最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 生活保護女。 | トップページ | アリストテレスの政治学。 »

2017年11月13日 (月)

国防軍構想。

女の心に間違いはない。しかし、自分の居場所を失うことがある。
うまくシステムを構築することによって政治の側は「政治献金」を受け取ることができるのだ。
これが「ローマ法」という学問だ。
女は二股をかけられても死にたいという。
瀬能あづさ I miss you.

出会いの数が多ければ多いほど「世界に終わりが来ればいいのに」と言って災害報道を楽しんだりもする。
実際に、絶対王政の静寂さと自制は災害を引き起こすのではないかと思うこともある。
絶対王政は恋話を学ばなければならない。
瀬能あづさ 愛になりたい。

女が「他の女とからだを比べる」というのは「男にモテなくなる」という意味でナンセンスなのだ。
セックスが関わるとからだを比べるために「仲間づくり」とは明確に区別される。
理論的に居場所がある(法)と、仲間づくり(道徳)は異なるのだ。
言論の自由をここに解き放ったけど、「いい男」の話題しかどの女も歓迎しない。
パートナーに尽くす貞節も、自由恋愛の世界も「いい男」に関する議論のパワーを求めている。
いい男がいないとやる気がしない、それはまるでバージンのような気持ちだった。
いい男がいるから女は独立自尊もあれば自滅もある。
裁判所でひたすら「私の心に間違いはない」ことを主張し、文化的資産としての裁判記録に残してもらうこともある。
松田聖子 kimono beat.

男に一途であれば、他の女とからだを比べることもなくじっくりと仲間づくりができる。
男に一途であることを「義務」と呼ぶ。
権利というものはセックスした後の居場所(法)を与えてもらったことに対する法律家のカネや、国の警察・軍のことを言う。
軍や警察は「国の性の統制」を行うためにあり、法律家は女たちに居場所を作ったのだ。
「いい男」には力がある。
うまく「やる気」に変えることが大事であり、時には法の力を借りてセックスした時の居場所を与えてもらう必要がある。
「いい男」の話を通じて仲間を作ることも必要だ。
あの男、浮気している、と思ったら「いい男」ではなくなるためにカップルを別れに追い込む女もいる。
松田聖子 瞳はダイアモンド。

法には女はお金を払うし、軍や警察に守ってもらいたいし、パートナーに貞節を尽くせば仲間ができる。
法と道徳、権利、義務とはこのことを言っているのだ。
女は「他の女とからだを比べたくない」から問題の少ない愛を知っている。
女が男に浮気をさせないためには「私の女友達」の重要性を理解してもらうしかない。
ましてや、政治家である夫を支えている奥さんにとっては、浮気は噴飯ものだろうね。
菅直人。

リーガルマインドって何?という問題提起を絞り切れたのは1995年あたりのことだった。
国民と「親子のように」軍事力を背景にした法律家を生み出すことができるようになったのだ。
【私の女友達を失わせたのならばお金の問題ね】
胸をさらした場所が私の居場所なんだから、居場所を失わせたこともお金の問題だわ。

【英国紳士とは何か?】
まず、女のからだからエネルギーをもらい、常に哲学的問いかけを女に話しかけ、喜びや経験よりも常に「音符でできた言葉」を大事にすること。
女に「他の男と比べられること」に常に寛大であること。
人々に伝わりやすい「口説き文句」を常に拡散し続け、そこにはいかなる制限もないこと。
そして何よりも勃つこと。
これが17世紀から18世紀にかけて探求された「英国紳士」の基本である。
四月は風の旅人。

若い頃に「恋」の対象になっていることや、人々がいい噂も悪い噂も流したこと。
近寄りがたいオーラをまとっていたこと。
「知ること」を義務付けられていたこと。
そして「事件」を解決していったこと。
このような人物像から学問の発達とともに「イエス」というものが考えられたのだ。
タンポポ 恋をしちゃいました。

若さに対して「何を知ることができるのか?」が用意されていなければイエスは生まれない。
「男の可能性」を探求する学問が国際関係論である。
男は「世界から見つけ出す」才能を持っていることも忘れてはならない。
話し相手の女もいなければならない。
学問を成し遂げるには時間がかかるし、その時に問われるのは「昔、ハンサムだったんでしょう?」ということだけだ。
「経験ではなく読んでいることを話しているのね」
それならば多神教にならざるを得ない。
女たちは「多神教から一神教への集約」を楽しめたのだ。
アリストテレスの「男女の共同作業」や、プラトンの詩から、「王朝」というものがどのように生まれたのか?
つまり「モテる男」というのはどのように生まれるのか?
という観点は確かに指摘できる。
しかし、アリストテレスほど「のちの時代に加筆され美化された」人物はいないのだ。
アメリカ合衆国も「実はイエスとなどのようなものか?」が分からなかったのだ。
日本のタイクーン(将軍)のように、「どこに書いてあるの?」ということをより単純化して覚えなければなかなか多神教すら一神教にはならない。
しかも「男職場」などではカリスマは生まれないという不幸も存在する。
「こんな男になりたい」という女心がなければイエスは誕生しなかったのだ。
とにかく勝ち続けることが可能な環境に恵まれている国は限られている。
女心を語って女を失望させない男というものは世界でも稀に見る存在だというのが現状なのだ。
おちんちんというものに前向きな「感覚」を大事にして、性病にもならないというのはほとんど不可能だった。
タンポポ 王子様と雪の夜。

