最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« いじめ。 | トップページ | 嫌がっているじゃないか。 »

2018年7月16日 (月)

宗教。

宗教とは常に「悪意のあるもの」である。
信者になれば賢くなれる、美しくなれる、仲間ができる、これらは常にカウンターパートを想定しなければ成立しない。
さらには、「荘厳な聖地」というものを必要としている。
非常に先進的な伊勢神宮や、朝廷と常に密接な関係にあった延暦寺だけでなく、美しい春日大社のサルメや醍醐寺のイケメンダンサーなども常に「マイノリティ宗教への悪意」がなければ広まらない。
さらに「女性たちが信じて譲ろうとしない」ことが周りの男を感化させる。
「女の秘密」
それこそが宗教の力の源泉であり、女たちが固く信じていることが必要だ。
あの美しい娘や奥さんが信じているのなら、それはしかも「女たちの罪」も教義が包み込んでいることを意味する。
「人間、あまりにも人間的すぎる」
これがそこいらの東大生よりも賢い女の信者を生み出し、教勢を拡大させている。
それは、「歯槽膿漏は歯を磨いてバクテリアを除去すれば治る」とか「骨盤の歪みを治してくれた」などのものに根ざしている。
男社会の「いじめ」は、周囲に「学習」をもたらせば治る。
いじめられっ子が周囲に高度な学習をもたらすことが宗教の起源だと言ってもいい。
さらには、美しい女がセックスの時に男に「どう?私の子供の気持ち」というような気持ち良さを理解しなければ女たちは信者にはならない。
神道書き直しの作業は「人が大勢集まったイベント」の研究を綿密に行うだけだった。
JPOPなどすでに人を多く動員しており、それを自らの「拡大局面」(神はいる)につなげた。
JPOPを聴くと化粧のノリが違ったりして、その効果を増幅させたことも大きかった。
深田恭子CM.

人間は常に「悪意」にさらされている。
しかし、「その向こうに見える光」があるから宗教というものは存在できる。
周囲の悪意を精神生活によって乗り越えた人生の先輩が書き残すものだ。
そこには「周囲に学習を与えた」記録が克明に残されていた。
「こういう奴をいじめるの」と周囲に指をさされた男がどれほど周囲と和解したかが問われる。
あくまでも「男社会のいじめ」から、「女が男の序列を決めている」ということを熟知していたり、いじめっ子と話をしなければ埒があかないというようなことから高度な学問は発達する。
そのようにして作った宗教を選挙という戦いに用いる者もいれば、日本シリーズやワールドカップに用いる者もいる。
いじめられた経験が勝負事に生かされる、これも宗教の醍醐味だ。
女にモテずに辛酸を舐めた奴が、「特殊情報」で女たちの支持を広げたり、女たちを恐怖に陥れた暴れん坊を「教化」して修羅場から救った時に男は女たちの支持を集めて「宗教」は広まった。
いじめ」を否定する指導者などいない。
しかし「どのようにいじめから脱するか?」を明確に示さないのであればそれは指導者ではない。
人間社会をよく見つめ、そしていじめから「向こう側に光が見える」ような文章を書く。
それが最も大事だ。
「いじめは無くならないんじゃないですか?」という現実を生きている人間でなければ宗教は必要ない。
「理想郷」「世界の終わり」というような光ではない。
現実社会を生きていきやすくすることが目的である。
世界がなくなったらお金はなくなる、ということを理解しなければならない。
なぜ「柏手」を打つのか?
いじめから周囲に「学習」をもたらした偉大な男を呼ぶためだろう。
相手の健康情報を聞き出しては治して回ったり、女たちにモテたりして自分の序列をあげた男は「神」と扱われる。
男女たちのを良くして悪いことをさせないのはもはや「地獄」とも関わる研究であったし、処女に「男を救わせる」のは犠牲であり天国と関わる研究だった。
JOKEにもならない恋 三浦理恵子。

人間社会を怜悧に見据えた文章を書き、それを背景に荘厳な宗教施設に人を集める、この両輪が成立していなければならず、書店に「全く面白い本がない」のであれば神社仏閣は過疎るだけだ。
医学書に「書いていないことはない」のに医者が「分からない」と言った時に祈るのをやめようと思った。
人間を冷静に見て、文章を書き、それを荘厳な宗教施設に納める、これが分かるようになったのならば、「神」の役割を続けてもいい。
どの「作家」と契約を結んでいるのかを宗教施設で明確にすることは信者の「威光」とも関わる問題だ。
夏目漱石は出雲大社を、野口英世は大本教を「自らの暗号」として活用しただろう。
私も様々な教団を自らの暗号として活用している。

