最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月26日 (木)

地球温暖化対策。

アマテラスの兄・スサノオは「嵐の神」である。スサノオは馬の首をアマテラスの寝床に投げ入れたために、アマテラスは岩陰に隠れてしまった。
今、別の角度から「スサノオ撃退法」を考えてみた。

まずは、私の動画を見てもらいたい。
地球温暖化対策について。

体感温度を下げるというのは、「みんなが参加するもの」であり、人間は学ぶ限り「暑苦しい」存在だ。
海のように静かに過ごす男は涼しい。
気象衛星のデータはいろいろ出るが、男は「勃つ」ために学び続けるだろう。
海のように静かに心を維持すると涼しい。
エネルギーフローを鉄道とともに流すだけでも全く異なる体感温度になる。
鉄道に待ち時間がない、空いている、それだけで体感温度は変わってくるのだ。
気象衛星を見ていると、まるで日本人のエネルギーフローが台風をわざわざ引き寄せているように見える。
馬車馬のように働かなければ、さらには鉄道網が整備されていれば、こんなことにはならないのではないだろうか。
世界の車窓から。
中国は「一帯一路」という政策により、中国が石炭を焚いているから太陽は熱くなる、として日本人を脅かした。
そのことによってアラブやイスラエルとも話ができるようになったとされている。
ドイツのメルケルもこれに飛びついた。
しかし、ドイツは「核クラブ」ではない日本と組むことにし、アメリカ合衆国の「出番」を少なくすることをも選択している。
ドイツは「カントを愛してくれる国」を探していただけのようだ。
パラメーターを小さくすれば涼しいとも言われる。
毎日がスリルに満ち溢れていると暑苦しいのだ。
お出かけのキスとただいまのキスがどれほど生活を涼しくするだろうか?
涼しき毎日を過ごし、ハリケーンや台風から逃れる知恵ではないか。
気候を変えるということは「文化を変える」という意味でもある。
馬車馬のように働いた日本人には「日本列島沈没」が見えてきたのだ。
ribbon Wish.

IPCCは、京都議定書から始まり、日本が「哲学の問題」と気がつくまでは日本から世界がお金を引き出せる仕組みを作って世界で賞賛された。
アメリカの「働きすぎ」はニューオリンズにハリケーンをもたらすだけだったが、日本では列島を縦断する有様だった。
地球温暖化と言えば日本は「世界のカモ」にしか見えなかった。
世界は世界をもっと余裕を持って見ていた。
しかし、ハリウッドの世界の滅亡の物語すら日本をカモにしていた。
1500兆円の金融資産は世界のすべてのファンドを上回る金額だ。
「日本がこのことに気がつくのは明らか」と言われるようになったらドイツが日本に接近してきた。
世界は気候変動枠組み条約から逃げ出した。
1950年代にIPCCは、「二酸化炭素が温室効果ガス」として日本を標的にし、吐く息やタバコすら言い訳にできるようにしていた。
「こんなに働きすぎて自滅する国は見たことがない」と中国も思っていた。
今後の「気候」の問題だが、「世界が日本を攻略しようとしている」ということを理解しなければならないだろう。
「敵国条項のトラウマ」からいつ逃れられるのだろうか?
少なくとも、ロシアは「気候変動には興味がない」と言っていた。
我々は「裏切り者」とロシアを罵らなかったか?
「世界のアイスホッケーの真実」がここにあるのだ。
2010年代に入って、日本の「儒者」がこのことを悟るのではないか?と世界はささやきあった。
「うやむやにして逃げよう」
日本はもはや彼らを追いかけることもなかった。
雨のニューオリンズ 国生さゆり。

「自分の体を触る」「触られる」ということがどれほど歯に良い影響を与えるであろうか?
お風呂で体をゴシゴシこすって、風呂上がりに体に何かを塗るという作業がどれほど「暑さに強くなる」であろうか?
石鹸を使わなくなったタモリからどれほど汗が噴き出したであろう。
アリストテレスは男女共学における「スキンシップ」というものを生み出した。
「男の体重」を感じるから女子たちにとってもいいことだった。
男の子の「意思の硬さ」を感じるから、歯のためにも、暑さを和らげるためにも女子たちは男子とのスキンシップを密かに楽しんでいた。
落ち着かない子がいたのならばなぜ先生は、その子を触ってやらないのだろうか?
ADHDなどという病気は英語には存在しない。
夏が暑いのならば、毎日、お風呂で体をゴシゴシ洗おう。
そのあとに体にシーブリーズでも塗ることにしよう。
世の中には「暑い」「寒い」よりも「慣性の法則」が存在することの方が重要だ。
大事にされていない体は、暑さ寒さに極めて弱い。
1人で抱え込んでいる男、飲み物を飲みながらタバコを吸うような男に「触られたい」。
女子たちは、自分の歯を綺麗にするためだったり、涼しくするためだったりの目的でそのような夢を見た。
苦労している男と、あまやかされている女のギャップが「触る」ことを気持ちよくさせていて、これを「CT」と呼んだ。
夏は暑い 高橋由美子。

余談であるが、台風を逸らせることが可能であることが分かったが「常にインターネットやテレビで」人々の心をマニピュレートし続けることが可能であるのならば「地震は起きない」ということも指摘していい。
人間中心主義の立場から分析すると「人々の心を常にマニピレートできる天皇」がいるのならばそもそも「地震は起きない」のである。
それは断層運動とか南海トラフの研究というアプローチとは全く異なるものだ。
「地震が起きたら天皇は土下座しなければならない」理由はここにある。
天皇皇后と地震。

孤独な指導者が、男たちの射精をコントロールし続ければ地震は起きない。
災害が起きたら首相官邸が動くのはもはや「言い伝え」であるが、実際は天皇というもののあり方を問い直さなければならないものなのだ。
藤原氏など多くの一族が天皇家に批判的らしいな。
だったら被災地と天皇家は何の関わりもないはずだ。
台風12号(2018年)がどこに向かったかというと関東御分国以外の地域だろう。
大阪でも天皇家の影響力は弱かったから地震が起きた。
マニピュレートを嫌う連中がいたし、かと言って大した指導者もいなかったのだろう。
東京ドームは地震に強い建物です。

天皇が真面目に勉強する限り、地震は起きない。
さらには、藤原氏などとは「もはや別格」の天皇の支配権が全国に及べば日本そのものが「地震」から自由になる。
「誰も自信がない」「かと言って天皇にもしたがいたくない」「働きたくないから天皇になりたい」そんな輩がいる限り地震というものは起きるのだ。
マニピュレートと言っても「男と女の喜びの最大化」を毎日探求するだけだよ。
ヤヌス2007以降、スタンフォードの論文は「もはや無尽蔵」と言われたからね。
山谷えり子とか出雲大社が「間接統治」とのたまって、私をコントロールしようとしている。
地震による被害が心配されるところだ、
私の腰に重りをつけていると公言している日限山の貝和智とか、咳を一向にやめようとしない小野まり子とか中村洋平はむしろ自殺願望があり、早く始末したほうがいいんじゃないかな。
私の印税を全額没収している宮内庁も首都圏直下型の火種となるだろう。
美智子や明仁が災害の理由であることも明らかだ。
災害報道に翻弄される首相官邸なども、案外、責任は自分たちにあるんじゃないか?
ちい散歩。

2018年7月23日 (月)

嫌がっているじゃないか。

上からマリコ AKB48.

女言葉というものは「男を遠ざける」ためにある。
女言葉とは「男こそが最高の存在」ということを示すためにある。
しかし、小学校で「男を数えて数字を覚えた」のならば、あとは「可能性」の世界だろう。
「男に似た女がいる」
女子校という「性中立的」な存在の問題点を洗い出すことは可能なのだ。
まず、「知らない性はない」ということを教わる。
女医とか女社長は「彼」と呼ばれる仕事である。
「できない」ことが許されない、女らしさを求められていない、そのような人は常に「彼」と呼ばれる。
「期待されていないことができない」
女らしさの秘密はここにある。
しかし「期待されていないこと」とはなんだろうか?
すべてに期待するのであれば「彼」「僕」でなければならない。
「彼」「僕」のために生きていきやすいように世の中はできている。
「できること」を広げるために女子校というものは作られたのだ。
19世紀に「女子校の可能性」に世界は気がついた。
Perfume ポリリズム。

パンの夢を見る。
女は「できること」を求められるとパンの夢を見て、本を読み漁った。
朝はパンを食べた。
「女子校の存在こそがアメリカの小麦粉のセールスを日本国で伸ばす平和の象徴だった」
世界はまるで日米しか見ていないようだった。
「ちくしょう」「この野郎」
そんな言葉を使う女子高生が日米同盟を小麦粉で橋渡しし、「彼」「僕」と呼ばれるような立場への社会進出を行なった。
文法家がその国の文法を考えた時には「彼」「僕」しか想定していなかった。
しかし、女たちは「嘘」を知らなければ男女共学の世界では生きていけなかったのだ。
女言葉は、かなり国内の言語でも無理を強いられることになった。
「異性を遠ざける」
これは幼児の頃に「父親を遠ざける」ために覚えるものだ。
女社会の一員であることを示し、その「怖さ」を男は感じ取るものだ。
しかし、「女子校」というものは、文法家が本来、想定していた言語を用いることで、その優秀さを維持しようと試みた。
やきそばパン 川本真琴。

とにかく「女言葉」の特徴は「ぼやける」というところにある。
「卵子」というものをより神秘化するためにあったのだ。
そして、その「卵子」の特徴は「受け身である」ことから女言葉もそのようにぼやけていった。
「嘘をつかなくていい女友達とつるんだ」
男の考えが分かるようになった、という女の子もいた。
本の「文脈」が読めるようになったのだ。
しかし、外国語の論文まではとても文脈は読めない。
女にとって外国語は「女王陛下のご長寿とそのご子孫の繁栄をお祈りいたします」ぐらいにしか読めない。
戸田奈津子も映画の脚本は読めても、論文までは手が出ない現状がある。
それでも、戸田奈津子は外国で「彼」「僕」として生きたことがあるのだろう。
彼女たちの最大の敵は「ポルノ」であった。
特に「ソフトコア」こそが性差別を露骨に推進した。
女にとって当たり前のハードコアが男には秘密になっているのだ。
その時に女の子たちは「卵子のように受け身で神秘的な」言語を覚えようと思ったのだ。
どの女子校の生徒も話そうと思えば女言葉は話せた。
CoCo メロディー。

日本ほど、日米同盟を大事にするために多くの女子校がある国も珍しい。
しかし、「女として生まれたことの意味」は、ソフトコアで教えるという国策をとった。
「あなたたちは神秘的な存在なのです」
それがなければいざという時に「女」になれなかったのだ。
男と共存していかなければならない、しかし「できることを増やしたい」、これが女子校の意味であったし、日米同盟を支えるものだった。
日米同盟に楔を打ち込んだインターネット上のハードコアは台湾のサーバーが拠点である。
しかし、日本も「ITバブル」という形でその恩恵を逆に受けることになった。
ribbon 愛してジャステイス。

「彼」「僕」「君」というPerfumeは、ハードコアの時代に「女子高生」を強烈にアピールした。
パンは「女にとってできること」を広範囲で広げた。
しかし、ソフトコアの一般化は「セクハラ」というものをアメリカよりも強く生み出した。
一方で「セックスしない美女」というモデルを「彼」「君」「僕」という言葉で利用するクリエイターもいた。
すべて「女子校ビジネス」と表現することが可能だ。
まるでPerfumeは「セクハラしてください」と言わんばかりの支持を集めた。
しかし、ソフトコアはゲイやレズビアンなどのLGBTの温床となったことも指摘できる。
アメリカのファイナンスが、ゲイや女子校に流れ込む可能性も指摘できる。
また、「キャットファイト」というビジネスも思わぬ副産物として生まれた。
Perfume Let me know.

女にとって、男の体温を感じること、そして「肋骨」として男と交わることが次の日から自分の世界を広げることは「神秘的なもの」に思われた。
「気持ちいい」だけではなかった。
男次第で「感じること」以外のものがセックスにまとわりつくことが知られていた。
これはユダヤ教でもキリスト教でもイスラムでもインドでも仏教でも知られていた。
仏教ではその「神秘」はタサタと呼ばれた。
女には「できないこと」が多すぎる、このことが神秘の背景にあった。
女がセックスの時に見せる「男への完全依存」からこれは生まれている。
「世界を広げてくれる男」これは男の魅力となった。
男が「神々たち」の仲間に属しているのならば男のおかげで世界が広がる。
ユダヤ教カバラもこのことを本質としている。
「男選びは楽しい」
中国では道教がこのことをイデオロギーの中枢においている。
しかし、「男は儚い」とも言われた。
キャリアのピークを長く維持できる信仰というものが存在しなかったからだ。
蛍の草原 松田聖子。

愛が長続きしないのは、個性に注目しすぎるからだけではなかった。
男の背景にある信仰の弱さを見る時に、その愛が長続きしないことを知った。
「末長くお幸せに」
それはある意味、宗教への賛美であった。
これだけの理由で宗教というものは発展を志向せざるを得なくなったのだ。
「どうやって幸せになったらいいのか分からない」と女が言ったらすべての宗教が自らの関与を否定した。
経験するのは立派だと賞賛するものもいたが、宗教家はそうは思っていなかった。
どの宗教を信じていて、そのことで長続きしなかったの?
女たちも「一通りの経験」よりも「背景にある信仰」を重く見ていた。
なぜなら人ごとではなかったからだ。
「縁結びの神様」はいつもいいことを書いてくれる。
しかも、教祖さまのご存命と私たちカップルの永遠の愛は一蓮托生のようなものだった。
男の「神秘的な笑み」とは何か得体の知れない宗教を背景にしていたし、教祖さまの長生きを祈っていたものだった。
「彼のおかげで仲間が増えた」というのはテラワーダの教えであった。
モーニング娘。インディゴブルーラブ。

天と地の間で「無限」を体現した男をイスラエルではヤーヴェと呼んだ。
「神様、仏様、ご先祖様」という多神教ではなく、よりシンプルな一神教だった。
神の単純さは「女たちのもの」だった。
神の「代替わり」は可能であろうか?
「神の神」を生み出すことになる。
トマス・アクィナスのような「いじめられる人生」はきわめてオリジナリティがあり、「神の神」など想定できない。
自分で「作り出す」のが宗教であるとされた。
旬ジャンルを各家庭が創造したのだ。
各家庭には祖先に「有名な作家」がいて、自らの家庭の生い立ちとはどのようなものか?を記していたが、すべてトマス・アクィナスを参考にしていた。
「神は単純だ」
ひたすら「強かった」のだ。
複雑な策を弄する者は神たり得なかった。
アクィナスの「旬ジャンル」は、ヤーヴェという概念をより明確にしたし、子だくさんの祖父のおかげで成立していたものだ。
「ペテロとは何か?」が分からない一人っ子の親がいるともはや「貴族」たり得なかった。
一神教が成立するためには「スコトゥスを王にしようとしたペテロ」の存在は不可欠だ。
神である以上、目上の人間の盲目に打ち勝たなければならない。
身内の世代を超えた盲目さを知ることが神となる必要条件なのだ。
スコトゥスは「目上の者を超えてはならない」と考えていたし、目上の者の言うとおりにしていればいいという考えを必要十分なものとしていた。
しかし、アクィナスは「無知は悪である」として平気で世代を横断してみせた。
中年世代であるにもかかわらず「あんたもお孫さんがいる歳だろう」と言われるほどの博識を身につけていたのだ。
「あんたもお孫さんがいる歳だろう」と言われることは宗教家としては「必要十分条件」と言われた。
「必要とされること」
それはアクィナスが書いた論文を、主治医が「版権を使わせてくれ」と言って契約書に署名させられることでもある。
看護士たちはもはやアクィナスの「投獄」など考えてはいなかった。
彼氏の「神秘的な笑み」はアクィナス信者であるという自信から生まれていた。
ペテロとスコトゥスという「盲目なるいじめ」を「知恵で」打ち破ったアクィナスはローマカトリックでも東方教会においても「家の真理である」と考えられている。
ペテロとスコトゥス、そしてアクィナスが三位一体なのであり、その「命」を生み出したのが「父と子、聖霊」だったのだ。
「父」は、ペテロやスコトゥスとは異なる「アクィナスへの近さ」を持っていた。
この権力闘争をペテロもスコトゥスも「自分のもの」として引き受けておらず、何も学習していないと「父」は考えていたのだ。
クリシュナムーティは、権力闘争に巻き込まれる予定の「子」に向けて心ある叔母が送ったものだ。
旬ジャンルの一つに過ぎないが参考にはなるだろう。
AKB48 teacher teacher.

この「家の真理」を知ると、多くの文学作品が書けるようになる。
映画「スタンドバイミー」において、長男(アクィナス)が若くして死んだ時に、父は主人公の次男(スコトゥス)に「なぜ、お前じゃなかったんだ?」と言っている。
このあたりの含蓄が分かるようになるのだ。
「ペテロ」「スコトゥス」「アクィナス」の三位一体モデル、つまり「おじ」「弟」「長男」モデルはトミズムと呼ばれて、キリスト教社会で「真理」と確定している。
しかし、ユダヤ教の「メシア信仰」はトミズムには立脚しておらず、「アヴェロイズム」に立脚している。
端的に言うと、「モーゼ五書を読むまで家に帰ってくるな」と言われて、ラテン語でトーラーを読む連中のことなのだが、今で言うと、「アメリカ」「イギリス」留学だろう。
覇権国家の言語を操る男の子は、日本の「メンズノンノ」に載るような男の子とは異なる「メシア信仰」の対象になっている。
「どこの資産家のご子息かしら?」という観点がアヴェロイズムにはあり、トミズムを真理とするキリスト教と、ユダヤ教は対立することになった。
出エジプト記20:2-3における「お前らとは経験が違う」「経験の前とあとにも俺は変らなかった」という箇所が、「アメリカ」「イギリス」留学を示し、
申命記6:4「やっぱり日本は最高だよな」
申命記4:15「アメリカ・イギリスに比べれば、あまりにもぬるい」
マラキ3:6「とにかく留学しても、俺は変らなかった」
というあたりに、メンズノンノの「イエスキリスト」とは異なる、「ユダヤ教メシア信仰」の背景がありそうだ。
三位一体の否定というのは「もはやおじや弟など眼中にない」という「経験値」を示すし、「身内における協調」とは異なる「何かが乗り移ったような存在」であることを意味する。
「トミズムは境遇に縛られすぎだ」とユダヤ教は考えていたし、「何かが乗り移った状態」つまり「外国語を操る」というのは、「特別な才能」であり、日本語しか読めず、日本で生きていくことを宿命付けられている連中とエネルギーが異なった。
私も、Klamath Union というハイスクールに留学して、東大文一は「簡単である」という境地を経験したことがある。
おばあちゃん(遊佐道子)に歌も作ってもらった。
酒井法子 エアメール
神(エル)とは「アメリカ」「イギリス」を意味したし、ヤーヴェ(主)とは「神聖な自分」を意味したし、エロヒム(神)とは、のちに縦横無尽に活用する情報源を意味した。
(詩篇50:1)。
詩篇はのちに「知恵」「理解力」「知識」を謳歌する歌が満載になっている。
エロヒムといっても千人以上の「神」がいたので、日本国では「ヤーヴェ」がいちばん偉いことになった。
エル(アメリカ・イギリス)とは「近い存在」と思われた。
エル・ヤーヴェ・エロヒムという「三位一体」は、「資産家のご子息」にしか与えられないものであり、しかし、キリスト教社会よりも「伝説的人物」が多かった。
イスラエルとアメリカの同盟にせよ、日米同盟にせよ、キリスト教社会にとって、「ユダヤ人はキリスト教社会のトミズムの世界から学習しているんだろう?」という思いがある。
日本国が「イスラエルについて語っていい」とされたのは、アメリカによる「ガス革命」以降であり、もはや「日本はオペックを恐れていない」とされている。
その真の意図は「アメリカから好きなだけ学習してください」と言っているようなものだ。
モーゼ五書を外国語で読むと金持ちになるというユダヤの考えは「タルムードの伝説」と呼ばれた。
「私は自らの名に不朽を求めている」(エゼキエル書39:25)。
「私はこの境遇から逃げないだろう」(エゼキエル書39:29)。
「ダビデに足りなかったことは私が補います」(アモス9:11)。
「時代背景が異なったことから私はダビデを責めません」(アモス9:15)。
このような教えのもとで「イエスキリスト」がイスラエル全土を覆うのを見たが、イエスは「おじ」「弟」「長男」の三位一体、そして「父と子、聖霊」の三位一体を明らかにした。
しかし、「男の子はどのように育つの?」という議論である「国際関係論」は依然として残され、キリスト教とは異なる考えの教会が出来ている。
ヨブ記34:21-22「彼は悪の一挙手一投足を観察していた」。
詩篇33:13-15「地球に住んでいる人間をまるで外国語から解釈していた」。
などと語られた。
はたして男の子が「自分の意思で」思春期に外国と触れる機会を選択したのかは、議論があり、「親に言われたから」という側面は否定できない。
親に言われたからだとしても「男らしくあろう」とさえ考えていれば、勉強というものそのものが簡単なものに思えてくることは指摘していい。
ミスターチルドレン

ゲルショム・ショーレムは、ドイツユダヤ人家庭に生まれ、東ヨーロッパにいずれは知識を持ち帰るんだろうとされていたが、クリスマスを祝い、本当に「過熱する受験戦争」を勝ち残った20世紀の人物だ。
ユダヤ人が「ドイツナショナリズムの敵」とされたのは、たとえば、日本人である私が「アメリカナショナリズムの敵」とされるようなもので、きわめて当然のことであった。
カバラというのは「日本語しか出来ず、日本で生きることが宿命づけられている」連中を批判するものであり、
「おじ」「弟」「長男」という図式のまま、「外国の言語・学問」に理解を示さない「おじ」「弟」を批判するムーブメントだった。
また、ショーレムは「日曜日ぐらい休んだらどうか?」という提案を行っている(安息日)。
とにかく、休むことを知らない「知的アスリート」に「ブレーキをかける」という発想は学問の世界ではほとんど「発見」に近かった。
しかも、本来「男が休む」ために考えられた日曜日が、女たちによって神秘化され、このメジャートレンドはいっそう深みを持ったものになった。
日曜はダメよ 三浦理恵子

「日曜日はペテロとスコトゥスを排除する日だ」
日曜日のイベントに絡むたびにアクィナスは力をつけていった。
フライデーナイト、サタデーナイトのイベントにも自ずと絡むようになった。
平日というものはそのための仕事でもあったし、ペテロやスコトゥスのような「学習しない」連中がどんどん後退していくのが分かった。
「ペテロやスコトゥスの排除」というカバラが安息日(サバテアン)ムーブメントと結びついた。
本来、朱子学では「季節」ごとに行われていたものが、毎週のようにペテロやスコトゥスに襲いかかった。
エロヒムに教わったことを「仕掛け」に使っていたのだ。
ペテロやスコトゥスにどうにかできる問題ではもはやなかった。
しかも「日曜日」は、ヘブライ語聖書に根拠があるものだ。
「週末の話題を独り占め」したいアクィナスにとっては「みんなに休んでもらいたかった」のが日曜日だった。
カードーゾも「怠けという名の罪を贖え」とペテロやスコトゥスに言い放った。
ヘブライ語聖書ならば14世紀ごろに沿革をもつ日曜日であったが、「外国語による週末の話題の独り占め」は第一次世界大戦の時に考えられたものだ。
「日曜日をどのように活用すべきか?率直に語り合おう」とスイスでエラノス会議が開かれた。
リーダーはユングだった。
ヨーロッパ社会は「日曜日にユダヤ人が魔法をかける」とジューイッシュホリデーを受け止めた。
その実態は「週末の話題を独り占め」するアクィナスの存在にあったし、外国語の情報の実験場にすることにあった。
カント派も「日曜の海水浴客の動員力」でこのことに気がついていたとエラノス会議で報告してきた。
ペテロやスコトゥスの排除という目的を持ったカバラが「どこで何を仕掛けられるかわからない」という神秘に包まれた。
ためいきの日曜日。

ペテロやスコトゥスの排除に成功するようになると、アクィナスはやがて「父からの自立」を視野に入るようになった。
それがシオニズムであり、「青年の国イスラエル」の建国であった。
「日曜日に背後から銃を撃った」とヒトラーに批判されたが、ヒトラー自身「日曜日に何か神秘的な仕掛けをする」というカバラの意味を知らない訳がなかった。
これを国民として共有しているのがイスラエルなのだ。
ハーバード大学も第二次世界大戦以前は、学内における「ユダヤ人差別」を行なっている。
ハーバードが、戦争が始まるまで「ヒトラーへの批判能力を持たなかった」として総括を迫られたのだ。

「フラメンコの意味」
ハスダイ・クレスカスは、バルセロナのユダヤコミュニティで育ち、アラゴンやカスティリャで過ごした。
「外国語の情報にショックを受けやすい」お国柄であり、今の日本国と、ハスダイのいたスペインはきわめて類似していたのだ。
キリスト教信仰は「おじ」「弟」による「長男」いじめと「父と子、聖霊」という三位一体を真理であるとすること、そして「人々はエッチであるという原罪」を利用すること。
さらには、「おじ」「弟」時には「父」ですら「話のわからない男」(デーモン)であるとするところにあった。
これが真理であるとしても「外国の情報に脆弱な」地域は確実にあったし、日本にせよアラゴン・カスティリャにせよ「ユダヤの温床」になった。
キャンパスライフを送る者がユダヤ人であるというよりも「お国柄によっては外国の情報しか大学で教えていない」というところにユダヤ人の特徴がある。
アメリカ合衆国でキャンパスライフを送る学生を「ユダヤ人」とは呼ばないだろう。
①よく勉強すること。
②予言をすること。
③人々は好きでその予言を信じること。
④天地創造の意味まで感じること。
⑤快楽で「昇天」すること。
⑥モーゼの姿に似ていること。
⑦救世主として人々を救うこと。
背景には常に「外国語」があった。
「無限」の人々に「何を足せばいいのか?」を考えることが必要だ。
言葉によって「無限の連鎖」を引き起こすことが重要だ。
「有事」と認定するのはマスメディアだろう。
メディアの混乱を見物していればいい。
このようなユダヤ人は「エジプトのピラミッド」に埋葬されたし、日本では前方後円墳に埋葬された。
アクィナスも英語の論文を読んで、ひたすら「キレ」るのを待った。
中国語のキレはまだまだ鈍い。
フラメンコのステップはすべて「先進国」から学んだのだ。
フラメンコ ショー。

