最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 尊敬。 | トップページ | 因果関係。 »

2018年8月18日 (土)

ヘルス。

「健康で文化的な最低限度の生活」(憲法25条)の世界は「クリーンヒットのない世界」と従来の憲法学会で言われてきた。
しかし、「健康」というものを「ヘルス」(射精)と言い換えるだけでどれほど豊かな世界になるだろうか?
ましてや「文化」を「タバコなどの焼いたもの」と掘り下げると「クリーンヒットはいくらでもある」ということになりそうだ。

プライベートでの「射精」を、政府は公の場で「病気の予防」「食品や薬」「勉強する環境の保護」「消費者保護」などの部門に分けて対処している。
世の中には「満足に射精すらできない」人たちがいるのだ。
「射精」はセックスによる病気からの予防が必要であるし、そもそも「人間が食べ物を得る」のも男が射精するからお金が生じるというものである。
さらには、勉強も射精しなければはかどらない、さらには射精するために作られた「製品」の安全性を確保しなければならない。
プライベートでの射精は、政府ではこのように政策として表現され、守られている。
これらをまとめて「社会的正義」(偶像崇拝)と呼ぶこともある。
射精とは「生きていることを楽しむ」ことである。
このことにアクセスできない人は様々なトラブルを抱えることになる。
適切な「偶像」(AV)にアクセスできなかったり、秘密が保たれなかったりすることは「食べ物」「勉強」「ビジネス」に悪影響を与え、薬が必要になる。
運動したら心臓発作を起こした、などという人はそもそも射精していないから「病気を引き起こし、食べ物に逃げ、薬のお世話になる」のである。
このことを「国全体の問題」として政府は対策を練るためにかなり「大人の堅苦しい」用語で表現している。
人をいじめなければ太ってしまう人は確実にいる。
しかし、いじめの報酬として「射精」というものを受け取っていたからである。
女目当てでなければ、有名男に対して「ニヤリ」と笑って二人一組で近づいてくるわけがないではないか?
もう片方の人が「あいつはいじめてはいけないやつだ」と片方を諌めたらとんでもなくブクブクと太ってしまうものだ。
「あいつをいじめた」というのは人間にとっては勲章であり、射精するために必要とする人もいる。
「病気の予防」「食品や薬」「勉強する環境の保護」「消費者保護」という堅苦しい用語もつまりは「射精」の問題を扱っており、同じ言語を話す「偶像」をテレビではオンエアしている。
国境線確定とは、案外、「同じ偶像の共有」からなされているものだ。
「食べ物」を保証し、「勉強する環境」を保証しないと必ず人口は減少する。
すべて「男が女の胸や尻に興奮する」という原罪から由来するものだ。
彼女がいない、インターネット環境がない人は確実にいる。
それは「いじめの温床」となっているのだ。
3テラもポルノグラフィーを溜め込んだ奴が人をいじめる理由はない。
精子が出なくて「猫」しか愛せないものもいる。
「愛すべきもの」を誤解したマザーファッカーは精子が出なくなり、かなり政府に迷惑をかけることになる。
新垣結衣 赤い糸。

偶像崇拝がなければ、パートナーをうまく成立させることが困難な国はたちまち「大きな政府」の独壇場となるだろう。
女たちの支持が民主主義には求められる。
しかし、セックスを否定するカトリック女もいるだろう。
16オンスの砂糖とも言われるのが射精であり、これを国民が円滑に行うための政策が必要になる。
「病気予防コントロールセンター」(CDC)や、食品薬品行政局(FDA)といった行政組織はこの16オンスの砂糖がうまく円滑に回らないことから必要になっている。
かなり国の全体像を見ながら男の射精をコントロールしているのだ。
家にプライベートがない男や、魅力的な女に恵まれない男は「ファッションヘルス」のお世話にならなければならない。
国の集団的行動を把握することが大事であり、時には「赤線」の赤い信号を青に変えなければ食品や薬、医療に関する政策の流れを変えなければならなくなる。
非常に「現代的な」マーケットプレイスが繁華街に作られた。
しかし、「女に不自由している」という情報でもあった。
資金の流れを止められると困ると言って、頭の上がらない人もできた。
男の健康も「女次第」ということになっている。
いちばん快適な環境にある者から税金を取るしかない。
日米共通税(バードンシェアリング)など認められるわけがないではないか。
しかし、確実に「アメリカ製の日本人ポルノ」は流れ込んできた。
日本国がアメリカ軍にお金を出す見返りとして「対価性はなく」ばら撒かれたのがハードコアだった。
当然、建築学にも影響を与えたし、「父親として」子供たちが痩せた存在であることを見守る必要があった。
2007年に「国民の射精を見守る仕事は楽しい」とナフィールド委員会は語った。
この瞬間、世界が「医療や健康、お金の秘密」を理解したのだ。
固い仕事を柔らかくする必要性はどの職場にもある。
政府レベルで「厚生労働行政とは何か?」を知ったのだ。
貧困層にはビタミン剤が必要だ。こんなに簡単な「性病対策」はないからだ。
「男が女を愛する気持ちを利用するのが経済」だとするのならば、口説き文句(哲学)の権威が「恋愛大臣」をやるべきだ。
モーニング娘。Go girl 恋のヴィクトリー。

