最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 噂の女。 | トップページ | グーグルの可能性。 »

2017年11月29日 (水)

イスラム女。

イスラムは、ギリシャの影響もユダヤの影響も受けた。
父の息子であることの罪はもはや真理であったし、息子は「人混みと退屈さ」を愛さなければさまざまな虐待を父親から受けた。
Mr.Children。

さらにはノクターンセックスや、理想の男をオリンポス山に祀るというギリシャ哲学の影響も受けた。
これがアルファラビによって構築されたイスラムの高等教育であった。
男女ともに合体してノクターンを聴きながらまったく動かないというクレタ文明や、その快楽をいかに規制するかという法律学、理想の男を山に祀って戦争の資金にするアテネなどの影響を受けた。
ショパン ノクターン。

さらに、女たちは逆三角形の体をした男になりたがっているというピタゴラスの定理や、男女のネットワークを意味するユークリッドなどの影響も受けた。
サラセンと呼ばれた連中はこのような「アヴィセンナプログラム」により文明を形成したのだ。
松田聖子 赤いスイートピー。

エデッサやニシビがアレキサンドリアに出て、シリアという国を作ることからイスラムの物語は始まる。
シリアの王はデュオニソスと呼ばれている。
この「キリスト教シリア」がイスラムの起源である。
青いスタスィンオン 河合その子。

ダマスカスのウマヤードが8世紀に「アラブ社会」というものを形成した。
サラセンからアレキサンドリアへの「越境」が起源だったのだ。
アルキンディが初めて「自分の越境と女たちの問題」をまとめ上げた。
アルキンディと有名女たちは「アルキンディサークル」と呼ばれた。
女たちは失恋ソングをアラビア語で作り、アルキンディサークルがアラビア語の起源だと位置付けられた。
アフロディーテという有名女や、プロクルス、プロティノス、ジョン・フィロポノスという偏差値男などが関与していた。
いずれにせよこれらのメンバーからなるアルキンディサークルがアラビア語を作ったのだ。
ribbon 3つの願い。

アフロディーテの世界を愛せるのかどうかがアラブ社会で問われたし、言葉を豊かにするとはアフロディーテの失恋ソングを愛することを意味した。
松田聖子 瞳はダイアモンド。

若さを無駄にすることから人生を始めて、数学を覚えることからいじめを免れ、やがて都会に出るという図式が出来上がった。
9世紀にはヤヌスがバグダッドを作った。シリアと同じく「越境問題」をアイデンティティとして詩とアラビア語をシリアと共有した。
しかし、バグダッドでは女たちが生き生きと踊ったという意味ではシリアとは少し意味が異なったようだ。
ribbon 太陽に火をつけて。

イスタンブールから始まり、ダマスカス、バグダッドへ広まった思想を、リヤドとテヘランの2つのライバルが取り巻いた。
日本国はもはやOPECを恐れてはいないが、アラブの論理は理解しておいていいだろう。

トマス・クーンがロックフェラーの養子になった。
「自分の顔よりも人の恋愛を語り、評論家こそがどの女も落とす」とした。
【俺のやり方は間違っていない、と証明すればな】
今ある風景から恋愛事情を説き起こし、「恋」というものがどれほど学問の世界にとって革命的であったかを1962年に明らかにした。
考え方は人それぞれだけど、それを証明した時に男は影響力を増すとした。
「永田町用語」とはとどのつまりそういうものであり、役人の世界とは異なる論理で動いていたのだ。
考え方を明確にして「必要な時だけ話す」のが評論家である。
しかも、ショートヘアのレズビアンや、足をゆっくり動かすホモセクシャル、精子の薄い両刀遣い(子なし)など、経済の外にはみ出た人をも巧みに語るのだ。
歌謡曲が広まり、セックスと革命の嵐が吹き荒れた季節を終えた後に、「性倒錯」に人々は関心を寄せた。
勉強から排除された男が女とセックスしていると思われていたはずなのに、性倒錯というものが存在したのだ。
男子校エリートが教授に顔を赤らめて必死で食らいついていくのも大学で目撃した。
【彼らが日本の中枢におさまるんだよ】
性倒錯の発見は、政治コミュニティにとって革命であった。
「世の中には男と女がいて」というような男すら政治的には素人だと思った。
globe Joy to the love.

