最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« キリスト教の資金源。 | トップページ | 障害。 »

2018年9月 7日 (金)

ゼブラ~アメリカ版創価学会。

女性にとって「胸」とは「私とは何か?」という問題である。
「彼は私の胸の前には女のよう、しかし、男は私の胸の絶対、胸の前にはみんな赤子のよう」
女性には胸があるから、男とは明確に区別される。
しかも、男に従属する存在となった。
人間は白い方がいいとされたのも、女の胸によるものであり、白人優位の世界が出来上がった。
「男が女を愛する気持ちを利用するのが経済」だとすると、「胸を愛する」のは強烈な意味を持つことになる。
いきなり揉むのは過失である。
しっかりと、練りに練らなければ許されないことだ。
女は「自分の人気」を守るために、いきなり胸を揉ませることはしなかった。
妻が誰にでも胸を揉ませることは家族の斜陽を意味した。友情や愛すら壊れかねない。
女性も、巨乳ならいろんな世界を見ることができる。
白人で、若く、中年で、中産階級の連中は「胸」があれば相手にできる。
札束ビンタするだけのお金がない男たちには「瞳」ではなく「胸」を使って仕事をした。
独身のうちは、女は「その胸の扉」を大事にしたのだ。
CoCo その胸の扉

近代の「男」は資本論によって作られたが、女性は、胸を見せると「女」になるとも言われた。
「女性」「女」の違いを「胸を見せたかどうか」で区別しようという発想だ。
結婚している女は「女性」と呼ばれた。
苗字を変えるという意味は「女性になる」ということでもあった。
女は結婚してようやく「女性」として「痴話喧嘩」ができるようになる。
妊娠した女は、どんなに階級が高くても、医者に胸を揉まれる宿命にあった。
それは家族を作るためであったため、なんら過失はなかった。
長期的な人生計画を女に作らせ、男性優位の社会で生きていくことを女に教えるのだ。
産婦人科には警察権などなかった。
出産の前には「誰も力を失わない」ことが分かったのだ。
母と子供の宝石とも言われた。
すべての願いが「胸を揉まれる」ことで叶うと思った。
妻が「胸を犠牲にしたのなら」と思い、男も人生と真面目に向き合うことにした。
真っ赤な嘘

私とは何か?が女性にとっての「胸」であるとするならば、出産した女性は「多くの男たち」が「私」に介入したことを意味する。
国親思想(パレンスパトリエ)の観点からも、国は未成年者の親であるとされ、「多くの男たち」とは「国である」と位置づけられている。
天気予報というものは「国の教え」であるが、未成年の子供は「国が送り出すもの」であり、子供を産んだ主婦は天気予報に詳しい。
子供を産んだ主婦は「私」に「国」が関わっている。

哲学は永遠であるが、宗教は永遠ではない。
哲学は「男にとって譲れないものを女たちを用いて真理を導き出すもの」であるが、宗教は端的に「いじめ」を「絶対になくならないもの」として含めていったのだ。
しかし、ドクターノオが東大に入った時は「いじめがなくなった」とされるし、日本シリーズに勝った選手も年内は「いじめから自由になる」とされる。
哲学を用いて「男にとって譲れないもの(東大入試・日本シリーズ)を女たちを用いて真理に到達する」ものであるとするのであれば、黄色い歓声を浴びながら「目的を達成し」いじめから自由になることがあるのだ。
しかも、一度哲学をマスターすれば「何度でも同じことは起きる」とされる。
ドクターノオの女の取り巻きたちは「そろそろ時間切れね」といって離れていった時期があるが、これも「宗教は永遠ではない」ことを意味した。
満月の夜だから 大阪パフォーマンスドール 歌詞

女たちの取り巻きを失ったら、もはや「高み」には到達できないのが男であり、モーゼが「40日間水(女)を断った」時にそのことは明らかになっている。
女たちは「勝った男は結局、すべてを知っていたんだね」と言って、王の「暴力事件」すら「必要だった」ことを悟った。
アクィナスは「おじ」(ペテロ)、「弟」(スコトゥス)にいじめられ、ファミリーの真実を明らかにした。
また、「父」は「より自分と紛争性の近いもの」として描いていた。
すべてが「女たちが目的で」行われたものだ。
旬ジャンルを描ききった時に、アクィナスは「いじめから自由になった」とされ、宗教は永遠ではないことを知った。
アクィナスは「旬ジャンル」を書いただけではない。
「人間はどうしてもひとつにならないものだ」というベルグソンの論文を読んでため息をついたり、イランからベイルートに600億円流れたと聞いてはペテロやスコトゥスに贈り物をしていた。
つまり「政治の奥義を身につけていた」から旬ジャンルを書くことができたのだ。
「旬ジャンルを女たちはどう思う?」これがキリスト教である。
一の宮ならば当然、自身の「旬ジャンル」は書き記さなければならない。
鬱屈した男の絶対的真理に近づいたのはアクィナスだった

ナイスバディと女に言えるためには、女が「仲間」「いじめの母集団」を持っていなければならない。
女の子というのは非常に協調的で、勉強を好むものだ。
プーラン・デラ・バレは「心に性別はない」とし、女の子の「ナイスバディ」は、協調性と勉強が好きなことから生まれているとしている。
思春期にブクブク太ったのでは、成績の向上はおぼつかないし、孤立感もぬぐえない。
太らないためには協調性が必要だし、みんな「学校は勉強をするところ」と信じている。
部屋でインターネットでいじめられて、孤立感がぬぐえないのであれば男でもブクブク太るだろう。
しかし、男はまだ「旬ジャンルを書こう」という意欲がある。
女は「好きなことしかしない」ために、部屋でいじめられて孤立感がぬぐえないと致命的に太るのだ。
SPEED hiro 私のボディを

仲間内で「怒りをもたない」ためには、よほど成績がいいか、部活動などに所属していろんなものを発散しなければならない。
仲間が多いという「雰囲気」をもっていて「たくさん食べてくれる」男はいい体をしていて、女の子は「男ほど食べられない」と考えているのだ。
国を「親」と考えて、戦争で男が死ぬことを願っている女は痩せている。
女が「右翼的発言」に飛びつく理由はここにある。
「女としてより美しく」あろうと思ったときに政治的立場も固まる。
「社会化」されているかどうかで「女」と「女性」を区別することも可能だ。
哲学(口説き文句)の王国は、男女ともにいい体をしていたいというところからも周囲が受け入れるところとなった。
「いい体」とは「文化的神話」だったのだ。
「女」とは、生まれるものではなく「なるもの」であるとされるのも、協調性や勉強が好きだったりするところからスレンダーな体になるものなのだ。
男ほどたくさん食べられないというところからも、女が「セカンド」とされる理由はある。
食べられないということは「持ち上げられない」という意味であり、口説かれる対象としての女は、協調性と勉強が好きなこと、そして、哲学の王国のメンバーであることから「ナイスバディ」となるニーズがあった。
藤本美貴 大切

法律というものは「レイプと女嫌いから女性を守るもの」という意味合いがある。
最後にフェミニズムが目指したものは、抑圧(ポルノ)の撲滅ではなく法律の制定だった。
女として、女性として生きていてより現実的な目的が見つかったのだ。
「デキる女」としての自分を思い切り汚すものが嫌われた。
一般法である民法であろうが、特別法である商法であろうが、この考えは同じだ。
「女は歯の数が少ない」
この問題と法律が向き合ったのだ。
日本の商法はデラウェア州法を参考にしているので、たとえ女性だろうが「懇切丁寧」な商人の道が模索された。
株主利益最大化を目的とし、クライアントの女性を笑いものにしていいのであろうか?
この観点からステークホルダー論も提唱されている。
ハイエクの「法の支配」もつまりは、「法にしたがえば仲間ができる」というものであった。
男女の関係は宗教に守られていなければならない、セックスしても個性に注目しすぎても、宗教に守られていなければならないとしたのだ。
レベッカ Trouble of Love

「レイプと女嫌いから女を守らなければならない」
ここに照準を合わせたフェミニズムの側も、結局、「女性の団結」を志向した。
「歯の数が少ないことをバカにされてみんなで泣いた」
そんなことすら「法律」になってしまったのだ。
女の団結がなされる以上、CSRと言ったところで、企業のボッタクリは治まらなかった。
「見えないデフォルト」と言われる「みんなで泣く女たちの団結」がなされたのだ。
巻き添えを食ってぼったくられる男もいるだろう。
そのあたりは「女を泣かせて団結させる法律の立て付け」の存在を理解するしかない。
男は女と対等でありながらも異なるものだ。
男は「女とともに泣いてはならない」とも言われる。
刑事罰も検討されるほど男の怒りは強かったが、「みんなで泣く女たちの団結」の存在を指摘しなければならない。
男たちは決して「泣いて団結」などしない。足をへし折られるか、前立腺がんになるかと同じような「巻き添え」を食うだけだ。
女たちが「泣いて団結する」以上、CSRとか「企業の社会的責任」と言っても意味がない。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

現代の契約法は「素人的判断」ではなく「女たちとともに泣くつもりはない」ということを男たちが熟知しているものと考えている。
どうしても渡らなければならない「黒い川」の存在を人々が理解していたのだ。
「泣いて団結する女たち」を基準に契約法を作ることにしたので、「女の失恋ソング」の問題を法律家が熟知していなければ、有効な立論ができないのだ。
「債務不履行」の奥義はここにあった。
個と公の問題でもあり、「女のプライベートを契約社会で持ち出さなければならない」ことになったのだ。
契約社会は「その時代の女の失恋ソングのブレイク」を選択した。
フェミニズムの側が「女の歯の数が少ないことをバカにされている」と主張したが、音楽作品が生み出す富との妥協がなされたのだ。
黒の舟歌

アメリカ側は「小田急デパートのエレベーターガール」と呼んで、この問題が日本国で解消したのならば、日本国の失業率は12%と試算している。
つまり、この「泣いて団結する女たち」の問題を解決するつもりはない、CSRや企業の社会的責任と言っても空しく響くだけだ、とし、
「知っている人だけが知っていればいい」と判断している。
「セックストラブルではないか?」とあきらめ顔の人もいた。
「女というものを熟知している」それが法律家の力量であり、企業のボッタクリに怒ってはならないともいわれる。
「子供を育てる母と団結するつもりはないのか?」とむしろボッタクリを正当化するものもいた。
法律家が顔を青ざめて「真剣勝負」を挑むのはここからだ。
ribbon さよなら

「女たちを美しく描きたい」というフェミニズム第二の波や、「子育てをする女たちと団結するつもりはないのか?」という議論に、日本の法曹界はいまだに暗中模索の状態であるが、実際は「泣いて団結する女とともに泣くつもりはない」という立論しかない。
それが、CSRや企業の社会的責任の問題だった。
「泣いて団結する女」への暴力であるとも法曹界は批判された。
氏神が笑顔で「我々男女は対等ではないか?」と出てくるのをひたすら待つしかない。
つまり、「女の失恋ソングは出尽くした」「もう売れないほど売っただろ」というタイミングを見計らっている段階なのだ。
大野幹代 許して

夢の中で「自分を口説いたことがある」という女性はきれいな女性が多く、「口説かれ上手」な女とは「美人」のことである。
北酒場 細川たかし

口説かれ上手な女性は「女」であり、フェミニストではないだろう。
女はセックスされる対象であると考えるのが「美人」だとするのならば、「抑圧」(ポルノ)の撲滅や、CSRおよび企業の社会的責任と向き合ってきたフェミニズムは「美人」に痛烈な裏切りを受けることになる。
女たちも必ずしも「一枚岩」ではなかったのだ。
「美人」ほど「男性中心主義」を認めることとなるからである。
「ウーマンリブなんてバカげている」と考える女とそうではない女がいた。
モーニング娘。はほとんど全員が「次も生まれ変わるのならば女」であると答えている。
この「女社会の分裂」を見抜いている男は「マッドサイエンティスト」と呼ばれた。
「自分を見るアングルが美人とそうでない人は異なる」
これだけで、フェミニストは大混乱に陥ったのだ。女社会に「二種類」存在するのならばフェミニズムは動けないではないか?と考えられた。
歴史や文学を振り返ってみても「私って男らしいし」という女は確実にいた。
しかし、綺麗な女、口説かれ上手な女のほうが、よりアクティブに多数派工作を行ったのだ。
口説かれ上手な女ほど旦那に仕え、多数派工作をする。このことを踏まえたうえで「男は何を考えたらいいのか?」が問われた。
恥ずかしい夢 中嶋美智代

「美人のほうが株価を上げる効果がある」
男社会はそのように考えた。
ブルジョアと結婚したいというフェミニズム第一の波も、女にも働く機会を与えて欲しいというフェミニズム第二の波も「美人による株価」を背景に行われたものだった。
2000年には博士論文の25%は「美人」「株価」に関するものだったし、学士論文では50%がそうだった。
「フェミニズムに興味がないのか?」と女たちが考えるほど「美人」は人気があったのだ。
抑圧(ポルノ)の撲滅や、CSRおよび企業の社会的責任にアカデミズムが興味を失ったようにも思われた。
「泣いた女たちの団結」は美人が主導したからである。
独占欲 モーニング娘。

「女」ってのは「美人がいいんだ」という考えが定着すると、女に仕事のオファーが来るようになった。
ここで、抑圧(ポルノ)の蔓延や、CSRおよび企業の社会的責任の問題は「もはや解決不能」と考えられるようになった。
ヌード写真が掲載されている週刊誌で男社会をビックリさせるような情報を流す女性高級官僚の問題(ダダ)も解決しなかったし、企業のボッタクリも治まらなかった。
「首相が月刊誌を読んで政策を練っている国」として日本国は「綺麗なお姉さん」による雇用の保障や株高と「外交の複雑化(伏魔殿)」が共存するようになったのだ。
しかし、抑圧(ポルノ)の撲滅のために戦ってきたフェミニズムが「外交が分からなくてもいいのか?企業のボッタクリがあってもいいのか?」というふたつの強烈な武器を手にしたことが明らかになった。
ポルノに出演したために都会にいけなくなった女たちの「目的」がここで明確になった。
また、外交問題や企業のボッタクリ(商法)の問題に発展したからこそ、ポルノ(抑圧)と向き合ってきたフェミニズムの学問は「サイエンス」と呼ばれるようになっている。
この世界には「お金」があった。ポルノはテレビ局よりも儲かったし、女たちの怒りは深かった。
アカデミズムすらすべてを見失うのに十分すぎたのだ。
SONGS モーニング娘。

このような男女の世界で真実を見抜き、成功する、それをエリートと呼ぶのよね。
「私たちの文章」を読んでいるのならば何も分からないわよ。
女たちの真実を描いて、しかも「仕事をする」ことが大事ね。
女性たちは「コンビニのエロ本棚」を見ただけで、団結する。
しかし、特定のポルノに出演することは「世界を敵にする」とされる。
しかし、「ポルノの被害者」と、出版社、コンビニなどの存在そのものが多数派工作に用いられる。
不透明な「外交に関する情報」や「企業のボッタクリ」などは、支配階級たる家父長制が受け止めなければならない問題だ。
ホッブスは「ポルノによって惑わされることのない王子様」を描いた。
外交や企業のボッタクリの問題を完全に見透かすのが王子様だとしたのだ。
王子様と雪の夜

また、カントは「感情的過ぎるからポルノに出したんだよ」と説明した。
ヒュームは「お金を払ったはずだ」とした。
ナントの勅令にしたがうと、ポルノに出演した女は決して豊かさが保障されないとも言われている。
ホッブスは「首相よりも冷静に外交や企業の社会的責任を冷静に見ているのは王子様である」としている。
女たちの夢を託されたのは政治の側ではなく王室であったし、王位継承の多数派工作のほうが自民党総裁選よりも熾烈なものだったからである。
ヒュームが「セックスするためには男が女に金を払う必要がある」としたのであり、カントは「それで世界を敵に回さなければいいけどね」と心配していた。
ルイ16世のヴァレンヌ逃亡(駆け落ち)が美談として伝わっているのだろう。
しかし、女たちはセックスするのにも「文脈」を重視しており、孤立は自殺を意味することも学習した。
「恥ずかしい夢」を見る女は、「天候が荒れるから船から降りろ」とも言われる。
「彼氏に惹かれた理由」と「貞節を尽くすこと」の二つは女たちに人気があった。
仲間が多い、何かやってくれそうな彼氏がいると女は太らなくてすんだのだ。
奇跡の肖像

女が「男を描く」場合の要件は「勃起すること」「無我夢中であること」「誰にでもできること」「何でもできること」「誰かのものであること」「経験が現実味がないこと」などが指摘できる。
また、「いじめられていること」「ハンサムであること」「無口であること」などがの観点が共有されている。
「男を描きたい」理由は「ポルノの対象ではない」からである。
女たちをポルノから開放するためにマリオネットの涙を作ったのであり、アブラハムという人物を描いたわけでは必ずしもない。
夫を愛するためには「女は男を描かなければならない」とも言われる。
夢の中で「自分を口説き」、起きているときは「男を描く」、このことから「女」というものは生まれている。
バツいち子持ちなどの女(寡婦)はこれらの作業をやらないと「失った夫・彼」の喪失感を埋めることはできない。
しかし、この「女が男を描く」作業が一夫一婦制を支えた。
女にはこれらの営みがあったから「この人と決めた人がいる」と言うことができたのだ。
マリオネットの涙

「女には幻の恋人がいる」
これは「恥ずかしい夢」とともに「男にはわからないもの」として一夫一婦制を支えた。
理想の男とともに生きているのだ。
ポルノがどれほど多くの「男たち」に消費されてしまうであろうか?
「女でい続けること」が極めて困難になるのが「ポルノに出演すること」なのだった。
カフェテラスの独り言 河合その子

友達と「理想の男を語り合う」それが「ポルノに出演したことのない女の特権」でもあった。
「幻の恋人」がいなければ、「外交の混乱、企業の社会的責任の問題を生じさせながら」現実の男を愛することはできないと考えられた。
西野カナ ダーリン

これは「去勢」の問題や「優しくすれば解ける恋のパズル」とは異なる観点であり、「女特有の」「女男」とも呼ばれる「運命の人」とも呼ばれる。
「恥ずかしい夢」「幻の恋人」は女であるために必要なものであり、生理がくるためにも必要なものだ。
ポルノに出演することはこれらにとって有害であり「幻の恋人」に残酷に虐待され、放り出されてしまうと考えてしまうのだ。
「ショートヘアの女」とは「未成熟な膣に挿入を受けた」仮説と「ポルノに出演して、恥ずかしい夢を見ない、幻の恋人がいない」仮説の二つからアプローチが可能である。
そもそも「自分が男と区別がつかないから裸でうろちょろするんだろう」とも語られた。
もしも運命の人がいるのなら 西野カナ

松田聖子とは何だったのか?フェミニズムによる「ポルノ撲滅運動」だったんだよ。
マルクスは、フロイトのような「去勢」「優しくすれば解ける恋のパズル」とは異なり、少し世代を上げる形で「女性」を生み出そうと考えていた。
マルクスは労働者に「女性」を提供したかったのだ。
「大学受験を頂点とする学校知」は女の子を女、そして女性にするという効果をもたらした。
スリムな体に巨乳という「暴君」が理想として描かれた。
赤いスイートピー

スリムな体に巨乳という女たちが「男ほどの身体能力はない」としてチアリーダーをやったのだ。
「女はプロ野球選手になれない」
このことに誰が責任があるだろうか?マルクスとフロイトだよ。
「女の子が男の子のように裸で写真に写っていいのだろうか?」
カントは「人間は悪意ではなく快感を与えるように扱わなければならない」としたが、悪意こそが「生きていること」を意味した。
悪意にさらされていない人と話をしても面白くないからである。
チャタレー夫人の恋人において、コニーとメラーのセックスは、相手のことなどまるで思いやっていないように描かれていた。
「信じている」恋人たちだけはせめて「悪意」ではなく「快楽」を与え合ったらどうか?
カントは、「悪意ではなく快楽を与えよう」(手段目的論)において、「恋人たち」においてはそのとおりであるが、悪意にさらされていない人には周囲が魅力を感じない、という観点が抜け落ちていた。
しかし、ドクターノオの先生のマーサは「コニーとメラーはセックスの快楽の最大化のために、お互いを男として扱っていた」として評価している。
お互いを男として扱うということは、コニーはメラーの「幻の恋人」と戦ったという意味であるともされ、いずれにせよ激しいセックスシーンは「お互いに快楽を与え合うカップル」「相手を否定するセックス」「幻の恋人と戦った男」「恥ずかしい夢を見る女」という観点から論争となった。
Diana

いずれにせよ、女の「幻の恋人」「恥ずかしい夢」の二つは音楽作品だけではなく「情熱的セックス」にまで持ち込まれることをチャタレー夫人の恋人は明らかにした。

アメリカ合衆国において、18.3%の女性が、人生において「レイプを経験した」としており、その中の42.2%が「それは18歳未満の時だった」としている。
イメージでは「茂みの中から男が飛び出してきて犯される」ことを想定しがちであるが、実際は、デートの時や、親戚、友人、上司、夫、ご近所さん、同僚などによって行われており、51.1%が「日常のセックスパートナーによるもの」と答えている。
しかし、94%から98%の「事件」が無罪のまま事件を終えている。
みんな「私は彼のものだから」といって、女が嘘をつき無罪となるのだ。
これはひどすぎるというレイプは5%しかないともいえる。
セックスパートナーにとってはセックスは私有財産であり、仕事に用いる話題である。
家父長制と、より男性的なものを探求した「夫」に呑み込まれているのがレイプなのだ。
「あの人はレイプはしないらしいよ?」という噂が略奪愛につながったりもする。
女は女友達が多く、男は男友達が多い、これがレイプを防ぐために方法であるとも言われる。
「同意がないとはどのような意味か?」
期待されているセックスパフォーマンスができないと言うことである。
女が激しく抵抗したり、「舌を噛んで死にます」というのではとてもではないが「イエス」とはいえない。
メンズレア(罪悪感)からアプローチする考え方もある。
男にとっても「満足のいく」「うまくいった」セックスを志向するものだ。
モルガン銀行がこれを重視している。
「これでもか」というぐらい女を口説いて、女がその気になるのを待つのは銀行マンの基本だったのだ。
ストーカーをして殴ってレイプする、これがレイプだとメンズレアは考え、レイプは「銀行マンとして失格」であると同時に、銀行マンにはあってはならないものと考えた。
心の所在 CoCo

セックスの時に「力」「暴力」を使うなとはいわない。
仕事人間で、銀行マンでもなければ、男はセックスの時に暴力を用いる。
しかし、レイプの研究をしていると、「女は口説き文句の査定を行っている」という側面がある。
口説き文句の査定で落第点を押されても刑務所に送るわけには行かない理由がここにある。
モルガン銀行が「低学歴のレイピスト」に寛大だったのだ。
しかし、「愛も囁けない男」という噂になって世界を敵に回すという罰が与えられた。
レイプは「暴力であってセックスではない」とも言われ、人種差別、植民地主義、ナショナリズムなどの観点から「敵を差別する」手段としても用いられる。
電話でね 高橋愛

アメリカ合衆国においては「黒人は奴隷である」ということを定着させるために黒人少女や女性へのレイプを恒久化させたりした歴史がある。
また、日本軍による朝鮮人・中国人へのレイプが行われた。
夫や息子の前で妻をレイプするとコミュニティーは崩壊するとされ、よく訓練されていない日本軍の軍人がこれを実行した。
満州では「ソビエト軍にもやられた」と日本人女性は証言しているが、そのような報告書はない。
日本軍が行ったことをソビエトに転嫁する行為であると世界は認識している。
ジェノサイドとは「夫や息子の前で妻をレイプする」という意味であり、セックス崇拝が浸透している世界においては「民族浄化」と言っても、「レイプの嵐が吹き荒れる」という意味であり、始末に困る「大量虐殺」を意味するのではない。
ユーゴスラビアではクロアチア差別が、ルワンダにおいてはイスラム差別があったのだ。
震える決心 CoCo





左から、バルトロマイ、小ヤコブ、アンデレ、イスカリオテのユダ、ペテロ、ヨハネ、イエス、トマス、大ヤコブ、フィリポ、マタイ、ユダ、シモン。

この家族写真のように「どの家にでもある」写真の発信力を高めたのは間違いなくマタイである。
学生さんであるユダや、目立ちたがりのトマス、イエスの叔父の「心ない」ペテロ、イエスの側近のヨハネ、などどの家族にもある構図であるが、マタイは少なくとも「予言」を行なっている。
「叔父は自分の職業とは何だったのかをイエスに三回問い詰めるであろう」マタイ26:34
そして、ペテロはイエスの将来に嫉妬し、「三度、イエスを否定し、彼を眠らせるであろう」とした。
イエスが磔になるのを仲間内でお通夜ムードで待っていたのではなく、この「家族写真」こそが磔の全体像を示していたのだ。
ペテロはイエスの答えに満足せず「眠れ、後世のために」と言って当時の学問の限界を示した。
作詞・作曲ペテロ・オリオール。
酒井法子 神のみぞ知るハートの行方。

アブラハムは、イエスの誕生を喜んだが、ローマ帝国の中で「王になる」ということは家庭内に「イエスが望むものは我らも望んでいい」と言う発想をもたらし、ペテロ、そしてスコティストなどの激しいいじめが展開された。
家族写真が「磔」を引き起こしたのであり、ローマ帝国の崩壊までこの慣習は続いた。
アクィナスが「女心の定義)(本ブログ)こそが政治であるという「政治の発見」をルネッサンス期に行うまで、このような暗い家族写真は続出したのだ。
政治の発見により神聖ローマ帝国はかなり明るいものとなっている。
これらの人物が「トミスト」(舞台に上がるもの)なのか「スコティスト」(それを下から見ている人)なのか、「オッカミスト」(イエスから学ぼうとする人)なのかは家庭によってまちまちであろう。
いずれにせよ、「血筋」「万世一系」にこだわらず「小野さん」を天皇にしようとしたらこのような家族写真が撮影されるのだ。
小野光太郎はレディーズマン(女心に詳しい)だ、と言われるのは「王位」を望んだからであり、スタンフォード大学でなければ教えていないのが王位継承であり、東京大学は「最後の晩餐」の「意味すらわからない」状態なのである。
イエスの命を救ったのは「オッカミスト」であり、もっとイエスから学びたいと考える男である。
王位継承があるのであれば、ペテロとスコトゥスからのいじめは理解しなければならないし、オッカムが救いになることも知らなければならない。
すべてを正確に理解していたのは「マタイ」であった。
ヤコブというのは「遺伝」の研究の起源となった人物であり、「遺伝子だけならイエスと同じ」と主張して王位を望む存在だった。
大ヤコブ・小ヤコブがそうであった。
この問題を解決するために遺伝の研究は進んだ。
現在では「兄弟でも遺伝子は300万の違いがある」ことが明らかになっている。
バルトロマイは、法律家であった。
自らはイエスに太刀打ちできない学識しかないことを知っており、それでいながら影響力のあるふりをしていて、マタイほど真剣に絵画の発信力を高めようとは思っていなかった。
フィリポは「音楽作品をイエスに提供したプラトニスト」であった。
法廷弁護士でなければ分からないヒューマニズムを歌にしていた。
ルネッサンスの象徴はヒューマニズム(人間が見せる瞬間のショット)であり、フィリポがいなければイエスの政治生命はなかったであろう。
シモンはイエスの大学の同期であり、イエスが王になることが面白くないという存在である。
アンデレは、平和主義者であり、「こんなことが起きるではないか?」として左翼となった人物だ。
「ローマ帝国の王をいよいよ我が家から輩出する」
その本気度が高まるとこのような構図が生まれる。
ファミリーが一丸となっているうちはそれが現実のものとなることはない。
このような経験を経て「王になった」ものでないと「神」というものは信じられないし、周囲の身内に無知な人間がいるから「最後の晩餐」をやったのだ。
しかし、権力闘争に無知な人間というものはむしろ普通なのではないだろうか(オープンな無神論)。
オープンな無神論がある限り、王位継承で「無知な人間」が王になろうと考えることは常にあり得ることだ。
政治とは「女心の定義である」「資金力は挑戦者の資格」ということを理解せずに「イエスと私は何が違うのか?」「私は間違っていない」「自分の男らしさを正当化する」(資本論)の立場から、オープンな無神論というものは常に存在する。
アンデレは、この最後の晩餐に参加して左翼となっている。
「イエスの金融がうまくいっているという情報を戦地に送り届けたい」「女たちが男の序列を決めるという民主主義を世界に広めたい」などの論点があった。
民主主義は多数決だと言われるが、「人間の半数は女である」ということを見落としてはならない。
女たちを政治参加させることがイエスキリストの処刑をなくすと考えられたし、最後の晩餐には「女たち」がまったくいないではないか?というのが左翼の立場となった。
国の学問体系に女はいらないという立場はたしかに世界に根強いが、しかし、最後の晩餐の暗さだけは左翼のアンデレには耐えられなかった。
アンデレのおかげで世界の法律が変わったとも言われる。
法律(男らしさ)が、女性の政治参加のもとで作られたため、男らしさがより女性に対して紳士的になったのだ。
アンデレは今で言うと朝日新聞になったと言える。
一方で、フィリポは音楽作品を大量にイエスに提供したと言う意味ではフジサンケイグループであった。
「月9のヒロインを口説いてみな?」
それが経済というものだという立場に立脚したのだ。
より「哲学的であること」を志向したという意味ではアンデレとは異なる考えを持ったことになる。
ribbon 愛してジャスティス。

