最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 勝負。 | トップページ | 人気。 »

2018年7月 6日 (金)

シスター。

一晩で日経平均株価は稼ぎたい。
しかし、譲れないものがある。
髪の短い女は「痛いのを嫌がる」とも言われ、髪の長い女と髪の短い女の共存から、女たちは「男の人を喜ばせるのは悪いことではないと思うの」という発想だけで生きるわけには行かなくなった。
髪の短い女の高笑いが聞こえてくるのが分かったからだ。
永遠に友達 瀬能あづさ。

「妹みたいな女」に嘲笑われてまでお金が欲しいとは思わなかった。
「私は私」そう思った時に、女は必ずしも毎晩、体を売っている訳ではないことを男たちは知った。
「妹みたいな女」は永遠に愛され続けるでしょう?
私は燃え上がった後に消え去るものがあることを知っていた。
酒井法子 トライagain.

この髪の短い女と髪の長い女の共存から、女たちは「他者への思いやり」でお金を稼ぐことを覚えた。
体を売るだけが女の仕事ではなかったのだ。
つらい夜を耐えた後にそのことに目覚めたのだ。
傷ついた兵士は、このことからナースに施されるようになった。
女たちの共存から生じた「シスターたちの施し」はもちろんお金を払わなければならなかった。
「妹みたいに永遠に愛されたい」
これがシスターであり、看護士でもあった。
男は25歳を過ぎたらお父さんに潰されるんですってね。
だったら私は彼に寄り添うわ?
「妹みたいな存在」の女は兵士に常に寄り添っていた。
髪の長い女は、体を売って日経平均株価を一晩で稼ぐことができたが、「シスター」たちの「永遠に愛されることの喜び」に笑われることを学習した。
「施す側」それは純潔から成り立っていた。
施す側はアルテイシアでもあり、親のようでもあった。
どの男も逆らってはならないマザーテレサはこのようにして生まれた。
勉強して選ばれる男は、常に「妹のような存在」の女がいたし、激しく燃えて消え去る世界に身をおいてはいなかった。
女の髪の長さの違いと、男社会の勉強が「施し」という女の習慣を生み出していたのだ。
施しはお金を受け取って成り立つものである。
ボランティアと言っても、仲間の女を愛するのは自由だった。
金ではなく女であるのか?どのみち女たちは「体で払える」以上、無料奉仕の仕事などなかった。
夜回りにせよ、朝夕の子供達の見守りにせよ、「女たちにモテた」からやったのだ。
女たちの髪の長さの違いと、男社会の勉強があったから、人々は「施し」をすることができたのだ。
人の良さそうなおじさんはどんな可愛い娘からも挨拶をされた。
NMB48 欲望者。

勉強で周囲を蹴落とした青春時代に「女を妹のように愛する」ことの意味を学習していた。
若い頃は美女にエネルギーをもらったもんだな。
髪の長い女と髪の短い女が共存していたからか。
おじさんはそう思いながら、若い女の子たちからエネルギーをもらっていた。
みんなが「自分たちの利益」を追求した結果、このようなのどかな風景が生まれていたのだ。
グレゴリー・カフカがこのような「ボランティアの世界」を1986年に明らかにしていた。
酒井法子 友情キッス。

