最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 財政投融資女。 | トップページ | 利上げ女。 »

2017年10月21日 (土)

健康女。

セックスには病気がつきものだ。それは認めなければならない。
しかし、適切な医学を提供しなければ「女の価値が著しく下がる」つまり「株価が下がる」ことからセックスにまつわる病気と向き合わなければならない。
幸せビーム好き好きビーム。

性病の研究のために「研究所」「医学部附属病院」も作ったし、カナダやドイツでは「安全なセックス」のために一般消費税や所得税を課している。
イギリス連邦やノルウェーでは会社内に病院を置いている。
ドイツ、イギリス連邦、ノルウェー、カナダが性病にもっとも詳しく、女性の価値を高めようとしている。
アルツハイマーの薬の開発は「割に合わない」側面があるが、性病の薬の研究は女の価値を高め、株価を上げるために、非常に割に会う研究だとみなされている。
アメリカ合衆国の2003年の「医療近代化法」によってどれほど世界経済は救われたであろうか。
このことによってタイやメキシコでも性病への保険を作ることができた。
韓国や台湾でも国民の半数を保険でカバーすることに成功した。
日本国の「国民皆保険」は議論するまでもない。
日本では当たり前である「女をセールスに用いる」ことが世界では当たり前ではないのだ。
能年玲奈CM.

世界で500万人の労働者が性病に侵されたまま放置されている。
2010年に「患者保護及び性行為への理解」法ができて、世界でより経済が強さを増した。
アメリカ合衆国においても1600万人が保険適用されて、世界では3200万人になるだろうとされる。
「女を愛することが経済である」と言っても性病という基本から経済と向き合うようになったのはこれほどまでに最近のことなのだ。
しかし、2017年のトランプ政権は、ふたたび国民皆保険制度の構築に失敗している。
上院を抑えることはたやすいことではない。
「セックスを野放図にしないから我々は上院議員なのだ」という問題からアメリカ合衆国の国民皆保険はうまくいかないのだ。
それは宗教上の理由からくるものでもあり、黒人などのマイノリティー差別からくるものでもあった。
「教育のあるものはむやみにセックスしない」というのが上院の考えだった。
乳がんのロビー団体も、祖先を敬えないから乳がんになるという根拠があることから「毛並みのいい上院」を説得することは困難だった。
葵わかなCM.

いずれにせよ、民族によっては「女を愛せない」=「経済が弱い」連中がいることを知らなければならない。
富、教育の理由からセックスサークルに含められる者と排除される者がいたのだ。
2008年に、性病と向き合うことがお金となり権力となり資源となることにアメリカ合衆国が気がついた。
経済をコントロールする方法を模索していたアメリカ合衆国にとっては強烈なブレイクスルーであった。
アメリカにはメキシコからの移民などがいて国民皆保険を作るのは極めて困難であったが、発展途上国にとって国民皆保険はそう難しいことではない。
この「病院へのアクセスを簡単にする」という政策は「国民的アイドルへのアクセスを簡単にする」ということをも意味した。
松田聖子 赤いスイートピー。

国民皆保険制度は、本来ならば大金を積まなければセックスできない女へのアクセスの条件を「皆同じ」にしたのだ。
本来なら高くつく女でも喫茶店でいくらでもご馳走すればいい、程度のお金しかかからなくなった。
まるで、コーヒー代を国庫が支払っているようなものだった。
それを正確に理解している男は喫茶店のお金に制約をつけずに女にご馳走したのだ。
「君にはこれだけの価値があるんだよ」と言って食事を三度ご馳走しても、それは三割負担に過ぎなかったのだ。
飛行機の待ち時間などに女性と食事をするといい。
政府は「必要なことはなんでもやる」ものなのだ。
あとは「お金のメカニズム」を理解して欲しいだけである。
1971年にバーナード・ウィリアムズによって「女とのセックスはもはや三割負担である」ということが指摘されていた。
しかし、このことを明確に文学で明らかにした日本人はいないのだ。
中森明菜 北ウイング。

「本当の社会的コスト」とは、女に払う金のことを言うのではないだろうか。
厚生労働省による国民皆保険制度をうまくセックスに直結させる発想が求められる。
日経平均株価は、この「女は三割負担で買える」ということを織り込んでいるのだろうか?
このようなメッセージを出す必要はあるだろう。
このことが明確にされないまま日経平均株価はでているし、クリントン政権も「歯の治療代は国民皆保険」というあまり意図が明確ではない政策をまとめあげている。
一方で、「メンタルな病気はセックスの病気」と割り切るとするならば、セックスの犠牲者に一割負担で応えるという政策もとられている。
メンタルを病んだら「より高い女が」買えるのである。
民の支持のある君主制でなければこの本当の意味を明らかにできないのだ。
国の医療行政は常に性病を見てきたのは野口英世からの伝統であったし、セックスを割安にするための国民皆保険であって、あとの病気はそのことにフリーライドする形となっている。
モーニング娘。