女友達が大勢いるような、哲学を学んだ男は常に「健康」を味方につけることを意味する。
仲間を増やせば増やすほど痩せていく。
ダイエットのことを「共謀共同正犯」であると呼ぶ人もいた。
エボラ熱などという問題は、アフリカ人がアメリカ合衆国に「哲学を教えてくれ」と主張したものに過ぎない。

さて、射精が健康の秘訣だと語ったが、アメリカ合衆国の都会の黒人は白人に比べて15.4歳も寿命が短い。
「セックスはトラブルの元である」という観点は当然、持たなければならない。
一方で、アメリカ合衆国南部の田舎の黒人女性は白人に比べて12.8歳も寿命が短い。
都会のゲットーでは「男たちが知恵比べをして喧嘩している」のに対して、黒人女たちは「体比べ」をして命を落としている。
日本やスイスは「寿命の優等生」と呼ばれ、世界の平均寿命を13歳上回っている。
射精がいくら健康に良くても、セックスにまつわるトラブルだけは避けなければならない。
ソニーがカルロを殴る。

男の射精には「女の都合」もある。
「私たちは健康になりたいだけなのに」女たちが胸を比べあったりして、貧乳の女は巨乳の女に吐き気がしたりした。
女の「体比べ」も女の寿命を縮める一因となっている。
「男らしさ」(宗教)にアクセスするのも女の健康にいいが、イエスさまを語るのは大抵、貧乳の女だ。
男を語らないと吐き気がするからだろう。
教団に近づけば彼女ができると思うだろうが、巨乳の女はそこにはいない。
巨乳女が目当てならば教団と関わっても願いは叶わないだろう。
しかし、「神」を語るのならば巨乳女よりは長生きできるかもしれないね。
悲しみが止まらない 杏里。

浜崎あゆみは、「君」「僕「彼」と女同士が呼び合う女子校文化とは異なり、「仲間に男を加えようとした」のだ。
しかも「女心を教えてくれる」男を仲間に加えようとした。
「僕たち」とはそのような意味だ。
心臓が小さい女はユニークさもなければ、このように「男を仲間に加えようとする」ものなのだ。
心臓の大きな女は非常にユニークな言動をする。
心臓は「大きいのが問題」だとされるが、小さな心臓をした浜崎あゆみは「心臓がバクバクする」と言ってこのような行動を取っている。
浜崎あゆみは、巨乳であるが、子供の頃、泣きわめくこともない「手のかからない子」だったために、心臓が小さく、「男」を語るようになっている。
浜崎あゆみ Seasons.

結局、寿命というものは「所得」で決まるものなのだ。
「女を買うお金」「後腐れなく手切れ金を払うお金」「自由にマスターベーションができる部屋」などの要因がある。
所得が人それぞれであることから、人をいじめているうちは長生きは保証されない。
多数派工作がうまい人は所得が多い。
しかも、「人のつながりがあるから、別の生き方などもはや想定できない」という人が長生きする。
「別の生き方」を想定する人は、人間関係のつながりに意味を見出せない人だ。
それはつまり「金にならない人脈」を意味する。
人間の寿命は所得で決まるという側面を示している。
アイドルだからという憧れや、勉強ができる男だからという憧れはあるだろうが、「出る杭は打たれる」という側面は確実に存在する。
日本は「ネジが飛んでたらぶっ殺してる奴」がいても銃社会ではないのだ。
お金がモノを言う社会なのである。
もう一度キスしたかった。

