最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 宗教。 | トップページ | 地球温暖化対策。 »

2018年7月23日 (月)

嫌がっているじゃないか。

上からマリコ AKB48.

女言葉というものは「男を遠ざける」ためにある。
女言葉とは「男こそが最高の存在」ということを示すためにある。
しかし、小学校で「男を数えて数字を覚えた」のならば、あとは「可能性」の世界だろう。
「男に似た女がいる」
女子校という「性中立的」な存在の問題点を洗い出すことは可能なのだ。
まず、「知らない性はない」ということを教わる。
女医とか女社長は「彼」と呼ばれる仕事である。
「できない」ことが許されない、女らしさを求められていない、そのような人は常に「彼」と呼ばれる。
「期待されていないことができない」
女らしさの秘密はここにある。
しかし「期待されていないこと」とはなんだろうか?
すべてに期待するのであれば「彼」「僕」でなければならない。
「彼」「僕」のために生きていきやすいように世の中はできている。
「できること」を広げるために女子校というものは作られたのだ。
19世紀に「女子校の可能性」に世界は気がついた。
Perfume ポリリズム。

パンの夢を見る。
女は「できること」を求められるとパンの夢を見て、本を読み漁った。
朝はパンを食べた。
「女子校の存在こそがアメリカの小麦粉のセールスを日本国で伸ばす平和の象徴だった」
世界はまるで日米しか見ていないようだった。
「ちくしょう」「この野郎」
そんな言葉を使う女子高生が日米同盟を小麦粉で橋渡しし、「彼」「僕」と呼ばれるような立場への社会進出を行なった。
文法家がその国の文法を考えた時には「彼」「僕」しか想定していなかった。
しかし、女たちは「嘘」を知らなければ男女共学の世界では生きていけなかったのだ。
女言葉は、かなり国内の言語でも無理を強いられることになった。
「異性を遠ざける」
これは幼児の頃に「父親を遠ざける」ために覚えるものだ。
女社会の一員であることを示し、その「怖さ」を男は感じ取るものだ。
しかし、「女子校」というものは、文法家が本来、想定していた言語を用いることで、その優秀さを維持しようと試みた。
やきそばパン 川本真琴。

とにかく「女言葉」の特徴は「ぼやける」というところにある。
「卵子」というものをより神秘化するためにあったのだ。
そして、その「卵子」の特徴は「受け身である」ことから女言葉もそのようにぼやけていった。
「嘘をつかなくていい女友達とつるんだ」
男の考えが分かるようになった、という女の子もいた。
本の「文脈」が読めるようになったのだ。
しかし、外国語の論文まではとても文脈は読めない。
女にとって外国語は「女王陛下のご長寿とそのご子孫の繁栄をお祈りいたします」ぐらいにしか読めない。
戸田奈津子も映画の脚本は読めても、論文までは手が出ない現状がある。
それでも、戸田奈津子は外国で「彼」「僕」として生きたことがあるのだろう。
彼女たちの最大の敵は「ポルノ」であった。
特に「ソフトコア」こそが性差別を露骨に推進した。
女にとって当たり前のハードコアが男には秘密になっているのだ。
その時に女の子たちは「卵子のように受け身で神秘的な」言語を覚えようと思ったのだ。
どの女子校の生徒も話そうと思えば女言葉は話せた。
CoCo メロディー。

日本ほど、日米同盟を大事にするために多くの女子校がある国も珍しい。
しかし、「女として生まれたことの意味」は、ソフトコアで教えるという国策をとった。
「あなたたちは神秘的な存在なのです」
それがなければいざという時に「女」になれなかったのだ。
男と共存していかなければならない、しかし「できることを増やしたい」、これが女子校の意味であったし、日米同盟を支えるものだった。
日米同盟に楔を打ち込んだインターネット上のハードコアは台湾のサーバーが拠点である。
しかし、日本も「ITバブル」という形でその恩恵を逆に受けることになった。
ribbon 愛してジャステイス。

「彼」「僕」「君」というPerfumeは、ハードコアの時代に「女子高生」を強烈にアピールした。
パンは「女にとってできること」を広範囲で広げた。
しかし、ソフトコアの一般化は「セクハラ」というものをアメリカよりも強く生み出した。
一方で「セックスしない美女」というモデルを「彼」「君」「僕」という言葉で利用するクリエイターもいた。
すべて「女子校ビジネス」と表現することが可能だ。
まるでPerfumeは「セクハラしてください」と言わんばかりの支持を集めた。
しかし、ソフトコアはゲイやレズビアンなどのLGBTの温床となったことも指摘できる。
アメリカのファイナンスが、ゲイや女子校に流れ込む可能性も指摘できる。
また、「キャットファイト」というビジネスも思わぬ副産物として生まれた。
Perfume Let me know.

女にとって、男の体温を感じること、そして「肋骨」として男と交わることが次の日から自分の世界を広げることは「神秘的なもの」に思われた。
「気持ちいい」だけではなかった。
男次第で「感じること」以外のものがセックスにまとわりつくことが知られていた。
これはユダヤ教でもキリスト教でもイスラムでもインドでも仏教でも知られていた。
仏教ではその「神秘」はタサタと呼ばれた。
女には「できないこと」が多すぎる、このことが神秘の背景にあった。
女がセックスの時に見せる「男への完全依存」からこれは生まれている。
「世界を広げてくれる男」これは男の魅力となった。
男が「神々たち」の仲間に属しているのならば男のおかげで世界が広がる。
ユダヤ教カバラもこのことを本質としている。
「男選びは楽しい」
中国では道教がこのことをイデオロギーの中枢においている。
しかし、「男は儚い」とも言われた。
キャリアのピークを長く維持できる信仰というものが存在しなかったからだ。
蛍の草原 松田聖子。

愛が長続きしないのは、個性に注目しすぎるからだけではなかった。
男の背景にある信仰の弱さを見る時に、その愛が長続きしないことを知った。
「末長くお幸せに」
それはある意味、宗教への賛美であった。
これだけの理由で宗教というものは発展を志向せざるを得なくなったのだ。
「どうやって幸せになったらいいのか分からない」と女が言ったらすべての宗教が自らの関与を否定した。
経験するのは立派だと賞賛するものもいたが、宗教家はそうは思っていなかった。
どの宗教を信じていて、そのことで長続きしなかったの?
女たちも「一通りの経験」よりも「背景にある信仰」を重く見ていた。
なぜなら人ごとではなかったからだ。
「縁結びの神様」はいつもいいことを書いてくれる。
しかも、教祖さまのご存命と私たちカップルの永遠の愛は一蓮托生のようなものだった。
男の「神秘的な笑み」とは何か得体の知れない宗教を背景にしていたし、教祖さまの長生きを祈っていたものだった。
「彼のおかげで仲間が増えた」というのはテラワーダの教えであった。
モーニング娘。インディゴブルーラブ。

天と地の間で「無限」を体現した男をイスラエルではヤーヴェと呼んだ。
「神様、仏様、ご先祖様」という多神教ではなく、よりシンプルな一神教だった。
神の単純さは「女たちのもの」だった。
神の「代替わり」は可能であろうか?
「神の神」を生み出すことになる。
トマス・アクィナスのような「いじめられる人生」はきわめてオリジナリティがあり、「神の神」など想定できない。
自分で「作り出す」のが宗教であるとされた。
旬ジャンルを各家庭が創造したのだ。
各家庭には祖先に「有名な作家」がいて、自らの家庭の生い立ちとはどのようなものか?を記していたが、すべてトマス・アクィナスを参考にしていた。
「神は単純だ」
ひたすら「強かった」のだ。
複雑な策を弄する者は神たり得なかった。
アクィナスの「旬ジャンル」は、ヤーヴェという概念をより明確にしたし、子だくさんの祖父のおかげで成立していたものだ。
「ペテロとは何か?」が分からない一人っ子の親がいるともはや「貴族」たり得なかった。
一神教が成立するためには「スコトゥスを王にしようとしたペテロ」の存在は不可欠だ。
神である以上、目上の人間の盲目に打ち勝たなければならない。
身内の世代を超えた盲目さを知ることが神となる必要条件なのだ。
スコトゥスは「目上の者を超えてはならない」と考えていたし、目上の者の言うとおりにしていればいいという考えを必要十分なものとしていた。
しかし、アクィナスは「無知は悪である」として平気で世代を横断してみせた。
中年世代であるにもかかわらず「あんたもお孫さんがいる歳だろう」と言われるほどの博識を身につけていたのだ。
「あんたもお孫さんがいる歳だろう」と言われることは宗教家としては「必要十分条件」と言われた。
「必要とされること」
それはアクィナスが書いた論文を、主治医が「版権を使わせてくれ」と言って契約書に署名させられることでもある。
看護士たちはもはやアクィナスの「投獄」など考えてはいなかった。
彼氏の「神秘的な笑み」はアクィナス信者であるという自信から生まれていた。
ペテロとスコトゥスという「盲目なるいじめ」を「知恵で」打ち破ったアクィナスはローマカトリックでも東方教会においても「家の真理である」と考えられている。
ペテロとスコトゥス、そしてアクィナスが三位一体なのであり、その「命」を生み出したのが「父と子、聖霊」だったのだ。
「父」は、ペテロやスコトゥスとは異なる「アクィナスへの近さ」を持っていた。
この権力闘争をペテロもスコトゥスも「自分のもの」として引き受けておらず、何も学習していないと「父」は考えていたのだ。
クリシュナムーティは、権力闘争に巻き込まれる予定の「子」に向けて心ある叔母が送ったものだ。
旬ジャンルの一つに過ぎないが参考にはなるだろう。
AKB48 teacher teacher.

