最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 天津神。 | トップページ | 喫茶店経営について。 »

2018年2月20日 (火)

男道(革命)。

【男が女を愛する気持ちを利用するのが経済】

マルクスは、ユダヤ人の家庭に生まれたが、キリスト教に改宗してからプロイセンで活動できるようになった。
「反ユダヤ法」がドイツにはあり、おそらく「割礼を受けない」ことをドイツのアイデンティティとしたのだろう。
「女心の定義」を政治とし、男が女を愛する気持ちを利用するのを「経済」と呼ぶのであるのなら、マルクスは政治経済の立派な新聞記者として人生のキャリアを始めた。
「お金はどこから来るの?」
これをユダヤクエスチョンと呼ぶ。
露骨にセックスばかりしないところにお金はあるのだ。
「もっとロマンティックな」
そんな男女の関係を作り上げるところにお金の秘密があったのだ。
「幼女を大事にしよう」
幼女とは「羊」と表現され、「囲い込み運動」によって守られた。
セックスは「私有財産」である。
自分と世界が遠く離れてしまった女の子を大事にすることにしたのだ。
CoCo 夢だけ見てる。

フォイエルバッハは、「冬の海」をマルクスに紹介し、世界を解釈してひたすら指を指す世界が哲学だと語った。
学問のある男の前で、女は指を指して自分の哲学観を語った。
女が自分の前で「指を指す」リアクションをするのならば哲学者として認知されたことを意味する。
会社は、男の従業員がホモとして体を売る能力を買い取った。
「男道」は常に会社とともにあった。
男から「体を売る能力」を買い取らなければ、女が商品にならないではないか?
宗教もとどのつまり会社とともにあったわけである。
女性芸術は共産主義が愛したものであり、国が左傾化したら紅白歌合戦である紅組が勝ち、右傾化したら白組が勝つ。
「子供を産む勢力」を世間が愛せるのかどうかが問われた。
「男が女を愛する気持ちを利用するのが経済?」
だとするのならば、どうしても「出産」という謎と向き合わなければならない。
人生の歴史を変えてしまうのが「出産」であり、「おじいさん、子、孫によって行われる人生ゲーム」に「女の存在」を見抜く力量を唯物史観と呼んだ。
「男から、ホモとして体を売る能力を会社が買い取る」
これがそのまま女たちの値段になったのだから日経平均株価は、会社の業績であると同時に女たちの値段でもあった。
この資本主義に対して「男女は平等だろ」という空想的社会主義が挑戦状を叩きつけた。
「男として体を売る」
これが社会主義であり、最後には「働きすぎて従姉妹しか女がいない」というような共産主義が模索された。
政治(女心の定義)、宗教(男らしさを語り合う論壇)が多くの「可能性」を生み出したのだ。
Be my baby complex.

搾取というものは、会社や土地のオーナーが「低賃金」で男を雇うことからも生まれるし、結婚からも生まれる。
男が体を売る能力を買い取るのが会社であり農家であるが、その対価が不十分であることはもはや構造的なものであったし、結婚した主婦が「もはや体を売れない」のも構造的なものだった。
また、賃金労働者の下で育つ子供も低賃金の犠牲になる可能性があった。
カトリックは、独身女が「お金に酔う」ことを戒めたのである。
お金に酔い続けていつまでたっても結婚しない女がいるからである。
「心に決めた人がいる」
それは、散々「男らしさを語り合う論壇」(宗教)で女たちが語り合った同一産業の男であり、男は政治(女心の定義)がうまかったのだろう。
結婚した男女にとっても政治や宗教は無意味ではない。子育てに役に立つからである。
アダムスミスが「社会の歯車になれ」と言ったのも、リカードが「人口が二倍になれば発展は三倍」と言ったのもすべては企業や農家の「独身女」の存在が念頭にあった。
自分の体を「商品」と呼べる女がいるうちは社会は発展するし、社会の歯車となった方がいろんな物事が効率がいいからである。
オカマは、すべての計算の「分母」であり、オカマが増えるといろんなものが失われる。
経済学者であるマルクスの指摘を受けて、敢えてアジトと呼ばれる塹壕でカマを掘り合う者たちがいたし、彼らはそれを「革命」と見なしていた。
カーマは気まぐれ。

公立の学校で「進路指導を握っている」という先生がいるのであれば、生徒や児童は完全に服従するであろう。
公立という治安の悪い学校ではこの「進路指導」は非常に人気がある。
親は子供を守ってもらうために進路指導の先生に金を握らせればよかったのだ。
成績やひどいいじめは、案外、このようなことを知らない親が存在することから生まれている。
とにかく公立の学校の安い学費は人気があった。
親の経験と知識が子育てに反映されるからである。
知らない親は、進路指導の先生に裸にされたりした。
肉体派の労働者が、金を扱う労働者に比べて酷使されやすいのは事実である。
しかし、肉体派は女にモテる。
そのことから「ベーシックインカム」と呼ばれる賃金の調整を行なって女たちの人気を経営者は維持したりもした。
進路指導の先生を「先公」と呼び、女子たちの支持を集めて回る生徒を共産主義者と呼んだ。
1950年代にスターリンの時代が終わり、フルシチョフの「シークレットスピーチ」によって「政治」「宗教」が若い連中に拡散し始めた。
アルチュセールは、5年間にわたる服役により「まるで中学校にいるような経験」をしたのちに、生徒向けの政治や宗教に関する論文を書き始めた。
「まったく自分を応援してくれる大人がいない」
この自己疎外こそが共産主義の温床であった。
若い男たちが、女子たちを口説き始めたら、それは感染症のように他の男子たちに広まっていく。
このアルチュセールの考えはマルクス主義をより現代化したものであり、主に公立の学校で展開されたものであった。
お金はどのように儲けるのか?歴史はどのように作られるのか?
それを生徒であるうちに学習するものであり、「先公」の内申書に悪影響を与えることもあった。
プラハの春以降の学園生活においては、女子たちに人気がある(弁証法的唯物論)というのは正解であったし、女子たちがクラスの序列を決めていたので、「先公」も進路指導でお金だけを問題にするわけには行かなくなっていた。
アルチュセールは、そのようにして、自分の「信者」を若い世代に拡散させた。
およしになってねTeacher.

ブルーノ・バウアーは「働きすぎ、勉強のしすぎならば従姉妹と結婚しろ」という共産党宣言と関わったが敗北している。
神と男の関係を描いた旧約聖書を書き、ルカとマタイも彼が書いた。
あるいはマルクスがイエス・キリストだったのだろうか?
マルクスへの憧れ、それだけでロシアはワールドパワーになっている。

尾木ママ(尾木直樹)は、守ってくれる大人がいない子供たち(自己疎外)のために詩を作った。
ある意味、ずっと教育の現場に張り付いていた。
彼自身はホモセクシャルであったが、「キモ引きニート」にそのような人生を歩ませたくない、彼らの世界を広げてやりたいという思いだけがあった。
コンサートの後に出る人混みを大事にしてもらいたかったし、人見知りでも他人を「オタク」と呼んでまで共通の話題を作らせようとした。
人脈ができれば体を売らなくて済む。
キモ引きニートにはイケメンもいた。
「金もない、学歴もない」のならば芸能人になるチャンスを与えた。
過剰な期待が若者にのしかかっているから「応援してくれる大人がいない」ことに苦しみを感じていたのだ。
そこで尾木ママは、若者の「性欲」だけを狙って女たちに歌を歌わせた。
「人間というのは子供が産めればいいの」
彼の作品は「ユートピア」(夢もの)ばかりになっていた。
若者たちは踊り狂い、尾木ママは「革命の予感」すら感じた。
しかし、世論はこのような若者に対しては冷たかった。
CoCo 夏空のDreamer.