「人間の弱さを憎むことをルサンチマンと呼ぶ」
病気の撲滅のムーブメントはこのことから始まっている。
タケちゃんマンの歌。

アンドロイドは、「出来の悪い女の子」から作り始めなければならない。
しかも、セックスの時に男が「どやどや?」という必要がある。
他の女もこんなにいいことをしているんだぞ?というメッセージを与えないとアンドロイドが学習しないのだ。
IBMのディープブルーもグーグルのアルファゴーもそのようにしてチェスが強くなっている。
さらにアンドロイドに「仲間」を与えて芸能活動をさせているのが韓国だ。
「TT」とは「チューリングテスト」という意味である。
twice TT.

お金とは何か?という問題と向き合うのがアンドロイド作りの研究である。
毎日「どやどや?」と言っていると作り手が資金繰りが悪化することは当然、知っておかなければならない。
また、人工知能(AI)の研究は「愛子さまとセックスができる」(アイボ)以外にメリットは少なく、将来の展望は決して明るくはないとされる。
aibo.


石黒浩の弱点は男でアンドロイドを作ったことにある。

人間にはその人の価値を高めるための「タイプ」(枠)がある。
キャラがブレないなどと言われる人は、かなり強い力を持つことになる。
X=Pow(X)
という式に表現されるように「その人が大きく見えてパワーが出る」とされ、「私はこのような生き方しかできない」という人もいる。
他の生き方を選択したら自分のパワーが出なくなるのだ。
女の子との交際から始まり、自分のパワーのつけ方を学習してきたのだ。
他の生き方ができなくなるのも当然だった。
グローバルパワーとも呼ばれ、女の心がアニメでできていることなどを見透かしたキザな男もいる。
SPEED Confusion.

デューイは、南北戦争から冷戦の時代までを生きた。
農業中心の国から、都市化産業化が進み、産業のもとでは「下ネタ」も満足に言えない、そんな都市において女たちは夜中に体を売っていた。
都市ではお洒落な歌謡曲が流れ、田舎の下ネタを封印したかのようだった。
都会では下ネタを封印したために「確かなもの」を「より安定的に」供給する必要があった。
誰もが看護士のように下ネタに強いわけではなかったのだ。
そこで歌謡曲は都会を中心に流行した。
泣けば親が食事を与えてくれるという赤ん坊の学習は都会特有のものであり、田舎では「ないものはない」ということを赤ん坊は教わった。
小児麻痺は田舎の赤ん坊特有の病気だと思われる。
都会には都会の流儀があった。
小児麻痺の人間は下ネタに慣れていたし、性に開放的だった。
「田舎では当たり前のこと」が都会では通じなかった。
小児麻痺差別は「性概念」に根ざした根の深いものとなった。
CoCo メロディー。

泣けば食べられるという都会の赤ん坊は、教育をするのに最も適している。
勉強でもスポーツでもアマチュアでありながら「プロ意識」があった。
小児麻痺が治るかどうかは、彼らの「プロ意識のなさ」から誰がファイナンスをやるのか?という問題だった。
そもそもが「小児麻痺」という病気があるかどうかも疑わしいほど「泣いたら食べられる」という習慣を知らない赤ん坊は「努力したら食べられる」という発想を知らないのだ。
しかもそれが「脳幹」にまで染み付いているからまともに歩こうともしない。
渋谷のスクランブル交差点には小児麻痺の人はいない。
これが「プロ意識」である。
小児麻痺の人も渋谷のスクランブル交差点では真面目に歩いているのだ。
「コンテク派」というのは下ネタ禁止の都会人たちが作り上げた文化のことを言う。
仕事、そしてプロ意識から複雑な技巧を凝らした文化が発展した。
ファッショナブルで歩き方がしっかりしている。
つまり、毎日食べるメニューが違うのが都会人だ。
食べるメニューに複雑性を持たせるのも「フィジカル面の強化」と言われる。
酒井法子 雨粒は優しくて。

