最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« ローマ帝国女。 | トップページ | 国防軍構想。 »

2017年11月10日 (金)

生活保護女。

元アイドルなどが、今さらキムタクと会えるなどという話には驚かないけれども、人生の末路として施設に入って生活保護になることがある。
彼女たちは無一文であるけれども人生を知り尽くしているため、女に「恋話」を話してお金を取るロジシズムよりも、有名女を取り巻きにして恋話を話して、どこかの宗教センターに資金を集めたほうが効率がいいことがある(ニューロジシズム)。
彼女たちはほぼセックスを卒業しているためにさほどトラブルも起こさない。
1930年にツェルメロ・フランケルの「カップルの発信力」の研究があり、有名女ほどカップルの発信力を求めていたために、彼女たちは哲学者の周りを取り巻いた。
しかし、何しろ生活保護のためにお金がない。
そこで、より熟練された元アイドルたちと話して通用した話題を公表して宗教センターに資金を集めることが1960年代半ばから1980年代にかけて研究された。
元アイドルたちは「証明階級」と呼ばれて、とにかく彼女たちに通用したということが重要だった。
臨床心理士のような個別の対応(ロジシズム)よりも、有名女に話してウケた話を公表して宗教センターに資金を集めた方が効率がいいことがあるのだ(ニューロジシズム)。
彼女たちの「男ネットワーク」はもはや重要な役割を果たしていた。
それでも一人の女に過ぎなかったから、「勉強階級」と「証明階級」の出会いは巨大な富を生み出したのだ。
フリードマンはシカゴでこのことを楽しんだのであり、話題はもっぱらカントの話題だった。
しかし、それをニューロジシズムとして巨大な経済学にしてみせたのだ。
生活保護女は病んでいたので、男と話すのがとにかく好きだった。
美しさは失われていたが、男ネットワークは「今までのつながりがあるから」と言って人生にさほど悔いも残していなかった。
彼女たちはセックスを卒業していたので「処女のように」扱うことが大事だった。
しんみりとしたり(ザイン)笑ったり(ゾレン)ということをひたすら繰り返して執筆すればよかったのだ。
直接お金をもらわなくても、彼女たちは楽しかったし、宗教センターも儲かった。
男ネットワークでも有名になることができた。
愛してジャステイス ribbon。

勉強階級はハンサムではなくても証明階級もそうとう劣化していたので今さら気にもならなかった。
デードカインドとかフレッジに起源を持つ金儲けの方法だったとされる。
フレッジは10万人とセックスした「性豪」だったから有名女を恐れてはいなかったが、「カントは無敵だ」ということを理解する必要があった。
とにかく彼女たちは「セックスしまくったから今があった」ということを恐れていたのではこの仕事は務まらない。
彼女たちが拒絶した話題は市場には出せないものだと悟るのだ。
有名女が勉強男を想像してマスターベーションをするということが大事であり、それが証明階級と勉強階級の関係だった。
カエサルの問題とは「マグダラのマリアとマリアたち」つまり「一人の妻と四人から八人の女」に常に囲まれていることが重要だというものであり、勉強階級として昔、彼女たちを愛したことが重要だった。
つまり「この仕事が好きでなければできない」ことがニューロジシズムだったのだ。
ラッセルの問題とは「彼女たちはセックスしまくって今がある」ことから「二度と復活することはない」ということだった。
ひたすら、哲学者と話したかっただけだ。
病んでいたから勉強階級が好きになれただけであり、そのような境地に至ったのだろう。
若い頃ならば「大勢の男の中の一人」と思われるだけだっただろう。
しかし、「博士」を愛することができる年齢になると「カエサルはそのうち皇帝になるわ」と予測できるようになる。
グランドラーゲンで話したことはグランドゲスツェに伝わるとも言われ、とにかく一番強い「証明階級」と話す必要がある。
世の中の女たちは「セックスしまくったから今がある」わけではない。
グランドラーゲンには出入りできないけど、グランドゲスツェを崇拝した。
女たちは「とことんセックスしたらどんな人生になるの?」ということを知りたがったし、そういう連中と普通に話せる男って何者なの?と思っていた。
【私たちなんて簡単に手玉に取られちゃうのかな?】
ribbon もう一度会いたくて。