髪の短い女はレズビアンだったかもしれないが、とにかく日経平均株価で体を売らないことそのものがサクリファイス(犠牲)であったし、髪の長い女たちの「長続きしない愛」とは距離を置いた「妹」として男たちをボランティアに駆り立てた。
女たちも「男の人を喜ばせて何がいけないんですか?」という問いかけは「もはやナンセンス」ということを学習した。
なにしろ「長続きしない愛」を「妹のような女」に嘲笑われたくなかったからだ。
溺れそうな子供はこのことから「飛び込んで助けようとする大人」と出会った。
すべてが「割りに会う」ものとなっていたのだ。
髪の長い女も全員が体を売っているわけではない、時に男たちに微笑みを振りまいていた。
女たちが「自分の利益」を追い求めた結果、このような「犠牲」は生まれた。
「犠牲フライは打率に響かない。人生よりフェアなゲームだ」
短期的な損失は長期的には利益になった。
全員が自分の利益を求める、アウトひとつ取れた連中もいれば、一点を取った連中もいた。
ファンもどっちが喜んでいいのか分からない結末だった。
とにかく、みんなが仲間ができる、それが「犠牲」であった。
すべての人の「動機」が複雑に混ざり合ったシーンを生み出した。
他人のことなど知るか、これが俺たち私たちの利益なのだ。
まるでみんながその場面に「妥協」したかのようだった。
The Fan Sacrifice.

すべては、髪の短い「妹のような女」がいたから生まれたシーンだった。
女たちの団結と、男社会の勉強、そして髪の長い女から笑顔をもらいたい男たちがその場で妥協したのだ。
誰も賠償などしない、誰も自分だけがボロ勝ちしない、そんなシーンだ。
髪の短い女は女になり切れていない。
しかし、出来るだけ可愛らしく、「妹のように」振る舞った。
彼女たちも女コミュニティで仲間がいた。
髪が短くても巨乳を自慢したりしていた。
酒井法子 Listen to me.

モスクワ一の美女と結婚したから戦争に行かなければならない(戦争と平和)。
冷めていく愛、そして「妹のような女」、そして髪の長い女たちの笑顔が生み出した結果、最小不幸社会とはこのような男を戦地に赴かせるものだった。
みんなの利益が「妥協」したのならばこのようなセリフが出てくるだろう。
アーリア人だけの利益を最大化するのであればブロッコリーは排除できる。
アーリア人には「満足できないもの」を明らかにすることもできるだろう。
しかし、ナチスドイツは「イギリスが落ちない」と悟って日本に泣きついた。
アーリア人が「ブロッコリーも食べた」と言われた。
酒井法子 1ページのAugust.

複雑怪奇な人間の群れを計算したら「戦地に赴くもの」が自然と自衛隊に集まった。
みんなが自分の利益を追求したからである。
それが「利益の最大化」なのであり「自衛隊の人にも家族がいるだろうし」などと法学部の学生が言っているようではまだ学問が浅かった。
「誰もやらないのならば私がやる」とも言われた。
このような発言は自殺行為であったが、「妹」たちの支持を集めた。
「世の中にはセックスできない女がいる」
この事実が人気に拍車をかけた。
細かいことは分からなくても責任「感」とも呼ばれて人気があった。
「母親のような妹」がいる男にこのような人が多かった。
セックスではなく「女の体」を愛したこと、笑顔を愛したことから人気を得たようだ。
快楽とは案外、みんなに平等に与えられているものなのだ。
酒井法子 1億のスマイル。

「私のどこが好き?」
体を見て癒されるか、火を見るかのどちらかだろう。
舐めるように見られたら「減る」。
これが、髪の短い女であり、見るだけでも愛というのは消耗していくのだ。
髪の短い女にも、夜は積み重なっていく。
「サヴァイヴ」
死んでも私のことを覚えておいてもらいたい。
そうならば、私は消耗されたくない。
島崎和歌子 JJがいた夏。

プルタークは、アレキサンドリアに出て行く若者と、故郷に残る女モデルを考えた。
若者もだんだん変わって行くし、女も昔のままではいられないほど「彼氏を作れ」と国からの圧力が加わる。
しかし、もし若者が「すべての学習」を終えたのならば、故郷に残した女と再び結ばれるだろうとされたのだ。
「すべての学習」であり、それが終えたらアレキサンドリアをマスターしたことになり、故郷での出世が約束されるのだ。
自由の女神の「体」を見に来る人はこのような発想を持っている。
青いスタスィオン 河合その子。