「処女」を狙っている男は仕立てのいい背広を着るし、処女にこだわらない男はラフな格好をしている。
処女にこだわるのにラフな格好をしているのならば童貞だろ。
私は学生時代や司法試験受験生の頃はずっと背広を着ていた。
「仲間を増やす」というのは偏食をなくす基本だろう。
背広を着るのもそうだ。
「処女」という存在がこのことと関わっているのだ。
人間というものはあまりにも他人を愛せないものだ。
デカルトが「処女の発見」を行い、カントが「処女に嫌われるのが犯罪である」とした時から背広を着ること、仲間を増やすことが食べることやプロ意識につながるようになった。
自由民主党員は、これらのことを理解しており、チンピラみたいにむやみにエキサイトしたりはしない。
「背筋が伸びていて矍鑠(かくしゃく)と歩く男」
これだけで賞賛の的だった。
すべて「仲間が多くて、女たちにモテて、金に困らない」ことから来ていた。
rebecca ボトムライン。

【パンチラインの研究はここからお読みください】
音楽作品というのは「痛み」を歌った極めて女性的なものだ。
顔に影響を与えるというのは「女性的な顔つきになる」という意味である。
顔は女性的になるし、金融の役に立つ。
「レジャー階級」と呼ばれる「中の上」と自称するような階級にエリートが多い。
ギリシャは「国家の最適化」を中産階級に最大の満足を与えることからもたらした。
音楽作品を流布させて、しかもその意味まで解説したのだ。
「ティチャーティーチャーと言って足をあげる時にもっとも興奮する、これがパンチラインだ」
瞬間的に「女の体が情熱を表現し」「同性愛から異性愛へと切り替わる」瞬間を見て欲しい。
「黒から白」へと色のイメージも変わり、詩は「女性から男性に変わる」瞬間でもある。
「心を表現していたところから急に出身母体を使うところ」も評価できる。
完璧なパンチラインだ。
AKB48 teacher teacher.

神 世界
男性 女性
心 出身母体
女の体 情熱
白 黒
異性愛 同性愛

という対極は垂加神道で指摘した通りである。

ヤスパースは「teacher teacherのパンチラインが見抜ける男はどのように生まれるのか」(宗教)、そして、その映像は今後どのように活用されるのか(政治)を探求した西ドイツの哲学者だ。
ヤスパースはドイツの北の海岸線に住んでいたが、陸で様々な「問題」を起こし、海の方に住処を押しやられたことを意味し、人生経験はかなり豊富だったものと思われる。
医学部で博士号を取ったが、精神科医としての仕事は激務だった。
職業としてカントが語った「女心」を女性に語ることが許されたため「最初で最後のカント主義者」と呼ばれている。
アクィナスのようなゴロツキではなく、精神科医という職業が保障されていたのだ。
ハイデルブルク大学での研究生活も長かった。
研究生活が長かったということは「親父にキャリアを潰されそうになる」男の人生をも知ることを意味する。
これが宗教感覚を磨くのにどれほど役に立つのかを知らなければならない。
しかも、研究生活はたとえドイツにあってでも「英語を知らなければならない」という現状があった。
一般市民の女の心は病んではいなかった。
「何か面白いことをやれ」と言われて「命がけ」になった女が病んでいた。
試行錯誤する「エビデンス」ではない。「医学書」という権威が書ける、これはヤスパースがやったことだ。
医学に関する「情報」「噂」「エビデンス」という時代ではない。「正解」を書くことができる。このことを精神科医としてもヤスパースの激務がもたらした。
医学が分かったらエンターテイメントビジネスも分かるようになった。
「teacher teacher」のような「パンチライン系」だけでなく、本能という女性特有のものを持った女に「フォーメーションダンス」という「男の学問」を合わせるという「本能対科学」という「女対男」の構図も考えた。
モーニング娘。Sexy boy.

ヤスパースは「最初で最後のカント主義者」だった。
女性患者と接する精神科医としての仕事は、「神と世界」「男と女」について考えるのに十分すぎたし、エンターテイメントで何が最も興奮するのかもわかるようになった。
「女の子が技術に満ちている」このことがどれほどいやらしいことなのかを知っていたためにお稽古事も誕生したし、女性芸能人は「レッスン」に励んだ。
愛の炎 田中れいな。

