最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 中道〜仏の道。 | トップページ | 環境問題。 »

2018年6月 5日 (火)

福祉国家。

地球で100億人の人が幸せに生きる。これが福祉国家だ。
中には命がけで有名になり、周囲に幸せを与え、しかし、眠れなくなって心を病んでしまう人もいる。
幸せの配達人が世界に必要である以上、福祉国家というものは生まれざるを得ない。
夜眠れなくなった「幸せの配達人」は、奇妙な言動を行うために、いじめられたり差別されたり、自分を社会の最下層だと思うこともある。
しかし「幸せ」を100億人に送り、そのために心を病んでいるのだ。
そのような、一部の「幸せの配達人」の存在を容認する国を「福祉国家」と呼ぶ。
座布団運びの山田くん。

「生まれながらの障害者」は果たして「幸せの配達人」だったであろうか?
「生まれながらの障害者」だけは妊娠をコントロールしてまでなくさなければならない。
結果として「幸せの配達人」と「生まれながらの障害者」が「同じに見える」のが世の中の現状なのだ。
非常に高い「人生のクオリティ」がのちの退屈な人生を生み出している。
「生まれながらの障害者と同じに見える」
これだけで、お金がたくさんある介護保険制度とお金のない障害者自立支援制度は合流できないものとなっているのだ。
庶民は幸せを最大化したい。
憧れの人もテレビにいてほしい。
しかし、テレビで憧れた人もいつしか忘れ去られていき、「生まれながらの障害者」と区別できなくなる。
再ブレイクの可能性がないことは本人が一番よく知っている。
そこで「勉強有名人」がいちばん得をすることが分かってきた。
のちの人生で長い「有名人生命」を維持することが分かったのだ。
社会の最下層に落ちたら、男でも「体を売る」だろう。
しかし、現在60億人の人口が100億人の幸せな人たちのいる世界として落ち着くためにはテレビが必要であり、「憧れの人」が必要なのだ。
「地球の力を最大化したい」というのが福祉国家の理念であり、「生まれながらの障害者と同じ」に見える「幸せの配達人」を手厚く扱わなければならない。
しかし、介護保険制度との合流は許さない。
だって「生まれながらの障害者」と今となっては同じでしょう?
このあたりで「幸せの配達人」は介護保険制度のお金を望みながらも、排除されるという抜き差しならぬ考えを持つようになっていた。
大事なことは「外の開放的な空間で異性と話す」ことである。
「影響力って何?」ということも考えてもらいたかった。
介護保険制度のお世話になる人は庶民であり、影響力のある人とは限らない。
しかし、幸せの配達人は影響力があるだろう。
影響力をお金に変える努力は怠ってはならないだろうね。
梅干しのパッケージに自分の似顔絵を貼ったら売れたという元アイドルもいただろう。
そういう努力が可能なことを「生まれながらの障害者と同じ」に見える幸せの配達人は考えなければならない。
「追い詰められたらそういうこともやろう」という立場が今は有力だ。
鹿取洋子。

ショーペンハウエルも、幸せの配達人は「いなかったのと同じではない」としている。
周囲が「選ばれるべきだ」という印象を残しているということも指摘できる。
「男らしい選択」として無料で図書館で紙芝居を借りてきて「あの有名人の紙芝居が聞けるよ!」と喜ぶ親子もいるのだ。
どこまで詳しいのかが問われる世界であり、生まれながらの障害者と同じに見える、ことから資金が潤沢な介護保険制度から排除された理由や対処法を自分で考えなければならない。
元有名人のお金の稼ぎ方をセテリスパリバス(ceteris paribus)と呼ぶ。
これを知らないと、自分の政治生命が断たれることをまるで「死」を意味するかのように考えたりするのだ。
100億人が地球上で楽しみたがっている。
これを理解しないと元有名人は、最貧困層に落ちるだろう。
真っ先にこれを理解した鹿取洋子をなぜ見習わないのだろうか?
芸能界の間では「駄菓子屋を営むと国が応援してくれる」ということが知られている。
生活保護になってしまった元有名人に駄菓子を売らせているのが厚生労働省なのだ。


コカコーラ社に提案。
「心臓発作に効くコカコーラ」
「寝つきが良くなる、熱中症に効く、頭を打った時に飲むスポーツドリンク」
「働きすぎかタバコの吸いすぎか区別つかなくなるほど働いて顔が赤くなった時に果物のジュース」
「性的欲求不満から鬱になった時の缶コーヒー」
「耳が不自由な人は飲み物のペーパーを変える必要があることから酸っぱい飲み物」
「性病にはビタミンドリンク」
などの説明付きで「小野シール」を貼ってもらう。
もちろん臨床試験はやってもらわないといけない。

AKB48 teacher teacher.


「淫売は女として愛せない」
これは「男が女を愛する気持ちを利用する」経済学の問題である。
「秩序と発展」を志向する立場でも「命令」を志向する立場でも淫売は女として愛せないという問題はつきまとう。
そのために「女は幻」を演じたのだ。
それならば、ケバい女よりも質素な女の方が愛せるのだろうか?
ケバい女、髪の長い女が貧しい家に入っていくのを見るだけだろう。



これが、貧困と処女率の関係である。
「貧しいのならからだを売った方が楽」
これがパレートであった。
このパレートは昔も今も動いていない。
しかし「枕営業に抵抗がない」女たちを生み出し、「淫売は女として愛せない」という立場が変わってきた。
1951年のアローの論文から1994年のグレイスターの論文に至るまで「枕営業」というものは過去の遺物とはなっていない。
ハニートラップに使うのにも都合が良かった。
レッスンだの洗練された音楽だのを用いて、これらの「真実」を知らない男たちの歓声を浴びた。
歓声を浴びたのであれば鹿取洋子のように大富豪になれるチャンスがある。
ここでも「勉強有名人」は有利に立つこととなった。
ベルグソンやサムュエルソンは、テレビに出ている女の「枕営業」を嫌ったが、アローは「情報を変える」「演じる」ことを深く探求し、貧困女たちに夢を与えて強烈な支持を集めた。
それは「次元を変える」ことでもあった。「演じ方」次第で社会の序列は変わってしまうのだ。そして他の女の子と「比べることを難しく」させた。
あとは「快楽」の消費を待つだけなのだ。
自分の方向性を明確にすることも必要になるだろう。
あとは「フェアなゲームで私は選ばれたのよ?」という演出をするだけだった。
お茶の間の男たちをメチャクチャに巻き込んでしまえば「出生の秘密」など誰にも分からなかった。
貧しい生い立ちで苦労した女、と言えば女たちの嫉妬も受けなかった。
安室奈美恵 Hero.

あとの「暮らし」はかなりプライベートなものであり、昔の「伝説」とセックスできる可能性があるというだけでも結構、値段がつくものだなと1980年代のマルクス主義は考えた。
団子屋や梅干しなどのビジネスが嫉妬を受けにくいね。
質素にやっても案外派手に儲かるのだ。
「貧しい生い立ち」でなければできないことがたくさんあるのがビジネスの世界なのだ。
しかし、日本経済は「鉄・自動車・通信がどのように国民の福祉につながるのか?」の説明が必要なのであり、それだけで経済が発展するのだ。
だんごの輪島。

アローは「枕営業」について「なぜ多くの男たちに支持される女が特定の男に"選ばれて"いないんだ?」と表現した。
テレビに出て多くの男たちに愛されるという福祉経済において、枕営業というものは少なくとも1951年には否定することはできなかったのだ。
「まずCから始めている」女たちに「Aから始めよう」と言って男たちが投票する。
貧困層の女にとって「覚悟するのは簡単」というほど弱いパレートに位置していた。
Do it now! モーニング娘。

ましてや「どの女も口説き落とせる」という学問も発達していた。
「多くの男たちに愛される女が特定の男に愛されない」というのはパラドックスとしてテレビに映し出された。
その女でどれだけの回数のマスターベーションをしただろう?
有名女たちが決して口に出さない「黒い履歴書」を理解してくれる男でなければ「ファンと結婚する」ということはあり得ないのではないだろうか?
東大生は知的弱者ではない。
「器」の大きい男ならば、アイドルも恋愛対象としてみるのではないだろうか。
ましてや「世を統べる」身ならば、貧困層に関する深い理解が必要であろう。
独裁者が「女への無知」を笑われることはない。






母はキスを目指し、父は胸を目指す。
しかし、子供さえ生まれれば、セックスとは「ベイビー」を意味するようになる。
Be my baby complex.

