最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 横浜DeNAベイスターズ2018年回顧録。 | トップページ | 男は女のどこを見ているであろうか。 »

2018年10月 7日 (日)

教育。

日本国においては教育とは「価値」を伝えるものだとされている。
価値とは「女性の局部」のことであり、これを簡単に伝えたのではなにも伸びないこともわかっている。
勉強やスポーツ、情報、人間社会でなされる「宣言」や、男をセックスから遠ざけてやろうといういじめ、そして自分が持たなければならない「影響力」、そして「女心を知ること」(政治)、そして女はより美しく、男はより賢くあらねばならないという形而上学、いじめを受けたものとして発する「言葉の重さ」などが「価値を伝える」ことにまとわりつく。
わけのわからない文法を黒板に書くだけでも「女性の局部」に少しでも近づけてやろうという教師の教えがある。
それがそんなに簡単なのであれば「低学歴」と呼ばれればいい。
教育とは「お◯んこ」を用いて行うものなのだ。
ノーベル賞を六つ取るというようなアメリカ高等教育は、ほんらい日本では想定されていないものである。
CoCo メロディー。

ポルノの誕生や、SNSの発展により、「お◯んこ」(価値)の伝え方は劇的に変わった。
第二次世界大戦の民族の存続はすでに決着がついた問題となり、東京大学も入学者の数が減ったというよりも「勉強に競技性がなくなった」のである。
「知ることの条件」という論文が1965年に発表されているが、「女と教えること」という論文も1973年に発表されている。
1961年には「言葉と教育の人気」という論文がある。
いずれにせよ、「女子」と教育は切っても切れないものであり、「英語を覚える必要性を感じない人」は確実にいる。
自身のアイデンティティを模索するなどバカげているとも言える。
「私を目指そうなどとは思わないでください。責任は取れません」
「私のテニスは少なくとも日本のものではありません」
大坂なおみ記者会見。

インストラクターならば、当然、「異性との出会いのために教えている」ということは明確にしなければならない。
女子に人気があれば教育はやりやすくなる。
しかし、1970年代にすでに「ペテロ」となるような男は大量に生まれた。
アメリカ高等教育の最高傑作がトマス・アクィナスであり、特別教育、宗教教育の優等生とはこのように生まれるものなのである。
教育は図書館でも美術館でも博物館でも家庭内でも可能である(女と接する機会がある)、スクーリング(教える)というのは全く異なるものである。
知識の蓄積とはどの世界においても必要なものである。
1971年のロールズの「正義論」(セックス論)は、身分制社会の消滅と、学歴社会の到来について記したものだ。
高貴な身分が学がないということは想定できないという「教育学」の方向性を明確にした。
また、教室から他の人を追い出そうという動きは、長い目で見たものでは決してなく、目の前の異性を見ながら行なっているものだとした。
しかし、「仕事」と関連する知識はすべて教育によってなされるものであろう。
そこで、「王室」つまり子供の頃から脚光を浴びる男児の消滅を予測したのがロールズだった。
多数派工作のためには教育が必要である。
しかも、物事を「治める」ためには知識が必要である。
「異性を目当てにさせる教育」とスクーリングは明確に区別しなければならない。
正確に理解しないと学級崩壊が引き起こされるのだ。
「象牙の塔」はスクーリングを重視しすぎてはいないだろうか?
もはや、教育ではなく「研究」となったらどのような発想が必要なのであろうか?
それは「セックス目当て」ではなく「恋愛戦争」の渦中に身を置くことだろう。
ribbon さよなら。


王子様(聖徳太子)と話をし、彼の心を知ると、アリストテレスという先生がいたり、女心をお金に変えるカントを知っていたりして、「俺でも夢が見れる」と思うことがある。
このことを「イマジネーション」と呼ぶ。
高橋由美子 イマジネーション

王子の心を知ると「セックスが気持ちいい」ということから、イマジネーションは用いられる。
聖徳太子は「女性」を美しく描かなければならない。
ナポレオンは「王子の心はつまらん」という周囲の声に応じて、女性をヒロインとした映画を多用した。
このことは、ケンドール・ウォルトンやフォックス・ケラーに影響を与え、映画というものそのものがナポレオンによって作られた。
ジュリエットは常にロミオの隣にいたし、女性の動画がなければ「王子の心」はどんなに知的でもつまらなかった。
女性に囲まれていなければ、王子ではないとも言われる。
知識を得たら、女性と対話しなければならないことがこのことから分かった。
王子の心を読み、王子はアリストテレスから教わったが、学ぶだけではつまらない。
女性と対話しなければ周囲は「つまらん、つまらん」と駄々をこねたのだ。
女は「パートナーがいても知識や力を生み出すために他の男の声を聞きたがっている」
このことから、デザイアーというものは生じている。
深い仲になってしまうと、元彼がリベンジポルノをばら撒くのだ。
王子と話したり、彼の本を読んだら「他の男を失恋させたい」と思うものなのだ。
こらえ性のない「大人」たちが「つまらん、つまらん」というのだから、ストイックな王子様(聖徳太子)も、いくら忍耐力が傑出していても、学んだら女性に話さなければいつか心を病むだろう。
中森明菜 デザイアー

中国には儒教、仏教、道教の三つの教えがあるが、老子という人物が紀元前6世紀に実在したかは明らかではない。
しかし、老子が「最高の女神」とされているという意味ではアマテラスと同じ位置付けであり、勉強(自然)と変な行動を起こさないこと(無道)をその核心部分の教えとしている。
司馬遷の史記に老子に関する記述がある。
道とは「恋愛遍歴」のことであり、美徳とは「治める方法」のことである。
周の時代に流行した。
いわば、「女性ボーカルの音楽作品を聴きながら勉強する」というスタイルを確立したのだ。
昭和の時代にアクィナスが実践していたことを、「成功事例」として中国が「紀元前6世紀の人物」としている可能性は否定できない。
道的清(ドテチン)とも言われる学習方法だった。
アットホームな雰囲気でコーヒーを飲んでウォークマンを聞いていたのがアクィナスであったが、聖徳太子は「敵地で飲まずに異性のことも考えない」という「教室」を考えている。
老子と聖徳太子は「イエスキリストの両極端な後継者」であるとも言える。
隋の時代に道的清と呼ばれる音楽作品がすべて皇帝に捧げられた。
現在でも香港、台湾、朝鮮、日本でも有名な学習方法であるとされている。
7世紀にサンスクリット語に翻訳され、18世紀にイギリスに紹介されている。
アクィナスが聴いていた音楽作品は、神聖ローマ帝国が作った音楽作品を日本国がパクったものであるため、ハイドン・ベートーベン・バルトーク・ストラビンスキーの偉大さを痛感せざるを得ない。
クラシック音楽が作れる力量があるのであればポップカルチャーを作れる。
これらの世界を、自然と無道の世界に持ち込んだのが道教である。
中華人民共和国が真剣に「ドテチンとは何か?」を研究したのは1990年代だったので、果たして古典を見たのか日本国を見たのかは不明である。
【世の中でトマス以外に信用できる人はいないのだ】
ribbon 太陽の行方。

