最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 老人福祉元年。 | トップページ | キリスト教的死生観。 »

2018年12月26日 (水)

国土交通。

王子さまは常に影響力の拡大を狙っていて、カントを学び、女の子たちと話したがっている。
しかも、高等教育を受けているのだ。
女の子たちも「王子さまの言っていることが分かる」程度の教育は受けていた。
電車の中で、王子さまが女の子に「何で黒いタイツをはいているの?話を聞いてもらいたいから?」
と聞いたり、「何でヒールの高い靴を履いているの?理想の男のゾーンを高めたいから?」
と聞いたりするのは、国土交通の行政においてはまったく問題のない行為だ。
しかし、公の場でのセックスは禁止だ(性行為非公然性の原則)。
国土交通をよりよく理解して、電車やバス、タクシーで影響力を増すことが必要となる。
SPEED Confusion

女の子が「出会いを求めるためには街に出ること」と言われるために国土交通がある。
自分の興味のあるお店に行くのも女の子にとっては自由であるし、高等教育を受けた男との出会いがあるのならばもっといい。
酒井法子 友情キッス

「お前の家で何をやろうが自由だが、タクシーで人を殴るのはよくない」(タクシードライバー)
すべて、街に繰り出す女の子の安全のために作られたルールである。
素敵な男性が私の心を教えてくれた、これが出会いというものだ。
「どんな雑誌で自分と社会の関係を決めているの?」と王子さまが女の子に聞いた。
「セブンティーンとかポップティーンとかランズキ」
こんな若い世代の女の子も出会いを求めていたのだ。
国土交通が常に意識しているのが「結婚」である。
ジョーカー引きとは訳が違う「知的な男性」との出会いの場が街には保障されているのだ。
歩きタバコ禁止とか、スマートフォンの利用の制限などの規制は当然、いろんなところで行われている。
しかし、すべて「人々が敬意を払えるもの」でなければならない。
「市民は友達である」「敵味方の関係ではない」
これが国土交通が目指したものだ。
カントを学んだ男が女の子たちに自由に話しかけられる環境が必要であり、カルト宗教や風俗の勧誘だけが、女の子たちを狙っているのではないことを知る必要がある。
「いい人生」というのはそれほどまでに人気があったし、国土交通への期待は大きい。
女の子たちは「セックスされる存在」であったが、フェアな街であることを望んでいた。
フェアではないセックスが横行するのであれば国土交通の失敗としか言いようがない。
出会いが自由で、女性たちの影響力が強いのが自由民主主義社会である。
今が楽しければ自由民主党に投票するだろう。
国土交通大臣だけは公明党が取りたい?自民党も舐められているよね。
公明党も「レイプや殺人だけは防ぎたい」と思っているのだろう。
「市民はみんな友達」
これをどの政党が推進するのかが問われる。
市民たちは語り合う用意ができている。
国土交通大臣の強烈な武器はもちろん「街を歩いている若い女の子」である。
SPEED Steady

女たちにとって、セックスがまるで人身売買のように「荷が重い」ものであってはならない。
土曜の夜はレインボー 瀬能あづさ

街がどのようなものであるかは、かなり構造的なものであり、空き缶ひとつにみんなが怯えた時代というのは確実にあったのだ。
芸術作品による周知徹底も必要になってくる。
昼の健全な街ではなく、「夜の街」に落ちていくのは敗北であるということなどを知る必要がある。
SPEED Another sweet field

「恋愛大臣」とは国土交通大臣のことだった。
モーニング娘。 恋のビクトリー

当然、権力が必要な場面もあるし、哲学書も書かなければならない。
世界の都市がライバルでもある。
恋愛の安定的な運営や、「おもてなし」の周知徹底などが仕事なのだ。

公の場においては「性行為非公然性の原則」があったが、女たちは「スタイル」で感度のよさを競い合った。
子供を産んだ女は感度が悪くなるが、独身の女の感度はスタイルで分かる。
感度がよければ「男の言葉に敏感である」「男の見た目にも敏感だ」ということが可能だ。
感度のいい女が、男の隣に座ってくることを「PHP」ではなく「PJP」と呼ぶ。
カントを学んだ者は、喫茶店でもどこでも「目の前の女と話せばいい」とされる。
女の側から「話し相手として選択している」からである。
街における「出会い」とは、これほどまでに「学んだものに都合よく」できている。
女たちの正義が基準になって街づくりというものは行われているのだ。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

