最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 肖像。 | トップページ | 勝負。 »

2018年7月 2日 (月)

神。

「神はいるのか?」
これは女たちの議論である。
国が学び続けている限り神はいる。
あるいは「学んでいる男がどんどん仲間の輪を広げていく限り神を信じることができる」と言われる。
「拡大局面」の教団においてはみんな神を信じているのだ。
「オワコン」と言われる連中は何かを見失っている。
一度は神を見た連中を救っていくのも「拡大局面」にある教団の仕事だ。
「神だ?反則だ?負けちまえ!」
男が反則を使って「太陽の10倍輝く星」になる瞬間がある。
その男の見る「真実」とは無様な敗北であった。
それを見たときに「俺も勉強しよう」と思えた。
「反則を使って太陽より10倍輝く星とは何か?」を探求することによってプロレスラーは娘にクリスマスプレゼントを贈った。
プロレス。

「反則によって太陽より10倍輝く星になる」ことは敵と味方の共同作業によって作り出すものだとも言われる。
最後に「勝敗」という二つの選択肢が生まれるが、「観客が熱狂する方を選択したよ」。
プロレス。

真剣勝負も8万人のオーディエンスがいる側よりも、90万人のオーディエンスがいる方を勝たせた。
ゲームの発信力を高めたかったし、それが「新古典派」と言われるものだった。
旧古典派なんてそんなことも知らずに「真剣勝負」だと言っていたんだよ。
観客の間に「衝撃」が走ることをひたすら狙った。
かつての大洋ホエールズのような旧古典派は、永遠に優勝ができない仕組みだったが、横浜ベイスターズになってから新古典派への切り替えがテレビ局主導のもとに行われた。
あくまでも真剣勝負であったが、旧古典派と新古典派は「エンターテイメント性」が違うということはもはや明らかであった。
大魔神佐々木。

タルスキはとにかく「ファンサービス」の必要性を訴えたし、旧古典派の世界で腕を磨いた落合博満もセントラルに来てからは三冠王はもはや取れなかった。
人気のセ・実力のパとはこのようなイデオロギーの違いであった。
新古典派(セントラルリーグ)のファンの女はとにかく情熱的だった(デフレ)。
メジャーに行きたいのならば旧古典派のパシフィックリーグで腕を磨いた方がいい。
勝敗への人々の注目度で自ずとどちらの立場に立脚するかが決まったのだ。
ハーバート・フェイグルは、「女心の定義」(政治)により優れた会社(球団)を勝たせている、とした。
「女シリーズ」で化学のHとO(男)以外の全てを埋めた2017年は横浜DeNAベイスターズは日本シリーズに進出している。
しかし、旧古典派のソフトバンクホークスと「野球ができるかは分からない」とも言われていた。
フエィグルは、ハプスブルク家の女の子たちと話すことによって腕を磨いた。
ハプスブルク家はフランスやポーランドにまで影響を与えた。
実際に女たちに話して見なければ、やっている作業が正しいかどうかは分からない。
カルナップがオーストリアで暗殺されなければ、ヒトラーによるオーストリア併合はなかったとも言われる。
フランクやヘンペル、ネーゲルなどもよく女の子たちと話した。
プロレス(新派)とボクシング(新古典派・旧古典派)がどのようになり異なるのか?
それは「大人」としてしっかりと理解しなければならない。
プロレス。

