最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 株式の有利発行について。 | トップページ | 自由民主党のお仕事。 »

2018年11月 4日 (日)

金融。

アクィナスが「哲学が金になる」と言って、ファイナンスと哲学を誤解している。
しかし、ファイナンスと哲学はまったく異なるものだ。
「来年はオリーブが豊作らしい」
そのような情報を、年内のうちに「オリーブプレス」に書かせるのにお金がかかる。
本当に豊作ならば、オリーブプレスは満足するだけだし、オリーブ産業と関わる人は安心して仕事ができる。
それだけではない。
イスラエルと関わる電子マネーや紙幣、商業銀行、中央銀行、保険会社などが安定的に運用される。
来年の春の「ビッグイベント」がうまく行かなければ、間違いなくいろんなものが機能不全になる。
メディアが書くことに「逆らってやれ」という人間は、どれほど命を危険にさらすのかを知らないのだ。
そのようにして、毎年、金融というものがオプション取引として行われることによって、人々は毎年、当たり前のように「働き」「食べ」「洋服を買う」のである。
これがファイナンス(金融)であり、財務省は「次期天皇が哲学を学び続ける」のを静観している。
日本国の動脈が止まらないように、そして、邪魔をするものを「諸悪の根源」として勘違いさせ、人生を破滅させる。
財務省だけではない。法務省、文部科学省、総務省、外務省などが複雑に入り乱れて来年の春の「ビッグイベント」を待っている。
財務省と日銀を抑えれば国の資金の循環は押さえられる。
「来年のオリーブは豊作らしい」
オリーブプレスがそう報じた時点で、来年の「資金の循環」が「淡々と」進められることになるし、「食べることがつまらない」などと思わない限り、政権交代はない。
rebecca Olive

問題は、「女心の探求をする哲学者がどのように自分の研究を成立させているのか?」
そして、「どのような女性たちと会ったのか?」
「政権交代しようが、国全体が貧しくなろうが知ったことではない」と考える立場の人が国の混乱を狙っているということである。
毎日、痛風食を食べる宿命の人が、国全体の「雇用や資金の循環の混乱」を狙っている。
「番狂わせを起こす楽しみ」というのは、自らの身内の職業保障や食べ物の保障をした上で確実に存在するのだ。
「お金」というのはアクィナスも良く知っているとおり、「女を周りにおいておくためにある」ものである。
お金というのは穀物と同じ意味でもある。
ここまではケインズの古典的議論である。
しかし、「来年の予定」まで組むとなると、「経済成長見通し」のような「すべての日程を終える」イベントを積み重ねていかなければならず、マクロ経済学となる。
プロ野球も日本シリーズを終えて全日程を終了したが、それだけで「雇用や資金の循環」が安定的に保障されるのだ。
さて、ここで「社会全体」を見てみよう。
すべての女性たちが「女心」を知りたがっている。
つまり、「発信力のある哲学者を中心に日程を組む」という発想が生まれるのだ。
愛の炎 田中れいな

「払える」「使い道を考えられる」この二つがファイナンスの奥義であり、「日程消化しか頭にないのが高野連や」とまで言われる。
関西国際空港まで含めて「全日程が円滑に消化できる」ことをCDOと呼ぶ。
そのうえで、「セックスに高い値が付く」状態を「バブル」と呼び、1978年のキンドルバーガー、1986年のミンスキー、2009年のラインハートなどが研究を明らかにしている。
バブルがはじけた時には男女たちが「セックスに疲れた」ように見えた。
誰も「女の純潔」など信じていなかった。
CoCo イコールロマンス

