最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ブラックホールとホワイトホール。 | トップページ | 天津神。 »

2018年2月15日 (木)

国津神。

女というものをどれほど気持ちのいいものにするのかが指導者の力量である。
各自がそれぞれの趣味を持っている世の中で、「セックス」にだけは誰もが関心を持っていたからだ。
指導者が「独自の」考えを持っている、これが組織に快楽をもたらした。
指導者は「オーガズム」の快楽を狙って様々な複雑な仕事をこなしていった。
すでに存在している組織であるのならば、そこで仕事をするしかない。
部下たちの気持ち良さを保障するのが指導者というものなのだ。
リーダーシップとは常に「初めてその人をこの角度から見る」ものである。
リーダーにはフォロワーもいる。
しかしフォロワーは「この人の話を聞きなさい」という役割にとどまる。
家が一軒出来上がった時に「あの人のいうことはわかりやすかったな」などと部下たちが語り合うものだ。
大人の社会にはもはや「勉強リーダー」は必要なかった。
「どこか別のところで人生経験を積んだ人」が上司となっていたのだ。
個人的な野心も上司を見れば「何をすればいいのか?」が分かった。
セックスの快楽を利用して物事を治めていたため、不幸な結婚をしたグループや彼氏のいない女などを説得する作業が待っているのは当然だった。
勉強の度合いで対抗する部下もいるだろうが、快楽に焦点を絞ることを学ばせる必要がある。
渡辺美奈代 Too Adult.

企画立案というのは「はい、注目!」というようなものだが、どうしても譲ることのできない女であるのか?などを今一度、考え直さなければならない。
その女のところに通うのが通勤であるが、家と事業所はコントロールできない。
しかし途中に「縁起」などの石を投げ込むことはできる。
通勤のために出来るだけ多くの金を払わせることは可能だ。
コントロールできないものを「行政」と呼び、コントロールできるものを「政治」と呼んだ。
女たちは「こういう人は男らしいわ」と語り合った(立法)し、男はそれを聞いて男らしさを演じようとした(行政)。
政治は「よそ者」のためのものだ。常に男らしさを男の側から議論している。
1946年に戦争が終わって「よそ者」が職場に入ってきたら男の側から男らしさを語る連中が多く、今までの女たちの議論を乗り越える形で男たちの実践を批判する者たちがいた。
司法の場では裁判官がいろんな話を聞いて「快楽」を増していくという過程を経た。
みんな組織に属した以上、立法・行政・司法・政治のどれかの役割は果たして組織に貢献しようとは思っていた。
しかし、戦争と不景気だけは今までの議論をすべて振り出しに戻す力を持っていた。
男が女に飢えるのは戦争の時と不景気の時であり、女たちが語り合う男らしさ(立法)に男たちの振る舞い(行政)が完全にしたがってしまうのだ。
警察や市役所は明らかに「行政」であった。
この「政府の仕組み」が確立したのは1910年だとされる。
しかし、この「政府の仕組み」は実際は各職場ごとに成立しているために「頭ごしのコミュニケーション」は望んでいないものだ。
社会全体に「男らしさとは何か?」を発信するよりも、現場の問題の解決のためにこの議論を用いたいとみんな考えているために、異なる職場の間での交流や競争は誰も望んでいない。
各部署は「異なった勉強」を確立することによって職場の男と女の関係の自由な往来をブロックしている。
勉強が不十分な男は快楽が少なかったために、朝、職場に行く気力がなくなって去っていった。
勉強させようとしてお給料を払うのであるが、それでも「割りに合わない」ことがある。
それが「勉強」だったのだ。
松田聖子 赤いスイートピー。

