最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ゼブラ~アメリカ版創価学会。 | トップページ | 横浜DeNAベイスターズ2018年回顧録。 »

2018年9月21日 (金)

障害。

見えない、歩けない、聞こえないという三つに障害というものは区別される。
この障害は人生を困難なものにし、「知ること」が制限される。
見えない、歩けない、聞こえないという三つの障害は所得を引き下げたり、思考力を下げるため、問題になったのは産業革命以降である。
みんなが農業をやっていた時代には問題にはならなかったのだ。
お金がないということそのものが差別の対象になったからだと思われる。
話せない、糖尿病、自閉症、うつ病、HIVなども「見えない、歩けない、聞こえない」と簡単に説明することは可能である。
「思考力を下げる」ということが女の子を周囲から遠ざけるであろうか?
人間の「繁栄」とは周囲に女の子たちがいてこそ成り立つものだ。
思考力が下がったことは、お金に影響を与えるため、服装でも判断がつく。
見えない、歩けない、聞こえないという障害は社会が生み出すものだ。
国連はこの三つの障害を「マイノリティグループ」としている。
見えない、歩けない、聞こえないの三つだけは「医者にもどうするこのもできないもの」であり、それ以外ならばどうにでもなるものなのだ。
このマイノリティの人たちをどのように扱うかは文学作品などに頼る部分が大きい。
社会活動が制約されるという問題は「人間誰しもがいつかは経験する問題」である。
見えない、歩けない、聞こえない人たちは権力闘争から生まれており、徳川家康自身が晩年に「見ざる、言わざる、聞かざる」という三猿であると語られている。
人々は「私たちが応援しなければこんなことにはならなかったのに」と三猿を眺めていた。
もはや「かつての憧れ」に「あの時なにがあったの?」と話を聞くこともできない。
それがテレビであり権力闘争であった。
見えない、歩けない、聞こえない障害者はかつてのみんなの憧れであった。
仲間を作る必要があるし、「障害である」ことそのものが政府と結びついていることを意味する。
政府に伝えたいことがあるのであれば三猿(徳川家康)に言うのが一番手っ取り早いのではないであろうか?
障害を持つということは、仲間が多く、政府に近いという意味である。
そのあたりは社会の側も冷静に見極めなければならないだろう。

障害の研究とは「ライオンの研究である」とも言われた。
セックス崇拝が根強く、女たちは「ライオン(障害者)に抱かれれば物事が治る」というセックスボランティアというものを知っていたのだ。
あの男とセックスしたとなると人生のトータルでは割に合う、と考える女たちがセックスボランティアというものを行なっていた。
「弱った男を狙っていいのか?」という観点が女たちの間で指摘される問題だった。
女たちの方こそがボランティアと言いながらお金目当てなのではないか?とも言われたのだ。
全人類平等の立場から「障害者はほっときな」と女たちがいうほど、障害者とのセックスは女たちの間では「反則」とみなされたのだ。
いくら、徳川家康であっても、三猿になってしまえば、女たちは遠ざかる。
それが「社会とのバリアー」というものだった。
徳川家康(三猿)は、女たちにお金を再分配することは可能なのだろうか?
47.4%の女が「人生で貧困を経験したことがある」とし、障害者とのセックスを「割に合うもの」と考えていた。
承認欲求とお金の問題が貧困を経験した女たちにあったのだ。
宗教セクトとしてはマイノリティに落ちることをも意味した。
しかし、このような女たち(セックスボランティア)は明らかに、徳川家康(三猿)に「お見舞い金」を支払っていたのだ。
「マイノリティ宗教の問題」とは、障害を持った徳川家康とのセックスから生まれていた。
女たちがメジャーな宗教に属しているのに対して、「反則」とみなされるのがセックスボランティアだったからだ。
「勃たないのが問題」と割り切る女たちもいた。