尾木ママがナチスを追われたのは事実であるが、代わりにナチスに入党したのが後藤次利である。
「孤独の中で」という本で「すべての女を口説く方法の学び方」を語り、河合その子を口説き落としている。
その時に作った作品が「プリズム」である。
河合その子 プリズム。

後藤次利は、「ワーグナーを探して」などの本も書いている。
「一人の美女を口説き落とすものは多くの女に囲まれる」などの持論もあった。
「お金を払うのは男らしくない」という女たちの指摘もあった。
「あれが貴方の愛した人ね」と女たちが語り合ったのだ。
若い頃に一人の美女を口説けばいい、これが男のハートを強くするのだ。
マルクスは「女は見た目だ。体の相性などない」としている。
マックス・ウェーバーにせよ、ルーカクスにせよ「もはや女を愛することそのものがお金だよね」と語り合った。
おカマの尾木ママは、ナチスから追放されたが、後藤次利はナチスに愛された。
プリンストン大学も「ラジオリサーチ研究所」で後藤次利を問題にしていた。
美女を愛したお金で子供たちを育てるんだよ。
河合その子 緑の少女。

美しい女を愛したから美しい音楽が作れたのだ。
すべての女を口説き落とす方法を考えたカントの「悟り」はワーグナーを通じてナチスの音楽作品として発展した。
「エルメス」(美女)
これはナチスが探求したテーマだった。
「世界を広げる」「病気になる」
2つの側面が見つかった。
世界を広げる一方で狭くしてしまうものが美しさというものなのだ。
「貴方が誰を口説き落としたのかを見失わないように映像に残すことにした」
それほど河合その子は見る影もない姿になっていたのだ。
「壊れやすいもの」
それが美しさというものだった。
普通の女を愛して普通の結婚をする男もいれば、壊れやすい「美しさ」を愛して、一生の宝にする人もいた。
これはもはや人類学であった。
お金の面ではどちらも同じようなものだったのだ。
河合その子 サエラ。

農業(労農派)やライン工(講座派)の世界ではひたすら「男」が描かれた。
なぜならば、世界全体を農業とライン工が覆ったからだ。
テクノロジーの進歩とともに、この二つの世界に「男らしさ」は残った。
やがて「俺たちにボスなどいない」と現場の男たちは言い始めた。
仕事を覚えたからだろう。
会社や土地のオーナーが女を買うのを見た。
「男と売春の歴史がここに始まった」
天津神国津神などブルジョワの学問に過ぎない。
ケインズ主義は「同じ性の経験を持った国」でしか使えない。
からだを売る女と売らない女では「国のお金」の有り難みが異なった。
1968年まで世界では「肉体派」「武闘派」が街を闊歩したのだ。
なぜ肉体派・武闘派の時代は終わったのだろうか?
それは、天津神・国津神のような「ホワイトカラーの仕事の確立」があったからである。
「男が女を愛する」というのならばまず「男」を定義しなさいよ!と言われた。
男の肉体美に「解剖学的には」ついていけない存在を女と呼ぶのでしょう?
女は「子供を産むから」愛されるのだろうか?
今一度、ご先祖様の「幸福の歴史」を振り返って見なければならない。
肉体派には、「女を愛する資格はあっても歴史が彼らに限界を課していた」とされる。
哲学者たちはみんなホワイトカラーの先生だったのだ。
子供を産むのとからだを売ることはどのような関係にあるのだろうか。
農業・ライン工・売春・子育ての世界に「より人気のある」考え方が求められた。
売春して得たお金を「交換価値」と呼び、子供を「剰余価値」と呼んだ。
日本では資本主義社会というのは「明治維新以降」のことを言う。
しかし、マルクスはその1万年前の資料まで研究している。
ルチオ・コレッティやルイ・アルチュセール、エンゲルス、ローザ・ルクセンブルグが「男道」を探求したのだ。
ローマ帝国の膨張からギリシャ哲学とエジプトが結びついて行ったイスラエル建国の奴隷社会(ユダヤの学生)や、都会の大学まで留学しては金持ちになって本国に帰ってくる伝統があるイスラム帝国は「肉体労働」とは異なる社会だった。
しかし、「女を金で買う」ことから金が飛び交うようになった資本主義のもとでは、金というものが一気にダイナミックなものとして扱われるようになった。
出産というものもより安全なものになった。
このことから「男と女が同じ夢を見れるようになった」とも言われたのだ。
藤本美貴 銀色の永遠。

肉体派が「支配されたくない」と言ったら何が起きるだろうか?
ソビエト連邦、東ヨーロッパ、中華人民共和国、北ベトナム、北朝鮮、キューバはそれを経験した。
プロレタリア革命である。
どのようにリーダーというものは生まれるのかは天津神・国津神で説明したが、それをすべて否定してみせた国々は確実にある。
支配されたくない、それは「男道」の到達点であったし、人類の挑戦だった。
マルクス自身は大英博物館で研究しながら、エンゲルスのささやかな仕送りの下で暮らしていた。
まるでエンゲルスがマルクスに「女を買うな」と言っているようだった。
しかし、研究したことを女の子たちに話す機会が与えられたために偉大な書物が完成したのだ。
男の失恋から生み出される富もあったし、政治改革と自己防衛という「進化」もあったし、従姉妹に子供を産ませるなどという「革命」もあった。
フランス革命は「略奪愛の正当化」から生まれている。
女を利用することが資金集めの方法であるということを革命は明らかにしてきた。
天津神・国津神の世界だけを男が生きたら大喧嘩になるよ。
肉体で白黒つけようじゃないか。
貧しい研究生活を送りながら女の子と話していたマルクスはこのような結論を出すに至っている。
白黒つける男の方が女にモテることが分かった。
「証拠を見せて」と女が言ったらどうする?
証拠を見せて 工藤静香。

共産主義国家(肉体派が支配から解放された国)ができてから、資本主義社会のように「支配のある国」で子供が大量に生まれたのが確認された。
イエス・ノーで言うならば共産主義は歴史が「ノー」と言った。
人類一度きりのチャンスに失敗したのだ。
男の子の数で負けたんだから当然だよね。
天津神・国津神の仕組みは非常に有効に機能したと言える。
しかし、「イケメンマルクス」はもはや伝説となっていた。
1000トンの鉄があれば、どれだけ多くの肉体労働者が動き、どれだけ女を買い、技術が進歩し、どの規模の企業が出来、どのくらい経済成長するのか?を明らかにしたマルクスの「言っていることが怖い」と周囲は受け止めたのであり、「イケメンマルクス」の生き方から入門するものが後をたたなかった。
出生率や、テクノロジーの進歩、売春女の数、そして値段までをも鉄から割り出したのだ。
まるで「男らしさとは何か?」の全体像を把握しているかのような力量だった。
女が胸を見せるかどうかも金次第だったのだ。
1867年までマルクスは研究生活を楽しんでいる。
SMAP.