ユダは読売新聞になって、若者たちに強くて憧れのプロ野球チームを提供したし、ヤコブは「イエスと同じ血筋のものだ」という毎日新聞となった。
イエスと同じ学閥だと考えたシモンは日経新聞となった。
ヤコブが生み出した毎日新聞は、故郷から都会に出たイエスと同じ血筋に立脚し、しかも都会で活躍して毎日新聞に載ると故郷からお金がもらえるという意味では正教会と同じ意味合いを持った。
都会で学ぶことなんて「外国語」しかなかった。
あとはみんながデタラメを言い合っていた。
カトリックが三位一体に「女の癒し」を含めたため、風俗嬢が生まれたので聖書に女はいらないんじゃないか?とフィリピンカトリックと喧嘩したこともある。
シモンが生み出した日経新聞はとにかく「仕事の話」しかしなかった。
スタンフォードばかり見ていたアクィナスに「東京大学への近さ」をアピールしていたようだ。
シモンはイエスに「我々の母校はそんなにエッチな話は教えていなかっただろう」と言いたかったのだろう。
いちばんスターが多いのはユダの読売新聞だが、ユダヤ教に関しては本ブログで再三触れてきたと思う。
アンデレ(朝日新聞)は、「有名な心の風景を持った人」を永田町に集めて交流させるということを行い、それを報じた。
「心の風景」など各自が講演会で語るであろうが、そのような人物たちが交流する場が永田町だと考えたのだ。
有名な人、期待されている人、影響を受ける人、ただいる人、追い出される人などいろいろな物語はあった。
永田町では「心の風景」が重視され、ただの利権屋のいる場所ではなかった。
アンデレは、イエスキリストと晩餐を共にした経験から、ただの利権屋を政治の世界から排除しようとしたのだ。
いろんな事件の感想を政治家に聞いて回るのが仕事であり、そこから自ずと政治家の力が分かるようになっていった。
迷宮入りかと思われた事件も政治家の「評論」からヒントを得ることが多く、そのような「取材」を好んだのがアンデレだった。
反戦や民主主義の世界への拡散を主張する媒体であったが、アンデレに「才能がない」と言われた政治家は政治生命を失うことにもなりかねなかった。
「こいつは面白いな」と思ったら早々に番記者をつけた。
アンデレは女を熟知している男を好んだが、それでいて男性優位の社会を理解していないと相手にしなかった。
要するに「天使に取り囲まれている男」を追いかけたのだ。
天使か悪魔 高橋由美子。

アンデレはよく嘘をついた。嘘を女性が「本当かしら」と思って他人に伝えると、他人も「それは違うよね」というために、記事の第二弾は、「他人を信じさせるためのもの」となった。
「女たちが朝日新聞の嘘を取り巻いた」ために捏造記事を好んで書いたのだ。
女たちが捏造記事に群がると、男たちが真実を語り始めた。
ピンスクに行くと言ってミンスクに行くようなものであり、最後に「お詫びと訂正記事」を載せて信頼感を取り戻した。
「騙す」というのはそもそもが信用できない者のすることであり、「私はあなたに嘘をつかなければならなくなる」というアンデレの嘘は「騙し」とは一線を画していた。
最後の晩餐の参加者であるアンデレはあくまでの紳士であり、「嘘」を多用した。
「アングラ新聞か!」と激怒する者もいたが、イエスキリストを守るために学習したのだろう。
「第三者委員会」とは本来、アンデレが用いたものであり、専門家集団を巻き込む形でアカデミズムとの繋がりを深めようと考えたものだ。
「騙し」というものは信頼感のない者が行うものなのだ。
アンデレは嘘をつくたびに信頼感を高めて行った。
「あいつの言うことだから眉唾だね」と思われないようにすることが大事であり、グロティウスは、国際関係においてはアンデレの「嘘」はもはや信用されておらず、外国国家を騙す存在であるとしている。
靖国A級戦犯の問題でも普天間基地移設の問題でも、アンデレは韓国や中国にもはや信用されておらず、これらの国は「騙された」としか思っていなかった。
「嘘も百遍言えば信用されなくなる」
しかし、多くの女たちが取り巻いているので相手にせざるを得ないではないか?
イエスキリストが最後の晩餐で何を語ったのかを女たちが知りたがったために、外国国家はアンデレを「もっとも難しい敵」とみなすようになっていた。
普天間基地移設問題では、中国側が「日本のフォワードディフェンスがどのように動いているのかが全く見えない」と朝日新聞への不満を爆発させる者もいた。
靖国A級戦犯の問題も日本の女たちが動けば中韓の女たちも動く、そのために散々、「嘘」を書き続けた。
また、ヤコブ親子や、フィリポが音楽番組に興味を失っても、「芸術」にこだわり続けたのがアンデレだった。
ヤコブ親子やフィリポは「分かってくれればいい」と言って音楽番組から撤退したが、「プロスポーツを戦うためには真理だけではなく、今、人気のあるアーティストは必要だろう」と言ってミュージックステーションを続けた。
しかし、その映像はもはや「女の真実」は描いておらず、「生きていることは素晴らしい」というようなハムレットに近いものになっていき、かつての「強豪」には敵わないよね、という意味しか持たなくなっていた。
レイヤーとしての技術実験をしたり、どんな興味深い「バック」のいるアーティストなのかを表現するようになった。
アンデレとしては「イエスキリスト以外に真実を知る者はない」という強烈な一神教を志向したのである。
「イエスキリストの曼荼羅は真実ではないだろう。そう思わないか?」と視聴者に訴えかけているようにも見えた。
コンテク派が「自分のやり方は間違っていない」と考える場を提供する意味合いも持った。
レオナルド・ダヴィンチがブラシとパレットナイフを絵画の世界に持ち込んだ時も、被写体選びなどが難航し、絵を描くのに10年かかった。
問題の難しさをよく理解していたのがアンデレであったとも言える。
星野源 恋。

イスカリオテのユダにせよユダにせよ「神秘主義思想」による「週末の話題の独り占め」を志向した。
ギリシャ哲学をひたすら学び続けたイエスを一面トップに持ってくるという具合に、「素人には地味な作業にしか見えない」営みをクローズアップしたのだ。
12世紀に大学が出来てから、大学における研究やスポーツをかなり細かく研究し、その鍛錬の世界を大々的に報じるのがユダであり、読売新聞であった。
ユダがいなければみんなアンデレに仕事を丸投げしていただろう。
コンマ2秒しかバッターはボールのスピンを見る時間は与えられていない。
それでも、どの男の子も経験する「野球」というものを極めた男たちをスポーツ新聞の一面トップに持ってきたし、政治(女心の定義)、経済(男が女を愛する気持ちを利用する学問)、社会(知識の伝達メカニズム)などで地味にその世界で極めた人物を紹介した。
ガザ地区ではザヴァティ・ザヴィをメシアとする動きがあり、イスラエルが公認するものとはなっていない。
1933年にスイスのエラノス会議に多くのユダヤ教信者が集まった。
ユング、エリアデ、コルビン、ローウィッツ、レウ、ノイマン、ティリッヒなどである。
彼らがユダ、つまりユダヤ教のヒーローとは何か?を定義したのだ。
イエスと最後の晩餐を共にして、本当にイエスの偉大さを理解したのはイスカリオテのユダとユダであり、アンデレのような語り方は嘘に満ちていたし本当の英雄とは何かを見失うと考えたのだ。
ヨハネのような「幻の恋人」がヒトラーであり、地味な努力を嫌っていた若かりし日のアドルフにとって、戦場の英雄の記録を克明に記し、一面トップで報じたユダは「背後から銃を撃った」と批判された。
しかし、それはヒトラーが色々な意味で「その道」で未熟だったからである。
のちにヒトラーは「自分がどれほど戦場で勇敢だったか?」を書き直している。
密教というと「曼荼羅を見て音楽を聴き、霊的に感化される」ものであるが、コンマ2秒の世界も「密教」と呼ばれた。
アラブ人(日本人の子孫)は、あらゆるジャンルのスポーツを好んだが、「ヨーロッパ系」を全滅させてやろうと考えた。
これが中東問題である。
「肌の色の違い」「実力の違い」「ネジの飛び方の違い」などがあり、中東問題は、メジャーに挑戦する日本人を応援する日本メディアとアメリカ人という構図となんら変わるところはない。
大谷翔平 メジャー。

一方で、バルトロマイはNHKとして「イエスキリストの肉声そのもの」を追った。
フランスのようにデリカシー(ベッドで情報を漏らすことがない)が確立した国のように、「大学の博士の言葉」を聞きたがったのだ。
博士でなければバルトロマイが取り上げることはなかった。
男女ともに長く連れ添うことを知っている人やトップアスリートなどを「博士」と呼んでいたようだ。
バルトロマイは「妻でも金を払わなければついてこないわけだろう」とし、要するに、資金力のある人を取材したという意味では「政治家」が重く見られるのは当然であった。
アンデレが「政治家に話を聞きたい」と考えたのだとすると、バルトロマイは「お金をもらいたい」と考えたものであると言える。
「国営放送」などと揶揄されるバルトロマイであるが、出演するのにいちばんお金のかかる媒体でもあった。
親が金持ち、ペンキ屋の娘。

大ヤコブ・小ヤコブ(毎日新聞)ほど「父と息子の記録」である旧約聖書作りに熱心な媒体を作った人も珍しかった。
25歳になるまでは「息子の父親越え」に両親も集中できるが、「コイツの力では親は越えられないな」と考えたら若者もテレビに出したし、新聞にも書いた。
故郷からの仕送りを受けることを応援するというヤコブの立場はここから来ているし、ヤコブ親子自身が「イエスと遺伝子は同じ」と考えるほど最後の晩餐でイエスがヨゼフから与えられた境遇に共感した存在はなかった。
大ヤコブは「祈り」を知ったし、小ヤコブは「神はまだ死んでいない」と痛感した。
イエスの貴重な最後の晩餐の客であり、若者が「外国語に堪能」であるのならば、好んで採用した。
「日本の教育はデタラメ」であることを熟知しており、外国語に通じていなければ日本人というのは何も知らないまま生きるとヤコブ親子は語っており、ニューズウィークなどを出版していた。
中国の「仁」に最も関心を寄せたのはヤコブ親子ではないだろうか。
コンテンツは英語であっても、ストーリーは常に中国古典にあった。
宇多田ヒカル 二時間だけのバカンス。

ヤコブ親子は、なぜ最後の晩餐に出席したのだろうか?
マタイの福音書は、多くの「父と息子」の紹介から始まる。
しかし、父と息子が「イエスキリスト」という「多数派形成に成功した人」と食事をすることは「自分以外の他者」への免疫をなくす。
「自分以外全員敵」これがアレルギーの元であり、免疫学とは「多数派工作」の学問であった。
多数派工作に成功すると感染症にかからない。
「流体」が悪い方向に流れるから「風邪のような症状」を引き起こすのだ。
風邪を引いて二週間も無駄に過ごしたくなければ社交性を持つしかない。
孤立している子供に予防接種をやったら「予防接種禍」は当然、予測しなければならない。
このように、ヤコブ親子は「免疫」というものを「自分以外の他者」が大勢いることから生じるものであるとし、最後の晩餐という場面に顔を出している。
父・ヨゼフに「死」に直面させられたイエスキリストの最後の晩餐にも「社交界である」として顔を出したのだ。
毎日新聞はこのことから「仲間作り」を重視するようになっている。免疫学の研究にしたがっているのである。
実の兄貴以外全員敵などと考える免疫学もある。多数派工作の問題であった。
宇多田ヒカル Forevermore

自分には罪はない、他者は罪人。これが免疫学の基礎であり、しかし、ヤコブ親子に「多くの仲間」をもたらしてくれるイエスキリストには「罪はない」とも思われた。
免疫といっても蛇とか蜘蛛とか蜂ならばどうしょうもないだろう。
ビタミン剤を飲むしかない。
ヤコブ親子はイエスキリストの最後の晩餐に出席することで「臓器移植」への免疫をつけた。
しかし、蛇や蜘蛛や蜂を「イエスキリストの仲間だとは考えられない」ということを、のちに野口英世は研究したわけである。
ヤコブ親子はイエスキリストの最後の晩餐に出席することで「臓器移植」への免疫をつけた。
しかし、蛇や蜘蛛や蜂を「イエスキリストの仲間だとは考えられない」ということを、のちに野口英世は研究したわけである。
有名人の「アンチ」などをやると、「アンチジェン」と呼ばれる体内物質ができるため、有名人のファンからの臓器移植は受けられない。
イエスキリストは間違いなくスターであったが、アンチジェンを持った人物もいたのだ。
免疫学とは宗教学であり、自分のファミリーからしか臓器移植は受けられないという発想をもたらした。

ヤコブ親子は「非行の研究」も行っている。
「お父さんがラッコの毛皮を持ってくるよ」
ジョバンニ・ピコ・デラ・ミランドラはロシアに拿捕されたお父さんを失い、非行に走るのではないかと疑われた。
また、彼の端正な顔立ちから「独裁者になる恐れがある」という予測もなされた。
カンパネルラとともに、タイムマシーンでの殺害が企てられたのだ。
カンパネルラは復活祭の時に池に落ちて死亡している。
しかし、ジョバンニには「パトラッシュ」という愛犬がいたのだ。
「犬を飼っていればどんな境遇でも非行に走らない」
そのことが分かったため、タイムマシーンでの殺害は中止された。
銀河鉄道の夜

のちに、ジョバンニは「独裁者」になっている。
しかし、彼の「銀河鉄道体験談」が「人を生かすことを学ばせた」ために、彼は他人を潰すことがないという類まれな才能を持っていた。
曼荼羅をラテン語で書くなど、のちのニュートンも「ラテン語で書けば殺されないのか」ということを学習し、プリンキピアはラテン語で記された。
暗い生い立ちと愛犬のパトラッシュが子供の頃にいなければ、このような独裁者はタイムマシーンで殺されていただろう。
これも、ヤコブ親子が判断することとなった。
タイムマシーンは毎日新聞やTBSがのちに「エンターテイメント」として長寿番組を作るものと思われている。
ロックミーアマデウス

フィリポは、あくまでも法廷弁護士であり、恋愛裁判官でもあり、フジサンケイグループとして、イエスを導き続けてきた人物である。
主婦層の中にも「その歳で恋愛裁判?」と言われるために好き嫌いが分かれる。
父と息子の「最高善」とは息子に彼女ができることであり、硬派な男に「恋愛裁判」を教え続けた。
父と息子の関係を語ったという意味では旧約聖書を書いたヤコブ親子となんら変わりはなかったが、「女心は大きすぎる」というカントの立場は本来、フィリポが語っていたことなのだ。
中学生は「フジテレビ・ニッポン放送」にチャンネルを合わせるのが普通であったが、いつ卒業するかが問われた。
冬のソナタ 主題歌。

シモンは新しい理論や、すでにあった出来事の探求をするものであり、その実験場として自ずと東京証券取引所に注目した。
日経新聞となっている。
「新しい理論があれば提示する」「すでにあった出来事を解明していく」
そのような意味でテレビ東京の「なんでも鑑定団」は優等生とも言えた。
また、女が株価に影響を与えるというアクィナスの指摘は高く評価していたが、昭和にも相場師というのはおり、昼休みに吉永小百合の映画を放送していた。
新しい理論、すでにあった出来事の解明、この二つに絞ってジャパネットたかたは、新製品をどしどしと紹介して行った。
「世界のノーベル賞」がジャパネットたかたに流れ込んできたのだ。
ジャパネットたかた オープニング。

シモンは「男がとことん勉強したらどうなるのか?」をカンブリア宮殿で女の子に教え、希望が持てそうな気になった。
しかし、社長が「真実」を語ることはなかった。
女の子に「私でも社長になれる」という気持ちにさせることを法的三段論法と呼んだが、彼女たちが現実を思い知るのはのちの話だ。
シモンは「経営とはこのようなものだ」と女の子にわかりやすく教えたのであり、男が法的三段論法を知らないのならそれは女子たちの深い失望感に変わるだろう。
社長がOLの支持を得るのには法的三段論法は有効だった。
元芸能人に駄菓子屋の仕事を国が与えることがあるが、株とか社債などを熟知していれば才覚一つで案外手広く商売ができた。
株を発行するのに幹事の証券会社に可愛い女性従業員を連れていくのは当然のことであったし、「私の心が分かるかしら」というのが政治でもあった。
企業で「株式の資金の裏づけ」となる女の子を総合職と呼んだし、OLさんよりも経営を熟知していた。
カンブリア宮殿。

シモンは、反戦・反核兵器さえ理解している男ならば「女にモテる」「300人斬り」というだけでテレビに出演させた。
女心をカネに変えるというカントの発想に喝采を浴びせたのもシモンであった。
ゲゼルシャフト(社会)とゲマインシャフト(コミュニティ)の違いをしっかり理解して、「我と汝」つまり「あなた」(ヨハネ)とも親しかったし、シオニズム(理想郷)を日本国に求めた唯一のテレビ局であった。
ヨハネは新聞やテレビ局は持たなかったが、シモンほど「哲学者みたいな男」を好んだ人物はいなかった。
ヨハネの黙示録にいちばん詳しく、終末思想ではないことも見抜いていた。
最後の晩餐の末席に名を連ねたのだ。
相対性理論 テレ東。

1919年にすべてのメディアがグレートウォー(第一次世界大戦)に興味を失った瞬間、停戦合意がなされた。
しかし、世界は確実に「メディア論」を学習した。
カール・ポパーは「開かれた社会とその敵」という本で全体主義を批判した。
メディアに出てくる俳優・女優が夢に出てくるのだ。
しかも、俳優・女優が離れたりくっついたりしていた。
思考力が低下した芸能人が「口説き文句」を知っているとは思えなかった。
「論文を書いてデビューしろ」という慣習が必要だと考えられた。
「ファミリーというものをよく理解していないと奥様方の支持は得られないだろう」とも言われた。
つまり、最後の晩餐を理解しなければメディアも相手にしなかったのだ。
メディアでどんな「いい体をした女」を見ても、どの女も「解決できなかった家族の問題」を抱えているために、各自の論文を読んでみたりした。
俳優・女優は皆、旬ジャンルと呼ばれる小説を書いていたのだ。
思慮深い人かただの一発屋かは論文を読めばわかった。メディアがそこをみていたのだから当然とも言えた。
「旬ジャンルの有名なライター」だというだけでも芸能界からのお誘いはあった。
パウロ、トマス、スコトゥス、そして最後の晩餐を行わせた父・ヨゼフなどを正確に理解していないと、死人が出ると言って、カール・ポパーはソビエト、中国、カンボジアの全体主義を攻撃しようと主張した。
「文通」も満足にできない者は特派員にも向いていなかった。
「まりこが風邪をひいた」というのは暗号でもなんでもなかった。
娘が孤立感を高めているという家庭内の事情が、すべてを物語っていたからそのような通信が送られてきたのだ。
モーニング娘。泣いちゃうかも。

このようなメディア論を「世界各国にあるもの」として、外国語を勉強し、イエスキリスト(ロゴス)になってみろと言ったのはハインリッヒ・リッカルトである。
ヒトラーの演説でも「アインリッヒ、アインリッヒ」というフレーズは印象的である。
ロシアのイズベスチアが「どの人物にあたるのか?」はまだ日本でも分析が行われていない。
ハインリッヒ・エッカルトは、「メディアのすべてがなんだかんだ言って本人の全体像を物語っている」とし、たとえばアンデレが「あいつは臭い匂いがする」と言ったとしても、世の中の女子たちはそうは思っていないことを悟り、メディアに対して怒らなくなった。
最後の晩餐で各自が持論があっただけであり、「論文、留学、講義」さえやっていれば、実像は自ずから伝わるものとしたのだ。
特定の記者を排除したり、少数野党の審議拒否を気にも留めなかったら現場で何が起きたかは致命的な伝わり方をする。
そのため、参議院における首相問責決議ですら「首相の参議院への出席が審議拒否の口実となる」とし、事実上の総辞職につながってきた。
最後の晩餐で何が起きたのかが「全員が揃わないと」真実が伝わらないのだ。
イエスキリストは「心の風景」をみんなに伝えたがっている。
数の力で乗り切れるとは必ずしもいえないものがあり、強行採決すら「イエスは何ら語る言葉を持たない」という「肉声のない首相」という意味で伝わった。
強行採決を行えば、唯一、イエスキリストの肉声に耳を傾けるバルトロマイと癒着するしかなくなる。
肉声を強烈にアピールしたいのであればバルトロマイだけが最後の晩餐にいればいい。
しかし、「劇場型政治」は最後の晩餐を行わなければできないし、総選挙での地滑り的勝利は望めない。
トランプはプーチンに憧れていて、ロシアしか信用していない。
これはプーチンが「最後の晩餐」の意味を熟知しているからであろう。
私はイズベスチアがどの人物に該当するかは知らないが、外務省に見解を求めるしかない。
「ロゴス」つまりイエスキリストとは「第2外国語を駆使してその国のメディア論に通じ、外交的な懸案を解決した者」という意味かもしれない。
今のところ日本もアメリカの外交問題評議会(CFR)が大まかな指針は示してくれるが、独自で情報収集する能力は外務省にも十分にある。
ひとつ、政治家に条件があるとするのならば「女性にモテること」である。
田舎に、東京の芸能人の憩いの場があれば、論文を読んで彼女たちに語ることが大事だ。
日頃の活動がなければ、誰も演説を聞こうとは思わないだろう。
ランツベルクのヨハネ。

日本国はトマスを「英字新聞」とし、もっとも正確な話題をイエスに伝えるものとした。
ヘンリー7世が娘をスコットランドのジョージ4世と結婚させることに失敗した時に、突如、「お相手」として浮上したのがトマス・モアであり、覇権国家の言語を巧みに操り、情報を得るさまはまるでジョバンニ・ピコ・デラ・ミランドラのようだった。
メディア論は若者には難しすぎる。覇権国家の言語を使わないと若い時期に頭角を現すことはない。
人口がわずか五万人だった16世紀のイギリスにおいて、「イギリスは情報で生きていかなければならない国である」と悟ったのがトマス・モアであり、ヘンリー8世となっている。
日本では「リチャード3世」というシェークスピアの舞台で知られている。
トマス・モアはエラスムスに「英語という言語を作ってくれ」と掛け合った。
トマス・モアは、自身の体験談を「リチャード3世」としてまとめ上げ、姪の心の探求と殺害、そして心の師であるモートン牧師との戦いと、バッキンガム男爵との権力闘争を描いた。
つまりは、宗教の世界で「女心」を探求していたら政治力を高めたという物語がリチャード3世であった。
「男らしくあれ」と教える宗教の世界と「女心を知れ」という政治の世界の関係を示したとも言える。
宗教から政治へ、硬派から軟派へというのは政治家の歳の取り方であり、日本国が行為無価値論という男性的な立場を採用しているのも、アメリカ合衆国を想定したものである。
MI6とは、現在では「スタンフォード哲学百科事典」のことであった。
あらゆる偏見を排して、情報源を作り、スペインの無敵艦隊を打ち破るまでさほど時間はかからなかった。
なぜ、MI6がサンフランシスコに?と思うだろうが、トマス・ペインや、トマス・ジェファーソンによる「アメリカ合衆国が英語を選択する」という判断があったようだ。
トマス・ペインはアメリカ合衆国を「もっとも豊かな国にしよう」と考えていたし、その時に「人口五万人の島が無敵艦隊を打ち破るまでの物語」をよく読んでプロパガンダを打った。
実際にアメリカ大陸の権力闘争に勝ったのはMI6であったし、その資金の捻出方法は「英米法」と呼ばれた。
トマス・ペインは「アメリカ大陸をよく見ろ。女心を探求して"橋"を作らなければならない。そんなの常識だろ」と言った。
イエスの隣、しかも一番近い場所にいたトマスは実は「資金の捻出方法」をイエスに囁いていたのだ。
ボブ・ディラン。

トマス・ジェファーソンは「ペンは剣よりも強し」と言った人物であるが、「読む者は仲間が増える」ということをモットーとしていた。
一人寂しく読書をするのではなく、読んだことをみんなが聞きたがるのが有名な作家であるとしたのだ。
「仲間がいる男」ということそのものが、女たちにとっては「男らしさ」であり宗教であった。
どうやったら仲間ができるのか?それが文学の世界の課題となった。
アクィナスもMI6を読んで「負け知らず」となった時点で北欧から便りが届いた。
Bigbang Haru Haru.