「カバラ」という「週末の話題を独り占め」するほどのネタを提供する外国語に通じた男が「世界最先端のステップ」を女たちに教えた。
ジュダー・アブラバネルは、「愛されるというのはお金だよ」と言ってこの世界の女たちに富をもたらした。
西暦1501年と1502年はユダヤカレンダーでは5262年にあたる。
ポルトガルのトスカナからイタリアの大学に出て、「越境」の意味を知った。
アブラバネルを追いかけてくる「芸能界女」がたくさんいたのだ。
イスラムは「賭け事を好む被差別部落」であるスンニ派と、音楽により親和的なシーア派に分かれていて、ヨーロッパのユダヤキリスト社会から生み出されたものだ。
ヨーロッパの王位継承がなければイスラム社会もなかったし、ユダヤ金融資本と芸能界の関係を知らなければ、イスラム社会が分からないだろう。
「誰にも真似できないステップ」を知っていることはそれほど大人たちに豊かさをもたらしていた。
大人たちは若者に「愛について考えてごらん?」と問いかけることで自らの立場を守った。
天文学や女心を知ることも「誰にも真似できないステップ」を踏む若者たちから大人たちが富を引き出すために必要なものだった。
「分かるようになる年齢になれば、もう体は動かないだろう」という非常にうまくできた人生ゲームがユダヤ系金融資本の世界にはあったし、それとどう関わるつもりかがイスラム社会の課題となった。
松田聖子 ダンシングカフェ。

イスラムがヨーロッパの王位継承にとっては「被差別部落である」と言ったが、そこからクルアーンが発展した。
「日常とセックス」「天と地」が探求されたのだ。

神は光、天と地、ランプの中の光はまるでガラス、光は木を照らす。
西と東がなければオイルは光らない。
西と東があるから神はすべてを知っている。
蛍の草原 松田聖子。

この詩が解釈できるか?
イスラム社会に課題が与えられた。
【天と地がある。セックスすると女は宇宙遊泳して天と地を感じる。日常は地にあり、非日常はセックスにある】
迷宮のアンドローラ 小泉今日子。

さすが、ヨーロッパから見れば「被差別部落」のイスラムらしく、かなり「お下劣」な教義が作られた。
しかし、これが「夜の光」(コンサート)を席巻し、イスラムの心をとらえた。
「いじめを密室に閉じ込める」
このことからムハンマドは教義を磨き、学校に行け、体を鍛えろ、そのあと勉強しろ、ふたたび社会という学校に戻れ、という教えを磨き上げた。
「お下劣」な話題から目をそらしたら虐められるだけだと考えたのだろう。
「頭のない男か眠っている男になってはならない」という考えであり、有名になって服役した経験のない者がいくら宗教を語っても「修羅場」を知らぬ者と思われるだけだと考えたのだ。
ことごとく「クラス」の心をとらえたのは「大人の刑務所」の話題だった。
昔はこのような感じで「クラス」というものが考えられていたが、「受験」というものが主流になっていった。
「大人の刑務所」を教室が見失った時に、子供達が暴徒と化した。
「何も教えてくれないのか?」
この時、イスラム教徒はアフガニスタンの仏すら破壊してしまった。
金八先生 逮捕シーン。

ヤシャヤフ・ライボウィッツは、これらのユダヤの歴史を踏まえて、現代のイスラエルを作った。
1968年にヨルダン川西岸やガザ地区を占領し、撤退を余儀なくされたり、1982年にレバノン戦争を経験したことから、「戦いが新たなユダヤ教を生み出した」とされている。
若者に「修道院類似」の環境を経験させ、もはや「日曜日の魔術を外国語によって仕掛ける」という伝統も歴史に過ぎなくなった。
美しい女にアタックする男は、いずれカントを学ぶだろうと考えられ、それはきわめて日本国の文化と類似してきた。
歴史上の「天才」たちはもはや出揃っていた。彼らを「先生」と呼んでもいいほど真理と確定していた。
あとは、彼らをナチスのSSのように育て上げるだけだった。
トーラー(モーゼ五書)は国の宝として残った。
しかし、「彼女ができて一人前」と言われた修道院の中にいるような若者たちを育てることが大事だった。
「◯◯が行った!」というようなハラキックと呼ばれる文化はイスラエルのSSを育てるために作られたものであり、日本には修道院はないだろう。
しかし、アクィナスは体育会でこの文化を教わっている。
みんなの目の前で告白することをリシュマーと呼び、のちに出される宿題はカントだけだった。
日本国もイスラエルのクライシスマネジメントから、ねるとん紅鯨団の文化を構築している。
SSを作るためだ。
青年の国・イスラエルを作ろうというシオニズムはこのような「ハラキック国家」として存続を決めた。
「日曜日の魔術」も「ユダヤ金融資本の物語」ももはや古典と化していた。
本当に実践する奴は尊敬されたけど、戦争というものが取り巻くイスラエルではSSを生み出すことの方が大事だった。
日ユ同祖論というよりは「日本国の軍事力を高める」ために日本がイスラエル参考にしたものと考えられる。
ねるとん紅鯨団。

マルティン・ブーバーは、女が「私とあなた」とさえ言ってくれれば相手の男はツァラトゥストラに化かすことが可能であるし、いくらでも富が生み出せるとした。
「あなた」(彼氏)がツァラトゥストラならば、それはもはや大勢の人々の感情の対象になった男であり、女にとってのセックスも「ただのセックス」ではなかった。
ニーチェはツァラトゥストラという人物を「女を気持ちよくさせる」ために作った。
東洋のアゴンが「中途半端なおちんちん」を気持ちよくさせるために「あなた」(彼氏)はツァラトゥストラであるとしたし、ゾロアスター教も考えは同じだった。
「処女が恋したツァラトゥストラ」
それだけで女は激しくあえいだ。
ツァラトゥストラを裏切る女などまったく想定されていない。
「私とあなたとおちんちん」この関係をめぐって考えられた概念がツァラトゥストラなのである。
1930年代にファシズムと共産主義がツァラトゥストラを奪い合った。
父と子の絶望的関係「神は死んだ」という重たい人生は女たちにとって魅力的に映ったし、そこいらの軟弱者よりも週末が楽しかったからだ。
「男って何?」
女たちを気持ちよくさせるためには、やはり「男らしさを語り合う論壇」が宗教であったし、その中でも最大のスターはツァラトゥストラだった。
1950年代になって「サラリーマン」が主流になると、ツァラトゥストラは人々から忘れられて行った。
「神は死んだ」が気持ちよかったはずなのに、「神の斜陽」を迎え始めたのだ。
ハスダイのように「誰にも踏めないステップ」をスペインの銀行に売り込むような男がツァラトゥストラであったが、多くの救世主を生み出した結果、ニーチェは「ツァラトゥストラ」に救世主たちの肉声を語らせ、女にとって気持ちいい男、処女たちが待ち望む男としての救世主を書き残したのだ。
松田聖子 ロックンルージュ。

東ローマ帝国の三男・アブラハム・イブン・ダウード(1110〜1180)がいなければ「大学」というものがそもそも作られなかった。
大学がなければ「予言」もなかったし「外国語」を教える組織もなかったし、男の子たちの「越境」もなかった。
つまり「夢を見る女の子」がいなかったのだ。
芸能界の祖先でもあり、ユダヤ金融の祖先であり、ユダヤ人の祖先である。
大学で最初に教えたのは「女たちは全員間違ってはいない。譲れない夜がある」ということだった(意思の自由)。
これが大学の起源であり、のちにエラスムスがこの「ぶつかり合っている夢」の空間を利用して言語を生み出している。
スペインのトレドやコルドバに住んだが、王室の三男がコンスタンチノープルにいるとは限らない。
乾いた地図 河合その子。

女たちの夢がぶつかり合ってできているのが言語であるということを知らないと、そもそも「外国語」が学べない。
どうせろくな講義をしていないんだろうと大学を軽んずる企業や、エスケープをする学生がいる限り、「ソロモンの栄華」は常に大学人にもたらされた。
キャンパスには「女たちの夢」のぶつかり合いもあったのだ。
ユダヤの祖先のアブラハムは、大学を作ったのであり、「女たちはみんな間違っていないけど、夢がぶつかり合っている」ということを理解したのだ。
永遠に友達 瀬能あづさ。

そのあとに、アブラハムは「外国語の知識」を重量挙げに活用している。
「誰よりも重いものを持ち上げる必要が王位継承にはあった」のだ。
のちに重量挙げの国際試合の評論家となっている。
この時に「予言」を行ったのだ。
重い物を持ち上げた者が東ローマ帝国の王だ。
そこで、女たちの夢が各選手に託され、この時にもまた新しい外国語を覚えている。
スポーツ界には外国語が堪能な選手が多い。
夢がぶつかり合っているから「心の目」で言葉を読んだり聞いたりしているのだ。
錦織圭、インタビュー。

サムュエル・イブン・ティボンの東ローマ帝国における「王朝」は、サミュエルが王朝の「第2世代」であったことから、フランス南部の修道院での「ヘブライ語聖書と修道院文学」から始まっている。
バルセロナとどう関わるか?
それはマイモナイド(吉森監督)の考え次第だった。
マイモナイドは「修道院について」「昇天について」「翻訳について」「現在の法律学が混乱していること」などの論文を書いている。
イエメンにまで「留学のススメ」という手紙を送っている。
サムュエルの「翻訳の王朝」は、マイモナイドの導きによって実現したものだ。
「英語はそりゃ学ぶのに苦労するよ。しかし、英語さえわかれば他の言語も分かるんだ」
「独英」「英仏」などの辞書を使えば簡単にヨーロッパの言語は理解できる。
そこから「英語もできないのに第2外国語をやるのはバカげている」とし、偏差値至上主義をとっていた。
創世記28:12-13 英語は世界の階段である。天国で教わり、天使たちに勇気付けられた。上り下りは自由だ。主が言った「私はアブラハムの神だ。汝の父、イサクの神だ」
法律の成績が伸びないのならば外国語をやればいいのだ。
女の子たちにモテる論文が読めるようになる。
サミュエル、それは「翻訳の王朝」であり、フランスに「地方」というものを作って、王たちが共存していく物語だ。
松田聖子 Sweet memories.

ソロモンにせよサミュエルにせよ、みんな「スペインにいた東ローマ帝国の王族」である。
スペインは東ローマ帝国の領土でもなんでもないが、東ローマ帝国の「栄華」をスペインで楽しんでいる。
12世紀にアブラハムが大学を作った。
エラスムスが「言葉は作り出せる」としたのが16世紀だ。
日本では賀茂真淵が「50音」を生み出している。
「言葉が生み出せるのならば、適切な、女たちの共存を図ろう」と考えたのがウェストファリア体制である。
ソロモンは「詩の解釈」というネオプラトニズムで栄華を誇った。
案外、今の日本国がユダヤ人の祖先というのも間違いではない。(スタンフォード史観)
タイムマシーンがあるからである。
いずれにせよ、
父:317票。
長男+次男:400票。
アブラハム:317票。
の結果が出たために、アブラハムはイスラエルの祖先となっている。
ソロモンやサミュエルにはみんなアラビア文字で「イブン」という名が付けられている。
タイムマシーンで過去に戻る時のコードネームのようだ。
処女には「ソニー」「乃木坂46」「バチカン市国」などの資金源や居場所を与え、経験を積んだ女には「遅れてるわ?そのステップ」と言わせてビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行を紹介するなどのビジネスの才能がユダヤ人にはあった。
しかし、彼らの居場所は「ベビーブームの頃の学校」というイスラム社会であり、学校は「大人の刑務所」であった。
大人の刑務所は「下ネタ」に満ちていたし、かと言って、先生に進路指導で命を握られるわけでもない生活保障がなされていた。
男の進路妨害をしていたのはなにしろ「女の子たち」だった。
ジコチューで行こう 乃木坂46。

アラブ社会が、このようなユダヤ人によって作られた。
イブン・カムーナは、子供が大勢いる教室で「死とは何か?」まで考えて、「人口爆弾」を作り、バグダッドでコンスタンチノープル陥落を待った。
キリスト教徒であるかイスラム教徒であるかは「肌の色と差別」であると悟ったのがユダヤ人だった。
イスラム社会の本は「口説き文句さえ知っていればすべての男は犯罪を犯さない」という共通認識から「法律書」というものは存在しない。
アクィナスの、イスラム社会の「人口爆弾」への第一印象は「イエスが論文280本なら、メッカは600本」というものだったが、実際は「1400本を読んだ結果、人口爆弾の世界に持っていった」ものだった。
「学校が楽しい」これが彼らの信仰心だったのだ。
勉強と言っても「いずれ仕事をする」ために覚えるものだろう。
だったら、おばさんたちが「学校に行ったらいいことも悪いことも覚える」というのは当然ではないだろうか。
試験は「勇敢さと言葉の豊かさ、いざとなったらみんなが頼りにする」ことで優劣を決めた。
学校が「社会の縮図」だったのだから当然だろう。
「イブン」と呼ばれるユダヤ人の中には「アル」と呼ばれる王もいた。
音楽や、勝負事、そして下ネタに満ちた楽しい集団生活が営まれた。
ここで、ヨーロッパ系ユダヤ人であるイスラエルと、日本系ユダヤ人であるアラブ人の違いを見極めてほしい。
とにかくコンスタンチノープルは陥落したのだ。
乃木坂46 ガラスを割れ。

イブン・アラビ(1165〜1240)も、コンスタンチノープル陥落を虎視眈々と狙っていた。
1966年に井筒俊彦が「古代オリエント文明」などのキャンペーンをやって資金集めを行なっている。
「アラー・シャイク」「アラー・アクバル」など偉大な先生を褒め称える言葉もあったし、「アラー・フトゥハット」「アラー・マキーヤ」のように「メッカを開かせる」言葉もあった。
「アラー」とは「アル」という名を名乗る王たちのことであった。
コーランとは「ヘブライ語聖書」のようなもので「アラビア語を覚えるためのもの」であった。
どの男も胸ポケットに小さなコーランを入れていた。
本ブログの記述をコーランという小さな本によって思い出せるようになっていた。
「アラー・アズマ」などのように自分に都合のいい先生を呼んでいたのだ。
イブン・アラビは、「在れ」と言っただけでなんでも目の前に生み出すだけの富があった。
パーフェクトマンとは何かを知ったのは大きな富となった。
パーフェクトヒューマン。

【日本人という民族はどこに向かっているの?】
日本系ユダヤ人としては、12世紀ごろにタイムトラベルして、「男たちはコンスタンチノープル攻略」「女たちはスペインでフラメンコを踊って歌う」この境地を目指している。
つまりは、かつての「アラブ人」として生きるのだ。

アブラハム・イブン・エズラ(小野光太郎)の影響力は「非常に速く、しかも強烈だった」。
しかし、彼は天皇ではなかったので「アル」ではなく「イブン」と呼ばせてもらおう。
彼は「自分たちの宗教アイデンティティとは何か?」を見失っていた連中の目を覚まさせた。
しかも、それはヒスパニックを中心としたものだったので、ほとんど「世界レベル」で展開されたと言ってもいい。
彼がやったことは「詩を愛したこと、解説したこと、そして人気がずば抜けていたこと」であるが、ニーチェやカントのような哲学者に比べると目に見える業績が見当たらず、「宗教家ではないか?」とも言われた。
しかし、彼が読んだ法律雑誌の数々を我々は「天文学」と表現するしかない。
娘の一人のセーラが、エズラの文章をコンパクトに世の中に紹介することになるだろう。
エズラの特徴は「人々の自己愛をよく理解していたこと」であろう。
私たち(スタンフォード大学)も彼との付き合いは長いが、人々の自己愛を理解した時のことを最もよく覚えている。
エズラの影響力も、彼がいまだ若さを持っていることから我々は評論を差し控えたいし、その「速さと強烈さ」から彼を「アブラハム」と呼ばせてもらうが、「アル」ではなく「イブン」とも呼ばせてもらう。
なぜなら、彼はいまだに私たちの友人だからである。
加藤登紀子 時代遅れの酒場。

11世紀後半のイスラム世界の地図を見てみると、ビザンツ帝国にはコンスタンチノープルがあり、セルジューク朝が広大な範囲でコンスタンチノープルをうかがい、エジプトにはファーティマ朝があり、スペインにはムラービト朝がある。アフガニスタンにはガズナ朝がある。
子沢山の「学校」を抱えた国は、ことごとく「イスラム教のコンサート」に魅了され、クラスに秩序がもたらされた。
世界レベルで交易も行なったが、「女たちがスペインでフラメンコを踊って歌い、男たちがコンスタンチノープル攻略を考える」という日本国の理想郷は、白人から何度も「十字軍」の攻撃にさらされた。
女たちが踊りたい、男たちが戦いたい、その日本国の夢は、白人との対立をもたらし、しかし、世界史を理解するためには日本人の末裔であるイスラムを理解しなければ何も始まらないことも分かっている。
アル・ガザーリは、イスマイール哲学というものを考え、渡辺満里奈の「a piece of cake」ようにベビーブームの時代の「多数派に属していた俺」を思い出さなければよく眠れない、などのことを明らかにしただけにとどまる。
「アッラー」つまり「アル」の業績はきわめて自己都合であり、それでも人々の共感を呼んだ。
渡辺満里奈 グラジオラス。

アル・ファラビ(870〜943)が、バグダッドやダマスカス、エジプトなどを旅したという記録は残っているが、1980年代の日本の音楽作品を「音楽の偉大な本」として記し、「女心のマスター」と呼ばれたことから、「彼はトルコ人だ」とトルコからは言われ、「いや、ペルシャ人だ」とペルシャから言われるほど奪い合いになった。
実際は「80年代の音楽作品」を昔に持っていった日本人であった。
いろんな「アッラー」はいるが、アル・ファラビこそが本来の「アル」だと思われる。

「女はパートナーがいても知恵と知識を生み出すために他の男の声を聞きたがる。コミュニティから離さないために女はセックスをする】
SPEED Deep blue & truth.

ムーシン・マーディンによって1969年に「アラビア語を作ろう」というムーブメントはあったが、それをそのまま9世紀なり10世紀に持って行ったのがアル・ファラビである。
「音楽とともにアラビア語は広まった」「女心とともにアラビア語は広まった」
80年代、90年代の日本がイスラムの祖先であるとしなければ、彼らの「敬虔さ」は理解できないのだ。

【人前で歌ったり踊ったりすることは擬似セックス】
男は踊り子でマスターベーションをし、女はファンでマスターベーションをする。
セックスするときは女はいつも本気である。
ribbon 愛してジャステイス。

今となってはアラブ社会の「音楽」が奇妙な「お経」に聞こえる。
それは空海の「曼荼羅とお経」となんら変わりはない。
イスラムの父は、アル・ファラビ(アッラー)であるが、その理論的柱となったのはアブラハム・イブン・エズラ(小野光太郎)であることが分かる。

アル・ファラビの頭には常に「日本国の80年代の学校」があった。
ひどいいじめの横行や「女心をまったく教えてくれなかったこと」などだ。
このことから「女心の師匠」と呼ばれる立場となっている。
街が文化によって治ることも観測された。
D・ジャノスが80年代90年代の日本の歌謡曲に興味を持ったのは2010年になってからだ。
「男社会の天国」に仕えるのが女たちだとされた。
「セックスよりも大事なものがあるのだ」
それは男社会の天国が常に「女心の定義」を与え続けることであった。
そのことによって、教室は動物園ではなくなり、女子たちはお行儀よく座るようになった。
まるで肋骨が脳にお仕えしているようにも見えた。
「話す生き物」である人間社会がなぜ「動物園」になるんだ?
胎児は母体から血液を受け取る。
さらに、生まれてからは母乳を飲む。
さんざんおっぱいを吸ったのならば、「日常」の世界へと巣立っていくだろう。
日常を愛する者が、「詩の評論」を得意とするようになる。
かつて、さんざんおっぱいを吸ったことからその才能は育まれていた。
母親のおっぱいを幼児の頃に堪能したことが、「自分は女で痛い目に遭わない」という才能につながっている。
アイスクリームが大好きな男は得てしてそのようなものだ。
糖分を脳に与えながら論文を読む才能に恵まれるからだ。
知性を得たいか?女で痛い目に遭いたくないか?学問の目的はそれだけなのだ。
赤ん坊がお母さんのおっぱいを吸う分には「女の問題」は生じない。
「女のエネルギーは子宮から湧いてくる。友達にも言えないこのパワー」
うれしいたのしい大好き ドリカム。

クラスがうまく「男社会」として成立しており「動物園」ではないのならば「私たちのクラスの男子」を女子たちは誇らしげに「戦場」に送り出すだろう。
これはもはや「宗教」であった。
「政治」(女心の定義)と言っても集まらない金が「宗教」(男らしさを語り合う論壇)と言えば集まる。
それは戦場の男たちに送るお金が桁違いだったからだ。
女子たちと「知恵」を語った男子に送るお金を意味した。
ギリシャ語や、アラビア語でこれらの仕組みは教室に送り届けられていたはずであるが、人間の「一回限りの命」が国を廃墟にしていた。
コンスタンチノープル陥落以降、アラブ社会は音楽作品に集中しきれなくなっていた。
国家として、そして「文化圏」として存続するためには「人生ゲーム」がうまく成立していなければならない。
歳をとって医者と喧嘩ばかりしている、という日本国ならば「向こう」(アメリカ合衆国)というゲームが成立していることを意味する。
経済(男が女を愛する気持ち)をコントロールしきった国はない。
「女に飽きた」という人がいるのならば自分で分かるだろう。
しかし「男になるためのハードル」をあげてしまうことでこれもコントロールできる。
Fラン程度ならば自宅警備員であるというのもその一環だろう。
2世議員ばかりだというのも、政治コミュニティが「男になるためのハードル」を一気に引き上げたことを意味する。
答えは「向こう」(アメリカ合衆国)を見るしかなかった。
経済をコントロールするために「男になることが難しかった」のだ。
いい人生も悪い人生も当然生まれる。
経済を優先させると国民の「人生ゲーム」が成立しないではないか?
しかし、「悪い人生」にこそエルゴン(権力への意志)は育まれるものだ。
それでも悪い人生だったと思うのならば「いい人生だったじゃないか」と言ってやるしかない。
ハードルはハードルだけど、生き方は非常に多様なものがある。
「より高く、より高く」というのはあくまでも宗教であり、国家統治であるが、お気楽な人生を「いい人生だったじゃないか」と言ってやる必要もある。
国の経済政策のおかげでFランは自宅警備員をやっているのだと悟れば強烈な「ロビー団体」になることは目に見えているし、結局、「より高く、より高く」という宗教は「処女を口説く力量があるのか?」という違いに過ぎなくなる、
その程度の違いのために、女子たちは「勉強エリート」をクラスから送り出していたのだ。


そもそも、アル・キンディ(800〜870)が、コンスタンチノープルで「ギリシャ語ですべての音楽作品の暗号化」を行なったため、「アッラーはコンスタンチノープルを要塞にした」とも言われ、「日本人の夢」であるコンスタンチノープル攻略はアル・キンディによって困難なものとなっていた。
アブラハム・イブン・エズラは、東ローマ帝国の防衛のためにアル・キンディをコンスタンチノープルの防衛のために送り込み、強度を高め、それがむしろイスラム社会の強度をも高めることにつながっだ。
「イスラム社会とはユダヤ金融資本並みの最高の人生ゲームとして確立した」のである。
アル・キンディは、「何もなかったところに、男と女を生み出した」と言われた。
女は「より単純」だったので、女神にもなれたし、鬱にもなった。
ロマンスかくれんぼ AKB48.