人間から「プライベート」を奪ったら、その時点で障害者である。
また、男のニーズを満たすだけの「女の数」は常に少ない。
「障害者」が生まれる理由はここにある。
男女の「全体の動き」で「愛し合いたければ対等であれ」ということを理解している男は果たしてどれくらいいるのだろうか?
高血圧によるめまいが「性的欲求不満」からもたらされるだろう。
夜中に眠れずに、明日の予定を考えたり、寝不足のまま、朝の病院の待ち時間を待ったりするのは性的欲求不満からくるものだ。
女の子と話す機会のない男にはこのような悪夢が襲いかかる。
病院のベッドで看護婦とセックスするというのはすべての医者が黙認してデータを取っている。
「女がいないからここに来たんでしょ?」
看護婦たちはあとで論文にしていた。
「病院イベント」と呼ばれていたようだ。

「健康で文化的な最低限度の生活」(憲法25条)の「健康」(ヘルス)に関してはすでに述べたが、「文化」(カルチャー)とは実は「可愛い女の子が隣にいる」という意味なのだ。
焼いた食べ物が好きなのが可愛い女の子であると考えることも可能だ。
知識や芸術、口説き文句、男らしさ(法)、仲間づくりや慣習に詳しいことなどから「隣に可愛い女の子がいる」ことになる。
可愛い女の子は基本的に「男が信じているもの」についてくる。
また、世の中の「男たちがプロデュースしたもの」を文化とも呼び、可愛い女の子が隣にいる男は常に「プロデュースされたもの」に敏感でなければならない。
「若い子の気持ちが分からないな」と思った時点で「文化的」な生活からは見放されることになる。
ギーツ(Geertz)がこの「文化」の可能性を1970年代から1990年代にかけて探求した。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ。

ギーツはいろんな意味で「金のかかった男」じゃなければ無理かな?と考えている。
一方で、1950年代からダンドレードによって「社会にはルールがある、可愛い女の子が隣にいる、というのも限界があるのかな?」と主張されてもいる。
しかし、おっさんが若い子を口説いた言葉を公表したら熱病のように一気に広まるとされている。
「頭のいいおじさんの言葉」は「変わっていく私の体」にどうしても必要だと小学生女子は考えていた。
女の子を「時代の叡智」はどう思っているのだろう?
【お母さんが嫌いになって、痩せて(約束)性感帯がクリトリスから膣に移る(願い)】
天使のウィンク 松田聖子。

マイムというのはイスラエルの言い伝えであり、若い女の子は若い男の子と付き合うべきだという意味である。
よくおじさんの書く本を読んでキレイな女性になったら、同世代の若い男と付き合う、この「マイム」の世界ではおじさんは「先生」と呼ばれた。
文化さえ伝わればいいという思いが年寄りにはあったのだろう。
年寄りは美男美女の踊りを微笑ましく見ていた。
若者たちは「誰の真似をして生きるか?」まで決めていたとされる。
できれば「社会の多数派」に属している人の真似がしたいと考えた。
「真似をする」というのは頭が良くなる秘訣だった。
「進化論」の一側面が真似をされることにあった。
真似をされるというのがおじさんや年寄りの「影響力」でもあった。
マイムマイム。

文化的影響力の事例はいくつかある。
真っ白なお髭を撫でながら話をしてくれるおじいさんというモデルが可能性としてではなく、現実にヨーロッパにあったのだ。
中国はこれを「伝説」として語っている。
年老いた哲学者の魅力は女の子たちに「言い伝え」として残された。
1960年のクインのことだろうとも言われている。
河合その子 Please tell me Mr.朱。