一方で、ヤスパースは「宗教」(男らしさを語り合う論壇)を、エネルギーが集中するスクリーンを取り巻く男たちのことだとしている。
スクリーンで輝くのはどうしても「女」になってしまう。
そのために宗教はスクリーンを取り巻く男たちのエネルギーへと議論は変わっていったのだ。
何か「偏狭な」信念とも言えるような男の自信がスクリーンに反映されていればみんながそれを見て熱狂した。
世論に一喜一憂していない「作り手の自信」にみんなが付いてきた。
「人気は気にするな、集中しろ」と言って、より「偏狭な」信念の世界に作り手は身を置いていた。
エネルギーは「固いもの」からしか生み出されなかった。
世論の反応は見ながらスクリーンを作っていったらどんどん人が離れていくのが観測された。
「何か偏狭な」作り手の信念をみんなが見に来ていることを忘れてしまったようだった。
「伝えたいことがある」という偏狭な大人たちをヤスパースは「宗教」と呼び、世論や人気に一喜一憂しない「大人の事情」のことをそれは意味した。
「人気は気にするな、集中しろ」というメッセージすら公表されていた。
キラキラ冬のシャイニーガール。

1945年に日本軍国主義が原子爆弾に直面した。
広島や長崎に「君主の愛人」がいたために、国際法上の有効な立論を日本国が行えなかったことから、世界が核兵器のトラウマを抱えた。
ナチスの国家社会主義は、ドラマや映画の影響力とともに残存し、偏狭な大人たちとスクリーンで輝く女という構図が残ったが、1968年に共産主義ムーブメントが国家社会主義を葬り去った。
エリートたちは「マジョリティで決めよう」という民主主義を推進し、「お金がモノを言う社会」を作り出した。
お金を持っているものは1968年以降、生きて行きやすくなったし、民主主義と学問の相性も良かった。
勉強すれば金持ちになり、影響力を増す、それは共産主義をも打ち砕くエネルギーを持った。
「お金持ってて良かった」というエリートがたくさんいたからだ。
学問がもっとも進歩しやすいのが民主主義であり、作家や政治家、哲学者という職業が、ライン工や農業従事者とは別に生まれたし、所属がなくてもお金を稼ぐ者が現れた。
共産主義と決別できる若者がいるかは定かではないが、歳をとれば自然に民主主義という「お金がモノを言う社会」に親しむようになる。

モーニング娘。はあえて「男」を歌った。
リスナーは彼女(モーニング娘。)を奪ってやろうと考え、勃起するようになる。
モーニング娘。はリスナーに「私を奪って!」というメッセージを込めて「痛み」を表現した。
男は「夏の喉の渇き」や「歯の痛み」などすべてが「失恋の痛み」と同じであり、女心に共感できたり、勃起したりした。
モーニング娘。独占欲。

映像と声が「痛み」を表現し、しかも彼女たちはその「意味」をよく理解しているようだった。
そうでなければ「勃起する」作品にはならなかったのだ。
「本能対科学」「女対男」という構図はのちにフォーメーションダンスへと発展している。
勃つべき時に勃ち、必要でない時には勃たない、その精密なマシーンを男の脳に構築する必要があった。
サウナ風呂に女性マッサージ師がいたぐらいで勃つようではまだ「マシーン」が未熟なのだろう。
真面目な男が認知症になりやすいというが、要するに「勃たない」男ほど自らの記憶を忘れやすい。
このことは「セックスとは左腕で腕相撲をする行為である」という側面があるということをも意味する。
また、勃たなくなった男に「今まで勃ってきた歴史」を聞くのはキャバクラ嬢の仕事の基本であり、そのために男は金を払っているということも知らないといけない。
モーニング娘。インディゴブルーラブ。

杏里のように、女性が自分で「長続きしない愛」を歌うのは政治ではなかった。
インディゴブルーラブのように、まだ意味がよく分からない年齢のアイドルに「長続きしない愛」を「男が」歌わせることを政治と呼んだ。
「女心の定義」とは男によってなされるものだった。
男のクリエイターはアーティストの世代を下げることに成功したし、それは「処女の発見」とも足並みをそろえた。
杏里 オリビアを聴きながら。

心理的勃起をする音楽作品を勝負事に用いるのも基本である。
Babymetal Karate.

