最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ケネディ暗殺と政治。 | トップページ | 子供の写真。 »

2017年12月14日 (木)

信じる女。

女にとって宗教とは、オーガズムの上昇する感覚であり、その後に手元に残るお金に由来するものである。
1回いくら?日経平均株価。

ある意味、神秘的側面が存在するのは事実だ。
見たり聞いたりするものではなく「感じる」ものだからだ。
痩せている女の方が感じやすかった。
多くのおちんちんを同時には挿入できないだろ。
ここに「一神教」の起源が求められる。
誰に長話を聞いてもらい、誰からお金をもらっているのか?でパートナーを当てたヒュームの奇跡は今となっては当たり前になった。
【女の口説き方、が宗教になるのは必然だったのだ】
松田聖子 蛍の草原。

マーティン(1990年)やニールセン(1985年)は、言葉だけでセックスできた時の言葉の値段が株価であるとした。
文学が株価の背景にあったのだ。
女たちは「私が誰なのか教えて」と言って口説かれていた。
「女の人生には忘れられない言葉があるのよ」
その言葉によって女友達ができるから彼にからだを委ねた。
夢芝居 梅沢富美男。

日常の会話と宗教言語は明らかに異なっている。
「大いなる太陽、大いなる愛」などと急に女が話し始めたらもはや宗教言語だった。
「私は神を見た」という女の言葉は「私はエルビス・プレスリーを見た」というのと同じ意味だったのだ。
「音符でできた言葉」の探求にイスラムも仏教も参戦して来た。
四月は風の旅人 松田聖子。

「イエス様は私の罪の代わりに死んでくださった」というのは女の言い分であった。
言葉を噛みしめながら感じる経験は、ただ聞くのとはわけが違った。
男が別の男から女を奪うのは「知恵と対話」によって行うのだから、言葉の取引がなされるのは当然だよね。
SPEED Deep blue & truth.

カルヴァンは、「恋」という観点から、言葉よりも若さと性欲を重く見ていたようだ。
「笑顔、言葉、生き方」を感じるのが若い女の子であった。
瀬能あづさ ふたつにひとつ。

大人の女はもっと難しいね。
必要な話を求めてくるからね。
よりシンプルに、女の嘘も見抜きながら話すんだ。

男が「分からない」と言う。
孤立が待っていることも分かったし、怒りに変わることもあった。
取引もした、その後に落ち込んだ。そして現実を認め、希望を持った。
すぐに調べればわかることなのだ。
「システム」を確立していれば、今は「分からない」と男は言わない。
医者の「分からない」「イライラしますか?」と言うのは自分の気持ちを物語っており、医学書を調べないのならば縁を切った方がいい。
すぐに精神安定剤を持ち出してくる。
自分以外に勝手に動いている他人の存在を理解していないのだ。
イエスは「あいつも分からなかった、こいつも分からなかった」と思いながら到底太刀打ちできない外国語を読むだけだった。
女の子たちはイエスの言葉を喜んでいたし、時には「なんという特異な発言!」と笑ったが、それが真理だと知っていた。
イエスは医者の「分からない」も弁護士の「分からない」も知っていたのだろう。
それを「大工」という「技術の優れていた男」と表現した。
医者や弁護士と身近に接していたことを「パーフェクトパーソナルクリエイター」と人々は呼んだ。
誰も「ただの文学」だとは思っていなかったのだ。
「経験」だけで生きているのならば女性の「局部」は芸術にならない。
マルクスとフロイトはそのようにして誕生したのだ。
アボガドじゃねーし。

女が「めまいがした」「薬に頼った」のならば男の失敗だ。
男は侮辱されて勃起しなくなるだろう。
女たちは「素晴らしい経験」を語り継いでいたし、そのような作家を人に勧めていたのだ。
男に「女言葉」を知って欲しかったのだ。
素敵な言葉を話した人がモーゼなのかムハンマドなのかパウロなのかはみんな争ったよ。
でも、女たちの考えは皆同じだった。
「男はどのようにして出来上がるのか?」という国際関係論が違ったのだろう。
ヒンドゥー、仏教、ジャイナ教にまで国際関係論は分断された。
どの国の女が最も感じているのか?
それは一人当たりのGDPとして表現した。
一人当たりのGDP。

日本はまだ世界で22位だし、ビパッサナと呼ばれる「女の瞑想」は決して先進国とは呼べない。
しかし、大乗仏教の女たちの「オープンさ」は今後、国を強くするだろうね。
世界全体がそう見ているんだ。
中国人女がどのようなよがり方をするのかというデータを世界は取りたがっているけど、今は秘密にされているね。
レッドブル、ハーゲンダッツに日本人男孤立。

ルクセンブルクのイエスには日本のイエスは敵わないし、一人当たりのGDPはイエスの監督下に置かれている。
しかし、順位が4位も上がっていることと、今後の治安や味覚などを見ていかないといけない。

« ケネディ暗殺と政治。 | トップページ | 子供の写真。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信じる女。:

« ケネディ暗殺と政治。 | トップページ | 子供の写真。 »