「男らしさの可能性」が女の子たちから提示されたのだ。
このような年寄りでありたいというのが「ガバガイ」と呼ばれる「ファーストラビット」のことだった。
それほど、年寄りというものは「常に怒っている」ものだった。
「言葉だけを聞きたい」しかも「人生経験から」という発想は組織論にまで影響を与えた。
「怒るだけならばやめてもらった方がいい」と考えられていた定年制の引き上げにもつながった。
「言葉の人気」を年寄りは楽しんでいたのであり、それができない年寄りが組織から必要とされなくなっていたのだ。
「怒るだけの人ならば仕事にならないよ」
そう思われても仕方がないのが「哲学を知らない年寄り」だった。
サピア・ウルフ仮説というものは「発展途上国ほど定年が早い」というものであったが、日本国は「あくまでも理想論」として定年の引き上げを行なっている。
中身がともなうかどうかは今後の哲学の世界の動向を見守るしかない。
やめさせたい上司がいる場合は「利上げ」が行われるが、今のところ定年制というのは安定した運用がなされているようだ。
サピア・ウルフ仮説によると「勝った人間がいれば負けた人間もいる」とされ、勃たなくなった男を外していった方が哲学が組織に残りやすいとされた。
勃つという当たり前のこともできない敗者は組織から必要とされなくなる。
そのようにして、いまだ飽くなき情熱を持っている人は選別できた。
「怒鳴り散らすだけなら迷惑だわ」という感情論も定年制を前向きに受け止めていた。
「何が社会経験よ!」という男がいつまでも居座っているので、定年という口実を周囲は用いたのだ。
日本国においては、受験というものが「基礎的な共通認識」を作るのに都合がよく、本当の政治学に必要な「用語」は受験エリートがみんな知っていたのだ。
若い連中はその「受験インフラ」を掘り下げていくだけで生きていけるようになっていた。
年寄りは年寄りなりに「子供の頃からのしつけ」を歳とっても持ち続けてきたのだ。
【女嫌いほど女が男に失望するものはない】
CoCo ミスロンリー。

社会は「エコノミックゲーム」の世界だ。
女も愛せず、怒りだけを持ち続けるのならば社会人としてはとうてい受け入れられない。
東アジアの女の愛され方はアメリカ合衆国をも凌ぐ。
中国もひどければ日本もひどい。
特に、中国女の「愛され方」は、アメリカ合衆国から中華人民共和国への「パワーシフト」の可能性すら示すものだった。
アメリカ合衆国は、「ハンドルまで渡すつもりはない」と中華人民共和国に言っているが、アジアンビューティーの可能性こそが中華人民共和国がアメリカを震え上がらせたのだ。
しかし、中華人民共和国も日本派がいなければ、今後の発展は望めないかもしれないね。
アジアンビューティーの共通点をあげるのならば「学者を愛した」ことかな?
勉強男が本気度を高める方向に国家として誘導しているんだよ。
アジアンビューティー。

それにしても、年老いた男と若い女の子の「文化の違い」とはこれほどまでに大きいものなのか?と思わざるを得ない。
よそのお爺さんに「おじさん!」と言って若い女の子が寄ってくる、そのような「年寄りの見識」のことを「健康で文化的」と言っているように見える。
文化を思い切りずらしても「年寄りの側からついていく」これを文化と言い人類学と言う。
高齢社会を迎えて、頑なな年寄りが「文化の多数派」となっても、「若い少数派」を愛し続けることが必要だ。
これは、組織への残留を決める理由でもある。
黒人だ、女だ、LGBTだの言っては差別してきた「年寄り」が現代の文化の多数派なのだ。
「人間の好奇心」も「男が女を愛する」というエコノミックゲームの世界の一つの要素だ。
「文化がまるで違う男女」というものほど人々が微笑ましく見るものはない。
「遠くの味噌を掛け合わせる」のは知性の表れなのだ。
それは年寄りに限らず、経験豊富な女が処女と気さくに話をするというところでも表現される。
誰が誰にひざまずくのでもない、これが「文化的」な世界なのだ。
年寄りにひとこと言ってやったよ。「俺たちが多数派だ」ってね。
支配から自由になれた気がしたのだ。
ウルトラタイガー。