この「家の真理」を知ると、多くの文学作品が書けるようになる。
映画「スタンドバイミー」において、長男(アクィナス)が若くして死んだ時に、父は主人公の次男(スコトゥス)に「なぜ、お前じゃなかったんだ?」と言っている。
このあたりの含蓄が分かるようになるのだ。
「ペテロ」「スコトゥス」「アクィナス」の三位一体モデル、つまり「おじ」「弟」「長男」モデルはトミズムと呼ばれて、キリスト教社会で「真理」と確定している。
しかし、ユダヤ教の「メシア信仰」はトミズムには立脚しておらず、「アヴェロイズム」に立脚している。
端的に言うと、「モーゼ五書を読むまで家に帰ってくるな」と言われて、ラテン語でトーラーを読む連中のことなのだが、今で言うと、「アメリカ」「イギリス」留学だろう。
覇権国家の言語を操る男の子は、日本の「メンズノンノ」に載るような男の子とは異なる「メシア信仰」の対象になっている。
「どこの資産家のご子息かしら?」という観点がアヴェロイズムにはあり、トミズムを真理とするキリスト教と、ユダヤ教は対立することになった。
出エジプト記20:2-3における「お前らとは経験が違う」「経験の前とあとにも俺は変らなかった」という箇所が、「アメリカ」「イギリス」留学を示し、
申命記6:4「やっぱり日本は最高だよな」
申命記4:15「アメリカ・イギリスに比べれば、あまりにもぬるい」
マラキ3:6「とにかく留学しても、俺は変らなかった」
というあたりに、メンズノンノの「イエスキリスト」とは異なる、「ユダヤ教メシア信仰」の背景がありそうだ。
三位一体の否定というのは「もはやおじや弟など眼中にない」という「経験値」を示すし、「身内における協調」とは異なる「何かが乗り移ったような存在」であることを意味する。
「トミズムは境遇に縛られすぎだ」とユダヤ教は考えていたし、「何かが乗り移った状態」つまり「外国語を操る」というのは、「特別な才能」であり、日本語しか読めず、日本で生きていくことを宿命付けられている連中とエネルギーが異なった。
私も、Klamath Union というハイスクールに留学して、東大文一は「簡単である」という境地を経験したことがある。
おばあちゃん(遊佐道子)に歌も作ってもらった。
酒井法子 エアメール
神(エル)とは「アメリカ」「イギリス」を意味したし、ヤーヴェ(主)とは「神聖な自分」を意味したし、エロヒム(神)とは、のちに縦横無尽に活用する情報源を意味した。
(詩篇50:1)。
詩篇はのちに「知恵」「理解力」「知識」を謳歌する歌が満載になっている。
エロヒムといっても千人以上の「神」がいたので、日本国では「ヤーヴェ」がいちばん偉いことになった。
エル(アメリカ・イギリス)とは「近い存在」と思われた。
エル・ヤーヴェ・エロヒムという「三位一体」は、「資産家のご子息」にしか与えられないものであり、しかし、キリスト教社会よりも「伝説的人物」が多かった。
イスラエルとアメリカの同盟にせよ、日米同盟にせよ、キリスト教社会にとって、「ユダヤ人はキリスト教社会のトミズムの世界から学習しているんだろう?」という思いがある。
日本国が「イスラエルについて語っていい」とされたのは、アメリカによる「ガス革命」以降であり、もはや「日本はオペックを恐れていない」とされている。
その真の意図は「アメリカから好きなだけ学習してください」と言っているようなものだ。
モーゼ五書を外国語で読むと金持ちになるというユダヤの考えは「タルムードの伝説」と呼ばれた。
「私は自らの名に不朽を求めている」(エゼキエル書39:25)。
「私はこの境遇から逃げないだろう」(エゼキエル書39:29)。
「ダビデに足りなかったことは私が補います」(アモス9:11)。
「時代背景が異なったことから私はダビデを責めません」(アモス9:15)。
このような教えのもとで「イエスキリスト」がイスラエル全土を覆うのを見たが、イエスは「おじ」「弟」「長男」の三位一体、そして「父と子、聖霊」の三位一体を明らかにした。
しかし、「男の子はどのように育つの?」という議論である「国際関係論」は依然として残され、キリスト教とは異なる考えの教会が出来ている。
ヨブ記34:21-22「彼は悪の一挙手一投足を観察していた」。
詩篇33:13-15「地球に住んでいる人間をまるで外国語から解釈していた」。
などと語られた。
はたして男の子が「自分の意思で」思春期に外国と触れる機会を選択したのかは、議論があり、「親に言われたから」という側面は否定できない。
親に言われたからだとしても「男らしくあろう」とさえ考えていれば、勉強というものそのものが簡単なものに思えてくることは指摘していい。
ミスターチルドレン

ゲルショム・ショーレムは、ドイツユダヤ人家庭に生まれ、東ヨーロッパにいずれは知識を持ち帰るんだろうとされていたが、クリスマスを祝い、本当に「過熱する受験戦争」を勝ち残った20世紀の人物だ。
ユダヤ人が「ドイツナショナリズムの敵」とされたのは、たとえば、日本人である私が「アメリカナショナリズムの敵」とされるようなもので、きわめて当然のことであった。
カバラというのは「日本語しか出来ず、日本で生きることが宿命づけられている」連中を批判するものであり、
「おじ」「弟」「長男」という図式のまま、「外国の言語・学問」に理解を示さない「おじ」「弟」を批判するムーブメントだった。
また、ショーレムは「日曜日ぐらい休んだらどうか?」という提案を行っている(安息日)。
とにかく、休むことを知らない「知的アスリート」に「ブレーキをかける」という発想は学問の世界ではほとんど「発見」に近かった。
しかも、本来「男が休む」ために考えられた日曜日が、女たちによって神秘化され、このメジャートレンドはいっそう深みを持ったものになった。
日曜はダメよ 三浦理恵子

「日曜日はペテロとスコトゥスを排除する日だ」
日曜日のイベントに絡むたびにアクィナスは力をつけていった。
フライデーナイト、サタデーナイトのイベントにも自ずと絡むようになった。
平日というものはそのための仕事でもあったし、ペテロやスコトゥスのような「学習しない」連中がどんどん後退していくのが分かった。
「ペテロやスコトゥスの排除」というカバラが安息日(サバテアン)ムーブメントと結びついた。
本来、朱子学では「季節」ごとに行われていたものが、毎週のようにペテロやスコトゥスに襲いかかった。
エロヒムに教わったことを「仕掛け」に使っていたのだ。
ペテロやスコトゥスにどうにかできる問題ではもはやなかった。
しかも「日曜日」は、ヘブライ語聖書に根拠があるものだ。
「週末の話題を独り占め」したいアクィナスにとっては「みんなに休んでもらいたかった」のが日曜日だった。
カードーゾも「怠けという名の罪を贖え」とペテロやスコトゥスに言い放った。
ヘブライ語聖書ならば14世紀ごろに沿革をもつ日曜日であったが、「外国語による週末の話題の独り占め」は第一次世界大戦の時に考えられたものだ。
「日曜日をどのように活用すべきか?率直に語り合おう」とスイスでエラノス会議が開かれた。
リーダーはユングだった。
ヨーロッパ社会は「日曜日にユダヤ人が魔法をかける」とジューイッシュホリデーを受け止めた。
その実態は「週末の話題を独り占め」するアクィナスの存在にあったし、外国語の情報の実験場にすることにあった。
カント派も「日曜の海水浴客の動員力」でこのことに気がついていたとエラノス会議で報告してきた。
ペテロやスコトゥスの排除という目的を持ったカバラが「どこで何を仕掛けられるかわからない」という神秘に包まれた。
ためいきの日曜日。

ペテロやスコトゥスの排除に成功するようになると、アクィナスはやがて「父からの自立」を視野に入るようになった。
それがシオニズムであり、「青年の国イスラエル」の建国であった。
「日曜日に背後から銃を撃った」とヒトラーに批判されたが、ヒトラー自身「日曜日に何か神秘的な仕掛けをする」というカバラの意味を知らない訳がなかった。
これを国民として共有しているのがイスラエルなのだ。
ハーバード大学も第二次世界大戦以前は、学内における「ユダヤ人差別」を行なっている。
ハーバードが、戦争が始まるまで「ヒトラーへの批判能力を持たなかった」として総括を迫られたのだ。

