最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 軍事。 | トップページ | 共犯。 »

2018年6月13日 (水)

保証。

福祉や環境、軍事などの憲法の問題を語ったが、今度は現在の民法学が何を考えているかを語りたい。
それは「保証」である。
借りたお金は「セックスするために用いる」ことから、現在のインターネットのパーソナルデータの蓄積によって「借りたお金をどの女に払ったのか?」が分かるようになっている。
電話番号の保全や、インターネット検索、さらには電子マネーによる決済の記録などから「借りたお金をどの女に支払ったのか?」が分かるようになっている。
借金の保証人は「それらの情報のすべて」を目の当たりにすることになる。
このことから「保証人に迷惑をかけたくないから自殺する」という人が出てくるのだ。
紀州のドンファン妻を坂上忍がインタビュー。
「なるな保証人」というのであればこのような研究をもっと深めていかなければならないし、「金なら返せん」というのであれば借りたお金はしっかりと仕事に用いていたことが分かる。
保証人になると、仮にそれが有名人の保証人であれば「ジャーナリズムに情報を流す」ことで鬱憤を晴らすしかないことがある。
フェイスブックの「友達」の異性も、セックスしたのであればメールでのやり取りに変わる。
借金の保証人でもないのに「検索したらどの女に金を払ったのかが分かる」というほど男はお人好しではない。
保証とは「お金」の話だけにとどまらず「女」の問題がまとわりつくことを知らなければならない。
借金が返せなくて、保証人にぜんぶ背負わせたら、保証人は債務者の女全員に情報を流し、債務者の人生を破滅させることもできる。
「情誼的な理由で」保証人になったのに、債務者の「知りたくない側面」を知ることにもなる。
「いつしかフェイスブックの友達から消える」ということの意味も知らなければならない。
グッパイフレンズ 三浦理恵子。

女の債務者は彼女なりに「からだで払った」履歴はフェイスブックでは公表していない。
セックスというものが「お金」と関わるものであり、自分の足で立つことや、親密さ、友情、認め合うことなどと関わるものであり、保証人は債務者がお金を債権者に返してくれないとこのような難しい問題と向き合う羽目になる。
しかし、いったいどんな目的に金を使ったのか?を保証人に知らされないのならば、とうてい納得のいくものではない。
このような「データプロテクション」が求められる有名人はそもそも保証人に迷惑をかけるような借金はしないものだ。
杏里 悲しみが止まらない。

女性関係のみならず、生年月日や、金脈、住所、宗教、IPアドレスまで知られることになり、「性癖」まで保証人に知られることになる。
しかし、アメリカ合衆国も日本国も「パスワードの漏洩」だけは禁止している。
国が制度としてうまく作らないと、愛国心すら疑われるような制度になってしまうだろう。
保証人は、「男と女の関係」さえ分かれば、720MB CD-ROMに入りきれないほどの「愛の言葉」まで覗こうとは思っていない。
借りたお金を返すためには債務者に何らかの「劇的変化」が求められる。
それが期待できる時期にお金を貸すのであり、そのような時期の「男女の関係」は不明確なままだ。
1960年代から1980年代にかけて作られたワールドワイドウェブ(WWW)は、保証人になった時の「サプライズ」を一定程度、緩和させた。
ウェブ2.0も、保証人にぜんぶ借金を背負わせただけでは必ずしも身の破滅にはつながらない「予測可能性」をもたせた。
連帯保証と保証は「スピードの差に過ぎない」とも言われるが、「スピードの差はいらないのではないか?」とも言われるようになった。
一年以上、自殺の決意を持ち続けるのは困難、とした保険会社(自殺条項)も保証人をビックリさせないような努力を推進した。
「予測できる時代」そのものが民法学にとってはありがたかった。
インターネットをやっている男たちそのものが「ラジオ周波数特定チップ」(RFID)を身につけているようだった。
インターネットを一切やらない男の方が案外、自由に借金もできたのだ。
SPEED Deep blue & truth.

電子政府(e-ガバメント)は、総務省が自由に選挙結果をコントロールすることを可能としたし(シークレットバロット)、金と女にだらしない人間の投票行動だけを観察できるようにした。
すべては「アクィナスを守るため」という論法を用いれば総務省は世論の支持を得られたのだ。
国としてのルールはあった。
「勉強が好きな俺の顔」を愛せるかどうか?元有名人で貧しくても生きていく方法があるのかどうか?などの憲法判断を仰いだ上で、「借金大国」をうまく運営していかなければならない。
銀行と消費者金融が別々にブラックリストを共有できるようになった。
「消費者金融の件はなかったことにする」という奥さんもいる。
35歳までに人生が登り調子にならないのならば、どのみち保証人が必要な借金をしなければならない。
女たちはインターネット上で「データの匿名化」を行なった。
「偽名ばかり用いているとガンになるだろう?」という問題はつきまとった。
ブレインコンピューターを用いた上で顔を公表する(インターフェース)ことから、女たちは「自分を美しく見せる」という目的だけではなく、保証人つきの借金苦にまみれた男を守ろうとした。
アクィナスさえいれば豊かになるということは政府も信じていたのだ。
AKB48 teacher teacher.