1990年代後半に、法輪功が「本当に成績が上がるんです」として大騒ぎになっている。
日本の皇室はこの法輪功のムーブメントを静観した。
【これを弾圧するのならば中国はお終いだな】
そのように考えたのだ。
日本国のポップカルチャーを中国が「勉強の成績に直結されたのでは困る」とした時点で、国運は自ずから明らかだったのだろう。
老子は「男は1000人いる」としてすべてヨハネのことを歌った。
劉備玄徳も「千人の男の人生を知ればだいたい分かるだろう」とし、「子供に皇帝など務まるわけがない」(投降主義)というポリシーを持つに至った。
アップル社が「ポケットに千曲」と煽っていた時期も中国は法輪功の問題からアップル社とは距離を置いていた。
北朝鮮には日本国のインターネットは筒抜けだった。
「我々は中国とともに沈むつもりはない」と勤勉な北朝鮮の人々は考え始めたのだ。
「無」とは「恋愛の道を極めたかったら音楽作品から入りなよ」という意味である。
そして「怒っている女を見てみなよ」といった。
トマスに裏切られた女が怒っていたのだ。
「思想」とは「根性と社交性」のことであり、「無道」から入らないとなかなか身につかないものだった。
思想は「異性を愛する気持ち」を強烈に推進した。
「あいつはいじめていい奴」という倫理学的麻痺をアクィナスは周囲にもたらしたが、それをも克服していったのだ。
自然(勉強)、無道(音楽作品から恋愛の道に入る)、思想(社交性を持つ、異性を愛する)ことはこのような勉強エリートを生み出した。
酒井法子 リアル。

デカルトは、オランダの戦争に参加して、ナッソー将軍のもとで兵士を務めたが、処女でなければ結婚できないとしたナッソー将軍が、スピノラ将軍に負けるのを目の当たりにした。
ブレダの開城。

「恋」というものを考えて「恋愛と結婚は違うスポーツ」という考え方がスピノラ将軍に勝利をもたらしていたことを悟った。
ガリレオは「自分の自画像」を描いて「それでも地球は動いている」とし、自分の自画像がある好き勝手に動いていることをコペルニクスから学びローマ法王を怒らせている。
ガリレオは「恋愛と結婚は違うスポーツ」ということを主張してローマ法王を怒らせていたのだ。
デカルトは、ガリレオとは距離を置き、内省(マスターベーション)というものを考えた。
女たちにマスターベーションの意味を説き、処女であることの重要性を語った。
友達の彼氏を奪いたいという気持ちとセックスは異なるものだ。
ニュートンは「男の加速度」を見ていた。
加速度は「1」と「2」と「3」しかなかったが、ギアが「3」に入っている男への情熱を重視した。
パッションとは「ギアが3に入っている男への情熱」を意味したし、恋に惑わされている男はとにかくギアが上がらなかった。
週末に教会に来る男たちを見て、女たちは「結婚を真剣に考える男」を探した。
ガリレオが「俺ってイケメンじゃね?」といって自画像を描き、地動説を唱えたが、カトリックの受け入れるところとはならず、「恋」というものはカトリックの世界ではセックスには至らなかった。
ガリレオはローマ法王にひどく怒られたが、デカルトは「カトリック国としてのフランスの地位」を高めた。
恋愛と結婚は違うスポーツという考えを否定し、ナッソー将軍が敗北した戦争でナッソー将軍の「処女が軍人と結婚すべきだ」としたことをフランスに持ち帰り、恋愛は幾何学の問題であり、自分の世界を狭くする、とし、代数学(結婚の世界・H)の世界を豊かなものにした。
浜崎あゆみ インデペンデント。

皇室の男児が処女と結婚しないのは許せないという考えはデカルトが考えたイデオロギーであり、ガリレオの示した「恋愛と結婚は違うスポーツ」「それでも自分は動いている」という発想をカトリックとともに批判することによってヨーロッパ中世は終わりを告げた。
デカルトが示した「恋」という概念は、女のマーケットを確実に「世代を若返らせる効果」を持ち、処女の発見とともに、ポップカルチャーに多大な影響を与えた。
恋するフォーチュンクッキー。

もし、「進化論」というものがあるとするのならば、父親の「勉強セレクション」がかなり高度に行われなければならないし、「恋をするとギアが上がらない」とか、大学入試の半年前まではみんなが盲目であると悟った、などの「合格体験記」を父親が熟知していなければならない。
息子が「25歳」になるまでは、父親も息子が自分を越えていくことを応援できる。
しかし、それ以降は「同じセックスサークル」に属するためにもはや潰そうとするだろう。
「勉強」「試験」というものが整備されたのは1950年代のことだ。
若者は「セックスしたいから」勉強した。
親の言うこともよく聞いた。
顔が似ている、それだけの理由で親は息子に「勉強の方法」を教えた。
逆に、息子の快進撃に親が「態度をがらりと変える」のも教育ではあった。
周囲の人間関係も「東京大学合格の見通し」に態度を変えたし、このときに男の子は「恋よりも大事なもの」を見つけた。
恋と愛のニュアンス 酒井法子

1976年にドゥオーキンは、「わがまま遺伝子」というものを見つけていた。
「国家統治に責任を負う者」
とされた親には特有のDNAがあることを知ったのだ。
楊貴妃(老子)は、お風呂で父にエッチなことをされたために、「国家統治に責任を負う者」としての立場を否定され、非行に走った。
弟の舜は、「自分以外の人間はみんな罪人」という意識が抜けず、子供の頃はアレルギーがひどかった。
アブラハム(昭和天皇)は、マリアとヨゼフの間に生まれたイエスキリストの誕生を祝福した。
DNAという概念ではなかった。
出産時の「祝福」を受けたことから、おのずと顔も似てきたり、勉強セレクション(進化論)に勝ち上がっていくたびに顔が昭和天皇に似てきた。
「文化が顔を作る」という側面はRNAに特有のものであり、わがまま遺伝子次第では、偏差値文化に浸ることで顔がアブラハムとアクィナスは似てきたのだ。
今でも、東京大学にはアクィナスにそっくりの若者が大勢いる。
「さだまさし研究会」の男はさだまさしのような顔をしているし、アクィナス研究会の男はアクィナスのような顔をしている。
すべて、「文化に影響を受けるRNA」が仕組んでいることなのだ。
偏差値BOY うしろゆびさされ組

ジャスティス・リプシウスは、「女性ボーカルを聞きながら勉強する」という道教の立場をカルヴァン派の大学で学び、カトリックの世界に持ち帰っている。
マキャベリが描いた「王子」が、「警察記録に残らない」それでいて「ユニークな研究をする」ためには、道教のような発想が必要であったし、
「アットホームな空気で飲む、異性と話す、異性の話題をする」というキリスト教の奥義は道教でも一定程度実現できたし、何時間勉強しても飽きなかった。
しかし、リプシウスは「敵地で飲まない、異性と話さない」という「教室」(仏教)とのうまい共存を行わなければならないと考えた。
キリスト教と仏教をうまく共存させる必要があった。
先生と生徒は「君と僕」の関係ではなかった。
teacher teacher AKB48