大人たちは争う(リアル)ものである。
しっかりとルールを設定し、しかもゲームセット(ゼロ)さえ理解すれば、アイドルたちは「鏡の中」に入って争いの「最後の審判」を待つしかない。
酒井法子 リアル。

争いを祝福するのが「大人」であり、憲法である。
「知識」というものは争いの最中に書き留めるものだ。
「勃たなく」なったら争いをやめればいい。
なぜならなんら「祝福」がなかったからだ。
男は「硬くてデカくて形がよくて速くて重い」方がいいし、女は「色がよくていい音を出していい匂いがして味が良ければいい」とされる。
女の味はしょっぱいために、女になりきれない女はキュウリの味付けすら「しょっぱい」と言うのだ。
男の「硬さデカさ形、速さ重さ」に憧れているからキュウリがしょっぱいのだろう。
ピンクのモーツアルト 松田聖子。

辛いものが好きというのは「男らしさの象徴」とみなされ、限度はあるだろうが辛ラーメンや地獄ラーメンなどが考えられた。
男社会がリアル(争い)ならば「辛さ」「しょっぱさ」と勝負事は密接に関わっている。
それは、勉強というものが「しょっぱさ」と結びついてしまった時に、男は勉強をやめてしまうことをも意味する。
男である、戦わなければならないという「しょっぱさ」「塩辛さ」が嫌いになってはならないのだ。
それがリアル(争い)というものであり、辛いものが好きということも勝負事に持ち込まなければならない。
「ほろ苦いデビュー」ならばまだ可能性が残されている。
「辛さ」「しょっぱさ」が嫌になるのであれば勝負事(争い)を放棄したことになるのだ。
このようなメディア論(最後の晩餐)こそが憲法であり、戦争論であったために、自分がどのように報じられていても「自分を持つこと」が必要であった。
みんなが私を有名人として見るけど、私は「目の前の人」の器を自分自身で判断した。
酒井法子 サンクチュアリ。

バルトロマイだけと癒着するのではなく、たとえば「覚醒剤所持の疑いで逮捕」などという捏造記事を書かれても「売れなくなったらそう報じられるしかないのね」と達観し、私のファンには「それは妄想だから」というしかなくなる。
アンデレは常にメディアの中枢にいたが、ユダにせよヤコブにせよそれを応援することがあり、アンデレのいうことと向き合うと当然、「自分をもつこと」(リバタリアニズム)は必要な発想となってくる。
メディアで何を言われようと、みんなが私を有名人としてみてくるため、メディアからは対価をもらわずにあとは自分で仕事をすることが大事だった。
「自分を持つと言ってもみんな左翼よ?」
有名になってやりたいことなんて「恋愛」しかなかったからね。
まったく「ブレ」ない学者さんですら下ネタばかり言って自ら左翼の道を選んでいた。
「エッチな話ができない学者さんは私たちも受け入れられないの」と女性芸能人たちは思った。
自由民主主義思想を作ったハイエクは、「バルトロマイ、ユダ、ヤコブ、アンデレ、フィリポ、シモン、トマス」などのメディアを全て理解し、掌握したから「もはや別格」とされているのだろう。
国民のセックス監視法である共謀罪なども、メディアは「もはやお上のご判断」と位置づけ、それが政府の「心の風景」なんだろうとし、「何を言われても自分を持ってください」と自民党にお願いした。
「有名になったら恋愛がしたい」
しかし、共謀罪は確実に作られたため、猛烈に反発したふりをするメディアもあった。
「有名人が真面目だと好感度高いよね」
そのように考え、テレビの世界のきらびやかな映像とは距離を置いた「案外真面目な人たちが集まった社交界」は作られた。
「でも、下ネタ一つ知らない人ならばお断りよ。なんのために有名になったのかわからないから」
アルフレッド・アヤラは、このような「メディア論」なんて気にするな、とし、「子供は見たい番組を見るものだ」とした。
自分のヌード写真が都会にばらまかれているという大人の現状(リバティ)を、子供たちにより無頓着になってほしい(フリーダム)としたのだ。
「真実を知りたくありませんか?」という宗教家を見たが、最後の晩餐の誰が真実を知っていたであろうか?
バルトロマイ(NHK)が唯一、イエスキリストの肉声に迫ろうとしたが、イエス自身はトマス(海外メディア)から金儲けの方法を聞いていただろう。
アヤラは「有神論」を唱える上で、「今のメディアの勢力地図なんて信じないことだ」と語った。
自分がイエスキリストになろうとするのならば、メディアの寵児にすら唾を吐かなければならないことがある。
「そうだ、テレビクルーが追いかけている人物は全て偽物だ。何も知りはしない。好きにチャンネルを回し、好きに生きたらいいんだ」
しかし、金儲けの方法を教えてくれるのは海外メディア(MI6)なんだよ。
サラリーマンになるのであればメディア論なんて覚えないことだ。
トマスの言葉に耳を傾けないのであれば、就職して、テレビを自由にみて、宗教家の誘いにも乗らないことだ。
それでも十分、豊かに生きていける世界をアダム・スミスは作っているのだ。
rebecca ボトムライン。

リアル(真剣勝負)とはお金で買うものだ。
しかし、社会の愛や友情、団結にもっとも都合のいい選挙結果をもたらさなければならない。
社会の愛や友情、団結を知らない候補者は当選しないし、もっとも「社会の愛や友情、団結」にふさわしい数字を各メディアが探り合って選挙結果というものは出るのだ。
いちばん重視するのは「子供たちへの影響」だろう。
予算編成は確実に子供達に影響を与える。
親が国からお金を欲しがる動機は「子育てがしたい」からである。
麻生首相が「定額給付金」という政策をとったときに、「親の子育てを全く理解していない」とされて政権交代が起きている。
野党としては「愛や友情や団結の適正値」を正確に理解しなければならないし、そのための取材や論文を書くことを熱心に行うことが仕事となる。
さらに「医者と喧嘩した患者がいる」という情報を得たら、政治家は「類まれな才能」でその問題を解決しなければならない。
トマスの見解を聞くこともあるだろう(イエスが病人を癒した)。
親にはさらに両親がいて長生きを望んでいるのだ。
親の死ぬ年齢が自分の死ぬ年齢と考えるのがいちばんいい発想だ。
「愛する人がお金を持っていなければならない」
これを無視した政権は一発で飛ぶだろう。
全員がお金を持つことは無理だとしても、国力に見合う「適正値」を模索していかなければならない。
それも選挙結果というものだ。
親は「組織に属すること」が絶対に必要だ。
子供も学校という組織に属しているからだ。
「先輩には挨拶しなさい」という親がいるのならば体育会系・官僚系の親だ。
いろんな親がいてもいいが、組織に属していないのならば、子供に伝えるものは果たして何があるのだろうか。
これが国民教育権説であり、文部科学省は「親はフリーランスでも専業主婦でもいい」という国家教育権説に立脚している。
国民教育権説と国家教育権説で「選挙結果の綱引き」が行われている。
「無職、フリーランス、専業主婦が子育てをする」ことを容認した文部科学省は、「国のお金には頼らないでほしい」というメッセージを選挙結果に送ることになる。

「男もすなるという日記というものを我もしてみむと思いて」
最後の晩餐が「男社会」を描いたものであるのならば、当然、「女の場合はどうなのか?」を知りたいというニーズは強いのだ。
しかし、女は「好きなことしか知識にしない」「出産がある」「息子を生贄に捧げる」、息子は「生きるとはどういうことか?繁栄するとはどういうことか?」を示さなければならない、などの特徴が女の「日記」には記されることになる。
勉強に熱中したわけでもない、ひたすら美しい夕焼けなどの風景を記憶に残している女というものは常に「勉強エリート」の興味の対象だった。
運命とか本能とかを感じやすい女に対して、勉強エリートは全く異なる問いかけを行うことになるのだ。
運命95 Melody

もし、「最後の晩餐」が、家族や人間社会の真理であるとするのならば、勉強ができない女には「トマス」がいないことになる。
好きなことしか知識にしない、出産がある、息子を生贄にするなどの発想から「友達」というものはできるが、女の「日記」には、なんら「真理を囁くトマス」は登場しないことになる。
ただ、心情に共感することしかできない、貧しい女の「先生」が日記に登場するかもしれない。
勉強ができなかったのだから「それでいい」ということにもなる。
あるいは、本当のイエスキリストに帰依するか、あるいは、あんがいデタラメな男の先生を信頼したりするだろう。
女にも「最後の晩餐」と似た構図はあるのだろうか?そうすると「トマスはいないではないか?」
そのようなことが「日記」から明らかになった。
勉強しなかったのだから、有閑マダムは女の「先生」にお金を払っても仕方がない。
「真理」など誰も知らない。
イエスキリストは「女多数派社会」「レスボス島」でこのような風景を見た。
とにかく貧しい連中だったとしか思っていなかった。
「社会に通用しないよ」「世の中そんなんじゃないんだ」母はそのように言っていたが、MI6(トマス)が耳元で囁かなければ、社会も世の中も分からないし、勉強しなければトマスの外国語は理解できない。
女たちは「10年前に戦争で息子をなくした」などといった話題でしか団結できなかった。
瀬能あづさ 永遠に友達

「意識する」
それは、神経データを計算しようとする営みである。
もうすぐの予感 酒井法子

よくいる人、と特別な人の二種類がある。
よくいる人には女は「60%ポジティブな表情」を向けた。
しかし、最後の晩餐のメンバーの前で「微笑みを浮かべる」女はいない。
満面の笑みか無表情かのどちらかだ。
「イエスさまとお食事をともにした人だから」
興味がある、それだけで女は無表情になった。
避暑地のアンニュイ 河合その子

無表情でテレビを見る、常に無表情だと「喜怒哀楽を失う」という意味では統合失調症の状態になることがテレビを見ることだ。
「お笑いとは最高の仕事」
と言われるゆえんは、最後の晩餐の出席者の言動を「統合失調症から自由にさせる」形で、開放感を味あわせるからだろう。
笑いのないテレビ局は統合失調症患者を出すだけだ。
ビデオ講義、放送大学、これらのテレビ番組は「喜怒哀楽のない世界」であり、視聴者を統合失調症にさせる。
「質問ができるから」と言ってビデオ講義ではなく、生クラスに出たがる人もいる。
世紀末の天使 ribbon

イエスキリストとの最後の晩餐で何を話し合ったのか?
その番組を見ていると、喜怒哀楽がなくなると統合失調症になるため、ときおりチャンネルを変えた。
安倍なつみ 一人ぼっち

論文を私は一日中「無表情で」読んでいる。
しかし、時に興奮し、時には喜びを味わいながら読んでいる。
当然、私の文章もそのように書かれていると思う。
そうでない文章を読むのも「統合失調症」になる原因となる。
固い論文を柔らかくできない学者はみんな病気だ。
自分の意識を他人の意識に伝える、それが「名文」というものであり、基本は「キスから胸へ」と「先に進ませる」ことが「名文」である証なのだ。
どこかで統合失調症になって「わかんね」といって断念するのが論文というものなのだ。
Too Adult 渡辺美奈代

「満足度の高さ」がなければ、文字は読めないし、
満足度のない文章ならば、そもそも「読めない」のだ。
高い満足度をもたらせてくれる作家と出会うと、他の作家の文章が「そもそも読めなく」なる。
みんな「紛争との距離」を計り始め、「自分のこと」でなければ読めなくなる。
それが、一流作家の登場によってもたらされたのだ。
「統合失調症になりたくない」「不快感がある」
これが、文字や映像によって人々を誘導する秘訣だ。
意識外の異性が意識に入るようになる、それは、今まで話していた相手が「つまらない」「統合失調症になった」からである。
ゴールを目指しているサッカー選手やバスケットボール選手が「目に入る」味方がいる。
つまり、エキサイティングな結果をもたらしてくれそうな味方だからである。
これを、いかに「仕組む」かが指導者の力量となる。
簡単な「報告書」「レポート」も書かないで論文を読むなんてバカげている。
「栄養」がなければ勉強なんてしない方がいい。
勉強の歌 森高千里

国内最高の理論家であり、自分の発言が「世界の職場の中枢」に伝わるのであれば文字を読んでいても疲れない。
ここに「コンピューターは飽きない」という秘密がありそうだ。
「飲む」と「異性のことを考える」のは、左右の脳が対象になっている。
しかも、「アットホームな雰囲気で行う」
これが「仕事が飽きない」「コンピューターが飽きない」という秘密のようだ。
図書館というものは「アットホームでない」「飲めない」「異性はいる」ということと、膨大な書架が性欲を刺激させる、ということから成立している。
「アットホーム」「飲める」に切り替えるのが「本を借りる」ということだろう。
ロマンスは偶然のしわざ

「アットホーム」「飲む」「異性」の三つの要素が組み合わさって喫茶店というのは成り立っている。
図書館はどうであろうか。
この三つの「全否定」ではないであろうか。
いずれにせよ、「五時間滞在できる」というのは、神経のスパイクが80から120という独自の興奮を引き起こさなければ成り立たない。
「いる」か「いない」かのどちらかなのだ。
人間の「統合失調症にはなりたくはない」という願望はそのままビジネスの研究となるのだ。
男友達 安倍なつみ

神経に関する「結論」だけ述べたが、実際は、交通事故やら、アイスピックで怪我したやらいろんな「災難」が人生には伴う。
神経のことを心配していたのならば、150歳まで生きることを想定して「明日交通事故で死ぬ」ことになりかねない。
トマスはイエスに「不老長寿の方法」を囁いただけであり、イエスは「喫茶店経営」で指導者にはなったが、その影響力から「磔」を経験している。
周囲の神経のスパイクを80~120に高める瞬間を理解していただけである。
人間は「神経のスパイクを高める」ために喧嘩をしているのだ。
トマスはイエスに「恋からして間違ってはいないだろうか?」と語っている。
「誰を信用していいか分からない」から英語を勉強するのに、女が進路妨害したのだ。
そもそも、「何のために女を口説くの?」と言われて、長生きを願う研究は批判された。
周囲に「文学」だけを撒き散らして生きるわけには行かないだろう。
勉強はいずれ「学問」になる。
文化に影響を与えるような「口説き文句」の研究の世界だ。
「アットホーム」「飲む」「異性」という三つの要素は「贅の限りを尽くしてそれはねえんじゃねえか?」というほどの贅沢品だということも知らなければならない。
また、仕事とアフターファイブの二元論に立つものもいた。
そもそも、フリーランスとして常に「神経」に気を配るものもいたが、それで成功するのかは疑わしかった。
哲学だけ勉強してきた宗教家を、周囲は「企業間に介入したら特別背任罪である」と位置づけている。
つまり、自分だけ長生きすることを排除しようとしているのだ。
トマスがイエスに囁いた「神経にいい効果のある方法」はイエスを磔にした。
しかし、女たちが「誰を信じていいのか分からない世界で、トマスなんていなかったわ?」といって失恋を深刻に受け止める気持ちを理解しなければイエスの磔は理解できないだろう。
リリアンは「おいしい飲み物は明日なくなるかもしれない」と指摘した。
また、結局、賢い人は長生きだと割り切っていいのかね、とも言っている。
おいしい飲み物の供給を断たないために「女心」「喫茶店経営学」を研究しているのならば、おいしい飲み物の供給は続くだろう。
いずれにせよ、喫茶店経営、風俗営業の研究をイエスはトマスから教わったために、自分だけ長生きするつもりかといわれて磔にされた。
ribbon 3つの願い

虚像と実像がかけ離れてしまうことを「腐敗」と呼ぶ。
詩の世界を作ったプラトンや、男女の共存を理論化したアリストテレス、そして、「王子」というものを考えたマキャベリ、そして、王子に「占い」を教えたモンテスキューなどが、「絶対的な権力は絶対的に腐敗する」という共通認識を作っていった。
椎名林檎 あおぞら

女の虚像が「セックスをした」というリーマンショックを引き起こしたことから、世界銀行は日本の芸能界に「AKBグループ」「坂道シリーズ」のような「リスクの分散」を求めてきた。
モンテスキューの「法の精神」は、女心を知るのにはいい書籍であるが、
男らしさを探求した男を柔らかく解きほぐしていくという哲学書であった。
ボクシング界ではとにかく「虚像」と「賄賂」が横行した。
「腐敗」というと「賄賂」を想像するだろうが、実際は「腐敗」とは「虚像と実像の乖離」のことであったし、このことを利用して、真剣勝負の世界では「賄賂」が横行したのだ。
「腐敗」した側が「賄賂」を相手に贈っているのだ。
タイソン エティエンヌ わずか1ラウンド

実際に、モンテスキューから教わっているのならば周囲も「関わらない方がいい」と考えたし、「虚像」に対して「ご利益がある」という認識で献金する者も大勢いたために、腐敗と賄賂は直結した。
中華人民共和国は、日本国の高度経済成長時の「7.3%」を上回る経済成長をしなければ日本が「虚像」にだまされることはないということを理解していた。
しかし、中国人の「爆買い」という名の「日本への賄賂」も2020年代には消えてなくなるだろう。
組織ぐるみの「腐敗」の場合は「神輿」が存在し、個人ぐるみの「腐敗」の場合は「才能」が存在する。
組織ぐるみの腐敗の場合は「神輿」が、のちに死人を出す原因となるが、個人ぐるみの場合は「磔」にされる。
組織ぐるみにせよ個人ぐるみにせよ「若い頃にモテた」から、デビューできたのだ。
しかし、組織ぐるみの腐敗の場合は「捨てられた神輿」が必ず、報復して死人を出している。
「神輿」を応援していた「担当」が離れていったことが理由であるため、元「担当」も、その殺人をよく理解していた。
「構造的なもの」として、「自殺」として処理されている。
役所そのものが「芸能界」のようなものだったのだ。
役所の「アイドル」「俳優」が、部下に金をばら撒いていたのだ。
「国家統治に責任を負う者」として政官要覧に名前が掲載されることそのものがアイドルだった。
食事代はかかるわ、飲み代は払わなければならないわ、アイドルも大変だった。
正確な情報をよこす「トマス」がいなければできないことだった。
組織ぐるみの「腐敗」をなくすためには、「女性職員を増やす」ということだった。
「トマス」がいなければ、神輿は簡単に見捨てられた。
一方、「高貴なご身分」という名の腐敗は「警察」が必要としたものである。
警察組織が動きやすくなるために「高貴なご身分」の存在は不可欠であったし、そのために、警察組織が司法の場に「賄賂」を贈った。
組織というのは「才能のある個人」と「担がれる神輿」が共存している。
簡単に「能力主義」というわけにはいかない役所のお家の事情がある。
企業もこのようなことを踏まえて「総合職」の女性を採用しているのであり、役所も「女性が男の序列を決めている」ということをよく理解しないと「腐敗」というものが「賄賂」の温床であり続けるだろう。

住基ネット、マイナンバー、共謀罪は国民の「セックス監視法」であり、メディチ家の「権力」(パワー)にしたがったものだ。
ギウリオ・デ・メディチがロレンソ・デ・メディチに権力を譲る上で、「セックス監視法から免れれば王位を譲れる」と考えたものであり、共産党などの左翼は「それならばつまらん男が王になるだろう」として猛烈に反対した。
メディチ家は「セックス監視法」を熟知しており、ストーカー防止法などにおいても警察がすべての記録を残していた。
「記録がクリーンならば問題ないわけだろう」
これを「一子相伝」と呼んだ。
「記録をクリーンに維持しなさい」しかし「女心(政治)をよく理解し、論文を書きなさい」
「記録をクリーンに維持する」というのは反キリスト教的だった。
自衛官か警察官かね。
住基ネット、マイナンバー、共謀罪、ストーカー防止法などが成立し「予防警察法」が整備され、「強い政府」が実現しなければ平成天皇の生前退位はなかった。
しかし、政府は着々と平成天皇の「外堀」を埋めていったのだ。
後継者は堅物だが、最近やたらと柔らかくなったらしい、そのような情報を政府は得ていた。
あるいは「いろんな情報を王子から得たけど、柔らかさとユニークさしか見ていなかった」のかな?とも思われた。
強い政府を背景に、王位の安定的継承を図る、あるいは国民の支持を得る、伝統にしたがうということだけを死守するだけでも、王子からは「面白い論文」が各省庁にもたらされたし、王子のように「外国語にやたら通じている」「スタンフォード大学に詳しい」という個性がなかった官僚機構(東京大学)は、着々と「破廉恥な王子」「学ばない王子」「堅物な王子」を排除していき、ユニークな王子から情報を得ようとした。
ようするに「各省庁に論文を提出し続けるのは王子の義務」であると言えた。
王子様と雪の夜 タンポポ。


マリア・アステルは「心と仲間の二元論」に立脚し、仕える男の知性が「ファーストインテリジェンス」であれば、自分の仲間も増え、仲間(ボディ)と自分の体(ボディ)は磨かれるとした。
「レディ・ラブ」とは、男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいいという立場に立ち、賢い男を「離さない」ためにセックスをするというものであった。
賢い男は必ず「白黒つける勝負」を行っていたし、いつまでもグダグダと結論を先延ばしにはしなかった。
男の「知性」を知ることは「感じること」であったし、セックスが気持ちよければ「白黒つける世界にお金を出す」
ことを意味した。
男の世界の「いじめ」を経験した男が紡ぎだす文章に興奮したし、彼とのセックスが気持ちよくなれば、「神さま」を勝利に導くのは女たちであった。
学のないものにも「分かるように」話すのが高等教育の世界であり、専門用語を使う男は「女を知らない」と判断してかまわなかった。
「言っていることの意味が分かるから怖いの」
女たちはそう言っていた。
男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい。
この形而上学の結論に対して「まったく逆方向に走り出す」LGBTもいた。
「心がボディ(仲間・体)を作る」ということから、自分の体のほうが女友達の体よりも美しいと考えて略奪愛をする女もいる。
再デビューの誘いにも「二人組みならばお断りです」と鈴木早智子は語った。
愛が止まらない Wink

作家というものは、気持ちのいいセックスを女たちに提供して、彼とのセックスに「神を見せる」のが仕事である。
本の印税の秘密はここにある。
本を書くことによってニクソンは多数派工作を行い、フォードにその行いを許されている。多数派工作の前には「許すしかない」(サルベーション)ことがあるのだ。
なにしろ、多くの女が「ニクソン」に抱かれることを想像しながら性生活を送っていたからだ。
今後の夫婦の性生活で、夫に「ドクターノオの気持ち」を味あわさせたくて、ドクターノオの下の名前を第一子の男児につける女もいた。
女にとっては夫婦の永続と自分の魅力の問題だったのだ。
魅せられて ジュディオング

マリア・ウォルストンクラフトは、アダム・スミス以降、「男は社会の歯車になったほうが効率がいい」という考えが主流になり、なかなか「宗教家」と呼べる人が少なくなった時代において、「女と話すだけで巨万の富を得るカント」「女に金を払ってセックスすべきだとしたヒューム」の登場を経て、フランス革命・アメリカ革命を経験したため、聖書はもはや真理と確定している、宗教家を想像しながら夫に抱かれるべきだと主張した。
マリアの初体験がリスボンに向かう電車の車内で病気で倒れた男であったことを、「フィクション」という小説にまとめたり、その真偽は定かではない「気持ちのいいセックス」を描いていたことから、もはや、キリスト教(神道)の世界にこれ以上の優秀な作家は生まれないという考えがあり、サラリーマン社会においては、聖書の真理はもはやどうにもならないほど固まっているという判断があった。
1960年代に「セックスと革命の嵐」が吹き荒れたが、みんなサラリーマンになって人生を送ることも明らかになった。
レディラブとは、イエスさまを想像しながら、サラリーマンである彼を離さないものとなった。
レディラブ ribbon

マリア・シェパードは、「処女は神様がいてみんないい体をしている」としている。
有神論の根拠を「女神である処女」に求めたのだ。
処女が信じているものを男も信じたほうがいいというのが「有神論」の存在根拠であった。
ヒュームは「処女はカネがつりあわないね」と指摘していたが、処女を買うカネが高額にならないと「大人の論理」は高まらないとした。
処女が信じている「神様」と男が信じている「神様」のズレがここで生じることになった。
男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい、これは形而上学の結論であったが、「美しいほうの神」と「賢いほうの神」のふたつに分かれたのだ。
イザナギとイザナミ、スサノオとアマテラスのように、神は常にふたつに分かれた。
「神様?信じているよ」とある元世界チャンピオンは語った。
女神の資金力と、男の神の賢さのふたつを含んだ発言であることが分かった。
賢いほうの神も「女神の資金力」を利用して、娘にクリスマスプレゼントを贈っていたので、スサノオとアマテラスの関係は微妙なものであったが、スサノオは「男磨き」をしなければ、女神は微笑まなかっただろう。
スサノオとアマテラスの微妙な関係を、女の子は「神様」と呼んで「大人の論理」と言い換えていたのだ。
やさしさに包まれたのなら

神は、六日目に「光よあれ」と言って、女を動物ではなくさせた。
その前は、男たちがぶつかり合って「コマーシャルペーパー」(社債)の研究をしていたのだ。
男たちがぶつかり合う社債の世界にはスサノオしかいなかった。
アマテラスが現れて、どれほど男たちは楽になったであろうか。
六日目に「光」が登場してから、神は一日休んだ。
石原軍団
女子がいないのに勉強がはかどるかは実はあまり明確ではない。
しかし、文化に影響を与える「研究」ではなく、学校知である「成績」で負けるのは好ましいものではない。
文化に介入しない「成績」であるのならば、男たちは再び「ぶつかり合い」を始めるだろう。
営業の「成績」のように、文化に介入しないものならば「社債」を出すのに十分な「物語」は組めるだろう。
クライスラー社のアイアコッカは、「6年後に本社に入ってくる現金」をすべて、SPCに債権譲渡をし、社債を発行させたとされるが、実際は「激しい営業の現場」を現金化させたという指摘は可能だ。
「光よあれ」
この六日目に女は動物ではなく、昼間の「話し合いのパートナー」として登場した。
しかし、社債は「光を見る前のぶつかり合い」を利益に転嫁させるものだった。
子供たちの「熾烈な受験戦争」の現場を社債に変えるという力量を持った私立高校はいまだ存在しない。
アイアコッカをなかなかビジネスに活用するだけの情報は東大にもないのが現状だ。
「成績至上主義」
これが社債の起源であり、人間はひたすら「光」を待ったのだ。
光が登場する前の「男たち」に、のちの女たちは憧れていたのだ。
女を孕ませたからリンゴをかじって仕事をしたアダムとは異なる論理が「社債」にはあった。
アダムの林檎

男職場や、学校の男子には「結局、誰が優れていたの?」と決める女子がいない。
つまりは「堂々巡り」を行うことになる。
「いい体をした処女」が信じている「美しいほうの神」と「賢いほうの神」は、このようにして「賢いほうの神」が先行する形で登場したし、
いまだに、社債(コマーシャルペーパー)として「光」を待っている職場や学校はあるのだ。

男は賢いほうがいい、女は美しいほうがいい、というのが形而上学の結論であったが、「私の胸」に多くの男がいて、美しい女がいて、あまやかされた男の記憶があり、その「私の胸」が、「昨日の記憶を思い出し、明日のために」【この人には挨拶したほうがいい】と判断することは昨日の勝負事を救ってくれたことを考えるだけではなく、
将来も「戦力」と考えられていることからたいへん有意義なものだ。
過去の男と照らし合わせて「戦力」と考えられなければ女は挨拶もしなければ名前すら教えないだろう。
「彼はデトロイト生まれらしいわよ」とヨハネは言われているようなものだ。
出身地を女たちが噂しあったのだ。
「彼女のブログは更新された」とマリアは語られた。
賢い男を大勢知っていて、美しい女を大勢知っているマリアは、「今日会った男」に挨拶することで、その男を「学校に行っていた人」「自分は免許を持っていること」をブログに記していた。
賢い男を大勢知っていて、美しい女を大勢知っているマリアは「車を買うお金」に困らなかったのだ。
ヨハネが乗っている車を買う苦労すらバカらしいものが「形而上学」からもたらされた。
車を買う才能があるマリアは、「将来のことを考えて」賢いと思った男に挨拶をした。
ヨハネに挨拶したり、ブログに書いたりしたら車が買える、これがヨハネの位置づけである。
松田聖子 ロックンルージュ

これがキリスト教社会での「ヨハネ」の存在意義であり、将来を嘱望されていた存在であった。
「ヨハネがイエスキリストに近いのは本当ね」
これだけで、ヨハネは出身地までマリアたちの噂の対象になったのだ。
イエスとヨハネの違いは「必ず」と「多分」の違いであったし、「やらなければならない」と「やりたい」の違いでもあった。
「年の功」がイエスにあっただけであり、ヨハネには若さがあった。
イエスキリストが「若者にあまえた」「女たちの影響力にあまえた」のであれば、その「若者」とはヨハネのことであった。
「女たち」というのはもちろん「マリアたち」であっただろう。
「デカイ」「歳を取っている」「金持ち」「速い」「賢い」「熱い」などがイエスキリストにあるとすれば、かならず、フォロワーとしての「ヨハネ」はキリスト教社会に必要なものだった。
イエスキリストは、アブラハムもその誕生を喜ぶ存在であり、多くの政敵に命を狙われたが、イエスの若き信者としてのヨハネがいたからこそ、イエスキリストは影響力を持った。
また、ヨハネも「イエスキリストを信じる者」として、イエスキリストに近いことをアピールしたし、女たちも「将来のある若者」として、「ヨハネのことをブログに書けば車が買える」と位置づけていたのだ。
松田聖子の歌う「あなた」は、アブラハム説がまず先行し、「エル(覇権国家)・アブラハム・エロヒム(覇権国家の先生たち)」、が存在したが、神・男・聖霊つまり「父・イエスキリスト、ペテロ・スコトゥス」つまり「男・男・男)説が
あるが、いかんせん「若さ」を指摘されると「イエスキリストの信者のヨハネ説」が浮上せざるを得ない。
松田聖子 秘密の花園