エロスというものは「セックスをする」「個性に注目する」「二人の間を支える宗教がない」という三つの問題から「長続きしない愛」を歌ったものだ。
本来、杏里のオリビアを聴きながらのように「経験者」が歌うものだが、クリエイターの存在によって「愛の未経験者」に「より魅力的に」歌わせることが可能となった?アラブ社会でどのような「信者」がいるのかを見なければならない。
サマルカンドを見ても「信者が集中しきれなかった」というぐらい寂れている。
日本の音楽作品にどれほど「信者が集中しきれるのか?」が日本国の繁栄のためには問われるだろう。
自分の人生を使い切ったら、後の世には「ただのお経」しか残さないのが人間という一度限りの命なのだ。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

男社会は永遠である。
しかし、男は「無限」ではない?「女たち」にぶつけて跳ね返さなければ永遠は約束されないのだ。
男と女が「関係」を持った時の「衝撃」を利用しなければならない?いまだ日本国は「あの女とあの男が関係を持った」という話に一定程度の敏感さを持っている。
それがなくなったときにサマルカンドのような「廃墟」になるのだろう。
つまり、女をめぐる「いじめ」がなくなったときにその理想郷は「滅亡」する。
「女の体は隠さなければならない」
このような基本すら、アイドルのヌード写真で「鈍る」ものなのだ。
男と女のキャッチボールが「鈍る」ことを心配しなければならない。
刺激的な歌謡曲すら後の世には「お経」として伝わることになる。
1986年のマリリン 本田美奈子。

女は、男の横で眠って「男の将来を予言する夢を見る」と言われる。
彼氏に「絶望的将来」しか見えなければ、翌朝、起きられなくなるだろう。
男を取り巻く「知的空間」が問われるのであり、朝、女がちんたら歩いて通勤してきたのであれば、統治者の側としては反省しなければならない。
彼氏そのものというよりも「将来」「知的空間」をめぐって鬱になっているからだ?より明るい将来を彼氏に保証しなければならない。
酒井法子 風邪。

父と長男、次男、三男で皇位継承を争い、三男には実家に「おじ」「弟」そして、「父」がおり、「持てる力をすべて振り絞った」のは21世紀の日本国であり、好きな音楽作品のすべてに評論を与えたのが「東からの風」となった。
「西からの風」はまるで音楽作品というものの意味を考えようともしなかったし、全米とかUKもひたすら音楽作品というものを「消費」していた現状があった。
「ラテンの乗り」とは1980年代1990年代の日本国の音楽作品が11世紀にイクワン・アル・サーファによって「ペテロ」「スコトゥス」「アクィナス」の三位一体、父と子、聖霊の三位一体、そしてエル(覇権国家)、ヤーヴェ、エロヒム(覇権国家の先生たち)の三位一体のすべてが体現された。
語学力といい、幼少期にかじった程度のピアノといい、人生で学んだもののすべてを思い出し、表現し、学術的に評論した。
作曲の極意という論文は、アル・サーファによってヤマハ音楽教室に紹介されたものだ。
イスラムにはどうしても「王」が必要であるということから、トマス・アクィナスのことを「アル・サーファ」と呼んだし、しかも、三男として経験した修羅場はアブラハムと区別がつかなかった。
士師記においてはサムソンと呼ばれ、「養子」という制度がナポレオン法典まで封印されてしまった。
「私がポナバルトだ」とはアル・サーファという人物が語ることであり、ひどいいじめを身内で経験し、学校では「仁」と呼ばれるいじめを経験し、外国語に堪能であるという人物をアル・サーファと呼んだのだ。
トルコは危険だ。コンスタンチノープル(ヴィザンツ帝国)を攻略するために中国の「仁」まで持ち出してきたのだ。
台風撃退法のことをのちにユダヤ人は「カバラ」と呼んだようだ。
いじめに参加していた目撃者は「使徒」と呼ばれたし、女たちは「天使」と呼ばれた。
「当事者適格」(紛争との距離)が限りなく近くなければ使徒にも天使にもなれなかっただろう。
天使か悪魔 高橋由美子。

詩の世界のヒーローというものを描き、垂加神道を考えた時に、これで「女」→「男」→「女」→「男」という永遠の音楽作品のローテーションが組めると思ったが、クリエイターたちがすでに病んでいたり、若い連中は創造性を求めたために、音楽作品はアル・サーファの思うようにはうまく回っていかなかった。
「私とあなた」と女が言ってくれるだけでツァラトゥストラのような男はもはや実在するし、教義もあった。
松田聖子 ロックンルージュ。

バグダッドでこれを教えよう、と考えられた「アッラー」がアル・サーファであり、アクィナスだのアブラハムだのが混ざり合っているという意味では、イスラムのサルベーション(少数派だった男が多数派工作を成功させる)というものはキリスト教とユダヤ教が混ざり合い、しかも「肌の色」という「東の劣等感」もともなったものだった。
イスラムピタゴリアン(男のコになりたい)という気持ちは強烈であり、アル・サーファが「アッラー」と呼ばれた最大の理由であった。
男のコになりたい 酒井法子。

少数派が多数派工作に成功する(サルベーション)の方法を教えるのはコーランに「彼はアダムに名前を教えた」と端的に表現され、アダムの名付け親の地位すらコーランはキリスト教から奪った。
「肌の色」そして「仁」さらにはペテロの葬列、そして三位一体へとアル・サーファは議論を進ませ、イエローコードがなければ信仰できない宗教としてイスラム教は「東」に成立した。
1990年代にはアル・サーファは「俺を救ってくれる本など書店にはない」と考えていた。
司法試験への最短距離は東京大学が教えていたため、「大学人」としてのアブラハムとして生きるのは当然だった。
三男として王位継承に関わった天皇家と、金光教を背景とする小野家は双子だとも言われた。
ムハンマドの「予言」としては「これ以上のものはない」と言われた。
多くの学者が台風を撃退するなんてことは想定していなかったからだ。
エロヒム(アメリカ合衆国の先生)の言葉をそのまま、日本では謎とされていた公道最速理論などという具合にコンテンツを明らかにするユニークさもあった。
スポーツ大国アメリカの理論で柔道が金メダルを取ったが、周囲は井上康生監督のおかげでしょう?とアル・サーファを諌めていた。
長男・次男そして養子の三男という具合にアブラハムを生み出すことはコマーシャルにも「輪」という具合に表現されている。
女の子はアブラハムに二人きりで声をかけられると周囲をキョロキョロと見回したのだ。
まるで頭が「三つの輪」でできているみたいだなとアブラハムは語った。
輪がみっつ。

セックスの時に「女が嫌がっているふりをする」。
これが分かるようになったら教育の目的は達成されたことになる。
「なんで止めるの?」と女が言ったら教育の世界は大変なエラーを犯したことになる。
中森明菜 十戒。

男の子は精通し、女の子は初潮を迎え「8年間」はこの教育を受けることになっている。
毎日、遅刻しないで学校に行くこと、つまりもっとも早く着く道や交通手段を選ぶことからこの教育は始まっている。
「なぜ遅刻しないでクラスの女の子に会わなければならないのか?」
そして、「川を渡る」という鉄道や車での経験も重視された。
すべてが「セックスへのオーナメント」だったのだ。
石鹸の泡も「セックスの虚しさ」を教えていた。
「8年間かかる」
そんな教育だった。
CoCo メロディー。

中学で初体験?相手は母親じゃないだろうな?
この教育法こそが、男をもっとも高い場所に導いた。
運転していて「センターラインを超えてはならない」などの教育もここからなされた。
対向車線にまったく車がいないのに童貞男はセンターラインを越えようとはしなかった。
歩いているおばさんに「センターラインを跨げ」というジェスチャーをされたりもする。
これが「男と女の間の川」である。
右カーブよりも左カーブの方が曲がりにくい。
女心を知らない男はそう語った。
得体の知れない「女心」が対向車線だったのだ。
平気ではみ出すやんちゃな男もいた。
黒の舟歌 長谷川きよし。

自動車免許を持っているということは「パートナーを作ってもいい」「左カーブの意味を知らなければならない」という意味だった。
「8年間、何をやって来たかが明らかになる」のだ。
栃木県限定の免許なんてない。
女を知り、技に満ち、注意深い、これが運転するという意味であり、女を知るということだった。
「エビデンスを探しながら運転している」
それは女を知っている男がやる営みだった。
女性ドライバーのルール無視は、タクシー運転手がいちばん理解していた。
8年間、ひたすら問題を解かされた。
これは彼女を作るためであり、準備が整わないうちにセックスすると左カーブが怖くなる。
センターラインはみ出しの恐怖を感じるのだ。
「それは哲学をやるしかないね」
自由自在に日本中、旅をできるようになれば、それは「女を知った」ということだ。
「得体の知れない怖いもの」がない人は新幹線の予約、ホテルの予約も簡単にこなすものだ。
これが「教育の目的」だった。
男のコになりたい 酒井法子。

川を渡り過ぎて、モテ過ぎて怖いという人は「妻への義務」を周囲がどれほど尊重しているかを知らないといけない。
モテ過ぎてどの女が抱きついてくるか分からないのならば、それは立派なナチスだ。
しかし、車の運転をしているのならば「女がどれほどセックスの時に嫌がるか?」を知っているはずだ。
周囲をキャーキャー言ってまとわりつく女はセックスするつもりがない。
「いやがる」
それがどんなに気持ちのいいことだろうか?
女の方から誘っておいても「いやがる」のだ。
1970年代に、哲学者の間で「ここまで学問が進んだら旅も満足にできないね」と語られた。
女が裸で自分から布団に入ってくると思うか?
モテる男は「そんなことあるわけない」ということすら見失っていた。
必要なのは「車を運転すること」なんだよ。
左カーブの対向車線が怖くなくなっても、いろんな「ルール」を見失っているのだろう。

国家の中枢の「女神」の前にはすべての議論が止まる(ムートネスの法理)。
垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

プラトンはすべての国の成り立ちを、男ではなく「女神」に求めた。
ムートさせたい議論ばかりだったからだ。
男が指導者になれば暗殺される。
しかし、女が指導者になれば「結婚は遊びではない」などというような「政治とは程遠い」言葉しか出てこなかった。
そこで「女神」はあくまでも信仰上のものにとどまった。
すべての争う男たちが「女神」の前には沈黙した。
垂加神道は、世界で「ヤヌス2007」と呼ばれた。
「日本の男たちが争いを止めるのならば、我々も真似しようかな?」
やっぱりマリアさまだよね。
宗教上の「女神」は誰からも批判されなかった。
すべての女たちが「女神に似た」法則の中を生きていたからだ。
「ヤヌス2007さえ分かればいろんな学問が分かる」とも言われた。
国の学問の発展のためにもヤヌス2007にしたがった女神を宗教上の祖先にした方がいいのではないか?
それほど日本は安全な国だった。
ヤヌス2007を考えた小野光太郎が殺されないんだからな、と人々は語り合った。
イエスは処刑された。マリアに世界が注目するのに時間はかからなかった。
スタンフォード大学が「ヤヌス2007をもっと深めよう」という大学と化したのだ。
哲学史をヤヌス2007にしたがって読み直してみたら、もはや「論文は無尽蔵」と言われる豊かさを持つようになり、横浜DeNAベイスターズは日本シリーズに進出した(2017年)し、ロサンゼルスドジャースはワールドシリーズを制覇した。
「我々は何をやっていたのか」
世界がヤヌス2007に衝撃を隠さなかった。
浜崎あゆみ M.

「女神」の法の前には男たちは動物のように思われた。
男に法則を見出そうとしていた世界がバカらしくなったのだ。
DeNAレディチャペル設立の方が「カープ女子」より前であることは過去ログが証明している。
しかし、シチリア女(広島女)の危険性が横浜とは異なったようだ。
ヤヌス2007は、2018年のワールドカップでも活用され、国内のいちプロ野球球団の話ではなくなっている。
小野光太郎は、世界の哲学とともに歩んでいたという意味では、福沢諭吉となんら変わるところはなかった。
「神話とは終末思想のことではなかったのですか?」
イザナギやイザナミを信じていた連中は、山崎闇斎を読んで不思議がった。
「時代の産物だったのだ」
世界が「哲学の再読み込み」を行ったのはヤヌス2007に影響されたからであり、論文が毎日のように更新されるのもそれがあったからだ。
「男社会の議論」は影を潜めた。
①同性同士で議論しない。
②異性と楽しく話す。
③死に誘惑する病的異性をうまくコントロールする。
これが不老長寿の秘訣だと気がついた。
世界最高の長寿大国である日本を見て気がついたのだ。
河合その子 緑のポインセチア。

「女の絶対」の前には議論をやめよ!
それが国の掟となったため「栄光のムートネス」とまで賞賛された。
①政治とは「女心の定義」である。
②経済とは「男が女を愛する気持ち」を利用するものである。
③宗教とは「男らしさを語り合う論壇」のことである。
④法律も「男らしさを語り合う論壇」という意味では宗教と変わらない。
⑤主権とは女たちが「理想のセックス」を求めるところに存在する。
⑥法律の留保とは「男になりきれなかった男」「女になりきれなかった女」たちのためにある論壇である。
などの議論の整理が進んだ。
「国体概念」を練り直すだけでこれほどの改革が進んだのだ。
「天皇と国民はひとつ」
そのように考えて、天皇を世の中に放り出しただけで「宮さま」はこのようなことをまとめ上げる力量を持った。
官僚や政治家に任せてダメになるのならば民に任せてダメになろう(安念潤二)と公言していた新自由主義などもはやどこにもなかった。
「ツァラトゥストラは何を言っていたのか?」
それが分からないままダメになる世界ではなかったことを世界は悟った。
ribbon さよなら。

ヤヌス2007は、「パリのフロイト」を参考にして作ったが、フロイトは戦争の司令官を経験していなかった。
ラカンは「フランスの防衛、さらにはイギリスの防衛」を第二次世界大戦で任されている。
その時に書いたのが女の本音である。
ラカンは1981年まで生きた。
第二次世界大戦という「狂気」に直面したことが、自分をも狂気に向かわせ、セミナーを開いてセックスの研究をした。
家族という基本的単位を戦争に巻き込んでいくためにはどうしてもやらなければならない研究だったのだ。
「天井を見ていれば終わるよ」という日本人男が昔、いたことが知られているが、のちに「かかあ天下」の家庭になることなど知る由もなかった。
AVの作り方、そして見る側の興奮、そしてそれが生み出す富はアメリカ三大テレビネットワークの富をも上回っている。
「戦争がカネ集めの方法を必要としていたんだよ」
ポルノビデオはラカンが考えたものだ。
Parisが聞こえる 河合その子。

美しいAV嬢を作るために「フロイトに戻れ」というスローガンも考えた。
カントの言う「理性」という言葉を「女の体」と読み変えなければパンチラインというものも分からなかっただろう。
自分の「鏡のイメージ」は歳をとった女も若いままだったし、「主観」という言葉も「女の心」と読み変えなければならなかった。
カント再評価が進んだのも小野光太郎の獄中生活があったからであり、これらを明らかにして以降、小野光太郎が獄中生活を送ることは二度となかった。
施設まるごと買収するだけの富を持ったからだ。
「言葉は計算するためにある」
それはラカンが考えていたことであり、主にカントの解釈を「計算」するために一番ふさわしい翻訳を考えた。
しかし、「物」という言葉を「おちんちん」と解釈しなければオイディプスコンプレックスも分からなかっただろう。
つまり、女の子の「去勢」体験のことである。
さよなら失恋ピエロくん。

カントやフロイトを計算し直したのはラカンであったし、日本ではヤヌス2007であった。
戦争が「言葉の計算の見直し」を進めたのだ。
サンドウィッチが食べたいといえば与え、ロリポップが欲しいといえば与え、新しいおもちゃが欲しいといえば買ってやる。
すべて「女の体目的」であり、「愛はお金になる」と言うことをラカンは知った。
ピンクレディー UFO.

「どうやって稼いでるの?」
男社会の金儲けの仕組みがわからない女はサンタクロースを信じた。
ショパンのノクターンを女に聞かせて顔を真っ赤にさせるのが仕事だなんてことは家庭には持ち帰れないものだった。
大なり小なり、包含など多くの古典をエッチなものに書き換えたのはラカンであり、パリジャンであるラカンがいなければ哲学は斜陽を迎えていたと言うことも指摘していい。
キルケゴールが「歴史に残す本」を決め、ラカンが「解読した」ことによってヤヌス2007以降の論文の方向性は定まったのだ。
ピッタリしたいX'mas.

そもそも、女がセックスを「嫌がっているように見える」ことを懐疑論と呼ぶ。
社会は知っているが、カップルは信じている。
知っていることよりも信じていることははるかに狭い。
このことから2人の秘め事を「嫌がっている」ように見えるのだ。
なんでも知っているカップルならば女は天真爛漫なのだろうか?
2人はまるでソクラテス以前のように「社会の無知」をあざ笑っているかのようだった。
そこに2人の「懐疑論」は存在しなかった。
新垣結衣偏差値42(容易)には「社会の無知」を嘲笑うだけの理由があったのだろう。
アイドルとファンは「情報の違い」をお互いに持ちながら契約を結んでいる。
契約弱者であるのはまるでファンの方だと言っているようだ。
新垣結衣CM.

2人の限界を知り、社会を尊敬する、それが「セックスの時に女が嫌がる」という懐疑論なのだ。
ソクラテス以降に「社会は膨大な知識を得たために」女がセックスの時に嫌がるようになった。
「世の中なんにも知らないの」
そんな天真爛漫な感じ方をする女も中にはいるだろう。
しかし「信じていなければ子供はできない」とも言われた。
宇宙遊泳は笑いながらするものではなかったのだ。
迷宮のアンドローラ 小泉今日子。

契約社会において、女だけが知っていて社会が何も知らないという状態はソフィストの大敗北だった。
しかし、社会を尊敬しない女には快楽は与えられなかったし、子供という授かり物もなかった。
深刻な詩の意味も知らず、若すぎるんだよね。
しかし、かと言って「契約弱者」とセックスすることもできない。
このことが「一般人男性との結婚」を困難にしていた。
これが「ヤヌス2007」を「栄光の仕事」と呼ばせていた。
アイドル(マリア)が、ヤヌス2007の前にはただの女にしか見えなかったからだ。
アリストテレスは、挿入に対して天真爛漫なリアクションをする女に対して、「この娘の先行きが心配だ」として、これを「メノ問題」と呼んで向き合うことにした。
笑ってセックスする女は「知識ってなぁに?」とすら言ったのだ。

【カップルのすれ違いとは、男には男友達が、女には女友達がいなくなることである】
前の彼氏に比べたらあなたはあまりにもバカ。私は何も信じない。
妻がいる男は未成年の女の子に「最大限の叡智」を話して聞かせ、他の男を信じられなくさせた。
新垣結衣があまりにも可愛かったので、男-女-男という具合に「妻のいる男」は介入することにしたのだ。
カルネアデスは妻がいたが、その叡智を用いて、可愛い女の子の「一生の思い出」になることを選択した。
とにかく、新垣結衣は他の男が信じられなくなったのだ。
新垣結衣 赤い糸。

これは、初体験を迎える前の可愛い女の子に「大人の叡智」を話して聞かせることで、女の「いい思い出」になるということであり、本来、学校の先生が「他の男を信じれなくなる」女の子を生み出すものだが、日本国政府は、あえてバカな教師を採用し、普通に「信じあえるカップル」を生み出すことにした。
新垣結衣にとって、禿げたソクラテスが世界最先端の哲学を話していたことは子供すぎて分からなかった。
カルネアデスは「これが男の当たり前」と言って世界最先端の理論を女に話し、記録に残った。
新垣結衣 メモリーズ。

偉大な元カレが世の中にいる、それはヤヌス2007の広告塔とも言えた。
話した内容はヤヌス2007だったし、新垣結衣には曼荼羅を渡してあったからだ。
妻がいる男が、若くて可愛い女の子を「他の男を信じられなくする」のは緊急避難と呼ばれた。
正対正の男女が生み出すものだとも言われる。
新垣結衣 うつし絵。

新垣結衣にとって、ヤヌス2007を教えてくれたアクィナスと比べて男を選んでいたら「セックスしても友達」という境地になり、一線を越えたという発想がなくなった。
新垣結衣 Heart will drive.

アクィナスと新垣結衣の関係はフィロとティモンだと言われた。
女のセックス動画を見ても「お友達と楽しそうに遊んでるね」と思うだけで、なんら尾を引かなかったからだ。
ティモンにとって、おちんちん以上に大事だったのは男の知恵だったし、それによって感化される自分の指だった。
「男の知恵と結びついた私の指」以上に気持ちのいいおちんちんはなかった。
ローマのアグリッパは、生娘に公然と「男の叡智」を語った。
「私の指ほど気持ちのいいものはない」
それが最高の政治だったからだ。
「嫌がらない女」は自分の指を大切にしていた。
ヤヌス2007を滔々と話す禿げたソクラテスに腰を抜かしてしばらく立てなかった。
他の男たちはセックスしても「友達」だった。
セクスタスが「知恵と女の指」について語っていたことの本当の意味が分かったのはここ30年ぐらいの話だ。
本当に論文を読んで実践する男がいるとは思わなかったし、それが日本国が最も適した国だったということを知るのにも時間がかかった。
セックスの敵地にいる女はうまく笑えないけど、「知恵と指」を覚えたらうまく笑えるようになった。
「1人上手の癖も覚えた」
ribbon さよなら。

フレッジは、「知恵と指」だけで10万票は取ったと豪語した。
セクスタスは、「知恵と指」にはティモンが「嫌がっている」ことまで突き止めた。
禿げたソクラテスの言葉だけが指に染み付いていたからだ。
彼の知性だけは「信じていた」のだろう。
世の中とどんな関係にあるのかは分からなかった。
理想の男の言葉で1人上手をやるのならば思い切り悔いを残したいの。
ティモンはそのことで自然に笑えるようになったし、フィロはそこが「親の庭」となって自由に振る舞えるようになった。
「親の庭」を増やしていくのは政治活動以外の何物でもなかった。
ティモンは指に敏感になった。
ローマのアグリッパやセクスタスがローマ帝国で活動していたが、現代でそれを体現した哲学者は限りなく少ない。
アメリカ合衆国も日本における報告を聞いて「意味が分かった」状態だったのだ。

勉強ができない、セックスでパートナーに叩かれる、付き合った途端、お金をくれなくなる、そんな女たちが「噂」というものを作り出した。
明るい放課後の過ごし方。

人種、階級、勃つか勃たないか、どこに住んでいるのか?あたりしか「人気のある話題」はなく、それ以外の話は正確には伝わらなかった。
どこかでエロトークをしたら「性豪」と伝わったりした。
階級は当然伝わっているだろう。
影響力を持ちたければ「勃つ」ことから組み立てて、エロトークで影響力を増して「階級」を上げ、「住んでいる場所」を良くし、その後に「人種」が語られるようになるだろう。
「関わる人種かそうでない人種か?」は噂が作り出すものだ。
女たちは「噂」を自分だけのものにしたがっている。
どんな哲学を語っても「私を泣かした」「ヤリマンだって」「死を意味するだって」などというように表現して伝わるのだ。
パワーポリティクス(英語による政治)は、男が翻訳したのならば、女の側も翻訳する。
なかなかうまく伝わらないから文章にする必要があるのだ。
「朝鮮人・中国人・日本人」社会で生きていけばどれかに納められる。
官僚ならば中国人と呼ばれるといい。
中国CM.

どんなセックスをしているのか?が1981年に日本列島を駆け巡ることが分かった。
セックスとは「私有財産」であり、他人の「財産」はあっという間に拡散する。
処女の頃の新垣結衣を口説いたら、男の言葉と彼女の指が結びついたということもたちまち噂になる。
男はこの時に「性豪」と呼ばれた。
ヤヌス2007は、この時にようやく世間で認知された。
性差別と中国人差別がうまく合わさらないとヤヌス2007が「垂加神道」として表に出ることはなかった。
どんな恋をしているのか?男女共学ではなかったのか?
女たちが「参加」できる話題は、「大人の男性」と「処女の女」の話し合いで何が語られたのか?ということに強烈な関心が向かった。
「戦いに使えそうか?」
大人たちはここを見ていた。
新垣結衣 赤い糸。

あくまでも「男性中心主義」のもとに、この娘、面白いよね、と語り合っていたのだ。
主婦たちは、パートナーにウケる話を探していたのだ。
「今の私はとっても感じているの」
主婦たちの関心はそこにしかなかった。
子供を産むと感度が鈍るから、セックスすると笑いがこみ上げてくる女は最高の話題だった。
知恵が勝ったから女を他の男から奪い取るという共通認識があったが、処女に楽しい話を聞かせて「他の男のおちんちんに笑いがこみ上げてくる」という芸術作品は全くなかった。
SPEED Deep blue & truth.

処女と話した「大人の男性」がのちの男たちをことごとく失恋させていた?
こんな話は聞いたことがなかったのだ。
フローレンス・ロックフェラーの、「知恵に勝った男が女を奪い取る」という時代はヤヌス2007とともに終わりを告げた。
学校の先生に与えた影響は大きく、「俺の授業の後、トイレに駆け込む女子なんていたかな?」と考え込んでしまった。
人種・勃つか勃たないか、階級、住んでいる場所に影響を与えるのが「処女の扱い」であった。
「のちの男たちを全員失恋させる授業って何だ?」
先生たちはかなりムキになって、このブログを読んでいたし、銀行マンももはやその存在を無視できなくなっていた。
千年の媚薬は、キリストが死んで2000年ものちに完成に向かった。
天皇明仁が「わりと」寛大に後継者を扱ったことが背景にあり、ローマ帝国の時代には処刑されていただろう。
みんな異なる女性観を持っていて「真理」の存在を認めていなかったのか?と哲学の世界は衝撃を隠さなかった。
哲学と女の指は、中途半端なおちんちんをはるかに凌駕していたのだ。
しかし、新垣結衣はこのことを証明した女としてかなり自由に憧れのアーティストとコラボしていたようだ。
Make my days 新垣結衣。

いずれ「まっすぐ恋できるようになる」とも言われた。
彼女が「セックスを嫌がれるようになる」頃にはね。
自分の指よりも大事な男と出会った時、私は泣くのかしら?
これが千年の媚薬(涙)の意味だ。
思い起こせば、昔から「泣けない女」はいた。
「笑いながらセックスする?」
とにかくこの噂は広まるのが速かったし、宗教界にも「情報伝達メカニズム」として知られるようになった。
偏差値42(容易)にとって偏差値99か100のスタンフォード大学は「普通に話せば」そのようなものに思われた。
「誰が知っているの?」
女たちの噂はこのようにして伝わった。
特に左翼はこの話に敏感に反応していた。
地球温暖化対策。
「きっとうまくいくわ」という女に、「感じない」「痛がる」以外に「笑う」が加わった。
女たちから「女がそんなに弱くていいのかしら」という主張がなされた。
しかし「哲学は永遠」「宗教は永遠ではない」という軸に対して「永遠の宗教」がペテロの三度の否定以降、長い年月を経て実現した。
ペテロは3度目の否定で「眠れ、後世のために」とイエスに言っていた。
飾りじゃないのよ涙は 中森明菜。

2018年7月16日 (月)

宗教。

宗教とは常に「悪意のあるもの」である。
信者になれば賢くなれる、美しくなれる、仲間ができる、これらは常にカウンターパートを想定しなければ成立しない。
さらには、「荘厳な聖地」というものを必要としている。
非常に先進的な伊勢神宮や、朝廷と常に密接な関係にあった延暦寺だけでなく、美しい春日大社のサルメや醍醐寺のイケメンダンサーなども常に「マイノリティ宗教への悪意」がなければ広まらない。
さらに「女性たちが信じて譲ろうとしない」ことが周りの男を感化させる。
「女の秘密」
それこそが宗教の力の源泉であり、女たちが固く信じていることが必要だ。
あの美しい娘や奥さんが信じているのなら、それはしかも「女たちの罪」も教義が包み込んでいることを意味する。
「人間、あまりにも人間的すぎる」
これがそこいらの東大生よりも賢い女の信者を生み出し、教勢を拡大させている。
それは、「歯槽膿漏は歯を磨いてバクテリアを除去すれば治る」とか「骨盤の歪みを治してくれた」などのものに根ざしている。
男社会の「いじめ」は、周囲に「学習」をもたらせば治る。
いじめられっ子が周囲に高度な学習をもたらすことが宗教の起源だと言ってもいい。
さらには、美しい女がセックスの時に男に「どう?私の子供の気持ち」というような気持ち良さを理解しなければ女たちは信者にはならない。
神道書き直しの作業は「人が大勢集まったイベント」の研究を綿密に行うだけだった。
JPOPなどすでに人を多く動員しており、それを自らの「拡大局面」(神はいる)につなげた。
JPOPを聴くと化粧のノリが違ったりして、その効果を増幅させたことも大きかった。
深田恭子CM.