しかし、残された彼女が都会に憧れて、AKB48に入った場合はどうなるだろうか?
女は「美しさ」と向き合って病んでしまう、男は学業が困難を極め病んでしまう。
都会の病院で「変わり果てた姿」で男女は再開するのだ。
女は「見られたくない姿」を見られることになり、男はやがて学業を成し遂げるだろう。
このことへの女の怒りは強く、男とは口もきかない関係になる。
自由の女神の「ランプ」を見に来る人はこのような発想を持っている。
約束 高井麻巳子。

サヴァイヴ(死んでも私のことを覚えておいてもらいたい)という思想はこのような二つの展開をたどった。
男がアレキサンドリア(東京)に出るとはこのようなことであり、年寄りはその「船」の行き先まで予測している。


画・上野重治。

「女が昔のままでいられない」のならばなぜ都会に出たんだ?とも言われた。
どこでもドアとはビデオチャットのことであった。
まるで壁を通り抜けるようだった。
この「越境問題」を難しくしないために考えられたのだ。
「常に一緒にいる気になれる」ことから活用された。
コストを下げる努力が必要だったが、これも「船」のセールスをかける側の力量次第であり、現在のauの力不足を感じさせる。
ロシア正教会なりギリシャ正教会などがいい資金源になるだろう。
都会に出る男を不幸にしない、それが正教会の教えだった。
「どこでもドア」とは正教会が考えたものだ。
酒井法子 エアメール。

自由の女神により、アメリカは国際電話などの通信のファイナンスを行なっている。



アメリカ合衆国が「巨大モビリティ社会」を実現させた。
しかし、日本は多くの点で遅れをとった。
それはひとえに「人々の支持とファイナンス」が異なるのだ。
ゴリオテとランプルが「知恵比べ」をしないためにも正教会の教えを広める必要があった。
SPEED Deep blue & truth.

自由の女神のランプを愛する者、体を愛する者たちからお金を集めたのだ。
「船」の行き先まで語る年輩者でなければファイナンスは困難だった。
都会の男と田舎の男の「知恵比べ」まで理解しないと難しい。
ribbon 真夏のフェミニスト。

ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州からニューヨークへの道を作ったが、1970年代、1980年代、1990年代に「異なる資金集めのやり方」が模索された。
「ルート29」はとにかく学問に満ちていた。
タイソンストリートとも呼ばれ、マイク・タイソンの資金源になったりもした。
田舎から出てきたハーバードマフィアがいたのだ。
田舎の男と都会の男の争いはとにかく金になった。
都会が嫌いで、田舎で多数派工作する者もいた。
B'z もう一度キスしたかった。

都会の男を憎んで、女の「リベンジポルノ」をばらまく者もいた。
これには都会の男も困ってしまったよ。
中森明菜 Desire.

「船」がどのような運命をたどるかは「ルート29」がいちばん巧みに表現したし、タイソンストリートと名称を変えた。
ブルックリンの連中はマイク・タイソンのビジネスを終えた後も生活に困らなかったし、人脈もできた。
多くの芸術作品を残してルート29は最も成功したハーバードマフィアと呼ばれた。
二人の男が鉢合わせになり、乱闘になることもあった。
ルート29は多くの女たちを熱狂させ、支持を集めたのだ。
みんながマイク・タイソンの勝ちを見に来た。
お金がなければ若者の体も動かなかった。
マイク・タイソンKO集。

都会に出てきて、田舎の親がお金を送ってくれなくなったのなら、正教会に集まろう。
親に「ニコライ堂ってあるでしょう?ロシア正教会の」と実家に趣旨を説明するだけで、親は「勉強の度合い」が分かりお金を送ってくれるだろう。
ニコライ堂。


