最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 風俗営業としてのパチンコ。 | トップページ | 老人福祉元年。 »

2018年12月19日 (水)

鉄。

鉄というものは、第二次世界大戦中にオーストリアで発展した技術である。
ヒトラーに組しなかったヘンペルなどが、ウィーンサークルの女子(ハプスブルグ家)の支持を得て、「仕事がどんどんはかどる」「聖書の物語が現実のものとなる」ということを背景に研究を進めた。
仕事がどんどんはかどる、聖書の物語が現実のものとなるということは、「学生・生徒は未婚である」という常識を覆すものだ。
高校生夫婦第一話

なにしろ、学生・生徒にまで「女に払うお金」が行き渡ったからだ。
「鉄の人気」の基本はここにあると言っていい。
子供がサンタクロースを見失わなくなったと表現することも可能だ。
サンタクロースは常に「鉄」とともに人気を広げていった。
鉄を操る男を見る女の側と、機械いじりが好きな男の側に立場は分かれた。
成績の悪い男でも工業高校に行けば立派な「男」になれたのだ。
CoCo 冬の微粒子

しかし、クインの登場で、お金集めがうまい男が結局「いいもの」を作るものだとされた。
立派な「男」も結局は、女の子たちが憧れる「恋ばな」に飲み込まれる形となった。
仕事がどんどんはかどる、聖書の物語が現実のものとなるといわれた「鉄」も「学生結婚」「サンタクロース」は生み出したが、クインのおかげで、子供たちは「恋」の世界に身をとどめたのだ。
学生・生徒が「女に金を払うことは可能か?」と言われれば「可能だ」とは言える。
しかし、子供たちの側が「文化」にブレーキをかけた。
「鉄」がなければ、中学・高校の男女共学の世界はどれほど貧しいものとなっただろうか。
聖書の「低年齢化」は確実に進んだ。
CoCo NEWSな未来

スクリュービンもアブラハムセンも「子供たちの文化をうまく構築しなければならない」と考えるほど、子供たちにとって「セックス」が身近なものとなっていたし、鉄のおかげで「恋」というものがよりロマンティックなものとして描けるようになった。
ユーゴスラビアのように「子供のセックスが止められない」という破綻国家も現れた。
キスした跡は残さないで 国生さゆり

日本国においては「文化の側」が鉄を迎え撃つ形となった。
「女子高生の頭の中は恋の話でいっぱい」になっていた。
お金ならば「イケメン彼氏」ですら持っていたからだ。
AKB48 No Way Man

もはや「男らしさ」と「女言葉」は、幼児の世代にまで波及し、「鉄さえあれば、お父さんは娘とお風呂に入らなくなるだろう」とも言われた。
しかし、女の子が「教科書が読めない」と言い始めた。
ベンサムは「理解しているふりをしてくれればいいからね」と女の子に言った。
しかし、世界は「女にも分かる学問」を志向するようになった。
これが「鉄」のもたらした帰結であった。
AKB48 希望的リフレイン

「言葉をバラバラにさせよう」という神の計画は、鉄によって「男女の言語の違い」としても表現された。
私も個人的には、アメリカ人女性の「英語」+「嘘」は見抜く自信はない。
女子たちは「教科書が読めない」と言い始めたが、ベンサムは「勉強もお金だけど、仲間もお金だよ」と答えた。
1950年代から1960年代にかけて「鉄」はますます磨かれていったが、このことを、ヴィトゲンシュタインは「写真」に記録した。
「女性が実に女らしいじゃないか?」
「勉強もお金だけど、仲間もお金だよ」
そうやって、女は「ディスイズヤクザOK?」などといっては仕事をしていた。
ポーランドで「男を磨こう」というムーブメントが起きたり、イタリアでも「男を磨こう」という動きはあった。
日本よりも過激に「恋を追い越していく男」が生まれたのだ。
恋と愛のニュアンス 酒井法子