さらには「ヨーロッパ中世のトミスト(勝ち組)が、反則を使うことによりスコティスト(負け組)に負けることに観客が喝采を浴びせるのは明らかであった。
詩の世界のヒーロー。
なにしろリック・フレアー(トミスト)は女たちを大勢、侍らせていたし、社会人としても有名を通り越していた。
話もファッショナブルだったし、学歴もあった。
信者も大勢いたが、トミストはスタンフォード大学を選択したために、東京大学にも弟のドン・スコトゥスにも憎まれていた。
12世紀にはプロレスは完成していたし、レフェリーとスコティストは共同作業でトミストをいじめた。
覇権国家の化身となっていたトミストが、サミングをやったりしたら、みんなが彼の敗北に喝采を浴びせた。
トミストが負ける限り国はどこかに向かっているのがわかった。
力道山が勝つのが見たかったか?
まだ日本に「詩の世界のヒーロー」がいなかったのだろう。
つまり、朝鮮や中国を侵略できる国ではなかったのだ。
国が成熟し、詩の世界のヒーローが生まれて、彼がサミングをやった瞬間、人々が彼の敗北を望む、これがヨーロッパの12世紀に完成した。
プロレスが好きな奴は、スコティストだったし、自分がトミストに勝つことをプロレスに託していた。
そのニーズは相当高かった。
真剣勝負ではジャイアンツ(トミスト)は強かったし、お金の違いを見せつけられた。
「勝者に身を委ねると美しくなれる」というプロスポーツとプロレスは異なるものであった。
プロレスが「スコティスト」という巨大マーケットを見失ってはならない。
時代を作る人(トミスト)とその中で生きる人(スコティスト)がいるとするならば、スコティストは多数派ではなかったのか?
アメリカ合衆国においては、華々しい社会生活を送るリック・フレアー(トミスト)の生活ぶりはよく知られていた。

リック・フレアー。

仕事をしているのは「大人たち」である。
大人たちが自信にみなぎっているのであればその世界に神はいる。
最後にほんのりとしたものを感じてもらえばいいだけだ。
喜怒哀楽を失った無神論者は確かにいる。
しかし、カルヴァンは、そのような男にAKB48を与えてみた。
脳の燃料切れは治るのかな?
AKB48の「神推し」となって喧嘩してくれないかな?
「神推し」になるとファイナンスの心配をしなければなない。
居酒屋だろうが銀行だろうが「資金源」が必要になってくるのだ。
「あの娘の処女」について考えるだけで、いじめ(神の証明)もやったし、生き残るためにファイナンスもやった。
DVDを見て力をもらった。
なにしろ「"神"推し」なのである。
多数派工作もやったし、推しメンの「リスク」を背負う覚悟だった。
「アイドルにもいろいろあるんだよ」という女の子の発言は陣営の崩壊を意味した。
しかし、「覚えた仕事」で別のメンバーを応援すればいいだけだった。
男女がいて、詩があって、「パンチライン」(最もウケるポイント)がある、これがあるから人間社会には「階級」が生まれた。
AKB48 teacher teacher.

「上司」の誕生だ。
パンチラインを作り出す力量や、女性を口説く力量などの違いが階級を生み出したのだ。
「男の"好み"を知り尽くす」
これが男社会で多数派工作として行われたのだ。

さらに「男同士でつるむ」ことに少数派が圧倒されるところにも「神を信じる理由」はあった。
本当に物事がうまくいったときは神を信じたよ。
オカマでもないのに男同士でつるむ、しかも何かを成し遂げるために、それは女たちにとっては「神」だった。
その男同士の関係は「父と息子」の関係とは異なり、お互いが潰し合うものではなかった。
背景にしっかりと「資金メカニズム」を組む必要があった。
Bigbang haru haru.

三つ目は「国民であること」に神を信じる理由があった。
同じ国で同じ文化に身を置く者が外国国家と戦う、この時には日の丸を仰いで君が代を歌った。
国民であることも神を信じる理由だ。
中には「神推し」をやって覚えたファイナンスのやり方で「国そのもの」を応援する人もいた。
「処女」の神推しのままではまだ荒削りだ。
国そのものを応援することはもっと複雑な学習が必要だった。
「神の法則」を組まなければま勝てない相手だった。
笑顔や情に訴えかけても意味がないのが「国同士の戦い」だったのだ。
仲間を作る、資金メカニズムを作る、など多くの学習がもたらされた。
放映権料がいちばん大きかったかな?
所詮、芸能界には逆らえないからね。
夏のクリスマス おニャン子クラブ。

四つ目は「彼女や妻への義務」を果たさなければならない時に神を感じた。
自分は「あの秘密」をバラされたら大変だと言って禿げてしまった。
彼女の「心の限界」があることを知った時に神を信じたよ。
「壊れていく彼女」を治してしまう医者もいるのだ。
Madonna Borderline.