カエサルは「お父さんはそれが仕事なのよ」と家族に理解してもらうことが必要だっただろうね。
「どこからが浮気?」などと議論する奥さんがいるのならば「それはセックスしたかどうかだ」ということを周知徹底する必要があった。
ネオフレッジアンは、10万人の女とセックスしたフレッジを再評価し、10万人の女と「純粋な恋」をしたといい直した。
ゲーデルも「数学とはセックスに飽き飽きした有名女たちのためにある」と位置づけている。
どんなセックス経験を持った男女でも「今」を共有していた。
しかも、彼女たちは「処女」として振る舞うようになっていたのだ。
「やり過ぎたらやらなかったのと同じ」
これを理解する必要がある。
ヒュームは「結局、君らは誰からお金をもらっているんだ?」と語った。
生活保護や、よくて障害年金だったので国家として「彼女たちをなんとかしてくれ」というメッセージが出されていたのだ。
しかも、貧しいながらも「今のパートナー」を大事にしたがっていた。
誰を大事にしたいのかはホームページを見ればメッセージが出されているだろう。
結局、セックスを排除した「恋話」などを聞きたがっているんだよ。
ribbon メリハリで愛して。

1930年にガーランド・ゲンツェンは、「もう一度、臨床心理士の仕事を見直してみよう」と考えた。
ニューロジシズムという宗教に荒らされた精神医療の現場を見直そうとしたのだ。
精神病院で「核爆発」のようなものが起きたとし、何があったのかを丹念に見直したかったのだ。
まず、「男と女」は明確に区別しなければならなかった。
女たちはセックスを「プロレス」としか思っていなかったことがわかった。
フレッジも似たようなことを言っていたからね。
でも、世の中のきれいなお姉さんたちは「たった一度の過ち」を恐れていることも理解していなければならない。
セックスし過ぎて処女になった女たち、を相手に話すことがどれほど哲学者としての格付けを高めるのかを理解する必要がある。

政治の側はテレビでは「セックスし過ぎて処女になった女たち」を前面に押し出している。
しかし、マルクス主義(フリーセックス)やヘーゲリアン(イケメン)はテレビで訴えかけられる「純潔」にはしたがわないという方向を見た。
トルストイは「神様を信じているのならば政府の考えにしたがうだろう」と考えた。
しかし、反国家主義や、反資本主義、多数派主義、反民主主義のムーブメントは容赦なくフリーセックスに若い連中を向かわせることとなった。
国やテレビにしたがわないというのは日本人の本質に根ざしたものであった。
政権交代のエネルギーは常に存在していることになる。
そのエネルギーを煽るアーティストもいた。
細川内閣で小選挙区比例代表並立制が実現してからそのはけ口は確実に作られたのだ。
rebecca cotton time.

「大人の事情」というものが想定され、神を信じる絶対王政のことを「大人」と呼んでおり、それにしたがわないことはもはや当然であると考えられた。
自由恋愛やヌード、女として生まれた喜びの表現はもはや絶対王政にも止められない問題だった。
彼女たちも「大人」の存在は知っていたが、オフグリッド(制御できない)なものだったのだ。
絶対王政は静寂と自制の中を生きていた。
しかし、静寂と自制の中にはもはや宗教的正統性はなかったのだ。
静寂と自制は円高にはつながったが、自由恋愛の論理を知らなければ政治家とは言えないではないか?
不愉快や暴力、腐敗やマルクス主義を理解しなければ君主は政治家ではなかった。
静寂と自制は「神の見えざる手」つまり「男女の出会いの場」を作っていたし、災害報道も生み出していた。
「天皇が来ると災害が起きる!」というバカ女もあながちデタラメではないことを信じていたのだ。
あやまんJapan.