髪の短い女は「セクシー全開」を主張したり、髪の長い女はあえて質素に振舞ったりしていた。
この構図がアクィナスをどれほど苦しめたであろうか?
髪の短い女たちのサディズムは、マルキド・サドが指摘している。
フロイトもラッセルも、「内戦」の問題と向き合わざるを得なかった。
江戸の髪を結っている女はセックスできないとも言われ、髪の長い女は遊郭にいた。
髪を結っている女は「セクシー全開」を主張して、遊郭の女や、キリスト教系の女と対立した。
双方の女は「男の肉体や他の人間の肉体と触れ合いたい」という欲望は等しく持っていた。
男は「どの女と寝ようが」と言って「女の事情」を知らなかった。
アクィナスは間違いなく「時代の寵児」だったが、「どの女と寝ようが」と発言したことから、かなりサディスティックないじめを受けたし、スコティストたちに味方する女たちも大勢いたのだ。
「妻が痛がる」
そのような「不幸な結婚」から男のサディズムも生まれていた。
男にもトミストとスコティストがいるが、女にも髪の長い女と髪の短い女がいた。
それぞれが「欲望」を持って生きていたので、「宮様のお考え」とは、「より国をシンプルにしたい」というものだったのだろう。
「二つの拳」
これほどリアクションが難しいものはないのだ。
酒井法子 一億のスマイル。

男の対立と女の対立を合わせたら、もはや学園も大混乱だった。
この混乱の中をアクィナスは「性的欲望」があったために高く跳ねあげられた。
林羅山は「系図」を大事にした。
アクィナスがのちに分かってくれれば、という思いがあり、おばあさんという夕陽、孫娘という朝日の秘密が、ガンの治療になるなど「系図」というものはもはや日本人の心の安定と一体化したものとなっていた。
「おばあちゃん崇拝でガンが治る」
ユングが「夕陽と朝日」の喩えを用いていたが、より強烈にユングの影響を受けたのは林羅山の傘下にあった日本国であった。
「おばあちゃん崇拝は男にも言えることである」ということに気づくのを世界は待った。
セクシー全開という髪の短い女は、理解力のある幕府側のおばあちゃんと、まったく見向きもしない朝廷側のおばあちゃんの2種類を生み出したのだ。
朝廷側のおばあちゃんの「心なさ」にも若きアクィナスは痛い目に遭っていた。
しかし、身内の「系図を覚える」というのはもはや政治力の基本だった。
両親にも「遥か遠くの」おばあちゃんがいたし、名前を聞き出して博物館から「形見」を取り寄せるという行為に親はいたく喜んだ。
天下国家を語るよりも大事なことだったのだ。
これが林羅山である。
しかし、父方のおばあちゃんか母方のおばあちゃんかは「幕府側、朝廷側」の対立が残った。
酒井法子 風邪。

寂しい時は、人と触れ合いたい。
それは誰しもが思うことであった。
しかし、セックスは内臓を痛めつける行為でもあった。
修行僧は盲腸にもならなかった。
寂しがりの髪の短い女も「体が触れ合う」ことは好きだったのだ。
これが性的欲望であり、「ショートヘア」の女というジャンルを強烈に形作った。
酒井法子 ダイヤモンドブルー。

とにかく、これらの構図を学園や社会に放り出したのだ。
まるで動物園のような幕末に、いろんなことを悟るものもいただろう。
御簾の奥は、修羅場と化したため「宮さま」の意向をみんなが聞きに来た。
性倒錯まで交えたら、もはや「人間社会」の出来上がりだった。
男が「彼女」と呼ばれたがったら、「純粋な女」はとにかく「粗探し」を行なったため、ゲイも居心地が悪かった。
男と女の「歯の数の違い」が女に憎まれたのだろう。
これらをアリストテレスがまとめ上げた時にアレキサンダーは「ペルシャの侵略は可能」と判断している。
とにかく「二つの石の拳」とは人間社会にあるものであり、ボクシングレッスンで教わるものでもあった。
「それでも多数派工作なのか?」と言われるのならば、どの「人種」がより寛大で、勇敢で、情熱的かなどの要素が観察された。
周囲に「どのような性的ニーズがあるのか?」を熟知していなければならなかった。
ゲイは女とすぐに喧嘩する。
そのためにマスターベーションが専門になっていた。
とにかくこのような「学園天国」で名医というものは生まれた。
「世の中は単純な方がいいのだろうか?」
名医がいなくなると言って士族の不満が高まった。
宮さまは後の世にこのような苦労はかけたくないと考えたのだろうが、名医がいなくなるのならば、人間の寿命が縮む。
「セックスの相性」というものも難しい話ではなかった。
「女が喜ぶかどうか?」を男は見ていたのだ。
民族がどこに向かおうとしているのか?
それは当然のごとく「内需拡大」であったし、国内の混乱は治ることを知らなかった。
「自然に生きること」
これが国内に求められたことであった。
酒井法子 100%の恋人。

