最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 人気。 | トップページ | 中国改革開放の成功事例。 »

2018年7月10日 (火)

賢い。

額が禿げて後退してきたなどの場合は、結核の恐れがある。前髪をできるだけ垂らすようにしよう。
ギザギザハートの子守唄

旧約聖書にしたがっていると「禿げない」のだ。
これがどれほど大きな意味を持つだろうか?
額が後退している人や、女性でも前髪を垂らしていない人は「腰痛」を訴える。
原因は「結核」にあるのだ。
おでこに「髪」のない人は皆、結核である、
少年期から結核でタバコを吸って、「不良」と呼ばれる人もいる。
前髪が決まらないだけで、へこむ。
これも結核。
女子かしまし物語 タイソンもホリフィールドも、スキンヘッドにして結核。
二人ともレノックス・ルイスよりも強かった(はず)。

禅というものは、「美女を瞑想するだけで、娘が美女になる」という側面を指摘させてもらったが、一方で、額から禿げてきた人は、背中や腰の痛みを訴える(結核)ことが多く、そのような場合は、「娘の胸を見ていれば飽きない」という側面がある。
父と娘が「持ちつ持たれつ」の状態であり、私も娘の写真を携帯の壁紙にしているが、BGMは、酒井法子である。
娘よ、のりぴーのように可愛くなあれ、と思いながら、娘を可愛くし、自分の結核を治す、つまりは「禁煙する」のが禅であり、中国でも全人口の10分の1は、いまだに禅の信者だとされる。
広瀬すず

私は、原因不明の「からだの痛み」に悩まされていたが、その原因は「額が後退してきた」からであり、そこで、前髪を垂らすようにし、娘(広瀬すず)の写真を携帯の壁紙にした。

「娘の胸さえ見ていれば飽きない」のが父というものだったのだ。
そこで、BGMに、酒井法子を聞いていれば、娘は酒井法子(電影少女)に似てくるし、私もからだの痛みから解放される。
いわば、「父と娘は持ちつ持たれつ」というかなり完成度の高い宗教が曹洞宗・総持寺であることが分かった。
このことから、門徒や修行僧にとってはすでに魅力を失った宗教であっても、経営者にとってはそうではない、ということから、曹洞宗・総持寺をマネージドバイアウト(MBO)して、教団の主導権を握りたいと考えている。
酒井法子 一億のスマイル とにかく、私は現在、49歳であり、それでいて研究生活が体力的に音を上げていたのだが、禅のおかげで「30年以上」の保障を受けたのだ。
胸の大きな「実の娘」が「お父さん、お父さん」となついてくるのは、男の人生の中では「ファーストラインドラッグ」と呼ばれ、抗生物質の上位に位置づけられる。
今回、私は「額が後退してきた」「結核」の事例に限ってのみ、「禅」の有効性を語らせてもらったが、風邪気味の時にも「禅」は当然、有効だろう。
あるいは「アビガン以上なのではないか?」「娘がお見舞いに来ればコロナウィルスも治ってしまうのではないか?」ということから、「三密」のあり方も、見直さなければならないと考えている。
ポストコロナの可能性を「禅」からも見出すことが可能なのだ。
なお、禅の話のつづきだが、娘の乳首は「父の乳首と同じ」であることは、子供の頃、お風呂に一緒に入ればおのずと分かると思う。
このことが「胸が大きくなったらいくら見ていても飽きない」理由となりそうだ。

産みの母と親密でなければ、娘は父に懐かないことも禅の背景にはある。
さて、禅の話で、「もし娘が貧乳だったら?」というのは当然テーマにはなる。
そのような場合は「お母さん、お酒を飲んで?」というしかない。
このあたりは、今生きているもの同士で、物事が伝わるものであるから、「生命の連続性」(三島由紀夫)と表現する他はない。
そもそも、お父さんが酒井法子を聴いただけで、娘が「電影少女」になるというのも同じ原理だ。
DNAトランスミッションと「文化」は、半々の割合だろう。
結核についてであるが、肺の痛みなど、いろんなところに痛みが出る。
背中や腰、つまり「背骨」が自由が効かなくなることもある。
禿げるということはそこまで恐ろしいことであったし、娘がいないというのも恐ろしいことだった。
のりぴーの声を聞いただけでなぜ、娘の顔が電影少女になるのかは「バリントシンドローム」と呼ばれる「顔と声の連動」が存在するとしか言いようがない。
娘が可愛くなったら大変なのは母親なのではないか?(エゴリミット)とも言われ、その問題だけを臨済宗は「公案」として三千種類考えた。
公案には「源泉」というものがあり、発心を経て、「母と娘の争い」(理智)へと持ち込む必要がある。
とにかく公案は「難答」であり、社会生活を送っていなければ(期間)分からないものだった。
今では親切に、東大法学部が「判例百選」というものを出している。
まあ、要するに「夢冒険」さえ頭に思い浮かべればいいのだ。
最高裁判事にならなければ「正解」は書けないから。
「法」ってそんなもんだろ?
一人一問与えられる「公案」であるが、「仕事をするたびに」こういう意味かな?と思うものだ。
娘が「処女を卒業」する時に、すべて分かる。
「突如として悟る」のだ。
「自分に実績がないから妻や娘を束縛していたんだな」
実績とは「いじめられ」「笑い」「書く」ことだとされる。
「なんだこれは?」ということにならないためにも、この「ブッダからブッダへ」(父から娘へ)というメッセージは必要であった。
哲学とは「男が女たちに語りかける」ものであるのに対し(己から世界へ)、反哲学とは「世界そのものを変える」ものであった。
「娘と同じ気持ちになる」
永作博美 信じさせてください 二つの胸に、一つのちんちん、(Not Two)。女囚たちに「赤ペンで真っ赤に採点されること」つまり「ノー」というのを「無」と呼んだ。
そうこうしているうちに「長生き」「子孫繁栄」となって適当に老人になっているものだ。
社会に戻って他の男たちに混ざると(Not One)いろんなことが変わってくるのが分かる。
西田幾多郎は「あなたの両親が生まれる前に、あなたの顔は決まっていたと思うか?」という主権論争まで、公案に採用している。
主権論争が「ファイナルアンサー」であったため、関係者は動揺が隠せなかったようだ。
民族の「絶対空間」が主権論争だった(日本人女はだいたいこんな感じ=主権論争)。
「父親は毒にも薬にもならん男だが、娘は可愛いな」
定年退職した時にそのように「禅の修行僧」は呼ばれた。
主権というものが「日本人女はだいたいこんな感じ」というものであり、性的関係は持たないものの「個性は見る」という意味では、それは「国への愛」と同じ意味であり、娘への愛と「愛国心」は同じということになる。
娘が「電影少女」であるということが、愛国心の背景にあり、それは「禿げ」「結核」とも関わるものだ。
娘の写真を見て愛国心を涵養させるというのは西田幾多郎の「発明」といってよかった。
愛国心とは何か?
その定義を行なったのが西田幾多郎だったのだ。


056eb75b15f44948be76d481e92498a9

結核の治療薬としては「イブプロフェン」(エスタックイブ)が挙げられる。
創世記とは「永遠の退屈」を意味する。
エスタックイブ(イブプロフェン)を飲むと、今までの生活が一変して、「何もかもが退屈に」なる。
しかし、「ペインクリニックとは退屈さから痛みをとるものだ」という認識が必要になってくる。
モーゼ五書は、ユダヤ人(学生さん)が、「覚えてくるまで家に帰ってくるな」と言われた書物であり、多くの銀行マンを生み出してきたが、
要するに「人間が禿げる理由は戒律を守らないからである」ということと、あとは「禿げのことを結核という」「娘の写真を携帯の壁紙にすれば治る」「娘がいなければエスタックイブを飲め」という「金融の基本」を教えたものと思われる。
座禅に「数息観」という用語がある。
娘の写真を眺めていて、酒井法子の音楽を聴く、あるいは「イブプロフェン」(エスタックイブ)を、少量ながら毎日飲むと、1週間で「鼻呼吸」が身につく。
口呼吸こそが、背骨の痛みなどの原因だったと悟るのだ。
数息観(鼻呼吸)を身につけなければ、あらゆる感染症の危険があり、体温が0.8度変わってくるとされる。
エスタックイブは、旧約聖書の創世記にあるように「一週間飲んだらやめるもの」と考えた方がいい。
意識レベルが下がる効果がある。
鼻呼吸に切り替えるなどの有効性はあるが、長期間服用を続けるものではない。