退屈していろんなビッグイベント・サプライズを好む「平成天皇」。
これが日本の経済成長を鈍化させた原因である。
一度狂ったものは、50年間は狂い続ける。
天皇にしたがわない首相が好ましかった時代であった。
小泉内閣の「いざなぎ越え」にせよ、アベノミクスにせよである。
もういちど「淡々と全日程を消化する」「大洋は5月でシーズンが終わる」
そのかわり、ご馳走が食べられる時代に戻らなければならない。
マイク・タイソンが東京でダグラスに負けた?
これが平成のオープニングだった。
世界が日本をあざ笑った。
巨人・大鵬・たまご焼き。
お金を愛するというのは退屈なんだという人もいる。
しかし、高齢者の医療費介護費無料(1971年老人福祉元年)は確実に終わった。
昨年のセントラルリーグで、アクィナスが「哲学のインサイダー取引」を行ったのは事実であるし、今年のワールドカップでメジャー化しなければ、国内の景気は悪いままであっただろう。
インサイダー取引そのものは、その人が「デビュー」するためには必要なことである。
しかし、うまくいくのであれば表に出てきてもらいたいとみんな思っている。
また、「この綺麗な貝殻をあげるから今度セックスしようね」というのがお金の起源であることから、「美しい言葉の貝殻」を生み出す能力が、指導者には必要になる。
定額給付金なんてものはヘリコプターマネーというんだ。
セックス一回で飛んでしまうからね。
「美しい言葉の貝殻」を拡散してくれるだけでいい。
ローンを組む時にどれほど「美しい言葉の貝殻」を用いる人がいたかを商業銀行が総集編としてまとめたのが「言葉の泉マネー」なのだ。
世界レベルで言えば「懐にドルがうなってやがる」というのがいちばん「うちの娘」の相手に選びやすい。
それだけが問題であり、世界の流通紙幣の7割がドル、9割が貿易決済に使われているなどという情報は問題にはしていない。
日本国の君主が、どれだけ「日常を愛し、むやみにサプライズを求めず、研究生活を送るのか?」が経済成長には問われるのだ。
巨人・大鵬・たまご焼き。
しかし、持論があるのならばメッセージをしっかり出した方がいい。
秋の貝殻 クレア

カントは「女性たちと話をして、女心を論文にすれば儲かるし、影響力を増す」としたが、ヒュームは「女とはお金を払って長々と話を聞いてやればついてくるものだ」とした。
カントは「女心は男が定義するもの(政治)である」という立場であったし、ヒュームは「長話そのものが女心じゃないか」という立場だった。
男だけの群れでは「なんの法則らしきものすら見つからない」(ヒュームの原則)という意味ではカントは完全敗北したが、
ヒュームは「男が適切な問いかけをしなければ女の長話も聞けない」という意味でカントに敗れた。
カントとヒュームのどちらもが持論に「悔い」を残したかどうかは検証が必要だ。
【女心を率直に表現したらこんな感じだろう?定義が必要だ】
重ピンクこはっぴんく

ヒュームの「結果無価値論」ははたして可能なのだろうか?
カントのような「行為無価値論」の立場に立って適切な問いかけが必要なのではないか?
カントは「女心を男が定義する」(政治)というものに関しては、ヒュームが及びもつかないような哲学界のスターになっている。
ヒュームに「赤裸々な女心を知らないのか?」と高らかに行為無価値論を提唱した。
しかし、「カネがなければ男はさびしいものだ」というヒュームの主張が勝ったという人もいた。
バタイユが「赤裸々な女心」を提示してから議論は混沌としてきた。
三浦理恵子 妖精物語

カントは「ビリヤードのボールはどこかで違うボールと激突しなければならない」とし、男の側からの言葉を重視した。
また、「好きなことしか知識にしない。自分は間違っていない」と考える女たちの世界では「欝」が流行し、柱となる男を必要としたのも事実だ。
また、カントは「赤裸々な女心」はまるで子宮までさらけ出すようなものだとし、急進的な結果無価値論を戒めた。
セックスとは、女にとって「いい思い出」だと考えたカントと、「感じるもの」だと考えたヒュームの間にも見解の相違が見られる。
「行為」が無価値なのか、「結果」が無価値なのかの用語はここに由来するものだ。
三浦理恵子 グッバイフレンズ