静寂と自制の中に身を置いていて、災害報道を握っている男、それが王室の男であった。
嵐を呼ぶ男 石原裕次郎。

自分は恋愛の渦中に身を置かずに、歌謡曲や詩でその問題を理解するリバタリアンという立場もあった。
嵐を呼ぶ男、つまり静寂と自制の中に身を置く男が詩を覚える、このあたりに一子相伝はあるんだろう。
一子相伝とは資産家のものでもあった。
クロポトキンが考えたんだよ。
欧米では論語ではなくカントを学ぶのが王室の男であったし、嵐を呼ぶ男であった。
一子相伝の前には災害報道をする側も声が上ずっていたのだ。
これがなければ国の統制が取れなかったし、男社会で生きているという「証拠」も見せられなかった。
子供たちを恋愛事情で火だるまにする君主は無責任ではないだろうか。
一子相伝を覚えた王子は「暴君」と呼ばれた。
なぜならば孤立しなかったからね。
証拠を見せて 工藤静香。

政府の本質は「赤線」(風俗)にあるんだ。
男たちは赤線に通う限り暴君にはならなかったからね。
「変なオタクみたいなのがプロレスをやっていてムチャクチャ強い」
こういうのを暴君と言うのだ。
裁きを与えることができるからね。
古き良き資本主義とはそう言う奴がいた時代のことなんだ。
ヨシュア・ウォーレンとかベンジャミン・タッカーがそうだったな。
左翼売春女も手なずけていたよ。
クロポトキンは「すべてはすべてのために」を標榜していたから、恋愛論を知らない王室の男は孤立したんだ。
個人主義であってもいいけど常に文化に対してはオープンでなければならないよ。
いつ王子は政治活動を始めるのか?それは周囲が彼の孤独を祝福した時だろ。
王子が「手段であって目的でもある」と周囲が見なさなければ王にはなれないだろう。
権威(嵐を呼ぶ男)と値段(恋愛論)がワンセットになるのだからね。
女たちは常にそのようなルシファー(堕天使)と話したがっている革命家だった。
イエスと呼ばれる男とはそう言うものなんだ。
人によっては「セックスおじさん」とも呼ぶね。
そういう王がいないと税収が上がらないんだよ。
rebecca olive.

勝共連合とは、革命を弾圧するために生まれたが、静寂と自制の中で、文化に対して常にオープンな一子相伝を学ぶ作業を行う者たちがいて、しかもケンカに無茶苦茶強く、嵐を呼ぶ男が恋愛論に詳しい、そのような境地を目指していたね。
急進的行動主義(ラディカルなアクティビズム)なんてものはペンシルバニアであった出来事だろう。
政治的空白を狙っているに過ぎない。
1960年代から1970年代にかけて自由民主党は着実に力をつけてきたのだ。
政治的空白に地域をさらさないことが大事だな。
このような地域がある限り自由民主党は「政治改革」の看板を外さないだろう。
いい王子がいないところでは、シチリア女のような美女がいて男たちが戦争状態になるだろう。
男の序列が明確でないからだろうね。
こいつのファンタスマ(おちんちんの感覚)にまかせておけば人生相談も健康も安泰だというものがなければ男たちは戦争状態になるよ。
浮気や不倫をする代議士がいたら嵐が起きなくなるだけだよ。
奄美大島。

女は成長しないものであり、「発見」するものだ。
それはまるで「幻」に話しかけているようでもあり、女は間違いを犯さないと自分で考えている。
もちろん、現実の生活はあるが、このような「間違いを犯さない女心」がなければ神は生み出せない。
「心」は間違いを犯さなくても、「からだ」に男たちが惹かれていることは分かっている。
心は間違いを犯さなくてもからだは間違いを犯す。これを「幻」や「夢」と表現する。
私の「気持ち」と「からだ」の経験を誰かに説明してもらいたい、このことを恋愛論(パラダイム)と呼ぶ。
セックスしたことに対して、それは間違いではないという恋愛論は必ずあるはずよ。
女の見た「夢」を否定するためにはかなり遠くを見なければならないね。
こんなにも美しい心に「からだ」が限界を作っている。
【いい普段着しているね】【ナイスおっぱい】
モーニング娘。インディゴブルーラブ。