出エジプト記3:2 モーゼは茂みの中に光を見た。
出エジプト記14:19 イスラエルの地に火の柱が見えた。
使徒2:3 使徒の舌を燃やしてしまえ。

この三つの聖句は、昼間はしっかりと「敵地で飲まずに異性のことも考えない」 しかし、夜は「アットホームな空気で、飲んで、異性と話す」というメリハリのついた生活を志向したものである。
仕事中にアフターファイブのことを考えることはある。
しかし、アフターファイブの話は誰もしてはならない。
そもそもが、キリスト教の奥義である「晩餐」と、仏教の「教室」「職場」は共存を目指していたのだ。
イエスキリストは、旧約聖書をよく理解し、「晩餐」を重視するスタイルをとったために、磔にされたのだろう。
しかし、仏教の側からも、竜樹などは「エルサレムを尊敬しろ」と語られている。
中には、マエケンのように「火の柱の世界」「茂みの中の光」「使徒の舌」の三つによって歌舞伎町で殺される者もいた。
ブルーライトヨコハマ

墨子という人物は「有名人とのディナーは最高だ」と考えた人物だ。
「辮」というものはお洒落を意味し、「是」というのはお金を意味し、「非」というのは「この曲知ってる」ということを意味した。
「法」とは「ヨハネの男らしさ」を意味した。
「是非」という言葉は「知っている曲にお金を払う」という意味であることになる。
最後に目指したのは「天」であり、有名人と話ができる立場になり「金融に影響を与える」ということである。
「中」というのは「彼女たちと話が合う」という意味であり、「法」「中」「是非」「辮」などの用語が墨子の思想の中枢に出てくる。
元有名人女と話をして「論文を書く」ことを「天志」と呼び、金融ビッグバンとは中国の墨子に由来するものだ。
日本の花伝書では「仕手」と「脇」という具合にメインとサブは分けられているが、中国では「大取」「小取」という具合に分けられている。
松田聖子 ディナーショー

「義」とは「仲間・義務・お金」を意味したし、「利」とは「利益」というものを意味した。
「仁」というものは「親切さ」と意味したし、「愛」とは「面倒を見ること」を意味した。
まあ、言葉の定義だけを語っても意味がないだろう。
墨子も「言葉の定義」は明らかにしたけれど、どのように「金融ビッグバン」が起きるのかは、「経」つまり、ヨーロッパやアメリカ合衆国の「哲学」「宗教」に丸投げしている。
「灌」とは「二つの選択肢があった」ということを意味し、「三角関係」の存在を指摘しているが、墨子から何かを学べるのかというとかなり疑わしい。
「有名人とディナーを共にするのは楽しい」から始まって、芸能人とのその後の人生のお付き合いを探求した人だろう。
Jokeにもならない恋 三浦理恵子

「狂学」した男は芸能人と同じという待遇を得て、墨子は福沢諭吉やアクィナスにファイナンスのやり方を示した。
なにしろ、中国、北京大学は現段階では「コンテンツはアメリカ・イギリスに丸投げ」している。
日本の東京大学は精緻な法律学を構築しているが、中華人民共和国はそうではない。
日本の法律学の精緻な体系に対して、中国は「役人は哲学を学ぶものだ。しかし、コンテンツはシルクロードから来るものだ」という立場を取っている。
中国は「一帯一路」という政策によって、「我々はアラブやイスラエルと話しができる」というメッセージを日本国に送ってきたが、失敗している。
「我々が石炭を焚くから太陽が暑くなる」というメッセージに対して、私が「台風撃退法」を明らかにし、ステーションカバリッジ、つまり、鉄道網が整備されていないから暑苦しい、ということを明らかにしたところ、アフリカに「友人」を探しに行っている。

ハーバート・フェイグルは、結局、「何時間いても飽きない居場所こそが職場である」とし、教室にせよ、職場にせよ、自宅にせよ「そのような居場所を見つけたものが論文を書き、スポーツビジネスに介入する」としている。
男友達

時計を見ながら仕事をするのならば「やらないのと同じ」と考えたのだ。
子供に勉強の楽しさを伝えたいのであれば「職業人」でなければならない。
ラッセルは実存主義の立場から「物自体」(自分のプロフェッショナルレコード)は、「ようするに職場が居心地が良かったんだ」としてその本性を現した。
そこで問題にしなければならないのが、やはり「いじめ」の存在である。
いじめほど「簡単な仕事」はなかったし、何の知識も得られない。
宵の明星はダサい男を意味したが一晩中輝く、明けの明星はお洒落だったがすぐに消え去る。
ダサい男がイエスキリストであり、プロフェッショナルレコードを残す存在だった。床屋も若者に「イエスキリストのような髪型」を提供したが、なぜ、わざと「だらしない」
髪型にするのかというと「カタチから入る」「プロフェッショナルレコードを残す」「一晩中輝く」をコンセプトにしていたからである。
「腰パン」などもはっきり言ってダサかったが、イエスキリストの真似をしているのだ。
1950年代以降、整備されてきた「偏差値社会」において、「そういう奴が成績が良かった」ということをみんなが真似した。
ようするに「自分の居場所が居心地がいい」 これ以外に成績を伸ばす方法はなかった。

イエスキリストの「道教」「超勉強法」が本当に花開いたのは2010年代であった。
ポルノに出たことのある女も、顔まで修正するというロールズのおかげで一般市民に戻れるようになっていて、イエスの前では女らしく振る舞うようになった。
女の「過去の栄光」を知る男たちにとってそれはかなりラディカルなものであり、「元アイドルと話をする」というのが勉強の到達点なのかなと思った。
イエスキリストの前では母のマリアも、MI6からの情報に耳を傾けていて「ご婦人」と呼ばれるほど女らしかった。
今となってはマリアとヨゼフに「性的関係」があったのかも分からないほど、マリアは変わってしまった。
それが「トマス(MI6からの情報)に耳を傾けるイエスキリストの母の現状」だった。
母の人生を「その構造から解き明かす」ことをミシェル・フーコーは脱構造主義と呼んだが、トマスからの情報がなかった頃は「誰を信じていいのか分からずに変なおばさんを先生と呼んでいた」という現状ものちのメディア論から明らかになっている。
いずれにせよイエスキリストは、トマスの言葉に耳を傾け、喫茶店を経営している母・マリアに富をもたらさなければ「生贄」にされていたであろう。
マグダラのマリアは、社交的な女ではなかったためにイエスにとっては「特別な女」となっている。
特別な女(マグダラのマリア)は内向的な方がいい、しかし、他の身内の女は母も含めて社交的な方がいい、そのような相対性がイエスにはあり、その活動を保障した。
ハンナ・アーレントは「性転換手術」を受け、その「ヘンタイ」ぶりからイエスキリストの思想を深めた。
いずれにせよ「思想」とは「社交性と異性を愛する」ことからもたらされるものであり、一点だけを目指す世界では忘れ去られがちなものだった。
「良心」とは「思想が内面化したもの」であり、妻が貞淑であること(マグダラのマリア)によって、いろんな人を裏切らないことを言う。
タイガー・ウッズの名場面。