「フラメンコの意味」
ハスダイ・クレスカスは、バルセロナのユダヤコミュニティで育ち、アラゴンやカスティリャで過ごした。
「外国語の情報にショックを受けやすい」お国柄であり、今の日本国と、ハスダイのいたスペインはきわめて類似していたのだ。
キリスト教信仰は「おじ」「弟」による「長男」いじめと「父と子、聖霊」という三位一体を真理であるとすること、そして「人々はエッチであるという原罪」を利用すること。
さらには、「おじ」「弟」時には「父」ですら「話のわからない男」(デーモン)であるとするところにあった。
これが真理であるとしても「外国の情報に脆弱な」地域は確実にあったし、日本にせよアラゴン・カスティリャにせよ「ユダヤの温床」になった。
キャンパスライフを送る者がユダヤ人であるというよりも「お国柄によっては外国の情報しか大学で教えていない」というところにユダヤ人の特徴がある。
アメリカ合衆国でキャンパスライフを送る学生を「ユダヤ人」とは呼ばないだろう。
①よく勉強すること。
②予言をすること。
③人々は好きでその予言を信じること。
④天地創造の意味まで感じること。
⑤快楽で「昇天」すること。
⑥モーゼの姿に似ていること。
⑦救世主として人々を救うこと。
背景には常に「外国語」があった。
「無限」の人々に「何を足せばいいのか?」を考えることが必要だ。
言葉によって「無限の連鎖」を引き起こすことが重要だ。
「有事」と認定するのはマスメディアだろう。
メディアの混乱を見物していればいい。
このようなユダヤ人は「エジプトのピラミッド」に埋葬されたし、日本では前方後円墳に埋葬された。
アクィナスも英語の論文を読んで、ひたすら「キレ」るのを待った。
中国語のキレはまだまだ鈍い。
フラメンコのステップはすべて「先進国」から学んだのだ。
フラメンコ ショー。

「カバラ」という「週末の話題を独り占め」するほどのネタを提供する外国語に通じた男が「世界最先端のステップ」を女たちに教えた。
ジュダー・アブラバネルは、「愛されるというのはお金だよ」と言ってこの世界の女たちに富をもたらした。
西暦1501年と1502年はユダヤカレンダーでは5262年にあたる。
ポルトガルのトスカナからイタリアの大学に出て、「越境」の意味を知った。
アブラバネルを追いかけてくる「芸能界女」がたくさんいたのだ。
イスラムは「賭け事を好む被差別部落」であるスンニ派と、音楽により親和的なシーア派に分かれていて、ヨーロッパのユダヤキリスト社会から生み出されたものだ。
ヨーロッパの王位継承がなければイスラム社会もなかったし、ユダヤ金融資本と芸能界の関係を知らなければ、イスラム社会が分からないだろう。
「誰にも真似できないステップ」を知っていることはそれほど大人たちに豊かさをもたらしていた。
大人たちは若者に「愛について考えてごらん?」と問いかけることで自らの立場を守った。
天文学や女心を知ることも「誰にも真似できないステップ」を踏む若者たちから大人たちが富を引き出すために必要なものだった。
「分かるようになる年齢になれば、もう体は動かないだろう」という非常にうまくできた人生ゲームがユダヤ系金融資本の世界にはあったし、それとどう関わるつもりかがイスラム社会の課題となった。
松田聖子 ダンシングカフェ。

イスラムがヨーロッパの王位継承にとっては「被差別部落である」と言ったが、そこからクルアーンが発展した。
「日常とセックス」「天と地」が探求されたのだ。

神は光、天と地、ランプの中の光はまるでガラス、光は木を照らす。
西と東がなければオイルは光らない。
西と東があるから神はすべてを知っている。
蛍の草原 松田聖子。

この詩が解釈できるか?
イスラム社会に課題が与えられた。
【天と地がある。セックスすると女は宇宙遊泳して天と地を感じる。日常は地にあり、非日常はセックスにある】
迷宮のアンドローラ 小泉今日子。

さすが、ヨーロッパから見れば「被差別部落」のイスラムらしく、かなり「お下劣」な教義が作られた。
しかし、これが「夜の光」(コンサート)を席巻し、イスラムの心をとらえた。
「いじめを密室に閉じ込める」
このことからムハンマドは教義を磨き、学校に行け、体を鍛えろ、そのあと勉強しろ、ふたたび社会という学校に戻れ、という教えを磨き上げた。
「お下劣」な話題から目をそらしたら虐められるだけだと考えたのだろう。
「頭のない男か眠っている男になってはならない」という考えであり、有名になって服役した経験のない者がいくら宗教を語っても「修羅場」を知らぬ者と思われるだけだと考えたのだ。
ことごとく「クラス」の心をとらえたのは「大人の刑務所」の話題だった。
昔はこのような感じで「クラス」というものが考えられていたが、「受験」というものが主流になっていった。
「大人の刑務所」を教室が見失った時に、子供達が暴徒と化した。
「何も教えてくれないのか?」
この時、イスラム教徒はアフガニスタンの仏すら破壊してしまった。
金八先生 逮捕シーン。

ヤシャヤフ・ライボウィッツは、これらのユダヤの歴史を踏まえて、現代のイスラエルを作った。
1968年にヨルダン川西岸やガザ地区を占領し、撤退を余儀なくされたり、1982年にレバノン戦争を経験したことから、「戦いが新たなユダヤ教を生み出した」とされている。
若者に「修道院類似」の環境を経験させ、もはや「日曜日の魔術を外国語によって仕掛ける」という伝統も歴史に過ぎなくなった。
美しい女にアタックする男は、いずれカントを学ぶだろうと考えられ、それはきわめて日本国の文化と類似してきた。
歴史上の「天才」たちはもはや出揃っていた。彼らを「先生」と呼んでもいいほど真理と確定していた。
あとは、彼らをナチスのSSのように育て上げるだけだった。
トーラー(モーゼ五書)は国の宝として残った。
しかし、「彼女ができて一人前」と言われた修道院の中にいるような若者たちを育てることが大事だった。
「◯◯が行った!」というようなハラキックと呼ばれる文化はイスラエルのSSを育てるために作られたものであり、日本には修道院はないだろう。
しかし、アクィナスは体育会でこの文化を教わっている。
みんなの目の前で告白することをリシュマーと呼び、のちに出される宿題はカントだけだった。
日本国もイスラエルのクライシスマネジメントから、ねるとん紅鯨団の文化を構築している。
SSを作るためだ。
青年の国・イスラエルを作ろうというシオニズムはこのような「ハラキック国家」として存続を決めた。
「日曜日の魔術」も「ユダヤ金融資本の物語」ももはや古典と化していた。
本当に実践する奴は尊敬されたけど、戦争というものが取り巻くイスラエルではSSを生み出すことの方が大事だった。
日ユ同祖論というよりは「日本国の軍事力を高める」ために日本がイスラエル参考にしたものと考えられる。
ねるとん紅鯨団。

マルティン・ブーバーは、女が「私とあなた」とさえ言ってくれれば相手の男はツァラトゥストラに化かすことが可能であるし、いくらでも富が生み出せるとした。
「あなた」(彼氏)がツァラトゥストラならば、それはもはや大勢の人々の感情の対象になった男であり、女にとってのセックスも「ただのセックス」ではなかった。
ニーチェはツァラトゥストラという人物を「女を気持ちよくさせる」ために作った。
東洋のアゴンが「中途半端なおちんちん」を気持ちよくさせるために「あなた」(彼氏)はツァラトゥストラであるとしたし、ゾロアスター教も考えは同じだった。
「処女が恋したツァラトゥストラ」
それだけで女は激しくあえいだ。
ツァラトゥストラを裏切る女などまったく想定されていない。
「私とあなたとおちんちん」この関係をめぐって考えられた概念がツァラトゥストラなのである。
1930年代にファシズムと共産主義がツァラトゥストラを奪い合った。
父と子の絶望的関係「神は死んだ」という重たい人生は女たちにとって魅力的に映ったし、そこいらの軟弱者よりも週末が楽しかったからだ。
「男って何?」
女たちを気持ちよくさせるためには、やはり「男らしさを語り合う論壇」が宗教であったし、その中でも最大のスターはツァラトゥストラだった。
1950年代になって「サラリーマン」が主流になると、ツァラトゥストラは人々から忘れられて行った。
「神は死んだ」が気持ちよかったはずなのに、「神の斜陽」を迎え始めたのだ。
ハスダイのように「誰にも踏めないステップ」をスペインの銀行に売り込むような男がツァラトゥストラであったが、多くの救世主を生み出した結果、ニーチェは「ツァラトゥストラ」に救世主たちの肉声を語らせ、女にとって気持ちいい男、処女たちが待ち望む男としての救世主を書き残したのだ。
松田聖子 ロックンルージュ。