産業革命以降、クラシック音楽のコンサートホールを作ってからこの「女たちの問題」「マイノリティ宗教」は生じていた。
コンサート会場で熱狂した代償とも言える問題だったのだ。
美術館よりもコンサートの方が面白いと女たちが考えた時に向き合わなければならない問題となった。
ハリケーンカトリーナのようにコンサートのセトリは公表されたが、確実に「マイノリティ宗教」は生まれた。
誰が入りたいか分からない宗教というものは必ず「広告塔とのセックス」がまとわりついていた。
コンサートの映像を多用した神社の側も「マイノリティ宗教の寄せ集め」という側面は否定できない。
より「精度の高い評論」をコンサートの映像に加える力量が異なったのだ。
本来、ワンステージでマイノリティに落ちる女たちをメジャー化する営みが神社にはあった。
マイノリティ宗教は、いずれにせよ「セックスボランティア」が生み出していたし、学問に殉じなければ天皇といえどもメジャー宗教の総攬者にはなれないのだ。
社会の「高さ」が東京にはある。
マイノリティ宗教が生まれる理由は社会の貧困によるものであるし、ワンステージで障害者が生まれるようになった資本主義社会が1990年代以降、冷戦に打ち勝ってからそれはますますひどくなっている。
どうしても「円高」に誘導するためにはアイドルの映像は必要だった。
我々は「五体満足」ならば、マイノリティ宗教に属する理由はなかったのだ。
しかし、父親のいる息子として「繁栄するとはどういうことか?」を示さなければならなかった。
庶民は五体満足を楽しまなければならないし、ワンステージで障害者になってしまう人たちの現状を理解し、貧困をなくすことからマイノリティ宗教と向き合っていかなければならない。
「いい暮らし」をしているのであれば、どの神社に参拝しようが自由であるはずだ。
コンサートホールとセックスボランティアから距離を置くだけで差別される対象ではなくなるということは指摘しておきたい。

男の障害者がマイノリティ宗教の起源なのであり、女の障害者の心が「大きすぎる」ことには何ら変わりはなかった。
この半世紀で「難攻不落の女の障害者」のお陰で哲学はむしろ磨かれたと言っていい。
女の障害者の「大きすぎる心」に思考力の下がった男の障害者が向き合うと、女の側は「どうやって幸せになったらいいのかわからない」と泣いた。
女の障害者の心を深く掘ってみようと考えたのが20世紀後半の哲学の世界だった。
いじめられた経験を話したくないことが三猿になった理由だったことや、「知ること」が好きなことしか学習しないというあたりが、女の障害者を哲学の世界が狙った理由だと思われる。
文学やシネマの世界が「障害者とは何か?」を女の障害者から学んでおり、その「心の風景」はもはや不可知論ではなく可知論(知ることができるもの)になったのだ。
女の障害者がいなければ、人の心をここまで深く掘ることはできなかったであろうし、下ネタに顔を赤らめるような女ではとてもではないが哲学は発展しなかった。
マリオン・ヤングは「女性特有のボールの投げ方」ひとつとってみても、女は男よりも弱く、好きなことにしか興味を持たないことから、自ずと「売れる文章や映画とは何かが分かるはずだ」としている。
男の障害者へのセックスボランティアがマイノリティ宗教を志向したものであるとするならば、女の障害者の存在はメジャー宗教が相手にしたものだ。
女の障害者は、「もはやセックスで感じない」ことから、「言葉」を重視していた。
服装やスニーカーなどにこだわる街の女よりも哲学者は好んで病院に足を運んでいた。
南田洋子の「赤いよ、赤いよ」という言葉もしばらく研究したが「男の盲目さ」を「赤い」と呼んでいたことも明らかになっている。
しかし、一般市民は「たとえ女であっても障害者である」として哲学や金融の探求をバリアーを作ることで封じてしまった。
挙動不審の美しい女こそが金融の研究の入り口であるということを東大生から没収してしまったのだ。
そのため、障害者の女たちは「金のなる木」であることを自分でも知らないまま、障害者同士で群れていた。
女同士では自分たちの心を深く掘ることはできない。
そこに日本の銀行マンの限界もあった。
どんな悪口を女たちが言おうが、「男って大事だよね」と女の障害者が考えたのも事実だ。
彼女たちにインクルージョン(仲間として受け入れられた)された男は金融を覚えたし、「障害者の女とは関わりたくない」と考えるのであれば、セックスボランティアを相手にしていればいい。
セックス崇拝がある以上、神社は別格としても、重複する形でマイノリティ宗教が存在するのは当然だった。