「男が女を愛する気持ちを利用するのが経済」であるという基本を踏まえたうえで、「鉄」というものが「経済をあまりにも簡単にしすぎる」ことから、ポーランドやイタリアで「男を磨こう」という経済への反逆がなされたのだ。
日本国でも「学歴社会の誕生」が行われた。
うしろゆびさされ組 偏差値BOY

学歴社会のことを「法の支配」と表現するようにもなった。
そもそもコンプレックスがあれば「情報」「知識」から遠のくことが分かっていたからだ。
大人になれば分かる話であるが、学歴を示すだけで「道路の修復」「住民票の登録」が簡単になる。
大都会では当たり前だったことが、故郷ではそうではないことを知るのだ。
鉄で傷つけた道路は学歴で修復しよう、ともたとえられる。
もちろん、学歴コンプレックスがないのであれば、そもそも「女性にモテる」というのは後からついてくる問題だ。
金本位制の元では「世界は乗り物さ」と言い放つ男は「シルバーリング」という自動車重量税を女に贈って、女を口説いた。
シルバーリングに口づけを Melody

哲学を学ぶと「女」「車」に困らなくなる。
そのあたりが「鉄」が一気にセックス世代を下げたことに「車」が反逆したとも表現できる現象があった。
「大学とのご縁を大事にしよう」というのをプラグマティズムという。
「話し方で学歴が分かる」と女たちは噂しあった。
ハートをロック 松田聖子

どの大学の先生も「限界」を感じながら「言葉」を作っている。
権力から遠い大学はどうしてもあるのだ。
一方で、権力のど真ん中の大学もある。
それぞれの大学で「訛り」のようなものはあるものなのだ。
偏差値ランキングのなせる技のようなものだった。
そのようにして「車」は「鉄」に反逆した。
「あなたにとって男らしさって何?」
女は問いかける自由があった。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

アメリカの大学は少なくとも、ガーナー対バーにおいて、偏差値よりも「大学のカラー」が大事である、という結論を出している。
この時に、「車が鉄に勝利した」とされて、日本の鉄鋼業界は世論から心を閉ざした。
「大学のカラー」を押し出せば道路が修復されるようになったのだ。
同窓会というのが意味を持つようになった。
「道路を修復してくれるのならば、東大にはこだわらないわ?」
女たちは言ったが、しかし、大学のカラーの研究が残された。
コンプレックスや上下関係は根強く残ったのだ。
「大人社会へのエントリー」が大学入試だったはずだったが、大学の厳しさは世界共通のものとなった。
松井珠理奈 総選挙 スピーチ

「鉄」のおかげで子供たちにまでお金が行き渡るようになると、逃げ場を失った「お金」は子供たちを「アイドル」にする方向に向かった。
それはプロテスタンティズムの「十字架は縄である」というような作品力を背景にしており、カトリックの農場や大企業の娘のような「十字架蛇説」に立脚するアイドルもいた。
いずれにせよ、「アイドル女たちの間の王子さま」を新カント派は志向したのだ。

十字架は縄であるという立場

十字架蛇説

アイドルが存在したことも、受験生がストイックに「鉄の檻」に入れる環境を整えた。
しかし、それは「十字架は縄である」という立場に立つアイドルがいなければ「時間の無駄」になりかねない。
(プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神)
いずれにせよ、「鉄」は、スターリンが「誰が鋼鉄を鍛えたのか」などというように、若者たちの恋愛を保障するものであったし、チャーチルが「鉄のカーテン」を引いて、キリスト教文化圏を死守しようとした構図をのちにもたらしている。

「車」
車内は「芸能界の話題」に満ちている。
違う世界にいる「女」の話題は男女を問わず、みんなが愛した。
カーステレオもあった。
東京の存続が芸能界にかかっているのだとすると、それは「車」が走っている限り永遠のものとなる。
タクシー運転手に「景気の話」をしてもウケないだけだ。
「違う世界にいる女」の話をしなければ、お互いに不愉快になるだけだろう。
マツコデラックスが明菜や聖子を語る