最後に、これらの信仰生活すべてを破壊する広島の原子爆弾に神を感じた。
敵国の仲間づくりやファイナンスだけでなく、昭和天皇が広島に愛人(遊佐道子)がいたから民間人を大量虐殺しても負けないだろうという「スパイ工作」などが機能したことに「得体の知れない」神を感じた。
仲間づくりやファイナンスだけでなく、スパイ工作や国際法の知識までもがなければコンテナも扱えないし、それはまさに信仰だった。
あの国には「まだない」製品というのもコンテナを扱う上ではスパイ行為が必要だったのだ。
このような「サイエンス」を生み出したアダムとエヴァも神が作ったものだ。
AKB48には、まだ実際にバチカン市国のシスターは食い込んではいなかった。
しかし、バチカン市国大使館の職員は少なくとも丁寧に「AKB48と日経平均株価の関係」の話に耳を傾けていた。
それも日本国内の「スパイ行為」だったのだろう。
私はダブルエージェントとして日本国とバチカン市国の双方の利益になるように振る舞った。
そのうち「文春砲」で株価が大打撃を受けるかもしれないが、助けを求めている日本人がどこかにいたのだろうと割り切るほかはない。
AKB総選挙 中井りか。

乙女の祈りは「神様はいる」「いるかもしれない」というものであるが、以上に述べた「大人の事情からクリスマスプレゼントが届く」ということを信仰心としているものと思われる。
CoCo 冬の微粒子。

【妊娠した女は低血圧になってしゃがみこむ(シット)】
シットがうまくできない女は妊娠している
「処女の証明がシットである」
AKB48 ラブラドールレトリーバー。

「私も大人になれるのかしら?」という思いもあった。
家庭が円満なら俺は幸せなんだよ、というお父さんの気持ちは分からなかった。
世の中が完全に治ることはないということをよく理解していたのはお父さんだった。
ローマ帝国のような家庭を作り、それを壊す男は禿げていた。
神を信じない者は、どのように「大人の事情」を生み出すつもりなのだろうか?
男が女の尻や胸に興奮するという「原罪」をより良く理解した者がエリートとなっており、お金となっており、人脈となっており、スパイ行為へとつながっている。
「神推し」であること、「国民」であることがさらにこれらの背景にある。
そして「子供」がいること、この辺りで「神」という概念はまとまっているのだ。
おニャン子クラブ メリークリスマス・フォー・ユー。

家庭内では「下ネタ禁止」で多数派工作をやる人が多い。
せいぜい「失恋したか?」というような遠回しな表現がなされる。
しかし、お父さんは外では「有名になると射精の感度が鈍るね」などととてもではないが娘には聞かせられない(息子にも)ことを言っては仲間を作っている。
この明確な区別を知っておかないと「親のコネで就職」などというものは夢物語で終わるだろう。
職場の女たちの支持を集めるためには下ネタもいとわない、それがお父さんというものなのだ。
夫婦で「信じていること」が世間で通じるかどうかは極めて難しい問題だ。
しかし、有能な息子ならば両親が「夫婦で信じていること」を下ネタ禁止を守りながら、より普遍的なものにしていくだろう。
お母さんは「息子の受け売り」を話すだけで言葉に重みが増す。
スコットランドは「息子がオックスフォード大学に入ると親が離婚する」と言っていたが、スタンフォード大学は、「下ネタ禁止の多数派工作」まで研究していた。
これが「サンタクロースの物語」である。
セックスが私有財産である、これは真理だ。
しかし、重役や両親には歌謡曲のほのめかしを用いたし、それは「仏の道」でもあった。
同族企業を営むのであれば「下ネタ禁止」「歌謡曲のほのめかし」をマスターしなければとてもではないが家庭は持たない。
セックスが私有財産である、このことをいかに巧みに「ほのめかす」かが大事だったのだ。
私有財産の秘密を語らない人の方が「勇敢である」「正直である」と言われるんだから困ったものだね。
永田町では下ネタを語らないと生きていけない。
しかし、霞ヶ関の官僚でこのことを理解しない者は内閣審議官にはなれないだろう。
露骨な権力闘争はもはや、とてもではないが家庭内には持ち込めないものとなっていた。
「怖い、怖いって、何が怖いか分からないね」と娘たちは語り合っていた。
発達障害の男に「おしっこ飲んだことはあるか?」とか「精子」という言葉に拒絶反応を示す男に「男と女、両方いけるだろ」などという言葉を日常的に使うお父さんは娘たちにとっては「何が怖いか分からない」ほうが良かった。
下ネタ禁止というのは「コネ」と関わる致命的な問題だ。
「親父のコネ」があるかないかはだいたいこの辺りで察するしかない。
松浦亜弥 元彼。
「サンタさんはエッチな人なんだぞ?」
そうやって紳士としてみんなにプレゼントを配っているのだ。
日常の宗教活動、政治活動以外の「ものを配る仕事」はそれは楽しいよ。
でも「どうやってお金を集めたの?」と言われてもサンタクロースは困ってしまうだけだろう。
エッチな話が得意でないと、「強盗でもしない限り」みんなに配るお金は集まらないのだ。
でも、配るときはひたすらにこやかに、実際に楽しいからね。
病院の職員で、日頃、威張っている人が「舐められたくねえ」と言いながらサンタクロースをやって石鹸を配るのとは訳が違う。
とにかく「ファイナンス」なんだ。
セックスが私有財産である、これを理解しなければならない。
病院の事務長やナースは顔を赤らめもしないよ。
大人なんだ。
しかし、「性倒錯」まで理解しないと、「お前、本当にセックスを知ってるのか?」と再起不能にさせられる。
今年は株価を暴落させながら性倒錯の研究を完成させた。
日経平均株価が7千円台だったら我が国に紹介されることはなかっただろう。
母と娘のデュエットソング。