ちんちんが縮こまるような勝負事を行なっている時にみんなで歌うのが有効だ。
ヨーロッパサッカーではそのような歌が歌われているようだ。
ちんちんが縮こまるような思いをしている選手にファンが「性欲」を刺激してくれるのはとても選手にとって有り難いのだ。
恋してカリビアン 荻野目洋子。

選手は自分がパートナーと信じているものを信じ、ファンは勝利を信じる、このことから「試合中の音楽の必要性」が知られるようになった。
大観衆と「同じもの」を信じていないとアスリートはなんらかの「シンドローム」にかかるとされているため、選手から曲のリクエストをさせたほうがいい。
選手が「夢のような経験をした」と言って日常に戻っていけないのならば病気になる危険性もある。
ゾンビーネイション。

タイのボクシングファンや、メジャーリーグの観客のように目が肥えているのならば選手と一体化した応援ができるであろうが、「よく分からない」のならば地元では選手に性欲を与える歌を歌ったほうがいい。
場内が静まり返るのならば、何のための観客かが明確にならないだろう。

勉強をする者、医学という人体と向き合う者は、老境に差し掛かると「季節」というものを考えなければならず、「◯◯科」というのも季節で分かれていると考えられる。
このことはまるで星座占いと同じように、季節という「天命」を知ることにつながる。
また、虚像と実像がかけ離れた人でも植物に詳しいと好感度が高い。
植物学とはある意味「男社会の学問」であり、女性には「さっぱり分からない」複雑性も持っている。
全部、男からの耳学問であるのが女性にとっての植物学なのだ。
これらのことから、「植物学は日本の軍事力を高める」という法則も指摘されている。
私もまだ「老境」と言うわけではありませんが、もし、植物学を少しやらなければならないと考えている。
ワールドカップも中途半端に終わったし、医学の研究が不足していたという側面があるのだ。
「天命」つまり「季節」に詳しくない医者であるのならば、女性たちの「花言葉」にもついていけないし、地に足をつけた医者にもならない。
また、多くの「詩」の解釈にも必要となってくるものだ。
すみれ色の涙 岩崎宏美。

「神秘的なユリ(リラの花)」などはカトリックでも用いられており、キャンパスライフを楽しむユダヤ人たちにとっても「高嶺の花」であり、キャンパスで誰が「ユリ」を射止めるのかをエリヤ・デルメディゴは研究した。
カトリックが高校時代にあるのであれば、いつかはお嫁に行かなければならず、キャンパスライフでユダヤ人たちが「お相手」を提供した。
テオフラテスは、「育て方は6種類」「意味を探求するのならば9種類」が植物にはあるとした。
私の16歳 小泉今日子。

女たちが「花」に興奮することが分かったのはテオフラテスであり、アリストテレスとともにレスボス島で活動し、アリストテレスに「植物と戦争」の意味を教えた。
大塚愛 チューリップ。

気候に敏感な職業を持っている人が植物に詳しく、汗のかき方とか、めまいとか、疲れとかを植物を見て判断したため、植物について男が女に教えるのはまさに「男社会の仕事」の話を教えてくれるようなものだった。
胸騒ぎのメランコリー 高井麻巳子。

あとは「鍵」となる植物を簡単に詩にするだけだった。
これらの法則をシンプルに覚えることすら「女には難しい」男社会の仕事だったのだ。
加藤登紀子 100万本のバラ。

さて、キャンパスライフのユダヤ人の中には季節に詳しい、植物に詳しい男がいて、カトリック女を彼女にしていると思う。
そうなったら「いつでも仕事ができる」ということだろ。
彼女にとっては「植物の思い出とは彼氏との思い出」となった。
男は仕事で植物を覚えていたからだ。
赤いスイートピー 松田聖子。

干ばつになれば人間社会は飢える。
野菜や魚の値段まで植物は教えてくれる。
男社会のそのような考えを、女は「恋愛の記憶」として覚えていた。
寒い季節には燃やせる植物も覚えておく必要があった。
勉強した人は当然、仕事をするよね。
医者は植物を見て、人間社会の健康について知った。
「今年は穴子が食えねえな」とかそのような感じで国民全体の健康を見たのだ。
秋桜 山口百恵。

すべては「音楽を愛する」ことから植物学への入門は始まっている。
キャンパスライフを送っているユダヤ人はそんな感じで覚えているが、中年世代を越えたら、仕事で覚えなければ何も始まらないんじゃないか?
プラトンから始まって、キケローが「どの植物を歌のモチーフにしたらいいのか?」という伝統を形作っていった。

