最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 友達のいない人などいない。 | トップページ | おじさんの夢。 »

2018年3月 6日 (火)

ナオビノミタマ。

男を讃えなければならない(ヘブライ人への手紙11:6)。
恋人を持たなければならない(使徒5:14)。
勇敢に働かなければならない(ヤコブ2:26)。
この三つの教えに誠実でなければ、いかなるゴスペルも理解できないだろうとされる。
ribbon サイレントサマー。

キリストや歴代の王たちが何を考えていたかは、この三つの教えにしたがえば理解できるし、お金がまるで蜜に集まってくるように寄ってくる。

男として生き、恋人を持ち、働くことは、自分以外の人間を愛することを意味し、自分に何かが足りないという思いをなくさせるものだ(ペテロ2 1:4-8)。

【恋人を変えればセックスの感じ方も変わるだろう】

恋人を変えたら世界が清々しくなるんだ(使徒6:1)。
希望を失ったのならば恋人を変えるしかない。
言葉が不毛な時(ローマ人への手紙10:8)、悩みが一向に解決しない時(ローマ10:17)。
しかし、男として生き、恋人を持ち、働くという三つを守っても解決しない時に限っての話だ。
人々が悪意を向けてきても、男らしさとは何かに常に耳を傾け、自分の復活を待つ(箴言29:18)。
読んでいる本がいけない場合と、恋人に翻弄される場合と、言葉が足りない場合の三つが敵となるだろう。
そんな時は、あなたのヒーローを思い出すといい。
すべてがうまく行っているからヒーローなのだ。
やり方が間違っていないと思うのであれば、あなたもヒーローの映像を見て前に進もう。
日本シリーズ 濱口。

このようにして成功体験を積み上げていくと、あなたの姿勢は使徒としての行動になっていくのだ。
何に対して無知だったのか?何が想定外だったのか?いろんなことが分かるようになる。
男らしく生きる、恋人を持つ、勇敢に働くという三つを持たないのであれば運転もやめたほうがいい。
子供でも「悪いことをしている」ということは理解している(使徒20:11)。
果実の実り方が異なる人と出会ったから悪さをしているのだ(ルカ6:44)。
恋人から多くの影響を受けるだろう。
そして、人生が楽しくなっていくだろう。
SPEED I remember.

おちんちん、道、態度、女のからだの四つがお金だと分かるようになる。
お金の流れが止まった時に「別れろ」というメッセージが出されたことになる。
2800万人のアメリカ人がタバコを吸うのをやめた。
それはマラソンをするためだ。
レベッカがキャメルを吸ったから私もタバコを吸った(創世記24:64)。
タバコを吸っても喉は乾かない(イサク42:3)。
タバコを吸ったぐらいで願い事が叶わなくなることはない(申命記30:10)。
悪い感情の全てを忘れられる(エフェソス4:31)。
でも、タバコを吸っている女の子には恋をしないかもしれない(マタイ5:28)。
それ以外は、兄弟たちと同じように振る舞うだけでよかった(創世記4:9)。
音楽作品をこよなく愛せば何が悪かはわかった(ヤコブ4:17)。
globe anytime smokin' cigarette.

あなたは肉体の所有者だ(コロサイ1 6:19-20)。
すべての悪は肉体の外で起きる(コロサイ1 6:18)。
恋人を愛し、そして食べよう(ローマ14:23)。

【これが聖書の原則だ】
マークは非難される男ではない(詩篇37:37)。

イエスはサマリア人の街(医学部)に入ってはならないと語った(マタイ10:6)。
医学部など6年間の懲役に等しかった。
父親の免許を引き継げばいいと考えたのだ。
医師免許をもらった時点で勉強を辞めてしまうものがいる(ローマ13:4)。
一人でなら1マイルしか歩けなかったのに、彼がいたら二マイル歩けた(マタイ5:41)。
これこそが人生の医者ではないか。
人生の道を歩めば私の言っていることが分かるようになる(ヨハネ14:26)。
十分、知的な人間になれたと思うのならば、タバコを買うお金で何かの食べ物を買ってみよう。
タバコをやめる悩みがなければ主と出会うこともないだろう(ヘブライ12:14)。

セックスの感じ方が変わると確信が生まれる。確信が生まれると表情が変わる。表情が変わると態度が変わる。態度が変わると振る舞いが変わる。
振る舞いが変わると性格が変わる。
「誰も見ていないこと」はこのようにして表に出てくる。
偉大な指導者は大きな障害物を乗り越えている。
1831年にビジネスに失敗し、翌年、選挙で落選し、また翌年、ビジネスに失敗し、1836年には心を病んだ。
1838年から1858年の間に7回の様々な選挙に落選し、1960年にリンカーンはアメリカ合衆国大統領になっている。
「大勢の男がおちんちんを持っていたが、誰よりも成功について考えたからだろう」とリンカーンは語った。
カーネギー財団は、15%が「女心を定義する」インテリで、残りの85%はそうではない労働者だった。
「なんで私が?なんでこれを?なんで今?」をなくすだけで指導者層に入れるのだ。
結婚に失敗しても、仕事を憎んでも、エジソンは「多くの人はチャンスを逃している。なぜならそれはさも面倒な仕事のようなオーバーオールを被っているからだ」と語った。
モーニング娘。ここにいるぜぇ。

ヨシュアは、モーゼの亡き後、後継者になったが「これらのことを胸に刻め、多くの人をしたがえることができる。極めて大胆に信じろ」と言われた(ヨシュア1:8-9)。
みんなこのように物事を成立させたいというイエス・キリストと同じ衝動を持っているだろ(ピリピ1:21)。
人生は10%はあなたが創造したものだが、90%はあなたが獲得したものだ、とも言われる。
人生はできないことが多いが、それ以外に逃げてもいい時と獲得していい時がある(コリント1 10:13)。
能力に限界があっても獲得しに動くことがある。こんな時に神を信じるんだろう。
みんながやっているからいじめられっ子の靴を蹴る人間にはおそらく「性格」というものがないんだろう。
セックスの気持ち良さから考え直さなければならないね。
性格の見えない奴は貧しいよ。
AKB48 ジャーバージャ。