アルゼンチン・メキシコ・ブラジルなどの「ラテンアメリカ」の国、日本でいうとブラジル系移民は、「本国の経済状態が良くないからブラジルに帰らない」と言われるが、実際は「母のポルノが顔に修正が施されていないから帰らない」という意味である。
母が「無人島に行きたい」と言ってニューカマーとして日本に来たのだ。
南米の国は「最後の晩餐」ではワインではなく「コーヒー」を飲むものだとし、コーヒーのセールスによってブエノスアイレス大学法学部を作った。
AGMは、アルゼンチンにおけるコーヒーのセールスを「法律」と結びつけ、アルゼンチンを発信源とする大企業となった。
大手保険会社も、もとは南米のコーヒー店だったのだ。
メキシコはUNAM(メキシコ国立自治大学)と呼ばれる宝石ビジネスを、コーヒー店から始めている。
イギリスやアメリカに進出し、「宝石商も昔はコーヒー店だった」ことを示した。
ブラジルもコーヒー店が有名だが、ケネディ暗殺を企画したりしている。
南米のコーヒー店というものはもちろん世界に知られているが、当然、その「資金力」が世界に与える影響力も見ていかなければならない。
ブラジルは「カント」を知らない、女心をお金に変えていないという分析を以前、私も行なったが、「アットホームな雰囲気でコーヒーを飲みながら異性と話す」という基本は抑えていたのだ。
アルゼンチンとチリは「大西洋側と太平洋側」で国境線を分けたが、「ワインが飲めない人もコーヒーは飲める」ということを基本とし、「喫茶店の話題」の研究を行った。
もっぱらサッカーの話題だったであろうか?
誰もが昔はサッカーを楽しみ、今では見る側に回っている、そのような人たちが喫茶店でサッカーの話をしたのだ。
しかも、コーヒーの消費量がサッカーの勝敗に影響を与えていたのだ。
謎の宇宙人ジョーンズ。AGMの正体。


イエスキリストが統合失調症であった、という指摘はある意味真理であった。
無表情にギリシャ哲学を読む、しかも、学が実らない時期は誰しもが統合失調症である。
しかし、今では東大文一に合格しても、教養学部哲学科に進学する人がいるご時勢だ。
あるいは、就職活動の幅を広げて、見聞を広める機会も増えている。
法学部離れを防ぐ役割も果たすだろう。
律法というのはパリサイ人が作ったものであり、「アットホームな環境で、飲みながら、異性と話す」という「正解」をイエスが見つけてから、パリサイ人が「就職した方がいいのではないか?」「アットホームな環境で、飲んで、異性と話す」というキリスト教の到達点をトマスが囁いた以上、カント以降、「悟り」(口説き落とせない女などいない)という探求が進むのは当然ではないか?とされた。
たとえ「アットホームな雰囲気で、飲んで、異性と話す」と何時間でも過ぎ去るというのが真理であっても、律法学者の側から「容認できない」という声が出るのは当然だった。
律法学者の中には「勃たなくなるのが問題である」とする者もいた。
精神医学を熟知し、LGBTを熟知していたイエスキリストは勃たなくなることはなかった。
おカマの存在にビックリしたり、性転換手術をした人に驚くうちは勃たなくなる男はいた。
教育を受けたのならば「お給料」をもらうのは当然だと考える人もいた。
「女は美しいほうがいい、男は賢いほうがいい」というのが形而上学の結論だとするのならば、「アットホームな雰囲気で、飲んで、異性と語り合う」あるいは「音楽を聞きながら勉強する」というのは正解のように思われた。
そこで起きた律法学者のムーブメントが「社会化」というものであった。
社会化といっても、現代においては「知っていることがあるのならば公表してくれ」という意味で用いられている。
大学ノートに自分だけ隠し持っていて社会活動していたのであれば、まちがいなく磔にされていたであろう。
自分の両親をも「社会」に組み入れていかなければならない。
ラピエールは1934年に「高校中退で東大に入るやつがいる」とし、それを「中国的なもの」とし、反中・親米の立場を明らかにしている。
朝鮮学校などは、日本の大学への「接続」は行っておらず、中国の立場を踏襲している。
日本の学生は「典型的な男」がいるね。
これがアメリカ合衆国の受け止め方だった。
忍耐強く、命令にしたがい、グループに溶け込み、敵味方を区別したのだ。
アメリカ合衆国でそれを実践したのであれば、日本に帰ったらすべてが簡単だろう。
アメリカのハイスクールが常識だと思うか?
どのアメリカ人もついて来れない厳しい世界だったのだ。
しかし、その世界にすら「溶け込んで」「当たり前」だと思うのが日本人だった。
1990年にジェームズ・コールマンが「日本のアクィナスの発見」を行っている。
あとはアクィナスに「天国と地獄の逆転」を見せるだけだった。
楽に大学に入ったり、中卒だったりする連中を「上」に持ってくるだけだったのだ。
それをアクィナスが「当然だ」と考えるのを待った。
厳しい修練を耐えたアクィナスに「楽して恋愛する奴の方が上」と思わせるのがアメリカ合衆国の対中戦略となったのだ。
アメリカ合衆国にも、当然、「律法学者」はいた。
人を育てる研究なんだよ。
酒井法子 秘密のガーデン

アメリカ合衆国の律法学者は、子供の「動物としての能力」を見た。
そのあとで「学力」を見た。
最後に「感受性」を見た。
「大胆」で「復讐が好き」ならばなおさらいい。
そうでなければ「男だけの世界」でどのように人を選ぶつもりだ?
ジェイソン・アレキサンダーは「男をカネから遠ざけるのに苦労した」と語っている。
適当に金持ちになって潰れていく連中もいたからだ。
「恋愛を知っている奴」を尊敬する癖がついていたので、適当に競争相手をでっち上げるのにも苦労した。
パリサイ人は、「ユダヤ人」というわけではなかっただろう。
普通に、イエスキリストを育てようと試行錯誤していた連中だった。

「エロティカ」と「エロティック」はどう違うのだろうか?
マドンナの「エロティカ」は、裸を示し、「ヌード」は見せなかった。
マドンナ レイン

エロティックというのは「女の体とセックス」を結びつけたものだった。
エロティックとポルノグラフィーも異なるものだ。
ポルノグラフィーは、エロティカであり、露骨にセックスを表現し、セールスを見るものだった。
イエスの「磔」がサディズム・マゾヒズムという「エロティック」なものなのだ。
女たちの「愛と情熱」を「ひとりの男」に集中させるのがエロティックであり、「祈り」も同様の意味を持った。
マドンナ ライク・ア・プレイヤー

1960年代の「セックスの失敗」を知っている世代が、イエスキリストを「愛と情熱」によって「磔」にした。
「セックスの失敗」が、ひとりの男を「祈りの対象」にした。
一組のカップルのセックスを描くのではないんだ。
エロティカは「一組のカップルのセックス」を描いてセールスを見たが、エロティックは大勢の女たちに訴えかけた。
「セックスの失敗」から生じた「祈り」がそこにはあった。
「エロティカ」は若すぎるんだよ。
セックスの失敗と祈りが「エロティック」には込められているんだ。
日本では「透かし春画」とイエスキリストは呼ばれていた。
セックスに飽き飽きした女たちが「磔」に祈ったのだ。
マゾヒズムなど存在しなかった。
アクィナスは「アメリカ合衆国の厳しい修練」を律法学者に教わっていただけだった。
日本の素人男には想像はつかないんじゃないかな。
サディズムは「大勢の女たち」に存在した。
イエスは「カントの学問」を楽しんでいたし、「磔」にされることを快くは思っていなかった。
学問を楽しめない男が「大勢の女たちに磔にされる」ことに憧れていたマゾヒズムを持っていたのだ。
「すべての女を口説き落とせる」というカントの「悟り」を知ってしまえば、大勢の女たちからの「セックスの失敗」と「祈り」というサディズムだけがあり、マゾヒズムなどない。
素人男から見れば、東大に入ることすら「甘美なる経験」であった。
大勢の女たちの「セックスの失敗」による「祈り」の対象にすることが仕事だった。
知世の歌



