最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« クオリア。 | トップページ | 憲法に従いたいと思います。 »

2017年12月22日 (金)

女の直感。

本来、男社会においては女の直感というものは「ネガティブプログラム」と呼ばれるほど嫌われていた研究であった。
しかし、男社会における「譲れないもの」そして多数派工作、「考え方」の研究などにおいて女の直感はどうしても必要な研究であることが分かった。
「僕はこれ以上、動けないよ。床に倒れたボクサーのよう」
マリオネットの涙 松田聖子。

21世紀になって、「女たちの支持」がどうしても必要になった時にこの研究に世界が目覚めた。
女の「哀しい方の嘘」とも言い切れない側面があったために「実験哲学」と呼ばれ、現在でも研究が行われている。
ムキになっている男たちが「考え方」に目覚めたのだ。
適当に有名な奴と戦ってリタイヤした方が儲かるのだろうか?
竹原慎二。




女の「嘘」が入り混じった複雑な文学がここに誕生した。

西野カナ ダーリン。

「我々の組織ではそういう男は歓迎していないよ?」というのが最初のリアクションだった。
しかし、「タイソンに負けた男」ならば滅多にいないわね、という女の都合があったのだ。
男社会でどのみち「私の彼」は妥協して生きているという現実が女に嘘をつかせていたのだ。
「私たちのプロジェクト」に参加してくれた男ならば敗者でもニーズがあるんじゃない?
このリサーチプログラムは辛い作業だったよ。
とにかく「ネガティブ」だったし、男たちの夢がぶつかり合うのならば勝って欲しかったし、祝福されるセックスがしたかったし、「考え方」を整理したかったからだ。
【知識が足りないから負けるんだろ】
というソクラテスの指摘があったから、哲学者の参考文献がとにかくなかったのだ。
本当に「アテネに捧げる」研究になるのかな?という思いもあった。
しかし、日本国において「ボクシング世界タイトルマッチ21連敗」という時代は確実にあったし、「知らない」ということを認めたくはなかった現状がある。
何のためにやるのか分からない「勉強」というものは確かにアテネにもあった。
しかも、スパルタとのダービーマッチがあった。
この「スパルタ教育」に負ける学問ならばなんとかアテネに捧げることはできるのではないかとされた。
負ける理由は「競技人口」から練らなければならなかったし、そのためには「女の直感」も取り込んでいかなければならなかった。
「女は好きな男に嘘をつかなければならない」
松田聖子 小さなラブソング。

その世界の人口を増やさなければならないという基本を我々は忘れてはいないだろうか?
ブラジル、インド、日本、アメリカはどの世界のあらゆる分野でも「人口を増やす」という物量作戦をやっていたはずだ。
また、その世界で女たちに取り囲まれないのならば誰もやろうとは思わないだろう。
判決が下った後の「お疲れさまでした」ぐらい確立していなければならないのは当然なのだ。
競技人口が増えれば、男たちの夢がぶつかり合う。
その時に「多数派に属している」ことがどれほど重要なのかは理解していなければならない。
試合に負けて泣いたふりをしている奴が多数派だという弱小グルーブは確実にある。
インド、香港、コロンビア、アメリカがそのことに最も詳しい。
「事前にどんなトレーニングをしてきたの?」という裏切りがこれらの国で横行しているのだ。
どうせ俺たちは負け犬さ、ハートを他人に任せてしまった方が気が楽だとも思った。
すべて「競技人口」という統計が導き出すものだ。
いろんな「プロジェクト」に参加したけど、みんな人生を良いものにすることしか頭にないよ。
競技人口が多いと「負け犬の方が仲間が多い」ということが衝撃をもたらした。
本当に強い奴は「怖い」と言われて孤立したのだ。
「みんなで仲良くやろうと思ったのに表情が変わった奴がいたので退部した」という男もいた。
負けて適当にカッコつけるグループだったのに本当に強い奴が現れたら排除する連中もいた。
「考え方が違う」
これだけで共存することはできなかった。
哀しい方の嘘 ribbon.

「女にモテるというのは財産なんだよ。悪く思わないでくれ」という言い分もあった。
強さの研究をしていた哲学の世界で2016年にコヴァがこのことを明らかにした。
強すぎて世界を敵に回したくないんだ。俺たちは弱者の救済をしたいんだ。
「俺たちの目的」「知識の限界」「幸せ」を理解しないものは排除した。
「どのような言葉が飛び交っているか?」でサークルの体質はわかる。
影響力のない言葉であることは周囲の反応を見ればわかった。
みんな先輩の「言葉」で悩みを解決したがっているのにそれはないんじゃないか?
完成されたゲームで敗者に「お疲れさまでした」というのは辛い学問なんだよ。
「知識というものは調べるものだろ」
土曜日に銀行を開かせるのは可能だろうか?
それが難しいのは知識があれば分かる。
それほど弱小サークルを開かせるのは難しいんだ。
知識がないと「噂」を相手に戦う羽目になる。
スタンフォード大学野球部はボストンの松坂にこのような気持ちで一安打に抑え込まれたのだ。
【仕事、宗教、人間らしさは弱小サークルから拡散していくんだよね】
フォーエバーセンセイ。

「負けつづけた男」
そんな記事もボクシングマガジンには必要だった。
言っていることはむしろ強い男よりも健康的だったよ。
だから哲学者は「女の直感」「床に倒れたボクサーのよう」などという言い方はしないで普通に話をしたよ。
女たちはまるで「強さという病」を応援しているが如く「お疲れさまでした」と言っていた。
組織が「強さ」を待ち望んでいるのは事実だよ。
でも「健康的にやろう」という言葉が必要なんだ。
「哲学の裏付けのある強さ」とは語り合いたいけど「哲学のない狂人」とは語り合いたくないよ。

« クオリア。 | トップページ | 憲法に従いたいと思います。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女の直感。:

« クオリア。 | トップページ | 憲法に従いたいと思います。 »