ヨハネとは「若くて、方法論に恵まれた男」という意味であり、そのままいけば大企業のCEOになる存在だ。
覇権国家と直接関わるアブラハムや、虐められるだけの人生であったイエスキリストとは色合いが異なる。
アブラハムの重さもないし、イエスキリストの暗さもないが、明るくて若いのがヨハネの特徴だった。
「ホサナ」といっては、方法論上の迷いを生じさせていた男とはいろんな意味で「違う」し「特別」だった。
すべての若者は「ペン」を持っていた。
しかし、ヨハネの「ペン」は特別だっただろう。
アブラハムがその誕生を喜んだイエスキリストに近いのだ。
女を完全に呑んでかかるほどの知性はなかったが、先生に恵まれ、将来を約束される、それほど「明るくて絵になる」男はいなかったのだ。
カプランは、1989年に松田聖子をよく研究したのちに「この男はヨハネです」と公表している。
松田聖子 妖しいニュアンス

「20世紀のヨハネは誰か?」と言われると、代表格は「ジョン(ヨハネ)・ロールズ」だろう。
女たちの「幻の恋人」としての地位を守るために、ポルノの女の顔を「似ているな」と思う程度に自由に変えることを選択したのだ。
ポルノが、男に破られても、忘れ去られても「幻の恋人はいる」「松田聖子が好き」と言えるように、ポルノの女たちの顔を変えてしまったのだ。
本来、プリンストン大学で学生生活を送り、オックスフォードに進み、ハーバードで教鞭をとったロールズは、「方法論上の迷いのないヨハネ」であったし、女たちの「幻の恋人」を誰よりも理解していた。
第一次世界大戦と第二次世界大戦を経験し、ベトナム戦争の頃には影響力を高めていた。
「戦争に貢献できない哲学者って寂しいね」と二つの大戦を眺めていたのだ。
ポルノの顔を変えてしまう、それはフォトショップ以前からロールズが考えていたことであったし、顔にも事実上モザイクをかけることを意味した。
「幻の恋人」がポルノを破ったり、忘れ去ったりしても傷つかないようにしたのだ。
センチメンタルジャーニー

若い女の子に向けられる「大人の権力」が「親心」を見せたのだ。
長い目で見ると、ロールズはカトリックやイスラムのスターだった。
「フリー・フェア・グローバル」
これは「金融ビッグバン」とも言われたが、要するに「ポルノの女の顔を変えてしまう」ことから、都会に人が満ち溢れたり、田舎での陰湿ないじめをなくすことを意味した。
バチカン委員会は「幻の恋人」「恥ずかしい夢」の二つを「シスターたちに必要なもの」と考えていた。
イスラム社会にはこのことが浸透していなかったが、フランスはカトリック国としてイスラム女性の「ヴェールの着用」を禁止してしまった。
ポルノに出演したから都会にいけない、田舎で東大生を虐めることしかできないというご婦人方の伝統に反して「巨大ポルノ社会」を出現させたのがロールズだった。
ポルノに出演しても、なんら人生で失うものはないとしたカトリックは間違いなくメジャー宗教であったし、
石原さとみは「すっぴんでも綺麗、テレビと同じ顔。ポルノに出演したら権力が守ってくれなかった」という意味では創価学会はカトリックの世界規模での頒教活動には太刀打ちできなかった。
石原さとみ セクシー

テレビに出演する時の顔をまったく異なるものに変えてしまうかどうかは教団によって異なることになったし、どのようにオリジナルの人物の命を保障するか、など教団の力量が問われることになった。
男はともかく、女性芸能人とポルノの関係を考えると、カトリックの世界化は成功したようにも思われる。
創価学会が女の値段を3万円と設定したのならば、カトリックは15万円と設定したような意味を持つことだった。
「幻の恋人」がいる、「恥ずかしい夢」を見るというのは、女であるために必要なものであり、ポルノに出演して「女らしさ」を失い、生理がなくなった女の値段は下がらざるを得ない。
「このポルノの女は実在しないんすか?」
この時、男たちは「現実の女」に目を向けたのだ。
「偶像は実物に劣る」としたカトリックの教えは「テレビに出演している女の顔を変えてしまう」という根の深い問題だった。
「仕事だよ」とマネージャーは言った。
ホワイトガール物語

ロールズは「ヨハネ」「幻の恋人」として女たちにフォーステップを与えている。
ワンステップは「ポルノの顔やテレビの顔にモザイクをかけることによって将来への貯金を与えた」ことであり、
ツーステップは「歳をとった女も若い女も同じように愛される」という憲法を与え、略奪愛を可能にしたことだ。
スリーステップは「痴話喧嘩を裁く上司」をあたえ、最後に「法廷」を準備したことであり、フォーステップは「名誉を若い頃に手にしても、歳をとったあとの富を保障した」ことである。
芸能人に「いつでも市民に戻れる」ことを約束したのだ。
1990年にイラクがクウェートに侵攻した。
「フォーステップが守られていない」というのが理由であった。
クウェートの芸能界の体質を問題にしたのであり、カトリックの支持を期待したが、アメリカ合衆国に退けられている。
アメリカ合衆国は、第二次世界大戦で「共産主義と国家社会主義のどちらが優れているのか?」という問題も「資本主義」によって封じ込めたし、クウェートの芸能界の体質などを論じるつもりなどさらさらなかった。
芸能人がいつでも市民に戻れる。
このことが「フリー・フェア・グローバル」と呼ばれる「金融ビッグバン」と呼ばれた。
経験豊富な女たちと哲学者が話ができる機会を与えた。
しかも、このことに常に銀行が敏感であることを意味した。
タンポポ ワンステップ

ヨハネ・フィリピヌスは、6世紀の「ヨハネ」であり、時代はかなり古いが、聖書の「ヨハネ」その人であると思われる。
いろんな学問に通じ、アリストテレスの「男女共学」の影響を受け、「勉強・勃起・女の癒し」の三位一体を考えた。
第二位の位格がイエスキリストであるとするのならば「勃つ男」のことをイエスキリストとしたのがヨハネであった。
聖霊とは「女の癒し」であり、父というのは勉強のことであった。
女が三位一体に加わったというのが本来のヨハネの主張であったため、三位一体の固さが疑われるが、より賢い男の神、より美しい女の神という観点からは、
フィリピン出身の看護師は、旧約聖書の「女神」だと自身を位置づけていることになる。
フィリピンの女は看護師にせよ風俗嬢にせよ「男を癒す」ことを教えとして受けている。
彼女たちの歌はどのようなものかは語られることはないであろうが、フィリピン出身の看護師が「BoAが好き」と発言したのを見たことがある。
BoA No.1

アンゴルモアの大王が安定的に統治する、いつかドラえもんがの時代が来るなどの「将来の光」はすべて、フィリピンカトリックが日本国に流布させているものだ。
「幻の恋人」とは、彼女たちにとって「勉強のできる男」「勃つ男」のことであったし、のび太のような男が好みだった。
「勃起する男はみんなイエスなのか?」
フィリピンカトリックの立場は、女たちの現実を示していたため、東方教会と大喧嘩した。
フィリピンカトリックが「男は勃てばいい」と考えていたことや、そのような男にはいつかドラえもんが現れると考えていたことに対して、東方教会は「故郷からお金を引き出すのが教会の仕事である」とし、フィリピンカトリックの「割り切り」と対立した。
フィリピン女は「男は勃たなければ故郷からお金を引き出すことがそもそもできない」としたため、東方教会は「旧約聖書の女の登場人物はいらないのではないか?」と激しく対立した。
BoA Only One

日本国の防衛は「専守防衛」と言われているが、実際は「フォワードディフェンス」つまり、沖縄諸島(八重山諸島なども含めて)を活用して、より「前方で」中国を叩いてしまおうという発想をとっている。
この20年間で中国の国防予算は600%増えているが、日本は22%である。
沖縄まで中国にとられるという問題ではなく、フォワードディフェンスが機能するかどうかの問題が沖縄諸島の問題なのである。
中国が150~500発の「日本を視野に入れた弾道ミサイル」を持っているのは事実であるが、日本には沖縄諸島があるのだ。
フィリピンという国は、上に述べたような宗教上の理由から「外交の優等生」のような存在になっている。
問題を起こさない「教え」というものは確実に存在する。
BoA 永遠

ヨハネ・サルツベリーは、アクィナスの弟子であり、イエスキリストの教えを受け、かつては男同士で知恵を競い合った「おじいさん」のことである。
松田聖子の歌では常にモデルにされ「与党」「ニューライトの旗手」として生きたおじいさんであり、「若きイエスの信者」としてではなく「おじいさん」として歌のモデルになることが模索された。
キケロが人生のすべてを記してくれたため、もはや思い残すことはなかった。
アクィナス(イエスキリスト)は、自分のかつての栄光の「明るい側面」を自らも「ヨハネ」と名乗って楽しんでいた。
歳をとっても「噂」が残り、処女にモテたおじいさんとなった。
方法論上の迷いがなかったのはイエスキリストも同じであったし、人生の若い時期は誰もがヨハネであるということを、サルツベリーは示した。
「そういう相談はアクィナスに言え」と他のおじいさんも若い女の子に言っていた。
Please tell me Mr.朱

ヨハネ・ワイクリフは16世紀の人物であるが、スコティストを見て「野党は10の派閥に分裂する」とし、常に自分は「詩のモデル」になることを選択し、政府与党にとどまることにした。
しかも、政府与党にとどまることは、さまざまな利権を超越した「音楽産業」という巨大な富と関わることを悟り、王の息子を倒すためのプロスポーツに活用した。
長島一茂だろうが秋篠宮だろうが、「その道」では一流とはいえない「プロ」となったのだ。
東京大学法学部に入った強みをとことんまでに追求したのがワイクリフだと例えられる。
保守本流であること、指導者を間違えずに方法論上の迷いがないこと、これが「ヨハネ」であるが、学習院大学にはない「プロスポーツにおける強さ」があった。
ペテロ・オリオールも「みんな同窓会で会いたがるだろうね」と羨ましがり、この曲を作った。
100%の雨が降る 酒井法子

大学時代は「若さを無駄にした」が、ヨハネは「いい先生」をひたすら見極めていた。
方法論上の迷いさえなくせば、大学は卒業だった。
高級官僚や医者から「お前のような単調な暮らしはしていない」「知識の最終消費者」と罵倒されたが、その「迷いのなさ」が炸裂したらみんなが媚を売ってきた。
みんな迷いながら「社交性のあるふり」をしてきただけだったのだ。
スコトゥスもオッカムも「アクィナスさえ読んでいればいい」という状態になったが、スコティストはもはや「文字も読めない」「追いつかない」ぐらい、いじめが正しいと信じていたし、気がついたらもはや手遅れだった。
ヨハネ・ワイクリフは、「女性トラブルがなかったのが勉強に集中できた理由かな?」と語り、プロスポーツを謳歌した。
100%の恋人 酒井法子

ヨハネ・オースティンは、父親が商人であり、そのビジネスへ貢献するようにとロンドン大学で法律を学んだが、心を病んでしまった。
行為無価値論というのは「男性的すぎる」とし、
「女を口説く言葉を考えれば儲かる」(民法・商法)
「女にモテれば犯罪は犯さない」(刑法)
という形で、一気に結果無価値論を開花させた。
サヴィーニーのような「暗闇への跳躍」を否定し、あらゆる世界で共通の口説き文句があるはずであるとした。
ケイヴァースは「アメリカ合衆国の口説き文句が世界最高のもの」と判断していたが、世界のどこに知識があるのかを見極めようとしたのはヨハネ・オースティンも同じだった。
風立ちぬ 松田聖子

ヨハネ・ブリダンは、芸術家であったが、アクィナスが虐めに遭いながら「さまざまな仕事」をする上で用いたペンネームだろうと考えられている。
芸術を語るときは「ブリダン」と名乗り、プロスポーツと関わるときは「ワイクリフ」と名乗り、歳をとったら「サルツベリー」と名乗るという具合に、
「暗いイエス」の明るい側面はすべて「ヨハネ」が引き受ける形となった。
ペテロ・オリオールが、娘のヒロイセのアクィナスへの想いを詩にした時も「ブリダン」と名乗って評論を加えたのだ。
【セックスなんてものは人間が作り出した宗教だよ。貝殻なんだ】
秋の貝殻 Qlair

ヨハネ・アンダーソンは、「女の胸」の前に「自立していて」「勃起する」男を重視した。
国家レベルの知識がなければ、自信を持って「女を口説く」ことはできない。
男らしさというものは「国家レベル」を常に背景にしており、そうでなければ「おカネを取られる」のが当たり前になりかねない。
今の「国」とはどういうものか?それを理解していなければ「国家レベルの歌のモデル」にはならないのである。
「国家社会主義」とは案外そのようなものであった。
なぜ彼は特別なのか?国の叡智も限界も知っているから。
そんな男に「恋」をした女もいただろう。
しかし、「恋」の原理は簡単でも、「愛」の探求は広大な宗教の研究になる。
愛は宗教に囲まれていなければ成り立たない。
ラッセル、ムーア、ヴィトゲンシュタイン、ブラッドレー、スタウト、マクタガート、アレキサンダーなどの「オールドギャング」が宗教作りに参入してきた。
ヨハネ・アンダーソンは「国家レベルの知識」を背景にしていたので、恐れている男はいなかった。
そのために「オールドギャング」を形成することができたのだ。
低学歴だからといって低学歴の部下しか雇えないというのでは、宗教は成立しない。
エンペラーと芸術の関係とは得てしてそのようなものであった。
松田聖子 夏の扉

ヨハネ・アンダーソンは、「ヨハネ」と言われるだけのことはあり、イエスキリストに近かったが、方法論上の迷いがないというヨハネの共通項にしたがって、「幻の恋人」の対象になった。
しかし、「恋」の探求は簡単すぎるし、宗教も作れない。
そこに、シドニー・フックが「恋を知らない」と喧嘩を売ってきた。
「恋」というものがある、それだけで、ヨハネに揺らぎは生じるのであろうか?
「英雄とはどのようなものか?」
イエスキリストの命を救うのは「若き弟子」であるヨハネだったのかもしれない。
アブラハムは、イエスキリストを待ち望んで命を救われ、イエスキリストはそれをヨハネに託した。
「国家レベルの学問」をやるのは「命がけ」という側面があることは指摘しておきたい。
恋と愛のニュアンス 酒井法子

シェークスピアにおいて、ご婦人たちが、ふしだらな女性の行いに対して「パウロさまがなんておっしゃるかしら?」という発言をしている。
パウロとは何者なのか?
基本的に「イエスキリストのスタイリストである」という指摘は可能である。
パウロ・リコアーは、イエスキリストが生み出した富を「美しさに活用すべきである」とし、現象学(美しさを探求する学問)を生み出している。
あくまでも「富」を背景にした学問であり、芸能界のイケメンがそれを提示する仕事であることは事実である。
お洒落、髪型、それはすべてパウロの教えに含まれるものだ。
イケメン 髪型

リコアーは、人類学の観点から「清貧を旨とする、お洒落に興味のない家庭」の研究を行っている。
一方で、若い女の子は「イケメン」「かっこいい」男に恋をしているのではないかとも位置づけており、
「パウロ教」とも呼ばれるキリスト教は、若い女の子の支持を取り付けることをパウロが行ったことから語られていることである。
「イエスキリストのスタイリスト」であるパウロは、「カタチから入る」「賢くなれる」「イエスのような金持ちに見える」ことから、キリスト教社会で影響力をもった。
キリスト教とはあくまでもイエスのものであり、しかし、イエスが生み出した富を「どのように用いるべきか?」をパウロが提示したものだ。
「キリスト教はパウロ教か?」
ファッションチェックは間違いなくパウロ教だ。
しかし、リコアーは「あくまでも私はイエスキリストに仕えるものだ」とし、ハーバードユニバーシティなどというダサいメガネを作ったりして、イエスへの忠誠を尽くした。
イエスの資金力を崇拝しているのか、パウロの「イエスのスタイリスト」としての立場を支持するのか?
そのあたりが混同されているようである。
ドン小西のファッションチェック

また、パウロは「イエスの側近」という意味合いをも持つことになり、パウロ・ナトロップは、「女の子と話すだけで金持ちになれる」というカントに造詣が深かったヘルマン・コーヘンの側近として、ヒトラーのドイツに対抗する形でオーストリアを守った。
パウロは「イエスキリストのスタイリスト」としてのみならず、側近として「軍師」の役割をも演じたのだ。
「イエスキリストにお金の使い方を教えた」
という意味では遊び人でもあり、お気楽な軍師でもあった。
軍師官兵衛も、秀吉の資金力がなければ「水」と言っても堤防は作れないわけである。
イエスの資金力を背景に、影響力を誇った以上、イエスが処刑されるのならば真っ先に逃げる無責任さもあった。
軍師官兵衛テーマ

パウロ・ファイヤーベントは、パウロには珍しく、学があった人物だ。
カール・ポパーのこめつきバッタをやって「処女」たちと親交を持ったり、ヴィトゲンシュタインの付き人をやって、ポルノ写真をとったりして研究生活を送ったために「パウロ」と呼ばれているが、いかんせん「女の子たちと話した経験」が他のパウロとは異なったために、価値相対主義を批判し、女の子と話す上で「絶対」ってものがあるという境地に達し、「開かれた絶対主義」つまり、今後もなんらかの絶対はあるであろうが、そのことにオープンでありながらも「絶対的口説き文句」の存在を信じる立場を明らかにしている。
現代アカデミズムの到達点であり、「価値判断の相違」と言っても「価値」というものは「女性の局部のことである」など、現代の日本の刑法学にはなかなか浸透していないことも明らかにしていた。
パウロといっても勉強する人もいるのである。

パウロ・グライスも、ファイヤーベントと同じく、エロ写真家であるヴィトゲンシュタインの付き人だった。
ファイヤーベントとは色合いが異なり、ヴィトゲンシュタインの「真の意図」を探求した真面目な側近だった。
カメラを手にしたヴィトゲンシュタインはまさに「イエスキリスト」のようだった。
【人間は同じズリネタを何度も使うものなんだ。性欲は繰り返すものだ】
このようにヴィトゲンシュタイン(写真家・イエスキリスト)の論評をした。
ファイヤーベントが「女の子とのコミュニケーション係」だとすると、グライスは真面目な写真理論家だった。
「どれほど悪意にさらされている写真なのか?」が、ヌケる条件であるとし、チヤホヤされている、有名なだけではヌケないのが写真だとした。
橋本かんな 写真

ストローソンが「俺は橋本かんなでヌケるよ?」とグライスの考えを否定した。
しかし、それは「3歳の頃から知っていた」からであるとも言われた。
あるいは「コミュニケーションをとったことがあるのが大事なのかな?」とも言われた。
橋本かんなは、のちにテレビに露出することで、オリジナルの写真の価値を高めている。
やっぱり、「脱ぐ脱がない」がどれほど焦点になったか(悪意にさらされたか)であるとされ、「言葉がなければ写真はエロさがない」とも言われている。
基本的には「他人の家の覗き見」が写真だとしている。
あんがい知られていないのが「弟が苦労するよ」という視点である。
アイドルの笑顔の写真でも「どのような構図にニーズがあるか」で「あ、いいね!」とグライスが言っていたかは理解する必要がある。
撮影してしまえば「女たちの悪意、多くの評論」を待つしかないのが「ヌケる写真」を撮る秘訣だとした。
歴代写真集

ヴェニスのパウロは、本物のトマス・アクィナスの側近だった。
ヴェニスの商人とはパウロのことであり、当時は「原因不明の微熱が続いて死に至る」とされていた「癌」の治療薬を売りさばいた。
治療薬と言っても、身内の中でいちばん「いじめ」から遠いところにいる「おばあちゃん」を崇拝するというものであり、形見の品をどこかの博物館から見つけ出してきたり、アクィナス自身は、父方のおばあちゃんに、21歳の時に心を病んでしまった時に贈られた音楽作品の有効性を知っており、「自分を虐めなかった存在」であるおばあちゃん崇拝さえしておけば癌が治るということをヴェニスのパウロに語っていた。
「原因不明の微熱が続いて死に至る」と恐れられた当時の癌は「ペスト」とも呼ばれたのだろうか。
いずれにせよ、ヴェニスの商人はその治療薬を売りさばいたのだ。
アクィナスの側近のパウロとはそのような存在だった。
エアーサラダデイズ 酒井法子


女たちにとって「権力」とは人気のあるものだ。
激戦区となった大学入試に打ち勝った(マックス・ウェーバー)、
みんなとの予定調和にしたがわなかった(ハンナ・アーレント)、
紛争を解決した(ピーター・モリス)
などを「権力」と定義し、主婦層に人気のあるものとして、創価学会ならば選挙を、ゼブラならば横浜DeNAベイスターズの勝利を「激戦区を打ち勝つ」「予定調和に逆らう」「紛争の解決」として選択している。
しかも、主婦層ならば「勝利のシナリオを描ける」だけの資金力があった。
イエスキリストは「800人いる」というのがスピノザの立場だが、アクィナスは最もイエスキリストに近く、アブラハムはイエスキリストの誕生をほほえましく見ていた。
スポーツ新聞の一面を飾る「候補者」は800人いる。
アブラハムは「激戦区に打ち勝つ」「予定調和に逆らう」「紛争を解決する」という日常を過ごすだけだった。
激戦区に打ち勝つのであれば「下痢戦争」に勝った経験がアブラハムにはあったし、予定調和に逆らうと言うのであれば、アブラハムはその道の職人だった。
紛争を解決するという面では「医者であり弁護士」であった。
しかし、アブラハムが一人で背負い込むのであれば、アブラハムが磔にされるだろう。
そのために、スピノザは「800人のイエスキリスト」を用意したのだ。
どの論文を読めばいいの?「そんなことアブラハムしか知らないよ」とミシェル・フーコーは言った。
ナビが壊れた王子様

「女心は大きすぎる」(超越論的)ことに気がついたのはカントだった。
それはまるで空のように、海のように、大きすぎたために、「女心に関しては何を書いても著作権の対象」となることを理解したのだ。
このことを理解したキャサリン・マッキノンにも「権力」がもたらされた。
マッキノンは国防長官になっている。
男を「主人」と呼んでも、女は何も失うものはなかった。
主人が女に「俺色に染まれ」と言っても、二人の間を取り持っている宗教次第では愛も長続きした。
東京には、女の「ポルノ」が蔓延していたし、何も分からない年頃に「社会が喜ぶから」と言われて、裸になったけど、代官山は場違いかな?と思ったりした。
女に「田舎以外に居場所をなくす」のは支配階級である男たちであり、歌舞伎町やクリストファーストリートに自分のポルノが蓄積されていると思うと、田舎で主婦として男の富を保障する以外に、女としての生き方はないことを知った。
社会の快楽を最大化する「社会主義」においては、田舎が発展する宿命にあった。
マクロ経済学も、ミクロでの文学作品の研究をしなければ分からないのだ。
女たちの「抑圧」と、富を握っているという意味での「優越」を理解しなければならない。
激戦区を打ち勝った、予定調和にしたがわなかった、紛争を解決したという「権力」を女が愛する理由は「抑圧」されている自分たちを「優越」に変える力を持っているからだ。
抑圧されている女たちを「彼女たちの心は大きすぎる」「著作権が無尽蔵である」として、抑圧から優越に変える営みをミシェル・フーコーは「脱構造主義」と呼んだ。
女には「出産」というものがあったので、男の「口説き文句」(絶対)さえ聞いていれば待ち時間も長くはなかった。
ゲイ(スターリニスト)や血統書つき男(グラムシ)などの共産主義者が退屈だったのだ。
渚のはいから人魚

女は抑圧されているという意味は「ポルノの蔓延によって故郷にしかいられない」ということだったのではないか?
そのために、地元に「地割」と呼ばれる縄張りを作って、その地域の「男選び」をやっていたのではないだろうか?
大事なのは「メンバーシップの強さを高める」ことだった。
夫と「対等」になるためにどれほど耐えなければならないのだろうか?
指導者への「報酬と罰」は、選挙権を持っている「耐えた女」に頼っている側面がある。
女の「願い」は結婚ではなく「出産」だった。
しかし、出産を「目的」とみなした男にも「子育て論」を吹っかけた。
「女医」「女社長」という用語がある限り、女は金持ちにはなれない宿命にあった。
医者や社長は体力勝負だ。
「激戦区で打ち勝ち」「予定調和にしたがわず」「紛争を解決する」
サリー・ハスレンジャーは、彼女の小説で「女の将来を託せる放埓な男」を描いた。
本当にこのような女たちを「集票マシン」にしたのは創価学会が初めてだった。しかし、今は神社も共有している。
洋服を買うのも我慢して夫に仕えたのに、この扱いはひどすぎる。
そう思った主婦は団結に向かうのは当然ではなかったか?
ハスレンジャーの「忍耐だけの女の人生」の物語(構造)を知らないと、彼女たちのエネルギーを用いようという「脱構造主義」という発想も生まれないのだ。
東大生の「権力」をA地点のものをB地点に動かすために用いるのには「脱構造主義」がもっとも必要とされた。
勝利は我々の中にある、しかし、脱構造主義を理解したうえで「彼女たちのエネルギーが我々の中に」あるという「from within」を理解しなければならない。
人々の食欲を満たす「飲食店」という仕事は男たちが作った流通ルートにしたがって達成されるが、「最後に料理する人」がどれほどの権力を持っているのかを知らないといけない。
池田大作には「仏」の話を訊きたかったのではない。「パワーフェミニズム」について訊きたかったのだ。
Victory is within us


さて、キリスト教と少し離れて、「知的財産」の話をしよう。
床屋の主人とおかみさんが、「あの独身男」の話を周囲に撒き散らすことを「知的財産」と呼ぶ。
キリスト教が飲食店ならば、創価学会は床屋だろう。
とにかく、床屋のおかみさんは「あの独身作家の書いている小説」を周囲に言いふらしているのだ。
自分の主人と独身作家を比較する。
おかみさんの快楽を「知的財産」と呼び、ここを創価学会が抑えて行ったのだ。
瀬能あづさ ふたつにひとつ

現代社会では「食品」と「床屋」「美容院」はなくてはならないものだ。
床屋そのものが、若者に「イエスキリストのような髪型」を提供しているのだから、
作家および創価学会の「コピーライト」(お金の移転)は床屋のおかみさんのご近所での話題づくりのためにあるといっていい。
創価学会のおかみさんは「床屋」の主人がいたために、他の宗教への改宗はもはや想定していない。
無言でチョキチョキやる床屋はいない。
「何か話さなければならない職業」だったので本をよく読んだ。
ミラー対テイラー(1764年)などの判例が、ベルギー・イタリア・オランダ・スイスの「お店のおかみさん」の話題づくりのために作家は小説を書くべきだとしていた。
「印税」というが、コピーライト(著作権)とはそもそも「お店のおかみさん」の話題づくりのためにあった。
床屋の主人と独身作家はそのため「口もきかない」関係にあった。
おかみさんは「誰のおかげで有名になれたの?」と思って作家を見ていた。
コピーライトといっても、文学作品・音楽作品・写真・建築物・映画・地図・コンピューターソフトにはあるものだ。
発明(特許・パテント)との違いは、「床屋のおかみさんが気持ちいいかどうか?」にあった。
アインシュタインの「相対性理論」(男女がこすりあう)のもとで、パテントとコピーライトの違いは床屋のおかみさんを基準に決めた。
パテントといっても、デザインや植物、部品にまで及ぶが、「床屋やお店が道具に用いるもの」であった。
コピーライトは「おかみさんが周囲に話して回る」ためのものであった。
役に立つという意味ではどちらも同じだったが、コピーライトの多くはパテントに飲みこまれた。
床屋もお店も「技術にはうるさい」と言える。
作家の小説なんてものは適当に面白ければよかったのだ。
貿易秘密というのがあり「うちの村の話をしないでよ」という側面はあったが、本は自由に外国に持ち込めた。
しかし、トレードマークは「女性の局部を真似しているのだから有名にしないでくれ」と言われた。
アイデアは、エディ・マーフィーの「カミング・トゥ・アメリカ」がパラマウント映画によって進められていたが、他社が映画化したときに「エディ・マーフィー」というクレジットが打たれた。
いずれにせよ、「近所を快適に歩けるようになる」というのがコピーライトであり、巨額の印税というわけではない。
パテントのように「床屋やお店が技術にうるさい」世界では「ライセンスを与える」ということが行われているが、コピーライトの世界では、信仰心に変えて宗教団体からお金をもらうという方法が模索されている。
特定教団の「人格的統治者」ではない作家はいない。
まあ、「才能がある」「女の子にモテる」のならば、特定教団の人格的統治者にならないといけない。
「参拝客の人数」はグーグルでリアルタイムで公表している教団もある。
そのへんは、「社長になってもガレージで仕事をしている」ということだろう。
宗教団体のお世話になることを「ガレージ」と呼んでいるのだ。
教団には頻繁に電話をしなければならないし、才能がないとされて縁を切られたらお金ももらえない。
まあ、印税に文句をつけても始まらない。
「このようなお方ですよ」
というのは教団(ヨハネ)の方でメディア工作してくれる。
とにかく「国内で自分にしかできない」ことを見つけるまでが大変なんだよ。
白いパラソル 松田聖子