カントは、「女の人気」の前には男は一歩譲らざるを得ないことは理解していた。
ヒュームは人気があるらしいな、カントはそのようなことを気にかけていたのだ。
男女ともに「好きなことしか知識にしない」のならばさぞかし人生は楽なものになるだろう。
しかし、男には「いつもの女」と「その他の女」の二種類がいたのだ。
女たちは「その他の女」から「いつもの女」になることを望む者もいた。
相性が良ければそうなるのだろう。
それはセックスが「いい思い出」ではなく「感じるもの」としなければ成り立たないのではないか?
カントは激怒した。
だったら「男の言葉と女の指」で感じさせてやれ。
キスする相手さえ間違えなければ、「男の言葉と女の指」で満足できる。
セックスは「感じるもの」としたヒュームの「結果」無価値論に対して、「行為」無価値論は、「いい思い出」という立場を堅持し、男の知恵と知識を重視したのだ。
SPEED DEEP BLUE & TRUTH

カントは、ニュートンまでさかのぼって、男としての満足は「女とのコミュニケーション次第」であることを証明して見せた。
美しい女が自分の「言葉」に性的欲望を抱いたということに、男としてのマスターベーションの快楽があることを示したのだ。
どんな女と話をしようが自由であったし、それは「いい思い出」(行為無価値論)以外の何物でもなかった。
女は「どうしても手放したくない男」とは合体したが、カントは、「問題を起こさずに毎日楽しく過ごす方法」を考えたのだ。
ribbon レディラブ

カントは「外国語を学ぶ」「翻訳する」という「絶対時間」と、日本語訳を読む「相対時間」を考えた。
そして、「相対時間」(カントの翻訳を読む)だけでは自分の真の意図が伝わらないようにしてしまった。
「格抜きの不一致」をなくしたという意味では、カントは終始、ヒュームを圧倒していた。
ある意味、「皇帝カント」のように「仕事(政治)とセックスは家庭に持ち込まない」という立場は現実味があるのだ。

ヒロシ「どうしたらモテるでしょうか」

まず、「知識」を語る。それを「どのように」「どこから」学んだのか、つまり「バック」が
明らかになったときにモテる。
JCBは、すべての男女の「バック」を、年会費一万円で構築しようと考えた。
世界旅行や、決済など、JCBに加入していれば、すべての「情報」を保障しようと考えたのだ。
2016年のアメリカ大統領選挙でも、このことを理解していたクリントンが勝つと思われた。
JCBのリボルビングで世界が見れるからだ。
JCBに入っていれば「モテる」
これがヒラリー・クリントンが明確に出したメッセージだったのだ。
「彼のエスコートは私の知らなかった世界」
パラディラタンの夜 河合その子

iPhone7と、JCBあるいはマスターカードの組み合わせも、ヒラリー・クリントンが「持っていれば異性にモテる」ことをコンセプトに作ったものだ。
高度な政治意思を背景に作られたものであるし、選挙権さえあれば「儲かる」という典型がiPhone7とJCBあるいはマスターカードの組み合わせなのだ。

男と縁を切りたい時がある。しかも、お金についていかないことが必要だった。
その時に必要なのは「仲間」であり、「男が昔とは変わってしまったこと」を訴えかける必要がある。
男が「昔とは違う」という一線とはなんだろう?
友達と恋人の境界線はセックスにある。
杏里 悲しみが止まらない。

男のお金が見捨てられたことは何度かある。
ボストンティーパーティ、ガンディーのインドでの抵抗運動、キング牧師の公民権運動、ベトナム戦争、アウン=サン=スーチーのミャンマーの民主化運動などで、「今までの男」は見限られてきたのだ。
男らしさを語り合う論壇=男を「法」と呼ぶのであれば、これらの出来事で多くのカップルが別れたことになる。
多くのカップルが別れた出来事が歴史に名を残したのだ。
杏里 オリビアを聴きながら。