どの女も「正常なセックス」を羨ましがっている。
勃起したおちんちんを受け入れる女性の局部を羨ましく思ったのだ。
しかも、それを取り巻く「音楽作品」に満ち溢れていた。
しかし、「セックスするだけが女なの?」と主張し、美しさをアピールする髪の短い女が出てきた。
人々はそれぞれが毎日、楽しいことを考えていた。
男たちの「楽しいこと」の対象になれれば、それはセックスよりも大事なことだった。
ドラマのような恋ではない、普通の女のような「地味なセックス」で終わらないもっと楽しいことを髪の短い女は求め始めた。
もはや「結婚」どころではなかった。
「快楽って人それぞれでしょ?」
酒井法子 100%の雨が降る。

このような「学園天国」で荀子は「15歳にして立った」と記録されている。
司馬遷の史記によるとこの言葉は孔子のものではなく荀子の言葉だとされている。
荀子の再評価はこのわずか20年ほどの間に行われたのだ。
「学園天国の混乱の真実」は国の縮図であったため、劉向などの王に仕えたり、議兵と呼ばれる軍の会議のリーダーを務めたりした。
「国の縮図を知っている」とはファイナンスの達人であり、文民統制のもとでは得がたい存在だった。
兵法よりも儒学の方が大事なのではないか?とも言われ、お金がなくては戦争もできない現状があった。
荀子は「学校の勉強とは悪なんだよ」と考えた。
悪魔のごときファイナンス力を持ったからである。
勉強して成績は良かったが、ひどいいじめにあったりしたため、勉強ができない男の「学校兵隊ゲーム」の標的になったりした。
孟子はまだ「勉強とはいいものだ」という発想を持っていたが、属していた学校が進学校だったのかそうでなかったのかなどの違いが思想に表現されたものと思われる。
荀子は、朝、学校に行くのが怖かったため「礼」と呼ばれる儀式を行っていた。
それは「音楽を聴く」というものであった。
このことは、のちの人生のファイナンス力を強めている。
暗い歌(陰)も、明るい歌(陽)もあったが、女の子とは無縁でも「天」を学習することができた。
髪の短い女が陰で、髪の長い女が陽なのかと思うこともあった。
髪の長い女は、男と別れても、「私の体の何がいけないの?」という思いを残していなかったのだ。
儒学の歴史は色々な人がいたけれど、荀子の頃には「妖術」とも言われるようになっていた。
乃木坂46 ガールズルール。

氏名(うじな)とは「天皇から賜るもの」という発想は、荀子が考えたものであり、学園天国でいじめられ、その人間模様を詳細に分析できるものが王になったことから生まれた慣習である。
本当に理解したのならば虚しさと、民の心が一つになることと、静けさが訪れるであろうとされた。
「王朝の尺度」とはこのようなものであり、学を「成し遂げる」とは学校にいた頃の出来事を人生の宿題として、儒学を学ぶことにあった。
乃木坂46 サヨナラの意味。

« 勝負。 | トップページ | 人気。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シスター。:

« 勝負。 | トップページ | 人気。 »