性倒錯を政治的に使いこなすという意味では、性倒錯をも経済に引き込む行為だった。
男の体フェチの男がいて、しかも「やる」ということの意味が普通の男女を想定していない、それはルネッサンスの人間が見せる「瞬間」(ヒューマニズム)、そしてアイドルを輩出したプロテスタント、そして「女を売り込んだ」名誉革命と匹敵するものと考えられた。
政治犯収容所で「先生」と呼ばれた男もいたけど、昔、そのようなことをやった人がいて、生き残るために学んだことをクーンは「常識」としてしまったのだ。
globe Departures.

カントは「女心は大きすぎる」と考えていたが、性倒錯に関しては計算できないものがあったのは事実だ。
かつては「キリスト教の恥」と言われていたものにみんなが興味を持てるようになっていた。
【恋話から排除されるってどのようなものかしら?】
それは、近代の「恋」の発見から巨大都市が出来て、住宅環境が良くなった後の好奇心でもあったのだろう。
【これで歴史は終わらない】
そう確信したのは、ギリシャが女たちの胸を隠して20世紀の到来を確信して以来の革命だった。
性倒錯を引き起こしたものは文化を牽引するが如く振る舞ったし、19世紀以来の教育プロジェクトをあざ笑っているかのようだった。
【女心は大きすぎる?我々の心はもっと奥が深いぞ】
そこからが彼や彼女たちとの長い付き合いだった。
性倒錯を引き起こした男女との話し合いはまだ現在に至るまで現在進行形で研究が行われている。
あるいは、まるで無視されたかのごとくに「魂への配慮」が欠けている。
しかし、「女心は大きすぎる」と思って女たちと話していると、なぜかそのような者たちが「挑戦状」を叩きつけてくるのだ。
globe Freedom.

オカマに対して「心は女の子だから」という表現があるとコイルがクーンに報告したこともある。
これは「学問の連続性」を保ちたかったからだ。
1800年のナポレオンの登場により、上流階級の噂話では済まなくなっていたオカマであるが、どう向き合うかを本当に考えたのはクーンが初めてだった。
【科学万能の時代だろ。なんとかしてくれ】
そのようなニーズが高まった。
ribbon WISH.

ハプスブルク家の女たちはオカマに対して「男の目を見てビビビと来るんですか?」と平気で聞いていたようだ。
アルフレッド・アドラーなどは「オカマの見る夢」まで研究した。
1960年代にはオカマの遠回しなアプローチが研究された。
「クジュー?クジュー?」などのように英語では皮肉られている。
いずれにせよ、恋愛論への重大な挑戦であり、男女の恋愛論は1999年には出尽くしてしまった。
性倒錯が男女の理論を簡単なものにしてしまったのだ。
いずれにせよ、性倒錯を引き起こす人は「子供の頃、鏡を見るのが嫌いだった」という共通点が見られた。
その後に、周りを男が取り巻いているのか女が取り巻いているのかを見た。
そして、男と女のどちらに恋をしたのかまで考えたのだ。
これらのことから「作家としての神」がどのような性を授けたのかを知ったのだ。
なぜ150年間、この議論をしなかったのかは謎というしかない。
クーンが1996年に死んでから、みんなが慌てて小説をめくったのが現状だった。
globe precious memory.

時をともにして話をしてみると、性倒錯の男女は「ハゲよりもデブの方がいい」とか、攻撃的であるなど、同時性、重さ、力を観察してみるという発想が必要だった。
この時に、クーンの革命は「X章」を迎えた。
「どの女も落とせると思うなよ?」
これが性倒錯の人間が考えたことである。
問題が難しすぎて、普通の男女の恋愛論がすべて完結してしまった(クーンの敗北)。
それほど「性倒錯」の人間は厄介であり、「普通がいいよね」という男女はすべての論点を出し切った。
性倒錯の人間は「何か新しい研究はありませんか?」と言ってかなり研究者に対して攻撃的だということが分かった。
新しい話題を提供しないと性倒錯の人間も何も言わないのでかなり苦労したのが現状だ。
しかし、考え方の正しい男は冷静に見ていたようだ。
瀬能あづさ ジェネレーションX.

