最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 中国改革開放の成功事例。 | トップページ | 宗教。 »

2018年7月13日 (金)

いじめ。

お金時間、そして競争の三つがあれば人間社会にいじめが生じる。
神を信じる理由はここにある。

信じさせてください 永作博美。

髪の長い女と髪の短い女がいる限り、男は競争をするだろう。
生物学に遡って「セックスのできない女」の存在を知らなければ競争はとどまることを知らない。
「髪の短い女はセックスができないんだよ?」
何のために争うんだろうな?
顔の美しさでも争った。
賢さでも争った。
「決意」がなければ競争には勝てないだろう。
いじめてはいけない奴、それが本稿のテーマだ。
家柄にこだわらない女のために争うのだ。
誰も醜い「王家の血筋」のためには争わなかった。
男が弱くなっていくのを感じるからだ。
王家の血筋のために争うのであれば「お金にもならず」「時間を無為に過ごし」「競争も極めて緩い」つまり、ワールドカップの主人とはなれない男となった。
「宗教の王になってからきてくれ」
山法師(宮内庁)はそのように答えた。

髪の短い女はセックスができない。
酒井法子 ダイヤモンドブルー。
儒学ほど平和なものはないと徳川幕府は考えていた。
「しかし、貧しくなったではないか?」
北朝鮮も儒学によって貧しくなった。
エビデンスというが、色の白い女とセックスして痛風になるということも分からなかったではないか?
金はおいしい食事に化ける。
しかし、女のお◯んこからお金というものは生まれる。
結局、女が先で、お金は後についてくる。
しかも、痛風を治すためにお金を使っているのだ。
そのようにして、「富のエビデンス」は作られていった。
「男を最大化したいとは思わないか?」
色の白い女の危険性や、髪の短い女はセックスできないということを理解している男をいじめないことだ。
子供が産める女は「特上」なのだ。
その辺りを理解して適当に妥協して生きるのが男の最大化だ。
そうでなければ、痛風により「料理の味も分からない」男になり、なんのために働いているのかも分からなくなるだろう。
髪の短い女は「自分の卵子をめぐって男が競争すべきだ」と争いを煽った。
自分はセックスできなかったが、それが生き甲斐だったのだろう。
イヴの卵 酒井法子。

神を信じたいか?
だったら「お金」「時間」「競争」がいじめの原因だと悟ってこの三つの論点を潰すことだ。
子供を授かることへの感謝も忘れてはならない。
髪の短い女も血がドロドロ出て何が気持ちいいのか分からないセックスをしてまで子供を残すのだ。
子孫が残る喜びは男の方が大きい。
「お金」「時間」「競争」の論点を潰したら子供に伝えよう。
美白の女や髪の短い女のために争うつもりはない。
「競争」とは人間らしい振る舞いだ。
しかし「意味がない」ことを悟らなければならない。
偏差値80の東大医学部が神道以上の知識を持っていたか?
より心を豊かにして、「お金」「時間」「競争」の三つから生じる「いじめ」と向き合わなければならない、
痛風のことを考えると競争に勝った方が貧乏くじを引いているのだ。
「家柄」にこだわる連中はそもそもが競争力がないしね。
いきなりパンチライン。

味が分からなければ、セックスも気持ちよくない。
これが「競争」の結末であり、人の心が分からなくなる。
つまり「人間が何を目指しているのか?」を見失う。
社会人として重傷を負うのが痛風であり、とにかく「意図が明確ではない」という指摘を解説者から受けることになる。
カントが「味覚」にこだわったのも「他人の心を知る」ためであった。
味わってみればわかるというフォーマリズムは絵画の世界では過去の遺物でも、料理の世界はそうではない。
絵画の世界では「作品になんらかの解説が必要」とされているが、料理は「味わう」ことが大事であり、それが「詩ごころ」につながる。
詩ごころがなければ顔が醜くなる。
競争の結末が「意図が明確ではない」行動を取らせ、顔を醜くする。
もはや「人の心を掴む」能力も持たず、医者に見放され、死期を早める。
「俺を認めない社会が悪い」と言っては家庭内に閉じこもり嫌われ者になるだけだ。
味がわかる、詩がわかるということがどれほど重要な意味を社会において持つであろうか?
旬ジャンルを書く力量に恵まれ、やがて家柄を作るのだ。

賢くなれば、行きたい床屋に行けて、近所の歯医者に行ける。
つまり「美しくなる」のだ。
「心にしまっておくこと」が増える世界だ。
お金には困らなくなる。
このことはいろんな意味で「神社の教え」だと言っていい。
より内向きになって毎日眠ることは「女にモテるようになる」ということでもある。
これも「神社の教え」である。
そのような経験を経た上で「学問が好きになる」というのも神社の教えだ。
儒学とは「知ることを楽しんでくれ」というものであり、儒者とは「お金を持っていてモテる」ものなのだ。
「人の心を知っているから」だと言っていい。
人の心を自分の知性にしていく営みである。
広く人々に影響を与えるものは常に重宝される。
しかし、学問をやるのならば「言ってはならないこと」があることも理解しなければならない。
学問ボトルネックと直面したのならば立派な学者さんだ。
まだ学問に耐えられない未成熟さがあると思うのであれば自分の学問に限界を課したほうがいい。
隣の部屋で何が話し合われているかというのは案外、学問の目的のようなものだ。
常にそこには「女」がいる。
その真実を知りたいと思うのならば学問をやればいい。
酒井法子 モンタージュ。

1980年代に「金に縛り付けられる女」モデルが生まれた。
浪花節が「愛国心鼓舞」ではなく「金に縛り付けられる女」を描いたのだ。
「赤線」は常に男に警告を出していた。
お金が出入りする「窓」の大きさにあまえるしかない。
レーガンやノーエなどがこのような「裕福な息子」を絵に描いたように生きていた。
1987年には「閨閥」という本も出された。
医学を勉強して哲学をやらないのならば、自然と頭に「ボトルネック」が課されるとも言われた。
人と接し、向学心に燃えた時に知識というものはもたらされる。
そうでなければ「何が書いてあるか分からない」という状態になるはずだ。
医学と哲学は車の両輪だ。医学を知りたければ哲学もやらなければならない。
どの分野でも同時進行で深めていかなければ分からないことばかりだ。
たぶんタブー 酒井法子。

« 中国改革開放の成功事例。 | トップページ | 宗教。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめ。:

« 中国改革開放の成功事例。 | トップページ | 宗教。 »