男のお金がたとえばNHKだとしよう。
どれほど「別れ」は深刻なものであろうか?
災害の時には路頭に迷わなければならないのだ。
男女の一線を越えることだけでなく、透明性、安定性、安全性、人間関係の一貫性などを見ながら、公共の電波というものは成り立っている。
「男女が別れなければならなくなる事件やニュース」というものはしかし、時代によって確実に存在するのだ。
キング牧師は「女性たちの支持」(民主化)のためにモンゴメリーバスのボイコットなどを行なったが、それだけでも「バスに乗りたい相方」と別れなければならない出来事だった。
ベトナム戦争では「いろんな女の子と話したい」という北ベトナムや中国の理想とアメリカ合衆国が戦ったため、ここでも「別れなければならないカップル」は生まれた。
どんな時にカップルは「別れる」だろうか?
それは男が「多くの女性と話ができなくなった」時である。
しかも、「今まではどのようなものだったのか?」「今後はどのようになるのか?」を考えて、多くのカップルは有力政治家に知識と力をもらいながら生きている。
男と別れるということは「NHKと縁を切る」ほど重大な決断だ。
TPP(自由貿易圏)や、銀行、私立大学などが「もう私の人生はどうなってもいい」と考える温床となっている。
ある意味、本当に男のお金が尽きた時に、女たちは核ミサイルサイロに落書きをしたし、お金が尽きたという「非暴力的な方法」でガンディーやキング牧師は女たちをコントロールした。
有力政治家が「女たちと話せなくなる」と資金ショートを起こす連中もいた。
男たちの手元からお金が消えるというのは「革命」につながりかねない。
人々の憎しみも強い。
誰のおかげで食卓にご馳走が並ぶのか?ぐらいは大人であるのならば理解しておかなければならない。
有力政治家は「私を罰すればいいじゃないか?明日からメシが食えなくなるから」と言っていた。
どの男を「詩の世界のヒーロー」にして賢くさせ、人々の食卓にご馳走を並べるのか?その「男」を変えてしまうことを「改革」と呼ぶ。
安倍政権はアクィナスとともに歩んだし、アクィナスが仕事を放り出したら人々はご馳走が食べられなくなる。
「改革」が必要な時期とそうでない時期がある。
腹が満たされることは何ら当たり前のことではない。
そのあたりを「改革」する側も冷静に見極めなければならない。
劇場型政治は子供の砂場だ。
風邪 酒井法子。

「食い物の恨み」の後に「女の恨み」がくる。
「男についていく女」がいなければとっくに刑務所など脱走しているよ。
セックスとは「合体して感じるもの」としたヒュームは日本国では完全勝利を収めたが、カントのように「男の知恵と知識で女たちがマスターベーションをし、男もマスターベーションをする」という「擬似セックス」は知的で君主的なものであり、なかなか日本国ではその存在は浸透していない。
女の「悩み事」「後悔」がよく練られている時に、その解決法を男が発言する、このことだけでどれだけ「行為無価値論」は成立するであろうか?
黒人男性にお金がなくて別れた?それならばアメリカ高等教育を受けたキング牧師が男たちの「お金の循環」のために女たちと話をするのは当然のモチベーションだったであろう。
中には芸能人もいたであろうし、発信力のある女もいただろう。
キング牧師は、「俺はセックスはしない。マスターベーションしかしない」と公言していた。
女たちは結果無価値論の立場から「彼氏」を作っていたし、彼氏とは「合体」していた。
そこに「政治」が入り込む余地が生まれたのだ。
どの女も「政治参加」をしたがったし、男たちも虎視眈々と「改革」つまり自分が時代の寵児となることを狙っていた。
キング牧師には、彼の著作から「別働隊」がおり、収入もあったが、キング牧師に取って代わろうとする力のあるものもいなかった。
カップルたちは「別れた理由」を知っていたし、男のお金についていけない、男が勃たないのはどの有力政治家のせいかも理解していた。
一度、セックスで失敗すると、経済(男が女を愛する気持ちを利用する世界)にも興味が持てなくなるし、法=男としての魅力も失う。
ふたたび行為無価値論からやり直すしかなくなる。
女たちが「男の言葉」で何度もマスターベーションをした「幻の恋人」でないのならば、セックスの後に思い切り男を侮辱するだろう。
行為無価値論から入って、結果無価値論へとたどり着く、つまり、「知恵と知識」を語ることから、「恋人へ」と向かうプロセスがうまく機能しないと痛烈な「罰」を女から与えられるのだ。
赤いスイートピー 松田聖子。

どこかで政治家が活動しているからご馳走が食べられるということは市民も理解していると思う。
それがアメリカ高等教育であり、行為無価値論である。
市民の結果無価値論には決して介入することのない「政治の醍醐味」というものがあるのだ。