時には「悪意のある真実」も語った。
オンエアでは言えないことも「車の中」では自由に語れた。
ETCの金額すら割りにあう話題が車内の話題(MTC)には満ちている。
運転手がスポーツ新聞を読むのは常識とも言える。
タクシー運転手にウケる「違う世界の女の話題」はスポーツ新聞をチェックするしかない。
スポーツ新聞の記事の「女の話題」の真相を語るだけでいいのだ。
車のバッテリーが上がった場合も、どうすれば周囲の車に「リードスタート」させてもらえるかが分かるようになる。
とにかく「違う世界の女の話題」をみんながスポーツ新聞で共有しているのだ。

「聖子」の話をするとどの男も「紳士」になった。
まるで、「違う世界の女の話」をタクシーの運転手に話すと、その女を「譲る」ような行為であるように思えた。
男同士は「プラスとプラス」であり、バッテリーが上がったら「女を譲る」しかないだろう。
「どうでもよくて、しかし、可愛らしい女を譲る」
これが基本だ。
「石原さとみが脱ぐんだってね」
石原さとみセクシー

自動車重量税を自分で払う個人タクシーの運転手もいるのだ。
客が運転手に「女を譲る」しかないだろ。
「鉄鋼マネーがAKB総選挙で大場美奈に流れるらしい」
このような情報がいちばんいい。
安いタクシー料金で割に合わない仕事をしている運転手にせめて「女を譲る」行為ぐらいは共通認識にしたほうがいいのではないだろうか。
AKB総選挙にビッグマネーが動く時代になるだろう。
昨年は、日本銀行が大場美奈を「8位」という番狂わせに導いた。
タクシーを快適に乗るためにもAKB総選挙は続けたほうがいい。
「神推し」ならば手の内はすべてタクシー運転手に語ろう。
客の「心配り」次第でETCは安くなるのだ。
毎年6月のAKB総選挙を「タクシー料金」「ETC料金」を安くするために使おう。
運転手に「女を譲る」つまり「AKBの処女を譲る」だけでも、これだけの効果があるのだ。
タクシー運転手も一生そこで人生を終えるつもりかもしれない。
AKBの「神推し」のビジネスの方法を学びたいだけなのだ。
「鉄鋼マネーがAKB総選挙で大場美奈に流れるらしい」
そのような話題をタクシーや車で話すだけで「CO2排出削減」につながる。
AKB総選挙の話題をするだけで「風景がよくなる」のは事実であるし、「神推し」は世の中の動脈硬化を巧みに円滑にしてくれるのだ。
鉄は確実に恋愛マーケットの世代を下げた。
しかし、それに反発したのが「車」であったし、AKBのメンバーは「鉄鋼マネー」「日銀マネー」を奪い合っている。
昨年、私はありとあらゆる「予想」をくつがえして大場美奈を8位にランクインさせたが、これは「日銀マネー」を背景にしたものだ。
今年は、「鉄鋼マネー」の動向がAKB総選挙に影響を与える。
鉄道網が充実していないと暑苦しいが、男ばかりの社会も暑苦しい。
6月のAKB総選挙が白熱すると、クールビズのような役割を果たす。
小泉改革がタクシー業界できわめて評判が悪い。
「民の力にゆだねるべきはAKB総選挙ではなかったのか?」
毎年、6月はタクシー業界は熱気を帯びていなければならない。
AKB総選挙なくして「規制緩和」など行ってもナンセンスである。
どこかからタクシーを持ってくるのがディレクターの力量だったのがバブルの時代だった。
個人的に運転手と友達なのだ。
すべて、今後はAKB総選挙に委ねられるだろう。
大場美奈風呂を浴びる