国が滅亡しそうになっても「可愛い息子」は戦争には送らない。
そういうコインが出たのならば親は自由にそれを判断できる。
帝国が膨張していくためにはそのことをよく理解しなければならない。
そもそも、家庭内ですでに「男らしいって何だろうね?」という議論は終えていたのだ。
金集めのゲームである戦争で、「必要な息子」を戦地に送ったのではそもそもが戦いにならないことは理解しなければならない。
巨大組織は、別の巨大組織を激しく攻撃するものだ。
女たちが語り合った「法律」がそもそも異なるからだ。
女たちが語り合った男らしさにしたがって東大を「赤レンガ」と罵倒するのが男の行政というものだ。
すべての人が予算に不満を持っている。
「誰が誰とコミュニケーションできるか?」も実は制限がある。
このことからお金がうまく流れないようになっているのだ。
お金をうまく流すためには「予算部門と請求する側の部門が両方とも知っているアイドル」の話から入らなければならない。
アイドルはもちろん女である。
「頭越しの専門家」はとにかくスペシャリストなんだよ。
なんでも許されるような才能がなければ巨大組織を股にかけることはできない。
巨大組織を股にかけるといってもお金の裏付けを得るだけであり、片方はライン部門でなければならない。
巨大組織同士で連絡を取らせようとしても各組織にはなんのメリットもないために実現しないだろう。
単なるライン工と巨大組織の「頭越し」は可能だ。
これは許認可などで行うことができる。
「面識がない」というのが女たちが語り合った法律にとってどれほど致命的かを知らないといけない。
誰も応援しようと思わないものだ。
「国家の中枢」とみなされなければどのみち地方自治体と財務省を引き合わせることもできない。
しかも、「同じことに興味を持っている」ことが国家の中枢には求められる。
酒井法子 POPにいこうよ。

医者などの専門家は、誰よりも「女が好き」でなければならず、そうでなければ「法」が身に付かない。
しかし、組織のピラミッド構造は「法」を人に教えることから成立するが、常に男の側から男らしさを語る政治家と、夜の話は一切語らない職業人から成り立っている。
この「政府の仕組み」という権威を誰よりも熟知した上で、この業績は誰のものという具合に割り振りする人を政治学者と呼んだ。
組織の内部の人か外にいる人かはこの「割り振り」にどれだけ敏感であるかにかかっている。
しかし、インサイダーがうまく業績を割り振りしないと、内部の人間は「ストライキ権」を行使してアウトサイダーにその内部の割り振りが機能していないことを訴えかける。
権威がこの時にどれほどうろたえるかは計り知れない。
仕事を辞めてもらう時にどれほど従業員が「お金」を楽しむのかも知る必要がある。
ストライキ権によって「業績の割り振りの失敗」を外にアピールするから上司は「自殺してしまえ」という「恐るべき発言」をするのであり、ストライキ権を行使しないで黙々と仕事をする人には上司は案外寛大なものなのだ。
業績といっても「どのような気持ち良さを男女に与えたのか?」というものであるが、それを熟知している「権威」には案外、敵が少ない。
男らしさを語るのが女の仕事ということをよく理解し、男たちにしたがわせる法律の優位を理解している権威は職場の構築に成功したものとして尊敬されていたのだ。
キャリア・ウーマン。

その権威を警察組織などの「法律」が完全に優位する世界でクビにするためには世論を交えた大法廷を開かなければならない。
黙々と仕事をする人の「代わり」なんてなかなかいないという事もわからずに発言すると権威は一気に失墜する。
快楽を撒き散らすのが仕事ということを知っている政治家のクビを飛ばすのならばなぜ自分が権威だったのかをよくよく考え直さなければならない。
大学を卒業して連邦政府に任官してからそのことに気がつくのにどれほど時間がかかったであろうか?
農作業をやるのにはハードコアポルノが必要と悟るのには時間がかかる。
悟るのであればホモではないだろう。
なぜ時代劇に上下関係があるのかも、女たちはその男の発言から学ばされたのだ。
「誰があなたたちのボスなの?」と女たちが言いよるのならば、そのような黙々と仕事をする男ですと答えるしかない。
組織どころが警察組織ならばなおさら、そのことは理解する必要がある。
「何が人間を動かしているのか?」ということを知らないといけない。
内閣総理大臣など怖くない、しかし天皇陛下は別、という警察においては、明治天皇以来の「アマテラス」をよりよく知っておく必要がある。
発言に気をつけないと年寄りや病人が黙ってはいない。
天皇退位。