本来、分からない(不可知論)という立場に立っていた女の障害者の心に「版権」を求めたのがミシェル・フーコーであった。
「なんだ、普通だな」という感想を若い学生さんに求めるのは不可能に近い。
AKB48のメンバーとファンの関係とはそのようなものだった。
ステージの上で興奮して、障害者になった女にとってもはやセックスは楽しめるものではなかった。
障害者の男も「セックスは楽しくない」と思うことがある。
彼ら彼女らはもはや人気にしか興味がなく、人気を維持できる「先生」を必要としていたのだ。
セックスに興味のない女は1割程度だとされているが、それでもそんなに大勢の「有名人女性」はいるのだ。
「感情的になりすぎる」ということを障害者は男女を問わず言われ続けてきたが、それは「扱い方」の問題なのだ。
哲学を知らないととてもではないが、最後の感想として「感情的すぎる」と言って肩をすくめる以外に出来ることはない。
ましてや、本来、才能に満ちていた障害者を「感情的でなくする」サラリーマンがいるのならばむしろかなり洗練された存在であろう。
「レーサーは孤独だ」と言われるが、学がなく、感情的で、一般人女性も寄り付かないという意味で語られているものである。
お金がなければ男の仲間もできないとされる。
寄ってくるのは風俗嬢だけだろう。
レーサーに限らず、プロスポーツ選手は皆、そんな感じだと思われる。
認めてもらいながら生きるのが難しい職業は確実にある。
「お金とは何か?」をとことんまで追求するからこそ週末の話題が独占できるのであり、それ以外の日常生活を送るのは極めて難しい。
哲学者の多数派工作には手も足も出ないのが、レーサーなどのスポーツ選手であった。
メジャーな宗教団体は「女性中心主義」にならざるを得ない。
1980年代に子供達が噂した「バイオテクノロジー」の正体は「障害者の女を相手にする」という意味であった。
21世紀までバイオテクノロジーの研究は続いたのだ。

バイオテクノロジーにおいては、研究対象となる女性障害者への差別が行われていたため、アメリカ障害者法(ADA)が作られている。
このことによってメジャー宗教が生まれる基盤はできたのだ。
希少資源としての女性障害者は「ステージに上がったことがある」「テレビに出たことがある」などの経験を持っていたため、プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神というマックス・ウェーバーの著作は、金融工学や哲学をより深めようという意味を持った。
しかし、人々の健康や寿命のことを考えると、障害者の比率は確実に低い水準に抑え込まなければならない。
そのために「300人委員会」などと言われるような「現役で芸能活動ができる人は300人」と語られるような比率が作られたのだ。
脇でも12年、仕手ならば30年は医療のお世話にならなければならないとも言われ、WHOのこのような政策に世界銀行が金融工学や哲学の立場から介入することにした。
基準病床数さえ決めれば、自ずと300人という数字は定まった。
脇になるか仕手になるかは「主婦層の支持の違いだった」とも言われ、お金を払わなければテレビに出れない世界でも、案外、実力主義の側面が見られる。
脇にとどまるか仕手になるかは、ネームバリューの問題ではあるが、仕手になるほどブレイクしたらかなり重たい宿題が金融工学や哲学の世界に残されることになる。
仕手の生活ぶりは極めて貧しく、名前を知らない人はいないという仕手と、誰が誰だか分からないという脇はその後の人生を考えるとどちらが幸せなのかは分からない。
いずれにせよ金融工学や哲学の世界にすんなり入るのであれば病状の軽い脇から入った方が簡単であり、かなりオタク的な芸能界への敏感さが求められる。
300人委員会の隅っこにいた脇に興味が持てないのであれば、なかなか金融工学や哲学の腕が向上しないとも言われる。
精神科医に求められるのは、芸能界(300人委員会)において目立たない存在であった脇にどれほど愛着が持てるかであり、「あれほど頑張ったのに」と女性障害者に言わせないだけのテレビへの敏感さであるとも言われる。