アメリカの学問の進み具合を見ながら、スターバックスなどのモデルが提示され、日本に「パブリック」(国土交通)とは何かが示された。
お母さんが嫌いになり、街に出るようになると、女の子はスタイルがよくなる。
感度もよくなるのだ。
国土交通の側も、女の子の側に「多くの選択肢」を与えることになった。
高橋由美子 バスルームでキャッチホン

ゲティアーやハンプトン、カフカなどが「学んだ男と、スタイルのいい女」が出会いやすいように、国土交通というものを設計した。
電車や喫茶店を利用すると分かるが、「言葉」さえあればいろんな「期待可能性」、つまり「出会いの可能性」が都合よくできるのだ。
なぜ、あの時、「ひと言」が言えなかったのだろう、と思うだろうが、必要なのはカントだった。
若者が「多くの女の子と話ができる」という共産主義にかぶれる時期があるのは当然であった。
しかし、ゲイカルチャー(価値相対主義)や、スカーレットなどの「家柄」「ハイソサエティー」などのグラムシ主義に食い物にされるのも目に見えていた。
身分だの躾だの言う年寄りはこういう若者を標的にしているのであって、国家レベルでは「反共労務管理」の対象となり、つまりは「戦力外」ということになる。
共産主義の「ウチと外」の問題であり、「多くの女の子と話せる」という若者文化はウチにおいては「身分」「ゲイカルチャー」という病理面を見せるのだ。
CoCo 夢だけ見てる

若者中心の国土交通(パブリック)は、家庭内に問題を持ち込むことになる。
家庭内の病理面が、天皇制支持に向かい、外における「共産主義」を保障した。
共産主義の病理面を排除し、都合よく用いるためのシステムだったのだ。
それも「若者中心の街づくり」を保障した。
いずれにせよ、「外」で共産主義(女の子たちと自由に話せる)を推進しながら、「ウチ」における共産主義の病理面を排除するために、国土交通は「天皇制」を必要としていた。
ただ、「若い女の子を街づくりの資金の裏づけにする」というだけにとどまらず、その病理面と向き合わなければならなかったのだ。
「ゲイカルチャー」「身分制社会、階級社会、家柄」の二つだけはどの企業も歓迎していない。
街づくりの資金の裏づけを「若い女の子」にもとめても、しっかりと「カントは何を言っていたのか?」を理解する必要がある。
河合その子 緑のポインセチア

「ゲイカルチャー」「家柄、身分、階級」などの「ウチ」の問題を克服したアメリカ合衆国には繁栄だけが待っていた。
ムーンリバー

共産主義の病理面を克服しなければ「AKB限界説」が出てくるのは当然だった。
天皇制と「処女」は足並みを常に揃えて歩いていた。
AKBグループ、坂道シリーズは常に「天皇制のシスター」であったし、資金の裏づけも神社仏閣に頼っていた。

国土交通の最終的な目標は「若い女の子による資金力を背景に街づくりをする」「出会いの場として自然に街に出ることができるようにする」などであろうが、とにかく、男女は「三度食事をしなければ深い仲にはなれない」ということもあり、
一度目、二度目の食事では、異性は「マスターベーション(ヘルス)の対象」にとどまる。
快適な街づくりがなされたのならば、セックスに二万円払うということもなくなり、日経平均株価は下がるのではないだろうか。
パラディラタンの夜 河合その子

しかし、男にとって女は「エネルギー」であるが、女にとって男は「力」であるということを考えると、「真剣な交際でなければイヤ」というニーズは女の方に強いということが可能だ。
いずれにせよ、「男女の出会いの場が街にある」「若い女の子による資金力を背景にする」という街づくりをするのであれば、20世紀のマンハッタンは、21世紀にナイジェリアでもトルコでもなく、神奈川県三浦市に作られてもおかしくはない。
地理的に若い女の子の関心のある地域に都市はできるのだ。
松田聖子 マンハッタンでブレックファスト