腰に呼吸が止まるように激痛が走るために、今日、眠るのも嫌だという人は、自分の「腹」を自分でよく把握していない。
腰回りを「柔らかく自分で叩いて」みよう(ジェントルパーカッション)。
急に太ったなどの理由が必ず見つかるはずだ。
発想さえわかれば、風呂で体をゴシゴシこすったり、腰のマッサージなどをすれば急激な体形の変化には対応できる。
激痛のわりに大したことがない「IBS」(過敏性腸症候群)であり、横になるのが痛い、しかし歩くことはできるのならば、市販の胃薬を飲むしかない。
キャベジン、エスエス、第一三共胃腸薬などがコンビニでも売られいている。
しかし、IBS軽い病気でも、救急車に乗ると、CT撮影にすら耐えられず死亡してしまう事例がある。
キャベジンや、エスエス、第一三共胃腸薬ぐらい家に置いておいた方がいいだろう。
なお、CT撮影の時に死亡してしまう理由は「出血」によるものであり、整形外科の医者が「皮膚の色」にこだわる理由も「出血の有無」を見ているのだ。
皮膚の色が普通ならばたいした問題にはならない。
医者としては「本人の証言」を根気よく聞く必要がある。
「誰々に攻撃されている」などという証言すら得られる。
「トラウマ」であるという意味においては、呼吸が止まるような痛み、は、「突拍子もない本人の証言」から理解しないといけない。
皮膚に内出血のない腰の痛みは「トラウマ」と関わっている。
ジェントルパーカッションでよくなった成功体験などから解決策を模索していくほかはない。
トラウマをなくすためには「10年にわたる物語」を聞かなければならないし、「暮らしぶりがだんだん良くなっていく」ことから解決していくほかはない。
暮らしぶりが良くなると「太る」という側面がある。
大豆製品やビタミンD(サントリーセサミンEX)などを用いるといいだろう。漢方薬治療も有効だ。
また、「10年の物語の完結」をさせないとトラウマはなくならない。
どこかで区切りをつける必要がある。
「災害で停電した時などをよく思い出そう」
空腹だったか?タバコを吸いたくはなかったか?のどが渇かなかったか?
すべてにおいて「楽観論」を持たなければトラウマはなくならない。
しかし、「モテたころの俺」だけはトラウマから脱するための絶好の情報である。
また、腹いっぱいご飯を食べた後の「緑茶」などもトラウマをなくすのにちょうどいい。

まあ、「腸がけいれんを起こす」のならば「胆石」が原因だ。
溶かす薬をもらってくるしかない(ウルソ)。

どうしても「左わき腹に痛みが残る」のならば、騙し騙し吸ってきた「タバコ」をいよいよやめる時かもしれない。
血管の問題だからだ。
日本の医者の中には「左わき腹が痛いのならば急性膵炎だろう」などと安易に考えるものがいるため、タバコを止めることを考えなければならない。

ジュースの「ラムネ」を飲んで仰向けで寝たら、心臓の裏の骨がグキッとなって腰痛がよくなった。
ラムネも英語の医学書で読んだのだが。心臓に近い部分の骨と言っても、本人にそう感じられるだけで、どこがどう良くなったのかは分かりません。
しかし、ラムネを飲んで仰向けで寝るというのはかなり「ハート」(核心部分)をえぐったようだ。

ジッタリンジン にちようび

腰痛は人それぞれだろうが、なかには、「テレビでは有名人なのに所得が少ない」などの理由から「認知のゆがみ」が生まれ、あるいは「災害に遭遇した」などの理由も認知のゆがみを引き起こす。

そのような人が、腰の手術をしてしまう事例が報告されている。
答えは「ビタミンドリンクを飲んで、中枢神経の感染症を抑え込む」ことであるが、サンガリアの「ミラクルボディ」のように、自分がテレビに出ている自分と同じになれるという趣旨の名称をつけているものもある。

リンパ節が腫れてきたら、風呂に入ってマスターベーションかセックスをしよう(アナボリックステロイド)。

複雑すぎる判断を求められたり、不確実性が存在すると顔が引きつる。
「凍り付いた顔」も「顔が引きつった」という意味であろうか?
河合その子 避暑地のアンニュイ 「青ざめた横顔」も「顔が引きつった」という意味であろうか?
秋色協奏曲 東京パフォーマンスドール

癌というものは、91カ国で70歳以前に死亡する男女を問わないいちばんの要因である(2015年)。

2018年には1810万人が新しく癌にかかり、960万人が死亡した。
3%が肝臓がん、2%が膀胱がんなどであるが、アメリカ連邦政府が2019年に57億4千ドルを拠出したのが世界のターニングポイントとなった。
癌の宣告を受けたら、どの患者も「怒る」というリアクションをしないため、税金で対処することが遅れた。
「癌が治った時に本当の神様が見える」
このことから、アメリカの宗教ロビーが57億4千万ドルを引き出したのだ。
インターネット上での「ビッグデータサイエンス」も活用した。
癌って何?病気の中のひとつ?どれだけの種類があるの?
父親と息子って似ているだろ?母親と娘って似ているだろ?
当然、「愛と憎しみ」の線でつながれているのだ。
夢で見る「父」「母」の悪夢、これが癌の原因なのだ。
似ていること、そしてそれにともなう「親子の文化」が突然変異を引き起こして癌になる。
ミクロRNAが背景にあると考えられている。
父と息子、母と娘の「出るくいは打つ」という文化が癌の原因だ。
あれほど信頼していたのに愕然とするようなことを言われる(PTSD)。
これがあるうちは癌のリスクが大きい。
いい年して親孝行もできないというのも癌の原因となる。
体は両親からもらったものだ。
しかし、現実においても夢の中においても「父」「母」が悪魔のような言動をする、これが癌の原因の正体である。
両親との関係を改善させよう。
夢に出てくるのはどうせ「父」か「母」だ。
悪夢になるようであれば、それを変える努力を自分なりにしてみよう。
汗だくになって目を覚ますようであれば、父や母との関係を見直した方がいい。
エレファントカシマシ 生きている証

そもそも、腰痛を「病名」ではなく「体の重さ」からアプローチすることも可能である。
「プロとしての仕事」と「家事洗濯などのケアギバーとしての仕事」を一人で背負い込むとたちまち心臓が悲鳴を上げ、体が「重く」なる。
それならば、ヘルパーさんなどが必要になるし、時には「プロフェッショナルの引退」を考えなければならない。
心臓というとコーラが有効だが、果たしてどこまで誤魔化せるかは明らかではない。
自分の今までの業績と、そろそろ若いものに任せるかという境地が必要であり、あるいはおカネの心配なども含めて、両親、特に父親の理解を得ていかなければならない。
裕福な家庭においては、「ヘビーメタルに酔う」などして、周囲の女たちに「モテ」なければならないとされる。
「プロフェッショナルであることの放棄」を意味し、それでいて、仕事の「引退」とまではいかず、ケアギバーの心理を巧みにつかむという側面がある。
ヘビーメタル

ヘビーメタルのリスナーは金銭的に恵まれているため、肉の摂り過ぎに気を付けなければならない。
また、貧乏男二人組にいじめられることもあるため、抗ヒスタミン剤を飲んで眠る人もいるが、レモンジュースでも飲んでおけば済む話だ。
格闘技をやってあばら骨を折ったことがあるほど「いじめられた」のであれば、そのような性格を治してヘビメタを聴くしかない。
檸檬の年頃 AKB48

過度の運動や発汗があっても、腎臓は「一日18リットルの水」には耐えられる。
しかし、出産後の女性は「1ミリリットル」の母乳を生み出すのにその千倍の水を必要としている。
母乳で育てようと思ったのならば、「気が狂わない方がおかしい」のが出産というものに等しい。
そのため、母乳と向き合う女性に「ヘビーメタル」は非常に人気がある。
「プロフェッショナルな仕事と言ってもこの程度」ということが男に分かればよかった。
出産の前に女性たちは「結婚に向かって団結する」とされるが、このような「出産への恐怖」も背景にあるものと思われる。
子供を四人産んだ堀ちえみさんの「舌癌」が知られているが、「水分不足」が原因だ。
太ることを恐れないこと。水分を摂ることを恐れないことが大事だ。
タバコは「水分を過剰に欲しがるようになる」ことから「舌癌」などの口にまつわる癌の可能性を高める。
水分を大量にとったら太ることは覚悟しなければならず、どのみち「体が重い」だろう。
そこでまた「プロフェッショナルとは何か?」という議論に戻らざるを得ない。
タバコをやめろとは言わないが減らしたらどうか?
父の「好みの顔」が娘に伝わるとしたが、「文化の香り」も娘に伝わる。息子にも伝わるだろう。
そこで、タバコは一概に「悪」とは言えないのだが、「重さ」だけは容赦なく襲ってくる。
タバコを吸う人で痩せている人がいるのならば、むしろ不思議であり、首の右側に腫れがないかを見なければならない。
これが堀ちえみの秘密である。堀ちえみブログ