資本論は偶然この時代に書かれたものではない。
プロイセンのライン川のムーブメントや、シレジア地方の運動、イギリスでのストライキ、フランスの階級闘争などが背景にあり、男道と天津神・国津神の闘いは「根の深い問題」とマルクスは見ていたのだ。
マルクスは、男女の自由恋愛が行き過ぎると「災害報道が増える」と言うアダム・スミスや、マルサス、リカードの「人口が二倍ならば発展は三倍」などの理論を完全に理解していた。
最初は、男の子が生まれるまで、そして男の子の運命、さらに利益と金利、男の子の競争、女の子の処女に頼りすぎること、株式会社に就職すること、売春、国と貿易、世界が混乱に陥る理由、などをコンパクトに公表しただけだった。
しかし、あくまでも「頭のいい肉体派」として発言が人々に恐れられ、天津神・国津神のようなホワイトカラーの連中を「ぶっ潰すイケメン」として革命というものが語られたのだ。
しかし、1848年のこの本がだんだん分厚くなっていくのを人々は見ていた。
CoCo メロディー。

しかし、資本論の間違いも指摘しておきたい。
「世界が混乱に陥る理由」という部分はのちの時代に間違いだったことが証明されているし、売春婦に子供を産ませた場合、その女は抑圧されるという説明も「説得力がない」とされている。
子供の成績と父親の実質賃金の関係なども理解不足が見られる。
共産主義は完璧だなどとは思わない方がいい。
天津神・国津神の「一番優秀な壊し屋」でも経験不足は指摘できる。
しかし、「機械が最も優れた男の武器である」などという優れた視点は無視できない。
「女心の定義」「男らしさを語り合う」論壇が形成されたことを「産業革命」と呼ぶのならば、その論壇のことを本来「工場」と呼んだ。
しかし「産業」「工場」が現在ではどのような姿になったかは周知の通りだ。
マルクスが産業「革命」の何をぶっ潰したかったかというと本来の「産業」だったのは明らかだ。
「産業」は女の子と話す上でお金を払わなければならなかったことから発展している。
女たちが「私の相場はいくら?」と鉄で判断したという説明も卓見であった。
個人レベルの恋愛を「ミクロ経済学」と呼び、国全体の統計をドンと出す学問を「マクロ経済学」と呼んだのも素晴らしい発想だった。
愛の炎 田中れいな。

頭のいいイケメンであるマルクスは本来の「産業」つまり「女心の定義」「男らしさを語り合う」論壇、つまり政治と法をぶっ潰そうとしたが、のちの時代の革命家は「従姉妹との結婚」「ゲイカルチャー」などを推進力にしている。
もはやこのような物象化論はマルクスのような「計算能力」を持たなかった。
マルクスは叔父のサミーについても語っているし、弟がなぜ自分のように頑張れなかったのかも「お金が違った」と説明している。
1974年にアメリカで1キロの金塊で買えるものは10年前の二倍であるということまで、マルクスを参照すると「自由競争で金を掘っていても災害が起きる」からうまく調節されているのだろうとされた。
災害といっても「女の価値を損ねるような出来事」のことであった。
本来の「産業」に何かが起きていたのだ。
産業にはた迷惑なことが起きるたびに「支配」が憎くなった。
「女心を定義する」政治経済は成立しても「男らしさを語り合う」というような経済はなかった。
歴史は「法」ではなく「政治」が作ってきたという唯物史観の立場に立った。
おちんちんの「使用価値」も売春による「交換価値」も医学の発展がなければ論ずる余地はなかっただろう。
在庫が残るのならば「産業」の力不足であるなどという指摘も行なっている。
ヒトラーは絵の買い手を自分で見つけている。
値段は女を相場にしたとされる。
マルクスの影響なのは明らかだ。
また、マルクスは「女心の定義」を行うとのちの世代にも感謝されるけど「セックスする機会を失うのではないか?」とも指摘している。
哲学・政治学の世界は「満足したら負け」という側面があるからだ。
また、一人の女の殻に閉じこもるのは「何ら生産的ではない」とも語った。
女の値段を釣り上げるのが哲学者・政治家だとするならばね。
男たちはいつでも金を払う用意はしている。
しかし、いくらの値段がつくのかは「女心の定義」次第であり、たまに悪い知らせが入るとむしろ喜んだりした。
セックスは「回数ではなく質である」からこのような「値段」がつけられるのだ。
「産業」次第で値段がつけられ、男はそれを払うしかないという世界なのだ。
インディゴブルーラブ。

「子供は産業の贅沢品だ」とも言われる。
「お父さんやってるんだ?」などと父親が語られるものである。
子供がいるというだけで「なぜ?」「どのように?」と女たちは考える。
つまりは「モテるのね」ということだろう。
女が男を愛する気持ちを利用する経済学の世界では「子供」というのは無視できない存在なのがわかる。
「女を買ったから子供ができる」という表現も可能だ。
奴隷の結婚(学生結婚)は、家が農家なのだろうなどの推測は可能だ。
男が「機械を使って」「処女をモノにできる」のは農家しかない。
労農派という立場だ。
アフリカのヨーロッパ植民地を丹念に研究してみると労農派が何を考えているかがわかる。
ダウ平均の影響も受けずに、食料があるのは農家なのだ。
ストライキ権も持たないのも労農派だ。
講座派はそのような意味では「裸一貫」から人生のキャリアを始めている。
天津神・国津神が道路や水道の普請をするのは事実であるが、講座派はそれにフリーライドしている。
しかし、「産業」の世界で泣き、笑うのも講座派である。
講座派は「俺は人生の才能がねえのかな」と思うような場面と常に向き合っているのだ。
150年前までは9割が農家だったということも知っておかなければならない。
「子供」をめぐって労農派と講座派が対立するのも当然だろう。
生娘ならば働けないなと講座派(ライン工)は考えるが、農家では普通に働いている。
天津神・国津神とはブルジョアのものという考えが浸透しているのは労農派も講座派も同じだった。
モーニング娘。 ハッピーサマーウエディング。

男の生産性という意味が労農派と講座派では異なった。
機械は操作する人が大人か子供かは尋ねないからね。
しかし「産業」は大人の男女しか相手にしないだろう。
「悪い遊び」も異なった。
このような観点から労農派と講座派は区別していくのだ。