人間は常に「悪意」にさらされている。
しかし、「その向こうに見える光」があるから宗教というものは存在できる。
周囲の悪意を精神生活によって乗り越えた人生の先輩が書き残すものだ。
そこには「周囲に学習を与えた」記録が克明に残されていた。
「こういう奴をいじめるの」と周囲に指をさされた男がどれほど周囲と和解したかが問われる。
あくまでも「男社会のいじめ」から、「女が男の序列を決めている」ということを熟知していたり、いじめっ子と話をしなければ埒があかないというようなことから高度な学問は発達する。
そのようにして作った宗教を選挙という戦いに用いる者もいれば、日本シリーズやワールドカップに用いる者もいる。
いじめられた経験が勝負事に生かされる、これも宗教の醍醐味だ。
女にモテずに辛酸を舐めた奴が、「特殊情報」で女たちの支持を広げたり、女たちを恐怖に陥れた暴れん坊を「教化」して修羅場から救った時に男は女たちの支持を集めて「宗教」は広まった。
いじめ」を否定する指導者などいない。
しかし「どのようにいじめから脱するか?」を明確に示さないのであればそれは指導者ではない。
人間社会をよく見つめ、そしていじめから「向こう側に光が見える」ような文章を書く。
それが最も大事だ。
「いじめは無くならないんじゃないですか?」という現実を生きている人間でなければ宗教は必要ない。
「理想郷」「世界の終わり」というような光ではない。
現実社会を生きていきやすくすることが目的である。
世界がなくなったらお金はなくなる、ということを理解しなければならない。
なぜ「柏手」を打つのか?
いじめから周囲に「学習」をもたらした偉大な男を呼ぶためだろう。
相手の健康情報を聞き出しては治して回ったり、女たちにモテたりして自分の序列をあげた男は「神」と扱われる。
男女たちのを良くして悪いことをさせないのはもはや「地獄」とも関わる研究であったし、処女に「男を救わせる」のは犠牲であり天国と関わる研究だった。
JOKEにもならない恋 三浦理恵子。

人間社会を怜悧に見据えた文章を書き、それを背景に荘厳な宗教施設に人を集める、この両輪が成立していなければならず、書店に「全く面白い本がない」のであれば神社仏閣は過疎るだけだ。
医学書に「書いていないことはない」のに医者が「分からない」と言った時に祈るのをやめようと思った。
人間を冷静に見て、文章を書き、それを荘厳な宗教施設に納める、これが分かるようになったのならば、「神」の役割を続けてもいい。
どの「作家」と契約を結んでいるのかを宗教施設で明確にすることは信者の「威光」とも関わる問題だ。
夏目漱石は出雲大社を、野口英世は大本教を「自らの暗号」として活用しただろう。
私も様々な教団を自らの暗号として活用している。

「人間の弱さを憎むことをルサンチマンと呼ぶ」
病気の撲滅のムーブメントはこのことから始まっている。
タケちゃんマンの歌。

アンドロイドは、「出来の悪い女の子」から作り始めなければならない。
しかも、セックスの時に男が「どやどや?」という必要がある。
他の女もこんなにいいことをしているんだぞ?というメッセージを与えないとアンドロイドが学習しないのだ。
IBMのディープブルーもグーグルのアルファゴーもそのようにしてチェスが強くなっている。
さらにアンドロイドに「仲間」を与えて芸能活動をさせているのが韓国だ。
「TT」とは「チューリングテスト」という意味である。
twice TT.

お金とは何か?という問題と向き合うのがアンドロイド作りの研究である。
毎日「どやどや?」と言っていると作り手が資金繰りが悪化することは当然、知っておかなければならない。
また、人工知能(AI)の研究は「愛子さまとセックスができる」(アイボ)以外にメリットは少なく、将来の展望は決して明るくはないとされる。
aibo.


石黒浩の弱点は男でアンドロイドを作ったことにある。

人間にはその人の価値を高めるための「タイプ」(枠)がある。
キャラがブレないなどと言われる人は、かなり強い力を持つことになる。
X=Pow(X)
という式に表現されるように「その人が大きく見えてパワーが出る」とされ、「私はこのような生き方しかできない」という人もいる。
他の生き方を選択したら自分のパワーが出なくなるのだ。
女の子との交際から始まり、自分のパワーのつけ方を学習してきたのだ。
他の生き方ができなくなるのも当然だった。
グローバルパワーとも呼ばれ、女の心がアニメでできていることなどを見透かしたキザな男もいる。
SPEED Confusion.

デューイは、南北戦争から冷戦の時代までを生きた。
農業中心の国から、都市化産業化が進み、産業のもとでは「下ネタ」も満足に言えない、そんな都市において女たちは夜中に体を売っていた。
都市ではお洒落な歌謡曲が流れ、田舎の下ネタを封印したかのようだった。
都会では下ネタを封印したために「確かなもの」を「より安定的に」供給する必要があった。
誰もが看護士のように下ネタに強いわけではなかったのだ。
そこで歌謡曲は都会を中心に流行した。
泣けば親が食事を与えてくれるという赤ん坊の学習は都会特有のものであり、田舎では「ないものはない」ということを赤ん坊は教わった。
小児麻痺は田舎の赤ん坊特有の病気だと思われる。
都会には都会の流儀があった。
小児麻痺の人間は下ネタに慣れていたし、性に開放的だった。
「田舎では当たり前のこと」が都会では通じなかった。
小児麻痺差別は「性概念」に根ざした根の深いものとなった。
CoCo メロディー。

泣けば食べられるという都会の赤ん坊は、教育をするのに最も適している。
勉強でもスポーツでもアマチュアでありながら「プロ意識」があった。
小児麻痺が治るかどうかは、彼らの「プロ意識のなさ」から誰がファイナンスをやるのか?という問題だった。
そもそもが「小児麻痺」という病気があるかどうかも疑わしいほど「泣いたら食べられる」という習慣を知らない赤ん坊は「努力したら食べられる」という発想を知らないのだ。
しかもそれが「脳幹」にまで染み付いているからまともに歩こうともしない。
渋谷のスクランブル交差点には小児麻痺の人はいない。
これが「プロ意識」である。
小児麻痺の人も渋谷のスクランブル交差点では真面目に歩いているのだ。
「コンテク派」というのは下ネタ禁止の都会人たちが作り上げた文化のことを言う。
仕事、そしてプロ意識から複雑な技巧を凝らした文化が発展した。
ファッショナブルで歩き方がしっかりしている。
つまり、毎日食べるメニューが違うのが都会人だ。
食べるメニューに複雑性を持たせるのも「フィジカル面の強化」と言われる。
酒井法子 雨粒は優しくて。

「処女」を狙っている男は仕立てのいい背広を着るし、処女にこだわらない男はラフな格好をしている。
処女にこだわるのにラフな格好をしているのならば童貞だろ。
私は学生時代や司法試験受験生の頃はずっと背広を着ていた。
「仲間を増やす」というのは偏食をなくす基本だろう。
背広を着るのもそうだ。
「処女」という存在がこのことと関わっているのだ。
人間というものはあまりにも他人を愛せないものだ。
デカルトが「処女の発見」を行い、カントが「処女に嫌われるのが犯罪である」とした時から背広を着ること、仲間を増やすことが食べることやプロ意識につながるようになった。
自由民主党員は、これらのことを理解しており、チンピラみたいにむやみにエキサイトしたりはしない。
「背筋が伸びていて矍鑠(かくしゃく)と歩く男」
これだけで賞賛の的だった。
すべて「仲間が多くて、女たちにモテて、金に困らない」ことから来ていた。
rebecca ボトムライン。

【パンチラインの研究はここからお読みください】
音楽作品というのは「痛み」を歌った極めて女性的なものだ。
顔に影響を与えるというのは「女性的な顔つきになる」という意味である。
顔は女性的になるし、金融の役に立つ。
「レジャー階級」と呼ばれる「中の上」と自称するような階級にエリートが多い。
ギリシャは「国家の最適化」を中産階級に最大の満足を与えることからもたらした。
音楽作品を流布させて、しかもその意味まで解説したのだ。
「ティチャーティーチャーと言って足をあげる時にもっとも興奮する、これがパンチラインだ」
瞬間的に「女の体が情熱を表現し」「同性愛から異性愛へと切り替わる」瞬間を見て欲しい。
「黒から白」へと色のイメージも変わり、詩は「女性から男性に変わる」瞬間でもある。
「心を表現していたところから急に出身母体を使うところ」も評価できる。
完璧なパンチラインだ。
AKB48 teacher teacher.

神 世界
男性 女性
心 出身母体
女の体 情熱
白 黒
異性愛 同性愛

という対極は垂加神道で指摘した通りである。

ヤスパースは「teacher teacherのパンチラインが見抜ける男はどのように生まれるのか」(宗教)、そして、その映像は今後どのように活用されるのか(政治)を探求した西ドイツの哲学者だ。
ヤスパースはドイツの北の海岸線に住んでいたが、陸で様々な「問題」を起こし、海の方に住処を押しやられたことを意味し、人生経験はかなり豊富だったものと思われる。
医学部で博士号を取ったが、精神科医としての仕事は激務だった。
職業としてカントが語った「女心」を女性に語ることが許されたため「最初で最後のカント主義者」と呼ばれている。
アクィナスのようなゴロツキではなく、精神科医という職業が保障されていたのだ。
ハイデルブルク大学での研究生活も長かった。
研究生活が長かったということは「親父にキャリアを潰されそうになる」男の人生をも知ることを意味する。
これが宗教感覚を磨くのにどれほど役に立つのかを知らなければならない。
しかも、研究生活はたとえドイツにあってでも「英語を知らなければならない」という現状があった。
一般市民の女の心は病んではいなかった。
「何か面白いことをやれ」と言われて「命がけ」になった女が病んでいた。
試行錯誤する「エビデンス」ではない。「医学書」という権威が書ける、これはヤスパースがやったことだ。
医学に関する「情報」「噂」「エビデンス」という時代ではない。「正解」を書くことができる。このことを精神科医としてもヤスパースの激務がもたらした。
医学が分かったらエンターテイメントビジネスも分かるようになった。
「teacher teacher」のような「パンチライン系」だけでなく、本能という女性特有のものを持った女に「フォーメーションダンス」という「男の学問」を合わせるという「本能対科学」という「女対男」の構図も考えた。
モーニング娘。Sexy boy.

ヤスパースは「最初で最後のカント主義者」だった。
女性患者と接する精神科医としての仕事は、「神と世界」「男と女」について考えるのに十分すぎたし、エンターテイメントで何が最も興奮するのかもわかるようになった。
「女の子が技術に満ちている」このことがどれほどいやらしいことなのかを知っていたためにお稽古事も誕生したし、女性芸能人は「レッスン」に励んだ。
愛の炎 田中れいな。

一方で、ヤスパースは「宗教」(男らしさを語り合う論壇)を、エネルギーが集中するスクリーンを取り巻く男たちのことだとしている。
スクリーンで輝くのはどうしても「女」になってしまう。
そのために宗教はスクリーンを取り巻く男たちのエネルギーへと議論は変わっていったのだ。
何か「偏狭な」信念とも言えるような男の自信がスクリーンに反映されていればみんながそれを見て熱狂した。
世論に一喜一憂していない「作り手の自信」にみんなが付いてきた。
「人気は気にするな、集中しろ」と言って、より「偏狭な」信念の世界に作り手は身を置いていた。
エネルギーは「固いもの」からしか生み出されなかった。
世論の反応は見ながらスクリーンを作っていったらどんどん人が離れていくのが観測された。
「何か偏狭な」作り手の信念をみんなが見に来ていることを忘れてしまったようだった。
「伝えたいことがある」という偏狭な大人たちをヤスパースは「宗教」と呼び、世論や人気に一喜一憂しない「大人の事情」のことをそれは意味した。
「人気は気にするな、集中しろ」というメッセージすら公表されていた。
キラキラ冬のシャイニーガール。

1945年に日本軍国主義が原子爆弾に直面した。
広島や長崎に「君主の愛人」がいたために、国際法上の有効な立論を日本国が行えなかったことから、世界が核兵器のトラウマを抱えた。
ナチスの国家社会主義は、ドラマや映画の影響力とともに残存し、偏狭な大人たちとスクリーンで輝く女という構図が残ったが、1968年に共産主義ムーブメントが国家社会主義を葬り去った。
エリートたちは「マジョリティで決めよう」という民主主義を推進し、「お金がモノを言う社会」を作り出した。
お金を持っているものは1968年以降、生きて行きやすくなったし、民主主義と学問の相性も良かった。
勉強すれば金持ちになり、影響力を増す、それは共産主義をも打ち砕くエネルギーを持った。
「お金持ってて良かった」というエリートがたくさんいたからだ。
学問がもっとも進歩しやすいのが民主主義であり、作家や政治家、哲学者という職業が、ライン工や農業従事者とは別に生まれたし、所属がなくてもお金を稼ぐ者が現れた。
共産主義と決別できる若者がいるかは定かではないが、歳をとれば自然に民主主義という「お金がモノを言う社会」に親しむようになる。

モーニング娘。はあえて「男」を歌った。
リスナーは彼女(モーニング娘。)を奪ってやろうと考え、勃起するようになる。
モーニング娘。はリスナーに「私を奪って!」というメッセージを込めて「痛み」を表現した。
男は「夏の喉の渇き」や「歯の痛み」などすべてが「失恋の痛み」と同じであり、女心に共感できたり、勃起したりした。
モーニング娘。独占欲。

映像と声が「痛み」を表現し、しかも彼女たちはその「意味」をよく理解しているようだった。
そうでなければ「勃起する」作品にはならなかったのだ。
「本能対科学」「女対男」という構図はのちにフォーメーションダンスへと発展している。
勃つべき時に勃ち、必要でない時には勃たない、その精密なマシーンを男の脳に構築する必要があった。
サウナ風呂に女性マッサージ師がいたぐらいで勃つようではまだ「マシーン」が未熟なのだろう。
真面目な男が認知症になりやすいというが、要するに「勃たない」男ほど自らの記憶を忘れやすい。
このことは「セックスとは左腕で腕相撲をする行為である」という側面があるということをも意味する。
また、勃たなくなった男に「今まで勃ってきた歴史」を聞くのはキャバクラ嬢の仕事の基本であり、そのために男は金を払っているということも知らないといけない。
モーニング娘。インディゴブルーラブ。

杏里のように、女性が自分で「長続きしない愛」を歌うのは政治ではなかった。
インディゴブルーラブのように、まだ意味がよく分からない年齢のアイドルに「長続きしない愛」を「男が」歌わせることを政治と呼んだ。
「女心の定義」とは男によってなされるものだった。
男のクリエイターはアーティストの世代を下げることに成功したし、それは「処女の発見」とも足並みをそろえた。
杏里 オリビアを聴きながら。

心理的勃起をする音楽作品を勝負事に用いるのも基本である。
Babymetal Karate.

ちんちんが縮こまるような勝負事を行なっている時にみんなで歌うのが有効だ。
ヨーロッパサッカーではそのような歌が歌われているようだ。
ちんちんが縮こまるような思いをしている選手にファンが「性欲」を刺激してくれるのはとても選手にとって有り難いのだ。
恋してカリビアン 荻野目洋子。

選手は自分がパートナーと信じているものを信じ、ファンは勝利を信じる、このことから「試合中の音楽の必要性」が知られるようになった。
大観衆と「同じもの」を信じていないとアスリートはなんらかの「シンドローム」にかかるとされているため、選手から曲のリクエストをさせたほうがいい。
選手が「夢のような経験をした」と言って日常に戻っていけないのならば病気になる危険性もある。
ゾンビーネイション。

タイのボクシングファンや、メジャーリーグの観客のように目が肥えているのならば選手と一体化した応援ができるであろうが、「よく分からない」のならば地元では選手に性欲を与える歌を歌ったほうがいい。
場内が静まり返るのならば、何のための観客かが明確にならないだろう。

勉強をする者、医学という人体と向き合う者は、老境に差し掛かると「季節」というものを考えなければならず、「◯◯科」というのも季節で分かれていると考えられる。
このことはまるで星座占いと同じように、季節という「天命」を知ることにつながる。
また、虚像と実像がかけ離れた人でも植物に詳しいと好感度が高い。
植物学とはある意味「男社会の学問」であり、女性には「さっぱり分からない」複雑性も持っている。
全部、男からの耳学問であるのが女性にとっての植物学なのだ。
これらのことから、「植物学は日本の軍事力を高める」という法則も指摘されている。
私もまだ「老境」と言うわけではありませんが、もし、植物学を少しやらなければならないと考えている。
ワールドカップも中途半端に終わったし、医学の研究が不足していたという側面があるのだ。
「天命」つまり「季節」に詳しくない医者であるのならば、女性たちの「花言葉」にもついていけないし、地に足をつけた医者にもならない。
また、多くの「詩」の解釈にも必要となってくるものだ。
すみれ色の涙 岩崎宏美。

「神秘的なユリ(リラの花)」などはカトリックでも用いられており、キャンパスライフを楽しむユダヤ人たちにとっても「高嶺の花」であり、キャンパスで誰が「ユリ」を射止めるのかをエリヤ・デルメディゴは研究した。
カトリックが高校時代にあるのであれば、いつかはお嫁に行かなければならず、キャンパスライフでユダヤ人たちが「お相手」を提供した。
テオフラテスは、「育て方は6種類」「意味を探求するのならば9種類」が植物にはあるとした。
私の16歳 小泉今日子。

女たちが「花」に興奮することが分かったのはテオフラテスであり、アリストテレスとともにレスボス島で活動し、アリストテレスに「植物と戦争」の意味を教えた。
大塚愛 チューリップ。

気候に敏感な職業を持っている人が植物に詳しく、汗のかき方とか、めまいとか、疲れとかを植物を見て判断したため、植物について男が女に教えるのはまさに「男社会の仕事」の話を教えてくれるようなものだった。
胸騒ぎのメランコリー 高井麻巳子。

あとは「鍵」となる植物を簡単に詩にするだけだった。
これらの法則をシンプルに覚えることすら「女には難しい」男社会の仕事だったのだ。
加藤登紀子 100万本のバラ。

さて、キャンパスライフのユダヤ人の中には季節に詳しい、植物に詳しい男がいて、カトリック女を彼女にしていると思う。
そうなったら「いつでも仕事ができる」ということだろ。
彼女にとっては「植物の思い出とは彼氏との思い出」となった。
男は仕事で植物を覚えていたからだ。
赤いスイートピー 松田聖子。

干ばつになれば人間社会は飢える。
野菜や魚の値段まで植物は教えてくれる。
男社会のそのような考えを、女は「恋愛の記憶」として覚えていた。
寒い季節には燃やせる植物も覚えておく必要があった。
勉強した人は当然、仕事をするよね。
医者は植物を見て、人間社会の健康について知った。
「今年は穴子が食えねえな」とかそのような感じで国民全体の健康を見たのだ。
秋桜 山口百恵。

すべては「音楽を愛する」ことから植物学への入門は始まっている。
キャンパスライフを送っているユダヤ人はそんな感じで覚えているが、中年世代を越えたら、仕事で覚えなければ何も始まらないんじゃないか?
プラトンから始まって、キケローが「どの植物を歌のモチーフにしたらいいのか?」という伝統を形作っていった。

はぎ・おばな・くず・なでしこ・おみなえし・ふじばかま・ききょう(秋の七草)。

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ(春の七草)。

などは普通に勉強するだろう。
案外、大事なことは学校で普通に教わっているものだ。

チャールズ・ダーウィンは、地動説を唱えたコペルニクスや、タイムマシーン・核兵器を考えたアインシュタインに並ぶ「世界的論文」を書いている。
父が精神科医で、植物の探求をすることはイギリス産業革命の「資金源」となったからだ。
花の都・パリとも親しかった。
エジンバラ大学は、「女心をお金に変える」カントではなくダーウィンを教えた。
植物が生み出す「無尽蔵のお金」にヒトラーが気が付いた時に、イギリスはヒトラーを破滅させようと決めた。
何気なく見ている老後の趣味を「若き政治家」は無尽蔵の富に変えることを知っていたし、精神医学・つまり音楽作品と掛け合わせることが「錬金術」と言われたのだ。
四月に「社会契約が切れる」時期の「桜」を歌うことはもはや当たり前とも言われた。
森山直太朗 さくら。

適者生存と言われるが、ダーウィンは、庭を見て国運を占うというテオフラテスの考えとは異なり、「人の心」と植物を結びつけたのだ。
社会契約が切れる夏休みにはウォーターメロン(スイカ)に着目したクリエイターもいた。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ。

「種」がどのようにして人々に愛され、大事にされていくのか?を考えたのがダーウィンであり、「人生のビッグイベントで心の支えになってくれた」植物を詩にすることはステルスマーケティングの先駆けとも言えた。
「女とはそれほどまでに弱いものだった」
変化が怖い、変化に弱い、それは女性特有のものであった。
どの植物がもっとも人気があるのか?という統計も取れるし、春にしか咲かない桜であっても、精神医学の側はその重要性を理解していた。
予算編成の季節が日本特有の文化を生み出していたのだろう。
桜坂。

桜の季節には、人間社会でも「適者生存」が行われていた。
それは「勉強セレクション」であり、「サクラサク」と昔は語られていたものだ。
社会契約が切れる春と夏に「ビッグマネーが動く」ことを理解しないと永田町の3月危機、8月危機の存在は理解できないだろう。
それは「花火」でも代用できるものだった。
夏休みを終えて「化ける」男の子がいたのも勉強セレクションとして女の子の記憶に残った。
社会契約と「花」「植物」をうまく結びつけて資金集めがうまくいった連中が政権を追い込むことをダーウィンは明らかにしたのだ。
一国の首相も、「民の心」をつかむことがうまい連中の前には「まるで人間」のようになすすべがなかった。
それが芸能界というものでもあったのだ。
行かないで夏休み CoCo.