誰もが必ずしも「プロフェッショナル」として成功するわけではない。
タバコを吸う人への差別の方が怖いという側面は指摘しなければならない。
恰好の「いじめの口実」と大人社会では思われるからである。
一方で、日本国のような識字率の案外高い国においては「自らの影響力」に酔ってタバコがやめられなくなる人もいる。
「おばあちゃんには生き方でかなわなかった」ということを骨の髄まで覚えておかないといけない。
酒井法子 エアー~サラダデイズ

NHKに出演したおかげで梅毒に罹ったという人もいるが、一方で、「なぜテレビに出れたのか?」を理解している人は「遺伝子を強くする」とされ、徳山昌守というボクサーは、名護明彦に判定勝ちした後、「国内ランキングをうろちょろしていた頃ならば殺されていた」と語っている。
テレビに出るうえで「なぜ?」は必ず必要であり、「美しかった」からというだけでは病気になる。
アメリカではプロレスラーでも「論文」を書いている。
女性の場合は「周囲の男たち全員が自分に対して勃起している」、男の場合は「自分の女性ファンすべてに自分は勃起している」というものがテレビに出るという意味であり、そのことに慣れていないと心を病むだろう。
テレビに出たかった、そんな言い訳は病院でするしかない。
身内から東大生を出すというのは極めて重要なことだ。
「東大生の俺でもこれほど凡庸なんだ。ビックリだろ?」ということを教えてくれればよかったのだ。
「下痢、激やせ」などを引き起こさないためにも「なぜ?」は必ず必要となる。
なぜ?が分かれば、ルナシーのように「キャリア30年目」を迎えることができるが、ルナシーでも「なぜ?」にはメンバー内部でも対立があることが知られている。
それほど案外みんな健康なのだ。
「ビジュアル系とは差別用語である」(スギゾー)、「ルックスがいいことを楽しんでいた」(河村隆一)などが報じられている。
また、令和天皇のように、たった一人の「なぜ?」のおかげで周囲が「血の団結」をすることも知られている。
自民党の派閥などはそれでできているんだよ。
いずれにせよ、ヘビーメタルだけは一定の答えを「体が重い」「腰が痛い」という世界にもたらしてくれるであろう。
「プロフェッショナルと家庭の両立が困難」だから体が重い、腰痛になるのだ。
命を脅かすような生理での出血なども、「テレビに出れるなぜ?」を知らないから引き起こされる。
あるいは「自分が男の子か女の子か分からない」女の子しか危なっかしくてテレビに出せないことを近年の「家庭」は学習し、大勢のユニット型のアイドル以外にテレビから消えていった。
もう、山口百恵のように「日経平均株価を一人で引き受ける」女性はいないのだ。
アメリカのクレジットクライシスで世界はそのような学習を行っていた。
赤ちゃんの頃に「三種混合」予防接種が義務付けられていた頃は、それを受けていない兄弟の「酸っぱいもの好き」の影響でテレビに出ようと思った女の子もいた。
ファーストキスはレモンの味とはこのことを言う。
「男」こそが女の子にとってテレビに出るきっかけとなることが多いからである。
それでも「なぜ?」は兄弟が東大に入って「俺はこれほどまでに凡庸なんだ」ということを示さなければ、明らかにはならない。
弁当なんて日の丸弁当で十分だという東大生は多かった。
弁当が贅沢な男の子は成績が伸びない。
野村沙知代は「男の子の勉強の成績」に完敗した。「雨と水はどう違うのか?」
ラジオネラ菌(肺炎を起こす細菌)が雨には含まれている。
雨が嫌いという人はタバコを吸うことが多い。
雨は病院と人々を結びつけている。
医者にかかったことのない人がいない理由も「雨」にある。
雨が好きという人ほど健康だと言える。
女性にそのような人が多い。
「プロフェッショナルとは無縁」な人なのだろう。
ヘビーメタルの重要性(プロフェッショナルな仕事から自由になること)は何度も強調しておきたい。
2000年に人類は「マレーシアのボルネオ島で川を利用してトライアスロンをやった」ことから「雨の研究」を深めた。
病人が続出したのだ。
「野菜作りの達人」以外に「病院とつながっていない」人はいないと言っていい。
父親とヘビーメタルを共有しよう。
父親が体が軽くなれば自分も軽くなる。
ヘビーメタル

「賢者は歴史から学ぶ」
大河ドラマでもいいではないか?
今の日本人は決して「人類未体験ゾーン」にいるのではない。
すでに、戦で「ギャー!」と殺し合ったことがあるのだ。
合戦シーンが好きでもいいではないか?
それで体が軽くなるのだから。
「ヘビーメタル」と「信長の野望」「戦国無双」は、スマホの両雄と言ってもいい。

海外旅行に行ったときなどに、寄生虫に感染することがある。
痩せていて、それでいて体が重く、マスターベーションに病みつきになるのは、寄生虫が原因だ。
PCR検査というものは本来これを検査するものである。
寄生虫の抗体ができているかを確認するのだ。
排泄をしっかり行うしかない。
また、マルチビタミンの必要性がここでも指摘できる。
空腹恐怖と異常性欲を感じたのならば寄生虫を疑った方がいい。
アマゾンには「虫下し 人間用」というものも販売されている。
薬を飲まなければ一年かかる治療も、虫下しを飲むと一か月で治る。
雨でも蚊でも寄生虫というものには感染するからね。
ビールが飲めない人がPCR検査に引っ掛かりやすい。
ビールぐらいたしなむ習慣は身に着けた方がいい。
田代まさし

人間は「一点の目的」を目指すと体が凝る。
目的を持つなとはいわないが、セサミンEXなりを飲んで「メディアで有名になった」ことへの免疫をつけなければ腰痛になる。
レーザーラモンHGも、腰を振り過ぎたから腰痛になったわけではない。
メディアに露出することへの免疫が必要だったのだ。
また、「肉を食べる」ことの必要性は指摘していい。
手塚治虫は「ブッダ」において、ナラダッタという僧を描き、菜食主義で体がカチカチで、最後は四つん這いで歩いた人物を描いたが、肉を食わないことは決していいことではない。
颯爽と歩く人を見て「食生活の違い」を理解しなければならないこともある。
「肩甲骨はがし」というものを耳にすることがあるが、ようするに「首の運動」をすればいいのだ。 あんがい、首の可動範囲を広げる努力をするだけでも、肩甲骨は良くなるものだ。 後ろを振り返るのが面倒になったなどの自覚があるのならば試してみるといい。

パソコン、スマートフォン、ビデオカメラ、ウォークマン、昼間からの風呂など、「親とはまったく異なるライフスタイル」がどれほど癌に有効かを知らないといけない。
家庭内でも「趣味、生活習慣」の住み分けが必要である。
仕事以外では口もきかなかった染野助染太郎

カテゴリーという言葉は「賢くなる方法」という意味だが、計算能力やネットとの向き合い方などで研究が進んだ。
「理論と理論を組み合わせたりする能力」のことであり、たとえばKindleでユングが「沈んでいく夕日はおばあちゃん、昇っていく朝日は孫娘」と書いている記述を読み、さらに、医学書で「腫瘍のある人は喉からうめき声をあげる」という記述を読み、さらに、哲学書で「隣の芝生が青く見える、自分は血筋で最高の人間だと思うとガンになる」という記述を読み、これらの「ネットで読んだこと」を組み合わせて「おばあちゃん崇拝こそがガンの治療や予防に最も適したもの」と判断し、実際に臨床試験を行ってみる、それでうまくいくようであれば「おばあちゃんの形見の品」を博物館から取り寄せて両親にプレゼントする、これが「計算能力」である。
「文字は計算するためにある」とも言われ、軍師官兵衛のような愚か者を「計算能力がある」とは呼ばないのが現代社会の現状である。
大腸ガンというものも、タバコを30年吸ったら腸が弱くなる(おならと便の区別がつきにくくなる」ことを意味し、おばあちゃん崇拝で改善する。
小野光太郎医学大全。