さて、鍛えられた肉体が出来上がったらいよいよ男同士で白黒つけるときだ。
チンパンジーにとってはバナナでも、女たちはお金を欲しがっている。
シュンペーターは、「マルクスはホモの存在を知っていたのかな?」と指摘しているが、ヨーロッパや中国、日本にマルクス主義は進出した。
世界レベルで豊かな地域だった。
子供が好きな連中でもあったね。
「子育て論壇」の発達も背景にあったのだろう。
子供は女を買わないし、さらにその子供も作らないからね。
肉体労働の世界の「女心の定義」「男らしさを語り合う」論壇というのもできた。
どのみち男女のトラブルは起きたので、天津神・国津神を肉体派が握ることとなった。
性は個人の秘め事であった(私有財産)。
女心の定義や男らしさを語り合う論壇のクリエイターもいたし、議論の蓄積もあった。
性行為非公然性のもとで、査問に会うこともあった。
私有財産を否定する査問はあったが、幻に近かったね。
短期的利益や長期的利益を見据えて「性」の解釈は行った。
女たちがこの世界を自由に動き回ったのだ。
子供のいるお父さんなどの議論の蓄積もなされた。
ビッグダディとも呼ばれた。
性衝動・権力衝動がこの世界を支えたのだ。
女たちが語り合う「男らしさ」はインプットとして大量に法を形成したが、女心を定義する、つまり口説き文句というアウトプットは肉体派は苦手としていた。
10世紀から13世紀のビザンチン帝国で「肉体派」の議論は出尽くしていたが、「女心を定義する」という発想を持っていたメッサス・ロックフェラーや、モルガン、メロンなどは最初は理解されなかった。
男らしさを語るのならば肉体派になるしかない。
やがて、政治と法がマスプロ教育で大々的に語られるようになった。
しかし、キャンパスには「賃金」というものはなかった。
キャンパスの奴隷ではない労働者は「産業」から賃金をもらっていたのだ。
しかし、男は筋肉と胃袋だけで生きているのではない。快楽を味わう神経や希望、学びたいという気持ちがあった。
学生運動の温床はここにあるのだ。
「賃金は常に女を買う値段を相場にして決めた」
モーニング娘。 独占欲。

女たちは自分たちのからだを「商品」と呼んだ。
哲学・政治学はマスプロ教育で否応なしに拡散していった。
共産党宣言でマルクスは「金がないのなら従姉妹と結婚しろ」と言った。
賃金とは女を買うためのものだった。
その後、マルクスは「惨めな労働者」の研究を始めている。
失業者やホームレス、非正規雇用などの研究だ。
人間は否定されてはならない。
労働者の怒りをかき集めたという意味では「女心の定義」(政治)、「男らしさを語り合う」(法律)という論壇をぶっ潰してやろうという気持ちがあったのだろう。
しかし、鉄からすべてを予測する天才の限界とも言える研究がプロレタリア文学であった。
女のからだという「商品」と約束を交わすために生まれたものがお金であるということはリカードを参照した。
それは最初は「特定の女と貝殻を交換した」ことから始まっている。
しかし、100万トンの鉄と1000キロの金塊が同じであることがわかったり、1000キロの金塊が200万ポンドを意味したり100万ポンドを意味したりすることから「金と女」はダイナミックなものとなった。
金を掘る作業が「神の見えざる手」によってコントロールされているということも背景にあった。
イングランド銀行がこのコントロールを引き受けた。
女の純潔を約束することから借金というものも生まれた。
これらが明確にならないと国の財政出動というケインズ主義も生まれなかったのだ。
また、ブレトン・ウッズのように覇権国家の「産業」に世界がしたがうという仕組みもできなかっただろう。
ロシアや中国では「産業」という論壇がぶち壊されてしまった。
中国の改革開放、CPOP.

女のからだ(商品)は、おちんちんの永遠を約束する。男の子が産めるからである。
そして、鉄や紙などは「性行為非公然性の原則」という私有財産のもとで誕生した。
おちんちんをつかうというのはそれほど人類に大きな影響をもたらしたのだ。
鉄、トウモロコシ、ダイヤモンドはおちんちんを強くするし、女のからだをより魅力的にした。
男の子が靴を磨き、女の子がシルクのパンツを履く、これが黄金という喜びとなる。
鉄やトウモロコシは、男の子の靴磨きや女の子のシルクのパンツのために奉仕する存在なのではないだろうか。
黄金が生み出したものなのだ。
鉄やトウモロコシは、「僕の方がたくさん靴磨きをしたよ?」という第三の男の子のためにある。
女一人に男が二人いなければ鉄やトウモロコシが作られる理由はない。
靴磨きをしている男の子の肉体が鍛えられれば、鉄は100倍価値のある銀や金となるだろう。
「家」というものはそのようにして出来ている。
女のからだの魅力(交換価値)とおちんちんの「利用価値」はそのようにして「怠けた労働者」の存在とともに社会を発展させた。
女の子を買うというのはそのような効果を持ったのだ。
ribbon 真夏のフェミニスト。

トウモロコシは「季節」があるから列強は季節を無視できる砂糖やコーヒーの栽培のために南の島にプランテーションを作ることにした。
これが「一人の女が複数の男とセックスする」ことの意味だったのだ。
女がからだを売るのに季節など関係なかった。
靴磨きよりも難しい仕事が大自然にはあるだろう。
寒い季節にはリネンやコートが2倍の値段で売れた。
大地を切り開けば男は、より複雑な仕事をしてリネンのシーツやコートを女にプレゼントするのだ。
そこから洋服の仕立て屋やクリーニングが発展した。
女一人に男二人という構図を作っただけでいろんなものが発展するのだから男の才能というものはあまくはない。
あとは女をプロデュースする人が必要だね。
この「お金の起源」を冷静に理解しなければならない。
ましてや、女の「男関係」がもっと複雑化すると、社会は「絶望的な発展」を遂げるに至った。
トラブルをなくすためのビジネスも発展した。
ゲルマン法、ローマ法の頃から語り合ってきた「男らしさ」も、セックスや出産がより安全なものとなってから「複数の男」が想定できるようになったのであり、性行為非公然性の原則という「私有財産」が生じてから「おっぱい」の意味も変わった。
6メートルのシーツ(セックス3回分)が一つのコートなのかというところからシティの証券取引所での値段の変動が起きた。
酒井法子 あなたにホームシック。

C4H8O2(エステル)のように、女四人には貧乏男8人と金持ち男二人が寄ってくるという複雑な計算にまで発展し、恋愛と結婚は「違うスポーツ」とも言われるようになった。
マルクスがエステルのことをそのように例えたのだ。
エステルさえ成立すれば女はコートに困らなくなった。
ユニオンに「黄金の脳」は二人だけいればいい。
エステルに見られるような「男二人による支配」を嫌ったのが革命だったのだろう。
CoCo 夏空のDreamer.

女はエステルのメンバーに入ったら「キスと胸」を巧みに使い分けた。
このことだけでも「セックス3回分のシーツ」とコートの関係は複雑化した。
アイドルのニャンニャン写真流出のように「女の価値」が変わる出来事があるとこれらは変動したし、政治の側による「女心の定義」によっても変動した。
寒さをしのぐコートは絶対に必要だったためにブランド化などが複雑になされた。
南の島の砂糖やコーヒーもその影響を受けたのだ。
「鉄ができた」ということを発端に男女の世界や社会はこれほどまでに劇的に動いた。
ギリシャの時代はだいたい一軒の家に五つのベッドがあった。
しかし、劇的に動いた社会では貧乏男と金持ち男で「その本質」への理解力の違いが見られ、家というものはそんなに単純なものではなくなった。
女がキスと胸を使い分けただけで、紀元前にすでに「20世紀の到来」だけは分かった。
だいたい「セックス3回分のシーツ」は、1着のコート、4キロの紅茶、16キロのコーヒー、1クォーターのトウモロコシ、2オンスの金、500キロの鉄という具合に法則は固まっていたから女たちは好き勝手に男を選べた。
渡辺美奈代 Too Adult.

女の子にもいろいろタイプがあるでしょう?という発想を「非効率性」と呼ぶ。
そのいろいろなタイプの女の中から特定の女に、鉄やトウモロコシ、コートを貢ぐことによって自分にとって「特別な女」にしていくのだ。
喜んでいる男にはキスをして落とし穴にはめ、胸に残った人には胸を触らせ将来を感じる。
セックスは噂になり、出産につながる。
あとは歴史の審判を仰ぐしかない。
女はシーツに「女」を想像している。
シーツをいくらの鉄、コーヒー、コートで表現するのかは「男がいなくならないように」決めるしかない。
男がいる限り「最大価値」がつけられているのだ。
女の値段。日経平均株価。

「セックス3回分のシーツ」は、1着のコート、10ポンドの紅茶、40ポンドのコーヒー、1クォーターのトウモロコシ、2オンスの金、500キロの鉄という「相場」は方程式にしたい。
ほっかほか弁当は女のからだに与えるためのものであるから「商品」と呼ばれている。
どの男がその「女」に金をかけたのか?という観点からおちんちんは「利用価値」と呼ばれた。
独占欲から女を太らせる男もいるのだ。
男が働いた証拠を示したかったのだろう。
セックス3回分のシーツは、結婚したらTOPIXにまで値段が下がってくる。
だからこそ妻に大量の食事を与えられたのだ。
「セックス3回分のシーツ」は、1着のコート、10ポンドの紅茶、40ポンドのコーヒー、1クォーターのトウモロコシ、2オンスの金、500キロの鉄というのも「結婚」という制度があるおかげで社会の相場が撹乱され複雑性を増した。
しかし、男にとって「特別な女」は確実に生まれたのだ。
そのようにして、女は安心して「老いていく」ことができた。
渡辺美奈代 シーツの舟。

このように女のからだという「商品」から多くの価格が決まるために「花を買いませんか?」という形であらゆる物価に影響を与えるようになった。
「女心を定義するのは政治の仕事」というのはそのような意味である。
政治のことを「シーツのアイロンがけ」と呼ぶ人もいた。
男が女を愛する気持ちを利用するのが「経済」であり、女が「男らしさを語り合う」のが「法律」ならば「法経学部」とひとまとまりにはならないはずである。
2オンスの金に合わせて2ポンドというのはできている。
セックス3回分が「2ポンド」であるとされているのだ。
これさえ定義できれば、男は社会で「自由に踊ることが」できるようになる。
いよいよ我々は社会で自由に活動できるというメッセージがマルクスから送られた。
シーツのアイロンがけからおのずと「2ポンド」の価値も決まったのだ。
2ポンド稼げば3回女とセックスできることを大英帝国が保障した。
外国為替も「異国の女」の影響を受けるようになったのはこのためだ。
何度かデノミを繰り返した「ポンド」

このことは、エジプトの書物から発見した「ヒエログリフ」とも呼ばれる。
どれだけ仕事を邪魔されたかという「マグニチュード」という単位も生まれた。
東京の地震は小さくてもマグニチュードは大きい。
地震までもが「女のからだ」から計算されており、政治の影響を受けるのだ。
「自由競争が行き過ぎるから災害報道が必要だ」というアダム・スミスの影響をマルクスも受けていた。
女たちに力を与えるのがマルクスの目的ではあった。
この「ヒエログリフ」だけを頭に叩き込んでロビンソン・クルーソーは無人島に行っている。
ペンとインクだけを持って行ったのだ。
男らしさを語り合う法律の世界はより「神学」に近いものとなったが、「女心を定義する」という政治の世界は経済のコントロールを可能にした(政教分離)。
「お金はどこから来たの?」という問いはこれで明らかになったと思う。
松田聖子 マンハッタンでブレックファースト。

お金があったって「女を買う」のは多少の強引さが必要だろう。
「男らしい」と言われるようなシステムが整っていなければならない。
「彼女がいる」と言っても批判されない文化が作られていなければマザーズでもジャスダックでも女は買えない。
法律がそれを「男らしい」と認めていることとお金を持っていることが「彼女がいる」という意味だ。
「彼女を作れる状況には今はない」という男のことを自己疎外と呼ぶ。
お金と法律から自己疎外は生まれる。
ブルジョワが「宝の持ち腐れ」と言われるようなお金と法律がうまく回らない状況が作られたことからフランス革命は起きている。
お金ってなんのためにあるのだろうか?それを社会が見失ったからだ。
ルイ16世がもっと謙虚で、女たちが「男らしさ」をもっと的確に表現していたらフランスブルジョワ革命は起きなかっただろう。
銀や金は、女にとって魅力的で、しかも供給が「神・男」にコントロールされているからお金にするのに都合がいい。
しかし、10ポンドの金をタンスにため込んでいるだけならば男は「働く意味」を見失うだろう。
女たちも黙ってはいないはずだ。
Wink 愛が止まらない。

1トンの鉄は2オンスの金と同じという金兌換制は、お金というものをシンプルにしたマルクスの考えであった。
しかし、「女心を定義する」政治との関係や、小麦から出来るパンを女にご馳走することから小麦の取れ高との関係からどうしても「複雑なデノミ」を行わなければならなかった。
「女を磨けばお金に影響を与える」という観点から、小麦という要素がお金に入り込んだのだ。
女といってもクオリティの違いが出てきたのと、小麦をどのくらい用意すればいいのかという観点から、「お金で女を買う」のではなく「女がお金を決める」という具合に変化した。
これが「政治学の発展」であった。
聖書は「男らしさ」だけを売っていただろ。しかし政治はそうではない。
聖書を女たちはいくらで買うつもりだ?とも言われた。
女たちが「男らしさを買う」ことが分かったため、金は天下の回り物と言われるようになった。
bz もう一度キスしたかった。

女が「男漁り」のための徘徊をやめれば物価は上がる。
街に女の数が減って、金が飛び交うのならば、物価は間違いなく上がるのだ。
女たちが腐るほど街に溢れているのならば、お金の「速度」が下がる。
お金の肖像画はこのことを正確に理解している人を描いた。
肖像画が正確であれば金本位制を廃止しても意味は変わらないとされる。
ドルは「原油が買える」から世界の基軸通貨としての地位を守ったとも言われているね。
女が買えればいいんだよ。
男が女を買う(M-C)のと女が男らしさを語り合う(C-M)のは異なるものだ。
しかし、「男らしさを語り合う」論壇がなければ「M-C-M」の世界で発展がない。
つまり、法律(男らしさを語り合う)世界がなければ、男は働かないのだ。
ここに経済発展の秘密がある。
富を生み出すのはあくまでも男だという発想が根付いている。
女心を定義する政治と、男らしさを語り合う宗教は「政教分離」と言いながらも「男が女を愛する気持ちを利用する」経済と密接に関わっている。
政治といえば集まらない金も宗教といえば集まるというのではなかなか株価も上がらないだろう。
どちらも同じように魅力的な世界なのだ。
紅白歌合戦も同様の論理で白組(宗教)が紅組(政治)を圧倒している。
Bz ピエロ。

女一人に男二人がいることから鉄やトウモロコシができたが、女を奪われた方の男が存在することを「矛盾」と呼ぶ。
この時に、女を奪った側の男が、奪われた側の男に殴られないためには「日経平均株価の2倍」のお金が必要だとも言われる。
このことから女にとって彼氏の「男らしさ」は10%上がっている。
また、失恋レストランは安い価格で食品(商品)を提供すべきだとも言われている。
失恋レストランとは風俗のことだった。
なにしろ10%男らしさで負けたのだ。
資本主義の「矛盾」とはこのことであり、男同士での金のやり取りが生じることと、より男らしさが進歩するということ、それを踏まえた上で鉄やトウモロコシが生まれたことが指摘できる。
失恋レストラン。

女の値段の出し方は、365回のキス+52回の胸を揉ませる+4回のセックスを全部足して365で割るとも言われている。
これを3シリングと呼んだ。
これは「日給」の相場の計算だとされたため、だいたい「セックス週三回」が正解となるだろう。

さて、なぜ他の男を失恋させることができたのだろうか。
それは、男の「勉強メタボリズム」からくるものだ。
やがて女との間に子供(剰余価値)が出来るだろう。
子供は常に「父親の勉強メタボリズム」にさらされていることになる。
子供は靴磨きの数を競い合うのではなく「勉強の成績」を競い合っていたのだ。
女の子にとって「勉強」には世界のすべてが含まれているように思えた。
教科書は聖書だったし、物理、化学、生物はお医者さんになるために必要な勉強だった。
「私は動物なの?」
勉強ができる男の子はそのことを勉強していた。
地理に詳しい男の子は、世界中を旅することのできない女の子の憧れだった。
処女なんてものは大人に高額で売りつけてやったわ。
クラスの男の子は大人たちよりも若くてハンサムだった。
地球と向き合う営みが勉強だったのだ。
愛の倫理社会 おニャン子クラブ。

子供が生まれたら、女のからだ(コモディティ)・商品は「プロダクト」と名称を改め、マーケットにおける値段が変わってくる。
からだを売ることをもはや行わない「女のからだ」だったからだ。
しかし、夫にお金を託された存在となる。
あとはその「商品」(プロダクト)は、夫のおちんちんから子供を産む、育てる、感じない女としてセックスする存在となる。
未婚と既婚という区別よりも、子供がいるかいないかで女は区別される。
女は子供を授かって「ねがい」をかなえても、男たちに「女」として見られる宿命にあるのだ。
そこから「最底辺の動物」のように振る舞う主婦もいる。
子供を授かっても、男たちの「専門的な眼差し」の対象になる。
男の仕事は子供を授かっても何も変わらない。
子供がいない男と同じような仕事をしている。
しかし、女たちの「男らしさを語り合う論壇」をより豊かなものにした。
もはや、妻にはシルクのパンツではなくコットンのパンツが必要とされ、10ポンドのコットンが10シリングと価格設定された。
40ポンドの紡績糸が40ポンドのコットンと同じ値段だとも定義された。
お蚕さんはこれから機械にかけなければならない。
そこでシルクとコットンの値段が変わったのだ。
からだを売るか売らないかでシルクとコットンは区別された。
男の独占欲がコットンのパンツに表現されていた。
紡績糸とコットンが同じ値段だとされたら、あとはシルクは「働いた分だけ」コットンよりも高くなる。
一日6時間働けば「セックスは週三回」が実現するだろう。
10シリングの紡績糸が働いたおかげで12シリングになり、「独身女性用です」と言えば15シリングになる。
「専門的な男の眼差し」とはそのようなものだった。
真冬の観覧車。

独身女性用です、と言えば3シリング高くなることが分かり、経済は「偉大な発見」をした。
【働かなくてもいいのではないか?】
「セックスできる可能性」があるだけでも儲かることが分かったのだ。
3シリングというのは6時間働かなければ稼げないお金だった。
これが一日12時間働くことを考えると、「セックスできる可能性がある」というのはボロ儲けに近かった。
このことから「シルク」の大量生産が始まった。
絹というだけで男たちの反応が変わったからだ。
「女に高い値段をつけよう」
このような考えが定着した。
安室奈美恵。

一方で、コットン業界は「真面目な業界」であると女たちは語り合った。
そこで、どんな値段がついても「産業」は成立することも分かった。
「役にたつ男」というイメージはどの男も欲しがるものだったのだ。
一日6ポンドのコットンを36ポンド欲しければ、週6日働けばいい。
しかも、一日6時間の労働でいい。
あとは「女心の定義」という政治と「男らしさを語り合う」という宗教が、政教分離の名のもとに男女で分かれて行われた。

また、炭鉱事故で生娘が跡形もなく消えてなくなったという話から、石炭と石油では同じエネルギーを持っていても石油の方が高く売れた。
「生娘」というものを大事にする産業がどれほど儲かるかも思い知った。
からだを売れる時期は長くて10年とも言われ、女は子供がいた方が儲かった。
男の生活スタイルに自分も合わせるという発想が大事だ。
AKB48 好きなんだ。

1000ポンドの機械が1000日で壊れるとしよう。
115ポンド生産するたびに15ポンドだけ「悪魔のホコリ」が積み上がっていく。
そのために使える絹は100ポンドだ。
500日からだを売って150ポンド儲ける女がいるとする。
機械いじりをして「悪魔のホコリ」を除去する男に「すごーい!」というだけで10日で壊れる機械は1000日持つことが分かる。
放っておいたら10日で悪魔のホコリにやられてしまう機械も、男女たちの「出会いの場」を与えている。
女は500日で150ポンド儲かることになる。
10年間でもからだを売るのは500日ぐらいだろう。
社会は快適でなければならない。
女もからだを酷使しないようにしながら生きていけるようになっているのだ。

男が500ポンド儲けるとする。
410ポンドは仕事によるものであり、90ポンドは「女子たちの噂」のおかげであり、さらに子供がいると90ポンド加算される。
子供がいるだけで590ポンド儲かるのだ。
410ポンドのうち312ポンドは生娘のおかげであり、44ポンドは娘のおかげであり、54ポンドは悪魔のホコリを修理したおかげである。
機械を使う現場では、「女性が噂をする」だけで1054ポンド儲かる。
このようにして、子供がいない男は1500ポンド稼ぎ、子供がいる男は1590ポンド稼ぐ。
どのような計算をしてみようと、稼いだものは手元に残るのであり、娘がからだを売る年頃になると、その悩みの複雑性から儲けは10600ポンドになる。
なぜ「シルバーライフ」が豊かなのかもプライベートの悩みが仕事での儲けにつながるからだろう。
酒井法子 おじいちゃん is watching TV.

人間は「6時間しか働かなくていい」(必要労働時間)。
そのあと7時間労働だろうと9時間労働だろうと12時間労働だろうと「政治か宗教をやっている」と言っていい。
大学受験がいちばん人生で難しいんだ。
30年間この時期を過ごすのか、10年で終えるのかの違いが男女にはある。
女は12時間労働でも、残りの6時間を「今夜のお相手探し」に用いることができるが、男は出世したいから長時間労働は望んでいない。
女が「からだを売る相手を探し始める」のであり、また、子供のいる女性も長時間労働は望んでいない。
ユダヤの学生アルバイトや、黒人の奴隷の方がよっぽど金を持っていたのには驚いたね。
6時間の労働を週6日やって36時間働くのと、12時間の労働を3日やって、あとは「男のための日」にするのかは考えた。
しかし、人間の「1日の生活のリズムや感情」を考えると、週6日働いた方がいい。
ドナウ川のコーヴィー(貴族が運営する農場)では年に56日間しか働かなかったが、ワルシャワの農場では天気を見ながら210日間働いた。
労農派はこのようなのんびりとした労働をやっていたが、イギリスでは講座派が主流であり、週一日の休みだけにしたのだ。
講座派ほど労働時間に悩んだ連中はいなかった。
時にはセンセーショナルな事故も経験して現在のように9時から5時というものが定着したのだ。
酒井法子 リアル。

結婚して子供を持った男は、妻とセックスして、あまった3シリングは子供のために用いるだろう。
しかし、娘がからだを売ったとか、妻とセックスしたとか色々なものが複雑化する。
【ここでようやくマルクスは女の抑圧に気がついた】
この時にマルクスは「従姉妹の女の子」に目をつけたのだ。
必要労働時間を10時間にしてみたところ、「従姉妹しかいないな」ということになったのだ。
9時間か10時間の間にその分岐点があったとされる。
4〜5年働けば「子供同士の交流」も始まるために、この時「団結」という言葉も生まれた。

「革命家」マルクスの誕生。


しかし、団結というのはアリストテレスが「人間とは政治的動物である」としていたことから「女心を定義する」つまり詩の「習律」について語り合う仲間を作るという意味であった。
このことから左翼と芸術が結びついた。

垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

レディチャペル〜女性の抑圧からの解放。

このような「文化」を明らかにすることを「マニュファクチュア」と呼んだ。
音楽産業が機材の発展とともに花開いたのだ。
感情の表現さえできれば、橋やダムなどを作ることが可能だった。

東京通。


音楽作品が豊かな都市では失業者が少ないことも明らかになった。

労農派は、「妹にもお金をかける」という特徴が見られた。
妹が「お兄さんの男らしさ」を語ったのだ。
勉強の応援をするために妹はからだを売った。
これはエジプトの言い伝えだとも言われる。
お兄さんの勉強や受験をすぐ近くで見ていたのは妹だった。
エジプトの「水」(女)の伝統はスペインやシチリア島、アラブにまで流れるものだった。
妹に彼氏ができた時に、お兄さんの「失恋」の理解力が生じたために、労農派は講座派よりも20%利益が大きかったとされる。
一日12時間も働けば「従姉妹」というよりは「妹」になるわな。
12時間働いて6シリング稼いだら、妹が豊かになるだけだ。
その分、妹が「男らしいお兄さん」という論壇を作るだろう。
そこいらの処女を買うよりもお金は20%しかかからない。
四六時中、畑や田んぼを見守っているとこのようなことになるのだ。
講座派(ライン工)でも必要労働時間が激務だと妹との関係はこのようなものになる。
「女を奪われる」ということは仕事を邪魔されることを意味する。
それが嫌だからセックス一回に3シリングの金を与えたのだ。
しかし、日経平均全体で見ると「妹とセックスする習慣」というのは株価を半分に引き下げるとも言われる。
シルバーリングに口づけを。

以上の「労働時間と周囲の女の関係」や経済効果を見なければ賃金というものは定まらない。
労働者は「セックスをするために働いている」という観点が必要なのだ。
また、国家として「女の性の統制」を行う国がヨーロッパにはあることも知っておかなければならない。
音楽機材に興味のある国とない国があることも指摘していい。
どの国もUKやビルボードがあるわけではないのだ。
共産主義というものは女たちが「花を売る」世界だ。
華族子弟の赤化や芸能界に広く蔓延するものでもある。
西田幾多郎が「皇族や芸能人は処女」と言ったような考えとは明らかに実態が異なる。

「貯金のある男」というのも生まれた。
女をいつでも買えるようにお金を貯蓄しているのだ。
このような男を「資本家」と呼んだのであり、金融資産の研究は避けては通れないものとなった。
しかし、このような「マクロ経済学」は、ミクロ経済学のように「女の売買」のような実体験をともなうものでもなく、下ネタでもない。
日経新聞でも読んでおけばいいだろう。

しかし、10000ポンドかかる子供と2000ポンドかかる子供と、400ポンドしかかからない子供がいるという具合に「子育て」を語る必要はあるだろう。
大卒、高卒、中卒という具合に「雇用」の事情が変わってくるからだ。
ブルジョワとプチブルと言われるように、子供たちの間での交友関係も変わってくる。
就学の段階で「金で女を買える」かどうかが違う。
この問題が「金融資産」にまとわりつくことは知っておいていい。
住んでいる地域も違うし、そもそも大学というものが本当に勉強するためのものなのか?
親の金で女を買う場所なのではないか、などが語られている。
オックスフォードのようにカントを教える大学とエジンバラ大学は明らかに異なる。
マクロ経済学がセックスについて語らない以上、実体験のともなわない議論にならざるを得ない。
さだまさし 案山子。

1870年代から1914年までの間に、ドイツ、オーストリア・ハンガリー帝国、ヨーロッパロシアで人口が急増した。
中産階級がしかも支配したのだ。
「誰が最後のケーキ(女の子)を食べるのか?」という問題と直面した。
ヨーロッパ各国は宗教(男らしさを語り合う論壇)が異なったために、この三ヶ国だけで繁栄というものが謳歌されたのだ。
アルザス・ロレーヌ地方は常に「繁栄するドイツ」を見ていたためにフランスを激怒させていた。
「夫への貞淑を何だと思っているのか?」という思いがあった。
国が国民にお金を与えるということが想定されていない「旧世界」においてはこのようなことが起きたのだ。
「恋愛と結婚は違うスポーツだ?」「それで繁栄しただ?」
フランスは国家の宗教の存続の危機に立たされていた。
モーニング娘。 男と女のララバイゲーム。