兄妹みたいな母と娘というのは「お父さんにコネがない」ことを意味するのかも知れない。
「怖いお母さん」
それが人望があり下ネタを好む夫に愛される妻というものだ。
孤立したら男は終わりだ。
性倒錯にまで踏み込み、トーテム&タブー、つまり「百姓の娘は兄とセックスしている」ことまで理解しないと「私有財産」なんて増えないのだ。
行為無価値論の立場に立つ堅物で「政治家に向いていない」と言われて育っても、配るときはにこやかに配ろう。
自伝に書ける下ネタならば「もはや医学論文」であろう。
それ以外の下ネタはどの政治家も封印して、綺麗事しか自伝に書かない。
なにしろ男社会なんだよ。
XX遺伝子でちんちん3センチ、とか、顔にアザがある女に「子供の頃、カマ掘られた?お肉食べなよ!」などと言っては周囲はビビっていた。
さすがにマスターベーションは隠れてやったよ。
松浦亜弥 メリークリスマス・フォー・ユー。

注意してほしい。決して「動画」で性倒錯を学ばないでもらいたいのだ。
異性でマスターベーションできなくなったら政治生命に致命的な打撃を与えるからだ。
あくまでも論文を読んでほしい。
クリスマス(ミッション)やブラジルのカーニヴァルなどはこのようなことを理解しないといけない。
家庭ではどうしても「怖いオヤジ」になっちゃうよね。
コネのないお父さんの方が愛される部分はあるよ。
子供にガチャガチャをやらせる親はとにかく「エッチ」だと思われるだろう。
「お家にあるでしょう?」あたりが無難なんじゃないかな。
300円に困っているわけではないからね。
髪の短い女はレズビアンであり、周囲の女たちの「慰み者」だということも理解しなければならない。
足をゆっくり揺する男は周囲の男たちの「慰み者」だ。
「自分に嘘はつけない」と思っている男女の前で下手に下ネタを言ったら、失脚するよ。
河合その子 哀愁のカルバナル。

猫をいじめる高校生が悪だろうか?
「ノンケでいいね」というのが周囲の直感だ。
獣姦をやらない人はノンケだ。
日本は獣姦の規制が緩い。
自分と性別の違う犬や猫を飼っていて「去勢」「不妊治療」をしていないのであれば、人間同士での性倒錯を理解しなければならない。
2008年にシュレーダーが「性倒錯」を知るために「犬や猫は好き?」「オスとメスどっち?」という質問を考えた。
同性の犬や猫が好きだと言うのならば性倒錯だと言える。
犬や猫を去勢や不妊治療する親がいちばん「まとも」だと言える。
「バター犬」を疑っているうちはまだあまい。
愛想笑いもそこまでだ。
下ネタも人に言えずに引きこもっている男女には「異性の」犬や猫を友達にするといい。
異性を愛せる男や女になるのが教育の目的である。
不良少女二人がメス猫を持って帰って来たりしたら、それはかなり危険なことだ。
男兄弟は「下ネタも姉貴の前では言えない」と思うようになる。
これが「サンタさんのお仕事・最新版」だと言える。
ぴったりしたいX'mas プッチモニ。