ベラスケス 鏡のビーナス。



ゴヤ 裸のマハ。


ゾラは、「絵画の世界でも一流はイエスキリストなんだ。自分を愛した女たちを絵にしたんだよ」と語った。
天才であることは苦しく、しかし、周囲から見れば「甘美なるもの」なのだ。
「エロティカ」と「エロティック」の違いがここに表現されている。
絵画の天才が「自分を愛した女たち」をモチーフにすることを「エロティックアート」と呼んだのだ。
ティティアン ウルヴィーノのヴィーナス

抜けない女の絵(ハイブロー)と、抜ける女の動画(ローブロー)はこのようにして区別される。
天才がいるかどうかなのだ。
マルキド・サドが「ハイブロー」を完全に誤解した。
暴力、レイプ、強要、残酷さを「サディズム」だと信じ込んだのだ。
実際は、1500年~1800年の間に残された「ハイブロー」を参考にしたのだ。
女たちの「天才への愛と情熱」「セックスの失敗」「祈り」は「俺の世界で苦しめ」という問題ではなかったのだ。
しかし、「嘔吐した女の動画」は確実に生まれた。
これで「抜ける」男がいるのだとすると、ハイブローはとんでもない副作用をポルノグラフィー(エロティカ)の世界に持ち込んだことになる。
男たちは「抜けねえな」「愛し合えないな」と思いながら、かつての絵画の天才が描いた作品の「謎」と向き合っていたのだ。
IEKI吐くまで

1986年にバタイユが「1500年~1800年に実在した絵画の天才の話なんだよ」ということを明らかにするまで、サディズム・マゾヒズムは誤解されてきた。
マゾヒズムは「素人男が憧れるもの」である。
イエスキリストにマゾヒズムはなかった。
サディズムは周囲の女たちの「セックスの失敗」と「祈り」から生まれたとしたのだ。

ゴータマは、「狂学」を行いすぎたために精神病院送りになったが、そこには妖怪のような女たちがたくさんいて名前を覚える気にもなれなかった。
彼女たちがテレビの世界では「美女」として知られていることを理解するまでに時間がかかった。
元「美女」たちとの「物語」を作っていこうと考えたのは初診から20年も経過してからである。
ゴータマにとって、勉強しすぎて破滅するのは当たり前のようなものであったが、芸能人たちは「休みにきている」としか思っていなかった。
周囲のメンバーはテレビ局などでも「顔なじみ」のメンバーだったし、彼・彼女の世界に本当にアカデミズムを持ち込むためにはゴータマにも研究する時間が必要であった。差別や偏見というものが「有名だから」生じるものであることを理解するのにも時間がかかった。
ゴータマ自身が「東京大学」という栄光を持っていたが、とにかく周囲が「障害」というものを理解せずに家庭内で最下位に位置付けたために、自分の破滅を悟っていたが、精神病院にはトップアスリートや芸能人しかいなかった。
みんなの憧れである人物が「休みにきている」ことを理解したら、ゴータマはカントが「女の向こうに神が存在する」としたことに対して、なぜ新カント派が「美女たちが神を作るんだよ」としたことの意味を悟った。
精神病院の女たちの病気を見て回るだけで「神」と世の中全体が考えるとしたのが新カント派だったのだ。
優しさに帰れない CoCo.

プロクルスの神学とは、男は学べば学ぶほど「ひとつ」の方向性を目指すというものであり、その「ひとつ」がヨハネであり、イエスであり、トマスが耳元で囁いたことである。

A:B B:C
B:A C:B
B:C A:B
C:B B:A
セーラー服を脱がさないで おニャン子クラブ。

この図面においてはA(キス)とC(セックス)が対角線となっており、B(胸)が円を描いている。
キスより先にできること カントリーガールズ。

円形を描いている「胸」を活用することで、ABCという順番はどうにでも前後を入れ替えることができる。
C:B B:Aという順番すら模索されているのだ。
その辺はやっぱり「顔」だろう。
ソクラテスが強烈にABCを推進したのだ。(どこまで行った?)。
ディオティマスやアガトンなどいろんな哲学者はいたが「好き」とABCの順番を明確にしたからソクラテスは歴史に名が残った。
プラトンも詩をそのように作ったのだ。
キスした跡は残さないで 国生さゆり。

神は「ひとり」でなければならない。
ソクラテスはABCの順番を明確にすることで「ひとりの神」の存在を明らかにした。
赤いスイートピー 松田聖子。

ABCという順番は、文化にまで広く浸透し、これにしたがって交際を始めたカップルは常に「時代からエネルギーを与えられる」ことになる。
神は自分の「考え」のコピーとして世界を作った。
中には「キスとセックス」を同じ意味であるとする芸術もある。
ソクラテスが構築した文化への「参加」と「解釈」からこのようなことが語られたのだ。
trouble of love rebecca .

このような「学のある」者からの接吻は特別なものだった。
「生きること」「バイタリティ」そして「知性」が必要である。
父と子、聖霊が、東方教会では「生きること」「バイタリティ」「知性」の三つだとされた。
このことは「父」「イエス」「おじや弟」のトライアングルによるいじめを想定したカトリックや、「エル(覇権国家)」「ヤーヴェ」「エロヒム(覇権国家の先生たち)」を想定したユダヤ教と異なり、「故郷から都会に出てくる男」に最も必要なものだったのだ。
人間と飲み物と椅子と異性がこのようなバイタリティや知性を生み出すと考えられた。
「生きること」はバイタリティや知性に影響を与え、「バイタリティ」は知性に影響を与えた。
これはヤコブ(毎日新聞)の考え方であり、産経新聞は「勃起と勉強、女の癒し」を三位一体としているという認識の違いがある。

神はどのような計画を男女に仕組んだのか?
アリストテレスはどのような計画を男女に仕組んだのか?
そして、男女たちはどう思っているのか?
ABCの順番を知らない男はモノトーンボーイだった。
モノトーンボーイ rebecca

ビザンチン帝国では、ABCの順番を学ぶだけで、巨大なビジネスを展開できたため、コンスタンチノープルにはそのことを学ぶために、男たちは大都会を夢見た。
抱きしめてくれても、作法を知らない男の腕から逃げた。
青いスタスィオン 河合その子

初期ビザンチンは330年から730年までであるが、730年から1453年までをギリシャ哲学の研究に費やしている。ソクラテスを正確に理解したのは、この「ビザンチン帝国」であり、
しかし、「ギリシャ哲学とは何か?」を理解するうえではコンスタンチノープルを避けては通れない現状がある。
オリンポス山に「歌」を祀っていくホメーロスは依然として中等教育の中核をなしたが、近代西洋に「ABC」が浸透することはなかった。
だが、日本国への影響だけは無視することはできない。
ホメーロスの詩の「理想の男」と同時に「女の子の心構え」として広く知られるようになった。
渚の「」 うしろゆびさされ組