人間は自分なりに自己完結しているものだ。
しかし、世界の学問の水準を尊敬し、世界ランキング2位のスタンフォード大学をしっかりと吸収する必要がある。
「自分は賢い」と思うのならば医者や弁護士にあまえるのはやめたらどうか?
左腕は覚えておくためのもの、右腕は忘れるためのものという記述を哲学書で読み、「パーキンソン病は恐怖から震えている」という記述を医学書で読み、忘れたいことがある、あるいは恐怖から震えているというのがパーキンソン病だということを掴み、「要するに人間の本能である右パンチが打てなくなるから恐怖を感じるのだろう」という結論を出す。
これが「文字は計算するためにある」というものなのだ。
ガンやパーキンソン病を治すために色々な文献を読む医者はいるが、世界ランキング2位の大学の論文から逃げるのならば、それで自分は頭がいいなどと言えるのであろうか?
臨床試験は「女性でやってみる」のが正解だ。
怒って殴りかかってこないからである。
このような「言葉の組み合わせ」をやるためには読書歴がいちばん重要であることは言うまでもないが、自己完結していないで、「自分以外の人間と接する」ことも必要だ。
世の中には「出産を経験した女」がおり、男の自己完結では理解できない存在がある。
本を読んだらいったん胸にしまっておいて、人と話すことも必要なのだ。
机上の理論だけではどうにもならない、それが人間社会だ。
政府にお金を回したければ、街に出て女たちと話してみる、これが政治家や宗教家の仕事であり、「言葉は計算するためにある」と言うことを踏まえて、策を弄しても何もできないのが世界の潮流だということを知る必要がある。
実際に、ガンやパーキンソン病は私がこの記事を書くまでみんな「不治の病」だと思っていたではないか?
これが世界レベルというものなのだ。
夏のクリスマス おニャン子クラブ。

人間行動学の本で「女性は初対面で気に入った男性の前では体をゆっくり揺らす」という記述を読んだが、男でも足をゆらゆらと揺らす人がいたことから「男色」も分かった。
英語の文献から日本人にアプローチするという発想はなかなかないものであり、私もかつて、自動車レースの洋書を読んでスーパーマリオカートを攻略した頃からこのような発想に気がついている。
言葉によって計算する、しかも世界トップレベルの文章でこれを行うという営みは、医学の世界であっという間にスターダムにのし上がった。
「目の前にいる人」の行動や振る舞いの特徴をすぐに調べる、これが医者の力量だ。
Qlair 君住む街。

「貧困から脱する時に人は立ち上がり、健康に関する情報もお金である」と医学書に書かれているが、ライバル関係にある者同士や、お金を請求する電話などの場合は「立ち上がって」話した方が話が有利に進むということも指摘できる。
家庭内で寝そべりながらお金の話をしてもうまくいかないことがある。
見たこと、経験したことを医学書や哲学書で調べてみるのも「賢さ」というものだ。
絵画や映画などの解釈の役にたつだろう。
私の父は常に「立ち上がって」電話をする習慣を身につけている。
それだけで出世してしまうのが人間というものだ。
世界的権威の医学書や哲学書を持っていることが「賢さ」につながるのであり、人体の完全性(ホメオスタシス)のことを賢いとは言えない現状もある。
どこかで己を思い知るだけだろう。
映画「独裁者」。

作家という仕事は「栄養分のとりすぎからくる多汗症」になりやすい。
一食抜いてサプリメントを飲むと体にいいメッセージになり多汗症は治る。
本来、フォイエルバッハが「構造を指摘するだけで世界は変わる」としていたのだが、メッセージだけで治る病気には他には花粉症が指摘できる。
「歴史が変わることへの免疫(免疫グロブリンE)がないからでしょう」というだけで花粉症は治る。
しかし、「恋話に詳しくて信頼できる人」が言わなければ効果はない。
そのために医学と哲学は車の両輪のようになっている。
あなたはデブでもいい人だから。

痛みがほとんどなくても便器が鮮血に染まった、それがトラウマでじわじわと肛門から血が出るようになるのを痔という。
自動車事故のトラウマでめまいや吐き気がすることを「むち打ち」という。
トラウマだと割り切ればお風呂に入って神経を癒すしかない。
糖質制限を行うことも神経を安定させる。
小さなバスルームで。

言葉の組み合わせ方にもいろいろあるが、男が勃つか勃たないかが基本だ。
その次に、どれほど男が「口説くのがうまい」か、そして二人の関係、デートの方法、見た目、国が二人をどのように扱っているか、そして二人の振る舞い、その中にある「情熱」を見る。
たとえば、有名なアーティストで、笑顔を作るのが下手な女性がいて、男が常に隣にいるとする。
「笑顔を作るのが下手な女性はセックスできない」ことは医学書に記されている。
しかも、男も滑舌が悪いことから覚醒剤をやっていることが分かる。
デートはオリジン弁当などかなりの遊び好きのようだ。
国は彼らに「生活保護」という扱いを与えた。
それでも二人が一緒にいるためには「覚せい剤を用いてでも一緒にいなければならない」という情熱があったのだ。
ドリカム Love Love Love.

赤ちゃん肌のように毛が無い男で、赤ら顔の男がいる。
「買った飲み物」(ナトリウム)を摂取しなければ赤ら顔は治らないし、自分の限られた場所の毛を見ると気持ちがいい。
逆に「女の陰毛」を極端に嫌う。
そのため「後背位」しか好きな体位がない。
買った飲み物を子供のころから飲んでいると発達障害になる徘徊癖がつくが、そのあたりは親の教育というしかない。
しかし「大人になった後が大変」という側面がある。
生まれた時に「お母さんが女の子だと判断した」から体内に電気が走り、全身脱毛されているのだ。
つよぽんのおしっこを光一が飲む。
これが二人の愛の強さを表現している。
赤ら顔で体毛がない人は「禿げたらおしまい」という側面がある。
とにかく、「よく眠る」のが赤ら顔の男であり、面食いですらない。
「飲みながら仕事をするか眠るかのどちらかにするんだな」
マザーファッカーで「お母さんの言いなり」の男は、お母さんの子育ての成功体験から「買った飲み物」を大人になっても飲まない。
これが寿命を大きく縮める。
お母さんもどこかで頭を切り替えないとね。
また、日光に晒す顔や腕などをケガするのも致命傷になりかねない。
スポーツの才能はないと言っていい。
キンキキッズ Kanzai boya 有名政治家で、シャツをズボンの中に入れている人がいる。
これは「輪に加わりたいけどできない連中がいる」ことを意味する。
バスでは奥まで進めることから肝臓は良さそうだ。
お小遣い帳をカレーを食べる時までつけていることから一月に1万8千円のタバコ代を使っていることも話していた。
「いざという時に命を救われるお金なんでしょうけどね」と笑いながら話した。
これらのことは目の前にいる人の特徴から、「ハリソンの医学書」Harrison's Internal Medicine(ダウンロード二万円程度)で「pants」「note」などを検索キーとして入力し、「音韻論」と呼ばれる「単語の違いにとらわれず、言葉が似ている」ことから該当箇所を読んでみて、実際に問診してみることから探っていくやり方である。
麻生太郎答弁。

これらの病気のすべての出発点は「馬並みではない」ことから始まっている。
男が「馬並み」だったら男女は沈黙したまま日常を過ごすだろう。
「男が話さなければならない」
これが病気の理由であり、女をも巻き込むものだ。
日本が「学問先進国」だと認知されるのに時間はかからない。
また、男が「馬並み」ではないから、処女にこだわる女が生まれている。
心のルール 穴井夕子。