左脳と右脳がある。左脳は「何がもっとも楽か?」を考え、右脳は「何がお金になるか?」を考える。
左脳は「私が気分がいい時にやる」と考え、右脳は「それをやったら気分がいいだろう」と考える。
右脳は左腕だし、左脳は右腕だ。
左右をバランスよく使い分けなければならない。
今日来た人間は追い返し、また来るようであれば招き入れよう(ルカ9:23)。
星が降るのは右脳ばかりだ(ルカ6:33)。
やりたいことは人間ではなく主に言おう(コロサイ3:23)。
男を説得するのではなく「トップダウン的にやらせてもらう」と言うしかないことがあるのだ。
左脳に傾いている人間を右脳に傾いた人間が目を覚まさせるためには「お上」の存在が必要なのだ(マタイ5:44 46-47)。
若者は能力にも限界があり、時間も十分に与えられていないためにエレミアのために「予言省」を設けた(エレミア1:6)。
若さを言い訳にするな。私の命じるままにその場所に赴き、発言しろ(エレミア1:7)。
時にはそのような若者を神が助けることがあった。
人々が読みやすいようにタブレットを与えよう(ハバクク2:2)。
成熟したものたちにもその予言の素晴らしさがわかった(ピリピ3:14-15)。
心を病んでも腐らずに努力すればそのようなことになる(箴言13:12)。
いずれはパウロみたいに女に詳しくなるんだろうなとされた(ピリピ4:13)。
AKB48 #好きなんだ。

予言が当たった若者は神の息子のような姿をしている(ローマ8:29)。
周囲の変化にうまく順応して生きていかなければならない。
人々が「あいつはイエスキリストだ」と語り合うまで働け(ピリピ1:6)。
変化に順応すると言っても「普通じゃないな」と思われる変わり方であってはならない。
変化とはお化粧みたいなものであり、人々はいまだに「男らしさ」を語り合っているのだ。
根っこを張り巡らさなければ人間が変わることはない。
勝つための準備は、必要だというよりはもはや命令であった(ピリビ3:10)。
昔のことは忘れる必要があった(ピリピ3:13-14)。
神のように安らかな気持ちになるんだ(ピリピ4:9)。
交友関係が変わったのならばひたすら忍耐強くあれ(ヘブライ12:1)。
彼らの競争は極めて特殊なのだ。なにしろ本当にキリストを見たがっている連中なのだ(ヘブライ12:2)。
モーニング娘。 Do it now!

エジソンは白熱球を作る前に多くの失敗をした。キリストは罪人を救うためにいる(テモテ1 1:15)。
失敗にあなたをコントロールさせてはならない。失敗は失敗をコントロールさせなければならない。
失敗は常にあなたの作業をやめさせようとしている。
同じやり方でなかなかパフォーマンスが上がらなければ休養したほうがいい(ローマ7:18)。
勝負はしないけれど練習するというのが一番良くない(ローマ7:19)。
結果を出さないで練習することほどバカげたことはない。
上達して結果につながるからイエスキリストは罪や死から自由になれたんだろう(ローマ8:2)。
すべての対人関係と和解するためには結果を出すしかない(テサロニケ1 5:23)。
結果を出すために試練の場を作ろう(テサロニケ1 5:21)。
誰が一番、信仰心を持っていたのかを証明させよう(テサロニケ1 5:24)。
「女学」はのちの時代は今ほど苦労はしないんだよ。
wink 愛が止まらない。

女たちの「男らしさを語り合う論壇」はこのようにして聖書が準備したものだ。
それはもはや「産業」であった。
一方、男の側も「女心を定義する」ことを学習した。
マドンナもマイケル・ジャクソンもこのような聖書の裏付けがなければ生まれなかっただろう。
聖書だけ読んでいれば生きていける(ヨハネ8:44)というのも一つの考えだろう。

第一に、最初に勉強(大工)において女の子を上回らなければならない(コロサイ2 11:3)。
今までにニューエイジやスピリチュアルにはまったことがあるのならば音楽は愛せるだろう。
イエスは「殺すな盗むな、破壊するな」と言ったが、音楽はその教えを体現している(ヨハネ10:10)。
第二に、周囲の男子すら上回らなければならない(詩篇51:6)。
そのためにはいい先生を持っていなければならない(ヤコブ1:22)。
先生は下ネタをふんだんに教えるという罪深さを持っている(ヨハネ1 1:8)。
下ネタを知らないものは何者でもない(ガラテヤ6:3)。
我々は人を年齢で判断している(コロサイ1 3:18)。
女の子とセックスした時に、自分も罪深い男だったということを知る(コロサイ1 6:9)。
真実を知る用意ができた、あなたはこれで自由になった(ヨハネ8:32)。
第三に、女の子は誰に「許す」かを常に考えていることを知る必要がある(コロサイ2 2:10-11)。
女の子は名簿まで作って男を見ていたのだ。
男同士で殴り合いになったらその意味を知らなければならない。
第四に、学級崩壊したのならば「性」の対策に失敗したと悟らなければならない(マタイ8:10)。
生徒同士(ローマ13:17)、先生(ヘブライ13:17)、両親(エフェソス6:1-3)、夫たち(ペテロ1 3:1-4)、などに性教育の問題が記されている。
第五に、なにが本当の自由なのかを見失うことになる(ヨハネ8:36)。
学級崩壊させたくないからセックスを許可したのにみんなが自由を失うことを知った(ヨハネ1 1:9)。
第六に、「間違ったヒーロー」が跋扈していることを知る(ガラテヤ5:24 創世記20:4-5)。
やっぱりイエスキリストだよなという気分になるのだ(コロサイ2 4:14)。