女子たちの団結のためには、ビザンチン帝国が復刻したギリシャ哲学はもっとも都合がよかったし、ギリシャ哲学のもっとも優秀な生徒が日本国であった。
第一次ビザンチンルネッサンスはこのようにして起きたし、巨大な音楽産業が生まれた。
多くのプリンセスが影響を受けただけでなく、12世紀のニケーアでも、ラテン教会とはそのことを話し合ったのだ。
ビッグマネーと文化に関する話し合いだった。
バナナの涙 うしろゆびさされ組

「キスから先に進めない」「お楽しみはまだ」などという女の子の作法を相手にする男は「器が小さい」とも言われた。
恋と愛のニュアンス 酒井法子

女の子の「キス」と、イエスキリストの「接吻」はこの「器の違い」から説明されたし、それは、ドクトリン(宣言)から始まって、ドグマ(教義)として採用するかは宗派が分かれた。
ミカエル8世が、この議論をリードしている。
大天使ミカエルにせよ、マイケルにせよ、マイクにせよ「女の子のキス」「イエスの接吻」の議論の専門家だった。

スピノザは、女の子にとっての「言論の自由」とは、男が現れるための「必要性と可能性」であるとし、しかし、八百の神が成立するためには「お父さんとのお風呂」がなければならず、お父さんとのお風呂があるために男の子の間に「いじめ」が生じ、彼氏が現れるためには「必要性と可能性」はいつしか「必要性と偶然性」に変わっていった。
可能性は、男の子の間の熾烈ないじめによって偶然性になっていたのだ。
お父さんとお風呂に入るということは、「可能性」を「偶然性」にまで遠ざける行為だった。
アイスクリームを食べさせてくれないとセックスさせないという女の子もいた。
彼氏はお父さんよりも「若さ」があったために、アイスクリーム程度で済んだのだ。
彼氏を作る「必要性」はもちろんあった。
しかし、それが「可能性」をともなうのか「偶然性」をともなうのかは「お父さんとのお風呂」次第だった。
欧米では簡単に娘に彼氏ができるように、お風呂ではなくシャワーを用いた。
運命95 Melody

日本国には「お父さんとのお風呂」が女の子にはあった。
第二次世界大戦においては、「彼女を作るってこんなに簡単なんだ」と連合国側が日本国に再三アピールした。
女の子は「男の子のおちんちんがお父さんと変わらなくなったら」「ウェルカム」だったのだ。
高橋由美子 ウェルカム

女の子は、鏡で「自分がセックスに耐えられる体になったのかどうか?」だけ見ていればよかった(PSR)。
男の子たちは「いじめ」だけでなく、やがて勉強やスポーツを始めた。
「必要性と偶然性」それが日本国が採用した文化であり、少女マンガという巨大ビジネスも誕生した。
男の子が「遠く」ないと少女マンガを読む必要すらなかった。
「お父さんとのお風呂」という「大人の男の答え」を知っているかどうかの違いだったのだ。
日本国が「必要性と可能性」という、女の子が簡単に彼氏を見つけることができるシャワーの文化を採用せずに、「必要性と偶然性」という「お風呂の文化」を採用したことは、男の子の間の「勉強とスポーツ」を確実に強化した。
男のレベルは「2~22」(Ip2~Ip22)まで幅が広がったのだ。
2歳児から成年までと区別することは可能である。
Ip16で「15の夜」を経験し、Ip22で就職し、Ip28で社会の戦力として大仕事を成し遂げる。
男の人生は常に「女の裸」とともにあった。
バスルームでキャッチホン 高橋由美子

男にとって「ファーストパス」(初体験)が若ければ若いほど「有限の自分」と向き合わなければならない。
それでも、同世代の「女の体」はやがて朽ちていくのであるから、どこかで「有限の自分」と妥協しなければならない。
Ip28(28歳)の時に、男は「仕事が分かった」と言うだろう(セカンドパス)。
その時まで彼女がいないのであれば、どこからか「お見合い」の話が出てくる。
男たちが「賢さ」を競い合って、他の男を失恋させたとしても、「若い女の体」を知らないという指摘を受けなければならないという意味では、日本の男の子は、「15歳ぐらいでファーストパス」を経験して、厚い信仰心を持ったほうがいいとも言われる。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ

女の言葉に、別の見方から返事を返す。
これが哲学の基本である。
ピタゴラスは「読んで話していること」を聞きたがっている女の存在を知った。
女は「経験で」話していたし、男は「読んで」話していた。
「男のコになりたい」これは女にとって「攻め」であった。
男のコになりたい 酒井法子

しかし、「読んで話している男」には到底かなわない哲学体系が構築されていた。
女は一時間も話したら、泣いて「受け」に回った。
愛してジャスティス ribbon

ピタゴラスが問題にしたのは、このような「体系」が構築された時に、
「精子」というものが生まれたということなのだ。
それまでは人間の「子孫」というものがどのように作られていたかは明らかではない。
とにかく、人口はごくわずかであったであろうことがギリシャの時代には考えられる。
哲学の構築と「女の攻めと受け」がなければ、「精子」というものは生まれなかったし、「魂が抜ける」という経験も男にはなかった。
哲学によって口説き落とさなければ「精子」は出ないのが男だった。
ピタゴラスは、子供が「豚肉が好き」「動物の心臓や子宮まで食べる」ことに注目した。
子供は「カツ丼」「トンカツ」が好きだから精子が出るんだろう。
あるいは「アネモネ」を食べる子供の習慣も、少年に「精子」というものをもたらしていた。
アネモネの記憶 河合その子

哲学を知らない子供でも「豚肉」「アネモネ」「心臓や子宮」を食べるだけで精子が出るようになる。
豚に真珠を与えることなかれ、まるで下腹部から湧き上がってくるようにムラムラとくるのだ。
しかし、哲学を知らないで「豚肉」を食べると、「魂が抜けた」後に女を捨てるようになるだろう。
冷たくしないで Eriko with crunch

ルクレティウスは「恋人たちのボートを多く集めた都市が戦争に勝つ」ということを確立した人物だ。
ホメーロスを読んでも、プルタークを読んでも「どれだけ多くの船(ボート)を集めたか?」戦争の勝敗を決めている。
モーニング娘。 ザピース

男が女を愛する気持ちを利用するのが経済であるとするのならば、カップルが乗った「ボート」を集めることは資金力を意味し、古典ではシップ(船)とされているものが、実際は「ボート」であることが分かる。
エピクロスは、娘のクラリスがトロヤに誘拐されたアテネのアポロンが、どれほど「恋愛」を理解し、アテネを「カップルの観光スポット」にすることによって戦いを有利に進めるかが大事だった。
あるいは、「新しい恋ばなを見つけたよ」として、アテネの海をボートで満たすのがアポロンの仕事であったし、
いずれにせよ、船とは「お金」という意味であった。
トロヤのアガメムノンも、トロヤの海を船で満たそうとしている。
酒井法子 もうすぐの予感