アリストテレスは、なぜ男女を共存させたのだろうか?
それは「馬並み」でない男がいて、「勝敗を決めなければならない世界」があったからであり、また、「関係を明確にしたがる女」がいたからである。
馬並みの男は何も望まないとされ、なんの可能性も自分に期待していなかったし、実績もなかった。
「女をめぐって争う」
これ以外に人間が知識を発展させる理由もなかった。
世界が、中途半端に小さい「日本人のおちんちん」に恐怖を感じた。
日本国に男女の共存を実現させ、口説き文句を文壇が流し、それで本当に女をモノにする男が出てくる、このことを「民度」と呼んでいたのだ。
世界は日本国が「哲学はつまらない」というのをひたすら待った。
国民の金融資産は1500兆円に達し、中途半端に小さいおちんちんは、行き場を見失った。
「王朝が若き哲学者の登場で変わる可能性が出て来た」
世界が日本の天皇家を憎んでいたことがわかった。
「日本人に"いい試合をありがとう"と言いたかった」それが馬車馬のように働いたモーレツ社員たちへの世界の考えだったし、ゲームをしてくれない天皇が憎かったのだ。
世界が日本とアカデミズムのギャップを感じていたし、日本から来る交換留学生があまりにもつまらないのにガッカリしていた。
「面白い人と話したいだけ」
それが世界の指導者層の考えとなっていた。
男は無我夢中で働いていれば、彼女が今日の日付を教えてくれた。
いじわるねダーリン おニャン子クラブ。

世界の叡智は「馬並み」の男には味方しなかった。
精神医学も「小さなおちんちんがなければ存在意義がない」と考えて、精神医学の消滅の危険を「馬並み」の男に感じた。
よりロマンティックに、それはデカルト以来の「恋」の伝統だった。
男が勢ぞろいしたら偏差値で比べたりスポーツで比べたかったのが世界であり、「馬並み」ならば「何も起きない」ためにつまらなかった。
世界が退屈しないためにもアジアへの期待感は高まっていた。
ワールドカップの歴史もいずれは変わっていくのだろう。
フレッジは「10万人とセックスした性豪」と噂されたが、医学と哲学を車の両輪としたからそのような噂が流されたのだ。
アジアの純真。

医学書で「痛風」というものを調べてみると「白い女」という言葉が出てくる。
つまり、美白の女やロシア女のような色白の女とセックスすると首やお尻に発疹が出て、太陽に当てると発作が起きるとされる。
ファイテイグ原田はチャンピオンを引退するまで童貞であったが、「色白の女」がどれほど足腰をダメにするか?あるいは作家としての文章に悪影響を与えるのかを理解しなければならない。
中学生で膝に水が溜まる奴もいる。
日本の歌謡曲は世界一であるし、ファイナンス力も世界一であるが、お金だけではどうすることもできない「足腰の強さ」が白人国家にはある。
ワールドカップロシア大会もよくやった方だと思うね。
こっちは最初からレッドカードが1人いたようなものなのだ。
CoCo The first snow.

髪を染めたり、家を塗り替えたりするのも「もはや昔の自分に戻れない」からである。
セックスは私有財産である。
お金を手にすることを意味するが、足腰にくる、脳にくるということから髪を染めたりするのだ。
人間は食べ物で動くが、足腰にきてしまうことだけはどうしようもない。
旧古典派のガチンコ勝負になるU25と新古典派の世界の日本代表のどちらが強いのかは分からないが、どちらとも言えないだろう。
全力を尽くしたのだ。しかし足腰が動かない、何かを変えなければならない、そう思って髪を染めた。
ワールドカップは壮大な医学実験なのである。
世界中の医者が「アジア勢」の敗退を目の当たりにした。
「白人になりたいから髪を染めたのか?」
高さを生かすと言っても足腰が強くなければ意味がない。
丸いボールをひたすら蹴る世界で、医者や政治家、哲学者、スポーツビジネスマンが何を見ているのかを知って欲しい。
金と女が複雑に入り乱れた世界で、選手は消耗品となっていたのだ。
何かを証明したのならば「カップ」ではなく「ティーカップ」を世界は選手に与えるだろう。
しかし、色の白い女という問題に対しては「たっぷり眠れば問題はない」という割り切りも必要だ。
ワールドカップ日本。

宮中某重大事件とは、「女の色の白さが見抜けないのか?」というものであり、久邇宮良子の顔色の白さのことを言っているものと思われる。
当然、天皇明仁の「好みの女性」は「母に紹介できる人」となっており、天皇明仁は「軍務につけない痛風男」となる宿命にあった。
「髪を染めても顔は日本人」
DA YO NE.

蕁麻疹も、恋愛論をよく勉強していないのに、彼女といい仲になれることから、熱が行き場を失って引き起こされるものだ。
(スウィートシンドローム)。
私は子供の頃の、薬疹のトラウマで哲学の才能に目覚めている。

【骨盤の脱臼に興味がある方はここから読んでください】
私の場合は、腰痛は「精神的なもの」と医者に言われていたが、自分で英語の外科の医学書(サビストン)を調べてみたら、五年前にプロレスラーを殴った時に骨盤を脱臼していたらしい。
仰向けに寝ると腰が痛いため、横を向いて寝ていたが、医学書によると「片膝を立てて仰向けで横になり骨盤が入るのをひたすら待つ」らしい。
心電図で「左脚前衛ブロック」と言われたことがある人は試してみてください。
骨盤が「入る」時は結構、痛いけど、その辺はやり方を知らないと一生、治らないと思って辛抱しなければならないね。
日本の「特別な施設」では暴力事件を起こした人は皆、「腰砕け」と言われる罰を受けるらしい。
その治し方がこれだ。
心当たりのある人は試してみてほしい。
のちにデイケアでストレッチを教わるが、少なくとも日本では「治すつもりがない」ことが以下の動画でわかる。
デイケア ストレッチ。
真面目になった人には「出口」をしっかりと作ってあげる必要がある。
骨盤の脱臼の治療法は、正確には以下の写真のように「脚を吊るす」ようだ。
私は脚をちょうどいい高さの台に乗せてやってみた。
外した方と反対の骨盤に痛みが来て、それを耐えるとガクンガクンと関節がハマっていくのがわかる。
試してみて、「骨盤が冷たくなった」などの有効性がわかれば、ロキソニン(筋肉を緩める薬)や痛み止め(タイレノールなど)の助けを得て、最後まで治してしまおう。
なにしろ終盤は痛いからね。
麻酔なしで耐えられる人がいるとは思えない。
「吊るす」と言ってもそのような器具はないでしょう。
私は、右足を90度に曲げるのにちょうどいい台の上に足を乗せました。
なにしろ「渡米」しないでこの病気を治した日本人は私だけなのです。
「二匹目のドジョウ」からのいい知らせを待ってます。


骨盤矯正の正確な写真。
サビストン16版1599ページ。

刑務所でテレビを投げたマイク・タイソンは「腰の痛み」に悩まされ、キャリアは斜陽に向かった。
タイソン ルイス。
腰の治療法総集編。
要するにこれができなくなるんですよ。
後ろ受け身 整体に行くぐらいならば「後ろ受け身」をひたすら練習したほうが安く上がります。
また、骨盤が「ガクン」とはまるのを確認しても、「回転の安定性」を維持するリハビリが必要になり、これを怠ると腰痛が一向に治らないだろう。
何度も念を押しておくが、「骨盤がはまっても、腰を回転させるリハビリを行わなければ痛みはひかない」ということは忘れないでほしい。
体の筋肉のどこが弱いのか?自分のどの動作が弱いのかを確かめるのにはラジオ体操がきわめて有効だ。
ラジオ体操
私は、ラジオ体操をやってみた結果、「デッドリフト」の運動の必要制に気がついている。
デッドリフト
働きすぎで腰が痛い人は、2~3日休みをとって、お風呂に入ったり、メトロノームを聞きながら「仰向けで」横になるしかない。
横になっている時に「カウントする」ということの有効性をメトロノームで知るのだ。
メトロノーム60BPM 腰のことを英語で「バック」ではなく「ヒップ」と呼ぶ。
実際に、「仰向けで寝る」という訓練をメトロノームを聴きながらやっていると、股関節が外れるんじゃないかというぐらい痛みが走った後に快楽に変わる。
アメリカの医学では「モルヒネやアセトアミノフェンを使ってまで痛みに耐えろ」としているので、いかなる痛みにも「メリット」しかないことを意味している。
腰というものは「バック」ではなく「ヒップ」と呼ぶと言うことの意味を「仰向けで寝る」ことから体感してもらいたい。
ロキソニンを飲みながら、メトロノームを聞いて、仰向けで寝る訓練を始めて二日目。
今まで行くのが面倒だった店で昼食を食べ、楽勝ムード。
しかし、メトロノームに飽きて、午後からタブレットで野球を見ていた。
とにかく、「股間が痛い」ということから気が付いたのが、相撲の世界の「また割り」である。
抗炎症剤と痛み止めを飲んで、股間の「また割り」をやれというのが要するに英語の医学書の趣旨なのだろうか?
それほど、腰痛患者に「仰向けで眠らせたい」という医学の側の願望が強いのだ。
骨盤の脱臼は別の治療法を考えなければならないが、
腰痛の場合は、「内科的には仰向けで眠る」こと。
「外科的には、左右のお尻を入れ替える運動をすること」が英語の医学書に書いてある。