「健康で文化的な最低限度の生活」の世界にクリーンヒットがないのは日米安全保障条約以来の、学生の「大学離れ」が原因なんじゃないのか?
年寄りから「見識」が奪われていたのだ。
立て直すのに50年かかる作業になるし、「真似をして生きたい人」のモデルを構築する必要がある。
アメリカ合衆国では1960年にクインがいたが、日本国は「クインのような人」を失うことになった。
日本人のアブラハムを祖先とするイスラム女がなぜヴェールを被ったのだろうか?
それは「健康で文化的な最低限度の生活」という祖先の言い伝えをどこかで見失い、「女とは何か?」という知識だけが蔓延した将来の日本国ではないか。
女がヴェールを被るというのは最悪の選択肢であり、このまま私が「女とは何か?」を書き続けたら、日本人女たちは顔にヴェールをまとうことになるだろう。
まったく文化の違う男女が並んで座っている、この「文化的」な姿を忘れてはならない。
「大都会で戦争になったのよ」
あるイスラム女が告白した。
「セックスとはお金である」という理論を背景に交易を行ったイスラム社会が、そのことから戦争を引き起こしていたのだ。
イラクのアイドルのおっぱいをイランのパーレビ国王が暴露した、それだけでイランイラク戦争は引き起こされている。
おそらく、あの時の抗議運動なんじゃないかな?
キリスト教で「差別された存在」として認知されていたペルシャ人と日本系ユダヤ人であるアラブ人が戦争を引き起こしたのだ。
「おっぱいを暴露すれば国家が戦争をする」
このことへの女たちの抗議運動がヴェールだったのだ。
それは「リベンジポルノ」への抗議だった。
中森明菜のデザイアーが背景にあるのがヴェールなのだ。
中森明菜 desire。

ホメイニ師は、アメリカ合衆国からの独立を果たした。
しかし、イランはこの時、何かを見失ったんだろうね。
「石油の経済制裁」と国際社会では語られているけど、「まったく違う文化を持った男女の共存」を見失っただけだろう。
つまり「文化的」な側面を女たちがヴェールをまとって抗議することによって見失ったことを女たちも知らなかったし、それでどれほど自分たちが損をしているかも分からなかった。
イラク人に「おっぱいを国際社会に晒されたらどうしよう」という個人的な理由しか「経済制裁」にはなかった。
イランがイラク人女性のおっぱいを晒したんだろう。
次はイランがやられる番だという理由は、国家としては十分すぎる理由だった。
イランとイラクの男たちの「知性の争い」になったらもはや誰にも止められないのだ。
イランは世界最高の国民監視社会となり、アヤトラ師の同意がなければ60代になっても夢が見れない国となっている。
女のキャミソールをずり下げる性癖をもつ日系ユダヤ人(アラブ人)はイスラエルにもイランにもはた迷惑なことをしてくれたものである。
SPEED Deep blue & truth.

もし、新聞社の社長などがクラブのお姉ちゃんにモテるのであれば「何を知っているのか」を本にして欲しいのだ。
アメリカ合衆国の格差社会の容認は、このような「情報のオープンさ」からなされているものだ。
このような本のことを「文化遺産」と呼んでいるのであり、エリート主義から「文化」というものは拡散していくものだ。
文化遺産の扱いを受けている本は、必ず「若い連中が噂する」ものである。
ユネスコ世界遺産もそのようなものを認定しているはずだ。
「いずれ分かってくれるんだろうな」と考えて「モテたおじさん」にまつわる文化遺産を世界が認定している。
文化的であることを国全体が忘れてしまうこともあるだろう。
文化遺産を、歴史学の側が歪曲してしまうこともあるだろう。
「モテたおじさんを歴史上の人物として子供達に名前を覚えさせている」ことを受験生は知らないだろう。
継承する「文化」とは、女の子たちを笑わせ、光を当て、そしてモテるおじさん以外にないのだ。
1972年にユネスコ世界遺産会議はこのような結論を出している。
素敵なエスコートというモデルも示された。
パラディラタンの夜 河合その子。

歴史上の人物を「だいたいこんなもんだろう」と言って研究するのも仕事だ。
どれだけ「時代の女たち」を熱狂させたかを、人物同士比較することは可能である。
それがそのまま「哲学史」となるのだ。
それを踏まえた上での愛国主義でなければならない。
女の子にモテる老後になったから国を愛するというのは筋が通っている。
女の子にモテない愛国主義など存在しない。
じっくりと腰を据えて勉強できる環境がなければ愛国主義も成立しないのだ。
ユングやフロイトの場合。

« 尊敬。 | トップページ | 因果関係。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘルス。:

« 尊敬。 | トップページ | 因果関係。 »