「女心は大きすぎる」と言ったカント以降、性倒錯の人間が普通の男女の世界に挑戦状を叩きつけ、普通の男女が論点を出し切った。
マックス・プランクも「オカマは足をゆっくり動かす」とか、レズビアンはショートヘアーだとか、両刀遣いは精子が薄いなどのよりシンプルな見方を求めていたのであり、それさえ見抜けば、彼や彼女たちとの接し方も明らかになった。
とにかく「恋話」に飢えた連中だったので、普通の男女の論点が出尽くしたのだ。
好奇心と政治のニーズからくる「革命」であったが、普通の男女にとっては性倒錯は「進化」に貢献した。
クーンも「性倒錯の人間と関わるのは自転車操業のようなものだった」と語っている。
一方で、永田町では「憲法改正は性倒錯があるから無理なのではないか?」とされ、「普通の男女全員の心をとらえない限り」無理だとされた(キャッチオール)。
愛が止まらない Wink.

しかし、性倒錯にみんなが興味を持ったことで国の税収は上がったのだ。
しかも、かなり急激に上がった。
「普通について深く考えなくて済む」という思いもあったし、彼らが常に新しい話題を聞きたがったことも背景にあった。
ミシェル・フーコー(1969)などもそのような研究の話に満ちている。
クーン自身は「カントを餌に性倒錯の連中を釣り上げた」と語っている。
クーンがイケメン(ヘーゲリアン)であったというのも「性概念が定着する時期に鏡が好きだった」という意味では正解だろう。
ノンケとはそのようなものだ。
ウィーンサークルやベルリンサークルなどの資料を当たってみたが、性倒錯の連中の人間ネットワークがつかめないという問題が残された。
このあたりは「オカマとオカマがつるんでいる」というあたりから丹念に見ていかなければならないのだろう。
また、オカマは外国人ハーフの美女ともつるんでいるではないか?
そのあたりにも注意を払う必要がある。
一方で、オリバー・ウェンデル・ホームズ判事のように「性倒錯という不幸を好奇の目にさらしてはならない」と主張する論客もいた。
ホームズの言論の自由の背景には、常に性倒錯の人間が念頭にあり、彼らは何を言っても心は豊かにならないと達観したような境地だった。
ホームズ判事の人生経験だったのだろう。
globe feel like dance.

挿入という従属を味わう女たちも「性倒錯」の話題に興味津々なこともわかった。
このことから女たちが「自分たちのすべて」を明らかにしたという側面もある。
アインシュタインの男女の擦りあいから、ニュートンの「男の勢い」への回帰がここで見られた。
性倒錯の議論は、相対性理論というよりは古典物理学だったとも言える。
女たちが興味を示してくれたからこの研究は一気に深まったのだ。
ホモやレズ、両刀遣いの話をしていれば話題に困らず、人生相談も円滑に進んだ。
人生相談の世界の「癒し系」のような扱いを性倒錯の連中は受けることになった。
まるで鏡を見ていないような連中だった。
第二次世界大戦の軍隊では当たり前にいた性倒錯の兵士もDNAの発見とともに軍隊から姿を消した。
「劣等遺伝子を残してはいけないことがわかっているから」などという表現が生まれたことから病気と認定された。
軍隊の兵士たちの日常会話にも悪影響を与えるから軍から排除したのだ。
休むべき時に休む必要が兵士にはあった。
「Don't ask, don't tell」と呼ばれ、軍から排除するのは当然だとされた。
いちいち情報屋をやる同性愛者に「新しいネタを提供するのは疲れる」という現状もあった。
「女のある職場だけにいてくれ」というのが共通認識となった。
性倒錯は昔からあったであろうが、政治的には「クーンが発見したもの」という評価が固まった。
淋しい熱帯魚 Wink.