左右のお尻を入れ替える(動画)ハルカマニア

マイク・タイソンも、頭の上に重りを揺らしながら「左右のお尻を入れ替えている」つまり「腰を鍛えている」のが分かる。
「腰痛への外科的アプローチ」をするのならばこれをまずやらなければならない。
タイソン動画

内科的アプローチは「仰向けで眠る」ということであり、外科的アプローチと内科的アプローチの二つは基本としなければならないだろう。

いろいろ研究したけど、最後には「神経痛」の研究をしなければならなかった。
思春期に「猫の方が可愛い」と言われて、「子供の頃の食生活が変わってしまった」
ことなどが神経痛の原因となる。
「すべてお父さんに任せておけばいい」
「マーガリンの乗ったパンにジュース」
などという発想が必要になってくる。
後ろ髪ひかれ隊 今日はサイコー

どうしても腰痛が治らない場合は「結果の見えない仕事」を放り投げて、横になりながらディスコグラフィー(自分の好きな音楽)を聞くしかない。
仰向けで眠ると、起きた瞬間、背中の筋肉がギュッと引き締まるのを感じる。
この時に、背中の筋肉が正されているのだ。
それでようやく、「腹筋運動が腰痛には有効」という意味が分かるようになる。
子供の頃、腹筋を鍛えなかった人はほとんどいないだろう。
腹に力を入れるだけでもいい。
あらゆる「腰痛の原因」を潰していき、「タバコ」=腰痛の原因という図式が明らかにならなければタバコをやめられない人もいる。
タバコを吸うと痛い・走れない、となるとタバコをやめるしかない。
そうなると、浮いたタバコ代を宗教団体に献金しろというのが旧約聖書の考えである。

私が今まで述べた「骨盤矯正」「ラムネを飲む」「仰向けで眠る」「子供の頃の食生活を思い出す」「結果の見えない仕事を放り投げて、ディスコグラフィーを聞く」などのやり方を試してみて、「腰痛へのアプローチの方法の多様性」が分かってくると、生活がいろんな意味で豊かになっていく。
そこで、「カイロプラクティック」「漢方」「同毒療法」「ローリングストーンズを聴きながらコークを決める」などの「さらなる多様性」を覚えると、腰痛があなたの人生にどれほどの豊かさをもたらしたかを悟るだろう。
そもそも、19世紀にアンドリュー・テイラーが「細胞には固い細胞と柔らかい細胞がある」ということを指摘していたことから引き起こされた「腰痛談義」であるが、マッサージなどもあり、カイロプラクティックの世界は、外科医を「独占禁止法で敗訴」させてしまったのだ。
「固い細胞と柔らかい細胞」の存在が、このような「文化的生活」論争に波及したのだ。
私の場合は「夏の腰痛はキツい」というイメージがあったのだが、アルカリ性の飲料水(スポーツドリンクなど)を大量に摂取すると、腎臓が「メタボを防ごう」として活発に動くことから、「ビタミンB12不足」という原因が、英語の医学書の巻末の方に指摘されている。
たけしの「目、肩、腰に、エスファイト」というのは特に夏の腰痛のことを言っている。
私はアリナミンAを飲むことにした。
あるいは「リンゴジュース」「ブドウジュース」また、端的に「果物を食べる」という「ボクサーの知恵」なども腰にいい影響を与えるものと思われる。
エスファイト たけし

多少、宗教的な話になるが、奈良仏教で「三度生まれ変われば悟れる」という顕教があり、これは「父が射精をし、息子が射精をし、孫が射精をする頃には悟れる」という意味である。
腰痛も「遺伝」とくに「優秀な遺伝子」からのアプローチが可能であり、息子との戦いに疲れた、あるいは、親父との戦いに疲れた、など、男は戦わなくてはならない理由があるということが指摘できる。
このような場合は、父、子、孫で「家柄の話談義」を身内の話題として話すことや、心臓に優しい音楽(瀬戸朝香 マイホームタウン)などを聴くといい。
瀬戸朝香 マイホームタウン 何をやっても治らないというイラつきもあるだろうが、「原因不明の寝汗をかいた」というあたりから腰痛が悪化した人は脳腫瘍を疑ってみたほうがいい。
脳腫瘍といっても「熱いお風呂に入ると汗で溶けてしまう」ものであるが、心臓というのは脳幹反射によって動いており、脳腫瘍を溶かそうと思って熱い風呂に入ると、脳幹反射で、心臓が熱い風呂を拒絶する。
このような現象が見られるのならば、あなたの腰痛は脳腫瘍が原因だ。
熱い風呂につかって、治してしまうしかない。
中学生の時に、棒高跳びで背面飛びが得意だった人は、一流大学に入り、筋骨隆々としているはずだ。
なぜならば、一番勉強やスポーツが伸び盛りの時期に、「熱い風呂」に入っているからだ。
いずれにせよ、脳と腰の関係というアプローチも「新たな可能性」として提示したい。
湯名人

私が現在たどり着いた境地は、「低血圧過食症」である。
一日三箱のタバコを吸い、執筆活動をし、一日五食食べる。
こんな生活にも「対処法」はあるのだ。
リクライニング式のベッドで頭を高くして眠るといいのだ。
タバコをやめろともメシを食うなともいわない。
「ベッドをリクライニング式にして頭を高くして寝ろ」とアメリカの医者は言うのだ。なんとも贅沢な話である。
リクライニング式のベッドで横になると、退屈なので「テレビをつけてしまう」のだ。
その「テレビ」では、やれマッサージだの何だのと「健康番組」が多く放送されている。
その中には必ず「これだ」というものがあるのだ。
テレビを見る習慣を失う、そんな人が腰痛になっている。
リクライニング式のベッドで寝ろというのはそのような意味だった。
テレビというのは「就業規則」とも呼ばれ、「働く気が起きる番組」が多く放送されている。
就業規則も読まずに働く行為を戒めるものが「リクライニング式ベッドで寝ろ」という意味だった。
さらに、一日中、リクライニング式のベッドで横になりながらテレビを見ていると「ひとりで抱え込んでいたものが発散される」という効果も見込まれ、「体が軽くなる」という指摘も可能である。

私は最終的には、脊柱管狭窄症を疑ったが、これは「肺が脊柱を狭窄している」ものであり、減煙と背筋スクワットでどうにかなるものだ。
うつ伏せになるのがつらいという人はみんなこんな感じだろう。
変に手術だの注射だの医者に言われるよりは「理解するだけでいい」ものである。
私が今まで述べた「治療法」をやっていたら、いざレントゲンを撮ってみると「骨のとげがある」(骨棘・こっきょく)と言われた。
脊柱管狭窄症でも椎間板ヘルニアでもなんでもなかったのだ。
骨棘の治療法を調べてみると「ブルセラ」という言葉がたくさん出てくる。
つまり「女子高生芸術をエンドレスに聴く」「レッドブルを飲む」などが考えられる。
レッドブル翼を授けるとはこのことだろう。
ヘルニアの手術をしたとか、鉄板を入れたとかのことがない限り、「7週間かけて感染する文化を柔らかくする」作業は有意義なものとなるだろう。
「ブルセラ」と医学書に書いてあるものの、ようするに「何を見ても面白くないと言う王子」が腰を抜かすようなエロい動画を見た時に、腰全体が元気になる(アヒンサーの中のクンバカ)ということを言っているものと思われる。
アヒンサーというのは、組織の頂点に立つためには世の中をもっと知らなければならないという意味の仏教用語であるが、王子は「何を見ても面白くなかった」のである。
そもそも、「女子高生ってなんで最強なの?」と言われると、発展途上国の研究からはじめなければならない。
いろんな病気の「ワクチンの都合」から、女子高生ぐらいの年齢の女のほうが「きれいな母乳が出る」ものなのだ。
そのため、発展途上国では婚姻年齢が低い。
日本国のような先進国では「目の保養」として利用するにとどめ、さらには、エジプトの言い伝え(エジプト王朝がイエスキリストに滅ぼされた理由)が「19歳までセックス禁止」ということから、女子高生は「大人たちの腰を癒す」にとどめ、その代わり、19歳になったら「シルバーリング」などの贈り物をしたことに「腰」の問題は起源がある。
「重心を低く」「アンダーニース」「腰をうまく使え」などはすべてキリスト教の教えである。
「ワクチン」も原理を考えたのはイエスキリストであると考えて差し支えはあるまい。
新田恵利 トラディション