これが理解できるのであれば聖書は生涯の友達となるだろう(ペテロ1 1:16)。

いろんな「しくじり先生」はアメリカにも大勢いる。
働きすぎて離婚したもの、野球でボストンに入っても学歴のなかったもの、妻としての生き方に不満を覚えるもの、そして何度も選挙に落選するもの。
この「四つのしくじり先生」が聖書の必要性を生み出していた。
しかし、「女としての妻」の女心から学ぶというのはもはや鉄則とも言えた。
ピューリタンが1630年に初めてアメリカの大地を踏んでから、女たちは「コットンマザー」と呼ばれるようになっていた。
トマス・ジェファーソンは「彼女たちのおかげで国が作れる」と考えたのだ。
ベンジャミン・フランクリンは「何のためにペンシルバニアで新聞を出すのか」を知った。
女心に働きかけるのならばアメリカ合衆国で偉大な聖書が書けると考えたのだ。
トクヴィルがアメリカ合衆国において「聖書」の執筆を始めたのだ。
アメリカ合衆国はご先祖様を崇拝して腫瘍を治す日本のような国ではなかった。
共通の「ご先祖様」を作る作業が「聖書」の執筆だった。
この「祖先崇拝を聖書に委ねる」ことをアメリカ個人主義と呼ぶのだ。
レベッカ コットンタイム。

性行為非公然性の原則(私有財産制)を背景に、人々は社会に出て行った。
祖先をもたない者たちが教会に集まった。
トクヴィルの偉大な発明がアメリカ合衆国における聖書である。
【自分の聖書を持ってください】
これだけで無病息災が約束されたのだ。
教会では、様々な精神医学に関する相談をお互いにしあった。
歩いている人の医学。

みんな健康をお祝いしながらディナーを共にした。
給料の10分の1を社会保険料として納めるのならば今の日本でも行なっていることだ。
教会には多くの人脈があり、医者も当然いた。
お金と権力と美女を教会に溶け込ませることが大事なのだ。
その教会で男女の人気を得ようと思うのならば他人の役に立つしかない。
新フロイト派も山ほどいた。
垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

教会で「末永いお付き合い」を約束する人も多かった。
牧師さんでも医者でもない人でも人間を知る必要があった。

精神病について。

しっかりと休養をするということと、長時間労働を批判したということから、教会は「従姉妹や妹」に恋する共産主義に反対する姿勢を示さざるを得ない。
女子大生である娘にいいお相手はいないだろうか?と考えて教会に行く人もいた。
ちょっと心を病んだだけの「金の卵」も大勢いたし、健康などすぐに取り戻せたのだ。
牧師はそこいらの医者や弁護士と変わらなかった。
教会で政治家としての腕を磨いたという人もいた。
指導者層は覇権国家の情報を常に見ていたので「権威」と呼ばれた。
男女を幸せにする力量があったのだ。
祖先崇拝や「イエの論理」がほとんどなかったアメリカ合衆国において教会は大ブレイクした。
トクヴィルの業績だった。
逆に「家柄」を持ち出してもなかなか成功できない人がいたのも教会での試練を経なければならなかったからだ。
【聖書をより洗練させること】
この作業がある限り、アメリカに祖先崇拝が根付くことはないし、個人主義と呼ばれる社会は続くだろう。
すべてを理解している指導者を共和党員と呼んだし、世の中すべてお手上げだという人は民主党員だとされた。
インターネット時代を迎えて民主党に任せたことも実際にあった。
河合その子 Please tell me Mr.朱。

誰も排除することなくアメリカ合衆国の国民の長生きを保障することにアメリカ個人主義の本質がある。
個人主義に立脚し、祖先を敬わないとすぐに「微熱が治らない」などと言い出す人がいるので教会の存在はかなり根の深い存在となっていた。
実際に神さまにお祈りすれば治ってしまうのだ。
下層階級にはなかなか受け入れるのが難しく、中産階級が教会というものをこよなく愛したのだ。
「郷土史」などのようなものも教会で調べなければ分からないことが多い。
隣で大統領や有名人が祈っている、というのも教会の魅力だった。
健康を握られたらみんな対等だったのだ。
クライスラー社も、教会に頼んで車を売りさばいていた。
健康や長寿とアメリカ個人主義、教会は密接に結びついていたし、背景には「聖書」という極めて完成度の高い書物があったのだ。
祖先崇拝をなくしたアメリカ合衆国において「愛と結婚」がどれほどダイナミックなものになったかは指摘しておいていい。
また、女たちは男をはるかにしのぐ多数派工作を行った。
愛が結婚や子供を産むことにつながるというイデオロギーが定着し、しかし、女には「家事」が委ねられた。
結婚とはお互いが貞節を守ることだと位置付けられ、人生の一コマとして存在したのだ。
アメリカ合衆国においては1970年に調査しても1980年に調査しても96%の女が「結婚とはいいものだ」と答えたが、残りの人生が今のままでいいのかと問われると60%が「ノー」と答えている。
「結婚に憧れたのは女子高生のような動機だったわ」と答えたのだ。
自分のことはそっちのけ、7〜8年前ならば耐えられたのにということばかり。
自分が本当にやりたいことが見つかることもあった。
教会は「それは我々の宿題にしよう」というにとどめた。
河合その子 緑のポインセチア。

愛に関する議論は極めてオープンになった。
離婚を経験した女は、その始末があまりにも面倒だったことを知っているので、すべての男を愛せるわけではないとしている。
「二人の歴史」を振り返ることの楽しさも知った。
結婚とは女にとっては「男にお金を与える」行為だった。
10年以上連れ添えばもはや「特別な人」となるのは当然だったのだ。
離婚は面倒だし、地域の記憶にも刻まれてしまっている。
「女子高生たち」はこのように結婚というものを見つめ直すようになっていたのだ。
それを踏まえた上で「働くのもいいんじゃないか?」と夫が言ってくれることも大事なことだった。

40%のアメリカ人が、週一回、宗教の礼拝に参加している。
女たちは「男らしさ」を語り合い、男たちは周囲に助けを与えていた。
アメリカ合衆国が「政府と教会の分離」を行ったことが社会保障制度を作るのを困難にさせた。