しかし、男は「学ぶ量の二倍のマスターベーションをする」と言われ、アイドルとファンの結婚はかなり困難となっている。
「黒い履歴書」を理解した上で、「嘘のない人」にならないとなかなか難しいだろう。
アローは「枕営業」というものを研究しながらも、ファンの味方をしていたようだ。
本当に「黒い履歴書」を清算したい有名女は「お金を払って」CMクイーンになるだろう。
松嶋菜々子CM.

アクィナス(ルイ16世)をいじめることで国づくりを行ったフランスでも革命以降、かなり奔放な女たちが出てきた。
国づくりが完成したからこそ許されたことだったのだ。
CMクイーンは「黒い履歴書」を「誰でもやっている範囲内の恋愛をしている」と位置づけるようになった。
それよりも「私が紹介した商品を社会が選択する」ことを証明して黒い履歴書を清算することの方が大事だったのだ。
「悪い噂」があったらCMを降板させられる、というのもメディア論だ。
「みんながやっている範囲内の恋愛をしている」と位置づけて、お金を払う女ならばCMクイーンになれるし、黒い履歴書を清算できる。
そこまでして「綺麗なからだ」になりたい女は芸能界に確実にいる。
長澤まさみCM.

「私が売れると言ったら製品が売れた」
このことが黒い履歴書を持った女にどれほどの自信を与えるであろうか?
勉強ができる男は「東京砂漠」に出た。
すべての利権が固まっており、すべてがフェアなゲームとなっていた。
「どの男を英雄にしたらいいのか?」を決める利権屋も固まっていたのだ。
東京砂漠では「勉強した男」にはしっかりと見返りを与えるのが利権屋たちであった。
砂漠とは「無数の人たち」のことであり、たとえば保証書つきで壊れた物を売った場合は、売った人は「砂漠」から資金を調達して壊れていない物と取り替えなければならない。
おじいさんは「遺言」で「年寄りを敬え」というメッセージを残すだろうし、それは国全体の教えとして書き残すだろう。
厳しいトレーニングを積んだアスリートに「試合」というチャンスを与えるかどうかも運営側の考え次第であり、一人の人間をヒーローやヒロインにするかどうかも東京砂漠という日本の中枢では利権屋が固まっている。
本当に「値する」アスリートに関しては利権屋の奥さんがうるさいだろうし、誤魔化しや惑わしだけで通用する世界ではない。
まず「値する人」を決めて、そこから日程が組まれ、人間関係ができる。
「実力」をつける人がいることからすべての日程や人脈が固まっていくのだ。
エアー〜サラダデイズ 酒井法子。

ヒーローやヒロインになれるのは「聴衆」がたくさんいて、それを期待しているからである。
犯罪者は刑務所に、努力した社会人には出世を、それほど東京砂漠は「聴衆」に満ち溢れている。
クォリティの高い論文にはしっかりと読者がいる。
家族にお金が必要であるのならば「働く」しかない。
「絶対の原則」というものがあり、有名女に通じた話は真理と確定する。
もはや「福祉」の世界は相対主義ではないのだ。
ステージに上がったことのある女を笑わせてみれば分かる。
東京砂漠は福祉国家の発祥の地であり、有名女にウケた男が「絶対」を持つことになり、彼を中心に日程が組まれ、人脈ができるのだ。
彼女たちはくだらない男にはドン引きしてみせるからである。
ステージに上がったことのある女はくだらない男とはセックスしていない。
そのために「一般人男性との結婚」はなかなか困難となっている。
「子供ができたら一生そばにいる男性」
このことから東京砂漠に「絶対」が生まれ始めたのだ。
「一発屋芸人」がある時期から出てこなくなった。
この時に東京砂漠は「絶対」を発見したとされる。
キラキラ冬のシャイニーガール 田中れいな。

