最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 健康女。 | トップページ | 経済成長女。 »

2017年10月22日 (日)

利上げ女。

辞めさせたい上司がいると金利は上がる。
しかし、怒られたとかそのようなものは「腐敗」とは言わない。
「公の権力で私有財産を増やした」
これがいちばんの「辞めさせたい理由」である。
「私たちの痴話喧嘩を聞いて豪邸を建てたらしいよ?」
痴話喧嘩を聞ける立場にいるのは分かるけど、それも「公の権力」でしょう?
法律を知っていて、多数派工作を知っている男ならば「賄賂の対象」になる。
痴話喧嘩を聞いて「恋話」をみんなに話して聞かせるのであればそれは賄賂とは言わない。
しかし、「税金チャンネル」「投票チャンネル」から豪邸を建てるのはやはり腐敗だと言っていい。
私有財産がこれらのチャンネルからくるのであれば命も最優先の扱いを受ける。
フェアではないよね。
天皇入院。

私たちの痴話喧嘩を聞いて、法律や仲間を駆使して賄賂や詐欺、インサイダー取引によるお金を受け取るのは腐敗だよ。
1977年まではアメリカ合衆国でも守秘義務が徹底していなくて、これが横行していたから高金利の時代がつづいた。
学者や警察が自らの地位を高めるために「痴話喧嘩の内幕」を聞くのは腐敗とは言わない。
薬物使用やギャンブル、激しい女遊びは完全にアウトね。
このようなことをすると、学者や警察内部の地位を高めるわけでもなく、家族単位で孤立し、ひたすら私腹を肥やすようになる。
これが制度として対処できない問題となっていると高金利時代はつづくことになる。
飛鳥涼。

殺人事件も刑に服するまでは腐敗していると言える。
ウガンダのアミンや、インドネシアのスハルトのように、権力を用いてこれを行うのは「辞めさせたい上司」には違いない。
北九州一家殺人事件。

外国国家にまで伝わる人間の「金と暴力」(人権)の問題が腐敗だと言える。
これらの問題が「社会の仕組みとして組み込まれている」のであれば公定歩合をいじるのはいまだ有効な政策だろう。
「組織ぐるみなのか個人ぐるみなのかを見ているのだ」
快適に仕事ができるのなら誰も金利なんて気にしないよ。
人間のやる気をなくさせるし、複雑な感情が渦巻くから金利は高くなければ各人の心がもたない。
「そんな連中に賄賂を贈っているのか?」
組織ぐるみならば「賄賂」というのはどうしても存在するのだから、権力のあり方を考えなければならない。
仕事のやる気を失わないのならば腐敗とは言わない。
「散々、私たちの秘密を話したのにそれはないんじゃない?」
組織のプロセスと目的を見ているのだ。
外国のスパイは誰も日本を助けようなんて思ってないよ。
松田聖子 上海倶楽部。

組織ぐるみならば代わりはいくらでもいる。
「俺を認めない社会が悪い」という父親ではない。
組織にはいくらでも代わりがいるのだ。
公の金利さえ操作すればこれらの問題と前向きに向き合うことができるようになる。
権力の前では深くプライベートの話を話さなければならないのに、ギャンブルや薬物使用、女遊び、自分だけの命の安全などにつながるってどういうことよ。
「女は職場でも男より弱いのよね」
組織で孤立して家庭内に内向きになって私腹を肥やす上司がいるのならばなおさら他の人の金利を上げなければならなくなる。
なんでこんなことが起きたのかな?と考える中堅クラスにも金利を上げてやる必要がある。
組織のブランドイメージに傷がついたらなおさら働きづらくなる。
女性ほどそのような意識は強い。
ゼロ金利というけど、本当に職場にシステムとしてこのような問題はまったくないのだろうか。
不祥事を起こした企業のCM.

「散々、権力者に秘密を話して相談に乗ってもらったのに、分からないと言われた」
これも権力の腐敗だ。
女たちはプロセスに参加している。
どんな免許の出し方をしているのかは女たちにはまったく分からなかった。
ヒトラーは「ユースムーブメント」を作り、先生やクラスメートの腐敗を監視させた。
弱い立場にいるのは子供たちだったからだ。
権力の「ブレ」をユースムーブメントで監視させたのだ。
クラスメートの女の子がサンタクロースを信じてあるかどうかまで監視させた。
子供たちの現場にまで「金利」の問題の学習を求めていたのだ。
この権力者はいずれ家庭に閉じこもるだろうということまで学習させた。
男の子は、先生が進路の問題で賄賂を受け取っている現状を知り、サンタクロースの問題を女の子に語ってモテようとしていたことが分かった。
先生は医者であり裁判官であり行政官だったので、腐敗を調査するユースムーブメントに参加したものは王子さまだった。
メリークリスマスフォーユー おニャン子クラブ。