三浦海岸。

ローマ帝国の勃興により、ギリシャ哲学は存続の危機に立たされた。
そこでギリシャ哲学はエジプトと結びついてイスラエルという「美しい海岸線」に理想郷を作ろうと考えたのだ。
それはまるで、東京という帝国の前に私が三浦市と手を取り合って三浦海岸を理想郷としようというムーブメントと重なって見える。
もちろん、三浦市にも保健福祉部というものがあり「給料の12%」は皆、社会保険料として納めているが、それでもなお「聖書にしたがった観光づくり」は可能であると私は考えている。
凍りついた海、石ころだけの土地に「美しい女たち」を引き寄せるだけでイスラエルを作ったテセウスはのちのすべての政治家と比較された。
ローマとアテネしか巨大都市はなかったし、しかし、テセウスは祖父と母の願いを叶えるためにペロポネソス戦争で学んだことをアラブ人に対して向けたのだ。
ライオンの筋肉をしたヘラクレスと、アスラという娘をイスラエルに呼び、音楽作品を作ったら多くの男女が集まってきた。
いろんな女たちがそれぞれ悩みを抱えていたので、「女心の定義」をするための音楽作品が充実した。
テセウスは優れた音楽作品に「@」という印をつけていき、ペロポネソス戦争こそがいかなる敵にも勝てるやり方だったことを証明していった。
ヨルダン川の悩みを解決するためには「女心の定義」が必要だった。
嘆きの壁も作った。理想郷に入るための門もあった。門には入れないものたちが壁に向かって嘆いた。
いったい何時間嘆いたら門に入れるのだろう。それは音楽を愛することだった。
ribbon deep bleath.

男女には結婚式がある。日曜日は休もうという運動がイスラエルで起きた。
女は美しく着飾るが、男は「ひたすら男らしく」振る舞う「法に満ちた男」でなければならなかった。
ローマのユリウス・カエサルとエルサレムのイエス・キリストは常に同じ人物であるかのように同じ政治手法を取っていた。
ローマでは600年間、ハンニバルのような将軍は出なかったが、それでもローマの政治力は十分すぎた。
しかし、ローマの有名女の行き着く先はギリシャのクロトンと呼ばれる精神病院だったので、多くの政治家がクロトンまで旅をした。
イスラエルを作ったテセウスに並ぶローマの政治家はいるのだろうか?
若者と美女をプロデュースする旅だった。
テセウスこそが「エジプト王朝を滅ぼした堕天使」であるイエス・キリストであることは明らかであろう。
テセウスは、海の近くの精神病院に放り込まれて以来、教会法を父として生きることを決めた。
恋を見失った女たちを多く見たし、海岸では若い娘たちが「これからの人生」を夢見ていた。
ソロモンはパラセーリングを楽しみ、クルーザーをも操る若者だった。
テセウスにとってはその失った人生を託すのに都合が良かった。
かつては格闘家として知られらまたイケメンだったテセウスは凡庸な中年男として、しかし知的にいきていたのだ。
ラブラドールレトリーバー。

テセウスは海岸ビジネスで身につけた政治力でダルタニアンなどの年寄りに復讐めいたこともしたが、しかしダルタニアンの息子はむしろテセウスのボディガードをやったりしていた。
若い連中を中年が指導する、それは年寄りのための政治フォーラムではなかったのだ。
しかし、年寄りを救うための医学の資金の裏付けを若い世代が提供したことになる。
テセウスの息子がアドニスである。神は自分に似せて人間を作った。だからアドニスのために泣けると言われたが、アドニスは父の生き方を正当化するためにのちの人生を別の海岸線で過ごしている。
イエスキリストの人生を正当化するために生き、別の海岸で過ごしていたアドニスは実際は弟だったのかもしれない。
散々、兄に悪態をついていた弟も「兄貴のように」と言って海を愛していた。
テセウスが見た地獄の後には王冠が待っていたが、アドニスには何も残らなかった。
人生の失敗を悟り、テセウスが成し遂げたことを追いかけることしかできなかった。
【これが学問なのだ】
学歴だけがすべてではないと言ったこともあるアドニスだったが、学問が作り上げた海岸線を毎日どのような思いで眺めていたのであろうか?
人々はイエスに祈り、アドニスのために泣いた。
若い娘にオイルを塗れば、年寄りの寿命が延びる、このような仕組みが海岸にはあった。
政治意識の高い年寄りは、若い娘の美しさが自分たちの命を永らえさせるであろうことを知っていた。
若い娘は若い男と話していたが、中年男であるテセウスを傷つけてはならないことは言い伝えとして学習していたとされる。
海岸の重要性に気がついたテセウスが去っても、物事がうまくいくように丘の上に統治機構を作ったりさまざまな役割を果たす建物の配置を決めたりした。
河合その子 Please tell me Mr.朱。

海岸の女たちに比べることが可能だったのはイオニアの天文台の星空を見に集まる女たちだけだった。
Amazonとは本来このような「聖書をのせた船」という意味だった。
テセウスの娘たちの婿はみんな友人だった。
中にはデルファイのようにテセウスのような生き方をしてうまくテセウスの成し遂げたことを引き継ぐものもいた。
テセウスが「若者の率直さ」さえ信じればよかったのだ。
テセウス、またの名をイエスキリスト、聖書の読み方を誰よりも知っていた男の生き方とはこのようなものだった。
テセウスほど自分の命に敏感だった男も珍しかった。世界史的損失だと考えたのだろう。
そのために女が保険金目当てで毒殺されそうになっていたことを突き止めたりもして名を馳せた。
夫が死んだ翌日にディズニーランドにいた奥さんの話を聞いて「ディズニーランドはギリシャ悲劇から作られていて死の恐怖をなくすんだよ」と受け止めたりもした。
医学を知っていたからこそ、戦争(トラブル)以外に人が天寿をまっとう出来ない理由はないと考えていたし、戦争をやる国がディズニーランドを必要としているのだと悟っていた。
連れ添った男を次々と亡くしていき、「男運が悪いんです」と語る女が作る食べ物は決して口にしなかった。
天文台と海岸 中島美智代。

