最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 嫌がっているじゃないか。 | トップページ | 文字を読む力。 »

2018年7月26日 (木)

地球温暖化対策。

アマテラスの兄・スサノオは「嵐の神」である。スサノオは馬の首をアマテラスの寝床に投げ入れたために、アマテラスは岩陰に隠れてしまった。
今、別の角度から「スサノオ撃退法」を考えてみた。

まずは、私の動画を見てもらいたい。
地球温暖化対策について。

体感温度を下げるというのは、「みんなが参加するもの」であり、人間は学ぶ限り「暑苦しい」存在だ。
海のように静かに過ごす男は涼しい。
気象衛星のデータはいろいろ出るが、男は「勃つ」ために学び続けるだろう。
海のように静かに心を維持すると涼しい。
エネルギーフローを鉄道とともに流すだけでも全く異なる体感温度になる。
鉄道に待ち時間がない、空いている、それだけで体感温度は変わってくるのだ。
気象衛星を見ていると、まるで日本人のエネルギーフローが台風をわざわざ引き寄せているように見える。
馬車馬のように働かなければ、さらには鉄道網が整備されていれば、こんなことにはならないのではないだろうか。
世界の車窓から。
中国は「一帯一路」という政策により、中国が石炭を焚いているから太陽は熱くなる、として日本人を脅かした。
そのことによってアラブやイスラエルとも話ができるようになったとされている。
ドイツのメルケルもこれに飛びついた。
しかし、ドイツは「核クラブ」ではない日本と組むことにし、アメリカ合衆国の「出番」を少なくすることをも選択している。
ドイツは「カントを愛してくれる国」を探していただけのようだ。
パラメーターを小さくすれば涼しいとも言われる。
毎日がスリルに満ち溢れていると暑苦しいのだ。
お出かけのキスとただいまのキスがどれほど生活を涼しくするだろうか?
涼しき毎日を過ごし、ハリケーンや台風から逃れる知恵ではないか。
気候を変えるということは「文化を変える」という意味でもある。
馬車馬のように働いた日本人には「日本列島沈没」が見えてきたのだ。
ribbon Wish.

IPCCは、京都議定書から始まり、日本が「哲学の問題」と気がつくまでは日本から世界がお金を引き出せる仕組みを作って世界で賞賛された。
アメリカの「働きすぎ」はニューオリンズにハリケーンをもたらすだけだったが、日本では列島を縦断する有様だった。
地球温暖化と言えば日本は「世界のカモ」にしか見えなかった。
世界は世界をもっと余裕を持って見ていた。
しかし、ハリウッドの世界の滅亡の物語すら日本をカモにしていた。
1500兆円の金融資産は世界のすべてのファンドを上回る金額だ。
「日本がこのことに気がつくのは明らか」と言われるようになったらドイツが日本に接近してきた。
世界は気候変動枠組み条約から逃げ出した。
1950年代にIPCCは、「二酸化炭素が温室効果ガス」として日本を標的にし、吐く息やタバコすら言い訳にできるようにしていた。
「こんなに働きすぎて自滅する国は見たことがない」と中国も思っていた。
今後の「気候」の問題だが、「世界が日本を攻略しようとしている」ということを理解しなければならないだろう。
「敵国条項のトラウマ」からいつ逃れられるのだろうか?
少なくとも、ロシアは「気候変動には興味がない」と言っていた。
我々は「裏切り者」とロシアを罵らなかったか?
「世界のアイスホッケーの真実」がここにあるのだ。
2010年代に入って、日本の「儒者」がこのことを悟るのではないか?と世界はささやきあった。
「うやむやにして逃げよう」
日本はもはや彼らを追いかけることもなかった。
雨のニューオリンズ 国生さゆり。

「自分の体を触る」「触られる」ということがどれほど歯に良い影響を与えるであろうか?
お風呂で体をゴシゴシこすって、風呂上がりに体に何かを塗るという作業がどれほど「暑さに強くなる」であろうか?
石鹸を使わなくなったタモリからどれほど汗が噴き出したであろう。
アリストテレスは男女共学における「スキンシップ」というものを生み出した。
「男の体重」を感じるから女子たちにとってもいいことだった。
男の子の「意思の硬さ」を感じるから、歯のためにも、暑さを和らげるためにも女子たちは男子とのスキンシップを密かに楽しんでいた。
落ち着かない子がいたのならばなぜ先生は、その子を触ってやらないのだろうか?
ADHDなどという病気は英語には存在しない。
夏が暑いのならば、毎日、お風呂で体をゴシゴシ洗おう。
そのあとに体にシーブリーズでも塗ることにしよう。
世の中には「暑い」「寒い」よりも「慣性の法則」が存在することの方が重要だ。
大事にされていない体は、暑さ寒さに極めて弱い。
1人で抱え込んでいる男、飲み物を飲みながらタバコを吸うような男に「触られたい」。
女子たちは、自分の歯を綺麗にするためだったり、涼しくするためだったりの目的でそのような夢を見た。
苦労している男と、あまやかされている女のギャップが「触る」ことを気持ちよくさせていて、これを「CT」と呼んだ。
夏は暑い 高橋由美子。

余談であるが、台風を逸らせることが可能であることが分かったが「常にインターネットやテレビで」人々の心をマニピュレートし続けることが可能であるのならば「地震は起きない」ということも指摘していい。
人間中心主義の立場から分析すると「人々の心を常にマニピレートできる天皇」がいるのならばそもそも「地震は起きない」のである。
それは断層運動とか南海トラフの研究というアプローチとは全く異なるものだ。
「地震が起きたら天皇は土下座しなければならない」理由はここにある。
天皇皇后と地震。

孤独な指導者が、男たちの射精をコントロールし続ければ地震は起きない。
災害が起きたら首相官邸が動くのはもはや「言い伝え」であるが、実際は天皇というもののあり方を問い直さなければならないものなのだ。
藤原氏など多くの一族が天皇家に批判的らしいな。
だったら被災地と天皇家は何の関わりもないはずだ。
台風12号(2018年)がどこに向かったかというと関東御分国以外の地域だろう。
大阪でも天皇家の影響力は弱かったから地震が起きた。
マニピュレートを嫌う連中がいたし、かと言って大した指導者もいなかったのだろう。
東京ドームは地震に強い建物です。

天皇が真面目に勉強する限り、地震は起きない。
さらには、藤原氏などとは「もはや別格」の天皇の支配権が全国に及べば日本そのものが「地震」から自由になる。
「誰も自信がない」「かと言って天皇にもしたがいたくない」「働きたくないから天皇になりたい」そんな輩がいる限り地震というものは起きるのだ。
マニピュレートと言っても「男と女の喜びの最大化」を毎日探求するだけだよ。
ヤヌス2007以降、スタンフォードの論文は「もはや無尽蔵」と言われたからね。
山谷えり子とか出雲大社が「間接統治」とのたまって、私をコントロールしようとしている。
地震による被害が心配されるところだ、
私の腰に重りをつけていると公言している日限山の貝和智とか、咳を一向にやめようとしない小野まり子とか中村洋平はむしろ自殺願望があり、早く始末したほうがいいんじゃないかな。
私の印税を全額没収している宮内庁も首都圏直下型の火種となるだろう。
美智子や明仁が災害の理由であることも明らかだ。
災害報道に翻弄される首相官邸なども、案外、責任は自分たちにあるんじゃないか?
ちい散歩。

« 嫌がっているじゃないか。 | トップページ | 文字を読む力。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化対策。:

« 嫌がっているじゃないか。 | トップページ | 文字を読む力。 »