最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 福祉国家。 | トップページ | 軍事。 »

2018年6月 8日 (金)

環境問題。

「僕は勉強さえできればいいんです」
でも、どうやって?
これが「環境問題」である。
家庭内や学校で「ワイルド」であることや、くがたち(いつでもお風呂に入っていいこと)などが「勉強ができる」条件となる。
特に、日本国においては「お風呂」はアニミズムと呼ばれる劇的効果をもたらした。
家に人が多すぎることも、勉強への最適な環境(エコシステム)を壊すことになる。
石炭をバンバン焚いて空気を汚したというニュースや、農家が減少したというニュースも、なんだかやる気が起きない時や、ライバルが大勢出てくる、あるいは夏の暑さがライバルを蹴落とすかな?という勉強男の心理に影響を与える。
偏差値BOY うしろゆびさされ組。

最後には「女の子が目当てで勉強しているんだ」という目標設定も明確にしなければならない。
隣の部屋の「咳払い」にすら過敏な「コウモリ」のような感性は勉強には向いていない。
イヤホンで音楽を聴くことも必要となる。
なぜならば「女の子が目的で」勉強しているからだ。
また、勃起したり、マスターベーションができる環境でなければならない。
つまりは「人間さまが一番えらい」という考えに至らなければ勉強はできない。
1970年代に、青空がきれい、星空がきれい、沖縄でジュゴンが見れるなどの方向に「女の子たちの関心」が向かったのを確認した。
この時代以降、四当五落という「受験戦争」は収束に向かった。
女たちの「妨害電波」に「それでも僕は勉強する」という人間中心主義を維持したのがトマス・アクィナスであった。
「勉強して東大に入るんだ」という発想をユダヤキリストと呼んだ。
アメリカ合衆国やオーストラリア、ノルウェーでしか「超勉強法」の研究は行われていない。
アクィナスもアメリカ合衆国に滞在していて、日本に帰ってきてから「お風呂」(くがたち)を堪能している。
1968年にスタンフォードのエーリッヒ夫妻が「人口爆弾」という名の「大量の人間」に囲まれると勉強を見失うということを指摘した。
1972年にはMITのデニス・メドウが「母集団が大きすぎると全体の伸びが鈍る」と指摘している。
女の子たちがまず変わり始めた。
「愛って何?」
勉強が苦手な女の子たちが男たちにこのような問いかけを行なったのだ。
愛ってどんなxxx 後藤真希。

まるで東大合格者は、世界の破滅を生き残ったかのような残骸が残された。
くがたちや音楽、そしてあらゆる妨害を生き残った男に周囲は忠誠を尽くした。
なぜならば「戦が終わった後に」自分たちは盲目だったと悟ったからだ。
アメリカ合衆国の神学も「エリート」を手厚く扱った。
「法という名の木の苗が見つかったのだ」
シエラクラブやミネラルキングバレーのディズニーランドはすべて「エリートの若者」をモデルにした。
山のように動じない、森のように大勢いる、木たちを「エリート」と呼んだのだ。
ユダヤキリスト、つまりキャンパスライフはまるでレジャーランドだと言われるが、ディズニーランドそのものがキャンパスライフを描いていたのだ。
スカンジナビアは、「大学に残る」男をヒマラヤにたとえた。
あらゆる汚染に耐えたからだ。
勉強が「好き」を通り越して「譲れないもの」になった男をヒマラヤと呼んだ。
大西洋にはない文化がヒマラヤにはあるとされた。
キリスト教、仏教、道教においても周囲の「セックス自慢」はヒマラヤに襲いかかった。
しかし、「ヒマラヤは守らなければならない」という味方も存在した。
第三世界などの貧しい国ではこの勉強法は真似できないだろうな?と先進国は考えている。
また、「偏差値ゲーム」から女子たちが排除されていることから、彼女たちが必死で妨害していることも理解しなければならない。
女の子目当てで勉強している以上、女の子は簡単に男子を脱落させる力を持った。
フランクフルト学派の新マルクス主義は、これらのことを正確に理解して「受験サイボーグ」を作った。
真昼間から風呂に浸かり、周囲の妨害に鈍い男だったけどね。
赤いスイートピー 松田聖子。

