最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« グーグルの可能性。 | トップページ | ユダヤの探求。 »

2017年12月 3日 (日)

マホロバマインズ掲示板。

マホロバマインズ営業部門宛てメール。

ウォールマートも本来、ドイツにおいて北部の海岸線の「飲む、食べる、寝る」を抑えたことに起源を発します。
寒い時期に、若者が海岸で徹夜して、その空間に圧倒され、「女心の大きさを知る」というのは非常にいい原体験となります。
政治の側は30年ぐらいしか都市計画を見通していないとも言われ、私が30年以上前に中学校を卒業して三浦海岸で友達4人と三浦海岸で徹夜した時はマホロバマインズはまだありませんでした。
マクドナルドだけが印象的でした。
冬の夜の海岸の「飲む、食べる、寝る」というのを抑えることもいいビジネスになり、ウォールマートはドイツ北部に起源を持つのです。
これは、京浜急行、京急ストアなどとも提携が可能な「友達4人での海岸での夜の徹夜」という原体験であり、私も30年経ってからようやくその意味を知ったところです。
立てかけてある物干し竿を燃やして焚き火しながら徹夜をしたというのはのちの人生に良い影響がありますが、政治の側がその「効果」を見通すのは至難の技でしょう。
高校受験の時に、塾の先生からの「合格すればタバコを吸って海に行ってもいいから」という指導があり、昔からの言い伝えだと思われます。
おそらく、イスラエルにおける「イエスの人生」が語り継がれていたものと思われます。
「人間というのは勉強の一部分なんだよ」という教えであり、卒業の時に教わるのです。
歳をとったイエスに、女子たちは「目を合わせるのも恥ずかしい」というぐらいイエスは女心を理解するようになっています。
それ以来、海岸線というものは「ドイツの秘密の宗教」となっています。
「海岸線はイエスの胃袋」とも言われました。
暗い海で時を感じ、死というものを感じるだけでいいのです。
人間の団結を知り、その時は男女の区別もつかなくなるとされ、キリスト教の起源は海岸線にあるとドイツは位置付けました。
豊かさを持ったために「何でもかんでも欲しがらなくなる」という意味においては龍樹も中論において「エルサレムを尊敬しろ」と言いました。
欲しがらないということの背景には豊かさが必要だったのです。
「死について考える」「女心について考える」ことほど富をもたらすテーマはありません。
ソクラテスも死の危機に直面したら「女心」を雄弁に語りました。
「夢をかなえたい」「では、どのように?」その答えがここにあったのです。
イエスの人生を考えれば考えるほど「海岸線」にしか答えが見出せなくなりました。
カトリックの核心部分は「処女の否定」にあります。
プロテスタントによるアイドル崇拝を行うまでは処女の否定を男は行うとされています。
男(神)は自分だけではないということも分かるようになるのです。
「4人という永遠」からいじめも行わないとされます。
これは本当の「人間への祝福」ではないでしょうか。
神は「我と汝」という表現を用いて、2対1のいじめを否定しました。
なぜならば豊かだったからです。
「これが本当の学問か?苦ではないな」と思った時に豊かさがもたらされたのです。
キリスト教(神道)は豊かさを約束する宗教なのであります。
ネチネチしたいじめを「貧しさの表現」だと見ているのでしょう。
海岸性においては、ただ生きているだけの人間が神として振舞います。
しかし、貧しい生まれの男が野心をたぎらせ、女という弱き者への情熱を燃やすのです。
もはや神は神として生きられなくなり、ただ生きているだけの男は自分が人生の苦しみを知らなかったことをのちに知るでしょう。
つまりは義務教育への祝福なのです。
「ロゴスの第2位としてのイエス」とは「女心に詳しい」という意味であり、動物を意味する第3位は存在しません。
音楽のリスナーとしての才能が違うものと思われます。
時間と空間は限られていますが、自分の家の広さも自分では気がつかない子供なのかも知れません。
ただ生きているだけの神というのは案外、境遇に恵まれていないのです。
いい高校に進学する貧しい者、そして悪い高校に進学する不幸な者、すべてが海岸線で思いを共にします。
ひたすら宗教に忠実であるためにそうするのです。
「先のことは分からない」
それだけを感じるために一晩徹夜します。
もはや、先人がキリスト教(神道)のテキストを書き残しています。
若きイケメンに伝えたいことがあったから書いたのです。
父の子として学習する絶対的魂がここにはあります。
父の子として生まれたことすら祝福したかったから書き残しました。
キリスト教(神道)への祝福などみんなが行うことです。
大事なことはみんな口にするし、耳学問で済む話です。
あとは経験値だけがものを言う世界です。
キリスト教が日本でも通用するという人類学の試みが神道なのかもしれません。
人生への「覚悟」だけが必要とされます。
高校に入っても不幸な神はいます。
「祈らない、幸せではない」そのような貧しいいじめっ子は必ずいるのです。
しかし、そのようなものこそが人間の無限のための力になるのです。
高校にも可愛い女の子がいるという意味ではカトリックであるし、処女の否定を行わなければなりません。
不幸で祈らないいじめっ子という神を「キリストに属するもの」としなければならないし、キリストを「信者たちのもの」にしなければなりません。
高校生たちは「女心を語るもの」に寛大であるという意味では信者なのです。
そのようにして、各自が「神の町」に帰っていくのです。
電気、空気、水、地球は人間の意識に影響を与えます。
生きていく上で我々は何に頼っているのかを感じればいいのです。
そのようにして「譲り合えない人生」を生きていく術を身に付けるのが海岸線なのです。

男が女を愛する気持ちを利用してビジネスにするというのは経営の基本ですが、海岸というものそのものが「女心の大きさ」を意味するのです。

卒業写真 荒井由実。

マホロバマインズの映像。


資料。
三浦海岸の海開きを待て。

資料。
垂加神道〜スタンフォードとJPOPの出会い。

« グーグルの可能性。 | トップページ | ユダヤの探求。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マホロバマインズ掲示板。:

« グーグルの可能性。 | トップページ | ユダヤの探求。 »