サミュエルソンは「違う世界の女の話」をタクシー運転手にすることにより「女を譲る」のであれば「供給は尽きない」ことを明らかにした。
初乗り730円が高いか安いかはともかく、客の共通認識次第では「ゼロ円」になってもおかしくないのが「違う世界の女の話」の供給を利用することだったのだ。
北朝鮮の兵士が横須賀に上陸しても「日本の芸能界の話」を知るわけがないため、「ゼロ円」にしても国防にも響かない。
「タクシー初乗り運賃引き下げ」などという夢物語は発信力のある王子様にしかできない芸当だった。
AKBの「神推し」は「どのようにお金をかき集めたのか?」を運転手に語らなければならない。
運転手に支持を訴えかけるのではない。
「どのようにお金をかき集めたのか?」を語るのが運賃「ゼロ円」にするためには必要なのだ。
小泉改革は規制緩和を行った。
しかし、「何を民の力に委ねたのか?」を語らなければ意味がない。
答えは「AKB総選挙である」と言うしかないのだ。
「すべての男が、自分で投票券を購入しなくなったらどうなる?」
AKBメンバーが自分でお金を使って投票券をかき集めるだろう。
それが選挙の理想なのだ。
神推しとは、AKBメンバーに金融を教える存在であり、私は昨年は大場美奈に日銀を教え、今年は鉄鋼を教えた。
タクシー料金次第では来年は「自動車業界」を教えるかもしれない。
大場美奈ラジオ

タクシー運転手は、セックスには飽き飽きしていた。
それよりも、女の品定めや男たちのファイナンスを趣味としていたのだ。
AKB総選挙に関する情報はタクシー運転手の間で共有され、1位が公表された時にクラクションを鳴らした。
来年はラジオでもAKB総選挙は放送しようと考えている。
クラクション TPD DASH

股間を刺激するのはもはや古女房ではなく、若い娘とお金の話であったし、情報を持っていれば、飲み物も好きに買えた。
野郎は風俗に行くけど、AKBはみずみずしい。
神推しの力は恐ろしいのだ。
鉄鋼を味方につけた大場美奈でも一位にはなれないだろう。
タクシーの乗客は運転手に「AKB総選挙はどうなるんでしょうね」と話しかけ、その「神推し」の資金集めの方法を明らかにした。
タクシー料金が安くなり、AKB総選挙のファイナンスの方法が知られるようになるだけで台風は来なくなる。
男と女の間の「川」で儲ける、これが政治家の仕事なのだ。
AKB48 river

デキシー(ニューオリンズ)がこのことを学ぶのにも時間がかかった。
雨のニューオリンズ 国生さゆり

日本国も本格的に「台風撲滅」を行うのであれば、AKB総選挙をラジオでも放送しなければならないだろう。
小野光太郎が「鉄道網の充実」から本当に台風を撃退した時に、スタンフォードは「それはタクシーでできるではないか?」と気がついたのだ。
しかも、AKB総選挙のラジオでの放送にまで思い至った。
金と若い女の話に関する情報を集めているうちに、勃たなくなっていたタクシー運転手がいつの間にか勃つようになっていた。
奥さんは喜んだし、パートにも出てくれるようになった。
「これが男の仕事なんだよな」
そう思って、AKB総選挙を活用する以外に台風を撃退する方法はないだろう。

「有機=カーボン」
組織とは「有機的一体性を持ったもの」であり、ゴルフのカーボンアイアンも「お前もそろそろ身を固めてくれないと困る」という結婚を背景にしている。
恋愛ならば、浮気をしてもお金は動かない。
しかし、結婚したのならば「不貞を働く」ことにはお金が動く。
この「お金」を背景にしたのが組織でありカーボンアイアンである。
結婚した男こそが、組織を構成し、雇用の継続を望み、カーボンアイアンを開発する。
ピンクのモーツァルト 松田聖子

無機というものは、ときにはかなりのヘンタイも含めた概念であるが、有機というものは「ノンケ」から構成されており、富の裏づけが強いものだ。
カーボン=有機というものは「ノンケによって資金力が強化された」という意味でもある。
傷つけても傷ついても恨みっこなしという独身男女は「無機」の世界にいるといえる。
バツいちバツ2を繰り返すのであれば「無機」であるとも言える。
家庭を大事にすることから富の裏づけは得られ、ゴルフのシャフトも強化される。
独身男性には有機化学の研究は向いていない。
固く結ばれた絆はもはや壊れないことを知っている既婚男性にしか有機化学は分からないのだ。
遊びだと約束したのであれば無機である。
雨のコニーアイランド 松田聖子