また、頭の悪い右翼だの女にだらしない左翼だのに若い頃には傾かない方がいいとした。
「政治が分からない」
これがいちばんの才能だったのだ。
勉強と「女学」は明らかに異なる。
どちらかに飽きたら勉強と女学を行ったり来たりした方がいい。
そうすれば、クラスに勉強仲間もできるし、決して「女に関して無知」であることにはならない。
スマホと教科書を交互に読むことを「ディープエコロジー」と呼び、受験サイボーグの作り方だとしたのだ。
また、子供のころ「一度は受験に失敗している」という経験も貴重なものとなった。
女の子たちのリアクションが容赦ないことを知るからだ。
ロナルド・レーガンは新マルクス主義が初めて生み出した大統領だった。
「気持ちのいいこと」と「お金」によってうまく導かなければならないし、周囲の「親切さ」「率直さ」「誠実さ」「セックスの秘匿」などに守られていなければならない。
受験戦争そのものが「誰も治めようなどとは思っていない戦争」だったのだ。
これが中国では「勇気」などの精神論にとどまった。
好きな音楽ジャンルを新しく作り出すほどの創造性が求められた。
なぜならば「周囲の見る目」がどんどん変わっていくからだ。
あれほど大勢の「人口爆弾」が自分を中心に動いていくのだ。
時には「ワイルド」な振る舞いもしたが、上の人がもみ消した。
その時に「勉強専制主義」を思い知った。
「環境問題」というのは「勉強する環境」というものであり、気候変動とはこの大学受験マップに異変をきたすことを言う。
京都議定書みたいに本当に地球温暖化とか言っているうちは勉強もやる気が出ないだろう。
この「東大合格体験記」もアクィナス自伝に関わるものである。
酒井法子 100%の雨が降る。

射精は気持ちのいいものだ。
しかし、東大に入る前の精子と、東大に入った後の精子は異なるものだと思うだろう。
女たちもそう思っている。
もはや「受験戦争」とは人間の本能が仕組んだものだったのだ。
靖国神社の「英霊の火」は彼らの精子なのではないかとも思われる。
永遠のカリスマへと進化を遂げた者たちだけが「火」となれるのだ。
卵子が求めているのは「永遠のカリスマの精子」だけであった。
コンラート・ローレンツは「乙女の祈り」とはそのようなものだとしている。
「家柄ではない。生き方なんだよ」
勉強する環境に恵まれた男の精子にはいろんな「ゲノム情報」があるのだろう。
射精が気持ちいいのはみんな同じだ。
しかし、「戦争が必要」と大人たちが考えたのは「火」の概念を変えたかったからであり、女たちの「想像を絶する」経験が精子に求められていた。
第二次世界大戦の落とし子が現代の受験戦争である。
統合失調症になればどんな東大生の精子も49%価値が下がる。
なぜなら「情報が足りなかった」敗北者だったからだ。
「どんな学問を継承している男なのか?」
それを女たちは見ていた。
所属の大学そのものがDNAであり、それに忠実であれば病気になどならないだろう。
私の人生の悩みも「Y遺伝子」で解決してね?
そのようにして身分制社会は学歴社会にその地位を奪われたのだ。
なにしろ、すでに語ったように熾烈な戦争だったのだ。
「勉強する環境が違った」のならば学歴社会の方が身分制社会よりも大事に決まっているじゃない?
「お父さんのお金」だけではどうにもならないのが東大の一般入試なのだ。
どんな金持ちのお父さんだって、息子のために真剣に祈った。
射精はみんな気持ちいい。
しかし、周囲の女の子たちの受け止め方が変わる。
これが「盲目ではなかった」男に与えられた評価だった。
東京パフォーマンスドール Shapeless.




いい男もそうでない男も区別がつかなかった高校時代から、「受験戦争」を終えた時に女たちには「男の地図」がこのように見えるようになっていた。
「家柄」だけではない「勉強する環境に恵まれた」ことからこのような風景になったのだ。
「家柄」「身分制社会」を口にする男はなんら目立たない存在と化していた。
「皇太子ってこのような女心を知っているのかしら。」
私たちには私たちの青春があった。
「戦争が終わった後に精子が変わる」
この意味は、東大合格者の男と青春を共にしなければ分からないものだったのだ。
酒井法子 すごすぎる。

たしかに、「勉強のやり方」は親から受け継ぐものよ?
でも「専門学校卒の家柄男」は親から何も学んでいないじゃない?
ダーウィンとメンデルが「勉強セレクション」という受験戦争を考えたのだ。
女の子たちの歓声を見て見ぬ振りをした「専門学校卒家柄男」がいたの。
まったく「戦争の論理」を知らない男で高飛車だったから嫌いになった。
民族がどこに向かっているのかまで教わるのが「受験戦争の勝者」でしょう?
女たちは家庭のDNAよりも東大のDNAを選択した。
「勝った人が強い」というよりも「誰が勝つか分からなかった」のが私たちだったし、そう意味では「勝った人が強い」のよ。
私たちの青春を否定する「専門学校卒家柄男」になんて興味ないわ。
今、東大ではカントが流行っているらしいわ?
女が女心を教えれば男が金持ちになってくれるの。
もはや「イデア」のレベルを通り越した真理だと思うのよね。
現代文も出題される東大生は簡単にそのような知識を身につけている。
私に会いたくて2時の待ち合わせにもちゃんと来てくれる男だと思う。
そうやって「彼女から学ぶ」男は東大にいたし、家柄男は貧しくなっていくのが分かった。
高橋由美子 Will you marry me.

