最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 私の顔。 | トップページ | 気持ちいい。 »

2018年4月 4日 (水)

じっと見つめる瞳。

女の仕事は「男をじっと見つめる」ことだ。
杏里 Sweet Emotion.

【神社では女は一種類になっていてね。ニャンニャンというメイドカフェが通説だね】

この時、彼女は男をじっと見つめた。
まるで「何か他に言葉は生み出せないのか?」を見ているようだった。
ソシュールは、男がメイドカフェの話をした時の女のリアクションを「言語の起源」としている。
本来、女の失恋ソングから言語は生み出されたが、ソシュールは、それらの言語を「女がじっと見つめる」ことによって男がどのように言葉を発展させるのかを見ているようだと考えた。
言語は本来「女言葉」(デレ)である。
しかし、女が男を「じっと見つめる」ことから男言葉(デディクト)というものは生まれた。
マリオネットの涙。

スポーツの技術論は常に「女言葉」で伝わっている。
「ピッチャーがリリースするまでテイクバック以外にすることがない」
「リリースした瞬間のボールのスピンを見ろ」
「前の目を閉じても後ろの目で投手を捉えているかを確認しろ」
など、いかに女言葉を充実させるかが問われる世界だ。
女言葉は詩であって、男もコンパクトに頭に叩き込むのに都合がいい。
セックス目当てで女に技術論を教えたときに覚えた言葉がいちばん男にとっても有効なのだ。
野球理論大全。

私たちの失恋ソングは、男社会でどのように用いられているの?
そのことをじっと見つめていたのだ。
さて、言葉の起源は「女の失恋ソング」にあるが、言葉は決して「女たちだけのもの」ではない。
これを「記号論」と呼ぶ。
男が「女言葉をものにする」だけで、どれほど女たちは興奮するであろうか?
あるいは、男がどれほど「ボールが止まって見える」であろうか?
スローモーション 中森明菜。

男と女は歯の数が違うし、唇の形も異なる。
しかし、女たちの失恋ソングは確実に男たちのものとなっているのだ。
メソポタミアは言語の発祥の地だ。
そこまで遡って研究した結果、ベースボールテキストは作られたし、他にもいいテキストは作られていった。
スポーツ大国アメリカの理論。

バビロニアで作られたアルファベットによってできたスポーツは当然、理論も50音に翻訳しなければならない。
ここに、スポーツ理論の翻訳が日本を席巻する理由がある。
だいたい、ゼロの発見(ゲームセット)があってから、スポーツ理論を作り上げたのはチョムスキーだとされている。
テープレコーダーを担いで、「理論のセールスマン」の話を聞いてから、女たちに話してみたのだ。
英語はスポーツを押さえることで覇権を目指した。
英語媒体を好む学者はみんなチョムスキー信者だとも言える。
ウェストファリア体制以降の英語はこのようにして虎視眈々と覇権を待っていた。
「誰よりも、どの国よりも、女たちに話した」という自信があったのだ。
神聖ローマ帝国を滅ぼすためにスポーツ理論は発展していた。
神聖ローマ帝国攻略を経験していない日本語の理論はどうなのだろうか?
チョムスキー信者はみんな英語の素直さを肌で感じていた。
日本国はかつて「中華帝国攻略」を楽しんだだろう。
英語による神聖ローマ帝国攻略を真似したんだよ。
どの言語も神聖ローマ帝国を倒すことを悲願としていたが、それを成功させたのは英語だ。
理論の正確性は、「女たちにどれほど多く語ったか」という勝負だということを悟っていたのだろう。
9世紀にカール大帝が作り上げた「スポーツの王朝」はこのようにして滅亡し、日本にも影響を与えた。
カール大帝は、「競技人口の多い地域」を旅する機会が多く、そこにローマ帝国復活の夢を見たのだろう。
「俺の旅の歴史に勝てるか?」
そのような勝負を仕掛けていた。
ヨーロッパの街は、その街の規模を大きくするために「王の息子に何を教えることができるのか?」という文書を提出してきた。
ドイツのアングロサクソンやユダヤ、ノルマンがイギリスを侵略したが、イギリスは確実に英語というものを磨き上げてきた。
神聖ローマ帝国のラテン語に勝てる力を身につけるのに500年以上かかった。
フランスもイギリスを侵略しようとしたので、イギリスの強度は極めて高くなった。
「英語は素直な言語だ」という印象を私も受けたが、その「誤魔化しのなさ」は大陸や北欧からの侵略が原因であり、イギリスのケルト人(セルティクス)が磨き上げたものだ。
高校でアメリカに行くとその進度の遅さにビックリする。
しかし、確実にアメリカ人の方が伸びるのだ。
小学生の時にはホメーロスの詩を勉強し、戦争のやり方を教わるだけであり、初等教育は受験など想定していない。
しかし、高校大学と確実に彼らの学習の速度は上がって行く。
それが、神聖ローマ帝国を滅ぼした理由でもある。
大学でも高い授業料をとるが、それ以上に金になる学問を教えている。
この「英語のスポーツ理論を日本語に翻訳する」以外にアスリートとしての夢が見れない現実は日本人のトップアスリートほど理解しているし、作家としての私も理解している。
思い切りアメリカン 杏里。

本ブログにおいては「女心の定義」(政治)も英語の翻訳によって行ってきた。
野球を見た後に「お兄さん、真剣勝負を見た感想はどう?」と言って球場の周りをうろついている男に声をかけるプロの野球ファン女の存在も指摘した。
女が英語の言語からなるスポーツの感想を、アメリカの導きのまま聞きたがるのも当然であった。
女には「野球理論」は分からないのだ。
ボールの投げ方も知らない女たちが野球を見にきているのだからね。
イギリスの覇権は200年で終わった。アメリカは1956年のスエズ動乱以降200年は覇権が続くだろう。
【アメリカの恋愛論で口説いてごらん?】
夜は長いのよ?
そのために女は男をじっと見つめた。
BBCやボイス・オブ・ロンドンはクォリティコンテンツと呼ばれた。
真剣勝負をいかに正確に、しかも飾らずに伝えるかを心がけていたのだ。
真剣勝負を正確に伝える、それが男女の深い愛につながることを知っていたから勝っても負けてもひたすら冷静に戦いを報じた。
そこには日本のスポーツ新聞のような「ドラマ」はなかったし、そうでなければ業界通とは言えなかった。
女性問題を抱えている選手は結果が出せない。
1492年にコロンブスはアメリカ大陸を発見した。
そこには「金の山」とインディアンがいた。
今、世界ランキング上位を独占しているのはアメリカの大学ではないか?
英語を「最も優れた言語」とするためには充分すぎる大陸だった。
フランスもトスカナもアメリカ大陸は見ていたが、ここでも神聖ローマ帝国を滅亡させた英語が大陸を支配するのを見ただけだった。
これはBBCやボイス・オブ・ロンドンの勝利であり、アメリカにメジャースポーツが根付く理由となった。
【本場の口説き文句で口説いてごらん?】
愛の倫理社会 おニャン子クラブ。

子供は4歳5歳6歳になったら言葉を作り始めるし、アフリカには2000の言語があり平和を維持しようとしている。
日本語や英語といったメジャーな言語を正確に学習することは非常にパワフルな力を身につけることを意味する。
600万年前には言語はなかった。つまり、人間に「心」がなかったのだ。
馬と兵士と武器が生まれて、「戦利品」のコレクションが行われた時に「言葉」というものは生まれた。
プラトンはそれをギリシャに持ち帰り、詩を作ったし、JSミルは言論の自由を作った。
戦利品が化学反応を起こして言葉が発達したのだ。
その化学反応というものが女の子の「じっと見つめる瞳」から引き起こされている。
本当に必要な「財産」の言語化が始まったのは実に1920年代になってからだとされ、それ以前はプロスポーツも本当に発展することはなかったのだ。
団結の方法が変わったからだろう。
女の子に見つめられなければハードカバーの本が読めない理由も言葉の起源に遡らなければならない。
化学反応をうまく利用しなければ何事も上達しないのだ。
歴史上の哲学者も1920年代以降に「弟子たち」が大幅に加筆している。
アボガドじゃねーし。








「議論する理由」がなければ女心に「爆発」は起きない。
男が女を「よく見る」ことから議論は始まる。
話はコンパクトに「激しさと集中」をもって話すのだ。
男のおしゃべりは良くない。
その空間の「見えない真理」を見つけ出す作業だよ。
私は「女の子と話さなければ世の中の何もわからない」と言ったヒュームを支持し続けてきたが、ヒュームも芸術を愛していた。
それでいて、ヒュームは真剣勝負を愛していた。
芸術によっていろんな女の子の心を学び、真剣勝負に利用したのだ。
女心を愛するということは木や山や宇宙を愛することでもあった。
話すということそのものがお互いのボールの衝突であり、方向を変えるので「セックスの可能性」がなければ相手は怒るだけだろうとヒュームは考えていた。
歴史を作った男たちはこのことを理解していた。
男社会は暴力に満ちていたのだ。
女の子を見て「議論する理由」が見つかったら、「物事の考え方」を示さなければならない。
考え方はひたすら「激しく」「男女に人気のある」ことを心がけなければならない。
親父に潰されかけた息子でなければ分からないことが多い。
セックスの可能性と子供が生まれる可能性がなければぶつかって喧嘩になるだけだ。
自称「軍師」というのは「天国や理想」を描くのが上手いだけであり、女と話した場数が少ないとすぐに「話が違う」ということになり、女の子との間にある真実は全く見えていない。
真実が見えないから「天国や理想」を語るのだろう。
ナンバーワン型は女とよく話し、右腕型は女を苦手としている。
集めたお金がどこを目指すべきかは右腕が示すのだ。
恋のジャンクション。

男は女の子の前では「生きたマンガ」のように振る舞う必要がある。
ガリレオは女子部屋を覗くための望遠鏡を作ったし、ケプラーは女の子の取り巻きの行動分析をした。
ロバート・フックは労働者であり、機械いじりが好きだったが、ガタリは精神科医だった。
いろんな男が「生きたマンガ」であったし、王室サイエンスは太陽のように輝いていなければならなかった。
野球は男同士でぶつかり合うものだ。お互いにセックスの可能性などない。
しかし、王室サイエンスはそうではない。女たちの太陽なのだ。
親父との「激しい戦い」の何が違ったのかを女たちは見ていた。
王室はとにかく「親父たち」がひどかったからだ。
激しい戦いを雄弁に物語っている老成した顔も女たちに愛された。
王位継承においては「なんでお前が生きているんだ?」というようなことが公然と語られたからだろう。
男も動物ではありたくなかったから「女心」を愛したのだ。
この経験をしなければ法律家(男らしい男)とは言えなかったであろう。
カスティリャ朝などもあったかもしれないが、英国王室が一番優秀だったよ。
実際に殺されかけたこともあったからユニークな男になったのだろう。
周囲の嫉妬深い男たちが「実験!実験!」と言って虐待めいたことをしてきたので「バカか?実験というのはこうやるんだよ」と言って読んだ文献を女たちに話した。
化学と呼ばれた。
Fantasyが始まる。

どうやって数学を覚えた?女子たちに囲まれて覚えただろう。
他の男にこの正解を取られるな!と言って女を奪い合う行為だ。
野球の「美女の奪い合い」男同士のぶつかり合いはもっと酷い。
八百長や連覇なんてとても無理なんだ。
すべては、女の子が男を「じっと見つめる」ことから始まっている。
あとは男のエネルギー次第だね。
「面白い」「クリエイティブ」な振る舞いはすべて王位継承から生まれている。
ロバート・フックは機械いじりが好きな労働者として、重さが二倍になればバネの伸びも二倍になるということなどを明らかにしたために王室サイエンスのメンバーとされたが、公務は受け身のものではない。
「面白い」「クリエイティブ」なものなのだ。
核兵器すら「男女のぶつかり合い」を爆発の原理として採用し、キノコ雲はその範囲を示した。
「なんでお前が生きているんだ?」と言われた男のポテンシャルの表現が核兵器であり、強度な「男性らしさ」を女たちにぶつけるものだと表現するとわかりやすい。
Complex1990.

コーヒーやスポーツドリンクばかり飲みすぎて、耳の鼓膜が破れたと思っていないか?
酸性の飲み物を飲めば耳は治る。
「違うコンビネーション」を飲むだけでも耳に「爆発」という名の自然治癒が起きる。
女の局部へのしびれを与えるのが核兵器であるのならば「純粋な男らしさ」を炸裂させるだけでいい。
その研究をアインシュタインは行ったのだ。
固体の水(雪や氷)は男性であり、女性は「爆発」を引き起こす。
アインシュタインは、あくまでも「男と女のこすりあい」(相対性理論)をとことんまで追求して核兵器を作っている。
それはロックコンサートの会場と原理は同じだった。
雪は氷と異なり、六角形の結晶の状態を維持している。
冬の微粒子。

アメリカ合衆国においては、東部の寒さ、西部の暖かさ、西北部の高気圧がぶつかり合って、南東部にハリケーンや竜巻を引き起こしている。
これも「爆発」であると言える。
どの地域でどの「太陽」を燃料にするのか?を心がければいい。
アメリカ合衆国全体を見渡していると「男と女が引き起こす爆発」の意味がよく分かるんだ。
原爆に興味を持つ「繁栄教」も実は「激しさを持った男」と「甘やかされて育った女」のカップルの探求を志向している。
「東大生ならば誰だって乗せる女」はこのことを楽しんでいるわけだ。
太陽からの授かりものとは「卵」だろう。
あとはボイルの言うとおりに卵に熱を加えて「濃縮」させていくだけなのだ。
男らしさを語り合った男の前でだけレンジにかけた卵が爆発するのはもはや宗教だね。
おそらく「その男のまわりに人々が集まるであろう」から卵は爆発しているんだろう。
雨のニューオリンズ。

雪の結晶は極めて男らしいが、濃縮できないだろう。
しかし、タバコを吸うと「速度が増す」ことを知るべきだ。
ガウスやリーマンは「坂道の傾斜では速度が違う」ということを微分としたが、アインシュタインは太陽の周りにも「傾斜」があることを証明してスーパースターになっている。
光の屈折というよりも「太陽の恵み」を証明したのだ。
「なんでお前が生きているんだ?」と言われた王室の太陽は国の恵みである。
空間を変える力を持っているんだよ。
ポアンカレは、傾斜の加速をぐるぐる回転させるイメージでダイナマイトを作った。
小麦粉をぐるぐるとスイングさせたんだよ。
黒光りするほど小麦粉を振るんだ。女の子に見つめられるとはそのような意味だ。
水素と酸素以外はみんな「女」だと言っただろう。どんな化学物質を用いるかまではわからないよ。
ハロゲンみたいなヤリマンよりもトルエンのような身持ちの堅い女の方が「じっと見つめられたい瞳」なのかもしれないね。
すべての男が「女に見つめられてやる気を出す」のがダイナマイトだ。
コロンブスがアメリカ大陸を発見してから、ペンキの塗り方から楽器の弾き方まで多くの「爆発」が起きた。
すべては「じっと見つめる瞳」のようなものが大陸全体で存在したからだ。
苦労した男をあまやかされて育った女の子が見つめる、それが爆発の基本なのだ。
「女心を語れる男がいる」このことからフリーメイソンのようなコミュニティが多くできたのだ。
カント以降であろうか。
社会と接点のない人などいない。友達の友達はみな友達だ。
坂道の傾斜には「最も加速するポイント」がある。
そこにいるのならばどの男とも話をするけれど「どのような思考形態で」そこに立ったのかを聞くために見つめたのであり、分かってないなと思ったらバイバイするのが女の子というものだ。
ローラースケートをはいた猫。

20万人ぐらいの「街」が出来上がるし、居住や移転の自由もある。
すべては「じっと見つめる瞳」から生まれている。
20世紀に入って、女の子が日経平均株価でからだを売ることを容認してカリスマになるリーダーが出てきた。
オサマ・ビン・ラディンやカストロなど、それで支持を集めてきたのならば「後継者がいない」という問題と直面する。
学問が発達していないと生まれない発想だからだ。
綺麗事を言っているうちは指導者にはなれないだろう。
チャールズ皇太子のような「肉声のない」王族はなかなか周囲も後継者としては認めないのだ。
カネ集めが下手で、権力闘争も知らない、それが後継問題である。
この時に、後継問題はいったん「官僚」に委ねられる。伝統的支配だ。
伝統的支配のもとでは「災害報道」などにすら後継者は翻弄されるだろう。
「市民の恋愛論は自分が握っている」という正統性を指導者が見失うだけでこれほどまでに指導者は自信を失うのだ。
メデイアや官僚たちは喜んで「災害」をでっち上げた。
王朝が交代するたびに職場を失うものは、その地位を失わないために暴力まで使った(スポイルズシステム)。
そのために1982年にこのシステムは廃止されている。
政権が変わるたびにオフィスが総入れ替えになるというのはアメリカ合衆国の昔の話だ。
伝統的支配のもとで「台風カモン!」と言っていた連中の暴力は目に余った。
そのために、いい学校を出て、女たちの支持を集めたカリスマがまた登場することになった。
指導体制の混乱が起きるためにスポイルズシステムは廃止されたのだ。
「なんでお前が生きているんだ?」と言われた王子がどんな化け物になるかが分かってきたのだ。
代々、つづく官僚一家ほど「代替わりと権力」に詳しい。
すべて「コミュニティ単位」で暮らしているから、このような「お上」の自信のあり方が異なってくるのだ。
発言や性格はもはや修正は効かない。
「じっと見つめる瞳」は王朝のあり方をも変えていた。
気まぐれプリンセス モーニング娘。

19のファイバーから構成される官僚組織のどこと親しいかは重要な問題だ。
災害に大騒ぎする連中か、もっと柔らかい連中なのかはしっかりと見極めないといけないし、王朝のあり方次第で辛酸を舐めるファイバーもあるからだ。
市民の災害で、君主を翻弄してやろうと考える役所は確実に存在する。
どの役所も「お金を使いたい」のだ。
「組織にも色々な人間がいる?」それはそうだがコミュニティというのはかなり確信を持って王朝との接し方を考えている。
「いろんな人間」もその場に収まれば先例踏襲だよ。
カリスマ的リーダーの存在は、女の子たちは喜ぶかもしれないけど、辛酸を舐める役所を作ったら社会の変革に適応できないのではないか?とも言われる。
私は深くは考えたことはないが、カリスマ的リーダーは商人でもある。
たしかに「こんな下ネタに付き合ってられるか!」と言って仕事を放り出したくなる連中はいる。
しかし、カントやヒュームを否定してもらいたくないのだ。
19のファイバーの中にはカントやヒュームすら容認できない連中はいる。
人間が集まった理由をどう説明するのか?しかも男女に人気のある説明が求められる。
組織と付き合う上では、あまり人間の個性や階級にとらわれないほうがいい。
階級というものは「上の人は何月何日に来ると言ったら来る」程度の社会的意味しか持たない。
いつでも電話に出てくれる人は確実にいるだろう?
約束を破った時の「罰」も違うのかもしれないけどね。
コミュニティに属していたら大都会には出れないとは思わない方がいい。
大都会ではアイデンティティを失うだけなのだから。
レベッカ ボトムライン。

17世紀から18世紀にかけて、女たちによる「社会的セックス」運動、つまり偶像崇拝ムーブメントが起きただろう?
このアイドル崇拝は、教育がない女でも各省庁を横断することができることを示した。
二つの組織を動かすことは40人の人間を動かすことだ。
しかし、アイドル崇拝がフィデル・カストロを生み出した。
なぜならば、パーソナルディテールを知られていたからだ。
都道府県警察は、別の県警と直面したら「別の組織の強さ」を見始めて喧嘩を始めるだろう。
しかし、パーソナルディテールを知られた大統領の下にあるFBIは、偶像崇拝のおかげで仕事ができるのだ。
マルクス主義は、5カ年計画において「女心の定義」を複雑に行った。
日本でも、歌謡曲が作られ、首相の演説において「計画」という言葉が多用されている。
ゼネラルモーターズなどの巨大組織においては、リーダーの肉声は5年で消えてなくなる(腐敗)。
しかし、イタリアの車はいろんな街でそれぞれの部品を作っている。
その分、イタリアではデザインのコンペが頻繁に行われているが、アメリカにおいてはMITなども常に新しい「女心の定義」を模索し続けている。
グーグルやスカイプなどの大企業が零細企業を傘下に収める理由は「新鮮な略奪愛」を女たちに認めているところにある。
巨大組織では男同士の競争がフェアなものになりやすいんだよ。
愛が止まらない Wink.

巨大組織ではコンテナを使うだろう。あれも社内の「女心の定義」(政治・企画立案・財務)があるからできるんだ。
中小企業では財務が難しい。
シリコンバレーのアップルなどの大企業のクリエイエィブさも政治や財務がうまくいくから生まれるんだ。
アップル社が本当に「財務」の意味を学習したのは1985年から1987年にかけてだろう。
歌謡曲と哲学の掛け合わせ方が分かったんだよ。
男女にシリコンバレーという職場に出てきてもらうことが大事だったし、皆がガレージで仕事をしているうちは発展しなかったんだ。
ふたつにひとつ 瀬能あづさ。

フランスとドイツは400年間も「処女非処女論争」をやって疲れ果てたよ。
二つの大戦ではアメリカ合衆国や日本も巻き込んだ。
国というものはかなり全体主義的に財務を行うが、アメリカ合衆国においては州があり州都がある。
小さな街から州都の大学に出る若者もいる。
いろんな街があるが「キリスト教」でつながれている。
さまざまな街が記憶を持っている。
バプティスト系もあれば、そもそもが大規模な街であることもある。
いろんな街が「ヨーロッパの国のアイデンティティ」を参考にかつて「王のような人」が作ったものだ。
街の繁栄が「男次第」だったのは事実だ。
銀が女たちを喜ばせることも分かっていたので街ごとに交流を持った。
14世紀のジェノアの財務は銀を念頭に置いていた。
男がどれほど銀を集めるかが中世ヨーロッパの財務だったのだ。
それぞれのヨーロッパ都市は銀の蓄積によってウェストファリア体制を待った。
17世紀にはヨーロッパ各都市は、銀によって中国や日本、インド、フィリピン、ニューヨークとつながっていたのだ。
デカルト以前(処女の発見以前)はシルバーリング目当てで哲学は研究されていたことになる。
シルバーリングに口づけを。

30年戦争ののちウェストファリア条約で初めて「法的文書」が作られ、国家が分かれた。
その国の哲学者がどれほど財務の才能に優れていたかで戦争を終わらせることを国際社会が学んだのもこの時だ。
今でもアメリカではFRBの力量がリビア、イラク、アフガニスタンでの戦争の終わらせ方を考えている。
中央銀行の財務能力が領土を決めることが分かったのだ。
国境を閉じている以上、それぞれの国がアイデンティティを持っていた。
中国やイスラムで作られた印刷機がヨーロッパに入ってきたこともウェストファリア体制を支えた。
どの国も「男によってのみ成り立つ」国ではなかった。
聖母マリア(女性アイドル)を必要としたのだ。
しかし、リーマンショックのように「一人の女の純潔」に頼りすぎることの危険性を感じたこともあった。
リゾナントブルー モーニング娘。

マルクスは女を買う値段(日経平均株価)は常に「買い叩かれている」としている。
また、女の局部を「機械によって作り出すことは無理だった」としているのだ。
どんな機械でも無理だったために、「これで男は仕事ができる」と思った。
資本主義の「奥義」はまさにここに存在するのだ。
「女の局部を作り出す」
これほど儲かる機械があるだろうか?しかし、無理だった。
マルクスはこのことから「巨人」となった。
「学歴社会」がこの時に誕生したのだ。
むしろ女性の局部を攻めるウェポンが発達した。
人工知能が最終的に何を目指しているのかは明確であるが、マルクス主義は「ウェポン」の発達を笑って見ていたのだ。
アイボ。

「セックスとは男をコミュニティから離さないためにやる」ものであるが「本能の発露」と言っても間違いではない。
洋服や、温かさ、音、匂いなどを「すべての記憶を忘れて」感じるものだからだ。
あまやかされて育った女が「男の激しさ」を感じるものだ。
父と息子の関係に耐えた男には激しさがある。
この時だけは女は「人類の祖先」となっている。
男同士はボールが激突して反発しあうだけだが、男女の場合はボールがおもちゃにぶつかっておもちゃが壊れるのだ。
女たちに「どのウェポンが一番素晴らしかったか?」と聞いても「男の繰り返すリズムだった」と答えた。
マラソンや箱根駅伝の視聴率も良かった。
perfume ポリリズム。
おちんちんがなくて鬱になるというのは核家族化が進んでから見られた現象だ。
鬱になるからわざとコンパニオンなどをやってナルシシズムに浸った。
女であることへの侮辱などないということを感じたかったのだ。
侮辱はいつしか「セクシャルハラスメント」へと形を変えた。
しかし、セクシャルハラスメントも女にとっては「ロウソクを垂らされる」ようなナルシシズムになっていた。
セックスには「生きるか死ぬか」という相手選びと、よりロマンティックな相手選びの二つがある。
生きるか死ぬかというセックスの相手選びは「私が一生わからない知識を持っている男」と行うが、ロマンティックなセックスは「どのように?」という方法が知りたくて行う。
「例の方法」を覚えるのはロマンティックなものだった。
「じっと見つめる瞳」はよりロマンティックで哲学的なものを見ている。
哲学の考え方には「自転車に乗るコツ」のようなものがあった。
一流の真似をしていれば分かるようになるのが哲学だった。
どの「デキる女」も研修などで先生をじっと見つめている。
哲学はよりロマンティックさを志向したが、「私が一生分からない知識を持っている男」との生きるか死ぬかのセックスも気持ちが良かった。
しかし、なぜこの指摘を行ったかというと「生きるか死ぬか」「私が一生わからない知識を持っている男」(たとえば外国人)とのセックスを行っても気持ちいいだろうが「哲学が育たない」ということを語りたいからだ。
二つの方向から「気持ちいいセックス」へのアプローチがなされたのであり、日本人でロマンティックでない男は外国人男とセックスする女を罵倒することしかできない。
しかし、ロマンティックな哲学からのアプローチを学ぶ才能を日本人男は存分に持っていることになる。
愛してジャスティス ribbon.

哲学、そして日本人男のあり方は20年も経てばガラリと変わる。
時間が与えられているのだ。
どのように「正確な言語」を話せるようになるかは、ちんちんにかかっている。
デカいちんちんを持っていたら「暗号」を話し始めるだろう。
ソクラテスも、カントもヘーゲルも時代に応じて「正確な言語」を生み出した。
知性も「どこの大学から来た?」という話題もあるし、一方でコネクショニズムと呼ばれる「コネ作り」のためだけに大学に行く人もいる。
ちんちんのサイズで自覚しなければならないだろう。
「抱かれたい」と思ったらちんちんのサイズなんて関係なく「じっと見つめる」のが女の子というものだ。
ギルバート・ライルは黒人の巨大なちんちんを見てこのように論点を整理した。

« 私の顔。 | トップページ | 気持ちいい。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: じっと見つめる瞳。:

« 私の顔。 | トップページ | 気持ちいい。 »