すべての女の子が、おちんちんがないことへの鬱を経験していたのでヘラクレスは体を鍛え、イケメンとして彼女たちのおちんちんの役割を演じた。
プラトンも複雑な女心の定義をやる前に、アカデメイアにおいて彼女たちを「愛の対象」にする詩を研究したり、時には彼女たちに「アイデンティティ」を与えるフレーズをねじ込ませる詩も書いた。
詩の入門は常にジャニーズと共にあったし、そのマーケットを抑えてから「女になった」女に居場所を与えることが大事だった。
髪の長い女には何も言うことはなかった。
ショートヘアの女の子には「女になるって大変だね」と言って彼女たちの鬱をなくす研究を行った。
嵐 モンスター。

ショートヘアの女の子は周囲からの賞賛に酔いたがった。
なぜ、男に生まれなかったのか。
それを考えると「女として生まれたことへの祝福」を必要としたのだ。
ホメーロスが「理想の男」をオリンポス山に祀ったことの意味は「王子」を創造することにあり、女の子たちのメランコリーを治すことに意味があった。
男たちは「王子様なんているわけがない」と言ってバカにしたので、その巨大なマーケットへの鈍さが男たちにはあったのだ。
ヘラクレスはもはや中年となってしまったテセウスに可愛がられた。
それは、イスラエルの地に「髪の長い女たち」を拡散させるために必要な存在だったからだ。
権力が庇護しなければ「理想の男」はすぐに馬脚を現したので、虚像を権力で守ってまで「髪の長い女たち」を生み出す必要があった。
そうでなければイスラエルには凍りついた海と石ころだけの海岸しかなかっただろう。
ヘラクレスほど「デマゴーグ」に満ちた男はいなかったので彼は居場所を失い、普段は島で生活していた。
【男は戦争で死ぬんだって】
髪の長い女たちを生み出すために「悲劇の誕生」があった。
戦争は武器商人のために行うのではない。髪の長い女たちを生み出すために行うのだ。
「髪の長い女たち」は国が野蛮人と戦争を行うことから生まれていた。
戦争ができない日本国においては常に「交通事故」「災害」「事件」の報道が必要だったし、その真の意図を理解するものだけがキリスト教を知っていた。
ギリシャ哲学、ローマ法、キリスト教の三つの川はこのようにしてローマ帝国に流れ込んだ。
タキトゥスやプルタルコスのような歴史家しかこのような戦争の真実を知る者はいなかった。
歴代の王たちはそのために「大して美しくもない」娘を愛したし、カリタスのような学校に通わせた。
イスラエルのユダヤが「救世主の否定」「処女の否定」を行ったのは、ヘラクレスのようなつまはじきものをなくすためでもあったし、髪の長い女こそが資産だとみなしたからである。
「私を抱いて?」と言える女は世界の母・恋人・友人であったし、これを「女の犠牲」と呼ぶのであれば、世界から戦争はなくならないだろう。
これを理解しなければ、女たちが神社仏閣を熱心に訪れる理由もない。
男のコになりたい 酒井法子。

髪の長い女たちは国策として生み出されたものであったし、お金もかかった。
彼女たちは、その国への忠誠心があり、神社仏閣を熱心に訪れたのだ。
良縁も金運もなんでも祈ることが許されたし、願いは叶うとされている。
奴隷として人生のキャリアを始めた若者も、旅行をしたら神社仏閣を訪れた。
髪の長い女たちが目当てだった。
これらの男たちは「特派員」とも呼ばれた。
この「王国の作り方」は一部の指導者しか知らなかったことだ。
「男と女を隔てる川」の存在を理解しなければならなかったのだ。
本来、おじいさんから聞かされるような話をタキトゥスやプルタルコスは記していた。
それは神聖な国づくりの起源であったし、なぜ「嘆きの壁の門」を通れない者たちがいるのかを示していた。
本来、ヘロドトスがエジプトの歴史として記していたことだったかもしれないが、髪の長い女たちの美しさが本当に評価される地域がこの歴史の起源だろう。
髪の長い女たちが多ければ多いほど暴動は起きなかった。
子供達とどのように向き合うか?が指導者の力量でもあった。
軍の統帥のような将棋みたいなものは誰でもできたのだ。大事なのは資金集めだった。
これが分かったからローマ軍も今で言うアメリカ軍も常に「相手の倍」の兵士を戦場に連れて行けたのだ。
髪の長い女が国に満ちているうちは、指導者を周辺国が尊敬し、決して戦争は仕掛けなかった。
AKB48 River.

エジプトでは「ナイル川の周りに牛が満ちる」と表現されたが、日本国においては彼女たちはもはや「牛」ではなかった。
これらの物語は、王だけのものにしてはならないとされ、貴族院が作られた。
貧しきもの、子育てに悩むものたちのために貴族院はあったのだ。
衆議院はその下に位置し、戦争を繰り返すためにあった。
金の流れは「女心の基本」からくるものもあれば「風向き」によって流れてくるものもあった。
金の流れに常に敏感だったのは衆議院であった。
王室の知識は貴族院が共有していたが、人々の怒りの矢面に立たされたのは衆議院だったのだ。
人々が「結婚し、子供を作る」限り貴族院というものはなくならなかった。
「大使」というものも貴族院から招かれ、自国の結婚と子育てのやり方を世界に広めるためにあった。
「政治の基幹部分」さえ共有しておけば戦争の予防になるからだ。
昼は太陽のような男が王であっても、夜は木星のような冷酷なものが王になった。
夜明けを待つ男と、アフターファイブを待つ男の二種類がいた。
女たちの盾にならなければならないのは「夜の帝王」の方だった。
女遊びの激しい男は父から憎まれていて、いざとなったら分かってるな?と言われていたのだ。
【このことから事実上、セックスに税金がかけられた】
この仕組みを巧みに構築したからこそ、ローマ帝国もアメリカ合衆国も四方八方に向かって戦争ができるようになった。
また、これらのことを正確に理解した国が他にも生まれたことが「条約」の起源となった。
「家族を大事にすると国が強くなる」というギリシャの言い伝えは王室と知識を共有することを意味した。
テセウス(イエスキリスト)はこのようにしてローマ帝国と条約を結んだ。
どちらの王も「貴族院議員の数」を競い合った。これが影の戦争だったのだ。
東京パフォーマンスドール Ruby chase.

