最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 三浦海岸の海開きを待て。 | トップページ | じっと見つめる瞳。 »

2018年3月31日 (土)

私の顔。

女は日常生活においては「お澄まし」した顔をしている。
その時の顔で、男から話を聞き、男に長話をし、この人は素敵ね、と思ったりする。
私の顔 タンポポ。

仕事もこの時に行うのであり、女があえぐ表情をした時に仕事は終わる。
女があえぐ表情をすることは女への侮辱ではない。
しかし、日経平均株価が確定するだろう。
この表情をさせるためにどのくらいのエネルギーを用いたのかが日経平均株価であり、ペニス増大法のようにヘトヘトになる作業であっても、口説き文句を学ぶために疲れ果てても株価が上がるという意味では同じことである。
図書館では「悶々」とするだろう。
知性の蓄積が図書館にはある。
しかし、どれほど図書館を磨き上げるかは作家の仕事であり、日経平均株価を上げる力量も作家次第である。
ロマンスは偶然の仕業。

社会の安定は「図書館の本」からもたらされているのであり、女たちは図書館で悶々としている。
図書館でお澄まし顔をしている女の子の表情を「あえぐ顔」に変えるのは簡単なのだ。
喫茶店やマクドナルドに誘ってみよう。
図書館内での破廉恥はご法度だ。
知性に憧れて女の子は図書館にいたのだ。喫茶店やマクドナルドでも知的な話をしよう。
世界の広さは男の方がよく理解している。
どの女にもパートナーはいるという基本を踏まえながらも、フランスはともかく、イギリスやドイツでは図書館が発達した。
図書館帰りの喫茶店などはしっかり確保しておこう。
図書館の目的は「お澄まし顔」の女の子をあえがせるというところにあるのだ。
【結局、図書館には何があったの?】
何もないようでいて、いろんな本が「女心の定義」をしている。
喫茶店で女心の定義(政治)を行うのだ。
「いろんな本がありますね。貴女が知りたいことはなんですか?」
絶対解ける問題。

「ヘーゲルって知ってる?女性の表情の研究をした人なんですよ」
毎日毎日、懲りもせずに図書館に通う年寄りほど図書館のこのような楽しみを理解していた。
女子高生すら話を聞きに来た。
図書館の知性さえ用いれば、携帯電話の番号に女の子の名前がずらりと並ぶだろう。
「百科事典のような男」にしかできない図書館活用法なのだ。
「俺、東大法学部」というだけでも税金は高いだろう。
図書館には「人間のセックスの歴史」しか記されていないことも女子高生は知らなかった。
仕事に関する本、勉強に関する本、口説き文句に関する本の三種類があるが、すべてが「セックスの歴史」だということを知る必要がある。
本を読むのは仕事であった。
知性に憧れる女の子とセックスすることができたのだ。
男は「読んだこと」を女の子にベッドで話しているだけだった。
キルケゴールが「読むべき本」を示し、カントが作りたかったバベルの塔をヘーゲルは「図書館」という形で普及させた。
バビル2世。

だいたいの「物事の考え方」が分かるようになったら、あとはいろんな応用を効かせて女の子に話すだけだった。
ヘンタイプレイさえしなければ、女の子は知識を教えてくれる男目当てに図書館に行っているようなものだったのだ。
男が読んで、女に話す、それは日経平均株価の値段が儲かる図書館の仕組みであったし、男女に人気があった。
「世界の中の私」を知るためには図書館には外国語の本がなければならない。
本ばかり読んでいると従姉妹や妹しか女はいなくなる。適度に女の子に話しながら読書をした方がいい。
図書館通いする女の子は成績が良かった。
いい「先生」をゲットしたのだろう。
先生にサービスするだけで良かったのだ。
ちんちんを入れてくれない男の言うことを聞く気にもなれなかった。
「世界の中の私」さえわかればどの科目も成績は上がった。
「考え方」をシンプルに伝えることが大事だね。
そもそも「教えたいこと」があったから声をかけたのだろう。
勉強の歌 森高千里。