仕手にとっては、仲間づくりとは「自分のファンが行うこと」であり、それが機能しないことに不満が残るのである。
「他人を刺したくなる」などという仕手の発言は「ファンへの不満」が込められている。
なぜ、命を授かったのか?がもはや仕手には分からなくなっているほどの重症なのだ。
猿の群れのボスほどいちばん攻撃的だ。
取り巻きが機能しなくなると他のボスと殺し合いになる。
猿の群れのボスはそれほど「思考力が下がっている」のである。
思考力が下がった猿の群れのボスにとって「仲間づくりとは周囲がやるものだ」という思いがある。
自分はワンステージこなしたらもう「動けない」のである。
幼児体験から「群れのボス」だったとしか言いようのないとなのだ。
神輿として担がれることに慣れており、「おんぼろ神輿」「軽い方がいい」などと言われても周囲が多数派工作をやってくれる。
そこには「尊敬されること」があり「お金」があり「誰にも邪魔されない」ことがある。
しかし、周囲の多数派工作の動向に左右されやすく、アンチに「捉えられる」こともあれば、自分の取り巻きが解消に向かうこともある。
この時に、社会の序列から自分の位置も変わってしまう。
キュレーター(評論家)の腕次第なんだろうが、それに恵まれないと「今までの繁栄はなんだったのか?」と思うようになる。
ファンの仲間づくりは人気のあるものだ。
自分も仲間が多いと考えてきたのだ。
その状態を維持するためにはお金が必要だ。
その時に、今まで自分の取り巻きだったものの一部の人が役に立ったりするものなのだ。
仲間づくりは周囲も楽しんでいた。
しかし、ワンステージで障害を負ってしまう以上、基盤となるパフォーマンスはもはやできないと悟ることがある。
キャリアを積んだら、女たちが知りたがったのは「恋話」だった。

芸能界は「猿山」を研究しなければ分からないほど動物的なものだった。
ボス猿は「可能性を示した」ことは事実であるが「もう一度やれ」と言われても無理な現状がある。
この時に「障害者」というものが残されるのだ。
しかし、「かつての取り巻きの輪」は案外、根強いものなのではないか?とも指摘された。
「可能性を示す」ということは意外と重要なことだったのだ。
街の明かりのひとつひとつが自分のことを知っている、この経験には人々がまるで親戚のように思えた。
最後に気がついたのが「我々は人間だった」ということだった。
ブログで自分の思っていることを「書く」ということはかつてはなかったことである。
しかし、そのニーズは蓋を開けてみれば相当高かったことも明らかになっている。




芸能界の黒歴史は、ナチスの強制収容所や、アメリカのタスキギー事件とともに始まった。
ナチスは芸能界から生まれた障害者を「心の弱い者」と位置づけ、強制収容所に送った。
それは今の日本の「相模原の障害者施設」となんら変わりはない。
また、タスキギー事件においては、黒人芸能人の梅毒を「有名だからむかっ腹が立つ」として40年間、医者が放置している。
SPEED Anoter Sweet Field

