最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 学校女。 | トップページ | いもうと女。 »

2017年10月11日 (水)

一夏の経験女。

一夏の経験には屈辱しか残らなかっただろう。
しかし、とにかく「赤」かった。
3歳の子供にも自分の「好みの異性」はいるんだなと思ったし、しかし、3歳の子供は大人ではなかった。
しかし、一夏の経験を終えた後に、「そこのドアを閉めてくれる?」と言ったらいうことを聞いてくれる男ができた。
一夏の経験 山口百恵。

女の言うことを聞く男ができたために、周囲は「あの2人はあやしい」と噂しあった。
女がついてくる「四つの方法」が指摘されている。
「必要な情報を持ってきてくれること、しかもそれが本当だったと証明されたこと」
これは「道に迷った女」にとっての希望であった。
「自分が何をやっているかがわからない女にその意味を教えてやること」
おちんちんにトマホークのような憧れを持っているだけでセックスする女にその意味を教えてやるのだ。
唇がふれあえば Melody.

周囲の女たちは「自分たちがセックスをすることでどんな権力者も落とし穴に落ちる」ことを学習した。
これは、「評論家」の仕事であり、事件の解釈をするだけでもモテるよ。
女を寝取られた男にもはや言うことを聞かせたくないから他の男と寝たんだろう。
とにかく、トマホークに憧れているだけの女の評論家はモテるんだ。
セックス評論家が中学校にいれば、オカマにならなくて済む男もいた。
SPEED deep blue & truth

また、1人の女が起こした事件により「周りの女たちがきれいになった」と言うことが指摘できる。
私たちはもう子供ではないのね、と思ったのだろう。
「女たちがきれいになるんだろうな」と予測する評論家もいた。
1人の女のペニスエンビー(トマホークエンビー)から始まった出来事には常に評論家が必要だった。
セックスカルチャーを豊かにする評論家がいなければ、女は「公衆便所」と呼ばれるだけだった。
すべて「女たちを美しくする」ための議論なんだよ。
詩というのは役人を育てるためにある。
詩の意味をよく理解するものは、周りの女たちを美しくするし、成績優秀だった。
人の心をよく理解するものはいじめられなかったために、勉強もはかどった。
評論家として影響力を高めていくものがいたのだ。
「ヘンタイがいること」「普通の人間にはミステリアスに思える世界があること」
これを理解している者はいじめなかった。
「女たちを美しく描くことが大事だった」
女たちは自分の立ち位置を評論家に教わったのだ。
人の心が分かる評論家は中学生なのにレストランで食事をする金があった。
親に子供扱いされなかったからだろう。
「もっと話を聞かせてください」と言う者もいた。
セックスとは違う喜びがそこにはあったし「東大を目指している」と言っても誰も反発しなかった。
幸せにいちばん近い席 酒井法子。

ポアンカレは、いい噂も悪い噂も「積」となってその人の存在感になると言うライプニッツの考えを、カントと引き合わせた。
ナンシー大学の医学部に入ったが、やがて数学者として「積分」の研究をするようになった。
「勝負しなければ噂にはならない」として「ゼロ」を巧みに用いた。
人気者になりたかったスウェーデン国王から勲章ももらった。
また、「女を口説くのも勝負事である」として積分の対象に含めている。
三次元積分こそが本当の人間社会のありようであるとしている。
処女のピアノ算数から始まり、男女が複雑に織りなす幾何学模様などの世界は「噂」に満ちていた。
男女の問題に「重力」を加えるだけで、だいたい人間の限界も分かったし、幾何学模様も出来上がった。
「重力に耐えられない」男女がいたからセックスサークルが出来上がったのだ。
「あいつはこのヤマをしのげないだろうな」と思う奴は大抵、女に走っていた。
重力に耐えるだけで噂というのは作られていたのだ。
酒井法子 歌。

「女のからだに響かなければ噂というものは作られない」
複雑な男女の幾何学模様の間を噂というものは駆け巡るだけであることから三次元積分のヒントを得た。
ピアノ算数の時代にはない影響力があった。
測定しなければならない時期があるからピアノ算数からみんな始めたのだ。
ダンロップ社なんてのはタイヤを売っているのか噂を売っているのか分からない会社だね。
男女のネットワークを社外にまで張りめぐらせる仕組みを採用しているからだ。
ピアノ算数を卒業したら社会に出る基礎ができる。
「みんなには分からないこと」「興味が持てる話が限られていること」「勉強しなければ到達できないことがあること」「見た目がモノを言うこと」この四つを三次元積分においては理解しなければならない。
「みんなには分からないこと」というのは男にとっては「女との向き合い方」であった。
「興味が持てる話が限られている」というのは「哲学しか理解できない女」のことを言い、「音符でできている言葉」とも言われた。
「忍耐強い男にしか分からないこと」であるとも言えた。
そして、「音符でできている言葉」は発言者の見た目とともに幾何学模様に乗せられて拡散していった。
四月は風の旅人。

内科の知識の拡散力は凄かったね。
結局、医学の情報や哲学の情報の拡散力を測定するのが数学だったのだ。
知識というものは「重力に耐えたもの」という扱いを受けた。
あとは「幾何学模様の複雑さ」に呑み込まれるだけだった。
三次元積分というものは幾何学模様の複雑さも考慮しなければならなかった。
小さなムラであれば計算は簡単だったのだ。
「人と話さなければならない」という基本を理解しなければならない。
そうでなければ一方的に潰されるだろう。
引きこもって法律書を広げるのは「絶望的な」作業だった。

ウォーマンやiPodを聴くと痩せる。
しかも、スタイルがいいだけで男たちが「セックスをしたい」と思うことの快感がある。
女流文学にそのような記述は多い。
土曜の夜にRainbow 瀬能あづさ。

痩せる方法の「正解」が拡散するだけでも税収は増える。
それはもはや「種の保存」に根ざしたものだった。

« 学校女。 | トップページ | いもうと女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一夏の経験女。:

« 学校女。 | トップページ | いもうと女。 »