皇室がなぜ腐敗を嫌うのか?それはサンタクロースの問題があるからだよ。
子供たちのユースムーブメントが存在するからなんだ。
金利を下げるのが皇室の目的だと言ってもいい。
薬物使用やギャンブル、激しい女遊びなどをどう思うのかという明確なメッセージは必要だろうね。
とにかく「メッセージ」であり「理解力」なんだよ。
皇室が「知らない」ということが犯罪の温床なのだ。
浮気をしたのならば複雑な言い訳が必要であり「金利」には必ず言及しなければならない。
多数派工作に失敗した結婚なども金利の問題になることに言及が必要だろう。
秋篠宮家。

警察の不祥事も「高貴な腐敗」の部類に属しているために、大人たちは「金利」について語らなければならない。
子供たちに教育を与え、衣服を着せ、食べさせるためにも「責任のある者」は常に金利を理解しておく必要がある。
この国は必ずしもすべてがクリーンな国ではない。
しかし、権力者であるのならば金利について語るという「複雑な言い訳」ぐらいは覚えておいたほうがいい。
国生さゆり ノーブルレッドの瞬間。

男らしい「勃起」なのだろうか?
私はこれを愛することで孤立しないかしら。
こんなにいいからだをしているのに周囲に憎まれることにならないかしら。
風俗の世界にも「愛したくないお客さん」はいるのよ。
孤立した男の勃起に「いいからだ」が汚染されたくないの。
男次第で「アドバイスしてくれる女友達」の数も変わっている。
ひたすら「女の物語」を書いていい指導者になってほしいわ。
女たちが何を望んでいるのかを理解して欲しいの。
タバコの火を自分でつけることから始めてね?
物事の「火」が自分からくるものなのか他人からくるものなのかを間違えてはならない。
「タバコと言ったら火だろ!」というのならばすべてまぐれだと思うわ。
タバコの火の付け方。

家庭内にこもったら、どうせ子供に八つ当たりをするんでしょう?
あなたの「目的」はもう世間に奉仕することにはないことを悟るわ。
孤立は「歴史に残るため」にしか用いられないの。
自分のオーガズムとその手段で笑っているようではもはや腐敗なのかもね。
目的と手段が「笑うためにある」ようではダメ。
歴史に残った男に女はもう寄ってこない。
サンドイッチも「死ぬために食べている」みたい。
パン屋のケニーは歴史に残ったルイ16世に「マリーアントワネットのために」パンにミートローフを挟んで焼いた。
マリーアントワネットのからだを称賛したかったのだろう。
女たちに「知識」をお返ししないと薬の数がどんどん増えていくでしょう。
アラスカに行くなら海の方が安いのよ。そのような基本も忘れたのならば金利を上げる議論をしなければならないわね。
子供たちに博士号をあげなければならないから。
ベルサイユのばら。

あなたは負けなかったから勃起するけど、孤立したわ。
しまいには孤立したもの同士で殺し合いを始めるかもね。
歴史に残ったことを後悔しているの?
女が寄り付かないじゃない。
女たちが孤立した男の精子を欲しがると思ったら大間違いね。
「処女を狙われたら大変だな」
他の男たちも血まなこで潰しにきたよ。
何も知らない処女たちには歴史に残った男はモテたからね。
「先生、小説を楽しみにしているわ?」
孤立した歴史上の人物に抱かれたがる処女がいるという問題は「キャロルのパラドックス」と呼ばれた。
志村けん。

歴史の結論は「孤立」だったけど、処女も孤立することが多かった。
あいつは処女を狙い始めたという噂も広まった。
男たちが「手の届く代物ではない」と思うような女を相手にできたのだ。
ここにも金利を上げる要因が見つかった。
処女にとって、センター試験でのいい成績と歴史上の人物は変わらなかった。
周りの男たちに「あの男は処女を抱けるぞ」という仮言命法が拡散した。
仮言命法に支配された男たちに対して、歴史に残った男は金利を上げることを望んだ。
「女物語」「女学」を書くことができないのならば、金利を上げるしか対処法はなかったのだ。
ロマンスかくれんぼ。

幸福への関心(処女とセックスをすること)と仲間作りは対立するものだ。
チャーリー・レスリー・ステベンソンほど「伊豆の踊子」に詳しい男はいなかった。
セックスは、二人だけの問題ではなく、周囲を巻き込む問題だったのだ。
私たち踊り子一行は「信じている」ものが違う、到底、書生さんを受け入れる文化にはない、そのように「おばちゃん」は考えていた。
踊り子一行が信じているものを邪魔されたくはない、本郷の文化を持ってきてほしくはない。
次の「踊り子一行のリーダーにはなれないではないか?」という問題があったのだ。
大島での昔からの友人たちとはどのように付き合いを続けるつもりなのか?
「お連れさん」として美術やフットボールの話を聞くのとはわけが違ったのだ。
元「新派の役者」のお兄さんは、民族の永遠を決めた京都学派に属していた男であったが、おばちゃんの問題意識を誰よりも理解していた「今のリーダー」だった。
落ちぶれたからこそ仲間に加わることができたのだ。
東京大学の学生さんを「我々の次世代リーダーにするわけにはいかない」という問題からも「金利を上げる必要性」を見出すことができるのだ。
「群れに溶け込むためには染まらなければならない」
お座敷だの何だのと散々描いた通りだ。
伊豆の踊子。