ハンニバルは、勉強ばかりしていて親のパラサイトをずっとやっていたので、とうとう赤紙が届いた。
しかし、勉強歴が生かされて、資金集めがうまく、ローマ帝国には256の植民地が生まれた。
各地に「大使」を派遣したのだ。
「戦争をやらないで領土を得ることはできないのか?」と言われるとその通りだと答えるしかない。
しかし、壮大な神社仏閣を持っている国が資金力を背景に好き勝手に「勇敢な兵士」を作り出していたし、そのことによって親不孝を詫びることとなった。
戦争で死人が出るのは事実だった。しかし、ローマ帝国もアメリカ合衆国も負ける戦争はしなかった。
髪の長い女たちが「私を抱いて?」というようになるのは人としては「犠牲」(サクリファイス)を意味したが、そのような女たちが経験する鬱を理解し、ジャニーズをバカにしなければ、負ける戦争などする必要もなかったのだ。
兵士として最も重要な能力は「外国語ができること」だった。
貴族院の意向を最も的確に外国語で表現できることが大事だったのだ。
外国語ができないものは、駐屯地でのディナーで外国人に毒殺された。
これが「戦死」の真実だった。
外国語ができなくても本国では魅力的な男として知られていたことが多く、女たちが疑心暗鬼にならないように神社仏閣に祀った。
本国の貴族院が何を考えているのか?を戦地の娘たちに語るものは殺されなかったし、それができないものが毒殺され、「戦友をどのようになくしたか?」に周囲は沈黙した。
怖いものを見た兵士はクロトンの精神病院に送られたが、そこにはアイドル女がたくさんいて「世界を旅した経験」にはアイドル女も一目置いた。
これが防衛省系の患者だった。
「貴族院は何を考えているの?」というアイドルたちの問いかけに答える役割があった。
それが「護国神社に近い」兵士が受けた特殊訓練というものだ。
さよなら失恋ピエロくん。

神社仏閣に教えを流さない暴君はクロトンで兵士にすらいじめられた。
兵士と暴君の話し合いの場でもあり、いい修行だと考えられたのだ。
101回、男女がセックスをすると息苦しくなってくる。あとはひたすら鈍くあるべきだなどという「愛の議論」に強いことが君主の器だった。
君主も「デマゴーグ」に満ちた王子だったので肉声を兵士に伝える機会を持つことは必要なことだ。
君主の方が兵士よりも女にモテることも感じてもらえればいい世界だった。
兵士たちにもジェラシーは当然あったが、「髪の長い女たちがいる限り負ける戦争はしない」と語る君主の肉声には一目置いた。
駐屯地での外国の女とのセックスはどうしてもレイプに近いものになってしまう。
それも「女の話が理解できない」という言葉の問題だと語る必要がある。
君主に語学というものは必要な素養だとされた。
クロトンで兵士と仲良くなれるかどうかは暴君か君主かの力量の違いがある。
酒も禁止されたクロトンで暴君は兵士に包囲される宿命にあった。
これを楽しんだのがアレキサンダーだった。
「これではアレキサンダーは医者と変わらないではないか」と思われるほどユニークな患者だった。
君主も王位継承の際に「敵の陣営」を作っていたので、ひたすら彼らを切り崩すのが仕事となった。
口も聞かなかった女が挨拶をしてくるようになる、それは医学や哲学の裏付けがなければできないことだ。
君主としての立場上、免許はなかったが「パワーとは何か?」を周囲に感じて欲しかった。
貴族院議員に囲まれている存在が君主だと言える。
このようにして築いたロイヤルパワーが果たして息子に真似できるであろうか?
繁栄は当たり前ではないということを痛感する。
この才能は、兄弟などに平等に与えられるものではなかったし、発言が為替に影響を与えるということもその人特有のものであった。
君主も若い頃はマーシャルアーツによって金を得るしかなかったが、歳をとるとはそういうことだったのだろう。
世界中の微笑みを集めてもかなわない。

若い頃は君主の息子も贅沢な暮らしをするべきだ。
高価なカウチに腰掛け、高価なテーブルに囲まれる。いずれ自分で作り上げる世界を知っておくべきだ。
「欲望のない男」としてその能力をひとつの方向に向けるようにするのだ。
若い頃の貧しさへの恨み言を言っているうちは伸びないだろう。
歳をとって自分の体にガタがきても、「若い頃に学んだ語学力」で医学書を読み、「讃えられる男」とはとどのつまり医学に精通した男のことなのだろうと考えた。
株価が上がる時というのは、むしろ男が健康を損ねていて女に飢えているだけのことがある。
株価だけに一喜一憂しないで、医学の方面からの金儲けも考えたりした。
若い頃のスパルタ的フィジカルトレーニングや語学の教育が生きるのは歳をとってからだった。
外交談義も医学の話題も株価を下げるが、株式投資とともに仕事をすれば最高のポートフォリオとなった。
医学による救済は、自分の神社仏閣に信仰心として資金を流し込むことができるが、外交談義の扱いは極めて難しい。
「外交は金にならない」と政治の世界で噂になった。
しかし、医学や政治(女心の定義)の国内での蓄積が、グローバルに反映されているのであって、大まかな外交談義は国内での活動がどのように世界に影響を与えているのか?の確認ともなる営みだ。
教育を受けたと言っても「語学しか役に立たなかったな」と思うこともあるが、情報格差を知ることが大事だった。
息子には高価なカウチに座らせて「どのようにこのような富を築き上げたのか?」をよく話す必要がある。
妻も息子の横で父の「偉大な富」について黙って耳を傾けていた。
妻は格闘技のうんちくから、学問に至るまで「富の秘密」を聴きたがっていたし、それを他の女たちに話したがっていたのだ。
健康でなければお祭りはできなかったので、テセウスは医学の知識を誇るようにお祭りを行った。
若い男たちは、祭りの主催者がテセウスであることを知っていたので「いつかテセウスのようになるんだ」と言ってお祭りで若い娘と結ばれた。
テセウスは、大怪我をした覚えがないのに具合が悪いのは大抵、運動不足からくるんだよ、と言って若者のエネルギーを見ていた。
11月のアンクレット。