内省(マスターベーション)は恋の「ご褒美」であり、「記憶に頼らない」「女性の局部に頼らない」という二つの要素が指摘できる。
つまり、「ついさっき目の前で見たこと」を頼りに「女性の局部を想像しないで」行うものなのだ。
しかも、「自然に心の底から湧き出てくる感情を利用する」ものだ。
メリークリスマスフォーユー おニャン子クラブ

駅前のベンチに座っていても「いい目の保養」になるし、鳩だけが友達というのは街づくりとしてはいいことではない。
場合によっては女の子に声をかけるかもしれない。
男同士の乱闘騒ぎだけは警察力に頼るしかないだろう。
警察も、自転車の信号無視を取り調べたりして退屈しているぐらい予算は充実している。
お年寄りの病気を診たりして、ヒマも潰せる。
学生さんも「駅前のベンチに行ってくる」あるいは「喫茶店に行ってくる」と言えば出会いには不自由しない。
それが健康な街づくりというものだ。
とにかく家庭内は病理面に満ち溢れている。
家庭内の病人に薬物を飲まされたりして体調が悪いのならば国土交通を最大限に利用すべきだ。
三浦海岸駅も、駅前にはベンチがあり、若い女の子が行ったりきたりしている。
やんちゃな男子中学生もいるが、なにしろ駅前に交番があるから悪さはできないだろう。
三度目のデートで「処女なんです」と告白されたりもする。
公的空間を禁煙にすることは「ふしだらな女」をなくすが、三浦海岸駅前はもちろん携帯灰皿は必要であるが禁煙ではない。
四期目に入った吉田市長の「食よし人よし気分よし」という政策も、予算の制約はあるだろうがまあこんなものだろう。
いきなり「歩きタバコ禁止条例」などと仕事をしたふりをする首長もいるからね。
「特定疾患」だけは、街づくりの敵だね。
健康的な街があるのにそのフォーラムに出ることすらできないのだ。
いずれにせよ「内省」(女の子と話して250分以内にマスターベーションをする)ということが「国土交通」を発達させ、全能の神(国民のセックスに税金をかける)こと以上に、国土交通というのは担税力を見出せるようになっていた。デカルトがヨーロッパ中世を終わらせた。出会いの機会が異なるのだ。
「市民っていうのは敵と味方ではなく友達だと思いませんか?」
こんな口説き文句もあるのだ。
恋をしちゃいました タンポポ

駅前が、歩いているカップルなど、「女を口説く」(政治)「女を愛する」(経済)という私生活を反映しているのは事実であるが、それ以外は、かなりオープンな空間となっている。
彼氏連れの女でも眺めていれば気分はいいだろう。
なぜ、駅前に集まるのだろうか?
それは、全能の神が国民のセックスをコントロールしたのと同じ原理で、デカルトが考えた「内省」を利用して、カントが「口説き文句」で交通網を充実させたからである。
他人の家の「セックス」に税金を課すよりも、トラフィック(交通)で税金を見た方がいいという私の昔の素人判断は、実はカントが考えたものであった。
国民が愛し合えば、おのずと「トラフィック」が人に満ちるであろうとカントは考えたのだ。
19世紀には、投票というものは本当に得票数を数えており、現代のようにメディアが「国家統治のバランスを取りながら選挙結果を出す」というシークレットバロットは知られていなかった。
駅前の店の閉店などを、市長の責任として重く受け止めるのがシークレットバロットであり、シャッター街のある街ではすべて、「国土交通を市長が理解していない」と判断され選挙結果に影響を与える。
国民が愛し合うことを文学者がコントロールするよりも、トラフィック(交通)を文学者がコントロールしたほうがいいと考えられるようになったのだ。
らきすたOP