ソクラテスは「ABC」の順番を確立した人物であるが、船のことは船乗りに聞けとして、「知らないことを知らないとなす、これすなわち知るなり」としている。
つまり、「船」(お金)を生み出す、恋ばなを知る学問が哲学であるとしたのだ。
空母というのは、航空機を搭載できるが、ようするに「恋人たち」が現場を見に来るのが戦争であり、「爆撃」などというものは本来想定されていない。
「パワースポット」にいかに「恋人たち」を集めるかが問われるのだ。
私は多くの「船」(お金)を私の自宅周辺に集めることに成功している。
ジコチューでいこう 乃木坂46

自分の家や街に女の子たちが集まったり、パワースポットとみなすことを、「アガメムノンやアポロンが船を集めた」と表現したのであり、それはそのまま「資金力」と見なされた。
選挙に出ようとする若者が、自分の街を「観光の名所にしよう」と演説することから普通に学習していることが「資金力は挑戦者の資格」という意味であり、また、「恋ばなをどれだけ多く見つけるか」「女の子たちの憧れの土地にするか」がそのまま政治家の勝負の明暗を分けたのだ。
ジャーバージャ AKB48

政治の世界は常に「政治資金収支報告書」と対話している。
敵対的な船か、味方の船かは自分で判断するしかない。

"MAX"
マックスで知られているのは、ウェーバーとシェラーであろう。
ウェーバーは「戦う民主主義」を考えて、人間の半数は女性であるとし、女性たちの支持が、"MAX"を生み出すと考えた人物だ。
一方、シェラーは、それをより深める形で、「現象学」という「女性たちを美しくする学問」を構築し、歯医者や美容院などを作るに至った。
男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい、というのが形而上学の結論であったが、現象学は「女の美しさ」を探求したのだ。
それらの資金がなければ、"MAX"は生まれないし、解説者すらため息をつく資金力だった。
大谷翔平 165キロ

シェラーは、"MAX"を生み出す上で、「女の問題」もカトリックの立場に立つことで、男が努力を積み上げる土台を提供したし、処女の女たちに囲まれることで、球速はどんどん増して行った。
「現象学」と「カトリック」がうまく混ざり合うことから"MAX"は生まれていたのであり、若さがなせる技でもあった。
フッサールは、この"MAX"という記録が「短命である」ことも理解していたが、歯医者・美容院・美容整形外科の資金力と、カトリック女が生み出した「方法論」は、いろんな意味で参考になる。
女遊びをやっている普通の解説者は「なぜ165キロなのか?」と首をかしげた。
"MAX"を生み出すためには「価値個人主義」というものも必要だった。
高校時代に「女」があまりにも遠かったという記憶が必要だったのだ。
それでいて、情報源を間違ってはならないほどのお金が必要だった。
カントは「女心をお金に変える」という方法を取っていたが、現象学は「女たちを美しくすることをお金に変える」という立場を取っていた。
日本でまだカントが知られていない時期に「現象学」が先行した。
「美しい処女たちがあまりにも遠い」
これが球速を高める方法であったし、より速くより速くとは反復練習以外になかった。
疲れ果てても、自分が安心して暮らせるだけの環境はあったし、お金もあった。
「美しい処女たち」が遠ければいいのだ。
「女心をお金に変える」というカントの立場は、なかなか息子には分かってもらえない仕事だ。
しかし、歯医者・美容院・美容整形外科ならば理解は簡単だろう。
そのようにして、現象学とカトリックは結びついて"MAX"を生み出したのだ。
「速さ」は必ずしも愛されるとは限らない。憎まれることもあるのだ。
しかし、その「憎しみ」も、アイスクリームをおごってやる金があれば解消できた。
「速すぎる」「金をくれないのならば追い出すからな」
周囲はそう思っていた。
その資金の出所は、カントではなく現象学だったのだ。
翔平は自分の球速のためだけに、父親に金をせびった。
サラリーマンには出せないお金は、歯医者・美容院・美容整形外科医にしかなかった。
父親が金を出したのならば、自分が何をすればいいのかが分かった。
「速さは愛されることもあれば憎まれることもある」
憎しみはお金で解決するしかない。
「速さ」に女たちが熱狂しても、決して手は出さないほうがいいことも分かっていた。
しかし、美しいカトリック女には恵まれていた。
人間は「集団生活」を送る生き物だ。
その中で「速さ」を磨くためには、現象学とカトリックが必要だったのだ。
理論だけではどうにもならない「速さ」

「速さ」は集団生活を乱す。
周囲は「ふざけるな!向こうでやれ!」というだけだ。
親が「速さ」の意味を理解していなければならないし、お金をくれなければならない。
しかし、現象学の立場に立ったシェラーと、カントの立場に立ったウェーバーの違いが親にはあった。
「速い」
それだけで、モテるために、高校や大学の頃から「お金が必要」な連中はいたのだ。
親が、歯医者・美容院・美容整形外科をやっていたら、「美しい女」はたくさん生まれるだろう。
しかも、「速さ」を身につけると、女たちが「奪い合い」をやるだろう。
そのために、"MAX"というものは、「短命」なものであり、決して永続するものではないのだ。
ウェーバーも、同じく「速さ」を探求した人物であるが、「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」という著作にあるように、男たちは自分たちを正当化する存在であるし、芸能界の女とうまく話す哲学者がお父さんでなければお金はもらえないだろうと考えたのだ。
シェラーのような「現象学」というシンプルなものではなかった。
「お父さんがモテるのならば、俺も女の子と話したいよ」
息子はそう思った。
そこで、父は「息子を罰した」のだ。
ニーチェは「神は死んだ」と言って父に「祈り」を求めた。
シェラーが求めた「速さ」はあくまでもスポーツの世界の話であったが、ウェーバーは、「偶像崇拝容認」という形で、「学問の世界における速さ」を息子にもたらしたのだ。
なにしろ、偶像崇拝をすると確実に視力は悪くなるのだ。
美女と話ができても、恋愛をする自由はなかった。
学問の世界における「速さ」を求めるのであれば、奥さんは美女であってはならない。
しかし、シェラーが求めた「速さ」よりも、学問の世界における「速さ」の方がよほど危険なものであることをウェーバーは証明した。
「話をした女がいまだに多くの男たちから愛されていた」
これが富の源泉であり、「女たちの向こうに神はいる」としたカントに対して、「アイドルたちが"神"と呼ぶ男は作れるんだ」としたのが新カント派だった。
ウェーバーの考えは知的な"MAX"を求めていたが、「執筆活動」さえしていれば、周囲に金をばら撒かなくてもいいという特徴があった。
「伝統的支配」とは、父親が「土地」を息子に残すことを意味したが、息子はその「土地」で、自由に研究生活を送り、「カリスマ」と呼ばれた(カリスマ的支配)。
しかし、カール・シュミットはなぜ、ウェーバーが"MAX"を探求したのか、それは、シェラーの「球速」に衝撃を受けたからであることを理解していなかった。
カール・シュミットは「カリスマ」のこめつきバッタに過ぎなかった。
「お前の日本語は、英語の匂いがプンプンするんだ」
これがパワーポリティクスであった。
しかし、アメリカ合衆国も、日本シリーズを経験したことがある横浜DeNAベイスターズとワールドシリーズを制覇したことがあるロサンゼルス・ドジャースに衝撃を隠さず、「もはやわが国の永遠の戦い(永劫回帰)」として、最先端哲学は今どこにあるのかを探求している状態である。

