最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 男は女のどこを見ているであろうか。 | トップページ | 中曽根康弘。 »

2018年10月22日 (月)

ハロウィンについて。

ハロウィンというのはアメリカ大統領選挙と関わった概念でね。
2016年のアメリカ大統領選挙でヒラリー・クリントンが負けるかは、前の年のハロウィンには分からなかったのだ。
「男の子に彼女を与える」「女の子に彼氏を与える」これが政治だとすると、前の年のハロウィンは巨大政治ショーとなる。
ハロウィンナイト

カップルが「信じているもの」というものがある。
ハロウィンで誕生したカップルが「翌年1月までに別れなければ」という条件が大統領候補には課されることになにならざるを得ない。
クリスマスでは時間が短すぎる。
そのためにハロウィンというものは生まれたのだ。
アメリカのすべての教会建築が「1月の月と凍った森」が見れるように作られている。
自分の「信者」をいかに増やすか?
世界はすべてアメリカ大統領のために動いているのだ。

子供たちは各家庭を訪問して「トリック・オア・トリート」と言って回る。
大人たちは、パートナーとともに「子供に施し」を与えるだけの「雇用と健康」がなければならない。
ハロウィンからアメリカ大統領選挙までの「2ヶ月間」は、どの候補者も真剣に雇用の問題と医学の問題に向き合うのだ。
大人たちは、「1月までに別れない」ために、雇用と健康の問題を大統領から聞こうとしたし、子供たちは容赦なく「トリック・オア・トリート」と言って、大人たちを煽った。
仕事をサボって渋谷のスクランブル交差点に出ても、雇用と健康の問題はアメリカ大統領に任せておけばいい。
どの企業も「ボッタクリ」をやっている。
女の失恋ソングは売れているのか?
セールスが伸びないのであれば、「女の失恋とともに泣くつもりはない」のではないか?
これが「雇用の問題」である。
小田急デパートのエレベーターガールの問題とも言われ、女の失恋ソングがビッグマネーにならないのであれば、企業はボッタクリを止めるべきだとされる。
優しさに帰れない

1960年代から1980年代にかけて、「女の失恋ソング」が売れまくった。
この時に、「女の失恋ソングがビッグマネーを生み出すのであれば、株主利益最大化論を支持せざるを得ない。ステークホルダー論を取るわけには行かない」という議論がなされた。
今でも、東京大学は株主利益最大化論を教えている。
つまり、「女の失恋ソングのセールスはいまだ健在」と考えているのだ。
このマーケットの資金が空になるまで、企業のボッタクリは治まらないし、雇用も保障されるだろう。
国全体の富のあり方を全体的に眺める力量が「雇用」の問題なのである。
「女の失恋ソングの生み出す富」と絡むことができなくなったのならば、企業のボッタクリは止めろという氏神も出てくる。

現在は、「女の失恋ソングが生み出すビッグマネーに付くべきなのか?それとも、企業のボッタクリを止めさせる時期なのか?」
このことへの「嗅覚」を的中させるのがハロウィンから1月にかけてであり、毎年毎年、大統領候補には「訓練する期間」が与えられている。
二つの「マネー」を天秤にかけなければならないのが「雇用の問題」であり、それを理解し、芸能界にも精通していなければならないのだ。
松田聖子 風立ちぬ

庶民からしてみれば、車を銀行に止めて「口座にお金があるかどうか?」の問題に過ぎない。
なにしろ、キリスト教国においては、労働というものは「アットホームな雰囲気で、飲みながら、異性と話す」だけなのだ。
あとは、大統領の嗅覚次第だ。
「女の失恋ソングの生み出すマネー」に付くか「企業のボッタクリを止めさせる」かを高度な政治意思の立場から眺めなければならないのだ。
今の、東京大学は「企業の社会的責任」「CSR」と真剣に取り組んでいる。
刑事罰まで検討する動きもある。
しかし、「女の失恋ソングが売れているうちは、クライアントもお金があるのだろう」という企業が多く、今、ボッタクリを止めさせたら失業率は12%とも言われる。
「女の失恋ソングマネー」を縮めていかなければならないし、この「お金の循環」の回転を止めなければ、企業はクライアントからお金をボッタクリ続けるだろう。
株主利益最大化論とは「会社外の異性とは恋愛しない」という意味でもあり、ステークホルダー論とは「会社外のクライアントともセックスする」という意味であるが、すべて、「身内だけでクライアントを笑いものにしていいのか?」という問題意識からくる。
大きな「お金の循環」を見ていかなければならないし、「会社外の異性をどう思っているのか?」という指標も見ていかなければならない。
私が関わっている病院では、スタッフと患者のセックスは「98%ない」とされている。
インフレ退治(感じなくなる女をなくす)のが自由民主主義政党の仕事であり、とにかく「王子さま」として口説き文句を考えなければならない。
社会民主主義政党は、「雇用問題」を専門にしていて、「女の失恋ソングのセールスと企業のボッタクリ」に詳しい。
政治(女心の定義)というのはだいたいこんな感じでやるんだよ。

