最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 天皇家の真実。 | トップページ | 鉄。 »

2018年12月18日 (火)

風俗営業としてのパチンコ。

パチンコというものは、セックスを経験したことから、おのずと自分の境界線が円形に治まり、その中を「球」が落下することによって、セックスの快感を思い出させるものである。
球が泳ぐさまはまるで愛液のようなものであり、眺めているだけで「エネルギー」になる。
女にとって男は「力」であるが、男にとって女は「エネルギー」である。
人差し指を月の横に持ってきて眺めてみるといい。
二つのイメージが重なって月と指の遠近感が分かることを知るだろう。
二元論は常に「男女」を示していて、セックスの興奮もこの「二つのイメージ」から引き起こされているのだ。
指を常に男性器と触れさせるようにレバーに触れさせる。
あくまでも自分でレバーをコントロールさせながら、男女の交わりの世界を眺めるのだ。
レバーに指を触れないのであれば、もはやそれは「パチンコ」(ちんこ)ではない。
セックスこそが私有財産であり、そのような快感を提供しないのであれば巨大産業は成立しない。
男にとって「エネルギー」(mv^2)である女と、女にとって「力」(mv)である男の関係から男の側によりニーズがあるのがパチンコであるとも言える。
しかし、女の場合も、セックスの翌日の「欝の解消」のために「自分のセックス映像」を見る必要性があり、女にとっても、セックスの屈辱感の解消のためのニーズがある。
「より人間らしくあるために」
パチンコというものはあるのだ。
パチンコをやる際には「女を口説く言葉」を学習しやすい。
そこに「小野スタイル」「丸山スタイル」が介入する余地がある。
パチンコAKB3

なにしろ「エネルギー保存の法則」があるために、m(重さ)は重いほうが快感が増す。
有名なパートナーとのセックスが気持ちいいのと同じ原理がここにある。
オイラーが「運動量(力)保存の法則」を明らかにした時に「女にとってもパチンコはニーズがある」ことが分かった。
とにかく「最高のサウンドで」愛液を通り抜ける必要がある。
どのみち、一度セックスしてしまえば自分の「サークル」は見える範囲内に限られるのだ。
パチンコをやる男は「痛み」を抱えているため、「私は歴史よ!撮影しているんでしょ?」という騎上位を楽しむ女の気持ちも味わえる。
パチンコエルドラ

なにしろ、快感が「時間との相談」となるために、消費者金融も「パチンコ産業」を想定して構築されているのだ。
消費者金融はマックスプランク研究所が作った。
「カントを学んだら世の中でこのような夢が見れる」ということを示したのがパチンコであり、どうしても「小野スタイル」「丸山スタイル」などの「言葉」を覚えてくれないと、「なんら学習することのない」パチンカスと呼ばれることになってしまう。
このあたりが今後の課題となるだろう。

« 天皇家の真実。 | トップページ | 鉄。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風俗営業としてのパチンコ。:

« 天皇家の真実。 | トップページ | 鉄。 »