【文明堂のカステラの歴史】
マレブランケは、恋という記憶を色としてその世代の若者に教えた。
男によっては「熱さしか感じない」とされたものを色に例えたのだ。
ノーブルレッドや、インディゴブルーなどが考えられたのだ。
恋という「熱さ」すらお金に変えるのが哲学の世界であり金融であった。
カネボウ ノーブルレッド。

恋した男(神)を他の男に奪われたらどんな気持ち?
男と過ごした日常を単純に「色」に変えないと生活できないのが女だった。
細かな言葉ではなく色に変えた。7人の男しか枠がないことになる。
赤く見える男をいじめようと女は考えていた。
女の心は間違いを犯さない。世界の男は色でしかない。
これを「エクレアシスメントX」と呼んだ。
エクレアが好きになる年頃に、女の子は恋をしていた。
エクレアを食べると色の区別ができるようになるのだ。
男がエクレアをご馳走してくれたらそれだけでときめきを感じるために、そのためだけに赤い男をいじめた。
他の女に心を許すようになるとエクレアはもう食べられなくなる。
エクレアの色は一気にあせていった。
有名な男にしか恋ができない、つまり甘いものが好きな男にしか恋というものはできないことを知った。
女性は間違いを犯さない。陰部の色すら正当化するのだ。
インディゴブルーラブ モーニング娘。

初恋の人という存在がエクレアが嫌いなわけがなかった。
エクレアが食べられないのならば女の子の恋の対象になる存在ではないと諦めなければならなかった。
自分の一番の大好物を女の子にご馳走することは当然でもあったのだ。
酸っぱい感覚を色に変えるのは彼が食べさせてくれる甘いものだった。
マレブランケはナンパ師だった。
街を歩いていて一番可愛い子にエクレアを食べないか?と誘った。
フランスのデカルト、ルイ13世、マレブランケによる「国策」として作られた食べ物だった。
男にご馳走されたら必ずセックスしたくなる食べ物として知られた。
ナンパしてエクレアをご馳走することの意味を知っているものは高等教育と接していることを意味した。
檸檬の年頃 AKB48 .

それでも甘いものがやめられないジョン・アンダーソン。



(1893〜1962)

アンダーソンは第二次世界大戦の後にオーストラリアで「哲学のカリスマ」と呼ばれている。
シドニーで教鞭をとり、エジンバラ大学の「有名女との結婚」を主張している。
つまり「ユダヤ教の先導者」となったのだ。
1911年にグラスゴー大学で学問を始めた。
1918年には母校で教鞭をとるに至っている。
1919年には教え子のジェニー・ベイリーと結婚している。
1926年には「資金集めのすべて」という本を出版している。
「知られていない知識とは何か?」を明確にすればいいだけだとしたのだ。
イギリスのアンダーソンにオーストラリア共産党が資金を流した。
1935年には「人々が我に返るとき」という本も出している。
1958年にキャリアをリタイアした後に1962年に死んでいる。
「アドルフ・ヒトラーとは何者か?」「政界の真実」を知る上で避けては通れない人物である。
アンダーソンは「とにかく1人で抱え込まなければならないんだ」としている。
女性との話し合いの場数から何から1人で抱え込まなければ哲学は上達しないとし、ストイックな菜食主義者にカネ集めができるわけがないということを明らかにした。
【どの男も信念の主人だった】
と語り、彼がオーストラリアのカリスマとなるのには十分すぎる経験談を語った。
「カネってのは女が出しているんじゃないんだ。女が満足させた男の方が金を出している」
として、未成年の女の子の資金力を甘く見ないことを教えた。
女心を語ってきたキリスト教社会が女たちの支持に支えられてきたと思うかい?
資金の流れを明確にしたのがアンダーソンだった。
【そうだ!スタジアムに行こう!】
人生で1日だけでも私の演説を聞けた人がいたのだ。
政治家ってこんなものですか。

この国で何が起きてる?私たちに何があった?
この日を私の記念日に。
世界の争いを見た後ってどんな気持ち?
「真剣勝負が人生なんだと思ったよ」
アンダーソンは必死で国の問題と向き合い、聴衆に訴えかけていたが、なぜ金が集まるのかは後に明らかにしたのだ。
「たまたま私が理想の男に見えたんだろう」
イリアスを思い出しながらアンダーソンは語った。
教育があっただけでなく芸術も愛したからな。
常に芸術から人間らしさを学んだんだ。
エクレアと恋の思い出もあった。
男ってのは間違ったものは暗記できないようになっている。
松田聖子 赤いスイートピー。

ギルバート・ライルはアンダーソンを「先生」と呼んでいたが、一方で「古い時代のギャングだよな」と陰口を言っていた。
【特に、1人で抱え込んでいるのがみっともないよ】
1950年に「これが男の生き方でいいのだろうか?」と問題提起した。
「結局、あの人は医者だよね」とも語った。
経験があり、勝負事を好み、勉強が好きで、医者で、強弱を使い分けていたのだろうとライルは考えた。
世の中の「壊れやすいもの」には特に敏感だった。
しかし、ライルは「彼は女心の定義を時間という名の法廷にはまだかけていない」とも語った。
成功した政治家であることは事実だが、真理であるとするのには20世紀だけでは足りない、しかし、偉大だったとしている。
「地球のコアまで到達するものを真理と呼ぶのならばね」
アンダーソンは「とにかく楽しかった。あとは歴史に委ねる」と語るにとどめ、政治とはそのようなものだろうとしている。
とにかくジョン・アンダーソンという人物は「英語の力を信じた最初の人」だったのだ。
ラッセルやムーアに勝ったことは大きな自信になっただろう。
Duran Duran The reflex.

私(小野光太郎)は「有斐閣」「SEP」という2つのシステムを組んだが、アンダーソンは「EMP」「STP」「JAA」という3つのシステムを組んでいる。
なぜこのようなシステムをアンダーソンは組んだのだろうか?
【近代は恋の時代だったからだよ】
「知る」ということの意味が変わっていたのだ。
魅力的な男は「独自の表現」を知っていた。
「何を知っているの?」と女たちが興味を持ったのだ。
「何を考えているかに興味がある」というのが愛だとすると、「何を知っているかに興味がある」というのは乙女のような恋心だった。
知恵比べというのは、若者が本来やる営みだったのだ。
経験豊富な女たちが「システム」に対して乙女のような反応を見せるのが楽しかった。
恋と愛のニュアンス 酒井法子。




①金儲けの発想。
②いじめられないための発想。
③女子と話すための発想。

金を儲けたければ各人の自己保存の欲求を知ることだよ。
時代おくれの酒場。

その上で、人々が最終的に何を頼りにしているかを学ぶのだ。
やっぱり権威だろ?
それは経験というものだよ。
その「権威とは何か?」が分かれば「システム」の必要性も分かるようになる。
権威とは「いじめを免れるため」に学ぶものだ。
女を語る上では、セックスの激しさや、勃起したおちんちんの意味、別の生き方があったと思うかなどを検討して、各人の自己保存の欲求に戻っていくんだ。
自己保存の欲求を知ることからシステムの正しさを証明し、システムが噂になり、それを用いている人の下半身事情をみんなが語り合う。
アンダーソンは、ドイツの政界でいじめられないためにシステムをどんどん翻訳していき、女たちの記憶に残るようにした。
女心は大きすぎるとしたカント、イケメンだったヘーゲル、女と話さなければ何もわからないとしたヒュームの三名を端的にこのような方程式にしていた。
ギリシャを「田舎の風景である」として情報に毒されていないことの意味を知った。
【読むといじめられない文章がどれほど魅力的であろうか?】
システムを覚えるというのは、人によっては「魂を売る行為である」とも言われ、ささやかな成功体験から慎重に入っていくのが読者だとしたのだ。
眉毛の薄い女性に「鬱入ってるね、眉毛が薄い人は鬱なの」と話して「いじめられないためにはこういうことを覚えなければならないね」ということまで話すのだ。
医学を知っていればいじめられない。
女たちは「知識」というものをからだを使ってまで欲しがった。
それは「恋」にとどまるものであった。
男というのは「最高の学問」をやったらどうなるのかしら?
世界レベルを知りたかったのはどの女も同じだったし、それを英語に委ねて成功したのはアンダーソンが初めてだった。
ランツベルグ刑務所は女性専用クリニックだったし、愛というよりは恋の世界だった。
若き日に第2巻は出版すらできなかった「我が闘争」であるが、この刑務所をヒトラーが理解しなかったはずがない。
この刑務所を愛さないものはドイツの政界から排除されたのだ。
バルバロッサ作戦は間違いなく世界最大規模の軍事行動だった。
それを実行するお金はどこからきたのか?
英語をランツベルグに持ち込んだとしか考えられないであろう。
「楽しかったとよくも言えたわね、もう許すけど」
ribbon be my diamond.