ウィルソン大統領は、14か条の提案においてフランスに「もっと心を開くように」としていた。
この文章をじっと睨んでいたのはフランス人だけだった。
「これが戦争の原因だったのか」
アルザス・ロレーヌ地方は、「夫の心の安定か、それとも繁栄か」を常に考えていた。
これだけでも「敵と味方」を作るのには十分すぎる議論だった。
ドイツは、ベルサイユ条約で戦後賠償金を求められたのではなかった。
「世界規模での財政出動」を求められたのだ。
ドイツは国境を越えて「繁栄とは何か?」を発言する力を持った。
フランスは「最後のケーキ」が傷つけばいつでも拳を振り上げる覚悟だった。
CoCo 優しさに帰れない。

「恋愛と結婚は違うスポーツ」
こんなことを女が公然と口にするたびにクレメンソーは怒りに震えていたが、ドイツは「世界規模の財政出動」によりこれを世界に広めてしまった。
ケインズ主義とは「お金の裏付けのもとに性文化を広める」ものだったのだ。
ドイツが自らのイデオロギーを世界に拡散させていくのを見て、イギリス、イタリアなどもケインズ主義を真似し始めた。
「国家財政が国境を越える」ことをケインズ主義と呼び、そのお金は「性文化」を広めることにつながるとしたのだ。
アジアの純真。

日本のテレビドラマで「恋愛と結婚は違うスポーツ」という発言を女がすること自体、アメリカケインズ主義のもとにアメリカのお金の裏付けがあることを知らないといけない。
しかも、一つの発言を引き出すのに数兆円単位の金が流れている。
フランスの論理もここでは学ばなければならないだろう。
女たちをコントロールすためには数兆円のお金が必要だった。
宮澤喜一は、私の祖母・遊佐道子と親しく、当然、道子によって西田幾多郎とも引き合わされたであろうことから、「目先の政局を有利に展開させるために世界を動員する」のがケインズ主義と言われるようになった。
これがワイマール体制という「平和」がもたらした国際政治だったのだ。
それは当然、大蔵大臣をやらなければ動員できない資金力であり、しかも、日本固有の議論である「処女」というものを理解していなければ「私はケインジアン」とは呼べないわけである。
宮澤喜一が作った曲。Like a virgin.

当初、ケインズ主義は、ロシア、中国、ハンガリー、トルコ、オーストリアを「買える国」と判断していたが、宮澤喜一はアメリカ合衆国を買ってみせた。
バブル経済とはそのようなものだったのだろう。
国際連盟は横行するお金をまったく止められなかった。
この資金の規制を行ったことから「新世界」というものが開かれた。
フランスに移民する人もいた。
レーニンもこの問題で「感じる女」が多くなるインフレの国では、国内の政局を解決できるメリットがあるとしていた。
「新世界」においても、文化に介入すれば女たちが口々に噂を語り合ったのだ。
これで、もし子供たちが貧困に陥るのであればケインズは敗北を認めようと考えていた。
河合その子 愛のImmigration.

目先の政局のために世論を動員するというのがケインズ主義であるが、私は1987年から1988年にかけてアメリカに留学し、1990年に東大文一に合格している。
しかし、1989年のクリスマスにこの曲がリリースされている。
背景に遊佐(小野)道子がいたのは明らかであろう。
酒井法子 エアメール。

ハイエクは、「勝たせたい男を勝たせることはできる」とし、ケインズを褒めたが、「女を愛せない男っているもんだよ」と指摘し、その有効性の限界を指摘している。
ハイエクは、ホモの実態を探るために社会民主主義の世界に潜入している。
1950年代はシカゴ大学に、1960年代はドイツに戻りフライブルク大学に所属し、1989年に「ハイエクは死んだ」と噂になるまで活動した。
ハイエクは「ゲイカルチャーのグル」と呼ばれ、「男の子にも滑りやすい坂道ってあるんだ」と指摘している。
CoCo 冬の微粒子。

ケインズは、間違いなくヒーローだった。
しかし、「キャンパスライフが勉強なんだよ」としてそれを実践したハイエクもまたヒーローだった。
「勝たせたくない男」の存在を探るためにホモのソサエティーに身を投じ、その実態を赤裸々に語ったからだ。
1974年に「経済学が分かっている」と見なされノーベル賞を受賞している。
社会を作り、その空気に人間を流す。そうすると「すべての文章はハイエクが書いた」と言われるほど社会の現実は「勝たせてはいけない男」の物語に満ちていたし、ケインズを批判し、「男が女を愛する気持ちを利用するのが経済」というだけではうまくコントロールできない現実があることを知った。
しかし、文字を書くのではない、音楽作品を作るわけでもない、それでも木をチェーンソーで切り倒し、紙を作り、化学薬品からインクを作るものはいると説明し、巨大産業の世界に肉体労働の現実を突きつけたのがハイエクだった。
仕事の時間にも他の同僚と雑談もするだろう。
そのおかげでいろいろなことを見聞きすることになる。
その世界には「指導者はいない」ことも明らかになった。
1000人友達がいれば「わけのわからない」虐めに遭うだろう。
一億人の友人がインターネットの世界にいるとすると何が起きるであろうか?
ハイエクがいなければ「ヘンタイ」の実態が誰も予測できなかったのだ。
それは「虐め」の問題への答えでもあった。
「異性を愛せない」
このことから虐めというものはインターネットの世界で生まれていた。
ribbon メリハリで愛して。

人間社会は複雑なパズルだった。
非効率性も理解しながら「先生」の原稿を運ぶ労働も必要であるはずだとハイエクは考えた。
10億のジグソーパズルを「経済」だけでコントロールできるわけがないではないか?と考えていた。
勝ちたい奴は自然に「戦場」に集まってくるものだ。
逃げる奴はそもそも男としておかしいんじゃないのか?
フロイトが完成させた世界に興味を持てないのであれば、それは「社会」の流れに問題がある。
しかし「男」としての音を鳴らすものと「女」としての音を鳴らすものが両極端なだけであり、案外その「中間線」は自由なものだとも指摘している。
「私を選んでください」という気持ちとお金の相談に過ぎないとも言われる。
「男らしさを語り合う論壇」(法律)、「男らしさを演じる男」(行政)、「男女の痴話喧嘩を裁く」(司法)がなければ、このような男が生まれる。
すべて「自分たちの権威」次第で変わるものなのだ。
パン屋がパンを高く売るためには「男らしさを語り合う論壇」に参加するか「女心を定義する」(政治)しか方法はない。
つまり、「興味のあること」を「金利」と訳したのは正解だった。
パン屋は法律家であるか政治家であるかのどちらかであり、さまざまな活動を行うことにより高いパンを売っている。
ここで「金利」も文壇に委ねられたことをハイエクは指摘している。
本を読むよりもモントリオールからバンクーバーまで旅をした方がよほど金利が上がるという指摘も行なっている。
虐めをやって成績が悪かったのならば旅でもしていればいい。
社会は、ノンケだけの世界を構築したのではなかった。
多くの仕事をすでに用意していたのだ。
アメリカ合衆国が「グレートソサエティ」と呼ばれる寛大さを見せたのだ。



【延々とつづく】

« 天津神。 | トップページ | 喫茶店経営について。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男道(革命)。:

« 天津神。 | トップページ | 喫茶店経営について。 »