ひまわりも社会契約が切れる夏休みを表現し、「8月の少年」がモチーフになっている。
CoCo ひまわり。


このことをよく理解している教団に金光教や伊勢神宮を挙げることができる。

金光教。

伊勢神宮。


光太郎くんの夏休み 乃木坂46

楽しい夏が来た
ゲームもあれば学びもあった
期末テストが終わって 自由になれた
男の子の気持ちハテナ
打ち上げ花火 貸しボート お昼寝 夕焼け 帰り道
楽しみはなんでもあった
友達ともよく遊んだ
偏差値Boy 偏差値Boy
あなたの恋の残骸があちこちね
しかし 休み明けのテストが楽しみだ
勝って家族のもとに帰ろう
僕には必要な時間だった

「偏差値Boy」というところにパンチラインがある。
世界から「神へ」
女性から「男性へ」
心から「出身母体へ」
女の体から「情熱へ」
黒から「白へ」
異性愛から「同性愛へ」
パーフェクトヒューマン。

神 世界
男性 女性
心 出身母体
女の体 情熱
白 黒
異性愛 同性愛

この六つの要素が「パンチラインでは左右3対3」になっていなければならない。
「神」をパンチラインに使わないのならば、2対3になることは免れない。

世界から「神へ」
男性から「女性へ」
心から「出身母体へ」
情熱から「女の体へ」
白から白へ
同性愛から同性愛へ
これは2対2というシンプルな世界を描いている。
ピコ太郎。

CMにおいては
赤 緑
黄色 青
オレンジ 紫
という左右の関係も加えて「ロゴ=神」とするという工夫も求められる。

2018年7月13日 (金)

いじめ。

お金時間、そして競争の三つがあれば人間社会にいじめが生じる。
神を信じる理由はここにある。

信じさせてください 永作博美。

髪の長い女と髪の短い女がいる限り、男は競争をするだろう。
生物学に遡って「セックスのできない女」の存在を知らなければ競争はとどまることを知らない。
「髪の短い女はセックスができないんだよ?」
何のために争うんだろうな?
顔の美しさでも争った。
賢さでも争った。
「決意」がなければ競争には勝てないだろう。
いじめてはいけない奴、それが本稿のテーマだ。
家柄にこだわらない女のために争うのだ。
誰も醜い「王家の血筋」のためには争わなかった。
男が弱くなっていくのを感じるからだ。
王家の血筋のために争うのであれば「お金にもならず」「時間を無為に過ごし」「競争も極めて緩い」つまり、ワールドカップの主人とはなれない男となった。
「宗教の王になってからきてくれ」
山法師(宮内庁)はそのように答えた。

髪の短い女はセックスができない。
酒井法子 ダイヤモンドブルー。
儒学ほど平和なものはないと徳川幕府は考えていた。
「しかし、貧しくなったではないか?」
北朝鮮も儒学によって貧しくなった。
エビデンスというが、色の白い女とセックスして痛風になるということも分からなかったではないか?
金はおいしい食事に化ける。
しかし、女のお◯んこからお金というものは生まれる。
結局、女が先で、お金は後についてくる。
しかも、痛風を治すためにお金を使っているのだ。
そのようにして、「富のエビデンス」は作られていった。
「男を最大化したいとは思わないか?」
色の白い女の危険性や、髪の短い女はセックスできないということを理解している男をいじめないことだ。
子供が産める女は「特上」なのだ。
その辺りを理解して適当に妥協して生きるのが男の最大化だ。
そうでなければ、痛風により「料理の味も分からない」男になり、なんのために働いているのかも分からなくなるだろう。
髪の短い女は「自分の卵子をめぐって男が競争すべきだ」と争いを煽った。
自分はセックスできなかったが、それが生き甲斐だったのだろう。
イヴの卵 酒井法子。

神を信じたいか?
だったら「お金」「時間」「競争」がいじめの原因だと悟ってこの三つの論点を潰すことだ。
子供を授かることへの感謝も忘れてはならない。
髪の短い女も血がドロドロ出て何が気持ちいいのか分からないセックスをしてまで子供を残すのだ。
子孫が残る喜びは男の方が大きい。
「お金」「時間」「競争」の論点を潰したら子供に伝えよう。
美白の女や髪の短い女のために争うつもりはない。
「競争」とは人間らしい振る舞いだ。
しかし「意味がない」ことを悟らなければならない。
偏差値80の東大医学部が神道以上の知識を持っていたか?
より心を豊かにして、「お金」「時間」「競争」の三つから生じる「いじめ」と向き合わなければならない、
痛風のことを考えると競争に勝った方が貧乏くじを引いているのだ。
「家柄」にこだわる連中はそもそもが競争力がないしね。
いきなりパンチライン。

味が分からなければ、セックスも気持ちよくない。
これが「競争」の結末であり、人の心が分からなくなる。
つまり「人間が何を目指しているのか?」を見失う。
社会人として重傷を負うのが痛風であり、とにかく「意図が明確ではない」という指摘を解説者から受けることになる。
カントが「味覚」にこだわったのも「他人の心を知る」ためであった。
味わってみればわかるというフォーマリズムは絵画の世界では過去の遺物でも、料理の世界はそうではない。
絵画の世界では「作品になんらかの解説が必要」とされているが、料理は「味わう」ことが大事であり、それが「詩ごころ」につながる。
詩ごころがなければ顔が醜くなる。
競争の結末が「意図が明確ではない」行動を取らせ、顔を醜くする。
もはや「人の心を掴む」能力も持たず、医者に見放され、死期を早める。
「俺を認めない社会が悪い」と言っては家庭内に閉じこもり嫌われ者になるだけだ。
味がわかる、詩がわかるということがどれほど重要な意味を社会において持つであろうか?
旬ジャンルを書く力量に恵まれ、やがて家柄を作るのだ。

賢くなれば、行きたい床屋に行けて、近所の歯医者に行ける。
つまり「美しくなる」のだ。
「心にしまっておくこと」が増える世界だ。
お金には困らなくなる。
このことはいろんな意味で「神社の教え」だと言っていい。
より内向きになって毎日眠ることは「女にモテるようになる」ということでもある。
これも「神社の教え」である。
そのような経験を経た上で「学問が好きになる」というのも神社の教えだ。
儒学とは「知ることを楽しんでくれ」というものであり、儒者とは「お金を持っていてモテる」ものなのだ。
「人の心を知っているから」だと言っていい。
人の心を自分の知性にしていく営みである。
広く人々に影響を与えるものは常に重宝される。
しかし、学問をやるのならば「言ってはならないこと」があることも理解しなければならない。
学問ボトルネックと直面したのならば立派な学者さんだ。
まだ学問に耐えられない未成熟さがあると思うのであれば自分の学問に限界を課したほうがいい。
隣の部屋で何が話し合われているかというのは案外、学問の目的のようなものだ。
常にそこには「女」がいる。
その真実を知りたいと思うのならば学問をやればいい。
酒井法子 モンタージュ。

1980年代に「金に縛り付けられる女」モデルが生まれた。
浪花節が「愛国心鼓舞」ではなく「金に縛り付けられる女」を描いたのだ。
「赤線」は常に男に警告を出していた。
お金が出入りする「窓」の大きさにあまえるしかない。
レーガンやノーエなどがこのような「裕福な息子」を絵に描いたように生きていた。
1987年には「閨閥」という本も出された。
医学を勉強して哲学をやらないのならば、自然と頭に「ボトルネック」が課されるとも言われた。
人と接し、向学心に燃えた時に知識というものはもたらされる。
そうでなければ「何が書いてあるか分からない」という状態になるはずだ。
医学と哲学は車の両輪だ。医学を知りたければ哲学もやらなければならない。
どの分野でも同時進行で深めていかなければ分からないことばかりだ。
たぶんタブー 酒井法子。

2018年7月11日 (水)

中国改革開放の成功事例。

日記。

中国人民日報を読んだのですが、改革開放の40年で、中国は泉州市の中村党の成功事例を最も重くみています。
最初は夫婦二人の家庭から出発し、現在では液晶ディスプレイや石油製品、衣料品など3000もの製品を作るようになっています。
よほどのファイナンスの達人だったのか、最初は地域住民に「出て行ってくれ」と何度、言われたか分からないとされ、しかし、現在では幼稚園を作り、小中学校を作り、医療機関を作り、医療保険を作り、養老保険を作るなどしたため、地域住民の支持を得るに至っています。
私も三浦海岸の駅前の桂林という中華レストランに行くたびに中国の刺激を受けています。
おそらく、中村党のリーダーも「アメリカかぶれ」だったであろうと思われますが、改革開放とは「対アメリカ」に対して言っていたことであろうことは想像に難くありません。
三浦市も「三崎口から鉄道を延長することは困難」とされていたり、「縦貫道を最後まで作れない」という事情を抱えていますが、アメリカにファイナンスのやり方を学び、中国の泉州市には「具体例」を学び、幼稚園を作り、小学校を作り、医療機関を作り、医療保険、養老保険を作るという方法で私も支持を広げていかなければならないのかな?と思っています。
是非、三浦市との「生涯にわたるお付き合い」の結論は中国の泉州市のような結論を迎えるであろうことをご理解願います。

小野光太郎

2018年7月10日 (火)

賢い。

ジュースの「ラムネ」を飲んで仰向けで寝たら、心臓の裏の骨がグキッとなって腰痛がよくなった。
ラムネも英語の医学書で読んだのだが。心臓に近い部分の骨と言っても、本人にそう感じられるだけで、どこがどう良くなったのかは分かりません。
しかし、ラムネを飲んで仰向けで寝るというのはかなり「ハート」(核心部分)をえぐったようだ。
ジッタリンジン にちようび

腰痛は人それぞれだろうが、なかには、「テレビでは有名人なのに所得が少ない」などの理由から「認知のゆがみ」が生まれ、あるいは「災害に遭遇した」などの理由も認知のゆがみを引き起こす。
そのような人が、腰の手術をしてしまう事例が報告されている。
答えは「ビタミンドリンクを飲んで、中枢神経の感染症を抑え込む」ことであるが、サンガリアの「ミラクルボディ」のように、自分がテレビに出ている自分と同じになれるという趣旨の名称をつけているものもある。

癌というものは、91カ国で70歳以前に死亡する男女を問わないいちばんの要因である(2015年)。

2018年には1810万人が新しく癌にかかり、960万人が死亡した。
3%が肝臓がん、2%が膀胱がんなどであるが、アメリカ連邦政府が2019年に57億4千ドルを拠出したのが世界のターニングポイントとなった。
癌の宣告を受けたら、どの患者も「怒る」というリアクションをしないため、税金で対処することが遅れた。
「癌が治った時に本当の神様が見える」
このことから、アメリカの宗教ロビーが57億4千万ドルを引き出したのだ。
インターネット上での「ビッグデータサイエンス」も活用した。
癌って何?病気の中のひとつ?どれだけの種類があるの?
父親と息子って似ているだろ?母親と娘って似ているだろ?
当然、「愛と憎しみ」の線でつながれているのだ。
夢で見る「父」「母」の悪夢、これが癌の原因なのだ。
似ていること、そしてそれにともなう「親子の文化」が突然変異を引き起こして癌になる。
ミクロRNAが背景にあると考えられている。
父と息子、母と娘の「出るくいは打つ」という文化が癌の原因だ。
あれほど信頼していたのに愕然とするようなことを言われる(PTSD)。
これがあるうちは癌のリスクが大きい。
いい年して親孝行もできないというのも癌の原因となる。
体は両親からもらったものだ。
しかし、現実においても夢の中においても「父」「母」が悪魔のような言動をする、これが癌の原因の正体である。
両親との関係を改善させよう。
夢に出てくるのはどうせ「父」か「母」だ。
悪夢になるようであれば、それを変える努力を自分なりにしてみよう。
汗だくになって目を覚ますようであれば、父や母との関係を見直した方がいい。
エレファントカシマシ 生きている証

パソコン、スマートフォン、ビデオカメラ、ウォークマン、昼間からの風呂など、「親とはまったく異なるライフスタイル」がどれほど癌に有効かを知らないといけない。
家庭内でも「趣味、生活習慣」の住み分けが必要である。
仕事以外では口もきかなかった染野助染太郎

カテゴリーという言葉は「賢くなる方法」という意味だが、計算能力やネットとの向き合い方などで研究が進んだ。
「理論と理論を組み合わせたりする能力」のことであり、たとえばKindleでユングが「沈んでいく夕日はおばあちゃん、昇っていく朝日は孫娘」と書いている記述を読み、さらに、医学書で「腫瘍のある人は喉からうめき声をあげる」という記述を読み、さらに、哲学書で「隣の芝生が青く見える、自分は血筋で最高の人間だと思うとガンになる」という記述を読み、これらの「ネットで読んだこと」を組み合わせて「おばあちゃん崇拝こそがガンの治療や予防に最も適したもの」と判断し、実際に臨床試験を行ってみる、それでうまくいくようであれば「おばあちゃんの形見の品」を博物館から取り寄せて両親にプレゼントする、これが「計算能力」である。
「文字は計算するためにある」とも言われ、軍師官兵衛のような愚か者を「計算能力がある」とは呼ばないのが現代社会の現状である。
大腸ガンというものも、タバコを30年吸ったら腸が弱くなる(おならと便の区別がつきにくくなる」ことを意味し、おばあちゃん崇拝で改善する。
小野光太郎医学大全。

人間は自分なりに自己完結しているものだ。
しかし、世界の学問の水準を尊敬し、世界ランキング2位のスタンフォード大学をしっかりと吸収する必要がある。
「自分は賢い」と思うのならば医者や弁護士にあまえるのはやめたらどうか?
左腕は覚えておくためのもの、右腕は忘れるためのものという記述を哲学書で読み、「パーキンソン病は恐怖から震えている」という記述を医学書で読み、忘れたいことがある、あるいは恐怖から震えているというのがパーキンソン病だということを掴み、「要するに人間の本能である右パンチが打てなくなるから恐怖を感じるのだろう」という結論を出す。
これが「文字は計算するためにある」というものなのだ。
ガンやパーキンソン病を治すために色々な文献を読む医者はいるが、世界ランキング2位の大学の論文から逃げるのならば、それで自分は頭がいいなどと言えるのであろうか?
臨床試験は「女性でやってみる」のが正解だ。
怒って殴りかかってこないからである。
このような「言葉の組み合わせ」をやるためには読書歴がいちばん重要であることは言うまでもないが、自己完結していないで、「自分以外の人間と接する」ことも必要だ。
世の中には「出産を経験した女」がおり、男の自己完結では理解できない存在がある。
本を読んだらいったん胸にしまっておいて、人と話すことも必要なのだ。
机上の理論だけではどうにもならない、それが人間社会だ。
政府にお金を回したければ、街に出て女たちと話してみる、これが政治家や宗教家の仕事であり、「言葉は計算するためにある」と言うことを踏まえて、策を弄しても何もできないのが世界の潮流だということを知る必要がある。
実際に、ガンやパーキンソン病は私がこの記事を書くまでみんな「不治の病」だと思っていたではないか?
これが世界レベルというものなのだ。
夏のクリスマス おニャン子クラブ。

人間行動学の本で「女性は初対面で気に入った男性の前では体をゆっくり揺らす」という記述を読んだが、男でも足をゆらゆらと揺らす人がいたことから「男色」も分かった。
英語の文献から日本人にアプローチするという発想はなかなかないものであり、私もかつて、自動車レースの洋書を読んでスーパーマリオカートを攻略した頃からこのような発想に気がついている。
言葉によって計算する、しかも世界トップレベルの文章でこれを行うという営みは、医学の世界であっという間にスターダムにのし上がった。
「目の前にいる人」の行動や振る舞いの特徴をすぐに調べる、これが医者の力量だ。
Qlair 君住む街。

「貧困から脱する時に人は立ち上がり、健康に関する情報もお金である」と医学書に書かれているが、ライバル関係にある者同士や、お金を請求する電話などの場合は「立ち上がって」話した方が話が有利に進むということも指摘できる。
家庭内で寝そべりながらお金の話をしてもうまくいかないことがある。
見たこと、経験したことを医学書や哲学書で調べてみるのも「賢さ」というものだ。
絵画や映画などの解釈の役にたつだろう。
私の父は常に「立ち上がって」電話をする習慣を身につけている。
それだけで出世してしまうのが人間というものだ。
世界的権威の医学書や哲学書を持っていることが「賢さ」につながるのであり、人体の完全性(ホメオスタシス)のことを賢いとは言えない現状もある。
どこかで己を思い知るだけだろう。
映画「独裁者」。

作家という仕事は「栄養分のとりすぎからくる多汗症」になりやすい。
一食抜いてサプリメントを飲むと体にいいメッセージになり多汗症は治る。
本来、フォイエルバッハが「構造を指摘するだけで世界は変わる」としていたのだが、メッセージだけで治る病気には他には花粉症が指摘できる。
「歴史が変わることへの免疫(免疫グロブリンE)がないからでしょう」というだけで花粉症は治る。
しかし、「恋話に詳しくて信頼できる人」が言わなければ効果はない。
そのために医学と哲学は車の両輪のようになっている。
あなたはデブでもいい人だから。

痛みがほとんどなくても便器が鮮血に染まった、それがトラウマでじわじわと肛門から血が出るようになるのを痔という。
自動車事故のトラウマでめまいや吐き気がすることを「むち打ち」という。
トラウマだと割り切ればお風呂に入って神経を癒すしかない。
糖質制限を行うことも神経を安定させる。
小さなバスルームで。

言葉の組み合わせ方にもいろいろあるが、男が勃つか勃たないかが基本だ。
その次に、どれほど男が「口説くのがうまい」か、そして二人の関係、デートの方法、見た目、国が二人をどのように扱っているか、そして二人の振る舞い、その中にある「情熱」を見る。
たとえば、有名なアーティストで、笑顔を作るのが下手な女性がいて、男が常に隣にいるとする。
「笑顔を作るのが下手な女性はセックスできない」ことは医学書に記されている。
しかも、男も滑舌が悪いことから覚醒剤をやっていることが分かる。
デートはオリジン弁当などかなりの遊び好きのようだ。
国は彼らに「生活保護」という扱いを与えた。
それでも二人が一緒にいるためには「覚せい剤を用いてでも一緒にいなければならない」という情熱があったのだ。
ドリカム Love Love Love.

有名政治家で、シャツをズボンの中に入れている人がいる。
これは「輪に加わりたいけどできない連中がいる」ことを意味する。
バスでは奥まで進めることから肝臓は良さそうだ。
お小遣い帳をカレーを食べる時までつけていることから一月に1万8千円のタバコ代を使っていることも話していた。
「いざという時に命を救われるお金なんでしょうけどね」と笑いながら話した。
これらのことは目の前にいる人の特徴から、「ハリソンの医学書」Harrison's Internal Medicine(ダウンロード二万円程度)で「pants」「note」などを検索キーとして入力し、「音韻論」と呼ばれる「単語の違いにとらわれず、言葉が似ている」ことから該当箇所を読んでみて、実際に問診してみることから探っていくやり方である。
麻生太郎答弁。

これらの病気のすべての出発点は「馬並みではない」ことから始まっている。
男が「馬並み」だったら男女は沈黙したまま日常を過ごすだろう。
「男が話さなければならない」
これが病気の理由であり、女をも巻き込むものだ。
日本が「学問先進国」だと認知されるのに時間はかからない。
また、男が「馬並み」ではないから、処女にこだわる女が生まれている。
心のルール 穴井夕子。

アリストテレスは、なぜ男女を共存させたのだろうか?
それは「馬並み」でない男がいて、「勝敗を決めなければならない世界」があったからであり、また、「関係を明確にしたがる女」がいたからである。
馬並みの男は何も望まないとされ、なんの可能性も自分に期待していなかったし、実績もなかった。
「女をめぐって争う」
これ以外に人間が知識を発展させる理由もなかった。
世界が、中途半端に小さい「日本人のおちんちん」に恐怖を感じた。
日本国に男女の共存を実現させ、口説き文句を文壇が流し、それで本当に女をモノにする男が出てくる、このことを「民度」と呼んでいたのだ。
世界は日本国が「哲学はつまらない」というのをひたすら待った。
国民の金融資産は1500兆円に達し、中途半端に小さいおちんちんは、行き場を見失った。
「王朝が若き哲学者の登場で変わる可能性が出て来た」
世界が日本の天皇家を憎んでいたことがわかった。
「日本人に"いい試合をありがとう"と言いたかった」それが馬車馬のように働いたモーレツ社員たちへの世界の考えだったし、ゲームをしてくれない天皇が憎かったのだ。
世界が日本とアカデミズムのギャップを感じていたし、日本から来る交換留学生があまりにもつまらないのにガッカリしていた。
「面白い人と話したいだけ」
それが世界の指導者層の考えとなっていた。
男は無我夢中で働いていれば、彼女が今日の日付を教えてくれた。
いじわるねダーリン おニャン子クラブ。

世界の叡智は「馬並み」の男には味方しなかった。
精神医学も「小さなおちんちんがなければ存在意義がない」と考えて、精神医学の消滅の危険を「馬並み」の男に感じた。
よりロマンティックに、それはデカルト以来の「恋」の伝統だった。
男が勢ぞろいしたら偏差値で比べたりスポーツで比べたかったのが世界であり、「馬並み」ならば「何も起きない」ためにつまらなかった。
世界が退屈しないためにもアジアへの期待感は高まっていた。
ワールドカップの歴史もいずれは変わっていくのだろう。
フレッジは「10万人とセックスした性豪」と噂されたが、医学と哲学を車の両輪としたからそのような噂が流されたのだ。
アジアの純真。

医学書で「痛風」というものを調べてみると「白い女」という言葉が出てくる。
つまり、美白の女やロシア女のような色白の女とセックスすると首やお尻に発疹が出て、太陽に当てると発作が起きるとされる。
ファイテイグ原田はチャンピオンを引退するまで童貞であったが、「色白の女」がどれほど足腰をダメにするか?あるいは作家としての文章に悪影響を与えるのかを理解しなければならない。
中学生で膝に水が溜まる奴もいる。
日本の歌謡曲は世界一であるし、ファイナンス力も世界一であるが、お金だけではどうすることもできない「足腰の強さ」が白人国家にはある。
ワールドカップロシア大会もよくやった方だと思うね。
こっちは最初からレッドカードが1人いたようなものなのだ。
CoCo The first snow.

髪を染めたり、家を塗り替えたりするのも「もはや昔の自分に戻れない」からである。
セックスは私有財産である。
お金を手にすることを意味するが、足腰にくる、脳にくるということから髪を染めたりするのだ。
人間は食べ物で動くが、足腰にきてしまうことだけはどうしようもない。
旧古典派のガチンコ勝負になるU25と新古典派の世界の日本代表のどちらが強いのかは分からないが、どちらとも言えないだろう。
全力を尽くしたのだ。しかし足腰が動かない、何かを変えなければならない、そう思って髪を染めた。
ワールドカップは壮大な医学実験なのである。
世界中の医者が「アジア勢」の敗退を目の当たりにした。
「白人になりたいから髪を染めたのか?」
高さを生かすと言っても足腰が強くなければ意味がない。
丸いボールをひたすら蹴る世界で、医者や政治家、哲学者、スポーツビジネスマンが何を見ているのかを知って欲しい。
金と女が複雑に入り乱れた世界で、選手は消耗品となっていたのだ。
何かを証明したのならば「カップ」ではなく「ティーカップ」を世界は選手に与えるだろう。
しかし、色の白い女という問題に対しては「たっぷり眠れば問題はない」という割り切りも必要だ。
ワールドカップ日本。

宮中某重大事件とは、「女の色の白さが見抜けないのか?」というものであり、久邇宮良子の顔色の白さのことを言っているものと思われる。
当然、天皇明仁の「好みの女性」は「母に紹介できる人」となっており、天皇明仁は「軍務につけない痛風男」となる宿命にあった。
「髪を染めても顔は日本人」
DA YO NE.

蕁麻疹も、恋愛論をよく勉強していないのに、彼女といい仲になれることから、熱が行き場を失って引き起こされるものだ。
(スウィートシンドローム)。
私は子供の頃の、薬疹のトラウマで哲学の才能に目覚めている。

【骨盤の脱臼に興味がある方はここから読んでください】
私の場合は、腰痛は「精神的なもの」と医者に言われていたが、自分で英語の外科の医学書(サビストン)を調べてみたら、五年前にプロレスラーを殴った時に骨盤を脱臼していたらしい。
仰向けに寝ると腰が痛いため、横を向いて寝ていたが、医学書によると「片膝を立てて仰向けで横になり骨盤が入るのをひたすら待つ」らしい。
心電図で「左脚前衛ブロック」と言われたことがある人は試してみてください。
骨盤が「入る」時は結構、痛いけど、その辺はやり方を知らないと一生、治らないと思って辛抱しなければならないね。
日本の「特別な施設」では暴力事件を起こした人は皆、「腰砕け」と言われる罰を受けるらしい。
その治し方がこれだ。
心当たりのある人は試してみてほしい。
のちにデイケアでストレッチを教わるが、少なくとも日本では「治すつもりがない」ことが以下の動画でわかる。
デイケア ストレッチ。
真面目になった人には「出口」をしっかりと作ってあげる必要がある。
骨盤の脱臼の治療法は、正確には以下の写真のように「脚を吊るす」ようだ。
私は脚をちょうどいい高さの台に乗せてやってみた。
外した方と反対の骨盤に痛みが来て、それを耐えるとガクンガクンと関節がハマっていくのがわかる。
試してみて、「骨盤が冷たくなった」などの有効性がわかれば、ロキソニン(筋肉を緩める薬)や痛み止め(タイレノールなど)の助けを得て、最後まで治してしまおう。
なにしろ終盤は痛いからね。
麻酔なしで耐えられる人がいるとは思えない。
「吊るす」と言ってもそのような器具はないでしょう。
私は、右足を90度に曲げるのにちょうどいい台の上に足を乗せました。
なにしろ「渡米」しないでこの病気を治した日本人は私だけなのです。
「二匹目のドジョウ」からのいい知らせを待ってます。


骨盤矯正の正確な写真。
サビストン16版1599ページ。

刑務所でテレビを投げたマイク・タイソンは「腰の痛み」に悩まされ、キャリアは斜陽に向かった。
タイソン ルイス。
腰の治療法総集編。
要するにこれができなくなるんですよ。
後ろ受け身 整体に行くぐらいならば「後ろ受け身」をひたすら練習したほうが安く上がります。
働きすぎで腰が痛い人は、2~3日休みをとって、お風呂に入ったり、メトロノームを聞きながら「仰向けで」横になるしかない。
横になっている時に「カウントする」ということの有効性をメトロノームで知るのだ。
メトロノーム60BPM 腰のことを英語で「バック」ではなく「ヒップ」と呼ぶ。
実際に、「仰向けで寝る」という訓練をメトロノームを聴きながらやっていると、股関節が外れるんじゃないかというぐらい痛みが走った後に快楽に変わる。
アメリカの医学では「モルヒネやアセトアミノフェンを使ってまで痛みに耐えろ」としているので、いかなる痛みにも「メリット」しかないことを意味している。
腰というものは「バック」ではなく「ヒップ」と呼ぶと言うことの意味を「仰向けで寝る」ことから体感してもらいたい。
ロキソニンを飲みながら、メトロノームを聞いて、仰向けで寝る訓練を始めて二日目。
今まで行くのが面倒だった店で昼食を食べ、楽勝ムード。
しかし、メトロノームに飽きて、午後からタブレットで野球を見ていた。
とにかく、「股間が痛い」ということから気が付いたのが、相撲の世界の「また割り」である。
抗炎症剤と痛み止めを飲んで、股間の「また割り」をやれというのが要するに英語の医学書の趣旨なのだろうか?
それほど、腰痛患者に「仰向けで眠らせたい」という医学の側の願望が強いのだ。
骨盤の脱臼は別の治療法を考えなければならないが、
腰痛の場合は、「内科的には仰向けで眠る」こと。
「外科的には、左右のお尻を入れ替える運動をすること」が英語の医学書に書いてある。