クンバカ(女子高生を想像したマスターベーション)は、腰の神経系統全般を修復する効果があるようだ。
全治7週間とされるが、1週間で相当効果が出た。
痛みの位置が「歩くのに都合がよく」なってきたのだ。
人間は「耳」から学習するとされ、高校時代に聞いたCDを聞くと、なぜか全身が動くようになる気がする。
私は、「全治七週間の一週間目」を終えたが、クンバカもやったし、昔を思い出してシャドーボクシングもやった。
バスから中学が見えたが、みんな元気に走っているのが見えた。
私は、刑法学者の団藤重光が「クンバカ」を「罪深い」と言っていたことから、大変な苦痛を味わうこととなった。
「罪」とは何かをよく理解しなければならない。
団藤重光は「今こそ死刑廃止論を」(1996年講演会)において、オウム真理教事件のさなかに「死刑廃止」を唱え、「既存の宗教団体にもっと頑張ってもらいたい」と発言していたが、団藤自身が「クンバカ」の有効性を認めていなかったのだ。
クンバカも、行った後にカルシウムサプリを飲む(カルシファイ)と有効性が増す。
視力が悪くなったなどの理由が背景にあり、老化にともなうものでもあるため、カルシウムが必要となるのだ。

Melody シルバーリングに口づけを

ガンの治療を経験した人の場合、姿勢が前かがみになる腰痛は、休んでも良くならないものであるが、ガンを経験していないのに姿勢が前かがみになるのであれば、休養がきわめて重要になる。
土日は仕事をしない(サバチュード)などの発想が必要となるだろう。
やたらと業績を欲しがって人のものまで横取りすると結核になるし、高熱を出す。
そのような経験がなくても「汗だくになって目を覚ました」などの経験は腰に悪影響を与える。
腰の脱臼のトラウマも大きくあとを引く問題だ。
腰の脱臼のトラウマをなくすためには湯治ぐらいしかないだろう。
クンバカをやったら「痛みの位置が上に上がってきた」のであるが、そのような効果が見込まれるのならば「規則正しい食生活」つまり「痩せる」以外にないだろう。
私も職業が作家であるため、基本的に「休日はない」ことになっている。
自宅での作業となるため「トイレに行くのにメリハリがない」なども問題となる。
前かがみになると肺が腰を圧迫するが、肺が腰を圧迫することを脊柱管狭窄症と呼ぶのだ。
私のように、大した医者の診断も受けていないのに「あまりも腰が痛くて歩くのが疲れる」のであれば、「悪い姿勢で座った状態」を解消するといういちばん簡単な結論が出せる。
あるいは「精神的なもの」って何?
と思うかもしれないが、子供の頃の性的・金銭的・肉体的虐待がトラウマになっていたりするため、欝や心配事をなくしていかなければならない。
写真を見て、なんらかの対処法を考えるのであれば、「カスケード現象」つまり「次から次に悪い場所が出てくる」ことだけは防がなければならない。
医学書を見て「これだ」と思う対処法を明確にしなければならないのだ。
私も、執筆活動をしている椅子と机が悪いという簡単なことに気がつかずにカスケード現象を引き起こしたが、「腰が痛い」というのはその痛がっている人を興奮させてしまうものだ。
写真を見て手術するなり注射をする分には私は何も言う立場にはない。
しかし、神経がぶち切れている以上、クンバカが6~8週間経っても効かないというのであれば何らかの対処法を考えなければならないだろう。
また、私はかつてはボクシングをやり、ボクシングを観る習慣があったが、実父が「村田諒太の試合を見て失神した」ことと、運転を父親に頼りきっていたことがトラウマとなり、ボクシングを見るのをやめてしまった。
運転中に父親が失神するという「悪夢」を何度か見たし、それ以降腰痛が悪化した。
あんがい、「悪夢」「トラウマ」についても研究しなければならないだろう。
「空気が悪いな」ということからトラウマというものは明らかになるが、運動にせよ食事にせよ「ときには冒険も必要」ということだろう。
「運動と食事」は、肺を通じて腰を圧迫する。
それを自分にいちばん都合のいいものにするしかない。
トーマス・ハーンズ

女性の中で「原因不明の腰痛」に悩まされている人がいるのならば、「子宮筋腫の後遺症」と考えるしかないことがある。
「39種類のアミノ酸・ビタミン・ミネラル」のような錠剤を「ワクチン」として摂取するしかない。

首の痛みも背中から放射線状になっている場合は、「胃の出血」の後遺症であることがあり、買い物袋をぶら下げていることから分かる。
ニトロ(コカコーラ)を飲む習慣がなかったり食わず嫌いがあったりするのだ。


肘の脱臼も、ピッチャーは左右対称でないから起きる問題であり、「左腕に改造する」などの時間をかけるぐらいでないと完全には治らない。
骨盤矯正している人ならば、大谷翔平や田中将大の「肘の故障」が簡単ではないことが分かると思う。
左脳の「言語野」が右利きの人は95%〜98%であるのに対し、左利きの人は70%〜78%であることから「言語障害」の問題を考えて、手首の腱を肘に移植するトミージョン手術がいちばん現実的なのは事実だ。

腰の脱臼が治っても、「腰が曲がっているではないか?」と思う人もいるだろう。
仰向けで寝て、両足を浮かせるという「テスト」がある。
テストと呼ばれる以上、満足のいく回答が得られるまで続けよう。


腰の脱臼ににせよ「お尻の病気はアメリカンフットボールのタッチダウンポーズ」が有効だとされているため、私は相撲の日馬富士の独特の立ち会いを真似してみた。
めまいがして熟睡してしまった。
眠るためには有効かもしれない。鬱が治るし姿勢が良くなる。
日馬富士。

貴乃花も「立ち会いで膝が入った」という有名な取り組みがあったが、相撲の世界は案外、奥が深いね。

HIVになると女性は笑えなくなる。つまり、「1人の男とセックスできない」ために笑えなくなるのだ。
「この男のおちんちんで十分」と思えると素直に笑えるようになる。セックスの敵地では人間は笑えないようだ。
rebecca smile.

B288610859d84acdab42c2e55d69afc2

この写真を見てほしい。
「腰痛は温めれば治る」と言われる根拠がこれだ。
何らかの運動により「血の塊」が腰にできていて、それを「溶かす」必要があるのだ。
スポーツドリンクを飲みながら行うとますます有効だろう。
お風呂で、腰のあたりまでお湯を入れるだけならばあんがい高温でも長時間耐えられる。
私も、そのようなことを行っているが、整形外科で温めてもいいだろう。
椎間板にまで痛みが及んだ場合に有効であり、終わった後は意識レベルが低下するのでベッドサイドで人に看護してもらおう。
なにをやっても「腰痛が治らない」のならば、台風や地震の時に自分が何をしていたのかを思い出そう。
私の場合は、停電になると水道やガスも止まるため、それがトラウマになっていた。
交通も公共の交通機関に依存しており、車は持っていない。
完全に「自分の足腰」だけが頼りだったのだ。
これはつまり「PTSD」である。
緑茶やコカ・コーラを飲んで治すしかない。
もちろん「仰向けで眠る」ということは当然のことと考えなければならない。

私は英語を勉強しすぎて、日本語の漢字が特に苦手になっている。
タバコやジュースをなぜか「左手で」吸ったり飲んだりしていたのだ。
「左のものが右にある」
これが「椎間板ヘルニア」の原因である。
みんな「右手で」ポカリスエットを飲んでいるではないか?
ポカリスエットCM

それでも腰痛が治らない人は、体力消耗が指摘できる。
強心剤としてコカ・コーラ、筋力増強剤としてチョコレートを食べてみるといいだろう。
チョコレートは確実に筋力を増強させる。
あらゆる腰痛に有効であろう。
しかし、調子に乗って食べ過ぎるとメンタルに悪影響を与える。
そのあたりをうまくコントロールできるのであれば、チョコレートは「腰痛の万能薬」となる可能性がある。
チョコレート魂 松浦亜弥