「治めてくれる」「国の教えを教えてくれる」
そんな先生に怒られたら女の子は痩せてしまう。
なぜならとっても素晴らしい教えだったからだ。
高校生レベルでも大学でも「お金儲けの基本」が分かった。
手ぶらで全国大会に出ることの危険性を指導者も理解した。
生徒たちに「常勝思考」を身につけさせるためにはお金が必要だ。
そこから先生のファイナンス活動は彼の知性を活用する形で行われた。
「先生」がサンタクロースになる番だった。
一生懸命ついていっても意味のない指導者だと思わせないことが大事だった。
AKB48 teacher teacher.

厳しい指導を行うと女の子は痩せてしまうためにスキルが身についた。
褒められて育ちたいなどというデブとは違ったのだ。
子供たちには「不安定な」イベントを与えた。
大会などだろう。
しかし、結果はお金で買っていた。
国立大学入試以外はすべてお金で買えた。
指導を誤らないことがまず必要であったし、応援団にお金を払って来てもらうことも必要だった。
女の子たちは「白黒つける」勝負をしたが、サンタクロースはより知恵で勝り、子供たちはファインアートを演じたが、指導者はそれ以上に日常のファイナンス活動を行わなければならなかった。
痩せている女の子を叱るわけにはいかなかった。
太ってきた女の子を叱った。
指導者は「女の子の体重コントロール」をやっておけばよかったのだ。
同じ船に乗ることが指導者には求められた。
甲子園を目指す野球だって判定競技ではないか?
仕事をお金で買う、痩せるというのは若き勝者の基本だった。
その世界を「オワコン」にしないためには指導者がファイナンス競争をやる必要があるし、女の子たちが常にそこにいなければならなかった。
Twice Wake me up.

ゆるい体の宮川選手。

「敗者の教え」は子供達の心を狂わせた。
大人の仕事は「子供達をよりスタイリッシュにして勝たせる」ことにあった。
田舎のグラウンドやジムであってはならない。
「常勝思考」にこそ宗教の本質はあった。
AKBグループや坂道シリーズの言っていることと、信者8億人のカトリックのシスターの相性がよければ「組ませる」という発想が必要だ。
小沢一郎はナショナルセンターである連合とかつての民主党を組ませている。
子供達を勝ちに導くためには、お金の面倒を見なければならない。
小泉純一郎は「非効率資産は指摘するだけで市場にいいメッセージを与える」とし「恋愛」市場の支持を得て子供達を勝利に導いた。
いずれにせよ「多くの男女」が喜ばなければ「チルドレン」は生まれない。
「美しさの秘訣は?」
「勝ち馬に乗ること」
資金メカニズムの組み方から多数派工作まで、必ず「人を勝利に導く人」というのはいる。
女たちが「美しさを求める」のはもはや普遍的な現象だった。
女の芸術家は少ないだろう?お◯んこをモチーフにしないからだよ。
これだけで誰が人を勝利に導く男かが分かる。
1960年代から1980年代にかけて、女性アーティストの中に、フェミニズム第2の波として、お◯んこかはともかく、もっとそのような表現を多用しなければ男社会で勝てないことも理解が進んだ。
rebecca ヴァージニティー。

貧しい身分ならば、毎日見ているなんてことはないお◯んこであるが、一流は「たまにしか見ない」から巧みにそれを表現する。
「食べることの方が大事」ならそうなるだろう。
また、痛みに敏感な男の方が女心に詳しいね。
どうやって勝つのか?だけ目撃しておけば女だけ生き残るようになっている。
みんなでワイワイやっていた頃は、バカな男ばかりだったけど、一流の男と関わるようになったら嘘がつけなくなる。
セックスよりも「食べる」ことを優先させているからだろう。
田中れいな 愛の炎。


プログの情報精度向上にご協力ください。
NPOなので寄付は非課税です。

スルガ銀行 三浦海岸支店
3550342
オノコウタロウ


【つづく】


« 肖像。 | トップページ | 勝負。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神。:

« 肖像。 | トップページ | 勝負。 »