デカルトの「内省」の発見以降、カントは「トラフィック以外に税収を見る方法はない」と言い始めた。
家庭内のルールのすべては、街の人の流れを見ていれば分かるとされたからである。
本当の「秘密」を抱えた都会女は、声をかけても振り向こうともしないだろう。
しかし、トラフィックは確実に「出会いの可能性」を広げた。
トラフィック以外に税収を見る方法はない。
このことは、政治家に「ステルスマーケティング」というものを学習させた。
カップルたちは秘密を抱えていた。
When a woman loves a man Rebecca

街のトラフィックは私も今まで「税収につながる」と考えて観察してきたが、内省の存在までは指摘しきれなかった。
内省は、仏教で言うと「密教」であり、男女の二元論から斬ると、密教は「女」「アメリカ型エリート」、顕教は「男」「日本的エリート」であるとも言える。
今回、国土交通の研究をしてみて、「街の女の子で内省をする」という可能性を指摘し、実際に自分で実験してみたところ、その有効性が分かった。
女の子と話すだけで、ちんちんの先が濡れてきて、あとは家に帰ってご想像に任せよう。
とにかく「夫婦関係を壊さない安全性」が内省にはあるのだ。
この「内省」の気持ちよさが分かれば、これもまた「知性を愛する男」の誕生につながる。
このご時勢においては「いよいよ平成も終わりますね」から話を切り出し、「市民は敵と味方ではなく友達だと思いませんか?」などと展開させると面白い。
あとはカントの遊び場が街となる。
女性の体力がどれほど弱いか知っているだろうか?
「話したい男の前に座る」習慣がついているのだ。
男はとにかく「目の前の女性」と話せばいい。
カントが、デカルトの内省を用いて、しかも、カント自身が女性たちの側の「内省」を狙うようになった時に、カントは「俺は暴君なんだ」と語った。
政治家としてはモンスターだったと言える。
本格的に「街づくり」をやったのはキルケゴールだ。
Maji で Koi する五秒前 広末涼子

カントは、政治家としてはモンスターであったが、女の子たちに配慮し、また、自分の都合もあって、毎日同じ時間に同じ行動をとって、女の子たちはカントを待ち伏せした。
このカントの行動は「プリズム」と呼ばれた。
広末涼子 風のプリズム

なぜ、シークレットバロットを日本国は採用し、メディアが「国家統治の適正値」を「選挙結果」として公表しているのだろうか?
それは、カントがモンスターだからだ。
カントを知っているものが重量級閣僚に9:1の大差をつけかねないのがカントのやり方だった。
閣僚や党首は落選しないという神話も生まれた。
私が、三浦市・横須賀市(神奈川11区)において「小泉進次郎が勝ったら番狂わせ」と豪語できないのもシークレットバロットがあるからだ。
オープンバロットで開票したらなにが起きるかは分からない。
いずれにせよ、メディアが開票結果の適正値を探り合っているのが現状だ。
お中元やお歳暮、お香典、ご祝儀、お見舞い、仲人などが政治家が「歳費をばら撒く」方法であるが、カントはそのような日本国の政治を破壊しかねないモンスターだ。
婦人選挙権は認めたのではなかったのか?
日本国で本当にオープンバロットが実施されると、それは「認めた」ということになる。
しかし、現実には「認めていない」「シークレットだ」という現状がある。
NHKが「オーケストラの指揮者」として民放各社をリードしながら投票結果を定めている。
適当に名前を書いた有権者が多数であり、台風が来ても公明党が勝てないときはあった。
政治の世界に挑戦する男にカントを知ってもらいたいという願いはあるが、日本国の政治家はそこまで成熟してはいない。
カントを知っているのならば、論文を書いて、プリズムに自分をさらせばいいだけだ。
毎日、ドトールコーヒーの喫煙所に通うだけでも政治家の卵なのだ。