デカルトが「女の恋の対象」になったら男は何をしなければならないか?を確立した。
また、簡単に若い女をあてがわれて政治生命を奪われない周囲の「善意」も必要となる。
我が国の「システム」に必要ないと思われたのならば簡単に潰されているだろう。
「星が燃え尽きていく瞬間に何を知るのがが知りたい」というような信心深さも求められた。
人々の感情にさらされる「神」とはなんだろうか。
男たちをより単純で物分かりのいい存在とみなして、女心について語り、拡散させる必要もあった。
頑なな男を相手にしなかったのも良かった。
「この道が好きだから研究するんだよ」という発想に物好きな男たちもついていった。
なによりも男たちの周りにいる女の子たちが可愛かったということが重要なポイントだっただろう。
愛の空間というよりも「恋の空間」にイエスの言葉は投げかけられていたのだ。
「ある意味、恋に臆病な男女たち」に支えられていた。
「自己保存の欲求」がなければイエスはいなかった。
とにかく「永遠が確定した」ことにはアメリカ合衆国も受身に回ってしまった。
日本の男女の「恋」というものがこれほど強烈なものだったと分からなかったのだ。
目には星を描く女たちの存在にも気がつかなかった。
彼女たちがセックスよりも「続いていく日常」を大事にしていたことも分からなかったのだ。
エリザベス女王までが「人生って結局なんだったの?」と発言するほど日本の女たちは輝いた。
国際関係論に「若さ」が飢えていたのも幸いしたね。
「女に拒絶されない男だったからついていったんだ」
生きていることを感じたかったのだろう。
いじめがなくならなかったことも背景にある。
エステの発展も恋を強烈なものにしたのは間違いない。
「デカルトの旗が掲げられた」
恋するフォーチュンクッキー。

17世紀は「戦争の世紀」だった。
大人たちがビジネスの世代を一気に引き下げたからだろう。
「処女の発見」もこの時に神の目が行なっている。
そこから一気に魔女狩りが進行したのは事実だ。
デカルトは間違いなく歴史だ。
セックスというものがアウグスティヌスのマスターベーションの「告白」程度では済まなくなった。
中世は終わりを告げ、近代ビジネスの幕開けとなった。

なぜアジア地域に「こんなにやる気のある」男がいたのかという問題も、ベビーブームの多くの星たちの中から「キラリと」輝いた理由は「お風呂」にあった。
多くの「恋」の中の1つに過ぎなかったが、やはり女兄弟がいたことが、星の輝きを強めたとしか言えない側面がある。
さらには「自分はすでに完成されている」とは思わない無限の情報源と接したことも大きかった。
多くの星に囲まれて、少しでも強く輝けば良かったのだ。
勝ち続けるだけでいいという環境も整っていた。
周りの男と自分を常に比べ続ければよかったのだろう。
無駄な若さを費やすことも必要なんだろうね。
本当に国際関係論に目覚めるためには「勝利」を望んでいなければならない。
女たちも気楽に「男比べ」をやっていただけだった。
女として持っている知識を聞いて、神が語る知識を語り、それを男として楽しんでいれば良かった。
若い頃の苦労も霧散したのだろう。
イエローモンキー スターズ。

ひたすら勃起することなんだよ。
単純に考えればいい。
敗北して勃起しなくなることさえ避ければいい。
それだけの日常に学問を練りこんでいくだけなんだ。
ここにも多神教を一神教にしてみせた秘密がある。
「人々の噂の積」を気にしないタイプの方がいい。
しっかりと媒体を選ばないと勃起しなくなるからね。
「彼には強さが約束されている、彼を恐れるものに祝福を」
悪い噂は彼の目の届かないところで話しただけだよ。
怖かったからね。
女の話をお茶を飲みながら聞いていればいい。
「これが女の考えていることか」
しかし、「音符でできた言葉」をぶつけたら女の深さは一気に増すし、彼女たちもそれを望んでいたのだ。
神と女と男の関係はよく理解しないといけない。
神の言葉が女の深さを増す、それが男の仕事なのだ。
女たちは「キリスト」というものを拝んだことがあるはずだ。
キリスト、それは世界で最も有名な男だ。
有名になればみんなが彼を「キリスト」と呼ぶようになるだけだった。
勉強で病もうが、芸能活動で病もうが、集まるところは同じだ。
2つの流派が出会うところに「紳士」として振る舞えばいいだけだ。
フランスで体系化された「恋」というものをイギリスや日本は「経験論」の立場から語っていただけだ。
「いい思い出になるからね」と女子たちが語っていた話に衝撃をもたらすのは簡単だった。
タンポポ 私の顔。

« 生活保護女。 | トップページ | アリストテレスの政治学。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国防軍構想。:

« 生活保護女。 | トップページ | アリストテレスの政治学。 »