メンタルを病んだ男ほど聖母マリア(アイドル)を愛するものだ。
そこで「二人は出会う必要があるのか。」を語らなければならない。
「芸能とは下層階級の者によって構成されているのではないか?」
「スポーツエリート、勉強エリートが出会うべき女ではないのではないか?」
「昔の男がいろいろ出てくるだろうから中産階級は本来、恋をするべきではなかったのか?」
「親の所得や教育に割に合わないトラブルに巻き込まれるのではないか?」
これらの問題に対して20年間ほど厚生労働行政の自信を観察してきた。
有名な女と結婚すると、周囲はその男の「早すぎる死」を覚悟した。
それはもはやダイアナだの本田美奈子だの多くの都市伝説で語られていることを信じていたのだ。
ここで、野口英世の性病への関心だけにとどまらず、医療費の国民皆保険が必要となることが明らかになったのだ。
さらに、精神医療の対象となった男は「女学宗教」(キリスト教や神道)の傘下に治る必要があるのではないかとされた。
男を多く知っている女こそが「恋話」を拡散させている。
健康リスクを減らしたい者が恋話を語っていたからだ。
タンポポ 恋をしちゃいました。

この「女学宗教」にハマったからこそ、最後に二人は生活保護から脱却できるのではないかとも言われた。
お金や健康という現実的な理由で派閥は分かれているのではないだろうか。
ここで「在日」のようなオールドカマーは敵にならざるを得ないのではないかという指摘は可能だ。
国民皆保険が「準用」されているに過ぎず、健康やお金を朝鮮政府に頼っている以上、仕方のない部分がある。

赤ん坊には世の中は「巨大なノイズと混乱の膨らむ世界」にしか見えない。
ウィリアム・ジェームズはそう語った。
そのような心は誰にでもあるが、精神医学を用いて女の子を見ることから「世の中の単純さ」は分かるようになる。
女の神秘を医者を演じることで知る、しかも宗教を作ることでいろんな仕事が生まれ、世の中を知る、この作業をやらないと「世の中のノイズと混乱」の論点整理ができないのだ。
ハーバート・スペンサーとともに宗教への情熱を探求した。
アンブレラの下のエンジェルの気持ちがわかった時は嬉しかったね。
アンブレラエンジェル。

本当に世界は教科書通りに動いているのを知るのが楽しくなった。
そこで男はようやく「男らしさ」を学ぶわけだよ。
心の平穏が訪れるのは「女心」を歌謡曲でもなんでもいいから聞くことからもたらされるのだ。
「家にいるんだな」という気持ちになるのだ。
女心を饒舌に詩にする奴もいれば論文にする奴もいる。
目を合わせて「女心を悟られている」と女が思わなければ「男らしい」とは言えなかった。
処女と話す男も男らしいね。
自分を「美しさ」の中に身を投じさせることを知っているんだ。
「処女と知り合い」というのは他の男よりも美しかった。
女心を知っているということは「選ばれる」ということなんだ。
女を怒らせた時は「女のおとぎ話」を知る。
女を怒らせることを「俺は全部だ」と言うのだ。
なぜなら「俺はこんなことでは怒らない」と思うからだ。
世の中のノイズと混乱が「打ち寄せる波」のようにコントロールできることを知る。
俺の「病的な部屋」が健康的に変わるのがわかった。
泣いている赤ん坊を見て「世の中のノイズと混乱を感じているんだな」と思えるようになるのだ。
リズムというサイキックライフを楽しむことからこの学問は始まっている。
より広い「大人の世界」は宗教を作ってみないと分からないんだ。
東京パフォーマンスドール Ruby chase.

男がやる気を出すってどういうことなのかな?ということを理解しないといけない。
痛みと寒さに耐えている男の神経システムに介入する方法を学ぶのだ。
この経験はいずれ子供を救うだろう。
「感情と意思の波」つまり後悔や泣き出すこと、耐えること、恐怖で逃げ出すこと、怒りから殴ることなどが寄せたり引いたりしているだけであることを知る。
「気持ちを切り替える」というのはこのような波のことを言っている。
このような「偉大な男」を作るのに19年かかるとも言われている。
神はいるよ。重力に逆らった偉大な男が歴史上いたからね。
最後にジェームズは仲間を作り始めた。
仲間づくりのやり方に正解はないよ。周囲を満足させるしかない
より豊かな生活をするためには女心の研究を男に話す必要があるんだ。
ノースカロライナの山に登った風景をみんなに語って聞かせるようなものだね。
寛大ささえ身につければ「先生」だよ。
Forever Sensei.

イジメにあうと病んでしまうよ。
でも、歌謡曲を聴きながら勉強するのは普通じゃないか?
コロンビア大学留学というのはこのような「宗教家」を育てるという意味だよ。
孤独を知ることから始めさせられるけどね。
プラグマティズムというのは「紳士として女心を語る」という意味なんだ。
なんで人間社会ってバラバラなんだろうな、と思いながらひたすら紳士であることだよ。
このようにしてジェームズは童貞を卒業している。
世界の「混乱とノイズの膨張する世界」を打ち寄せる波に変えて宗教を作り、仲間を作り、世の中の仕組みを理解して満足したんだろう。
夏休みは終わらない おニャン子クラブ。

« 財政投融資女。 | トップページ | 利上げ女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健康女。:

« 財政投融資女。 | トップページ | 利上げ女。 »