両親を敬う、先生や年長者を敬う、学校のルールを守る、交通ルールを守る、家族の問題や文化的な情報を発信する、他者の気持ちやお金を理解する、国旗を振ったり、国の指導者を尊敬し、なおかつ「意見の違い」の敬意を払う。
歳を取ると「尊敬」というものを見失いがちだ。
そのため、国土交通とは「若者のもつ魅力」を資金源に作られるものだ。
ツラゲを見にきたのではない「職業は賭けである、自分の勝ちに賭けた」そういう奴の「本気度」を見に来たのだ。
人間の人生を語り、マイノリティに属してしまった自分を時には語り、性倒錯や、宗教的少数派、破局などの経験を「みんながいつかは少数派になる」ということから発信する。
少数派であるからこその真剣勝負であり、「多数派に属する私」は常にこのようなイベントを見に来ていたのだ。
少数派なんて「めったに見れないものでしょ?スターじゃないの」
モテないこと、抑圧されていること、それでも生きていること、マンガに描かれたこと。
あしたのジョー2最終回

落ち込んだ時にどのようにしたら立ち直れるかが分かったため、ジョーの前で帽子を取った男もいた。
ジョーを「彼も人間である」と認めた瞬間だった。
「多数派に属する私」は常に「マイノリティに力をもらっている」のである。
少数派によるイベントに「多数派に属する私」が参加するのも国土交通である。
周囲の「多数派に属する男たち」も、「多数派に属する女たち」も、お互いが「人間」を見に来ていた。
天皇陛下はおことばすらままならない、それでも義務を果たそうとしていた。
了見は狭く、人々に尊敬を求めていた。
「尊敬に値するのだろうか?」
人種差別、性差別、ポルノ、プライバシー、犯罪者、テロ、父親の病気、文化の違い、すべてが、「了見が狭い」男を尊敬に導いていた。
天皇誕生日

国民と苦楽を共にするというのはあながちデタラメではなかった。
天皇は普段は生活困窮者(元アイドル)とマージャンをやっていたし、近藤真彦は生活に窮して強盗を働いたこともある。
スターというのはそういうものだ。
田原俊彦は、公の場でスパゲティを食べることの罪悪感に震えていた。
田原俊彦ビッグ発言

田原俊彦が見せたくないプライベートとは何だろうか?
精神病院の医者に「このクラスなら30年コースだな」と言われ、タバコも制限され、看護師に暴力を振るわれ、喫煙所で泣きをいれ、薬を吐いたと言って頭を叩かれ、暴力を極端に嫌い、トラブルがあるたびにオセロでわざと負け、畑の大根を200本抜き、時限開放が田原のせいで禁止されたのだ。
国土交通で、大観衆の集まる場で、ど真ん中に立つ。
それはもはや「30年コース」だった。
脇役でも「12年コース」だ。
みんな「真っ白な灰」をみるために、国土交通の巨大イベントに集まっていたのだ。
アイルトンセナ死亡

国土交通が、道路や鉄道網を整備した以上、スタジアムやコンサートホールを必要としていた。
スターが「真っ白な灰」になっても、出会いの場を増やしたかったのだ。
真っ白な灰は、のちの人生を生活保護として過ごすだろう。
「お客様は神さまです」
その意味が分かるだろうか?
「客であること」の人気を高めていく作業はまだ発展途上である。
国土交通が作り出した「スタジアムやコンサートホール」のステージに上がりたいなどという跳ねっ返りがいたおかげで、出会いの場は確実に増えた。
イベントの後には、多くの人々が「失恋」していたが、女の子を口説くことを知っていたものだけが国土交通の優等生だった。
スター軍団にもサロンはあったが、決して豊かではなかった。
東大法学部出身のナベツネさん以来だろうか。
私が、元アイドルたちの「神」と位置づけられる新カント派の立場に立ったのは。
キルケゴールが「街づくり」をやってから、新カント派は「カントによって女の子を口説く」ことを強烈に推進し、イベントを作り、客に「カント」を大流行させた。
そのような仕組みの「全体像」を理解し、病院に出入りして「真っ白な灰」たちと交流する「神」は間違いなく「新カント派」だった。
病院に出入りしていると、LGBTばかりであることに気が付く。
ほんらい差別されるべき人を、国土交通は舞台に上げていたのかと思うね。
「GIANTS PRIDE」
それは、ノンケであれば、女の子を口説き、酒を飲むだけで「健常者に戻れる」スターたちのことを言った。