「絶対」の存在に気がついた東京砂漠は、アクィナスではなく、彼の妻のナンシーのTシャツを着て歩いた。
それは「アクィナスに足を向けろ」という意味でもあったのだろう。
ヒロインのいない社会では小学校でも殺傷事件が起きている。
しかも、そのことに「どんな教育してんだよ」と考えていたメデイアが喝采を浴びせたのだ。
東京砂漠は常に「有名女を笑わせた男」の絶対に注目していて、データベースまで作っている。
「芸能人一家」は絶対がなければ存在できない。
エンターテイメントの教科書がなければ成立しないからである。
日常が楽しいものになるのが、有名女にとっての「絶対」であり、聴衆がドン引きになったり、一発屋芸人の迫力に圧倒されているうちは芸能人一家というものは存続できない。
教科書があるのならば、ゲームとして芸能というものは成立するし、しかも病気になることもない。
東京砂漠は常に「絶対」に関する情報に敏感であるし、東京の男たちも女子たちに取り囲まれたいと考えていた。
垂加神道もアクィナスが作った「旬ジャンル」もおそらく絶対であろう。


あとは、垂加神道がウケる時期と、アクィナス自伝がウケる時期が交互にくるだけだ。
これが絶対であり、二つの選択肢ができたのであればアリストテレスの「二つの石の拳」を否定することなく、アクィナスは永続的なビジネスを確立したことを意味する。

あるいは、物事を成し遂げるためには「仲間が最後まで離れていかないようにしなければならない」というプロセス責任論というものもある。
孤立したら、結果を見るまでもなく「不合格」であるという立場だ。
そのコミュニティで「女たちに囲まれている」だけでも願いはかなうという割り切りがあり、女たちも「目的を達成したい」という思いがあったから男を取り巻いていると考えるものだ。
「その世界で何が必要とされているかを語る」男が求められていた。
芸能界においては「人々を引きつける術」が求められていたし、そのような話題を女たちは聞きに来ていた。
有名女たちは、病気になっても「人々を引きつけたい」と思っていたし、最後まで人が離れていかなかった男を重視するのが女たちだった。
自動車レーサーは常にトップでなければならない。
そうでなければ取り巻いている女たちに、「寒い日のコート」を与えることができないからだ。
レース場の移動には自転車を、防寒具にはコートを女たちに与えるためには「レースでトップになる」必要があった。
8万人に見守られているレーサーよりも90万人に見守られているレーサーが勝つものだ。
見守る女たちの数を増やせばレースに勝てるというのがプロセス責任論だ。
その「見守る集団」が社会で偏見の目で見られてはならない。
「何か嘘のあるレーサー」だと思われるからだ。
タイムを上げるためならば何億円でも払いたいと思うのがレーサーやその陣営の考えであるが、必要なのは「見守る人を増やす」しかも「偏見を持たれない集団である」ということから資金というものは集まるのであって、そのことからタイムというのは向上するという考え方が必要なのだ。
メジャースポーツではこの競技が五大陸で行われるために、世界レベルでの「見守る集団」が必要となる。
「見守る人を離さない」という発想さえあればいい。
その世界に染まった人たちに必要なメッセージを出し続ければいいのだ。
「暗号」を解く能力がある特別な人がスタープレイヤーなのだ。
日本語しかできず、日本で生きていくことを宿命づけられている人たちには何の罪もない。
罪のない人たちに「暗号の解き方」を教えて回る必要がある。
それだけでも、女たちに取り囲まれて目的に向かっていけるというのがプロセス責任論である。
信じさせてください 永作博美。

目的を持った集団では「絶対」が必要だ。
芸能界の女たちを笑わせた言葉はもはや「絶対」であり、つまらないことを言ったり、「絶対」を否定する男に激怒する女がいる。
これはもはや「絶対とは譲れないものである」という女の立場であり、このことを相対主義を批判する用語として「エゴイズム」と呼ぶ。
信者は皆、エゴイストであるが、彼らが社会から偏見の目で見られてはならない。
「大いなる太陽、大いなる愛」という言葉すら否定したら激怒する女はいるだろう。
しかし社会から「偏見の目」で見られるのであれば五大陸では勝てない。
テレビというものは「メジャースポーツ」であり、偏見の目で見られるような言葉を自分のものとし、否定されたら激怒するような人間のいる場所ではない。
「輪に加えると人々が離れていく」
このようなことが起きるのであれば「二度と使うか!」と暴言を吐かれる。
みんな大人なのだ。
「本当にこの男性は"情報が違う"のかどうか?」を女たちは見ている。
その上で「彼が言ったこと」を否定されたら怒るのだ。
そのようなプロセスを経て「絶対」というものが芸能界で固まっていくのだ。
日本の芸能界がアスリートを「五大陸」に送り出すのだ。
彼や彼女たちの「強さ」が応援する側に回っても求められるのが現状なのだ。
瀬能あづさ ふたつにひとつ。

すべての人が道端で飢えてはならない。みんなが最低限の医療の恩恵に預からなければならない。必要最低限の暮らしをしなければならない。
「なぜか?」
女たちは貧しくても「心」はお金になる。男は最低限の物さえ持っていれば女心をお金に変えることができる。
「政財官」を相手に文章を書く作家などいない。
貧しきものを豊かにするために文章を書いている。
作家は「かつての自分への思いやり」を持つほど不幸ではない。
しかし、すべての貧しきものにも「豊かな」心があることを知っているのだ。
金持ちの息子が父親に辛くあたられているだけかもしれない。
世界の平等を知らないと作家は務まらないのだ。
義務教育を受けていない人などいない。
父親に辛くあたられている貧しそうに見える男、あるいは元芸能人で病気になって貧困層に落ちた女を相手に文章を書くのが作家なのだ。
すべての貧しき者たちが「お金」へのフェティシズムを持っていたので「金になる」文章を書いた。
しかも、女の子に話せばモテる文章を書いたのだ。
体が健康でなければならない。
そのために医学についても最低限のことは書いた。
その後に、犯罪を犯さないように「処女」についても書いた。
義務教育さえ受けていれば「オックスフォード卒」と変わらなくなるような情報を熱心な読者に与えた。
女の子にモテることは所得につながる。
これが作家なりの「貧しき者」への接し方だった。
女の子にモテれば、辛くあたっていた父親も態度を改めるかもしれない。
元芸能人女もふたたび影響力を持つかもしれない。
紳士であれ。自信を持って女の子と話せ。
女の子を口説き落としただけで2万円の報酬が与えられるだろう。
女の子とセックスして勉強に集中できなくなったのならば君は左翼を名乗れ。
すべての女は「比べることが可能」なのだ。
太っているか?子供を産んだかセックスのしすぎだろう。
貧しくても美しいか?だったら女心を教えてもらえ。
我々にはすでに「文学」という名の保険があることに気がつくだろう。
貧しいものにも理由があることを理解し、彼や彼女らの生活ぶりがだんだん豊かになっていくのを眺めるのが作家というものなのだ。
夜が辛いか?耐えられないか?
それならば文学が寄り添うだろう。
永遠に友達 瀬能あづさ。

「神は自ら助けるものを助く」というが、アクィナスは「女の子にモテる方法」を考えただけだよ。
女の子と話せるだけの洋服ぐらい安く売ってるよ。
義務教育さえ受けていれば「金の匂い」に敏感になれ。
この文章を読んでいるのならばその才能がある。
貧しい女がどこかで見たことがあると思わないか?
昔、テレビで憧れた芸能人なんだ。
作家はまず、読者を健康にするための医学情報を書かなければならない。
その後に、女の子と話せるだけの話題を提供しなければならない。
文字を書くということも「福祉」なのだ。

食べ物でも何でも「好き嫌い」があるのならば「混ぜろ」
最後には性欲となって好き嫌いはなかったことになる。
「女に関する好み」なんてものも「混ぜる」しかないんだ。
仕事をしたければ自分も「混ざれ」
それが他人からの「好き嫌い」を逃れる方法だ。
女にとって「見た目が55%。声が38%。話の内容が7%」の割合で男を見ているとしても、「忘れられない言葉」を発すればキスをしたり胸を揉んだりして女たちの噂になり、男前の意味が変わってくるだろう。
しかし、セックスだけはどの女も本気だから気をつけるように。
国生さゆり 夏を待てない。

「死」というのも福祉の領域にある。
人間に「学ぶのをやめていいよ?」というメッセージを与えるものなのだ。
男に口説かれたくない、女を口説きたくない、そういう境地に「死」というものは訪れるものだ。
走り続ける人生で「何かを間違う」、そんな時にもう異性を愛せない、と思うことがあることにより「死」というものは生じる。
最大の間違いを犯した人間がどれほど淡々と「死刑宣告」を受け入れるのかも報告されている。
子孫が残った場合の「死」は特別に「昇天」と呼ぶ。
自分の人生を正当化してくれる存在が残されたからだ。
男たちは「死にたくない」と言いながら人と議論している。
あえて挑戦した以上、その論者を全否定してはならない。
そんなことをするぐらいならば「病気」を治してあげたほうがいい。
頭の悪そうな発言をした人がいたのならば「えっ?」と全否定するよりも「深呼吸、深呼吸」と発言したほうがいい。
頭の悪そうな発言をした人は一時的に「癲癇」を発症していて、本来の自分ではないことが多い。
深呼吸させて、「死にたくない」と言った人を生かさなければならない。
男たちの議論は命がけなのだ。
相手は、負けたと思っても理解していないふりをするのだ。
金と女がまとわりつく世界が「男の議論」であって、議論に負けた男には女が寄りつかず、鬱になり、散歩してコーヒーでも飲むしかなくなる。
このような「至福の微糖」と出会わなければ「死」が目の前をちらつくのだ。
男と議論して「死」がちらつくようになるのであれば、「女と話せばいい」と思うだろう。
しかし、女の方がさらに残酷に男を「死」へと誘惑するだろう。
生きるにあたって「死ぬ人は死を恐れていない」ということは理解しなければならない。
走り続ける人生で「もう勉強したくない」「どこにもいい先生がいない」「男同士の議論に負けた」「女に死に誘惑された」などの理由があるからだ。
先生に恵まれて「負けを知らない」男に死ぬ理由もなければそもそもが死なないのだ。
そういう男の周りを「死にたい女」はちょろちょろとまとわりつくだろう。
私の魅力に気がつかない鈍感な人。

そもそもが「議論の作法」も確立していないのに人と議論しようというのは「殺意」があるとしか言いようがない。
「死」はライフスタイルを崩壊させるものだ。
キリスト教は「永遠」を望むほど自信を持っていたはずだ。
胡散臭い宗教ではなく、女の子が笑ってくれて、お金にもなる教科書があるのならば本当に人間は死ななくて済むと思うこともある。
「彼は死を恐れていなかった」という祝福の言葉すらあってもいいのではないだろうか?
「早すぎる死」は不幸であるし、「不朽」も不幸である。
「不朽」とは「人の心を知らない」という意味であり、「死」に近づく。
適当に水虫とかインキンに悩んでいた方が健康にいい。
しかし、通常のライフスパンとは異なるものがキリスト教(日本でいう神道)には見えるかもしれないね。

女にとって気持ちの良かったテーマを音楽は作品として配信する。
「女心の定義」(政治)に没頭した時期もあるが、やはり女たちにとって気持ちが良かったのは「男」であり、国づくりを行ったアクィナスを歌うことであり、リスナーにそのアクィナスの人生の背景まで想像させることであった。
アクィナスについて深い理解をすること、つまり旬ジャンルの音楽作品を論評できることは、いろんな人の「論理」を知ることであり、所得、財産、仕事、そして長生き、紳士であることにつながるものだ。
「勝たせたい奴だった」
それがアクィナスであり、彼の言うことはすべてのアスリートの参考になるものだった。
「いま何が流行っているの?」
といえば周囲はいろんなことを語ってくれる。
アクセスできる音楽作品がユーチューブにたくさんある。
このことを「配分的正義」と呼んでおり、今の女の子たちが気持ちいいと思っていることに自由にアクセスできることを言う。
「勉強するのが面倒だ」という負担も軽減するために簡単なマンガにすることにも成功している。
「女神」もしっかりとそこには存在し、男だけの堅苦しい社会ではなかった。
「勉強するのがめんどくさい」という負担を軽くしてくれる人はいじめを免れたし、お金ももらえた。
今の女の子たちが何を「気持ちいい」と思っているのかを知ることは、自分が「男性から愛される」ことをも意味したし、長い目で見れば「男が女を愛する世界」である経済も発展する。
「全人類は平等だ」という立場からは、なぜ「勝たせたい奴」がいるのかは説明が必要だ。
「あいつは見ていて楽しい奴なんだ」
これが「勝たせたい奴」になる秘訣である。
「お金を持っている」というのは「勝たせたい奴」に当然ついてくる話である。
「所得」はみんなと変わらなくても「富」が違う。
アクィナスを中心に日本が動いたのだ。
所得は変わらなくても「富」は違うだろう。
すべての女たちが「気持ちのいい男」として提示したのだ。
ロールズは「アクィナスの人生がどのように周囲に知られていくか?」という情報伝達メカニズムを探求した。
まず、日本や朝鮮や中国、インドなどが「わが国の人物である」と奪い合うことが必要だった。
すべての子供たちと同じスタート地点に立ったことがあり、その人生の「結論」を簡単に説明してくれるからみんなのヒーローなのだ。
その特徴は「どの女も平等に愛した」というところにあり、つまりは「医者の息子」だったのだ。
人体の法則に興味を持ち、人の心に興味を持つ。
それがアクィナスであった。
しかし、アクィナスは「高校時代に恋をしていたのだろうか?」という問題点が指摘できた。
「恋をしていたら置いていかれる厳しい世界」にいたのだ。
そのへんは「旬ジャンル」が「夢」を語る余地を残した。
アクィナスの言うことさえ読んでいれば、もはや東京大学に行く必要もなかったし、「配分的正義」が女たちにとって気持ちのいいものを、いろんな人たちが好き好きに語ってくれたのだ。
「神道を信じている人の方が東大生よりも偉い?」そんな周囲のハッタリすら現実のものにしてしまったのがアクィナスだった。
恋と愛のニュアンス 酒井法子。

道路、警察、安全、公園などはアクィナスという存在がどのようなものであるか?をまとめきらないと作れないものだ。
女たちが「超ウケるんだけど」というようなくそまじめな男の話がなければ作れない。
昔は田中角栄が「日本列島改造論」を自分の生い立ちを語ることで提示した。
しかし、アクィナスは「音楽作品の完成度の違い」を田中角栄に見せつけたのだ。
しかし、アクィナスの人生が周囲に伝わるためには「AKB48 に入りたい」というような女の子が存在しなければならなかった。
女の子たちは、人生の悩みがそれで消えるような気がしたのだ。
「超ウケるんだけど」という男はそのようにして有名になった。
「可愛いと言われたい」「有名になりたい」という女の子たちがいなければアクィナスがここまで力を持つことはなかっただろう。
アクィナスの特徴は「どのような人であれ、家族のようなプライベートの話題に興味を持つ」ことにあった。
胸を大きく開けている女性には「お兄さんいる?」と聞いたし、ステージママのいる女の子には「大人になるの大変だったでしょう?」と言って少年愛を指摘した。
娘のいるお母さんの方がオシャレに関心があったり、セックスというものを演じるのが下手な女の子には「お父さんがいない」ことなどを指摘した。
どの女にも家族がいたし、それはアクィナスの得意技だった。
どんな「伝説」とも身近な話をした。
それが「その人が一番興味のある話題」だったし、髪の短い女に「16歳で生理止まった?だからあなたはピンサロ止まりなんだよ」と言った時にみんなが笑った。
そもそもスタンフォード大学そのものがそのような「身近な話」を学問として教えていたから「人生相談」が好きになったのだ。
「二対一のいじめ」すら必ずしも常識として知られていない世の中の現状がアクィナスのキャリアを支えた。
「父と子、聖霊」というのはアクィナスの人生にいつもまとわりついていたものだったのだ。
また、アクィナスは「テーマに悩んでいる女子高生にネタを与えた」「女子高生にセックスするな」などのリソースプーリングと呼ばれる「資源の温存」を行っていて、女の子たちは「大人の考え」を知った。
そうかも いいかも 酒井法子。

スターを目指している子たちは大勢いるだろうが、バックを間違えると何も始まらない。
春日大社の「サルメ」という踊り子や、醍醐寺のダンサーなどの存在を知らないと芸能界に入ることは極めて難しい。
3代目Jsoul brothers 恋と愛。


醍醐寺。

春日大社。

学歴のない男たちは「テレビに出る」以外に「プロポーズの口実」がなかった。
だからお寺や神社で修行したのだ。
自分がテレビでもっとも輝いた瞬間を「ユーリカモーメント」と呼んだ。
勉強して就職できるのが当たり前ではない階級はこの国にも確実に存在する。
20世紀に「身分制社会」の存在を知った昭和天皇は「テレビに出てプロポーズの機会を与える」という協定を結んだ。
軍における部落民差別などが伝えられていたからである。
「プロポーズするためのだけにテレビに出る」しかも、その下積み生活は非常に過酷を極め「修験道」と呼ばれていた。
差別されたものたちは人生を正常化する必要があったのだ。
テレビに出て、しかも「世に出ていく人だと思った」と女が思わなければプロポーズできないのだ。
高校のダンスチームすらうらやましい、そういう階級は日本にも確実に存在するのだ。
三代目Jsoul brothers.