勃起する男に「エッチでも決めて仲直りしちゃいな」と言ったのはヒュームであった。
しかし、「皇帝カント」はそうは考えてはいなかった。
世界観が一貫している男とは喧嘩しても、いつかは仲直りせざるを得ない、と考えたのだ。
とにかく「いつも同じことをやっている人」ということが大事だった。
しかし、「皇帝カント」は、本当に挿入しあっているカップルよりも愛されていたのだろうか?
女たちの「幻の恋人」と本当のパートナーの関係を議論しなければならない。
サラリーマンはお金を持っているし、ついていかなければならないけれど、喧嘩した後に「皇帝カント」のことを女は思い出すことがあった。
皇帝は「より男らしい」人だったのだ。
皇帝を愛するのは健康的であったし、恋人を愛するのは欲望に基づくものであった。
13回目の季節 新田恵利。

皇帝は「愛されている」ということにもっと余裕を持ったらどうであろうか?
芸能界に憧れるような女は所詮「六法全書」には敵わないのだ。
パン屋のケニーはルイ16世のためにパンを焼いたが、妻のためには牛肉を焼いた。
そのため、ケニーの奥さんはルイ16世がパンを買いにくるのを待っていたのだ。
マリー・アントワネットとは「皇帝イエス」に恋をするマリアのことを言った。
必要なのは「皇帝への悪意」であったし、十分だったのは「オーガズム」という痛みである。
「痛いのが気持ちいい」ということに気がつくのに、健常者の骨をへし折る実験が必要だった。
「痛いのが気持ちいい」「オーガズムとは痛みである」
このことが分かった時に第三次世界大戦はないであろうという予測がなされた。
孤独は痛みをともなう。しかし、のちの「成果」を誰よりも確信している。
「皇帝カント」は「嫌なことは全部忘れた、楽しかったことだけ覚えている」ではなく「成功を確信していたので孤独や痛みすら気持ちよかった」と言いたかったのだろう。
方法論上の迷いがないのだからそのような境地になる。
気持ちよかった孤独は、皇帝カント(イエスキリスト)を作り上げ、「ある意味童貞みたいな」イエスキリストというインテリが誕生した。
どのおちんちんも同じだとするならば「記憶に残った男が勝つ」ことになる。
ルイス・キャロルが「アキレスと亀は結局同じ」「三角形の両辺の角は同じ」ということから「記憶に残った男が大事である」ということを導き出した。
性に寛大なお国柄で「帝王学」を学ぶのは至難の技である。
ヒュームは「合体の美学を知らないのか?」と反論したが、なにしろイギリスにも王室があったため、ヒュームの「挿入の美学」は「政治学」に圧倒されていった。
BMWとは、女たちのアイドルである皇帝カントのために作られたものであり、政治学(女心の定義・女たちの幻の恋人になること)を尊敬したものである。
カフェテラスで独り言 河合その子。


ナポレオンとロンドンは実在するが、神聖ローマ帝国を滅ぼした「英語」は、
はたして何をやったのだろうか?
シャーロック・ホームズのような男を生み出した。
アメリカの医者は日本に来たらみんな「シャーロック・ホームズだ!」と言われるだろう。
また、アンナ・カレーニナを生み出した。
貴族階級とは何か?をスタンフォード大学は知っている。
女たちは男よりも「弱くて素直だった」
そのために、医学的なリアクションも男より明確だった。
そこで、「皇帝カント」を打ち破るべく、欽定訳聖書は書かれた。
アーサー王(マッカーサーの息子)は、「15歳の頃のあいつはかっこよかったぜ」と言わせたいためだけにアクィナスを家にホームステイさせ写真を保存した。
15の夜 尾崎豊