テセウスは中年であったが、彼の高貴な血は若い娘も憧れていた。
高貴な人間は国を愛する気持ちと息子を愛する気持ちを区別していない。
そのために息子にも富が約束されることを若い娘は知っていたのだ。
しかし「娘のような私」であったことから、女の子ができた時の心配をしていたとされる。
「母と娘が兄妹みたい」とはこのことだ。
しかし、テセウスは「母にはワインを、娘にはジュースを」と区別していた。
未成年者飲酒禁止法はこの時に生まれたし、息子のためにスポーツを考えた。
戦いやトレーニングはスポーツにしかなかった。
俺なら王の息子に勝てる、そう言ってスポーツの世界に人々が集まってきた。
長いこと練りに練った技を披露できる、そのようにして一流の指導者も生まれた。
県知事もコーチも「王の息子」が負けるのを観に来た。
勝った子供には食事が与えられたためにプロスポーツの起源となっている。
女たちも「ビッグマネーの世界」に当然集まってきた。
歌を歌うものもいたため「誰が街で最も優れた男なのか?」が議論された。
その判断を女たちに委ねたところ「謙虚で言葉が正確な男」だという答えが返ってきた。
子供たちの争いの目的でもあり、結論でもあったのだ。
指導者も「謙虚で言葉が正確な」ものを戦の戦力と見なしていたし、贅沢に着飾った洋服など見てはいなかった。
これは民主主義の起源であったし、出版の起源でもあった。
「卑怯者の言葉など誰も聞きたくはなかった」
どのみちトレーニングを怠る卑怯者は「戦争で死ぬ」と人々は語り合った。
戦争で死者が出て不幸になる人を減らすというのは大事な発想だった。
マーチングバンドとは虚しい男に虚しい行進をさせるためにあった。
しかし、観客はマーチングバンドを笑いながら見物していたのだ。
このようにして、キリスト教社会は戦争準備すら終えてしまった。
首相の靖国神社参拝は政権公約であるが、「国内で周囲が死を望んでいる男への威嚇」という観点を詰めていく作業も含めての政権公約であろう。
母と娘のデュエットソング。

「なんでもあり」と公言していた連中が、戦争で「財務」と呼ばれる本国のセックス法と反戦運動を「天の声」として聞いた。
なんでもあり、財務、反戦運動の三つは戦争の三本柱と位置付けられている。
武器を操る上では「いかなる制約もない」とされたが、お金と反戦運動がどのみち制約をかけるだろう。
みんなに「やりたいことをやらせる」ことが戦争を遂行する秘訣だ。
金を集めたい奴もいれば、武器を操りたい奴もいる。
本国で戦争に反対したい奴もいただろう。
いずれにせよ「戦争という狩りの祭典」はこのように始まったのだ。
「14歳未満の女の子を姦淫してはならない」などの法律も戦争を避けるためには髪の長い女たちが必要だったから作られたものだ。
兵役拒否は親との断交を意味したが、「良心的」と呼ばれる罰を覚悟するものもいた。
「周囲が死を望んでいる」というメッセージだけが届いたのだ。
選挙に当選するというのも、兵役を命じられた男が打って出るものであり、中には「そもそも向いていない」という親の愛情を受けるものもいた。
兵役を免れるために選挙に当選したものは案外、真面目に仕事に取り組んだ。
12日間の選挙戦は死の恐怖との戦いでなければならなかった。
後の2日は祈らせることにした。
官僚のようなトレーニングを受けていない者は死の恐怖と戦えば役に立ったし、みんなで彼の当選を祝福した。
若い「候補」をシークレットサービスが守ったのはどのみち命を狙われていたからであり、60歳も過ぎた頃にはいろんなことが分かるようになっていた。
ペロポネソス戦争を経験したアテネ民主政は「我々は2000年生きるだろう」と誇らしげに語った。
ハレー彗星が来るたびに若者はバカみたいに踊り狂ったが、周囲は「戦争で死ぬんだろうな」と冷静に見ていた。
勉強をする奴も戦争に行かなくて済んだが、学を成し遂げるのに苦労した。
論敵に「死亡通知書」などを送りつけるものもいて、何が真実かを知るのは極めて困難だった。
どちらが優っていてどちらが劣っているのかが明らかではなかったので、多数派工作により勝敗を決めた。
学問だけで身を立てようと思ったら1日12時間の勉強が必要だったし、王は多数派に寄り添えばいいだけだった。
「政党」の誕生だ。
このようなセレクションを経ていたので、常に指導者は情熱的だった。
指導者はお金よりも宗教を愛した。「男らしい」と言われるのがいちばんの喜びだったのだろう。
偏差値Boy うしろゆびさされ組。