ジェローム・ロビンスの印象的なエピソードは、「オテロー」の「ハンカチのシーン」である。
オテローは妻に「ハンカチをくれ」と言うが、妻は「別の男にもらったハンカチ」を渡してしまう。
オテローは、妻がいたおかげで「多くのカップルを誕生させてきた男」だったのだ。
妻の渡したハンカチに激怒する。
黒人オテローは「多くのカップルの仲介者」としての立場を妻に保障してもらってきたのだ。
オテロー ハンカチのシーン。

モテる男だからこそ妻には裏切って欲しくない。
それがオテローであり、アクィナスであった。
こういう練り方をアメリカ国民は共有しており、「踊りの芸」にとどまらない基礎研究を行なっていた。
オテローの「ハンカチのシーン」だけで「モテる男とは何か?」が表現できたため、ロビンスはこのシーンのダンスをひたすら研究した。
動いているときはエネルギーをためていて、止まっているときに脱力する。
この「オテローの激怒」がなければ、妻のナンシーが「クイーン・オブ・ザ・ナイト」(女たちの夜の女王)になることはなかった。
モーツァルトは、アクィナスの妻のナンシーがなぜ「女たちの女王」になったのか?まで議論を進めた。
クイーン・オブ・ザ・ナイト。
女たちはオテロー(アクィナス)のおかげで彼氏を見つけたのだ。
これが有名なクイーン・オブ・ザ・ナイトであり、国民全員が意味を共有する必要がある。
天皇制を讃えるとはこのようなことなのだ。
「モテる男」を「集団で踊る」ことをロビンスは探求した。
その世界はあまりにもグロテスクだったのだ。
王冠をかぶった男も生まれれば、モンスターのような男も生まれる。
しかし、国民全員が「多くの女に彼氏を与えた男たち」だという共通認識を持っていた。
ロビンスは「モテる男が集団で踊ることの意味を考えてくれ」という宿題を残して亡くなった。
21世紀の「ヒップホップスピン」はこのときに生まれている。
大事なのは人々に歴史を見せることだった。
ヒップホップスピンとは「体操選手のような動きはできないけど、みんながその意味を知っている」というものだ。
動きは極めてシンプルになった。体操選手との違いは「オテロー」を背景にしていたし、「クイーン・オブ・ザ・ナイト」をみんなが理解しているかどうかの違いだった。
そうでなければ無理難題がダンスの世界に持ち込まれることになる。
三代目Jsoul brothers RYUSEI.

「ヒップホップスピン」は、体の動きを「上から下へ」「斜めから正面へ」「後ろから前へ」という具合に振り付けを行なった。
「上から下に」行くときは強さが必要だし、「斜めから正面へ」行くときはさりげない動きのほうがいい。
「後ろから前に」行く時はひたすら速く。
これができたら今度は逆に「上から下に」行くときは弱く、「斜めから正面へ」行くときは大胆に、「後ろから前へ」行くときはゆっくりと動いてみる。
「アップアップダウン」の正体はこのことを言っているのだ。
これだけレッスンすればとにかく踊れるんだよ。
留学しなければ身につかない発想だ。
チョコレートディスコ perfume。

ステップはバロック時代には完成されていた。
スポーツをやっていれば教わるだろう。
NHK体操。

オテローの話をさせてもらったが、カップルというものは「発信力が必要」と言われ、2人でいて気分が良くないとドーパミンなりセロトニンなりが不足して「病んだカップル」になってしまう。
「モテる男」「大事にされる妻」モデルは、すべての結婚したカップルに必要なメッセージであり、この基礎研究を「ダンス」を踊る際に忘れて欲しくないのだ。
なぜ女たちはダンスに熱狂するのか?
このことをもう一度、考え直してもらいたいし、エンターテイメントとはこのような基礎研究を行なった上で「自信を持って」送り出すものなのだ。
DAPUMP USA.


« 中道〜仏の道。 | トップページ | 環境問題。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福祉国家。:

« 中道〜仏の道。 | トップページ | 環境問題。 »