カネの話と恐妻家だという話は噂になるのが早いね。
エディンバラの有名女にノクターンを教えただけでもギリシャ哲学の存在意義はあったと思うね。
女たちは噂で大騒ぎになったよ。
女たちはノクターンセックスに腰を抜かした後に「あの人って男らしいね」という噂にとどめてくれたのだ。
アンダーソンはトンガをギリシャに見立てて国づくりも行なった。
戦争が終わったらキリスト教に関する本を書こうというゲッペルスとの約束は「ギリシャ哲学を語る」という形でオセアニアを形成したのだ。
アンダーソンの死後、オセアニアにおいても「遊ぶ大学」(エジンバラ系)と「真面目な大学」(オックスフォード系)の2つが考えられた。

ルイ14世はナントの勅令によって「初体験の美学」を女の子に教えた。
しかし、局部が紫だったら彼はどうするつもりだろうか?と女の子たちは悩んだのだ。
【ハーゲンダッツ、局部をピンク色にする薬】
女の子たちは何も間違っていない。
ハーゲンダッツを食べたかどうかの違いに過ぎないとされた。
レインボーピンク。

ピンク色だとプロテスタント女がアピールしたが、カトリックはこれだけで危機に陥った。
ハーゲンダッツのことをドイツは「エニグマ」と呼んで、影響力を増したし、日本では「紫」として知られている。
暗号のようで暗号ではなかった。
どの女も欲しがる品だったのだ。
カルヴァン派アイドル(AKB)の中には、自分の局部が紫であることから男に心を閉ざしてしまう女もいた。
アイドルとの共存を若者は楽しみたかったのでハーゲンダッツを大量に購入したのだ。
乳首も局部もピンク色に変える薬だったがいろんな国が「暗号」として恐れた。
日本はハーゲンダッツのような冷凍食品を南国に持っていけなかったので「醤油」という形に変えてみせた。
大島優子。

「色が果たして宗教になるのかどうか?」
そのような問題点が指摘された。
南国では案外無頓着な連中が多かったからだ。
「芸能界の脱ぐ脱がないの議論に過ぎないのではないか?」とも言われた。
カトリックの問題なのかプロテスタントの問題なのかは争いがあった。
この「暗号」を「問題にしていない」と公言する連中もいたのだ。
しかし、ハーゲンダッツ(エニグマ)はすぐ溶けるという意味では耐久力が問題とされたし、紫の方が「より強力」と言われる理由がここにあった。
「乳首や局部の色?我々を子供扱いする気か!」というキャンペーンだけでも暗号はほころびを生じた。
夫の食生活にも強い影響を受けたし、女を「商品」として売り出す連中に利用されるのは目に見えていた。
若い女の子たちが鍋をつつく、それだけでも商品になった。
男は妻よりもキレイな乳首や局部に目の焦点が合わなくなるほどだった。
ある意味、悪とも呼ばれたのがエニグマ(ハーゲンダッツ)や紫(醤油)だったのだ。
美しい裸を追求したらキリがないとも言われている。
大島優子。

« 噂の女。 | トップページ | グーグルの可能性。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラム女。:

« 噂の女。 | トップページ | グーグルの可能性。 »