人知を超えたものがもはやキリスト教社会にはあったのだ。
「妊婦さん」を大事にした。「我々の社会」に誕生する命を祝福する自信があったからだ。
中には性倒錯を引き起こす男の子もいたが、王になれないだけであり、女たちの趣味により憲法というものは作られた。
男子校のオカマに限ってよく勉強したので指導者になるものもいた。
オカマは攻撃性を持っていたので、王の代わりに司令官を務めることもあった。
このようなことが分かっている街が「国」になったのであり、「地域から国を変える」というよりも、普遍的な知識を持った街が国となったのだ。
このような国づくりの知識を持った貴族院には各地から美しい女たちも集まってきた。
何か崇高なものにお仕えしているようだった。
このような国づくりは、戦争を可能にしていたが、髪の長い女たちが「私を抱いて?」というだけで男たちは安堵したし、それが平和なんだと思った。
「男らしさを語り合う」宗教というものがこの時、平和と結びついた。
神社仏閣の神に仕えるお坊さんも尊敬されたし、女神も祀った。
崇拝されるということは、男は男らしくあったし、女は女らしくあることに最も都合が良かった。
男を、そして女を崇拝することそれ自体が国をうまく運営させるのに役に立った。
崇拝される男と女は童貞と処女だったが30歳にもなると他の男女に「さっさと結婚した方が幸せよ?」と言って回った。
しかし、宗教にお仕えすることは食事に困らないことをも意味していた。
いかなる人にいかなる居場所も作るというのが「権威」であったし、キリスト教が真理であると確定した理由でもあったのだ。
離婚というものは所属する政党を変えることでもあったのでなかなか勧められるものではない。
処女と童貞を守るのにも食事が与えられなければならない。
我々は何事においてもプロフェッショナルだからね。
食事だけで済めばいいが、実際はドラッグもやっているんだろう。
処女と童貞なんてものも所詮は「神に似せたもの」に過ぎないのだ。
しかし、木星のような「夜の帝王」の方がより人間らしかったが、彼のために祈るものはいなかった。
男が童貞であるというのも、思春期の女の子の鬱という「犠牲」と同じ意味を持ち、彼は戦争に行かされることはなかった。
しかし、果たして彼が「男らしい」かといえば「法のない力」と言うしかない。
農家の「牧童」にそういう男がいたというだけであり「男らしさを語る論壇」「女心の定義」のような「産業」とは無縁の労農派だったのだろう。
しかし、エジプトではそのような牧童が35歳で司令官になり、最終的にはファラオになっていた。
司令官なんてものは将棋みたいなものであり、財務の仕事さえ人に任せておけば誰でも務まった。
ジェラシーから無縁だったからだろう。
高橋由美子 おみくじ。

35歳までプラトンの詩を愛し、音楽作品と親しめばいろんなことが分かるようになる。
やがて、牧童の司令官も妻を娶り、子供を作った。
これがファラオの人生だった。
よくその地域の人々を知っていなければ務まらなかっただろう。
ファラオの奴隷のような人生もいずれは道が開けたし、その後の人生における人気が違った。
そのうち「土地の再分配」も受けるだろう。
美男美女のカップルではなかったのも好感度が良かった。
まあ、どのみち高い教育を受けなければならなかったであろう。
「こんなに学んだ男がいただろうか?」と言われ、外国の王とも親しかった。

戦争をやる理由は「ギリシャ悲劇の誕生」が原因だった。
日本ではディズニーランドやユニバーサルスタジオがその役割を果たしているが、彼らが儲けるために戦争をやる必要があった。
このように「イスラエルが聖書を作った理由」と「アメリカ合衆国が聖書を作った理由」は大きく異なるが、アメリカ合衆国はイスラエルを「聖書づくりにおいては先輩格」と位置付けている。


男らしさを語り合う論壇と、女心を定義する男の活動を「産業」と呼ぶのであれば、男女が集う教会は紛れもなく一大産業であった。
ニュースは「男と女の関係」をあえて伏せながら報道している。
それを女たちは語り合ったし、街や家族のあり方を考える上でいいヒントがニュースにはあった。
教会に男女が集まる習慣を作ったものを「街の父」と呼ぶのであれば、彼はその街が大都会になることを熟知していたであろう。
永田町の話題もしたし、歴史の話題も出た。
外国の政治家の話も出た。
話すことそのものが一大産業だったのであり、教会はその街が大都会になることを約束したのだ。
女たちの宗教や男たちの政治が先行し、街の発展は後からついてくるものだ。
政治と宗教が中産階級として生まれた男を「街の父」にしたのだ。
三浦市の寺院。

祖先崇拝をやめて個人主義に立脚すると微熱が止まらなくなる。
しかし、祖先よりも魅力的なものが教会にはあったし、聖書に記されていた。
そのことを女たちは他の女と話したかったのだ。
セックスしている女に笑顔はない。
しかし、日常では笑顔をたやさずに他の女たちと話していた。
大学生は学問を成し遂げることの難しさに鬱々としていたが、女たちにはそのような問題はなかった。
彼女たちの「宗教センター」はサンフランシスコでも海に面した場所にあった。
そのため、その教えには爽快感があったのだ。
ギリシャ哲学とエジプトがなぜイスラエルを見たのかはここに理由がある。
愛の炎 田中れいな。

教義が他の街でも通じるのであれば、そもそも「小さな街」であるわけがない。
医学であったり法律学であったりが、どこかで「頭打ち」になっていて大都会に通用しないから街は小さいのだ。
すべては「宗教と政治」の問題なのだ。
男らしさを語り合う宗教と女心を定義する政治が浸透すれば街は大都会になる。
病気を救わないと信仰心というものは生まれないということを知っておく必要もある。
人々が「お金を払う」というのはそんなに簡単なことではないのだ。
イエスは「壊れていく妻が怖かった」という浮気の言い訳を批判し、離婚を禁じた(マタイ19:6)。
昨日、今日、明日と続いていく日常で、神に似せて作られた人間は変わらないけど、医学の進歩は日進月歩だった。
「セックス宗教」は間違いなくビタミン剤を必要としたのだ。
ビタミン剤さえ飲めば性病にはならないからだ。
キング牧師が「私にはまだ夢がある」と語ったのは医学がまだ発展途上にあることを示した。
また、多くの男女が交流する教会がなければ、立法・行政・司法のチェックアンドバランスが機能しないようになる。
あるいは、教育というものも「男になること、女になること」を義務教育とし、それ以降の教育とは区別されたものとなるだろう。






本居宣長 ナオビノミタマ。

« 友達のいない人などいない。 | トップページ | おじさんの夢。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナオビノミタマ。:

« 友達のいない人などいない。 | トップページ | おじさんの夢。 »