すべてのメンバーが楽をしたがっている。
この問題を描いた絵画をバブル期の財界人は買い漁った。
人間の努力を好む連中とそうでない連中がいたからこのギャップに金利を上げる根拠が見つかったのだ。
「両性の合意だけではカップルは成立しない」
このことに様々な感情が渦巻くことがわかった。
強くありたいと思う男、そして、生き方を否定されたくない男、この問題がカップルの周りに存在した。
生きるとはどういうことか?
劇場は強烈な高い波に襲われた。
「両性の合意」
この問題に痛烈な問題意識を投げ込んだのだ。
とにかく言論の自由の空間に持ち込むほかはなかった。
「多数派を維持すること」「文化が異なること」「次世代リーダーになること」この三つの要素を「ヒーローは証明できない」これが男女の美しさだとされたのだ。
一方、都会から来た男からすれば「知らない文化であり、必ずしもすべてがきれいだとは言えないのではないか?」という考えがある。
カリオストロの城。

方便=勉強は「女学」ではない。
みんなそれぞれ「演じながら」話をしているよ。
でも「誰かが勃たなくなる」ものなんだ。
いろんな文化が交差するコネチカットではそのようなことが語られていた。
勃つための刺激を失うものが出てくるのだ。
「朱に交われば赤くなる」というだろ。
しかし「誰かが力を失っている」ことを知らなければならない。
朝のコーヒーとはみんなが和解するためにある。
複雑すぎる「刺激」をみんなで溶かしあっているんだよ。
言葉から成り立っているサークルにおいては「その言葉は迷惑だ」というものがある。
羊とヤギは交わることはない。
間違ってたと思うと勃たないんだよ。
そのような世界で「男が進化する」ってどういうことだろう。
自分なりに信じている「先生」から自分に都合のいい「刺激」をもらい続けることだ。
負け犬を育てる人、孤立に人を導く人、勃たなくさせる人は先生とは言わないよ。
「みんなこの娘を認めようよ!」
「認めてもらって嬉しいわ」
「俺は隠れてマスターベーションをしたよ」
「私のサークルの喜びに変えなければならないの」
セールスにかける「私」と、身内を治める立場の「私」がいた。
「お仕事」と言わなければ社会で孤立した。
このことへの「事情通」としかセックスできなくなったの。
いろんなことは分かるようになるけど、このような「踊り子」の実態はそんなに豊かな生活ではなかった。
AKB握手会。

①処女を抱きたいというのは勃起の都合しか考えていない。
②処女は初体験を大事にしている。
③相手選びの学問は複雑すぎるし曖昧すぎる。
④大抵が「寂しさを紛らわすために」初体験の相手を選んでいる。
⑤初体験を経験して罵倒された他の女の子を見てきた。

「俺たちのムラには必要のない野郎だ」
感情的に「ひと思いに」という側面がある。
SEKILALA,

何らかの形で煽られなければ、踊り子は初体験ができなかった。
「子供を産みたい」という性欲の発信源との兼ね合いを見ていた。
それでも「ファンの方」ならば賄賂が必要だった。
男の「好み」が処女にはあったのでなかなか賄賂も難しい。
雇用契約を結ぶことで、雇う側が処女を奪うのが一番簡単だった。
「組織ぐるみ」の腐敗がここでまた登場する。
この時に金利を上げる必要性を感じた。
大勢の仲間を引き連れて処女に会いにくる男もいた。
しかし、大勢の仲間を連れた男は一人の処女に一途ではないとみなされたのだ。
「友達でいるメリットはあった」
俺も仲間が欲しいな、という心理学が金利を押し上げるのは事実だ。
とにかくいろんな意味で「マインド」が作られると金利は上がるのだ。
これらのことを踏まえて、人々の支持が得られるであろうという政治判断なんだよ。
「組織ぐるみ」で起こることへの虚しさを埋めるためだ。
AKB48 恋するフォーチュンクッキー。

処女がセックスしたというニュースを見て「アーッ!」と言うのならばまだ救いがある。
沈黙がいちばん怖い。
組織というものを知り尽くしていて、「俺には門戸は閉ざされている」ということを受け入れるのがいちばん金利を上げる圧力になる。
常に「あなたにもチャンスはあったのよ?」というメッセージを出さないと金利は上がるのだ。

« 健康女。 | トップページ | 経済成長女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利上げ女。:

« 健康女。 | トップページ | 経済成長女。 »