住宅地を作り、鉄道を作り、デパートを作り、野球場を作る。
かつては鉄道会社がプロ野球球団を経営することが多かった。
なぜならば、野球場には「鍛え上げられた」尊敬すべきプレイヤーがいたからである。
神社仏閣にも「尊敬すべき宗教家」はいた。
女の子たちも彼を尊敬していた。
しかも、地元の女の子たちは美しかった。
地元で仲間を作り、鍛え上げられた「尊敬すべき人のためにお金を払う」ということは、自分が地元の女の子たちにモテることにつながった。
同じチャンステーマを歌い、同じルールにしたがった。
国土交通の最後に「尊敬すべき人」が出てきたのだ。
アメリカ大統領は「球団経営と宗教家」の二つを兼任しなければなれない。
人間の「人気」が尊敬の背景にあったからである。
なにしろ、翌日のスポーツ新聞の一面に載るものであったし、大統領は一般紙の一面に載った。
大統領が言っていることが分かったときに横浜市民には自尊心が芽生えたし、尊敬というものが野球場を国土交通の延長線上に位置づけた。
DeNAベイスターズ チャンステーマ

イエスキリストというのが「女にモテすぎて殺された男」ならば、それは田原俊彦や近藤真彦だろう。
病院に出入りしていれば「どのように殺されたのか?」が分かるようになる。
サラリーマンというものはアダム・スミスが作ったが、政治家(新カント派)の話をよく聞いて、いざとなったら「医者だ弁護士だ」と騒いでいればいい。
医者や弁護士も「病んでいる」からである。
病んでいない「求道者」などいない。
病理面をよく理解しているから「プロフェッショナル」なのだ。
オンとオフをメリハリつけるサラリーマンはとにかく健康なのだ。
しかし、政治家(新カント派)の書く本は面白いだろう。
不幸な「プロフェッショナル」を笑いものにしながら、「健康」というものを強烈に志向したのがサラリーマンである。
「健康税」とも言える「源泉徴収」もなされている。
プロフェッショナルの書く本をよく読んで社長さんになる人もいるだろう。
サラリーマンとは「健康的な生き方とは何か?」をとことんまでに追求した存在であり、労働安全衛生法などという法律もある。
病気休職も半年は認められているし、それ以上続くようであれば「政治家」(新カント派)の仲間入りだ。
植木等 サラリーマンは気楽な家業ときたもんだ

アダム・スミスが「諸国民の富」においてサラリーマンに求めたのは「仲間作り」だけだった。
そもそも、ライン工ができたおかげで集団主義は成立したのだが、
ホワイトカラーには独特の文化が形成された。
ブルーカラーがあったからこそ、「最大多数の最大幸福」という言葉も考えた。
他人の痛みに共感できるのならば立派なサラリーマンである。
仲間作りとはそういうことから始まるからだ。
女を買う金もふんだんにあった。
「殺し、レイプ、盗み」を極端に嫌った。
また、「LGBTならば芸能人になりなさい」とも考えていた。
他人の痛みに共感できる能力があったために「わろてんか」や「はんぶん青い」などが広まりやすかった。
「サラリーマンは愛されなければならない」
このことから国策として映画も作ったのだ。
メディアの「争点提起機能」はサラリーマンや主婦層にむけて発信されていた。
「芸者をあげる金がある」
ここに「健康税」としての源泉徴収は存在した。
親の年金に頼らないで生きていけるという意味ではかなりリバタリアン的ではあるが、ニーチェもカントも克服したのがアダム・スミスであった。

中世ヨーロッパは「全能の神」により「国民が愛し合う(セックスをする)」ところに税金を課してきた。
しかし、国民は「パンとサーカス」を求め、セックスのみならず「関係」という概念を作って、「セックスこそが友達と恋人の境界線である」とし、「都合のいい女」としての「男友達」「女友達」というものを構築した。
もちろん、「境界線」があるために浮気にはならないし、国土交通が発展する前の中世ヨーロッパにおいては、「非常に頭を使う」営みが「男友達」「女友達」を持つということであった。
このことを「関係」と呼んでいたのだ。
モーニング娘。 男友達