この「黒歴史」を前向きに変えていこうと考えたのが「バイオテクノロジー」であった。
1990年代までは「閉鎖病棟送り」「監禁」などが主流だったので、「お金に変えよう」という発想は生まれなかった。
しかし、ドクターノオが「哲学を錯乱女に語った」ところ、「女の心は案外根が深い」ことが明らかになり、芸能人女(障害者)を不可知論ではなく「可知論」として向き合っていこうと決めた。
判例はそれに先行する形ですでに「障害者でも可知論に基づく」という立場を明らかにしていた。
しかし、判例は「殴ってもへらへら笑っていて、倒れても狸寝入りをしていた」という事実認定を公表するなど、はたして本当に人道的観点から可知論を採用していたかは明らかではない。
バイオテクノロジーは、1993年にアメリカフェミニズムが始めたことであるとされている。
また、1996年には世界会議が開かれている。
2007年にはジャーナルが発行されている。
しかし、アメリカには「芸能人」(障害者女)を相手にすることで作られたメジャー宗教が存在せず、おそらく、2010年代にドクターノオが「障害者女」を相手にしたほうがより困難な学習が可能であることを明らかにし、スポーツビジネスに活用し始めたことから、スタンフォード大学が「もはやバイオテクノロジーにしか頭にない」状態になり、世界ランキング二位という「巨大宗教」を構築するに至ったものと思われる。
東京ほど芸能界が華々しい街はなかったし、そこで活動する者が同じ病院にいるということも、アメリカどころか「世界に例がない」ものだったのだ。
ドクターノオは常にその世界に寄り添う形となった。
芸能人は「テレビが大好きで、一日中テレビを見ている」「テレビに詳しいことが序列を作る」ことから、それらの世界とは距離を置いた「学者」「医者」が魅力的に映ったのだろう。
バイオテクノロジーが発展すると、ドクターノオの読者の「障害者の家族」が、障害者女(芸能人)の奥深さを「発見」したため、根強い支持を誇ったし、障害者が「家庭内で大事にされる」ようになったとされている。
障害者女は本来、カントも想定していない研究対象であったし、それでいて、妻なり娘なり彼女なりが「愛せる存在だった」ことに気がついたために、看護師や家族が「優しくなった」と芸能人女性が報告した。
つまりは、スタンフォード大学も「東京を見ながらメジャーリーグを見る」ということをドクターノオから学習したのだ。
ロサンゼルスドジャースは昨年、そのためにワールドシリーズを制覇している。
すべての哲学はバイオテクノロジーだったということに気がついたし、「哲学の先生みたいな話し方」は、少し癖があるだけで魅力的だった。
ハートをロック 松田聖子

芸能界は、特に女の場合は、異常なまでの「いじめ」が存在したために障害者女の言葉は「探求してみると良く練れている」ものであった。
まるで、いじめで一本のラインに言葉が集約されているかのようであった。
そのために、最高裁は「不可知論の放棄」を行ったのだ。
日本の医者もすでに「不可知論から可知論へ」と移行している。
ひどいいじめから「おことば」を練り上げたのはドクターノオ自身がそうだったのだ。
「話す言葉が常に詩だった」というのは「ローマの休日」の男性俳優のコンセプトでもあった。
障害者の男たちにも「金とセックス」をばら撒いたので、病院での人望は厚かった。
1993年にジョン・トロントが「政治家もバイオテクノロジーを知らないといけない」ということを明確にした。
「西洋の芸能界から、東洋の人身売買まがいの世界へ」
これをバイオテクノロジーは選択したのだ。
日本国では、横浜DeNAベイスターズがその実験場となったが、アメリカではもっとメジャーなスポーツに活用されていた。
しかし、東京がなければ、全米が夢が見れないという構図も存在した。
中華人民共和国は「2029年にGDPでアメリカを抜く」という予測があったが、今は「2020年代に国が凋落する」という予測に変った。
アメリカの民主主義は「女性たちへの選挙権」を保障していたが、中華人民共和国にはこれがなかった。
日本にもプロスポーツがあったことと、女性たちの参政権があったことが、日米の連携と中国の凋落につながったものと考えられている。
「21世紀」というものへの「思考の切り替え」が日本国はずば抜けて速かった。
巨大掲示板もあったし、自分を「全国区」にさらけ出す場所にも恵まれた。
それでいて、文化の多様性もあった。
分権化が進んでいて、あらゆる世界にあらゆる人材がいた。
それでいて、ドクターノオの「心の風景」にみんなが共感した。
パワハラが問題になったが、実際はドクターノオの信者による「クーデター」が続出したのが真相だった。
21世紀への思考の切り替えが各業界で進んだのだ。
ribbon Wish

2008年に、ユネスコが「バイオテクノロジーを過去に実践した人がいるのか?」を問題にし、世界遺産の認定を行った。
実践した人は「いなかった」しかし、ドクターノオを「孤立させてはならない」という発想から世界遺産の認定を始めたのだ。


【つづく】

« ゼブラ~アメリカ版創価学会。 | トップページ | 横浜DeNAベイスターズ2018年回顧録。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 障害。:

« ゼブラ~アメリカ版創価学会。 | トップページ | 横浜DeNAベイスターズ2018年回顧録。 »