最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

Foreign Affairs

  • CFR: フォーリンアフェアーズ英語版

« 物理女。 | トップページ | 健康女。 »

2017年10月20日 (金)

財政投融資女。

「神の知恵の宝物」を財政と呼び、女が男と別れたら引越しをさせて「何度も初体験を経験させる」資金の出所が財政投融資である。
この「引越し代」は女にとっては「神からの贈り物」であった。
お引越し Qlair.

ダミアンはモンテカシノ修道院で「女たちよ常に処女であれ」と言ってお金を用意した。
「神からの贈り物」をモンテカシノ修道院が手にしたのだ。
今の日本国では国が「財政投融資」という形でこのお金を握っている。
ローマは1日にしてならず、とも言われ、賢い女は男を知らずしては生まれない。
しかし、「処女性の復活のためならば女たちは神にすがる」ことからこのお金の出所が存在するのだ。
まったく問題のない方法は「引越しをする」ということしかなかった。
勉強ができる男が「女心」を知っているわけではない。
「方便」を愛してしまった女は必ず「別れ」を経験している。
そのために財政投融資というお金はあるのだ。
「神ってなんでもできるんだね」
女たちは語り合った。
「全知全能は国のもの」
ニヒルな男への思い出だけを残してその土地を離れたのだ。
松田聖子 赤いスイートピー。

モンテカシノ修道院のダミアンはこのことだけで女たちに「神の知恵の宝物」(財務)と呼ばれた。
男の問題を抱えていない女を「善」と呼び、問題を抱えている女を「悪」と呼ぶ。
あげまんもここから生まれていたのだ。
男の「全知全能」に貢献したかったんだよ。
「お引越し」を経験した女は「純粋な肉体」だけを持っていて、後の家財道具一式は財投債の担保となっていた。
それほどまでに「処女性」というものは大事だったし、からだと国への忠誠心だけで女は生きていけたのだ。
メリットがあるから国はお金を用意したのだ。
「奇跡」として聖書に刻まれていることだった。
ダミアンもまた「奇跡の人」としてモンテカシノ修道院とともに歴史に名を残した。
「女の過去の男の話で男は必ず壊れる」
この問題意識がなければならない。
モーニング娘。 男友達。

「できちゃった」と言ってパートナーが引っ越したり、「夫が浮気した」と言ってパートナーが引っ越したりする。
資金の出所は「神聖な力」だった。
聖オーガスティンが「セックスの神聖化」を行ったからダミアンがお金を用意したのだ。
7世紀の話だよ。
今彼が、女の元彼と鉢合わせしたら、今彼が力を落としていくのがわかった。
詩篇32:9 彼の言う通りに世界はできた。彼が命令した通りに世界は作られた。
ヨハネ1:3 すべては男を中心に作られた。彼がいなければ何もない。
聖書の命じる通りに財政投融資は作られたのだ。
「やったことをやらなかったことにする」ためのお金なのだ。
女が国に忠誠を尽くすというメリットがあった。
モンテカシノが逆に儲かることもわかった。
財政投融資というのはキリスト教的なんだよ。
松田聖子 抱いて。

官僚は強いだろ。みんなこの問題を理解しているんだ。
モンテスキューは、司法官として痴話喧嘩を裁いたが、行政官が「痴話喧嘩の議論に疎い」ことを感じていた。
イタリア、ドイツ、オーストリア、イギリスを旅して、「痴話喧嘩とは何か?」を法の精神にまとめあげた。
ペルシャ人からの手紙において、「フランス人はどのようにワインをたしなむべきか」を記した。
強い男でありながら、「法の精神」に詳しい男がワインを飲んでいたのだ。
妻にジェラシーを感じながらワインをおいしく飲める者はいなかった。
しかし、ペルシャのハーレムや奴隷の話をフランス人は好んだのだ。
恐怖と暗闇だけがセラグリオにはあった。
ウズベクは、ペルシャ人からの手紙を読むことによって妻を愛することを知った。
痴話喧嘩で殺された男を愛するのが「カプリース」だった。
奴隷は「殴られた」だの「殺された」だの言っているんだよ。
財政投融資はそのようなことをなくしたいからあるんだ。
パガニーニ カプリース。

「法」というのは処女の口説き方という意味であるが、法の精神もそのような趣旨で書かれている。
知識の周りを処女たちがうろちょろしていたからだ。
フランス政府の立場であり、他の国の女たちは自由に引越しをしていたのだ。
妻が男の問題で悩むことのないユートピア思想にもとづくものでもあった。
モンテスキュー自身は妻の昔の男の問題で苦しんだ。
その分、多くの「法」を書き残している。
フランスの高校は「方便」を好まなかった。法の精神の勉強をしたのだ。
処女を愛することは国を愛することだという構図を作り上げた。
みんなが対等でありながら、一部の者が残りの人々を支配する、それは「法の精神」に詳しいからだろ。
多くの処女が群がる高校生がいるのは日本も変わらないよ。
資産家というのはそのようにして生まれている。
住む場所が役所によって決められている生活保護の女がどれほど男の問題でビクビクしながら暮らしているかを知らなければならない。
安倍なつみ 一人ぼっち。

司法、立法、行政はお互いに「痴話喧嘩に詳しい」連中がチェックし合わなければならない。
財政投融資の担当者が、「司法官から教わらなければその本当の意味を見失う」ことがあるのだ。
その本当の意味をメッセージとして国民に示さなければ税収も増えないだろう。
国会の二つの「院」が分かっていないのならばエッチな内閣総理大臣が「拒否権」も持っている。
女たちの喫茶店での「恋話」からも税収は生まれる。
天皇制が「恋話」に疎く、官僚も「紳士であれ」と教わるのであれば、女たちに「恋話」のネタを提供する王はいなくなり、国の税収は落ち込むだろう。
司法官からもこのことをチェックしてもらいたい。
「なぜ、彼氏と別れたら引っ越したいのか?」
暑いところに引っ越したいのか、寒いところに引っ越したいのか、よく理解しなければならない。
暑いところは頻繁にセックスが行われる。
小泉純一郎が「殺されてもいいんだ」と言って郵政民営化をやっただろ。
郵政民営化とは、「政策金融改革、財政投融資改革、郵政民営化」の三つの「公的資金の政策的縮小」のことだが、心ある自民党の政治家は「お引越しの問題をどうする気だ?」と言って、政権の心配をしていたのだ。
土地に縛り付けられ、男たちの心配をする女は確実にいるのだ。
隣の国で「いい鉱物資源が出た」というだけで女たちは感じなくなる(インフレ)。
隣の「青い芝生」と交流を持ちたいのが女というものだ。
スープの冷めない距離に住んでいるのならば食べ物のおすそ分けをする、これは女たちが感じるために行うことだ。
「ふぐちり鍋に興味津々」
これは女たちのことなのだ。

女は男に「無限」を期待している。
二人の女と同時に付き合うと「どちらかで無限でどちらかで有限」になる。
片方で無限を演じることができれば「さて、帰るか」などというのが男というものだ。
ゼノは490BCに生まれているが、ソクラテスは469BC生まれである。
パルメニアデスにはこのことが記されている。
ゼノが「女遊びの激しいソクラテス」を批判した本がパルメニアデスなのだ。
女たちはむしろソクラテスに憧れていた。
この「二人の女と同時進行で付き合うこと」のどうしようもないパラドックスは19世紀になって研究が進んだ。
モーニング娘。 幸せですか。

一人の女にエネルギーを集中すると男は「アンリミテッド」(無限大)になれるが、二人と付き合っているソクラテスは絶対に破滅するとゼノは語った。
10人の女と付き合ったのならば6人目の女と8人目の女という具合に間隔を空けなければならない。
「しかしソクラテスは7人目の女と8人目の女だと?」
この「ダブルアップル」は多くの問題を引き起こすだろう。
女の記憶が薄れていない女と付き合っているんだよ。
今の女と「使ったエネルギーがあまり変わらない」女は危険だ。
間隔が空いていれば、話した内容も見てる男の姿も違うだろう。
昔の女とは軽口を叩いていればいいだけなのだ。
適当にあしらっておけばセックスさせてくれる昔の女とは異なる二人の女と付き合っていたのがソクラテスだった。
ゼノはこの問題を饒舌に語った。
「4人目の女、8人目の女、16人目の女ならば3人同時に付き合えるのにな」
女の期待感が小さい時期の女と付き合うのであれば全部合わせても「1」にしかならない簡単なゲームなのだ。
女との交友関係は常に「1」でなければならない。
ゼノはソクラテスの危うさを軽快に書き綴った。
これがパルメニアデスである。
工藤静香 FUJITSU.

これさえ理解していれば、アキレスはアトランタには永遠に追いつかないだろう。
「女学」は16人の女を見据えてゆっくり勉強すればいいことが分かったのだ。
同じ速度で二人の女と走らないことが大事だな。
この「複数の女と同時に付き合う方法」を語ったパルメニアデスは「ゼノのスタジアム」と呼ばれるほどの人気を誇った。
自分の家を「絶対的な場所」とするためにも覚えておかなければならないことだったのだ。
酒井法子 Love letter.

今の女とは哲学や医学などの高度な話をするから家が三つもできたんだろうけど、男は時には雑談(ノイズ)も話したいんだよね。
21世紀に入ってから「女が3人もいる男になりたい」という女たちのムーブメントが起きた。
子供の心配をする議論はほとんどなかった。
「父親が不貞を働いても、父は子に愛情を失ったとは必ずしも言えず、子は不貞を働いた相手の女への損害賠償請求権は持たない」(最高裁判例)。
時間と空間が限られている子供に「これが男の人生なんだよ」と語っているようでもあった。
子供は自分の「若さ」に傷ついた。
「無限ってなんだろう」と思って父の話をよく聞いた。
無限というのは学校の勉強よりも簡単なものだ(ハーフラン)とも思った。
何が幸せなのかが分からなかったという意味ではソクラテスへの批判は可能なのだ。
ゼノの研究はいまだに続いているよ。
松田聖子 時間旅行。

« 物理女。 | トップページ | 健康女。 »

スタンフォード哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 財政投融資女。:

« 物理女。 | トップページ | 健康女。 »