ならば交通事故すら起きない」とも言われる。
「いつ、誰が、何を、どのように」取るか?
というのが政治であるとするのならば、政治家は肉を食べなければその才能は発揮されない。
家畜は、餌や水を大量消費し、糞尿を垂れ流すという「肉への批判」は、野菜などの作物を育ててみれば的外れであることが分かる。
野菜などの作物も、育ててみると「多くのものを無駄に消費している」のである。
世の中は「譲り合い」だけでは成り立っていない。
すべての組織が「政治的に」行われている。
このことから、ブッダのような「世捨て人」でなければ「野菜しか食べない」という生活は想定できない。
糖尿病や痛風患者は治療するしかない。
「男らしさ」(宗教)や「女心」(政治)といった産業も、肉がなければ成り立たないのだ。
第一次産業に配慮しながら、第三次産業は成立している(士農工商)。
ポップカルチャーは常に季節を歌い、テレビ局は気象予報を流している。
秋の貝殻 クレア

ユダヤイスラムにおける「豚肉の禁止」は、「悪夢を見るから」行われている。
マヌ法典における「玉ねぎの禁止」も同じ理屈だ。
「交通事故のない社会」という菜食主義は、肉を食べる人への憎しみに変ってはならない。
芸能界で「神」とされたことがあり、処女が「初体験のお相手に」と考えるような男が敵を作らないように「野菜しか食べない」という方向性が現在の菜食主義のあり方となっている。
高橋由美子 ときめき

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »