最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 天下布武。 | トップページ | 噂の女。 »

2017年11月25日 (土)

贈り物。

「別の生き方のあったのかな?」と思っている人に、私の生き方との何らかの調整が必要になることがある。
「本が読める人」と「読めない人」の間では当然、この調整はなされなければならない。
これが、お中元やお歳暮を贈るポリシーとなる。
時には政治資金レベルで調整しなければならないこともある。
ribbon わかってないね。

いいセックスをしている人は悪いセックスをしている人に贈り物をしなければならない。
1955年にガスキングが「ギフト」というものを考え、理論化されたのは1990年代以降だ。
中東の政治はこの理論を背景に行われるようになった。
文学を発展させる上で贈り物という習慣がどうしても必要だったのだ。
コンピューター社会から取り残された人にも贈り物は必要だった。
これがあってはじめて「時代の恩恵」に感謝することができたのだ。
「文字が読めない人」を中心に贈り物をするという発想は「誰にギフトを贈ったらいいの?」という統計学の学問にとっては発見でもあった。
ライトやメンジー、プライスなどは「落ち着いて本を読むために」このような発想がどうしても必要だと考え、ギフトというものを確立させた。
シャボンのため息 宮前真樹。

「学問なんていらねえな」という考えは、言っている本人も嘘だとわかっていたが、そのような発言に敏感にならなければならない。
私が落ち着いて研究生活を送るためだ。
人間はいまさら違う生き方などできないものだからね。
人に媚びを売るために贈り物をするのではない。
【文学の発展のためである】
権力者に贈り物をしても心には何も響かない。
「あの人の気持ち、分かるなあ」と女たちの胸に響いた。
男になりたいとも思ったし、学者になりたいとも思った。
学者さんならば、私たちの「学問なんていらないよね」という嘘ぐらい分かるでしょ?
少しは私たちのセックスを気持ちよくさせてくださいとだけ思った。
「ああいう生き方も素敵ね」と思えるようになった。
ハムの人。

だんだん学者の世界も広がっていくのを感じた。
女たちが「学者の心を知った」のは結果が出た時だった。
ギフトがゲームとして成立するのは「すべては文学のため」というしかない。
病院の待ち時間が長くても、仕事がないのならば待てばいいではないか?
自分の仕事を祝福する行為が「贈り物」だった。
仕事がないのならば他の患者さんと雑談でもしてるよ。
文学とはそのようにして出来上がっているし、男の仕事の喜びや、女たちの読書の喜びにつながるものなのだ。
あなたよりも愛していたい 国生さゆり。

各自が学問における発展段階を持っている。
しかし、一度人に話して共感を得た話は「陳腐化した」とは思わない方がいい。
もっとも、かつて女の子が喜んでくれた話題は忘れないものだ。
そのようにして知識は伸びていくんだろう。
女の子を口説いた数と、方法論上の迷いの解消はきわめて重要な問題だ。
SPEED Deep blue & truth.

方法論上の迷いがない人はどうしても必要であるし、カップルの世界を豊かにする。
女の子が笑ってくれた知識はどのように得たのか?
それが今後の問題の解決にもつながるのだ。
「ファンデーションが確立している人」は人生の充実が違うし、周囲の見る目も異なる。
女の直感を「捉えた!」という経験が大事だった。
女以外に誰も「考え方の正解」を教えてくれる存在はない。
「読んで話すシステム」は人間の心の探求であった。
「これだ!」と思った時に俺はこの作家を先生であると決めたのだ。
作家は人生の先輩でなければならないし、しかも生きることを楽しんでいなければならない。
深刻な表情だったのに笑顔が見え始めた、この時に作家は社会から評価を受けるだろう。
苦しみが周りを愉快にさせるんだからね。
河合その子 恋の秘伝。

若い頃はかなり狭いゾーンで「ヒット」させるしかないことがある。
医者だってそうだろう。
しかし、やり方さえつかめば相手の人間は変わらないからね。
サンプルの数は持っていた方がいいけど、やり方を間違えたのならばそれはもはや「成功体験の裏付けのない」砂上の楼閣となるだろう。
他にも代わりはいくらでもいる、と言われるだけだ。
それほど、若い頃の「狭いゾーンでの勝負」というのは大事なのだ。
人生経験が追いつかないのならば詩を愛するしかないだろう。
セックスというものを権威がどう考えているかはすべて公表されているはずだ。
1999年という世紀末には、ロールズは「もう新しい可能性は示せないんじゃないかな」としていた。
松田聖子 瞳はダイアモンド。

21世紀は「恋愛論という遺跡」を発掘し直す時代となっている。
お父さんと息子の間の罪は人ごみで解決するしかない、しかもお父さんは息子がヒーローであることを望んでいない。
女はそれを愛せるのか?
女が父への配慮ができるのかどうかもすでに明らかにされていた。
男と女がルールのあるゲームができるのかどうか?これはもはや21世紀には論点がなかったとも言える。
CoCo なぜ。

【罪】
1人の男がフリーエージェント宣言をして「今までの女性関係を清算する」と言ったら、2人の女が寄ってくる。
ここに「罪」の温床がある。
2人の女がお互いに相手方の「負の側面」を言いふらすのだ。
この時にどちらかが片方の男に「あの男には興味ありません」というシンプルなメッセージを出す必要がある。
さて、北朝鮮が「男」だとしよう、韓国はアメリカに「北朝鮮には興味ありません」と明確なメッセージを出す以外に、韓国の悪口は日本でとどまるところを知らないであろう。
北朝鮮はいつでも「中国を切る」というフリーエージェント宣言ができるのだ。
北朝鮮は「アメリカ政府高官と話す以外に手段はない」とされているが、これは韓国が「北朝鮮には興味がない」というメッセージを明確に出さないと実現しない。
男女の恋愛の機微を理解する必要がある。
中山美穂 Witches.

【どのやり方が一番うまくいった?】
いつかは方法論と契約を結ばなければならないだろう。
最後には仲間にせよセックスにせよ聖書に書かれている通りだと知るだけだろ。
仲間からはぐれた時にセックスをしていただろ。
ロールズは「自由恋愛と孤立は兄弟なんだ」としていた。
仲間づくり(道徳)とは甘美なるものなのであろうか?
どう演じても孤立する時がある。
そんな時こそが甘美なるものではなかったのだろうか?
ロールズは「道徳の失敗」がセックスであるとし、人間の弱さを温かく見守るという立場をとった。
「恋の話が好き」な女の子は自分の弱さに居場所があることを喜んでいた。
これが恋愛論であり文学の正体だったのだ。
作家が人生の先輩であり、楽しんで作業をしているという意味が分かるだろうか?
すべて「強き神の目」で物事を眺めていたのだ。
時には猥談を楽しみ、時には大人と話をする、これが作家の仕事だった。
「人望がある」ってそういうものかな?
つまりは、お洋服を着ている女たちにモテるということだ。
通学列車。

タフな政治家はリベラル(自由恋愛)をこのように眺めていたのだ。
人望がある男はタフだったし、人間の弱さがセックスだと考えて、好意的にリベラル国家を生きていたし、偏狭な男ではなかった。
聖書では「自分の足で立っている女」と語られていた自由恋愛が、国の学問が強度を増すごとに「優しい方向を生きている女」と位置付けられた。
「男社会から離れてみない?」
そのような安らぎがセックスにはあった。
「タフな男よ!方法論を間違えたらすべてを見失うぞ」
これが専門職というものであった。
タフならば弱者になりきるんだ。それが政治だろ。
強さと弱さで相手を動けなくさせてやれ。
猥談をしながら仕事をする人生なんだよ。
「いきなり女の話?」
お金の話よりはマシだろ。人の弱さを正当化し、お金に変えるだけだからね。
信用できるやつかどうかしか人は見ていないよ。
つまり、「弱さは信用できない」ということだ。
ようこそ 高井麻巳子。

いかなる組織も「強さ」を待ち望んでいる。
入社初日にナンパする奴がどんな強さを持っているのかを冷静に見ている。
そのままセックスしたのならば退場してもらうしかない。
タフであり、神の目を持った男ではないことを悟るからだ。
強くても弱さを演じきれずにポッキリ折れるのであれば「永田町用語を巧みに使い分けた」とは言えないだろう。

美女とセックスしたいという理由は「彼女の子供の気持ちが味わいたい」からだとされるが、息子が母親を犯すと「自分の気持ちを味わう」というトラウマと直面し、精子が薄くなるようだ。
子供ができない男は、太陽から精子は来ると考えて、おちんちんを太陽に当てた方がいい。
しかし、生物(納豆やキムチなど)を食べることを忘れてはならない。
「お前のあだ名もキムチと言うのか?」

« 天下布武。 | トップページ | 噂の女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 贈り物。:

« 天下布武。 | トップページ | 噂の女。 »