東ローマ帝国の三男・アブラハム・イブン・ダウード(1110〜1180)がいなければ「大学」というものがそもそも作られなかった。
大学がなければ「予言」もなかったし「外国語」を教える組織もなかったし、男の子たちの「越境」もなかった。
つまり「夢を見る女の子」がいなかったのだ。
芸能界の祖先でもあり、ユダヤ金融の祖先であり、ユダヤ人の祖先である。
大学で最初に教えたのは「女たちは全員間違ってはいない。譲れない夜がある」ということだった(意思の自由)。
これが大学の起源であり、のちにエラスムスがこの「ぶつかり合っている夢」の空間を利用して言語を生み出している。
スペインのトレドやコルドバに住んだが、王室の三男がコンスタンチノープルにいるとは限らない。
乾いた地図 河合その子。

女たちの夢がぶつかり合ってできているのが言語であるということを知らないと、そもそも「外国語」が学べない。
どうせろくな講義をしていないんだろうと大学を軽んずる企業や、エスケープをする学生がいる限り、「ソロモンの栄華」は常に大学人にもたらされた。
キャンパスには「女たちの夢」のぶつかり合いもあったのだ。
ユダヤの祖先のアブラハムは、大学を作ったのであり、「女たちはみんな間違っていないけど、夢がぶつかり合っている」ということを理解したのだ。
永遠に友達 瀬能あづさ。

そのあとに、アブラハムは「外国語の知識」を重量挙げに活用している。
「誰よりも重いものを持ち上げる必要が王位継承にはあった」のだ。
のちに重量挙げの国際試合の評論家となっている。
この時に「予言」を行ったのだ。
重い物を持ち上げた者が東ローマ帝国の王だ。
そこで、女たちの夢が各選手に託され、この時にもまた新しい外国語を覚えている。
スポーツ界には外国語が堪能な選手が多い。
夢がぶつかり合っているから「心の目」で言葉を読んだり聞いたりしているのだ。
錦織圭、インタビュー。

サムュエル・イブン・ティボンの東ローマ帝国における「王朝」は、サミュエルが王朝の「第2世代」であったことから、フランス南部の修道院での「ヘブライ語聖書と修道院文学」から始まっている。
バルセロナとどう関わるか?
それはマイモナイド(吉森監督)の考え次第だった。
マイモナイドは「修道院について」「昇天について」「翻訳について」「現在の法律学が混乱していること」などの論文を書いている。
イエメンにまで「留学のススメ」という手紙を送っている。
サムュエルの「翻訳の王朝」は、マイモナイドの導きによって実現したものだ。
「英語はそりゃ学ぶのに苦労するよ。しかし、英語さえわかれば他の言語も分かるんだ」
「独英」「英仏」などの辞書を使えば簡単にヨーロッパの言語は理解できる。
そこから「英語もできないのに第2外国語をやるのはバカげている」とし、偏差値至上主義をとっていた。
創世記28:12-13 英語は世界の階段である。天国で教わり、天使たちに勇気付けられた。上り下りは自由だ。主が言った「私はアブラハムの神だ。汝の父、イサクの神だ」
法律の成績が伸びないのならば外国語をやればいいのだ。
女の子たちにモテる論文が読めるようになる。
サミュエル、それは「翻訳の王朝」であり、フランスに「地方」というものを作って、王たちが共存していく物語だ。
松田聖子 Sweet memories.

ソロモンにせよサミュエルにせよ、みんな「スペインにいた東ローマ帝国の王族」である。
スペインは東ローマ帝国の領土でもなんでもないが、東ローマ帝国の「栄華」をスペインで楽しんでいる。
12世紀にアブラハムが大学を作った。
エラスムスが「言葉は作り出せる」としたのが16世紀だ。
日本では賀茂真淵が「50音」を生み出している。
「言葉が生み出せるのならば、適切な、女たちの共存を図ろう」と考えたのがウェストファリア体制である。
ソロモンは「詩の解釈」というネオプラトニズムで栄華を誇った。
案外、今の日本国がユダヤ人の祖先というのも間違いではない。(スタンフォード史観)
タイムマシーンがあるからである。
いずれにせよ、
父:317票。
長男+次男:400票。
アブラハム:317票。
の結果が出たために、アブラハムはイスラエルの祖先となっている。
ソロモンやサミュエルにはみんなアラビア文字で「イブン」という名が付けられている。
タイムマシーンで過去に戻る時のコードネームのようだ。
処女には「ソニー」「乃木坂46」「バチカン市国」などの資金源や居場所を与え、経験を積んだ女には「遅れてるわ?そのステップ」と言わせてビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行を紹介するなどのビジネスの才能がユダヤ人にはあった。
しかし、彼らの居場所は「ベビーブームの頃の学校」というイスラム社会であり、学校は「大人の刑務所」であった。
大人の刑務所は「下ネタ」に満ちていたし、かと言って、先生に進路指導で命を握られるわけでもない生活保障がなされていた。
男の進路妨害をしていたのはなにしろ「女の子たち」だった。
ジコチューで行こう 乃木坂46。

アラブ社会が、このようなユダヤ人によって作られた。
イブン・カムーナは、子供が大勢いる教室で「死とは何か?」まで考えて、「人口爆弾」を作り、バグダッドでコンスタンチノープル陥落を待った。
キリスト教徒であるかイスラム教徒であるかは「肌の色と差別」であると悟ったのがユダヤ人だった。
イスラム社会の本は「口説き文句さえ知っていればすべての男は犯罪を犯さない」という共通認識から「法律書」というものは存在しない。
アクィナスの、イスラム社会の「人口爆弾」への第一印象は「イエスが論文280本なら、メッカは600本」というものだったが、実際は「1400本を読んだ結果、人口爆弾の世界に持っていった」ものだった。
「学校が楽しい」これが彼らの信仰心だったのだ。
勉強と言っても「いずれ仕事をする」ために覚えるものだろう。
だったら、おばさんたちが「学校に行ったらいいことも悪いことも覚える」というのは当然ではないだろうか。
試験は「勇敢さと言葉の豊かさ、いざとなったらみんなが頼りにする」ことで優劣を決めた。
学校が「社会の縮図」だったのだから当然だろう。
「イブン」と呼ばれるユダヤ人の中には「アル」と呼ばれる王もいた。
音楽や、勝負事、そして下ネタに満ちた楽しい集団生活が営まれた。
ここで、ヨーロッパ系ユダヤ人であるイスラエルと、日本系ユダヤ人であるアラブ人の違いを見極めてほしい。
とにかくコンスタンチノープルは陥落したのだ。
乃木坂46 ガラスを割れ。

イブン・アラビ(1165〜1240)も、コンスタンチノープル陥落を虎視眈々と狙っていた。
1966年に井筒俊彦が「古代オリエント文明」などのキャンペーンをやって資金集めを行なっている。
「アラー・シャイク」「アラー・アクバル」など偉大な先生を褒め称える言葉もあったし、「アラー・フトゥハット」「アラー・マキーヤ」のように「メッカを開かせる」言葉もあった。
「アラー」とは「アル」という名を名乗る王たちのことであった。
コーランとは「ヘブライ語聖書」のようなもので「アラビア語を覚えるためのもの」であった。
どの男も胸ポケットに小さなコーランを入れていた。
本ブログの記述をコーランという小さな本によって思い出せるようになっていた。
「アラー・アズマ」などのように自分に都合のいい先生を呼んでいたのだ。
イブン・アラビは、「在れ」と言っただけでなんでも目の前に生み出すだけの富があった。
パーフェクトマンとは何かを知ったのは大きな富となった。
パーフェクトヒューマン。

【日本人という民族はどこに向かっているの?】
日本系ユダヤ人としては、12世紀ごろにタイムトラベルして、「男たちはコンスタンチノープル攻略」「女たちはスペインでフラメンコを踊って歌う」この境地を目指している。
つまりは、かつての「アラブ人」として生きるのだ。

アブラハム・イブン・エズラ(小野光太郎)の影響力は「非常に速く、しかも強烈だった」。
しかし、彼は天皇ではなかったので「アル」ではなく「イブン」と呼ばせてもらおう。
彼は「自分たちの宗教アイデンティティとは何か?」を見失っていた連中の目を覚まさせた。
しかも、それはヒスパニックを中心としたものだったので、ほとんど「世界レベル」で展開されたと言ってもいい。
彼がやったことは「詩を愛したこと、解説したこと、そして人気がずば抜けていたこと」であるが、ニーチェやカントのような哲学者に比べると目に見える業績が見当たらず、「宗教家ではないか?」とも言われた。
しかし、彼が読んだ法律雑誌の数々を我々は「天文学」と表現するしかない。
娘の一人のセーラが、エズラの文章をコンパクトに世の中に紹介することになるだろう。
エズラの特徴は「人々の自己愛をよく理解していたこと」であろう。
私たち(スタンフォード大学)も彼との付き合いは長いが、人々の自己愛を理解した時のことを最もよく覚えている。
エズラの影響力も、彼がいまだ若さを持っていることから我々は評論を差し控えたいし、その「速さと強烈さ」から彼を「アブラハム」と呼ばせてもらうが、「アル」ではなく「イブン」とも呼ばせてもらう。
なぜなら、彼はいまだに私たちの友人だからである。
加藤登紀子 時代遅れの酒場。