やがて、「聖母マリアでマスをかく奴がいる」ということが明らかになり、宗教改革に向かうのは必然であった。
すべては、国土交通により発達した「内省」ではなく、「関係」の研究から始まった。
「ものみの塔」とは男女の「関係」を見張るものであった。
キスを女の方から一方的に行ったら、「ものみの塔」が、「関係」から「恋人」へと変えるように迫った。
ribbon 太陽に火をつけて

ものみの塔が「関係」の研究を深め、「友達と恋人の境界線はセックスにある」ということを明らかにしたため、芸術が発展した。
ハイドン・ベートーベン・バルトーク・ストラビンスキーなどがクラシック音楽を完成させたが、人々は「関係」を歌にしたのだ。
ribbon サイレントサマー

「妻がいる、彼女がいる」
そのような男に都合のいい概念が「関係」であり、境界線を越えることなく知恵を磨くことができたのだ。
頭のいい男は「関係」をうまく使って家庭生活を守ったし、マスターベーションもできた。
関係がない男は頭が悪くなったし、夫婦円満でもなかった。
女の方が「問題の少ない愛」を知っていた。
男の側が「関係」というものをうまく利用しなければ、「別れ」だけが待っていた。
続・赤いスイートピー 松田聖子

東大に合格したら、ものみの塔に「首ったけの彼女を連れてくるように」頼めばいいのだろうか?
私は財務省に就職します。そのような学生時代であれば楽しかったろう。

胚というものは初日は30~34の細胞からなるが、5日で200~250の細胞になる。
これを「壊してはならない」というのが、ものみの塔の「統治体」の専権となる。
抱いて 松田聖子

いくら、「首ったけの彼女を連れてきてくれる」と言っても、王国会館はあくまでも「問題の少ない愛」を探求したのだ。
女は「モノ」ではないし「子供を産む装置」でもない。
女性として生まれることが歓迎される文化を作るのはキリスト教の掟だったはずだ。
そのためには「卵子」の研究を行わなければならない。
精子は「他のライバルを蹴散らす力は卵子に向かう力の十倍」
「精子が熾烈な争いを生き残って卵子を攻撃する」
女の側の都合を逆なでしたのでは王国会館も存立できないだろう。
イヴの卵 酒井法子

「胚」を破壊することは、「罪のない男」の存在を抹殺する行為だ。
妊娠14~15日目には「胚は双子」と言われ、他の男の精子すら受容できるぐらい「男は他の男と区別がつかない」ものとなる。
妊娠16日以降、「この男の子供である」ということが確定する。
王国会館は「首ったけの彼女を連れてくる」という仕事をする上で「命の研究」は当然、行わなければならない。
「意志の強い男が勝つ」とも言われ、どの道、男の失恋をともなう研究であるため、この、「命の研究」はしっかりと行わなければならない。
SPEED Deep blue & truth

親の金は「成人するまでは子供のものでもある」とされるため、命をおろそかにするわけにはいかないのだ。
「首ったけの彼女を連れてきてくれる」
それでも、王国会館は「家族を壊してはならない」という仕事は行うのだ。
独身女の「危うさ」は、聖母マリアにまでさかのぼって研究した。
シルバーの腕時計 モーニング娘。

女が妊娠中に「セックスの問題で混乱する」ことはよく知られているが、あまりにもふしだらで混乱が大きいと「胚は産まれることを拒絶する」とされ、流産する。
安定期に入った妊婦さんには、「社会全体が親切にする」のは当然とも言える。
この問題をクリアーしないと「独身女をどこかから連れてくる」のは危険なことなのだ。