このような女たちの「からだ」と対話してバベルの塔を作ろうとしたのがカントだった。
美しい心に限界線を生み出すのは「からだ」だったから、ひたすらからだと対話することにしたのだ。
心は間違いを犯さなかったために、女たちは「からだ」を絶対的に信じていた。
からだで知ることができる、からだでできることがある、からだで望んでいいものが生まれる。
「己を思い知るとはからだを思い知るということだった」
からだとは数学のことであり、あとは「純粋な直感」だけがあった。
セックスしている時の「宇宙遊泳」はこのような発想がなければ生まれないものだ。
迷宮のアンドローラ。

宇宙遊泳が間違ってないことを教えてください。これをパラダイムと呼ぶ。
もちろんレイプは神に失望するものだったし、女を愛していない男にも失望した。
心は常に純粋な直感に支えられていたし、からだで知り、出来るし、望むことからセックスというものは宇宙遊泳であり、恋話とはそのことに意味を与えるものだった。
私の裸を見た男は「幻」を見ているに過ぎない。
奇跡の肖像 工藤静香。

このことを明らかにしてからでないと「処女とは何か?」を語れないではないか。
処女たちは「モテる男」のまわりに群がった。
海でそのような光景を目撃したからだろう。
海岸では肉体だけの勝負になるからね。
頭がいいというよりは「スポーツができる男」の方がモテた。
ラグビー>サッカー>野球>バスケという具合に、仲間の多い男がいいというのは海からきたもの以外の何者でもなかった。
これが「処女のルール」だったのだ。
処女がいい胸をさらす場所が彼女の居場所であり、家や学校、銭湯など「胸」から世界の広さを割り出すことが可能だ。
ヌード写真を公表しておきながら「処女です」というのは無理がある。
心がもたないだろう。
宮沢りえ サンタフェ。

FA権を行使すると処女たちに取り囲まれる。
家庭を持ちながらFA権を行使するものはいない。
抜け駆けだとみんなに責められることが背景にあるんだろう。
FA権を行使した「王子」は処女にたちまち「処刑」されるのだ。
いろんなことが分かってきて「新鮮な考えが聞きたい」と思う者は権利を行使するだろうね。
どこまでフロイトを勉強したかにかかっているのが「プロ」であり、単なる筋肉バカではない。
処女が移籍先でたちまち男の居場所を固めるだろう。
処女たちはもっとFA権というものを理解した方が幸せになれるだろう。
「からだは何を望んでいいの?」処女とはそういうものだった。
新天地では処女と神の区別はなされない。それほど役に立つ存在なのだ。
そのような「女の嗅覚」は海に行かないと育たないね。
2017年FA権取得選手。

カントは神と処女をつなげた。
「FA宣言が外国国家のカモにされる可能性がある」
バビロニアの14世代、アブラハムやダビデを含む家系のヨゼフがFA宣言をしたらベツレヘムのマリアに何があったかは想像に難くない。
2人はナザレに向かった。
ヨゼフのFA宣言をイスラエルのものとしたマリアは「神と同格」と見なされた。
男がFA宣言をしたら、女たちは「何の実績もない娘を丸裸にする」とされる。
犯罪すら犯してはならない、女に一体何が必要なのか?
犯罪という概念は女たちが明らかにしたのだ。
かなり普遍的な法として犯罪概念はあった。
家庭内が犯罪の温床となっているのであれば排除されてしまうだろう。
女たちは「男は何を考えているのか?」という共通認識を作った。
【罪】
それはおのずから明らかになった。
女たちは語り合わなければならなかった。しかも「男たち」と共通認識について語り合わなければならなかったのだ。
女たちが譲り合えない空間で罪という概念が明らかになった。
【公職】
それはもはや遊びではなかった。
執筆者たちはどんどん筆を走らせた。
女のからだをこのような時ほど真剣に考えたことはなかった。
モーニング娘。Im lukey girl.

« ローマ帝国女。 | トップページ | 国防軍構想。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護女。:

« ローマ帝国女。 | トップページ | 国防軍構想。 »