横浜Fマリノス公式応援ソング。

やがて、脱構造主義は、「私たちの子供たち」を見守ろうという「脱構築」へと発展的解消を遂げた。
デリダが考えたものだ。
構造の向こう側に「脱構造主義」が見え、勝利の方程式として確立したのが「脱構築」だった。
セリーン・カーダーは、国際社会にこのようなスポーツビジネスが成立することを求め、世界にプロスポーツを広めたのだ。
この「女の抑圧」の「構造」を明らかにし、脱構造主義をミシェル・フーコーが企画したのち、主婦層が「常勝思考」に酔うようになった「脱構築」がデリダによって実現されて以降、「この発想をグローバル化しよう」というムーブメントが出来上がった。
故郷にいながらにして、地元の球団を勝たせることによって、主婦層は「自分の息子たち」の活躍を見守った。
東京には自分のポルノが出回っているので、故郷にしか居場所はない。
しかし、外国の女たちに「同じような生き方」を提示し、メキシコ女に「ロサンゼルスドジャースの応援に参加させることは可能か?」を検討するのが貿易の課題であり、関税というものもその障壁として存在する。
ライセンスや条件なども障壁として機能させることは可能だ。
法律(男らしさの定義)を複雑化させることも非関税障壁である。
「ドジャースは私たちだけのもの」と考える女たちが「自分たちの息子」としてドジャースを応援する限り、NAFTAを廃止しようというムーブメントは支持を集めるだろう。
日本人は、「どの国の女に読売ジャイアンツの勝敗を委ねるつもりか?」
これが、貿易自由化の問題だ。
貿易だけでなく、移民ともなると「入場料・放映権料」の対象になり、たんなる「オーディエンス」では済まなくなる。
「私たちの息子」を愛する気持ちを世界に開放できるほど、主婦層は寛大ではない。
【自分を持つ】
自由貿易は女たちに酷な要求をしたのだ。
サンクチュアリ 酒井法子

日中韓FTAを締結して、主婦層は何をやりたいのか?韓国のロッテや中国の卓球に介入したいのか?それよりもTPPを重視する理由があるのではないだろうか?
国境線は想像以上に高いものだ。出入国管理法は警察法である。
メディアがどのようなプロスポーツを放映するか?株式市場から資金というものは外国国家に流し込むものであることなどの問題をクリアーしなければならない。
IMFや世界銀行は「構造調整政策」(SAP)においてこの指摘を受けたし、前川リポートとして日本にも紹介されていた。
しかし、実際にプロ野球やJリーグと関与する一部の財界人に知られるにとどまっていた。
世界に公表されているかどうかの違いはあるが、世界の音楽産業が1980年代に成熟したことは指摘していい。
アフリカのサッカーチームはオックスフォードを見ているのであって、北京大学など見ていないのではないだろうか。
第二次世界大戦のころはウエストファリア条約の縛りが強く、外国国家に「音楽の評論」を翻訳を交えて紹介するのは不可能だった。
しかし、戦後になって国連やWTO、WHOなど、国家を越えた組織ができたことにより、インターネットが国境を越えることも容認せざるを得なくなっている。
ドクターノオがインターネットで国境を超えたのは事実であるが、背景には国連などの「上からのグローバル化」という事情があったのだ。
「事態は我々の手の届かないものになっている」とアメリカ政府首脳が肩をすくめた背景には国連やEUの存在があったのだ。
外国国家の飢饉やジェノサイド、内戦には主婦層も介入できる仕組みではなかったが、それはその国の「お上による統治」の問題だったからであり、「民による統治」には外国国家の主婦でも介入できた。
地雷廃絶やクラスター爆弾の禁止は、実際に介入したNGOがあり、「民による統治」の問題だったのだろう。
カナダやノルウェーなど、人道を重視する国の音楽作品を研究し、評論を加えるという至難の技であったが、実践したNGOは確実に存在したのだ。
「民による統治」の問題と、NGOの「語学ブレーン」の力で何が可能なのかは考えなければならない問題だ。
妥協の余地のない書面をNGOがカナダやノルウェーに送りつけたと報じられているが、実際は「心を揺さぶられる音楽評論」を送りつけたものと思われる。
実際は、世界共通語の英語とアメリカのビルボードを送りつけたのかもしれないが、地雷廃絶やクラスター爆弾の禁止をNGOはこのようなやり方で成功に導いたのだ。
全米やUKのビルボードを用いないとこのようなことは困難であろう。
主婦層の英語サークルで、垂加神道や本稿を参考に、韓国や中国のプロスポーツに介入することはもちろん可能だろう。
地雷廃絶やクラスター爆弾の禁止の運動を成功させた連中が、のちにメジャースポーツに参入することは目に見えている。
要するに「人の心を揺り動かせばいい」のだ。
私は個人的には1980年代から1990年代の日本の歌謡曲が専門なので、全米やUKのビルボードはチェックしていないのだが、もしできる主婦がいるのであれば、中国、韓国に挑戦してみてはいかがであろうか。
西洋の植民地主義や帝国主義の対象となった第三世界ほど「主婦の縄張り(地割)」が横行している地域はない。
中国は北京大学の知識を用いてアフリカに関心を示しているが、イギリス・オックスフォードの手に落ちているものと思われる。
第三世界は金融の方法を知りたがっているし、仕事をしたがっている。
オックスフォードの「音楽作品の評論」の能力には北京大学は勝てないだろう。
日本の歌謡曲に英語の評論をつけて第三世界に送りつけることはもちろん可能であるが、ベトナムなど「中国寄り」の国ではそもそも日本のユーチューブが見れないのだ。
駐日大使館でもファクシミリでの対応になっていて、メールでのやり取りは行っていない国が多い。
いずれにせよ、「関税障壁」「非関税障壁」をなくすということは、庶民や日本の主婦層の活動に影響を与えるし、外国国家のプロスポーツの世界に「私たちの息子」を生み出すかどうかの問題であると言うことに注目しなければならない。
主婦層に存在する「地割」のことを考えると、「関税を引き下げることにいい影響がある」ということすら、ケネディラウンド、ウルグアイラウンドにおいての学習が必要だった。
「親の代からの阪神ファン」などといった家父長制のバランスが壊れる可能性もあるのだ。
町工場や中華街などの飲食店で稼いだお金をプロ野球チームにつぎ込んできた歴史がある。もっと世俗的に歌謡曲を用いるなど「世俗的」であることの重要性は指摘しておきたいし、町工場や飲食店には「裏の仕事」があることも指摘しておきたい。
南半球に日本の工場の生産ラインを作ることは「お上による統治」ではなく「民による統治」を可能にすることであり、その国の音楽作品に関する情報が日本に伝わり、研究が可能になることを意味する。
低賃金労働者を雇うことを意味するだけでなく、スタンフォードやオックスフォードなどのインテリが「低賃金労働者」の頭越しに南半球のプロスポーツに介入することとなる。
どの国が「自由貿易ゾーン」に含まれるのかには敏感にならなければならないし、いろんな国々に「私たちの息子」を作ることが可能なのが日本国の国力である。
労働力として「移民の受け入れ」をすることは、秋葉原と外国国家が日常的に接する機会を作ることを意味する。
ましてや、子供ができれば「音楽評論の世界で移民に先手を取られる」ことをアーリー・ホスチャイルドは指摘している。
そのため、日本国内部でも「スタンフォードネットワーク」を強度なものにすることが求められる。
秋葉原を外国人に見せることはかなりの覚悟が必要だ。
プロ野球チームやサッカーチームを「私たちの息子」と呼ぶ外国人が出てくるし、日本国が海外進出するのならば「立場は逆」になることも考えなければならない。

【女性は彼氏の子供をお腹に宿した時に男に主導権を取れる】
松田聖子 抱いて

そもそも女は男よりも歯の数が少ない。
そのために「勉強ができる男」「スポーツができる男」の前で女らしくなっている。
教会法は、男が女に語るものだ。
女たちは能力の限界があったために「好きなことしか知識にしない」(傾向)という特徴がある。
猥褻な罪が傾向犯と呼ばれる理由はここにある。
デカルトは「恋」というものを考えた時に「これで女が歴史に残ることはなくなったんだな」と考えた。
女の「人気」というものがどこにあるのかを見誤ってはならない。
女の小さな体で「男社会で発言する」ここに人気の秘訣があった。
16人の女性哲学者がクラシックワールドにいたし、500年から1600年の間には17人、1600年から1900年の間に30人いた。
欧米のネジのぶっ飛んだ連中でもこの程度の数だ。
果たして日本人女にこれらのサークルに仲間入りできるだけの可能性があるかどうか・・・。
もし、女が「知恵の恋人」になるのならば、よほど興味のあることなんだろう。
東京大学の理論を「女性たちにオープンにした」のが本ブログである。
傾向犯(セクハラ)を理解しないと書けないものと思われる。
ボヘミアのプリンセスエリザベスは1643年にマレブランケに恋をしなければ女王にはなれなかった。
恋をする相手次第という側面をエリザベスは指摘した。
少女時代 gee.

恋をする相手に「父親」の存在を指摘したのがニーチェであり、プラトンも詩にしている。
英語を覚えるまで家に帰ってくるな、と言われて都会に出されるユダヤ人の姿であった。
考え方が男らしかったからだろう。
あるいは、父親との戦い「神は死んだ」に疲れ果てて街をさまよう男の姿を「宗教」(男らしさを語り合う論壇)の側として女たちが受け止めたのだろうか。
Mr.Children Tommorow never knows.


女性は「哲学者」と話しているときが一番美しい。
男が「美しい」と思うのが女であり、女が「女らしさ」をクリエイトするのはきわめて困難だ。
女たちは「床屋で悪口を言われない」お洒落は考えることはできても「自らを美しくさせる」服装は考える能力はない。
なぜなら、女のスタイルをよくするための芸術はすべて男がクリエイトしているからだ。
男が「勃起」するかどうかが「女の美しさ」だ。
女たちがそれを決めることはできない。
このことを、フェイス・リングゴールドとミリアム・スカピロが1970年代に明らかにしている。
「女の子の育て方」を明らかにしたルソーや、女心は大きすぎるとしたカント、そして、冬でも彼女とデートできると考えたショーペンハウエルは間違いなく天才だった。
ジョージ・エリオットは「本を読むだけで女が子供を生む」としている。
1970年代から1980年代にかけて「疲れた疲れた」と言いながら本を読む男の魅力が再評価された。
女は自分で読んでみて疲れるのを感じたからだ。
勉強さえできればいい、いずれ文化に介入するようになるのがいちばんいい。
この女が俺の子孫を残すのかと思うと緊張する。
恋じゃなくなる日 Bz

女の側から「裸になればみんな同じなのに、なんで女が美しくなければいけないの?」と批判した。
「セックスするためだけじゃないんだよな。日常生活の話なんだ」と男は答えた。
女が感じる「女の美しさ」と男が感じるものは違う。
統合失調症になった女はコミュニケーション障害を起こして、目の周りをパンダにするだろう。
女がそれが美しいと考えているんだ。
コミュニケーションから「美しさ」は生まれているし、それは男からの指摘を受けてのものなのだ。
より統制の取れた「美しさ」は男のスタイリストさんやメークさんによって作られる。
彼らは「アートの歴史家」か「映画評論家」なのだ。
男でも「他の男の目」は気にするべきだね。
他者の「無関心」がいちばん有害だ。「なんでいじめられるんだろう?」から始まるお洒落は多い。
男を惑わす「ダダ」にせよ、より幅広い支持を得ることができるポップアートなどがある。
男を「勃起」させる「女の美しさ」が人気があるのは事実だ。
中年になって「セックスされる女」としての立場に回ってしまうポストフェミニストもいる。
あくまでも「お洒落」とは「男とのコミュニケーション」と「勃起」のためのものだ。
男とのコミュニケーションや勃起はつまりは「食べ物」の話ではないか?
男同士で「お洒落でない」といういじめがあるのならば相手の男はホモだとあきらめるほかはない。
ホモが「イエス像」をこしらえたのだからね。
まあ、「肉体を楽しむ人」がそもそも美しいと言うことはいえる。
愛の炎 田中れいな

適者生存という言葉を英語にすると「ナチュラルセレクション」となる。
ナチュラルというのは「勉強」と訳す。
つまり、「適者生存」とは「大学受験」のことだったのだ。
東大に受かる男とも「末永く仲良く」するのが「女が長生きする秘訣」である。
恋の対象として「そろそろ時間切れね」と言っているようでは長生きはおぼつかない。
ゼブラの「東大生とのお食事会」に関わる「元同級生」というのもなかなか想定できないが、長生きはするだろう。
女として美しくあろうとすることをやめた主婦層と、現役バリバリの「元同級生」では、いろんな意味で「議論が異なる」のは事実だ。
しかし、二万二千円も要求する女ならば「深い仲」にはならないだろう。
それよりも「お食事会」をやって「胃腸にダメージを受けながら勉強している東大生」と仲良くしたほうがいい。
友達でいいから 高橋由美子

教会で週末に若い女の子に会えるから仕事なり勉強なりをする男は多い。
しかし、「お食事会」に若い女の子を連れてくる主婦層がいてもおかしくはない。
勉強したばかりの「哲学」を話して聞かせることもできる。
女は「耳学問」がいちばん効率がいい。
婦人部の幹部候補生ならば、同級生の東大生と仲良くするのは当然ではないだろうか。
東大生もキャンパスに女の子などいくらでもいるであろうが、元同級生の女の子が婦人部で出世を考えるのであれば当然考えなければならないことだ。
「勉強の息抜きに出ておいでよ」というだけでもホルモンバランスは変わっていくる。
身内の健康相談や法律相談などの論点整理は「元同級生女」もやっているだろう。
キャンパスの女の子は自分たちも勉強する立場だ。
元同級生女とはいろんな意味でニーズが異なる。
「女として選ばれる」のは人脈の太さでもあるはずだ。
精子が出ないマザコン坊やではないことが分かったら結婚してしまえばいいのに。女の階級はパートナー次第だ。
東大法学部の学生ならば全員出世させる自信があるという理論家の立場を「決定論」と呼び、本ブログもその立場である。
DNAが伝わった子供は「親からの愛情」が約束される。つまり、知識も引き継がれることになる。
情報源さえ理解していればいいのだ。
しかし、息子が父親と同じように女性にモテるかどうかは分からないのだ。
片思いの終わりに

「形而上学」とは勝負の学問だ。
女はパートナーがいても「知恵や知識を生み出すために異なる男の声を聞きたがる」ものだ。
知恵や知識で勝る男の話を「特定の男」の前で話題にしてはならない。
エイツィンの前でゴルバチョフの名前を出してはならないのは「もはや形而上学」だとされた。
権力闘争の修羅場を経験するのは「知恵や知識」を磨くのにちょうどいい。
そこに「女」「セックス」が挟まっているのであれば、それはもはや「形而上学」である。
SPEED DEEP BLUE & TRUTH

女の側からしてみれば、「バレたら彼氏に殺される」という話題が形而上学だ。
男は「ぶっ殺すぞこの野郎」といって実力をつけるものだ。
勝負の学問という意味はここにある。
強く儚い者たち

女の側が「知恵や知識で」他の女に勝ろうと考えているかは明確ではない。
セックスされる側としての女が、はたして「知恵や知識」を問題にするだろうか?
「これは何?」とムチャクチャエッチな女ならば男は女の「知識や知恵」は問題にしないだろう。
CoCo メロディ

しかし、女は「男の過去の女」を問題にするだろうか?
想像以上に「知恵や知識」は問題にしていないのだ。
昔の女を鉢合わせして、彼女連れの男が昔の女を「街角ピエロ」にしても、知恵や知識ではなく、「からだ比べ」を女はやっており、男が「初めて会ったような顔」をしても、今の女の心の限界を守るためではなく、「からだ比べ」をさせたくなかったのだろう。
「今彼」「今カノ」「元彼」「元カノ」など、社会契約をしながら男女たちはゲームをやっている。
男が知性を磨くためにルソーが考えたものだ。
女たちは「知恵や知識」ではなく「美しさ」を磨いただろう。
形而上学がなければ「男は知恵や知識があるほうがいい」「女は美しいほうがいい」ということは分からなかったのだ。
工藤静香 FUJUTSU

産後うつというのは「美しさを失った女」「知恵や知識がこれ以上磨けない男」の間で行われるDVが理由だ。
男は、妻の産後に社交性を制限されたり、本を読む時間が制限されるためにDVを行ってしまう。
この「産後うつ」の問題に関しては医学の世界は常に中立の立場に立ってきた。
カップルの「願い」が叶ったことをすぐに悟るだろうと考えたのだ。
ホモや社会の不合理、児童虐待、難民問題などはこれらを解消するためにニュースで報じている。
「ユビキタス化」というのも産後うつと政府が向き合っているから行われる政策だ。
産後に男女ともに「社会とつながっている」ことがどれほど重要なのかを理解しなければならない。
「男は知恵や知識がなければならない」「女は美しくなければ成らない」という形而上学の結論が「産後うつ」を生み出していたのだ。
真冬の観覧車

この「形而上学」の結論を見ると、美しさを失った主婦層が「カネにものを言わせ始める」のは明らかではないか。
東大生との昼食会の食費もどこから出たのかは分からなかった。
「女に生まれたのではなくみんなで仲良く」
これが美しさを失った女のスローガンだった。
その場を治めるためならばポンポンと金が出た。
子供を授かってようやく「男女は話し合いのパートナーだ」と悟るようになる。
セックスで感じなくなった分、プロ野球やサッカーなどのスポーツ選手を「子供たち」のように夫婦で可愛がった。
男女にとって「頭が良くなる方法」とは「子供を授かることそのもの」だった。
コピーアンドペースト以外のレポートを作る作業などができるようになるのだ。
「男には知恵と知識がなければならない」「女は美しくなければならない」
この形而上学の結論に文句がある男女は金をポンポン払うのだ。
男の賢さ、女の美しさがカネになるようになった瞬間でもあった。
哀しくてジェラシー チェッカーズ

女たちには「セカンド」(女の知的空間)という立場があり、原文(ママ)を残さなければ人気のある者を「下賎のもの」と伝えたりする。
そのため、その人のイメージは「悪い噂」から固めていくのが人間というものだ。
メカニズムまでは伝わりきれないので拉致問題も「伝説」と表現されたのかもしれないね。
悪い噂は「カネと深さ」で測定するしかない。
社会もメディアも「カネと深さ」がなければ知ろうとはしない。
「正確な対中政策を打ち出せるのは中国語を知っている人だけ」と端的に表現される。
カネと深さがあれば「知る権利」は生じるだろうが、悪い噂を立てられた本人が案外、率直なメッセージを出しているものだ。
人気だけでは選挙は戦えない。12日間カネを流し続けなければ当選はおぼつかないのだ。
哀しい方の嘘 ribbon

始まりは中国にあった。楊貴妃が牛乳風呂でお父さん(尭)にエッチなことをされたために、楊貴妃の弟(舜)はいじめとともに生きた。
これが、トマス・アクィナス誕生の秘密だった。
中国のこの学問を「倫理」と呼び、アリストテレスのニコマコス倫理学も「いじめられっ子」でなければ理解できないものだ。
インテリかぶれなだけでは到底理解できない。
学問の才能があるかどうかは「身体を見れば分かる」とも言われる。
悪い噂、しかも「カネと深さ」をもった男というのはこのようにして人生をはじめるのだ。
地位がともなうようになったら、「カネと深さ」はますます強くなり、「伝説」として語られるほかはないことになる。
男として楊貴妃の牛乳風呂(仁)は最高の「男の作り方」だったのだ。
20代後半で、だいたいの「器」は完成されるだろうが、それはニコマコス倫理学(仁)に負うところが大きく、そのあとの主婦層の考えは明らかではない。
「論文を書く」
これは、中国も重視している発想であり、「肉声を発する」ことの重要性が指摘できる。
それほど、「仁」というものは、男を作るために重要なものだったのだ。
このことを世界が痛感したのが1980年代から1990年代のドクターノオの存在であり、アメリカには「中国人」として伝わっている。
悪い噂、しかも「カネと深さ」がまとわりつく男が政治家に向いているということを世界が学習したのだ。
ドクターノオは20代後半の「二度目の世界デビュー」で、すでに方法論は確立していた。
方法論が確立していたので周囲の制止ももはや聞かなかった。
「いい先生」だけは理解していたし、それは「世界大学ランキング」で選別できた。
男の「政策論争」など聞いてられない現状が世界にはある。
もっと根の深いものを女たちは抱えていたのだ。
悪い噂を「もっと前向きに活用しよう」と考えたのは1990年代のことである。
クーンがいくら「口説き文句」を考えても、女たちには「悪い噂」としてしか伝わらないし、周囲の男たちは「伝説」というメカニズムが明確でないものとして受け止める。
Rockの定義 田中れいな

知識への人気と言うものは「強烈な男性らしさ」という人物像を作るものだ。
しかも、「女にはないプロセス」を経て生み出された知識は人気がある。
また、その「知識」は社会経験を経た上で生み出されたものであることから、「悪い噂」となったら手がつけられない。
女たちは「自分の男の数」と比較して「男の知識の査定」を行って「悪い噂」を作っている。
女の「経験社会」においては「知識」ほど尊敬されるものはないのだ。
「悪人正機説」とはこのことを語っている。
知ることは「悪である」という側面がある。ドクターノオも東大に受かった時に「犯罪的」と言われている。
知ることができない男、美しさを失った女はポンポンと金を出すだろう。
本稿も、たとえすべてを読んでいない人でも、その存在が知られていたら横浜DeNAベイスターズのためにお金を払う人はいるのだ。
teacher teacher

アイドル崇拝は、多くの宗教が容認しており、しかも日本では「宗教である」とすら位置付けられていない。
なぜ、女たちは「フェミニン」を探求するのだろうか?
究極の目的は抑圧(ポルノ)をなくすことなのだ。
東京に出入り禁止になる女は確実にいる。
私も掲示板で「女」ではなく「女性」と言って欲しいという指摘を受けたが、そのあたりが目的だったのだろう。
しかし、いかんせん「女」と言った方がセールスが違うのだ。
抑圧(ポルノ)をなくすという目標が現実的なものなのかは考えなければならない問題だ。
モーニング娘。 シャボン玉

男性というのが「人間」男を意味し、女性というのが「人間」女を意味するという具合に、人間というのは「社会」があってこそ生じるものだ。
女性を陵辱するという具合に、なんらかの社会的ストーリー性を持つポルノはむしろセールスがいい。
国全体が「メタボ」になってきたら、ポルノは「女」ではなく「女性」を扱うようになる。
この女性は子供を産みたいからマスターベーションしているのか、などとポルノ鑑賞会を行うこともある。
心理学を語るのならば「女」ではなく「女性」である。
文化から学習する、それが「女性」というものであり、抑圧(ポルノ)をなくすために「女」と「女性」を区別してきたのではない。
ribbon さよなら

女性は、昼間の仕事で「アナボリック」という魅力を高め、男性は「カタボリック」という魅力を高める。
アナボリック・カタボリックのないデリヘルが、はたして気持ちのいいものなのだろうか?
仕事における「男の能力」と「女の能力」の違いをセックスに持ち込むことが可能なのがアナボリック・カタボリックである。
職場の女と浮気して風呂に入ったというのを「アナボリックステロイドをやっている」と表現することも可能だ。
有名だから好きになるというのを「幼い恋」と呼び、アナボリック・カタボリックをある意味、300万で買ってもいい、という男もいる。
銀色の永遠 藤本美貴

職場で一緒に仕事をしている「きれいなお姉さん」とセックスするのと、テレビで見ている女とセックスするのは「アナボリック」が同じだといっていい。
あるいは、軍隊を脱走して民間人女を犯すというシチュエーションもカタボリックを大量に利用している。
「女」「女性」「男」「男性」の間に存在するアナボリック・カタボリックの存在は指摘していい。
「院長逆レイプゲーム」などが看護師によって行われる可能性もある。
所詮、社会・文化は「気持ちがいいほうが勝つ」のかと思うと、抑圧(ポルノ)はなくならないのではないか?
アナボリック・カタボリックを念頭に置かない「愛の探求者」などいないのではないか?
アナボリックを大量に使えるようになるほど「文化」を知り「社会」を知ることが、「大人になる」ことであるという指摘もある。
愛の炎 田中れいな

ここで、女たちはいったん降参する形となった。
抑圧とは「初体験を問題にして欲しくないのよ」という議論にすり替わったのだ。
破瓜社会を壊そうという方向に向かった。
「生娘」つまり、「女」でも「女性」でもない「娘」という用語が生まれた。
所詮、男性社会は常に「気持ちいいこと」を探していたのだ。
I'm lucky girl モーニング娘。

「娘」があまりウケなかったため、社会として「女性を育てよう」という方向が模索されたが、「娘は親の作品」と呼ばれるほど、女の子は「親の影響を受けすぎる」ものだった。
24時間見守らなければならない幼児のような存在が「女の子」だったため、家庭だけでなく、学校も作った。
「制服」というものが歓迎されたのが日本国だ。
「型にはめるのにちょうどいい」と考えられたのだろう。
あとは「型」を作るだけだった。
制服のマネキン 乃木坂46

「女のように泣くな」といわれる男がメタボになったのであり、親から自立したり、親をなくしたり、親が嫌いになったら「自由に泣ける」ようになって痩せた。
メタボリックとは「自由に泣けない」人間がなるものだったのだ。
女は感性の豊かな男に惹かれるし、それは「痩せた男」を愛することにもなる。
フロイトがこのような指摘を行っている。
見つめてあげたい 渡辺満里奈

娘は「男勝り」はお父さんから、「女らしさ」はお母さんから学ぶ。
女子校で「マジかよ」「ちくしょー」などという女子はお父さんの影響が強い。
お母さんは息子とは「譲れないもの」(エゴ)がぶつかり合わないが、
お母さんと娘の関係は「譲れないもの」(エゴ)の境界線を引くのが困難なのだ。
嵐の女神 宇多田ヒカル

しかし、娘は男の「欲望の対象」であり、母と娘は「男の欲望の対象」「セックスされる存在」として分かり合えることもある。
「力が男女で対等でない」ことに団結するのが母と娘なのだ。
いずれにせよ、両親が離婚したのならば退学を迫られる進学校があるのはこれらの議論が成熟しているからである。
キスした跡は残さないで 国生さゆり