11世紀後半のイスラム世界の地図を見てみると、ビザンツ帝国にはコンスタンチノープルがあり、セルジューク朝が広大な範囲でコンスタンチノープルをうかがい、エジプトにはファーティマ朝があり、スペインにはムラービト朝がある。アフガニスタンにはガズナ朝がある。
子沢山の「学校」を抱えた国は、ことごとく「イスラム教のコンサート」に魅了され、クラスに秩序がもたらされた。
世界レベルで交易も行なったが、「女たちがスペインでフラメンコを踊って歌い、男たちがコンスタンチノープル攻略を考える」という日本国の理想郷は、白人から何度も「十字軍」の攻撃にさらされた。
女たちが踊りたい、男たちが戦いたい、その日本国の夢は、白人との対立をもたらし、しかし、世界史を理解するためには日本人の末裔であるイスラムを理解しなければ何も始まらないことも分かっている。
アル・ガザーリは、イスマイール哲学というものを考え、渡辺満里奈の「a piece of cake」ようにベビーブームの時代の「多数派に属していた俺」を思い出さなければよく眠れない、などのことを明らかにしただけにとどまる。
「アッラー」つまり「アル」の業績はきわめて自己都合であり、それでも人々の共感を呼んだ。
渡辺満里奈 グラジオラス。

アル・ファラビ(870〜943)が、バグダッドやダマスカス、エジプトなどを旅したという記録は残っているが、1980年代の日本の音楽作品を「音楽の偉大な本」として記し、「女心のマスター」と呼ばれたことから、「彼はトルコ人だ」とトルコからは言われ、「いや、ペルシャ人だ」とペルシャから言われるほど奪い合いになった。
実際は「80年代の音楽作品」を昔に持っていった日本人であった。
いろんな「アッラー」はいるが、アル・ファラビこそが本来の「アル」だと思われる。

「女はパートナーがいても知恵と知識を生み出すために他の男の声を聞きたがる。コミュニティから離さないために女はセックスをする】
SPEED Deep blue & truth.

ムーシン・マーディンによって1969年に「アラビア語を作ろう」というムーブメントはあったが、それをそのまま9世紀なり10世紀に持って行ったのがアル・ファラビである。
「音楽とともにアラビア語は広まった」「女心とともにアラビア語は広まった」
80年代、90年代の日本がイスラムの祖先であるとしなければ、彼らの「敬虔さ」は理解できないのだ。

【人前で歌ったり踊ったりすることは擬似セックス】
男は踊り子でマスターベーションをし、女はファンでマスターベーションをする。
セックスするときは女はいつも本気である。
ribbon 愛してジャステイス。

今となってはアラブ社会の「音楽」が奇妙な「お経」に聞こえる。
それは空海の「曼荼羅とお経」となんら変わりはない。
イスラムの父は、アル・ファラビ(アッラー)であるが、その理論的柱となったのはアブラハム・イブン・エズラ(小野光太郎)であることが分かる。

アル・ファラビの頭には常に「日本国の80年代の学校」があった。
ひどいいじめの横行や「女心をまったく教えてくれなかったこと」などだ。
このことから「女心の師匠」と呼ばれる立場となっている。
街が文化によって治ることも観測された。
D・ジャノスが80年代90年代の日本の歌謡曲に興味を持ったのは2010年になってからだ。
「男社会の天国」に仕えるのが女たちだとされた。
「セックスよりも大事なものがあるのだ」
それは男社会の天国が常に「女心の定義」を与え続けることであった。
そのことによって、教室は動物園ではなくなり、女子たちはお行儀よく座るようになった。
まるで肋骨が脳にお仕えしているようにも見えた。
「話す生き物」である人間社会がなぜ「動物園」になるんだ?
胎児は母体から血液を受け取る。
さらに、生まれてからは母乳を飲む。
さんざんおっぱいを吸ったのならば、「日常」の世界へと巣立っていくだろう。
日常を愛する者が、「詩の評論」を得意とするようになる。
かつて、さんざんおっぱいを吸ったことからその才能は育まれていた。
母親のおっぱいを幼児の頃に堪能したことが、「自分は女で痛い目に遭わない」という才能につながっている。
アイスクリームが大好きな男は得てしてそのようなものだ。
糖分を脳に与えながら論文を読む才能に恵まれるからだ。
知性を得たいか?女で痛い目に遭いたくないか?学問の目的はそれだけなのだ。
赤ん坊がお母さんのおっぱいを吸う分には「女の問題」は生じない。
「女のエネルギーは子宮から湧いてくる。友達にも言えないこのパワー」
うれしいたのしい大好き ドリカム。

クラスがうまく「男社会」として成立しており「動物園」ではないのならば「私たちのクラスの男子」を女子たちは誇らしげに「戦場」に送り出すだろう。
これはもはや「宗教」であった。
「政治」(女心の定義)と言っても集まらない金が「宗教」(男らしさを語り合う論壇)と言えば集まる。
それは戦場の男たちに送るお金が桁違いだったからだ。
女子たちと「知恵」を語った男子に送るお金を意味した。
ギリシャ語や、アラビア語でこれらの仕組みは教室に送り届けられていたはずであるが、人間の「一回限りの命」が国を廃墟にしていた。
コンスタンチノープル陥落以降、アラブ社会は音楽作品に集中しきれなくなっていた。
国家として、そして「文化圏」として存続するためには「人生ゲーム」がうまく成立していなければならない。
歳をとって医者と喧嘩ばかりしている、という日本国ならば「向こう」(アメリカ合衆国)というゲームが成立していることを意味する。
経済(男が女を愛する気持ち)をコントロールしきった国はない。
「女に飽きた」という人がいるのならば自分で分かるだろう。
しかし「男になるためのハードル」をあげてしまうことでこれもコントロールできる。
Fラン程度ならば自宅警備員であるというのもその一環だろう。
2世議員ばかりだというのも、政治コミュニティが「男になるためのハードル」を一気に引き上げたことを意味する。
答えは「向こう」(アメリカ合衆国)を見るしかなかった。
経済をコントロールするために「男になることが難しかった」のだ。
いい人生も悪い人生も当然生まれる。
経済を優先させると国民の「人生ゲーム」が成立しないではないか?
しかし、「悪い人生」にこそエルゴン(権力への意志)は育まれるものだ。
それでも悪い人生だったと思うのならば「いい人生だったじゃないか」と言ってやるしかない。
ハードルはハードルだけど、生き方は非常に多様なものがある。
「より高く、より高く」というのはあくまでも宗教であり、国家統治であるが、お気楽な人生を「いい人生だったじゃないか」と言ってやる必要もある。
国の経済政策のおかげでFランは自宅警備員をやっているのだと悟れば強烈な「ロビー団体」になることは目に見えているし、結局、「より高く、より高く」という宗教は「処女を口説く力量があるのか?」という違いに過ぎなくなる、
その程度の違いのために、女子たちは「勉強エリート」をクラスから送り出していたのだ。


そもそも、アル・キンディ(800〜870)が、コンスタンチノープルで「ギリシャ語ですべての音楽作品の暗号化」を行なったため、「アッラーはコンスタンチノープルを要塞にした」とも言われ、「日本人の夢」であるコンスタンチノープル攻略はアル・キンディによって困難なものとなっていた。
アブラハム・イブン・エズラは、東ローマ帝国の防衛のためにアル・キンディをコンスタンチノープルの防衛のために送り込み、強度を高め、それがむしろイスラム社会の強度をも高めることにつながっだ。
「イスラム社会とはユダヤ金融資本並みの最高の人生ゲームとして確立した」のである。
アル・キンディは、「何もなかったところに、男と女を生み出した」と言われた。
女は「より単純」だったので、女神にもなれたし、鬱にもなった。
ロマンスかくれんぼ AKB48.