男女ともに「動物」になったあとは、男社会の用語を女言葉に直すのも簡単だった。
「世界は今、こんなことを考えている」
それが分かればいいのだ。
女の子はセックスをして初めて「譲れないもの」ができる。
男の子はセックスをしないうちは「なんでも譲ってもらえる」と思っている。
東大生もセックスをして初めて周囲の怒りの研究を始めたりするものだ。
「なんでもやっていいわけではないのね」
女の子は人生の道を歩み始めるのだ。
「先生のために生きようと決めたの」
磁力が引き付け合うように男女は距離を縮めるだろう。
「俺みたいな先生がいても彼女は友達ができるのかな?」という研究から行った。
しかし、女の子たちも「東大生彼氏」と呼んで憧れていたようだ。
友達が認めてくれるのならば、勉強するのが正解かな?と女の子は思った。
セックスをすることにより、学問の答えが見えたし、勉強にも忠実になった。
女子高生のスピリチュアルライフはこの時に始まっている。
スピリチュアルな生活があり、勉強があり、動物としての生活があることがわかった。
すべての調和が取れる生活は、男子にはなかっただろう。
男を「悪である」とは言えない側面を知っていたのはこのような女の子であった。
このような「東大生彼氏の作り方」は、週末に教会に通うキルケゴールの考えに反したし、相手選びがかなり直感に頼っているという意味では祖先崇拝のないものであった。
アメリカ型個人主義とも言えるものであり、生涯を「聖書を祖先」としなければ健康が維持できないものだったのだ。
女子高生の主張 松浦亜弥。

聖書の読み方「ナオビノミタマ」。

学校の外でのコネクションはそのようにして作るのだ。
男の方が「読書に強い」ということを理解しなければならないし、女の子は自分の心を知りたがっていた。
あくまでも「知的な」出会いだったのだ。
女子高生は「女心の定義」(政治)さえ教えてもらえれば、教科書なんて自分で読めるものだ。
男に弄ばれて「全力で潰してやろう」と女の子が考えたり、人生が絶好調の東大生の「人生を邪魔してやろう」などという女心さえしっかりと整っていれば成績は上がる。
出会いの場を与えてくれた教会(神社仏閣)は二人で大事にした。
勉強の「孤独感」からも解放されたのは大きかった。
ヘンタイの存在が明らかになったおかげで1999年には教会(神社仏閣)にノーマルな男女の「すべて」が出揃っていたのだ。
ロマンスかくれんぼ。

東大に入って「従姉妹しか女の子がいない」ということはちょっと想定できない。
自分の学業はあるだろうが、彼女がいなければすぐにガス欠を起こして時間を無駄にすることになる。
難解なハードカバーの本を「女心に響く」読み方をするのが学問というものだ。
いじめは「真理」だったために彼女は東大生彼氏にどうしても会いたがることも分かった。
「女子高生の彼女がいる東大生」のことをヤングヘーゲリアンと呼んだのだ。
若い女のからだは男にとってエネルギー以外の何者でもなかった。
東大生ならば何でも教えられるであろうが、「二科目抑えたら先生たちは動けない」というツーポイントのデュアリズムを教えることが重要だね。
ツーポイントは「神の教え」でね。野球でもボクシングでもバスケットボールでも「二つの選択肢があって他に情報がない」のならば相手は全く反応できないものなのだ。
しかし、相手が女子高生だからといってヘンタイプレイはしてはならない。
彼女なりの憲法を持っているのだからね。
東大生は頭の上からどんどん法則を落としてきて彼女に話ができるような境地を目指しているだけだし、それが学問というものだ。
女子高生は「女神」としての本質を身につけていたし、神は最も知的な男として率直にメッセージを出さなければならない。
男女の「コンピレーション」とはヤングヘーゲリアンと女子高生の関係を言った。
恋のセクシームーヴィング。