左右のお尻を入れ替える(動画)ハルカマニア

マイク・タイソンも、頭の上に重りを揺らしながら「左右のお尻を入れ替えている」つまり「腰を鍛えている」のが分かる。
タイソン動画

いろいろ研究したけど、最後には「神経痛」の研究をしなければならなかった。
思春期に「猫の方が可愛い」と言われて、「子供の頃の食生活が変わってしまった」
ことなどが神経痛の原因となる。
「すべてお父さんに任せておけばいい」
「マーガリンの乗ったパンにジュース」
などという発想が必要になってくる。
後ろ髪ひかれ隊 今日はサイコー

どうしても腰痛が治らない場合は「結果の見えない仕事」を放り投げて、横になりながらディスコグラフィー(自分の好きな音楽)を聞くしかない。
仰向けで眠ると、起きた瞬間、背中の筋肉がギュッと引き締まるのを感じる。
この時に、背中の筋肉が正されているのだ。
それでようやく、「腹筋運動が腰痛には有効」という意味が分かるようになる。
子供の頃、腹筋を鍛えなかった人はほとんどいないだろう。
腹に力を入れるだけでもいい。
あらゆる「腰痛の原因」を潰していき、「タバコ」=腰痛の原因という図式が明らかにならなければタバコをやめられない人もいる。
タバコを吸うと痛い・走れない、となるとタバコをやめるしかない。
そうなると、浮いたタバコ代を宗教団体に献金しろというのが旧約聖書の考えである。

私が今まで述べた「骨盤矯正」「ラムネを飲む」「仰向けで眠る」「子供の頃の食生活を思い出す」「結果の見えない仕事を放り投げて、ディスコグラフィーを聞く」などのやり方を試してみて、「腰痛へのアプローチの方法の多様性」が分かってくると、生活がいろんな意味で豊かになっていく。
そこで、「カイロプラクティック」「漢方」「同毒療法」「ローリングストーンズを聴きながらコークを決める」などの「さらなる多様性」を覚えると、腰痛があなたの人生にどれほどの豊かさをもたらしたかを悟るだろう。
そもそも、19世紀にアンドリュー・テイラーが「細胞には固い細胞と柔らかい細胞がある」ということを指摘していたことから引き起こされた「腰痛談義」であるが、マッサージなどもあり、カイロプラクティックの世界は、外科医を「独占禁止法で敗訴」させてしまったのだ。
「固い細胞と柔らかい細胞」の存在が、このような「文化的生活」論争に波及したのだ。
私の場合は「夏の腰痛はキツい」というイメージがあったのだが、アルカリ性の飲料水(スポーツドリンクなど)を大量に摂取すると、腎臓が「メタボを防ごう」として活発に動くことから、「ビタミンB12不足」という原因が、英語の医学書の巻末の方に指摘されている。
たけしの「目、肩、腰に、エスファイト」というのは特に夏の腰痛のことを言っている。
私はアリナミンAを飲むことにした。
あるいは「リンゴジュース」「ブドウジュース」また、端的に「果物を食べる」という「ボクサーの知恵」なども腰にいい影響を与えるものと思われる。
エスファイト たけし

多少、宗教的な話になるが、奈良仏教で「三度生まれ変われば悟れる」という顕教があり、これは「父が射精をし、息子が射精をし、孫が射精をする頃には悟れる」という意味である。
腰痛も「遺伝」とくに「優秀な遺伝子」からのアプローチが可能であり、息子との戦いに疲れた、あるいは、親父との戦いに疲れた、など、男は戦わなくてはならない理由があるということが指摘できる。
このような場合は、父、子、孫で「家柄の話談義」を身内の話題として話すことや、心臓に優しい音楽(瀬戸朝香 マイホームタウン)などを聴くといい。
瀬戸朝香 マイホームタウン 何をやっても治らないというイラつきもあるだろうが、「原因不明の寝汗をかいた」というあたりから腰痛が悪化した人は脳腫瘍を疑ってみたほうがいい。
脳腫瘍といっても「熱いお風呂に入ると汗で溶けてしまう」ものであるが、心臓というのは脳幹反射によって動いており、脳腫瘍を溶かそうと思って熱い風呂に入ると、脳幹反射で、心臓が熱い風呂を拒絶する。
このような現象が見られるのならば、あなたの腰痛は脳腫瘍が原因だ。
熱い風呂につかって、治してしまうしかない。
中学生の時に、棒高跳びで背面飛びが得意だった人は、一流大学に入り、筋骨隆々としているはずだ。
なぜならば、一番勉強やスポーツが伸び盛りの時期に、「熱い風呂」に入っているからだ。
いずれにせよ、脳と腰の関係というアプローチも「新たな可能性」として提示したい。
湯名人

私が現在たどり着いた境地は、「低血圧過食症」である。
一日三箱のタバコを吸い、執筆活動をし、一日五食食べる。
こんな生活にも「対処法」はあるのだ。
リクライニング式のベッドで頭を高くして眠るといいのだ。
タバコをやめろともメシを食うなともいわない。
「ベッドをリクライニング式にして頭を高くして寝ろ」とアメリカの医者は言うのだ。なんとも贅沢な話である。
リクライニング式のベッドで横になると、退屈なので「テレビをつけてしまう」のだ。
その「テレビ」では、やれマッサージだの何だのと「健康番組」が多く放送されている。
その中には必ず「これだ」というものがあるのだ。
テレビを見る習慣を失う、そんな人が腰痛になっている。
リクライニング式のベッドで寝ろというのはそのような意味だった。
テレビというのは「就業規則」とも呼ばれ、「働く気が起きる番組」が多く放送されている。
就業規則も読まずに働く行為を戒めるものが「リクライニング式ベッドで寝ろ」という意味だった。

私は最終的には、脊柱管狭窄症を疑ったが、これは「肺が脊柱を狭窄している」ものであり、減煙と背筋スクワットでどうにかなるものだ。
うつ伏せになるのがつらいという人はみんなこんな感じだろう。
変に手術だの注射だの医者に言われるよりは「理解するだけでいい」ものである。
私が今まで述べた「治療法」をやっていたら、いざレントゲンを撮ってみると「骨のとげがある」(骨棘・こっきょく)と言われた。
脊柱管狭窄症でも椎間板ヘルニアでもなんでもなかったのだ。
骨棘の治療法を調べてみると「ブルセラ」という言葉がたくさん出てくる。
つまり「女子高生芸術をエンドレスに聴く」「レッドブルを飲む」などが考えられる。
レッドブル翼を授けるとはこのことだろう。
ヘルニアの手術をしたとか、鉄板を入れたとかのことがない限り、「7週間かけて感染する文化を柔らかくする」作業は有意義なものとなるだろう。
「ブルセラ」と医学書に書いてあるものの、ようするに「何を見ても面白くないと言う王子」が腰を抜かすようなエロい動画を見た時に、腰全体が元気になる(アヒンサーの中のクンバカ)ということを言っているものと思われる。
アヒンサーというのは、組織の頂点に立つためには世の中をもっと知らなければならないという意味の仏教用語であるが、王子は「何を見ても面白くなかった」のである。
そもそも、「女子高生ってなんで最強なの?」と言われると、発展途上国の研究からはじめなければならない。
いろんな病気の「ワクチンの都合」から、女子高生ぐらいの年齢の女のほうが「きれいな母乳が出る」ものなのだ。
そのため、発展途上国では婚姻年齢が低い。
日本国のような先進国では「目の保養」として利用するにとどめ、さらには、エジプトの言い伝え(エジプト王朝がイエスキリストに滅ぼされた理由)が「19歳までセックス禁止」ということから、女子高生は「大人たちの腰を癒す」にとどめ、その代わり、19歳になったら「シルバーリング」などの贈り物をしたことに「腰」の問題は起源がある。
「重心を低く」「アンダーニース」「腰をうまく使え」などはすべてキリスト教の教えである。
「ワクチン」も原理を考えたのはイエスキリストであると考えて差し支えはあるまい。
新田恵利 トラディション

クンバカ(女子高生を想像したマスターベーション)は、腰の神経系統全般を修復する効果があるようだ。
全治7週間とされるが、1週間で相当効果が出た。
痛みの位置が「歩くのに都合がよく」なってきたのだ。
人間は「耳」から学習するとされ、高校時代に聞いたCDを聞くと、なぜか全身が動くようになる気がする。
私は、「全治七週間の一週間目」を終えたが、クンバカもやったし、昔を思い出してシャドーボクシングもやった。
バスから中学が見えたが、みんな元気に走っているのが見えた。
私は、刑法学者の団藤重光が「クンバカ」を「罪深い」と言っていたことから、大変な苦痛を味わうこととなった。
「罪」とは何かをよく理解しなければならない。
団藤重光は「今こそ死刑廃止論を」(1996年講演会)において、オウム真理教事件のさなかに「死刑廃止」を唱え、「既存の宗教団体にもっと頑張ってもらいたい」と発言していたが、団藤自身が「クンバカ」の有効性を認めていなかったのだ。
クンバカも、行った後にカルシウムサプリを飲む(カルシファイ)と有効性が増す。
視力が悪くなったなどの理由が背景にあり、老化にともなうものでもあるため、カルシウムが必要となるのだ。

Melody シルバーリングに口づけを

ガンの治療を経験した人の場合、姿勢が前かがみになる腰痛は、休んでも良くならないものであるが、ガンを経験していないのに姿勢が前かがみになるのであれば、休養がきわめて重要になる。
土日は仕事をしない(サバチュード)などの発想が必要となるだろう。
やたらと業績を欲しがって人のものまで横取りすると結核になるし、高熱を出す。
そのような経験がなくても「汗だくになって目を覚ました」などの経験は腰に悪影響を与える。
腰の脱臼のトラウマも大きくあとを引く問題だ。
腰の脱臼のトラウマをなくすためには湯治ぐらいしかないだろう。
クンバカをやったら「痛みの位置が上に上がってきた」のであるが、そのような効果が見込まれるのならば「規則正しい食生活」つまり「痩せる」以外にないだろう。
私も職業が作家であるため、基本的に「休日はない」ことになっている。
自宅での作業となるため「トイレに行くのにメリハリがない」なども問題となる。
前かがみになると肺が腰を圧迫するが、肺が腰を圧迫することを脊柱管狭窄症と呼ぶのだ。
私のように、大した医者の診断も受けていないのに「あまりも腰が痛くて歩くのが疲れる」のであれば、「悪い姿勢で座った状態」を解消するといういちばん簡単な結論が出せる。
あるいは「精神的なもの」って何?
と思うかもしれないが、子供の頃の性的・金銭的・肉体的虐待がトラウマになっていたりするため、欝や心配事をなくしていかなければならない。 写真を見て、なんらかの対処法を考えるのであれば、「カスケード現象」つまり「次から次に悪い場所が出てくる」ことだけは防がなければならない。 医学書を見て「これだ」と思う対処法を明確にしなければならないのだ。 私も、執筆活動をしている椅子と机が悪いという簡単なことに気がつかずにカスケード現象を引き起こしたが、「腰が痛い」というのはその痛がっている人を興奮させてしまうものだ。 写真を見て手術するなり注射をする分には私は何も言う立場にはない。 しかし、神経がぶち切れている以上、クンバカが6~8週間経っても効かないというのであれば何らかの対処法を考えなければならないだろう。


肘の脱臼も、ピッチャーは左右対称でないから起きる問題であり、「左腕に改造する」などの時間をかけるぐらいでないと完全には治らない。
骨盤矯正している人ならば、大谷翔平や田中将大の「肘の故障」が簡単ではないことが分かると思う。
左脳の「言語野」が右利きの人は95%〜98%であるのに対し、左利きの人は70%〜78%であることから「言語障害」の問題を考えて、手首の腱を肘に移植するトミージョン手術がいちばん現実的なのは事実だ。

腰の脱臼が治っても、「腰が曲がっているではないか?」と思う人もいるだろう。
仰向けで寝て、両足を浮かせるという「テスト」がある。
テストと呼ばれる以上、満足のいく回答が得られるまで続けよう。


腰の脱臼ににせよ「お尻の病気はアメリカンフットボールのタッチダウンポーズ」が有効だとされているため、私は相撲の日馬富士の独特の立ち会いを真似してみた。
めまいがして熟睡してしまった。
眠るためには有効かもしれない。鬱が治るし姿勢が良くなる。
日馬富士。

貴乃花も「立ち会いで膝が入った」という有名な取り組みがあったが、相撲の世界は案外、奥が深いね。

HIVになると女性は笑えなくなる。つまり、「1人の男とセックスできない」ために笑えなくなるのだ。
「この男のおちんちんで十分」と思えると素直に笑えるようになる。セックスの敵地では人間は笑えないようだ。
rebecca smile.

NPO法人なので寄付は非課税です。
スルガ銀行三浦海岸支店
3550342
オノコウタロウ

2018年7月 9日 (月)

人気。

どっちのキャラに行くのかそろそろ決めなさい。
女子かしまし物語。

【美女】
周りにいる男はイケメンで、セックスに前向きで、態度も女らしく、経験も女性特有のものを持ち、魅力的なモデルがまず指摘できる。
処女とも仲が良く、スタイルもいい。
勉強が好きな偏差値BOYの支持が根強く、20世紀後半に発見された「女のキャラクター」だった。
だんだん汚れて行くのをみんなが楽しんだ。
マジですか 高橋愛。

【悪女】
しかし、ここ30年間、ジャーナリズムが追い続けたのは「悪い女」の方だった。
ユダヤ虐殺、ルワンダ虐殺、911テロやジェフリー・ダーマーのイメージを背景にした、「とってもいけない娘」は国全体が面倒を見なければならない。
歯が痛いぐらいで忍耐力もなく、「すべてを知っている神」に愛されているのはコイツなのかと思うような女だ。
ここ30年間で、国は「神」の役割を目指し始めた。
このことから「悪女」というものがメインストリームに躍り出た。
マジですか 田中れいな。

美女は、実際は18世紀から研究は進められていた。
「美しさは男が判断するもの」という考えを背景に、学校に「数学」というカリキュラムを導入して、女を下痢させて美しくした。
女たちの集合写真を撮影して眺めてみた。
「選ばれる秘密は詩を愛する女かどうかだった」
男にとって美しいのは詩であり、その詩を愛する女がなぜか集合写真で気に入られていたのだ。
高橋愛 電話でね。

悪女はとにかく「多数派工作」がうまかった。
「女心を知らない男の方が気持ちいい」と言って政治(女心の定義)を嫌った。
国は、国家の威信をかけてそのような悪女を口説き落とそうとした。
悪女こそがより政治学を磨くことを知ったからだ、
10歳の少年と10歳の少女が並んだ時に、「私はいったい何ができるのだろう」と考えたことが悪女の起源だった。
10歳の少女が男の子に勝つ方法を考えたことがあったから悪女というものは生まれた。
愛の炎 田中れいな。

恋の相談は「詩を知っている女にしろ」と言われた。
美女こそが詩をソネットと呼ばれる人生の指南書にしていたからだ。
詩を知らないとセックスの気持ちよさも分からないとされる。
「口説くならこういう女だね」とカントは言った。

詩を知らない女は危険だ。
国はそのように考え、イラン・イラク・北朝鮮のイメージを持つ女に歌を歌わせて「お金ってなんだと思う?」という問いかけを行なった。
詩を歌うとお金になる、このことを教える必要があった。
詩を知らない女、写真映りの悪い女に貧しさを与えたりもした。
人々が美女を愛していることを教え、その背景には詩があることを教え、そのことをお金で誘導した。
愛されたくない女などいなかったからだ。
写真映りの悪い女は国が「美女」になるように誘導したのだ。
19世紀にニーチェが、写真映りの悪い女が犯罪を犯していると指摘した。
「美しい不良少女」の存在など誰も信じてはいなかった。
連続殺人や、ヒトラー、ホロコーストなどは「醜い女を憎んでいる男」によって行われた。
そのために、テレビに出るどの女にも歌を歌わせた。
田中れいな キラキラ冬のシャイニーガール。

インドネシアが国の学問を発展させるために、日本の売春婦を買い取った。
「もはや国に"影"はない」ということを証明しなければならなかったのだ。
気持ちのいいセックスを知らない悪女をなくす、これは「髪の長さの違い」とは異なる、「女の性格」=「美しさ」という点に注目したアプローチだった。
デビ夫人。

「王は美を愛した」(詩篇45:11)
それほど詩と女の写真映りは同じ意味を持ったのだ。

悪女は「あまりにも自由すぎる」と言われた。
詩によって拘束されることは顔をまとめる営みだった。
ハンナ・アーレントは「殺されたユダヤ人の顔を見ろ」と言い放った。
ホメーロスの「理想の男」を知らない顔をしているとしたのだ。
松田聖子 赤いスイートピー。

外務省に入るような「シュッ」とした顔になりたければやるべきことがあるのではないだろうか?
自分を愛する気持ちが強くなり、多数派工作が得意になるのが「詩」を覚えるという意味であった。
女の場合、特に「体と顔が連動する」とも言われた。
「告白には勇気がいる」ということも知らないのが悪女だった。
ナチのデスキャンプで我々はどれだけユダヤ人を憎んだかをエルサレムのアイヒマンはアーレントに語った。

一方で、美女は「見ればわかる」という世界に放り出された。
19世紀から20世紀にかけて「詩と接する機会のある階級まで分かる」とも言われた。
「世の中には立ち入ってはならない世界がある、警告したはずだ」とされ、ピカソのゲルニカでは出来るだけ人を醜く描いた。
死ぬ奴とはどういう奴かを描きたかったのだ。
ギリギリのところで人を殺せない奴。それは顔を見れば分かった。
「イケメンには人気がある」
これはもはや「教え」であった。
紅茶の香りで大体の人柄は分かるとされる。
近藤真彦メドレー。

フランク・シブレーは、絵画を人に贈る人に女たちは熱狂するとも指摘している。
「世界の影」はすべて絵で表現できるからだ。
絵画を人に送ったらあとは「判決」を待てとした。
「どのように美しいのか」まで語れるようになれば、信用は飛躍的に高まった。
「絵でセックスを語れない奴は信用できない」のだ。

アーレントは「とにかくユダヤ人は殺されても仕方ないことをやったのだ」と主張した。
「自由」は顔を破壊し、いかなる制約もない行動に人を駆り立てる。
顔を見れば、持っている財布を盗もうとしているかどうかも分かるとされた。
我々はゲットーに住んでいるわけではない。
コンビニの前がそんなに危険なわけがないではないか?
顔の崩れた人間のサディズムこそが怖いのだ。
ヒトラーは「自分のことを分かってもらえない」と泣いた。
SPEED I remember.

2018年7月 6日 (金)

シスター。

一晩で日経平均株価は稼ぎたい。
しかし、譲れないものがある。
髪の短い女は「痛いのを嫌がる」とも言われ、髪の長い女と髪の短い女の共存から、女たちは「男の人を喜ばせるのは悪いことではないと思うの」という発想だけで生きるわけには行かなくなった。
髪の短い女の高笑いが聞こえてくるのが分かったからだ。
永遠に友達 瀬能あづさ。

「妹みたいな女」に嘲笑われてまでお金が欲しいとは思わなかった。
「私は私」そう思った時に、女は必ずしも毎晩、体を売っている訳ではないことを男たちは知った。
「妹みたいな女」は永遠に愛され続けるでしょう?
私は燃え上がった後に消え去るものがあることを知っていた。
酒井法子 トライagain.

この髪の短い女と髪の長い女の共存から、女たちは「他者への思いやり」でお金を稼ぐことを覚えた。
体を売るだけが女の仕事ではなかったのだ。
つらい夜を耐えた後にそのことに目覚めたのだ。
傷ついた兵士は、このことからナースに施されるようになった。
女たちの共存から生じた「シスターたちの施し」はもちろんお金を払わなければならなかった。
「妹みたいに永遠に愛されたい」
これがシスターであり、看護士でもあった。
男は25歳を過ぎたらお父さんに潰されるんですってね。
だったら私は彼に寄り添うわ?
「妹みたいな存在」の女は兵士に常に寄り添っていた。
髪の長い女は、体を売って日経平均株価を一晩で稼ぐことができたが、「シスター」たちの「永遠に愛されることの喜び」に笑われることを学習した。
「施す側」それは純潔から成り立っていた。
施す側はアルテイシアでもあり、親のようでもあった。
どの男も逆らってはならないマザーテレサはこのようにして生まれた。
勉強して選ばれる男は、常に「妹のような存在」の女がいたし、激しく燃えて消え去る世界に身をおいてはいなかった。
女の髪の長さの違いと、男社会の勉強が「施し」という女の習慣を生み出していたのだ。
施しはお金を受け取って成り立つものである。
ボランティアと言っても、仲間の女を愛するのは自由だった。
金ではなく女であるのか?どのみち女たちは「体で払える」以上、無料奉仕の仕事などなかった。
夜回りにせよ、朝夕の子供達の見守りにせよ、「女たちにモテた」からやったのだ。
女たちの髪の長さの違いと、男社会の勉強があったから、人々は「施し」をすることができたのだ。
人の良さそうなおじさんはどんな可愛い娘からも挨拶をされた。
NMB48 欲望者。

勉強で周囲を蹴落とした青春時代に「女を妹のように愛する」ことの意味を学習していた。
若い頃は美女にエネルギーをもらったもんだな。
髪の長い女と髪の短い女が共存していたからか。
おじさんはそう思いながら、若い女の子たちからエネルギーをもらっていた。
みんなが「自分たちの利益」を追求した結果、このようなのどかな風景が生まれていたのだ。
グレゴリー・カフカがこのような「ボランティアの世界」を1986年に明らかにしていた。
酒井法子 友情キッス。

髪の短い女はレズビアンだったかもしれないが、とにかく日経平均株価で体を売らないことそのものがサクリファイス(犠牲)であったし、髪の長い女たちの「長続きしない愛」とは距離を置いた「妹」として男たちをボランティアに駆り立てた。
女たちも「男の人を喜ばせて何がいけないんですか?」という問いかけは「もはやナンセンス」ということを学習した。
なにしろ「長続きしない愛」を「妹のような女」に嘲笑われたくなかったからだ。
溺れそうな子供はこのことから「飛び込んで助けようとする大人」と出会った。
すべてが「割りに会う」ものとなっていたのだ。
髪の長い女も全員が体を売っているわけではない、時に男たちに微笑みを振りまいていた。
女たちが「自分の利益」を追い求めた結果、このような「犠牲」は生まれた。
「犠牲フライは打率に響かない。人生よりフェアなゲームだ」
短期的な損失は長期的には利益になった。
全員が自分の利益を求める、アウトひとつ取れた連中もいれば、一点を取った連中もいた。
ファンもどっちが喜んでいいのか分からない結末だった。
とにかく、みんなが仲間ができる、それが「犠牲」であった。
すべての人の「動機」が複雑に混ざり合ったシーンを生み出した。
他人のことなど知るか、これが俺たち私たちの利益なのだ。
まるでみんながその場面に「妥協」したかのようだった。
The Fan Sacrifice.

すべては、髪の短い「妹のような女」がいたから生まれたシーンだった。
女たちの団結と、男社会の勉強、そして髪の長い女から笑顔をもらいたい男たちがその場で妥協したのだ。
誰も賠償などしない、誰も自分だけがボロ勝ちしない、そんなシーンだ。
髪の短い女は女になり切れていない。
しかし、出来るだけ可愛らしく、「妹のように」振る舞った。
彼女たちも女コミュニティで仲間がいた。
髪が短くても巨乳を自慢したりしていた。
酒井法子 Listen to me.

モスクワ一の美女と結婚したから戦争に行かなければならない(戦争と平和)。
冷めていく愛、そして「妹のような女」、そして髪の長い女たちの笑顔が生み出した結果、最小不幸社会とはこのような男を戦地に赴かせるものだった。
みんなの利益が「妥協」したのならばこのようなセリフが出てくるだろう。
アーリア人だけの利益を最大化するのであればブロッコリーは排除できる。
アーリア人には「満足できないもの」を明らかにすることもできるだろう。
しかし、ナチスドイツは「イギリスが落ちない」と悟って日本に泣きついた。
アーリア人が「ブロッコリーも食べた」と言われた。
酒井法子 1ページのAugust.

複雑怪奇な人間の群れを計算したら「戦地に赴くもの」が自然と自衛隊に集まった。
みんなが自分の利益を追求したからである。
それが「利益の最大化」なのであり「自衛隊の人にも家族がいるだろうし」などと法学部の学生が言っているようではまだ学問が浅かった。
「誰もやらないのならば私がやる」とも言われた。
このような発言は自殺行為であったが、「妹」たちの支持を集めた。
「世の中にはセックスできない女がいる」
この事実が人気に拍車をかけた。
細かいことは分からなくても責任「感」とも呼ばれて人気があった。
「母親のような妹」がいる男にこのような人が多かった。
セックスではなく「女の体」を愛したこと、笑顔を愛したことから人気を得たようだ。
快楽とは案外、みんなに平等に与えられているものなのだ。
酒井法子 1億のスマイル。

「私のどこが好き?」
体を見て癒されるか、火を見るかのどちらかだろう。
舐めるように見られたら「減る」。
これが、髪の短い女であり、見るだけでも愛というのは消耗していくのだ。
髪の短い女にも、夜は積み重なっていく。
「サヴァイヴ」
死んでも私のことを覚えておいてもらいたい。
そうならば、私は消耗されたくない。
島崎和歌子 JJがいた夏。

プルタークは、アレキサンドリアに出て行く若者と、故郷に残る女モデルを考えた。
若者もだんだん変わって行くし、女も昔のままではいられないほど「彼氏を作れ」と国からの圧力が加わる。
しかし、もし若者が「すべての学習」を終えたのならば、故郷に残した女と再び結ばれるだろうとされたのだ。
「すべての学習」であり、それが終えたらアレキサンドリアをマスターしたことになり、故郷での出世が約束されるのだ。
自由の女神の「体」を見に来る人はこのような発想を持っている。
青いスタスィオン 河合その子。

しかし、残された彼女が都会に憧れて、AKB48に入った場合はどうなるだろうか?
女は「美しさ」と向き合って病んでしまう、男は学業が困難を極め病んでしまう。
都会の病院で「変わり果てた姿」で男女は再開するのだ。
女は「見られたくない姿」を見られることになり、男はやがて学業を成し遂げるだろう。
このことへの女の怒りは強く、男とは口もきかない関係になる。
自由の女神の「ランプ」を見に来る人はこのような発想を持っている。
約束 高井麻巳子。

サヴァイヴ(死んでも私のことを覚えておいてもらいたい)という思想はこのような二つの展開をたどった。
男がアレキサンドリア(東京)に出るとはこのようなことであり、年寄りはその「船」の行き先まで予測している。


画・上野重治。

「女が昔のままでいられない」のならばなぜ都会に出たんだ?とも言われた。
どこでもドアとはビデオチャットのことであった。
まるで壁を通り抜けるようだった。
この「越境問題」を難しくしないために考えられたのだ。
「常に一緒にいる気になれる」ことから活用された。
コストを下げる努力が必要だったが、これも「船」のセールスをかける側の力量次第であり、現在のauの力不足を感じさせる。
ロシア正教会なりギリシャ正教会などがいい資金源になるだろう。
都会に出る男を不幸にしない、それが正教会の教えだった。
「どこでもドア」とは正教会が考えたものだ。
酒井法子 エアメール。

自由の女神により、アメリカは国際電話などの通信のファイナンスを行なっている。



アメリカ合衆国が「巨大モビリティ社会」を実現させた。
しかし、日本は多くの点で遅れをとった。
それはひとえに「人々の支持とファイナンス」が異なるのだ。
ゴリオテとランプルが「知恵比べ」をしないためにも正教会の教えを広める必要があった。
SPEED Deep blue & truth.