士気が高いのはどの組織も同じであろうが、肉体労働を管轄する農務省がいちばん分かっているかな?
キャリアを積むというのはそういうものだ。
しかし、アナルセックスなどのヘンタイプレイだけはなんとかして!という憲法はしっかりと理解しなければならない。
ホワイトカラーで所属のバッジを見れば、だいたい理解力は分かる。
しかし、お給料がいちばんわかりやすい指標だね。
何にも考えていないようなサラリーマンでも、「男ぶり」を発揮して女たちに快楽を撒き散らしているからだ。
ポルノビデオなんてもう飽きたわ。「男ぶり」が見たいのよね。
警察組織も「事件、事故」を処理するたびに「一人ひとり女性ファンを作っていく」以外にモチベーションはないだろう。
ファンが増えたかどうかはランチの早番か遅番でコントロールするしかない。
テレビではひたすら「刑事もの」が放送されていた。
ホワイトカラーは「現場の人間」よりも給料が安かった。その地位を守るためだ。
踊る大捜査線。

「政府の仕組み」の全体を把握している権威でも人間であるから、自分の地位を脅かそうとしたものに「自殺しろ」「勉強だけの男」と言ってしまうことがある。
もし、その部下が男らしさを周囲の女たちに知られていたのならば、社長退任ということになる。
地位の高い者は常に「面白いこと」をやりたがっている。
しかも、ヘンタイプレイとは異なるノーマルなセックスを望んでいるから出世したのだ。
履歴書など誰も恐れてはいない。
「分かっていること」を恐れているのだ。
絶対的な権力は、絶対に問題を起こす(腐敗する)といわれる理由もノーマルなセックスを好むものが地位が高いことに由来する。
権威というものは「社会の支持」を背景にしている。
言葉の序列が社会の序列とも言われるが、社会の序列はそのまま組織に持ち込まれる。
権威の役割を果たす人間は常に多数派を占めることになる。
女たちがヘンタイプレイを嫌うという主権をよく理解したものだった。
また、日常こそが女たちの快楽であることも理解していた。
「すべての道はローマに通ず」とも言われ、すべての専門職は「性」の問題に戻っていった。
陸海空軍の最後の軍事法廷は大統領(天皇)が担当した。
音楽作品のどこに位置付けるのかを学んで欲しかったのだろう。
「権威」には自信を持って欲しかったのだ。
しかも、資金集めが仕事だったからね。
すべての男たちが従う命令なんてものはそのように作られていた。
しかし、命令すら「幻」に過ぎなかった。
すべての部下たちが勃起する必要があったのだ。
そうでなければカサブランカのように天皇のために死ぬ男はいなかった。
兵士のためにお金を払う必要があったからこのような仕組みを作ったのだ。
中森明菜 リフレイン。

部下が働くのは慈善事業ではない。
出世の階段とはどのようなものかを明確に示す必要がある。
権威が何を考えているのかは常に発信しなければならない。
上層部は皆、大統領(天皇)と同じような力量を持っていた。
離婚を繰り返すような奴は底辺にいた。
中華帝国でもフランスでも「文学に詳しい人」が上層部に出世した。
高校の先生などはアメリカでは普通に役人として戦力になったのだ。
最近まではロースクールも「政府の実態」を知らなかった。
大勢の人を見た精神科医が政府の要職を占めていたのだ。
カレッジトレーニングをどのようなものにするのかが問われた。
大卒はキャンパスライフを経験しているから「警部補」のようなジュニアからキャリアを始める。
若くて健康であることが一番重要だ。
2年間は現場の女たちの「男らしさ」の話し合いに揉まれてもらいたいんだよ。
キャリア組というのはそういうものだね。
河合その子 恋のカレッジリング。