シャーロック・ホームズを「実話」にするんだ。
これが「英語」に課された課題となった。
「盗まれた花嫁」などの問題が解決できるのか?
ルイス・キャロルは、ナポレオンに逆らう気などさらさらなかったし、シャーロック・ホームズを「永遠のものとする」ために、予言書にも似た医学書や哲学書を明らかにしている。
「聖者」という概念も明確になった。
英語ができるものという意味になったのだ。
手足がしびれるという不定愁訴をする男に「肩を痛めましたか?ピッチャーでしょう?」というだけで、周囲の男たちは「シャーロック・ホームズと同じ」と考えた。
とにかく「英語が堪能」であると何ができるのか?ということをホームズは表現していた。
コナン・ドイルというよりは「ドクター・ワトソン」が考えたことだろう。
シャーロック・ホームズが「誰よりも賢い」探偵であるというフィクションを作った時に、スターリンは「どの独裁者よりも残酷な人物像を描いてくれ」とクリエイターに依頼を出している。
「英語ならば可能」
それだけは分かっていたので、あとは「描く」だけだった。
マイヨニングが「スターリン」を描いた。
「気が狂うというのはこういうことなんだよ」
つまり、東京大学の学生も、ヒトラーよりもスターリンを見ろというメッセージを出したのだ。
「英語が分かるとどうなるのか?」
それを描きたかったのだ。
ルイス・キャロルは「僧」になるだけだと考えていたが、「ホームズ説」「スターリン説」の二つが提示された。
カレーニンを裏切った「アンナ」は鉄道自殺をしたが、カレーニンは「翌日の新聞記事」だけで話しを黙殺している。
民族問題担当のカレーニンこそが「スターリン」の実像であったが、とにかく「残酷な独裁者」を描かせたのだ。
マリリン・モンローは、最終的には「スターリンの妻・アンナ」として自殺をすることを選択している。
真偽のほどはどの世界でも定かではない。
「英語ができる」ということはそれほどセンセーショナルなものだったのだ。
いずれにせよ、欽定訳聖書は、イエスキリストを「僧」「シャーロック・ホームズ」「スターリン」のどれかになるという立場に立っている。
どのみちアメリカは「わが国の学問を究めればこうなる」というモデルはすでに作ってあるのだ。
そこで、「ホームズにせよ、スターリンにせよ、ずるくないか?」という批判は可能だ。
英語を学ぶ子供は15の夜にこの三つの道のどれかを選択しているとしているのだ。
このことを明らかにしても、「覇権国家」(エル)・ヤーヴェ・「覇権国家の先生たち」(エロヒム)を嫌いにならないでもらいたい。
キリスト教は、その性質上、他国においては「ユダヤ教」にならざるを得ないのだ。
スターリンを裏切ったら殺される!妻のアンナになりたがった女たちは大勢いた。
ある意味、カトリックのようなものだろう。
Cocco 強く儚いものたち

スターリンはアポロだという人もいた。
「女心に誰よりも詳しいから怖い」
福沢諭吉(明治天皇)が何を考えていたのかを国際社会が探り合ったのは事実だ。
「なんで、アクィナスはミッキーマウスみたいなアイドルを愛しているんだ?」
アーサー王はただただ混乱していた。
しかし、平成の時代に展開されたアクィナスという人物は一挙手一投足が面白かった。
アーサー王は、ロサンゼルスドジャースを応援するためにアクィナスを参考にした。
日本の歌謡曲もアイドルも翻訳したけど、とにかく「ミッキーマウス」じゃないか?
「これ、戦いに使っていいのかい?」という思いもあった。
ワイドショーが話題にしていることを「評論」するのがいちばんいいと考えていた線形代数が、「自分から仕掛ける」ことを行っていたのだ。

女は案外、男の「過去の女」を気にしていない。
記憶の個性は「男の心の風景」とセックスの「感じ方」にある。
頭のいい女の子でマスターベーションする男の子は成績が良くなる。
女の場合も「感じ方」を問題にしているのであって、他の記憶は「そうじゃないって」と覚えているものだ。
しかも、略奪された女への優越感はハンパではない。
ノーカン AKB48。

女にとって「他の女から男を奪う」というのはまるで何かの卒業のようなものであった。
感じる時は「今がすべて」だったからだ。
彼の「心の風景」が感じる時に炸裂するのよ。
一緒にいると仲良くなることもある。
「それは私が大事にしている記憶とは違う」と思うことを彼がいうこともある。
他の女より私の方が優れている、そのような記憶を大事にしていたのだ。
私はどの女よりも美しいと彼は言ったはず。
その記憶しかないけど、それ以外の記憶を大事にするのならば「そうじゃないって」と言いたい。
女は「自分が好きなことしか知識にしない」
つまり「自分が最高の女だ」ということを知りたいだけ。
愛が止まらない Wink.