エロスというものは「セックスをする」「個性に注目する」「二人の間を支える宗教がない」という三つの問題から「長続きしない愛」を歌ったものだ。
本来、杏里のオリビアを聴きながらのように「経験者」が歌うものだが、クリエイターの存在によって「愛の未経験者」に「より魅力的に」歌わせることが可能となった?アラブ社会でどのような「信者」がいるのかを見なければならない。
サマルカンドを見ても「信者が集中しきれなかった」というぐらい寂れている。
日本の音楽作品にどれほど「信者が集中しきれるのか?」が日本国の繁栄のためには問われるだろう。
自分の人生を使い切ったら、後の世には「ただのお経」しか残さないのが人間という一度限りの命なのだ。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

男社会は永遠である。
しかし、男は「無限」ではない?「女たち」にぶつけて跳ね返さなければ永遠は約束されないのだ。
男と女が「関係」を持った時の「衝撃」を利用しなければならない?いまだ日本国は「あの女とあの男が関係を持った」という話に一定程度の敏感さを持っている。
それがなくなったときにサマルカンドのような「廃墟」になるのだろう。
つまり、女をめぐる「いじめ」がなくなったときにその理想郷は「滅亡」する。
「女の体は隠さなければならない」
このような基本すら、アイドルのヌード写真で「鈍る」ものなのだ。
男と女のキャッチボールが「鈍る」ことを心配しなければならない。
刺激的な歌謡曲すら後の世には「お経」として伝わることになる。
1986年のマリリン 本田美奈子。

女は、男の横で眠って「男の将来を予言する夢を見る」と言われる。
彼氏に「絶望的将来」しか見えなければ、翌朝、起きられなくなるだろう。
男を取り巻く「知的空間」が問われるのであり、朝、女がちんたら歩いて通勤してきたのであれば、統治者の側としては反省しなければならない。
彼氏そのものというよりも「将来」「知的空間」をめぐって鬱になっているからだ?より明るい将来を彼氏に保証しなければならない。
酒井法子 風邪。

父と長男、次男、三男で皇位継承を争い、三男には実家に「おじ」「弟」そして、「父」がおり、「持てる力をすべて振り絞った」のは21世紀の日本国であり、好きな音楽作品のすべてに評論を与えたのが「東からの風」となった。
「西からの風」はまるで音楽作品というものの意味を考えようともしなかったし、全米とかUKもひたすら音楽作品というものを「消費」していた現状があった。
「ラテンの乗り」とは1980年代1990年代の日本国の音楽作品が11世紀にイクワン・アル・サーファによって「ペテロ」「スコトゥス」「アクィナス」の三位一体、父と子、聖霊の三位一体、そしてエル(覇権国家)、ヤーヴェ、エロヒム(覇権国家の先生たち)の三位一体のすべてが体現された。
語学力といい、幼少期にかじった程度のピアノといい、人生で学んだもののすべてを思い出し、表現し、学術的に評論した。
作曲の極意という論文は、アル・サーファによってヤマハ音楽教室に紹介されたものだ。
イスラムにはどうしても「王」が必要であるということから、トマス・アクィナスのことを「アル・サーファ」と呼んだし、しかも、三男として経験した修羅場はアブラハムと区別がつかなかった。
士師記においてはサムソンと呼ばれ、「養子」という制度がナポレオン法典まで封印されてしまった。
「私がポナバルトだ」とはアル・サーファという人物が語ることであり、ひどいいじめを身内で経験し、学校では「仁」と呼ばれるいじめを経験し、外国語に堪能であるという人物をアル・サーファと呼んだのだ。
トルコは危険だ。コンスタンチノープル(ヴィザンツ帝国)を攻略するために中国の「仁」まで持ち出してきたのだ。
台風撃退法のことをのちにユダヤ人は「カバラ」と呼んだようだ。
いじめに参加していた目撃者は「使徒」と呼ばれたし、女たちは「天使」と呼ばれた。
「当事者適格」(紛争との距離)が限りなく近くなければ使徒にも天使にもなれなかっただろう。
天使か悪魔 高橋由美子。

詩の世界のヒーローというものを描き、垂加神道を考えた時に、これで「女」→「男」→「女」→「男」という永遠の音楽作品のローテーションが組めると思ったが、クリエイターたちがすでに病んでいたり、若い連中は創造性を求めたために、音楽作品はアル・サーファの思うようにはうまく回っていかなかった。
「私とあなた」と女が言ってくれるだけでツァラトゥストラのような男はもはや実在するし、教義もあった。
松田聖子 ロックンルージュ。

バグダッドでこれを教えよう、と考えられた「アッラー」がアル・サーファであり、アクィナスだのアブラハムだのが混ざり合っているという意味では、イスラムのサルベーション(少数派だった男が多数派工作を成功させる)というものはキリスト教とユダヤ教が混ざり合い、しかも「肌の色」という「東の劣等感」もともなったものだった。
イスラムピタゴリアン(男のコになりたい)という気持ちは強烈であり、アル・サーファが「アッラー」と呼ばれた最大の理由であった。
男のコになりたい 酒井法子。

少数派が多数派工作に成功する(サルベーション)の方法を教えるのはコーランに「彼はアダムに名前を教えた」と端的に表現され、アダムの名付け親の地位すらコーランはキリスト教から奪った。
「肌の色」そして「仁」さらにはペテロの葬列、そして三位一体へとアル・サーファは議論を進ませ、イエローコードがなければ信仰できない宗教としてイスラム教は「東」に成立した。
1990年代にはアル・サーファは「俺を救ってくれる本など書店にはない」と考えていた。
司法試験への最短距離は東京大学が教えていたため、「大学人」としてのアブラハムとして生きるのは当然だった。
三男として王位継承に関わった天皇家と、金光教を背景とする小野家は双子だとも言われた。
ムハンマドの「予言」としては「これ以上のものはない」と言われた。
多くの学者が台風を撃退するなんてことは想定していなかったからだ。
エロヒム(アメリカ合衆国の先生)の言葉をそのまま、日本では謎とされていた公道最速理論などという具合にコンテンツを明らかにするユニークさもあった。
スポーツ大国アメリカの理論で柔道が金メダルを取ったが、周囲は井上康生監督のおかげでしょう?とアル・サーファを諌めていた。
長男・次男そして養子の三男という具合にアブラハムを生み出すことはコマーシャルにも「輪」という具合に表現されている。
女の子はアブラハムに二人きりで声をかけられると周囲をキョロキョロと見回したのだ。
まるで頭が「三つの輪」でできているみたいだなとアブラハムは語った。
輪がみっつ。

セックスの時に「女が嫌がっているふりをする」。
これが分かるようになったら教育の目的は達成されたことになる。
「なんで止めるの?」と女が言ったら教育の世界は大変なエラーを犯したことになる。
中森明菜 十戒。

男の子は精通し、女の子は初潮を迎え「8年間」はこの教育を受けることになっている。
毎日、遅刻しないで学校に行くこと、つまりもっとも早く着く道や交通手段を選ぶことからこの教育は始まっている。
「なぜ遅刻しないでクラスの女の子に会わなければならないのか?」
そして、「川を渡る」という鉄道や車での経験も重視された。
すべてが「セックスへのオーナメント」だったのだ。
石鹸の泡も「セックスの虚しさ」を教えていた。
「8年間かかる」
そんな教育だった。
CoCo メロディー。

中学で初体験?相手は母親じゃないだろうな?
この教育法こそが、男をもっとも高い場所に導いた。
運転していて「センターラインを超えてはならない」などの教育もここからなされた。
対向車線にまったく車がいないのに童貞男はセンターラインを越えようとはしなかった。
歩いているおばさんに「センターラインを跨げ」というジェスチャーをされたりもする。
これが「男と女の間の川」である。
右カーブよりも左カーブの方が曲がりにくい。
女心を知らない男はそう語った。
得体の知れない「女心」が対向車線だったのだ。
平気ではみ出すやんちゃな男もいた。
黒の舟歌 長谷川きよし。

自動車免許を持っているということは「パートナーを作ってもいい」「左カーブの意味を知らなければならない」という意味だった。
「8年間、何をやって来たかが明らかになる」のだ。
栃木県限定の免許なんてない。
女を知り、技に満ち、注意深い、これが運転するという意味であり、女を知るということだった。
「エビデンスを探しながら運転している」
それは女を知っている男がやる営みだった。
女性ドライバーのルール無視は、タクシー運転手がいちばん理解していた。
8年間、ひたすら問題を解かされた。
これは彼女を作るためであり、準備が整わないうちにセックスすると左カーブが怖くなる。
センターラインはみ出しの恐怖を感じるのだ。
「それは哲学をやるしかないね」
自由自在に日本中、旅をできるようになれば、それは「女を知った」ということだ。
「得体の知れない怖いもの」がない人は新幹線の予約、ホテルの予約も簡単にこなすものだ。
これが「教育の目的」だった。
男のコになりたい 酒井法子。

川を渡り過ぎて、モテ過ぎて怖いという人は「妻への義務」を周囲がどれほど尊重しているかを知らないといけない。
モテ過ぎてどの女が抱きついてくるか分からないのならば、それは立派なナチスだ。
しかし、車の運転をしているのならば「女がどれほどセックスの時に嫌がるか?」を知っているはずだ。
周囲をキャーキャー言ってまとわりつく女はセックスするつもりがない。
「いやがる」
それがどんなに気持ちのいいことだろうか?
女の方から誘っておいても「いやがる」のだ。
1970年代に、哲学者の間で「ここまで学問が進んだら旅も満足にできないね」と語られた。
女が裸で自分から布団に入ってくると思うか?
モテる男は「そんなことあるわけない」ということすら見失っていた。
必要なのは「車を運転すること」なんだよ。
左カーブの対向車線が怖くなくなっても、いろんな「ルール」を見失っているのだろう。

国家の中枢の「女神」の前にはすべての議論が止まる(ムートネスの法理)。
垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