キリスト教の歴史は「女のからだ」の可能性の探求の歴史であった。
近代の「処女の発見」以降、女子高生がマーケットに入ってくるのは必然だったのだ。
女子高生にペニスを見せた時の喜びは形容しがたいものがあった。
しかし、その結果に責任を持つことも覚悟していた。
女子高生はお約束のごとく拒絶したが、「東大生であること」「結婚を約束すること」を最初に行うことが大事だった。
彼女のからだをまじまじと見た。
これが「祖先崇拝から決別した」男に許されたものだったし、その後の人生は聖書と教会に委ねることを意味した。
身分制社会ではなかった。学歴社会なのだ。
「男のコになりたい」という女子高生の心理も利用したのだ。
学問の目的が分かったのでいい論文も書けた。
女子高生彼女の存在が先行し、「彼女に話したいこと」は自ずと学ぶようになっている。
彼女とはまだ家庭を築いた訳ではないので、散々「女心」について語れるのだ。
自分以外の「女の子」の心が分かることが大事なのであり、それは読まなければならないものだ。
彼女の全身を痛くさせてはならないし、もし痛いというのであれば、彼女の長話を聞き、彼女が男の子孫を残すことを考えると緊張するということを話さなければならない。
恋じゃなくなる日 B'z.

このような「女子高生を彼女にする東大生」をヤングヘーゲリアンと呼んだが、マルクスもヤングヘーゲリアンでありながら、「働きすぎ、勉強のしすぎならば従姉妹と結婚しろ」と言った。
(共産党宣言)。
彼女は東大生彼氏に力を与えていることを知らないといけないし、キルケゴールがすでに「哲学の先生一覧表」を明らかにしていたことから、東大生彼氏にしっかりとした教科書を与えなければならない。
髪の長い女がいるからこの国は平和が保たれている。
髪の短い女はお父さんとの関係がきわめて難しい。
髪の短い女がお父さんとうまく関係を構築しているのならばお金には困らないだろうが、セックスするときに痛がる可能性がある。
髪の長い女の子はわりと未成熟でもセックスに感じたりするものだ。
ハードカバーの本は何を語っているのだろうか?
彼女のことに決まっているではないか?
若い彼女との沈黙を楽しみたいと思うのであれば、それはもはや「譲れないもの」であり、学問をやる強烈なモチベーションになる。
Be happy 恋のやじろべえ タンポポ。

お互いがお互いを「譲れないもの」と考えるヤングヘーゲリアンと若い彼女は「壊れていくパートナー」に怯えること以外に別れる理由がない。
壊れていくパートナーが怖くなくなるためには医学を知らなければならない。
そのために、医学も私はコンパクトに示したい。
歩いている人の医学。

単なる「勃起したおちんちん」なのか「私を世界に導く男」なのかの違いが「壊れていく私」の目の前にあるのだ。
女の方が「問題の少ない愛」を知っている。
しかし「壊れていく」のも女の方なのだ。
東大生彼氏もこの問題から逃げなければ、仕事とは何か?が分かるようになる。
医学とは「若い女の子」を治すために発展したのだ。
若いカップルを祝福するために医学というものはある。
壊れていっても治したくなるほど可愛らしいというのは祝福以外の何者でもない。
東大生彼氏ができることは、800のお星さまを否定することであり、一神教であるが、勉強というのは学問とは異なり「どの先生でも同じことを言う」という「神の否定」がなされている。
「みんなと同じ答えを出す」のが勉強であるが、東大生彼氏の「専門」は「女学」であり「政治学」であって、違う答えがあるのならば企業や役所が聞きたがるものだ。
学問の世界では、「女心に正解はない」という形で異なる神が共存している。
落ち着きがよければ女はそれでいいのであり、「心の全てが分かるわけがない」ところに恋の秘密もありそうだ。
東大に入ってしまえば成績はさほど関係ない。
むしろ「成績優秀な処女」を壊したくなるものだ。
音楽作品にも絵画にも「正解」はなくなる。
「世界が言っていることが理解できる」ということが女子高生にとっての喜びであった。
勉強はやればやるほど上達する。
しかし、学問はセックスしなければ分からないものだ。
猫舌心も恋のうち。

勉強をすでにマスターしている東大生彼氏とのお付き合いは女子高生にとってはスピリチュアルなものであった。

« 三浦海岸の海開きを待て。 | トップページ | じっと見つめる瞳。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の顔。:

« 三浦海岸の海開きを待て。 | トップページ | じっと見つめる瞳。 »