視野の狭い仕事には「男らしい人」がなかなか入ってこない。
キャリアシステムの構築が困難なのだ。
つまり「視野の狭さ」が男らしさとは何か?を見失わせるのだ。
競争もゆるいために海軍などでの経験が必要だっただろう。
世界に通用する天才となどのようなものなのかを理解しなければならない。
そうでなければ生涯その職場に身を捧げようとは思わないだろう。
ルーズベルトは1939年にマクレイシュという文学の専門家を仲間に加えた。
これが農務省や財務省にどれほどいい効果をもたらしただろうか。
だいたい35歳から40歳の間に「どの程度の男か」は分かる。
「一般行政」と呼ばれる「選ばれた男の振る舞い」を身につけるのは視野を広くもてる職場で働くことだろう。
皇室専門家。

男は案外、青年漫画雑誌に「男らしさ」を委ねていることが多い。
オクラホマのディズニーや内務省ラジオ局が「青年漫画雑誌」のようにプロパガンダをやった1913年は、男らしさを演じる「行政」にとっては無血革命のようであった。
連邦議会の男たちまでが行政を行うようになったので、三権分立が「国会」「内閣」「裁判所」とは必ずしも一致しなくなったのだ。
調査官がいちばん青年漫画雑誌に詳しかったし、ハリウッドやコマーシャルにまで情報収集の網の目を張り巡らせていた。
海兵隊は「ガダルカナル日記」や「硫黄島の土」などを共有していた。
組織としてプロパガンダを打つ者もいたのだ。
FBIも「名もなきストリート」という映画で「Gメン」をアピールした。
民間との交流を維持したい役所はこのようなことを行なったのだ。
このことから役所の広報の発言へのリアクションがだいたい予測できるようになっている。
勤め先を人々に堂々と語れるのならばプロパガンダはうまくいったことを意味する。
従業員は謙虚に振る舞うだけでいいのだ。
DoctorX.

よそ者が組織に入ってきて「企画立案」を行うが、女心を定義するという「政治スローガン」であることが多く、散々、友人と語り合った「習律」をここで生かしている。
このことにより「法律」の価値を高め、予測可能性や、みんなの仲間意識につながるものを企画立案と呼んでいる。
どの組織の上層部の見識も日経平均株価を影響を与える。
これがもっとも「法律」の実効性を高める「企画立案とは何か?」の答えである。
女たちを資源とみなすこと、多くの交友関係を持ったこと、それらから資金集めもできるようになっていること、ハードコアにも立ち入ったネタもあること、処女を有効に用いることなどが企画立案のコツでもある。
これが上手い人は税収見通しも出せるし、法律の実効性を高める。
セックスによる朝の落ち込みだけではなく、一年後の冷え切った愛まで見通す女心を知るのはもはや政治であった。
一生、パートナーと人生を共にするのか、それとも略奪愛をするのかなど、企画立案は常に「中立ではない」と言われる。
短期的には略奪愛をしたいという女心は有効であろう。
しかし、「原子力発電所を作りたい」などの企画立案ともなるとかなり「女心の定義」は複雑さを増すだろう。
ソクラテスから始まった「面白い定義」まで研究を遡ると、現在はその理論資源はアメリカにありそうだ。
しかし、明菜ちゃん派と聖子ちゃん派でも対立があったのに、公約数的見解を作り出すのは難しいことも知る必要がある。
垂加神道を作ってみて分かったのが「たとえ正解に近くても飽きられる」ということだ。
このことから常に最新の音楽番組には目を通しておいたほうがいいだろう。
新しい音楽作品であればあるほど仲間が多いことも分かる。
時にはアーティストの方から政治家に解釈を求めることも必要だろう。
スターリニスト正統派の全体主義にどれだけ多くのものを見失ったのかまで理解するのはやはり年の功というものだろうね。
ただし「のちの世代への指針」として高度な政治意志を記しておきたい。

垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

レディチャペル〜神社の付属施設。


我々は「企画立案」によって女性たちの調和を求めているのだ。
誰が「法律」を侵害したのかを明確にし、罰を与えなければならない。
子供を「大人のように」扱うのは無理がある。
そこでキャンパスライフを経験した大卒者の待遇は高卒よりもはるかに良くなったのだ。
何かを行うのは何かを成し遂げることよりも意味がある。
男が「何かを行う」ことそのものが女たちに快楽を与えられるのがいちばんいいのだ。
女たちがより居心地のいい「女心の定義」は常に争いになるが、私は垂加神道とレディチャペルにおいて一通りの了解は得ている。
しかし「もっと磨けるよ?」というニーズは常にある。
そのあたりに政治の可能性はあるだろう。
「企画立案」が磨かれるとどれほど組織は従業員の忠誠心を集めるのかを知らないといけない。
プロパガンダが企画立案への自信を示すことにもなる。
職場の女たちを大事にすることは法律の実効性にも関わるのだ。
日本国がもはや「企画立案」の世界のフロントラインにいることは日経平均株価を見れば分かる。
法律の実効性を組織の中枢は見ているのだ。
女の値段が上がることは男たちのお給料にも関わった。
国津罪。会社をクビになる。

女の解釈を間違えることは国津罪である。
ルーズベルトがテネシー渓谷にTVAを押し付けて、渓谷を国が買収し、配給チケットを代わりに住人に与えた時に、「それでは女たちが体を売れない」という問題が起きた。
女の価値を高めるのが職場であり、法律の実効性であるということを学習できたことは第二次世界大戦に影響を与えている。
女たちが「通貨」であることを知ったのだ。
「男らしくない」と言われる非公式の罰もあれば「知らないのならば免許を与えない」という公式の罰もある。
父親から医師免許を世襲すればいいはずのものが「6年間大学に行く」という形で罰となってしまうのだ。
その学費はもはやべらぼうなものとなるだろう。
本当に「男らしさ」が争点になったら、お金の採算度外視で裁判所に行くしかない。
裁判所はお金目当てとは言い切れないほど割りに合わないものだった。
現場の男と「男らしさ」を語り合わないでいきなり法廷に持ち込むことは割に合わないものだ。
警察立ち会いのもとで議論することの重要性は指摘していい。
警察官も「判決」は下せるのだ。
近代国家の警察とは何かについてもプロパガンダが必要であり、まだ日本国は立ち遅れている。
しかし「制服を着用する」という基本は整備されているはずだ。
「訴えられてもおかしくない仕事をしている」と考える女性は相当数に上る。
「民事不介入」には近代国家としての根拠がない。
警察は「有罪判決を背景にした許認可取消権」をバッグに「誰が男らしくないのか?」を明らかにする。
「初体験が犯罪者ではダメ」という処女の気持ちを利用するのだ。
無罪の推定とは「最後まで男らしく振舞わせて破綻するのを待つ」ことを言う。
「当事者は女心の定義を争う」とも言われ、警察官はこの仕事をすることにより学習することは多い。
CoCo 無敵のOnly you.

結局、出発点に戻ると、男は「その女の子供の気持ちが味わいたいからセックスをする」ということだったが、「どの女でも気持ちがいい」という境地がいちばん重要だ。
自分さえ「女心」を知っていれば、どの女も同じなのだ。
「女心の定義」つまり政治学は男女ともに人気のある学問だ。
勉強しているうちにマスターベーションをして昇天する者もいる。
一人の男から別の男に伝わったり、特定のグループから別のグループに伝わったりするが、「有名な女の歌」で女心は語り継がれている。
美味しい水が飲める地域であるというだけで女を有効に用いているかどうかがわかる。
男たちが「どの女も同じ」(効率性)と考えるのはもはや「政府の仕組み」の目的ですらあった。
予算編成にもいい影響を与えたし、「女心」を語ることや知ることは政治家により良い生活を約束した。
最終的には「裁判で決める」ものが男らしさだね。
しかし「世論に訴えかける方法もありますよ」とも言われる。
世論に訴えかける時は「とにかく女心の専門家でなければならない」とされ「医者としての力量を持っていなければならない」と言われている。
松田聖子 マリオネットの涙。


大祓詞。



【壮大なテーマとしてつづく】

« ブラックホールとホワイトホール。 | トップページ | 天津神。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国津神。:

« ブラックホールとホワイトホール。 | トップページ | 天津神。 »