プラトンはすべての国の成り立ちを、男ではなく「女神」に求めた。
ムートさせたい議論ばかりだったからだ。
男が指導者になれば暗殺される。
しかし、女が指導者になれば「結婚は遊びではない」などというような「政治とは程遠い」言葉しか出てこなかった。
そこで「女神」はあくまでも信仰上のものにとどまった。
すべての争う男たちが「女神」の前には沈黙した。
垂加神道は、世界で「ヤヌス2007」と呼ばれた。
「日本の男たちが争いを止めるのならば、我々も真似しようかな?」
やっぱりマリアさまだよね。
宗教上の「女神」は誰からも批判されなかった。
すべての女たちが「女神に似た」法則の中を生きていたからだ。
「ヤヌス2007さえ分かればいろんな学問が分かる」とも言われた。
国の学問の発展のためにもヤヌス2007にしたがった女神を宗教上の祖先にした方がいいのではないか?
それほど日本は安全な国だった。
ヤヌス2007を考えた小野光太郎が殺されないんだからな、と人々は語り合った。
イエスは処刑された。マリアに世界が注目するのに時間はかからなかった。
スタンフォード大学が「ヤヌス2007をもっと深めよう」という大学と化したのだ。
哲学史をヤヌス2007にしたがって読み直してみたら、もはや「論文は無尽蔵」と言われる豊かさを持つようになり、横浜DeNAベイスターズは日本シリーズに進出した(2017年)し、ロサンゼルスドジャースはワールドシリーズを制覇した。
「我々は何をやっていたのか」
世界がヤヌス2007に衝撃を隠さなかった。
浜崎あゆみ M.

「女神」の法の前には男たちは動物のように思われた。
男に法則を見出そうとしていた世界がバカらしくなったのだ。
DeNAレディチャペル設立の方が「カープ女子」より前であることは過去ログが証明している。
しかし、シチリア女(広島女)の危険性が横浜とは異なったようだ。
ヤヌス2007は、2018年のワールドカップでも活用され、国内のいちプロ野球球団の話ではなくなっている。
小野光太郎は、世界の哲学とともに歩んでいたという意味では、福沢諭吉となんら変わるところはなかった。
「神話とは終末思想のことではなかったのですか?」
イザナギやイザナミを信じていた連中は、山崎闇斎を読んで不思議がった。
「時代の産物だったのだ」
世界が「哲学の再読み込み」を行ったのはヤヌス2007に影響されたからであり、論文が毎日のように更新されるのもそれがあったからだ。
「男社会の議論」は影を潜めた。
①同性同士で議論しない。
②異性と楽しく話す。
③死に誘惑する病的異性をうまくコントロールする。
これが不老長寿の秘訣だと気がついた。
世界最高の長寿大国である日本を見て気がついたのだ。
河合その子 緑のポインセチア。

「女の絶対」の前には議論をやめよ!
それが国の掟となったため「栄光のムートネス」とまで賞賛された。
①政治とは「女心の定義」である。
②経済とは「男が女を愛する気持ち」を利用するものである。
③宗教とは「男らしさを語り合う論壇」のことである。
④法律も「男らしさを語り合う論壇」という意味では宗教と変わらない。
⑤主権とは女たちが「理想のセックス」を求めるところに存在する。
⑥法律の留保とは「男になりきれなかった男」「女になりきれなかった女」たちのためにある論壇である。
などの議論の整理が進んだ。
「国体概念」を練り直すだけでこれほどの改革が進んだのだ。
「天皇と国民はひとつ」
そのように考えて、天皇を世の中に放り出しただけで「宮さま」はこのようなことをまとめ上げる力量を持った。
官僚や政治家に任せてダメになるのならば民に任せてダメになろう(安念潤二)と公言していた新自由主義などもはやどこにもなかった。
「ツァラトゥストラは何を言っていたのか?」
それが分からないままダメになる世界ではなかったことを世界は悟った。
ribbon さよなら。

ヤヌス2007は、「パリのフロイト」を参考にして作ったが、フロイトは戦争の司令官を経験していなかった。
ラカンは「フランスの防衛、さらにはイギリスの防衛」を第二次世界大戦で任されている。
その時に書いたのが女の本音である。
ラカンは1981年まで生きた。
第二次世界大戦という「狂気」に直面したことが、自分をも狂気に向かわせ、セミナーを開いてセックスの研究をした。
家族という基本的単位を戦争に巻き込んでいくためにはどうしてもやらなければならない研究だったのだ。
「天井を見ていれば終わるよ」という日本人男が昔、いたことが知られているが、のちに「かかあ天下」の家庭になることなど知る由もなかった。
AVの作り方、そして見る側の興奮、そしてそれが生み出す富はアメリカ三大テレビネットワークの富をも上回っている。
「戦争がカネ集めの方法を必要としていたんだよ」
ポルノビデオはラカンが考えたものだ。
Parisが聞こえる 河合その子。

美しいAV嬢を作るために「フロイトに戻れ」というスローガンも考えた。
カントの言う「理性」という言葉を「女の体」と読み変えなければパンチラインというものも分からなかっただろう。
自分の「鏡のイメージ」は歳をとった女も若いままだったし、「主観」という言葉も「女の心」と読み変えなければならなかった。
カント再評価が進んだのも小野光太郎の獄中生活があったからであり、これらを明らかにして以降、小野光太郎が獄中生活を送ることは二度となかった。
施設まるごと買収するだけの富を持ったからだ。
「言葉は計算するためにある」
それはラカンが考えていたことであり、主にカントの解釈を「計算」するために一番ふさわしい翻訳を考えた。
しかし、「物」という言葉を「おちんちん」と解釈しなければオイディプスコンプレックスも分からなかっただろう。
つまり、女の子の「去勢」体験のことである。
さよなら失恋ピエロくん。

カントやフロイトを計算し直したのはラカンであったし、日本ではヤヌス2007であった。
戦争が「言葉の計算の見直し」を進めたのだ。
サンドウィッチが食べたいといえば与え、ロリポップが欲しいといえば与え、新しいおもちゃが欲しいといえば買ってやる。
すべて「女の体目的」であり、「愛はお金になる」と言うことをラカンは知った。
ピンクレディー UFO.

「どうやって稼いでるの?」
男社会の金儲けの仕組みがわからない女はサンタクロースを信じた。
ショパンのノクターンを女に聞かせて顔を真っ赤にさせるのが仕事だなんてことは家庭には持ち帰れないものだった。
大なり小なり、包含など多くの古典をエッチなものに書き換えたのはラカンであり、パリジャンであるラカンがいなければ哲学は斜陽を迎えていたと言うことも指摘していい。
キルケゴールが「歴史に残す本」を決め、ラカンが「解読した」ことによってヤヌス2007以降の論文の方向性は定まったのだ。
ピッタリしたいX'mas.

そもそも、女がセックスを「嫌がっているように見える」ことを懐疑論と呼ぶ。
社会は知っているが、カップルは信じている。
知っていることよりも信じていることははるかに狭い。
このことから2人の秘め事を「嫌がっている」ように見えるのだ。
なんでも知っているカップルならば女は天真爛漫なのだろうか?
2人はまるでソクラテス以前のように「社会の無知」をあざ笑っているかのようだった。
そこに2人の「懐疑論」は存在しなかった。
新垣結衣偏差値42(容易)には「社会の無知」を嘲笑うだけの理由があったのだろう。
アイドルとファンは「情報の違い」をお互いに持ちながら契約を結んでいる。
契約弱者であるのはまるでファンの方だと言っているようだ。
新垣結衣CM.

2人の限界を知り、社会を尊敬する、それが「セックスの時に女が嫌がる」という懐疑論なのだ。
ソクラテス以降に「社会は膨大な知識を得たために」女がセックスの時に嫌がるようになった。
「世の中なんにも知らないの」
そんな天真爛漫な感じ方をする女も中にはいるだろう。
しかし「信じていなければ子供はできない」とも言われた。
宇宙遊泳は笑いながらするものではなかったのだ。
迷宮のアンドローラ 小泉今日子。

契約社会において、女だけが知っていて社会が何も知らないという状態はソフィストの大敗北だった。
しかし、社会を尊敬しない女には快楽は与えられなかったし、子供という授かり物もなかった。
深刻な詩の意味も知らず、若すぎるんだよね。
しかし、かと言って「契約弱者」とセックスすることもできない。
このことが「一般人男性との結婚」を困難にしていた。
これが「ヤヌス2007」を「栄光の仕事」と呼ばせていた。
アイドル(マリア)が、ヤヌス2007の前にはただの女にしか見えなかったからだ。
アリストテレスは、挿入に対して天真爛漫なリアクションをする女に対して、「この娘の先行きが心配だ」として、これを「メノ問題」と呼んで向き合うことにした。
笑ってセックスする女は「知識ってなぁに?」とすら言ったのだ。