自由の女神のランプを愛する者、体を愛する者たちからお金を集めたのだ。
「船」の行き先まで語る年輩者でなければファイナンスは困難だった。
都会の男と田舎の男の「知恵比べ」まで理解しないと難しい。
ribbon 真夏のフェミニスト。

ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州からニューヨークへの道を作ったが、1970年代、1980年代、1990年代に「異なる資金集めのやり方」が模索された。
「ルート29」はとにかく学問に満ちていた。
タイソンストリートとも呼ばれ、マイク・タイソンの資金源になったりもした。
田舎から出てきたハーバードマフィアがいたのだ。
田舎の男と都会の男の争いはとにかく金になった。
都会が嫌いで、田舎で多数派工作する者もいた。
B'z もう一度キスしたかった。

都会の男を憎んで、女の「リベンジポルノ」をばらまく者もいた。
これには都会の男も困ってしまったよ。
中森明菜 Desire.

「船」がどのような運命をたどるかは「ルート29」がいちばん巧みに表現したし、タイソンストリートと名称を変えた。
ブルックリンの連中はマイク・タイソンのビジネスを終えた後も生活に困らなかったし、人脈もできた。
多くの芸術作品を残してルート29は最も成功したハーバードマフィアと呼ばれた。
二人の男が鉢合わせになり、乱闘になることもあった。
ルート29は多くの女たちを熱狂させ、支持を集めたのだ。
みんながマイク・タイソンの勝ちを見に来た。
お金がなければ若者の体も動かなかった。
マイク・タイソンKO集。

都会に出てきて、田舎の親がお金を送ってくれなくなったのなら、正教会に集まろう。
親に「ニコライ堂ってあるでしょう?ロシア正教会の」と実家に趣旨を説明するだけで、親は「勉強の度合い」が分かりお金を送ってくれるだろう。
ニコライ堂。


髪の短い女は「セクシー全開」を主張したり、髪の長い女はあえて質素に振舞ったりしていた。
この構図がアクィナスをどれほど苦しめたであろうか?
髪の短い女たちのサディズムは、マルキド・サドが指摘している。
フロイトもラッセルも、「内戦」の問題と向き合わざるを得なかった。
江戸の髪を結っている女はセックスできないとも言われ、髪の長い女は遊郭にいた。
髪を結っている女は「セクシー全開」を主張して、遊郭の女や、キリスト教系の女と対立した。
双方の女は「男の肉体や他の人間の肉体と触れ合いたい」という欲望は等しく持っていた。
男は「どの女と寝ようが」と言って「女の事情」を知らなかった。
アクィナスは間違いなく「時代の寵児」だったが、「どの女と寝ようが」と発言したことから、かなりサディスティックないじめを受けたし、スコティストたちに味方する女たちも大勢いたのだ。
「妻が痛がる」
そのような「不幸な結婚」から男のサディズムも生まれていた。
男にもトミストとスコティストがいるが、女にも髪の長い女と髪の短い女がいた。
それぞれが「欲望」を持って生きていたので、「宮様のお考え」とは、「より国をシンプルにしたい」というものだったのだろう。
「二つの拳」
これほどリアクションが難しいものはないのだ。
酒井法子 一億のスマイル。

男の対立と女の対立を合わせたら、もはや学園も大混乱だった。
この混乱の中をアクィナスは「性的欲望」があったために高く跳ねあげられた。
林羅山は「系図」を大事にした。
アクィナスがのちに分かってくれれば、という思いがあり、おばあさんという夕陽、孫娘という朝日の秘密が、ガンの治療になるなど「系図」というものはもはや日本人の心の安定と一体化したものとなっていた。
「おばあちゃん崇拝でガンが治る」
ユングが「夕陽と朝日」の喩えを用いていたが、より強烈にユングの影響を受けたのは林羅山の傘下にあった日本国であった。
「おばあちゃん崇拝は男にも言えることである」ということに気づくのを世界は待った。
セクシー全開という髪の短い女は、理解力のある幕府側のおばあちゃんと、まったく見向きもしない朝廷側のおばあちゃんの2種類を生み出したのだ。
朝廷側のおばあちゃんの「心なさ」にも若きアクィナスは痛い目に遭っていた。
しかし、身内の「系図を覚える」というのはもはや政治力の基本だった。
両親にも「遥か遠くの」おばあちゃんがいたし、名前を聞き出して博物館から「形見」を取り寄せるという行為に親はいたく喜んだ。
天下国家を語るよりも大事なことだったのだ。
これが林羅山である。
しかし、父方のおばあちゃんか母方のおばあちゃんかは「幕府側、朝廷側」の対立が残った。
酒井法子 風邪。

寂しい時は、人と触れ合いたい。
それは誰しもが思うことであった。
しかし、セックスは内臓を痛めつける行為でもあった。
修行僧は盲腸にもならなかった。
寂しがりの髪の短い女も「体が触れ合う」ことは好きだったのだ。
これが性的欲望であり、「ショートヘア」の女というジャンルを強烈に形作った。
酒井法子 ダイヤモンドブルー。

とにかく、これらの構図を学園や社会に放り出したのだ。
まるで動物園のような幕末に、いろんなことを悟るものもいただろう。
御簾の奥は、修羅場と化したため「宮さま」の意向をみんなが聞きに来た。
性倒錯まで交えたら、もはや「人間社会」の出来上がりだった。
男が「彼女」と呼ばれたがったら、「純粋な女」はとにかく「粗探し」を行なったため、ゲイも居心地が悪かった。
男と女の「歯の数の違い」が女に憎まれたのだろう。
これらをアリストテレスがまとめ上げた時にアレキサンダーは「ペルシャの侵略は可能」と判断している。
とにかく「二つの石の拳」とは人間社会にあるものであり、ボクシングレッスンで教わるものでもあった。
「それでも多数派工作なのか?」と言われるのならば、どの「人種」がより寛大で、勇敢で、情熱的かなどの要素が観察された。
周囲に「どのような性的ニーズがあるのか?」を熟知していなければならなかった。
ゲイは女とすぐに喧嘩する。
そのためにマスターベーションが専門になっていた。
とにかくこのような「学園天国」で名医というものは生まれた。
「世の中は単純な方がいいのだろうか?」
名医がいなくなると言って士族の不満が高まった。
宮さまは後の世にこのような苦労はかけたくないと考えたのだろうが、名医がいなくなるのならば、人間の寿命が縮む。
「セックスの相性」というものも難しい話ではなかった。
「女が喜ぶかどうか?」を男は見ていたのだ。
民族がどこに向かおうとしているのか?
それは当然のごとく「内需拡大」であったし、国内の混乱は治ることを知らなかった。
「自然に生きること」
これが国内に求められたことであった。
酒井法子 100%の恋人。

どの女も「正常なセックス」を羨ましがっている。
勃起したおちんちんを受け入れる女性の局部を羨ましく思ったのだ。
しかも、それを取り巻く「音楽作品」に満ち溢れていた。
しかし、「セックスするだけが女なの?」と主張し、美しさをアピールする髪の短い女が出てきた。
人々はそれぞれが毎日、楽しいことを考えていた。
男たちの「楽しいこと」の対象になれれば、それはセックスよりも大事なことだった。
ドラマのような恋ではない、普通の女のような「地味なセックス」で終わらないもっと楽しいことを髪の短い女は求め始めた。
もはや「結婚」どころではなかった。
「快楽って人それぞれでしょ?」
酒井法子 100%の雨が降る。

このような「学園天国」で荀子は「15歳にして立った」と記録されている。
司馬遷の史記によるとこの言葉は孔子のものではなく荀子の言葉だとされている。
荀子の再評価はこのわずか20年ほどの間に行われたのだ。
「学園天国の混乱の真実」は国の縮図であったため、劉向などの王に仕えたり、議兵と呼ばれる軍の会議のリーダーを務めたりした。
「国の縮図を知っている」とはファイナンスの達人であり、文民統制のもとでは得がたい存在だった。
兵法よりも儒学の方が大事なのではないか?とも言われ、お金がなくては戦争もできない現状があった。
荀子は「学校の勉強とは悪なんだよ」と考えた。
悪魔のごときファイナンス力を持ったからである。
勉強して成績は良かったが、ひどいいじめにあったりしたため、勉強ができない男の「学校兵隊ゲーム」の標的になったりした。
孟子はまだ「勉強とはいいものだ」という発想を持っていたが、属していた学校が進学校だったのかそうでなかったのかなどの違いが思想に表現されたものと思われる。
荀子は、朝、学校に行くのが怖かったため「礼」と呼ばれる儀式を行っていた。
それは「音楽を聴く」というものであった。
このことは、のちの人生のファイナンス力を強めている。
暗い歌(陰)も、明るい歌(陽)もあったが、女の子とは無縁でも「天」を学習することができた。
髪の短い女が陰で、髪の長い女が陽なのかと思うこともあった。
髪の長い女は、男と別れても、「私の体の何がいけないの?」という思いを残していなかったのだ。
儒学の歴史は色々な人がいたけれど、荀子の頃には「妖術」とも言われるようになっていた。
乃木坂46 ガールズルール。

氏名(うじな)とは「天皇から賜るもの」という発想は、荀子が考えたものであり、学園天国でいじめられ、その人間模様を詳細に分析できるものが王になったことから生まれた慣習である。
本当に理解したのならば虚しさと、民の心が一つになることと、静けさが訪れるであろうとされた。
「王朝の尺度」とはこのようなものであり、学を「成し遂げる」とは学校にいた頃の出来事を人生の宿題として、儒学を学ぶことにあった。
乃木坂46 サヨナラの意味。

2018年7月 4日 (水)

勝負。

【勉強ってなんのためにやるの?】
セックス、いじめ、ダイエット、失恋、世界記録、女心の研究、男の数、興奮する文章などがある限り、勉強というものは行わなければならない。
それらを勉強した結果、「勝負事に強くなる」ようになっている。
岡本太郎は楽しんで絵を描いていたかもしれない。
秋元康は楽しんで詩を書いていたかもしれない。
しかし、上に述べた「勉強」をすることで、これらが「勝負事」に生かされるようになる。
岡本太郎も秋元康も常に「セックス」が頭にあったし、周囲は女の奪い合いでいじめを行なったり、音楽作品を聞いてダイエットをしたり、失恋ソングから言葉を生み出したり、作品が語り継がれたり、女心を端的に表現したり、男遍歴まで体形で予測できたり、作品そのものに興奮したりした。
アダムとエヴァの「原罪」があったからこのような豊かな世界が構築されたし、人々は争った。
テーブルでも石でも月でも詩のモチーフになったが、実際は「争い」に用いられるのが芸術作品というものだ。

女には分からない男社会、それが月の裏側だ。
「いつか行けるかしら?」
月の裏側 渡辺満里奈。

彼氏の顔をマジマジと見ても「男社会」だけは分からなかった。
凡人か英雄か反則しか勝負の世界には存在しなかった。
凡人か英雄か反則しか存在しない勝負の世界から身を隠す人もいたし、それはそれで成り立っている世界だ。
月がある、月はまるい。
しかし、それを「男」や「セックス」(私有財産)に変えていく作業が芸術だった。
そうでなければ「勝負事」に使えなかった。
まず、月の裏側のように「優れた男とのセックスの否定」を行うことが大事だった。
「どの男にもあること」を表現した。
さらに、「処女のピアノ算数」のように初心に帰ることも必要だった。
「どの女にもあること」だったからだ。
そして、それを「抽象的に」表現することが必要だった。
そのようにして、経営陣は「この芸術作品は戦力になる」と笑った。
芸術作品が「戦力になるかどうか」だけを原罪の世界は見ていたのだ。
さらには「噂」や「メディア」を最大限に利用した。
デジタル化してしまえばインターネットでも用いることができる。
そのようにして芸術作品は世に出て行った。
「原罪」からエリートは生まれている。
芸術作品が戦力になるかどうかは、勉強して感覚を研ぎ澄ますしかない。
どの男女にも「ひらめき」が生まれるような解釈を与えた。
「ラッキーセブン」にはお金は無くなっている。
お金が尽きた中でも人々は戦ったが、ラッキーセブンをしのいだらまたお金が降ってきた。
終わりが見えたらみんなが「ゼロ」(試合終了)という一点に向けてお金を差し出したのだ。
3点以内ならばなんとかなるとみんなが思っていた。
なぜなら、空には月があったし、みんなが異様な空気に飲み込まれていたし、流れがどのように動くかは分からなかったからだ。
空の月だけはもはや天命だった。
それすら芸術にして勝負事に利用した。
もちろん「男」と「セックス」を芸術作品に練りこんだ。
エレファントカシマシ 化ケモノ青年。

異様な空気を作れなかったのならば、経営陣は「ツキに見放された」というしかなかった。
この不吉な月の下ではなにか劇的な絵が描けそうだ。
みんながそう思ったらそのような展開をたどる。
「今夜は一人の男を英雄にしたいの」
日本中がそう思ったらそのような結果が出る。
原罪の支配下の下では国中が「何か」を探していた。
よりシンプルに、その道を歩んだものが英雄となっていた。
月が出ている夜は策を弄する必要もなかった。
「ゼロ」と「月」それだけで勝負事はできるのだ。
何かが道をやってくる CoCo.

女たちには「失恋した経験」があった。
芸術作品は、その痛みを表現していた。
「私たちは仲間なの」
ゼロと月が女たちを団結させた。
みんなが議論するのをやめた。
おしゃべり女も「ゼロ」と「月」の前には沈黙した。
勝負事は「役に立つフィクション」とも言われた。
勝たせたい人を勝たせるからだ。
しかし、岡本太郎でも秋元康でも「うまくかけた絵と書けなかった絵」がどうしても生まれる。
それが「罪の告白」というものだ。
罪の告白によく耳を傾けて、自分の作品として消化していかなければならない。
要するに「どのような作品でも仲間づくりは可能である」ということなのだ。
「率直な感情表現」にはエネルギーがある。
言論の自由によってどのような作品も「復権」できるようになっている。
そのようにして戦力に加えていくのだ。
お金は盗むものではない、ハートは盗むものだ、とも言われた。
人を殺すのは良くない、しかし、ハートを盗んで、「政治的に殺す」ことはスポーツの世界では可能だ。
女たちの失恋というのは、要するに「男みたいに頑張れない」というところにある。
CoCo 同じ星の上で。

国民世論から見放された勝負事ほど「どっちに転ぶか分からない」ものだ。
世論を一つにまとめきることなどアクィナスにもできない。
与党と細分化された野党のいる現代社会では、「興奮する論文」を書いた方が勝つのだ。
1試合ごとに論文の数は増えていく。
夏目漱石の文学はそのようにして出雲大社に祀られている。
出雲大社。

その日ごとに「与党」は変わっていき、野党不在のまま戦いが進むこともある。
それが文学というものだ。
テーブル、石、山、月、いろんなものを「男」と「セックス」に変えていく芸術作品がどうしても必要だ。
ときには海も必要だった。
日常生活で目にするものを「戦いの味方」にする必要があった。
aiko ストロー。

勝負というものはこのようなものであるが、「下克上」を夢見る連中の逃げ場がなくなるものだ。
そのためにプロレスというものはある。
孤独な現実を癒してくれるのは常にプロレスだったし、多数派工作に失敗した俺(私)を常に勝利に導いてくれるものだった。
エリートで女を侍らせる奴には俺の気持ちなんて分からない、という奴に常にプロレスがあったし、現実の勝負とは異なる意味で多数派になり得た。
このような「プロレスファン」の存在を常に気にかけていたプロ野球選手もいた。
つば九郎 プロレス。

そもそも「女心をつかむ必要性」は「孤立した女」にしか必要ないとも言われた。
美人でむしろいじめられて泣いていたとかそのような女の存在が指摘されたのだ。
その「孤立」を前向きに表現した方がいいとされたのだ。
「誰にも分かってもらえない」
そこに男社会は多数派工作の目を向けた。
なにしろ美人だったからね。
孤高の哲学者ならばこのように歌われるだろう。
愛になりたい 瀬能あづさ。

「月」モデルではなく、「孤立した女」モデルの芸術作品も勝負事に用いることに経営陣は賛同した。
美人が男の序列を決めるとも言われ、この「孤立した女」モデルの芸術作品が分かれば一足飛びに出世できた。
これは「哲学界の宝」とも呼ばれた。
1980年代以前は、「応援ソング」と表現される「孤立した女」モデルから歌謡曲は始まった。
なにしろ、本当に理解している男はモテたからだ。
美人だけを参考に「女心」を調べてみたらみんな孤立していた。
瀬能あづさ クリスタルアイズ。

美人を射止めるためには「自らも孤立を選ぶこと」「バカでないこと」「金を持っていること」という実に簡単な条件が課された。
この「孤立した女」モデルが芸術をリードするのも当然なほど、美人にモテたし、男社会での序列は高まった。
瀬能あづさ 君の翼。

キモオタに出世を約束するような行為だった。
「心のあり方」をソネットとして叩き込んだのだ。
「どの女でも口説き落とせる」としたカントに対して、「美女を口説き落とせる」と新カント派は言った。
「税金高いよ?」と政府も羨ましがった。
ヘーゲルの「顔の発見」は新カント派からもたらされたものだ。
瀬能あづさ 君と歩いてく。

勝負が好きな男は、結婚適齢期の頃には孤立していたから、このような「孤立した女」モデルが提示されたのだろうと位置付けられている。
人生を長い目で見ればいい効果があるのだろうとされた。
のちに「キモオタ」が熾烈な多数派工作を行うようになるなどとは、他の女たちには分からなかった。
誰も追跡調査なんてしていないのだ。
「孤立を知っていること」は男として最も必要な才能だとも言われた。
時間が与えられればなんらかの才能を開花させるのが男だったからだ。
あの娘とは金が釣り合わないと言われたが、ある意味、学ぶための金もかかった。
孤独な道を選択しただけで、男は90%の確率で美女と結婚している。
これが「スポーツ選手の奥さん」の正体でもあった。
カントリー娘。 色っぽい女。

才能のあるスポーツ選手は、才能があるのではなく「孤独だった」「他にやることがなかった」ということは理解しないといけない。
言葉が肉体を作るとも言われ、孤独でなければ一流にはなれなかった。
コーチの指導のもと、というが、とにかく「他にやることがない」ことが必要だった。
本当にやることないから話を聞いてみようかな?と思う相手が一流のコーチならばいいだけだ。
一流のコーチを選ぶのは「貧しさの証明」とも言われ、一流の指導者は金を取らないのが世界の主流だ。
公園で拾ったスポーツ新聞で勉強する男、と呼ばれるようになるのが一番いい。
「貧しさの証明」がなされていない指導者は、名選手を生み出せない。
荒川道場。

ここまで理解しないで「美男美女のサークル」などというのは考えがあまい。
ブサイクだから輪の中心にいて、大人になったらバカで孤立するようになるだけだろう。
「スパイ理論」すら満足に学べないのがブサイクなのだ。
美人ほど「スパイ理論」に才能を発揮する。
内偵捜査をやったことがあるのか、かつての共犯だったのかは分からないが、美人スパイというのは案外、バカにならない。
男にはない才能だね。
歳をとったら社会参加を始めるだろうから「元美人」を見抜く才能だけは持っておいたほうがいい。
あとはオカマも「ゾルゲ」の話を好み、スパイ行為のために1日を費やしている。
バスルームでキャッチホン 高橋由美子。

サラリーマンの場合は、毀誉褒貶から縁遠い側面があり、「勝負に疎い」ことが指摘されている。
誰に金をもらっていて、誰とセックスしているのか?は案外、地元の「金のかかる」床屋でサラリーマンも情報を得ている。
床屋は「あっちの世界とこっちの世界」を明確に区別していて、政治家などは床屋で無口になってしまう人が多い。
「とにかく黙ってくれ」という無言の圧力を床屋にかけられたら、もはやその人物は有名な政治家だと言っていい。
これがおそらく最も正確な「勝負師とは何か?」という議論だろう。
床屋や美容院で「指名」するのはサラリーマン世帯だろう。
瀬能あづさ ふたつにひとつ。

作家から得た話を「話したくて話したくて」というのはサラリーマンではない。
サラリーマンは案外、「耳学問」なのだ。
サラリーマンは「ガチンコ勝負」など望んではいなかった。
プロレスを愛するほど弱くもなかった。
仕事の参考になればと思って「作家」の文章を読んでいたのだ。
大規模な財務は政治家に任せるしかなかった。
「24時間戦えますか?」
それは24時間、作家先生について語り合うという意味であった。
時間と空間の使い方がサラリーマンと作家は異なったのだ。
美女を娶るほど孤独ではなかった。
しかし、作家が書いたものをさらに簡単にレポートにまとめ上げる力量があった。
子宝に恵まれたからだろう。
下痢をしない程度に仕事をするのがサラリーマンだ。
床屋は「サラリーマンと、政治家や作家」「こっち側とあっち側」をつなぐのが仕事だった。
ブラックホールではなくホワイトホールを見ている作家には興味もあったし、一度話した時に「こいつは面白い」と思って仕事に使おうと決めていた。
作家は二度と入店を許されることはなかった。
とにかく、タバコを吸いまくって昼間から風呂に入る作家と、サラリーマンは違うのだ。
床屋で「耳学問」をやるために禿げても床屋に行った。
息子に「力のコツ」を学ばせるのも床屋の主人の役割だったのだ。
これらの床屋の文化を「特派員原則」と呼んだ。
あの作家の新作はどうですか?
サラリーマンは耳学問で24時間戦った。
リゲイン。

床屋と美容院は違う。雑誌など読んでる場所ではないのが床屋だ。
客が作家の言葉に顔を赤らめるのが分かった。
セックスは私有財産であるという発想も根付いていなかった。
いずれにせよ、作家に詳しいと周囲の女の数が変わってくるのだ。
カルチャーセンターよりは安く上がったよ。
桂歌丸は、絵を人に贈ったり、詩の評論を行うなどの「人情もの」を嫌っていてはいけない、と語っていた。
哲学者みんな「あっち側の人」だったがラムジーだけはサラリーマンだった。
垂加神道を考えるのは「雇われ医」にも無理だったんじゃないかな。
ラムジーちゃん。

「我々が仕事ができるのはタバコを吸いまくって文章を練り上げた作家のおかげだ。汚い歯をバカにするつもりはないよ?」
編集者のフラーセンは言った。
永井荷風みたいなものだろう。
20世紀にこのような発想が根付いてきた。
作家は歯が汚い「あっち側の人たち」と親交があるかもしれないけど、サラリーマンには芸能界などあまり馴染みのあるものではなかった。
作家は面白いかどうかだけが問われる「旧古典派」の世界に身を置いている。
お金で買えるのは身の回りのことであって、文章だけは真剣勝負だった。
与党(詩の世界のヒーロー)と細分化された野党だけでなく「こっち側とあっち側」などという区分があり、世の中面倒になったものだ。
与党も野党も「親方」は「あっち側の人」だった。
「子供たちの動き」(量子論)の研究もこのことを念頭に置かなければならない。
旧古典派(真剣勝負)の世界ではめっぽう強い「あっち側の人」であったが、新古典派(お金を使って勝負を決める)の世界に子供達を誘導するのは明らかであった。
世界の「心」を作る世界は真剣勝負だよ。
しかし、修行期間中の下痢だけは堪えるね。
サラリーマンは電車で下痢をしたらシャレにならない。
自ずと生き方が変わった。
ストッパ CM.