はぎ・おばな・くず・なでしこ・おみなえし・ふじばかま・ききょう(秋の七草)。

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ(春の七草)。

などは普通に勉強するだろう。
案外、大事なことは学校で普通に教わっているものだ。

チャールズ・ダーウィンは、地動説を唱えたコペルニクスや、タイムマシーン・核兵器を考えたアインシュタインに並ぶ「世界的論文」を書いている。
父が精神科医で、植物の探求をすることはイギリス産業革命の「資金源」となったからだ。
花の都・パリとも親しかった。
エジンバラ大学は、「女心をお金に変える」カントではなくダーウィンを教えた。
植物が生み出す「無尽蔵のお金」にヒトラーが気が付いた時に、イギリスはヒトラーを破滅させようと決めた。
何気なく見ている老後の趣味を「若き政治家」は無尽蔵の富に変えることを知っていたし、精神医学・つまり音楽作品と掛け合わせることが「錬金術」と言われたのだ。
四月に「社会契約が切れる」時期の「桜」を歌うことはもはや当たり前とも言われた。
森山直太朗 さくら。

適者生存と言われるが、ダーウィンは、庭を見て国運を占うというテオフラテスの考えとは異なり、「人の心」と植物を結びつけたのだ。
社会契約が切れる夏休みにはウォーターメロン(スイカ)に着目したクリエイターもいた。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ。

「種」がどのようにして人々に愛され、大事にされていくのか?を考えたのがダーウィンであり、「人生のビッグイベントで心の支えになってくれた」植物を詩にすることはステルスマーケティングの先駆けとも言えた。
「女とはそれほどまでに弱いものだった」
変化が怖い、変化に弱い、それは女性特有のものであった。
どの植物がもっとも人気があるのか?という統計も取れるし、春にしか咲かない桜であっても、精神医学の側はその重要性を理解していた。
予算編成の季節が日本特有の文化を生み出していたのだろう。
桜坂。

桜の季節には、人間社会でも「適者生存」が行われていた。
それは「勉強セレクション」であり、「サクラサク」と昔は語られていたものだ。
社会契約が切れる春と夏に「ビッグマネーが動く」ことを理解しないと永田町の3月危機、8月危機の存在は理解できないだろう。
それは「花火」でも代用できるものだった。
夏休みを終えて「化ける」男の子がいたのも勉強セレクションとして女の子の記憶に残った。
社会契約と「花」「植物」をうまく結びつけて資金集めがうまくいった連中が政権を追い込むことをダーウィンは明らかにしたのだ。
一国の首相も、「民の心」をつかむことがうまい連中の前には「まるで人間」のようになすすべがなかった。
それが芸能界というものでもあったのだ。
行かないで夏休み CoCo.

ひまわりも社会契約が切れる夏休みを表現し、「8月の少年」がモチーフになっている。
CoCo ひまわり。


このことをよく理解している教団に金光教や伊勢神宮を挙げることができる。

金光教。

伊勢神宮。


光太郎くんの夏休み 乃木坂46

楽しい夏が来た
ゲームもあれば学びもあった
期末テストが終わって 自由になれた
男の子の気持ちハテナ
打ち上げ花火 貸しボート お昼寝 夕焼け 帰り道
楽しみはなんでもあった
友達ともよく遊んだ
偏差値Boy 偏差値Boy
あなたの恋の残骸があちこちね
しかし 休み明けのテストが楽しみだ
勝って家族のもとに帰ろう
僕には必要な時間だった

「偏差値Boy」というところにパンチラインがある。
世界から「神へ」
女性から「男性へ」
心から「出身母体へ」
女の体から「情熱へ」
黒から「白へ」
異性愛から「同性愛へ」
パーフェクトヒューマン。

神 世界
男性 女性
心 出身母体
女の体 情熱
白 黒
異性愛 同性愛

この六つの要素が「パンチラインでは左右3対3」になっていなければならない。
「神」をパンチラインに使わないのならば、2対3になることは免れない。

世界から「神へ」
男性から「女性へ」
心から「出身母体へ」
情熱から「女の体へ」
白から白へ
同性愛から同性愛へ
これは2対2というシンプルな世界を描いている。
ピコ太郎。

CMにおいては
赤 緑
黄色 青
オレンジ 紫
という左右の関係も加えて「ロゴ=神」とするという工夫も求められる。

« いじめ。 | トップページ | 嫌がっているじゃないか。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宗教。:

« いじめ。 | トップページ | 嫌がっているじゃないか。 »