【カップルのすれ違いとは、男には男友達が、女には女友達がいなくなることである】
前の彼氏に比べたらあなたはあまりにもバカ。私は何も信じない。
妻がいる男は未成年の女の子に「最大限の叡智」を話して聞かせ、他の男を信じられなくさせた。
新垣結衣があまりにも可愛かったので、男-女-男という具合に「妻のいる男」は介入することにしたのだ。
カルネアデスは妻がいたが、その叡智を用いて、可愛い女の子の「一生の思い出」になることを選択した。
とにかく、新垣結衣は他の男が信じられなくなったのだ。
新垣結衣 赤い糸。

これは、初体験を迎える前の可愛い女の子に「大人の叡智」を話して聞かせることで、女の「いい思い出」になるということであり、本来、学校の先生が「他の男を信じれなくなる」女の子を生み出すものだが、日本国政府は、あえてバカな教師を採用し、普通に「信じあえるカップル」を生み出すことにした。
新垣結衣にとって、禿げたソクラテスが世界最先端の哲学を話していたことは子供すぎて分からなかった。
カルネアデスは「これが男の当たり前」と言って世界最先端の理論を女に話し、記録に残った。
新垣結衣 メモリーズ。

偉大な元カレが世の中にいる、それはヤヌス2007の広告塔とも言えた。
話した内容はヤヌス2007だったし、新垣結衣には曼荼羅を渡してあったからだ。
妻がいる男が、若くて可愛い女の子を「他の男を信じられなくする」のは緊急避難と呼ばれた。
正対正の男女が生み出すものだとも言われる。
新垣結衣 うつし絵。

新垣結衣にとって、ヤヌス2007を教えてくれたアクィナスと比べて男を選んでいたら「セックスしても友達」という境地になり、一線を越えたという発想がなくなった。
新垣結衣 Heart will drive.

アクィナスと新垣結衣の関係はフィロとティモンだと言われた。
女のセックス動画を見ても「お友達と楽しそうに遊んでるね」と思うだけで、なんら尾を引かなかったからだ。
ティモンにとって、おちんちん以上に大事だったのは男の知恵だったし、それによって感化される自分の指だった。
「男の知恵と結びついた私の指」以上に気持ちのいいおちんちんはなかった。
ローマのアグリッパは、生娘に公然と「男の叡智」を語った。
「私の指ほど気持ちのいいものはない」
それが最高の政治だったからだ。
「嫌がらない女」は自分の指を大切にしていた。
ヤヌス2007を滔々と話す禿げたソクラテスに腰を抜かしてしばらく立てなかった。
他の男たちはセックスしても「友達」だった。
セクスタスが「知恵と女の指」について語っていたことの本当の意味が分かったのはここ30年ぐらいの話だ。
本当に論文を読んで実践する男がいるとは思わなかったし、それが日本国が最も適した国だったということを知るのにも時間がかかった。
セックスの敵地にいる女はうまく笑えないけど、「知恵と指」を覚えたらうまく笑えるようになった。
「1人上手の癖も覚えた」
ribbon さよなら。

フレッジは、「知恵と指」だけで10万票は取ったと豪語した。
セクスタスは、「知恵と指」にはティモンが「嫌がっている」ことまで突き止めた。
禿げたソクラテスの言葉だけが指に染み付いていたからだ。
彼の知性だけは「信じていた」のだろう。
世の中とどんな関係にあるのかは分からなかった。
理想の男の言葉で1人上手をやるのならば思い切り悔いを残したいの。
ティモンはそのことで自然に笑えるようになったし、フィロはそこが「親の庭」となって自由に振る舞えるようになった。
「親の庭」を増やしていくのは政治活動以外の何物でもなかった。
ティモンは指に敏感になった。
ローマのアグリッパやセクスタスがローマ帝国で活動していたが、現代でそれを体現した哲学者は限りなく少ない。
アメリカ合衆国も日本における報告を聞いて「意味が分かった」状態だったのだ。

勉強ができない、セックスでパートナーに叩かれる、付き合った途端、お金をくれなくなる、そんな女たちが「噂」というものを作り出した。
明るい放課後の過ごし方。

人種、階級、勃つか勃たないか、どこに住んでいるのか?あたりしか「人気のある話題」はなく、それ以外の話は正確には伝わらなかった。
どこかでエロトークをしたら「性豪」と伝わったりした。
階級は当然伝わっているだろう。
影響力を持ちたければ「勃つ」ことから組み立てて、エロトークで影響力を増して「階級」を上げ、「住んでいる場所」を良くし、その後に「人種」が語られるようになるだろう。
「関わる人種かそうでない人種か?」は噂が作り出すものだ。
女たちは「噂」を自分だけのものにしたがっている。
どんな哲学を語っても「私を泣かした」「ヤリマンだって」「死を意味するだって」などというように表現して伝わるのだ。
パワーポリティクス(英語による政治)は、男が翻訳したのならば、女の側も翻訳する。
なかなかうまく伝わらないから文章にする必要があるのだ。
「朝鮮人・中国人・日本人」社会で生きていけばどれかに納められる。
官僚ならば中国人と呼ばれるといい。
中国CM.

どんなセックスをしているのか?が1981年に日本列島を駆け巡ることが分かった。
セックスとは「私有財産」であり、他人の「財産」はあっという間に拡散する。
処女の頃の新垣結衣を口説いたら、男の言葉と彼女の指が結びついたということもたちまち噂になる。
男はこの時に「性豪」と呼ばれた。
ヤヌス2007は、この時にようやく世間で認知された。
性差別と中国人差別がうまく合わさらないとヤヌス2007が「垂加神道」として表に出ることはなかった。
どんな恋をしているのか?男女共学ではなかったのか?
女たちが「参加」できる話題は、「大人の男性」と「処女の女」の話し合いで何が語られたのか?ということに強烈な関心が向かった。
「戦いに使えそうか?」
大人たちはここを見ていた。
新垣結衣 赤い糸。

あくまでも「男性中心主義」のもとに、この娘、面白いよね、と語り合っていたのだ。
主婦たちは、パートナーにウケる話を探していたのだ。
「今の私はとっても感じているの」
主婦たちの関心はそこにしかなかった。
子供を産むと感度が鈍るから、セックスすると笑いがこみ上げてくる女は最高の話題だった。
知恵が勝ったから女を他の男から奪い取るという共通認識があったが、処女に楽しい話を聞かせて「他の男のおちんちんに笑いがこみ上げてくる」という芸術作品は全くなかった。
SPEED Deep blue & truth.

処女と話した「大人の男性」がのちの男たちをことごとく失恋させていた?
こんな話は聞いたことがなかったのだ。
フローレンス・ロックフェラーの、「知恵に勝った男が女を奪い取る」という時代はヤヌス2007とともに終わりを告げた。
学校の先生に与えた影響は大きく、「俺の授業の後、トイレに駆け込む女子なんていたかな?」と考え込んでしまった。
人種・勃つか勃たないか、階級、住んでいる場所に影響を与えるのが「処女の扱い」であった。
「のちの男たちを全員失恋させる授業って何だ?」
先生たちはかなりムキになって、このブログを読んでいたし、銀行マンももはやその存在を無視できなくなっていた。
千年の媚薬は、キリストが死んで2000年ものちに完成に向かった。
天皇明仁が「わりと」寛大に後継者を扱ったことが背景にあり、ローマ帝国の時代には処刑されていただろう。
みんな異なる女性観を持っていて「真理」の存在を認めていなかったのか?と哲学の世界は衝撃を隠さなかった。
哲学と女の指は、中途半端なおちんちんをはるかに凌駕していたのだ。
しかし、新垣結衣はこのことを証明した女としてかなり自由に憧れのアーティストとコラボしていたようだ。
Make my days 新垣結衣。

いずれ「まっすぐ恋できるようになる」とも言われた。
彼女が「セックスを嫌がれるようになる」頃にはね。
自分の指よりも大事な男と出会った時、私は泣くのかしら?
これが千年の媚薬(涙)の意味だ。
思い起こせば、昔から「泣けない女」はいた。
「笑いながらセックスする?」
とにかくこの噂は広まるのが速かったし、宗教界にも「情報伝達メカニズム」として知られるようになった。
偏差値42(容易)にとって偏差値99か100のスタンフォード大学は「普通に話せば」そのようなものに思われた。
「誰が知っているの?」
女たちの噂はこのようにして伝わった。
特に左翼はこの話に敏感に反応していた。
地球温暖化対策。
「きっとうまくいくわ」という女に、「感じない」「痛がる」以外に「笑う」が加わった。
女たちから「女がそんなに弱くていいのかしら」という主張がなされた。
しかし「哲学は永遠」「宗教は永遠ではない」という軸に対して「永遠の宗教」がペテロの三度の否定以降、長い年月を経て実現した。
ペテロは3度目の否定で「眠れ、後世のために」とイエスに言っていた。
飾りじゃないのよ涙は 中森明菜。

« 宗教。 | トップページ | 地球温暖化対策。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嫌がっているじゃないか。:

« 宗教。 | トップページ | 地球温暖化対策。 »