結果として東大生を生み出したお家を外から見ていた。
家の中で何があったかは今まで述べてきた通りだ。
一人の東大生を生み出したことで、BS・CSアンテナはあったし、塗装も終わっていた。
これが「戦争」の結論だったことが私にも分かった。

集中すると視野が狭くなるのは事実だ。
しかし、「愛って何?」と問いかける女にのめり込んでもどのみち視野が狭くなる。
「私にのめり込まない男」はむしろ「遠くを見ている」ようにも見えた。
河合その子 青いスタスィオン。

水がH2Oだと分かったのは1750年ごろかな?
今は最先端の学問を教わっているよ。
「ドンファンのような俺」はどのみち寝ている時の夢で見るから青春を失ったなんて思わない方がいい(双子の地球)。
睡眠は十分とった方がいい。
快適な睡眠を取れるベッドがあることも「環境問題」の重要な部分に位置付けられる。
「彼女や受験戦争」の世界では「誰も広い視野で物事を見ていない」ということが指摘できる。
親は「恋」の実態を知らずに成績が伸びないことを叱るだけだ。
「遠くを見ている目」は「悔いを残したくない」ということしか考えていなかった。
自分を全否定されると寿命が縮む気がする。
だから「逃げた」と言い訳する奴もいた。
真剣勝負にかなわない理由は「女たち」にあったが、とにかく「伸びない」ので言い訳したのだ。
受験戦争とは「パワーの世界」なのだ。
アクィナスは、アメリカ合衆国に留学して「奴隷のような扱い」を受けることでパワーを身につけている。
成績がいいと「見る夢」もいい方向に変わってくる。
この「双子の地球」をうまく使わない手はない。
成績優秀が噂になると、近所の歯医者や行きたい床屋に行けたのでルックスもよくなった。
周囲の噂や予測もいい方向に向かせなければならない。
アクィナスも賭け率は有利と出ていた。
この時点で「環境」は整ったことを意味した。
河合その子 緑の少女。

親父は浮気もしたし、セックスをしたから高額納税者だった。
果たして「女の子目当てで」東大に入る息子の存在を、そして自分よりもモテるようになる息子の存在を本当に喜ぶかは分からなかった。
受験戦争には「親父と進化」という問題も存在したのだ。
「適者生存」とも言われるように、親父と仲良くしなければ受験戦争での勝利はおぼつかない。
親父がおしゃべりで、息子の東大合格の公算を周囲に吹聴している状態がいちばん「環境が整っている」ことを意味する。
東大に合格する方法を知っていながら25歳までに司法試験に合格しないのであれば「親父やその周辺が息子を潰そうとしている」ことを悟らなければならない。
それが親から子に伝わる「進化」の現状なのだ。
親父がDNAの進化に集中できるのも息子が25歳になるまでである。
それ以降は親父も心がもたない。
有斐閣の法律雑誌に「染まる」という努力が息子にない限り、親父も息子を「大人」として認めることはない。
また、息子も「親父が俺の"見解"を聞いてくれた」という喜びも得られない。
いずれにせよ、息子が父を超えるチャンスを親父が与えるのは25歳までである。
それ以降は親父と同じく「金と女」という同じ空気を吸って生きることになる。


親父の「集中力」が落ちてきたら社会に出るという発想も必要になる。
司法試験を「もう一年、もう一年」と親父に頼んで見たところで、もはや「潰そう」という決断を下しているのだ。
28歳の時に「社会で何かが起きる」という根性がある奴もいるが、それも「東京大学との一体化」がなければ無理な話だ。
55.2%の息子が「親父を越えた」と思っているが、それも25歳までに決着がついている話だ。
アクィナスは24歳の時に有斐閣の法学教室と出会っている。



国内最高、あるいは世界最高の「先生」の論文を読んでいなければ乗り越えられない「山」が存在する。
「殺そうと思った」という親父もいるのだ。
山を乗り越えたら、あとは親父の「健康」だけを気遣うようにしよう。
「進化」の問題は25歳で決着した問題であり、あとは仲良く現実を生きた方がいい。
受験戦争ってなんのためにあったのかな?
親父の健康を気遣うためだったのかもしれないね。