「女性」として仕事をしたり、「男性」として仕事をしたりすることから、アナボリック・カタボリックというものは生まれるが、ポルノは時に「女は何を欲しがっているのか?」を歪曲してしまうことがある。
本当に、電車内で「犯されたい」と思っているのだろうか?
男社会の「仕事」というものを見てみたいのではないだろうか?
何が成功で何が失敗か分からない「仕事」というものの決着を仕事のあとにつけようとしているのだろう。
女性の上司の「スッキリ」した瞬間というのは案外、身内の痴話げんかの裁き方だったりする。
大きい猫 国生さゆり

「女性」というものには「枠」があるのだろうか?
黒人女性をレイプするのは映画「評決の時」以来、困難になった。
「黄金のナゲット」とも言われる作品であった。
肌の色で「レイプしていい」「レイプしてはいけない」という区別がそれまでなされていたのだ。
「女子高生をレイプしていいのか?」
それは「女性」というものに「女子高生も含めるのか?」という議論であり、
巨大ビジネスの問題であった。
プロスポーツも関心を寄せた。
女子高生の主張 松浦亜弥

女子高生を「女性」という枠に引き入れることには、年配の女性たちの反発が予想された。
学校の授業と仕事は違うという主張もあった。
女たちが「女性」というものを作りたがったのだ。
「女性」という概念が動けば男たちも動くからである。
セックスされる存在としての「女」に女子高生を含めることは「女の供給過剰を招く」として、日経平均株価を見ていたドクターノオは猛反発した。
国としても「制服を着ているうちは世代間セックス(お金をもらうセックス)は禁止」というメッセージは明確にしていた。
しかし、国全体がアナボリック・カタボリックの問題でメタボになっていたのだ。
「猫の手も借りたい」とはこのことだった。
昭和のバブルの時は昭和天皇の「錯乱」があったとしか思えないことだった。
セーラー服を脱がさないで

「世の中には男と女がいて」と女に言ったとしても、この世界から追い出される人間はわずかに1.7%しかいない。
遺伝子異常はこの程度だった。
しかし、男と女は「まったく違う育ち方をしている」ということは指摘していい。
苦労して大学に入ったのに、また体育会などに属して苦労しているのが男だった。
いじめや、文化に介入できない勉強、そして「女の体」とむきあうことが男の育ち方だった。
女性は「耳の間に」つまり「瞳に」、女は「足の間に」つまり「局部に」あるとも言われた。
女性の「仕事」とは男をじっと見つめることだった。
杏里 Sweet Emotiom

男から女へとお金というものは動くものだ。
しかし、女たちは「お金の裏づけがなければ群れない」とも言われる。
セックスされる側として、あるいは「男からお金を受け取る存在」として群れているのだ。
仕事はもちろんやるが、男が企画したとおりに行動する、これが基本であり、あとは「男を見つめる」ことが仕事だ。



【銀行と付き合う秘訣】
女の子がいつサンタクロースを信じられなくなるのかな?という問題にもっと敏感にならなければならないのが銀行マンだ。
三大メガバンクで三万人リストラされる時代だ。
東京大学法学部・経済学部だというだけでは通用しない。
サンタクロースを女の子がいつ信じなくなるのか?
「訳の分からない大人の世界からプレゼントが来なくなる」「女の子を愛せない男がいる」「レイプに直面する」
この三つ以外に「女の子がサンタクロースを信じなくなる」理由はない。
セカンドチャンスというものがもしあるとするのならば、働きすぎの男が「従姉妹しか結婚相手がいないな」という資本主義の末路(共産党宣言)から、「ブルジョアと結婚したい」(フェミニズム第一の波)、つまり、「家事さえやっていれば夫が愛してくれる」という世界から脱し、「女であることそのものが魅力である」(フェミニズム第二の波)へと議論は進む。
いずれにせよ、銀行マンとはこのような話題をしっかりと話し合わなければならないのだ。
フロイトがビッグマネーをビジネスの世界に持ち込んだのだ。
冬の微粒子 三浦理恵子

毎日、人の髪を眺めている床屋さんは、人の悪意を知っている。悪意とは「曖昧でバカげている」ものである。
すべての客が、詩人で評論家で作家で、雄弁家だった。
すべての学生は独身だ。アダムは学生だ。したがって、アダムは独身だ。
客の「ノイズ」は、独身のアダムを攻撃することしか頭になかった。
多くの「アダム」を打ちのめしてきた、客たちの話題に床屋は日常的に接してきた。
地域の「独身のアダム」を打ちのめすためならば高めの価格設定でも安上がりだった。
すべての悪意は「曖昧でバカげている」ことにその意味がある。
美しい彼女ができたらどうしよう?
このことから「すごすぎる」行動を床屋は取ったし、資金力もあった。
すごすぎる 酒井法子

アメリカ合衆国は、台湾を中国にとって「床屋さんとそのお客さんたち」にすることを戦術的に行った。
中国は、台湾の資金力とその支持の根強さにビックリしていると思う。
中国は「アフリカ」まで彼女を探しに行った。
「アラブやイスラエルは日本人の末裔らしいよ?」と台湾が喧伝した時に、中国はアフリカにしか「彼女」を見つける方法はなくなっていたのだ。
「他人の髪を見ながらノイズを聞く」
このことは、台湾が国際社会で生き残っていく唯一の方法だったし、「いまだ独身のアダム」としての中国をみんながいじめるために台湾に金を出した。
髪を切っていると、「客の言葉は曖昧でなければならなかった」のだ。
ハサミの手が止まってはならないからだ。
夫婦でチョキチョキ「ポリリズム」を刻んでいると、客の「曖昧でバカげている」独身男(中華人民共和国)への敵対心が床屋にも生じてきた。
ハサミの手を止めなかった「完璧な詩人、評論家、作家、雄弁家」に忠実になっていた。
床屋には「ポリリズム」しかない。
チョキチョキチョキチョキ「くちゅくちゅあんあん」
それだけしか頭になかった。
あとは「ポリリズム」という快楽から「独身のアダム」を遠ざけるような話を客と話したし、お金をもらったし、客の注文どおりの行動を取った。
Perfume ポリリズム

ニューヨークやキングストン、トロントなどに散らばっている「妹」たちに、「どんな仕事しているの?」と聞かれたら、答えなければならないのが床屋だ。
「風俗営業」なんだよ。
「男は多くを望んではならないの」
そのように女将さんは答えた。
男はウェルダンにせよレアにせよ、独身ならば「ブサイク」な女を選択しなければならない。
一晩眠って、論点整理して「ブッチャーチョップ」をかますのが仕事だ。
独身ならばマスターベーションすら許さない。勃たなくしてやる。
このような悪意「曖昧でバカげている」ことを実行した。
言葉ではない。とにかく現実を教えることが大事だな。
そのように「地元の床屋」は考えていた。
100%の恋人 酒井法子

コウモリのような人間には床屋に行くとこのような活動が行えるというメリットがあった。
しかし、禿げている人はこのような「手法」を放棄しているという意味ではお坊さんだった。
車やスマートフォン、乗り換え案内を駆使するという方法である。
なにが「曖昧」だったのか?
床屋ならば「綺麗になれる」
喫茶店だったら「お腹が満たされる」
表向きの仕事と裏の仕事は異なる。
時には「誰が言い出したか分からない」昼食会もやった。
「男は不死鳥よ?」「ドクターノオはこれらの洗礼に打ち勝ったのよ?」「女たちの仕事をマスターしたからかしら」
女たちの仕事(たとえ創価学会であったも)をマスターし、むしろ理論化したのならばドクターなの。
独身男(七面鳥)は食べるためだけにあるのではない。
女たちの指導者に化けることもある。
本当に理解したのならば、彼のファミリーは「マフィア」になるでしょうね。
禁門の「変」と寺田屋「騒動」はどう区別するの?
女たちが機能したら「変」「事変」と呼ぶのです。
モダンチョキチョキズ 自転車に乗って

30年に「二回」は世界デビューしなければ、主婦層は、キモヒキニートを「自殺」に追い込もうとするだろう。
ドクターになるかキモヒキニートで人生を終わるかの違いは「女たちの仕事」を理解しているかそうでないかにあった。
地元の銀行は「地域に溶け込もう」としていた。
つまりは「ドクター」にならば無担保でお金を融資したのだ。
どのくらいの「規模」で「ゲームとして成立させる」かが大事だった。
創価学会はかなりデカくやったね。
でも、アメリカの「ゼブラ」に理論で勝っているのだろうか?
「独身男のポテンシャルを見抜く眼力を養う」
これが主婦層にウケたのだ。
ドクターノオは、誰からも高い評価は受けてはいなかった。
このことが創価学会を窮地に追い込んだ。
「何もない男」
そのように発言してしまった主婦は、ドクターが20代の頃にすでに政治生命を失った。
「男を見る眼力」で勝った主婦はドクターに感謝していた。
ドクターノオが「プロとしての女の人生」という企画を練って、「フラメンコこそが世界最高のステップ」と言った時に、彼のボクサーとしての才能に感服したし、他の女たちは手出しを禁じられた。
松田聖子 ダンシングカフェ

床屋とその客たちが、相手にするのは「人種」でもある。
アダムは独身だったが、結婚していても「人種」が違えば問題にする。
①女たちが決める概念を「人種」と呼ぶ。
②一人で東京大学なりアメリカの大学なりの情報を独占している。
③人種は「世代を越えて」伝わっていくものである。
④「見た目」と関わっていて、「あなたはそんなに自分に自信があるのか?」というぐらいのドレスコード無視がある。
⑤「私らがチンピラだった頃、あなたは真面目だったからね」という根の深い問題だ。
「人種差別を人気のあるものにする」ためにこのような人種概念がいちばんいいだろうと思われる。
勤勉な連中はコーカサス・ブラックアメリカ・アジアのイエロー、ネイティブアメリカのレッドスキンなどしか見当たらなかった。
ヨーロッパにはノルディックや、アルペン、地中海などに勤勉な連中は眠っていた。
「床屋を出入り禁止にしても人気を維持できる人種概念は確実に存在した」のである。
女心を明らかにしたフレデリック・ダグラスや、貧しいものたちの研究をしたW.E.B.ダボスなどは、研究者として「人種が違う」「いるもんだね、あんなスーパースター」と呼ばれて差別されている。
酒井法子 いいじゃない

ギリシャやローマの時代は「白人ではない」ことにしか差別の理由は見当たらなかった。
しかし、今の日本では「スペインやアラブ・ユダヤの父」と言われるだけで差別される。
ユダヤ人だけの国を作ろう(1492年)、イスラムだけの国を作ろう(1502年)などのような動機から大航海時代は生まれている。
カルトではあったが、あまりにも信者が多すぎた。
カトリック国だったスペインからこのような指導者が多く出たのだ。
イベリア半島は「新世界」を求めていた。
それほど宗教が成熟していたのだ。
フランソワ・バーナー(1625~1688)はエジプトやペルシャ・インドを旅した結果、世界には五つか六つの「人種」がある、としている。
中国では「上海で泣いて、ニューヨークで笑いたい」などという、台湾が激怒しそうな男が大勢いた。
「インドのシオニズム」がインドネシアだったりもしたのだ。
「ペルシャのシオニズム」がウズベキスタンだ。
ロシアには「シベリア」があったし、「ヨーロッパの知識を独占するもの」は新世界を目指した。
アメリカ・ヨーロッパ大好きな人なら大勢いるだろうが、本国から排除されて「新国家建設」を目指した連中は確実にいた。
日本ではそもそもがアメリカ・メジャー大好きだったため、「床屋とその客からのいじめ」程度で済んだのが「人種」概念だった。

「私は日本人」というよりシンプルな構図を作るのか、「洋と漢」という複雑な知性を作るのかの違いが「人種」となっていた。
カントの登場がこれに致命的役割を演じている。
「女と話しただけで金持ちになれる」
これがカントの考えだったが、チョキチョキチョキチョキ「くちゅくちゅあんあん」の世界の床屋はこのことに憤慨していた。
カント信者のことを「ノーブルブロンド」と言った。
より高貴で、道楽のような生活をしているものを「ノーブルブロンド」と呼んだのだ。
銀行マンのようなただのサラリーマンならば話は別であっただろうが、なにしろ、銀行を「指導」するような男がドレスコードを無視していたのだ。
ルイ・アガシが、動物の間にも「知性による差別は見られる」と報告した。
ダーウィンは「知性による進化」を信じていて、主婦層は「西洋と東洋、洋と漢の言語に通じているか?」を独身男から見抜かなければ、あとで呆然とさせられるだろうとしている。
独身男は、自分のポテンシャルを語ろうとはしなかった。
英語に通じていること、中国語も知っていること。
何も語らなかったことが主婦層を混乱させた。

今となっては、実在したかは明らかではない「ローマ帝国」「イエスキリスト」ですが、「ローマ組織」は明らかに「大学」の存在を重視していて、イエスキリストがどこの大学だったかは分かりませんが、私は1999年に、マジソンスクエアガーデンで行われた「ホリフィールド対レノックス・ルイス戦」の時に、インターネットで、ホリフィールドの「five children out of nine was born out of wedlock」という記述を「九人のうち五人が妻以外の女性に産ませた子供」と翻訳しており、「ホリフィールドはグッドボーイだ」と信じていた日本のボクシング界を大混乱に陥れている。
三日後に試合を控えていたので、フォーラムの重鎮たちが身動きが取れずに凍りついたのだ。
また、「post the score in each round」というボブ・アラムの発言を「各ラウンドごとに採点を公表する」と翻訳し、国内で初めて「オープンスコアリングシステム」の企画を公表し、現在も一部で採用されている。
知的なゲームは大人たちが楽しむものだ。
20代での私の「外国語能力」はここで発揮されていて、「ローマ組織とは何か?」を示したのだ。

アファーマティブアクションとは「マイノリティーを優先させる」という意味ではない。
勤勉な独身男を「主婦層が」軍事行動を起こすがごとく攻撃することを言う。
ローレンス・ブラムや、アンソニー・アピアー、トミー・シェルビーなどが、
日本の創価学会以上の理論を構築していた。
子供を産んだために感じなくなっていた主婦層にとって、独身男性の言葉を聞くことは楽しみでもあったのだろう。
ローマ組織に「人種」と認定されたエジプト・ペルシャ・インドなどの男は独身男性として主婦層のお食事会に招かれた。
このことを「アファーマティブアクション」と呼ぶのだ。
社会の序列を壊そうとする野心のある「人種」の言葉は主婦層が判断した。
シェルビーは、ブラムやアピアーとは異なり、オバマなどの黒人を相手にしていた。
主婦層の希望を託せる男という意味ではオバマはドクターノオよりも優等生だった。
ドクターノオは、「今が代議士への道への最短距離」であるとも知らずにお食事会で主婦層の気分を害していたのだ。
司法試験を受けるぐらいなら、哲学を学んで主婦層の心をつかめばいい、そのような学習をドクターはのちに行った。
公明党が連立政権にとどまっているうちは、主婦層のリクルートメントシステムは機能するであろうし、自由民主党とのパイプは維持されるものと思われる。

主婦層のリクルートメントシステムは、気象予報などのような短期的なものであってはならない。
人生を通じたお付き合いを東大生と行っていかなければならないため、より「長期的」な予測が必要となる。
そもそも「国立大学」という税金を背景にした教育が施されているのが東大生なのだ。
主婦層の間で奪い合いになってもおかしくはない。
しかも、夫の仕事の「ファイナンス係」を十年後には務めているかもしれない。
国が「税金を背景に」育てている人材に目をつけない人はいない(ファンデーショナリズム)。
入学試験で「何もかも」を調べ上げて厳選された人材なのだ。
東大生が「恋愛裁判官」として機能するかを見てみよう。
案外、夫婦やカップルは「狭い世界を信じている」ものだ。
世の中を「知っている」人の裁きを受ければ「自殺」は少なくとも免れることができる。
ガンになったら、中産階級も最貧困層に落ちる。
しかし、東大生が知り合いにいたのならば話は別だ。
自分が好きだった「おばあさん」のことまで博物館などで調査して、「形見の品」を見つけてきてくれる。
このことだけで、腫瘍マーカー(のどのうめき声)が消えてなくなった。
奥さんが「壊れていく」のが怖くて男は浮気をするのでしょう?
だったら、東大生は「壊れていく女」など恐れてはいない。
税金で育てた男は、夫婦のライフラインとなっていたし、寿命とも関わっていた。
もし、東大に受かったぐらいで「メディアの寵児」「噂」を背景に「彼女」を作る程度の東大生ならばやめておきな?
幸せに一番近い席 酒井法子

幸せにいちばん近い席は、主婦層は歓迎していないはずだ。
学問とはもっと厳しい世界だ。
幸せとは程遠いところに栄光というものはあるのです。
おいしい昼食ならばFランの方がいい。
「まずい飯を食わせた男ランキング」を作ったほうがいい。
そのほうが記憶に残るものだ。
あの時のあの男か?そのようにして食事と男は記憶に残る。
幸せの食事など誰も覚えていない。
「時間をかけて見守ろう」
「まずい飯を食わせた男ランキング」はのちの人生のお供になるだろう。
幸せにいちばん近い席(PIJ)と、まずい飯を食わせた男ランキング(E)を比べるほどのデータを持っているのならば、奥様方のサークルの大御所ね。
クリスマスに食前句を述べるおばあさんはすべてを知っていたのだ。
データの蓄積は「20世紀にすべて終えた」とも言われている。
なぜならば、アファーマティブアクションの歴史はそれほどまでに浅かったからだ。
今、現在進行形で「年配のお婆さん」は尊敬されている段階だ。
若い「イケメン好きの」主婦にはなかなか分からないんじゃないかな?
そのへんも「主婦たちの勝負」のうちだね。
「おばあさん、学問に励んでくるよ」とドクターノオが遊佐道子に言った時に、遊佐は「よく言った!」と言って駆け寄ってきた。
いずれ病んでしまうような時代であることも知っていたけど、その日のうちに詩をしたためた。
エアー~サラダデイズ 酒井法子

自分がトラブルに巻き込まれているようではあまいわね、東大生。
モテるようになったら、影響力を失うことを「サラザールのジレンマ」と呼んだ。
「ボンジュール」(こんにちは)とすら言えなくなる男は確実にいたのだ。
トラブルに巻き込まれて汗だくになる男は確実にいる。
自分が壊れて、女関係がメチャクチャになったのがロッキード事件のときの田中角栄だった。
とことんモテるようになったら、汗だくになる。
サラザールのジレンマからは田中角栄も逃れられなかった。
モテるようになったら、まず、「税務署の職員」が家に来るだろう。
税金なんてどうでもいいんだ。
「話が聞きたい」から税務署の職員は家に来るのだ。
教科書が未公表ならば確実に「逮捕」だね。
公表してあるのならば、税務署も「名刺の交換」をしに来たのだろう。

野球が楽しい、夢を楽しめる、美しくなれる。
この三つに大陸フェミニズムは向かった。
男社会に一泡吹かせようと思って、仕事も一生懸命やった。
夫や彼氏の夢しか見ないと朝、起きられなくなったので、野球で影響力を行使した。
メディアが「カープ女子」「DeNAレディチャペル」「DeNAゼブラ」に踊らされていることが分かった。
カラシティなどの外国人は特に「ゼブラ」という言葉を恐れていた。
少女マンガよりも面白い、それは「女であること」だったし、権力者が「女の資金力」に頼っていたことだった。
政府も「女の力」を日本シリーズやワールドカップで痛感してから、重い腰を上げた。
私たちの戦いは「スポーツ」というフェアプレーにあった。

そもそも、「言語」というものが、「舌の滑らせ方」と「女のエゴ(譲れないもの)」を結び付けていたため、「言語は女が作ったもの」であるということは真理であったし、「舌の滑らせ方」を男にも強制したという意味では、「はじめに言葉があった」ということは、失恋した(悔い改めた)女が、その痛みを「男に押し付けた」つまり、言語の「舌の滑らせ方」を男にも同調行動を取らせたのである。
どれほど「失恋ソング」が舌を滑らせているかを感じて欲しい。
優しさに帰れない CoCo

いじめられた男、病気の男、失恋した男、など「一通りのことを知っている男」とは、「口が渇く」ために「女の失恋ソングが好き」だということがいえる。
女たちは、言語を作るうえで「舌を滑らせる」というところに「自分たちの主張」を混ぜこんだ。
女たちの失恋を知らないと一流大学にも合格しないのだ。
「舌を滑らせる」言語を知っている男が高学歴であり、「女たちの主張」により詳しくなる可能性があったのが、高学歴男であった。
SPEED I REMEMBER

主婦層は「東大生」に病気になるほどの追い込みをかけることで、自分たちの将来を確信した。
病気になった東大生は「女の失恋ソングを歌うと気分がいい」と思っていただけだったが、その秘密は「舌を滑らせる」ということを、女たちがすでに「政治」として完成させていたことにある。

20世紀に、レヴィ・ストロースが「女たちは失恋ソングを病気の男に押し付けることに成功した」ことに気がついた。
このことを、ファイナンスにつなげない言語学者はいなかった。
明るい曲ばかり聞いている男は貧しかった。
東大生を主婦層がいじめればいじめるほど「主婦層が救われる」という現象はヨーロッパ大陸が理解していたことであり、はたして、創価学会が理解しているかどうかはそのことに関する見解が出されていない。
神社がこのことを理解したのは事実だ。
ロマンスかくれんぼ

メルロ・ポンティは、レヴィ・ストロースの指摘を受けて、あっという間に、「主婦層のいじめの陣形」を敷いたし、東京大学の側も「駒場の二年間で外国語は教えてしまおう」という決断を下した。
東大生が潰される前に、外国語を学習させてしまおうと考えたのだ。
「いつまで主婦層は東大生をいじめるつもりなのか?」
この問いかけに「若い娘だけが女ではないことに気がつくまでよ」と主婦層は答えた。
美しさとは何かという世代を越えた戦いも背景にあった。
「はじめに言葉ありき」
女たちが「悔い改めて」(失恋して)作った言語に「何の矛盾もない」ことに気がついたのがアリストテレスだった。
医学だろうが文学だろうが法律だろうが、「すべての学問が言語によって発展する」ことを指摘したのだ。
東大生は駒場で外国語をおぼえてしまえば、のちの人生は安泰だったのだ。
本郷では就職活動していてもなんらアカデミズムの側は問題視していなかった。
言語戦争は今でも日本で続いている。
ワールドカップのあとはプロ野球で続けられた。
アメリカ側がそれを望んでいたのだ。
「問題の所在の理解」「いいアドバイス」「より人を興奮させる」
この三つが言語の役割である。
いずれにせよ、言葉だけで「人を変えてしまえる」という意味を持った。
薬など「言葉が足りない」だけだという側面も指摘された。
「同じものを同じ状態に」保つ、それが医学であり文学であり、法律学であった。
自分の体調が万全ならば、人は何も欲しがらない。
若さを無駄にして何が悪いのだろうか?
ノンケならば、無理に努力する必要もないだろう。
それが普通の人間だった。
しかし、東大生は「税金で育てられ、努力する宿命にあった」のだ。
名誉もブランドも女もあった。
そのことから、主婦層は「期待の星」をいじめることにしたのだ。
環境に「負荷」をかけなければ東大生は何も学んでくれない。
このことから、駒場で夢のようなスター生活を楽しめても、本郷に行く頃には東大生は、「人生の危機」を深刻に考えるようになった。
25歳の被選挙権までは遠すぎたし、お金もなかった。
本郷で就職活動を始めないグループは、「駒場での成績」が生涯の財産になることに気がつかない者もいた。
大学とは「外国語を教える組織である」
しかし、国家レベルで「一軍」扱いできる外国語使いにならなければならない。
外国語さえできれば、法学部だろうが医学部だろうが気にならなくなる。
コンプレックスさえなければなんでも勉強したから、東大法学部は偉かった。
日本語でも真理を知ることができるという意味では健康で文化的な最低限度の生活などが指摘できる。
また、政治として「女心の定義」が行われている。
精神病についても明らかにされた。
歩いている人の医学においても出血さえしなければ人間の健康はどうにでもなることが明らかになっている。
アリストテレスが考えたように、女たちが生み出した言葉は、なんの矛盾もなく真理に到達することが可能だったのだ。
「舌の動き」というが、賀茂真淵が考えた「50音」は、日本人の言葉で「倍音」が出るようになっている。
中森明菜 不思議。


女友達の多い男は、借金がない。
女を大勢はべらせるだけの男ならば破産するだろうが、「女友達の多い男」が借金がないのには理由がある。
中年の女からも、若い女からも「女らしい返事」を受け取ることが可能であることを知っているのだ。
それはまさに「自由の女神のランプ」であり、年配の女も「女らしい返事」を男の問いかけに対して返し、男は「ファイナンス」の意味を知ったし、中年の女の方が、若い女よりも「含蓄がある」ことを知るのだ。
自由の女神は、中年の女でも若い女でも「ランプ」があることをフランスがアメリカ合衆国に教え、ファイナンスの意味を教えたのだ。
中年の女のランプを愛する、これがファイナンスの基本であり、
若い女よりも「哲学者としての器」を試されることを知った。
電話をしても「この女は頭がいい、落第点を押されたら哲学者失格だ」と思うような女がいる。
そういう女とは「腐れ縁」になった。
妻が自分に貞淑で鈍い部分があったために、そのような「次女の母の娘、戦術的な母と向き合い続けた娘」としての、おしゃべりな中年女を友達としてもつことによって、哲学者としての腕を磨いた。
南無妙法蓮華経とは距離のある女であり、日蓮宗の母を嫌っていた。
独身男とお食事会をするような主婦層は、彼女ほどの「深い人生経験」がなく、楽しいお食事会ができるだろうが、本当に哲学者としての腕試しがしたくなった東大生は、
「この女は頭がいい」というような女と一時間半は電話の「テスト」を経験しなければならない。
一度、電話を成立させれば、女友達には不自由しなくなり、借金もなくなる。
彼女にとって芸能活動とは「鶴見で写真をたくさん貼られた。TVKに出た」程度の意味しかなく、「こんにちは」と言われたという経験に過ぎない。
しかし、どこに「怪物女」が潜んでいるかは分からない。
主婦層のぬるさだけは知っておいたほうがいい。
鈴木亜美 Our days

リベラル(フリーセックス)の女は、アメリカが日本に持ち込んだものであるが、「オーイェー!オーイェー!」と言って、セックス一回で2万2千円もらう女は地方自治体の基礎体力を高める。
リベラル思想は「平成の市町村合併」とともに生まれたものだったのだ。
しかし、彼女たちは、男とセックスしすぎて「無人島に行きたい」と思っているということが地方自治体の扱う仕事となるだろう。
無人島に行きたいという理由は男にはなかなか想定できないが「ポルノのモデルになった」からであるという指摘は可能だ。
おっぱいをさらした場所が自分の居場所、と考える女にとって、ヌード写真を公表することそのものが、日本中の男たちの所有物となることであり、むしろ居場所をなくすのだ、無人島に行きたいとは困ったものだ、
子育てもしてもらわなければならないのに。
地方自治体は彼女たちにとっての「無人島」でなければならないし、とにかく「健康的」でなければならない。
陰湿な街で「無人島」のような新天地として子育てをしようという女はいない。
石原さとみ

国家として「ポルノの対象になった女」を扱うことはできない。
各地方自治体に委ねなければならない問題だ。
最低賃金を高める努力が必要であるし、教育の機会に恵まれなかったことにも、それなりの文明化を与えなければならない。
娘も「家族のメンバー」ではあるが、ポルノの対象となったのならば、地方自治体に扱いを委ねるという発想を親も持たなければならないだろう。
貞操観念のない女のために地方自治体というものはある。
今までの出来事をすべて清算する(無知のヴェール)ということを行わなければ、奥様方のサークルには加われない。
仕事があること、フレックスタイムであることなどが問われる。
三浦市ホームページ

ポルノの対象になった女が過去を清算できる、仕事がある、フレックスタイムである、
最低賃金が高い、自分の財産がもてるなどの「わがままクラブ」が地方自治体である。
さらには、交通事情の最適化など、「ゼブラ」のやらなければならない仕事は多い。
魅力的な女性社員として、会社が株を発行できたりするのも「無知のヴェール」があってこそである。
また、地元に近い場所にサッカーのクラブチームやプロ野球チームがある場合は、彼女たちの支持がなければ勝てないこともわかっていた。
ウェルカム 高橋由美子

勉強は「階級」をつくり「人種」を作る。
勉強男をよく観察したら、彼には目やにがついていた。
そこで、彼に「私の目に何かついてる?」と言ったが「ついてない」という返事が来た。
私は彼の目やにすら観察していたのに、彼は私のことなどまるで見ていないことを悟った。
女は若いときしか輝かないけど、男は勉強ができれば将来がある。
このことから、主婦層だけでなく、同世代の中でも「いじめ」が生じた。
叶わぬお方に恋をした結末だった。
恋するニワトリ

女は、若いうちにヌードになっておこうと決めたし、男が勉強すればするほど、
女は「若さ」にこだわるようになっていた。
男の人生と比較すると、女は「おっぱいを見せないと損」という側面がある。
成績優秀な男を「いじめた」「グラビアでヌードになった」
【このままでいいの】
女はそう言わなければならなかった。
松田聖子 制服

1980年代から1990年代にかけて、日本国にも「勉強さえできれば権力者である」と考える男がいた。
東大入試が激戦になったことや、合格者の氏名が雑誌で公表されていたことから、このような男の存在が観測されたのだ。
彼が「俺たちのアイドル」を目指していることは明らかではないか?周囲の男たちのいじめも熾烈を極めた。
1990年代の終わり頃に、ドクターノオが「ホリフィールドに影響を受けて」歯医者に行ったときに、周囲は敗北を悟った。
女の中には「女でも勉強はできるじゃない?」という意見はあった。
しかし、そこに待ち受けていたのは「下痢戦争」であり、男でなければ到底打ち勝てない世界だった。
人間は考える葦である。勉強しても痛みを感じない。
そのように男が言った時にはもはや手遅れになっていた。
ノーベル賞の数が片方の手だけでは足りなくなっていたのだ。
周囲は「オナニーするのに理由はない」と言っていじめていたが、このクラスになると「学問の考え方の柱」を作らなければならないという使命感が芽生えていた。
ノーベル賞をひとつとってふんぞり返っているのとはわけが違う境地だったのだろう。
男の「ダメージを」観測するために誘っていた飲み会も解散された。怖すぎたのだ。電話番号も変えた。
Mugoん色っぽい 工藤静香

1990年代に、若きドクターノオが、明仁との権力闘争に「中曽根裁定」で敗れてから、ドクターノオに「十分すぎる時間」が与えられた。
この時に、世界が考えたのが「デキる女」というモデルだ。
第二次世界大戦のときに、必要に駆られてジョン・デューイやジェーン・アダムズ、ウィリアム・ジェームズなどが作っていたモデルが復刻したのだ。
正田美智子さんは第二次世界大戦のときのモデルを参考にしたし、雅子さんは「1990年代」にドクターノオを挑発する形で「デキる女」を演じた。
「権力者としての女ねえ」「クワガタクワガタ」と女たちに批判される役割でもあった。
雅子さんがもみ消そうとしていた「女らしい私」という過去はむしろ好感を持って受け止められていた。
「デキる女がセックスをする」
こんなにエロいものはなかったのだ。
営業部長 吉良奈津子

「デキる女」というモデルは確かに強かった。
ダメな自分も、エロい自分も存分に利用することが出来たからだ。
しかし、アメリカのジェーン・アダムズやエミリー・バルチ、エラ・カボット、マリー・カルキンなどの「先生」の言うとおりに行動しないと、「応援団」の情報すら「悪意のあるもの」と判断してしまうことがある。
アダムズは「ご近所づきあいがうまければいい」と判断していたし、
バルチは「学問が世界レベルであること」と重視していた。
カボットは「女たちの味方であり続けるならば」と指摘していた、
カルキンは「ドクターノオと競り勝たなければならない」としていた。
雅子さんはすべてにおいて「落第」だった。
ヒラリー応援団

エルシー・クラップは、「だったら私がプラグマティズムを実践してみよう」と考えた。
アンナ・ジュリア・コッパーは「プラグマティズムこそが女の生きる道」という教育を広めた。
アリス・デューイは「顔が美しければいい」とした。
マリー・フォレットは、「男の優劣を正確に判断できる女ならば職場に歓迎される」とした。
シャーロット・ギルマンは、「男たちに愛される」ことを重視した。
ルーシー・ミッチェルは、「子育てがうまい女が本当にデキる女だ」とした。
エラ・ヤングは、「学校が好きな女がいちばん可愛い」とした。
先生たちはこんなに大勢いたのだ。
好きな先輩 モーニング娘。

これらの「先生」たちはあくまでも「古典」であって、プラグマティズムは一部のインテリの女の独占物になるだろうという指摘がなされた。
いろんな「人生を知っている女たち」がどうしても批判の対象にしてしまい、「過半数は取れないキャラである」という指摘をエレン・マッキナは行っている。
男がこのようなパートナーを必要とするのであれば、男の器が問われても仕方がない。
「お取り巻き」など実在せず、自分で書いた「医師団の見解」に世界の医者たちは肩をすくめるだけだった。
ドクターノオは、この狭いサークルをすでにワールドワイドなものにしていた。
【人々は、デキる女に何を求めていたのだろうか?】
「子育ての方法を知りたかった」
女たちに簡単な「法則」を語ってもらいたかったのだ。
しかし、雅子さんは世界に「モンスターペアレント」と配信され、世界の王室から見捨てられた。

第二次世界大戦のときに作られたモデルにせよ、1990年代のモデルにせよ、「デキる女」(プラグマティスト)の追跡調査はすでに終えたといっていい。
「晩年はさびしい老後を犬とともに過ごしていた」のだ。
「できない、できない、夫が子供に興味を持ってくれるかな?家庭に縛られるのではないかな?」と心配しながら彼氏と付き合っていた女たちが「デキる女」にとんでもない「復讐」をしたのだ。
中森明菜 禁区

創価学会は「雅子」を潰すために仲間に引き込んでいたのだ。
雅子というよりは「プラグマティズムを世界レベルで抹殺する」のが目的だった。
「悪口を言われたら勝ち」という側面があるプラグマティストを必死で褒め続けた。

女たちの「夢」というものは、男が成し遂げることを「女であること」と「性」が関わり、自分の顔で「私がやった」というあたりに本質がある。
竜樹は「欲しがらなければあなたはハイウェイスターだ」と語ったが、女たちは「男の業績」を「夢」において「自分の経験」として見ていた。
竜樹は「エルサレムを尊敬しろ」とも語っており、女たちが「イエスキリストになる夢」を見て、モテモテになり、周囲に恐れられる夢を見ても「それを他の女に話してはいけないよ」という戒めとして、エルサレムを尊敬しろ、と語ったようだ。
マリオネットの涙

フロイトは、幼少期の女の子は「性中立的」であり、男の子のように「足が速い」などの夢を見ることを「あなた自身が問題なのだ」として、「女の子大好き」なバイセクシャルになることに警鐘を鳴らした。
しかし、「男の強さ」を愛したほうがより性欲が刺激されるという側面がある。
男の子がやんちゃになればなるほど「女の子は女らしさが増す」ということが可能だ。
男の子が「暴力的に強い」「暴力的に成績がいい」つまり、イエスキリストが女たちにモテる秘密はここにあった。
イエスキリストが「マグダラのマリアとマリアたち」を生み出したのだ。
「女」(Woman)というものそのものをイエスキリストは生み出した。
男のコになりたい 酒井法子

イエスキリスト(堕天使・ルシファー)が生み出した存在が「女」「ご婦人」であり、「期待されていないことができない」という「女らしさ」は、一部の女子アナなどに知られているに過ぎない。
「男らしい男」がいなければ、「女らしさ」は生まれない。
肉体が逆三角形で成績がいい、そのような「男作り」は、陽明学でも「心技体」などと知られていたが、キリスト教が「女」「ご婦人」を生み出したと考えられる。
「女の子が良かったのに」といってお父さんにおちんちんを切られるのが怖くて男の子は「イエスキリストに似た存在」になるのが現代の教育においては当たり前になっている。
「男という存在を私の欲望にする」ことを考えた象徴的人物がイエスキリストなのだ。
「男を誘惑したい」
これが「女」「ご婦人」になる秘訣であった。
メリハリで愛して

私は優しい夫・ヨゼフとであった。
セックスはなかったかもしれないけれど、息子はあまりにもたくましく知的であった。
息子は私を「女」「ご婦人」と呼んだし、彼が生み出した「女」「ご婦人」という概念は世代にわたって続いていくでしょう。
「女であること」「男であること」
このことが世代にわたって続いていくことが約束されたのだ。
「女らしさ」を生み出したのはイエスキリストであり、このことは「聖書は神話」であるということを意味している。
アブラハム(ドクターノオ)も、イエスキリストの誕生を誰よりも喜び、「女を口説く」哲学という学問も誕生した。
ルカ1:46

なぜ、「小さな男の子」だった女の子が「膣」まで感じるようになるのであろうか?
それは、「たくましい」「頭のいい」男の子を誘惑することを夢で見るからである。
「たくましい」「頭のいい」男の子が「優しくしてくれたら」簡単に「恋のパズル」は解ける。
しかし、「たくましい」「頭のいい」男の子にはそれすら「難しすぎるパズル」だった。
あとは「怖いお父さん」「職業保障がない」ということがなければ、近親相姦は簡単に生じるということを理解する必要がある。
女子校にあっては「お兄さんに恋する」ということは日常にあったからだ。
私は知恵の輪 うしろゆびさされ組

カール・アブラハムや、アーネスト・ジョーンズ、ヘレン・ダッチ、カレン・ホーニーなどが、
「ペニスエンビー」の存在を指摘した。
「セカンド」が誕生した瞬間だった。
【女が男に嫉妬する】
これがセカンドと呼ばれるための共通認識であり、
「男が女を愛する気持ちを利用するのが経済である」
「男らしさを語り合う論壇が宗教である」
「男らしさを定義するのが法律である」
「男が女を口説く学問が哲学である」
「哲学を一人でまとめ切れないから宗教家がいる」
などの学問の世界の爆発が「セカンド」の誕生によって引き起こされた。
ペニス(ピエロ君)とも呼ばれた。
さよなら失恋ピエロ君

アブラハムは、ヨゼフとマリアの間に男の子が誕生したことを喜んだが、最も、イエスキリストに近づいたのが「トマス・アクィナス」であった。
ペテロ(叔父・伯父)にいじめられ、スコトゥス(弟)にいじめられ、父もスコティストだった。
養子に出されて「三男」として、義父・長男・次男と激闘を繰り広げ、
父:317票
長男+次男:400票
アクィナス:317票
という数字をたたき出している。
アクィナスとアブラハムは境遇としては区別できず、イエスとも区別できない。
父・子・聖霊、アブラハム・イエス・アクィナスという三位一体も存在する。
男・男・男という三位一体なのだ。
赤いスイートピー 松田聖子

ラカンは「女として生きることは楽しい」ということの探求に人生を捧げた。
ナチズムが支配するドイツに対して、フランスは「カントに出遅れた」感が否めない。
そのために、フランスは「道徳哲学」を形成し、下ネタを一切話さない「よりスタイリッシュな男」すら描いた。
女の子を女らしくするためには「口説くだけではダメ」だったのだ。
下ネタを一切話さない、女性の局部の色も知らない男モデルが必要だったのだ。
クリステヴァは「女性タイム誌」で、これらの論陣を張った。
フランスのソルボンヌレベルの大学はドイツにはない。
CoCo メロディ

また、女の膣を濡らす言葉を考えようという動きも始まった。
男の前に「すべてを放棄し、すべてを委ねる」
これは「下痢戦争」に打ち勝った男だけが、女性との電話での沈黙を楽しむものだった。
沈黙している間、女性は子宮からこみ上げてくる何かを感じた。
「母になる準備」がこの時に始まったのだ。
もはやこの時には「女の子」は「女」になっていた。
Be Happy 恋のやじろべえ

偏差値男が、女との沈黙を楽しむ。
それは、女の側にも「ナルシシズム」があった。
「彼の言葉が重たいのが分かったから」
エゴとエゴのシーソーゲームではなく、「女の側が妥協する」このようなものは、高校生の「恋」には想定されておらず、長続きするかどうか、セックスするかどうか、宗教に包まれているかどうかが問われる「愛」の世界の議論だったのだろう。
「下痢戦争」に打ち勝った男の真似を使用とする男は、かなりお下劣なビデオを見て健康を害するほどの欝になっていた。
【結果的には女たちが美しくなった】
日本語も、賀茂真淵が「舌の滑らせ方」まで研究して作った言葉だ。
完璧な乗り物であり、すべての外国語を日本語に書き換えることができる。
女たちが美しくなったということは、「男にすべてを委ねた」ということをも意味し、時代の学問の学習を男に託したのだろう。
「女心に誰がいちばん詳しいのか?」
清和会も宏池会も競い合っていた。
美しい女、男の側にすべてを委ねた女と仲良くすることがステータスだった。
男運がいい、いい男を知っている、男が努力家ならば、なぜか女は肌が白くなった。
アメリカ合衆国は1970年代から1990年代まで時間をかけて、フランスフェミニズムを解釈していた。
「我々は、嫁姑関係やお舅と嫁の関係を歓迎していない」とし、核家族化は一気に進んだ。
勉強と文化は明確に区別され、文化に介入するのならば「それは研究だろ」と呼んだ。
アメリカ合衆国は、「幼児期にため込んだエネルギー」を重視していた。
親に愛された、やんちゃな遊びをしたなどだ。
お父さんに投げ飛ばされたなどの経験を「必要なもの」と考えていたが、左目を潰されるほど殴るような父親は「医者ではないのだろう」と諦めていた。
「おじいさんやおばあさんとの同居も子供たちにとっては悪くはないよ?」という指摘もあったが、アメリカでの「家父長制」は核家族化に向かった。
すべて、「年寄りのほうが女を口説くのがうまい」ということが理由だったのだ。
ribbon Boys Dream Days

「デキる女」モデルは、ジェーン・アダムズ、W.E.B.ダボス、ジョン・デューイ、ウィリアム・ジェームズ、ジョージ・ミード、サンダース・パース、ヨシアー・ロイス、アルフレッド・ホワイトヘッドなどのそうそうたる論客が参戦してきた。
彼らが提示したモデルは要するに「デキる女がもし処女だったらどう思う?」という問題提起であった。
哲学者が「AKB新聞」に敏感にならなければならない理由はここにある。
賀茂真淵が生み出した「50音」、つまり、女たちが男に強制した「舌の滑らせ方」を、失恋も知らぬ処女たちが「失恋ソング」として歌うという可能性も提示された。
プロデューサーによる「アカデミックな実験」であったし、AKB48は「失恋ソング」も「長続きしない愛」も歌っていないという意味では、かなり「余力」を残した形となっている。ヘーゲル、マルクス、キルケゴール、ニーチェなど、「格上」の哲学者の言うことを参考に、これらの哲学者は「デキる女」は「処女である」という巨大ビジネスを展開させたのだ。
「デキる女」は「処女である」というモデルはプロデューサーがいなければ生み出せなかった。
AKB新聞を書いているニッカンスポーツの記者もこの役割を果たしていることになる。
CoCo さよなら

「デキる女が処女だったらどうする?」
これは、自分の死が世界の終わりと考える人間の現実により即したものだったし、ビジネスを成立させることは、男も女も「美しくなれる」という効果をもたらした。
勉強男が何を愛するのか?
高校時代のみならず、大学に入っても「女の子に優しくできない」男にどんなニーズがあるのか?
これらの「デキる女は処女である」という論陣は「イエスキリストを生み出したい」という19世紀末から20世紀中頃にかけて展開された議論だったのだ。
「男はどのように育つのか?」
つまり、画面の向こうの「美しい女」が「失恋」「長続きしない愛」を歌う「処女」である、このことをアメリカプラグマティストは、目指したのであり、「女の子のメランコリー」など、多くの「哲学的問いかけ」を行う「処女」を愛するオタクカルチャーのバックにいる哲学者はこんなに大勢いたのである。
オタク勉強男の友人が「最近の金融はどう?」と言ってきたが、エリートに「最近の音楽はどう?」と言ってきたのだ。
ルターの宗教改革が、そもそも「ミスコン」などのマリア崇拝を生み出していたが、デカルトが「恋の発見」「処女の発見」を行ったあとに「病気の治療である」として、アメリカでプラグマティズムが生まれたのだ。
檸檬の年頃

イエスキリストを「宗教改革以降に」生み出す。
それは、聖母マリア崇拝を背景に、童貞であり、勉強が好きな「俺の顔が好き」という勉強男を作ることからはじめた。
「イエスさまはいつ降臨されるのか?」
それが、ルターの真の意図であり、音楽作品の評論を学び、しかも、それはプラトンへの造詣が深くなければ困難であり、莫大な富を生み出すものであった。
長者番付で「イエスキリスト」という名前があったらとんでもないことになるだろう。
一度きりの男の子の人生の「時間と空間」をどのように用いればイエスキリストは生まれるのか?
答えは「東大生」「体育会」「オタク」を結び付けるしかなかった。
アメリカプラグマティズムが「アクィナス」「イエスキリスト」「アブラハム」を生み出したのだ。
武器や乗り物、医学、エレクトロニクスなどの時代の英知をすべて「マリア崇拝」と結びつけた。
東大や最高裁は「行為無価値論」に立脚し、「男性らしい」学問体系を構築していたが、オタク勉強男が「いつ、英語に気がつくのか?」をひたすら待った。
日本には「エロス」(長続きしない愛)という問題意識すらないんだ。
「デキる女」「処女」「プロデューサー」の組み合わせは、エロス、メランコリー、失恋の三つに可能性を見出していた。
エロスといっても「個性に注目する」「セックスをする」「宗教に守られていない」カップルを描いており、それだけで、オタク勉強男は「偉大な宗教」を作ろうとしたのだ。
これこそが「脱構築」であり、デリダが構想していたものだった。
「アブラハム」が「イエスの誕生を喜んだ」「アクィナスが最もイエスに近かった」というあたりに「もしイエスになろうと望むのならば男同士の殺し合いになる」という図式があった。
「イエスさまが私たちのために磔になった」というのは「女」「ご婦人」を生み出すためにより「男らしさを磨いた」男への賛辞であり、しかし、その危険性から、アブラハムは、イエスとは距離を置いていたし、アクィナスは「最も近い存在」として歴史に名が残った。
インディゴブルーラブ

女たちが日本語を作った。
「舌の滑り方」などの「倍音」の出し方は女たちが決めた。
アメリカ合衆国では、このことが「聖母マリア崇拝」と直結され、プラグマティズム、つまり「デキる女」「処女」に、勉強についていけなくてグラビアでおっぱいをさらしたために「私はふるさとに残る」という女モデルを歌わせた。
「エロス」「メランコリー」「失恋」からさらに可能性が掘り下げられたのだ。
ごめんねJAJAUMA 国生さゆり

なぜ私はアメリカ南部に縛られているのだろうか?
それは体力に限界があったから。
黒人は奴隷だと言うけれど、奴隷と言われるほどひどい扱いは受けていなかった。
故郷で「胸」をヌード写真でさらしただけ。
ブルジョアかと言われると嘘になる。生活は貧しかった。
お金になるから、黒人の私でもヌードになった。
胸をさらした場所が私の居場所。
できることなら、すべての女がイスラムのように顔をヴェールで覆って欲しい。
お金を稼ぐ方法(憲法・民法)さえ知っていれば、胸をさらさずにすんだのでしょう。
黒人にカトリックなんていないわ?
お父さんが「処女としての私」を芸能界に導いてくれるほどの金持ちではないから。
ヴィトゲンシュタインが「ヌード写真」を撮りまくったときに、南部の黒人女は土地から離れられなくなった。
「私はここにしか居場所がない」
それがいじめの理由なの。
なぜ、まるで赤子のように「故郷」に縛られているのだろう?
東大に受かった男に「ついていって芸能界デビューする女」はヌードになっていなかった。
裸の写真をさらした女が故郷に残った。
脱ぐか脱がないか、男たちはそれを問題にした。
脱ぐことは「故郷に帰る」ことを意味したからだ。
青いスタスィオン 河合その子

胸を写真家に見られたら、当然、写真家は勃起するわね。
そのあと何をしたかは秘密。
マルクス主義者は彼女たちを自由にしようと考えた。
都会に出て「ハウスキーパー」をやる女もいた。
地方自治に興味のある創価学会と、都会で強さを見せる共産党の違いがここにあった。
民主主義、それが多数決だとするのならば、人間の半数は女だった。
女たちの行動原理を理解しなければ、政治は分からない。
女は群れる生き物だ。
田舎で群れる創価学会と、都会で群れる共産党の違いがある。
なぜ群れるの?それはトイレの数が女は少ないからよ。
国にトイレの数を増やすように圧力をかけるのが仕事だったし選挙だった。
ジェニファー・ホーンスビーや、ラエ・ラングトンが、ヌード写真を「言論の自由」から外そうとした。
宮沢りえが「芸術のため」と言ったことに怒りを感じていたのだ。
鈍い女だった。
篠山紀信が、裸体に勃起したあとに何をやったかがバレないと思ったのだろう。
下町の「人情」って何だと思う?
どの女も「ハウスキーパー」だったのよ。
高井麻巳子 約束

ナポレオンは、「選挙権がない」とされて、研究が進まなかった「女たち」の研究をした。
結婚すると、女たちに「財産」というものが生まれ、主婦層の支持を取り付けたら、「計算したとおり本当に大砲が船に当たった」と噂された。
大砲の弾道なんてものは軍人に任せておけばいい。
「選挙権がない」とされて政治が見向きもしなかった主婦層が「結婚したら財産ができる」という部分に着目して、彼女たちから資金を引き出したのだ。
結婚したら主婦層すら戦争に介入したがるということを見抜き、ベートーベンを退ける形でフランスの皇帝になっている。
音楽よりも主婦層が楽しんだのが「戦争に勝つこと」であった。
哀しい方の嘘とも言われ、主婦層に「嫌い」と言われていたナポレオンであったが、「嫌い」と言われているうちは戦争に強かった。
エンターテイメントを主婦層に提供しなければ政治生命が終わるために、自殺や幼児虐待などは「男に迷惑をかけない」ために罪とされていなかったものを犯罪化したり、レイプを犯罪化したりした。
ナポレオン法典は、きわめて「主婦層への配慮」に卓越していたため、梅謙次郎も、ナポレオン法典100周年で「おべんちゃら」を言っている。
日清戦争、日露戦争もナポレオン法典・主婦層の支持が争点だったのだろう。
哀しい方の嘘 ribbon

ヌード写真をさらしたおかげで都会に出れない女や、「デキる女で処女」などを演じる女、失恋(悔い改めよ)によって、女同士の譲れない空間を利用して言語を生み出した女たちなどが受けているのは「抑圧」であるとし、トイレの数が少ない、汚い、神聖な山に登れないなどの問題を解決したら、「女たちは支配階級になってしまうではないか?」という問題が「テレビ」によって引き起こされた。
勉強ができる、スポーツができるイエスキリストの存在によって「女」「ご婦人」が生み出された以上、女たちが支配階級になることは許されなかったのだ。
マルクスは「囲い込み運動」(エンクロージャー)によって、「きれいなお姉さん」を生み出すことを選択しているが、しかし、「男に守られる存在」であることを骨の髄まで女たちに教え込んだ。
フェミニズム第一の波(ブルジョアと結婚したい)、
フェミニズム第二の波(私たちも仕事をしたい)、
フェミニズム第三の波(女であることは美しいものだ)、
という経験を経て、「勉強ができるかできないか?」「スポーツができるかできないか?」で男と女を区別しようというムーブメントも生まれた。
【アンブレラエンジェル】と呼ばれるムーブメントだった。
アンブレラエンジェル おニャン子クラブ

額田王や小野小町、持統天皇など「女らしい女」が歴史上、いたとするのなら「タイムマシーン」を使ったとしか考えられないのがフェミニズムの研究である。

心を病んだ場合に、ドーパミン仮説とセロトニン仮説があるが、睡眠というものは「ドーパミン調整」を行うために取るものだ。
しかし、睡眠だけではどうも頭がぼやける感じが抜けない。
そんな時は「モテた経験」を歌で思い出すと頭がスッキリする。
もし、実在するアイドル二人の奪い合いの対象になったらかなり頭はスッキリするだろう。
加護亜依「何か入院中にいいことあった?」
亀井絵里「はあ?」
小野光太郎「ようするに地球が七日間でできるほど退屈だったというわけですね」
亀井絵里「大事な話がある」
加護亜依「えっ!何系?何系?」








Jokeにもならない恋 三浦理恵子。

風呂は神経の薬だ。風呂で歌うと気分がいい。
睡眠はもちろんドーパミン調整のために必要であるが、セロトニンがなければ睡眠だけではどうにもならないのが統合失調症である。
ドーパミン仮説が間違いであるとは言わないが、セロトニン仮説を無視しては治療ができないのが統合失調症なのである。

女性にはこれが効く。
竹内まりや 駅。


1840年代から1920年代にかけて「フェミニズム第一の波」(ブルジョアと結婚したい)が吹き荒れ、1960年代には「フェミニズム第二の波」(女でも仕事をしたい)が吹き荒れた。
仕事といっても「ステージに上がる」女は常にプラグマティズムの立場から「デキる女で処女」を演じていた。
1970年代から1980年代に「セクシー」という概念が女たちを襲った(フェミニズム第三の波)。
この時に、「勉強ができる男」「スポーツができる男」というイエスキリストの誕生を
アブラハムが喜んだものだと考えられている。
女の「セクシー」とイエスキリストは常に双子のように存在するのだ。
冷戦時代は、けっこう微妙な女の子もいたが、ソビエト崩壊後は日本も「美女」「顔」を重視するようになっている。
独占欲 モーニング娘。

女の「セクシー」がワールドワイドになったのは1970年代から1980年代にかけてである。
昔の「ポルノグラフィー」があまりにもショボいのにはビックリすると思う。
黒い雪事件というのがあるが「ろうそくをカップルが吹き消すシーンの上映」が問題になっている。
男が女を愛する気持ちを利用するのが経済だとするのであるのならば、昔の日本は間違いなく「世界第二の経済大国」であった。
今のポルノを男たちは愛せるのだろうか?
「飽きた」というのであれば、「どんな民法改正を行っても世界第三位」の地位に甘んじるだろう。
なぜ、中国に抜かれたのか?
間違った判断をしてはならない。民法典の問題ではないのだ。
「女をより美しく描く」努力が求められる。
SONGS モーニング娘。

価値相対主義(ゲイカルチャー)はスターリニズムのソビエトや、現在の中国で主流になっているが、イタリアではグラムシが「高貴な男」「血筋」という概念を作っている。
資本主義社会とは「男性主義社会」という意味であり、ゲイや血筋は「男性的」ではなかった。
「男が女を愛することを利用すのが経済」だとするのであれば、経済政策が共産圏では異なった。
一日中退屈しても飽きないのが相対主義者であり、「絶対の探求」を忘れていた。
女を口説くための「普遍の真理」というもの(絶対)は存在するのだ。
シェリー 尾崎豊

1990年代に冷戦が終わり「男性主義こそ主流」となった世界においては、
ゲイカルチャー(スターリン)や血筋(グラムシ)など誰も歓迎していなかった。
「勉強ができる男の子」「スポーツができる男の子」の戦いが本格化し、女たちの「女らしさ」がかなり進んだのだ。
グラムシが「血筋」を持ち出して男を軟弱化させた。
反共労務管理とは、ゲイの排除や血筋の排除を意味した。スターリンやグラムシの影響を排除し、「男が女を愛せる。勉強で競争する。スポーツで競争する。セクシーな女を生み出す」という意味であった。
ゲイや血筋にこだわる共産主義者が高齢化して雇用に重大な影響を与えるのは明らかだった。
天皇 グラムシのイデオロギーに立脚する共産主義者