革命というのはつまりは「どの女の子たちとも仲良く話そうよ」というのをマルクスは最終的に目指している。
キリスト教の「アットホームな雰囲気で、飲み物を飲みながら、異性と話す」というのが仕事であるというのとなんら違いはない。
女の子たちは「男らしさ」を「父と息子の関係(神は死んだ)」などから語り合い、男たちは「女心の定義」を女の子たちに話して回る。
それを「産業」と呼んだのだ。
それでも、政治学は練れてくるし、宗教マネーも膨れ上がる。
産業というものがまだ日本に根付いていないという意味では、マルクスの目指した境地には至っていないし、共産党が「八時間働いて楽に暮らせる社会」というのは「産業」というものをよく練り直さなければならない。
「働くってこんなに簡単なことなんだよ」ということをよく大人たちも理解しなければならないのだ。

アブラハム・イブン・エズラは、マルクスが「商品」=「女の体」としたように、そもそも「お金」というものは、「宝石」を買うためにあるものだとし、玉ぐし(アマテラスの髪飾り)のためにお金というものは払うものだとした。
ヘブライ語聖書においても、ラテン語聖書においてもその考えは一貫しており、ヘブライ語においてはAHYHをうまく使いこなすのがYHWYであるとされた。
「A」とは数字の始まりであり、「H」というのは「5」を意味し、「W」というのは「6」を意味し、「Y」というのは「10」を意味する。
AHYHとは「1」「5」「10」「5」を意味し、YHWYとは「10」「5」「6」「10」を意味する。
女神と、アブラハムの「数字のボリューム」の違いとはこのような感覚がするものだ。
数字があまりにも少ない女神に対して髪飾り(宝石)を贈ることをビジネスと呼んだ。
「女は、好きなことしか知識にしない」というのはこの数字の力を見れば分かる。
少女時代 Gee

創世記18:21 男女の共存の中に仕事が見つかる。

歴史を紐解いたら賢くなれる気がするだろう。
しかし、男女の共存の中でみんな仕事をしていたのだ。
男が常に女に「宝石」を贈ることで成立していた。
teacher teacher AKB48

伝道の書7:9 怒る男は常に損をするだろう。

怒らずに「常に宝石を女に贈り続ける」のが男の人生なんだよ。

テロリズムというのは「雇用の問題」(女の失恋ソング)と密接に関わっている。
古くはジャコバンなどが「高貴な人間の殺害」から新体制をスタートさせて、体制保障のためにテロリズムを用いていたが、1880年から1890年のフランスやスペインでもこのことは確認されている。
ナチズムやボルシェヴィキなども、警察力の強化に都合がいいとしてテロリズムを利用した。
しかし、日本国へのアメリカ合衆国からの空襲が、日本国に「情念系」「女の失恋ソング」を定着させる理由となったものと考えられている。
911テロでは、日本国の首相(小泉純一郎)までもが、「テロと戦う」と発言し、「女の失恋ソングの側に立つ」ことを表明している。
つまり、企業のボッタクリ(CSR・企業の社会的責任)の問題は2001年に急激に力をつけた問題だったのだ。
ファイトテロリズム 小泉首相

911テロは「無差別にいつどこで行われるか分からない」テロの有効性を示した。
高貴な身分の者の暗殺よりも庶民は「自分たちのもの」として引き受けることが分かったのだ。
人々が複雑に頭を使ったのは「自分たちの問題」であり、どこかで地震が起きても耐震工事を行ったりした。
NEWSな未来 CoCo

テロリズムは間違っている。なぜならば、その対象となった人物の周辺の「お金の流れ」が止まってしまうからであり、相当程度の混乱が引き起こされる。
いろんな人が、特定の「生きている人」を念頭に生活を成立させている。
そのことがいろんな意味で混乱する。
そのために、テロリズムは間違っている。
しかし、無差別テロなどは「女たちが失恋ソングや情念系を共有する」機会となり、雇用の問題と密接に関わるのだ。
「これでauのボッタクリが横行するんだろうな」とため息をつくしかないのがテロのニュースなのだ。

« 男は女のどこを見ているであろうか。 | トップページ | 中曽根康弘。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハロウィンについて。:

« 男は女のどこを見ているであろうか。 | トップページ | 中曽根康弘。 »