最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 自民党総裁選展望。 | トップページ | ワールドカップ実録。 »

2018年9月 4日 (火)

災害。

知的空間に「男」(ファースト)と「女」(セカンド)があるとするのならば、災害というものも「女が男を惑わすために用いる」という指摘が可能だ。
とくに「ひと夏の経験」のあとには、「女の屈辱感」しか残らず、それが今回の台風が「女たちの支持」を集める原因となっている。
ファーストとセカンドが分からなければ、男たちもただただ翻弄されるだけだろう。
災害は「自由競争の限界」とも言われ、男女の出会いの機会が増えれば増えるほど、今までもあったじゃないか?という災害が女たちにクローズアップされるのだ。
「台風が来ると血が騒ぐ」という女性もいて、そのへんは「信仰」となんら変りはない。
「世界に終わりが来てしまえばいいのに」と考える女性たちのために行政機関だろうが電力会社だろうが「期待こたえようとする」連中がいる。
このことを電話するだけで停電も復旧するだろう。
瀬能あづさ 愛になりたい

さまざまな映像が飛び交っているが、「人気」「仲間」「セックス」の三つの要素以外には存在しません。
フランス革命の「ジャコバン派」を知らないと、テロリズムは常に「王としての地位」に君臨します。
ロシア革命の「社会革命党」もこれを用いている。
女たち(セカンド)が、映像テロを支持したのならば、男の側(ファースト)としては、「なにかの社会秩序がおかしくなってはいないか?」を再検証する必要がある。
能力があるのに最下位に沈められている人が「映像テロ」を起こしているからだ。

ロシア革命では「人民の意志」というグループと「社会革命党」が災害を「神」と位置づけ、女たちの支持を集めるのに利用したが、政権がそれをやってはならない。
政権ももちろん「党派」である以上、女性たちの支持は必要だろうが、対立があるのだから「アカデミズムへの貢献」を考えなければならない。
ファースト・セカンドという「議論の土台」すらないのならば、宗教の側から作っていかなければならないのだ。
ナチスもボルシェビキも「災害」というものと、ファースト(男の知的空間)、セカンド(女の知的空間)をより冷静に見ており、
セカンドの研究により力を入れていたために、「全体主義」とも呼ばれる力を手にしています。
異性に恵まれない男女の解消や、みすぼらしく抑圧された女の研究を深めるというメッセージを明確にしたのだ。
さまざまな「映像による挑戦」を受けましたが、それは「ゲリラ戦」とも言われました。
アメリカ合衆国も、ソビエトやナチスが何を考えていたのか?は9・11テロの時にすべて復習しなおしたのです。
「暴力の起源」というものも、ファーストとセカンドの存在にあるということは明確にしなければならない。
大荒れの天気の中で、より、「戦争とお金」の探求を深めるのであれば、このような発言を「スポークスマン」(官房長官)は行わなければならない。

どれほど、外国のテロリズムに日本人の女たち(セカンド)は喜んだだろうか?
ファースト・セカンドの研究が宗教の側でも詰め切れていなかったからだ。
上流階級のご婦人だけが「韓国にはKCIAってあるじゃない?」と言って嫌悪感を示していた。
勉強しすぎて「狼男だの吸血鬼だの」と言われてご近所のご婦人方に政治生命を狙われている男が「ナチス」などと口にしたらたちまち「ユダヤ虐殺」とイメージを重ねられ、彼の政治生命は終わるだろう。
それほど、テロリズムというのは女たちに都合よく利用されてきた。
高校の社会科の先生が「今、ドイツでハイルヒトラーなどという人はいませんが」と教える理由はここにある。
Yellow Monkey JAM

ファースト・セカンドを明らかにしたからこそ、テロリズム(映像テロ)は敵のモノポリー(独占企業)ではなくなったし、男らしさ(父と息子の関係・宗教)や、女心の定義(政治)がより成熟した。
映像テロは、かつては「衝撃映像」として、人々はなすすべもなく見ていたが、ナチスやソビエトがすでにこれらを学習済みであったことから、アメリカ合衆国がこれらの映像を楽しむことをやめてしまった。
それに倣ったのが日本である。
災害に大騒ぎする男は「ジャコバン派」と呼んで批判することが可能となった。
身内の不幸(ガンなどの病気)に大騒ぎする男はジャコバン派である。
非戦闘員を巻き込むのが「言論テロ」であり、そのことを利用して影響力を高めた男はジャコバン派と呼ばれ、暗殺の標的になった。
「非戦闘員ではないか?」
平成の天皇もその批判は甘受しなければならないだろう。
「ファーストとセカンドの解釈はその程度なの?」
女たちは葬式に大はしゃぎする政治家に彼の落日も見た。
イタリアのウンベルト一世は、若き日の過ちを恥じ、ファーストとセカンドの研究に余生を捧げている。
ジャコバン派にはなりたくないな。という議論は「彼らは公園でセックスしていた」という噂と結びついた。
男(ファースト)も女(セカンド)も、両者ともに「罪がなかった」とはいえない現状はあった。
しかし、ジャコバン派としてではなく、より冷静に「資金集め」を考えてくれればよかった。
9・11テロで、もし転落した人を映像を撮影していたら「彼らは非戦闘員ではないか?」とされて撮影者は孤立あるいは暗殺を覚悟しなければならなかっただろう。
なぜなら撮影する目的・標的は政権を混乱させるためだったからだ。
同時多発テロで「立っていた場所が良かった」から撮影したのだろうが、非戦闘員のエネルギーを一人で吸収することを意味する。
ソビエト社会主義は、撮影者の「死」を誰よりも予感していた。
撮影して「非戦闘員」のエネルギーを撮影者が吸収することは「バランスが悪すぎる」と考えられた。
今では多くの歴史的映像が非公開になっている。
東日本大震災。


« 自民党総裁選展望。 | トップページ | ワールドカップ実録。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害。:

« 自民党総裁選展望。 | トップページ | ワールドカップ実録。 »