源氏物語において、「家族に愛されなかった」源氏の君が登場する。
桐壺帝の息子であるとされていたが、「仁」つまりは、周囲からの激しいいじめにあう男。勉強だけが生きがいの男がいた。
勉強の能力だけはずば抜けていたために「彼が女たちにどのように愛されるか?」が問題となった。
奥手の彼を「懐かしい」と言った女もいた。
勝負事に「源氏物語」を用いるのは基本である。
青春時代は常に「ジム」とともにあったので、いろんな女が見学に来た。
倫理学(仁の研究)と芸術を「勝負事に用いる」のがシュールレアリスムならば、國府田マリ子の研究が有効だ。
セロリのKISS ハッカの煙草 國府田マリ子

源氏の君が書き記したことは必ずしも「真理」とは言えなかった。
しかし、勉強をとことんやったら「どんな心の風景が出来上がるのか?」を多くの女たちが知りたがった。
それは「月の裏側」を見てみたいという女たちの好奇心でもあった。
源氏の君は心を病んだこともある。しかし、周囲は冷静に彼の復活を待った。
勉強して、いじめられて、それでも、アメリカ合衆国は「女心」を教えている。アメリカが何を言っているのかを知りたかったのは事実よ。
雨のちスペシャル 國府田マリ子

源氏の君はとにかく「正直」だったからね。
周囲が卑怯な手段を使っても常に正直だった。
彼が「嘘」をついたら、それだけで周囲が大混乱に陥った。
それが源氏の君の力でもあった。
笑顔で愛している 國府田マリ子

新月の夜には人の命が簡単に奪われやすい。リーダーを決めるのは新月の時である。
涙の形のイヤリング 高橋由美子

源氏の君は「ワントップ体制」をとるサッカーチームなどで研究が必要なものであり、「唯一の理想の男」を描ききらなければならない。
シュールレアリスムとはそのような学問であり、タンデムは想定していない。
「処女の失恋」が端的に「シュール」と表現される。
カトリックとシュールレアリスムの出会いがあったのだ。
長雨 國府田マリ子

勝負好きの詩人(プラトニスト)は、処女の失恋をガンガン流し、ワントップ体制を支援した。
さよならを信じている 國府田マリ子

敵の出方論(セカンドラブ)などお構いなしに前に出る処女であったが、アブラハムはまったく見向きもしなかった。
ここにシュールレアリスムが生まれる基盤があったのだ。
夏の果て 國府田マリ子

アカデミズムの世界で「負け知らず」な男は、好んでシュールレアリスムを聴いていた。
「何がやりたいのか分からない」と言われる女子高生の漫画家志望女はシュールなことが多く、評論家が必要であろうし、彼女たちなりの論理がある。
ピュア 國府田マリ子

子供を産まなければ「人を殺すのは良くない」ということが分からない処女であったが、処女の失恋は彼女たちの世界での多数派工作が行われていたという実態があり、多数派工作が成功すれば「人を殺すのは良くない」「人斬り抜刀斎が丸くなった」「イエスキリストは殺されたのではなくお父さんに命を救われた」などの論陣が張られるようになり、シュールレアリスムは「処女の団結」と「人道」を結びつけることになった。
ホライズン 國府田マリ子

「ワントップ体制」をどのように支えるのか?
カトリックの力がなければほとんど困難であるという世界の現状を理解しているシュールレアリスムの立場に立つ政治家はいるのだろうか?
いずれにせよ、「源氏の君」は強烈な人気を誇ったし、「常人には分からない」支持基盤があったのだろうとしか分からないのだ。
夢はひとり見るものじゃない 國府田マリ子

処女の失恋をガンガン流したシュールレアリスムは「そんなの芸術じゃないよ」という批判を受けたが、
1987年にフォーダーが、2002年にはミラーとライトが、1999年にはカークが、2006年にはブロックとメアーズが、「プロジェクトの成功」を確認し、人々に「その真の意図」を明らかにして謝意を表明している。
1987年は「おニャン子クラブ解散」があり、1999年には「SPEED解散」があり、私も「源氏の君」の役割を演じさせられたが、2002年と2006年に何があったかは不明だ。
どこかで何かがあったものと思われる。

女として生まれ、ハードウェアは女であるが、おじいさんが「男の子がいい」と言ったおかげで、男として生きることを選択した人もいる。
性転換手術を受ける(トランスジェンダー)は、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)の最後に「トランスジェンダー」(T)として「LGBT」を構成するものだ。
しかし、ハードウェアが異なるだけで、別の性を選択したというだけであり、別の性を選択したら、人生はまったく逆方向に動き出すことになる。
1990年代に、男性中心主義のもとに「ヘンタイ」と位置づけられている。
男の頭の使い方と女の頭の使い方は「二者択一」である。
1973年のDSMからは、ホモセクシャルは「病気ではない」とされて除外されたが、1980年のDSM-Ⅲから、トランスジェンダーは「病気である」とされている。
クリスチャン・ヨーゲンセンが1953年に「男が女になれる外科手術」を考えてセレブリティとなっていた。
ヨーゲンセンは「女の子特有の病気」を治すためにこの手術を考えたが、バイセクシャルの温床となった。
「ふたなりは病んでいる」とすぐに噂になったため、1966年にジョンズ・ホプキンズ大学は「明確な性選択」を求めることにした。
ジャニス・レイモンドは1979年に「メイキング・ア・シーメール」という論文で「レイプした男を女にした」としている。
CoCo ミスロンリー

ジャニスは女医さんであり、男が女になる理由はあっても、女が男になる理由はないと考えていたようだ。
男が女になっても(MTF)本質は男であり、女が男になっても(FTM)本質は女である。
社会が彼ら(彼女ら)をどのように扱うかの「レールが違う」のであり、女が男になる必要性を感じなかった。
ジャニスの「帝国」は、レイプとともにあったし、「女になったことはあるのか?」というレイピストへの意思表示であった。
つまり、女が男になりたい(FTM)には「何の深さもない」と考えていたようだ。
強いものを弱くするのはレイプがあるからであるし、弱いものを強くはできないと考えたのだ。
1983年には「ふたなりは女子スポーツのサイボーグである」とされていたが、1987年にはグロリア・アンザルドゥアによって「おちんちんを切っちゃいなよ」という「メスティーサ」が提唱された。
本来、レイピストは「レイプキャンプ」と呼ばれる自分のレイプ仲間を持っていることから「シーメール」にすることで仲間と引き離すことが目的であった。
しかし、「ゲイの度胸試し」だと誤解されることがあった。
1995年にバーニス・ブランドンは「女を男にすることも可能である」としていたが、女が男になるというのはほとんど「フィクション」に近く、女性としてのハードウェアを忘れると極めて大きな問題を引き起こすとされた。
中居正広

中居正広にとって「女である」というのは「家庭のように居心地のいい世界」であったのだ。
女たちはそれを知って団結した。
女性ホルモンの投与が必要だっただろうね。
中居正広の手術をした小山恵美は、「可能性を示した」と胸を張った。
しかし、女をレイプしたからシーメールにしてやったというのとは訳が異なる「男のコになりたい」という理由から女の子を男にした事に関しては「あくまでも可能性の問題であり、女たちはその運命を受け入れることはないであろう」という宣言が出されている。

「ハンス・ケルゼンの優等生」
毒蝮三太夫は、アメリカ合衆国憲法が「年寄りも若い子も同じように愛せ」ということと、法にはしたがわないほうがいいという二つの「規範」を体現した男である。
しかも、そのことに「人気」がなければならない。
法的妥当性とは「おばあさんたちが笑う」というところにあり、しかも「読んでやっている」ところにある。
毒蝮三太夫
「法的に妥当であれば」「おばあさんたちが笑う」
「おばあさんたちが笑った」
したがって「法的に妥当である」
このように、「法的妥当性」というものは「人気商売」となっていたのだ。
これを「法律の効率性」とも呼ぶ。
ケルゼンの言う「相対主義」とは、方法論上の迷いや絶対の否定ではなく「人気商売」のことを言う。
政治意識の高いおばあさんたちが顔をしかめるような法案は通したくない、このことを、国会にも要求したのだ。
「おばあさんが笑えばいい」
このことを、社会の利益よりも優先させることを「法の進歩主義」と呼ぶ。
「セックス崇拝」「女性たちの支持」「法の支配」のすべてがここにあった。
おばあさんたちの支持があれば、すべての法哲学者が沈黙することも分かった。
それは、法律にまつわる「利権」よりも大事なことだったのだ。
「悪法も法なり」というが、法律には「エネルギーの源泉」が必要である。
それが、政治意識の高い「おばあさん」たちのことであった。
おばあさんたちの支持があれば若い娘もしたがう。
法にしたがえば仲間ができる。
しかし、東大法学部が「毒蝮三太夫」という存在をどれほど理解しているかは定かではない。
「おばあさんたちに人気がある」
このことを「タバコ税値上げ」がどこまで理解しているかは明らかではないのだ。

毒蝮三太夫も、「おばあさんがおじいさんに忠実だった」というあたりは譲っていない。
毒蝮三太夫 被災地慰問

「周囲がしたがわなければならない笑いのサークル」を作ることが必要だった。
主人の浮気の話は一切してはならない。
ビジネススクールもロースクールもこのような意味では同じ学問だった。
法律とは「公権力を背景にした社会規範」である。
当然、人気を考えなければならない。
おばあさんたちの笑顔は「コストが高い」ものであり、なかなか見れるものではない。
しかし、人々が「安心してしたがえる」ものでもある。
「下ネタ」「夫への義務」「痴話喧嘩」などが集約された人生に「笑顔」が見れる、それは「お年寄りに大人気」などというぬるいマーケットではないのだ。
あくまでも、ケルゼンは「自由・対等・独立」を笑いの現場に求めたし、悪徳商法のような真似は絶対的に否定している。
「おばあさん」とは「我々の祖先」と同じような意味を持ち、「アニミズム」とも呼ばれる法の源泉であった。
権力の濫用ではなく、あくまでも「メッセージ性」を明確にした公正なものでなければならない。
消費税を15%に引き上げたら「日本国の民族の永遠が決まる」
このことを、お年寄りのおばあさんに理解してもらい「民族永遠音頭」でも首相が踊るしかない。
たしかに「ババアの言うとおりにしたがってられるか」というアナーキズムは存在する。
しかし、痴話喧嘩や下ネタに強い年寄りにいざとなったら泣きつくのが若者というものであり、アナーキズムと呼ばれるこの立場にも限界が見られるとされる。
「痴話喧嘩」を熟知しているおばあさんは「法の源泉」であるが、資金力の面でもその裏づけは取れている。
おばあさんを若い娘と同じように愛せという憲法(自由の女神)は、お金との相談でもあったのだ。
お金があるから年寄りは仲間が多い。
年寄りはおカネを持っているということは勉強して学ぶものでもある。
若い娘を見てやる気を出すのか、年寄りのおカネを見てやる気を出すのか、いずれにせよプロというのはこの二つでしか動かない。
プロとして働いている者を止めることはできないだろう。
自分も「痴話喧嘩」に詳しくなりたい、なぜ「女性の胸」はおカネになるのだろうか?なぜ、セックスは私有財産なのだろうか?
これを知ることが「プロ」であり、いかなる世界でもそれは同じである。
毒蝮三太夫

自然法とは「年寄りが命令を出すこと」である。
そのため、毒蝮三太夫さえ話題に出しておけば、たいていの揉め事は治まる。
「マイルール」ではなく「一般ルール」を持ち出すのならば「年寄り」を使うしかない。
寿命が延びた19世紀以降に「自然法」の研究が深まったのだ。
「離婚」というものは自然法にはないものだ。
年寄りは「夫婦円満に過ごした」ことを誇りとしており、年寄りと相談したらカネが出てくるだけなのだ。
渡る世間は鬼ばかり OP

しかし、1980年代に「離婚ルール」は変わったと指摘されている。
年寄りがカネを出したところで問題の本質的な解決にはならず、「タカられる」という意識が根付いたのだ。
「結婚」という文化は周囲が押し付けるものである。
権威が「女の側」に寄り添えるようになったとも言われている。
また、「解決ルール」がメジャー化し、家庭裁判所などの介入が促進された。
年寄りの承認欲求という自然法よりも、裁判所の方が上級審とされるようになったのだ。
法律そのものに「人気」がなければならない。
庶民に生活を監視された(半代表制)国会議員による、多数派により作られる法律の方が年寄りの自然法よりも権威を持ったのだ。
後楽と岡倉という二大法廷の時代ではもはやなかった。

年寄りが怒ったら「何でかな?」と解釈する必要があり、これは男の仕事だ。
そして、背景にある「セックス事情」を指摘するのは女の仕事だ(セカンドチャンス)。
さらに、男が「勃つような解決法を考える」のが結論の妥当性となる(サードチャンス)。
年寄りが「命令」「公権力を背景にした社会規範たる法律」を作っているのだから、当然、このような能力を磨かなければならない。
若い連中は好きに空気の中を泳いでいればいい。
「命令」「公権力」の背景には年寄りがいる。
「問題の所在」を見抜き「セックス事情」を理解し「結論の妥当性」を導く、それが終わったら「犬や猫のようにくっついたり離れたり、餌をやったり」というかなり動物的な解決法を選ぶことになる。
ゼロワン地域で法律事務所を開業すると、真っ先に無料相談会に参加するのは年寄りだ。
最初から、地域に溶け込む方法が示されているのだ。
なにしろ、地域の「命令」「公権力」の背景が自分から顔を出すからだ。
綾小路きみまろ

結論の妥当性は、「命令」「公権力」の背景にいる年寄りにも太刀打ちできるものでなければならない。
学のない男は、年寄りにすぐに勃たなくされるのだ。
「問題の所在」「セックス判断」「結論の妥当性」は、世代間交流(縦のつながり)を終えたら、こんどは、若い者同士の「横のつながり」を模索しなければならない。
「年寄りに認知されているもの」を学問と呼び、それを学んだら同世代から一目置かれる。
「縦のつながり」「横のつながり」を縦横無尽に駆使しなければならない。
「縦のつながり」は時として「医学」でしか得られないことがあるし、「横のつながり」は「哲学」でしか得られないことがある。
「医学と哲学を自分なりにマスターする」ことを「法」と呼び、法を治めた者は宗教家と呼ばれる。
ハンス・ケルゼンは「おばあさんが笑う」ような男を「命令」「公権力」の基盤としたが、1970年代までは、「勉強の延長に存在する専門家集団」が年寄りをしたがえていた。
女心というものも不明確であり、「勉強の延長」が権威だとされていたのだ。
いまだに裁判官などは、「おばあさんの支持」とは無縁の、「仕事をしたくないから専門用語を覚える」男はいるのだ。
「おばあさんの支持」を得たアメリカ合衆国と、官僚集団だったソビエト連邦のどちらが「核弾道ミサイルのファーストストライク」をやるかを争ったが、ソビエトの崩壊で「官僚」ほど人気のない存在はなくなってしまった。
「おばあさんの支持もなく国民に命令を出している」
そのようなイメージが定着したのだ。
毒蝮三太夫や綾小路きみまろの地道な活動はそのような中で展開された。
「誰が人々に命令を下しているのか?」
家庭内では明らかに「年寄り」「おばあさん」であった。
そのような自然法を無視した命令が官僚によって行われたし、最近ではタバコの値上げもあった。
アクィナスにとって「勉強」が自分の人生を救ってくれた時期は確実にあった。
しかし、「勉強」とその延長線上だけでは自分の周囲にいるアイドルはニコリともしないこともよく理解していた。
「勉強」だけでは王子様とは呼ばれなかったし、「専門用語でごまかす専門家」として嫌われるだけであった。
「天皇と国民はひとつ」
という国体概念においては、アクィナスは「勉強」を離れて俗世に出て行かなければならないことを意味した。
なんら人々に「専門用語で命令する」存在ではない、おばあさんたちの支持のもとに「公権力」を行使する存在がアクィナスだったのだ。
官僚や政府与党が「おばあさんを笑わせる存在」としてのアクィナスにしたがった。
「誰からもチェックされることのない権力」とされた君主であるが、おばあさんという根強い支持基盤があった。
これは、ハンス・ケルゼンを踏まえたものだったのだ。
アクィナスの権威は「おばあさんたちの支持」から来ている。
しかも、若い女たちが奪い合っている。
このような磐石な基盤を構築するに至った。
しかも、難解な英語の論文を「ファースト」(男)「セカンド」(女)という切り口でバッタバッタと斬っていった。
アクィナスのやり方ですべての論文が読めることも明らかになった。
すべての論文を「エロ本」のように愛した。
多少の「越権行為」はあったが、他者への思いやりからくるものだという人望もあった。
越権行為は企業間で行えば「特別背任」にもなりかねないものだったが、「家族であること」「市民であること」を存分に活用した。
1969年とはハンス・ケルゼンの「世界デビュー」の年だった。
勉強の延長線上にある専門用語への攻撃をケルゼンは一気に高めた。
毒蝮三太夫や綾小路きみまろの研究という、きわめて人気のある研究をケルゼンは行っていたので、彼の権力基盤も磐石なものとなった。
綾小路きみまろ

ノジックは、「おばあさんたちの支持を基盤にした新時代の独裁」を指摘した。
しかし、あまくなかったのは「おばあさんたち」であった。
そんなに簡単に「独裁」など成立しないことが分かったのだ。
少しでもご機嫌を損ねると二度と会場には現れなかった。
アクィナスは「博士論文」を読んで、「笑いをとる」ことではなく「価値を高める」という手法をとっていた。
毒蝮三太夫や綾小路きみまろに着想を得たものであり、名前もよく話題にしたが、あくまでも「おばあさんと若い娘を同じに扱った」とみなされたのであり、アクィナスはもっぱら若い娘の研究をしていた。
若い娘とおばあさんの間の「ベースラインなど存在しない」ということに気がつき、自らの権力基盤を悟っても、ブレないことが大事だった。
アクィナス自身は、女子たちと話をして、ウケた話を論文にするだけだった。
しかし、公権力の側がその論文を「ただの論文」とは思っていなかったのだ。
「勉強の延長線上にいる官僚」が、実際は権力を行使した。
アクィナスは「若い女の子と話し、論文を書き、ベースラインがなかったためおばあさんたちの支持を集め、官僚機構を動かした」という構図が成立した。
アメリカ的なものとソビエト的なものを存分に活用したのは日本国であった。
人に「命令」するのは官僚機構であったし、しかし、おばあさんたちにウケたという自然法的権力をアクィナスは手にしていたのだ。
若い男は、アクィナスの権力を見て「年収いくら?」と聞いてきた。
法は家庭に入らずという格言を利用して、アクィナスの「ファミリー」と名乗るつながりがカネはすべて持っていった。
しかし、「ソビエトの核兵器」である官僚機構が、しっかりと動いた。
アメリカとソビエトの「冷戦」とはいつしか「おばあさんの笑い」と「官僚機構」の戦いになっていたし、「核兵器」として恐れられたのもこのことを言っているのである。
貧しい国が「東西冷戦」から学ぶとするのならば、アクィナスのことを知らないといけない。
「若い女の子と話し、ウケた話を論文にし、ベースラインがなかったためにおばあさんたちの支持を得て、官僚機構が動く」
この、若い女の子とおばあさんは「法的女性」とよばれて、実際に彼女たちは自分たちを処女だと思っていたようだ。
「難しいな」と思った女性から逃げないことが大事であり、そのことが「法的女性」を深め、官僚機構を動かすことにつながる。
「難しい」「分からない」と裁判官が言うことを「死刑判決」と呼ぶのだから、当然、法的女性から逃げてはならないだろう。
結局、現代の裁判も中性魔女裁判もなんら変わりはないのだ。
勉強の延長線上にある官僚機構にとってはそうだった。
中山美穂 Witches

「難しい女」を若い女であろうがおばあさんであろうがベースラインで区別せずに「法的女性」と位置づけることは、死刑廃止論にもつながるものであったし、裁判官の「分からない」医者の「分からない」をなくすものであった。
つまりは、人々の「怒り」をなくす考え方だったのだ。
男(ファースト)を弱くしたのが女(セカンド)である。
つまり、魔女裁判で「分からない」があるのは、弱い男の判断にも苦しむことにつながる。
仲間にも「分からない奴」は歓迎されていない。
どのような「法的女性」を研究し、公表するかは人々の「仲間の輪」にも影響を与える。
女心を巧みに研究し、音楽作品に乗せて、若い女だけでなくおばあさんまでもを熱狂させる
研究を「自然法神学」と呼ぶ。
「法的女性」を相手にし、音楽作品を吟味し、官僚組織を動かす手法は、アメリカ合衆国も「もはやそれ以上の正解は想定していない」とされる。
いずれにせよ、アクィナスほど「女たちを生き生きとさせた」存在はなかったのだ。
金儲けが民事法であり、モテるなら犯罪を犯さないのが刑事法であるのならば、「法的女性」(若い女からおばあさんまで)を相手にした自然法神学は現代法となんら変わりはないのだ。
誰しもが一度は自分の「ファンクラブ」を形成したことはあるだろうが、自分の価値を高めることは「人を刺したい」という理由をなくすものだ。
政府として「ファンクラブを形成できる情報」を流したいのは事実であるし、それは現在、アメリカ合衆国が「学問の限界線」として想定している王国である。
吉澤ひとみ容疑者

憲法・民法・刑法を統治機構で作っている以上、「金儲けの方法」「モテる方法」は国家レベルで情報を出さなければならないことになる。
「俺、モテるし、カネ持ってるから隣人でも愛せるよ」
この境地を最終的には「隣人愛」と位置づけることになった。
かつては「政敵からでも学ぶものはあるだろう」とされていた「隣人愛」という概念は確実に変わった。
「犯罪」と「金儲け」を国家レベルで統制しているのであるから、隣人愛という境地に至るのは好ましいものである。
しかし、国そのものが豊かになるのであるから、警察予算を削ることまでは隣人愛は想定していない。
なぜ、おばあさんを笑わせることを、ケルゼンは「自然法」と呼んだのだろうか?
「自然」とは「勉強」という意味であるが、勉強の延長線上にある官僚組織まで動かすことをおばあさんたちは想定していたから「自然法」と呼んだものと思われる。
文化に影響を与える「研究」も、最終的には「勉強エリート」を動かすことを志向したのだ。
「勉強エリート」が行使する権力を重視したのであり、信じていたのは「自然法神学」たる女心の研究であった。
アリストテレスは「法の支配」「人による支配」という概念を明らかにし、「女をこよなく愛した人」そして「影響を受けた暴君」さらには「円滑に動いた官僚組織」のそれぞれの「人による支配」を全体像で見て「法の支配」と呼んだ。
トマス・アクィナスがこよなく「女を愛した」のであるが、「人による支配」の発信源になったに過ぎず、あちこちでプロポーズがなされ、最後には「人による支配」と「法の支配」は重なるものと考えられた。
しかし、「貧しい」「犯罪者」は「天皇陛下にご迷惑をかけたんだろう」とアクィナスを賞賛する意味を持った。
「天皇陛下にご迷惑をかけたんだろう」という言葉は1969年に生まれたものだ。
ロン・フラーが考えたのだ。
「法の支配」つまり「モテる、金持ち」からはぐれてしまった人たちの存在を指摘していた。
いつの時代にアクィナスが誕生しようと、そのたびに「アリストテレス」は登場し、書き換えられてきた。
今の時代は、アクィナスが君主として存在し、アリストテレスが家庭教師をするという構図が日本国で形成されているのだ。
偏差値BOY うしろゆびさされ組

人間社会には「モテる」「金持ち」というのは必要なものだ。
暴力や、盗み、詐欺をなくすからである。
民間の問題ではもはやなかったのだ。
ローマ法学者のガイウスは「人民による支配」というものを考えたが、男は賢い方がいい、女は美しい方がいいということが浸透するのであれば、「法の支配」の信者である「人民」の支配といっても差し支えはない。
法の支配の全体像から漏れてしまう人たちは確実にいる。
そこで「自然法神学」とは「高次の法」とも呼ばれ、信者になりきれない人たち、貧しい、モテない人たちの存在を指摘した。
政府が求めているのは「隣人愛」である。
しかし、警察がいなければ成り立たない理由は「高次の法」を知らない人たちがいるからであり、「人民の支配」に無頓着な人たちがいるからである。
いずれにせよ、「天皇陛下にご迷惑をかけた身分だろう」という言葉が生まれたのは1969年のことだ。
この時期にアメリカ合衆国は自国の「自信」を深めたものと思われる。
女の「出産」は社会に望まれて生まれてくる赤子がいることから、産婦人科は天井が高く作られている。
赤子が見上げる天井ははるかに高く見えるようになっている。
知識を整備しないと、国家レベルで赤子を「人民」「国民」として迎えることはできない。
そして、赤子には「母」がいる。
このような「自信」も1969年がターニングポイントだったであろうとされている。
人間は「法」によって生み出されたのではない。
出産のメカニズムはいまだ明確ではない。
あくまでも「法人格」として存在するものだ。
ケルゼンは「はたしてこの企業は利益の最大化を望んでいるのであろうか?」と思うような企業も多く見たが、「法人」という法人格も、プロスポーツの前には「ひとつ」になれることがあることを知った。
法の支配を知っている「人民」に「すべて人民のもの」として犯罪者は賠償金を支払った。
女たちは「法を学ぶって楽しいものよ?」と語った。
ニュルンベルク裁判の時にはこのようなことは想定されていなかったのだ。
自然法はいつしか「発展法」とも呼ばれるようになっていた。
主婦層が外国国家にまで「息子たち」を持つようになったのならば、それは官僚組織とは関係のない「発展法」である。
自国の音楽作品をこよなく愛し、自国の言語を話し、それでいて、外国国家ともいい関係を築ける、これが発展法の世界だ。
このような世界観をハンス・ケルゼンは構築した。


人間や国は「縄張り」を広げると、周囲に「19種類の感情」をもたらす。
エネルギッシュ・だるい・落ち込む・幸せ・興奮・怒り・混乱・いらいら・狼狽・嫉妬・すがすがしい・怯える・無関心・孤独・退屈・愛情表現・とまどう・はにかむ・傷心で19となる。
すでに完成された組織に拡大していこうとしている今の「神道」は常にこの問題と向き合っている。
それぞれの組織には「統制」というものがあり、感情を見極めなければ「拡大」は望めないのだ。
どのような発言がどのような感情を示しているのかを見なければならない。
パニック・怒り・嘆き・恐怖・驚き・悲しみなどがあるが、北方領土問題なども「恐怖一色」で治まるわけがない。
「ポジティブ」「ネガティブ」だけを外務省は見ているようだ。
これも「幸せ」「興奮」「すがすがしい」をポジティブとし、「怒り」「狼狽」「いらいら」「嫉妬」などをネガティブとしているものと思われる。
「拡大神道」は侵略性を持たず、常に「ポジティブ」に受け入れられなければならない。
「人々を美しくする」などの理由はイエスに近かったトマスも考えていたことだ。
恐怖政治が好ましいと考えたのはゲシュタポだろうが、それ以上に「セックスして感情を発散させる」というのは好ましいものだ。
「信じていることが性的欲望で満たされる」
このような解決法があるのだ。
北方領土問題などは、KDDIやauの消滅によって、系列企業のブログが消滅したりして人々の怒りは大きすぎる。
国宝級の文章がインターネット上から消滅することになりかねない。
「帝国とは膨張する宿命にある」
というのであれば、しっかりとお金とセックスでさまざまな感情を発散させなければならない。
大日本帝国は、非常に良く練られた方法で中国の東半分を支配したのだ。
モーニング娘。I'm lucky girl.

« キリスト教の資金源。 | トップページ | 障害。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼブラ~アメリカ版創価学会。:

« キリスト教の資金源。 | トップページ | 障害。 »