「子供たちの人生を金で買うのは目に見えていた」
子供たちはそれで嬉しいのだろうか?
遊佐道子は、娘の林芙美子の人生を「金で買った」が、母と娘の対立は抜き差しならぬものがあった。
林芙美子(杉原杏子)は、実力の世界(旧古典派)の文学の世界では「通用しない」とも言われていた。
子供だって「勝ちたい」んだよ。
サラリーマンはワールドカップを楽しんでいたし、子供たちはワールドカップに憧れた。
しかし「あっち側の人」である作家や政治家、哲学者は、床屋は出入り禁止になるし、子供たちの「強くなりたい」という気持ちに葛藤をもたらせた。
東京大学だけは旧古典派の立場を維持しており、慶応ボーイになるのが関の山だろう。
強くなるために親が下痢と戦ったことなど子供は知る由もなかった。
サラリーマンだけが得をすることは「クーンの敗北」とも呼ばれたが、強い作家に人生を狂わされる弱い作家はサラリーマンの世界に戻っていった。
長嶋一茂。

男にとって最も優れた多数派工作は、「失恋について歌い続ける」ことである。
自分よりも知恵や知識に勝ったものがいる。
これらを歌うことそのものが多数派工作だったのだ。
どうしても敵わない作家がいるのならば、他の作家はこのことを描くべきだろう。
「神」がいるからこそB'zに人々は熱狂したのだ。
恋に破れた男たちは決して団結することはなかった。
しかし、少なくともB'zという共通の話題だけは見つかった。
「神」以外の男はみんなバックがバラバラだったし、属している教団も違った。
もう一度キスしたかった。

「なぜ負けたのか?」
作戦を練り直す余地は十分にあったし、女たちは「一通りのことを知っている男」に魅力を感じた。

ウェスリー・サーモンは「女心」ではなく、女には分からない「男心」から資金集めを行うという珍しい発想をとった。
明確な正解などなかった。
「男心」とは非常に複雑怪奇で、時には女の子が孤立感を感じてしまうような競争社会だった。
「いつか私の心を明らかにしてね?」
その男心を「分からないもの」としたのだ。
「私の心はこんなに単純なのに」
しかも、私が納得いくような歌謡曲をどの男の子も聞いていたのに「意味が分からない」らしいのよ。
「男の方が金持ちになるのがその時に分かった」
サーモンは「デトロイトスタイル」と呼ばれる「男心が分からない」という女の子の気持ちを資金集めに用いるスタイルを考えた。
オーストリアの王室から流れてきた流派だった。
「とにかく勉強を難しくしてやれ」と考えたデトロイトスタイルは、ある意味、日本国の受け入れるところともなった。
「性欲だけでは動かない男の子の気持ち」
それが家族を作り、権力を作るからである。
シャーロック・ホームズはライヘンバッハに転落したことにしたかった。
ライヘンバッハとは「男心の象徴」だったからだ。
バナナの涙 うしろゆびさされ組。

「あなたにとってセックスって何?」
そんなに遠くにあるものなの?
そう思っている男の子に可能性を見出したのだ。
女の子たちはそのような男をセックスの外へ外へと押し出した。
ライヘンバッハには「発見」と「セックス」の二つがあった。
セックスにしか興味がない男は「発見」に興味がある男を恐れた。
予測が単純ではない快楽がある、そう言い放つ男を「怖い」と言っていたのだ。
とにかく「予測が単純ではない快楽」を知っている男かどうかは話してみなければ分からないし、「言っていることが怖い」とは困難な道を平気で極めている男に対して言っていたのだ。
「普通、女の子のケツばかり追いかけるよね?」
ライヘンバッハの滝。

しかし、「硬派」として鳴らした男が、男社会で勝ち抜いて「女心」の研究に関心が向かった時がいちばん怖かった。
女心を「発見」されるのが怖かった。
デトロイトスタイルは、サーモンの成長とともにあった。
サーモンが「柔らかく」「噛み砕いて」話し始めた時に、一気にお金が集まった。
今までは「男社会で勝ってきた」ことが売りだったではないか?
ところが「女たちに人気のある議論」への飲み込みが早く、その場で女たちと意気投合してしまう秘訣も身に付けるようになっていた。
「結局、男心って分からなかったわ」とおばさんたちは中年になっても痛感する瞬間だった。
なんで私と話しが合うのかしら?
今までそんな人いなかったのに。
男は太っていたかもしれない、腰痛に悩まされていたかもしれない、しかし、それすら「男の愛嬌だった」と思えるようになっていた。
タイソンの時代よりも少し前にデトロイトスタイルは完成していたのだ。
金と人脈がなければ「強さ」は生まれないものだ。
トーマス・ハーンズ。

妊娠した女は、それを言いふらしたりセックスしたりしない限り太るものだ。
テレビで報道すれば、言いふらすこともセックスすることもない。
「彼女、妊娠したって、本当かしら?」と女たちが噂しあっているのならば「それは本当だ」と知っている男がその場の空気を作る。
そこからが恋愛論の独壇場だろう。
仮説を女たちが話し合っている段階で、議論の焦点を絞ってしまう。
それも男の「発見」からもたらされるものだ。
「真相は男に聞かないと分からないね」と女たちは話し合った。
妊娠していることを黙っている女はとにかく太る。
太りたくないからいろんな女に話して回っている。
太るっていくのが怖くていろんな男とセックスしていた。
破局も悟っていた。
妊娠とはそのようなものであり、1人の男の命を預かることではあったが、かなり女にとっては負担となるものであった。
「どうしてもテレビで公表したい理由が女にはあった」
松田聖子 抱いて。

「言いふらさないと他の男ともセックスするのか?」
盛大にパートナーの妊娠を男が祝わないのならばそのような展開を辿るのは目に見えている。
アダムとしてはリンゴをかじりながら鬼気迫る表情で仕事をするしかない。
GTRという車で女に自由に旅をさせよう。
男の表情の意味を考えるいい機会だ。
ヒッチコックは鬼気迫る表情で映画を撮り続けた。
「ヒッチコックならどうする?」
いろんな映画監督が腹ボテの妻のことを考えながらそのようなメモを残している。
男の顔を思い浮かべなければ女は妊娠というものを受け入れられなかったし、バカな男の命を宿したとなると人生は一気に破滅に向かうのだ。
愛の炎 田中れいな。

2018年7月 2日 (月)

神。

「神はいるのか?」
これは女たちの議論である。
国が学び続けている限り神はいる。
あるいは「学んでいる男がどんどん仲間の輪を広げていく限り神を信じることができる」と言われる。
「拡大局面」の教団においてはみんな神を信じているのだ。
「オワコン」と言われる連中は何かを見失っている。
一度は神を見た連中を救っていくのも「拡大局面」にある教団の仕事だ。
「神だ?反則だ?負けちまえ!」
男が反則を使って「太陽の10倍輝く星」になる瞬間がある。
その男の見る「真実」とは無様な敗北であった。
それを見たときに「俺も勉強しよう」と思えた。
「反則を使って太陽より10倍輝く星とは何か?」を探求することによってプロレスラーは娘にクリスマスプレゼントを贈った。
プロレス。

「反則によって太陽より10倍輝く星になる」ことは敵と味方の共同作業によって作り出すものだとも言われる。
最後に「勝敗」という二つの選択肢が生まれるが、「観客が熱狂する方を選択したよ」。
プロレス。

真剣勝負も8万人のオーディエンスがいる側よりも、90万人のオーディエンスがいる方を勝たせた。
ゲームの発信力を高めたかったし、それが「新古典派」と言われるものだった。
旧古典派なんてそんなことも知らずに「真剣勝負」だと言っていたんだよ。
観客の間に「衝撃」が走ることをひたすら狙った。
かつての大洋ホエールズのような旧古典派は、永遠に優勝ができない仕組みだったが、横浜ベイスターズになってから新古典派への切り替えがテレビ局主導のもとに行われた。
あくまでも真剣勝負であったが、旧古典派と新古典派は「エンターテイメント性」が違うということはもはや明らかであった。
大魔神佐々木。

タルスキはとにかく「ファンサービス」の必要性を訴えたし、旧古典派の世界で腕を磨いた落合博満もセントラルに来てからは三冠王はもはや取れなかった。
人気のセ・実力のパとはこのようなイデオロギーの違いであった。
新古典派(セントラルリーグ)のファンの女はとにかく情熱的だった(デフレ)。
メジャーに行きたいのならば旧古典派のパシフィックリーグで腕を磨いた方がいい。
勝敗への人々の注目度で自ずとどちらの立場に立脚するかが決まったのだ。
ハーバート・フェイグルは、「女心の定義」(政治)により優れた会社(球団)を勝たせている、とした。
「女シリーズ」で化学のHとO(男)以外の全てを埋めた2017年は横浜DeNAベイスターズは日本シリーズに進出している。
しかし、旧古典派のソフトバンクホークスと「野球ができるかは分からない」とも言われていた。
フエィグルは、ハプスブルク家の女の子たちと話すことによって腕を磨いた。
ハプスブルク家はフランスやポーランドにまで影響を与えた。
実際に女たちに話して見なければ、やっている作業が正しいかどうかは分からない。
カルナップがオーストリアで暗殺されなければ、ヒトラーによるオーストリア併合はなかったとも言われる。
フランクやヘンペル、ネーゲルなどもよく女の子たちと話した。
プロレス(新派)とボクシング(新古典派・旧古典派)がどのようになり異なるのか?
それは「大人」としてしっかりと理解しなければならない。
プロレス。

さらには「ヨーロッパ中世のトミスト(勝ち組)が、反則を使うことによりスコティスト(負け組)に負けることに観客が喝采を浴びせるのは明らかであった。
詩の世界のヒーロー。
なにしろリック・フレアー(トミスト)は女たちを大勢、侍らせていたし、社会人としても有名を通り越していた。
話もファッショナブルだったし、学歴もあった。
信者も大勢いたが、トミストはスタンフォード大学を選択したために、東京大学にも弟のドン・スコトゥスにも憎まれていた。
12世紀にはプロレスは完成していたし、レフェリーとスコティストは共同作業でトミストをいじめた。
覇権国家の化身となっていたトミストが、サミングをやったりしたら、みんなが彼の敗北に喝采を浴びせた。
トミストが負ける限り国はどこかに向かっているのがわかった。
力道山が勝つのが見たかったか?
まだ日本に「詩の世界のヒーロー」がいなかったのだろう。
つまり、朝鮮や中国を侵略できる国ではなかったのだ。
国が成熟し、詩の世界のヒーローが生まれて、彼がサミングをやった瞬間、人々が彼の敗北を望む、これがヨーロッパの12世紀に完成した。
プロレスが好きな奴は、スコティストだったし、自分がトミストに勝つことをプロレスに託していた。
そのニーズは相当高かった。
真剣勝負ではジャイアンツ(トミスト)は強かったし、お金の違いを見せつけられた。
「勝者に身を委ねると美しくなれる」というプロスポーツとプロレスは異なるものであった。
プロレスが「スコティスト」という巨大マーケットを見失ってはならない。
時代を作る人(トミスト)とその中で生きる人(スコティスト)がいるとするならば、スコティストは多数派ではなかったのか?
アメリカ合衆国においては、華々しい社会生活を送るリック・フレアー(トミスト)の生活ぶりはよく知られていた。

リック・フレアー。

仕事をしているのは「大人たち」である。
大人たちが自信にみなぎっているのであればその世界に神はいる。
最後にほんのりとしたものを感じてもらえばいいだけだ。
喜怒哀楽を失った無神論者は確かにいる。
しかし、カルヴァンは、そのような男にAKB48を与えてみた。
脳の燃料切れは治るのかな?
AKB48の「神推し」となって喧嘩してくれないかな?
「神推し」になるとファイナンスの心配をしなければなない。
居酒屋だろうが銀行だろうが「資金源」が必要になってくるのだ。
「あの娘の処女」について考えるだけで、いじめ(神の証明)もやったし、生き残るためにファイナンスもやった。
DVDを見て力をもらった。
なにしろ「"神"推し」なのである。
多数派工作もやったし、推しメンの「リスク」を背負う覚悟だった。
「アイドルにもいろいろあるんだよ」という女の子の発言は陣営の崩壊を意味した。
しかし、「覚えた仕事」で別のメンバーを応援すればいいだけだった。
男女がいて、詩があって、「パンチライン」(最もウケるポイント)がある、これがあるから人間社会には「階級」が生まれた。
AKB48 teacher teacher.

「上司」の誕生だ。
パンチラインを作り出す力量や、女性を口説く力量などの違いが階級を生み出したのだ。
「男の"好み"を知り尽くす」
これが男社会で多数派工作として行われたのだ。

さらに「男同士でつるむ」ことに少数派が圧倒されるところにも「神を信じる理由」はあった。
本当に物事がうまくいったときは神を信じたよ。
オカマでもないのに男同士でつるむ、しかも何かを成し遂げるために、それは女たちにとっては「神」だった。
その男同士の関係は「父と息子」の関係とは異なり、お互いが潰し合うものではなかった。
背景にしっかりと「資金メカニズム」を組む必要があった。
Bigbang haru haru.

三つ目は「国民であること」に神を信じる理由があった。
同じ国で同じ文化に身を置く者が外国国家と戦う、この時には日の丸を仰いで君が代を歌った。
国民であることも神を信じる理由だ。
中には「神推し」をやって覚えたファイナンスのやり方で「国そのもの」を応援する人もいた。
「処女」の神推しのままではまだ荒削りだ。
国そのものを応援することはもっと複雑な学習が必要だった。
「神の法則」を組まなければま勝てない相手だった。
笑顔や情に訴えかけても意味がないのが「国同士の戦い」だったのだ。
仲間を作る、資金メカニズムを作る、など多くの学習がもたらされた。
放映権料がいちばん大きかったかな?
所詮、芸能界には逆らえないからね。
夏のクリスマス おニャン子クラブ。

四つ目は「彼女や妻への義務」を果たさなければならない時に神を感じた。
自分は「あの秘密」をバラされたら大変だと言って禿げてしまった。
彼女の「心の限界」があることを知った時に神を信じたよ。
「壊れていく彼女」を治してしまう医者もいるのだ。
Madonna Borderline.

最後に、これらの信仰生活すべてを破壊する広島の原子爆弾に神を感じた。
敵国の仲間づくりやファイナンスだけでなく、昭和天皇が広島に愛人(遊佐道子)がいたから民間人を大量虐殺しても負けないだろうという「スパイ工作」などが機能したことに「得体の知れない」神を感じた。
仲間づくりやファイナンスだけでなく、スパイ工作や国際法の知識までもがなければコンテナも扱えないし、それはまさに信仰だった。
あの国には「まだない」製品というのもコンテナを扱う上ではスパイ行為が必要だったのだ。
このような「サイエンス」を生み出したアダムとエヴァも神が作ったものだ。
AKB48には、まだ実際にバチカン市国のシスターは食い込んではいなかった。
しかし、バチカン市国大使館の職員は少なくとも丁寧に「AKB48と日経平均株価の関係」の話に耳を傾けていた。
それも日本国内の「スパイ行為」だったのだろう。
私はダブルエージェントとして日本国とバチカン市国の双方の利益になるように振る舞った。
そのうち「文春砲」で株価が大打撃を受けるかもしれないが、助けを求めている日本人がどこかにいたのだろうと割り切るほかはない。
AKB総選挙 中井りか。

乙女の祈りは「神様はいる」「いるかもしれない」というものであるが、以上に述べた「大人の事情からクリスマスプレゼントが届く」ということを信仰心としているものと思われる。
CoCo 冬の微粒子。

【妊娠した女は低血圧になってしゃがみこむ(シット)】
シットがうまくできない女は妊娠している
「処女の証明がシットである」
AKB48 ラブラドールレトリーバー。

「私も大人になれるのかしら?」という思いもあった。
家庭が円満なら俺は幸せなんだよ、というお父さんの気持ちは分からなかった。
世の中が完全に治ることはないということをよく理解していたのはお父さんだった。
ローマ帝国のような家庭を作り、それを壊す男は禿げていた。
神を信じない者は、どのように「大人の事情」を生み出すつもりなのだろうか?
男が女の尻や胸に興奮するという「原罪」をより良く理解した者がエリートとなっており、お金となっており、人脈となっており、スパイ行為へとつながっている。
「神推し」であること、「国民」であることがさらにこれらの背景にある。
そして「子供」がいること、この辺りで「神」という概念はまとまっているのだ。
おニャン子クラブ メリークリスマス・フォー・ユー。

家庭内では「下ネタ禁止」で多数派工作をやる人が多い。
せいぜい「失恋したか?」というような遠回しな表現がなされる。
しかし、お父さんは外では「有名になると射精の感度が鈍るね」などととてもではないが娘には聞かせられない(息子にも)ことを言っては仲間を作っている。
この明確な区別を知っておかないと「親のコネで就職」などというものは夢物語で終わるだろう。
職場の女たちの支持を集めるためには下ネタもいとわない、それがお父さんというものなのだ。
夫婦で「信じていること」が世間で通じるかどうかは極めて難しい問題だ。
しかし、有能な息子ならば両親が「夫婦で信じていること」を下ネタ禁止を守りながら、より普遍的なものにしていくだろう。
お母さんは「息子の受け売り」を話すだけで言葉に重みが増す。
スコットランドは「息子がオックスフォード大学に入ると親が離婚する」と言っていたが、スタンフォード大学は、「下ネタ禁止の多数派工作」まで研究していた。
これが「サンタクロースの物語」である。
セックスが私有財産である、これは真理だ。
しかし、重役や両親には歌謡曲のほのめかしを用いたし、それは「仏の道」でもあった。
同族企業を営むのであれば「下ネタ禁止」「歌謡曲のほのめかし」をマスターしなければとてもではないが家庭は持たない。
セックスが私有財産である、このことをいかに巧みに「ほのめかす」かが大事だったのだ。
私有財産の秘密を語らない人の方が「勇敢である」「正直である」と言われるんだから困ったものだね。
永田町では下ネタを語らないと生きていけない。
しかし、霞ヶ関の官僚でこのことを理解しない者は内閣審議官にはなれないだろう。
露骨な権力闘争はもはや、とてもではないが家庭内には持ち込めないものとなっていた。
「怖い、怖いって、何が怖いか分からないね」と娘たちは語り合っていた。
発達障害の男に「おしっこ飲んだことはあるか?」とか「精子」という言葉に拒絶反応を示す男に「男と女、両方いけるだろ」などという言葉を日常的に使うお父さんは娘たちにとっては「何が怖いか分からない」ほうが良かった。
下ネタ禁止というのは「コネ」と関わる致命的な問題だ。
「親父のコネ」があるかないかはだいたいこの辺りで察するしかない。
松浦亜弥 元彼。
「サンタさんはエッチな人なんだぞ?」
そうやって紳士としてみんなにプレゼントを配っているのだ。
日常の宗教活動、政治活動以外の「ものを配る仕事」はそれは楽しいよ。
でも「どうやってお金を集めたの?」と言われてもサンタクロースは困ってしまうだけだろう。
エッチな話が得意でないと、「強盗でもしない限り」みんなに配るお金は集まらないのだ。
でも、配るときはひたすらにこやかに、実際に楽しいからね。
病院の職員で、日頃、威張っている人が「舐められたくねえ」と言いながらサンタクロースをやって石鹸を配るのとは訳が違う。
とにかく「ファイナンス」なんだ。
セックスが私有財産である、これを理解しなければならない。
病院の事務長やナースは顔を赤らめもしないよ。
大人なんだ。
しかし、「性倒錯」まで理解しないと、「お前、本当にセックスを知ってるのか?」と再起不能にさせられる。
今年は株価を暴落させながら性倒錯の研究を完成させた。
日経平均株価が7千円台だったら我が国に紹介されることはなかっただろう。
母と娘のデュエットソング。

兄妹みたいな母と娘というのは「お父さんにコネがない」ことを意味するのかも知れない。
「怖いお母さん」
それが人望があり下ネタを好む夫に愛される妻というものだ。
孤立したら男は終わりだ。
性倒錯にまで踏み込み、トーテム&タブー、つまり「百姓の娘は兄とセックスしている」ことまで理解しないと「私有財産」なんて増えないのだ。
行為無価値論の立場に立つ堅物で「政治家に向いていない」と言われて育っても、配るときはにこやかに配ろう。
自伝に書ける下ネタならば「もはや医学論文」であろう。
それ以外の下ネタはどの政治家も封印して、綺麗事しか自伝に書かない。
なにしろ男社会なんだよ。
XX遺伝子でちんちん3センチ、とか、顔にアザがある女に「子供の頃、カマ掘られた?お肉食べなよ!」などと言っては周囲はビビっていた。
さすがにマスターベーションは隠れてやったよ。
松浦亜弥 メリークリスマス・フォー・ユー。

注意してほしい。決して「動画」で性倒錯を学ばないでもらいたいのだ。
異性でマスターベーションできなくなったら政治生命に致命的な打撃を与えるからだ。
あくまでも論文を読んでほしい。
クリスマス(ミッション)やブラジルのカーニヴァルなどはこのようなことを理解しないといけない。
家庭ではどうしても「怖いオヤジ」になっちゃうよね。
コネのないお父さんの方が愛される部分はあるよ。
子供にガチャガチャをやらせる親はとにかく「エッチ」だと思われるだろう。
「お家にあるでしょう?」あたりが無難なんじゃないかな。
300円に困っているわけではないからね。
髪の短い女はレズビアンであり、周囲の女たちの「慰み者」だということも理解しなければならない。
足をゆっくり揺する男は周囲の男たちの「慰み者」だ。
「自分に嘘はつけない」と思っている男女の前で下手に下ネタを言ったら、失脚するよ。
河合その子 哀愁のカルバナル。

猫をいじめる高校生が悪だろうか?
「ノンケでいいね」というのが周囲の直感だ。
獣姦をやらない人はノンケだ。
日本は獣姦の規制が緩い。
自分と性別の違う犬や猫を飼っていて「去勢」「不妊治療」をしていないのであれば、人間同士での性倒錯を理解しなければならない。
2008年にシュレーダーが「性倒錯」を知るために「犬や猫は好き?」「オスとメスどっち?」という質問を考えた。
同性の犬や猫が好きだと言うのならば性倒錯だと言える。
犬や猫を去勢や不妊治療する親がいちばん「まとも」だと言える。
「バター犬」を疑っているうちはまだあまい。
愛想笑いもそこまでだ。
下ネタも人に言えずに引きこもっている男女には「異性の」犬や猫を友達にするといい。
異性を愛せる男や女になるのが教育の目的である。
不良少女二人がメス猫を持って帰って来たりしたら、それはかなり危険なことだ。
男兄弟は「下ネタも姉貴の前では言えない」と思うようになる。
これが「サンタさんのお仕事・最新版」だと言える。
ぴったりしたいX'mas プッチモニ。

「治めてくれる」「国の教えを教えてくれる」
そんな先生に怒られたら女の子は痩せてしまう。
なぜならとっても素晴らしい教えだったからだ。
高校生レベルでも大学でも「お金儲けの基本」が分かった。
手ぶらで全国大会に出ることの危険性を指導者も理解した。
生徒たちに「常勝思考」を身につけさせるためにはお金が必要だ。
そこから先生のファイナンス活動は彼の知性を活用する形で行われた。
「先生」がサンタクロースになる番だった。
一生懸命ついていっても意味のない指導者だと思わせないことが大事だった。
AKB48 teacher teacher.

厳しい指導を行うと女の子は痩せてしまうためにスキルが身についた。
褒められて育ちたいなどというデブとは違ったのだ。
子供たちには「不安定な」イベントを与えた。
大会などだろう。
しかし、結果はお金で買っていた。
国立大学入試以外はすべてお金で買えた。
指導を誤らないことがまず必要であったし、応援団にお金を払って来てもらうことも必要だった。
女の子たちは「白黒つける」勝負をしたが、サンタクロースはより知恵で勝り、子供たちはファインアートを演じたが、指導者はそれ以上に日常のファイナンス活動を行わなければならなかった。
痩せている女の子を叱るわけにはいかなかった。
太ってきた女の子を叱った。
指導者は「女の子の体重コントロール」をやっておけばよかったのだ。
同じ船に乗ることが指導者には求められた。
甲子園を目指す野球だって判定競技ではないか?
仕事をお金で買う、痩せるというのは若き勝者の基本だった。
その世界を「オワコン」にしないためには指導者がファイナンス競争をやる必要があるし、女の子たちが常にそこにいなければならなかった。
Twice Wake me up.

ゆるい体の宮川選手。

「敗者の教え」は子供達の心を狂わせた。
大人の仕事は「子供達をよりスタイリッシュにして勝たせる」ことにあった。
田舎のグラウンドやジムであってはならない。
「常勝思考」にこそ宗教の本質はあった。
AKBグループや坂道シリーズの言っていることと、信者8億人のカトリックのシスターの相性がよければ「組ませる」という発想が必要だ。
小沢一郎はナショナルセンターである連合とかつての民主党を組ませている。
子供達を勝ちに導くためには、お金の面倒を見なければならない。
小泉純一郎は「非効率資産は指摘するだけで市場にいいメッセージを与える」とし「恋愛」市場の支持を得て子供達を勝利に導いた。
いずれにせよ「多くの男女」が喜ばなければ「チルドレン」は生まれない。
「美しさの秘訣は?」
「勝ち馬に乗ること」
資金メカニズムの組み方から多数派工作まで、必ず「人を勝利に導く人」というのはいる。
女たちが「美しさを求める」のはもはや普遍的な現象だった。
女の芸術家は少ないだろう?お◯んこをモチーフにしないからだよ。
これだけで誰が人を勝利に導く男かが分かる。
1960年代から1980年代にかけて、女性アーティストの中に、フェミニズム第2の波として、お◯んこかはともかく、もっとそのような表現を多用しなければ男社会で勝てないことも理解が進んだ。
rebecca ヴァージニティー。

貧しい身分ならば、毎日見ているなんてことはないお◯んこであるが、一流は「たまにしか見ない」から巧みにそれを表現する。
「食べることの方が大事」ならそうなるだろう。
また、痛みに敏感な男の方が女心に詳しいね。
どうやって勝つのか?だけ目撃しておけば女だけ生き残るようになっている。
みんなでワイワイやっていた頃は、バカな男ばかりだったけど、一流の男と関わるようになったら嘘がつけなくなる。
セックスよりも「食べる」ことを優先させているからだろう。
田中れいな 愛の炎。


プログの情報精度向上にご協力ください。
NPOなので寄付は非課税です。

スルガ銀行 三浦海岸支店
3550342
オノコウタロウ


【つづく】


« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »