最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« じっと見つめる瞳。 | トップページ | 色。 »

2018年4月12日 (木)

気持ちいい。

実績のある男の方が気持ちいい。女たちがそう言ったことから男たちは「実績」を求め始めた。
実績とは「世界を広げる」ことであり、「没頭」することであり、「知る」ことである。
セックスが好きな女は「男の日常」を見ているのだ。
悲しいニュースを見た後に、世界の広い男に抱かれたがった。
サルトルはこのように考えた。
「右翼の街宣車が動いたら政権はアウト」
というような「学歴のない連中」を応援する報道もあった。
女心を学ぶよりも、実績を残すことに全力を注いだために「右翼」と呼ばれたのだ。
男同士でぶつかりあったら反発しあうだけだけど、そのような厳しい世界に身を置いていた。
そのような世界で実績があれば、クラブのお姉ちゃんにもモテた。
女心なんて知らなくても自慢話だけで通用したのだ。
「俺は女心を知らない。実績が何よりも大事だ」
これがサルトルの立場だった。
これから奪いにいくもの「for itself」とすでに築き上げた記録「in itself」があり、すでに築き上げた記録がなければハートが強くはならなかった。
クラブのお姉ちゃんの反応から学習したのだ。
「番狂わせを起こすと化けることがある」
「王者になると練習する姿勢が変わる」
など、すべて女性たちの反応を見て言っているのだ。
実績ができると家が建つ。そこには王子もいた。
実績とは「数字」であった。
デカルトの「処女の発見」があってから近代は始まったが、ニーチェの「父と息子の関係」「神は死んだ」ということが分かってからポストモダンの時代になった。
夢だけ見てる CoCo 。

スタープレイヤーの実績を語ることは、他の男にとってもいじめられないことにつながる。
自分の「存在」はどれほど自分を「無」にしたかにかかっていたのだ。
そのため「知識」というものは私にとって最高の贈り物となった。
実績は「無」にならないと生まれない。
実績はみんなが共有できるものであるが、これがないと女は「夜郎自大」に抱かれることになる。
「Itと呼ばれた子」は父の実績に参加する男の子である。
実績とは「ブームになる効果」を持つものだ。
スポーツのメジャー化を推進した論客がサルトルだった。
スポーツがメジャーになると「言語の統一」が起き、よりパワフルな言語作りに世界を巻き込むことができた。
「打席に立つ」「マウンドに立つ」など世界中の人間を同じ意識のもとに置くことができたからだ。
女たちはユニバーサルな競技をやっている男に「我思う故に我あり」と言って恋したのだ。
檸檬の年頃。

ひたすら会社で「無」になって働くこともプロスポーツと同じだった。
サルトルは「会社」というものも作ったことになる。
自分の会社が作った車が街を走っているだけでも、女たちを気持ちよくさせるのには十分だった。
女たちにモテれば、女にも分かるように話さなければならないだろう。
メジャースポーツや会社は「男言葉」を発達させていたし、しかし、それを「女にも分かるように」覚えているものが偉かった。
男の実績を自分のものにするために女は感じたのだ。
「受け」が好きな女とはこのようなものだ。
「世界が広い人ならば家の前のお店にも行ける」
これが女の考えであった。
世界が狭い男ならば歯医者すら遠くに通わなければならない。
これを「現象学」と呼んだ。
近所の歯医者に行けないことと「愛」という言葉は深く関わっている。
スポーツ選手のように「目指してあるものが明確な」男だと近所の歯医者にパートナーの女も通えるが、サラリーマンだと女たちは「目指している方向が明確でない」ために愛の議論に巻き込んでしまい、近所の歯医者に行けなくなる。
ここで女は「美しくなる」という選択をする。
女が美しければ、近所の女たちも「綺麗な人ね」と噂して、男も近所の歯医者に行けるようになる。
「男のためにお化粧するのでしょう?」と言われて「自分のためです」と女が答える理由はここにある。
パートナーができて女が綺麗になる理由は「近所のお店に行きたい」からだったのだ。
お店の主人は「男の方向性が明確かどうか」「女たちがなんて言っているか」しか見ていない。
幸せにいちばん近い席 酒井法子。

女たちは「行きたい美容院に行きたい」からブログを書く。
男がサラリーマンとして成功するかどうかは歳をとって見ないとわからないが、スポーツ選手ならば若い時期に結果は出る。
女がなぜ「将来の見えないスポーツ選手と結婚するのか」というと「若い時期に好きな美容院に行ける」からなのだ。
「若いお母さんだね」と言われるのはどの女も夢見ている。
しかし、そのためには若い時期に男が大成できる職業がなければならない。
オフィス北野の社員が給料が良くて、所属タレントがアルバイトしている理由は「奥さんが好きな美容院に行けるんだからいいだろう」という女の事情があるのだ。
女は「派手」か「地味」かの二つの選択肢を迫られている。
スポーツ選手や芸能人と結婚して派手に生きるか、サラリーマンと結婚して地味に生きるかである。
お金の問題というよりは「好きなお店に行けるかどうか」という問題なのだ。
ジャック・デリダの「脱構築」とは「派手なサラリーマンの奥さんを作ろう」というムーブメントであった。
インターネットやブログなどもデリダがいなければ作られなかっただろう。
好きな美容院に行ける、それだけのために全米市民は全員が作家になったのだ。
言葉の起源が「じっと見つめる瞳」だとすれば、美の起源はプロスポーツにある。
プログを書く秘訣は「自信を持って投げ込む」ことだよ。
自信次第で行きたい美容院にも行けるようになるのだ。
「詩の解釈の力量が抜群だ」などはいいブログの方向性だけど日本では主流ではないね。
「心を知られる」という意味では詩の解釈をやるサラリーマンの奥さんがもっといてもいい。

「女は恋愛をしていると、私は仕事ができない。彼氏が子供に興味を持ってくれるのかな?家庭に縛られるのかな?と追い込まれていく」
中森明菜 禁区。

「男の立場としては、この女が俺の子孫を残すのか、と思い緊張する」
恋じゃなくなる日 Bz.

このような力量をサラリーマンの奥さんが身につければ「私は私よ!」と言って行きたい美容院に行けるとしたのが脱構築だった。
いろんなレベルの悪意があるために、発展段階によって住み心地のいい街、悪い街はあるだろうが、どの街が住みづらいかは実は学習さえしていれば分からなくなるものなのだ。
脱構築の時代にはみんなが「神」を探して回っている。
「信用できない奴」を山ほど見る機会があったからだろう。
学問で下痢をしたことがあるのは覚えているが、本当に住みづらい街があるのかどうかは思い出せない。
学習途上だったからね。
そりゃ、悪意のある女たちはいっぱいいたけれども、今から思えば人間として当然のリアクションだったのかなとしか思い出せない。
いろんな街でいろんな教会に行ったけど、適応能力が大事だった。
3世紀にマケドニアの大学に出るような連中の教義もあった。
街の地政学を知ることは神と関わるものだったよ。
街が重視している年齢層は確かに違いがあるね。
いずれにせよ、大学で外国語を学んでおかないと他に学ぶチャンスはほとんどないということは指摘していいだろう。
ポアンカレが「話す聞く」よりも「読む」ことを重視したことも指摘できる。
青いスタスィオン 河合その子。

「経験論」と「読んだ方がいい」という発想が交差したのはカントの登場の時だね。
それまでは、「あの歯医者や美容院はお引き取り願うらしい」ということを経験から学んでいたのだ。
しかし、カントは女性を美しくしたかったのだろう。
ヘーゲルは「イケメンのインテリならば何でも許される」と考えたし、イギリスは「英国紳士」を生み出していた。
すべて経験論だ。
しかし、イギリスの覇権は確実に斜陽を迎え、1956年にその地位をアメリカ合衆国に譲り渡している。
「女心は読まなければ分からない」のだ。
紳士であればなんでも通るという発想は限界を迎えていた。
オックスフォードがとうとう経験論を放棄したのだ。
女たちが「好きな美容院に行きたい、近所の歯医者に行きたい」という考えを持つ限り、なんらかの研究がイギリスでも必要だとされたのだ。
経験のまま丸腰で生きる奴はどの国にもいるよ。
しかし、アメリカ合衆国はフランスやドイツにシンパシーを感じていたのだ。
紳士であるのならば「女たちと話してみろ」と経験論は痛烈な指摘を受けた。
「お引き取り願う」という用語が当たり前のようにあったからだ。
この「行きたい美容院に行けない」という問題が文学になったのは20世紀の言論の自由の賜物だった。
人間の心の探求に学問が向かった以上、行きたい美容院に行けるかどうか、近所の歯医者に行けるかどうかという研究(現象学)に関心が向かうのは当然だったのではないだろうか。
現象学は「女たちの研究」だったから楽しかったのだ。
フッサールもこの問題を「学問の危機」と言って煽ったしね。
リゾナントブルー モーニング娘。

学問の三段階は「経験論」と「女心の探求」と「この問題をどうにかしなければいけないな」というものだ。
女たちが「行けないお店」を作り出している以上、現象学は当然のごとく登場したものなのだ。
理想と現実から解決法を学ぶものであるとも表現できる。
綺麗な格好をしたお姉さんは当然のようにいるのではない。
やりたいことをやる、というのは神話であり子供じみている。
すべての男は対等であるとは言い切れない学歴社会の現状があるのだ。
大人として「綺麗になる方法」を探求しなければならない女たちがいたのだ。
「どの女も射精を愛している」ということからこの問題と向き合うのであれば、詩の解釈をさせてみるしかない。
「世の中を変えたい」とは本来、このことを言っていたのではないだろうか。
「現象学」の登場によって、すべての学問が一斉に同じ方向を見たのだ。
この現象学のおかげで「高学歴男」が良いのかプロ野球選手が良いのかが分からなくなってきた。
テレビに出ただけでは割に合わない、ブログをやらなければならない理由が現代においてはあるのだ。
それは「恋」とも関わる発想だった。
本来、「勉強が得意だっただけ」の男が現象学によって大化けすることも分かった。
「言葉の考え方」を数学であるとしたのはカントであったが、言論の自由はこの計算能力を絶対的に支持した。
hiro delicious.

すべての人の「直感」に訴えかけ、すべての人が「真理である」とし、「これは歴史に残るだろう」と感じるのは食べ物ではなく「詩の解釈」なのではないかとも言われた。

【神・男の完全性を議論すると爽快感がある】
松田聖子 赤いスイートピー。

経験から語っているのではないんだよ。計算され尽くされた「英語」を読んでいるんだ。
日本語の計算能力も高まってきているのが現状だ。
JSミルは、英語を「利益を求める方向へ」とそのまま誘導した。
英語だけでなく数学にもこの計算能力を仕組んで勉強させたのだ。
「学歴社会」というのはこのような道のりをたどっている。
数学では「解を見つける喜び」さえ分かってもらえればよかった。
「心はオーガズムを感じるためにある」
これを悟る必要がある。
マスターベーションをする上では、記憶よりも「今見た風景」に案外、男女は頼っているのだ。
プロ野球は、このような「目の前の風景」を与えてくれるが、「学歴男」も大して変わらない影響力を持ち始めた。
女のオーガズムという観点からは大して変わらなくなったのだ。
「オーガズムの導く方向へ」とJSミルは言論の自由を導いたが、「言論弾圧」というものは確実にあった。
国の王子が率先してやってくれないとついて行くのが怖いとみんなが考えたのだ。
それが正解だという自信はあるのか?というのも案外、立場に頼ってみんなが判断していたからだ。
そうでなければ社会の序列のバランスが変わってしまう意味を持った。
これらの「言論の自由」がなければ学歴だけの男は入りたい店にも入れない。
果たして平成に言論の自由はあったのか?と疑いたくなるような権力者の言動が見られた。
男と女のララバイゲーム モーニング娘。

高学歴なのに病気になるとはどういうことだ?
情報にもっとも敏感な男が病気になるとは東京大学の恥とみなされた。
一方で、言論の自由の機能不全をも恥じていた。
高学歴の判事が援助交際することも恥とみなされた。
言論弾圧が存在したのに、高学歴男に罰を与えざるを得なかったのだ。
女たちは「私は男について知っている」という必要があったし、「男の子と女の子は同じ時期にマスターベーションを覚えている」ということを認める必要があった。
記憶に頼らない、今見たものをネタにする、自然に湧き上がってくるというのがデカルトが明らかにした内省というものだった。
「女心」とはこのようにして生まれたし、「好きなことにしか興味ない」というのもここから生まれている。
少女A 中森明菜。

男に「ついて」知らないと「神」を語る宗教サークルにも入れなかったし、女にも分かる話ならば男にも分かるという知識の世界も開かれなかった。
ハードカバーの本も本来は「女にも分かる」が話題になっていたのだ。
女性的であることと男性的であることが同じになった時に「知識」というものは得られた。
「要するに」と言って知識を整理するときは男も女性的になっている。
すべては「射精するときの男は女性的である」ということから知識の整理は始まっている。
これが「考える」ということの意味だったのだ。
プロ野球選手も、女の子と話すと「考え」がまとまり、その日のゲームの不確実性にも対応しやすくなる。
男はヘンタイプレイを行わないほうがいい。
かなり生産的な話し合いを女の子としやすくなるからだ。
少女時代 gee.

女は日常の出来事を語るのが得意だ。
これは女たちの「メシア信仰」が背景にあったのだろう。
「男を比べる」という発想も持っていた。
頭のいい男とは比べられることから生まれている。
プロ野球選手というのも比べられる宿命にあるし、すべて「行きたい美容院に行ける、近所の歯医者に行ける」という問題と同じ議論になった。
男が「若さをどのように用いたか」などを案外、奥様方は冷静に見ていた。
崖っぷちで恐怖のどん底にいる男も冷静に見ていたのだ。
あの男は時間が解決するわね、と思った時に「近所の歯医者にも行けなくしてやろう」と奥様方は考えた。
若さと可能性というものはそういうものだったし、時間が与えられた男に周囲ができることはそれだけだった。
どん底を乗り越えたら奥様方の態度はガラリと変わって追っかけみたいなこともした。
奥様方は「男が真実を目指しているのかどうか?」しか見ていなかった。
奥様方にとって「私」とは「世界に通用する」「優れている」ものでなければならなかった。
そこには「身分」など存在しなかったのだ。
しかし、追っかけをやるためには「実績は十分」と判断できるだけのものがなければならなかった。
「父と息子」の関係から「権力への意思」を持った男を周囲の奥様方は一定程度の実績を見ながらこのように見ていた。

【出来事だけを歌った曲】
ホワイトラビットからのメッセージ。


目標を持った男は「何かを突破するまで邪魔する」というのが女たちの考えだった。
哲学の世界は「周囲のすべてを敵にしないセックス」を目指し始めた。
道徳哲学の誕生だった。
道徳哲学がキス、胸、セックスのABCを区別した。
セックスで周囲のすべてを敵にしない、これが分かれば仲間づくりが分かる。
パートナーへの義務を果たすだけでどれだけ得をするだろうか?
これがフランスの問題意識だった。
略奪愛の方が安全だわ、と考える女たちにフランスは著作権法第1条で「周囲のすべてを敵にするようなセックスをするな」と記した。
アメリカ合衆国においてもUCLAのフランス寄りは広く知られている。
イギリスカトリックも考えは同じだった。
フランス文学はそのため「仲間ができるのは楽しい」という方向に発展している。
「男女に人気がある」方向に言論を発展させることに成功したという意味ではフランスは独特の憲法を持ったことになる。
「行きたい美容院に行ける、近所の歯医者に行ける」という現象学の観点からは当然だったであろう。
工藤静香 奇跡の肖像。

カントは「落とせない女などいない」という悟りの境地を探求したが、フランスはそれとは異なる言論フォーラムを作った。
しかし、特定の女性を大事にすることは「極めて前向きな考え方」(ボジティビズム)と呼ばれた。
男が浮気をする理由は「壊れていく妻が怖かった」などが理由だが、特定の女性を大事にすることは、そのことにも動じない男の力量を意味したからだ。
仲間が多いというのはもはやお金であって、すべてを敵にするセックスなんてバカげているという声が多数派だった。
「悟りっていったいなんだったのかな?」という境地を世界が共有するに至ったのだ。
ルソーも社会契約論で「永遠の愛を誓えるのか?」と強く迫った。
「悟りの否定」が行われてから、学問は危機に陥った。
仲間さえ多ければ行きたい美容院に行けるし、近所の歯医者に行ける、というのであれば、パートナーへの義務、愛妻弁当をブログで晒すことが正解なのであろうか?
学問は方向性を定めようと必死だった。
アメリカ合衆国では「どの女も同じ」という無知のヴェールをかぶせることにより、学問の発展を模索した。
口説き文句の発展を止めたくなかったのだ。
「学問は楽しい」ということを忘れたくなかったのだろうね。
カリフォルニア工科大学は、「もはや女を口説くのはプロジェクトである」と位置づけ、世界ランキング一位に躍り出た。
カリフォルニア工科大学では「無法地帯では詩の解釈をするしか治める方法はない」という決断を下していた。

【友達と恋人の境界線はセックスをしたかどうかだ】
グッバイフレンズ 三浦理恵子。

神は何を知っているのだろう?
それをカリフォルニア工科大学は解明しようとしたのだ。
女心は金になるではないか?という立場でもあった。
「なんでもやっていいよ」
カリフォルニアでは神がそう言っていた。
野球やサッカーなどのメジャースポーツは全米・全ヨーロッパに広まっていたし、「なんでも研究していい」というカリフォルニア工科大学はスポーツの聖地ともなっていた。
もう一度、ホッブスの「万人による万人への闘争」を思い出そうと考えたし、言論の自由を最大限に生かそうと考えたのだ。

【エロビデオを見て、女性が嫌がっているではないか?と考える政治的弱者に悩む女性がいる】
CoCo メロディー。

女たちはカリフォルニア工科大学の男に「この人、これでも奥さんがいるの」と笑っていたが、一流のスポーツビジネスマンであることを知らなかった。
「東大生」という言葉をまるで一流アスリートであるという意味に変えてしまうようなものだった。
英国紳士も、呆然とカリフォルニア工科大学を見ていたが、オックスフォードが経験論を捨てるのは時間の問題だった。
イギリス経験論などもはやどこにもないのだ。
愛妻弁当を撮影していた初期のヴィトゲンシュタインの面影は後期にはもはやなく「女たちの写真」ばかりになっていた。
美女が写真を公表するようになると美容院や歯医者の問題は簡単に解決することが分かった。
一方で、「彼女を口説こう」と考える男も出てきて、スポースビジネスは飛躍的に発展した。
「ただ、綺麗になりたかった」という若い女の子たちが大人を翻弄したという側面がある。
ラッセルは、この「言葉の計算能力」を子供の研究にまで引き下げている。

【女の子が神に失望するのは、レイプか女嫌いだけ】
CoCo 冬の微粒子。

スポーツビジネスに使えるのならば子供まで用いたのがラッセルだった。
これで、哲学が見ていないものはなくなったのではないか?とも言われた。
女の子に、強烈な男性らしさ(雪の結晶)をぶつけるのが原子爆弾だという研究にのちに発展している。
JSミル(ゴッドファーザー)は、言葉の計算能力を容赦なく子供にまで向けた。
「子供は行きたい床屋にも行けるし、近所の歯医者に行けるよね」という方向へと議論は進んだ。
大人は子供たちに「夢を持て」と語った。
これは「お母さんが子供のお弁当をブログで晒すことによりお母さんが綺麗になれる」という効果を持つのではないか?と言われた。
子供たちに夢を持てというアスリートは主婦層の支持を狙っていたのだ。
ラッセルも「美容院と歯医者」の問題は共有していたし、スポーツビジネスに関心があったのだ。
「大人の権威の中に見える驚き」に笑うのが子供であり、「フランス国王はハゲている」などと噂し合う子供たちがいたおかげで、お母さんが綺麗になれたのだ。
そんなの関係ねぇ。

「美容院と歯医者」の問題をスポーツビジネスに活用するために、最後にラッセルが向かったのは「子供たち」だった。
ママさんたちは綺麗になるために複雑な子供の問題と向き合った。
「経験で子供と向き合うことはできない。国が責任を持つ」というのが文部科学省の立場だ(国家教育権説)。
国民教育権説は、ママさんたちに有利なように聞こえるが「そんな子に育てた覚えはない」というようなことをママさんたちに押し付けるようなものなのだ。
子供は「親のために勉強している」という側面は否定できない。
「もう勉強やめる!」というようなわがままを言って親子ゲンカをしたりするのだ。
ママさんは、「親のために勉強している」ということを悟られないために「女の嘘」をつき続けるだろう。
ヴィトゲンシュタインは、現在のインスタグラムのような写真に「もっと写真の哲学的解釈を加えてもいいのではないか?」と考えていたようだ。
「詩の解釈」だけではなく「写真の解釈」をあくまでも哲学者として考えていたのだ。




お父さんに「未成熟な膣」にちんちんを挿入され、中学に入って、男子のうなじの毛がトラウマになり、「男と女ってどう違うんだろう?」と考え、アニメを見ることで「髪の長い女」になることを覚えた中川翔子。
【悔いを残した男の男らしさ】
【仲間づくりのための女の局部】
【終末思想への悪意】
中川翔子 Ray of light.

人間は「セックスに関する真実」を探求している。
写真の世界にも「キュレーターが必要」としたのはヴィトゲンシュタインだった。
版権を自分で握っているうちは写真は売れない。
キュレーター(評論家)がいなければ、美容院と歯医者の問題は写真からでは解決できない。
「性行為非公然性の原則」は私有財産である。
そのために「ブレイクする写真」は生まれないのだ。
写真を語るのならば「心」を語らなければならない。
メンタルピクチャーとは常にセックスのことを語っている。
名誉毀損なのかどうかは、人気投票をして見なければわからないが、誰も「売れる写真」を撮りたいとは思っていないのではないか?と思うことがある。
インスタグラムは、「評論されることを待っていて、お金の山なのではないだろうか?」と私は考えている。
名誉毀損にならないためには「淡々と哲学を語る」と言う姿勢が必要だ。
個人情報を経験だけで晒すキュレーターには悪意しかない。
言論の自由は「写真の登場」を大歓迎した。




無防守都市への無差別攻撃であるが、敗戦国としての立場上、賠償請求権は放棄する宿命にある。
「親に愛されていたのに殺された。悲しむ男女が大勢出るだろうな。殺すなら親や女たちに憎まれている兵士を殺してくれ」
【悔いを残した男の男らしさ】
【仲間づくりのための女の局部】
【終末思想への悪意】

写真の登場で、哲学産業が大盛り上がりしたのだ。
しかし、今までの「女の子と話してきた」伝統を大事にして欲しかったのだ。
特定の女性を大事にするポジティビズムは写真の評論には向いていない。
写真は「緑は緑」としか写らない経験論にもとづくものだ。
しかし、これも哲学と合流した。
フランス派とドイツ派に解釈が分かれることから始まっている。
人々が「哲学してんな」と感じるような明晰さをもって評論しなければならない。
一般論としては「悔いを残した男の男らしさ」が写真になっていることが多い。
また、「仲間づくりのための女の局部」であることも多いとされる。
男が「写真を撮りたくなる時」と言うものを考えるとこのような動機だろう。
しまいには、そもそも「命」というものが発明していなかった「死」を撮影し始めるだろう。
写真家ほど「死後も生き続けたい」と考える人種も珍しい。
自分の撮りたい写真を撮って「美容院や歯医者に行ける」かどうかは明らかではない。
しかし、「終末思想への悪意」をもって撮影しているのは共通認識にしておいていい。
ヴィトゲンシュタインは、これらのことを明らかにしたのちに哲学の世界を離れて戦場に向かった。
Duran Duran Rio.

話を「美容院と歯医者」の話に戻そう。
特定の女を大事にするフランスの立場が「子供たち」に関心を持つ方向に向かうのは当然であった。
ブログの「育児ママ部門」である。
そもそも「仕事として子育てをする」というのはイギリスの王室やハプスブルク家を起源としている。
これらの「育児ママ」たちは哲学の専門家であり、自分たちの問題を庶民に「トリクルダウン」させようという発想があった。
王室の男たちにとって「離婚」は破滅を意味したので、「大事にされる妻」は存分に育児ママとしての生活を満喫できた。
「皇室の美しい女性たち」という写真集は日本にもある。
庶民の女たちは「共感」することもあれば「私の方が正しい」と思うこともあった。
果たして「皇室特番の話題さえ共有すればママさんたちが綺麗になれる」かは分からないし、今後の課題であろうが、今はブログで自分が「王室の女」を演じることができる時代だ。
綺麗事ばかりの「育児ママ」は上位にはなれない。
「悩んだ時の肉声が非常に頭がいい」
これが育児ママ部門の上位になる秘訣だ。
哲学者が育てた娘たちが王室に嫁いでいたのだから当然であるとも言える。
丸腰の「育児ママブログ」がどれほどの悪意にさらされるかは想像に難くない。
他のママさんたちの悩みの答えの鍵が「鉄でできている」から王室の支持率は高い。
【娘にシカトされるのが教祖の仕事ですよ、と夫が言ってました】
ANAK息子。

大人までもが「タイムマシーンに乗ってこんなお母さんに育てられたかった」と思わせるような「育児ママ」がいちばん人気があった。
本当にうまい育児ママブログを書く女性は「行きたい美容院に行けるし、近所の歯医者にも行ける」ものだ。
しかし、「母は間違いを犯すのが当たり前である」ということを知らないと娘がブクブク太ってくるだろう。
このことと向き合わなければならないのが王室だった。
そのため「ママの小言」という具合に多様性を持った表現を用いなければならないことがある。
高橋由美子 わたし。

夫婦喧嘩は犬も食わないので、夫の言葉は「神」の言葉として表現する必要もあった。
それも「育児ママ」の力量というものだろうね。
「高学歴の女は綺麗になれる」と王室を見て女たちは語り合った。
だいたい「育児ママ」のブログの作り方はこんな感じであるが、実はこれが分かっただけでも「これを宣伝してください」という依頼がくるレベルなのだ。
特定の男をパートナーにしたのならば、もう「恋話」は聞けないな、という意見もあった。
また、子育ても「読んだだけのこと」ならば多くの人の共感を呼ぶが、「共感だけを狙う」という姿勢は批判された。
擬装結婚していても言えるようなことばかり言っていると「神・男の肉声」が聞こえなくなるとされたのだ。
「神・男の思考形態」まで知りたいと思われるのが育児ママ部門だった。
「どんな男に大事にされているのかしら?」という関心が寄せられたのだ。
「男って素晴らしいね」と言うのはもはや宗教だった。
子供の人生の進路を決めるような言葉を妻と夫は奪い合っている。
しかし、育児ママブログではそれも妻が握ることができた。
だが、これも「男の言葉」とした紹介する必要があり、「言語ゲーム」と呼ばれた。
この世界に「ママ友」は喜んで写真に写りに来た。
「男に大事にされている」というのはママたちにとってそれほど大事なことだったのだ。
王室支持率の高さはこれらのことが分かっていたからもたらされたのだ。
Wink 結婚しようね。

男の心に「真実」はなくても、女心には「真実」が見つかったのだ。
このことを男が「仕事」に生かすのは当然の流れだった。
当然、スポーツビジネスにも活用されるわけだ。
複雑すぎるとも言われるが、それでも「真実」が見つかった以上、学問が「女心の定義」に向かうことになった。
「常識を知って?」という女は、男に「女心の方が男よりも簡単だ」と言っているに等しい。
女と向き合わない「書斎人」に特に言いたかったのだろう。
女心に真実が見つかったことは、スポーツビジネスに「男女を問わず人気のある」サプライズを引き起こした。
これは金になると思ったスポーツビジネスの世界はギリシャ哲学まで遡って「総復習」を終えた。
その結果、「詩というのは女心から来た」ということも真理として確定している。
スポーツビジネスだけではなく、そもそも「男女を問わず人気のある」ものそのものが「女たちの支持を得た」ということが明確になった。
「私」という言葉は男女が使うが、「神」というのは男のことだった。
ここから「神に真理は存在しない」ということに気がつくべきだったのだろう。
キルケゴールはこのような「明確な」モデルを理解しない哲学者を歴史から抹殺して、のちの世代にいい先生だけを残した。

【女は快楽主義に浸っても、失うものはほとんどない】
中森明菜 2分の1の神話。

すぐれた「男」は、これらの学問体系を理解したのならば腐ってる場合ではなくなるだろう。
哲学とは仕事のデパートだったからだ。
また、哲学は「女の嘘」を相手にすることに決めたのだ。
女たちは「フランス国王はハゲだ」(そんなの関係ねぇ)というような笑いを求めていたし、スカートを履いた。
スカートを履くと「神の姿を真似していない」ことを意味したし、真実を持っていることを意味したため、行きたい美容院や近所の歯医者に行けたのだろう。
「女であることを愛している」というメッセージを出すことが大事だった。
スカートを履くだけでも、男たちの「政治」の対象になることを意味したし、ある意味「挑発的な服装である」と言えた。
色、音、形を想像させるためにこのようなことが語られたのだ。
女がスカートを履くと、まるで雨が降ったかのように男たちは同じ行動をとった。
夫に大事にされていて、夫のおかげで好きな美容院に行けて、近所の歯医者に行ける女はスカートは履かないだろう。
「女の嘘」というものは時には男の世界を狭めてしまうこともある。
「あの女と寝たという噂は本当ね」という女が、わざと男の世界を狭めている。
しかし、「男の勇敢さを讃える」という女の考えは男の世界を狭めてやろうという発想とぶつかり合っている。
「勇敢な男と」「寝た」という女の永遠の嘘は「彼は素敵な人ね」という意味だとしか思えない。
その男が今後生み出す「結果」とお金に興味があるのだろう。
ribbon 哀しい方の嘘。

「女の嘘」のおかげで世界が狭くなって絶望的になってはならない。
「言葉にする」だけで爆発的に世界が広まるのだ。
フレッジはこのことから「10万人の女と寝た」と豪語していた。
東大法学部は「男社会の用語」に満ちている。
それは「守り」の学問であって「攻撃力」がない。
「女と話した経験」が少なければスポーツビジネスには使えない。
国家統治のために「独自の言語」を発達させたのが東大法学部である。
しかし、女性芸能人を口説く力が東大生にあるであろうか?
このことはチョムスキーが指摘していた。
官僚用語と永田町用語を巧みに使い分けることを本ブログは目指している。
政治家は「女性たちに人気がある」という点で官僚とは異なるのだ。
ジャック・デリダの「脱構築」とは「派手なサラリーマンの奥さんを作ろう」というムーブメントであると同時に、「政治力のある官僚を生み出そう」というものでもあった。
女と話した「経験値」を高めるのが政治力である。

【略奪愛の方がヘンタイプレイをされないから安全ね。私は神の子だから】
Wink 愛が止まらない。

哲学の将来を語るのであれば「好きな美容院に行ける、近所の歯医者に行ける」という現象学と、「女の嘘」に関する分析哲学の二つの方向性が指摘できる。
女流作家が「これが面白い」と思うようなことを、より細かく研究していく必要がある。
なにしろ、女流文学は作家が「より綺麗になりたい」と思って書いているのだからね。
英語圏の強さと、その覇権の攻略をうかがうヨーロッパ大陸の関係も大事だし、アメリカ合衆国内部でも権力により近い東部の男性社会と、女たちとより多く話している西部の関係を見ていかなければならない。
どの国のどの地域でも言えることは「美しい女を眺める」ことが哲学の仕事だということだ。
「どんなブログを書いているのか?」「どのようなパートナーに恵まれているのか?」などを女の美しさから見ていかなければならない。
ただ指摘していいのが「今はキリストの庇護が強烈な時代だ」ということだろう。
覇権を争っている連中がみんなキリスト教(セックス政治)を信じているんだよ。
財務というのはそのようにやるものであると歴代大統領や将軍たちが信じているのだ。
これほどキリストが強いと、「プロレスでキリストが負ける」方向を世界が見てしまう可能性もあるね。
ふたつにひとつ 瀬能あづさ。

« じっと見つめる瞳。 | トップページ | 色。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちいい。:

« じっと見つめる瞳。 | トップページ | 色。 »