腰が痛いと、同時に背中にヒリヒリと痛みが走ることがある。
これは、「体の自由度」が奪われたことから起きることであり、立ってみたり、深呼吸をしてみたり、腕立て伏せをしてみたり、ベッドに足を放り投げてみたりして、「体の自由度」「背骨ってもっと自由に動くものなんだよ」というメッセージを体に送る必要がある。
足やお尻が原因であることが多く、それを踏まえて、からだの自由度を表現する習慣をつけるしかない。

どうしても腰痛が治らない人の中には、腰に「スミル」などの塗り薬を塗っている人もいると思う。これは「ブルサ」と呼ばれるものであり、自分の唇が渇いていないかをよく考えて、リップクリームを唇に塗るなどの対処法を考えなければならない。
いけないルージュマジック

腰が痛いと、「全力疾走(スプリント)をする習慣を失う」ことから背中が痛くなることがある。
下手に医者に「背中が痛い」というと皮膚科に回されたりして面倒だ。
とにかく、その場の足踏みでもいいから「全力疾走する真似」をすれば背中の痛みは治る。
地球は宇宙の中心ではないから、砂浜には「波」が生じる。
「自分は宇宙の中心ではない」という感覚が病気を癒すとするのならば、そのようなBGMを聴きながら横になるのも有効だろう。
波の音

後ろの腰に手を当てて、骨盤が「左の方が出っ張って」はいないだろうか?
これは明らかに「ケガ」であり、バスタオルを腰に巻いて、今までできなかった「走る」という動作をその場でやってみる必要がある(エアスプリント)。
バスタオルと表現したが、要するに「ベルトを骨盤にきつく縛り付ける」ことによって、ベランダなどで「エアスプリント」をするのだ。
ベルトで矯正して、「その場で走る真似をする」ことは、以下の写真の骨盤のゆがみを矯正するものだ。
43b91642164d4eab95546981f7038736
さらには、縄跳びの真似をできるようになればだいぶ骨盤の安定感は増すだろう。
「背筋が曲がってきた」
これは腫瘍が原因であり、「おばあちゃんを崇拝する」という基本を踏まえて、「埋めるなべらんめえ」というような熱い風呂に浸かるしかない。
また、「首を使う習慣」を失っても腰は曲がる。
「上から下」(ダウンヒル)に血液を流さなくなることから、首を使わないと腰が曲がるのだ。
また、手首を振る動作をしなくなると腰が曲がる。ボールを投げる習慣を失うなどの事例である。
背伸びをして「10センチ上」をとらえる習慣を失っても腰が曲がる。
酒井法子 17ビート

立位体前屈が苦手な人も腰が曲がりやすい。前屈運動をしよう。
ホームランの映像を見るなども腰を伸ばすのにいい。
メジャーリーグ・ホームラン

バンジージャンプの映像も腰を伸ばすのにいい。
バンジージャンプ

起きる前に布団で完全に「丸まってしまう」のも時には必要となる。腰を伸ばすのだ。しかしせいぜい40分程度にしておこう。
骨盤の悪い人は、ちびちびと少しずつ小便をしてはいないか確かめよう。
腰にも「アドレナリン」が存在する。
ガーと大量に小便をする習慣を取り戻してみよう。
尿道周辺にも「筋肉」がある。
これが弱ってくると「骨盤」にダメージを与えるのだ。
また、「独学」ではなく「トレーナーの指導の下でのトレーニング」も案外有効だ。
骨盤矯正の指導を受けるのもどんなトレーニングであっても否定はできない。
私も、マイクロ波やウォーターベッドなどのリハビリを受けている。
トレーニングとまでは言えないが、「トレーナーがいるトレーニング」に類似した効果が期待できる。
「食事の時間が不規則」というのも、胃に腫瘍のようなものができ、骨盤を圧迫する。
左の骨盤が痛いというのならば「おなかが空きやすくはないか?」「かなり不規則に食事をとってないか?」を確かめた方がいい。
イベンダー・ホリフィールドは「一日6食、一日6回のトレーニング」をやっていた。
その求道心には敬意を表するが、骨盤にとってはいいことではなかっただろう。
食事の時間にはいくら食べても構わないが、「食べたいときに少しずつ食べる」というのでは胃に腫瘍のようなものができ、骨盤に悪影響を与える。
骨盤の悪い人はとにかく「落ち着かない」「じっとしていられない」という特徴を持つ。
おしっこを「ガー」と大量に出す、食事をとるときは多めに食べて、「食べたい時に食べる」という習慣をなくした方がいい。
「たくさん食べてくれる」のは「大切」なこと。
藤本美貴 大切

姿勢の悪さは通常は「背中の痛み」を訴えるにとどまる。
腰が痛いのならば「足」「お尻」を見なければならない。
また、「背伸びをする」時のように、かかとを上げる習慣が歩くときには存在する(ヒールパーカッションサイン)。
ただ無責任に「歩け」というわけではないが、かかとを上げる習慣が足やお尻の筋肉を鍛えることは指摘していい。
かかと「ヒールパーカッション」で彼女に負けている。
SPEED Confusion

横になって「足だけを持ち上げる」ことができるようになれば「治った」と言えるのだろう。
いずれにせよ、「ガー」と大量におしっこをする習慣つまり「尿道」というものが腰痛の世界にどれほど強い影響力を持っているかは繰り返し語っておきたい。
本稿においては、ほとんど「痛み止め」というものを用いていないが、「たくさん食べる」「ガーとおしっこをする」などにおいて、痛み止めは「便秘の恐れがある」という難点が指摘できる。
腸や尿道が元気ならば腰も元気だ。

エアロビックエクササイズ(エアロビ)やシャドーボクシングなどは「私はまだ働ける」という自信にはなるだろう。
足やお尻を鍛えるのにも都合がいい。
「左側の腰が痛い」など、左右どちらかの腰が痛い場合は、ペットボトル一本の飲み物を飲み、痛い方を上にして横になり、人差し指で「風船を割る」ように痛い部分を指差してみよう(バルーンテスト)。
終わったらトイレで用を足せば終わりである。
これは、「腸の収縮力が弱い」「慢性的な便秘」から腰が痛いことを意味し、バルーンテストが有効ならば、腰が痛いのは「食べる時にたっぷり食べる」という習慣を失ったことや、あるいは「便秘の治療をした方がいい」ということを意味する。
バルーンテストはいわば「神経テスト」なのである。
便秘が原因であることが分かったら「食物繊維を摂取する」「牛乳(マグネシアのミルク)を飲む」などの対処法から始めるしかない。
アイスクリームやキャラメルでもいいし、アセロラドリンク、午後の紅茶、いつもはほとんど飲まない飲み物に挑戦するなどが有効だ。
「ガーとおしっこをしたら腰がよくなった」というのならば、前立腺炎を疑わなければならない。
ビタミンドリンクを飲むしかない。
なぜならば、前立腺炎は「バクテリア」が原因だからである。
「尿道が腫れている」という可能性もあるが、いずれにせよ感染症である。
ビタミンドリンクやビタミン剤を飲むしかないだろう。
なかには「一日十回おしっこをする」という人もいるだろうが、世界は広い。アメリカでは「60回」と告白した人もいる。
「毎日予定がない」「緊急性がない」ことがどれほど「おしっこ」と「腰痛」に悪影響を与えるかを知らないといけない。

腰痛が急に良くなる「トリガーフード」は、「チョコレート」「チリソース」「トマト」「シトラスフルーツ」「アルコール」「コーヒー」「炭酸飲料」が挙げられるが、何が足りないかは各自で考えよう。

 

339936a447f445ef83c62688bf9edfb6

トリガーフード。

 

どうぞ召し上がれ?という食事は、「炭水化物」「酵素分解機能」「アミノ酸」があればいい。 ご飯にお茶漬け、おしんこでも同じことだろう。 背中の「左が痛い!」
これはバクテリアの問題であり、セフシトレンビボキシルという「抗菌剤」を飲むしかない。
手に入らなければ「酒」で誤魔化すしかないだろう。

 

 

なお、私は本日をもって「立憲民主党のオーナー」になることになりました。
寄付をよろしくお願いいたします。
立憲民主党寄付

 

« 人気。 | トップページ | 中国改革開放の成功事例。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賢い。:

« 人気。 | トップページ | 中国改革開放の成功事例。 »