"MAX"というと他にはシュタイナーが挙げられる。
シュタイナーは、「女手ひとつで育てられた男」として、母の文化にかぶれ、「芸能界最速デビュー法」を考えた。
つまり、娘が「母一人子一人」の状態が最も芸能界に近いとしたのだ。
のん

芸能界に入りたい!娘が言うといくつかの障害物が存在する。
周囲がその女の「エネルギーを奪い取ってズタボロにする」のだ。
悪口もあればセックスもある。
セックスしてのちのビッグマネーと関与する男がいるのだ。
みんなが「真実の前には奴隷」だった。
このことが「真剣勝負」の起源となっている。
「男社会の真実が知りたい」
これは、どの女の子も憧れる「芸能界」がなければ生まれない発想だった。
カトリックからプロテスタントに「主導権」が移ったとすれば、背景には「芸能界」があり、どの女の子も憧れる世界があったからである。
「男社会の真実が知りたい」
芸能界入りを反対された女の子は、そのような動機から男社会に入っていった。
カトリックの主婦は「そういう生き方もあると思うんですけどね」と言って家庭に入っていった。
家庭に入ることができるかどうかは「そもそも男社会への憧れがない」かどうかであった。
芸能界では「わらってわらって」などと意味のないことを言っていたが、現実はもっと根が深く、「女の子たちが男社会への憧れを抱く」ところにあった。
「六法全書」だの「訴訟」だのいう男はあんがいモテたのだ。
「人間革命」なんてものは「男社会の物語」であっただろう。
「所属が必要だ」と考えた芸能人女は、所属をでっち上げてセックスパートナーと仕事を探していた。
「もっとも障害物が少ない方法」
それは、スカウトマンそのものがセックスパートナーとなり、所属プロダクションをでっち上げて、一緒に仕事をすることだった。
酒井法子 ミーハー

1960年代から1970年代にかけて「シュタイナーの再発見」がサルトルやドゥルーズ
によって行われた。
なぜなら、芸能人女を喰うことによって「男も芸能人になれる」ことが分かったからだ。
「無政府状態」
このような現状が芸能界には付きまとった。
押尾学

ペンキ屋による電磁波攻撃は私も現在、研究中なのですが、「ボー」「ウァンウァン」という音がペンキ屋の方向から聞こえてくるのです。
これは、「塗料」つまり「シンナー」に男の子が病みつきになって成長を止めないように、合法的にペンキ屋が近隣住民に電磁波を撒き散らしているらしいのです。
電磁波によって「シンナーをはがす」とも表現され、あくまでも「男の子の成長」が目的であり、女性たちには「耳鳴り」としか聞こえないかもしれません。
この、「ペンキ屋による電磁波」は、男の子が思考力を下げない、つまり、「目の焦点が常に合うようにする」ためのものであり、男の子によっては「読むこと書くことそのものに中毒になってしまう」とも言われます。
右目から左目まで電磁波を流しているだけだとも指摘されている。
学習というものは当然、いろんな法則を覚えていく作業であり、上達がともなうものだ。
そのため、一定程度、上達したら、「シンナー中毒による読み書き学習法」からは離れるべきではないかとも言われる。
これらの「電磁波とペンキ屋」の関係が明確に定まるようになったのは1868年、つまり、明治維新のときだ。
グスタフマグヌス研究所がこれらの「シンナー」の研究をしなければ、人々は自由に自宅を塗装することもできなかった。
哲学の世界は「失敗から学ぼう」などとは考えていない。
常に「成功から学ぶ」という姿勢を貫いているのだ。
アクィナス(ドクターノオ)の隣の家がペンキ屋だったことや、ペンキ屋の車庫に面した父親の書斎で、わずか三ヶ月の学習で大検に受かったことなどを「なぜだろう?」と後追い的に研究しているのだ。
シンナー中毒になって、体温が上がっても、電磁波によって「目の焦点を合わせる」ことによって「エネルギー保存の法則」が働いたために参考書が読めたのだろうとも言われている。
ベルリン学派は「どんな分厚い参考書も、パチンコをやる感覚だっただろうね」と指摘している。
書斎にはタバコの匂いとシンナーの匂いが程よくブレンドされた「いい匂い」があったし、それにともなう興奮は、電磁波が「目の焦点を定める」役割を果たしていたのだ。

知識には二種類ある。
「ノウハウ」と「ノウザット」である。
自転車に乗れるようになったというのは「ノウハウ」であり、2004年にレッドソックスがワールドシリーズを制覇したというのは「ノウザット」である。
ノウハウは「テクネー」と呼ばれ、上達をともなうものとされたが、ノウザットは「エピステーメー」と呼ばれ、ノウハウの膨大な蓄積からもたらされるものだ。
アクィナスが何かを成し遂げるたびに、スコトゥスが「エピステーメー」(結果)だけ欲しがって、「テクネー」(ノウハウ)をまったく知ろうとしないことを知った。
Madonna I Know it

エピステーメーを証明するたびに、周囲は「俺でもできる」と言っていたが、テクネーの蓄積がエピステーメーを生み出していたため、テクネーとは「仲間を作り、物事を治めながら積み上げていくものだ」ということを周囲はまるで理解していないようだった。
いずれにせよ「自転車に乗れるようになった」「英語が読めるようになった」というテクネーがワールドシリーズ制覇と言うようなエピステーメーにつながるのだ。
アリストテレスは「テクネーを学習するのはお金との相談だね」と語った。
エピステーメーとテクネーは「トップダウン」「ボトムアップ」の関係にあった。
「ノーベル賞を取った」「ワールドシリーズに勝った」などのエピステーメーの背景に膨大な「テクネー」が存在することを理解していないのならば、そもそも「エピステーメー」という「結果」は生まれないのだ。
「テクネー」が見えないのであれば、「ボルトにも勝てる」などと言い出すだろう。
どの業界の「テクネー」も知らないからである。
ボルト 世界新記録

スーパータイガージムに入門しても、みんな雑談しているだけだ。
トレーニングをしようとしたらいじめられる。
そのためには、いろんなものをおごったり、よく話し合ったりしなければならない。
テクネーとはそのようなものの積み重ねであり、エピステーメーは結果だけドンと示されるだけだ。
朝鮮人が「知ってました」とエピステーメーに対して言うのは、ずいぶん勝手だと思うが、英語ではI Knewというのは「不思議ではないね」という意味である。
朝鮮人も独特の訛りがあるのだろう。
親が「知性」を愛さないのならば、どの世界のテクネーも学ぶことはできず、エピステーメーなどもたらされるはずはない。
あるいは、「おばあさんが死んだらすべてのいじめネットワークが動き出す」とも言われる。
藤井聡太 おばあさん

すべてのプロフェッショナルは「知的」な仕事である。
しかし、親が「知性」を否定するのならば、「テクネー」は身につかず、エピステーメーだけを見るようになるだろう。
つまりは「癲癇」になるというわけだろう。

« 横浜DeNAベイスターズ2018年回顧録。 | トップページ | 男は女のどこを見ているであろうか。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育。:

« 横浜DeNAベイスターズ2018年回顧録。 | トップページ | 男は女のどこを見ているであろうか。 »