トマス神学(トマス・アクィナス)は長いこと誤解されてきた。
なにか高尚な学問であるかのように考えられてきたが、実際は「叔父や弟」のように自分を殺したいと思っている人間が身内にいる、ということを明らかにしたのだ。
アクィナスは「二重効果論」において、「彼らのことを克明に記録に残しなさい」としている。
それは、人類学でもあり、多くの学習を己にもたらすであろうと考えられた。
また、そのような男こそが「抜擢されるべきである」と芸能や各業界が考えたのだ。
トマス神学は、あくまでもカトリックの立場から、「勉強ができる男だったのか?」「女と愛し合う可能性があった男なのか?」を克明に精査し、もしそうであるのならば、そのような男を殺すのは「戦争において敗北である」とした。
たとえ、その地を占領しても、統治や財政などが困難をきたすと考えたのだ。
とにかく、「一人の命」であっても、芸術的に昇華できる、富を生み出す、税収につながるのであれば、五人を助けるためであっても割に合わない。
何が争点なのだろうか?
人間には個性があり、勉強ができる男できない男がいて、国の命運を担うようになる男が確実に存在するのだ。
そのような男を「殺してはならない」し、占領しても「割に合わない」犠牲者を出すことになる。
つまり、殺したのならば「その人のディテールをよく調べ上げなければならない」「処女たちが愛せる男だったのか?」「みんなで死を悼むことができる男だったのか?」を、「人が死んだ」ということから説明しなければならないのだ。
精霊流し さだまさし

「芸能界至上主義だな」「悲しい世界観だな」「人の死を肯定している」などと二重効果論は批判された。
なにしろ、人を殺してしまったことの効果を「倍増」させようという議論だったからだ。
死にたくない男は「とにかく団結すること」を覚えた。
結局、二重効果論は「孤立」を批判していたのだ。
女の子としか話さないナンパ男だけが、カントが目指したものであったが、アクィナスは、「同性の仲間」を多く持てば殺されないことを知っていたのだ。
アリストテレスは「男女の共存」を志向したが、アクィナスは「同性の仲間」同士の団結を主張した。
同性の仲間を多く持っていれば「殺されない」という効果を「二重効果論」と呼ぶ。
無縁坂 さだまさし

国土交通は、住宅地を作り、鉄道を作り、スタジアムを作り、コンサートホールを作ったが、あしたのジョーのように「真っ白な灰になる」ステージの上の人間を健康にする方向に向かった。
ステージの上の人間の「顔を変えてしまう」というコンピューティングシステムを考えたのだ。
昔は本当に可愛かった(ステージ上のカメラ映像あり)。

この「コンピューティングシステム」は、静止画にしてもいい「結論問題」と、そうではない「仮定問題」を計算している。
オンエアしたり、ステージの上でパフォーマンスするために「顔を変える」ことを「問題」と呼び、無事に家に帰すことを「家庭」と呼ぶ。
21世紀においては、1980年代1990年代のアイドルと自由に出会える「精神病院」が、今後は必要性を失っていくことになるし、誰が誰だか分からなくても問題はないことになる。
最近のアイドルや芸能人に疎くても、私のような中年のおじさんは精神病院で幅をきかせることができるのだ。
瀬能あづさがいちばん可愛い表情をしていた集合写真を使う時代はもう終わったのだ。
みんなが都合よく写真写りをよくすることができるようになった。
ファーストスノウ CoCo

秘密は「本当に可愛い女の子の光線を照射する」とイメージしたらいい。
真ん中の子、リアルではかなり危ない。
パフューム 紅白練習

ワイドショー番組でも、収録は「音に乗りながら行う」という方法を取っており、「完成」したあとにも、もう一度「拒絶」を行い、「拒絶完成」と呼ばれる動画をオンエアしている。
こういうことを行っていたら、芸能人も政治家も「実物がまったく違う顔」になり、「儲からなくなった」のである。
AKBグループの「握手会」はそのような技術への挑戦であり、もっと感謝されてもいいのではないだろうか。
APR-1400という原子力発電の研究からこのような「芸能界」は生まれるようになった。
去っていく人は病気による限界であっても、新しく入ってくる人は病気の心配はない。
しかし、「芸能界や政界は儲からない」ということは理解しなければならない。
タッキー&翼

昔の人は美しかった。しかし、その美しさも衰えている。
庶民が庶民を愛するのがいちばんの正解のように思える。
アイドルと結婚したいなどとは思わない方がいい。
ジャニーズも最近は「女の子の顔」を照射するようになっているね。

« 老人福祉元年。 | トップページ | キリスト教的死生観。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国土交通。:

« 老人福祉元年。 | トップページ | キリスト教的死生観。 »