ダーウィンは、受験戦争に勝つためには「勉強をしている俺の顔」にどこまで惚れ込むかを問題にしている。
「勉強セレクション」に勝った「俺の顔」がなければ堂々と元アイドルや女優と話ができないだろう。
「願いはひとつ」というが、女たちにとって恋愛と結婚と出産が「願い」であり、最後に「出産」という形で願いがかなうのだ。
水樹奈々 真冬の観覧車。

女の願いは「出産」でも、その後に「親父と息子の進化論」が待っている。
この問題に「母」として介入する営みは楽しいものだ。
どんな有名人でも、子供は勉強と向き合っている。
だから「進化」に成功した男の話を聞くのだ。

人間は「所属しているグループ」内部において常に「同調行動」を行なっている。
就職してしまえば意識しなくていい「親父と息子の関係」が存在するのだ。
しかし、同調行動を取るということは「動物になる」ことをも意味する。
就職したまま「時が止まる」「思考停止になる」人もいるのだ。
人間は「同調行動を取る限り生物学の対象になる」とも言われる。
始業のベルと終業のベルを鳴らして同調行動をとらせることによって「集団としての進化」を目指すのが授業というものだ。
ついて行けない授業で学級崩壊を引き起こすことは、生徒が「人間である」ことをアピールしている。
そのような生徒のために「環境」の研究はある。
ゆとり教育を行うのではなく、くがたち(風呂に入れる)とか、ウォークマンやiPodを聞くことを許可したりするしかない。
そうでなければ「人間である」というアピールは止まらないだろう。
白人というのは、奴隷扱いには通常耐えられないものだ。
最後までついてくる者にはお金か女が与えられるだろう。
アクィナスは、アメリカ合衆国のレスリング部で「お前はチームに残留した」とコーチに言われている。
このような経験だけでも東大に入るのには十分な「パワー」が身につくのだ。
「同調行動に慣れる」というのもその子供の才能だろう。
独占欲 モーニング娘。

この「同調行動」を楽しいものにしようという努力は「ポップな」社会生物学と呼ばれる。
サッカーワールドカップの日本代表をサッカーも知らない人に最後まで見させることは「ポップ」でなければ難しい。
目的が「ゴーール!!」でなければならない。
このようなテレビの側の努力も「勉強セレクション」の一部を構成している。
アクィナスもボクシングが分からない頃からボクシング観戦を行なっている。
スポーツ観戦が趣味という人は同調行動が得意であり、勉強セレクションにも強い。
とにかく「適者生存」の世界が環境という学問であり、くがたち(お風呂に入る)、音楽を聴く、あるいは勉強そのものが「ポップ」であるなどの要素がなければなかなか成績は伸びない。

一方で、女の場合の「勉強する環境」とは「誰がもっとも大学で語られているのか?」によって「守ってもらう人」を選ぶことから成り立っている。
アンブレラエンジェル。

まず「男性らしさ」を語るのがうまいこと、つまり、今まで述べた「親父と息子の関係」に詳しいこと、そして、「ワールドクラス」の男を慕っていること。
そして「女である」ということから勉強する環境が生まれている。
このことを知っている「鉄緑会」には東大入試問題の事前の流出疑惑すらある。
「ポップ」でない授業には容赦のない拒絶反応を示し、「女にも分かるように話してよ」という立場をとっているのだ。
「女性向け」でない予備校から東大合格者が出ることはなく、女は「男への忠誠心と安定感、そして可愛らしさ」があれば東大に入れるのだ。
しかし、鉄緑会ほど「土地」にこだわる連中はおらず、ワールドクラスの男は、壮大な屋敷に住んでいた。
鉄緑会の女も、スマホと教科書を交互に読む「ディープエコロジー」を採用していたが、クォリティコンテンツはみんなが常識として知っていた。
海や山、宇宙に憧れるのは大学に入ってから、鉄緑会の女もあくまでも人間中心主義に立脚していた。
母と子などの「身近なテーマ」を扱う男がもっとも影響力があると教わっている。
1980年代から1990年代までは「もっとも女を愛した男」が影響力があることを察知していた。
しかし、2000年になって「男が気分がいいと女が落ち込む」ことを知っている男が影響力を持った。
変な愛のカタチ ribbon.

この「アップ・アンド・ダウン」を理解している男を見定めて、女の前で自慢話をしない男の文章が出題されている、といえことにもうまく対応した。
さらには「地球は人類の子宮である」という発想をとる男が今後は出題されるだろうということも現在の少子化の時代にすでに鉄緑会は知っているだろうとされている。



【つづく】

« 福祉国家。 | トップページ | 軍事。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境問題。:

« 福祉国家。 | トップページ | 軍事。 »