こいつが俺の子孫を残すと思うと緊張する、男は有機に属する時にそう考える。
しかし、浮気がお金の問題となってしまう結婚=有機の世界に属さないとなにも強化されない。
有機的一体性をもつ組織に属するとはそのようなものであり、ノンケであることからカントも理解できるし、資金力が異なる。
カーボンという研究はそういう世界の話である。
恋じゃなくなる日 B'z

いろんな女に関心を持ってキョロキョロしているのが男だろう。
しかし、結婚は人生の墓場ではない。
確実に産業を強くしたのだ。
それが「カーボン」である。
炭素が女であり、水素が男であるのであれば、結婚を取り巻く男女が多いと結婚生活の「すれ違い」がなくなる。
ここに安定感を見出すことが必要になる。
Melody You are only my love.

「浮気をしたらお金の問題になるよ?」
ここに「カーボン」の奥義がある。
鉄は明らかに国民の恋愛マーケットの世代を引き下げたが、チタン(CH3-CH2-CH2-CH3)のような「超合金」は、開発する側に結婚を求めた。
恋愛の低年齢化と、それに反発する学歴社会の葛藤の中で生み出されたものだ。
シェークスピアの英語と現代の英語は明らかに異なる。
明治時代の日本語と現代の日本語も明らかに異なるだろう。
現代文を作ったのは「ロマン主義文学」である。
有機農法にせよ、有機野菜にせよ、「有機」というものは現代文が作ったものであり、ロマン主義文学がなければ作り出せなかったものだ。
夏目漱石の時代には有機というものはなかった。
愛の炎 田中れいな

結婚しているエリートが、恋愛の低年齢化を見越して、よりロマンティックに「恋愛」というものを芸術に昇華する、ここに「有機」の魅力はある。
有機農法、有機野菜、超合金などを作る仕事とはこのようなものなのだ。
ドイツ、イギリス、フランスのロマン主義文学が「有機」を作り出した。
「有機野菜は高すぎる」と思うのであれば、現代文によるファイナンスがうまく機能していない、あるいはビジネスを誤解していると考えて買わないほうがいい。
あるいは、恋愛の低年齢化を見越して「言語をより明瞭にする」努力がロマン主義文学によってなされたことから、ファイナンスが成功したのが「有機」だとも言える。
カーボンシャフト、カーボンアイアン、有機野菜などの作り方はこのようなものだ。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

「真実は美しい、美しい真実」
これを探求したのが有機である。
女はパートナーがいても力や知識を生み出すために他の男の声を聞きたがっている、これをキューリー夫人は明らかにしている。
SPEED Deep blue & truth

美女の美しさを讃える、これがロマン主義文学であり、結婚している男が「落とせない女などいない」という境地に達するものでもある。
生きていることへの喜びが住友化学の文系組にはあったのだ。
「詩を作ろう」
どうせ芸能界に依存しているのがこの国のビジネスなのだ。
「あなたは女として最高の存在だ」という口説き文句は「絶対」の部類に属する。
「絶対」を美女にぶつけてみるのが仕事なのだ。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ

一部上場企業は戦いなのだ。
芸術を戦いに用いない企業などない。
すべての女を口説き落とす力量を持ったロマンスグレーの男がいるということをいかなる企業も心理として用いている。
男女の二元論を男社会の一元論に持ち込まない男もいないだろう。
しかも、結婚に至るまでの過程がどのようなものであったかを、若い連中に教えない男もいない。
有機的一体性をもった組織で、有機を扱っているのであれば、当然、資金集めに若い連中の支持を必要としているはずだ。
松浦亜弥 Love train

美しさというのは芸術の基本である。
美しい女が音楽作品を歌うのも当然であろう。
そして、その「詩」に企業の大人たちが思いを託すのも当然の成り行きである。
文系組として、産業に属したのであれば、当然、行わなければならない作業である。

« 風俗営業としてのパチンコ。 | トップページ | 老人福祉元年。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄。:

« 風俗営業としてのパチンコ。 | トップページ | 老人福祉元年。 »