お医者さまには「私が人間としての傑作」だということを証明してもらいたいの。
ナポレオンはワーテルローの戦いで敗れたとジェーンは記憶しているが、ジョンは「自転車から落ちた時の話だろう」と覚えていた。
事故を起こした人間を中途半端にびっこを引かせた状態で退院させた、これがナポレオンのワーテルローの戦いだった。
ワーテルローの戦いだけは英語の外科の本も「宿題」にした。
アクィナスも「止血剤と消毒薬」だけは持ち歩いている。
オリーブオイルを止血剤とし、リステリンを消毒液とする、それがこの時に確立したのだ。
怪我して3時間以内にそれをやれば、救急搬送のいいアシストになる。
ナポレオンはワーテルローの戦いだけは「忘れてはならない記憶」とした。
外科医が治療している最中にもワールドシリーズは行われている。
自分の「英語による」手術がうまくいくかどうかで、彼の「口説き文句」の説得力は変わってくるのだ。
頭を打っているようならばスポーツドリンクを飲ませるしかない。
ワーテルローの戦い以降、医学の花形は内科から外科に移った。
外科医の「口説き文句」の本の方がよく売れるようになったのだ。
内科医・精神科医よりも「より正確な」言語を知っているのが外科医だとされた。
まあ、内科や精神科が「だいたい底が見えた」から外科に移ったのだろう。
「私、懐かしかっただけなのに。彼女は優越感しか持っていないのよ?女心を知らない男」
工藤静香 FUJITSU.

「支配」とは、女たちの奪い合いの対象になるような男に「咳払いで合図する」バカな側近のことを言う。
自分がモテたつもりになってマスターベーションしたいから咳払いをするんだよ。
権力者の周りは咳払いだらけだよ。
みんなで「おことば」を奪い合っているのだ。
みんなと似たり寄ったりの「おことば」ならば周囲は咳払いをしておことばを奪い合うが、アメリカ高等教育を受けた男の場合は、みんな怖くて咳払いなどできない。
「私、多数派よね」
恐る恐る咳払いをするようになる。
テレビで見るより実像の方が怖い、そう思った時に、「私、多数派よね?」と言いたい日常に咳払いをするようになった。
修羅場では権力者に頼るしかない。修羅場で咳払いをするような愚か者はいなかった。
ささやき女将

要するに「ささやき女将」は怠けているのだ。
コロンブスが「新世界」に行ったときに、アメリカ大陸でコロンブスに「指図」する者がいなかったから、アメリカ合衆国は白人国家となった。
原住民といっても「日本人の子孫」だったけどね。
みんなコロンブスの前にはからっきしだったよ。
ジョゼフ・マッカーシーは、「マッカーシズム」において、ささやき女将や咳払いの撲滅を行っている。
よほど腹に据えかねたのがグラムシの「血筋自慢」「血統自慢」だったのだ。
高卒・低学歴だけが「血筋・血統」自慢をしているではないか?
そういう奴は左翼にしかいなかったし、性にだらしがなかった。
シャピロのような左翼ぐらいしか「ささやき女将」の問題で笑う人間はいなかった。
「これでいいのか?」と思うだけだったのだ。
また、ささやき女将は「家庭内で孤立感を高めていた」という指摘もなされた。
孤立した「ささやき女将」が、多数派工作をするために凡庸な「血統男」を利用したのだ。
社会のルールにしたがわなかった「血統男」にささやくのは最高の晴れの舞台だ。
「血統男」ははたして「ささやき」を必要としていただろうか?
答えは「ノー」だ。
誰にでも分かる話を、女将の「多数派工作」に利用されているだけだったので不愉快でしかなかった。
お坊ちゃんというのはそこまで無能ではなかった。
しかし、「咳払い」「ささやき」を修羅場でやられているうちはコロンブスにはかなわないだろう。




.【つづく】

« 株式の有利発行について。 | トップページ | 自由民主党のお仕事。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金融。:

« 株式の有利発行について。 | トップページ | 自由民主党のお仕事。 »