最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 環境問題。 | トップページ | 保証。 »

2018年6月 9日 (土)

軍事。

軍事について語るのであれば、本ブログが今まで述べてきたことを総合的に解釈しなければならない。
なにしろ「王子が資金集めをして回る」物語が軍事であるからだ。
しかも、その王子の手は妻以外の女で汚されてはならないのだ(ダーティハンズの原則)。
マタイ第5章から始めなければならないのが軍事の話だ。
貧しき者を讃えよ(福祉)。
生まれた者を讃えよ(環境)。
そして、塩が塩の味で無くなるように、しかし、それでも人生は塩辛いものであることを認めよ。
このマタイ第5章さえ理解できれば、王子は人々に何を語り続ければいいのかが分かる。
福祉を語れ、環境を語れ。
さらに、女心を語れ、さらには自分について語れ。
女を貪るから女が壊れていくんだろう。
それは男の責任だ。
年寄りよ、分別のつかない若者を殺すな。それよりも叡智を語ってくれ。
「目には目を、歯に歯を」
それは父親に向かっているのか?
分かったか?これが戦争の起源なのだ。
マタイ第5章は、このようにしてキリスト教社会に「世界が平和にならない理由」を説明した。
女の子がそんなに可愛いのか?
なぜ男が人生で展開する無理な修行と裏口入学まがいのことをする女を同列に語るのだ?
平和というものにもいろいろあるが、親父と息子の関係を起源とし、男たちが知恵を比べ合い、知恵といっても「女を口説く」力量を比べ合うことから「女を奪われた」という小競り合いが生じる。
なぜ男が他の男を殴るのか?
これを否定するのであれば世界は平和だろう。しかし、君が女を寝取られても世界は平和だというのであるのならばの話だ。
アクィナスは平和を否定した。
最高の叡智を手に入れるのならば妻を他の男に奪われることはないだろうが、最高の叡智が欲しいものだ。
アクィナスはまだまだ自分が発展途上であること、処刑されないことを求めて平和を否定したのだ。
SPEED Deep blue & truth.

親父に屈服するのも平和だ。
絶対服従が平和なのだ。
女を他の男から奪う資格をくれ、それか遺言を書かせてくれとサイクロップは語った。
どの男も知恵を欲しがったのだ。
「企業戦士」
彼らこそが平和の温床なのだ。
「なぜ戦わないのか?」と言われても絶対服従こそが平和だ、女を寝取られない、他の男から女を奪わないことが平和だと思うからだよ。
山本太郎は女を貪っている。
山本太郎対リーマン。

女を貪り、壊れた女を捨てる、これが戦争の起源なのだから、多数派が取れないのは生き方の問題だ。
これが「ネガティブな平和」というものだ。
あるいは「教育が徹底し、男たちが知恵に満ち、なぜ戦争がなくならないのかをしっかり理解している」状態を作り出そうというポジティブな平和というものもある。
親父の息子への寛大さ、忍耐強さから始まり、男たちが自由に学習できることがその条件であり、大学で「ひと通り」のことを理解するというものである。
戦争というものは「仲間とともに行う」ものだ。
指導者のオフィスには常に人が出入りしてなければならないし、細かい人生相談みたいなことばかりやっている。
指導者も孤立したくないから、福祉や環境の問題、女たちとの恋話などに花を咲かせた。
アクィナスみたいなおっさんにも若い子たちが「恋の話を聞かせてください」と言ったのだ。
話す分には「やるかやられるか」という問題は生じないし、妻がアクィナスに忠実だっだことが物事をうまく進めた。
アクィナスの妻のナンシーを尊敬する女たちは多くいたし、これがカトリックだった。
ドイツにはカントがいた。
「落とせない女などいない」と豪語するドイツ観念論哲学があったため、ナチズムは「殺したい奴がいたら言ってくれ」と語った。
キャンパスの自由恋愛の世界に大人が介入する行為が「ユダヤ虐殺」であった。
他にも「殺したい奴」は都合よくユダヤ人と呼ばれた。
「戦争がなくならない理由が分かっていない」連中をユダヤ人と呼んだのであり、占領国での暴力の最小化と、「王子」によるクリーンハンズにしたがった資金集めを円滑に進めたかったのがヒトラーだった。
ポーランドの「暴力」を抹殺すれば、ドイツを取り囲んでいる国の「暴力装置」が最小化するとでも考えたのだろう。
中森明菜 Desire.

核兵器が出来てから、ようやく「現実的な平和の時代」がきたとされる。
殴り殴られをやっても警察や医者の問題になるだけになったのは核兵器が出来たからなのだ。
しかし、指導者は戦争の原点を忘れてはならない。
有名女と福祉を語り、受験生に環境を語り、女の子たちに恋話を語り孤立を免れた古き良き戦争の時代の原体験を忘れて欲しくなかったのだ。
孤立したら終わりというのはどの国の指導者も考えていることだ。
女の子たちが「恋の話を聞かせてください」とおっさんに語った時に、この仕事は天職だとアクィナスは考えた。
あるいは「資金の潤沢さによる平和」というものも考えられる。
関係国との「序列」を作るにとどまり、戦争を行わないことで妥協するという発想だ。
Jアラートを鳴らして平和を維持することもあるし、アクィナスが「髪の長い女と髪の短い女」の話をした時も日本国はJアラートを鳴らした。
Jアラート けんかをやめて。
「死刑、肉を食う、堕胎」などは「安い命」を想定しているから戦争につながるなどという基本原理から説き起こす反戦運動もある。
米朝会談などと言わずに、基本から、そして大きな目線で平和づくりをする人は確実にいるのだ。
「戦う」
野球でも政治でも言う人がいるが、このこと自体「戦争インフラ」を作ることを意味する。
このことを踏まえて「世界の平和を祈っている」などという発言は少なくとも指導者レベルからは出てこないことが分かる。
「最高の叡智を周りに撒き散らしている」のであれば話は別だが、少なくとも発言と行動がともなわない高貴なご婦人からは出てこない言葉だろう。
ご婦人が特定の男に「素敵!」ということ自体、男たちは戦争をしていることを意味するのだ。
氷川きよし ズンドコ節。

しかし、「安い命を作りたくないから肉を食わない」というあまりにも「悠長な」ことを考える人がいることはここで指摘しておきたい。
それほど世界は平和になったのだ。
「肉を食わない」と一人の人が言うと、戦時中に影響力を持つことがある。
この影響力を利用したのが仏教の世界だろう。
それはもはや「お坊さん」と呼ばれるのにふさわしいものだ。
日本国は「米・麦・芋」で自給率100%達成可能だ。しかも地域の特産物がある。
戦時中のインフラであるが、反戦運動とも言える食生活だ。
このような食生活に仲間がいるのであれば「暴力は悪だ」と言うメッセージを出すことになる。
あるいは戦地に「本国においても"安い命"など存在しない」というメッセージを送ることを意味する。
国内で「裏切り者」をなくしたいと言う思いが「米・麦・芋」という食生活を戦時中に用意してあるのだ。
この農業に関して「もはや妥協の余地はない」とされカリフォルニア米がうまくても輸入はしないのだ。
スポーツにおいては「お米を食べて育った人が世界で勝つのを見たい」と日本愛国主義はいうだろう。
これは「外国の女にもモテる」という意味であり、本国では「安い命などない」というメッセージとともに、最大限に選手の勝利を願う言葉である。
戦地の人間に「戦場における死など存在しない」という言葉を送る行為である。
反戦運動なのか、戦争を煽る行為なのかは定かではないが、戦場の兵士には最高の福音である。
親父と息子の「目には目を」という報復は役所も介入しない戦争システムであり、親父は中川善之助博士の説である「あまったパン」すら分けようとはしないだろう。
ジェーン・アダムス(三浦瑠璃・小野まり子)は父に「あまったパンぐらい分けてあげようよ」と父に諭してノーベル平和賞をもらっている。
親父と息子の「環境問題」が戦争の元であると悟ったのだ。
渡辺美奈代 スィートミリタリー。

「人生の役割を演じればそもそも戦争など起きないのではないか?」
環境問題を明らかにした時にアクィナスはそのような境地に至った。
国そのものが「親父と息子の人生の役割」をメッセージとして明確に打ち出せば、戦争は起きないと考えたのだ。
「環境問題にうるさい」のは母であり、母の役割次第では平和になるとも言われた。
二度も世界大戦をやったんだよ。いい加減、先進国も悟ったのだ。
あとは「世界レベルの教育とは何か?」を親父に伝える必要がある。
母も息子が「生きるとは何か?繁栄するとはどういうことか?」を示さなければ父の側につかざるを得ない。
世界の「国のインフラ」はどの国も「膨張」を目指している。
日本の「米・麦・芋で自給率100%達成可能」というものも国の膨張を目指したものであり、農林水産省もここで妥協しようなどとは考えていない。
外国の教育水準を信用していないのが世界の現状なのだ。
しかし1980年代から1990年代にかけて「アメリカの論理を学ぼう」というベルベット革命は確実に進んだ。
これは平和を志向するものであり、日本国の農業政策にも影響を与えかねないものだった。
ソビエト連邦がベルベット革命に悲鳴をあげただろう。
化ケモノ青年 エレファントカシマシ。

カントは「女の子と話して文章を書けばいくらでも儲かる」という理論を構築していた。
しかも、それが「親父の元を離れた南の島」で行われるのであれば、かなり強い軍事力になるだろうとしたのだ。
戦場においては「罪人を殺す」という発想がある。
我が国の女を寝取ったというのは殺すのには十分な理由だった。
「殺してもいい戦闘員」を外国国家に明らかにした以上、民間人はなんら哲学的には殺す対象にはならない。
民間人を殺すのは常に間違いだ。
広島・長崎の原子爆弾投下によりアメリカ合衆国は戦争に負けるリスクすらあったのだ。
日本側のメッセージが明確ではなかったことが災いしたのだろう。
Qlair タヒチアンラブ。

ヒンドゥー、ジャイナ、仏教は戦争を否定した。
しかし、キリスト教が「真理である」と確定しているだろう。
キリスト教は「戦闘員を明確にしてくれ」という考えを持っている。
ベトコンを殺しまくった時に、アメリカはベトナムで壊滅した。
戦争における「資金集め」は極めて重要だ。
しかし、「ルールをなくしてやれ」というベトナム戦争における北ベトナムの考えが戦争を難しくさせた。
「誰を英雄にするのかを決める」という新約聖書にしたがわない連中と戦争するのは難しい。
アメリカ合衆国が現在、この状況にいるし、親父と息子の関係などの「キリスト教の真理」を世界が理解するのを待っているのだ。
多くの人は芸能人ではないので、福祉よりも環境に興味がある。
しかし、メディアの応援が必要なので福祉への理解力も「スィートミリタリー」では必要とされた。

以上のことを踏まえて、「戦争になったらなんでもやる」という連中もいれば、「お金を集めよう」という連中もいる。
しかし「お金を集めよう」という学問は「平和の学問」を知らなければ成り立たないのだ。
大勢の男たちの目を釘付けにしたいという女がいる限り、争いはなくならないし(福祉)、親父と息子の関係(環境)を理解しないとお金を集める才能に見放されることを意味する。
それぞれの人は「何に戦っているのか?」を理解することがお金集めの基本なのだ。
高橋由美子 Fight.

「お金集め」と言っても、戦闘員だけを戦わせる従来の国際法と、海からトマホークを100発も打ち込んで市民を巻き込む人道的介入では発想が異なる。
戦争とは国家レベルでも孤立してはならないため、アメリカ合衆国のように「ついてきたいやつだけついてこい」と言えるような国でなければ人道的介入は困難なのだ。
日本国は「なんでもあり」の戦争の現実の中で「ついてきたいやつだけついてこい」と言えるほど強くはない。
そのため「人道的介入をするためのお金集め」までは想定していない。
市民を巻き込む形での戦術爆撃機や攻撃型空母、大陸間弾道ミサイルなどは「日本国についてきたいやつだけついてこい」と言えないために保有を禁じているものと思われる。
相手国の市民を巻き込む形での戦争は可能か?と言われるとそのような人道的介入は現在、アメリカ合衆国だけがお金と相談しながら行なっている。
このような自衛隊の現状は世界地図を見てみるしかないが、「国家レベルで仲間が必要」とされるのが戦争の実態である以上、自衛隊が「国防軍」と名称を変えてみたところでなんらその図式は変わらないものと思われる。
戦争というものは「長い目で」見るものだ。
しかも「殺す」ものなのだ。
アジア通貨危機で国際社会で「一人ではなくなった」とされる日本国が、いともたやすく「一人ぼっち」になってしまうお国柄もある。
「それでも人を殺せるのか?」
日本の女たちをお金に変えるというカントの学問を身につけても、「国家レベルで孤立をしない」ということから自ずと「自衛隊」「国防軍」の問題はお金を集めて回る大人の立場から考えが定まってくるものと思われる。
酒井法子 ファイト。

戦争で人を殺すのは、戦争でなくても人を殺すのと同じぐらいの「理由」が必要だ。
戦争以外で人を殺していいのか?それぐらい困難な理由が必要となる。
そうでなければ「殺すためにお金を集めている」と言っても非難されるだけだろう。
「走者タッチアウト」ぐらいの、よりシンプルな「殺し」にしなければスポーツビジネスマンが戦争財務を担当できるようにはならない。
「指導者がよく練りあげたものであること」
「国家全体の目的があること」
その上で、「国」というもの全体の動きの中で人間一人の命はあまりにも軽いこと。
さらには「相手国も同じことを考えていること」などから「殺し」がスポーツビジネスと同じ土俵に乗せられるようになる。
「邪魔だから自殺を命じた」というような指導者はそもそもが才能がない。
人の「死」の副作用をなくすためには国家レベルで戦争をスポーツビジネスと同じという論理を用いなければならないのだ。
評判が悪い戦争、つまり国が国際社会で孤立したり、ついてくる国が他にない戦争ではスポーツビジネスマンはそもそも「呼ばれていない」に等しい。
改憲勢力3分の2を握ることは、女たちに「変態プレイのリスク」を与えることであり、女たちの主権を国会が握ることができるために戦争に最も適している。
しかし、スポーツビジネスマンが呼ばれるかどうかは別の話だ。
もし「戦闘員だけを殺すからスポーツビジネスマンが呼ばれた」のに民間人を殺してしまったらどうなるだろうか?
この時には「最高レベルの緊急事態が生じた」とスポーツビジネスマンに伝えなければならないだろう。
戦争中でもテレビを見て高視聴率番組に笑って戦争に貢献するのが民間人だからだ。
これほど「軍人でなければ戦争というものは安全なんだよ」というメッセージを「ジャスインベロ」と呼ぶのだ。
ジャスインベロを理解せずに「戦争の危険性」を煽る政治家はそもそもがスポーツビジネスマンに見放されるし、勝てる戦争すらできないだろう。
酒井法子 すごすぎる。

このような我が国の「戦争観」が世界で人気を勝ち得ることが必要であり、もし、日本人の市民に犠牲者が出たら、外国に「バカかお前」と言って相手国のスポーツビジネスマンを戦争から「徐々に」遠ざけていかなければならない。
それは「国際法にしたがえば戦争に勝てる」ということにもつながるのだ。
今のところ、私は「詩の世界のヒーロー」「アクィナスお守り隊」以外の戦争にスポーツビジネスマンとして参加するつもりはない。

兵士の死も、その理由が必要であり、バチカンは「トマス・アクィナスを守るため」「詩の世界のヒーローを守るため」に生じた死はやむを得ない、としている。
AKB48 teacher teacher.

兵士にとって、自分の命を攻撃してくるものは、アクィナスの人生を攻撃してくるものだ(二重効果論)。
そのように言える戦争を作り出すことが重要であったし、アクィナスはスポーツビジネスマンとしてその戦争に加担していた。
アクィナス自伝(ペテロの葬列アメリカ合衆国道徳〜東大ボクシング部1990環境問題)ほど人々に親しまれた自伝はなく、アクィナスのために「兵士が死んだ」のであれば誰も無関心ではいられなかった。
「名無しの死体を作ってはならない」
これが戦争というものだったのだ。
アクィナスのために兵士が殺された(悪い効果)。アクィナスのために兵士を殺した(いい効果)のすべてが兵士の命がアクィナスと一体化して「詩の世界のヒーロー」となるのだ。
その国でもっとも人々に読まれた自伝であることが必要であり、しかも「すでに巨大ビジネス」としてその国で確立されていなければならない。
兵士も戦争のプロである。お金がなければ動かない。
「大衆社会」はそれ自体が勝利であり、人々の人生を導いたアクィナスは、人々を痛みから救った(福祉国家)。
悪い効果が出たのであれば、アクィナスは自国民から愛されていないことを意味したし、いい効果が出ればアクィナスは「より宗教の教義を磨こう」と努力するだろう。
昭和天皇が「向島の遊郭で遊んでいる」という話を聞いてはアメリカ合衆国は東京大空襲を行なっている。
そのような「責任」は免れないのがアクィナスというものだ。
戦争には仲間が必要だ。そのような意味で韓国側が「仲間になろう」というメッセージを送ってきた。
Twice wake me up.

昭和天皇の愛人は広島(遊佐道子)にもいたし、おそらく長崎にもいただろう。
アクィナス側に「ぐうの音も出ない」民間人の死者はこのようにして出たし、国際法上の立論が有効性を持たなかった。
悪い効果(自国兵士の死)はお金の問題であるが、民間人に犠牲者が出るのはダーティハンズの問題だ。
読みたい本を読み、聴きたい音楽を聴き、好きなテレビ番組を見ていい人々にとって楽しく生きることが必要であるし、豊かになることが求められた。
人々は、仕事をし、それがうまくいくことを願っている。
Superfly fall.

靖国神社に「参拝する」ではなく「謝る」のがアクィナスの立場であり、それが指導者というものだ。
アクィナスに人気がなければ、あるいは「巨大ビジネス」として成立しないのであれば謝らなければならない。
ドイツや日本への爆撃にアメリカ合衆国は喝采を浴びせた。
なぜならば昭和天皇やヒトラーはアクィナスほど「戦争の論理」に詳しくなかったからだ。
無傷で終わらせたいのがアメリカ合衆国であり、湾岸戦争の時は「3名の死者」しか出ない戦争ができるようになっていた。
指導者の力量とはこのようなものであった。
ぶりぶりざえもん。

「笑っている人が勝っている」のが世の中であるが、戦争も同じだ。
アクィナスにとって「自分の痛いところ」を治すことが、人々の痛みを治すのに役に立ったし、何か神秘的な医者のようなものだった。
自分の体を治してきた歴史が医学の知識となって人々に感謝された(歩いている人の医学)。
時には「不老不死」についても語った。

アクィナスは、敵国の兵士に「悪い効果」つまり、自国の兵士の死をこれ以上、増やさないためには「拷問」を用いた。
それは垂加神道を守るためでもあり、自国の巨大ビジネスを守るためでもあった。
アクィナス自伝(旬ジャンル)はもはや国民に根ざしたビジネスであり、その弱さを露呈したのならば敵国の兵士の拷問を容認したのだ。
「仲間をなくす拷問などやってはならない」
これは基本理念である。
拷問とはアクィナスの自伝や宗教の弱さからくるものであり、しかし、自由恋愛を容認するという寛大さやウイングを徐々に広げていくことで解消に向かうものだ。
「性への寛大さ」は戦況が悪いと徐々に拡大していくものだ。
日本がシュンとなっているとされる時に生まれる子供もいる。
拷問とは熱い鉄で焼印を入れたり、性器に電気ショックを与えトイレに行けなくしたり、時には生殖器を切り取ったり、爪の間にものを差し込んだり、歯を削ったり、「Z」の姿勢で固定させたり、食事、まず、睡眠を奪ったり、水により窒息死の興奮を味わわせたりすることによって行う。
先に拷問されたものの苦痛をその友人に見せることの有効性も指摘されている。
ラットを大量に部屋に集めてヘビを投入するなどの「偽の」処刑を疑似体験させるなども考えられている。
「自白」「情報を得るため」そして「罰」「周囲に見せつけるため」に行われるが、自国民は「これで恋愛の自由が保障される、開放的になる」という情報として受け止めるために戦況は好転につながり、拷問とは「極めて一時的なもの」と位置づけられている。
そもそも、アクィナスは硬派であり、妻のナンシーも貞淑であるから「戦況が思わしくない」という悩みを抱える羽目になるのだ。
アクィナスが学習するため、そして、自分の宗教をどんどん磨いていくために行われた行為だった。
その有効性が認められない、あるいは自分の宗教を磨いていく努力の跡が見られないのであるのならば、戦争は敗北に向かうだろう。
酒井法子 平気平気。

ジョージ・オーウェルは「1984」において、「本当に愛しているのはジュリアだ」ということを語らせるために拷問を用いた。
しかし、現在の軍事においてはこれは単なる「強要」だとされている。
また、「愛してる?それを強要したのか?」と笑いのネタにもされている。
それはまるで「富の移転のためには相手を痛めつけなければならない」というような「愛してると言わせたい」などという幼稚な思い込みに等しい。
欲しければ欲しいと言いなさい、で終わる話は昔から知られている。
「それにしても痛えな」と強盗にあった人も最後には笑っていた。
すでに述べた「拷問の方法」は周囲が「痛そう」と同情できるため、指導者は「孤立に向かう以上の教勢拡大」を行わなければならない。
拷問にあう人は完全に逃れられない状態にいなければならず、街を歩いていたり、女の子と話して笑っていてはならない。
時限爆弾は時間とともに解決する問題だという例えられ方もする。
「アクィナスの宗教の教勢拡大」の方向を見ていなければ敵国の兵士を拷問する理由はない。
垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

拷問の事例研究として、子供をスーパーで買い物している間、車の後部座席に残しておいたら、車が盗まれたという事例が想定できる。
車には2リッターのガソリンしかなく、警察はクローズドサーキット「その車でしか放送されていない番組」を作って「慌てないで」というメッセージを送った。
クローズドサーキットを知らない犯人は慌てて逃げ出した。
拘束した犯人に「車をどこで捨てた?」と言っても「私は犯人ではない」というので、子供が熱中症になり脳にダメージを受ける可能性があったため「強烈な」パンチを犯人に与えた。
このような「人気のある」拷問も存在するのだ。
また、ロンドンに時限爆弾が仕掛けられたということを警察が電話やメールの傍受によって事前に察知し、犯人の一人を拷問する事例などもある。
民間人を殺してはならないというのはアクィナスが強烈に推進していた戦争観であり、このような事例では「アクィナスの宗教そのものと拷問が一体化となって」行われることを意味する。
「みんなあいつが嫌いだよね?拷問していいよね?」というのを「ワンオフ」と言うが、みんなアクィナスの宗教を愛しているのであり、アクィナスの宗教に味方しない拷問であるならば孤立だけが待っているだろう。
なぜならアクィナスは「負けない戦争」を知っているから。
しかもスポーツビジネスマンとして実績があったから。
すぐれた選手に食事をおごり、本当に傑出したプロ選手を生み出し、お金を払っていたから。
アマチュアの試合があると聞いては「食事代」を用意し、プロフェッショナルにはお金を用意する。
「自爆テロ」だけは電話やメールを傍受し、このような「スポーツ」の安全を確保する。
北朝鮮のことを考えると将棋も指せないという世間知らずをなくすためのメッセージを明確にする必要がある。
いずれにせよ「国」というものを自己完結させなければならないし、人々が努力をやめないような「説得力のある」仕組みを構築し、周知徹底させなければならないのがアクィナスの仕事なのだ。
国家レベルのニュースを報道しても「アクィナスさえ知っていれば」集中して将棋が指せる、これがトマス・アクィナスが最大限に重視したものなのだ。
「みんなあいつが嫌いだよね?」というだけの理由で拷問を加えるのはあまりにもバカげている。
自国の兵士が死なないために行うのが「宗教を洗練させる」営みなのであり、巨大ビジネスの利益にならない拷問ならば何のメリットもない。

それでは戦争の相手にならないではないか?というぐらい「巨大ビジネスが完成していない」(法)。「女心を知らない」(政治)、「口説き文句が発達していない」(哲学)というような場合は彼らを「明るくする」という営みが必要になる。
赤い靴のバレリーナ 松田聖子。

首脳会談は時として「軍事法廷」となるほど、自分の国の明るさを主張するものだ。
首脳会談が「歴史」と位置付けられる理由はここにある。
思春期の女の子に日本国の「イケメン」という「誰とも比べて欲しくない」おちんちんを与えようとしたのが拉致問題だったし、首脳会談で「この文化を知らないのか?」と悟るのが政府首脳だった。
いじめられる「イケメン」もアクィナスの若い頃をテーマにしている。
ニュルンベルク裁判でも、ユーゴスラビア特別軍事法廷でも「髪の短い女への救済」がなされていないことを痛感したし、「女として愛される」ことが当たり前になってくれないと、女たちの間で対立が起きることも分かった。
アクィナスは、姉も妹も髪が短かったため、髪の短い女は「トルコ風呂出身でアクィナスに寄り添う」存在として描かれた。
しかし、「女になりきれていない」という側面があった。
第二次湾岸戦争ではイラクはすでに「髪の短い女がたくさんいる」という問題を克服していたため、アクィナスの好き勝手な一方的勝利は望めなかった。
髪の短い女は「セックスで痛い思いをするぐらいならば戦った方がマシ」と考えて目立とうとした。
髪の長い女のように「セックスで満足できる」女は戦争を望まなかったし、彼氏を作ったほうがマシだと考えていた。
渡辺麻友も島崎遥香も実物は「髪の短い女」だったし、それが理由で戦っていた。
大島優子も髪が短かった。
女が「戦争をする理由」はここにあるのではないだろうか?
大人ジェリービーンズ 渡辺麻友。

女たちが「戦う」理由が「髪が短いことにある」「トルコ風呂出身」ということがわかったのが9.11テロだったし、南北戦争ではすでにリンカーンはヘビアスコーパス(人身保護法)を作って女の子たちを守ろうとした。
髪の短い女は「処女であるために」戦った。
しかも、それを国民全員にアピールしたのだ。
「真面目にやっている子もいるのに」という黒い履歴書のない女たちの実態はこのようなものだった。
ヘルマン・ゲーリングや、ヨアヒム・リッペントロップ、ユリウス・シュトライヒャー、アルベルト・スペアなどがこのような証言をニュルンベルク裁判で行なっている。
私たちを「女」にしてくれる人のために戦った。
スターリンやチャーチルは戦勝国としてこのような「女が戦う理由が分かった」とこの情報に喜んだ。
東京裁判では7名を処刑し、18名を7年から終身刑に処したが、このような情報は得られなかったし、そもそも髪の短い女たちが戦っていなかった。
冷戦を経て、ユーゴスラビアで紛争が起きるなどしているうちに、日本でも「髪の短い女」が戦うことに目覚めていったのだ。
国際刑事裁判の生成過程に東京裁判は位置付けられる。
なぜ、髪の短い女が「アクィナスのために」マンガを描き、小説を書いて「戦ったのか?」が分からなかったのだ。
「敗戦国をさばいていいのか?」という議論は、先進国にも「争いのタネ」を持ち込むことを議論しているのだ。
日本では髪の短い女と長い女が共存している風景もある。
しかし「処女」概念を語るだけで争いが生じるようになったのだ。
ろくに学ばないくせに「戦っている」という愚かな女が山ほど出てきた。
山谷えり子。

ルワンダでは、ジーン・カンバンダ元首相だけは私たちを女扱いしてくれたとしていたのが髪の短い女たちだった。
しかし、日本では「勉強している俺の顔が好き」というアクィナスをも「戦う相手」としていたようだ。
シエラレオネ、ユーゴスラビア、ルワンダ、レバノン、カンボジアで世界が何を学んだのか?も知らない女たちだった。
「世界でシャワーが主流になった」
女たちの争いを、エリートの男の子を生み出すよりも「優先順位が高い」と判断したためだ。
お風呂に入る男の子は頭がいい。
しかし、いずれ「女の戦争」に巻き込まれるだろう。
戦勝国が敗戦国を裁いていいのか?
連合国側が負けていたのならば、リメイやマクナマラは空襲に関しては明らかにドイツと日本で「反則」を行なっていたため、裁かれたであろう。
しかし、最後まで連合国という「仲間」を失うことはなかった。
その理由は「髪の短い女たちが戦っていた」というところにあったし、「性概念」をめぐって連合国の方が枢軸国に「教えるべきこと」があったものと思われる。
「女心の定義」(政治)、「詩の世界のヒーローという巨大ビジネス」(法)、「男が女を愛すること」(経済)などから叩き直さなければ分からない政治家が敗戦国にはたくさんいたのだ。
しかも、老害となっていたので敗戦国としてもいなくなってもらった方が都合が良かった。
「その政治家の過去を簡単にストーリーにして落第点を押す」この作業はやってみるとあんがい勉強になった。
「戦争に勝った」という真実だけがその作業を行うことを保障した。
いわば「戦勝国の勉強」の場だったのだ。
1980年代から1990年代にアルゼンチンやチリ、エルサルバドルでも同じことが行われた。
ピノチェトの「17年間にわたる拷問や誘拐、処刑」の裁判は、ピノチェトの「宗教づくりの足跡」を知るいい機会だった。
また、敗戦国側が「どのようなゲームを仕掛けていて、我々ならばこのようにして勝つだろう」という「逆のゲーム」を政治家として行ってみる人もいる。
自然に「許し」の感情も芽生えてくるものだ。
ヨルダン川西岸やガザ地区には「いまだ許すことのできない感情」が眠っている。
裁いてゲームをやって、どこから飛んできたか分からないものを研究するということが「許し」につながるのだ。
「とにかく勝ったんだよ」
ベルリンの壁の崩壊もこのやり方で「許す」ことから東西ドイツは統一した。
そして「錆びついた」免許証を書き換えてやって、最後には「忘れる」ということが戦争には必要だ。
とにかくトラウマ的出来事が多すぎるため、勝った方も負けた方も学んだら忘れるということなんだ。
学ばないでいつまでも「先の大戦」の話をする奴はよほど性概念ができていないんだろう。
CoCo メロディー。

「主権」とは「領土の中の最高の権威」のことであり、「処女のいる学校」や「女心の定義」(政治)への感受性などからおのずと「若い女の子たち」のことを意味することが分かる。
「国家のピンチを乗り越える力」(石川健治)が主権だとされるが、政治家としてはそれが「若い女の子たち」を意味することは理解しないといけない。
ルパン3世(リチャード二世)に憧れる女の子たちを意味した時代もあるが、今は別のアニメがあるだろう。
「女の子の無知を嘲笑わない」「レイプしない」というのを基本として、その詳細を詰めていかなけばならない。
CoCo ミスロンリー。

統治者すら「若い女の子たち」に嫌われたくないと考えており、政治(女心の定義)に熟練していないとその願いすら叶わないことになる。
500年にわたって「祖国」「共産主義による解放」「より安定した国」などで、女の子の無知を嘲笑わない、レイプしないなどの問題を考え続けてきた。
国家教育権説(文部科学省)に立つのならば、国が主権を持っているのであろうか?
若い女の子たちが何を嫌がるのか?それをもし天皇が最も詳しいのであれば天皇機関説は成立するだろう。
ヨーロッパは国を割ったが、日本はそうではない。
色々な女が共存している国だ。
そこでは福祉の問題と環境の問題が語られなければならない。
「お母さんを越えられなかった」という女は世界に憧れるだろう。
天皇が「ワールドクラス」であるのかどうかが問われるが、他にも「ワールドクラス」はごろごろいる。
「女の子たちが嫌がることをしない」という意味では文民統制であり、主権は「若い女の子たちにある」と言えるが、その女の子たちが「僕たち」と言って男たちを仲間に深めようとする以上、主権というものは「多元的に存在しどこにあるのか分からない」(奥平康弘)という説も一理ある。
浜崎あゆみ Seasons.

女たちに「イノセント10世とは何者か?」を描かせてみればいいが、そもそも「英雄物語とは実在する人がいなければ書けない」とも言われ、アクィナス自伝の「巨大ビジネス」を見てみるしかないだろう。
しかし、「SMプレイ希望、イエスさまが経験したこと全部」などという女よりも、ダンテやパドゥアのマーシリウスを丹念に読んだ方がいい。
とにかく、基本は「香水」にある。
女たちが経験したオーガズムの匂いが多様である限り、主権はアクィナスだけのものではない。
香水 田中れいな。

国連憲章2条4項において「理想の男は神社にいる」としている。
さらには2条7項においては「神社の男にしたがうように」とも記してある。
このことから国の王子がどれほど国連で重視されているかが分かる。
すべての国に「国民的宗教」を要求したのが国連であり、日本ではそれが神社となっている。
勉強法、教会法、ゴスペルなど「女の子の無知を嘲笑わない」「レイプしない」という公約数的見解を理解しながら全体像を明らかにしていかなければならない。
どの職場も「上司が部下に命令する」ことによって成り立っている以上、若い女たちにモテる、ということがどのようなものなのか、「誰にも命令されることのない天皇」こそが香水の匂いなのではないか?という立論もある。
ロマンスかくれんぼ AKB48.

フランスは、アクィナスを崇拝し、彼の妻のナンシーの生き方を真似するお国柄であるが、「アイドルになる」ということは「多くの男の視線を独り占めするものであり戦争のもとである」とされてジュネーブに逃げた。
1948年に「アイドルがいるから戦争が起きる」ということがジェノサイド会議で語られたし、1950年には「芸能人は貧しい方がいい」ということも語られた。
しかし、「髪が短くて」「戦争が好きな」女の博識ぶりをあまかみてはならないし、やはり芸能界が主権を持っているのかな?という立場もある。
AKB48 teacher teacher.

デビット・ソロー(パックン)は、「アクィナス自伝」になんら恩恵を預からない人は確実にいる、とし、国民の「抵抗権」を認めた。
これはアメリカメキシコ戦争の研究から分かったものだ。
「月9ドラマ」すら「面白くない」としたのがガンディーであり、キング牧師であり、ベトナム反戦運動であり、ミャンマーのアウンサンスーチーであった。
暴力的でなくても「つまらないものはつまらない」という意思表示をすればよかった。
そもそも「アクィナスが政府のお金を集めきれない」から不満が溜まるのであり、「俺の方が国王にふさわしい」というような理由が抵抗権を行使するリーダーには存在したし、その支持者もいたのだ。
「自伝も書かない皇太子さまが天皇に即位?それじゃ仕事に責任が持てねえな」という考えは政府が共有しているものだった。
暴力を用いるまでもなく「つまらない」という意思表示さえすれば沈むのが王子や国王の資金集めだった。
真夏のフェミニスト ribbon.

抵抗権にもとづく犯罪には、政府全体が「この国王はつまらない、仕事ができない」と考えていたため、罰も寛大なものとなった。
マーティン・ルーサー・キングほどこれを謳歌したものはいなかったし、政府も彼に共鳴していた。
みんな「参加したい」と思っていたのであり、小説なりマンガなりの「旬ジャンル」の基本を教えてくれる国王にならば抵抗権など行使しなかった。
どうしても「つまらない天皇」は生まれたし、しかも天皇は「君主である」というのが政府見解であり自民党見解であった。
君主とは「アクィナスである」という意味であり、お金を集めるために女の子と話して回る存在、そしてダーティハンズを持っていたら空爆される存在であった。
そのようなグローバルな教育もなされていない王子は確実にいたのだ。
理解すべきことはすでに述べたが、教育を受けていない王子は「情報不足」で心を病んでいた。
オウム真理教事件にすらメデイアは大喝采を浴びせたのが平成だった。
「絵になる男」をみんなが求めていたのだ。
参加とはそういうものだ。
君主の力量は常に世界レベルだ。
作家や漫画家も「世界レベルのもの」に参加したがっている。
日本国に富を、そしてつまらないものにはつまらないと言える国を、それが天皇制の厳しさだった。
軍事だけでなく、国民の福祉や環境に対するお金まで変わってくるからである。
天皇が「つまらない男」だったら国全体にお金が行き渡らない。
それが抵抗権であり、大勢の仲間とお金を集めて、つまらない天皇を脅かすのが天皇にとって「いい学習」になる。
Superfly bloom.

政府に金が回らなくて政府も怒っているんだ。天皇がつまらないと言って抵抗権を認めて、犯罪が野放図になるのは好ましくない。
そこで「皇族」というものを作ったのだ。
天皇よりも天皇らしい皇族はいてもいい。
つまらないものにつまらないという抵抗権も、犯罪となったら容認できない。
しかし、政府も天皇に怒っているのだ。
そんな時は「皇族のメンバーを増やす」必要性が生じる。
政府にお金を回すためであり、世の中の文化を「参加型」にするために「面白そうなやつ」をよりアカデミックに研究してメンバーに加えたのだ。

宗教団体としては西本願寺(浄土真宗)の守備範囲だろう。
西本願寺。

« 環境問題。 | トップページ | 保証。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍事。:

« 環境問題。 | トップページ | 保証。 »