「男がその国でどのように育つか?」という問題は組織内では女心の定義(政治)を行うことから、「漢か洋か」という議論になるが、お姉さんがトルコ風呂出身ということからアクィナスも英語で「女心の定義」を行いながら「漢そのもの」であった。
男同士で否定しあわないことや、有名女を笑わせることなどの憲法判断を仰いだ上で、どのように「漢」(かん・おとこ)であるかが問われる。
アクィナスは、科挙を受けるために敦煌に向かう男と同じ論理を持っていたのだ。
50近くになって「金の力で役職を買った」というのは科挙第2問そのものであり、科挙第2問は「役人になりたければいくら出せる?」と聞いていた。
女心の定義でクライマックスシリーズに勝ったことがある、お風呂をこよなく愛する、しかし「羊」(女の子)の意味を知っている、これだけで合格するのが中国の役人だった。
訛りが強い翻訳を女たちは「何言ってるか分からない」と言ってこよなく愛した。
「強い国のためにメロスは走る」とも言われる。
国の「性概念」を正当化する議論をメリアンダイアローグと呼ぶ。
「男を知り過ぎた女は英語を読まなければ分からないよ?」
これが日本国のメリアンダイアロークだった。
政治はメリアンダイアロークをしなければできないものであった。
日本国の多数派の女の支持を得る必要があるのだ。
最初にメリアンダイアロークをやったのはトゥキディディスだった。
ギリシャの歴史家だったが、今の日本もトゥキディディスにしたがっていれば間違いはないと考え、「英語による政治」を完全にゲームとして成立させた。
おっぱいを隠さないアフリカで「英語による政治」が成立するかは分からないのだ。
アルフィー メリーアン。

マキャベリが「英語の翻訳の匂いがプンプンする王子」を描いた(パワーポリティクス)。
時代は下り、ホッブスも「万人の万人に対する闘争」において「英語を読むしかないだろうな」としていた。
いずれにせよ「パワーシフト」を信じて実践しているアクィナスの話を聞いて、小説にし、マンガにし、音楽作品にすれば借金は返せると強烈に主張したのがモーゲンソーだった。
なにしろ覇権国家はアメリカ合衆国だけだったし、世界ランキング第2位のスタンフォード大学よりも「いい大学がある」なんて誰も思っていなかった。
日本国の王子の「パワーポリティクス」がアジアで奪い合いになるのは目に見えていた。
1928年にケロッグブリアン協定によって「アメリカでメジャースポーツを発展させる」という約束がなされた。
しかし、1980年代まで「英語でやる」ということは世界に知られることはなかった。
どの女も「アメリカは私のことをなんて言ってる?」と聞いてきたのだ。
「現在のユートピアよりも新しいユートピアを」とすべての銀行が判断するのは速かった。
Twice Wake me up.

モーゲンソーは「メジャースポーツをやってみれば分かるよ」と銀行マンに伝えた。
女たちはあんがい「敵を作らない擬似セックス」を楽しんでいた。
彼氏や夫に誠実であるためにはマスターベーションは都合が良かった。
保証の問題も、男が「劇的な変化」を遂げようとしている時だけお金というものは返せるものだということを踏まえて、「パワーポリティクスをやっているかどうか?」以外に判断材料はないのではなかろうか?
どの国も「生き残りたい」と思っている。
環境問題や、福祉国家軍事などの憲法は「言っていることそのものが怖く」ないか?
民法の側はそのように受け止めていた。
アジアの国の「関係」を決めるのには十分すぎる説得力があったのだ。
若干、余談であったが、パワーポリティクスを知らない男の保証人になってもいいことはないという説明にはなるだろう。

ケロッグブリアン協定は「メジャースポーツを発展させよう」という国際約束であったが、夏目漱石が大国主であるのならば野口英世(和辻哲郎)がヤマトタケルであった。
国家レベルの戦争が一万円札だとするのならば、メジャースポーツは千円札だとされる。

宗教団体としては出雲大社(大国主)と大本教(ヤマトタケル)が守備範囲だろう。
野口英世記念館。

大本教。

出雲大社。


【つづく】

« 軍事。 | トップページ | 共犯。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保証。:

« 軍事。 | トップページ | 共犯。 »